Catalyst 6500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド - リリース 12.1 E
ブロードキャスト抑制の設定
ブロードキャスト抑制の設定
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/06/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

ブロードキャスト抑制の設定

ブロードキャスト抑制の機能概要

ブロードキャスト抑制設定時の注意事項および制約事項

ブロードキャスト抑制のイネーブル化

ブロードキャスト抑制の設定

この章では、Catalyst 6500 シリーズ スイッチにブロードキャスト抑制を設定する手順について説明します。Release 12.1(12c)E1 よりも前のリリースでブロードキャスト抑制をサポートします。Release 12.1(12c)E1 以降のリリースでは、トラフィック ストーム制御を使用します(「トラフィック ストーム制御の設定」を参照)。


) この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、『Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Command Reference』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「ブロードキャスト抑制の機能概要」

「ブロードキャスト抑制設定時の注意事項および制約事項」

「ブロードキャスト抑制のイネーブル化」

ブロードキャスト抑制の機能概要

ブロードキャスト抑制は、ブロードキャスト ストームによって LAN インターフェイスが中断されることを防ぎます。ブロードキャスト ストームは、ブロードキャスト パケットまたはマルチキャスト パケットがサブネットでフラッディングすると発生するもので、過剰なトラフィックを生成し、ネットワークのパフォーマンスを低下させます。プロトコル スタックの実装やネットワークの設定にエラーがあると、ブロードキャスト ストームの原因になる場合があります。

ブロードキャスト抑制は、サブネット内のブロードキャスト アクティビティを 1 秒おきに測定するフィルタリングを使用し、測定した値を定義済みのスレッシュホールドと比較します。スレッシュホールドに達している場合は、そのインターバルの間、以降のブロードキャスト アクティビティが抑制されます。ブロードキャスト抑制は、デフォルトではディセーブルに設定されています。

図 29-1 に、指定したインターバルでの LAN インターフェイス上のブロードキャスト トラフィック パターンを示します。この例では、インターバル T1 と T2、およびインターバル T4 と T5 の間で、ブロードキャスト抑制が発生しています。これらのインターバルの間で、ブロードキャスト トラフィックの量が設定したスレッシュホールドを超えています。

図 29-1 ブロードキャストの抑制

 

ブロードキャスト抑制のスレッシュホールドの数値とインターバルを組み合わせて、ブロードキャスト抑制アルゴリズムをさまざまなレベルの粒度で機能させます。スレッシュホールドが高いほど、より多くのブロードキャスト パケットを通過させることができます。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチのブロードキャスト抑制は、ハードウェアに実装されています。抑制回路は、LAN インターフェイスを通過してスイッチング バスに到着するパケットをモニタします。パケット宛先アドレスの個別/グループ ビットを使用して、ブロードキャスト抑制回路はパケットがユニキャストかブロードキャストかを判断し、1 秒のインターバル内での現在のブロードキャスト カウントを追跡します。スレッシュホールドに達した場合には、後続のブロードキャスト パケットをフィルタ アウトします。

ハードウェアのブロードキャスト抑制では帯域ベースの方式を使用してブロードキャスト アクティビティを測定するため、ブロードキャスト トラフィックで利用可能な帯域幅全体に対するパーセンテージの設定が最も重要な実装要因となります。パケットが一定の間隔で到着することはないため、ブロードキャスト アクティビティを 1 秒間隔で測定することで、ブロードキャスト抑制の動作に作用します。


) マルチキャスト トラフィックを抑制できません。


ブロードキャスト抑制設定時の注意事項および制約事項

ブロードキャスト抑制を設定する場合は、次の注意事項および制約事項に従ってください。

ブロードキャスト抑制は、レイヤ 2 およびレイヤ 3 の LAN インターフェイスでサポートされます。

ブロードキャスト抑制は、Virtual LAN(VLAN; 仮想 LAN)インターフェイスではサポートされません。

ブロードキャスト抑制は、0.01% 単位で指定できます。

スレッシュホールド値が 0 の場合、すべてのブロードキャスト トラフィックを抑制します。

スレッシュホールド値が 100% の場合、いずれのブロードキャスト トラフィックも抑制しません。

LAN インターフェイスの設定をレイヤ 3 からレイヤ 2 に、またはレイヤ 2 からレイヤ 3 に変更した場合、ブロードキャスト抑制の設定がクリアされます。


) Release 12.1(11b)E 以降では、コンフィギュレーション モードで、EXEC モード レベル コマンドの前に do キーワードを入力することによって、EXEC モード レベル コマンドを入力できます。


ブロードキャスト抑制のイネーブル化

ブロードキャスト抑制をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ type 1 slot/port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# broadcast suppression threshold

ブロードキャスト抑制をイネーブルにします。

Router(config-if)# no broadcast suppression

ブロードキャスト抑制をディセーブルにします。

ステップ 3

Router(config-if)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

Router# show running-config interface

設定を確認します。

1.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

ブロードキャスト抑制をイネーブルにする場合は、0.01% 単位でスレッシュホールドを指定できます。

すべてのブロードキャストを抑制する場合、0.00 と入力します。

0.01%(100 分の 1 パーセント)の場合、0.01 と入力します。

0.50%(2 分の 1 パーセント)の場合、0.50 と入力します。

1%(1 パーセント)の場合、1 または 1.00 と入力します。

スレッシュホールドの範囲は 0.00 ~ 100.00 です。

次に、インターフェイス FastEthernet 3/1 で 4 分の 1 パーセントのブロードキャスト抑制をイネーブルにし、設定を確認する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# interface fastethernet 3/1
Router(config-if)# broadcast suppression 0.25
Router(config-if)# end
Router# show running-config interface fastethernet 3/1 | include suppression
broadcast suppression 0.25
Router#