Catalyst 4500 シリーズ スイッチ Cisco IOS コマンド リファレンス Release 12.2(25)EW
索引
Symbols
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

Symbols

$はストリングの最後と一致  1-8

*は0個以上のパターンのシーケンスに一致  1-8

+は1個以上のパターンのシーケンスに一致  1-8

. は任意の単一文字と一致  1-8

? コマンド  1-2

? は0または1回のパターンと一致  1-8

_はカンマ(,)、左波カッコ({)、左カッコと一致  1-9

^はストリングの最初と一致  1-8

Numerics

10ギガビット イーサネット アップリンク

選択  2-97

モードの表示  2-252

802.1QトランクポートとネイティブVLAN  2-477

802.1Qトンネル ポートの設定

設定  2-441

802.1s Multiple Spanning Tree

MSTを参照

802.1x対応ポートの再認証  2-83

802.1xポートベース認証

802.1xポートベース認証のデバッギング  2-46

dot1xポートの再認証の初期化  2-83

EAP要求の最大回数の設定  2-80

クライアントの定期的再認証のイネーブル化  2-84

ゲストVLANのイネーブル化  2-77

再起動時のセッション終端メッセージの受信  2-4

システム上の認証のイネーブル化  2-85

ステート マシンの初期化  2-78

認証ステートの手動制御のイネーブル化  2-82

認証セッションのアカウンティングのイネーブル化  2-3

ポート上で複数のホストを許可  2-81

ポートベース認証の表示  2-239

A

ACL

access-group mode  2-5

ACLハードウェア プログラミングの決定  2-6

mac access-groupインターフェイスの表示  2-323

MAC ACLでのACL命名規則の使用  2-151

ARP

アクセス リストの定義  2-10

アクセス リスト、詳細の表示  2-219

ARPインスペクション

特定タイプのチェックの実行  2-111

ARPパケット

DHCPバインディングに基づく許可  2-175

DHCPバインディングに基づく拒否  2-74

Auto-QoS

VoIPに対する設定  2-12

設定の表示  2-221

B

BackboneFast

スパニングツリー ステータスの表示  2-370

デバッギング メッセージの表示  2-64

デバッギングをイネーブル化  2-64

BOOT環境変数

情報の表示  2-225

BPDU

スパニングツリー アクティビティのデバッギング  2-63

C

Catalyst 4507R  2-183

電源冗長モード  2-184

CDP

トンネリング カプセル化レートの設定  2-148

廃棄スレッシュホールドの設定  2-147

表示

ネイバ情報  2-226

プロトコル トンネリングのイネーブル化  2-145

CEF

VLANコンフィギュレーション情報の表示  2-285

ネクストホップ情報の表示  2-285

Cisco Express Forwarding

CEFを参照

cisco-desktop

macro apply  2-155

cisco-phone

macro apply  2-156

cisco-router

macro apply  2-157

cisco-switch

macro apply  2-159

Class of Service

QoS CoSを参照

clearコマンド

IGMPグループ キャッシュ エントリのクリア  2-29

IP ARPインスペクション統計情報VLANのクリア  2-26

IP DHCPスヌーピング データベース統計情報のクリア  2-28

IP DHCPスヌーピング データベースのクリア  2-27

IPアクセス リストのクリア  2-25

MFIBカウンタとルートのクリア  2-31

MFIB高速廃棄エントリのクリア  2-32

PAgPチャネル情報のクリア  2-35

QoS集約カウンタのクリア  2-37

VLANインターフェイスのクリア  2-24

インターフェイス カウンタのクリア  2-21

ギガビット イーサネット インターフェイスのクリア  2-23

CLIストリング検索

位置指定  1-11

繰り返し指定  1-10

検索出力  1-8

使用  1-8

単一文字パターン  1-8

表現  1-8

フィルタリング  1-8

複数文字パターン  1-9

リコール機能用カッコ  1-12

CoS

レイヤ2プロトコル パケットへの割り当て  2-146

D

DAI

統計情報のクリア  2-26

DBL

QoS DBLの表示  2-355

スイッチでのDBLのグローバルなイネーブル化  2-196

debug sw-vlan vtp  2-70

debugコマンド

debug condition interfaceコマンドへのショートカット  2-48

DHCPスヌーピング イベントのデバッギング  2-50

DHCPスヌーピング メッセージのデバッギング  2-51

EtherChannel/PAgPシムのデバッギング  2-47

IP DHCPスヌーピング セキュリティ メッセージのデバッギング  2-52

IPCアクティビティのデバッギング  2-49

ISL VLAN IDのデバッギング メッセージのイネーブル化  2-69

NVRAMアクティビティのデバッギング  2-55

PAgPアクティビティのデバッギング  2-56

Port Managerアクティビティのデバッギング  2-59

UDLDアクティビティのデバッギングのイネーブル化  2-71

VLANのデバッギング出力の制限  2-45

VLANマネージャ アクティビティのデバッギング  2-67

VLANマネージャ ファイル システム エラー テストのイネーブル化  2-68

VTPのデバッギング メッセージのイネーブル化  2-70

インターフェイス デバッギング出力の制限  2-42

スイッチ シム デバッギングのイネーブル化  2-65

スーパバイザ冗長のデバッグ  2-61

スタンバイ ステート変更のデバッギング出力の制限  2-43

スパニングツリー アクティビティのデバッギング  2-63

スパニングツリーBackboneFastのデバッギング  2-64

スパニングツリーUplinkFastのデバッギング  2-66

ソフトウェアMACフィルタ更新のデバッギング  2-62

デバッグdot1xのイネーブル化  2-46

バックアップ イベントのデバッグ  2-41

モニタリング アクティビティの表示  2-54

隣接データベースの表示  2-40

DHCP

データベース統計情報のクリア  2-28

DHCPスヌーピング

DHCPデータベースのステータスの表示  2-290

DHCPをグローバルにイネーブル化  2-117

IP送信元ガードのイネーブル化  2-143

VLANでのイネーブル化  2-124

インターフェイス上での信頼のイネーブル化  2-123

インターフェイスでのレート制限のイネーブル化  2-122

エラー検出ステータスの表示  2-244

オプション82のイネーブル化  2-121

生成されたバインディングの保存  2-119

データベースのクリア  2-27

バインディング コンフィギュレーションの生成  2-118

バインディング データベースの更新  2-210

バインディング テーブルの表示  2-287

表示  2-286

DHCPバインディング

一致に基づくARPパケットの許可  2-175

一致に基づくARPパケットの拒否  2-74

バインディングの設定  2-118

DoS攻撃

システム リソースの保護  2-107

Dynamic Buffer Limiting

DBLを参照

Dynamic Host Configuration Protocol

DHCPを参照

E

EAP

認証プロセスの再起動  2-80

EtherChannel

EtherChannelのデバッギング  2-47

PAgPシムのデバッギング  2-47

インターフェイスのEtherChannelグループからの削除  2-16

インターフェイスのEtherChannelグループへの割り当て  2-16

スパニングツリー アクティビティのデバッギング  2-63

チャネルに関する情報の表示  2-246

EtherChannelガード

STPの設定ミスの検出  2-407

Extensible Authentication Protocol

EAPを参照

F

Field-Replaceable Unit(FRU)

ステータス情報の表示  2-242

G

GBIC

SEEPROM情報の表示  2-253

I

IDPROM

SEEPROM情報の表示

Muxバッファ  2-253

クロック モジュール  2-253

シャーシ  2-253

スーパバイザ エンジン  2-253

電源装置  2-253

ファン トレイ  2-253

モジュール  2-253

IDPROM情報の表示

GBIC  2-253

ifIndexの持続性

SNMP ifIndexコマンドのクリア  2-397

圧縮SNMP ifIndexテーブル形式  2-402

インターフェイス上でのイネーブル化  2-398

インターフェイス上でのディセーブル化  2-398

グローバルなイネーブル化  2-401

グローバルなディセーブル化  2-401

IGMP

IGMPインターフェイス コンフィギュレーション情報の表示  2-292

IGMPグループ キャッシュ エントリのクリア  2-29

IGMPプロファイルの作成  2-127

IGMPホストクエリ メッセージの頻度の設定  2-128

最大グループ数の設定  2-126

プロファイルの表示  2-293

レイヤ2インターフェイスでのホスト加入に関するフィルタの適用  2-125

IGMPスヌーピング

EHTデータベースのクリア  2-30

VLAN情報の表示  2-294, 2-298, 2-301

VLAN単位の明示的なホスト追跡のイネーブル化  2-133

VLANでのイネーブル化  2-132

イネーブル化  2-129

グループ メンバーとしてレイヤ2インターフェイスを設定  2-137

スタティックVLANインターフェイスの設定  2-137

即時脱退処理のイネーブル化  2-134

マルチキャスト ルータとしてレイヤ2インターフェイスを設定  2-135

マルチキャスト情報の表示  2-300

IGMPプロファイル

表示  2-293

Internet Group Management Protocol

IGMPを参照

IP ARP

VLANへのARP ACLの適用  2-106

インスペクション統計情報のクリア  2-26

ダイナミック インスペクションのイネーブル化  2-113

ダイナミックARPインスペクションのステータスの表示  2-281

着信要求のレート制限  2-107

パケット ロギングの制御  2-114

ポート単位で設定可能な信頼状態の設定  2-110

ログ バッファのステータスのクリア  2-25

ログ バッファのステータスの表示  2-284

IP DHCPスヌーピング

DHCPスヌーピングを参照

IP Phoneと標準デスクトップ

シスコ推奨機能のイネーブル化  2-156

IPC

IPCアクティビティのデバッギング  2-49

IPインターフェイス

ユーザビリティ ステータスの表示  2-302

IP送信元ガード

DHCPスヌーピングのイネーブル化  2-143

設定およびフィルタの表示  2-314

デバッギング メッセージ  2-52

IP送信元のバインディング

追加または削除  2-141

バインディングの表示  2-313

IPパケット

DSCP書き換えをイネーブル  2-201

IPパケットのDSCP書き換え

イネーブル  2-201

IPヘッダーの検証

イネーブル化  2-142

ディセーブル化  2-142

IPマルチキャスト

マルチキャスト ルーティング テーブル情報の表示  2-308

L

LACP

インターフェイスでのLACPのイネーブル化  2-18

チャネル プロトコルの設定  2-18

チャネル プロトコルの選択解除  2-18

M

MAC ACL

ACLの命名  2-151

MAC ACL情報の表示  2-386

拡張MACアクセス リストの定義  2-151

mac-address-table staticコマンド  2-154

MACアクセス制御リスト

MAC ACLを参照

MACアドレス テーブル

MACアドレス エージング タイムの表示  2-326

VLANに基づく情報の表示  2-336

インターフェイスに基づく情報の表示  2-330

エージング タイムの設定  2-153

エントリ数の表示  2-327

情報の表示  2-324

スタティック エントリの削除  2-154, 2-160

スタティック エントリの追加  2-154, 2-160

スタティック テーブル エントリ情報の表示  2-334

スタティックMACアドレスでのIGMPスヌーピングのディセーブル化  2-154

送信元または特定のアドレスの削除  2-36

ダイナミック テーブル エントリ情報の表示  2-328

ダイナミック エントリのクリア  2-34

プロトコルに基づく情報の表示  2-332

マルチキャスト情報の表示  2-331

MACアドレス フィルタリング

イネーブル化  2-154

設定  2-154

ディセーブル化  2-154

MACアドレス ユニキャスト

ユニキャスト トラフィックの廃棄  2-154

MD5

MD5シグニチャの確認  2-469

Message Digest 5

MD5を参照

MFIB

ip mfibカウンタのクリア  2-31

ip mfib高速廃棄のイネーブル化  2-139

ip mfib高速廃棄のクリア  2-32

MFIB高速廃棄テーブル エントリの表示  2-307

すべてのアクティブMFIBルートの表示  2-305

--More--プロンプト

検索  1-8

フィルタ  1-8

MST

MSTコンフィギュレーション サブモード リビジョン コマンドの使用  2-212

MSTコンフィギュレーション サブモードの開始  2-414

MSTプロトコル情報の表示  2-375

MSTリージョン名の設定  2-172

PVST+およびRapid PVST間の切り替え  2-412

インスタンスのパス コストとポート プライオリティの設定  2-413

コンフィギュレーション リビジョン番号の設定  2-212

最大ホップ数の指定  2-418

サブモードnameコマンドの使用  2-172

スパニングツリー情報の表示  2-375

すべてのインスタンスのhelloタイム遅延タイマーの設定  2-416

すべてのインスタンスの最大エージング タイマーの設定  2-417

すべてのインスタンスの転送遅延タイマーの設定  2-415

プライマリおよびセカンダリ ルートの指定  2-419

リージョン コンフィギュレーション情報の表示  2-375

MTU

グローバルMTU設定の表示  2-379

レイヤ2の最大ペイロード サイズの設定  2-455

Multicast Forwarding Information Base

MFIBを参照

Multiple Spanning Tree

MSTを参照

N

NetFlow

NetFlow統計情報のイネーブル化  2-140

ルーティング統計情報への推測フィールドの追加  2-140

NVRAM

NVRAMアクティビティのデバッギング  2-55

P

PACL

access-group mode  2-5

PAgP

PAgPアクティビティのデバッギング  2-56

着信パケットの入力インターフェイス

学習  2-173

デフォルトに戻す  2-173

チャネル プロトコルの設定  2-18

チャネル プロトコルの選択解除  2-18

ポート チャネル情報の表示  2-342

ポート チャネル情報のクリア  2-35

ホット スタンバイ モード

デフォルトに戻す  2-174

ポートの選択  2-174

PBR

ルート マップの再配信  xviii

ルート マップの表示  xviii

PMアクティビティ

デバッギングのディセーブル化  2-59

デバッグ  2-59

Policy Based Routing

PBRを参照

Port Aggregation Protocol

PAgPを参照

PVLAN

PVLAN情報の表示  2-391

VLAN SVIのマッピング情報の表示  2-270

インターフェイス コンフィギュレーション モードのイネーブル化  2-441

同じSVIへのVLANのマッピング  2-187

隔離、プライマリおよびコミュニティPVLAN  2-185

ネイティブVLANトラフィックのタギングの制御  2-451

プロミスキャス ポートの指定  2-441

ホスト ポートの指定  2-441

PVLANトランクのリセット

スイッチポートのトランクへの設定  2-441

PVST+

PVSTおよびMST間の切り替え  2-412

Q

QoS

autoの設定  2-12

DSCP/CoS値のマッピング  2-199

QoS情報の表示  2-353

QoSポリシー マップの設定  2-177

QoSマップ情報の表示  2-357

インターフェイス上でのQoSのイネーブル化  2-191

クラス マップ情報の表示  2-229

グローバル コンフィギュレーション モードのイネーブル化  2-190

自動設定  2-12

自動設定の表示  2-221

集約カウンタのクリア  2-37

集約ポリサー情報の表示  2-354

出力DSCP/CoSのマッピング  2-199

信頼状態の設定  2-202

設定情報の表示  2-221

送信キューへのDSCP値のマッピング  2-199

デフォルトCoS値の定義  2-195

名前付き集約ポリサーの定義  2-193

入力CoS/DSCPマッピングの定義  2-198

フローベースの一致基準の指定  2-162

ポリシー マップ情報の表示  2-344

ポリシー マップのインターフェイスへの対応付け  2-213

ポリシー設定の表示  2-345

ポリシング済みDSCP値のマッピングの設定  2-200

レイヤ2インターフェイスのVLAN単位QoSのイネーブル化  2-204

レイヤ2カプセル化  2-192

QoS CoS

デフォルトCoS値の定義  2-195

トンネリングされるレイヤ2プロトコル パケットの設定  2-146

QoS CoSデフォルト

インターフェイス上の値の定義  2-195

qos dblコマンド  2-196

R

Rapid PVST

PVSTおよびMST間の切り替え  2-412

Remote SPAN

RSPANを参照

renewコマンド

ip dhcp snooping databaseコマンド  2-210

rj45コネクタ、コネクタの選択  2-165

ROMモニタ モード

概要  1-7

RPR

冗長モードを設定  2-166

RSPAN

VLANからRSPAN VLANへの変換  2-209

リストの表示  2-393

S

sfpコネクタ、コネクタの選択  2-165

showコマンド

show platformコマンド  1-13

検索とフィルタ  1-8

フィルタリング パラメータ  1-8

slaveslot0

スタンバイ スーパバイザの情報の表示  2-366

slot0

システムに関する情報の表示  2-368

SMF

アドレスの挿入と削除のデバッギング  2-62

SNMP

ifIndexの持続性

SNMP ifIndexコマンドのクリア  2-397

圧縮SNMP ifIndexテーブル形式  2-402

インターフェイス上でのイネーブル化  2-398

インターフェイス上でのディセーブル化  2-398

グローバルなイネーブル化  2-401

グローバルなディセーブル化  2-401

インフォーム

イネーブル化  2-399

ディセーブル化  2-399

スパニングツリー アクティビティのデバッギング  2-63

トラップ

イネーブル化  2-399

ストーム発生時に送信するように設定  2-433

ディセーブル化  2-399

Software MAC Filter

SMFを参照

SPAN拡張

ステータスの表示  2-340

SPANコマンド

SPANセッション情報の表示  2-378, 2-434

モニタするSPANセッションの設定  2-167

SPANセッション

ACLのフィルタ  2-167

カプセル化タイプの指定  2-167

セッション情報の表示  2-340

入力パケットに基づくホスト ラーニングのオフ  2-167

SPANセッション情報の表示  2-340

SSO  2-166

STP

BackboneFastステータスの表示  2-370

PortFastモードのイネーブル化  2-421

VLAN単位でのスパニングツリーのイネーブル化  2-428

アクティブ インターフェイスのみの表示  2-370

インターフェイス プライオリティの設定  2-426

インターフェイス上でのBPDUガードのイネーブル化  2-405

インターフェイス上でのBPDUフィルタリングのイネーブル化  2-404

インターフェイス情報の概要の表示  2-370

拡張システムIDのイネーブル化  2-408

スパニングツリー アクティビティのデバッギング  2-63

スパニングツリー デバッグ メッセージの表示  2-63

スパニングツリーBackboneFastイベントのデバッギング  2-64

スパニングツリーBackboneFastのイネーブル化  2-403

スパニングツリーUplinkFastのイネーブル化  2-427

スパニングツリーUplinkFastのデバッギング  2-66

すべてのPortFastポートでのBPDUガードのデフォルトでのイネーブル化  2-424

すべてのPortFastポートでのBPDUフィルタリングのデフォルトでのイネーブル化  2-423

すべてのアクセス ポートでのPortFastのデフォルトでのイネーブル化  2-425

すべてのアクティビティのデバッギング  2-63

すべてのポートでのループ ガードのデフォルトでのイネーブル化  2-411

設定ミスの検出  2-407

デフォルトのパス コスト計算方式の設定  2-420

トンネリングのカプセル化レートの設定  2-148

廃棄スレッシュホールドの設定  2-147

パス コストの設定  2-406

ブリッジのステータスおよびコンフィギュレーションの表示  2-370

プロトコル トンネリングのイネーブル化  2-145

ポートのリンク タイプの設定  2-410

ルート ガードのイネーブル化  2-409

SVI

VLAN上でのレイヤ3インターフェイスの作成  2-105

sw-vlan  2-67

T

Tabキー

完全なコマンド  1-2

TAC

TACに役立つ情報の表示  2-380

TCAM

スパニングツリー アクティビティのデバッギング  2-63

U

UDLD

各インターフェイスでのイネーブル化  2-464

管理および動作ステータスの表示  2-382

シャットダウンされたすべてのポートのリセット  2-466

すべての光ファイバ インターフェイスでのデフォルトでのイネーブル化  2-463

光ファイバ インターフェイスのイネーブル化の禁止  2-464

メッセージ タイマーの設定  2-463

Unidirectional Link Detection

UDLDを参照

V

VACL

access-group mode  2-5

VLANアクセス マップ シーケンスのmatchコマンドの指定  2-161

VLANアクセス マップ情報の表示  2-386

VLANアクセス マップでのアクションの指定  2-8

VLANアクセス マップの適用  2-478

VLANフィルタの使用  2-478

VLAN

ARP ACLの適用  2-106

CEF情報の表示  2-285

CEFネクストホップ情報の表示  2-285

IPアドレスおよびバージョン情報の表示  2-294, 2-298

RSPAN VLANへの変換  2-209

VLANコンフィギュレーション モードの開始  2-475

VLAN情報の表示  2-383, 2-385

VLANスイッチ インターフェイスの情報の表示  2-301

VTPリストのプルーニング  2-452

許可リストの設定  2-452

クリア

カウンタ  2-38

グループIPアドレスによってソートされた情報の表示  2-294, 2-298

スイッチ インターフェイスの情報の表示  2-294, 2-298

設定  2-471

内部割り当て方式  2-479

ダイナミックARPインスペクションのイネーブル化  2-113

統計情報の表示  2-338

ネイティブ フレーム

すべての802.1Qトランク ポートのタギングのイネーブル化  2-477

ハードウェア ロジックのクリア  2-24

表示

RSPAN VLAN  2-393

内部VLANの割り当て情報  2-389

ポート単位でのゲストのイネーブル化  2-77

明示的なホスト追跡イネーブル化  2-133

VLAN Query Protocol

VQPを参照

VLAN Query Protocol(VQP)

デバッグ  2-72

VLANアクセス マップ

VACLを参照

VLANアクセス制御リスト

VACLを参照

VLANデータベース

リセット  2-211

VLANデバッギング

出力の制限  2-45

VLANのMSTインスタンスへのマッピング  2-98

VLANマネージャ

IOSファイル システム エラー テスト

デバッギングのディセーブル化  2-68

デバッグ  2-68

デバッギングのディセーブル化  2-67

デバッグ  2-67

VMPS

サーバの設定  2-483

ダイナミックVLAN割り当ての再確認  2-481

VoIP

Auto-QoSの設定  2-12

VQP

サーバごとの再試行回数  2-482

ダイナミックVLAN割り当ての再確認  2-481

VTP

VLANデータベースでのプルーニングのイネーブル化  2-489

VTPコンフィギュレーション ストレージ ファイル名の変更  2-485

VTPドメイン パスワードの作成  2-488

VTPバージョン2モードのイネーブル化  2-492

管理ドメイン名の設定  2-487

装置のVTPクライアント モードへの設定  2-486

装置のVTPサーバ モードへの設定  2-490

装置のVTPトランスペアレント モードへの設定  2-491

統計情報の表示  2-395

ドメイン情報の表示  2-395

トンネル カプセル化レートの設定  2-148

廃棄スレッシュホールドの設定  2-147

プロトコル トンネリングのイネーブル化  2-145

VTPプロトコル コード

デバッグ メッセージのイネーブル化  2-70

デバッグ メッセージのディセーブル化  2-70

アクション句

VACLで廃棄または転送アクションを指定  2-8

アクセス グループ

IP  2-5

アクセス ゲートウェイ モジュール

特定のリモート モジュールへの接続  2-214

モジュールへの接続  2-11

リモート モジュールへの接続  2-208

アクセス マップ

VLANフィルタの適用  2-478

アクセス リスト

ACL、MAC ACL、およびVACLも参照

ARP情報の表示  2-219

ARPの定義  2-10

アクセス テンプレートのクリア  2-25

アクセスグループ

macインターフェイスの表示  2-323

show mode interface  2-216

アラーム

動作ステータスの表示  2-242

位置指定

説明  1-11

一致サブコマンド

アクセス  2-19

イネーブルEXECモード、概要  1-6

イネーブル化

UDLDのデバッギング  2-71

音声VLAN  2-436

インターフェイス

dot1qトンネル ポートの設定  2-441

インターフェイス コンフィギュレーション モードの開始  2-100

インターフェイス タイプの設定  2-441

インターフェイス レンジ マクロの作成  2-73

インターフェイス関連アクティビティの出力のデバッギング  2-42

エラー ディセーブル ステートの表示  2-271

コマンドを範囲内の複数ポートで実行  2-103

ステータスの表示  2-267

設定するインターフェイスの選択  2-100

説明の表示  2-267

特定のインターフェイスのトラフィックの表示  2-259

トンネリングがイネーブルな場合の情報の表示  2-318

抑制されたマルチキャスト バイトの表示  2-265

レイヤ2パケットのCoS値の設定  2-146

レイヤ2パケットの廃棄スレッシュホールドの設定  2-147

インターフェイス コンフィギュレーション モード

概要  1-7

インターフェイス トランシーバ

診断データの表示  2-274

インターフェイス リンク

ケーブルの切断時間を表示  2-268

インターフェイス機能

表示  2-261

インターフェイス速度

設定  2-430

インフォーム

イネーブル化  2-399

インライン パワー

インライン パワー ステータスの表示  2-349

インライン パワー ステータスの表示  2-349

エージング タイム

MACアドレス エージング タイムの表示  2-326

MACアドレス テーブル  2-153

エラー ディセーブル ステート

表示  2-271

エラーディセーブル回復

ARPインスペクション タイムアウトのイネーブル化  2-91

回復原因の指定  2-91

回復タイマー情報の表示  2-245

回復メカニズム変数の設定  2-91

エラーディセーブル回復の表示  2-245

エラーディセーブル検出

イネーブル化  2-89

音声VLAN

イネーブル化  2-436

温度

情報の表示  2-242

カウンタ

インターフェイス カウンタのクリア  2-21

環境

アラーム  2-242

温度  2-242

情報の表示  2-242

ステータス  2-242

関連資料  xviii

ギガビット イーサネット アップリンク

選択  2-97

モードの表示  2-252

ギガビット イーサネット インターフェイス

ハードウェア ロジックのクリア  2-23

疑問符コマンド  1-2

キューイング情報

表示  2-356

グローバル コンフィギュレーション モード

使用  1-6

コマンド モード

イネーブルEXECモードへのアクセス  1-6

終了  1-6

ユーザEXECおよびコンフィギュレーション モードの概要  1-6

コマンド内の( )  1-12

コマンドのno形式、使用  1-7

コマンドの省略

コンテキスト ヘルプ  1-2

コマンドのデフォルト形式、使用  1-7

再起動

全体に渡るバインディングの復元  2-118

再認証

定期的  2-84

サブインターフェイス コンフィギュレーション モード、概要  1-7

システム プロンプト  1-6

自動インストレーション

ステータスの表示  2-220

自動ネゴシエート インターフェイス速度

例  2-432

ジャンボ フレーム

ジャンボ フレームのイネーブル化  2-171

集約ポリサー

情報の表示  2-354

出力

パターン検索  1-8

出力DSCP/CoSのマッピングの定義  2-199

条件VLAN

VLAN出力のデバッギング  2-45

条件インターフェイス

インターフェイス関連アクティビティのデバッギング  2-42

冗長性

RFカウンタの表示  2-358

RFクライアント リストの表示  2-358

RFステートの表示  2-358

自動同期化のイネーブル化  2-15

冗長性ファシリティ情報の表示  2-358

情報の表示  2-358

スーパバイザ エンジンをアクティブからスタンバイに切り替え  2-206

スーパバイザ エンジンをスタンバイに強制的に切り替え  2-206

メインCPUへのアクセス  2-205

モードを設定  2-166

ルート プロセッサ設定の同期化  2-160

冗長モードを設定  2-166

診断テスト

属性の表示  2-230

モジュールベースの結果表示  2-231

信頼状態

設定  2-110

スイッチ シム

デバッギングのディセーブル化  2-65

デバッグ  2-65

スイッチ仮想インターフェイス

SVIを参照

スイッチ同士の接続

シスコ推奨機能のイネーブル化  2-159

スイッチとルータ間の接続

シスコ推奨機能のイネーブル化  2-157

スイッチポート インターフェイス

ネイティブVLANタギングのステータスの表示  2-272

ポートのステータスの表示  2-272

スティッキー ポート

削除  2-36

セキュリティのイネーブル化  2-443

ストーム制御

イネーブル化  2-433

エラー ディセーブルからの回復タイマーのイネーブル化  2-91

上限および下限の設定  2-433

ストーム発生時のアクションの設定  2-433

設定の表示  2-377

ブロードキャストのイネーブル化  2-433, 2-435

マルチキャストのイネーブル化  2-433, 2-435

マルチキャスト、イネーブル化  2-435

ユニキャストのイネーブル化  2-433, 2-435

抑制モードのイネーブル化  2-244

抑制モードのディセーブル化  2-244

抑制レベルの設定  2-244

スパニングツリー スイッチのデバッグ  2-65

スパニングツリー プロトコル

STPを参照

制御ポートの許可ステート  2-82

セカンダリVLANのMSTインスタンスへのマッピング  2-189

セキュア ポート、制限事項  2-444

設定

セカンダリとしてのルートの設定  2-419

設定変更の保存  1-13

設定、保存  1-13

選択

説明  1-11

送信キュー

高プライオリティに設定  2-461

帯域幅の割り当て  2-461

デフォルト値へのリセット  2-461

トラフィック帯域幅の指定  2-461

バースト サイズの指定  2-461

ダイナミックARPインスペクション

防止  2-107

タイマー情報  2-245

単一文字パターン

特殊文字  1-8

デバッグ

DHCPスヌーピング イベント  2-50

DHCPスヌーピング パケット  2-51

IP DHCPスヌーピング セキュリティ パケット  2-52

IPCアクティビティ  2-49

NVRAMアクティビティ  2-55

PAgPアクティビティ  2-56

PMアクティビティ  2-59

SMFアドレスの挿入と削除  2-62

VLANマネージャ アクティビティ  2-67

VLANマネージャIOSファイル システム エラー テスト  2-68

VTPプロトコル デバッグ メッセージ  2-70

アクティビティ モニタリング  2-54

スパニングツリー スイッチ シム  2-65

スパニングツリーBackboneFastイベント  2-64

スパニングツリーUplinkFastイベント  2-66

デフォルトCoS値  2-195

デュアル対応ポート

コネクタの選択  2-165

デュプレックス モード

インターフェイス上のオートネゴシエーションの設定  2-87

インターフェイス上の全二重の設定  2-87

インターフェイス上の半二重の設定  2-87

電源装置

Catalyst 4006での電源冗長モードの設定  2-184

Catalyst 4503、4506、および4507での複合および冗長電源システムの設定  2-183

IDPROMの表示  2-253

インライン パワー ステートの設定  2-179

インライン パワーの設定  2-180

電力消費の設定  2-182

転送遅延の設定  2-415

電力状況

インライン パワーの表示  2-349

電力状況の表示  2-349

特殊文字

位置指定、テーブル  1-11

トラップ、イネーブル化  2-399

トラフィック シェーピング

インターフェイス上でのイネーブル化  2-215

トランク インターフェイス

トランク インターフェイス情報の表示  2-279

トランクのカプセル化

形式の設定  2-452

トンネル ポート

レイヤ2プロトコルに関する情報の表示  2-318

内部VLANの割り当て

設定  2-479

デフォルト設定  2-479

割り当て情報の表示  2-389

認証

MD5シグニチャの確認  2-469

MD5タイプ カプセル化方式の使用  2-468

フラッシュ メモリのチェックサムの確認  2-469

ユーザ名の設定  2-468

認証ステート

手動制御のイネーブル化  2-82

認証ポート上の複数ホスト  2-81

ネイティブVLAN

802.1Qトランク ポートのタギングのイネーブル化  2-477

タギングに適格なポートの表示  2-388

トラフィックのタギングの指定  2-452

トラフィックのタギングの制御  2-451

ネイティブ タギングに適格なポートの表示  2-388

ネクストホップ

CEF VLAN情報の表示  2-285

ハードウェア アップリンク

モードの選択  2-97

モードの表示  2-252

ハードウェア モジュール

電源のオフ/オンによるモジュールのリセット  2-96

廃棄スレッシュホールド、レイヤ2プロトコル トンネリング  2-147

バインディング

DHCPスヌーピングの保存  2-119

パケット メモリ テスト

起動、結果の表示  2-235

実行中、結果の表示  2-237

パケット メモリ障害

検出時のスイッチ アクションの指示  2-76

パケット転送

不明パケットの禁止  2-440

パスワード

インテリジェント回線モジュールのクリア  2-22

拡張パスワード セキュリティの確立  2-468

ユーザ名の設定  2-468

duplexコマンドとspeedコマンドの組み合わせ  2-431

mac access-list extendedサブコマンド  2-151

match構文の説明  2-20

show cdp neighborsのフィールドの詳細な説明  2-228

show cdp neighborsのフィールドの説明  2-227

show ip interfaceフィールドの説明  2-303

show vlanコマンドの出力フィールド  2-392

show vtpコマンドの出力フィールド  2-396

speedコマンドのオプション  2-162, 2-430

位置指定に使用される特殊文字  1-11

繰り返し指定  1-10

特殊文字  1-10

特別の意味を持つ文字  1-8

有効なインターフェイス タイプ  2-100

表現

単一文字パターン  1-8

パターンの繰り返し  1-12

複数の表現繰り返しに一致  1-10

複数文字パターン  1-9

標準デスクトップ

シスコ推奨機能のイネーブル化  2-155

標準デスクトップとCisco IP Phone

シスコ推奨機能のイネーブル化  2-156

ブートフラッシュ

情報の表示  2-223

複数文字パターン  1-9

不明なユニキャスト トラフィック、禁止  2-440

不明なマルチキャスト トラフィック、禁止  2-440

プライベートVLAN

PVLANを参照

プライマリとしてのルートの設定  2-419

フラッシュ メモリ ファイル システム

チェックサムの確認  2-469

ファイル システム情報の表示  2-223

ブリッジ プロトコル データ ユニット

BPDUを参照

フロー制御

各インターフェイスのフロー制御に関する統計情報の表示  2-250

ポーズ フレームに対するギガビット インターフェイスの設定  2-94

ブロードキャスト抑制レベル

イネーブル化  2-433, 2-435

設定  2-433, 2-435

プロトコル トンネリング

イネーブル化  2-145

カプセル化レートの設定  2-148

ディセーブル化  2-145

ポート情報の表示  2-318

レイヤ2パケットのCoS値の設定  2-146

レイヤ2パケットの廃棄スレッシュホールドの設定  2-147

プロンプト

システム  1-6

ページング プロンプト

--More--プロンプトを参照

ベビー ジャイアント

システムMTU設定の表示  2-379

レイヤ2の最大ペイロード サイズの設定  2-455

ヘルパー アドレス、IP  2-304

ポート セキュリティ

送信元IPアドレスおよびMACアドレスのフィルタリング  2-143

イネーブル化  2-443

インターフェイスまたはスイッチの設定の表示  2-347

スティッキー ポート  2-443

セキュリティ違反時のアクションの設定  2-443

送信元または特定のアドレスの削除  2-36

不良パケットのレート制限の設定  2-443

ポート セキュリティのデバッギング  2-60

ポート チャネル

アクセス  2-102

作成  2-102

情報の表示  2-342

負荷分散方式

設定  2-178

デフォルトへのリセット  2-178

ポート信頼デバイス

表示  2-356

ポート範囲

実行  2-103

ポートベースの認証

802.1x対応ポートの再認証  2-83

802.1xのイネーブル化  2-82

許可ステートの手動制御  2-82

スイッチとクライアント間のフレーム再送信回数  2-80

定期的再認証

イネーブル化  2-84

デバッグ メッセージの表示  2-46

統計情報とステータスの表示  2-239

認証ポート上の複数ホスト  2-81

ポート、デュアル対応

コネクタの選択  2-165

ホット スタンバイ プロトコル

出力の制限  2-43

デバッギングのディセーブル化  2-43

デバッグ  2-43

マクロ キーワード

ヘルプ ストリング  2-2

マニュアルの構成  xvii

マニュアルの表記法  xix

マルチキャスト

ストーム制御のイネーブル化  2-435

マルチキャスト/ユニキャスト パケット

転送の禁止  2-440

明示的なホスト追跡

VLAN単位のイネーブル化  2-133

データベースのクリア  2-30

モード

PVST+、MST、およびRapid PVST間の切り替え  2-412

アクセスグループ  2-5

アクセスグループ インターフェイスの表示  2-216

コマンド モードを参照

モジュール パスワードのクリア  2-22

モジュール リセット

電源のオフ/オンによるモジュールのリセット  2-96

モニタするSPANセッションの設定

SPAN送信元トラフィックの制限  2-167

モニタリング アクティビティの表示  2-54

ユーザEXECモード、概要  1-6

ユーザ名

パスワードおよびイネーブル レベルの設定  2-468

隣接

IPCエントリの表示  2-40

デバッグ ファシリティのディセーブル化  2-40

隣接テーブルに関する情報の表示  2-217

隣接テーブルのデバッグ  2-40

ルート プロセッサの冗長性

冗長性を参照

レイヤ2

ACL設定の表示  2-323

レイヤ2 traceroute

IPアドレス  2-459

レイヤ2インターフェイスのタイプ

単一の非トランキング、タグなしVLANインターフェイスの指定  2-441

トランキングVLANインターフェイスの指定  2-441

レイヤ2スイッチング

音声VLANのイネーブル化  2-436

スイッチング特性の変更  2-436

レイヤ2プロトコル トンネリング エラー回復  2-148

レイヤ2プロトコル ポート

表示  2-318

レイヤ3スイッチング

ネイティブVLANタギングのステータスの表示  2-272

ポート ステータスの表示  2-272

隣接テーブルに関する情報の表示  2-217

ロギング

IP ARPパケットの制御  2-114

ログ バッファ

ステータスの表示  2-284

ログの検査

ログ バッファのクリア  2-25