Catalyst 4500 シリーズ スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS XE Release 3.1.0 SG
Catalyst 4500 シリーズ スイッチの Cisco IOS コマンド-3
show access-group mode interface
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/09/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

show access-group mode interface

show adjacency

show arp access-list

show authentication

show auto install status

show auto qos

show bootflash:

show bootvar

show cable-diagnostics tdr

show call-home

show cdp neighbors

show class-map

show diagnostic content

show diagnostic result module

show diagnostic result module test

show diagnostic result module test 2

show diagnostic result module test 3

show dot1x

show energywise

show environment

show errdisable detect

show errdisable recovery

show etherchannel

show flowcontrol

show hw-module port-group

show hw-module uplink

show idprom

show interfaces

show interfaces capabilities

show interfaces counters

show interfaces description

show interfaces link

show interfaces mtu

show interfaces private-vlan mapping

show interfaces status

show interfaces switchport

show interfaces transceiver

show interfaces trunk

show ip arp inspection

show ip arp inspection log

show ip cef vlan

show ip dhcp snooping

show ip dhcp snooping binding

show ip dhcp snooping database

show ip igmp interface

show ip igmp profile

show ip igmp snooping

show ip igmp snooping membership

show ip igmp snooping mrouter

show ip igmp snooping vlan

show ip interface

show ip mfib

show ip mfib fastdrop

show ip mroute

show ip source binding

show ip verify source

show ipc

show ipv6 mld snooping

show ipv6 mld snooping mrouter

show ipv6 mld snooping querier

show issu capability

show issu clients

show issu comp-matrix

show issu endpoints

show issu entities

show issu fsm

show issu message

show issu negotiated

show issu rollback-timer

show issu sessions

show issu state

show l2protocol-tunnel

show lacp

show mab

show mac access-group interface

show mac-address-table address

show mac-address-table aging-time

show mac-address-table count

show mac-address-table dynamic

show mac-address-table interface

show mac-address-table multicast

show mac-address-table notification

show mac-address-table protocol

show mac-address-table static

show mac-address-table vlan

show module

show monitor

show pagp

show policy-map

show policy-map control-plane

show policy-map interface

show policy-map interface vlan

show port-security

show power

show power inline police

show qos

show qos aggregate policer

show qos dbl

show qos interface

show qos maps

show redundancy

show redundancy config-sync

show running-config

show slavebootflash:

show slaveslot0:

show slot0:

show spanning-tree

show spanning-tree mst

show storm-control

show system mtu

show tech-support

show udld

show vlan

show vlan access-map

show vlan counters

show vlan dot1q tag native

show vlan internal usage

show vlan mtu

show vlan private-vlan

show vlan remote-span

show vmps

show vtp

show access-group mode interface

レイヤ 2 インターフェイスの ACL コンフィギュレーションを表示するには、 show access-group mode interface コマンドを使用します。

show access-group mode interface [ interface interface-number ]

 
構文の説明

interface

(任意)インターフェイス タイプです。有効な値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet および port-channel です。

interface-number

(任意)インターフェイス番号です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポート番号の有効な値は、使用するシャーシによって異なります。

次の例では、ファスト イーサネット インターフェイス 6/1 の ACL コンフィギュレーションを表示する方法を示します。

Switch# show access-group mode interface fa6/1
Interface FastEthernet6/1:
Access group mode is: merge
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

access-group mode

優先モード(たとえば、VACL は PACL よりも優先されます)および非優先モード(たとえば、マージ モードまたはストリクト モード)を指定します。

show adjacency

レイヤ 3 スイッチング隣接関係テーブルに関する情報を表示するには、 show adjacency コマンドを使用します。

show adjacency [{ interface interface-number } | { null interface-number } | { port-channel number } | { vlan vlan-id } | detail | internal | summary ]

 
構文の説明

interface

(任意)インターフェイス タイプです。使用できる有効な値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos ge-wan および atm です。

interface-number

(任意)モジュールおよびポート番号です。有効な値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスを指定します。有効な値は 0 です。

port-channel number

(任意)チャネル インターフェイスを指定します。有効な値は、1 ~ 256 の範囲の最大 64 個の値です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

detail

(任意)プロトコル詳細およびタイマーに関する情報を表示します。

internal

(任意)内部データ構造に関する情報を表示します。

summary

(任意)CEF-adjacency 情報の要約を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスを含めるように拡張されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数では、モジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効な値は、指定するインターフェイス タイプと、使用するシャーシおよびモジュールによって異なります。たとえば、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定し、13 スロット シャーシに設置された 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールを使用する場合、モジュール番号の有効値の範囲は 1 ~ 13 であり、ポート番号の有効値の範囲は 1 ~ 48 です。

ハードウェア レイヤ 3 スイッチングの隣接統計情報は、60 秒ごとに更新されます。

show adjacency コマンドには、次の情報が含まれています。

プロトコル インターフェイス。

インターフェイスで設定されているルーティング プロトコルのタイプ。

インターフェイス アドレス。

学習された隣接の方式。

隣接ルータの MAC アドレス。

隣接が隣接関係テーブルからロールアウトするまでに残された時間。ロールアウト後、パケットは宛先への同じネクスト ホップを使用する必要があります。

次の例では、隣接情報を表示する方法を示します。

Switch# show adjacency
Protocol Interface Address
IP FastEthernet2/3 172.20.52.1(3045)
IP FastEthernet2/3 172.20.52.22(11)
Switch#
 

次の例では、隣接情報のサマリーを表示する方法を示します。

Switch# show adjacency summary
Adjacency Table has 2 adjacencies
Interface Adjacency Count
FastEthernet2/3 2
Switch#
 

次の例では、プロトコル詳細およびタイマー情報を表示する方法を示します。

Switch# show adjacency detail
Protocol Interface Address
IP FastEthernet2/3 172.20.52.1(3045)
0 packets, 0 bytes
000000000FF920000380000000000000
00000000000000000000000000000000
00605C865B2800D0BB0F980B0800
ARP 03:58:12
IP FastEthernet2/3 172.20.52.22(11)
0 packets, 0 bytes
000000000FF920000380000000000000
00000000000000000000000000000000
00801C93804000D0BB0F980B0800
ARP 03:58:06
Switch#
 

次の例では、特定のインターフェイスの隣接情報を表示する方法を示します。

Switch# show adjacency fastethernet2/3
Protocol Interface Address
IP FastEthernet2/3 172.20.52.1(3045)
IP FastEthernet2/3 172.20.52.22(11)
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug adjacency

隣接のデバッグに関する情報を表示します。

show arp access-list

ARP アクセス リストの詳細を表示するには、 show arp コマンドを使用します。

show arp access-list

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、スイッチの ARP ACL 情報を表示する方法を示します。

Switch# show arp access-list
ARP access list rose
permit ip 10.101.1.1 0.0.0.255 mac any
permit ip 20.3.1.0 0.0.0.255 mac any

 
関連コマンド

コマンド
説明

access-group mode

優先モード(たとえば、VACL は PACL よりも優先されます)および非優先モード(たとえば、マージ モードまたはストリクト モード)を指定します。

arp access-list

ARP アクセス リストを定義したり、定義済みリストの最後に句を追加したりします。

ip arp inspection filter vlan

DAI がイネーブルの場合にスタティック IP 用に設定されているホストからの ARP を許可し、ARP アクセス リストを定義し、アクセス リストを VLAN に適用します。

show authentication

認証マネージャ情報を表示するには、EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show authentication コマンドを使用します。

show authentication { interface interface | registrations | sessions [ session-id session-id ] [ handle handle ] [ interface interface ] [ mac mac ] [ method method ]

 
構文の説明

interface interface

指定したインターフェイスに関連付けられている認証マネージャの詳細をすべて表示します。

registrations

認証マネージャに登録されているすべての方式の詳細を表示します。

sessions

現在の認証マネージャ セッションの詳細を表示します(クライアント デバイスなど)。任意の指定子を入力しないと、現在アクティブなセッションがすべて表示されます。1 つの指定子を入力して特定のセッションを表示するか、または指定子の組み合わせを入力して 1 組のセッションを表示することができます。

session-id session-id

(任意)認証マネージャ セッションを指定します。

handle handle

(任意)範囲:1 ~ 4294967295。

mac mac

(任意)指定した MAC アドレスの認証マネージャ セッション情報を表示します。

method method

(任意)指定した認証方式で許可されているすべてのクライアントを表示します。有効な値は次のとおりです。

dot1x

mab

webauth

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SG

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

表 2-13 に、show authentication の出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。


) セッションのステートとして表示される可能性のある値を次に示します。終端ステートのセッションの場合、「Authz Success」または「Authz Failed」が表示されます。結果を生成する方式がない場合は、「No methods」が表示されます。


 

表 2-13 show authentication コマンドの出力

フィールド
説明

Idle

該当するセッションがすでに初期化されており、どの方式もまだ実行されていません。

Running

該当するセッションに対して 1 つの方式が実行されています。

No methods

該当するセッションに対して結果を生成する方式が存在しません。

Authc Success

1 つの方式により、該当するセッションの認証に成功しました。

Authc Failed

1 つの方式により、該当するセッションの認証に失敗しました。

Authz Success

該当するセッションへのすべての機能の適用に成功しました。

Authz Failed

該当するセッションへの機能の適用に失敗しました。

表 2-14 に、方式のステートとして表示される可能性のある値を示します。終端ステートのセッションの場合、「Authc Success」、「Authc Failed」、または「Failed over」が表示されます(後者は、1 つの方式が実行され、結果を生成しなかった次の方式にフェールオーバーしたことを示します)。スタンバイで同期化されるセッションの場合は「Not run」が表示されます。

 

表 2-14 方式のステートを表す値

方式のステート
ステートのレベル
説明

Not run

終端

該当するセッションに対してこの方式が実行されていません。

Running

中間

該当するセッションに対してこの方式が実行されています。

Failed over

終端

この方式に失敗したため、次の方式で結果が生成されることになります。

Authc Success

終端

この方式により、該当するセッションの認証に成功しました。

Authc Failed

終端

この方式により、該当するセッションの認証に失敗しました。

次の例では、認証マネージャに登録されている認証方式を表示する方法を示します。

Switch# show authentication registrations
Auth Methods registered with the Auth Manager:
Handle Priority Name
3 0 dot1x
2 1 mab
1 2 webauth
Switch#
 

次の例では、特定のインターフェイスの認証マネージャ詳細を表示する方法を示します。

Switch# show authentication interface gigabitethernet1/23
Client list:
MAC Address Domain Status Handle Interface
000e.84af.59bd DATA Authz Success 0xE0000000 GigabitEthernet1/0/23
Available methods list:
Handle Priority Name
3 0 dot1x
Runnable methods list:
Handle Priority Name
3 0 dot1x
Switch#
 

次の例では、スイッチでのすべての認証マネージャ セッションを表示する方法を示します。

Switch# show authentication sessions
Interface MAC Address Method Domain Status Session ID
Gi3/45 (unknown) N/A DATA Authz Failed 0908140400000007003651EC
Gi3/46 (unknown) N/A DATA Authz Success 09081404000000080057C274
 

次の例では、インターフェイスでのすべての認証マネージャ セッションを表示する方法を示します。

Switch# show authentication sessions int gi 3/46
Interface: GigabitEthernet3/46
MAC Address: Unknown
IP Address: Unknown
Status: Authz Success
Domain: DATA
Oper host mode: multi-host
Oper control dir: both
Authorized By: Guest Vlan
Vlan Policy: 4094
Session timeout: N/A
Idle timeout: N/A
Common Session ID: 09081404000000080057C274
Acct Session ID: 0x0000000A
Handle: 0xCC000008
 
Runnable methods list:
Method State
dot1x Failed over
 

次の例では、指定した MAC アドレスの認証マネージャ セッションを表示する方法を示します。

Switch# show authentication sessions mac 000e.84af.59bd
Interface: GigabitEthernet1/23
MAC Address: 000e.84af.59bd
Status: Authz Success
Domain: DATA
Oper host mode: single-host
Authorized By: Authentication Server
Vlan Policy: 10
Handle: 0xE0000000
Runnable methods list:
Method State
dot1x Authc Success
Switch#
 

次の例では、指定した認証方式によって許可されたすべてのクライアントを表示する方法を示します。

Switch# show authentication sessions method mab
No Auth Manager contexts match supplied criteria
Switch# show authentication sessions method dot1x
MAC Address Domain Status Handle Interface
000e.84af.59bd DATA Authz Success 0xE0000000 GigabitEthernet1/23
Switch#
 
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication control-direction

ポート制御を単方向または双方向に変更します。

authentication critical recovery delay

802.1X クリティカル認証パラメータを設定します。

authentication event

認証イベントのアクションを設定します。

authentication fallback

Webauth フォールバックをイネーブルにし、Webauth にフェールオーバーするときに使用するフォールバック プロファイルを指定します。

authentication host-mode

ホスト モード コンフィギュレーションを使用して、アクセス ポリシーを適用するときに使用されるセッションの分類を定義します。

authentication port-control

ポート制御値を設定します。

authentication open

このポートでオープン アクセスをイネーブルにします。

authentication order

インターフェイスでクライアントの認証方式を試行する順序を指定します。

authentication priority

インターフェイスでの認証方式のプライオリティを指定します。

authentication periodic

このポートの再認証をイネーブルにします。

authentication timer

認証タイマーを設定します。

authentication violation

ポートにセキュリティ違反が存在する場合に実行するアクションを指定します。

show auto install status

自動インストールのステータスを表示するには、show auto install status コマンドを使用します。

show auto install status

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(20)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、TFTP サーバの IP アドレスを表示し、スイッチが現在 TFTP サーバ上のコンフィギュレーション ファイルを取得しているかどうかを表示する方法を示します。

Switch# show auto install status
 
Status : Downloading config file
DHCP Server : 20.0.0.1
TFTP Server : 30.0.0.3
Config File Fetched : Undetermined
 

出力の最初の IP アドレスは、自動インストールに使用されているサーバを示しています。2 番目の IP アドレスは、コンフィギュレーション ファイルを提供した TFTP サーバを示しています。

show auto qos

適用される Automatic Quality of Service(Auto-QoS)コンフィギュレーションを表示するには、 show auto qos ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show auto qos [ interface [ interface-id ]] [ { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)指定したインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの Auto-QoS 情報を表示します。指定できるインターフェイスとして、物理ポートも含まれます。

begin

(任意)expression と一致する行から開始します。

exclude

(任意)expression と一致する行を除外します。

include

(任意)指定された expression と一致する行を含めます。

expression

(任意)参照ポイントとして使用する出力内の式です。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

show auto qos interface interface-id コマンドでは、Auto-QoS コンフィギュレーションが表示されます。有効である可能性がある、コンフィギュレーションに対するユーザ変更は表示されません。

Supervisor Engine 6-E 以外で Auto-QoS の影響を受ける可能性がある QoS コンフィギュレーションに関する情報を表示するには、次のコマンドのいずれかを使用します。

show qos

show qos map

show qos interface interface-id

show running-config

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 exclude outpu t と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、Auto-QoS がイネーブルの場合の show auto qos コマンドの出力を示します。

Switch# show auto qos
GigabitEthernet1/2
auto qos voip cisco-phone
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto qos voip

QoS ドメイン内の Voice over IP(VoIP)の Quality of Service を自動的に設定します(Auto-QoS)。

show bootflash:

bootflash: ファイル システムに関する情報を表示するには、 show bootflash: コマンドを使用します。

show bootflash: [ all | chips | filesys ]

 
構文の説明

all

(任意)可能なすべてのフラッシュ情報を表示します。

chips

(任意)フラッシュ チップ情報を表示します。

filesys

(任意)ファイル システム情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、ファイル システムのステータス情報を表示する方法を示します。

Switch> show bootflash: filesys
 
-------- F I L E S Y S T E M S T A T U S --------
Device Number = 0
DEVICE INFO BLOCK: bootflash
Magic Number = 6887635 File System Vers = 10000 (1.0)
Length = 1000000 Sector Size = 40000
Programming Algorithm = 39 Erased State = FFFFFFFF
File System Offset = 40000 Length = F40000
MONLIB Offset = 100 Length = C628
Bad Sector Map Offset = 3FFF8 Length = 8
Squeeze Log Offset = F80000 Length = 40000
Squeeze Buffer Offset = FC0000 Length = 40000
Num Spare Sectors = 0
Spares:
STATUS INFO:
Writable
NO File Open for Write
Complete Stats
No Unrecovered Errors
No Squeeze in progress
USAGE INFO:
Bytes Used = 917CE8 Bytes Available = 628318
Bad Sectors = 0 Spared Sectors = 0
OK Files = 2 Bytes = 917BE8
Deleted Files = 0 Bytes = 0
Files w/Errors = 0 Bytes = 0
Switch>
 
 

次の例では、システム イメージ情報を表示する方法を示します。

Switch> show bootflash:
-# - ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .. image 8C5A393A 237E3C 14 2063804 Aug 23 1999 16:18:45 c4-boot-mz
2 .. image D86EE0AD 957CE8 9 7470636 Sep 20 1999 13:48:49 rp.halley
Switch>
 

次の例では、すべてのブートフラッシュ情報を表示する方法を示します。

Switch> show bootflash: all
-# - ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .. image 8C5A393A 237E3C 14 2063804 Aug 23 1999 16:18:45 c4-boot-
mz
2 .. image D86EE0AD 957CE8 9 7470636 Sep 20 1999 13:48:49 rp.halley
 
6456088 bytes available (9534696 bytes used)
 
-------- F I L E S Y S T E M S T A T U S --------
Device Number = 0
DEVICE INFO BLOCK: bootflash
Magic Number = 6887635 File System Vers = 10000 (1.0)
Length = 1000000 Sector Size = 40000
Programming Algorithm = 39 Erased State = FFFFFFFF
File System Offset = 40000 Length = F40000
MONLIB Offset = 100 Length = C628
Bad Sector Map Offset = 3FFF8 Length = 8
Squeeze Log Offset = F80000 Length = 40000
Squeeze Buffer Offset = FC0000 Length = 40000
Num Spare Sectors = 0
Spares:
STATUS INFO:
Writable
NO File Open for Write
Complete Stats
No Unrecovered Errors
No Squeeze in progress
USAGE INFO:
Bytes Used = 917CE8 Bytes Available = 628318
Bad Sectors = 0 Spared Sectors = 0
OK Files = 2 Bytes = 917BE8
Deleted Files = 0 Bytes = 0
Files w/Errors = 0 Bytes = 0
Switch>

show bootvar

BOOT 環境変数情報を表示するには、 show bootvar コマンドを使用します。

show bootvar

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、BOOT 環境変数情報を表示する方法を示します。

Switch# show bootvar
BOOT variable = sup:1;
CONFIG_FILE variable does not exist
BOOTLDR variable does not exist
Configuration register is 0x0
Switch#

show cable-diagnostics tdr

TDR ケーブル診断のテスト結果を表示するには、 show cable-diagnostics tdr コマンドを使用します。

show cable-diagnostics tdr { interface { interface interface-number }}


このコマンドは、将来の Cisco IOS リリースでは廃止される予定です。diagnostic start コマンドを使用してください。


 
構文の説明

interface interface

インターフェイス タイプです。有効値は fastethernet および gigabitethernet です。

interface-number

モジュールおよびポート番号です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)SG

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

TDR テストは、Cisco IOS Release 12.2(25)SG を実行する Catalyst 4500 シリーズ スイッチにおいて、次のライン カードのみでサポートされます。

WS-X4548-GB-RJ45

WS-X4548-GB-RJ45V

WS-X4524-GB-RJ45V

WS-X4013+TS

WS-C4948

WS-C4948-10GE

障害までの距離はメートル(m)単位で表示されます。

次の例では、TDR テストに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show cable-diagnostics tdr interface gi4/13
Interface Speed Local pair Cable length Remote channel Status
Gi4/13 0Mbps 1-2 102 +-2m Unknown Fault
3-6 100 +-2m Unknown Fault
4-5 102 +-2m Unknown Fault
7-8 102 +-2m Unknown Fault
Switch#
 
 

表 2-15 に、 show cable-diagnostics tdr コマンドの出力に表示される各フィールドの説明を示します。

 

表 2-15 show cable-diagnostics tdr コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Interface

テストされたインターフェイスです。

Speed

現在の回線速度です。

Pair

ローカル ペアの名前です。

Cable Length

障害までの距離(メートル(m)単位)です。

Channel

ペア指定(A、B、C、または D)です。

Status

次のいずれかで表示されるペアのステータスです。

Terminated:リンクは確立されています。

Fault:ケーブル障害(オープンまたはショート)です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

test cable-diagnostics tdr

48 ポート 10/100/1000 BASE-T モジュールの銅ケーブルの状態をテストします。

show call-home

設定されている Call Home 情報を表示するには、特権 EXEC モードで show call-home コマンドを使用します。

show call-home [ alert-group | detail | mail-server | profile { all | name } | statistics ]

 
構文の説明

alert-group

(任意)使用可能なアラート グループを表示します。

detail

(任意)詳細な Call Home コンフィギュレーションを表示します。

mail-server

(任意)Call Home メール サーバ関連情報を表示します。

profile all

(任意)すべての既存のプロファイルの設定情報を表示します。

profile name

(任意)特定の宛先プロファイルの設定情報を表示します。

statistics

(任意)Call Home 統計情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC(#)

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(52)SG

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチ、Supervisor Engine 6-E、および Catalyst 4900M シャーシに追加されました。

次の例では、設定されている Call Home 設定を表示します。

Switch# show call-home
Current call home settings:
call home feature : disable
call home message's from address: switch@example.com
call home message's reply-to address: support@example.com
 
vrf for call-home messages: Not yet set up
 
contact person's email address: technical@example.com
 
contact person's phone number: +1-408-555-1234
street address: 1234 Picaboo Street, Any city, Any state, 12345
customer ID: ExampleCorp
contract ID: X123456789
site ID: SantaClara
Mail-server[1]: Address: smtp.example.com Priority: 1
Mail-server[2]: Address: 192.168.0.1 Priority: 2
Rate-limit: 20 message(s) per minute
 
Available alert groups:
Keyword State Description
------------------------ ------- -------------------------------
configuration Disable configuration info
diagnostic Disable diagnostic info
environment Disable environmental info
inventory Enable inventory info
syslog Disable syslog info
Profiles:
Profile Name: campus-noc
Profile Name: CiscoTAC-1
 
Switch#
 

設定されている詳細な Call Home 情報

Switch# show call-home detail
Current call home settings:
call home feature : disable
call home message's from address: switch@example.com
call home message's reply-to address: support@example.com
 
vrf for call-home messages: Not yet set up
 
contact person's email address: technical@example.com
 
contact person's phone number: +1-408-555-1234
street address: 1234 Picaboo Street, Any city, Any state, 12345
customer ID: ExampleCorp
contract ID: X123456789
site ID: SantaClara
Mail-server[1]: Address: smtp.example.com Priority: 1
Mail-server[2]: Address: 192.168.0.1 Priority: 2
Rate-limit: 20 message(s) per minute
 
Available alert groups:
Keyword State Description
------------------------ ------- -------------------------------
configuration Disable configuration info
diagnostic Disable diagnostic info
environment Disable environmental info
inventory Enable inventory info
syslog Disable syslog info
 
Profiles:
 
Profile Name: campus-noc
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: long-text
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): noc@example.com
HTTP address(es): Not yet set up
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
N/A N/A
 
Profile Name: CiscoTAC-1
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: xml
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): callhome@cisco.com
HTTP address(es): https://tools.cisco.com/its/service/oddce/services/DDCEService
 
Periodic configuration info message is scheduled every 1 day of the month at 09:27
 
Periodic inventory info message is scheduled every 1 day of the month at 09: 12
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
diagnostic minor
environment warning
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
.* major
Switch#
 

使用可能な Call Home アラート グループ

Switch# show call-home alert-group
Available alert groups:
Keyword State Description
------------------------ ------- -------------------------------
configuration Disable configuration info
diagnostic Disable diagnostic info
environment Disable environmental info
inventory Enable inventory info
syslog Disable syslog info
 
Switch#
 

電子メール サーバ ステータス情報

Switch# show call-home mail-server status
Please wait. Checking for mail server status ...
 
Translating "smtp.example.com"
Mail-server[1]: Address: smtp.example.com Priority: 1 [Not Available]
Mail-server[2]: Address: 192.168.0.1 Priority: 2 [Not Available]
 
Switch#
 

すべての宛先プロファイル(事前定義またはユーザ定義)の情報

Switch# show call-home profile all
 
Profile Name: campus-noc
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: long-text
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): noc@example.com
HTTP address(es): Not yet set up
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
N/A N/A
 
Profile Name: CiscoTAC-1
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: xml
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): callhome@cisco.com
HTTP address(es): https://tools.cisco.com/its/service/oddce/services/DDCEService
 
Periodic configuration info message is scheduled every 1 day of the month at 09:27
 
Periodic inventory info message is scheduled every 1 day of the month at 09:12
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
diagnostic minor
environment warning
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
.* major
 
Switch#
 

ユーザ定義の宛先プロファイルの情報

Switch# show call-home profile CiscoTAC-1
Profile Name: CiscoTAC-1
Profile status: INACTIVE
Preferred Message Format: xml
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): callhome@cisco.com
HTTP address(es): https://tools.cisco.com/its/service/oddce/services/DDCEService
 
Periodic configuration info message is scheduled every 11 day of the month at 11:25
 
Periodic inventory info message is scheduled every 11 day of the month at 11:10
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
diagnostic minor
environment warning
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
.* major
 

Call Home 統計情報

Switch# show call-home statistics
Message Types Total Email HTTP
------------- -------------------- -------------------- ------------------
Total Success 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Total In-Queue 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Total Failed 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Total Ratelimit
-dropped 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Last call-home message sent time: n/a

 
関連コマンド

コマンド
説明

call-home(グローバル コンフィギュレーション)

Call Home コンフィギュレーション モードを開始します。

call-home send alert-group

特定のアラート グループ メッセージを送信します。

service call-home (Cisco IOS のマニュアルを参照)

Call Home をイネーブルまたはディセーブルにします。

show cdp neighbors

CDP で検出されたネイバー デバイスの詳細を表示するには、 show cdp neighbors コマンドを使用します。

show cdp neighbors [ type number ] [ detail ]

 
構文の説明

type

(任意)情報が必要なネイバーに接続されているインターフェイス タイプです。使用できる有効な値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet port-channel 、および vlan です。

number

(任意)情報が必要なネイバーに接続されているインターフェイス番号です。

detail

(任意)ネイバーの詳細を表示します(ネットワーク アドレス、イネーブルなポート、ホールド タイム、ソフトウェア バージョンなど)。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスを含めるように拡張されました。

 
使用上のガイドライン

vlan キーワードは、Supervisor Engine 2を使用して構成されている Catalyst 4500 シリーズ スイッチでサポートされます。

port-channel values の範囲は 0 ~ 282 です。257 ~ 282 の値は CSM および FWSM だけでサポートされます。

次の例では、CDP ネイバーに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone
Device ID Local Intrfce Holdtme Capability Platform Port ID
lab-7206 Eth 0 157 R 7206VXR Fas 0/0/0
lab-as5300-1 Eth 0 163 R AS5300 Fas 0
lab-as5300-2 Eth 0 159 R AS5300 Eth 0
lab-as5300-3 Eth 0 122 R AS5300 Eth 0
lab-as5300-4 Eth 0 132 R AS5300 Fas 0/0
lab-3621 Eth 0 140 R S 3631-telcoFas 0/0
008024 2758E0 Eth 0 132 T CAT3000 1/2
Switch#

表 2-16 に、この例で表示されているフィールドの説明を示します。

 

表 2-16 show cdp neighbors のフィールドの説明

フィールド
定義

Device ID

ネイバー デバイスの設定されている ID(名前)、MAC アドレス、またはシリアル番号です。

Local Intrfce

(ローカル インターフェイス)接続メディアによって使用されているプロトコルです。

Holdtme

(ホールド タイム)現在のデバイスが送信ルータからの CDP アドバタイズメントを廃棄するまでに保持する残り時間(秒)です。

Capability

デバイスで検出される機能コードです。このデバイス タイプは、CDP ネイバー テーブルにリストされます。表示される可能性のある値は次のとおりです。

R:ルータ

T:トランスペアレント ブリッジ

B:ソース ルーティング ブリッジ

S:スイッチ

H:ホスト

I:IGMP デバイス

r:リピータ

P:電話

Platform

デバイスの製品番号です。

Port ID

デバイスのプロトコルおよびポート番号です。

次の例では、CDP ネイバーの詳細を表示する方法を示します。

Switch# show cdp neighbors detail
-------------------------
Device ID: lab-7206
Entry address(es):
IP address: 172.19.169.83
Platform: cisco 7206VXR, Capabilities: Router
Interface: Ethernet0, Port ID (outgoing port): FastEthernet0/0/0
Holdtime : 123 sec
 
Version :
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 5800 Software (C5800-P4-M), Version 12.1(2)
Copyright (c) 1986-2002 by Cisco Systems, Inc.
 
advertisement version: 2
Duplex: half
 
-------------------------
Device ID: lab-as5300-1
Entry address(es):
IP address: 172.19.169.87
.
.
.
Switch#
 

表 2-17 に、この例で表示されているフィールドの説明を示します。

 

表 2-17 show cdp neighbors detail のフィールドの説明

フィールド
定義

Device ID

ネイバー デバイスの名前と、このデバイスの MAC アドレスまたはシリアル番号です。

Entry address(es)

ネイバー デバイスのネットワーク アドレスのリストです。

[network protocol] address

ネイバー デバイスのネットワーク アドレスです。アドレスは、IP、IPX、AppleTalk、DECnet、または CLNS プロトコルの表記法で記載されます。

Platform

ネイバー デバイスの製品名および番号です。

Capabilities

ネイバーのデバイス タイプです。このデバイスは、ルータ、ブリッジ、トランスペアレント ブリッジ、ソース ルーティング ブリッジ、スイッチ、ホスト、IGMP デバイス、またはリピータです。

Interface

現在のデバイス上のポートのプロトコルおよびポート番号です。

Holdtime

現在のデバイスが送信ルータからの CDP アドバタイズメントを廃棄するまでに保持する残り時間(秒)です。

Version:

ネイバー デバイスで実行されているソフトウェア バージョンです。

advertisement version:

CDP アドバタイズメントに対して使用されている CDP のバージョンです。

Duplex:

現在のデバイスとネイバー デバイス間の接続のデュプレックス ステートです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cdp (Cisco IOS のマニュアルを参照)

グローバル CDP 情報を表示します(タイマー、ホールド タイム情報など)。

show cdp entry (Cisco IOS のマニュアルを参照)

Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)を使用して検出された特定のネイバー デバイスに関する情報を表示します。

show cdp interface (Cisco IOS のマニュアルを参照)

Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)がイネーブルになっているインターフェイスに関する情報を表示します。

show cdp traffic (Cisco IOS のマニュアルを参照)

CDP テーブルからトラフィック情報を表示します。

show class-map

クラス マップ情報を表示するには、 show class-map コマンドを使用します。

show class-map class_name

 
構文の説明

class_name

クラス マップ名です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)SG

完全なフロー オプションの結果を表示します。

次の例では、すべてのクラス マップのクラス マップ情報を表示する方法を示します。

Switch# show class-map
Class Map match-any class-default (id 0)
Match any
Class Map match-any class-simple (id 2)
Match any
Class Map match-all ipp5 (id 1)
Match ip precedence 5
Class Map match-all agg-2 (id 3)
Switch#
 

次の例では、特定のクラス マップのクラス マップ情報を表示する方法を示します。

Switch# show class-map ipp5
Class Map match-all ipp5 (id 1)
Match ip precedence 5
Switch#
 

ファスト イーサネット インターフェイス 6/1 に、次に示すように 2 つのアクティブ フローがあるとします。

SrcIp DstIp IpProt SrcL4Port DstL4Port
--------------------------------------------------------
192.168.10.10 192.168.20.20 20 6789 81
192.168.10.10 192.168.20.20 20 6789 21
 

次のコンフィギュレーションでは、各フローは 1000000 bps にポリシングされ、9000 バイトのバースト値が許可されます。


match flow ip source-address|destination-address コマンドを使用すると、これら 2 つのフローは 1 つのフローに統合され、同じ送信元アドレスおよび宛先アドレスを持ちます。


Switch# config terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# class-map c1
Switch(config-cmap)# match flow ip source-address ip destination-address ip protocol l4 source-port l4 destination-port
Switch(config-cmap)# exit
Switch(config)# policy-map p1
Switch(config-pmap)# class c1
Switch(config-pmap-c)# police 1000000 9000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# exit
Switch(config)# interface fastEthernet 6/1
Switch(config-if)# service-policy input p1
Switch(config-if)# end
Switch# write memory
Switch# show policy-map interface
FastEthernet6/1
 
class-map c1
match flow ip source-address ip destination-address ip protocol l4 source-port l4 destination-port
!
policy-map p1
class c1
police 1000000 bps 9000 byte conform-action transmit exceed-action drop
!
interface FastEthernet 6/1
service-policy input p1
 
Switch# show class-map c1
Class Map match-all c1 (id 2)
Match flow ip source-address ip destination-address ip protocol l4 source-port l4 destination-port
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

名前を指定するクラスとパケットの照合に使用され、クラスマップ コンフィギュレーション モードの開始に使用されるクラス マップを作成します。

show policy-map

ポリシー マップ情報を表示します。

show policy-map interface

インターフェイスに対応付けられた入力および出力ポリシーの統計情報およびコンフィギュレーションを表示します。

show diagnostic content

各テストおよびすべてのモジュールについて、テスト ID、テスト属性、およびサポートされているカバレッジ テスト レベルに関するテスト情報を表示するには、 show diagnostic content コマンドを使用します。

show diagnostic content module { all | num }

 
構文の説明

all

シャーシ上のすべてのモジュールを表示します。

num

モジュール番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(20)EWA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、シャーシのすべてのモジュールについて、テスト スイート、モニタリング間隔、およびテスト属性を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic content module all
 
module 1:
 
Diagnostics test suite attributes:
B/* - Basic ondemand test / NA
P/V/* - Per port test / Per device test / NA
D/N/* - Disruptive test / Non-disruptive test / NA
S/* - Only applicable to standby unit / NA
X/* - Not a health monitoring test / NA
F/* - Fixed monitoring interval test / NA
E/* - Always enabled monitoring test / NA
A/I - Monitoring is active / Monitoring is inactive
m/* - Mandatory bootup test, can't be bypassed / NA
o/* - Ongoing test, always active / NA
 
Testing Interval
ID Test Name Attributes (day hh:mm:ss.ms)
==== ========================================== ============ =================
1) supervisor-bootup -----------------------> **D****I** not configured
2) packet-memory-bootup --------------------> **D****I** not configured
3) packet-memory-ongoing -------------------> **N****I*o not configured
 
 
module 6:
 
Diagnostics test suite attributes:
B/* - Basic ondemand test / NA
P/V/* - Per port test / Per device test / NA
D/N/* - Disruptive test / Non-disruptive test / NA
S/* - Only applicable to standby unit / NA
X/* - Not a health monitoring test / NA
F/* - Fixed monitoring interval test / NA
E/* - Always enabled monitoring test / NA
A/I - Monitoring is active / Monitoring is inactive
m/* - Mandatory bootup test, can't be bypassed / NA
o/* - Ongoing test, always active / NA
 
Testing Interval
ID Test Name Attributes (day hh:mm:ss.ms)
==== ========================================== ============ =================
1) linecard-online-diag --------------------> **D****I** not configured
 
 
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic result module

モジュールベースの診断テスト結果を表示します。

show diagnostic result module test 2

起動時パケット メモリ テストの結果を表示します。

show diagnostic result module test 3

実行中パケット メモリ テストの結果を表示します。

show diagnostic result module

モジュールベースの診断テスト結果を表示するには、 show diagnostic result module コマンドを使用します。

show diagnostic result module [ slot-num | all ] [ test [ test-id | test-id-range | all ]] [ detail ]

 
構文の説明

slot-num

(任意)診断が表示されるスロットを指定します。

all

(任意)すべてのスロットの診断を表示します。

test

(任意)指定したモジュールで選択されたテストを表示します。

test-id

(任意)単一のテスト ID を指定します。

test-id-range

(任意)テスト ID の範囲を指定します。

all

(任意)すべてのテストの診断を表示します。

detail

(任意)完全なテスト結果を表示します。

 
デフォルト

シャーシのすべてのモジュールについてテスト結果の要約を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(18)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、シャーシのすべてのモジュールについて結果の要約を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module
 
Current bootup diagnostic level: minimal
 
module 1:
 
Overall diagnostic result: PASS
Diagnostic level at card bootup: bypass
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
1) supervisor-bootup -----------------------> U
2) packet-memory-bootup --------------------> U
3) packet-memory-ongoing -------------------> U
 
 
module 4:
 
Overall diagnostic result: PASS
Diagnostic level at card bootup: minimal
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
1) linecard-online-diag --------------------> .
 
 
module 5:
 
Overall diagnostic result: PASS
Diagnostic level at card bootup: minimal
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
1) linecard-online-diag --------------------> .
 
 
module 6:
 
Overall diagnostic result: PASS
Diagnostic level at card bootup: minimal
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
1) linecard-online-diag --------------------> .
 

次の例では、モジュール 1 のオンライン診断を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module 1 detail
 
Current bootup diagnostic level: minimal
 
module 1:
 
Overall diagnostic result: PASS
Diagnostic level at card bootup: minimal
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
 
___________________________________________________________________________
 
1) supervisor-bootup -----------------------> .
 
Error code --------------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count ---------------------> 0
Last test execution time ------------> n/a
First test failure time -------------> n/a
Last test failure time --------------> n/a
Last test pass time -----------------> n/a
Total failure count -----------------> 0
Consecutive failure count -----------> 0
 
Power-On-Self-Test Results for ACTIVE Supervisor
 
 
Power-on-self-test for Module 1: WS-X4014
Port/Test Status: (. = Pass, F = Fail)
Reset Reason: PowerUp Software/User
 
 
Port Traffic: L2 Serdes Loopback ...
0: . 1: . 2: . 3: . 4: . 5: . 6: . 7: . 8: . 9: . 10: . 11: .
12: . 13: . 14: . 15: . 16: . 17: . 18: . 19: . 20: . 21: . 22: . 23: .
24: . 25: . 26: . 27: . 28: . 29: . 30: . 31: .
 
 
Port Traffic: L2 Asic Loopback ...
0: . 1: . 2: . 3: . 4: . 5: . 6: . 7: . 8: . 9: . 10: . 11: .
12: . 13: . 14: . 15: . 16: . 17: . 18: . 19: . 20: . 21: . 22: . 23: .
24: . 25: . 26: . 27: . 28: . 29: . 30: . 31: .
 
 
Port Traffic: L3 Asic Loopback ...
0: . 1: . 2: . 3: . 4: . 5: . 6: . 7: . 8: . 9: . 10: . 11: .
12: . 13: . 14: . 15: . 16: . 17: . 18: . 19: . 20: . 21: . 22: . 23: .
24: . 25: . 26: . 27: . 28: . 29: . 30: . 31: . au: .
 
 
Switch Subsystem Memory ...
1: . 2: . 3: . 4: . 5: . 6: . 7: . 8: . 9: . 10: . 11: . 12: .
13: . 14: . 15: . 16: . 17: . 18: . 19: . 20: . 21: . 22: . 23: . 24: .
25: . 26: . 27: . 28: . 29: . 30: . 31: . 32: . 33: . 34: . 35: . 36: .
37: . 38: . 39: . 40: . 41: . 42: . 43: . 44: . 45: . 46: . 47: . 48: .
49: . 50: . 51: . 52: . 53: . 54: .
 
 
Module 1 Passed
 
 
 
___________________________________________________________________________
 
2) packet-memory-bootup --------------------> .
 
Error code --------------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count ---------------------> 0
Last test execution time ------------> n/a
First test failure time -------------> n/a
Last test failure time --------------> n/a
Last test pass time -----------------> n/a
Total failure count -----------------> 0
Consecutive failure count -----------> 0
packet buffers on free list: 64557 bad: 0 used for ongoing tests: 979
 
 
Number of errors found: 0
Cells with hard errors (failed two or more tests): 0
Cells with soft errors (failed one test, includes hard): 0
Suspect bad cells (uses a block that tested bad): 0
total buffers: 65536
bad buffers: 0 (0.0%)
good buffers: 65536 (100.0%)
Bootup test results:1
No errors.
 
 
___________________________________________________________________________
 
3) packet-memory-ongoing -------------------> U
 
Error code --------------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count ---------------------> 0
Last test execution time ------------> n/a
First test failure time -------------> n/a
Last test failure time --------------> n/a
Last test pass time -----------------> n/a
Total failure count -----------------> 0
Consecutive failure count -----------> 0
packet buffers on free list: 64557 bad: 0 used for ongoing tests: 979
 
 
Packet memory errors: 0 0
Current alert level: green
Per 5 seconds in the last minute:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0
Per minute in the last hour:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Per hour in the last day:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0
Per day in the last 30 days:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Direct memory test failures per minute in the last hour:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Potential false positives: 0 0
Ignored because of rx errors: 0 0
Ignored because of cdm fifo overrun: 0 0
Ignored because of oir: 0 0
Ignored because isl frames received: 0 0
Ignored during boot: 0 0
Ignored after writing hw stats: 0 0
Ignored on high gigaport: 0
Ongoing diag action mode: Normal
Last 1000 Memory Test Failures:
Last 1000 Packet Memory errors:
First 1000 Packet Memory errors:
 
___________________________________________________________________________
Switch#

show diagnostic result module test

起動時パケット メモリ テストの結果を表示するには、 show diagnostic result module test コマンドを使用します。出力には、テストが成功したか、失敗したか、または実行されなかったかが表示されます。

show diagnostic result module [ N | all ] [ test test-id ] [ detail ]

 
構文の説明

N

モジュール番号を指定します。

all

すべてのモジュールを指定します。

test test-id

プラットフォームでの tdr テストの番号を指定します。

detail

(任意)分析の詳細情報の表示を指定します。

これは推奨オプションです。

 
デフォルト

詳細な結果はありません。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)SG

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

detail キーワードは、障害分析時のシスコのサポート担当者による使用を目的としています。

次の例では、起動時パケット メモリ テストの結果を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module 6 detail
 
module 6:
 
Overall diagnostic result:PASS
 
Test results:(. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
___________________________________________________________________________
 
1) linecard-online-diag --------------------> .
 
Error code --------------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count ---------------------> 1
Last test execution time ------------> Jan 21 2001 19:48:30
First test failure time -------------> n/a
Last test failure time --------------> n/a
Last test pass time -----------------> Jan 21 2001 19:48:30
Total failure count -----------------> 0
Consecutive failure count -----------> 0
 
Slot Ports Card Type Diag Status Diag Details
---- ----- -------------------------------------- ---------------- ------------
6 48 10/100/1000BaseT (RJ45)V, Cisco/IEEE Passed None
Detailed Status
---------------
. = Pass U = Unknown
L = Loopback failure S = Stub failure
I = Ilc failure P = Port failure
E = SEEPROM failure G = GBIC integrity check failure
 
 
Ports 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
. . . . . . . . . . . . . . . .
 
Ports 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
. . . . . . . . . . . . . . . .
 
Ports 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
. . . . . . . . . . . . . . . .
 
___________________________________________________________________________
 
2) online-diag-tdr:
 
Port 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
----------------------------------------------------------------------------
. U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U
 
Port 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
----------------------------------------------------------------------------
U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U U
 
 
Error code --------------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count ---------------------> 1
Last test execution time ------------> Jan 22 2001 03:01:54
First test failure time -------------> n/a
Last test failure time --------------> n/a
Last test pass time -----------------> Jan 22 2001 03:01:54
Total failure count -----------------> 0
Consecutive failure count -----------> 0
 
Detailed Status
---------------
TDR test is in progress on interface Gi6/1
 
___________________________________________________________________________
 
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic start

指定した診断テストを実行します。

show diagnostic result module test 2

起動時パケット メモリ テストの結果を表示するには、 show diagnostic result module test 2 コマンドを使用します。出力には、テストが成功したか、失敗したか、または実行されなかったかが表示されます。

show diagnostic result module N test 2 [ detail ]

 
構文の説明

N

モジュール番号を指定します。

detail

(任意)分析の詳細情報の表示を指定します。

 
デフォルト

詳細な結果はありません。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(18)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

detail キーワードは、障害分析時のシスコのサポート担当者による使用を目的としています。

次の例では、起動時パケット メモリ テストの結果を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module 1 test 2
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
2) packet-memory-bootup ------------> .
 

次の例では、起動時パケット メモリ テストの詳細な結果を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module 2 test 2 detail
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
 
___________________________________________________________________________
 
2) packet-memory-bootup ------------> .
 
Error code ------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count -------------> 0
Last test execution time ----> n/a
First test failure time -----> n/a
Last test failure time ------> n/a
Last test pass time ---------> n/a
Total failure count ---------> 0
Consecutive failure count ---> 0
packet buffers on free list: 64557 bad: 0 used for ongoing tests: 979
 
 
Number of errors found: 0
Cells with hard errors (failed two or more tests): 0
Cells with soft errors (failed one test, includes hard): 0
Suspect bad cells (uses a block that tested bad): 0
total buffers: 65536
bad buffers: 0 (0.0%)
good buffers: 65536 (100.0%)
Bootup test results:
No errors.

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic monitor action

スイッチがパケット メモリ障害を検出したときのアクションを指定します。

show diagnostic result module test 3

実行中パケット メモリ テストの結果を表示します。

show diagnostic result module test 3

実行中パケット メモリ テストの結果を表示するには、 show diagnostic result module test 3 コマンドを使用します。出力には、テストが成功したか、失敗したか、または実行されなかったかが表示されます。

show diagnostic result module N test 3 [ detail ]

 
構文の説明

N

モジュール番号。

detail

(任意)分析の詳細情報の表示を指定します。

 
デフォルト

詳細な結果はありません。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(18)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

detail キーワードは、障害分析時のシスコのサポート担当者による使用を目的としています。

次の例では、実行中パケット メモリ テストの結果を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module 1 test 3
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
3) packet-memory-ongoing -----------> .
 

次の例では、実行中パケット メモリ テストの詳細な結果を表示する方法を示します。

Switch# show diagnostic result module 1 test 3 detail
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
 
 
___________________________________________________________________________
 
3) packet-memory-ongoing -----------> .
 
Error code ------------------> 0 (DIAG_SUCCESS)
Total run count -------------> 0
Last test execution time ----> n/a
First test failure time -----> n/a
Last test failure time ------> n/a
Last test pass time ---------> n/a
Total failure count ---------> 0
Consecutive failure count ---> 0
packet buffers on free list: 64557 bad: 0 used for ongoing tests: 979
 
 
Packet memory errors: 0 0
Current alert level: green
Per 5 seconds in the last minute:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0
Per minute in the last hour:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Per hour in the last day:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0
Per day in the last 30 days:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Direct memory test failures per minute in the last hour:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Potential false positives: 0 0
Ignored because of rx errors: 0 0
Ignored because of cdm fifo overrun: 0 0
Ignored because of oir: 0 0
Ignored because isl frames received: 0 0
Ignored during boot: 0 0
Ignored after writing hw stats: 0 0
Ignored on high gigaport: 0
Ongoing diag action mode: Normal
Last 1000 Memory Test Failures: v
Last 1000 Packet Memory errors:
First 1000 Packet Memory errors:

 
関連コマンド

コマンド
説明

diagnostic monitor action

スイッチがパケット メモリ障害を検出したときのアクションを指定します。

show diagnostic result module test 2

起動時パケット メモリ テストの結果を表示します。

show dot1x

スイッチ全体および指定したインターフェイスについて、802.1X 統計情報および動作ステータスを表示するには、 show dot1x コマンドを使用します。

show dot1x [ interface interface-id ] | [ statistics [ interface interface-id ]] | [ all ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)指定したポートの 802.1X ステータスを表示します。

statistics

(任意)スイッチまたは指定したインターフェイスの 802.1X 統計情報を表示します。

all

(任意)デフォルト以外の 802.1X コンフィギュレーションを持つすべてのインターフェイスについて、インターフェイスごとの 802.1X コンフィギュレーション情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(12c)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

ゲスト VLAN 値を表示するように拡張されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EWA

現在割り当てられている再認証タイマー(Session-Timeout 値に従うようにタイマーが設定されている場合)のサポートが追加されました。

12.2(31)SG

ポートの方向制御およびクリティカル回復のサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスを指定しない場合は、グローバル パラメータおよびサマリーが表示されます。インターフェイスを指定した場合は、そのインターフェイスの詳細が表示されます。

interface オプション を指定しないで statistics キーワードを入力した場合は、すべてのインターフェイスについて統計情報が表示されます。 interface オプション を指定して statistics キーワードを入力した場合は、指定したインターフェイスについて統計情報が表示されます。

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 exclude outpu t と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

再認証がイネーブルの場合、 show dot1x コマンドでは、現在割り当てられている再認証タイマーおよび再認証までの残り時間が表示されます。

次の例では、 show dot1x コマンドの出力を表示する方法を示します。

Switch# show dot1x
Sysauthcontrol = Disabled
Dot1x Protocol Version = 2
Dot1x Oper Controlled Directions = Both
Dot1x Admin Controlled Directions = Both
Critical Recovery Delay = 500
Critical EAP = Enabled
Switch#
 

次の例では、特定のポートの 802.1X 統計情報を表示する方法を示します。

Switch# show dot1x interface fastethernet6/1
Dot1x Info for FastEthernet6/1
-----------------------------------
PAE = AUTHENTICATOR
PortControl = AUTO
ControlDirection = Both
HostMode = MULTI_DOMAIN
ReAuthentication = Disabled
QuietPeriod = 60
ServerTimeout = 30
SuppTimeout = 30
ReAuthPeriod = 3600 (Locally configured)
ReAuthMax = 2
MaxReq = 2
TxPeriod = 30
RateLimitPeriod = 0
 
Dot1x Authenticator Client List
-------------------------------
Domain = DATA
Supplicant = 0000.0000.ab01
Auth SM State = AUTHENTICATED
Auth BEND SM Stat = IDLE
 
Port Status = AUTHORIZED
Authentication Method = Dot1x
Authorized By = Authentication Server
Vlan Policy = 12
 
Domain = VOICE
Supplicant = 0060.b057.4687
Auth SM State = AUTHENTICATED
Auth BEND SM Stat = IDLE
Port Status = AUTHORIZED
Authentication Method = Dot1x
Authorized By = Authentication Server
 
Switch#

表 2-18 に、表示されるフィールドの一部を示します。出力の残りのフィールドには、内部状態の情報が表示されます。これらのステート マシンおよび設定の詳細については、802.1X 仕様を参照してください。


 

表 2-18 show dot1x interface のフィールドの説明

フィールド
説明

PortStatus

ポートのステータス(許可または無許可)です。 dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドが auto に設定されており、認証が正常に完了した場合、ポートのステータスは許可として表示されます。

Port Control

dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドの設定です。

MultiHosts

dot1x multiple-hosts インターフェイス コンフィギュレーション コマンドの設定です(許可または無許可)。

次の例では、 show dot1x statistics interface gigabitethernet1/1 コマンドの出力を示します。 表 2-19 に、表示されるフィールドの説明を示します。

Switch# show dot1x statistics interface gigabitethernet1/1
 
PortStatistics Parameters for Dot1x
--------------------------------------------
TxReqId = 0 TxReq = 0 TxTotal = 0
RxStart = 0 RxLogoff = 0 RxRespId = 0 RxResp = 0
RxInvalid = 0 RxLenErr = 0 RxTotal= 0
RxVersion = 0 LastRxSrcMac 0000.0000.0000
Switch#
 

 

表 2-19 show dot1x statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

TxReq/TxReqId

送信された EAP-request/identity フレームの数。

TxTotal

送信されたすべてのタイプの EAPOL フレームの数。

RxStart

受信された有効な Extensible Authentication Protocol over LAN(EAPOL)-Start フレームの個数

RxLogoff

受信された EAPOL-Logoff フレームの数

RxRespId

受信された EAP-Response/Identity フレームの数

RxResp

受信された有効な Extensible Authentication Protocol(EAP)-Response フレーム(Response/Identity フレーム以外)の個数

RxInvalid

受信された EAPOL フレームのうち、フレーム タイプを認識できないフレームの数

RxLenError

受信された EAPOL フレームのうち、パケット本体の長さを示すフィールドが無効なフレームの数

RxTotal

受信されたすべてのタイプの有効な EAPOL フレームの数

RxVersion

最後に受信した EAPOL フレームで伝送されたプロトコル バージョン番号。

LastRxSrcMac

最後に受信した EAPOL フレームで伝送された送信元 MAC(メディア アクセス制御)アドレス

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x critical

ポートで 802.1X クリティカル認証をイネーブルにします。

dot1x critical eapol

EAP 交換の途中でポートがクリティカル認証を受けた場合の EAPOL 成功パケットの送信をイネーブルにします。

dot1x critical recovery delay

ポートの再初期化が行われる時間間隔を設定します。

dot1x critical vlan

クリティカル認証を受けたポートを特定の VLAN に割り当てます。

dot1x guest-vlan

ポートごとにゲスト VLAN をイネーブルにします。

dot1x max-reauth-req

認証プロセスを再開する前に、スイッチが EAP-Request/Identity フレームをクライアントに再送信する最大回数を設定します。

dot1x port-control

ポートの許可ステートの手動制御をイネーブルにします。

mac-address-table notification

スイッチで MAC アドレス通知をイネーブルにします。

show energywise

show energywise 特権 EXEC コマンドを使用して、エンティティと Power over Ethernet(PoE)ポートの EnergyWise の設定およびステータスを表示します。

show energywise [ categories | children | domain | events | level [ children | current [ children ] | delta children ] | neighbors | recurrences | statistics | usage [ children ] | version ] [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

categories

(任意)電力レベルを表示します。

children

(任意)エンティティと PoE ポートのステータスを表示します。

domain

(任意)エンティティが属するドメインを表示します。

events

(任意)ドメイン内の他のエンティティに送信された最近の 10 件のイベント(メッセージ)を表示します。

level [ children | current [ children ] | delta | delta children ]

(任意)エンティティに使用可能な電力レベルを表示します。

children :エンティティと PoE ポートに使用可能な電力レベル

current :エンティティの現在の電力レベル。

(任意) children :エンティティと PoE ポートの現在の電力レベル

delta :エンティティの現在の電力レベルと使用可能な電力レベルの差

(任意) children :エンティティと PoE ポートの現在の電力レベルと使用可能な電力レベルの差

neighbors

(任意)エンティティが属するドメインのネイバー テーブルを表示します。

recurrence

(任意)EnergyWise 設定と繰り返しのステータスを表示します。

statistics

(任意)イベントとエラーのカウンタを表示します。

usage [ children ]

(任意)エンティティの電力を表示します。

children :PoE ポートの電力を表示します。

version

(任意)EnergyWise のバージョンを表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(52)SG

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、| exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

Switch# show energywise
Interface Role Name Usage Lvl Imp Type
--------- ---- ---- ----- --- --- ----
Switch lobby.1 558.0 (W) 10 1 parent
 
Switch# show energywise children
Interface Role Name Usage Lvl Imp Type
--------- ---- ---- ----- --- --- ----
Switch lobby.1 558.0 (W) 10 1 parent
Gi3/3 interface Gi3.3 0.0 (W) 10 1 child
Gi3/4 interface Gi3.4 0.0 (W) 10 1 child
<output truncated>
 
Switch# show energywise domain
Name : lobby.1
Domain : area1
Protocol : udp
IP : 10.10.10.2
Port : 43440
 
Switch# show energywise events
--------------------------------------------
Sequence: 246818 References: 0:1 Errors:
Class: PN_CLASS_QUERY
Action: PN_ACTION_CPQR_POWERNET_QUERY_SET
Reply To: 8.8.8.24:43440
--------------------------------------------
Sequence: 246827 References: 0:1 Errors:
Class: PN_CLASS_DISCOVERY
Action: PN_ACTION_CPQR_POWERNET_DISCOVERY_DISCOVERY_UPDATE
Reply To: 8.8.8.24:43440
--------------------------------------------
 

Switch# show energywise level

Levels (Watts)

Interface Name 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

--------- ---- --------------------------------------------------------------

lobby.1 0.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0

 

 

Switch# show energywise level children

Levels (Watts)

Interface Name 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

--------- ---- --------------------------------------------------------------

lobby.1 0.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0 558.0

Gi1/0/1 Gi1.0.1 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/2 Gi1.0.2 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/3 Gi1.0.3 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/4 Gi1.0.4 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/5 Gi1.0.5 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/1 Gi1.0.1 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

<output truncated>

 

Switch# show energywise level current
Interface Name Level Value
--------- ---- ----- -----
lobby.1 10 558.0 (W)
 
Switch# show energywise level current children
Interface Name Level Value
--------- ---- ----- -----
lobby.1 10 558.0 (W)
Gi1/0/1 Gi1.0.1 1 15.4 (W)
Gi1/0/2 Gi1.0.2 1 15.4 (W)
Gi1/0/3 Gi1.0.3 1 15.4 (W)
Gi1/0/4 Gi1.0.4 1 15.4 (W)
Gi1/0/5 Gi1.0.5 1 15.4 (W)
<output truncated>
 

Switch# show energywise level delta

Levels (Watts)

Interface Name 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

--------- ---- ------------------------------------------------------------------------

lobby.1 -558.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0

 

Switch# show energywise level delta child

Levels (Watts)

Interface Name 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

--------- ---- ------------------------------------------------------------------------

lobby.1 -558.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0

Gi1/0/1 Gi1.0.1 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/2 Gi1.0.2 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/3 Gi1.0.3 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4

Gi1/0/4 Gi1.0.4 0.0 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 15.4 <output truncated>

 

Switch# show energywise neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone
Id Neighbor Name Ip:Port Prot Capability
-- ------------- ------- ---- ----------
1 Switch.A 2.2.2.29:43440 cdp S I
5 Switch.B 2.2.2.22:43440 udp S I
7 Switch.C
 
Switch# show energywise recurrences
Id Addr Class Action Lvl Cron
-- ---- ----- ------ --- ----
2 Gi1/0/17 QUERY SET 3 minutes: 0 hour: 8 day: * month: * weekday: *
3 Gi1/0/18 QUERY SET 3 minutes: 0 hour: 8 day: * month: * weekday: *
4 Gi1/0/19 QUERY SET 3 minutes: 0 hour: 8 day: * month: * weekday: *
 
Switch# show energywise statistics
Children: 48 Errors: 2 Drops: 0 Events: 14
 
Switch# show energywise usage
Interface Name Usage Caliber
--------- ---- _____ _______
lobby.1 558.0 (W) max
 
Switch# show energywise usage child
Interface Name Usage Caliber
--------- ---- _____ _______
lobby.1 558.0 (W) max
Gi1/0/1 Gi1.0.1 0.0 (W) presumed
Gi1/0/2 Gi1.0.2 0.0 (W) presumed
Gi1/0/3 Gi1.0.3 0.0 (W) presumed
Gi1/0/4 Gi1.0.4 0.0 (W) presumed
Gi1/0/5 Gi1.0.5 0.0 (W) presumed
<output truncated>
 
Switch# show energywise version
EnergyWise is Enabled
IOS Version: 12.2(52)SG(0.91)
EnergyWise Specification: (t_nrgyz_v122_52_sg_throttle)1.0.14

 
関連コマンド

コマンド
説明

energywise(グローバル コンフィギュレーション)

エンティティで EnergyWise をイネーブルにして、設定します。

energywise(インターフェイス コンフィギュレーション)

PoE ポートで EnergyWise を設定します。

show environment

シャーシの環境アラーム、動作ステータス、および示度を表示するには、 show environment コマンドを使用します。

show environment [ alarm ] | [ status [ chassis | fantray | powersupply | supervisor ]] | [ temperature ]

 
構文の説明

alarm

(任意)シャーシのアラーム ステータスを指定します。

status

(任意)動作ステータス情報を指定します。

chassis

(任意)シャーシの動作ステータスを指定します。

fantray

(任意)ファン トレイのステータスを指定し、ファン トレイの電力消費を表示します。

powersupply

(任意)電源装置のステータスを指定します。

supervisor

(任意)スーパーバイザ エンジンのステータスを指定します。

temperature

(任意)現在のシャーシ温度示度を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

show environment コマンドによる一般的な環境情報の表示機能のサポートが追加されました。

次の例では、シャーシの環境アラーム、動作ステータス、および現在の温度示度に関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment
no alarm
 
Chassis Temperature = 32 degrees Celsius
Chassis Over Temperature Threshold = 75 degrees Celsius
Chassis Critical Temperature Threshold = 95 degrees Celsius
 
Power Fan
Supply Model No Type Status Sensor
------ --------------- --------- ----------- ------
PS1 PWR-C45-1400AC AC 1400W good good
PS2 none -- -- --
 
Power Supply Max Min Max Min Absolute
(Nos in Watts) Inline Inline System System Maximum
-------------- ------ ------ ------ ------ --------
PS1 0 0 1360 1360 1400
PS2 -- -- -- -- --
 
Power supplies needed by system : 1
 
Chassis Type : WS-C4507R
 
Supervisor Led Color : Green
 
Fantray : good
 
Fantray removal timeout: 240
 
Power consumed by Fantray : 50 Watts
 

次の例では、環境アラームに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment alarm
no alarm
Switch#
 

次の例では、電源装置、シャーシ タイプ、およびファン トレイに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment status
Power Fan
Supply Model No Type Status Sensor
------ --------------- --------- ----------- ------
PS1 PWR-C45-1400AC AC 1400W good good
PS2 none -- -- --
 
Power Supply Max Min Max Min Absolute
(Nos in Watts) Inline Inline System System Maximum
-------------- ------ ------ ------ ------ --------
PS1 0 0 1360 1360 1400
PS2 -- -- -- -- --
 
Power supplies needed by system : 1
 
Chassis Type : WS-C4507R
 
Supervisor Led Color : Green
 
Fantray : good
 
Power consumed by Fantray : 50 Watts
 
Switch#
 

次の例では、シャーシに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment status chassis
Chassis Type :WS-C4507R
Switch#
 

次の例では、ファン トレイに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment status fantray
Fantray : good
Power consumed by Fantray : 50 Watts
Switch#

次の例では、電源装置に関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment status powersupply
Power Fan
Supply Model No Type Status Sensor
------ --------------- --------- ------- ------
PS1 WS-X4008 AC 400W good good
PS2 WS-X4008 AC 400W good good
PS3 none -- -- --
Switch#
 

次の例では、スーパーバイザ エンジンに関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment status supervisor
Supervisor Led Color :Green
Switch#
 

次の例では、シャーシの温度に関する情報を表示する方法を示します。

Switch# show environment temperature
Chassis Temperature = 32 degrees Celsius
Chassis Over Temperature Threshold = 75 degrees Celsius
Chassis Critical Temperature Threshold = 95 degrees Celsius
Switch#

show errdisable detect

errdisable 検出のステータスを表示するには、 show errdisable detect コマンドを使用します。

show errdisable detect

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

ストーム制御のステータスが表示に含まれました。

次の例では、errdisable 検出のステータスを表示する方法を示します。

Switch# show errdisable detect
ErrDisable Reason Detection status
----------------- ----------------
udld Enabled
bpduguard Enabled
security-violatio Enabled
channel-misconfig Disabled
psecure-violation Enabled
vmps Enabled
pagp-flap Enabled
dtp-flap Enabled
link-flap Enabled
l2ptguard Enabled
gbic-invalid Enabled
dhcp-rate-limit Enabled
unicast-flood Enabled
storm-control Enabled
ilpower Enabled
arp-inspection Enabled
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

errdisable detect

errdisable 検出をイネーブルにします。

errdisable recovery

回復メカニズム変数を設定します。

show interfaces status

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示します。

show errdisable recovery

errdisable 回復タイマー情報を表示するには、 show errdisable recovery コマンドを使用します。

show errdisable recovery

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

ストーム制御のステータスが表示に含まれました。

次の例では、errdisable 回復タイマー情報を表示する方法を示します。

Switch# show errdisable recovery
ErrDisable Reason Timer Status
----------------- --------------
udld Disabled
bpduguard Disabled
security-violatio Disabled
channel-misconfig Disabled
vmps Disabled
pagp-flap Disabled
dtp-flap Disabled
link-flap Disabled
l2ptguard Disabled
psecure-violation Disabled
gbic-invalid Disabled
dhcp-rate-limit Disabled
unicast-flood Disabled
storm-control Disabled
arp-inspection Disabled
 
Timer interval:30 seconds
 
Interfaces that will be enabled at the next timeout:
 
Interface Errdisable reason Time left(sec)
--------- ----------------- --------------
Fa7/32 arp-inspect 13

 
関連コマンド

コマンド
説明

errdisable detect

errdisable 検出をイネーブルにします。

errdisable recovery

回復メカニズム変数を設定します。

show interfaces status

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示します。

show etherchannel

チャネルの EtherChannel 情報を表示するには、 show etherchannel コマンドを使用します。

show etherchannel [ channel-group ] { port-channel | brief | detail | summary | port | load-balance | protocol }

 
構文の説明

channel-group

(任意)チャネル グループ数です。有効値の範囲は 1 ~ 64 です。

port-channel

ポート チャネル情報を表示します。

brief

EtherChannel 情報の要約を表示します。

detail

詳細な EtherChannel 情報を表示します。

summary

各チャネル グループのサマリーを 1 行で表示します。

port

EtherChannel ポートの情報を表示します。

load-balance

ロード バランス情報を表示します。

protocol

イネーブルであるプロトコルを表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(13)EW

LACP のサポートが、このコマンドに追加されました。

 
使用上のガイドライン

チャネル グループを指定しない場合は すべてのチャネル グループが表示されます。

次の出力では、ポート リストの Passive フィールドはレイヤ 3 のポート チャネルだけで表示されます。このフィールドは、まだ起動していない物理インターフェイスがチャネル グループ内で設定されていること(および間接的にチャネル グループ内で唯一のポート チャネルであること)を意味します。

次の例では、特定のグループのポート チャネル情報を表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel 1 port-channel
Port-channels in the group:
----------------------
Port-channel: Po1
------------
Age of the Port-channel = 02h:35m:26s
Logical slot/port = 10/1 Number of ports in agport = 0
GC = 0x00000000 HotStandBy port = null
Passive port list = Fa5/4 Fa5/5
Port state = Port-channel L3-Ag Ag-Not-Inuse
 
 
Ports in the Port-channel:
Index Load Port
-------------------
Switch#
 

次の例では、ロード バランス情報を表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel load-balance
Source XOR Destination mac address
Switch#
 

次の例では、特定のグループの情報のサマリーを表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel 1 brief
Group state = L3
Ports: 2 Maxports = 8
port-channels: 1 Max port-channels = 1
Switch#
 

次の例では、特定のグループの詳細情報を表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel 1 detail
Group state = L3
Ports: 2 Maxports = 8
Port-channels: 1 Max Port-channels = 1
Ports in the group:
-------------------
Port: Fa5/4
------------
 
Port state = EC-Enbld Down Not-in-Bndl Usr-Config
Channel group = 1 Mode = Desirable Gcchange = 0
Port-channel = null GC = 0x00000000 Psudo-agport = Po1
Port indx = 0 Load = 0x00
 
Flags: S - Device is sending Slow hello. C - Device is in Consistent state.
A - Device is in Auto mode. P - Device learns on physical port.
Timers: H - Hello timer is running. Q - Quit timer is running.
S - Switching timer is running. I - Interface timer is running.
 
Local information:
Hello Partner PAgP Learning Group
Port Flags State Timers Interval Count Priority Method Ifindex
Fa5/4 d U1/S1 1s 0 128 Any 0
 
Age of the port in the current state: 02h:33m:14s
Port: Fa5/5
------------
 
Port state = EC-Enbld Down Not-in-Bndl Usr-Config
Channel group = 1 Mode = Desirable Gcchange = 0
Port-channel = null GC = 0x00000000 Psudo-agport = Po1
Port indx = 0 Load = 0x00
 
Flags: S - Device is sending Slow hello. C - Device is in Consistent state.
A - Device is in Auto mode. P - Device learns on physical port.
Timers: H - Hello timer is running. Q - Quit timer is running.
S - Switching timer is running. I - Interface timer is running.
 
Local information:
Hello Partner PAgP Learning Group
Port Flags State Timers Interval Count Priority Method Ifindex
Fa5/5 d U1/S1 1s 0 128 Any 0
 
 
Age of the port in the current state: 02h:33m:17s
Port-channels in the group:
----------------------
 
Port-channel: Po1
------------
Age of the Port-channel = 02h:33m:52s
Logical slot/port = 10/1 Number of ports in agport = 0
GC = 0x00000000 HotStandBy port = null
Passive port list = Fa5/4 Fa5/5
Port state = Port-channel L3-Ag Ag-Not-Inuse
 
Ports in the Port-channel:
 
Index Load Port
-------------------
Switch#
 

次の例では、各チャネル グループのサマリーを 1 行で表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel summary
U-in use I-in port-channel S-suspended D-down i-stand-alone d-default
 
Group Port-channel Ports
----- ------------ ----------------------------------------------------------
1 Po1(U) Fa5/4(I) Fa5/5(I)
2 Po2(U) Fa5/6(I) Fa5/7(I)
Switch#
 

次の例では、すべてのポートおよびすべてのグループの EtherChannel ポート情報を表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel port
Channel-group listing:
-----------------------
 
Group: 1
----------
Ports in the group:
-------------------
Port: Fa5/4
------------
Port state = EC-Enbld Down Not-in-Bndl Usr-Config
Channel group = 1 Mode = Desirable Gcchange = 0
Port-channel = null GC = 0x00000000 Psudo-agport = Po1
Port indx = 0 Load = 0x00
 
Flags: S - Device is sending Slow hello. C - Device is in Consistent state.
A - Device is in Auto mode. P - Device learns on physical port.
Timers: H - Hello timer is running. Q - Quit timer is running.
S - Switching timer is running. I - Interface timer is running.
 
Local information:
Hello Partner PAgP Learning Group
Port Flags State Timers Interval Count Priority Method Ifindex
Fa5/4 d U1/S1 1s 0 128 Any 0
 
Age of the port in the current state: 02h:40m:35s
Port: Fa5/5
------------
 
Port state = EC-Enbld Down Not-in-Bndl Usr-Config
Channel group = 1 Mode = Desirable Gcchange = 0
Port-channel = null GC = 0x00000000 Psudo-agport = Po1
Port indx = 0 Load = 0x00
 
Flags: S - Device is sending Slow hello. C - Device is in Consistent state.
A - Device is in Auto mode. P - Device learns on physical port.
Timers: H - Hello timer is running. Q - Quit timer is running.
S - Switching timer is running. I - Interface timer is running.
 
<...output truncated...>
 
Switch#
 

次の例では、イネーブルであるプロトコルを表示する方法を示します。

Switch# show etherchannel protocol
Channel-group listing:
-----------------------
 
Group: 12
----------
Protocol: PAgP
 
Group: 24
----------
Protocol: - (Mode ON)
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group

EtherChannel グループに EtherChannel インターフェイスを割り当てて設定します。

interface port-channel

ポートチャネル インターフェイスへのアクセスまたはポートチャネル インターフェイスの作成を行います。

show flowcontrol

フロー制御に関連するインターフェイスごとのステータスおよび統計情報を表示するには、 show flowcontrol コマンドを使用します。

show flowcontrol [ module slot | interface interface ]

 
構文の説明

module slot

(任意)表示を特定のモジュール上のインターフェイスに限定します。

interface interface

(任意)特定のインターフェイスのステータスを表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

show flowcontrol コマンドの出力 に、 show flowcontrol コマンドの出力に表示される各フィールドの説明を示します。

 

表 2-20 show flowcontrol コマンドの出力

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号です。

Send-Flowcontrol-Admin

フロー制御の管理です。表示される可能性のある設定は次のとおりです。 on は、ローカル ポートがフロー制御を相手側に送信することを示します。 off は、ローカル ポートがフロー制御を相手側に送信しないことを示します。 desired は、相手側がサポートしている場合に、ローカル側がフロー制御を相手側に送信することを示します。

Send-Flowcontrol-Oper

フロー制御の動作です。表示される可能性のある設定は次のとおりです。 disagree は、2 つのポートがリンク プロトコルに合意できなかったことを示します。

Receive-Flowcontrol-Admin

フロー制御の管理です。表示される可能性のある設定は次のとおりです。 on は、ローカル ポートが相手側によるフロー制御の送信を必要とすることを示します。 off は、ローカル ポートが相手側によるフロー制御の送信を許可しないことを示します。 desired は、ローカル側が相手側によるフロー制御の送信を許可することを示します。

Receive-Flowcontrol-Oper

フロー制御の動作です。表示される可能性のある設定は次のとおりです。 disagree は、2 つのポートがリンク プロトコルに合意できなかったことを示します。

RxPause

受信されたポーズ フレーム数です。

TxPause

送信されたポーズ フレーム数です。

次の例では、すべてのギガビット イーサネット インターフェイスのフロー制御ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show flowcontrol
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause
admin oper admin oper
--------- -------- -------- -------- -------- ------- -------
Te1/1 off off on off 0 0
Te1/2 off off on off 0 0
Gi1/3 off off desired on 0 0
Gi1/4 off off desired on 0 0
Gi1/5 off off desired on 0 0
Gi1/6 off off desired on 0 0
Gi3/1 off off desired off 0 0
Gi3/2 off off desired off 0 0
Gi3/3 off off desired off 0 0
Gi3/4 off off desired off 0 0
Gi3/5 off off desired off 0 0
Gi3/6 off off desired off 0 0
Switch#
 

次の例では、モジュール 1 のフロー制御ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show flowcontrol module 1
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause
admin oper admin oper
----- -------- -------- -------- -------- ------- -------
Gi1/1 desired off off off 0 0
Gi1/2 on disagree on on 0 0
Switch#
 

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイス 3/4 のフロー制御ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show flowcontrol interface gigabitethernet3/4
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause
admin oper admin oper
----- -------- -------- -------- -------- ------- -------
Gi3/4 off off on on 0 0
Switch#
 

次の例では、10 ギガビット イーサネット インターフェイス 1/1 のフロー制御ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show flowcontrol interface tengigabitethernet1/1
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause
admin oper admin oper
--------- -------- -------- -------- -------- ------- -------
Te1/1 off off on off 0 0
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group

ポーズ フレームを送信または受信するようにギガビット イーサネット インターフェイスを設定します。

show interfaces status

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示します。

show hw-module port-group

モジュールの X2 ホールがどのようにグループ化されているかを表示するには、 show hw-module port-group コマンドを使用します。

show hw-module module number port-group

 
構文の説明

module

回線モジュールを指定します。

number

スロットまたはモジュール番号を指定します。

port-group

スイッチのポート グループを指定します。

 
デフォルト

X2 モードです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(40)SG

WS-X4606-10GE-E Twin Gigabit コンバータのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

TwinGig コンバータをイネーブルまたはディセーブルにすると、ラインカード上のポートの番号とタイプがダイナミックに変わります。名前にはこの動作が反映されている必要があります。Cisco IOS では、10 ギガビット ポートには TenGigabit、1 ギガビット ポートには Gigabit という名前が付けられます。Cisco IOS Release 12.2(40)SG 以降では、ポートに TenGigabit1/1 と Gigabit1/1 という名前を付けないようにするために、10 ギガビットと 1 ギガビットのポート番号は独立しています。6 個の X2 ポートを持つ WS-X4606-10GE-E モジュールには TenGigabit<slot-num>/<1-6> という名前が付けられ、SFP ポートには Gigabit<slot-num>/<7-18> という名前が付けられます。

Supervisor Engine 6-E および Catalyst 4900M シャーシでは、ポートはスタブ ASIC によってスイッチング エンジンに接続されます。このスタブ ASIC によってポートに制限が発生します。ギガビット ポートと 10 ギガビット ポートを単一のスタブ ASIC 上で混在させることはできません。すべてが 10 ギガビット(X2)であるか、またはすべてがギガビット(TwinGig コンバータおよび SFP)である必要があります。X2 モジュールの前面プレートに、実際の物理的なグループ、またはグループの周囲に描かれたボックスによって、このスタブ ポートのグループが表示されます。

次の例では、WS-X4606-10GE-E でモジュールの X2 ホールがどのようにグループ化されているかの判別を示します。

Switch# show hw-module module 1 port-group
Module Port-group Active Inactive
-------------------------------------------------------------
1 1 Te1/1-3 Gi1/7-12
1 2 Te1/4-6 Gi1/13-18
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

hw-module port-group

モジュールでギガビット イーサネットまたは 10 ギガビット イーサネット インターフェイスを選択します。

show hw-module uplink

現在のアップリンク モードを表示するには、 show hw-module uplink コマンドを使用します。

show hw-module uplink

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

アクティブなアップリンク モードが、設定されているモードと異なる場合は、出力にその変更が表示されます。

デフォルトでは、現在の(動作している)アップリンク選択が表示されます。

次の例では、現在の(アクティブな)アップリンクを表示する出力を示します。

Switch# show hw-module uplink
Active uplink configuration is TenGigabitEthernet
 

次の例では、10 ギガビット イーサネット アップリンクがアクティブで、ギガビット イーサネット アップリンクが選択されている場合の、SSO モードの冗長システムの出力を示します。

Switch# show hw-module uplink
Active uplink configuration is TenGigabitEthernet
(will be GigabitEthernet after next reload)
A 'redundancy reload shelf' or power-cycle of chassis is required to
apply the new configuration
 

次の例では、10 ギガビット イーサネット アップリンクがアクティブで、ギガビット イーサネット アップリンクが選択されている場合の、RPR モードの冗長システムの出力を示します。

Switch# show hw-module uplink
Active uplink configuration is TenGigabitEthernet
(will be GigabitEthernet after next reload)
A reload of active supervisor is required to apply the new configuration.

 
関連コマンド

コマンド
説明

hw-module uplink select

W-C4510R シャーシ内の Supervisor Engine V-10GE で 10 ギガビット イーサネットまたはギガビット イーサネット アップリンクを選択します。

show idprom

シャーシ、スーパーバイザ エンジン、モジュール、電源装置、ファン トレイ、クロック モジュール、およびマルチプレクサ(mux)バッファの IDPROM を表示するには、 show idprom コマンドを使用します。

show idprom { all | chassis | module [ mod ] | interface int_name | supervisor | power-supply number | fan-tray }

 
構文の説明

all

すべての IDPROM の情報を表示します。

chassis

シャーシの IDPROM の情報を表示します。

module

モジュールの IDPROM の情報を表示します。

mod

(任意)モジュール名を指定します。

interface int_name

GBIC または SFP IDPROM の情報を表示します。

supervisor

スーパーバイザ エンジンの IDPROM の情報を表示します。

power-supply number

電源装置の IDPROM の情報を表示します。

fan-tray

ファン トレイの IDPROM の情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

power-supply fan-tray clock-module および mux-buffer キーワードのサポートが追加されました。

12.1(13)EW

interface キーワードのサポートが追加されました。

12.2(18)EW

GBIC/SFP SEEPROM の内容の 16 進表示を含めるように show idprom interface 出力が拡張されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

show idprom interface コマンドを入力すると、調整タイプおよび Rx(受信)電力測定の出力行がすべての GBIC については表示されない場合があります。

次の例では、モジュール 4 の IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom module 4
Module 4 Idprom:
Common Block Signature = 0xABAB
Common Block Version = 1
Common Block Length = 144
Common Block Checksum = 4199
Idprom Size = 256
Block Count = 2
FRU Major Type = 0x4201
FRU Minor Type = 303
OEM String = Cisco Systems, Inc.
Product Number = WS-X4306
Serial Number = 00000135
Part Number = <tbd>
Hardware Revision = 0.2
Manufacturing Bits = 0x0000
Engineering Bits = 0x0000
Snmp OID = 0.0.0.0.0.0.0.0
Power Consumption = 0
RMA Failure Code = 0 0 0 0
Linecard Block Signature = 0x4201
Linecard Block Version = 1
Linecard Block Length = 24
Linecard Block Checksum = 658
Feature Bits = 0x0000000000000000
Card Feature Index = 50
MAC Base = 0010.7bab.9830
MAC Count = 6
Switch#
 

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイス 1/2 の GBIC の IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom interface gigabitethernet1/2
GBIC Serial EEPROM Contents:
Common Block:
Identifier = GBIC [0x1]
Extended Id = Not specified/compliant with defined MOD_DEF [0x0]
Connector = SC connector [0x1]
Transceiver
Speed = Not available [0x0]
Media = Not available [0x0]
Technology = Not available [0x0]
Link Length = Not available [0x0]
GE Comp Codes = Not available [0x0]
SONET Comp Codes = Not available [0x0]
Encoding = 8B10B [0x1]
BR, Nominal = 1300000000 MHz
Length(9u) in km = GBIC does not support single mode fibre, or the length
must be determined from the transceiver technology.
Length(9u) = > 25.4 km
Length(50u) = GBIC does not support 50 micron multi-mode fibre, or the
length must be determined from the transceiver technology.
Length(62.5u) = GBIC does not support 62.5 micron multi-mode fibre, or
the length must be determined from transceiver technology.
Length(Copper) = GBIC does not support copper cables, or the length must
be determined from the transceiver technology.
Vendor name = CISCO-FINISAR
Vendor OUI = 36965
Vendor Part No. = FTR-0119-CSC
Vendor Part Rev. = B
Wavelength = Not available
CC_BASE = 0x1A
 
Extended ID Fields
Options = Loss of Signal implemented TX_FAULT signal implemented TX_DISABLE is implemented and disables the serial output [0x1A]
BR, max = Unspecified
BR, min = Unspecified
Vendor Serial No. = K1273DH
Date code = 030409
Diag monitoring = Implemented
Calibration type = Internal
Rx pwr measuremnt = Optical Modulation Amplitude (OMA)
Address change = Required
CC_EXT = 0xB2
 
Vendor Specific ID Fields:
20944D30 29 00 02 80 22 33 38 3D C7 67 83 E8 DF 65 6A AF )..."38=Gg^Ch_ej/
20944D40 1A 80 ED 00 00 00 00 00 00 00 00 00 38 23 3C 1B ............8#<.
 
 
SEEPROM contents (hex) size 128:
0x0000 01 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 01 0D 00 00 FF ................
0x0010 00 00 00 00 43 49 53 43 4F 2D 46 49 4E 49 53 41 ....CISCO-FINISA
0x0020 52 20 20 20 00 00 90 65 46 54 52 2D 30 31 31 39 R ..^PeFTR-0119
0x0030 2D 43 53 43 20 20 20 20 42 20 20 20 00 00 00 1A -CSC B ....
0x0040 00 1A 00 00 4B 31 32 37 33 44 48 20 20 20 20 20 ....K1273DH
0x0050 20 20 20 20 30 33 30 34 30 39 20 20 64 00 00 B2 030409 d..2
0x0060 29 00 02 80 22 33 38 3D C7 67 83 E8 DF 65 6A AF )..^@"38=Gg^C._ej.
0x0070 1A 80 ED 00 00 00 00 00 00 00 00 00 38 23 3C 1B .^@m.........8#<.
Switch#
 

次の例では、10 ギガビット イーサネット インターフェイス 1/1 の IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom interface tengigabitethernet1/1
X2 Serial EEPROM Contents:
Non-Volatile Register (NVR) Fields
X2 MSA Version supported :0xA
NVR Size in bytes :0x100
Number of bytes used :0xD0
Basic Field Address :0xB
Customer Field Address :0x77
Vendor Field Address :0xA7
Extended Vendor Field Address :0x100
Reserved :0x0
Transceiver type :0x2 =X2
Optical connector type :0x1 =SC
Bit encoding :0x1 =NRZ
Normal BitRate in multiple of 1M b/s :0x2848
Protocol Type :0x1 =10GgE
 
Standards Compliance Codes :
10GbE Code Byte 0 :0x2 =10GBASE-LR
10GbE Code Byte 1 :0x0
SONET/SDH Code Byte 0 :0x0
SONET/SDH Code Byte 1 :0x0
SONET/SDH Code Byte 2 :0x0
SONET/SDH Code Byte 3 :0x0
10GFC Code Byte 0 :0x0
10GFC Code Byte 1 :0x0
10GFC Code Byte 2 :0x0
10GFC Code Byte 3 :0x0
Transmission range in 10m :0x3E8
Fibre Type :
Fibre Type Byte 0 :0x40 =NDSF only
Fibre Type Byte 1 :0x0 =Unspecified
 
Centre Optical Wavelength in 0.01nm steps - Channel 0 :0x1 0xFF 0xB8
Centre Optical Wavelength in 0.01nm steps - Channel 1 :0x0 0x0 0x0
Centre Optical Wavelength in 0.01nm steps - Channel 2 :0x0 0x0 0x0
Centre Optical Wavelength in 0.01nm steps - Channel 3 :0x0 0x0 0x0
Package Identifier OUI :0xC09820
Transceiver Vendor OUI :0x3400800
Transceiver vendor name :CISCO-OPNEXT,INC
Part number provided by transceiver vendor :TRT5021EN-SMC-W
Revision level of part number provided by vendor :00
Vendor serial number :ONJ08290041
Vendor manufacturing date code :2004072000
 
Reserved1 : 00 02 02 20 D1 00 00
Basic Field Checksum :0x10
 
Customer Writable Area :
0x00: 58 32 2D 31 30 47 42 2D 4C 52 20 20 20 20 20 20
0x10: 20 20 20 20 20 4F 4E 4A 30 38 32 39 30 30 34 31
0x20: 31 30 2D 32 30 33 36 2D 30 31 20 20 41 30 31 20
 
Vendor Specific :
0x00: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
0x10: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
0x20: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
0x30: 00 00 00 00 11 E2 69 A9 2F 95 C6 EE D2 DA B3 FD
0x40: 9A 34 4A 24 CB 00 00 00 00 00 00 00 00 00 EF FC
0x50: F4 AC 1A D7 11 08 01 36 00
Switch#
 

次の例では、スーパーバイザ エンジンの IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom supervisor
Supervisor Idprom:
Common Block Signature = 0xABAB
Common Block Version = 1
Common Block Length = 144
Common Block Checksum = 4153
Idprom Size = 256
Block Count = 2
FRU Major Type = 0x4101
FRU Minor Type = 333
OEM String = Cisco Systems, Inc.
Product Number = WS-X4014
Serial Number = JAB05320CCE
Part Number = 73-6854-04
Part Revision = 05
Manufacturing Deviation String = 0
Hardware Revision = 0.4
Manufacturing Bits = 0x0000
Engineering Bits = 0x0000
Snmp OID = 0.0.0.0.0.0.0.0
Power Consumption = 0
RMA Failure Code = 0 0 0 0
Supervisor Block Signature = 0x4101
Supervisor Block Version = 1
Supervisor Block Length = 24
Supervisor Block Checksum = 548
Feature Bits = 0x0000000000000000
Card Feature Index = 95
MAC Base = 0007.0ee5.2a44
MAC Count = 2
Switch#
 

次の例では、シャーシの IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom chassis
Chassis Idprom:
Common Block Signature = 0xABAB
Common Block Version = 1
Common Block Length = 144
Common Block Checksum = 4285
Idprom Size = 256
Block Count = 2
FRU Major Type = 0x4001
FRU Minor Type = 24
OEM String = Cisco Systems, Inc.
Product Number = WS-C4507R
Serial Number = FOX04473737
Part Number = 73-4289-02
Part Revision = 02
Manufacturing Deviation String = 0x00
Hardware Revision = 0.2
Manufacturing Bits = 0x0000
Engineering Bits = 0x0000
Snmp OID = 0.0.0.0.0.0.0.0
Chassis Block Signature = 0x4001
Chassis Block Version = 1
Chassis Block Length = 22
Chassis Block Checksum = 421
Feature Bits = 0x0000000000000000
MAC Base = 0004.dd42.2600
MAC Count = 1024
Switch#
 

次の例では、電源装置 1 の IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom power-supply 1
Power Supply 0 Idprom:
Common Block Signature = 0xABAB
Common Block Version = 1
Common Block Length = 144
Common Block Checksum = 10207
Idprom Size = 256
Block Count = 1
FRU Major Type = 0xAB01
FRU Minor Type = 8224
OEM String = Cisco Systems, Inc.
Product Number = WS-CAC-1440W
Serial Number = ACP05180002
Part Number = 34-XXXX-01
Part Revision = A0
Manufacturing Deviation String =
Hardware Revision = 1.1
Manufacturing Bits = 0x0000
Engineering Bits = 0x3031
Snmp OID = 9.12.3.65535.65535.65535.65535.65535
Power Consumption = -1
RMA Failure Code = 255 255 255 255
Power Supply Block Signature = 0xFFFF
PowerSupply Block Version = 255
PowerSupply Block Length = 255
PowerSupply Block Checksum = 65535
Feature Bits = 0x00000000FFFFFFFF
Current @ 110V = -1
Current @ 220V = -1
StackMIB OID = 65535
Switch#
 

次の例では、ファン トレイの IDPROM 情報を表示する方法を示します。

Switch# show idprom fan-tray
Fan Tray Idprom :
Common Block Signature = 0xABAB
Common Block Version = 1
Common Block Length = 144
Common Block Checksum = 19781
Idprom Size = 256
Block Count = 1
FRU Major Type = 0x4002
FRU Minor Type = 0
OEM String = "Cisco Systems"
Product Number = WS-X4502-fan
Serial Number =
Part Number =
Part Revision =
Manufacturing Deviation String =
Hardware Revision = 0.1
Manufacturing Bits = 0xFFFF
Engineering Bits = 0xFFFF
Snmp OID = 65535.65535.65535.65535.65535.65535.65535.65535
Power Consumption = -1
RMA Failure Code = 255 255 255 255
Switch#

show interfaces

特定のインターフェイスのトラフィックを表示するには、 show interfaces コマンドを使用します。

show interfaces [{{ fastethernet mod/interface-number } | { gigabitethernet mod/interface-number } | { tengigabitethernet mod/interface-number } | { null interface-number } | vlan vlan_id } | status }]

 
構文の説明

fastethernet mod/interface-number

(任意)ファスト イーサネット モジュールおよびインターフェイスを指定します。

gigabitethernet mod/interface-number

(任意)ギガビット イーサネット モジュールおよびインターフェイスを指定します。

tengigabitethernet mod/interface-number

(任意)10 ギガビット イーサネット モジュールおよびインターフェイスを指定します。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスを指定します。有効な値は 0 です。

vlan vlan_id

(任意)VLAN を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

status

(任意)ステータス情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(31)SGA

Auto-MDIX のサポートがコマンド出力に反映されました。

12.2(52)SG

VLAN 単位の errdisable 検出のサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

統計情報は、レイヤ 2 スイッチド パケットおよびレイヤ 3 スイッチド パケットについて VLAN 単位で収集されます。統計情報はユニキャストとマルチキャスト両方で使用できます。レイヤ 3 スイッチド パケットのカウントは、入力方向と出力方向の両方で使用できます。VLAN 単位の統計情報は、5 秒ごとに更新されます。

show interfaces コマンドで表示されるデュプレックス モードが show running-config コマンドで表示されるものと異なる場合があります。 show interfaces コマンドで表示されるデュプレックス モードは、インターフェイスが実行している実際のデュプレックス モードです。 show interfaces コマンドはインターフェイスの動作モードを表示しますが、 show running-config コマンドはインターフェイスに対して設定されているモードを表示します。

キーワードを指定しない場合は、すべてのモジュールのすべてのカウンタが表示されます。

銅メディア ポートで Auto-MDIX コンフィギュレーションをサポートするラインカードは、WS-X4124-RJ45、WS-X4148-RJ(ハードウェア リビジョン 3.0 以降)、および WS-X4232-GB-RJ(ハードウェア リビジョン 3.0 以降)です。

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイス 2/5 のトラフィックを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet2/5
GigabitEthernet9/5 is up, line protocol is up (connected) (vlan-err-dis)
Hardware is C4k 1000Mb 802.3, address is 0001.64f8.3fa5 (bia 0001.64f8.3fa5)
Internet address is 172.20.20.20/24
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 1000Mb/s
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input 00:00:00, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Queueing strategy: fifo
Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
5 minute input rate 1000 bits/sec, 2 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
L2 Switched: ucast: 8199 pkt, 1362060 bytes - mcast: 6980 pkt, 371952 bytes
L3 in Switched: ucast: 0 pkt, 0 bytes - mcast: 0 pkt, 0 bytes mcast
L3 out Switched: ucast: 0 pkt, 0 bytes - mcast: 0 pkt, 0 bytes
300114 packets input, 27301436 bytes, 0 no buffer
Received 43458 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
15181 packets output, 1955836 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 3 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
Switch#
 

次の例では、10 ギガビット イーサネット インターフェイス 1/1 のトラフィックを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces tengigabitethernet1/1
Name: Tengigabitethernet1/1
Switchport: Enabled
Administrative Mode: private-vlan promiscuous trunk
Operational Mode: private-vlan promiscuous (suspended member of bundle Po1)
Administrative Trunking Encapsulation: negotiate
Operational Trunking Encapsulation: native
Negotiation of Trunking: Off
Access Mode VLAN: none
Trunking Native Mode VLAN: none
Administrative Native VLAN tagging: enabled
Voice VLAN: none
Administrative private-vlan host-association: none
Administrative private-vlan mapping: 202 (VLAN0202) 303 (VLAN0303) 304 (VLAN0304)
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk
Native VLAN tagging: enabled
Administrative private-vlan trunk encapsulation: 802.1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Administrative private-vlan mapping trunk: New 202 (VLAN0202) 303 (VLAN0303) 304 (VLAN0304) 204 (VLAN0204) 305 (VLAN0305) 306 (VLAN0306)
Operational private-vlan: 202 (VLAN0202) 303 (VLAN0303) 304 (VLAN0304)
Trunking VLANs Enabled: ALL
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Capture Mode Disabled
Capture VLANs Allowed: ALL
Switch#
 

次の例では、RJ-45 ポートの Auto-MDIX のステータスを確認する方法を示します。


) show interfaces EXEC コマンドを入力することで、インターフェイスの Auto-MDIX のコンフィギュレーション設定および動作ステートを確認できます。このフィールドは、サポートされているラインカード(WS-X4124-RJ45、WS-X4148-RJ(ハードウェア リビジョン 3.0 以降)、および WS-X4232-GB-RJ(ハードウェア リビジョン 3.0 以降))での 10/100/1000BaseT RJ-45 銅ポートの show interfaces コマンドの出力にのみ該当し、この出力にのみ表示されます。


FastEthernet6/3 is up, line protocol is up (connected)
Hardware is Fast Ethernet Port, address is 0003.6ba8.ee68 (bia 0003.6ba8.ee68)
MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 100Mb/s, link type is auto, media type is 10/100BaseTX
input flow-control is unsupported output flow-control is unsupported
Auto-MDIX on (operational: on)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/2000/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts (0 multicasts)
0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
157082 packets output, 13418032 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
1 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
Switch#
 

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイス 1/2 のステータス情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/2 status
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
Gi1/2 notconnect 1 auto 1000 1000-XWDM-RXONLY
Switch#
 

次の例では、スーパーバイザ エンジンのインターフェイスのステータス情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces status
 
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
Te1/1 connected 1 full 10G 10GBase-LR
Te1/2 connected 1 full 10G 10GBase-LR
Switch#

show interfaces capabilities

スイッチ上の 1 つのインターフェイスまたはすべてのインターフェイスのインターフェイス機能を表示するには、 show interfaces capabilities コマンドを使用します。

show interfaces capabilities [{ module mod }]

show interfaces [ interface interface-number ] capabilities

 
構文の説明

module mod

(任意)指定したモジュールだけの情報を表示します。

interface

(任意)インターフェイス タイプです。有効な値は、 fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet 、および port-channel です。

interface-number

(任意)ポート番号です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(31)SGA

Auto-MDIX のサポートがコマンド出力に反映されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数では、モジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効な値は、使用するシャーシおよびモジュールによって異なります。たとえば、Catalyst 4507 シャーシに設置された 48 ポート 10/100 Mbps の Fast Ethernet RJ-21(Telco コネクタ)スイッチング モジュールを使用する場合、スロット番号の有効値の範囲は 2 ~ 13 であり、ポート番号の有効値の範囲は 1 ~ 48 です。

銅メディア ポートで Auto-MDIX コンフィギュレーションをサポートするラインカードは、WS-X4124-RJ45、WS-X4148-RJ(ハードウェア リビジョン 3.0 以降)、および WS-X4232-GB-RJ(ハードウェア リビジョン 3.0 以降)です。

次の例では、モジュールのインターフェイス機能を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces capabilities module 1
GigabitEthernet1/1
Model: WS-X4516-Gbic
Type: Unsupported GBIC
Speed: 1000
Duplex: full
Trunk encap. type: 802.1Q,ISL
Trunk mode: on,off,desirable,nonegotiate
Channel: yes
Broadcast suppression:percentage(0-100), hw
Flowcontrol: rx-(off,on,desired),tx-(off,on,desired)
VLAN Membership: static, dynamic
Fast Start: yes
Queuing: rx-(N/A), tx-(4q1t, Sharing/Shaping)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
Inline power: no
SPAN: source/destination
UDLD yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
Port Security yes
Dot1x yes
GigabitEthernet1/2
Model: WS-X4516-Gbic
Type: Unsupported GBIC
Speed: 1000
Duplex: full
Trunk encap. type: 802.1Q,ISL
Trunk mode: on,off,desirable,nonegotiate
Channel: yes
Broadcast suppression:percentage(0-100), hw
Flowcontrol: rx-(off,on,desired),tx-(off,on,desired)
VLAN Membership: static, dynamic
Fast Start: yes
Queuing: rx-(N/A), tx-(4q1t, Sharing/Shaping)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
Inline power: no
SPAN: source/destination
UDLD yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
Port Security yes
Dot1x yes
Switch#
 

次の例では、10 ギガビット イーサネット インターフェイス 1/1 のインターフェイス機能を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces tengigabitethernet1/1 capabilities
TenGigabitEthernet1/1
Model: WS-X4517-X2
Type: 10GBase-LR
Speed: 10000
Duplex: full
Trunk encap. type: 802.1Q,ISL
Trunk mode: on,off,desirable,nonegotiate
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100), hw
Flowcontrol: rx-(off,on),tx-(off,on)
VLAN Membership: static, dynamic
Fast Start: yes
Queuing: rx-(N/A), tx-(1p3q1t, Sharing/Shaping)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
Inline power: no
SPAN: source/destination
UDLD: yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
Port Security: yes
Dot1x: yes
Maximum MTU: 9198 bytes (Jumbo Frames)
Multiple Media Types: no
Diagnostic Monitoring: N/A
Switch#
 

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイス 1/1 のインターフェイス機能を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/1 capabilities
GigabitEthernet1/1
Model: WS-X4014-Gbic
Type: No Gbic
Speed: 1000
Duplex: full
Trunk encap. type: 802.1Q,ISL
Trunk mode: on,off,desirable,nonegotiate
Channel: yes
Broadcast suppression:percentage(0-100), hw
Flowcontrol: rx-(off,on,desired),tx-(off,on,desired)
VLAN Membership: static, dynamic
Fast Start: yes
Queuing: rx-(N/A), tx-(4q1t, Sharing/Shaping)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
Inline power: no
SPAN: source/destination
UDLD: yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
Port Security: yes
Dot1x: yes
MTU Supported: jumbo frames, baby giants
Switch#
 

次の例では、ファスト イーサネット インターフェイス 3/1 のインターフェイス機能を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces fastethernet3/1 capabilities
FastEthernet3/1
Model: WS-X4148-RJ-RJ-45
Type: 10/100BaseTX
Speed: 10,100,auto
Duplex: half,full,auto
Trunk encap. type: 802.1Q,ISL
Trunk mode: on,off,desirable,nonegotiate
Channel: yes
Broadcast suppression:percentage(0-100), sw
Flowcontrol: rx-(none),tx-(none)
VLAN Membership: static, dynamic
Fast Start: yes
Queuing: rx-(N/A), tx-(4q1t, Shaping)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
Inline power: no
SPAN: source/destination
UDLD: yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
Port Security: yes
Dot1x: yes
MTU Supported: no jumbo frames, baby giants
Switch#
 

次の例では、ポートで Auto-MDIX コンフィギュレーションがサポートされていることを確認する方法を示します。

Switch# show interfaces fastethernet6/3 capabilities
FastEthernet6/3
Model: WS-X4232-GB-RJ-RJ-45
Type: 10/100BaseTX
Speed: 10,100,auto
Duplex: half,full,auto
Auto-MDIX yes
Trunk encap. type: 802.1Q,ISL
Trunk mode: on,off,desirable,nonegotiate
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100), hw
Flowcontrol: rx-(none),tx-(none)
VLAN Membership: static, dynamic
Fast Start: yes
Queuing: rx-(N/A), tx-(1p3q1t, Sharing/Shaping)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
Inline power: no
SPAN: source/destination
UDLD: yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
Port Security: yes
Dot1x: yes
Maximum MTU: 1552 bytes (Baby Giants)
Multiple Media Types: no
Diagnostic Monitoring: N/A
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces counters

物理インターフェイス上のトラフィックを表示します。

show interfaces counters

物理インターフェイス上のトラフィックを表示するには、 show interfaces counters コマンドを使用します。

show interfaces counters [ all | detail | errors | storm-control | trunk ] [ module mod]

 
構文の説明

all

(任意)エラー、トランク、詳細などの、すべてのインターフェイス カウンタを表示します。

detail

(任意)詳細なインターフェイス カウンタを表示します。

errors

(任意)インターフェイス エラー カウンタを表示します。

storm-control

(任意)インターフェイスでの抑制によって廃棄されたパケット数を表示します。

trunk

(任意)インターフェイス トランク カウンタを表示します。

module mod

(任意)表示を特定のモジュール上のインターフェイスに限定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

ストーム制御のサポート。

12.2(18)EW

抑制による廃棄の合計表示のサポート。

 
使用上のガイドライン

キーワードを指定しない場合は、すべてのモジュールのすべてのカウンタが表示されます。

storm-control キーワードの表示には、抑制されたマルチキャスト バイトが含まれます。

次の例では、特定のモジュールのエラー カウンタを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces counters errors module 1
 
Port Align-Err FCS-Err Xmit-Err Rcv-Err UnderSize
Gi1/1 0 0 0 0 0
Gi1/2 0 0 0 0 0
 
Port Single-Col Multi-Col Late-Col Excess-Col Carri-Sen Runts Giants
Gi1/1 0 0 0 0 0 0 0
Gi1/2 0 0 0 0 0 0 0
Switch#
 

次の例では、特定のモジュールによって認識されるトラフィックを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces counters module 1
 
Port InOctets InUcastPkts InMcastPkts InBcastPkts
Gi1/1 0 0 0 0
Gi1/2 0 0 0 0
 
Port OutOctets OutUcastPkts OutMcastPkts OutBcastPkts
Gi1/1 0 0 0 0
Gi1/2 0 0 0 0
Switch#
 

次の例では、特定のモジュールのトランク カウンタを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces counters trunk module 1
 
Port TrunkFramesTx TrunkFramesRx WrongEncap
Gi1/1 0 0 0
Gi1/2 0 0 0
Switch#
 

次の例では、抑制によって廃棄されるパケット数を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces counters storm-control
 
Multicast Suppression : Enabled
 
Port BcastSuppLevel TotalSuppressionDiscards
Fa5/35 10.00% 6278550
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces capabilities

スイッチ上の 1 つのインターフェイスまたはすべてのインターフェイスのインターフェイス機能を表示します。

show interfaces description

インターフェイスの説明およびステータスを表示するには、 show interfaces description コマンドを使用します。

show interfaces [ interface ] description

 
構文の説明

interface

(任意)インターフェイスのタイプです。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、すべてのインターフェイスの情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces description
Interface Status Protocol Description
PO0/0 admin down down First interface
PO0/1 admin down down
Gi1/1 up up GigE to server farm
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

description (Cisco IOS のマニュアルを参照)

Digital Signal Processor(DSP; デジタル シグナル プロセッサ)インターフェイスの具体的な説明が含まれています。

show interfaces link

ケーブルがインターフェイスから切断されている時間を表示するには、 show interfaces link コマンドを使用します。

show interfaces link [ module mod_num ]

 
構文の説明

module mod_num

(任意)表示をモジュール上のインターフェイスに限定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(18)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスが起動状態の場合、コマンドによって 0:00 が表示されます。インターフェイスがダウン状態の場合、時間(時間、分、秒)が表示されます。

次の例では、アクティブなリンクレベルの情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces link
 
Port Name Down Time
Gi1/1 00:00:00
Gi1/2 00:00:00
Gi3/1 00:00:00
Gi3/2 00:00:00
Fa4/1 00:00:00
Fa4/2 00:00:00
Fa4/3 00:00:00
Fa4/4 00:00:00
 

次の例では、非アクティブなリンクレベルの情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces link
 
Port Name Down Time
Gi3/4 1 minute 28 secs
Gi3/5 1 minute 28 secs
Gi3/6 1 minute 28 secs
Gi4/1 1 minute 28 secs
 

この例では、ケーブルはポートから 1 分 28 秒切断されています。

show interfaces mtu

スイッチ上のすべての物理インターフェイスおよび SVI の Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)サイズを表示するには、 show interfaces mtu コマンドを使用します。

show interfaces mtu [ module mod ]

 
構文の説明

module mod

(任意)表示を特定のモジュール上のインターフェイスに限定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(13)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、モジュール 1 のすべてのインターフェイスの MTU サイズを表示する方法を示します。

Switch> show interfaces mtu module 1
 
Port Name MTU
Gi1/1 1500
Gi1/2 1500
Switch>

 
関連コマンド

コマンド
説明

mtu

パケットの最大サイズまたは Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)を調整することによって、インターフェイスでジャンボ フレームをイネーブルにします。

show interfaces private-vlan mapping

VLAN SVI の PVLAN マッピング情報を表示するには、 show interfaces private-vlan mapping コマンドを使用します。

show interfaces private-vlan mapping [ active ]

 
構文の説明

active

(任意)アクティブなインターフェイス だけ を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドによって SVI 情報だけが表示されます。

次の例では、PVLAN のマッピング情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces private-vlan mapping
Interface Secondary VLAN Type
--------- -------------- -----------------
vlan2 301 isolated
vlan2 302 isolated
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

private-vlan

プライベート VLAN およびプライベート VLAN とセカンダリ VLAN 間のアソシエーションを設定します。

private-vlan mapping

同じプライマリ VLAN SVI を共有するように、プライマリ VLAN とセカンダリ VLAN 間のマッピングを作成します。

show interfaces status

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示するには、 show interfaces status コマンドを使用します。

show interfaces status [ err-disabled | inactive ] [ module { module }]

 
構文の説明

err-disabled

(任意)errdisable ステートのインターフェイスを表示します。

inactive

(任意)非アクティブ ステートのインターフェイスを表示します。

module module

(任意)特定のモジュールのインターフェイスを表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(40)SG

WS-X4606-10GE-E Twin Gigabit コンバータのサポートが追加されました。

12.2(52)SG

Err-Disabled VLAN 列を出力に追加することによって、VLAN 単位の errdisable のサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポートの少なくとも 1 つの VLAN が errdisable である場合、 show interfaces status コマンドの出力では VLAN 列に vl-err-dis が表示されます。

次の例では、すべてのインターフェイスのステータスを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces status
 
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
Te1/1 connected 1 full 10G 10GBase-LR
Te1/2 connected vl-err-dis full 10G 10GBase-LR
Switch#
 

次の例では、errdisable ステートにあるインターフェイスのステータスを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces status err-disabled
 
Port Name Status Reason Err-Disabled VLANs
---- ---- ------ ------- -------------------
Fa9/4 notconnect link-flap
Fa9/5 err-disabled psecure_violation 3-5
Fa9/6 connected psecure_violation 10,15
Switch#
 

次の例では、TwinGig コンバータを使用する WS-X4606-10GE-E スイッチ上のギガビット イーサネット インターフェイスを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces status module 1
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
Te1/1 inactive 1 full 10G No X2
Te1/2 inactive 1 full 10G No X2
Te1/3 inactive 1 full 10G No X2
Te1/4 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/5 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/6 notconnect 1 full 10G No X2
Gi1/7 notconnect 1 full 1000 No Gbic
Gi1/8 notconnect 1 full 1000 No Gbic
Gi1/9 notconnect 1 full 1000 No Gbic
Gi1/10 notconnect 1 full 1000 No Gbic
Gi1/11 notconnect 1 full 1000 No Gbic
Gi1/12 notconnect 1 full 1000 No Gbic
Gi1/13 inactive 1 full 1000 No Gbic
Gi1/14 inactive 1 full 1000 No Gbic
Gi1/15 inactive 1 full 1000 No Gbic
Gi1/16 inactive 1 full 1000 No Gbic
Gi1/17 inactive 1 full 1000 No Gbic
Gi1/18 inactive 1 full 1000 No Gbic
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

errdisable detect

errdisable 検出をイネーブルにします。

hw-module port-group

モジュールでギガビット イーサネットまたは 10 ギガビット イーサネット インターフェイスを選択します。

show errdisable recovery

errdisable 回復タイマーの情報を表示します。

show interfaces switchport

スイッチング(非ルーティング)ポートの管理ステータスおよび動作ステータスを表示するには、 show interfaces switchport コマンドを使用します。

show interfaces [ interface-id ] switchport [ module mod ]

 
構文の説明

interface-id

(任意)物理ポートのインターフェイス ID です。

module mod

(任意)表示を、指定したモジュールのインターフェイスに制限します。有効値の範囲は 1 ~ 6 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

インターフェイスごとの表示のサポート。

12.2(18)EW

コマンド出力でのネイティブ VLAN タギングのステータス表示のサポート。

次の例では、 begin 出力修飾子を使用してスイッチ ポート情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces switchport | include VLAN
Name: Fa5/6
Access Mode VLAN: 200 (VLAN0200)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: ALL
Pruning VLANs Enabled: ALL
Switch#
 

次の例では、モジュール 1 のスイッチ ポート情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces switchport module 1
Name:Gi1/1
Switchport:Enabled
Administrative Mode:dynamic auto
Operational Mode:down
Administrative Trunking Encapsulation:negotiate
Negotiation of Trunking:On
Access Mode VLAN:1 (default)
Trunking Native Mode VLAN:1 (default)
Administrative private-vlan host-association:none
Administrative private-vlan mapping:none
Operational private-vlan:none
Trunking VLANs Enabled:ALL
Pruning VLANs Enabled:2-1001
 
Name:Gi1/2
Switchport:Enabled
Administrative Mode:dynamic auto
Operational Mode:down
Administrative Trunking Encapsulation:negotiate
Negotiation of Trunking:On
Access Mode VLAN:1 (default)
Trunking Native Mode VLAN:1 (default)
Administrative private-vlan host-association:none
Administrative private-vlan mapping:none
Operational private-vlan:none
Trunking VLANs Enabled:ALL
Pruning VLANs Enabled:2-1001
Switch#
 

次の例では、ポートのネイティブ VLAN タギングのステータスを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces f3/1 switchport
show interface f3/1 switchport
Name: Fa3/1
Switchport: Enabled
Administrative Mode: private-vlan trunk promiscuous
Operational Mode: private-vlan trunk promiscuous
Administrative Trunking Encapsulation: negotiate
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Administrative Native VLAN tagging: enabled
Voice VLAN: none
Administrative private-vlan host-association: none
Administrative private-vlan mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: 1
Administrative private-vlan trunk Native VLAN tagging: enabled
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: 1
Administrative private-vlan trunk associations: none
Administrative private-vlan trunk mappings:
10 (VLAN0010) 100 (VLAN0100)
Operational private-vlan:
10 (VLAN0010) 100 (VLAN0100)
Trunking VLANs Enabled: ALL
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Capture Mode Disabled
Capture VLANs Allowed: ALL
 
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
Appliance trust: none
Switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces capabilities

スイッチ上の 1 つのインターフェイスまたはすべてのインターフェイスのインターフェイス機能を表示します。

show interfaces counters

物理インターフェイス上のトラフィックを表示します。

show interfaces transceiver

トランシーバが搭載されたすべてのインターフェイスの診断モニタリング データを表示するには、 show interfaces transceiver コマンドを使用します。

show interfaces {{[ int_name ] transceiver {[ detail ]} | { transceiver [ module mod ] | detail [ module mod ]}}

 
構文の説明

int_name

(任意)インターフェイスです。

detail

(任意)A/D 読み取り値が調整値と異なる場合は、調整値と読み取り値を表示します。また、high-alarm、high-warning、low-warning、および low-alarm しきい値も表示します。

module mod

(任意)表示を特定のモジュール上のインターフェイスに限定します。

 
デフォルト

デフォルトでは、 show interfaces transceiver コマンドのインターフェイス非固有バージョンがイネーブルです。

指定したインターフェイスに診断モニタリング用に設定されたトランシーバ(GBIC または SFP)があり、診断モニタリングをサポートするモジュールにトランシーバがある場合、これらのコマンドのインターフェイス固有バージョンがデフォルトでイネーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(20)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(18)EW

calibration キーワードのサポートが取り消されました。

 
使用上のガイドライン

show interfaces transceiver コマンドでは、次の条件のもとで役立つ情報が提供されます。

診断モニタリング用に設定されたシャーシに少なくとも 1 台のトランシーバが搭載されている。

診断モニタリングをサポートするモジュールにトランシーバがある。

アラームおよび警告フラグがトランシーバに設定されている場合は、確認のためにコマンドを再入力してください。

次の例では、スイッチにトランシーバが搭載されたすべてのインターフェイスの診断モニタリング データを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces transceiver
If device is externally calibrated, only calibrated values are printed.
++ : high alarm, + : high warning, - : low warning, -- : low alarm.
NA or N/A: not applicable, Tx: transmit, Rx: receive.
mA: milliamperes, dBm: decibels (milliwatts).
Optical Optical
Temperature Voltage Current Tx Power Rx Power
Port (Celsius) (Volts) (mA) (dBm) (dBm)
------- ----------- ------- -------- -------- --------
Gi1/1 48.1 3.30 0.0 8.1 ++ N/A
Gi1/2 33.0 3.30 1.8 -10.0 -36.9
Gi2/1 43.7 5.03 50.6 + -16.7 -- N/A
Gi2/2 39.2 5.02 25.7 0.8 N/A
Switch#
 

) Optical Tx Power(dBm 単位)の値は、log(Tx Power(mW 単位))の 10 倍です。Tx Power の値が 3 mW の場合、Optical Tx Power の値は 10 X log (3) であり、これは 10 X 0.477 つまり 4.77 dBm です。Optical Rx Power の値も同様です。Tx Power または Rx Power が 0 の場合、その dBm 値は未定義であり、N/A(該当なし)と表示されます。


次の例では、調整値、アラームおよび警告しきい値、A/D 読み取り値、アラームおよび警告フラグなど、詳細な診断モニタリング データを表示する方法を示します。A/D 読み取り値は、調整値と異なる場合にのみ、カッコ内で個別に表示されます。

Switch# show interfaces transceiver detail
mA: milliamperes, dBm: decibels (milliwatts), NA or N/A: not applicable.
++ : high alarm, + : high warning, - : low warning, -- : low alarm.
A2D readouts (if they differ), are reported in parentheses.
The threshold values are calibrated.
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Temperature Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (Celsius) (Celsius) (Celsius) (Celsius) (Celsius)
------- ------------------ ---------- --------- --------- ---------
Gi1/1 48.1 100.0 100.0 0.0 0.0
Gi1/2 34.9 100.0 100.0 0.0 0.0
Gi2/1 43.5 70.0 60.0 5.0 0.0
Gi2/2 39.1 70.0 60.0 5.0 0.0
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Voltage Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (Volts) (Volts) (Volts) (Volts) (Volts)
------- --------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi1/1 3.30 6.50 6.50 N/A N/A
Gi1/2 3.30 6.50 6.50 N/A N/A
Gi2/1 5.03 5.50 5.25 4.75 4.50
Gi2/2 5.02 5.50 5.25 4.75 4.50
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Current Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (milliamperes) (mA) (mA) (mA) (mA)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi1/1 0.0 130.0 130.0 N/A N/A
Gi1/2 1.7 130.0 130.0 N/A N/A
Gi2/1 50.6 + 60.0 40.0 10.0 5.0
Gi2/2 25.8 60.0 40.0 10.0 5.0
Optical High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Transmit Power Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (dBm) (dBm) (dBm) (dBm) (dBm)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi1/1 8.1 ++ 8.1 8.1 N/A N/A
Gi1/2 -9.8 8.1 8.1 N/A N/A
Gi2/1 -16.7 (-13.0) -- 3.4 3.2 -0.3 -0.5
Gi2/2 0.8 ( 5.1) 3.4 3.2 -0.3 -0.5
Optical High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Receive Power Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (dBm) (dBm) (dBm) (dBm) (dBm)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi1/1 N/A 8.1 8.1 N/A N/A
Gi1/2 -30.9 8.1 8.1 N/A N/A
Gi2/1 N/A (-28.5) 5.9 -6.7 -28.5 -28.5
Gi2/2 N/A (-19.5) 5.9 -6.7 -28.5 -28.5
Switch#
 

次の例では、モジュール 2 にトランシーバが搭載されたインターフェイスのモニタリング データを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces transceiver module 2
If device is externally calibrated, only calibrated values are printed.
++ : high alarm, + : high warning, - : low warning, -- : low alarm.
NA or N/A: not applicable, Tx: transmit, Rx: receive.
mA: milliamperes, dBm: decibels (milliwatts).
Optical Optical
Temperature Voltage Current Tx Power Rx Power
Port (Celsius) (Volts) (mA) (dBm) (dBm)
------- ----------- ------- -------- -------- --------
Gi2/1 43.7 5.03 50.6 + -16.7 -- N/A
Gi2/2 39.2 5.02 25.7 0.8 N/A
Switch#
 

次の例では、モジュール 2 にトランシーバが搭載されたインターフェイスの詳細なモニタリング データを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces transceiver detail module 2
mA: milliamperes, dBm: decibels (milliwatts), NA or N/A: not applicable.
++ : high alarm, + : high warning, - : low warning, -- : low alarm.
A2D readouts (if they differ), are reported in parentheses.
The threshold values are calibrated.
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Temperature Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (Celsius) (Celsius) (Celsius) (Celsius) (Celsius)
------- ------------------ ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 43.5 70.0 60.0 5.0 0.0
Gi2/2 39.1 70.0 60.0 5.0 0.0
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Voltage Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (Volts) (Volts) (Volts) (Volts) (Volts)
------- --------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 5.03 5.50 5.25 4.75 4.50
Gi2/2 5.02 5.50 5.25 4.75 4.50
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Current Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (milliamperes) (mA) (mA) (mA) (mA)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 50.6 + 60.0 40.0 10.0 5.0
Gi2/2 25.8 60.0 40.0 10.0 5.0
Optical High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Transmit Power Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (dBm) (dBm) (dBm) (dBm) (dBm)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 -16.7 (-13.0) -- 3.4 3.2 -0.3 -0.5
Gi2/2 0.8 ( 5.1) 3.4 3.2 -0.3 -0.5
Optical High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Receive Power Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (dBm) (dBm) (dBm) (dBm) (dBm)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 N/A (-28.5) 5.9 -6.7 -28.5 -28.5
Gi2/2 N/A (-19.5) 5.9 -6.7 -28.5 -28.5
Switch#
 

次の例では、インターフェイス Gi1/2 のトランシーバのモニタリング データを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces g1/2 transceiver
ITU Channel 23 (1558.98 nm),
Transceiver is externally calibrated.
If device is externally calibrated, only calibrated values are printed.
++ : high alarm, + : high warning, - : low warning, -- : low alarm.
NA or N/A: not applicable, Tx: transmit, Rx: receive.
mA: milliamperes, dBm: decibels (milliwatts).
Optical Optical
Temperature Voltage Current Tx Power Rx Power
Port (Celsius) (Volts) (mA) (dBm) (dBm)
------- ----------- ------- -------- -------- --------
Gi2/1 43.7 5.03 50.6 + -16.7 -- N/A
Switch#
 

次の例では、インターフェイス Gi1/2 のトランシーバの詳細なモニタリング データを表示する方法を示します。

Switch# show interfaces g1/2 transceiver detail
ITU Channel 23 (1558.98 nm),
Transceiver is externally calibrated.
mA: milliamperes, dBm: decibels (milliwatts), NA or N/A: not applicable.
++ : high alarm, + : high warning, - : low warning, -- : low alarm.
A2D readouts (if they differ), are reported in parentheses.
The threshold values are calibrated.
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Temperature Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (Celsius) (Celsius) (Celsius) (Celsius) (Celsius)
------- ------------------ ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 43.5 70.0 60.0 5.0 0.0
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Voltage Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (Volts) (Volts) (Volts) (Volts) (Volts)
------- --------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 5.03 5.50 5.25 4.75 4.50
High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Current Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (milliamperes) (mA) (mA) (mA) (mA)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 50.6 + 60.0 40.0 10.0 5.0
Optical High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Transmit Power Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (dBm) (dBm) (dBm) (dBm) (dBm)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 -16.7 (-13.0) -- 3.4 3.2 -0.3 -0.5
Optical High Alarm High Warn Low Warn Low Alarm
Receive Power Threshold Threshold Threshold Threshold
Port (dBm) (dBm) (dBm) (dBm) (dBm)
------- ----------------- ---------- --------- --------- ---------
Gi2/1 N/A (-28.5) 5.9 -6.7 -28.5 -28.5
Switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show idprom

シャーシの IDPROM を表示します。

show interfaces status

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示します。

show interfaces trunk

ポートおよびモジュールのインターフェイス トランク情報を表示するには、 show interfaces trunk コマンドを使用します。

show interfaces trunk [ module mod ]

 
構文の説明

module mod

(任意)表示を、指定したモジュールのインターフェイスに制限します。有効値の範囲は 1 ~ 6 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

キーワードを指定しない場合は、トランキング ポートの情報だけが表示されます。

次の例では、モジュール 5 のインターフェイス トランク情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces trunk module 5
 
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
Fa5/1 routed negotiate routed 1
Fa5/2 routed negotiate routed 1
Fa5/3 routed negotiate routed 1
Fa5/4 routed negotiate routed 1
Fa5/5 routed negotiate routed 1
Fa5/6 off negotiate not-trunking 10
Fa5/7 off negotiate not-trunking 10
Fa5/8 off negotiate not-trunking 1
Fa5/9 desirable n-isl trunking 1
Fa5/10 desirable negotiate not-trunking 1
Fa5/11 routed negotiate routed 1
Fa5/12 routed negotiate routed 1
...
Fa5/48 routed negotiate routed 1
 
Port Vlans allowed on trunk
Fa5/1 none
Fa5/2 none
Fa5/3 none
Fa5/4 none
Fa5/5 none
Fa5/6 none
Fa5/7 none
Fa5/8 200
Fa5/9 1-1005
Fa5/10 none
Fa5/11 none
Fa5/12 none
 
Fa5/48 none
 
Port Vlans allowed and active in management domain
Fa5/1 none
Fa5/2 none
Fa5/3 none
Fa5/4 none
Fa5/5 none
Fa5/6 none
Fa5/7 none
Fa5/8 200
Fa5/9 1-6,10,20,50,100,152,200,300,303-305,349-351,400,500,521,524,570,801-8
02,850,917,999,1002-1005
Fa5/10 none
Fa5/11 none
Fa5/12 none
 
 
Fa5/48 none
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
Fa5/1 none
Fa5/2 none
Fa5/3 none
Fa5/4 none
Fa5/5 none
Fa5/6 none
Fa5/7 none
Fa5/8 200
Fa5/9 1-6,10,20,50,100,152,200,300,303-305,349-351,400,500,521,524,570,801-8
02,850,917,999,1002-1005
Fa5/10 none
Fa5/11 none
 
 
Fa5/48 none
Switch#
 

次の例では、アクティブなトランキング ポートのトランキング情報を表示する方法を示します。

Switch# show interfaces trunk
 
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
Fa5/9 desirable n-isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
Fa5/9 1-1005
 
Port Vlans allowed and active in management domain
Fa5/9 1-6,10,20,50,100,152,200,300,303-305,349-351,400,500,521,524,570,801-8
02,850,917,999,1002-1005
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
Fa5/9 1-6,10,20,50,100,152,200,300,303-305,349-351,400,500,521,524,570,801-8
02,850,917,999,1002-1005
Switch#

show ip arp inspection

特定の範囲の VLAN についてダイナミック ARP インスペクションのステータスを表示するには、 show ip arp inspection コマンドを使用します。

show ip arp inspection {[ statistics ] vlan vlan-range | interfaces [ interface-name ]}

 
構文の説明

statistics

(任意)この機能によって処理された、転送、ドロップ、MAC 検証障害、および IP 検証障害の各タイプのパケットの統計情報を表示します。

vlan vlan-range

(任意)statistics キーワードとともに使用した場合は、選択した範囲の VLAN の統計情報を表示します。statistics キーワードを使用しない場合は、選択した範囲の VLAN の DAI の設定と動作ステートを表示します。

interfaces interface-name

(任意)指定したインターフェイスに関して ARP パケットの信頼状態とレート制限を表示します。インターフェイス名を指定しない場合は、システムで適用可能なすべてのインターフェイスの信頼状態とレート制限を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、VLAN 3 の DAI によって処理されたパケットの統計情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip arp inspection statistics vlan 3
 
Vlan Forwarded Dropped DHCP Drops ACL Drops
---- --------- ------- ---------- ----------
3 31753 102407 102407 0
 
Vlan DHCP Permits ACL Permits Source MAC Failures
---- ------------ ----------- -------------------
3 31753 0 0
 
Vlan Dest MAC Failures IP Validation Failures
---- ----------------- ----------------------
3 0 0
Switch#
 

次の例では、すべてのアクティブ VLAN の DAI によって処理されたパケットの統計情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip arp inspection statistics
 
Vlan Forwarded Dropped DHCP Drops ACL Drops
---- --------- ------- ---------- ----------
1 0 0 0 0
2 0 0 0 0
3 68322 220356 220356 0
4 0 0 0 0
100 0 0 0 0
101 0 0 0 0
1006 0 0 0 0
1007 0 0 0 0
 
Vlan DHCP Permits ACL Permits Source MAC Failures
---- ------------ ----------- -------------------
1 0 0 0
2 0 0 0
3 68322 0 0
4 0 0 0
100 0 0 0
101 0 0 0
1006 0 0 0
1007 0 0 0
 
Vlan Dest MAC Failures IP Validation Failures
---- ----------------- ----------------------
1 0 0
2 0 0
3 0 0
4 0 0
100 0 0
101 0 0
1006 0 0
1007 0 0
Switch#
 

次の例では、VLAN 1 の DAI の設定と動作ステートを表示する方法を示します。

Switch# show ip arp inspection vlan 1
Source Mac Validation : Disabled
Destination Mac Validation : Disabled
IP Address Validation : Disabled
 
Vlan Configuration Operation ACL Match Static ACL
---- ------------- --------- --------- ----------
1 Enabled Active
 
Vlan ACL Logging DHCP Logging
---- ----------- ------------
1 Deny Deny
Switch#
 

次の例では、ファスト イーサネット インターフェイス 6/1 の信頼状態を表示する方法を示します。

Switch# show ip arp inspection interfaces fastEthernet 6/1
Interface Trust State Rate (pps) Burst Interval
--------------- ----------- ---------- --------------
Fa6/1 Untrusted 20 5
Switch#
 

次の例では、スイッチ上のインターフェイスの信頼状態を表示する方法を示します。

Switch# show ip arp inspection interfaces
Interface Trust State Rate (pps)
--------------- ----------- ----------
Gi1/1 Untrusted 15
Gi1/2 Untrusted 15
Gi3/1 Untrusted 15
Gi3/2 Untrusted 15
Fa3/3 Trusted None
Fa3/4 Untrusted 15
Fa3/5 Untrusted 15
Fa3/6 Untrusted 15
Fa3/7 Untrusted 15
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP アクセス リストを定義したり、定義済みリストの最後に句を追加したりします。

clear ip arp inspection log

ログ バッファのステータスをクリアします。

show ip arp inspection log

ログ バッファのステータスを表示します。

show ip arp inspection log

ログ バッファのステータスを表示するには、 show ip arp inspection log コマンドを使用します。

show ip arp inspection log

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、バッファをクリアする前後にログ バッファの最新の内容を表示する方法を示します。

Switch# show ip arp inspection log
Total Log Buffer Size : 10
Syslog rate : 0 entries per 10 seconds.
 
Interface Vlan Sender MAC Sender IP Num of Pkts
--------------- ----- ----------------- --------------- -----------
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.2 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.3 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.4 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.5 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.6 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.7 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.8 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.9 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.10 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Fa6/3 1 0002.0002.0002 1.1.1.11 1(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
-- -- -- -- 5(12:02:52 UTC Fri Apr 25 2003)
Switch#
 

次の例では、clear ip arp inspection log コマンドを使用してバッファをクリアする方法を示します。

Switch# clear ip arp inspection log
Switch# show ip arp inspection log
Total Log Buffer Size : 10
Syslog rate : 0 entries per 10 seconds.
No entries in log buffer.
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP アクセス リストを定義したり、定義済みリストの最後に句を追加したりします。

clear ip arp inspection log

ログ バッファのステータスをクリアします。

show ip cef vlan

IP CEF VLAN インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示し、特定のインターフェイスのプレフィクスを表示するには、 show ip cef vlan コマンドを使用します。

show ip cef vlan vlan_num [ detail ]

 
構文の説明

vlan_num

VLAN の番号です。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、特定の VLAN のプレフィクスを表示する方法を示します。

Switch# show ip cef vlan 1003
Prefix Next Hop Interface
0.0.0.0/0 172.20.52.1 FastEthernet3/3
0.0.0.0/32 receive
10.7.0.0/16 172.20.52.1 FastEthernet3/3
10.16.18.0/23 172.20.52.1 FastEthernet3/3
Switch#
 

次の例では、特定の VLAN の詳細な IP CEF 情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip cef vlan 1003 detail
IP Distributed CEF with switching (Table Version 2364), flags=0x0
1383 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new)
1383 leaves, 201 nodes, 380532 bytes, 2372 inserts, 989 invalidations
0 load sharing elements, 0 bytes, 0 references
universal per-destination load sharing algorithm, id 9B6C9823
3 CEF resets, 0 revisions of existing leaves
refcounts: 54276 leaf, 51712 node
 
Adjacency Table has 5 adjacencies
Switch#

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示するには、 show ip dhcp snooping コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(12c)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EWA

信頼できないポートでのオプション 82 のサポートが追加されました。

次の例では、DHCP スヌーピング設定を表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping
Switch DHCP snooping is enabled
DHCP snooping is configured on following VLANs:
500,555
DHCP snooping is operational on following VLANs:
500,555
DHCP snooping is configured on the following L3 Interfaces:
Insertion of option 82 is enabled
circuit-id default format: vlan-mod-port
remote-id: switch123 (string)
Option 82 on untrusted port is not allowed Verification of hwaddr field is enabled DHCP snooping trust/rate is configured on the following Interfaces:
Interface Trusted Rate limit (pps)
------------------------ ------- ----------------
FastEthernet5/1 yes 100
Custom circuit-ids:
VLAN 555: customer-555
FastEthernet2/1 no unlimited
Custom circuit-ids:
VLAN 500: customer-500
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ip dhcp snooping information option

DHCP オプション 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが 1 秒あたりに受信することのできる DHCP メッセージの数を設定します。

ip dhcp snooping trust

信頼できる VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping vlan

VLAN または VLAN のグループ上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示するには、 show ip dhcp snooping binding コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping binding [ ip-address ] [ mac-address ] [ vlan vlan_num ]
[
interface interface_num ]

 
構文の説明

ip-address

(任意)バインディング エントリの IP アドレスです。

mac-address

(任意)バインディング エントリの MAC アドレスです。

vlan vlan_num

(任意)VLAN を指定します。

interface interface_num

(任意)インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

引数を指定しない場合、スイッチには DHCP スヌーピング バインディング テーブル全体が表示されます。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(12c)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

グローバル スヌーピングおよび VLAN スヌーピングがどちらもイネーブルの場合にのみ、VLAN 上で DHCP スヌーピングがイネーブルになります。

VLAN の範囲を設定するには、任意の last_vlan 引数を使用して VLAN 範囲の最後を指定します。

次の例では、スイッチの DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------- ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Switch#

 

次の例では、DHCP スヌーピング バインディング エントリの IP アドレスを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding 172.100.101.102

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------- ----- ------------
0000.0100.0201 172.100.101.102 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Switch#

 

次の例では、DHCP スヌーピング バインディング エントリの MAC アドレスを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding 55.5.5.2 0002.b33f.3d5f

 

MacAddress IpAddress Lease(sec) Type VLAN Interface

------------------ --------------- ---------- ------------- ---- --------------------

00:02:B3:3F:3D:5F 55.5.5.2 492 dhcp-snooping 99 FastEthernet6/36

Switch#

 

次の例では、特定の VLAN の DHCP スヌーピング バインディング エントリの MAC アドレスを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding 55.5.5.2 0002.b33f.3d5f vlan 99

 

MacAddress IpAddress Lease(sec) Type VLAN Interface

------------------ --------------- ---------- ------------- ---- --------------------

00:02:B3:3F:3D:5F 55.5.5.2 479 dhcp-snooping 99 FastEthernet6/36

Switch#

 

次の例では、ダイナミック DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding dynamic

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------ ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Switch#

 

次の例では、VLAN 100 の DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding vlan 100’

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------ ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Switch#

 

次の例では、イーサネット インターフェイス 0/1 の DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping binding interface fastethernet3/1

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------ ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Switch#

表 2-21 に、 show ip dhcp snooping コマンドの出力に表示される各フィールドの説明を示します。

 

表 2-21 show ip dhcp snooping コマンドの出力

フィールド
説明

Mac Address

クライアント ハードウェアの MAC アドレス。

IP Address

DHCP サーバから割り当てられたクライアント IP アドレス。

Lease (seconds)

IP アドレス リース時間。

Type

バインディング タイプ。CLI からスタティックに設定されるか、ダイナミックに学習されます。

VLAN

クライアント インターフェイスの VLAN 番号。

Interface

DHCP クライアント ホストに接続するインターフェイス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping information option

DHCP オプション 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが 1 秒あたりに受信することのできる DHCP メッセージの数を設定します。

ip dhcp snooping trust

信頼できる VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping vlan

VLAN または VLAN のグループ上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping

IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan

VLAN の IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング データベース エージェントのステータスを表示するには、 show ip dhcp snooping database コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping database [ detail ]

 
構文の説明

detail

(任意)追加の動作ステートおよび統計情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(12c)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

ステートおよび統計情報のサポートが追加されました。

次の例では、DHCP スヌーピング データベースを表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping database
Agent URL :
Write delay Timer : 300 seconds
Abort Timer : 300 seconds
 
Agent Running : No
Delay Timer Expiry : Not Running
Abort Timer Expiry : Not Running
 
Last Succeded Time : None
Last Failed Time : None
Last Failed Reason : No failure recorded.
 
Total Attempts : 0 Startup Failures : 0
Successful Transfers : 0 Failed Transfers : 0
Successful Reads : 0 Failed Reads : 0
Successful Writes : 0 Failed Writes : 0
Media Failures : 0
 
Switch#
 

次の例では、追加の動作統計情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip dhcp snooping database detail
Agent URL : tftp://10.1.1.1/directory/file
Write delay Timer : 300 seconds
Abort Timer : 300 seconds
 
Agent Running : No
Delay Timer Expiry : 7 (00:00:07)
Abort Timer Expiry : Not Running
 
Last Succeded Time : None
Last Failed Time : 17:14:25 UTC Sat Jul 7 2001
Last Failed Reason : Unable to access URL.
 
Total Attempts : 21 Startup Failures : 0
Successful Transfers : 0 Failed Transfers : 21
Successful Reads : 0 Failed Reads : 0
Successful Writes : 0 Failed Writes : 21
Media Failures : 0
 
First successful access: Read
 
Last ignored bindings counters :
Binding Collisions : 0 Expired leases : 0
Invalid interfaces : 0 Unsupported vlans : 0
Parse failures : 0
Last Ignored Time : None
 
Total ignored bindings counters:
Binding Collisions : 0 Expired leases : 0
Invalid interfaces : 0 Unsupported vlans : 0
Parse failures : 0
 
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピングによって生成されるバインディングを保存します。

ip dhcp snooping information option

DHCP オプション 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが 1 秒あたりに受信することのできる DHCP メッセージの数を設定します。

ip dhcp snooping trust

信頼できる VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping vlan

VLAN または VLAN のグループ上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip igmp interface

IP IGMP インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示するには、 show ip igmp interface コマンドを使用します。

show ip igmp interface [ fastethernet slot/port | gigabitethernet slot/port |
tengigabitethernet slot/port | null interface-number | vlan vlan_id ]

 
構文の説明

fastethernet
slot/port

(任意)ファスト イーサネット インターフェイス、およびスロットとポートの番号を指定します。

gigabitethernet
slot/port

(任意)ギガビット イーサネット インターフェイス、およびスロットとポートの番号を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 9 です。

tengigabitethernet slot/port

(任意)10 ギガビット イーサネット インターフェイス、およびスロットとポートの番号を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 2 です。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスおよびインターフェイスの番号を指定します。有効な値は 0 だけです。

vlan vlan_id

(任意)VLAN および VLAN の番号を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

VLAN を指定しない場合は、VLAN 1 の情報が表示されます。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

任意の引数を省略した場合、 show ip igmp interface コマンドではすべてのインターフェイスの情報が表示されます。

次の例では、VLAN 200 の IGMP 情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp interface vlan 200
IGMP snooping is globally enabled
IGMP snooping is enabled on this Vlan
IGMP snooping immediate-leave is disabled on this Vlan
IGMP snooping mrouter learn mode is pim-dvmrp on this Vlan
IGMP snooping is running in IGMP-ONLY mode on this VLAN
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip igmp group

IGMP グループ キャッシュ エントリを削除します。

show ip igmp snooping mrouter

ダイナミックに学習され、手動で設定されたマルチキャスト スイッチ インターフェイスに関する情報を表示します。

show ip igmp profile

設定されているすべての IGMP プロファイルまたは指定した IGMP プロファイルを表示するには、 show ip igmp profile 特権 EXEC コマンドを使用します。

show ip igmp profile [ profile number ]

 
構文の説明

profile number

(任意)表示する IGMP プロファイル番号です。有効な範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(11b)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

プロファイル番号が入力されていない場合は、すべての IGMP プロファイルが表示されます。

次の例では、IGMP プロファイル 40 を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp profile 40
IGMP Profile 40
permit
range 233.1.1.1 233.255.255.255
Switch#
 

次の例では、すべての IGMP プロファイルを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp profile
IGMP Profile 3
range 230.9.9.0 230.9.9.0
IGMP Profile 4
permit
range 229.9.9.0 229.255.255.255
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp profile

IGMP プロファイルを作成します。

show ip igmp snooping

ダイナミックに学習され、手動で設定された VLAN スイッチ インターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip igmp snooping コマンドを使用します。

show ip igmp snooping [ querier | groups | mrouter ] [ vlan vlan_id ] a.b.c.d [ summary | sources | hosts ] [ count ]

 
構文の説明

querier

(任意)IP アドレスおよびバージョン情報が表示に含まれるように指定します。

groups

(任意)VLAN メンバーがグループ IP アドレスでソートされて表示されるように指定します。

mrouter

(任意)ダイナミックに学習され、手動で設定されたマルチキャスト スイッチ インターフェイスに関する情報が表示に含まれるように指定します。

vlan vlan_id

(任意)VLAN を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

a.b.c.d

グループ IP アドレスまたはマルチキャスト IP アドレスです。

summary

(任意)v2 または v3 グループの詳細情報の表示を指定します。

sources

(任意)指定したグループの送信元 IP のリストを指定します。

hosts

(任意)指定したグループのホスト IP のリストを指定します。

count

(任意)グローバルに、または VLAN 単位でシステムによって学習されたグループ アドレスの合計数の表示を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

拡張アドレッシングのサポートが追加されました。

12.1(20)EW

IGMPv3 明示的ホスト トラッキングの設定ステートの表示のサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mac-address-table multicast コマンドを使用して、IGMP スヌーピングがイネーブルである VLAN について MAC アドレス テーブルのエントリを表示することもできます。

show ip igmp snooping コマンド を入力して、VLAN インターフェイスの IGMP スヌーピング情報を表示できます。

次の例では、スイッチのグローバル スヌーピング情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping
Global IGMP Snooping configuration:
-----------------------------------
IGMP snooping : Enabled
IGMPv3 snooping : Enabled
Report suppression : Enabled
TCN solicit query : Disabled
TCN flood query count : 2
 
Vlan 1:
--------
IGMP snooping : Enabled
IGMPv2 immediate leave : Disabled
Explicit host tracking : Enabled
Multicast router learning mode : pim-dvmrp
CGMP interoperability mode : IGMP_ONLY
 
Vlan 2:
--------
IGMP snooping : Enabled
IGMPv2 immediate leave : Disabled
Explicit host tracking : Enabled
Multicast router learning mode : pim-dvmrp
CGMP interoperability mode : IGMP_ONLY
Switch>
 

次の例では、VLAN 2 のスヌーピング情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping vlan 2
Global IGMP Snooping configuration:
-----------------------------------
IGMP snooping : Enabled
IGMPv3 snooping : Enabled
Report suppression : Enabled
TCN solicit query : Disabled
TCN flood query count : 2
 
Vlan 2:
--------
IGMP snooping : Enabled
IGMPv2 immediate leave : Disabled
Explicit host tracking : Enabled
Multicast router learning mode : pim-dvmrp
CGMP interoperability mode : IGMP_ONLY
Switch>
 

次の例では、スイッチのすべての VLAN の IGMP クエリア情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping querier
Vlan IP Address IGMP Version Port
---------------------------------------------------
2 10.10.10.1 v2 Router
3 172.20.50.22 v3 Fa3/15
Switch>
 

次の例では、IGMPv2 の実行時に VLAN 5 の IGMP クエリア情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping querier vlan 5
IP address :5.5.5.10
IGMP version :v2
Port :Fa3/1
Max response time :10s
Switch>
 

次の例では、IGMPv3 の実行時に VLAN 5 の IGMP クエリア情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping querier vlan 5
IP address :5.5.5.10
IGMP version :v3
Port :Fa3/1
Max response time :10s
Query interval :60s
Robustness variable :2
Switch>
 

次の例では、特定のグループのスヌーピング情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group
 
Vlan Group Version Ports
---------------------------------------------------------
2 224.0.1.40 v3 Router
2 224.2.2.2 v3 Fa6/2
Switch>
 

次の例では、VLAN 1 内のグループのホスト タイプおよびポートを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group vlan 1
Vlan Group Host Type Ports
---------------------------------------------------------
1 229.2.3.4 v3 fa2/1 fa2/3
1 224.2.2.2 v3 Fa6/2
Switch>
 

次の例では、VLAN 1 内のグループのホスト タイプおよびポートを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group vlan 10 226.6.6.7
Vlan Group Version Ports
---------------------------------------------------------
10 226.6.6.7 v3 Fa7/13, Fa7/14
Switch>
 

次の例では、送信元 IP アドレスについてグループの現在のステートを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group vlan 10 226.6.6.7 sources
Source information for group 226.6.6.7:
Timers: Expired sources are deleted on next IGMP General Query
 
SourceIP Expires Uptime Inc Hosts Exc Hosts
-------------------------------------------------------
2.0.0.1 00:03:04 00:03:48 2 0
2.0.0.2 00:03:04 00:02:07 2 0
Switch>
 

次の例では、ホスト MAC アドレスについてグループの現在のステートを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group vlan 10 226.6.6.7 hosts
IGMPv3 host information for group 226.6.6.7
Timers: Expired hosts are deleted on next IGMP General Query
 
Host (MAC/IP) Filter mode Expires Uptime # Sources
-------------------------------------------------------------
175.1.0.29 INCLUDE stopped 00:00:51 2
175.2.0.30 INCLUDE stopped 00:04:14 2
Switch>

 

次の例では、v3 グループのサマリー情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group vlan 10 226.6.6.7 summary
Group Address (Vlan 10) : 226.6.6.7
Host type : v3
Member Ports : Fa7/13, Fa7/14
Filter mode : INCLUDE
Expires : stopped
Sources : 2
Reporters (Include/Exclude) : 2/0
Switch>
 

次の例では、VLAN 1 のマルチキャスト ルータ情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping mrouter vlan 1
vlan ports
-----+----------------------------------------
1 Gi1/1,Gi2/1,Fa3/48,Router
Switch#
 

次の例では、システムによってグローバルに学習されたグループ アドレスの合計数を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group count
Total number of groups: 54
Switch>
 

次の例では、VLAN 5 で学習されたグループ アドレスの合計数を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping group vlan 5 count
Total number of groups: 30
Switch>

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping

IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan immediate-leave

IGMP 即時脱退処理をイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan mrouter

レイヤ 2 インターフェイスを VLAN のマルチキャスト ルータ インターフェイスとして設定します。

ip igmp snooping vlan static

レイヤ 2 インターフェイスをグループのメンバーとして設定します。

show ip igmp interface

IGMP インターフェイスのステータス情報およびコンフィギュレーション情報を表示します。

show ip igmp snooping mrouter

ダイナミックに学習され、手動で設定されたマルチキャスト スイッチ インターフェイスに関する情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show ip igmp snooping membership

ホスト メンバーシップ情報を表示するには、 show ip igmp snooping membership コマンドを使用します。

show ip igmp snooping membership [ interface interface_num ] [ vlan vlan_id ]
[
reporter a.b.c.d ] [ source a.b.c.d group a.b.c.d ]

 
構文の説明

interface interface_num

(任意)インターフェイスの IP アドレスおよびバージョン情報を表示します。

vlan vlan_id

(任意)VLAN のグループ IP アドレスでソートされた VLAN メンバーを表示します。有効値の範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

reporter a.b.c.d

(任意)指定したレポーターのメンバーシップ情報を表示します。

source a.b.c.d

(任意)レポーター、送信元、またはグループ IP アドレスを指定します。

group a.b.c.d

(任意)チャネルのすべてのメンバー(送信元、グループ)をインターフェイスまたは VLAN でソートして表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(20)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、スイッチで明示的ホスト トラッキングがイネーブルの場合にのみ有効です。

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイス 4/1 のホスト メンバーシップを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping membership interface gigabitethernet4/1
#channels: 5
#hosts : 1
Source/Group Interface Reporter Uptime Last-Join Last-Leave
 
40.40.40.2/224.10.10.10 Gi4/1 20.20.20 .20 00:23: 37 00:06: 50 00:20:30
40.40.40.4/224.10.10.10 Gi4/1 20.20.20 .20 00:39: 42 00:09:17 -
Switch#
 

次の例では、VLAN 20 およびグループ 224.10.10.10 のホスト メンバーシップを表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping membership vlan 20 source 40.40.40.2 group 224.10.10.10
#channels: 5
#hosts : 1
Source/Group Interface Reporter Uptime Last-Join Last-Leave
 
40.40.40.2/224.10.10.10 Gi4/1 20.20.20 .20 00:23: 37 00:06: 50 00:20:30
Switch#
 

次の例では、VLAN 20 のホスト メンバーシップ情報を表示し、明示的ホスト トラッキングを削除する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping membership vlan 20

Snooping Membership Summary for Vlan 20

------------------------------------------

Total number of channels:5

Total number of hosts :4

 

Source/Group Interface Reporter Uptime Last-Join/

Last-Leave

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

40.0.0.1/224.1.1.1 Fa7/37 0002.4ba0.a4f6 00:00:04 00:00:04 /

-

 

40.0.0.2/224.1.1.1 Fa7/37 0002.fd80.f770 00:00:17 00:00:17 /

-

 

40.0.0.3/224.1.1.1 Fa7/36 20.20.20.20 00:00:04 00:00:04 /

-

 

40.0.0.4/224.1.1.1 Fa7/35 20.20.20.210 00:00:17 00:00:17 /

-

 

40.0.0.5/224.1.1.1 Fa7/37 0002.fd80.f770 00:00:17 00:00:17 /

-

Switch# clear ip igmp snooping membership vlan 20

Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip igmp snooping membership

明示的ホスト トラッキング データベースをクリアします。

ip igmp snooping vlan explicit-tracking

VLAN 単位の明示的ホスト トラッキングをイネーブルにします。

show ip igmp snooping

ダイナミックに学習され、手動で設定された VLAN スイッチ インターフェイスに関する情報を表示します。

show ip igmp snooping mrouter

ダイナミックに学習され、手動で設定されたマルチキャスト スイッチ インターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip igmp snooping mrouter コマンドを使用します。

show ip igmp snooping mrouter [{ vlan vlan-id }]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(19)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mac-address-table multicast コマンドを使用して、IGMP スヌーピングがイネーブルである VLAN について MAC アドレス テーブルのエントリを表示することもできます。

show ip igmp interface vlan vlan-num コマンド を入力して、VLAN インターフェイスの IGMP スヌーピング情報を表示できます。

次の例では、特定の VLAN のスヌーピング情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping mrouter vlan 1
vlan ports
-----+----------------------------------------
1 Gi1/1,Gi2/1,Fa3/48,Switch
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping vlan mrouter

レイヤ 2 インターフェイスを VLAN のマルチキャスト ルータ インターフェイスとしてスタティックに設定します。

show ip igmp interface

IGMP インターフェイスのステータス情報およびコンフィギュレーション情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show ip igmp snooping vlan

ダイナミックに学習され、手動で設定された VLAN スイッチ インターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip igmp snooping vlan コマンドを使用します。

show ip igmp snooping vlan vlan_num

 
構文の説明

vlan_num

VLAN の番号です。有効値の範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張アドレッシングのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mac-address-table multicast コマンドを使用して、IGMP スヌーピングがイネーブルである VLAN について MAC アドレス テーブルのエントリを表示することもできます。

次の例では、特定の VLAN のスヌーピング情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip igmp snooping vlan 2
vlan 2
----------
IGMP snooping is globally enabled
IGMP snooping TCN solicit query is globally enabled
IGMP snooping global TCN flood query count is 2
IGMP snooping is enabled on this Vlan
IGMP snooping immediate-leave is disabled on this Vlan
IGMP snooping mrouter learn mode is pim-dvmrp on this Vlan
IGMP snooping is running in IGMP_ONLY mode on this Vlan
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping

IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan immediate-leave

IGMP 即時脱退処理をイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan mrouter

レイヤ 2 インターフェイスを VLAN のマルチキャスト ルータ インターフェイスとしてスタティックに設定します。

ip igmp snooping vlan static

レイヤ 2 インターフェイスをグループのメンバーとして設定します。

show ip igmp interface

IGMP インターフェイスのステータス情報およびコンフィギュレーション情報を表示します。

show ip igmp snooping mrouter

ダイナミックに学習され、手動で設定されたマルチキャスト スイッチ インターフェイスに関する情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show ip interface

IP に対して設定されたインターフェイスのユーザビリティ ステータスを表示するには、 show ip interface コマンドを使用します。

show ip interface [ type number ]

 
構文の説明

type

(任意)インターフェイス タイプです。

number

(任意)インターフェイス番号です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスを含めるように拡張されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスが使用可能な場合、Cisco IOS ソフトウェアは、直接接続されているルートをルーティング テーブルに自動的に入力します。使用可能なインターフェイスによって、ソフトウェアはパケットを送受信できます。ソフトウェアは、インターフェイスが使用不可であると判断すると、直接接続されているルーティング エントリをルーティング テーブルから削除します。エントリを削除することにより、ソフトウェアはダイナミック ルーティング プロトコルを使用してネットワークへのバックアップ ルートを決定できます(存在する場合)。

インターフェイスで双方向通信が提供される場合、回線プロトコルは「up」とマークされます。インターフェイス ハードウェアが使用可能な場合、インターフェイスは「up」とマークされます。

任意のインターフェイス タイプを指定した場合、その特定のインターフェイスだけの情報が表示されます。

任意の引数を指定しない場合、すべてのインターフェイスの情報が表示されます。

PPP または Serial Line Internet Protocol(SLIP; シリアル ライン インターネット プロトコル)によって非同期インターフェイスがカプセル化されると、IP ファスト スイッチングがイネーブルになります。PPP または SLIP によってカプセル化された非同期インターフェイス上での show ip interface コマンドでは、IP ファスト スイッチングがイネーブルであることを示すメッセージが表示されます。

次の例では、特定の VLAN のユーザビリティ ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show ip interface vlan 1
Vlan1 is up, line protocol is up
Internet address is 10.6.58.4/24
Broadcast address is 255.255.255.255
Address determined by non-volatile memory
MTU is 1500 bytes
Helper address is not set
Directed broadcast forwarding is disabled
Outgoing access list is not set
Inbound access list is not set
Proxy ARP is enabled
Local Proxy ARP is disabled
Security level is default
Split horizon is enabled
ICMP redirects are always sent
ICMP unreachables are always sent
ICMP mask replies are never sent
IP fast switching is enabled
IP fast switching on the same interface is disabled
IP Flow switching is disabled
IP CEF switching is enabled
IP Fast switching turbo vector
IP Normal CEF switching turbo vector
IP multicast fast switching is enabled
IP multicast distributed fast switching is disabled
IP route-cache flags are Fast, CEF
Router Discovery is disabled
IP output packet accounting is disabled
IP access violation accounting is disabled
TCP/IP header compression is disabled
RTP/IP header compression is disabled
Probe proxy name replies are disabled
Policy routing is disabled
Network address translation is disabled
WCCP Redirect outbound is disabled
WCCP Redirect inbound is disabled
WCCP Redirect exclude is disabled
BGP Policy Mapping is disabled
Sampled Netflow is disabled
IP multicast multilayer switching is disabled
Netflow Data Export (hardware) is enabled
Switch#
 

表 2-22 に、この例で表示されているフィールドの説明を示します。

 

表 2-22 show ip interface のフィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet0 is up

インターフェイス ハードウェアが使用可能な場合、インターフェイスは「up」とマークされます。インターフェイスが使用可能となるには、インターフェイス ハードウェアと回線プロトコルの両方がアップ状態である必要があります。

line protocol is up

インターフェイスで双方向通信が提供される場合、回線プロトコルは「up」とマークされます。インターフェイスが使用可能となるには、インターフェイス ハードウェアと回線プロトコルの両方がアップ状態である必要があります。

Internet address and subnet mask

インターフェイスの IP アドレスとサブネット マスク。

Broadcast address

ブロードキャスト アドレス。

Address determined by...

インターフェイスの IP アドレスがどのように決定されたかのステータス。

MTU

インターフェイスで設定されている MTU 値。

Helper address

ヘルパー アドレス(設定されている場合)。

Secondary address

セカンダリ アドレス(設定されている場合)。

Directed broadcast forwarding

指定ブロードキャスト転送のステータス。

Multicast groups joined

このインターフェイスが属するマルチキャスト グループ。

Outgoing access list

インターフェイスに発信アクセス リストが設定されているかどうかのステータス。

Inbound access list

インターフェイスに着信アクセス リストが設定されているかどうかのステータス。

Proxy ARP

プロキシ Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)がインターフェイスに対してイネーブルであるかどうかのステータス。

Security level

このインターフェイスに対して設定されている IP Security Option(IPSO)セキュリティ レベル。

Split horizon

スプリット ホライズンのステータス。

ICMP redirects

このインターフェイス上のリダイレクト メッセージのステータス。

ICMP unreachables

このインターフェイス上の到達不能メッセージのステータス。

ICMP mask replies

このインターフェイス上のマスク応答のステータス。

IP fast switching

このインターフェイスに対してファスト スイッチングがイネーブルであるかどうかのステータス。ファスト スイッチングは通常、このようなシリアル インターフェイス上ではイネーブルです。

IP SSE switching

IP Silicon Switching Engine(SSE; シリコン スイッチング エンジン)のステータス。

Router Discovery

このインターフェイスの検出プロセスのステータス。シリアル インターフェイス上では通常はディセーブルです。

IP output packet accounting

このインターフェイスの IP アカウンティングのステータスおよびしきい値(エントリの最大数)。

TCP/IP header compression

圧縮のステータス。

Probe proxy name

HP プローブ プロキシ名応答が生成されるかどうかのステータス。

WCCP Redirect outbound is enabled

インターフェイスで受信されたパケットがキャッシュ エンジンにリダイレクトされるかどうかのステータス。

WCCP Redirect exclude is disabled

インターフェイスへ向かうパケットがキャッシュ エンジンへのリダイレクトから除外されるかどうかのステータス。

Netflow Data Export (hardware) is enabled

インターフェイスの NDE ハードウェア フロー ステータス。

show ip mfib

アクティブな Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)ルートをすべて表示するには、 show ip mfib コマンドを使用します。

show ip mfib [ all | counters | log [ n ]]

 
構文の説明

all

(任意)MFIB 内のすべてのルートを指定します。ファスト スイッチングを高速化するために使用されるが、上位レイヤ ルーティング プロトコル テーブル内にあるとはかぎらないルートが含まれます。

counters

(任意)MFIB 関連イベントのカウントを指定します。0 以外のカウンタだけが表示されます。

log

(任意)MFIB 関連イベントの最新の番号のログを指定します。最新のイベントが最初に表示されます。

n

(任意)イベントの番号です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(40)SG

コマンドのサポートが Supervisor Engine 6-E および Catalyst 4900M シャーシに追加されました。

 
使用上のガイドライン

Supervisor Engine 6-E および Catalyst 4900M シャーシでは、 show ip mfib コマンドの出力にハードウェア カウンタは表示されません。

MFIB テーブルには、一連の IP マルチキャスト ルートが含まれています。MFIB テーブル内の各ルートには、ルートに関連する複数のフラグが含まれています。

ルート フラグは、ルートと一致したパケットがどのように転送されるかを示します。たとえば、MFIB ルートの IC フラグは、スイッチ上のプロセスがパケットのコピーを受信する必要があることを示します。次のフラグが MFIB ルートに関連付けられています。

Internal Copy(IC)フラグ:スイッチ上のプロセスが、指定されたルートと一致するすべてのパケットのコピーを受信する必要がある場合に、ルートに設定します。

Signaling(S)フラグ:ルートと一致するパケットが受信されたという通知をスイッチ プロセスが必要とする場合に、ルートに設定します。シグナリング インターフェイスでのパケットの受信に応答して、プロトコル コードによって MFIB ステートが更新されるという動作が考えられます。

Connected(C)フラグ:C フラグをルートに設定すると、S フラグと同じ意味を持ちますが、C フラグは直接接続されたホストからルートに送信されたパケットだけがプロトコル プロセスに通知される必要があることを示す点が異なります。

ルートには、1 つまたは複数のインターフェイスに関連付けられた一連のフラグを設定することもできます。(S,G)ルートの場合、インターフェイス 1 のフラグは、入力パケットがどのように処理されるか、およびルートと一致するパケットがインターフェイス 1 に転送されるかどうかを示します。次のインターフェイスごとのフラグが MFIB ルートに関連付けられています。

Accepting(A):インターフェイスに着信し、Accepting(A)としてマークされたパケットが、すべての Forwarding(F)インターフェイスに転送される場合に、RPF インターフェイスに設定します。

Forwarding(F):上記のように A フラグとともに使用されます。一連の転送インターフェイスによって、マルチキャスト olist(出力インターフェイス リスト)が形成されます。

Signaling(S):インターフェイスでの入力パケットについて Cisco IOS のマルチキャスト ルーティング プロトコル プロセスに通知する必要がある場合に、そのインターフェイスに設定します。

Not Platform(NP)fast-switched:F フラグとともに使用します。出力インターフェイスをプラットフォーム ハードウェアによってファスト スイッチングできず、ソフトウェア転送が必要な場合に、転送インターフェイスは Not Platform fast-switched としてもマークされます。

たとえば、Supervisor Engine III を搭載した Catalyst 4506 スイッチは、トンネル インターフェイスをハードウェアでスイッチングできないため、これらのインターフェイスは NP フラグでマークされます。NP インターフェイスがルートに関連付けられている場合、Accepting インターフェイスに着信したすべての入力パケットのコピーは、ソフトウェア レプリケーションのためにスイッチ ソフトウェアの転送パスに送信されてから、NP インターフェイスに転送されます。

次の例では、アクティブなすべての MFIB ルートを表示する方法を示します。

Switch# show ip mfib
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry Flags: C - Directly Connected, S - Signal,
IC - Internal Copy
Interface Flags: A - Accept, F - Forward, NS - Signal,
NP - Not platform switched
Packets: Fast/Partial/Slow Bytes: Fast/Partial/Slow:
(171.69.10.13, 224.0.1.40), flags (IC)
Packets: 2292/2292/0, Bytes: 518803/0/518803
Vlan7 (A)
Vlan100 (F NS)
Vlan105 (F NS)
(*, 224.0.1.60), flags ()
Packets: 2292/0/0, Bytes: 518803/0/0
Vlan7 (A NS)
(*, 224.0.1.75), flags ()
Vlan7 (A NS)
(10.34.2.92, 239.192.128.80), flags ()
Packets: 24579/100/0, 2113788/15000/0 bytes
Vlan7 (F NS)
Vlan100 (A)
(*, 239.193.100.70), flags ()
Packets: 1/0/0, 1500/0/0 bytes
Vlan7 (A)
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip mfib counters

グローバル MFIB カウンタおよびアクティブなすべての MFIB ルートのカウンタをクリアします。

show ip mfib fastdrop

現在アクティブな高速ドロップ エントリをすべて表示し、高速ドロップがイネーブルかどうかを表示するには、 show ip mfib fastdrop コマンドを使用します。

show ip mfib fastdrop

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、現在アクティブな高速ドロップ エントリをすべて表示し、高速ドロップがイネーブルかどうかを表示する方法を示します。

Switch# show ip mfib fasttdrop
MFIB fastdrop is enabled.
MFIB fast-dropped flows:
(10.0.0.1, 224.1.2.3, Vlan9 ) 00:01:32
(10.1.0.2, 224.1.2.3, Vlan9 ) 00:02:30
(1.2.3.4, 225.6.7.8, Vlan3) 00:01:50
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip mfib fastdrop

MFIB 高速ドロップ エントリをすべてクリアします。

show ip mroute

IP マルチキャスト ルーティング テーブル情報を表示するには、 show ip mroute コマンドを使用します。

show ip mroute [ interface_type slot / port | host_name | host_address [ source ] | active [ kbps | interface_type num ] | count | pruned | static | summary ]

 
構文の説明

interface_type
slot/port

(任意)インターフェイス タイプおよびスロットとポートの番号です。 interface type の有効な値は、 fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet null および vlan です。

host_name

(任意)DNS ホスト テーブルで定義されている名前または IP アドレスです。

host_address
source

(任意)マルチキャスト送信元の IP アドレスまたは名前です。

active

(任意)アクティブな送信元がマルチキャスト グループへ送信しているレートを表示します。

kbps
interface_type num

(任意)アクティブな送信元がマルチキャスト グループへ送信している最小レートです。このレート以上で送信しているアクティブな送信元が表示されます。有効値の範囲は 1 ~ 4294967295 kbps です。

count

(任意)ルートおよびパケット数の情報を表示します。

pruned

(任意)プルーニングされたルートを表示します。

static

(任意)スタティック マルチキャスト ルートを表示します。

summary

(任意)IP マルチキャスト ルーティング テーブル内の各エントリの概要を 1 行で表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

任意の引数およびキーワードをすべて省略した場合、 show ip mroute コマンドでは IP マルチキャスト ルーティング テーブル内のすべてのエントリが表示されます。

show ip mroute active kbps コマンドでは、 kbps 以上のレートで送信しているすべての送信元が表示されます

マルチキャスト ルーティング テーブルには、送信元、スターのグループ(S,G)エントリ、グループ(*,G)エントリを作成することで入力されます。スターはすべての送信元アドレス、「S」は単一の送信元アドレス、「G」は宛先マルチキャスト グループ アドレスを意味します。(S,G)エントリの作成では、(Reverse Path Forwarding(RPF; リバース パス転送)によって)ユニキャスト ルーティング テーブル内で見つかったその宛先グループへの最適パスが使用されます。

次の例では、IP マルチキャスト ルーティング テーブル内のすべてのエントリを表示する方法を示します。

Switch# show ip mroute
 
IP Multicast Routing Table
Flags:D - Dense, S - Sparse, s - SSM Group, C - Connected, L - Local,
P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag, T - SPT-bit set,
J - Join SPT, M - MSDP created entry, X - Proxy Join Timer Running
A - Advertised via MSDP, U - URD, I - Received Source Specific Host
Report
Outgoing interface flags:H - Hardware switched
Timers:Uptime/Expires
Interface state:Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode
 
(*, 230.13.13.1), 00:16:41/00:00:00, RP 10.15.1.20, flags:SJC
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20
Outgoing interface list:
GigabitEthernet4/9, Forward/Sparse-Dense, 00:16:41/00:00:00, H
 
(*, 230.13.13.2), 00:16:41/00:00:00, RP 10.15.1.20, flags:SJC
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet4/9, Forward/Sparse-Dense, 00:16:41/00:00:00, H
 
(10.20.1.15, 230.13.13.1), 00:14:31/00:01:40, flags:CJT
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet4/9, Forward/Sparse-Dense, 00:14:31/00:00:00, H
(132.206.72.28, 224.2.136.89), 00:14:31/00:01:40, flags:CJT
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20, RPF-MFD
Outgoing interface list:Null
Switch#
 

次の例では、アクティブな送信元がマルチキャスト グループへ送信しているレートを表示し、デフォルトを超えるレートで送信しているアクティブな送信元だけを表示する方法を示します。

Switch# show ip mroute active
 
Active IP Multicast Sources - sending > = 4 kbps
 
Group: 224.2.127.254, (sdr.cisco.com)
Source: 146.137.28.69 (mbone.ipd.anl.gov)
Rate: 1 pps/4 kbps(1sec), 4 kbps(last 1 secs), 4 kbps(life avg)
 
Group: 224.2.201.241, ACM 97
Source: 130.129.52.160 (webcast3-e1.acm97.interop.net)
Rate: 9 pps/93 kbps(1sec), 145 kbps(last 20 secs), 85 kbps(life avg)
 
Group: 224.2.207.215, ACM 97
Source: 130.129.52.160 (webcast3-e1.acm97.interop.net)
Rate: 3 pps/31 kbps(1sec), 63 kbps(last 19 secs), 65 kbps(life avg)
Switch#
 

次の例では、ルートおよびパケット数の情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip mroute count
IP Multicast Statistics
56 routes using 28552 bytes of memory
13 groups, 3.30 average sources per group
Forwarding Counts:Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts:Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)
 
Group:224.2.136.89, Source count:1, Group pkt count:29051
Source:132.206.72.28/32, Forwarding:29051/-278/1186/0, Other:85724/8/56665
Switch#
 

次の例では、サマリー情報を表示する方法を示します。

Switch# show ip mroute summary
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, s - SSM Group, C - Connected, L - Local,
P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag, T - SPT-bit set,
J - Join SPT, M - MSDP created entry, X - Proxy Join Timer Running
A - Advertised via MSDP, U - URD, I - Received Source Specific Host
Report
Outgoing interface flags: H - Hardware switched
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode
 
Switch#
 

表 2-23 に、この出力で表示されるフィールドの説明を示します。

 

表 2-23 show ip mroute のフィールドの説明

フィールド
説明

Flags:

エントリに関する情報です。

D - Dense

エントリはデンス モードで動作しています。

S - Sparse

エントリはスパース モードで動作しています。

s - SSM Group

エントリは SSM グループのメンバーです。

C - Connected

マルチキャスト グループのメンバーは、直接接続されたインターフェイス上に存在します。

L - Local

スイッチはマルチキャスト グループのメンバーです。

P - Pruned

ルートがプルーニングされています。この情報は、ダウンストリーム メンバーが送信元に参加する場合に保持されます。

R - Rp-bit set

(S,G)エントリのステータスであり、RP を指している(S,G)エントリです。R - Rp-bit set は、通常、特定の送信元に関する共有ツリーに沿ったプルーニング ステートです。

F - Register flag

ソフトウェアのステータスであり、ソフトウェアがマルチキャスト送信元について登録されているかどうかを示します。

T - SPT-bit set

パケットのステータスであり、パケットが最短パス送信元ツリーで受信されているかどうかを示します。

J - Join SPT

(*, G)エントリの場合、共有ツリーの下方向に流れるトラフィックのレートが、グループに対して設定された SPT-Threshold を超えていることを示します(デフォルトの SPT-Threshold 設定は 0 kbps です)。J - Join SPT フラグが設定されている場合に、共有ツリーの下流で次の(S,G)パケットが受信されると、送信元の方向に(S,G)join がトリガーされ、これによりスイッチは送信元ツリーに参加します。

(S, G)エントリの場合、グループの SPT-Threshold を超えたためにエントリが作成されたことを示します。(S,G)エントリに J - Join SPT フラグが設定されている場合、スイッチは送信元ツリー上のトラフィック レートをモニタします。送信元ツリー上のトラフィック レートがグループの SPT-Threshold を 1 分を超えて下回った場合、スイッチはこの送信元の共有ツリーに再び切り替えようとします。

スイッチは共有ツリー上のトラフィック レートを測定し、測定したレートとグループの SPT-Threshold を 1 秒ごとに比較します。トラフィック レートが SPT-Threshold を超えた場合は、トラフィック レートの次の測定まで、(*, G)エントリに J- Join SPT フラグが設定されます。次のパケットが共有ツリーに着信し、新しい測定間隔が開始されると、フラグはクリアされます。

グループにデフォルトの SPT-Threshold 値(0 Kbps)が使用されている場合、(*, G)エントリには常に J- Join SPT フラグが設定され、クリアされません。デフォルトの SPT-Threshold 値が使用されている場合に、新しい送信元からのトラフィックが受信されると、スイッチはただちに最短パス ツリーに切り替えます。

Outgoing interface flag:

発信エントリに関する情報です。

H - Hardware switched

エントリはハードウェアによりスイッチングされます。

Timer:

アップタイム/期限切れ。

Interface state:

インターフェイス、ネクストホップまたは VCD、ステート/モード。

(*, 224.0.255.1)
(198.92.37.100/32, 224.0.255.1)

IP マルチキャスト ルーティング テーブルのエントリです。このエントリは、送信元スイッチの IP アドレスと、それに続くマルチキャスト グループの IP アドレスで構成されます。送信元スイッチの代わりにアスタリスク(*)がある場合は、すべての送信元を意味します。

最初の形式のエントリは、(*,G)または「スター カンマ G」エントリと呼ばれます。2 番目の形式のエントリは、(S,G)または「S カンマ G」エントリと呼ばれます。(*,G)エントリは、(S,G)エントリを作成するために使用されます。

uptime

IP マルチキャスト ルーティング テーブル内にエントリが存在する時間(時間、分、秒)です。

expires

発信インターフェイスの IP マルチキャスト ルーティング テーブルからエントリが削除されるまでの時間(時間、分、秒)です。

RP

RP スイッチのアドレスです。スパース モードで動作するスイッチおよびアクセス サーバの場合、このアドレスは常に 0.0.0.0 です。

flags:

エントリに関する情報です。

Incoming interface

送信元からのマルチキャスト パケット用のインターフェイスです。このインターフェイスで受信されなかった場合、パケットは廃棄されます。

RPF neighbor

送信元に対するアップストリーム スイッチの IP アドレスです。「Tunneling」は、このスイッチが RP へのデータを Register パケットにカプセル化して送信していることを示します。カッコ内の 16 進数は、登録先の RP を示します。1 つのグループに複数の RP が使用されている場合、各ビットは異なる RP を示します。

DVMRP または Mroute

RPF 情報が、DVMRP ルーティング テーブルまたはスタティック mroute コンフィギュレーションのいずれから取得されるかを示すステータスです。

Outgoing interface list

パケットが転送される際に通過したインターフェイスです。インターフェイスで ip pim nbma - mode コマンドがイネーブルの場合、PIM ネイバーの IP アドレスも表示されます。

Ethernet0

発信インターフェイスの名前および番号です。

Next hop または VCD

Next hop は、ダウンストリーム ネイバーの IP アドレスを指定します。VCD は、仮想回線記述子番号を指定します。VCD0 は、グループがスタティックマップ仮想回線を使用していることを意味します。

Forward/Dense

パケットのステータスであり、アクセス リストまたは TTL しきい値による制限がない場合に、パケットがインターフェイス上で転送されるかどうかを示します。スラッシュ(/)の後ろは、インターフェイスの動作モード(dense または sparse)です。

Forward/Sparse

スパース モード インターフェイスが転送モードです。

time/time
(uptime/expiration time)

インターフェイスごとの、IP マルチキャスト ルーティング テーブル内にエントリが存在する時間(時間、分、秒)です。スラッシュ(/)の後ろは、IP マルチキャスト ルーティング テーブルからエントリが削除されるまでの時間(時間、分、秒)です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip multicast-routing (Cisco IOS のマニュアルを参照)

IP マルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

ip pim (Cisco IOS のマニュアルを参照)

インターフェイスで Protocol Independent Multicast(PIM)をイネーブルにします。

show ip source binding

システムで設定されている IP ソース バインディングを表示するには、 show ip source binding EXEC コマンドを使用します。

show ip source binding [ ip-address ] [ mac-address ] [ dhcp-snooping | static ] [ vlan vlan-id ] [ interface interface-name ]

 
構文の説明

ip-address

(任意)バインディング IP アドレスです。

mac-address

(任意)バインディング MAC アドレスです。

dhcp-snooping

(任意)DHCP スヌーピング タイプ バインディングです。

static

(任意)スタティックに設定されたバインディングです。

vlan vlan-id

(任意)VLAN の番号です。

interface interface-name

(任意)バインディング インターフェイスです。

 
デフォルト

スタティック バインディングと DHCP スヌーピング バインディングの両方を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

任意のパラメータによって、出力結果がフィルタリングされます。

次の例では、IP ソース バインディングを表示する方法を示します。

Switch# show ip source binding
MacAddress IpAddress Lease(sec) Type VLAN Interface
------------------ --------------- ---------- ------------- ---- --------------------
00:00:00:0A:00:0B 11.0.0.1 infinite static 10 FastEthernet6/10
 
Switch#
 

次の例では、IP アドレス 11.0.01 のスタティック IP バインディング エントリを表示する方法を示します。

Switch# show ip source binding 11.0.0.1 0000.000A.000B static vlan 10 interface Fa6/10
show ip source binding 11.0.0.1 0000.000A.000B static vlan 10 interface Fa6/10
MacAddress IpAddress Lease(sec) Type VLAN Interface
------------------ --------------- ---------- ------------- ---- --------------------
00:00:00:0A:00:0B 11.0.0.1 infinite static 10 FastEthernet6/10 Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip source binding

スタティック IP ソース バインディング エントリを追加または削除します。

show ip verify source

特定のインターフェイスの IP ソース ガード設定およびフィルタを表示するには、 show ip verify source コマンドを使用します。

show ip verify source [ interface interface_num ]

 
構文の説明

interface interface_num

(任意)インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、show ip verify source interface コマンドを使用して、特定のインターフェイスの IP ソース ガード設定およびフィルタを表示する方法を示します。

次の出力は、VLAN 10 ~ 20 で DHCP スヌーピングがイネーブルであり、インターフェイス fa6/1 で IP ソース フィルタ モードが IP として設定されており、VLAN 10 に既存の IP アドレス バインディング 10.0.0.1 がある場合に表示されます。

Interface Filter-type Filter-mode IP-address Mac-address Vlan
--------- ----------- ----------- --------------- -------------- ---------
fa6/1 ip active 10.0.0.1 10
fa6/1 ip active deny-all 11-20
 

) 2 番目のエントリは、有効な IP ソース バインディングを持たないスヌーピング対応 VLAN のポートに、デフォルトの PVACL(すべての IP トラフィックを拒否)が設定されていることを示しています。


次の出力は、show ip verify source interface fa6/2 コマンドを入力したときに、VLAN 10 ~ 20 で DHCP スヌーピングがイネーブルであり、インターフェイス fa6/1 で IP ソース フィルタ モードが IP として設定されており、VLAN 10 に既存の IP アドレス バインディング 10.0.0.1 がある場合に表示されます。

Interface Filter-type Filter-mode IP-address Mac-address Vlan
--------- ----------- ----------- --------------- -------------- ---------
fa6/2 ip inactive-trust-port
 

次の出力は、show ip verify source interface fa6/3 コマンドを入力したときに、DHCP スヌーピングがイネーブルである VLAN がインターフェイス fa6/3 にない場合に表示されます。

Interface Filter-type Filter-mode IP-address Mac-address Vlan
--------- ----------- ----------- --------------- -------------- ---------
fa6/3 ip inactive-no-snooping-vlan
 

次の出力は、show ip verify source interface fa6/4 コマンドを入力したときに、インターフェイス fa6/4 で IP ソース フィルタ モードが IP MAC として設定されており、既存の IP MAC が VLAN 10 で 10.0.0.2/aaaa.bbbb.cccc をバインドし、VLAN 11 で 11.0.0.1/aaaa.bbbb.cccd をバインドする場合に表示されます。

Interface Filter-type Filter-mode IP-address Mac-address Vlan
--------- ----------- ----------- --------------- -------------- ---------
fa6/4 ip-mac active 10.0.0.2 aaaa.bbbb.cccc 10
fa6/4 ip-mac active 11.0.0.1 aaaa.bbbb.cccd 11
fa6/4 ip-mac active deny-all deny-all 12-20
 

次の出力は、show ip verify source interface fa6/5 コマンドを入力したときに、インターフェイス fa6/5 で IP ソース フィルタ モードが IP MAC として設定されており、既存の IP MAC が VLAN 10 で 10.0.0.3/aaaa.bbbb.ccce をバインドするが、fa6/5 でポート セキュリティがイネーブルではない場合に表示されます。

Interface Filter-type Filter-mode IP-address Mac-address Vlan
--------- ----------- ----------- --------------- -------------- ---------
fa6/5 ip-mac active 10.0.0.3 permit-all 10
fa6/5 ip-mac active deny-all permit-all 11-20
 

) DHCP セキュリティ MAC フィルタはポートまたは VLAN には適用できないため、最初にポート セキュリティをイネーブルにします。


次の出力は、show ip verify source interface fa6/6 コマンドを入力し、インターフェイス fa6/6 で IP ソース フィルタ モードが設定されていない場合に表示されます。

DHCP security is not configured on the interface fa6/6.

 

次の例では、show ip verify source コマンドを使用して、DHCP スヌーピング セキュリティと IP ポート セキュリティ トラッキングがイネーブルであるスイッチ上のすべてのインターフェイスを表示する方法を示します。

この出力は、インターフェイスごとの show CLI をまとめたものです。

Interface Filter-type Filter-mode IP-address Mac-address Vlan
--------- ----------- ----------- --------------- -------------- ---------
fa6/1 ip active 10.0.0.1 10
fa6/1 ip active deny-all 11-20
fa6/2 ip inactive-trust-port
Fa6/3 ip trk active 40.1.1.24 10
Fa6/3 ip trk active 40.1.1.20 10
Fa6/3 ip trk active 40.1.1.21 10
fa6/4 ip-mac active 10.0.0.2 aaaa.bbbb.cccc 10
fa6/4 ip-mac active 11.0.0.1 aaaa.bbbb.cccd 11
fa6/4 ip-mac active deny-all deny-all 12-20
fa6/5 ip-mac active 10.0.0.3 permit-all 10
fa6/5 ip-mac active deny-all permit-all 11-20

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping information option

DHCP オプション 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが 1 秒あたりに受信することのできる DHCP メッセージの数を設定します。

ip dhcp snooping trust

信頼できる VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping

IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan

VLAN の IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

ip source binding

スタティック IP ソース バインディング エントリを追加または削除します。

ip verify source

信頼できないレイヤ 2 インターフェイス上で IP ソース ガードをイネーブルにします。

show ip source binding

DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示します。

show ipc

IPC 情報を表示するには、 show ipc コマンドを使用します。

show ipc { nodes | ports | queue | status }

 
構文の説明

nodes

参加ノードを表示します。

ports

ローカル IPC ポートを表示します。

queue

IPC 再送信キューの内容を表示します。

status

ローカル IPC サーバのステータスを表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(12c)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、参加ノードを表示する方法を示します。

Switch# show ipc nodes
There are 3 nodes in this IPC realm.
ID Type Name Last Last
Sent Heard
10000 Local IPC Master 0 0
2010000 Local GALIOS IPC:Card 1 0 0
2020000 Ethernet GALIOS IPC:Card 2 12 26
Switch#
 

次の例では、ローカル IPC ポートを表示する方法を示します。

Switch# show ipc ports
There are 11 ports defined.
 
Port ID Type Name (current/peak/total)
10000.1 unicast IPC Master:Zone
10000.2 unicast IPC Master:Echo
10000.3 unicast IPC Master:Control
10000.4 unicast Remote TTY Server Port
10000.5 unicast GALIOS RF :Active
index = 0 seat_id = 0x2020000 last sent = 0 heard = 1635 0/1/1635
 
10000.6 unicast GALIOS RED:Active
index = 0 seat_id = 0x2020000 last sent = 0 heard = 2 0/1/2
 
2020000.3 unicast GALIOS IPC:Card 2:Control
2020000.4 unicast GALIOS RFS :Standby
2020000.5 unicast Slave: Remote TTY Client Port
2020000.6 unicast GALIOS RF :Standby
2020000.7 unicast GALIOS RED:Standby
 
RPC packets: current/peak/total
0/1/17
Switch#
 

次の例では、IPC 再送信キューの内容を表示する方法を示します。

Switch# show ipc queue
There are 0 IPC messages waiting for acknowledgement in the transmit queue.
There are 0 IPC messages waiting for a response.
There are 0 IPC messages waiting for additional fragments.
There are 0 IPC messages currently on the IPC inboundQ.
There are 0 messages currently in use by the system.
Switch#
 

次の例では、ローカル IPC サーバのステータスを表示する方法を示します。

Switch# show ipc status
IPC System Status:
 
This processor is the IPC master server.
 
6000 IPC message headers in cache
3363 messages in, 1680 out, 1660 delivered to local port,
1686 acknowledgements received, 1675 sent,
0 NACKS received, 0 sent,
0 messages dropped on input, 0 messages dropped on output
0 no local port, 0 destination unknown, 0 no transport
0 missing callback or queue, 0 duplicate ACKs, 0 retries,
0 message timeouts.
0 ipc_output failures, 0 mtu failures,
0 msg alloc failed, 0 emer msg alloc failed, 0 no origs for RPC replies
0 pak alloc failed, 0 memd alloc failed
0 no hwq, 1 failed opens, 0 hardware errors
No regular dropping of IPC output packets for test purposes
Switch#

show ipv6 mld snooping

スイッチまたは VLAN の IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スヌーピング設定を表示するには、 show ipv6 mld snooping コマンドを使用します。

show ipv6 mld snooping [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(40)SG

このコマンドが、Catalyst 4500 に追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチまたは特定の VLAN の MLD スヌーピングの設定を表示するのにこのコマンドを使用します。

1002 ~ 1005 の VLAN 番号は、トークンリング VLAN および FDDI VLAN のために予約されているため、MLD スヌーピングには使用できません。

次の例では、 show ipv6 mld snooping vlan コマンドの出力を示します。ここでは、特定の VLAN のスヌーピング特性を表示します。

Switch> show ipv6 mld snooping vlan 100
Global MLD Snooping configuration:
-------------------------------------------
MLD snooping : Enabled
MLDv2 snooping (minimal) : Enabled
Listener message suppression : Enabled
TCN solicit query : Disabled
TCN flood query count : 2
Robustness variable : 3
Last listener query count : 2
Last listener query interval : 1000
 
Vlan 100:
--------
MLD snooping : Disabled
MLDv1 immediate leave : Disabled
Explicit host tracking : Enabled
Multicast router learning mode : pim-dvmrp
Robustness variable : 3
Last listener query count : 2
Last listener query interval : 1000
 

次の例では、 show ipv6 mld snooping コマンドの出力を示します。ここでは、スイッチ上の VLAN すべてのスヌーピング特性を表示します。

Switch> show ipv6 mld snooping
Global MLD Snooping configuration:
-------------------------------------------
MLD snooping : Enabled
MLDv2 snooping (minimal) : Enabled
Listener message suppression : Enabled
TCN solicit query : Disabled
TCN flood query count : 2
Robustness variable : 3
Last listener query count : 2
Last listener query interval : 1000
 
Vlan 1:
--------
MLD snooping : Disabled
MLDv1 immediate leave : Disabled
Explicit host tracking : Enabled
Multicast router learning mode : pim-dvmrp
Robustness variable : 1
Last listener query count : 2
Last listener query interval : 1000
 
<output truncated>
 
Vlan 951:
--------
MLD snooping : Disabled
MLDv1 immediate leave : Disabled
Explicit host tracking : Enabled
Multicast router learning mode : pim-dvmrp
Robustness variable : 3
Last listener query count : 2
Last listener query interval : 1000
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 mld snooping

IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スヌーピングをグローバルに、または指定した VLAN でイネーブルにします。

show ipv6 mld snooping mrouter

スイッチまたは VLAN に対してダイナミックに学習され、手動で設定された IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スイッチ ポートを表示するには、 show ipv6 mld snooping mrouter コマンドを使用します。

show ipv6 mld snooping mrouter [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(40)SG

このコマンドが、Catalyst 4500 に追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、スイッチまたは特定の VLAN の MLD スヌーピング スイッチ ポートを表示します。

1002 ~ 1005 の VLAN 番号は、トークンリング VLAN および FDDI VLAN のために予約されているため、MLD スヌーピングには使用できません。

次の例では、 show ipv6 mld snooping mrouter コマンドの出力を示します。ここでは、スイッチ上で MLD スヌーピングに参加しているすべての VLAN のスヌーピング特性が表示されます。

Switch> show ipv6 mld snooping mrouter
Vlan ports
---- -----
2 Gi1/0/11(dynamic)
72 Gi1/0/11(dynamic)
200 Gi1/0/11(dynamic)
 

次の例では、 show ipv6 mld snooping mrouter vlan コマンドの出力を示します。ここでは、特定の VLAN のマルチキャスト スイッチ ポートが表示されます。

Switch> show ipv6 mld snooping mrouter vlan 100
Vlan ports
---- -----
2 Gi1/0/11(dynamic)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 mld snooping

IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スヌーピングをグローバルに、または指定した VLAN でイネーブルにします。

ipv6 mld snooping vlan

VLAN インターフェイスで IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スヌーピング パラメータを設定します。

show ipv6 mld snooping querier

スイッチまたは VLAN によって受信された最新の IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スヌーピング クエリア関連情報を表示するには、 show ipv6 mld snooping querier コマンドを使用します。

show ipv6 mld snooping querier [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 1001 および 1006 ~ 4094 です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(40)SG

このコマンドが、Catalyst 4500 に追加されました。

 
使用上のガイドライン

MLD クエリー メッセージを送信する検出された装置( クエリア とも呼ばれる)の MLD バージョンおよび IPv6 アドレスを表示するには、 show ipv6 mld snooping querier コマンドを使用します。サブネットは複数のマルチキャスト スイッチを持つことができますが、MLD クエリアは 1 つだけです。クエリアには、レイヤ 3 スイッチを指定できます。

show ipv6 mld snooping querier コマンド出力は、クエリアが検出された VLAN およびインターフェイスも表示します。クエリアがスイッチの場合は、コマンド出力の Port フィールドに Router と表示されます。クエリアがルータの場合は、出力の Port フィールドに、クエリアを学習したポートの番号が表示されます。

show ipv6 mld snoop querier vlan コマンドの出力では、外部または内部クエリアからのクエリー メッセージに応答して受信された情報を表示します。特定の VLAN 上のスヌーピング ロバストネス変数などのユーザ設定の VLAN 値は表示されません。このクエリア情報は、スイッチが送信する MASQ メッセージ上でのみ使用します。クエリー メッセージに応答しないメンバーを期限切れにするのに使用するユーザ設定のロバストネス変数は無効にはなりません。

1002 ~ 1005 の VLAN 番号は、トークンリング VLAN および FDDI VLAN のために予約されているため、MLD スヌーピングには使用できません。

次の例では、 show ipv6 mld snooping querier コマンドの出力を示します。

Switch> show ipv6 mld snooping querier
Vlan IP Address MLD Version Port
-------------------------------------------------------------
2 FE80::201:C9FF:FE40:6000 v1 Gi3/0/1
 

次の例では、 show ipv6 mld snooping querier vlan コマンドの出力を示します。

Switch> show ipv6 mld snooping querier vlan 2
IP address : FE80::201:C9FF:FE40:6000
MLD version : v1
Port : Gi3/0/1
Max response time : 1000s

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 mld snooping

IP version 6(IPv6)Multicast Listener Discovery(MLD; マルチキャスト リスナー検出)スヌーピングをグローバルに、または指定した VLAN でイネーブルにします。

ipv6 mld snooping last-listener-query-count

クライアントを期限切れにする前に送信される IP version 6(IPv6)マルチキャスト リスナー検出 Mulitcast Address Specific Queries(MASQ)を設定します。

ipv6 mld snooping last-listener-query-interval

スイッチまたは VLAN 上の IP version 6(IPv6)MLD スヌーピングの last-listener クエリー間隔を設定します。

ipv6 mld snooping robustness-variable

応答しないリスナーを削除する前にスイッチが送信する IP version 6(IPv6)MLD クエリーの数を設定します。

ipv6 mld snooping tcn

IP version 6(IPv6)MLD Topology Change Notification(TCN; トポロジ変更通知)を設定します。

show issu capability

クライアントの ISSU 機能を表示するには、 show issu capability コマンドを使用します。

show issu capability { entries | groups | types } [ client_id ]

 
構文の説明

entries

1 つの機能エントリに含まれている機能タイプおよび依存機能タイプのリストを表示します。エントリ内のタイプは独立である場合もあります。

groups

機能エントリのリストをプライオリティ順(セッションでネゴシエートされる順序)で表示します。

types

特定の機能を識別する ID を表示します。

client_id

(任意)ISSU インフラストラクチャに登録されているクライアントを識別します。

クライアント ID のリストを取得するには、show issu clients コマンドを使用します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

ここでの機能とは、ISSU クライアントがサポートでき、ピアとの相互運用のために必要となる機能のことです。

ISSU-aware クライアントがピアとのセッションを確立すると、ISSU ネゴシエーションが開始されます。ISSU インフラストラクチャは、登録されている情報を使用して、セッション中に使用される機能およびメッセージ バージョンをネゴシエートします。

次の例では、IP ホスト ISSU クライアント(clientid=2082)の ISSU 機能タイプを表示する方法を示します。

Switch#show issu capability types 2082
Client_ID = 2082, Entity_ID = 1 :
Cap_Type = 0
Switch#
 

次の例では、IP ホスト ISSU クライアント(clientid=2082)の ISSU 機能エントリを表示する方法を示します。

Switch#show issu capability entries 2082
Client_ID = 2082, Entity_ID = 1 :
Cap_Entry = 1 :
Cap_Type = 0
Switch#
 

次の例では、IP ホスト ISSU クライアント(clientid=2082)の ISSU 機能グループを表示する方法を示します。

Switch#show issu capability groups 2082
Client_ID = 2082, Entity_ID = 1 :
Cap_Group = 1 :
Cap_Entry = 1
Cap_Type = 0
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu clients

ISSU クライアントを表示するには、 show issu clients コマンドを使用します。

show issu clients [ peer_uid ]

 
構文の説明

peer_uid

(任意)ピア スーパーバイザ エンジンの ISSU インフラストラクチャに登録されているクライアントのリストを表示します。

 
デフォルト

コマンドが入力されたスーパーバイザ エンジンの ISSU インフラストラクチャに登録されているクライアントのリストを表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

ISSU バージョニング機能を実装するには、システムの初期化時に、クライアントは最初にクライアント自体、クライアント機能、およびクライアント メッセージ情報を ISSU インフラストラクチャに登録する必要があります。

次の例では、ISSU クライアントを表示する方法を示します。

Switch# show issu clients
Client_ID = 2, Client_Name = ISSU Proto client, Entity_Count = 1
Client_ID = 3, Client_Name = ISSU RF, Entity_Count = 1
Client_ID = 4, Client_Name = ISSU CF client, Entity_Count = 1
Client_ID = 5, Client_Name = ISSU Network RF client, Entity_Count = 1
Client_ID = 7, Client_Name = ISSU CONFIG SYNC, Entity_Count = 1
Client_ID = 8, Client_Name = ISSU ifIndex sync, Entity_Count = 1
Client_ID = 9, Client_Name = ISSU IPC client, Entity_Count = 1
Client_ID = 10, Client_Name = ISSU IPC Server client, Entity_Count = 1
Client_ID = 11, Client_Name = ISSU Red Mode Client, Entity_Count = 1
Client_ID = 100, Client_Name = ISSU rfs client, Entity_Count = 1
Client_ID = 110, Client_Name = ISSU ifs client, Entity_Count = 1
Client_ID = 200, Client_Name = ISSU Event Manager client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2002, Client_Name = CEF Push ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2003, Client_Name = ISSU XDR client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2004, Client_Name = ISSU SNMP client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2010, Client_Name = ARP HA, Entity_Count = 1
Client_ID = 2012, Client_Name = ISSU HSRP Client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2021, Client_Name = XDR Int Priority ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2022, Client_Name = XDR Proc Priority ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2023, Client_Name = FIB HWIDB ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2024, Client_Name = FIB IDB ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2025, Client_Name = FIB HW subblock ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2026, Client_Name = FIB SW subblock ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2027, Client_Name = Adjacency ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2028, Client_Name = FIB IPV4 ISSU client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2054, Client_Name = ISSU process client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2058, Client_Name = ISIS ISSU RTR client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2059, Client_Name = ISIS ISSU UPD client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2067, Client_Name = ISSU PM Client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2068, Client_Name = ISSU PAGP_SWITCH Client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2070, Client_Name = ISSU Port Security client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2071, Client_Name = ISSU Switch VLAN client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2072, Client_Name = ISSU dot1x client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2073, Client_Name = ISSU STP, Entity_Count = 1
Client_ID = 2077, Client_Name = ISSU STP MSTP, Entity_Count = 1
Client_ID = 2078, Client_Name = ISSU STP IEEE, Entity_Count = 1
Client_ID = 2079, Client_Name = ISSU STP RSTP, Entity_Count = 1
Client_ID = 2081, Client_Name = ISSU DHCP Snooping client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2082, Client_Name = ISSU IP Host client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2083, Client_Name = ISSU Inline Power client, Entity_Count = 1
Client_ID = 2084, Client_Name = ISSU IGMP Snooping client, Entity_Count = 1
Client_ID = 4001, Client_Name = ISSU C4K Chassis client, Entity_Count = 1
Client_ID = 4002, Client_Name = ISSU C4K Port client, Entity_Count = 1
Client_ID = 4003, Client_Name = ISSU C4K Rkios client, Entity_Count = 1
Client_ID = 4004, Client_Name = ISSU C4K HostMan client, Entity_Count = 1
Client_ID = 4005, Client_Name = ISSU C4k GaliosRedundancy client, Entity_Count = 1
 
Base Clients:
Client_Name = ISSU Proto client
Client_Name = ISSU RF
Client_Name = ISSU CF client
Client_Name = ISSU Network RF client
Client_Name = ISSU CONFIG SYNC
Client_Name = ISSU ifIndex sync
Client_Name = ISSU IPC client
Client_Name = ISSU IPC Server client
Client_Name = ISSU Red Mode Client
Client_Name = ISSU rfs client
Client_Name = ISSU ifs client
Client_Name = ISSU Event Manager client
Client_Name = CEF Push ISSU client
Client_Name = ISSU XDR client
Client_Name = ARP HA
Client_Name = XDR Int Priority ISSU client
Client_Name = XDR Proc Priority ISSU client
Client_Name = FIB HWIDB ISSU client
Client_Name = FIB IDB ISSU client
Client_Name = FIB HW subblock ISSU client
Client_Name = FIB SW subblock ISSU client
Client_Name = Adjacency ISSU client
Client_Name = FIB IPV4 ISSU client
Client_Name = ISSU process client
Client_Name = ISSU PM Client
Client_Name = ISSU C4K Chassis client
Client_Name = ISSU C4K Port client
Client_Name = ISSU C4K Rkios client
Client_Name = ISSU C4K HostMan client
Client_Name = ISSU C4k GaliosRedundancy client

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu capability

クライアントの ISSU 機能を表示します。

show issu entities

ISSU エンティティ情報を表示します。

show issu comp-matrix

In Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)互換性マトリクスに関する情報を表示するには、 show issu comp-matrix コマンドを使用します。

show issu comp-matrix { negotiated | stored | xml }

 
構文の説明

negotiated

ネゴシエートされた互換性マトリクス情報を表示します。

stored

保存された互換性マトリクス情報を表示します。

xml

ネゴシエートされた互換性マトリクス情報を XML 形式で表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

ISSU を試みる前に、アクティブおよびスタンバイ スーパーバイザ エンジンでの、新旧の Cisco IOS ソフトウェア バージョン間の互換性レベルを確認しておく必要があります。2 つのバージョンに互換性がないと、ISSU は機能しません。

互換性マトリクスは Cisco.com で参照できます。したがって、ISSU プロセスでアップグレードを実行できるかどうかも事前に確認できます。ISSU プロセス中、およびあとから互換性マトリクスを表示するには、 show issu comp-matrix コマンドを入力します。特定のシステムにおける 2 つのソフトウェア バージョン間の互換性マトリクス データのネゴシエーションの情報を表示するには、 show issu comp-matrix negotiated コマンドを使用します。

互換性マトリクス データは、ISSU 機能をサポートする各 Cisco IOS ソフトウェア イメージとともに保存されます。保存された互換性マトリクス情報を表示するには、 show issu comp-matrix stored コマンドを使用します。

互換性マトリクス情報は、あらゆる IOS ISSU イメージに組み込まれます。ISSU インフラストラクチャは、スタンバイ スーパーバイザ エンジンとの通信が確立されるとすぐに、マトリクス ルックアップを実行します。ルックアップ操作からは、次の 3 つの結果が考えられます。

互換性あり:基本レベルのシステム インフラストラクチャおよびすべての任意の HA-aware サブシステムに互換性があります。これらのバージョン間のインサービス アップグレードまたはダウングレードは成功し、サービスへの影響は最小限です。

基本レベルの互換性あり:任意の HA-aware サブシステムの 1 つ以上に互換性がありません。これらのバージョン間のインサービス アップグレードまたはダウングレードは成功しますが、一部のサブシステムはスイッチオーバー時にステートを維持できません。インサービス アップグレードまたはダウングレードを試みる前に、スイッチの動作およびサービスへの影響について慎重に検討する必要があります。

互換性なし:SSO が正しく機能するには、一連のコア システム インフラストラクチャがステートフルな形式で実行可能である必要があります。これらの「必須」の機能またはサブシステムのいずれかが、2 つの異なる IOS イメージ間で互換性がない場合、2 つのバージョンの Cisco IOS イメージは「互換性なし」と見なされます。つまり、これらのバージョン間のインサービス アップグレードまたはダウングレードは不可能です。アクティブ スーパーバイザ エンジンとスタンバイ スーパーバイザ エンジンで IOS のバージョンが異なる間、システムは RPR モードで動作します。

次の例では、ネゴシエートされた互換性マトリクス情報を表示します。

Switch# show issu comp-matrix negotiated
 
CardType: WS-C4507R(112), Uid: 2, Image Ver: 12.2(31)SGA
Image Name: cat4500-ENTSERVICES-M
 
Cid Eid Sid pSid pUid Compatibility
=======================================================
2 1 262151 3 1 COMPATIBLE
3 1 262160 5 1 COMPATIBLE
4 1 262163 9 1 COMPATIBLE
5 1 262186 25 1 COMPATIBLE
7 1 262156 10 1 COMPATIBLE
8 1 262148 7 1 COMPATIBLE
9 1 262155 1 1 COMPATIBLE
10 1 262158 2 1 COMPATIBLE
11 1 262172 6 1 COMPATIBLE
100 1 262166 13 1 COMPATIBLE
110 113 262159 14 1 COMPATIBLE
200 1 262167 24 1 COMPATIBLE
2002 1 - - - UNAVAILABLE
2003 1 262185 23 1 COMPATIBLE
2004 1 262175 16 1 COMPATIBLE
2008 1 262147 26 1 COMPATIBLE
2008 1 262168 27 1 COMPATIBLE
2010 1 262171 32 1 COMPATIBLE
2012 1 262180 31 1 COMPATIBLE
2021 1 262170 41 1 COMPATIBLE
2022 1 262152 42 1 COMPATIBLE
2023 1 - - - UNAVAILABLE
2024 1 - - - UNAVAILABLE
2025 1 - - - UNAVAILABLE
2026 1 - - - UNAVAILABLE
2027 1 - - - UNAVAILABLE
2028 1 - - - UNAVAILABLE
2054 1 262169 8 1 COMPATIBLE
2058 1 262154 29 1 COMPATIBLE
2059 1 262179 30 1 COMPATIBLE
2067 1 262153 12 1 COMPATIBLE
2068 1 196638 40 1 COMPATIBLE
2070 1 262145 21 1 COMPATIBLE
2071 1 262178 11 1 COMPATIBLE
2072 1 262162 28 1 COMPATIBLE
2073 1 262177 33 1 COMPATIBLE
2077 1 262165 35 1 COMPATIBLE
2078 1 196637 34 1 COMPATIBLE
2079 1 262176 36 1 COMPATIBLE
2081 1 262150 37 1 COMPATIBLE
2082 1 262161 39 1 COMPATIBLE
2083 1 262184 20 1 COMPATIBLE
2084 1 262183 38 1 COMPATIBLE
4001 101 262181 17 1 COMPATIBLE
4002 201 262164 18 1 COMPATIBLE
4003 301 262182 19 1 COMPATIBLE
4004 401 262146 22 1 COMPATIBLE
4005 1 262149 4 1 COMPATIBLE
 
Message group summary:
Cid Eid GrpId Sid pSid pUid Nego Result
=============================================================
2 1 1 262151 3 1 Y
3 1 1 262160 5 1 Y
4 1 1 262163 9 1 Y
5 1 1 262186 25 1 Y
7 1 1 262156 10 1 Y
8 1 1 262148 7 1 Y
9 1 1 262155 1 1 Y
10 1 1 262158 2 1 Y
11 1 1 262172 6 1 Y
100 1 1 262166 13 1 Y
110 113 115 262159 14 1 Y
200 1 1 262167 24 1 Y
2002 1 2 - - - N - did not negotiate
2003 1 1 262185 23 1 Y
2004 1 1 262175 16 1 Y
2008 1 1 262147 26 1 Y
2008 1 2 262168 27 1 Y
2010 1 1 262171 32 1 Y
2012 1 1 262180 31 1 Y
2021 1 1 262170 41 1 Y
2022 1 1 262152 42 1 Y
2023 1 1 - - - N - did not negotiate
2024 1 1 - - - N - did not negotiate
2025 1 1 - - - N - did not negotiate
2026 1 1 - - - N - did not negotiate
2027 1 1 - - - N - did not negotiate
2028 1 1 - - - N - did not negotiate
2054 1 1 262169 8 1 Y
2058 1 1 262154 29 1 Y
2059 1 1 262179 30 1 Y
2067 1 1 262153 12 1 Y
2068 1 1 196638 40 1 Y
2070 1 1 262145 21 1 Y
2071 1 1 262178 11 1 Y
2072 1 1 262162 28 1 Y
2073 1 1 262177 33 1 Y
2077 1 1 262165 35 1 Y
2078 1 1 196637 34 1 Y
2079 1 1 262176 36 1 Y
2081 1 1 262150 37 1 Y
2082 1 1 262161 39 1 Y
2083 1 1 262184 20 1 Y
2084 1 1 262183 38 1 Y
4001 101 1 262181 17 1 Y
4002 201 1 262164 18 1 Y
4003 301 1 262182 19 1 Y
4004 401 1 262146 22 1 Y
4005 1 1 262149 4 1 Y
 
List of Clients:
Cid Client Name Base/Non-Base
================================================
2 ISSU Proto client Base
3 ISSU RF Base
4 ISSU CF client Base
5 ISSU Network RF client Base
7 ISSU CONFIG SYNC Base
8 ISSU ifIndex sync Base
9 ISSU IPC client Base
10 ISSU IPC Server client Base
11 ISSU Red Mode Client Base
100 ISSU rfs client Base
110 ISSU ifs client Base
200 ISSU Event Manager clientBase
2002 CEF Push ISSU client Base
2003 ISSU XDR client Base
2004 ISSU SNMP client Non-Base
2008 ISSU Tableid Client Base
2010 ARP HA Base
2012 ISSU HSRP Client Non-Base
2021 XDR Int Priority ISSU cliBase
2022 XDR Proc Priority ISSU clBase
2023 FIB HWIDB ISSU client Base
2024 FIB IDB ISSU client Base
2025 FIB HW subblock ISSU clieBase
2026 FIB SW subblock ISSU clieBase
2027 Adjacency ISSU client Base
2028 FIB IPV4 ISSU client Base
2054 ISSU process client Base
2058 ISIS ISSU RTR client Non-Base
2059 ISIS ISSU UPD client Non-Base
2067 ISSU PM Client Base
2068 ISSU PAGP_SWITCH Client Non-Base
2070 ISSU Port Security clientNon-Base
2071 ISSU Switch VLAN client Non-Base
2072 ISSU dot1x client Non-Base
2073 ISSU STP Non-Base
2077 ISSU STP MSTP Non-Base
2078 ISSU STP IEEE Non-Base
2079 ISSU STP RSTP Non-Base
2081 ISSU DHCP Snooping clientNon-Base
2082 ISSU IP Host client Non-Base
2083 ISSU Inline Power client Non-Base
2084 ISSU IGMP Snooping clientNon-Base
4001 ISSU C4K Chassis client Base
4002 ISSU C4K Port client Base
4003 ISSU C4K Rkios client Base
4004 ISSU C4K HostMan client Base
4005 ISSU C4k GaliosRedundancyBase
 

次の例では、保存された互換性マトリクス情報を表示します。

Switch> show issu comp-matrix stored
 
Number of Matrices in Table = 1
 
(1) Matrix for cat4500-ENTSERVICES-M(112) - cat4500-ENTSERVICES-M(112)
==========================================
Start Flag (0xDEADBABE)
 
My Image ver: 12.2(31)SGA
Peer Version Compatibility
------------ -------------
12.2(31)SGA Comp(3)

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu sessions

指定したクライアントの ISSU セッション情報を表示します。

show issu endpoints

ISSU エンドポイント情報を表示するには、 show issu endpoints コマンドを使用します。

show issu endpoints

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

エンドポイントは、冗長ドメイン内の実行ユニットです。Catalyst 4500 シリーズ スイッチ冗長シャーシには、2 つのエンドポイント(1 および 2)だけがあります。これらはスーパーバイザ エンジンのスロット番号に対応しています。ISSU インフラストラクチャは、これら 2 つのエンドポイント間で通信を行って、セッションを確立し、ISSU クライアントのセッション ネゴシエーションを実行します。

次の例では、ISSU エンドポイントを表示する方法を示します。

Switch# show issu endpoints
My_Unique_ID = 1/0x1, Client_Count = 46
 
This endpoint communicates with 1 peer endpoints :
Peer_Unique_ID CAP VER XFORM ERP Compatibility
2/0x2 1 1 1 1 Same
 
Shared Negotiation Session Info :
Nego_Session_ID = 15
Nego_Session_Name = shared nego session
Transport_Mtu = 4096
Ses_In_Use = 2
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu entities

ISSU エンティティ情報を表示するには、 show issu entities コマンドを使用します。

show issu entities [ client_id ]

 
構文の説明

client_id

(任意)ISSU クライアント ID です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

エンティティとは、いくつかの共通する属性(機能リスト、メッセージ タイプなど)を持つセッションの論理グループのことです。現在、Catalyst 4500 シリーズ スイッチのほとんどの ISSU クライアントのエンティティは 1 つだけです。

次の例では、指定した ISSU クライアントのエンティティ情報を表示する方法を示します。

Switch#show issu entities 2072
Client_ID = 2072 :
Entity_ID = 1, Entity_Name = ISSU dot1x entity :
MsgType MsgGroup CapType CapEntry CapGroup
Count Count Count count Count
28 1 1 1 1
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu fsm


) このコマンドはエンドユーザ用ではありません。


ISSU セッションに対応する ISSU Finite State Machine(FSM; 有限状態マシン)情報を表示するには、 show issu fsm コマンドを使用します。

show issu fsm [ session_id ]

 
構文の説明

session_id

(任意)指定したセッションの FSM の詳細を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、LOADVERSION 後の ISSU の状態を表示および確認します。

Switch# show issu fsm 26
Session_ID = 26 :
FSM_Name Curr_State Old_State Error_Reason
FSM_L1 TRANS A_VER none
FSM_L2_HELLO EXIT RCVD none
FSM_L2_A_CAP A_EXIT A_RSP none
FSM_L2_P_CAP P_INIT unknown none
FSM_L2_A_VER A_EXIT A_RES_RSP none
FSM_L2_P_VER P_INIT unknown none
FSM_L2_TRANS COMP COMP none
Current FSM is FSM_L2_TRANS
Session is compatible
Negotiation started at 00:01:07.688, duration is 0.148 seconds
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu sessions

指定したクライアントの ISSU セッション情報を表示します。

show issu message

指定した ISSU クライアントのチェックポイント メッセージを表示するには、 show issu message コマンドを使用します。

show issu message { groups | types } [ client_id ]

 
構文の説明

groups

指定したクライアントでサポートされているメッセージ グループの情報を表示します。

types

指定したクライアントでサポートされているすべてのメッセージ タイプの情報を表示します。

client_id

(任意)クライアント ID を指定します。

 
デフォルト

クライアント ID を指定しない場合は、ISSU インフラストラクチャに登録されているすべてのクライアントについてメッセージ グループまたはメッセージ タイプ情報が表示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

メッセージは、2 つのエンドポイント間で送信された同期データ(チェックポイント データとも呼ばれる)です。

ISSU-aware クライアントがピアとのセッションを確立すると、ISSU ネゴシエーションが開始されます。ISSU インフラストラクチャは、登録されている情報を使用して、セッション中に使用される機能およびメッセージ バージョンをネゴシエートします。

次の例では、Client_id 2082 のメッセージ グループを表示する方法を示します。

Switch#show issu message groups 2082
Client_ID = 2082, Entity_ID = 1 :
Message_Group = 1 :
Message_Type = 1, Version_Range = 1 ~ 2
Message_Type = 2, Version_Range = 1 ~ 2
Switch#
 

次の例では、Client_id 2082 のメッセージ タイプを表示する方法を示します。

Switch#show issu message types 2082
Client_ID = 2082, Entity_ID = 1 :
Message_Type = 1, Version_Range = 1 ~ 2
Message_Ver = 1, Message_Mtu = 12
Message_Ver = 2, Message_Mtu = 8
Message_Type = 2, Version_Range = 1 ~ 2
Message_Ver = 1, Message_Mtu = 32
Message_Ver = 2, Message_Mtu = 28
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu negotiated

ISSU クライアントのネゴシエートされた機能およびメッセージ バージョン情報を表示するには、 show issu negotiated コマンドを使用します。

show issu negotiated { capability | version } [ session_id ]

 
構文の説明

capability

ネゴシエートされたすべての機能を表示します。

version

ネゴシエートされたすべてのメッセージの詳細を表示します。

session_id

(任意)機能またはバージョン情報を表示する ISSU セッション ID を指定します。

 
デフォルト

すべての ISSU セッションについて、ネゴシエートされた機能およびバージョン情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、特定のグループのメッセージ タイプを表示する方法を示します。

Switch# show issu negotiated capability 26
Session_ID = 26 :
Cap_Type = 0, Cap_Result = 1 No cap value assigned
 
Switch# show issu negotiated version 26
Session_ID = 26 :
Message_Type = 1, Negotiated_Version = 1, Message_MTU = 44
Message_Type = 2, Negotiated_Version = 1, Message_MTU = 4

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu sessions

指定したクライアントの ISSU セッション情報を表示します。

show issu rollback-timer

ISSU ロールバック タイマーのステータスを表示するには、 show issu rollback-timer コマンドを使用します。

show issu rollback-timer

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

次の例では、ロールバック タイマーのステータスを表示する方法を示します。

Switch#show issu rollback-timer
Rollback Process State = Not in progress
Configured Rollback Time = 45:00
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

issu acceptversion

ロールバック タイマーを停止し、ISSU プロセス中に新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージが自動的に停止されないようにします。

issu runversion

アクティブ スーパーバイザ エンジンからスタンバイ スーパーバイザ エンジンに強制的に変更し、新たにアクティブとなったスーパーバイザ エンジンで issu loadversion コマンドで指定した新しいイメージを実行します。

show issu sessions

指定したクライアントの ISSU セッション情報を表示するには、 show issu sessions コマンドを使用します。

show issu sessions [ client_id ]

 
構文の説明

client_id

(任意)ISSU クライアント ID を指定します。

 
デフォルト

ISSU インフラストラクチャに登録されているすべてのクライアントのセッション情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

セッションは双方向であり、2 つのエンドポイント間で信頼性の高い接続が確立されます。同期データおよびネゴシエーション メッセージは、セッションを介してピア エンドポイントに送信されます。Catalyst 4500 シリーズ スイッチでは、各 ISSU-aware クライアントにはエンドポイントごとに最大 1 つのセッションがあります。

ISSU-aware クライアントがピアとのセッションを確立すると、ISSU ネゴシエーションが開始されます。ISSU インフラストラクチャは、登録されている情報を使用して、セッション中に使用される機能およびメッセージ バージョンをネゴシエートします。

次の例では、ロールバック タイマーのステータスを表示する方法を示します。

Switch#show issu sessions 2072
Client_ID = 2072, Entity_ID = 1 :
 
*** Session_ID = 26, Session_Name = dot1x :
 
Peer Peer Negotiate Negotiated Cap Msg Session
UniqueID Sid Role Result GroupID GroupID Signature
2 26 PRIMARY COMPATIBLE 1 1 0
(no policy)
 
Negotiation Session Info for This Message Session:
Nego_Session_ID = 26
Nego_Session_Name = dot1x
Transport_Mtu = 17884
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show issu clients

ISSU クライアントを表示します。

show issu state

ISSU プロセス中に ISSU の状態および現在起動されているイメージの名前を表示するには、 show issu state コマンドを使用します。

show issu state [ slot_number ] [ detail ]

 
構文の説明

slot_number

(任意)ISSU の状態を表示する必要のあるスロット番号(1 または 2)を指定します。

detail

(任意)アクティブおよびスタンバイ スーパーバイザ エンジンの状態に関する詳細情報を表示します。

 
デフォルト

アクティブ スーパーバイザ エンジンとスタンバイ スーパーバイザ エンジン両方の ISSU の状態および現在起動されているイメージの名前が表示されます。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SGA

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco IOS ソフトウェアがスタンバイ スーパーバイザ エンジンにロードされ、スタンバイ スーパーバイザ エンジンが SSO モードに移行するには、 issu loadversion コマンドを入力してから数秒かかる場合があります。 show issu state コマンドの入力が早すぎると、必要な情報が表示されない場合があります。

次の例では、LOADVERSION 後の ISSU の状態を表示および確認します。

Switch# show issu state detail
Slot = 1
RP State = Active
ISSU State = Load Version
Boot Variable = bootflash:old_image,12
Operating Mode = Stateful Switchover
Primary Version = bootflash:old_image
Secondary Version = bootflash:new_image
Current Version = bootflash:old_image
 
Slot = 2
RP State = Standby
ISSU State = Load Version
Boot Variable = bootflash:new_image,12;bootflash:old_image,12
Operating Mode = Stateful Switchover
Primary Version = bootflash:old_image
Secondary Version = bootflash:new_image
Current Version = bootflash:new_image
 
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

issu abortversion

進行中の ISSU アップグレードまたはダウングレード プロセスを中止し、スイッチをプロセス開始前の状態に戻します。

issu acceptversion

ロールバック タイマーを停止し、ISSU プロセス中に新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージが自動的に停止されないようにします。

issu commitversion

新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージを新しいスタンバイ スーパーバイザ エンジンにロードします。

issu loadversion

ISSU プロセスを開始します。

issu runversion

アクティブ スーパーバイザ エンジンをスタンバイ スーパーバイザ エンジンに強制的に切り替え、新たにアクティブとなったスーパーバイザ エンジンで、指定した新規イメージを実行します。

show l2protocol-tunnel

レイヤ 2 プロトコル トンネル ポートに関する情報を表示するには、 show l2protocol-tunnel コマンドを使用します。このコマンドは、プロトコル トンネリングがイネーブルなインターフェイスに関する情報を表示します。

show l2protocol-tunnel [ interface interface-id ] [[ summary ] | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)プロトコル トンネリング情報を表示するインターフェイスを指定します。有効なインターフェイスは、物理ポートとポート チャネルです。ポート チャネルの使用範囲は 1 ~ 64 です。

summary

(任意)レイヤ 2 プロトコル サマリー情報だけを表示します。

begin

(任意) expression と一致する行から情報の表示を開始します。

exclude

(任意) expression と一致する行を情報の表示から除外します。

include

(任意)指定した expression と一致する行を表示します。

expression

(任意)参照ポイントとして使用する出力内の式です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(18)EW

このコマンドが、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに初めて追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

l2protocol-tunnel コマンドを使用してアクセス ポートまたは 802.1Q トンネル ポートのレイヤ 2 プロトコル トンネリングをイネーブルにしたあと、次のパラメータの一部またはすべてを設定できます。

トンネリングするプロトコル タイプ

シャットダウンしきい値

ドロップしきい値

show l2protocol-tunnel [ interface interface-id ] コマンドを入力すると、すべてのパラメータが設定されたアクティブ ポートに関する情報だけが表示されます。

show l2protocol-tunnel summary コマンドを入力すると、一部またはすべてのパラメータが設定されたアクティブ ポートに関する情報だけが表示されます。

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show l2protocol-tunnel コマンドの出力を示します。

Switch> show l2protocol-tunnel
COS for Encapsulated Packets: 5
 
Port Protocol Shutdown Drop Encapsulation Decapsulation Drop
Threshold Threshold Counter Counter Counter
------- -------- --------- --------- ------------- ------------- -------------
Fa0/10 --- ---- ---- ---- ---- ----
stp ---- ---- 9847 1866 0
vtp ---- ---- 77 12 0
pagp ---- ---- 859 860 0
lacp ---- ---- 0 0 0
udld ---- ---- 219 211 0
Fa0/11 cdp 1100 ---- 2356 2350 0
stp 1100 ---- 116 13 0
vtp 1100 ---- 3 67 0
pagp ---- 900 856 5848 0
lacp ---- 900 0 0 0
udld ---- 900 0 0 0
Fa0/12 cdp ---- ---- 2356 0 0
stp ---- ---- 11787 0 0
vtp ---- ---- 81 0 0
pagp ---- ---- 0 0 0
lacp ---- ---- 849 0 0
udld ---- ---- 0 0 0
Fa0/13 cdp ---- ---- 2356 0 0
stp ---- ---- 11788 0 0
vtp ---- ---- 81 0 0
pagp ---- ---- 0 0 0
lacp ---- ---- 849 0 0
udld ---- ---- 0 0 0
Switch#
 

次の例では、 show l2protocol-tunnel summary コマンドの出力を示します。

Switch> show l2protocol-tunnel summary
COS for Encapsulated Packets: 5
 
Port Protocol Shutdown Drop Status
Threshold Threshold
(cdp/stp/vtp) (cdp/stp/vtp)
(pagp/lacp/udld) (pagp/lacp/udld)
------- ----------- ---------------- ---------------- ----------
Fa0/10 --- stp vtp ----/----/---- ----/----/---- up
pagp lacp udld ----/----/---- ----/----/----
Fa0/11 cdp stp vtp 1100/1100/1100 ----/----/---- up
pagp lacp udld ----/----/---- 900/ 900/ 900
Fa0/12 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- up
pagp lacp udld ----/----/---- ----/----/----
Fa0/13 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- up
pagp lacp udld ----/----/---- ----/----/----
Fa0/14 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- down
pagp ---- udld ----/----/---- ----/----/----
Fa0/15 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- down
pagp ---- udld ----/----/---- ----/----/----
Fa0/16 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- down
pagp lacp udld ----/----/---- ----/----/----
Fa0/17 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- down
pagp lacp udld ----/----/---- ----/----/----
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2protocol-tunnel

インターフェイスでプロトコル トンネリングをイネーブルにします。

l2protocol-tunnel cos

すべてのトンネリング レイヤ 2 プロトコル パケットに対して Class of Service(CoS; サービス クラス)値を設定します。

show lacp

LACP 情報を表示するには、 show lacp コマンドを使用します。

show lacp [ channel-group ] { counters | internal | neighbors | sys-id }

 
構文の説明

channel-group

(任意)チャネル グループ数です。有効値の範囲は 1 ~ 64 です。

counters

LACP 統計情報を表示します。

internal

内部情報を表示します。

neighbors

ネイバー情報を表示します。

sys-id

LACP システム ID を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(13)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Supervisor Engine I を搭載しているシステムではサポートされません。

channel-group を指定しない場合は、すべてのチャネル グループが表示されます。

任意の channel-group を入力すると、 sys-id キーワードを除くすべてのキーワードのチャネル グループを指定できます。

次の例では、特定のチャネル グループの LACP 統計情報を表示する方法を示します。

Switch# show lacp 1 counters
LACPDUs Marker LACPDUs
Port Sent Recv Sent Recv Pkts Err
---------------------------------------------------
Channel group: 1
Fa4/1 8 15 0 0 3 0
Fa4/2 14 18 0 0 3 0
Fa4/3 14 18 0 0 0
Fa4/4 13 18 0 0 0
Switch#
 

出力には次の情報が表示されます。

LACPDUs Sent 列および Recv 列には、特定のインターフェイスで送受信された LACPDU が表示されます。

LACPDUs Pkts 列および Err 列には、マーカー プロトコル パケットが表示されます。

次の例では、特定のチャネルに属するインターフェイスの内部情報を表示する方法を示します。

Switch# show lacp 1 internal
Flags: S - Device sends PDUs at slow rate. F - Device sends PDUs at fast rate.
A - Device is in Active mode. P - Device is in Passive mode.
 
Channel group 1
LACPDUs LACP Port Admin Oper Port Port
Port Flags State Interval Priority Key Key Number State
Fa4/1 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc1 0x75
Fa4/2 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc2 0x75
Fa4/3 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc3 0x75
Fa4/4 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc4 0x75
Switch#
 

表 2-24 に、出力フィールドの定義を示します。

 

表 2-24 show lacp internal コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

State

現時点での特定のポートの状態が表示されます。有効な値は次のとおりです。

bndl:ポートがアグリゲータに接続され、他のポートとバンドルされています。

susp:ポートが中断されている状態で、アグリゲータには接続されていません。

indep:ポートは independent ステートです。バンドルされませんがデータ トラフィックを切り替えます。この場合、LACP は相手側ポートで稼動していません。

hot-sby:ポートがホットスタンバイの状態です。

down:ポートがダウンしています。

LACPDUs Interval

内部設定。

LACP Port Priority

ポートのプライオリティ設定。

Admin Key

管理キー。

Oper Key

オペレータ キー。

Port Number

ポート番号。

Port State

ポートの状態変数。1 つのオクテット内で個々のビットとしてエンコードされ、次の意味があります [1]。

bit0:LACP のアクティビティ

bit1:LACP のタイムアウト

bit2:集約

bit3:同期

bit4:収集

bit5:配信

bit6:デフォルト

bit7:期限切れ

次の例では、特定のポート チャネルの LACP ネイバー情報を表示する方法を示します。

Switch# show lacp 1 neighbor
Flags: S - Device sends PDUs at slow rate. F - Device sends PDUs at fast rate.
A - Device is in Active mode. P - Device is in Passive mode.
 
Channel group 1 neighbors
Partner Partner
Port System ID Port Number Age Flags
Fa4/1 8000,00b0.c23e.d84e 0x81 29s P
Fa4/2 8000,00b0.c23e.d84e 0x82 0s P
Fa4/3 8000,00b0.c23e.d84e 0x83 0s P
Fa4/4 8000,00b0.c23e.d84e 0x84 0s P
 
Port Admin Oper Port
Priority Key Key State
Fa4/1 32768 200 200 0x81
Fa4/2 32768 200 200 0x81
Fa4/3 32768 200 200 0x81
Fa4/4 32768 200 200 0x81
Switch#
 

PDU が受信されていない場合は、波カッコ内にデフォルトの管理情報が表示されます。

次の例では、LACP システム ID を表示する方法を示します。

Switch> show lacp sys-id
8000,AC-12-34-56-78-90
Switch>
 

システム ID は、システム プライオリティおよびシステム MAC アドレスで構成されています。最初の 2 バイトはシステム プライオリティ、最後の 6 バイトはグローバルに管理されているシステム関連の個々の MAC アドレスです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

lacp port-priority

物理インターフェイスの LACP プライオリティを設定します。

lacp system-priority

LACP についてシステムのプライオリティを設定します。

show mab

MAC Authentication Bypass(MAB; MAC 認証バイパス)情報を表示するには、EXEC モードで show mab コマンドを使用します。

show mab { interface interface interface-number | all } [ detail ]

 
構文の説明

interface interface

(任意)インターフェイス タイプです。使用できる有効な値は、 gigabitethernet です。

interface-number

モジュールおよびポート番号です。

all

(任意)すべてのインターフェイスの MAB 情報を表示します。

detail

(任意)詳細な MAB 情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

ありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SG

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

表 2-25 に、 show mab コマンドの出力に表示される各フィールドを示します。

 

表 2-25 show mab コマンドの出力

フィールド
説明

Mac-Auth-Bypass

MAB のステート

Inactivity Timeout

非アクティビティ タイムアウト

Client MAC

クライアントの MAC アドレス

MAB SM state

MAB ステート マシンのステート

Auth Status

許可ステータス

表 2-26 に、MAB ステート マシンのステートとして表示される可能性のある値を示します。

 

表 2-26 MAB ステート マシンの値

ステート
ステートのレベル
説明

Initialize

中間

セッションの初期化時のステート

Acquiring

中間

セッションがクライアントの MAC アドレスを取得しているときのステート

Authorizing

中間

MAC ベースの許可中のセッションのステート

Terminate

終端

結果が取得されたあとのセッションのステート。終端ステートのセッションの場合、「TERMINATE」が表示されます。

表 2-27 に、MAB 許可ステータスとして表示される可能性のある値を示します。

 

表 2-27 MAB 許可ステータスの値

ステータス
説明

AUTHORIZED

セッションは正常に許可されました。

UNAUTHORIZED

セッションは許可されませんでした。

次の例では、MAB 情報を表示する方法を示します。

Switch# show mab all
MAB details for GigaEthernet1/3
-------------------------------------
Mac-Auth-Bypass = Enabled
Inactivity Timeout = None
Switch#
 

次の例では、詳細な MAB 情報を表示する方法を示します。

Switch# show mab all detail
MAB details for GigaEthernet1/3
-------------------------------------
Mac-Auth-Bypass = Enabled
Inactivity Timeout = None
MAB Client List
---------------
Client MAC = 000f.23c4.a401
MAB SM state = TERMINATE
Auth Status = AUTHORIZED
 

次の例では、特定のインターフェイスの MAB 情報を表示する方法を示します。

Switch# show mab interface GigaEthernet1/3
MAB details for GigaEthernet1/3
-------------------------------------
Mac-Auth-Bypass = Enabled
Inactivity Timeout = None
 

次の例では、特定のインターフェイスの詳細な MAB 情報を表示する方法を示します。

Switch# show mab interface gigabitethernet1/1 detail
MAB details for GigaEthernet1/1
-------------------------------------
Mac-Auth-Bypass = Enabled
Inactivity Timeout = None
MAB Client List
---------------
Client MAC = 000f.23c4.a401
MAB SM state = TERMINATE
Auth Status = AUTHORIZED
Switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mab

ポートで MAC Authorization Bypass(MAB)をイネーブルにして、設定します。

show mac access-group interface

レイヤ 2 インターフェイスの ACL コンフィギュレーションを表示するには、 show mac access-group interface コマンドを使用します。

show mac access-group interface [ interface interface-number ]

 
構文の説明

interface

(任意)インターフェイス タイプを指定します。有効な値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm port-channel 、および ge-wan です。

interface-number

(任意)ポート番号を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(19)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポート番号の有効な値は、使用するシャーシによって異なります。

次の例では、インターフェイス fast 6/1 の ACL コンフィギュレーションを表示する方法を示します。

Switch# show mac access-group interface fast 6/1
Interface FastEthernet6/1:
Inbound access-list is simple-mac-acl
Outbound access-list is not set

 
関連コマンド

コマンド
説明

access-group mode

優先モード(たとえば、VACL は PACL よりも優先されます)および非優先モード(たとえば、マージ モードまたはストリクト モード)を指定します。

show mac-address-table address

特定の MAC アドレスの MAC アドレス テーブル情報を表示するには、 show mac-address-table address コマンドを使用します。

show mac-address-table address mac_addr [ interface type slot/port | protocol protocol | vlan vlan_id ]

 
構文の説明

mac_addr

48 ビットの MAC アドレスです。有効な形式は H.H.H です。

interface type slot/port

(任意)特定のインターフェイスの情報を表示します。 type の有効な値は、 fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

protocol protocol

(任意)プロトコルを指定します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

vlan vlan_id

(任意)特定の VLAN だけのエントリを表示します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルーテッド ポートで使用される MAC アドレス テーブル エントリの場合、vlan 列には内部 VLAN 番号ではなくルーテッド ポート名が表示されます。

protocol 変数のキーワードの定義は、次のとおりです。

ip は、IP プロトコルを指定します。

ipx は、IPX プロトコルを指定します。

assigned は、割り当てられたプロトコル エントリを指定します。

other は、その他のプロトコル エントリを指定します。

次の例では、特定の MAC アドレスの MAC アドレス テーブル情報を表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table address 0030.94fc.0dff
Unicast Entries
vlan mac address type protocols port
-------+---------------+--------+---------------------+--------------------
1 0030.94fc.0dff static ip,ipx,assigned,other Switch
Fa6/1 0030.94fc.0dff static ip,ipx,assigned,other Switch
Fa6/2 0030.94fc.0dff static ip,ipx,assigned,other Switch
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac-address-table aging-time

MAC アドレス テーブルのエージング情報を表示します。

show mac-address-table count

現在 MAC アドレス テーブル内にあるエントリの数を表示します。

show mac-address-table dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリのみを表示します。

show mac-address-table interface

特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示します。

show mac-address-table vlan

特定の VLAN の MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table aging-time

MAC アドレスのエージング タイムを表示するには、show mac-address-table aging-time コマンドを使用します。

show mac-address-table aging-time [ vlan vlan_id ]

 
構文の説明

vlan vlan_id

(任意)VLAN を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張アドレッシングのサポートが追加されました。

次の例では、すべての VLAN について現在設定されているエージング タイムを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table aging-time
Vlan Aging Time
---- ----------
100 300
200 1000
 
Switch#
 

次の例では、特定の VLAN について現在設定されているエージング タイムを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table aging-time vlan 100
Vlan Aging Time
---- ----------
100 300
 
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac-address-table address

MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table count

現在 MAC アドレス テーブル内にあるエントリの数を表示します。

show mac-address-table dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリのみを表示します。

show mac-address-table interface

特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示します。

show mac-address-table vlan

特定の VLAN の MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table count

現在 MAC アドレス テーブル内にあるエントリの数を表示するには、show mac-address-table count コマンドを使用します。

show mac-address-table count [ vlan vlan_id ]

 
構文の説明

vlan vlan_id

(任意)VLAN を指定します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

次の例では、特定の VLAN のエントリ数を表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table count vlan 1
MAC Entries for Vlan 1:
Dynamic Unicast Address Count: 0
Static Unicast Address (User-defined) Count: 0
Static Unicast Address (System-defined) Count: 1
Total Unicast MAC Addresses In Use: 1
Total Unicast MAC Addresses Available: 32768
Multicast MAC Address Count: 1
Total Multicast MAC Addresses Available: 16384
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac-address-table address

MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table aging-time

MAC アドレス テーブルのエージング情報を表示します。

show mac-address-table dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリのみを表示します。

show mac-address-table interface

特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示します。

show mac-address-table vlan

特定の VLAN の MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示するには、 show mac-address-table dynamic コマンドを使用します。

show mac-address-table dynamic [ address mac_addr | interface type slot/port |
protocol protocol | vlan vlan_id ]

 
構文の説明

address mac_addr

(任意)48 ビットの MAC アドレスを指定します。有効な形式は H.H.H です。

interface type slot/port

(任意)照合するインターフェイスを指定します。 type の有効な値は、 fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

protocol protocol

(任意)プロトコルを指定します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

vlan vlan_id

(任意)特定の VLAN のエントリを表示します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

protocol 引数のキーワードの定義は、次のとおりです。

assigned は、割り当てられたプロトコル エントリを指定します。

ip は、IP プロトコルを指定します。

ipx は、IPX プロトコルを指定します。

other は、その他のプロトコル エントリを指定します。

EtherChannel インターフェイスの show mac-address-table dynamic コマンドの出力では、ポート番号の指定(5/7 など)はポート グループ番号(Po80 など)に変更されます。

ルーテッド ポートで使用される MAC アドレス テーブル エントリの場合、vlan 列には内部 VLAN 番号ではなくルーテッド ポート名が表示されます。

次の例では、すべてのダイナミック MAC アドレス エントリを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table dynamic
Unicast Entries
vlan mac address type protocols port
-------+---------------+--------+---------------------+--------------------
1 0000.0000.0201 dynamic ip FastEthernet6/15
1 0000.0000.0202 dynamic ip FastEthernet6/15
1 0000.0000.0203 dynamic ip,assigned FastEthernet6/15
1 0000.0000.0204 dynamic ip,assigned FastEthernet6/15
1 0000.0000.0205 dynamic ip,assigned FastEthernet6/15
2 0000.0000.0101 dynamic ip FastEthernet6/16
2 0000.0000.0102 dynamic ip FastEthernet6/16
2 0000.0000.0103 dynamic ip,assigned FastEthernet6/16
2 0000.0000.0104 dynamic ip,assigned FastEthernet6/16
2 0000.0000.0105 dynamic ip,assigned FastEthernet6/16
Switch#

 

次の例では、特定のプロトコル タイプ(この場合は assigned)のダイナミック MAC アドレス エントリを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table dynamic protocol assigned
Unicast Entries
vlan mac address type protocols port
-------+---------------+--------+---------------------+--------------------
1 0000.0000.0203 dynamic ip,assigned FastEthernet6/15
1 0000.0000.0204 dynamic ip,assigned FastEthernet6/15
1 0000.0000.0205 dynamic ip,assigned FastEthernet6/15
2 0000.0000.0103 dynamic ip,assigned FastEthernet6/16
2 0000.0000.0104 dynamic ip,assigned FastEthernet6/16
2 0000.0000.0105 dynamic ip,assigned FastEthernet6/16
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示します。

show mac-address-table vlan

特定の VLAN の MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table interface

特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブル情報を表示するには、 show mac-address-table interface コマンドを使用します。

show mac-address-table interface type slot/port

 
構文の説明

type

インターフェイス タイプです。有効な値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

slot/port

スロットおよびポートの番号です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(25)EW

10 ギガビット イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルーテッド ポートで使用される MAC アドレス テーブル エントリの場合、vlan 列には内部 VLAN 番号ではなくルーテッド ポート名が表示されます。

次の例では、特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブル情報を表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table interface fastethernet6/16
Unicast Entries
vlan mac address type protocols port
-------+---------------+--------+---------------------+--------------------
2 0000.0000.0101 dynamic other FastEthernet6/16
2 0000.0000.0102 dynamic other FastEthernet6/16
2 0000.0000.0103 dynamic other FastEthernet6/16
2 0000.0000.0104 dynamic other FastEthernet6/16
2 0000.0000.0105 dynamic other FastEthernet6/16
2 0000.0000.0106 dynamic other FastEthernet6/16
 
Multicast Entries
vlan mac address type ports
-------+---------------+-------+-------------------------------------------
2 ffff.ffff.ffff system Fa6/16
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac-address-table address

MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table aging-time

MAC アドレス テーブルのエージング情報を表示します。

show mac-address-table count

現在 MAC アドレス テーブル内にあるエントリの数を表示します。

show mac-address-table dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリのみを表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示します。

show mac-address-table vlan

特定の VLAN の MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブルに関する情報を表示するには、 show mac-address-table multicast コマンドを使用します。

show mac-address-table multicast [ count | {igmp-snooping [ count ]} | { user [ count ]} |
{ vlan vlan_num }]

 
構文の説明

count

(任意)マルチキャスト エントリの数を表示します。

igmp-snooping

(任意)IGMP スヌーピングによって学習されたアドレスだけを表示します。

user

(任意)ユーザが入力したスタティック アドレスだけを表示します。

vlan vlan_num

(任意)特定の VLAN だけの情報を表示します。有効値の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.1(8a)EW

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(12c)EW

拡張 VLAN アドレスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルーテッド ポートで使用される MAC アドレス テーブル エントリの場合、vlan 列には内部 VLAN 番号ではなくルーテッド ポート名が表示されます。

次の例では、特定の VLAN のマルチキャスト MAC アドレス テーブル情報を表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table multicast vlan 1
Multicast Entries
vlan mac address type ports
-------+---------------+-------+-------------------------------------------
1 ffff.ffff.ffff system Switch,Fa6/15
Switch#
 

次の例では、すべての VLAN のマルチキャスト MAC エントリ数を表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table multicast count
MAC Entries for all vlans:
Multicast MAC Address Count: 141
Total Multicast MAC Addresses Available: 16384
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac-address-table address

MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table aging-time

MAC アドレス テーブルのエージング情報を表示します。

show mac-address-table count

現在 MAC アドレス テーブル内にあるエントリの数を表示します。

show mac-address-table dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリのみを表示します。

show mac-address-table interface

特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけを表示します。

show mac-address-table vlan

特定の VLAN の MAC アドレス テーブル情報を表示します。

show mac-address-table notification

MAC アドレス テーブルの通知ステータスおよび履歴を表示するには、 show mac-address-table notification コマンドを使用します。

show mac-address-table notification [ change ] [ interface [ interface-id ]] | [ mac-move ] | [ threshold ] | [learn-fail]

 
構文の説明

change

(任意)MAC アドレスの変更通知ステータスを表示します。

interface

(任意)インターフェイスの MAC 変更情報を表示します

interface-id

(任意)特定のインターフェイスの情報を表示します。有効なインターフェイスは、物理ポートおよびポート チャネルです。

mac-move

(任意)MAC 移動通知ステータスを表示します。

threshold

(任意)MAC しきい値通知ステータスを表示します。

learn-fail

(任意)ハードウェア MAC 学習の失敗通知の一般情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(31)SG

このコマンドが Catalyst 4500 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(52)SG

learn-fail キーワード、Supervisor Engine 6-E、および Catalyst 4900M シャーシのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mac-address-table notification change コマンドを使用して、MAC 変更通知間隔、履歴テーブルで許可されるエントリの最大数、履歴テーブルの内容、および MAC 変更機能がイネーブルかディセーブルかを表示します。

すべてのインターフェイスのフラグを表示するには、 interface キーワードを使用します。 interface-id が含まれる場合、そのインターフェイスのフラグだけが表示されます。

次の例では、すべての MAC アドレス通知情報を表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table notification change
MAC Notification Feature is Enabled on the switch
Interval between Notification Traps : 1 secs
Number of MAC Addresses Added : 5
Number of MAC Addresses Removed : 1
Number of Notifications sent to NMS : 3
Maximum Number of entries configured in History Table : 500
Current History Table Length : 3
MAC Notification Traps are Enabled
History Table contents
----------------------
History Index 1, Entry Timestamp 478433, Despatch Timestamp 478433
MAC Changed Message :
Operation: Added Vlan: 1 MAC Addr: 1234.5678.9ab0 Dot1dBasePort: 323
History Index 2, Entry Timestamp 481834, Despatch Timestamp 481834
MAC Changed Message :
Operation: Added Vlan: 1 MAC Addr: 1234.5678.9ab1 Dot1dBasePort: 323
Operation: Added Vlan: 1 MAC Addr: 1234.5678.9ab2 Dot1dBasePort: 323
Operation: Added Vlan: 1 MAC Addr: 1234.5678.9ab3 Dot1dBasePort: 323
Operation: Added Vlan: 1 MAC Addr: 1234.5678.9ab4 Dot1dBasePort: 323
History Index 3, Entry Timestamp 484334, Despatch Timestamp 484334
MAC Changed Message :
Operation: Deleted Vlan: 1 MAC Addr: 1234.5678.9ab0 Dot1dBasePort: 323
Switch#
 

次の例では、ファスト イーサネット インターフェイス 7/1 の MAC アドレス変更ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table notification change interface FastEthernet 7/1
MAC Notification Feature is Enabled on the switch
Interface MAC Added Trap MAC Removed Trap
--------- -------------- ----------------
FastEthernet7/1 Enabled Disabled
 
Switch#
 

次の例では、MAC アドレス移動ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table notification mac-move
MAC Move Notification: Enabled
Switch#
 

次の例では、MAC アドレス テーブルの使用状況ステータスを表示する方法を示します。

Switch# show mac-address-table notification threshold
Status limit Interval
-------------+-----------+-------------
enabled 50 120
Switch#
 

次の例では、MAC 学習の失敗通知の一般情報を表示する方法を示します。

Switch# show mac address-table notification learn-fail
Status limit Interval
-------------+-----------+-------------
disabled 2000 120
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear mac-address-table

レイヤ 2 MAC アドレス テーブルから、アドレス エントリをクリアします。

mac-address-table notification

スイッチで MAC アドレス通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps

SNMP 通知(トラップまたはインフォーム)をイネーブルにします。

snmp trap mac-notification change

SNMP MAC アドレス通知をイネーブルにします。

show mac-address-table protocol

プロトコルに基づいて MAC アドレス テーブル情報を表示するには、 show mac-address-table protocol コマンドを使用します。

show mac-address-table protocol { assigned