Catalyst 4948 インストレーション ガイド
SFP ポートの設定
SFP ポートの設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

SFP ポートの設定

SFP サポート

SFP の取り付け、取り外し、およびメンテナンス

SFP モジュールおよび代替配線

マイラー タブ SFP モジュール

アクチュエータ/ボタン SFP モジュール

ベールクラスプ SFP モジュールの取り付けおよび取り外し

ベールクラスプ モジュールの取り付け

ベールクラスプ モジュールの取り外し

SFP ポートの設定

この章では、Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)レーザー光トランシーバ モジュールを取り付ける手順について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「SFP サポート」

「SFP の取り付け、取り外し、およびメンテナンス」

これらのモジュールのギガビット イーサネット ポートは、主として、他の高性能スイッチおよびルータのバックボーン相互接続用として使用されます。

SFP サポート

SFP は、SFP ポートに接続し、スイッチを光ファイバ ネットワークにリンクするホットスワップ対応の入出力デバイスです(図 4-1 を参照)。次の SFP メディア タイプがサポートされます。

CWDM(CWDM-SFP-xxxx=)

Cisco 1000BASE-T SFP(GLC-T=)

短波用 1000BASE-SX(GLC-SX-MM=)

長波/長距離用 1000BASE-LX/LH(GLC-LH-SM=)

超長距離用 1000BASE-ZX(GLC-ZX-SM=)

SFP の取り付け、取り外し、およびメンテナンス

ここでは、SFP の取り付け、取り外し、およびメンテナンスの手順について説明します。

SFP モジュールおよび代替配線

Catalyst 4948 スイッチには、LC コネクタ付きの SFP モジュールを任意の組合せで設定できる 4 つのポートがあります(図 4-1 を参照)。スイッチのソフトウェアでこれらのポートのメディア タイプを設定し、SFP コネクタまたは RJ-45 コネクタのどちらを使用するかを決定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モード コマンドの media-type sfp | rj45 を使用します。デフォルトは、SFP です。


注意 ケーブルを取り外したあとは、SFP に清浄なダスト プラグを差し込み、SFP モジュールを保護してください。光ファイバ ケーブルを別の SFP モジュールの光ボアに差し込む前に、光インターフェイスの表面が汚れていないかどうかを確認してください。SFP モジュールの光ボアに、ほこりや他の汚れが付着しないように注意してください。ほこりが付着していると、光ファイバは正常に動作しません。


) SFP ポート 46 およびポート 48 に SFP を差し込む場合には、ラッチ メカニズムを逆向きにする必要があります。


図 4-1 SFP モジュールへの LC コネクタの接続

 

SFP モジュールには、スイッチング モジュール ポートに SFP モジュールを固定および解除する 3 タイプのラッチ メカニズムがあります。以降では、これらの 3 タイプの SFP モジュールについて説明します。

「マイラー タブ SFP モジュール」

「アクチュエータ/ボタン SFP モジュール」

「ベールクラスプ SFP モジュールの取り付けおよび取り外し」

マイラー タブ SFP モジュール


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


マイラー タブ SFP モジュール(図 4-2 を参照)では、スイッチング モジュール ポートからモジュールを取り外すときに、タブを引っ張る必要があります。

図 4-2 マイラー タブ SFP モジュール

 

マイラー タブ SFP モジュールをスイッチング モジュール ポートに挿入するには、SFP モジュールをポートの位置に合わせて差し込みます(図 4-3 を参照)。

図 4-3 マイラー タブ SFP モジュールの取り付け

 


注意 タブを引っ張って SFP モジュールを取り外す際は、SFP モジュールをポートと平行にした状態で取り外せるように、まっすぐに引き出してください。タブをひねったり、引っ張ったりすると、タブが SFP モジュールから取れることがあります。

スイッチング モジュール ポートから SFP モジュールを取り外すには、タブをわずかに下に向けて静かに引っ張ってモジュールをポートから切り離してから、SFP モジュールを引き抜きます(図 4-4 を参照)。

図 4-4 マイラー タブ SFP モジュールの取り外し

 

アクチュエータ/ボタン SFP モジュール


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


アクチュエータ/ボタン SFP モジュール(図 4-5 を参照)では、スイッチング モジュール ポートから SFP モジュールを取り外すときに、ボタンを押す必要があります。

図 4-5 アクチュエータ/ボタン SFP モジュール

 

アクチュエータ/ボタン SFP モジュールをスイッチング モジュール ポートに挿入するには、SFP モジュールをポートの位置に合わせて差し込み、アクチュエータ/ボタンを固定させます(図 4-6 を参照)。SFP モジュールを取り付けるときに、アクチュエータ/ボタンを押さないように注意してください。SFP モジュールが意図せずポートから外れることがあります。

図 4-6 アクチュエータ/ボタン SFP モジュールの取り付け

 

アクチュエータ/ボタン SFP モジュールをスイッチング モジュール ポートから取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 SFP モジュールの前面にあるアクチュエータ/ボタンをカチッと音がするまで静かに押し、ラッチ メカニズムを作動させ、SFP モジュールをポートから接続解除します(図 4-7 を参照)。

ステップ 2 親指と人差し指でアクチュエータ/ボタンをつかみ、SFP モジュールをポートからゆっくり引き抜きます。

図 4-7 ポートからのアクチュエータ/ボタン SFP モジュールの取り外し

 


 

ベールクラスプ SFP モジュールの取り付けおよび取り外し


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


ベールクラスプ SFP モジュール(図 4-8 を参照)には、SFP モジュールをスイッチング モジュール ポートに固定するベールクラスプが付いています。

図 4-8 ベールクラスプ SFP モジュール

 

ベールクラスプ モジュールの取り付け

ベールクラスプ SFP モジュールをスイッチング モジュール ポートに取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 SFP モジュールを取り付ける前に、ベールクラスプを閉じます。

ステップ 2 SFP モジュールをポートの位置にあわせて差し込みます(図 4-9 を参照)。

図 4-9 スイッチング ポートへのベールクラスプ SFP モジュールの取り付け

 


 

ベールクラスプ モジュールの取り外し

ベールクラスプ SFP モジュールをスイッチング モジュール ポートから取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 SFP モジュールのベールクラスプを人差し指で下側に押して、開きます(図 4-10 を参照)。人差し指でベールクラスプを開けられない場合には、小型のマイナス ドライバまたは細長い器具を使用して、ベールクラスプを開きます(図 4-11 を参照)。

ステップ 2 親指と人差し指で SFP モジュールをつかみ、スイッチング モジュール ポートからゆっくり引き抜きます(図 4-10 を参照)。

図 4-10 人差し指でのベールクラスプ SFP モジュールの取り外し

 

図 4-11 マイナス ドライバを使用したベールクラスプ SFP モジュールの取り外し