Catalyst 4948-10GE スイッチ インストレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

製品概要

Catalyst 4948-10GEスイッチの用途

Catalyst 4948-10GEスイッチのソフトウェア機能

ハードウェア システムの機能

スイッチのコンポーネント

トラフィック ポート

コンソール ポート

前面パネルのLED

シャーシの冷却

電源装置

電源装置の環境モニタ

Catalyst 4948-10GEスイッチの電力管理

電力管理モード

製品概要

この章では、Catalyst 4948-10GEスイッチの概要、システムの機能、およびコンポーネントについて説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

「Catalyst 4948-10GEスイッチの用途」

「Catalyst 4948-10GEスイッチのソフトウェア機能」

「ハードウェア システムの機能」

「スイッチのコンポーネント」

Catalyst 4948-10GEスイッチの用途

Catalyst 4948-10GEスイッチ(図 1-1を参照)は、高性能、高密度のエッジ スイッチング用として設計されています。限られたスペースでも利用できるコンパクトな1Uサイズで、ホットスワップ対応の冗長電源装置を備え、全ポートで10/100/1000接続をサポートする固定設定スイッチング ソリューションです。

図 1-1 Catalyst 4948-10GEスイッチ

 

Catalyst 4948-10GEスイッチは、136 Gpbsのノンブロッキング全二重スイッチング ファブリックで、10,200万パケット/秒のスイッチング容量を提供し、高速通信をサポートします。Catalyst 4948-10GEのシャーシには、48の
10/100/1000BASE-Tイーサネット ポートと、2つの10ギガビット イーサネット アップリンク ポートがあります。

また、室温で動作する低ノイズ着脱式自動変速ファン トレイと、冗長300 W ACまたは300 W DC電源装置により、十分な耐障害性を備えています。「Catalyst 4948-10GEスイッチへのAC電源の接続」を参照してください。

Catalyst 4948-10GEスイッチのソフトウェア機能

Catalyst 4948-10GEは、次の機能を備えています。

レイヤ2、レイヤ3、およびレイヤ4のスイッチング サービス

レイヤ2スイッチングで、55,000のMAC(メディア アクセス制御)アドレスをサポート

4,096のVLANおよび4,096のVLAN IDをサポート

全ポートでのIEEE 802.1Q VLANタギング

EFMでのQ-in-Q

全ポートでのCisco ISL(スイッチ間リンク)タギング

16,000のマルチキャスト転送エントリおよび16,000のユニキャスト転送エントリ

1022ずつの入力側および出力側ポリサー

32,000ずつの入力側および出力側セキュリティACE

Gigabit EtherChannelでのPort Aggregation Protocol(PAgP)を使用したポート集約

Catalyst 4500シリーズ管理ソフトウェアの機能は、次のとおりです。

Catalyst 4500シリーズ スイッチに共通のCLI(コマンドライン インターフェイス)およびSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)インターフェイス

Catalyst 4500シリーズ スイッチと互換性のある新機能

コンソール インターフェイス接続端末による、シリアル回線上の帯域外管理サポート

任意のスイッチ ポートでのSNMP、Telnetクライアント、Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)による帯域内管理サポート

RMON-1によるRemote Monitoring(RMON)

標準レイヤ2機能のサポート:802. 1Dスパニングツリー、Cisco Discovery Protocol(CDP)、プルーニング拡張機能を備えたVTP(VLANトランキング プロトコル)バージョン2、およびCisco Group Management Protocol(CGMP)クライアント

次の管理機能が組み込まれています。

エンティティMIB(管理情報ベース)、関連するすべての標準MIB、および関連するすべてのCisco MIBを含む完全なSNMP機能

ポート単位での最初の4つのRMONグループ(イーサネット統計、アラーム、イベント、履歴)のサポート。オプションのRMONプロセッシング モジュールは不要。

パフォーマンス管理情報

組み込みCisco Viewのサポート

ハードウェア システムの機能

Catalyst 4948-10GEスイッチは、Catalyst 4500シリーズのシステム ソフトウェアを使用して、Catalystスイッチ ファミリーに完全に統合することができる、高性能専用イーサネット スイッチです。

Catalyst 4948-10GEのハードウェア機能は、次のとおりです。

RJ-45インターフェイスを使用する10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tイーサネット ポート×48。次の標準規格がサポートされます。

IEEEE 802.3 10BASE-T

IEEE 802.3u 100BASE-TX

IEEE 802.3z 1000BASE-X

IEEE 802.3x Pauseおよび全二重

IEEE 802.1Q

IEEE 802.3ab 1000BASE-T

IEEE 802.3ae

IEEE 802.1p

X2インターフェイスを使用する2つの10ギガビット イーサネット アップリンク ポート

RJ-45インターフェイスを使用するシリアル コンソール管理ポート

室温で低ノイズで動作する着脱式自動変速ファン トレイ

交換可能な冗長300 W AC電源装置(DC電源装置も可)

256 MB SDRAM(固定)

64 MB内蔵フラッシュ メモリ

136 Gbpsスイッチング容量、10,200万パケット/秒の実転送レート

10 Gbpsおよび10/100/1000 MbpsのEtherChannel

ハードウェア ベースのアクセスリスト

ハードウェアのストーム制御

スイッチのコンポーネント

ここでは、Catalyst 4948-10GEのハードウェア コンポーネントについて説明します。

トラフィック ポート

このスイッチには、RJ-45インターフェイスを使用する48の10/100/1000BASE-Tイーサネット ポートと、X2インターフェイスを使用する2つの10ギガビット イーサネット アップリンク ポートがあります。

コンソール ポート

コンソール シリアル ポート(RJ-45)では、標準コンソール機器を使用してスイッチを管理できます(図 1-2図 1-2を参照)。コンソール ポートおよび管理ポートのコネクタのピン割り当ては、 付録A「仕様」 に記載されています。

図 1-2 管理ポート用のLED

 

図 1-3 ステータスLED

 

前面パネルのLED

Catalyst 4948-10GEスイッチの前面パネルLED(図 1-2図 1-2および図 1-3図 1-3を参照)には、次のステータス情報が表示されます。

STATUS LEDは、Catalyst 4948-10GEスイッチの動作状態を示します。

PS1 LEDは、内蔵電源装置のステータスを示します。

PS2 LEDは、内蔵電源装置のステータスを示します。

FAN LEDは、ファン トレイのステータスを示します。

リンク ステータスLEDは、10/100BASE-T管理ポートの下にあります。

表 1-1 に、LED機能の詳細を示します。

 

表 1-1 LEDの説明

LED
色または状態
説明

STATUS



グリーン
レッド

点滅

イエロー

消灯

Catalyst 4948の起動時に実行される一連の診断テストの状態が示されます。
すべてのテストに合格しました。
個々のポート以外のテストに失敗しました。
システムを起動中または診断テストを実行中です。
システムはROMMONモードにあるか電源装置に障害が発生しました。
スイッチの電源がオフです。

ポート1~48

グリーン
イエロー
イエローで点滅

消灯

ポートは動作可能です。
ポートはディセーブル設定です。
ポートは電源投入時セルフテストに失敗しました。
信号が検出されていないか、リンク設定障害です。

FAN

消灯




グリーン
レッド

スイッチまたはファンに電力が供給されていません(1つまたは複数の電源装置ステータスLEDがグリーンに点灯している場合、トレイが接続されていない可能性があります)。
ファン トレイは動作可能です。
障害が検出されました。

PS1およびPS2

消灯
グリーン
レッド

電源装置に電力が供給されていません。
動作可能です。1
障害が検出されたか、電源装置のスイッチがオフです。

1.1つのLEDがグリーンに点灯し、もう1つのLEDが消灯している場合、電源装置が接続されていない可能性があります。レッドに点灯した場合は、電源装置が接続されていないか、スイッチがオンになっていない、または障害が発生しています。CLIを使用して、システムのステータスを詳しく調べる必要があります。

シャーシの冷却


) 環境仕様は、「設置場所の準備」を参照してください。


シャーシ コンポーネントの内部には、ホットスワップ対応のシステム ファン トレイによって冷気が送り込まれます。このファンは、シャーシ側面から吸気し、背面から排気します。


注意 ファン トレイを取り外す際には、工具や指が内部回路に触れないように注意してください。システムは、ファン トレイを取り外した状態で稼働しないでください。障害のあるファン トレイを取り外したら、速やかに新しいファン トレイを取り付けてください。

図 1-4に、スイッチ内の通気の方向を示します。

図 1-4 Catalyst 4948-10GEの通気

 

ファン トレイには、4つのファンが付いています。1つのファンが故障しても、他のファンの動作は継続します。内部の空気の温度は、センサーによってモニタされます。内部温度に応じて、できるだ静かに動作するように、稼働ファンの数と速度が調整されます。空気の温度が設定済みのスレッシュホールドを超過すると、環境モニタに警告メッセージが表示されます。

電源装置


) Catalyst 4948-10GEスイッチの電力仕様の詳細は、付録A「仕様」を参照してください。


Catalyst 4948-10GEスイッチには、2つの冗長300 W ACまたは300 W DC内部電源装置があります。

内部電源装置は、それぞれ個々の電源コードと、ステータスLED(前面パネルのPS1およびPS2)を備えています。また、電源装置にも、入力電流(Input OK)および出力電流(Output OK)を示すLEDが付いています。電源装置の電源コードは、設置場所のAC電源に接続します。Catalyst 4948-10GEスイッチのAC電源装置には電源スイッチが付いています。電源コードを電源に接続し、電源装置のスイッチをオンにすると、AC電力が供給されます。DC電源装置は電源コードを使用せず、オン/オフ スイッチは付いていません。

図 1-5 オン/オフ スイッチの位置

 

1つの電源装置を接続しただけでもスイッチは始動しますが、この場合には冗長フェールオーバーおよびロードシェアリングはサポートされません。電力供給の信頼性を最適に保つためには、2つの電源装置をそれぞれ個別のACまたはDC電源に接続することを推奨します。

安全上の理由から、AC電源装置をシャーシから取り外したり、シャーシに取り付けたりする際は、事前に電源装置のスイッチをオフにしてください。DC電源は、取り外す前に電源をオフにします。

1つの電源装置だけを使用する場合には、未使用の電源装置ベイにブランク前面プレートを取り付ける必要があります。

電源装置の環境モニタ

環境モニタおよびレポート機能を使用すると、システムの運用に影響する前に、不適切な環境条件を解決して、正常なシステム動作を維持することができます。

各電源装置ごとに、内部温度と出力電圧がモニタされます。限界条件に達すると、過熱または過電流による損傷を防止するために、電源装置がシャットダウンすることがあります。Catalyst 4948-10GEスイッチでは、電源装置の動作状態が検出され、ソフトウェアによってステータスが報告されます。

Catalyst 4948-10GEスイッチの電力管理

スイッチには、AC電源装置またはDC電源装置のいずれかを選択できます。Catalyst 4948-10GEスイッチは、次の電源装置をサポートしています。

300 W AC

300 W DC

冗長電源装置は、入力ステータスに関係なく稼働中のシステムによって識別および診断できます。ACおよびDC電源は交換可能です。

電力管理モード

Catalyst 4948-10GEスイッチは、冗長電力管理モードをサポートしています。このモードでは、両方の電源装置が正常に稼働し、各装置がそれぞれシステムの合計所要電力の20/80~45/55%を提供します。一方の電源装置に障害が発生すると、他方の電源装置が合計所要電力の100%を提供します。