Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド, 12.2ZY
不明なユニキャスト/マルチキャスト フラッ ディングのブロック(UUFB/UMFB)の設定
不明なユニキャスト/マルチキャスト フラッディングのブロック(UUFB/UMFB)の設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/03/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 21MB) | フィードバック

目次

不明なユニキャスト/マルチキャスト フラッディングのブロック(UUFB/UMFB)の設定

不明なトラフィック フラッディングの制御について

UUFB または UMFB の設定

不明なユニキャスト/マルチキャスト フラッディングのブロック(UUFB/UMFB)の設定

この章では、Unknown Unicast Flood Blocking(UUFB; 不明なユニキャスト フラッディングのブロック)機能と Unknown Multicast Flood Blocking(UMFB; 不明なマルチキャスト フラッディングのブロック)機能をCatalyst 6500 シリーズ スイッチ上で設定する方法を説明します。


) この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、次の URL で『Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS Command Reference, Release 12.2ZY』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.2ZY/command/reference/cmdref.html


 

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「不明なトラフィック フラッディングの制御について」

「UUFB または UMFB の設定」

不明なトラフィック フラッディングの制御について

デフォルトでは、不明なユニキャスト トラフィックと不明なマルチキャスト トラフィックは、VLAN 内のすべてのレイヤ 2 ポートにフラッディングします。UUFB 機能と UMFB 機能を使用すれば、このトラフィックを防止または制限することができます。

UUFB/UMFB 機能は、指定されたポートでの不明なユニキャスト/マルチキャスト トラフィック フラッディングをブロックし、そのポート上に存在することがわかっている MAC アドレスを持つ出力トラフィックだけを許可します。UUFB 機能と UMFB 機能は、Private VLAN(PVLAN)ポートも含め、 switchport コマンドで設定したすべてのポートでサポートされます。


) VLAN のノンレシーバー(ルータ)ポートに対して switchport block multicast コマンドを入力することにより、ルーティング プロトコルを中断できます。このコマンドは、224.0.0.0/24 の範囲内でローカル サブネットワーク マルチキャスト制御グループを利用する ARP 機能やその他のプロトコル(Network Time Protocol; NTP など)を中断することもできます。


UUFB または UMFB の設定

UUFB または UFMB を設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# interface {{ type1 slot/port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 3

Router(config-if)# switchport

ポートをレイヤ 2 スイッチング用に設定します。

ステップ 4

Router(config-if)# switchport block { unicast | multicast }

そのポート上での不明なユニキャスト/マルチキャスト フラッディングのブロックをイネーブルにします。

ステップ 5

Router(config-if)# do show interfaces [ type1 slot/port ] switchport | include Unknown

設定を確認します。

1.type = fastethernet, gigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、ポート FastEthernet 5/12 に対して UUFB 設定をし、この内容を確認する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# interface fastethernet 5/12
Router(config-if)# switchport
Router(config-if)# switchport block unicast
Router(config-if)# do show interface fastethernet 5/12 switchport | include Unknown
Unknown unicast blocked: enabled