Catalyst 6500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド - リリース 12.1 E
RPR および RPR+ スーパーバイザ エンジンの 冗長構成の設定
RPR および RPR+ スーパーバイザ エンジンの冗長構成の設定
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/06/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

RPR および RPR+ スーパーバイザ エンジンの冗長構成の設定

スーパーバイザ エンジンの冗長構成の概要

スーパーバイザ エンジンの冗長構成の概要

RPR の動作

RPR+ の動作

スーパーバイザ エンジンの同期化

スーパーバイザ エンジンの冗長構成に関する注意事項および制約事項

RPR+ に関する注意事項および制約事項

制約事項

注意事項

ハードウェア設定時の注意事項および制約事項

制約事項

注意事項

コンフィギュレーション モードに関する制約事項

スーパーバイザ エンジンの冗長構成の設定

RPR および RPR+ の設定

スーパーバイザ エンジンの設定の同期化

冗長ステートの表示

Fast Software Upgrade の実行

MSFC へのファイルのコピー

RPR および RPR+ スーパーバイザ エンジンの冗長構成の設定

Release 12.1(13)E 以降のリリースでは、Route Processor Redundancy(RPR)および Route Processor Redundancy Plus(RPR+)を使ったスーパーバイザ エンジンの冗長構成がサポートされています。この章では、RPR および RPR+ を使用してスーパーバイザ エンジンの冗長構成を設定する方法について説明します。


) Enhanced High System Availability(EHSA; 拡張高システム可用性)は、Release 12.1(13)E 以降のリリースではサポートされていません。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「スーパーバイザ エンジンの冗長構成の概要」

「スーパーバイザ エンジンの冗長構成に関する注意事項および制約事項」

「スーパーバイザ エンジンの冗長構成の設定」

「Fast Software Upgrade の実行」

「MSFC へのファイルのコピー」

スーパーバイザ エンジンの冗長構成の概要

ここでは、スーパーバイザ エンジンの冗長構成について説明します。

「スーパーバイザ エンジンの冗長構成の概要」

「RPR+ の動作」

「スーパーバイザ エンジンの同期化」

スーパーバイザ エンジンの冗長構成の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチは、プライマリ スーパーバイザ エンジンが故障した場合に冗長スーパーバイザ エンジンに処理を引き継ぐことにより、耐障害性を強化することができます。サポートされているスイッチオーバー時間は、RPR では 2 ~ 4 分、RPR+ では 30 ~ 60 秒です。

RPR+ モードを使用すると、冗長スーパーバイザ エンジンは完全に初期化および設定され、スイッチオーバー時間が短縮されます。冗長スーパーバイザ エンジンがオンライン状態になると、アクティブなスーパーバイザ エンジンは冗長スーパーバイザ エンジンのイメージ バージョンをチェックします。冗長スーパーバイザ エンジン上のイメージがアクティブなスーパーバイザ エンジン上のイメージと一致しない場合は、RPR 冗長モードが使用されます。

RPR の動作

RPR は次の機能をサポートします。

自動スタートアップおよびアクティブ スーパーバイザ エンジンと冗長スーパーバイザ エンジン間の bootvar の同期化

スーパーバイザ エンジンのアクティブ ステータスまたは冗長ステータスを検出および決定するハードウェア信号

アクティブ スーパーバイザ エンジンから冗長スーパーバイザ エンジンへ、60 秒間隔でクロック同期化を実行

冗長スーパーバイザ エンジンは、起動してもすべてのサブシステムが稼動するわけではなく、アクティブ スーパーバイザ エンジンが故障した場合に、完全に動作可能になります。

故障した装置の代わりに動作可能なスーパーバイザ エンジンが、冗長スーパーバイザ エンジンになります。

Fast Software Upgrade(FSU)のサポート(「Fast Software Upgrade の実行」を参照)


) 冗長スーパーバイザ エンジンがスタンバイ モードにある場合、冗長スーパーバイザ エンジンの 2 つのギガビット イーサネット インターフェイスは常にアクティブです。


スイッチの電源投入時に、2 つのスーパーバイザ エンジン間で RPR が稼動します。スロット 1 または 2 で最初に起動したスーパーバイザ エンジンが RPR アクティブ スーパーバイザ エンジンになります。Multilayer Switch Feature Card(MSFC または MSFC2; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)および Policy Feature Card(PFC または PFC2; ポリシー フィーチャ カード)は完全に動作可能になります。冗長スーパーバイザ エンジン上の MSFC および PFC はリセットされますが、動作可能にはなりません。

次のイベントが発生すると、RPR スイッチオーバーが行われます。

スーパーバイザ エンジン間のクロック同期損失

アクティブ スーパーバイザ エンジンでの MSFC または PFC 障害

手動スイッチオーバー

スイッチオーバーが行われると、冗長スーパーバイザ エンジンが完全に動作可能になり、次の動作が行われます。

すべてのスイッチ モジュールの電源が再びオンになります。

MSFC 上の残りのサブシステム(レイヤ 2 およびレイヤ 3 プロトコルを含む)が起動されます。

Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)がスーパーバイザ エンジンのハードウェアに再度プログラミングされます。


) スイッチオーバー時には、一部のアドレス ステートが失われ、ダイナミックに再確認した後で復元されるため、トラフィックが一時中断されます。


RPR+ の動作

RPR+ を使用すると、冗長スーパーバイザ エンジンが完全に初期化および設定されるため、アクティブなスーパーバイザ エンジンが故障した場合、または手動によるスイッチオーバーが実行された場合に、スイッチオーバー時間が短縮されます。

スイッチの電源投入時に、2 つのスーパーバイザ エンジン間で RPR+ が稼動します。スロット 1 または 2 で最初に起動したスーパーバイザ エンジンがアクティブ スーパーバイザ エンジンになります。Multilayer Switch Feature Card(MSFC または MSFC2; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)および Policy Feature Card(PFC または PFC2; ポリシー フィーチャ カード)は完全に動作可能になります。冗長スーパーバイザ エンジン上の MSFC および PFC はリセットされますが、動作可能にはなりません。

RPR+ は、RPR に次の利点を追加して強化したものです。

スイッチオーバー時間の短縮

設定に応じて、スイッチオーバー時間は 30 ~ 60 秒になります。

搭載されたモジュールはリロードされない

スタートアップ コンフィギュレーションと実行コンフィギュレーションの両方が、アクティブ スーパーバイザ エンジンから冗長スーパーバイザ エンジンへ絶えず同期化されるため、搭載されたモジュールはスイッチオーバー中にリロードされません。

冗長スーパーバイザ エンジンの Online Insertion and Removal(OIR; ホットスワップ)

RPR+ を使用すると、メンテナンスするときに冗長スーパーバイザ エンジンの OIR を実行できます。冗長スーパーバイザ エンジンを取り付けると、アクティブなスーパーバイザ エンジンが冗長スーパーバイザ エンジンの存在を検出し、冗長スーパーバイザ エンジンを完全に初期化されたステートに移行させ始めます。

OIR イベントの同期化

redundancy force-switchover コマンドによる手動でのスイッチオーバーの開始

次のイベントが発生すると、RPR+ スイッチオーバーが行われます。

スーパーバイザ エンジン間のクロック同期損失

アクティブ スーパーバイザ エンジンでの MSFC または PFC 障害

スーパーバイザ エンジンの同期化

RPR モードの動作時には、2 つのスーパーバイザ エンジン間で startup-config および config-register 設定がデフォルトで同期化されます。スイッチオーバー時には、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンが現在の設定を使用します。


) 自動同期がディセーブルになっている場合を除き、ブート変数はデフォルトで同期化されています。


冗長スーパーバイザ エンジン設定が RPR+ モードで実行されている場合、次の動作により同期化が引き起こされます。

冗長スーパーバイザ エンジンを最初にオンラインにすると、アクティブなスーパーバイザ エンジンから冗長スーパーバイザ エンジンへ設定情報が一括で同期化されます。この同期化により、冗長スーパーバイザ エンジン上にある既存のスタートアップ コンフィギュレーション ファイルが上書きされます。

通常の動作中に設定が変更されると、RPR+ によりアクティブなスーパーバイザ エンジンから冗長スーパーバイザ エンジンへの差分同期が実行されます。RPR+ により、アクティブなスーパーバイザ エンジンから冗長スーパーバイザ エンジンへ、ユーザが入力した Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)コマンドが行単位で差分同期化されます。


) • 冗長スーパーバイザ エンジンが完全に初期化されている場合でも、コンフィギュレーション ファイルが変更されたときに変更の差分を受け取れるように、アクティブなスーパーバイザ エンジンとの相互通信だけは行います。冗長スーパーバイザ エンジンでは CLI コマンドを入力できません。

RPR+ モードでは、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの同期がデフォルトでイネーブルにされています。


 

スーパーバイザ エンジンの冗長構成に関する注意事項および制約事項

ここでは、スーパーバイザ エンジンの冗長構成に関する注意事項および制約事項について説明します。

「RPR+ に関する注意事項および制約事項」

「ハードウェア設定時の注意事項および制約事項」

「コンフィギュレーション モードに関する制約事項」

RPR+ に関する注意事項および制約事項

RPR+ には、次の注意事項および制約事項が適用されます。

制約事項

RPR+ 冗長構成は、VLAN データベース モードで入力された設定をサポートしていません。RPR+ 冗長構成には、グローバル コンフィギュレーション モードを使用します(「VLAN の設定」を参照)。

SNMP を通じて行われた設定変更は、冗長スーパーバイザ エンジンと同期化されません。冗長スーパーバイザ エンジンでこの設定を同期するには、 copy running-config startup-config コマンドを入力します。

スーパーバイザ エンジンを冗長構成にしても、スーパーバイザ エンジンのミラーリングやロードバランスは行われません。スーパーバイザ エンジンのうちの 1 台だけがアクティブになります。冗長スーパーバイザ エンジンが処理を引き継いでスイッチが回復するまで、ネットワーク サービスは中断されます。

RPR+ では、両方のスーパーバイザ エンジンで同じバージョンの Cisco IOS ソフトウェアが稼動している必要があります。両方のスーパーバイザ エンジンで同じバージョンの Cisco IOS ソフトウェアが稼動していない場合は、冗長スーパーバイザ エンジンが RPR モードでオンライン状態になります。

Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)テーブルはスイッチオーバー時に消去されます。その結果、ルート テーブルの再コンバージェンスが行われるまで、ルーティング対象トラフィックは中断されます。

スタティック IP ルートはコンフィギュレーション ファイル内のエントリから設定されるため、スイッチオーバー中も維持されます。

アクティブなスーパーバイザ エンジン上で維持されるダイナミックなステート情報は、冗長スーパーバイザ エンジンに同期化されないため、スイッチオーバー時に失われます。

次に、スイッチオーバー時に失われるダイナミックなステート情報の例を示します。

フレーム リレー Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)


) フレーム リレーでスイッチングされる Data Link Connection Identifier(DLCI)設定はコンフィギュレーション ファイル内に保存されているため、フレーム リレーでスイッチングされる DLCI 情報はスイッチオーバー中も維持されます。


中断されたすべての Point-to-Point Protocol(PPP; ポイントツーポイント プロトコル)セッション

すべての Asynchronous Transfer Mode(ATM; 非同期転送モード)SVC 情報

中断されたすべての TCP、およびその他のコネクション型レイヤ 3 およびレイヤ 4 セッション

BGP セッション

Automatic Protection System(APS; 自動保護システム)ステート情報すべて

注意事項

冗長スーパーバイザ エンジンの 2 つのギガビット イーサネット インターフェイスは常にアクティブです。

RPR+ スイッチオーバーは、障害のあるスーパーバイザ エンジンがコア ダンプを完了した後に行われます。コア ダンプには最大で 15 分間かかります。スイッチオーバー時間を短縮するには、スーパーバイザ エンジンでコア ダンプをディセーブルにします。

ハードウェア設定時の注意事項および制約事項

冗長運用には、次のハードウェア設定時の注意事項および制約事項が適用されます。

制約事項

スーパーバイザ エンジンの冗長構成は、デフォルト以外の VLAN データ ファイル名または場所をサポートしません。冗長スーパーバイザ エンジンを搭載したスイッチに、 vtp file file_name コマンドを入力しないでください。

スーパーバイザ エンジンおよび MSFC で実行する Cisco IOS は、スーパーバイザ エンジンおよび MSFC ルータが同一である冗長構成をサポートします。スーパーバイザ エンジンおよび MSFC ルータが同一でない場合、片方が最初に起動されてアクティブになり、もう一方がリセット状態で保留されます。

各スーパーバイザ エンジン自体でスイッチを稼動させるためのリソースを備えている必要があります。つまり、スーパーバイザ エンジンのすべてのリソースが重複している必要があります。言い換えれば、各スーパーバイザ エンジンは、それぞれ独自のフラッシュ装置およびコンソール ポート接続を備えています。

注意事項

スーパーバイザ エンジンごとに個別のコンソール接続を行ってください。コンソール ポートに Y 字ケーブルを接続しないでください。

両方のスーパーバイザ エンジン内のシステム イメージが同じである必要があります(「MSFC へのファイルのコピー」を参照)。


) 冗長スーパーバイザ エンジン上で Catalyst オペレーティング システム ソフトウェアを実行している場合は、アクティブ スーパーバイザ エンジンを取り外して、冗長スーパーバイザ エンジンだけが搭載されている状態でスイッチを起動します。最新のリリース ノートの手順に従って、Catalyst ソフトウェアから冗長スーパーバイザ エンジンを変換してください。


startup-config のコンフィギュレーション レジスタが自動起動用に設定されている必要があります(「ブート フィールドの変更」を参照)。

冗長スーパーバイザ エンジンを取り付ける前に、デフォルト設定に戻すには no vtp file コマンドを入力します。


) ネットワークからの起動はサポートされていません。


コンフィギュレーション モードに関する制約事項

スタートアップ同期プロセス中は、設定に関して次の制約事項が適用されます。

スタートアップ(一括)同期中は、設定を変更できません。このプロセス中に設定を変更しようとすると、次のメッセージが生成されます。

Config mode locked out till standby initializes
 

スーパーバイザ エンジンのスイッチオーバー時に設定を変更した場合、その変更内容は失われます。

スーパーバイザ エンジンの冗長構成の設定

ここでは、スーパーバイザ エンジンの冗長構成を設定する手順について説明します。

「RPR および RPR+ の設定」

「スーパーバイザ エンジンの設定の同期化」

「冗長ステートの表示」

RPR および RPR+ の設定

RPR または RPR+ を設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# redundancy

冗長コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-red)# mode {rpr | rpr-plus}

RPR または RPR+ を設定します。このコマンドを入力すると、冗長スーパーバイザ エンジンがリロードされ、RPR または RPR+ モードでの処理が開始されます。

ステップ 3

Router# show running-config

RPR または RPR+ がイネーブルになっていることを確認します。

ステップ 4

Router# show redundancy states

動作中の冗長モードを表示します。

次に、システムを RPR+ 用に設定して、冗長ステートを表示する例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# redundancy
Router(config-red)# mode rpr-plus
Router(config-red)# ^Z
Router# show redundancy states
my state = 13 -ACTIVE
peer state = 1 -DISABLED
Mode = Simplex
Unit = Primary
Unit ID = 1
 
Redundancy Mode (Operational) = Route Processor Redundancy Plus
Redundancy Mode (Configured) = Route Processor Redundancy Plus
Split Mode = Disabled
Manual Swact = Disabled Reason: Simplex mode
Communications = Down Reason: Simplex mode
 
client count = 11
client_notification_TMR = 30000 milliseconds
keep_alive TMR = 4000 milliseconds
keep_alive count = 0
keep_alive threshold = 7
RF debug mask = 0x0
 
Router#

スーパーバイザ エンジンの設定の同期化

通常の動作時には、2 つのスーパーバイザ エンジン間で startup-config および config-register 設定がデフォルトで同期化されます。スイッチオーバー時には、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンが現在の設定を使用します。

2 つのスーパーバイザ エンジンで使用される設定を手動で同期化するには、アクティブ スーパーバイザ エンジンで次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# redundancy

冗長コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-red)# main-cpu

main-cpu コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

Router(config-r-mc)# auto-sync { startup-config | config-register | bootvar | standard }

設定要素を同期します。

ステップ 4

Router(config-r-mc)# end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

Router# copy running-config startup-config

NVRAM 内のコンフィギュレーション ファイルを強制的に手動で同期します。

(注) DRAM 内の実行コンフィギュレーション ファイルを同期する場合、この手順は必須ではありません。


auto-sync standard コマンドは、ブート変数を同期しません。


次に、 auto-sync standard コマンドを使用してデフォルトの自動同期機能を再びイネーブルにし、アクティブ スーパーバイザ エンジンの startup-config および config-register の設定を冗長スーパーバイザ エンジンと同期する例を示します。

Router(config)# redundancy
Router(config-red)# main-cpu
Router(config-r-mc)# auto-sync standard
Router(config-r-mc)# auto-sync bootvar
Router(config-r-mc)# end
Router# copy running-config startup-config

) 標準的な auto-sync 設定の個別の要素だけを手動で同期するには、デフォルトの自動同期機能をディセーブルにします。


次に、デフォルトの自動同期をディセーブルにし、起動設定を同期できない間、冗長スーパーバイザ エンジンに対するアクティブ スーパーバイザ エンジンの config-registers の自動同期だけを許可する例を示します。

Router(config)# redundancy
Router(config-red)# main-cpu
Router(config-r-mc)# no auto-sync standard
Router(config-r-mc)# auto-sync config-register
Router(config-r-mc)# end
Router# copy running-config startup-config

冗長ステートの表示

冗長ステートを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show redundancy states

冗長ステートを表示します。

次に、冗長ステートを表示する例を示します。

Router# show redundancy states
my state = 13 -ACTIVE
peer state = 8 -STANDBY HOT
Mode = Duplex
Unit = Primary
Unit ID = 1
 
Redundancy Mode (Operational) = Route Processor Redundancy Plus
Redundancy Mode (Configured) = Route Processor Redundancy Plus
Split Mode = Disabled
Manual Swact = Enabled
Communications = Up
 
client count = 11
client_notification_TMR = 30000 milliseconds
keep_alive TMR = 9000 milliseconds
keep_alive count = 0
keep_alive threshold = 18
RF debug mask = 0x0
 
Router#
 
my state = 13 -ACTIVE
peer state = 1 -DISABLED
Mode = Simplex
Unit = Primary
Unit ID = 1
 
Redundancy Mode (Operational) = Route Processor Redundancy Plus
Redundancy Mode (Configured) = Route Processor Redundancy Plus
Split Mode = Disabled
Manual Swact = Disabled Reason: Simplex mode
Communications = Down Reason: Simplex mode
 
client count = 11
client_notification_TMR = 30000 milliseconds
keep_alive TMR = 9000 milliseconds
keep_alive count = 0
keep_alive threshold = 18
RF debug mask = 0x0

Fast Software Upgrade の実行

RPR でサポートされている Fast Software Upgrade(FSU)手順を使用すると、システムをリロードしなくても、スーパーバイザ エンジン上の Cisco IOS イメージをアップグレードできます。


) EHSA から RPR へのアップグレードを初めて実行する場合は、両方のスーパーバイザ エンジンをリロードする必要があります。EHSA から FSU への移行はサポートされていません。


FSU を実行するには、次の作業を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# copy source_device : source_filename { disk0 | disk1 } : target_filename
新しい Cisco IOS イメージを、アクティブ スーパーバイザ エンジン上の disk0: 装置、または disk1: 装置にコピーします。
または
Router# copy source_device : source_filename sup-bootflash: target_filename
新しい Cisco IOS イメージを、アクティブ スーパーバイザ エンジン上の bootflash: 装置にコピーします。
または
Router# copy source_device : source_filename { slavedisk0 | slavedisk1 } : target_filename
新しい Cisco IOS イメージを、冗長スーパーバイザ エンジン上の disk0: 装置、または disk1: 装置にコピーします。
または
Router# copy source_device : source_filename slavesup-bootflash: target_filename
新しい Cisco IOS イメージを、冗長スーパーバイザ エンジン上の bootflash: 装置にコピーします。

ステップ 2

Router# config terminal

Router(config)# config-register 0x2102

Router(config)# boot system flash device : file_name

新しいイメージを起動するように、スーパーバイザ エンジンを設定します。

ステップ 3

Router# copy running-config start-config

設定を保存します。

ステップ 4

Router# hw-module {module num} reset

冗長スーパーバイザ エンジンをリロードして、再びオンライン状態に戻します(新しいバージョンの Cisco IOS ソフトウェアを実行します)。

(注) 冗長スーパーバイザ エンジンをリロードする前に、すべての設定の同期変更が完了するまで、十分に待機してください。

ステップ 5

Router# redundancy force-switchover

冗長スーパーバイザ エンジンへのスイッチオーバーを手動で実行します。冗長スーパーバイザ エンジンが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンになり、新しい Cisco IOS イメージが稼動します。モジュールがリロードされ、モジュール ソフトウェアが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンからダウンロードされます。

それまでアクティブだったスーパーバイザ エンジンが新しいイメージで再起動され、冗長スーパーバイザ エンジンになります。

(注) EHSA から RPR への FSU 処理を実行するには、ステップ 5 で reload コマンドを実行します。

次に、FSU の実行例を示します。

Router# config terminal
Router(config)# config-register 0x2
Router(config)# boot system flash slot0: c6sup22-jsv-mz.121-11.E
Router# copy running-config start-config
Router# hw-module reset
Router# redundancy force-switchover
Router#

MSFC へのファイルのコピー

次のコマンドを使用して、アクティブな MSFC 上の bootflash: 装置にファイルをコピーします。

Router# copy source_device:source_filename bootflash:target_filename
 

次のコマンドを使用して、冗長 MSFC 上の bootflash: 装置にファイルをコピーします。

Router# copy source_device:source_filename slavebootflash:target_filename