Catalyst 4500 シリーズ モジュール インスト レーション ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

ハードウェア マニュアル

ソフトウェアのマニュアル

Cisco IOS マニュアル

表記法

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、『Catalyst 4500 シリーズ モジュール インストレーション ガイド』の対象読者、構成、および字体の表記法について説明します。また、関連資料の入手方法およびテクニカル サポートの利用方法についても説明します。

対象読者

この装置の設置、交換、または保守は必ず、(IEC60950 および AS/NZS3260 で定められている)訓練を受けた相応の資格のある保守担当者が行ってください。

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

 

タイトル
説明

第 1 章

モジュールの概要と仕様

Catalyst 4500 シリーズ スーパーバイザ エンジンおよびスイッチング モジュールについて説明します。

第 2 章

設置の準備

イーサネット管理ポート、コンソール ポート、Gigabit Interface Converters(GBIC; ギガビット インターフェイス コンバータ)の SFP およびモジュール X2 モジュールを Catalyst 4500 シリーズ スーパーバイザ エンジンとスイッチング モジュールに接続する方法について説明します。

第 3 章

モジュールの取り付け

Catalyst 4500 シリーズ スーパーバイザ エンジンおよびスイッチング モジュールの取り付け方法について説明します。構成情報の要点とトラブルシューティングのヒントが紹介されています。

ポートのピン割り当て、環境仕様、および電力消費情報

Catalyst 4500 シリーズ スーパーバイザ エンジンおよびスイッチング モジュールのケーブル ピン割り当ておよび各モジュールの消費電力および熱生成量を含む技術仕様をリスト表示します。

DMD

Differential Mode Delay(DMD;ディファレンシャル モード遅延)の性質と原因、および対策を説明します。

関連資料

4 つのプラットフォーム(Catalyst 4500、Catalyst 4900、Catalyst ME 4900、および Catalyst 4900M)は、リリース ノートは別々ですが、 ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド コマンド リファレンス ガイド 、および システム メッセージ ガイド は共通しています。追加情報については、次のホームページを参照してください。

Catalyst 4500 Series Switch Documentation Home

http://www.cisco.com/go/cat4500/docs

Catalyst 4900 Series Switch Documentation Home

http://www.cisco.com/go/cat4900/docs

Cisco ME 4900 Series Ethernet Switches Documentation Home

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7009/tsd_products_support_series_home.html

ハードウェア マニュアル

仕様や安全性に関する情報を含むインストール ガイドや資料については、次の URL にアクセスしてください。

『Catalyst 4500 Series Switches Installation Guide』

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst4500/hardware/installation/guide/78-14409-08/4500inst.html

『Catalyst 4500 E-series Switches Installation Guide』

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst4500/hardware/catalyst4500e/installation/guide/Eseries.html

各種スイッチング モジュールおよびスーパーバイザの詳細については、『 Catalyst 4500 Series Module Installation Guide 』を参照してください。次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst4500/hardware/module/guide/mod_inst.html

『Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 4500 Series Switches』

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst4500/hardware/regulatory/compliance/78_13233.html

特定のスーパーバイザ エンジンまたはアクセサリ ハードウェアのインストレーション ノートについては、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/prod_installation_guides_list.html

Catalyst 4900 および 4900M ハードウェアのインストールについては、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6021/prod_installation_guides_list.html

Cisco ME 4900 シリーズのイーサネット スイッチについては、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7009/prod_installation_guides_list.html

ソフトウェアのマニュアル

ソフトウェアのリリース ノート、コンフィギュレーション ガイド、コマンド リファレンス、およびシステム メッセージ ガイドについては、次の URL にアクセスしてください。

Catalyst 4500 のリリース ノートは、次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/prod_release_notes_list.html

Catalyst 4900 のリリース ノートは、次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6021/prod_release_notes_list.html

Cisco ME 4900 シリーズのイーサネット スイッチのリリース ノートは、次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst4500/release/note/OL_11511.html

Catalyst 4500 Classic、Catalyst 4500 E シリーズ、Catalyst 4900、および Cisco ME 4900 シリーズのイーサネット スイッチのソフトウェア マニュアルについては、次の URL にアクセスしてください。

『Catalyst 4500 Series Software Configuration Guide』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/products_installation_and_configuration_guides_list.html

『Catalyst 4500 Series Software Command Reference』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/prod_command_reference_list.html

『Catalyst 4500 Series Software System Message Guide』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/products_system_message_guides_list.html

Cisco IOS マニュアル

プラットフォームに依存しない Cisco IOS のマニュアルは、Catalyst 4500 および 4900 スイッチにも役立ちます。これらのマニュアルについては、次の URL にアクセスしてください。

Cisco IOS コンフィギュレーション ガイド、リリース 12.x

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6350/products_installation_and_configuration_guides_list.html

Cisco IOS コマンド リファレンス、リリース 12.x

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6350/prod_command_reference_list.html

コマンド検索ツールも使用できます。

http://tools.cisco.com/Support/CLILookup/cltSearchAction.do

Cisco IOS システム メッセージ、バージョン 12.x

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6350/products_system_message_guides_list.html

エラー メッセージ デコーダ ツールも使用できます。

http://www.cisco.com/pcgi-bin/Support/Errordecoder/index.cgi

MIB については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

表記法

このマニュアルでは、次の字体の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

太字

コマンドおよびキーワードは 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定するコマンド引数は、 イタリック体 で示しています。

[ ]

角カッコの中のコマンド要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

ストリング

引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングと見なされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、 太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

Ctrl-^

^記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら
D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように、出力されない文字は、山カッコで囲んで示しています。

(注)は、次のように表しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


注意は、次のように表しています。


注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

警告は、次のように表しています。

 


Warning




IMPORTANT SAFETY INSTRUCTIONS

This warning symbol means danger. You are in a situation that could cause bodily injury. Before you work on any equipment, be aware of the hazards involved with electrical circuitry and be familiar with standard practices for preventing accidents. Use the statement number provided at the end of each warning to locate its translation in the translated safety warnings that accompanied this device.

SAVE THESE INSTRUCTIONS

 

 


 

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。