Catalyst 6500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド - リリース 12.1 E
Supervisor Engine 1 での IPX ユニキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定
Supervisor Engine 1 での IPX ユニキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/06/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

Supervisor Engine 1 での IPX ユニキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定

IPX MLS の機能概要

IPX MLS の概要

IPX MLS フロー

レイヤ 3 の MLS キャッシュ

フロー マスク

フロー マスク モード

フロー マスク モードと show mls entry コマンドの出力

レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え

IPX MLS の動作

IPX MLS のデフォルト設定

設定時の注意事項および制約事項

IPX MLS の設定

IPX MLS のグローバルなイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上での IPX MLS のイネーブル化

MLS エージング タイムの設定

最小 IPX MLS フロー マスクの設定

IPX MLS 情報の表示

IPX MLS キャッシュ エントリの表示

すべての IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定の宛先アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定の送信元アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定のインターフェイスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定の MAC 宛先または送信元アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

IPX MLS コンテンション テーブルの表示

IPX MLS VLAN 統計情報の表示

IPX MLS キャッシュ エントリのクリア

IPX MLS のトラブルシューティング

Supervisor Engine 1 での IPX ユニキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定


) この章で説明する機能は、Supervisor Engine 1、Policy Feature Card(PFC; ポリシー フィーチャ カード)、および Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)または MSFC2 だけでサポートされます。Supervisor Engine 2、PFC2、および MSFC2 の詳細については、「スーパーバイザ エンジン 2 での IP ユニキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定」を参照してください。


PFC および MSFC または MSFC2 が装備された Supervisor Engine 1 は、レイヤ 3 スイッチングに Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)を提供します。この章では、Catalyst 6500 シリーズ スイッチに Internetwork Packet Exchange(IPX)レイヤ 3 スイッチングを設定する方法について説明します。


) この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、『Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Command Reference』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「IPX MLS の機能概要」

「IPX MLS のデフォルト設定」

「設定時の注意事項および制約事項」

「IPX MLS の設定」

「IPX MLS 情報の表示」

「IPX MLS キャッシュ エントリのクリア」

「IPX MLS のトラブルシューティング」


) MSFC は、MLS を使用して Catalyst 5000 ファミリ スイッチの MLS Route Processor(MLS-RP; MLS ルート プロセッサ)として指定できます。MLS の設定手順については、『Layer 3 Switching Configuration Guide--Catalyst 5000 Family, 4000 Family, 2926G Series, 2926 Series, and 2948G』を参照してください。


IPX MLS の機能概要

ここでは、MLS の概要と MLS の機能について説明します。

「IPX MLS の概要」

「IPX MLS フロー」

「レイヤ 3 の MLS キャッシュ」

「フロー マスク」

「レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え」

「IPX MLS の動作」

IPX MLS の概要

IPX MLS は、Catalyst 6500 シリーズ スイッチのハイパフォーマンス ハードウェア ベースのレイヤ 3 スイッチングを提供します。IPX MLS は、高度な Application-Specific Integrated Circuit(ASIC; 特定用途向け集積回路)スイッチング ハードウェアを使用して、ネットワーク間でユニキャスト IPX データ パケット フローをスイッチングして、プロセッサを集中的に使用するパケット ルーティングといったネットワーク ルータの負荷を軽減します。

2 つのホスト間に部分的または完全なスイッチド パスが存在する場合は常に、パケット転送機能はレイヤ 3 スイッチに移行されます。宛先に到達するための部分的または完全なスイッチド パスがないパケットは、引き続きルータによって転送されます。Routing Information Protocol(RIP)、Enhanced Interior Gateway Protocol(EIGRP)、および NetWare Link Services Protocol(NLSP; NetWare リンク サービス プロトコル)などの標準のルーティング プロトコルは、ルートの決定に使用されます。

IPX MLS フロー

IP や IPX などのレイヤ 3 プロトコルはコネクションレス型であり、その他のパケットとは無関係にすべてのパケットを配信します。ただし、実際のネットワーク トラフィックは、ユーザまたはアプリケーション間の多数のエンドツーエンドの対話またはフローからなります。

フローは、同じプロトコルとネットワーク レイヤ情報を共有する、特定の送信元と宛先間の単一方向の一連のパケットです。クライアントからサーバ、およびサーバからクライアントへの通信は、別個のフローです。

フローは、レイヤ 3 アドレスだけに基づいています。レイヤ 3 アドレスでは、宛先 IPX アドレスだけがフローの特定に使用される場合に、複数のユーザまたはアプリケーションから特定の宛先への IPX トラフィックを単一のフローで伝送できます。

レイヤ 3 の MLS キャッシュ

ポリシー フィーチャ カード(PFC)は、レイヤ 3 スイッチド フローのレイヤ 3 スイッチング テーブル(MLS キャッシュ)を維持します。キャッシュには、パケットのスイッチング時に更新されるトラフィック統計情報のエントリが含まれます。MLS キャッシュの作成後に、既存のフローに属することが識別されたパケットは、キャッシュされた情報に基づいて、レイヤ 3 スイッチングできます。MLS キャッシュは、すべてのアクティブなフローに関するフロー情報を維持します。

各フローの初期パケットで IPX MLS キャッシュ エントリが 1 つ作成されます。現在 MLS キャッシュ内にあるどのフローとも一致しないパケットを受信すると、新規の IPX MLS エントリが作成されます。

フローのステートと識別情報は、パケット トラフィックがアクティブになっている間は維持され、フローのトラフィックが終了するとエントリは期限切れになります。MLS キャッシュに保持される IPX MLS エントリのエージング タイムを設定できます。指定された期間使用されないエントリは期限切れになり、そのフローの統計情報をフロー コレクタ アプリケーションにエクスポートできます。

最大 MLS キャッシュ サイズは 128K エントリです。ただし、32K エントリを超える MLS キャッシュによって、フローが PFC によってスイッチングされず、MSFC に転送される可能性が高くなります。

フロー マスク

PFC は、フロー マスク モードを使用して、IPX MLS エントリの作成方法を決定します。フロー マスク モードは、IPX MLS ルータ インターフェイスで設定されるアクセス リストに基づいています。

ここでは、フロー マスク モードの機能について説明します。

「フロー マスク モード」

「フロー マスク モードと show mls entry コマンドの出力」

フロー マスク モード

PFC では、1 つのフロー マスク(最も固有性の高いフロー マスク)だけがサポートされます。PFC フロー マスクの変更時に、MLS キャッシュ全体が消去されます。PFC がキャッシュされたエントリをエクスポートすると、現在のフロー マスク モードに基づいてフロー レコードが作成されます。現在のモードによっては、フロー レコード内の一部のフィールドに値が入らないことがあります。サポートされないフィールドにはダッシュ(-)が入力されます。

IPX MLS のフロー マスク モードは次のとおりです。

destination モード:最も固有性の低いフロー マスク モード。PFC は、宛先 IPX アドレス(ネットワークとノード)ごとに 1 つの IPX MLS エントリを維持します。指定された宛先 IPX アドレスへ向かうすべてのフローは、この IPX MLS エントリを使用します。このモードは、送信元 IPX アドレスに基づいて設定されたアクセス リストが任意の IPX MLS ルータ インターフェイスに存在しない場合に使用されます。

destination-source モード:PFC は、宛先(ネットワークとノード)と送信元(ネットワークだけ)IPX アドレスのペアごとに 1 つの MLS エントリを維持します。指定された送信元と宛先の間のフローはすべて、IPX ソケットに関係なくこの MLS エントリを使用します。このモードは、送信元ネットワークでフィルタリングするアクセス リストが任意の IPX MLS インターフェイスに存在する場合に使用されます。

フロー マスク モードと show mls entry コマンドの出力

フロー マスク モードは、 show mls ipx コマンドの画面出力に影響を与えます。destination モードでは、スイッチド フローの宛先 IPX アドレスが、パケットの書き換え情報(書き換えらた宛先 Media Access Control [MAC; メディア アクセス制御]、書き換えられた VLAN、および出力インターフェイス)とともに表示されます。

レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え

送信元ホストから宛先ホストへパケットがレイヤ 3 スイッチングされる場合、PFC は、MSFC から取得した情報と MLS キャッシュに保存されている情報に基づき、パケットの書き換えを実行します。

ホスト A とホスト B が異なる VLAN にあり、ホスト A が MSFC にパケットを送信してホスト B へルーティングされる場合、PFC は、そのパケットが MSFC の MAC アドレスに送信されたと認識します。PFC は MLS キャッシュを検査して、問題のフローと一致するエントリを検出します。

受信した IPX パケットの形式は(概念的には)次のとおりです。

 

レイヤ 2 フレーム ヘッダー
レイヤ 3 IPX ヘッダー
データ
FCS

宛先

送信元

チェックサム/
IPX の長さ/
Transport Control

宛先 Net/
ノード/
ソケット

送信元 Net/
ノード/
ソケット

MSFC MAC

送信元 A MAC

n

宛先 B IPX

送信元 A IPX

PFC は、レイヤ 2 のフレーム ヘッダーを書き換えて、宛先 MAC アドレスをホスト B の MAC アドレスに変更し、送信元 MAC アドレスを MSFC の MAC アドレスに変更します(これらの MAC アドレスは、このフローの IPX MLS キャッシュ エントリに保存されます)。レイヤ 3 の IPX アドレスは変更されません。PFC は、スイッチド レイヤ 3 パケットを書き換えて、ルータによってルーティングされたように見せます。

PFC は、書き換えられたパケットをホスト B の VLAN(宛先 VLAN は IPX MLS キャッシュ エントリに保存されます)に転送し、ホスト B はパケットを受信します。

スイッチが IPX パケットの書き換えを行った後の形式は(概念的には)、次のとおりです。

 

レイヤ 2 フレーム ヘッダー
レイヤ 3 IPX ヘッダー
データ
FCS

宛先

送信元

チェックサム/
IPX の長さ/
Transport Control

宛先 Net/
ノード/
ソケット

送信元 Net/
ノード/
ソケット

宛先 B
MAC

MSFC MAC

n+1

宛先 B IPX

送信元 A IPX

IPX MLS の動作

図 20-1 に、概念的な IPX MLS ネットワーク トポロジを表示します。この例では、ホスト A は販売部門の VLAN(IPX アドレス 01.Aa)、ホスト B はマーケティング部門の VLAN(IPX アドレス 03.Bb)、ホスト C はエンジニアリング部門の VLAN(IPX アドレス 02.Cc)にあります。

ホスト A がホスト C へのファイル転送を開始すると、このフローの IPX MLS エントリが作成されます(このエントリは、図 20-1 に示されている表の 2 番めの項目です)。MSFC が最初のパケットをスイッチ経由でホスト A からホスト C に転送するときに、PFC は、MSFC とホスト C の MAC アドレスを IPX MLS エントリに保存します。PFC はこの情報を使用して、ステーション A からステーション C への後続のパケットを書き換えます。

同様に、ホスト A からホスト B へのトラフィック、およびホスト B からホスト A へのトラフィックについて、別個の IPX MLS エントリが MLS キャッシュに作成されます。トランク リンクでトラフィックをカプセル化する際に正しい VLAN ID が使用されるように、宛先 VLAN は各 IPX MLS エントリの一部として保存されます。

図 20-1 IPX MLS トポロジ例

 

IPX MLS のデフォルト設定

表 20-1 に IPX MLS のデフォルト設定を表示します。

 

表 20-1 IPX MLS のデフォルト設定

機能
デフォルト値

IPX MLS のイネーブル ステート

イネーブル

IPX MLS エージング タイム

256 秒

IPX MLS ファスト エージング タイム

32 秒

IPX MLS ファスト エージング タイムのパケット スレッシュホールド

100 パケット

IPX MLS ロング エージング タイム

900 秒

設定時の注意事項および制約事項

次の Cisco IOS ソフトウェア機能とコマンドは IPX MLS に影響を与えます。

IPX アカウンティング:IPX アカウンティングは、IPX MLS 対応インターフェイスではイネーブルにできません。

IPX EIGRP:Transport Control(TC)の最大がデフォルト(16)よりも大きい値に設定されている場合、MLS は EIGRP インターフェイスでサポートされます。

clear ipx route コマンドは、IPX MLS キャッシュ エントリをすべてクリアします。

no ipx routing コマンドは、IPX MLS キャッシュ エントリをすべて消去し、IPX MLS をディセーブルにします。

ipx security インターフェイス コマンドは、インターフェイスで IPX MLS をディセーブルにします。

IPX では、通信の 2 つのエンド ポイントが、使用される Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)をネゴシエーションします。MTU サイズはメディア タイプによって制限されます。

IPX MLS の設定

ここでは、IPX MLS の設定手順について説明します。

「IPX MLS のグローバルなイネーブル化」

「レイヤ 3 インターフェイス上での IPX MLS のイネーブル化」

「MLS エージング タイムの設定」

「最小 IPX MLS フロー マスクの設定」


) スイッチでの VLAN の設定手順については、「レイヤ 2 スイッチング用 LAN ポートの設定」を参照してください。



) Release 12.1(11b)E 以降では、コンフィギュレーション モードで、EXEC モード レベル コマンドの前に do キーワードを入力することによって、EXEC モード レベル コマンドを入力できます。


IPX MLS のグローバルなイネーブル化

IPX MLS はグローバルにイネーブルにされ、ディセーブルにできません。

レイヤ 3 インターフェイス上での IPX MLS のイネーブル化

IPX MLS をインターフェイスでイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type 1 slot/port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# mls ipx

IPX MLS をイネーブルにします。

Router(config-if)# no mls ipx

IPX MLS をディセーブルにします。

1.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、インターフェイス FastEthernet 5/5 上で IPX MLS をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# interface fastethernet 5/5
Router(config-if)# mls ipx
Router(config-if)#
 

IPX MLS インターフェイスの設定を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show [ ipx [ interface {{ vlan vlan_ID } | { type 2 slot/port } | { port-channel number }}] | nde ]

インターフェイスの MLS の詳細を表示します。

2.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、インターフェイス VLAN 200 についてインターフェイス IPX MLS 情報を表示する例を示します。

Router# show ipx interface vlan 200
Vlan200 is up, line protocol is up
IPX address is 2.0050.3e8d.6400, NOVELL-ETHER [up]
Delay of this IPX network, in ticks is 1 throughput 0 link delay 0
IPXWAN processing not enabled on this interface.
IPX SAP update interval is 60 seconds
IPX type 20 propagation packet forwarding is disabled
Incoming access list is not set
Outgoing access list is not set
IPX helper access list is not set
SAP GGS output filter list is not set
SAP GNS processing enabled, delay 0 ms, output filter list is not set
SAP Input filter list is not set
SAP Output filter list is not set
SAP Router filter list is not set
Input filter list is not set
Output filter list is not set
Router filter list is not set
Netbios Input host access list is not set
Netbios Input bytes access list is not set
Netbios Output host access list is not set
Netbios Output bytes access list is not set
Updates each 60 seconds aging multiples RIP: 3 SAP: 3
SAP interpacket delay is 55 ms, maximum size is 480 bytes
RIP interpacket delay is 55 ms, maximum size is 432 bytes
RIP response delay is not set
IPX accounting is disabled
IPX fast switching is configured (enabled)
RIP packets received 0, RIP packets sent 1, 0 Throttled
RIP specific requests received 0, RIP specific replies sent 0
RIP general requests received 0, 0 ignored, RIP general replies sent 0
SAP packets received 0, SAP packets sent 1, 0 Throttled
SAP GNS packets received 0, SAP GNS replies sent 0
SAP GGS packets received 0, 0 ignored, SAP GGS replies sent 0
IPX mls switching is enabled
Router#

MLS エージング タイムの設定

MLS エージング タイムは、すべての MLS キャッシュ エントリに適用されます。「MLS エージング タイムの設定」を参照してください。


) IPX MLS では、ファスト エージングは使用されません。


最小 IPX MLS フロー マスクの設定

PFC で MLS キャッシュに対するフロー マスクの最小粒度を設定できます。使用する実際のフロー マスクには、このコマンドで指定された粒度以上が指定されます。さまざまなフロー マスクの動作については、「フロー マスク」を参照してください。


注意 このコマンドによって、MLS キャッシュ内の既存のショートカットがすべて消去され、PFC でのアクティブなショートカットの数が影響を受けます。このコマンドを使用するときは注意してください。

最小 IPX MLS フロー マスクを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# mls flow ipx {destination | destination-source}

最小 IPX MLS フロー マスクを設定します。

Router(config)# no mls flow ipx

デフォルトの IPX MLS フロー マスクに戻します。

次に、宛先に対する最小 IPX MLS フロー マスクを設定する例を示します。

Router(config)# mls flow ipx destination
Router(config)#
 

IPX MLS フロー マスクの設定を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls flowmask

フロー マスクの設定を表示します。

次に、MLS フロー マスクの設定の例を表示します。

Router# show mls flowmask
current ip flowmask for unicast: destination only
current ipx flowmask for unicast: destination only

IPX MLS 情報の表示

ここでは、IPX MLS 設定と、スイッチとさまざまなインターフェイスの統計情報を表示するために使用されるコマンドについて説明します。次の項目にわかれています。

「IPX MLS キャッシュ エントリの表示」

「IPX MLS コンテンション テーブルの表示」

「IPX MLS VLAN 統計情報の表示」

IPX MLS キャッシュ エントリの表示

show mls ipx コマンドは、IPX ショートカットのキャッシュ エントリを表示します。表示される情報に焦点を当てるには、次のパラメータを指定できます。

source パラメータと destination パラメータは、これらのエントリに関連付けられた送信元および宛先 IPX ネットワーク アドレスを表示します。

interface 引数は、特定のインターフェイス番号に関連付けられたエントリだけを表示します。

slot は、特定のスロット番号に関連付けられたキャッシュ エントリだけを表示します。

macs 引数と macd 引数、および IPX ネットワーク アドレスは、これらのエントリに関連付けられた送信元および宛先 MAC アドレスを表示します。

スイッチ上のすべての IPX MLS エントリを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ipx [destination ipx_network_address | interface {{ vlan vlan_ID } | { type 3 slot/port } | { port-channel number }} | macd destination_mac_address | macs source_mac_address | source ipx_network_address ]]

さまざまな IPX MLS キャッシュ エントリを表示します。

3.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

ここでは、スイッチ上の特定の IPX MLS キャッシュ エントリを表示する例を示します。

「すべての IPX MLS キャッシュ エントリの表示」

「特定の宛先アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示」

「特定の送信元アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示」

「特定のインターフェイスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示」

「特定の MAC 宛先または送信元アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示」

すべての IPX MLS キャッシュ エントリの表示

スイッチ上のすべての IPX MLS キャッシュ エントリを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ipx

すべての IPX MLS エントリを表示します。

次に、スイッチ上のすべての IPX MLS エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ipx
DstNet-DstNode SrcNet DstVlan-DstMac Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
 
Number of Entries Found = 0
 
Router#

特定の宛先アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定の宛先 IPX アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ipx [ destination ipx_addr ]

特定の宛先アドレス( net_address . node_address )の IPX MLS エントリを表示します。

次に、特定の宛先アドレスの IPX MLS エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ipx destination 1.2.2.2
DstNet-DstNode SrcNet DstVlan-DstMac Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
 
Number of Entries Found = 0
 
Router#

特定の送信元アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定の送信元ネットワーク アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ipx source ipx_address

特定の送信元ネットワーク アドレス(net_address)の IPX MLS エントリを表示します。


) この作業は、destination-source モードの IPX フローを使用して実行する必要があります。詳細については、「フロー マスク モード」を参照してください。


次に、特定の送信元 IPX アドレスの IPX MLS エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ipx source 1.2.2.2
DstNet-DstNode SrcNet DstVlan-DstMac Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
 
Number of Entries Found = 0
 
Router#
 

特定のインターフェイスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定のインターフェイスの IPX MLS エントリを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ipx interface {{ vlan vlan_ID } | { type 4 slot/port } | { port-channel number }}

特定のインターフェイスの IPX MLS キャッシュ エントリを表示します。

4.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、IPX インターフェイス FastEthernet 5/4 の IPX MLS エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ipx interface fastethernet 5/4
DstNet-DstNode SrcNet DstVlan-DstMac Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
 
Number of Entries Found = 0
 
Router#

特定の MAC 宛先または送信元アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリの表示

特定の MAC 宛先または送信元アドレスの IPX MLS エントリを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ipx [ macd destination_address | macs source_address ]

特定の宛先または送信元 MAC アドレスの IPX MLS キャッシュ エントリを表示します。

次に、特定の MAC 宛先アドレスの IPX MLS エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ipx macd aaaa.bbbb.bbbb
DstNet-DstNode SrcNet DstVlan-DstMac Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
 
Number of Entries Found = 0
 
Router#

IPX MLS コンテンション テーブルの表示

show mls table-contention コマンドは、スイッチのフロー コンテンション レベルを表示します。Table Contention Level(TCL)は、0(標準)~ 3(最大)の範囲の数値で示されます。レベル 1 ~ 3 に達すると、現在のコンテンション レートを減らすのに適したレートでエントリのエージング アウトを開始する、加速されたエージングが開始されます。detailed オプションを指定すると、さまざまなフロー間のコンテンションの詳細が表示されます。

スイッチの MLS コンテンション テーブルと VLAN 統計情報を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls table-contention [detailed | summary]

IPX MLS コンテンション テーブルを表示します。

次の例は、スイッチの IPX MLS コンテンション テーブルを表示します。

Router# show mls table-contention detailed
Detailed Table Contention Level Information
===========================================
Layer 3
-------
L3 Contention Level: 0
Page Hits Requiring 1 Lookup = 10
Page Hits Requiring 2 Lookups = 0
Page Hits Requiring 3 Lookups = 0
Page Hits Requiring 4 Lookups = 0
Page Hits Requiring 5 Lookups = 0
Page Hits Requiring 6 Lookups = 0
Page Hits Requiring 7 Lookups = 0
Page Hits Requiring 8 Lookups = 0
Page Misses = 0
 
Router#

IPX MLS VLAN 統計情報の表示

show mls vlan-statistics コマンドは、IPX MLS キャッシュ エントリの VLAN ベースの統計情報を表示します。VLAN ID を指定すると、その VLAN のショートカットだけが表示されます。スロットを指定すると、そのスロットに関する情報だけが表示されます。指定しないと、すべてのエントリが表示されます。

スイッチの IPX MLS VLAN 統計情報を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls vlan-statistics 1-1024

IPX MLS VLAN 統計情報を表示します。

次の例は、スイッチのすべてのスロットについて VLAN 1 の VLAN 統計情報を表示します。

Router# show mls vlan-statistics 1
Slot 0
=======
Vlan 1 Statistics Information:
-------------------------------
65280 Layer 2 Packets Bridged, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Input, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Output, 0 Bytes
Slot 1
=======
Vlan 1 Statistics Information:
-------------------------------
65280 Layer 2 Packets Bridged, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Input, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Output, 0 Bytes
Slot 2
=======
Vlan 1 Statistics Information:
-------------------------------
65280 Layer 2 Packets Bridged, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Input, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Output, 0 Bytes
Slot 3
=======
Vlan 1 Statistics Information:
-------------------------------
65280 Layer 2 Packets Bridged, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Input, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Output, 0 Bytes
Slot 4
=======
Vlan 1 Statistics Information:
-------------------------------
65280 Layer 2 Packets Bridged, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Input, 0 Bytes
65280 Layer 3 Packets Output, 0 Bytes
Slot 5
 
(Information Deleted)

IPX MLS キャッシュ エントリのクリア

入力した基準に基づいて、レイヤ 3 テーブルで IPX ショートカット エントリをクリアします。clear mls ipx コマンドは、設定されたパラメータと一致するショートカット エントリをレイヤ 3 テーブルでクリアします。次のいずれのパラメータも入力しないと、テーブル内のすべての IPX レイヤ 3 エントリがクリアされます。

destination または source:消去される起点および終端地点の IPX アドレスを説明します。

interface とその引数を指定する必要があります。これによって、消去が、指定されたインターフェイスに関連付けられたエントリに制限されます。

macd(MAC 宛先)または macs(MAC 送信元):消去するエントリの検索時に考慮する送信元ポートまたは宛先インターフェイスの引数を指定します。

slot:特定のスロット番号に関連付けられたエントリだけをクリアします。

IPX MLS 統計情報をクリアするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# clear mls ipx [exclude protocol [all port 1-96 | tcp port 1-96 | udp port 1-96 ] | [destination [ hostname | ipx_address ] interface {{ vlan vlan_ID } | { type 5 slot/port } | { port-channel number }} | macd destination_mac_address | macs source_mac_address ]]

IPX MLS 統計情報をクリアします。

5.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、レイヤ 3 テーブル IPX インターフェイス(インターフェイス FastEthernet 5/5)で MLS キャッシュ エントリをクリアする例を示します。

Router# clear mls ipx interface fastethernet 5/5
Router#
 

MLS エントリを表示して、クリアされたことを確認するには、「IPX MLS 情報の表示」を参照してください。

IPX MLS のトラブルシューティング

表 20-2 で、IPX MLS の問題のトラブルシューティングに使用できる debug コマンドについて説明します。

 

表 20-2 IPX MLS debug コマンド

コマンド
説明
[ no ] debug l3-mgr events

レイヤ 3 マネージャ関連のイベントを表示します。

[ no ] debug l3-mgr packets

レイヤ 3 マネージャのパケットを表示します。

[ no ] debug l3-mgr global

IP グローバル消去イベントのバグ トレースを表示します。

[ no ] debug l3-mgr all

レイヤ 3 マネージャのデバッグ メッセージをすべてオンにします。

[ no ] debug mls ipx

ルートの消去、アクセス リストとフロー マスクの変更を含め、MLS の IPX 関連イベントをオンにします。

[ no ] debug mls locator

MLS 探索パケットを使用して、特定のフローをスイッチングしているスイッチを特定します。

[ no ] debug mls all

MLS デバッグ イベントをすべてオンにします。

IPX MLS の問題のトラブルシューティングに使用できる debug コマンドを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# debug mls {ipx {all | error | events | messages} | rp {all | error| events | ip | ipx | locator | packets | verbose}}

IPX MLS デバッグを設定します。

Router(config)# { no | undebug } mls {all | ipx {all | error | events | messages} | rp {all | error| events | ipx | locator | packets | verbose}}

MLS デバッグをディセーブルにします。

次に、すべての IPX デバッグを設定する例を示します。

Router# debug mls ipx all
mls ip all debugging is on
Router#

show tech-support コマンドは、スイッチ システム情報を表示します。特定のアプリケーションに関する詳細を取得するには、アプリケーション固有のコマンドを使用します。


表 20-3 では、Ethernet Out-of-Band Channel(EOBC; イーサネット帯域外チャネル)で動作する Serial Control Protocol(SCP)をトラブルシューティングするための SCP 関連の debug コマンドについて説明します。

 

表 20-3 SCP デバッグ コマンド

コマンド
説明
[ no ] debug scp async

SCP システムの非同期の入出力データのトレースを表示します。

[ no ] debug scp data

パケット データ トレースを表示します。

[ no ] debug scp errors

SCP でエラーと警告を表示します。

[ no ] debug scp packets

SCP システムの入出力パケット データを表示します。

[ no ] debug scp timeouts

タイムアウトを報告します。

[ no ] debug scp all

SCP デバッグ メッセージをすべてオンにします。