Cisco RPS 675 冗長化電源システム ハードウェア インストレーション ガイド
トラブルシューティング
トラブルシューティング
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 676KB) | フィードバック

目次

トラブルシューティング

トラブルシューティング

Cisco Redundant Power System(RPS)675 は、その場で修復することができません。 表3-1 に、特定の LED の状態に応じた適切な対処法を示します。

 

表3-1 LED の状態および適切な対処法

状況
状態
対処法

STANDBY/ACTIVE LED がオレンジに点滅

RPS がスタンバイ モードです。

STANDBY/ACTIVE ボタンを押して、RPS をアクティブ モードにしてください。

STANDBY/ACTIVE LED が消灯

AC 電源と内部電源装置(いずれかまたは両方)の接続に障害があるか、または接続されていません。

AC 電源と外部電源との接続を確認してください。
AC 電源が適切に接続されている場合は、RPS の内部電源装置に問題がある可能性があります。

OUTPUT PWR LED がオレンジに点灯

内部電源装置から DC 出力に電源が供給されていないか、または正しく機能していません。

内部電源装置が故障しているか、または RPS が過熱状態です。
STANDBY/ACTIVE ボタンを押してください。LED がグリーンに変わらない場合は、RPS 675 を交換してください。

TEMP LED がオレンジに点灯

RPS 675 が過熱状態になりつつあります。

周囲の温度を下げてください。

FAN(ブロワー)LED がオレンジに点灯

ブロワーが正常に稼働していません。

ファンが故障しています。RPS 675 を交換してください。

1 つまたは複数の DC 出力 LED がグリーンに点滅

接続装置に RPS を使用できません。RPS が他の接続装置に電力を供給しているか、または障害が発生しています。

RPS が他の装置に電力を供給しているかどうかを確認します。RPS が他の装置に電力を供給している場合は、正常な状態です。この外部装置が自身への電力供給を再開してから、STANDBY/ACTIVE ボタンを押すと、LED の表示が変わります。

1 つまたは複数の DC 出力 LED がオレンジに点灯

RPS がスタンバイ モードです。

STANDBY/ACTIVE ボタンを押して、RPS をアクティブ(またはレディー)モードにします。