Catalyst 6500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド - リリース 12.1 E
製品概要
製品概要
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/07/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

製品概要

Embedded CiscoView サポートの設定

Embedded CiscoView の概要

Embedded CiscoView のインストールおよび設定

Embedded CiscoView 情報の表示

製品概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Cisco IOS 製品では、次のハードウェアとソフトウェアがサポートされます。

Supervisor Engine 2、Policy Feature Card 2(PFC2; ポリシー フィーチャ カード 2)、および Multilayer Switch Feature Card 2(MSFC2; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード 2)、および次の Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

スイッチ ファブリック モジュール

ファブリック対応スイッチング モジュール

Distributed Forwarding Cards(DFC; 分散型フォワーディング カード)を装備したファブリック対応スイッチング モジュール

Supervisor Engine 1、PFC、および MSFC または MSFC2

同じユーザ インターフェイスのすべてのレイヤ 2 およびレイヤ 3 設定

VLAN を除き、レイヤ 2 およびレイヤ 3 設定は標準の IOS コンフィギュレーション ファイルに保存されます。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチがサポートするシャーシ、モジュール、およびソフトウェア機能の詳細については、『 Release Notes for Cisco IOS Release 12.1 E on the Catalyst 6500 and Cisco 7600 Supervisor Engine and MSFC 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.1E/native/release/notes/OL_2310.html

Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Cisco IOS 製品では次のものを使用した設定がサポートされます。

Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス):「コマンドライン インターフェイス」を参照してください。

Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル):次の URL にある『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』および『 Command Reference 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1831/tsd_products_support_eol_series_home.html

IOS Web ブラウザ インターフェイス:次の URL にある『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』の「Using the Cisco Web Browser」と『 Command Reference 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1831/tsd_products_support_eol_series_home.html

Embedded Cisco View:「Embedded CiscoView サポートの設定」を参照してください。

Embedded CiscoView サポートの設定

ここでは、Release 12.1(20)E 以降のリリースで使用可能な Embedded CiscoView サポートについて説明します。

「Embedded CiscoView の概要」

「Embedded CiscoView のインストールおよび設定」

「Embedded CiscoView 情報の表示」

Embedded CiscoView の概要

Embedded CiscoView ネットワーク管理システムとは、スイッチのグラフィック表示と、Graphical User Interface(GUI; グラフィカル ユーザ インターフェイス)ベースの管理およびコンフィギュレーション インターフェイスを提供するために、HTTP および SNMP を使用する Web ベースのインターフェイスです。次の URL にある Embedded CiscoView の Java Archive(JAR)ファイルをダウンロードできます。

http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/netmgmt/ciscoview/embed-cview-planner.shtml

Embedded CiscoView のインストールおよび設定

Embedded CiscoView をインストールして設定するには、次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# dir device_name

装置の内容を表示します。

初めて Embedded CiscoView をインストールする場合、または CiscoView ディレクトリが空の場合、ステップ 4 へスキップします。

ステップ 2

Router# delete device_name :cv/*

CiscoView ディレクトリから既存のファイルを削除します。

ステップ 3

Router# squeeze device_name :

ファイルシステム内にスペースを確保します。

ステップ 4

Router# archive tar /xtract tftp:// ip address of tftp server /ciscoview.tar device_name :cv

Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)サーバ上の tar ファイルから CiscoView ディレクトリに、CiscoView ファイルを抽出します。

ステップ 5

Router# dir device_name :

装置の内容を表示します。

冗長設定では、冗長スーパーバイザ エンジンのファイル システムごとにステップ 1ステップ 5 を繰り返します。

ステップ 6

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 7

Router(config)# ip http server

HTTP Web サーバをイネーブルにします。

ステップ 8

Router(config)# snmp-server community string ro

読み取り専用操作用に、SNMP パスワードを設定します。

ステップ 9

Router(config)# snmp-server community string rw

読み取りおよび書き込み操作用に、SNMP パスワードを設定します。


) スイッチの Web ページにアクセスするデフォルト パスワードは、スイッチのイネーブル レベル パスワードです。


スイッチへの Web アクセスの詳細については、次の URL にある『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』の「Using the Cisco Web Browser」を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_1/configfun/configuration/guide/fcd105.html

Embedded CiscoView 情報の表示

Embedded CiscoView 情報を表示するには、次の EXEC コマンドを入力します。

 

コマンド
目的

Router# show ciscoview package

Embedded CiscoView ファイルに関する情報を表示します。

Router# show ciscoview version

Embedded CiscoView のバージョンを表示します。