Catalyst 4500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド リリース IOS XE 3.3.0SG および IOS 15.1(1)SG
索引
Index
発行日;2012/09/05 | 英語版ドキュメント(2012/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

Index

記号

.pcap ファイルへのキャプチャされたパケットの保存、Wireshark 56-4

数字

10/100 自動ネゴシエーション機能、強制 7-20

10 ギガビット イーサネット ポート

ギガビット イーサネット SFP ポートの配置 7-12, 7-13

10 ギガビット イーサネット ポートまたはギガビット イーサネット ポート

WS-X4606-10GE-E および Supervisor Engine 6-E への配置 7-13

1400 W DC SP トリプル入力電源装置

特記事項 12-19

1400 W DC 電源装置

特記事項 12-18

802.10 SAID(デフォルト) 15-5

802.1AE

標準 43-2

802.1Q

他の機能を備えたトンネル ポート 27-6

トランク 20-6

トンネリング

説明 27-2

他の機能との互換性 27-5

デフォルト 27-3

802.1Q VLAN

トランクの制約事項 17-5

802.1s

「MST」を参照

802.1w

「MST」を参照

802.1X

「ポートベースの認証」を参照

802.1x-REV 43-2

802.1X 許可ステートのポート 44-5

802.1X 認証

MAC 認証バイパスを使用 44-13

VLAN ユーザ分散 44-17

VLAN 割り当てを使用 44-11

Web ベース認証 44-15

音声 VLAN ポートを使用 44-23

クリティカル認証 44-15

ゲスト VLAN を使用 44-12

単方向制御ポート用 44-16

認証失敗 VLAN 割り当て 44-18

ポート セキュリティによる 44-20

802.1X ホスト モード 44-7

単一ホスト 44-8

マルチドメイン認証モード 44-8

マルチ認証モード 44-9

802.1X 無許可ステートのポート 44-5

802.3ad

「LACP」を参照

A

AAA 48-1

AAA(認証、許可、アカウンティング)。「ポートベースの認証」も参照 46-2

ACE

ACL 51-2

IP 1-38, 51-2

レイヤ 4 演算の制約事項 51-10

ACE および ACL 48-1

ACL

ACE 51-2

CPU への影響 51-12

IP、ポート ACL の一致基準 51-4

MAC 拡張 51-14

SPAN 55-6

Supervisor Engine 6-E の TCAM プログラミング 51-10

Supervisor Engine II-Plus から V-10GE の TCAM プログラミング 51-7

VLAN マップ 51-5

VLAN マップでの設定 51-27

同じスイッチでの互換性 51-3

概要 51-2

高 CPU のトラブルシューティング 51-7

サポートされるタイプ 51-3

処理 51-12

スイッチド パケットへの適用 51-27

制御パケットのキャプチャのモード選択 51-7

ダウンロード可能 46-7

ハードウェアおよびソフトウェアのサポート 51-6

ポート

音声 VLAN 51-5

定義済み 51-3

ルータ ACL の一致基準 51-3

ルーテッド パケットへの適用 51-28

レイヤ 3 インターフェイスへの IPv6 ACL の適用 51-18

ACL および VLAN マップ、例 51-20

ACL の設定、レイヤ 2 インターフェイスを表示する 51-34

ACL、レイヤ 2 インターフェイスに適用する 51-34

ACL 割り当てとリダイレクト URL、設定 44-39

ACL 割り当て、ポートベースの認証 44-21

ANCP クライアント

DHCP オプション 82 によるポートの識別 36-4

イネーブル化および設定 36-2

概要 36-1

注意事項および制約事項 36-5

プロトコルによるポートの識別 36-2

ANCP プロトコル

ポートの識別 36-2

AQM、DBL 経由の、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-34

ARP

定義済み 4-38

テーブル

アドレス解決 4-38

管理する 4-38

authentication open コマンド 44-9

Auth Manager サマリー、表示 44-115

Auth Manager セッション、インターフェイスの、確認 44-116

Auto-MDIX、ポート上の

概要 7-30

設定 7-31

設定の表示 7-32

Auto Smartports マクロ

IOS シェル 19-2, 19-11

「Smartports マクロ」も参照

イネーブル化 19-4

組み込みマクロ 19-5

設定時の注意事項 19-5

定義 1-2, 19-1

デフォルト設定 19-4

表示 19-14

Auto SmartPort 組み込みマクロ

パラメータの設定 19-7

Auto SmartPort ユーザ定義マクロ

設定 19-11

auto-sync コマンド 9-8, 10-8

B

BackboneFast

MST 20-24

「STP」も参照

概要 23-14

サポートされていない MST 20-24

スイッチの追加(図) 23-4

設定 23-17

リンク障害(図) 23-15, 23-16

BFD

およびハードウェア サポート 37-7

制約事項 37-2

設定

BGP のサポート 37-9

EIGRP のサポート 37-10

OSPF のサポート 37-11

Slow timer 37-15

インターフェイスのセッション パラメータ 37-8

エコー モード 37-15

スタティック ルーティングのサポート 37-13

ダイナミック ルーティング プロトコルのサポート 37-8

設定例

BGP ネットワークでの BFD 37-25

OSPF ネットワークでの BFD 37-21

スタティック ルーティングのサポート 37-27

デフォルトでイネーブルのエコー モードでの EIGRP ネットワークでの BFD 37-17

前提条件 37-2

動作 37-2

ネイバー関係 37-3

非対称性のないエコー モードのディセーブル化 37-16

モニタリングおよびトラブルシューティング 37-17

b flash コマンド 71-3

BGP 1-15

Multi-VRF CE によるルーティング セッション 39-13

boot bootldr コマンド 3-33

boot system flash コマンド 3-29

boot system コマンド 3-27, 3-33

boot コマンド 3-29, 71-3

BPDU

疑似ブリッジ 20-26

内容 20-4

メディア速度 20-2

BPDU ガード

MST 20-24

概要 23-8

設定 23-17

b コマンド 71-3

C

Call Home

アラート グループ 65-6

重大度しきい値 65-8

情報の表示 65-14

説明 1-22, 65-2

通信のテスト 65-11

デフォルト設定 65-19

メッセージ

形式オプション 65-2

メッセージ形式オプション 65-2

call home 65-1

mail-server プライオリティ 65-10

smart call home の機能 65-2

SMTP サーバ 65-9

宛先プロファイル 65-5

定期的な通知 65-8

電子メール オプションの設定 65-9

パターン マッチング 65-9

レート制限メッセージ 65-9

連絡先情報 65-4

Call Home 宛先プロファイル

属性 65-5

call home 宛先プロファイル

設定 65-5

説明 65-5

表示 65-17

Call Home アラート グループ

説明 65-6

call home アラート グループ

設定 65-6

登録 65-7

Call Home 通知

syslog のフルテキスト形式 65-26

call home 通知

syslog の XML 形式 65-29

call home の連絡先

情報の割り当て 65-4

CDP

LLDP での定義 29-1

インターフェイス上でのイネーブル化 28-3

概要 1-3, 28-1

コミュニティ内の自動検出 14-7

設定 28-2

設定の表示 28-3

ホスト表示の検出 44-9

メンテナンス 28-3

モニタリング 28-3

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-13

cdp enable コマンド 28-3

CEF 33-9

NSF/SSO 11-5

イネーブル化 33-6, 68-2

概要 33-1

ソフトウェア スイッチング 33-4

統計情報の表示 33-8

ハードウェア スイッチング 33-4

隣接関係テーブル 33-2

ロード バランシング 33-6

ロード バランシングの設定 33-7

CFM

EtherChannel サポート 63-8, 64-4

IP SLA ping またはジッタの手動による設定 63-19

IP SLA サポート 63-6

VLAN のクロスチェックの設定 63-12

Y.1731

説明 63-27

イーサネット OAM、設定 63-53

イーサネット OAM の相互動作 63-53

エンドポイント検出を使用した IP SLA 63-22

クリア 63-32

クロスチェック 63-5

障害アラーム

設定 63-17

障害アラームの設定 63-17

スタティック RMEP、設定 63-13, 63-14, 63-17, 63-18

スタティック RMEP チェック 63-5

スタティック リモート MEP の設定 63-13, 63-14, 63-17, 63-18

設定時の注意事項 63-8, 64-4

定義 63-2

ネットワーク パフォーマンスの測定 63-6

ポート MEP、設定 63-15

ポート MEP の設定 63-15

メンテナンス ドメイン 63-2

モニタリング 63-32, 63-33

リモート MEP 63-5

CGMP

概要 25-1

channel-group group コマンド 24-8, 24-10

Cisco 7600 シリーズ インターネット ルータ

SNMP のイネーブル化 70-4, 70-5

Cisco Discovery Protocol

「CDP」を参照

Cisco Group Management Protocol

「CGMP」を参照

Cisco IOS IP SLA 66-2

Cisco IOS NSF 対応サポート 11-2

Cisco IOS NSF 認識

サポート 11-2

Cisco IP Phone

音質 41-1

設定 41-3

Cisco TrustSec

クレデンシャル 43-10

スイッチ間セキュリティ

802.1x モード 43-11

設定例 43-14

スイッチ間のセキュリティ

手動モード 43-13

Cisco TrustSec ネットワーク デバイス アドミッション コントロール

「NDAC」を参照

CiscoWorks 2000 59-4

CIST

説明 20-23

clear cdp counters コマンド 28-4

clear cdp table コマンド 28-4

clear counters コマンド 7-37

clear ip eigrp neighbors コマンド 32-20

clear ip flow stats コマンド 60-10

CLI

1 レベル後退 2-5

ROM モニタ 2-7

アクセス 2-2

環境のモニタリング 55-1

クラスタを管理する 14-13

コマンドの取得 2-5

ソフトウェアの基礎知識 2-4

ヒストリ置換 2-3

モード 2-5

CoA 要求コマンド 44-98

config-register コマンド 3-30

config terminal コマンド 3-10

configure terminal コマンド 3-30, 7-2

confreg コマンド 71-3

copy running-config startup-config コマンド 3-11

copy system:running-config nvram:startup-config コマンド 3-33

CoS

Cisco IP Phone での変更 41-5

40-2

定義 40-3

プライオリティ 41-5

CPU、ACL 処理の影響 51-12

CPU ポートのスニッフィング 55-12

CST

IST 20-23

MST 20-23

説明 20-26

Customer Edge デバイス 39-2

C-VLAN 1-2, 27-7

D

description コマンド 7-23

dev コマンド 71-3

DHCP

DoS 攻撃、防止 50-14

設定

着信パケットのレート制限 50-14

パケットのレート制限

設定 50-14

DHCP オプション 82

概要 50-4

ポートの識別 36-4

DHCP スヌーピング

イネーブル化 50-8

イネーブル化、オプション 82 50-11

オプション 82 データ挿入 50-4

概要 50-1

集約スイッチ上でのイネーブル化 50-10

情報の表示 50-20

スヌーピング データベース エージェント 50-3

設定 50-7

設定の表示 50-20

データベース エージェントのイネーブル化 50-14

デフォルト設定 50-8

バインディング テーブルの表示 50-20

非信頼パケット形式エッジ スイッチを受信する 50-11

プライベート VLAN 上でのイネーブル化 50-13

メッセージ交換プロセス 50-4

モニタリング 50-25

DHCP スヌーピング データベース エージェント

TFTP ファイルからの読み取り(例) 50-18

イネーブル化(例) 50-16

概要 50-3

データベースへの追加(例) 50-19

DHCP ベースの自動設定

BOOTP との関係 3-3

概要 3-2

クライアント要求メッセージの交換 3-3

設定

サーバ側 3-4

設定する

DNS 3-5

TFTP サーバ 3-5

クライアント側 3-3

リレー デバイス 3-6

リース オプション

IP アドレス情報 3-4

設定ファイルを受信する 3-4

3-7

DiffServ アーキテクチャ、QoS 40-2

DiffServ コード ポイント値

「DSCP 値」を参照

dir device コマンド 71-3

disconnect コマンド 8-7

DNS

DHCP ベースの自動設定と 3-5

概要 4-15

設定する 4-16

設定を表示する 4-17

デフォルト設定 4-16

DoS 攻撃

IP アドレス スプーフィング、軽減 34-5

ユニキャスト RPF、展開 34-5

DSCP 値 1-7

IP precedence 40-2

定義 40-4

duplex コマンド 7-22

Dynamic Host Configuration Protocol スヌーピング

「DHCP スヌーピング」を参照

E

EAPOL フレーム

802.1X 認証 44-3

OTP 認証、例(図) 44-5, 44-14

開始 44-4

EAP フレーム

Request/Identity 44-4

Response/Identity 44-4

交換(図) 44-5, 44-7, 44-14

再送信回数の設定 44-85

再送信時間の変更 44-83

EGP

概要 1-15

EIGRP

設定例 32-20

モニタリングおよびメンテナンス 32-20

eigrp stub コマンド 32-19

EIGRP(拡張 IGRP)

概要 1-16

スタブ ルーティング

概要 32-14

確認 32-19

制約事項 32-18

設定 32-14

設定作業 32-19

利点 32-18

EIGRP スタブ ルーティング、設定 32-13

ELIN ロケーション 29-3

enable コマンド 3-9, 3-30

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol

「EIGRP」を参照

Enhanced PoE サポート、E シリーズでの 13-16

EPM ロギング 44-118

errdisable 回復

設定 13-15

EtherChannel

channel-group group コマンド 24-8, 24-10

interface port-channel コマンド 24-7

lacp システム プライオリティ

コマンド例 24-13

PAgP

概要 24-3

port-channel load-balance コマンド 24-14

Virtual Switch System への表示 24-16

インターフェイスの削除 24-15

概要 24-2

削除 24-15

設定 24-6 ~ 24-15

設定時の注意事項 24-5

物理インターフェイス設定 24-8

ポートチャネル インターフェイス 24-2

モード 24-3

レイヤ 2 の設定 24-10

レイヤ 3 の設定 24-7

EtherChannel ガード

イネーブルにする 23-6

概要 23-6

ディセーブルにする 23-7

Extensible Authentication Protocol over LAN 44-2

Exterior Gateway Protocol

「EGP」を参照

E シリーズでの Enhanced PoE サポート、ユニバーサル PoE を設定する 13-17

F

Fa0 ポート

「イーサネット管理ポート」を参照

fastethernet0 ポート

「イーサネット管理ポート」を参照

Fast UDLD

インターフェイスごとにイネーブル化 30-7

インターフェイスごとのイネーブル化 30-6

グローバルにイネーブル 30-5

使用例 30-2

ディセーブルになった LAN インターフェイスのリセット 30-8

デフォルト設定 30-3

動作モード 30-3

プローブ メッセージ インターバルの設定 30-8

リンク ステータスの表示 30-8

Fast UDLD、概要 30-1

FIB

「MFIB」も参照

説明 33-2

Flexible NetFlow

注意事項 62-1

定義 1-4, 62-1

Flex Link

VLAN ロード バランシングを設定する 21-9

設定 21-6, 21-7

設定時の注意事項 21-6

モニタリング 21-13

優先 VLAN の設定 21-10

frame コマンド 71-5

G

get-bulk-request オペレーション 59-3

get-next-request オペレーション 59-3, 59-4

get-request オペレーション 59-3, 59-4

get-response オペレーション 59-3

H

hello タイム(STP)

設定 20-18

HSRP

説明 1-14

hw-module module num power コマンド 12-20

I

ICMP

IP traceroute の実行 8-9

ping 8-7

Time-Exceeded メッセージ 8-9

イネーブル化 8-12

ICMP エコー動作

IP SLA 66-11

設定する 66-11

IDS

SPAN と RSPAN で使用 55-3

IEEE 802.1ag 63-2

IEEE 802.1s

「MST」を参照

IEEE 802.1w

「MST」を参照

IEEE 802.3ad

「LACP」を参照

IGMP

イネーブル化 35-15

設定可能な脱退タイマー 25-4

説明 35-3

即時脱退処理 25-3

脱退処理、イネーブルにする 26-8

明示的ホスト トラッキング 25-5

レポート抑制

ディセーブルにする 26-11

IGMP グループ

最大番号を設定する 25-23

IGMP スヌーピング

Explicit Host Tracking 25-11

IP マルチキャスト 35-4

イネーブル化

VLAN 上 25-7

グローバル 25-6

即時脱退処理

イネーブルとディセーブル 26-6

概要 25-1

設定

学習方式 25-7

脱退タイマー 25-9

マルチキャスト ルータへの静的な接続 25-8

設定時の注意事項 25-5

デフォルト設定 26-5, 26-6

ホストの静的な設定 25-12

マルチキャスト フラッディングの抑制 25-12

モニタリング 25-15, 26-11

IGMP スヌーピング クエリア、設定 25-10

IGMP スヌーピング、表示

MAC アドレス エントリ 25-18

VLAN インターフェイス上 25-19

クエリア情報 25-19

グループ 25-17

方法 25-15

ホスト メンバーシップ 25-16

マルチキャスト ルータ インターフェイス 25-18

IGMP 即時脱退

設定時の注意事項 25-9

IGMP フィルタリング

設定する 25-21

説明 25-21

デフォルト設定 25-21

モニタリング 25-24

IGMP プロファイル

コンフィギュレーション モード 25-21

設定する 25-21

適用する 25-22

interface port-channel コマンド 24-7

interface range macro コマンド 7-11

interface range コマンド 7-5

interface コマンド 3-10, 7-2

IOS シェル

「Auto Smartports マクロ」を参照

IP

スタティック ルートの設定 3-12

デフォルト ゲートウェイの設定 3-12

統計情報の表示 33-8

フロー スイッチング キャッシュ 60-10

ip cef コマンド 33-6, 68-2

IP Enhanced IGRP

インターフェイス、表示 32-20

ip flow-aggregation cache destination-prefix コマンド 60-12

ip flow-aggregation cache prefix コマンド 60-11

ip flow-aggregation cache source-prefix コマンド 60-12

ip flow-export コマンド 60-9

ip icmp rate-limit unreachable コマンド 8-12

ip igmp profile コマンド 25-21

ip igmp snooping tcn flood query count コマンド 25-14

ip igmp snooping tcn flood コマンド 25-13

ip igmp snooping tcn query solicit コマンド 25-15

ip load-sharing per-destination コマンド 33-7

ip local policy route-map コマンド 38-8

ip mask-reply コマンド 8-13

IP MTU サイズ、設定 32-9

ip multicast-routing コマンド 35-14

IP Phone

「Cisco IP Phone」を参照 41-1

音声ポートの設定 41-3

ip pim dense-mode コマンド 35-15

ip pim sparse-dense-mode コマンド 35-16, 35-17

ip pim コマンド 35-15

ip policy route-map コマンド 38-7

ip redirects コマンド 8-13

ip route-cache flow コマンド 60-8

IP SLA

CFM ping またはジッタの手動設定 63-19

CFM エンドポイント ディスカバリ 63-22

ICMP エコー動作 66-11

SNMP サポート 66-2

UDP ジッタ動作 66-8

応答側

イネーブルにする 66-7

説明 66-4

応答時間 66-4

サポートされるメトリック 66-2

しきい値のモニタリング 66-6

スケジューリング 66-5

制御プロトコル 66-4

設定時の注意事項 66-6

定義 66-1

デフォルト設定 66-6

動作 66-3

到達可能性トラッキング 57-10

トラック ステート 57-10

ネットワーク パフォーマンスを測定する 66-3

マルチオペレーションのスケジューリング 66-5

利点 66-2

IP traceroute

概要 8-9

実行する 8-9

ip unreachables コマンド 8-12

IPv4、IPv6、および MAC ACL、レイヤ 2 インターフェイスでの設定 51-32

IPv6

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)IPv6 52-6

ルータ ID 52-6

OSPF 52-6

アドレス 52-2

定義済み 1-18, 52-1

デフォルト設定 52-7

IPv6 制御トラフィック、ポリシングする 48-17

IPv6 の制御トラフィック ポリシング 48-17

IPX

EIGRP によるルート情報の再配布 1-16

IP アドレス

128 ビット 52-2

IPv6 52-2

クラスタ コマンド スイッチ 14-11

クラスタの候補またはメンバ 14-12

検出する 4-38

IP アンナンバード サポート

DHCP オプション 82 16-2

DHCP サーバとリレー エージェントでの 16-2

LAN および VLAN インターフェイスに対する設定 16-4

イーサネット VLAN 範囲に対する設定 16-5

エージェント リモート ID サブオプションの形式 16-2

接続したホストのポーリングでの 16-3

接続したホストのポーリングでの設定 16-6

設定の表示 16-7

トラブルシューティング 16-8

IP サービス レベル契約

「IP SLA」を参照

IP サービス レベル、分析する 66-1

IP 情報

割り当て

DHCP ベースの自動設定を介して 3-3

IP ソース ガード

概要 50-25

設定 50-22

表示 50-23, 50-25

プライベート VLAN 上での設定 50-23

IP 統計情報

表示 33-8

IP ポート セキュリティ、スタティック ホスト用

PVLAN ホスト ポートでの 50-29

レイヤ 2 アクセス ポート 50-26

IP マルチキャスト

「Auto-RP」も参照

IGMP スヌーピング 25-5, 35-4

PIM 情報の表示 35-24

概要 35-1

サポートされない機能 35-13

スパース モードのイネーブル化 35-15

設定 35-13

ソフトウェア転送 35-9

テーブル エントリの削除 35-28

デフォルト設定 35-14

デンス モード PIM のイネーブル化 35-15

ハードウェア転送 35-9

ルーティング テーブル情報の表示 35-24

ルーティング プロトコル 35-2

IP マルチキャスト トラフィック、ロード分割 35-22

IP マルチキャスト ルーティング

イネーブル化 35-14

モニタリングおよびメンテナンス 35-23

IP ユニキャスト

統計情報の表示 33-8

IP ルーティング テーブル

エントリの削除 35-28

ISL

802.1Q トンネリングによるトランキング 27-4

ISSU

Cisco Feature Navigator を使用した互換性の検証 5-15, 6-14

NSF の概要 5-3, 6-3

SNMP サポート 5-15, 6-14

SSO の概要 5-3, 6-3

互換性マトリクス 5-14, 6-13

サポートするソフトウェアのバージョン許容範囲 5-13

制約事項 5-2, 6-2

前提条件 5-2, 6-2

プロセスの概要 5-6, 6-6

プロセスの実行

ISSU ステートの確認 5-17, 6-17

新しくスタンバイになったスーパーバイザ エンジンへの新しいソフトウェアのロード 5-24, 6-24

互換性マトリクスの表示 5-34, 5-38, 6-34

冗長モードの確認 5-16, 6-16

スタンバイ スーパーバイザ エンジンへの新しいソフトウェアのロード 5-18, 6-18

スタンバイ スーパーバイザ エンジンへの切り替え 5-21, 6-21

セーフガードとしてのロールバック タイマーの設定 5-32, 6-33

ソフトウェア アップグレードの中断 5-32, 6-31

ソフトウェア インストレーションの確認 5-16, 6-15

ロールバック タイマーの停止 5-23, 6-23

IST

MST リージョン 20-23

説明 20-23

マスター 20-28

ITU-T Y.1731

「Y.1731」を参照

i コマンド 71-3

L

l2protocol-tunnel コマンド 27-17

LACP

システム ID 24-5

Link Layer Discovery Protocol

「CDP」を参照

LLDP

概要 29-1

設定

デフォルト設定 29-5

設定する 29-4

特性 29-5

送信タイマーとホールドタイム、設定する 29-5

ディセーブル化およびイネーブル化

インターフェイス上 29-7

グローバル 29-6

モニタリングとメンテナンス 29-14

LLDP-MED

概要 29-1

サポートされる TLV 29-2

設定する

TLV 29-9, 29-11

手順 29-4

モニタリングとメンテナンス 29-14

LLDP Media Endpoint Discovery

「LLDP-MED」を参照

logoutwarning コマンド 8-6

M

MAC/PHY コンフィギュレーション ステータス TLV 29-2

macl 51-14

MACSec

802.1AE タギング 43-8

MACsec 43-2

インターフェイスでの設定 43-7

スイッチ間セキュリティ 43-1

定義 43-1, 43-2

MACsec Key Agreement Protocol

「MKA」を参照

MAC アドレス

ACL での 51-14

DHCP スヌーピング バインディング テーブルでの表示 50-20

VLAN でのラーニングをディセーブルにする 4-33

VLAN との対応付け 4-22

エージング タイム 4-23

検出する 4-38

スタティック

許可する 4-32

削除する 4-30

追加する 4-30

特性 4-30

ドロップする 4-32

スティッキ 47-4

スティッキ セキュア、追加 47-5

ダイナミック

削除する 4-24

ラーニング 4-21

ダイナミックからスティッキ セキュアへの変換 47-5

テーブルの作成 4-21, 17-3

デフォルト設定 4-23

表示する 8-3

割り当て 20-6

MAC アドレス テーブル

表示 4-38

MAC アドレス テーブル移動更新

設定時の注意事項 21-10

設定する 21-11

モニタリング 21-13

MAC アドレス ラーニング、VLAN でディセーブルにする 4-33

機能の互換性 4-36

機能の非互換性 4-37

使用上のガイドライン 4-33

設定 4-33

配置シナリオ 4-34

MAC 拡張アクセス リスト 51-14

MAC 認証バイパス

802.1X の設定 44-59

MAC の詳細、表示 44-118

main-cpu コマンド 9-8, 10-8

mask destination コマンド 60-11, 60-12

mask source コマンド 60-11, 60-12

match ip address コマンド 38-6

MDA

設定時の注意事項 44-24 ~ ??

説明 44-24

Media Access Control Security

「MACsec」を参照

meminfo コマンド 71-5

Metro の機能

Flex Link および MAC アドレステーブル移動更新、概要 1-4

Y.1731(AIS および RDI)、概要 1-11

イーサネット CFM、概要 1-3

イーサネット OAM プロトコル、概要 1-3

MFIB

CEF 35-6

概要 35-12

MFIB、IP

表示 35-26

MIB

SNMP の相互作用 59-4

概要 59-1

関連情報 70-3

コンパイル 70-4

ダウンロード 70-3, 70-4

MKA

仮想ポート 43-3

定義 43-2

統計情報 43-5

ポリシー 43-3

ポリシーの設定 43-6

リプレイ プロテクション 43-3

MLD Done メッセージおよび即時脱退 26-4

MLD クエリー 26-3

MLD スヌーピング

MLD Done メッセージおよび即時脱退 26-4

MLD クエリー 26-3

MLD メッセージ 26-2

MLD レポート 26-4

概要 26-1

マルチキャスト クライアント エージングの堅牢性 26-3

マルチキャスト ルータ検出 26-3

MLD メッセージ 26-2

MLD レポート 26-4

MST

BPDU 20-24

PVST+ とのインターオペラビリティ 20-24

SST とのインターオペラビリティ 20-25

イネーブル化 20-31

インスタンス

サポートされる数 20-27

説明 20-23

パラメータの設定 20-33

エッジ ポート 20-28

境界ポート 20-28

コンフィギュレーション パラメータ 20-27

制約事項 20-30

設定 20-30

設定の表示 20-34

複数のスパニングツリー 1-7, 20-23

ホップ カウント 20-29

マスター 20-28

メッセージ エージ 20-29

リージョン 20-27

リンク タイプ 20-29

MSTP

EtherChannel ガード

イネーブルにする 23-6

M ツリー 20-24

M レコード 20-24

MTUS

概要 7-26

MTU サイズ

設定 7-28, 7-30, 7-38, 7-39

デフォルト 15-5

Multiple VPN Routing/Forwarding

「Multi-VRF CE」を参照

Multi-VRF CE

コンポーネント 39-3

設定例 39-13

定義 39-1

デフォルト設定 39-3

ネットワーク コンポーネント 39-3

パケット転送処理 39-3

M ツリー 20-24

M レコード 20-24

N

NAC レイヤ 2 802.1X 認証、概要 1-37

NAC レイヤ 2 IP 検証、概要 1-37

NDAC 43-9

MACsec 43-1

定義済み 43-9

NEAT

概要 44-25

設定する 44-86

NetFlow

destination-prefix 集約

最小マスク、設定 60-11

設定(例) 60-16

IP

フロー スイッチング キャッシュ 60-10

prefix 集約

最小マスク、設定 60-11

設定(例) 60-14

source-prefix 集約

最小マスク、設定 60-11

集約

最小マスク、デフォルト値 60-11

スイッチング

キャッシュ エントリのエクスポート 60-9

収集のイネーブル化 60-7

スイッチド IP フローの設定 60-8

設定(例) 60-13

統計情報 60-10

必要なハードウェアの確認 60-6

NetFlow-lite

clear コマンド 61-10

display コマンド 61-8

NetFlow 統計情報

キャッシュ エントリのエクスポート 60-9

収集機能の概要 60-1

収集機能の設定 60-6

収集のイネーブル化 60-7

スイッチド/ブリッジド IP フロー 60-8

スーパーバイザの注意事項 60-6

必要なハードウェアの確認 60-6

NetFlow パケットのサンプリング

概要 61-2

Network Assistant

CLI コマンドの概要 14-3

VTY 14-12

設定する

スイッチとの通信を可能にする 14-13, 14-18

デフォルト設定 14-3

Next Hop Resolution Protocol

「NHRP」を参照

NHRP

サポート 1-16

NSF

注意事項および制約事項 11-9

定義 11-1

動作 11-4

NSF/SSO スーパーバイザ エンジンの冗長構成

CEF 11-5

SSO の動作 11-4

概要 11-3

NSF 対応

サポート 11-2

スーパーバイザ エンジン 11-3

NSF 認識

サポート 11-2

スーパーバイザ エンジン 11-3

NTP

アクセスを制限する

アクセス グループを作成する 4-9

インターフェイスごとに NTP サービスをディセーブルにする 4-10

アソシエーション

サーバ 4-6

定義済み 4-2

認証する 4-4

ピア 4-6

ブロードキャスト メッセージをイネーブルにする 4-7

階層 4-2

概要 4-2

時刻

サービス 4-2

同期をとる 4-2

設定を表示する 4-11

送信元 IP アドレス、設定する 4-10

デバイスの同期をとる 4-6

デフォルト設定 4-4

NVRAM

設定の保存 3-11

O

OAM

機能 63-35

クライアント 63-34

サブレイヤ 63-34

OAM PDU 63-36

OAM プロトコル データ ユニット 63-34

OAM マネージャ

CFM とイーサネット OAM 63-53

設定 63-54

OIR

概要 7-33

Open Shortest Path First

「OSPF」を参照

OSPF

IPv6 用 52-6

エリア概念 1-17

説明 1-17

P

PACL

アクセス グループ モードとの併用 51-33

PACL、VLAN マップおよびルータ ACL 51-35

PACL 設定時の注意事項 51-30

PAgP

概要 24-3

PBR(ポリシーベース ルーティング)

イネーブル化 38-6

概要 38-1

機能 38-2

使用する場合 38-5

設定(例) 38-8

ルート マップ 38-2

ルート マップ処理ロジック 38-3

ルート マップ処理ロジック例 38-4

PE/CE ルーティング、設定 39-13

Per-VLAN ラピッド スパニングツリー 20-7

イネーブル化 20-21

概要 20-7

PIM

概要 35-3

情報の表示 35-24

スパース/デンス モードのイネーブル化 35-16

スパース モードの設定 35-15

デンス モードの設定 35-15

統計情報の表示 35-28

PIM-DM 35-3

PIM-SM 35-4

PIM-SSM マッピング、イネーブル化 35-17

PIM、インターフェイス上の、イネーブル化 35-15

ping

概要 8-7

実行する 8-8

ping コマンド 8-8, 35-24

PoE 13-8

E シリーズでの Enhanced PoE サポート 13-16

インターフェイスの動作ステータスの表示 13-7

受電装置の電力消費量

インテリジェントな電源管理 13-5

単一デバイスの電力消費量の設定 13-6, 13-17

電力管理モード 13-3

電力消費の設定、受電装置 13-5

ポリシングおよびモニタリング 13-12

モジュールの電源切断 12-20

PoE の表示検出および削除イベント 13-8

PoE ポリシング

errdisable 回復の設定 13-15

インターフェイス上での設定 13-13

インターフェイス上での表示 13-14

電源モード 13-13

policy-map コマンド 40-16

port-channel load-balance

コマンド 24-13

コマンド例 24-13

port-channel load-balance コマンド 24-14

PortFast

BPDU フィルタ、設定 23-10

MST 20-24

概要 23-7

設定またはイネーブル化 23-17

PortFast BPDU フィルタリング

MST 20-24

イネーブル化 23-10

概要 23-9

power dc input コマンド 12-19

power inline consumption コマンド 13-6

power inline コマンド 13-4

power redundancy-mode コマンド 12-12

PVACL 50-21

PVID(ポート VLAN ID)

音声 VLAN ポートを使用した 802.1X 44-23

PVLAN

802.1Q サポート 42-14

VLAN の設定 42-15

概要 42-1

設定 42-11

インターフェイス モード 42-24

設定時の注意事項 42-13

複数のスイッチ 42-5

ポート セキュリティの設定 47-14, 47-16, 47-18

ホスト ポート

設定 42-24

レイヤ 2 インターフェイスの設定 42-18

無差別ポートの設定 42-17

無差別モード

設定 42-24

ルーティングの許可、例 42-23

レイヤ 2 EtherChannel でのポート セキュリティの設定 47-33

ワイヤレス環境でのポート セキュリティの設定 47-33

PVLAN 無差別トランク ポート

設定 42-11, 42-17, 42-21

PVQoS

イネーブル化 40-36

概要 40-10

Q

QoS

「COS」も参照 1-7

PVQoS の概要 40-10

PV のイネーブル化 40-36

概要 40-1

定義 40-3

トラフィック シェーピング 40-10

パケットの変更 40-10

分類 40-6

QoS、Supervisor Engine 6-E での

DBL 経由のアクティブ キュー管理 40-27, 40-34

MQC ベースの QoS 設定 40-13

アクション ドライバのマーク付け 40-21

キュー制限 40-32

共有(帯域幅) 40-27

共有(帯域幅)、シェーピング、およびプライオリティ キュー 40-25

サービス ポリシーの適用に関する制約事項 40-15

サービス ポリシーを適用するための前提条件 40-15

シェーピング 40-25

設定 40-13

ソフトウェア QoS 40-41

トラフィック マーキング手順のフローチャート 40-21

ネットワーク トラフィックのマーク付け 40-18

プライオリティ キューイング 40-30

プラットフォームでサポートされる分類基準および QoS 機能 40-13, 40-14

プラットフォームの制約事項 40-18

プラットフォーム ハードウェアの機能 40-15

分類 40-15

ポリシーの関連付け 40-39

ポリシー マップ マーキング アクションの設定 40-23

ポリシング 40-17

ポリシングの実装方法 40-18

マーキング用のハードウェア機能 40-23

マルチ属性マーキングのサポート 40-22

QoS アクティブ キュー管理

キュー長の追跡 40-9

QoS サービス ポリシー

前提条件 40-15

適用に関する制約事項 40-15

QoS の送信キュー

最大速度 40-10

バースト 40-10

リンク帯域幅の共有 40-9

QoS ポリシー

インターフェイスへの対応付け 40-9

QoS ポリシング

説明 40-8

定義 40-5

QoS マーキング

説明 40-5

QoS ラベル

定義 40-3

Quality of Service

「QoS」を参照

R

RADIUS

AAA サーバ グループを定義する 44-106

概要 44-94

許可の変更 44-95

サーバ ロード バランシング 44-114

サーバを指定する 44-101

設定する

アカウンティング 44-109

通信、グローバル 44-102, 44-110

通信、サーバ単位 44-101, 44-102

認可 44-108

認証 44-104

複数 UDP ポート 44-102

設定を表示する 44-114

操作 44-95

属性

ベンダー固有 44-110

ベンダー専用 44-112

デフォルト設定 44-101

ネットワーク環境の提案 44-94

方式リスト、定義済み 44-101

ユーザに対するサービスを制限する 44-108

ユーザによってアクセスされるサービスをトラッキングする 44-109

RADIUS 許可の変更 44-95

RADIUS サーバ

スイッチ上のパラメータ 44-33

スイッチとの通信設定 44-33

設定 44-35

RADIUS、スイッチ アクセスの制御 44-93

RADIUS によるスイッチ アクセス、制御 44-93

RADIUS によるスイッチ アクセスの制御 44-93

range コマンド 7-5

RA ガード

概要 51-37

使用上のガイドライン 51-40

設定 51-39

配置 51-38

51-39

rcommand コマンド 14-13

reload コマンド 3-30

Remote Authentication Dial-In User Service

「RADIUS」を参照

REP

SNMP トラップ、設定 22-14

VLAN ブロッキング 22-13

VLAN ロード バランシング 22-4

VLAN ロード バランシングのトリガー 22-6

インターフェイスの設定 22-10

オープン セグメント 22-2

および STP 22-6

管理 VLAN 22-9

管理 VLAN、設定 22-9

コンバージェンス 22-4

サポートされるインターフェイス 22-1

手動によるプリエンプション、設定 22-13

セカンダリ エッジ ポート 22-4

セグメント 22-1

特性 22-2

設定時の注意事項 22-7

デフォルト設定 22-7

ネイバー オフセット番号 22-5

プライマリ エッジ ポート 22-4

プリエンプション遅延時間 22-5

ポート 22-6

モニタリング 22-14

リンク完全性の確認 22-4

リング セグメント 22-2

reset コマンド 71-3

Resilient Ethernet Protocol、「REP」を参照

RFC

1157、SNMPv1 59-2

1305、NTP 4-2

1757、RMON 67-2

1901、SNMPv2C 59-2

1902 ~ 1907、SNMPv2 59-2

2273-2275、SNMPv3 59-2

RFC 5176 規定 44-96

RIP

IPv6 用 52-6

説明 1-17

RMON

アラームとイベントをイネーブルにする 67-3

概要 67-1

サポートされるグループ 67-2

ステータスを表示する 67-6

デフォルト設定 67-3

ROM モニタ

CLI 2-7

開始 71-1

概要 71-1

コマンド 71-2 ~ 71-3

終了 71-6

デバッグ コマンド 71-5

ブート プロセスおよび 3-27

route-map (IP) コマンド 38-6

Routing Information Protocol

「RIP」を参照

RP

RPF

「ユニキャスト RPF」を参照

RSPAN

IDS 55-3

VLAN ベース 55-6

宛先ポート 55-6

受信トラフィック 55-4

セッション

VLAN のモニタ 55-24

作成する 55-19

送信元(モニタ対象)ポートの削除 55-23

定義済み 55-4

特定の VLAN に対する送信元トラフィックを制限する 55-25

モニタリングされるポートを指定する 55-19

設定時の注意事項 55-18

送信トラフィック 55-5

送信元ポート 55-5

モニタリングされるポート 55-5

モニタリング ポート 55-6

RSTP

互換性 20-24

説明 20-23

ポート ステート 20-25

ポートの役割 20-24

S

SAID

「802.10 SAID」を参照

SAP

サポート 43-1

定義済み 43-9

ネゴシエーション 43-9

Security Association Identifier

「802.10 SAID」を参照

Security Exchange Protocol

「SAP」を参照

service-policy input コマンド 31-2

set default interface コマンド 38-7

set interface コマンド 38-6

set ip default next-hop コマンド 38-7

set ip next-hop コマンド 38-6

set-request オペレーション 59-4

show adjacency コマンド 33-9

show boot コマンド 3-33

show catalyst4000 chassis-mac-address コマンド 20-3

show cdp entry コマンド 28-4

show cdp interface コマンド 28-3

show cdp neighbors コマンド 28-4

show cdp traffic コマンド 28-4

show cdp コマンド 28-2, 28-4

show ciscoview package コマンド 4-42

show ciscoview version コマンド 4-42

show cluster members コマンド 14-13

show configuration コマンド 7-23

show debugging コマンド 28-4

show environment コマンド 12-2

show history コマンド 2-4

show interfaces status コマンド 8-2

show interfaces コマンド 7-28, 7-30, 7-36, 7-38, 7-39

show ip cache flow aggregation destination-prefix コマンド 60-12

show ip cache flow aggregation prefix コマンド 60-12

show ip cache flow aggregation source-prefix コマンド 60-12

show ip cache flow コマンド 60-10

show ip cef コマンド 33-8

show ip eigrp interfaces コマンド 32-20

show ip eigrp neighbors コマンド 32-20

show ip eigrp topology コマンド 32-20

show ip eigrp traffic コマンド 32-20

show ip interface コマンド 35-24

show ip local policy コマンド 38-8

show ip mroute コマンド 35-24

show ip pim interface コマンド 35-24

show l2protocol コマンド 27-18

show lldp traffic コマンド 29-15

show mac-address-table address コマンド 8-3

show mac-address-table interface コマンド 8-3

show mls entry コマンド 33-8

show module コマンド 8-1, 20-6

show power inline コマンド 13-7

show power supplies コマンド 12-12

show protocols コマンド 7-36

show running-config コマンド

ACL を表示する 51-20, 51-23, 51-32, 51-33

インターフェイスの記述の追加 7-23

設定の確認 3-10

show startup-config コマンド 3-11

show users コマンド 8-6

show version コマンド 3-30

shutdown、コマンド 7-37

Slow timer、BFD の設定 37-15

Smart Call Home

宛先プロファイル(説明) 65-5

説明 65-2

smart call home 65-1

Transport Gateway(TG)集約ポイント 65-2

サービス契約の要件 65-3

登録要件 65-3

SMARTnet

smart call home の登録 65-3

Smartports マクロ

「Auto Smartports マクロ」も参照

SmartPort マクロ

グローバル パラメータ値の適用 18-8, 18-15

作成 18-8

設定時の注意事項 18-6, 18-14

定義 1-9, 18-1

デフォルト設定 18-4, 18-13

トレース 18-7, 18-14

パラメータ値の適用 18-9

表示 18-13

マクロの適用 18-8

Smartport マクロ

設定 18-2

SNMP

IP SLA と 66-2

MIB 変数にアクセスする 59-4

TFTP サーバによるアクセスを制限する 59-15

イネーブル化 70-4, 70-5

エージェント

説明 59-4

ディセーブルにする 59-7

エンジン ID 59-6

概要 59-1, 59-4

グループ 59-6, 59-9

コミュニティ ストリング

概要 59-4

設定する 59-7

サポートされるバージョン 59-2

システム接点と場所 59-15

システム ログ メッセージを NMS に対して制限する 58-10

情報

イネーブルにする 59-14

説明 59-5

トラップ キーワードと 59-11

トラップとの違い 59-5

ステータス、表示する 59-17

設定時の注意事項 59-6

設定例 59-16

通知 59-5

デフォルト設定 59-6

トラップ

MAC アドレス通知をイネーブルにする 4-24

MAC 移動通知のイネーブル化 4-27

MAC しきい値通知のイネーブル化 4-28

イネーブルにする 59-11

概要 59-1, 59-4

情報との違い 59-5

説明 59-3, 59-5

タイプ 59-11

トラップ マネージャ、設定する 59-13

認証レベル 59-10

ホスト 59-6

マネージャ機能 59-3

ユーザ 59-6, 59-9

SNMPv1 59-2

SNMPv2C 59-2

SNMPv3 59-2

SNMP コマンド 70-4

SNMP トラップ

REP 22-14

SPAN

ACL 55-6

IDS 55-3

VLAN ベース 55-6

宛先ポート 55-6

受信トラフィック 55-4

セッション

定義済み 55-4

設定 55-8 ~ 55-12

設定時の注意事項 55-8

送信トラフィック 55-5

送信元ポート 55-5

モニタ対象ポート、定義 55-5

モニタリング ポート、定義 55-6

spanning-tree backbonefast コマンド 23-17

spanning-tree cost コマンド 20-16

spanning-tree guard root コマンド 23-2

spanning-tree portfast bpdu-guard コマンド 23-9

spanning-tree portfast コマンド 23-8

spanning-tree port-priority コマンド 20-14

spanning-tree uplinkfast コマンド 23-13

spanning-tree vlan

コマンド 20-9

コマンド例 20-10

spanning-tree vlan cost コマンド 20-16

spanning-tree vlan forward-time コマンド 20-20

spanning-tree vlan hello-time コマンド 20-18

spanning-tree vlan max-age コマンド 20-19

spanning-tree vlan port-priority コマンド 20-14

spanning-tree vlan priority コマンド 20-18

spanning-tree vlan root primary コマンド 20-11

spanning-tree vlan root secondary コマンド 20-13

spanning-tree vlan コマンド 20-8

SPAN および RSPAN

概念と用語 55-4

概要 55-1

ステータスの表示 55-27

セッション限度 55-7

デフォルト設定 55-7

SPAN 拡張機能

CPU ポートのスニッフィング 55-12

アクセス リスト フィルタリング 55-15

カプセル化の設定 55-14

設定例 55-18

入力パケット 55-14

パケット タイプ フィルタリング 55-17

speed コマンド 7-21

SSO

設定 11-10

SSO の動作 11-4

SST

インターオペラビリティ 20-25

説明 20-23

STP

EtherChannel ガード

ディセーブルにする 23-7

hello タイム 20-18

Per-VLAN ラピッド スパニングツリー 20-7

Per-VLAN ラピッド スパニングツリーのイネーブル化 20-21

イネーブル化 20-8

および REP 22-6

概要 20-1, 20-4

拡張システム ID のイネーブル化 20-9

最大エージング タイム 20-19

設定 20-8 ~ 20-21

ディセーブルにする 20-20

デフォルト 20-7

転送遅延時間 20-19

トポロジの作成 20-5

ブリッジ ID 20-2

ポート コスト 20-16

ポート プライオリティ 20-13

ルート ブリッジ 20-10

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-14

Sup 6-E での QoS

CoS 変換の設定 40-46

Supervisor Engine II-TS

不十分なインライン パワーの処理 12-20, 13-12

Supervisor Engine II-TS でインライン パワーが不足した場合の処理 12-20

SVI 自動ステート除外

概要 32-3

設定 32-7

S-VLAN 1-2, 27-7

switchport access vlan コマンド 17-6, 17-8

switchport block multicast コマンド 53-2

switchport block unicast コマンド 53-2

switchport mode access コマンド 17-8

switchport mode dot1q-tunnel コマンド 27-6

switchport mode dynamic コマンド 17-6

switchport mode trunk コマンド 17-6

switchport trunk allowed vlan コマンド 17-6

switchport trunk encapsulation コマンド 17-6

switchport trunk native vlan コマンド 17-6

switchport trunk pruning vlan コマンド 17-6

sysret コマンド 71-5

T

TACACS+ 48-1

アカウンティング、定義済み 3-17

概要 3-16

サーバを指定する 3-19

設定する

アカウンティング 3-22

認可 3-22

認証キー 3-19

ログイン認証 3-20

設定を表示する 3-23

操作 3-18

デフォルト設定 3-19

認可、定義済み 3-17

認証、定義済み 3-17

ユーザに対するサービスを制限する 3-22

ユーザによってアクセスされるサービスをトラッキングする 3-22

TCAM プログラミングおよび ACL 51-7

Supervisor Engine II-Plus から V-10GE 51-7

TCAM プログラミングと ACL、Supervisor Engine 6-E の 51-10

TDR

ケーブル接続の確認 8-3

注意事項 8-3

テストの開始および中止 8-3

Telnet

CLI へのアクセス 2-2

実行 8-5

ユーザ セッションの切断 8-7

ユーザ セッションのモニタリング 8-6

telnet コマンド 8-6

Terminal Access Controller Access Control System Plus

「TACACS+」を参照

TFTP

サーバによるアクセスを制限する 59-15

自動設定を設定する 3-5

ベース ディレクトリの設定ファイル 3-5

TFTP ダウンロード

「コンソール ダウンロード」も参照

Time Domain Reflectometer(TDR)

「TDR」を参照

Time-Exceeded メッセージ 8-9

TLV

LLDP-MED 29-2

定義済み 1-6, 29-2

ホスト表示の検出 44-9

ToS

説明 40-4

traceroute

「IP traceroute」を参照

「レイヤ 2 traceroute」を参照

traceroute mac ip コマンド 8-11

traceroute mac コマンド 8-11

trace コマンド 8-9

TwinGig コンバータ

X2/TwinGig コンバータ モードの選択 7-14

使用時の制限事項 7-14

ポート番号設定 7-13

Type-Length-Value

「TLV」を参照

U

UDLD

インターフェイスごとのイネーブル化 30-6

インターフェイス単位のプローブ メッセージ インターバルの設定 30-8

グローバルにイネーブル 30-5

使用例 30-2

ディセーブルになった LAN インターフェイスのリセット 30-8

デフォルト設定 30-3

動作モード 30-3

光ファイバ以外のインターフェイス上でディセーブル 30-7

光ファイバ インターフェイスでのディセーブル化 30-7

リンク ステータスの表示 30-8

UDLD、概要 30-1

UDP ジッタ、設定する 66-9

UDP ジッタ動作、IP SLA 66-8

UNIX Syslog サーバ

サポートされる機能 58-13

デーモンの設定 58-11

メッセージ ロギング設定 58-12

UplinkFast

MST 20-24

イネーブルにする 23-17

概要 23-12

V

VACL

レイヤ 4 ポート演算 51-10

Virtual Switch System(VSS)、EtherChannel の表示 24-16

VLAN

ID(デフォルト) 15-5

「PVLAN」も参照

RSPAN での送信元トラフィックを制限する 55-25

RSPAN によるモニタ 55-24

インターフェイスの割り当て 15-8

概要 15-2

拡張範囲 15-4

サービス プロバイダー ネットワーク内のカスタマー番号 27-3

設定 15-5

設定時の注意事項 15-3

説明 1-10

デフォルト設定 15-5

トランクで許可される 17-6

名前(デフォルト) 15-5

標準範囲 15-4

予約範囲 15-4

レイヤ 3 インターフェイスとしての VLAN の設定 32-7

VLAN ACL

「VLAN マップ」を参照

vlan dot1q tag native コマンド 27-4

VLAN ID

サービスプロバイダー 27-9

VLAN ID、検出する 4-38

VLAN ID 変換

「VLAN マッピング」を参照

VLAN Trunking Protocol

「VTP」を参照

vlan コマンド 15-7

VLAN トランク

概要 17-3

VLAN ブロッキング、REP 22-13

VLAN マッピング

1 対 1 27-8

1 対 1、設定 27-11

従来の QinQ 27-8

従来の Q-in-Q、設定 27-12

設定 27-11

設定時の注意事項 27-10

説明 1-2, 27-7

選択的 QinQ 27-8

選択的 Q-in-Q、設定 27-12

タイプ 27-8

デフォルト 27-9

トランク ポート上での設定 27-11

VLAN マップ

VLAN への適用 51-23

アクセス拒否の例 51-25

エントリの作成および削除 51-20

エントリの順序 51-19

使用(図) 51-5

設定時の注意事項 51-19

設定する 51-18

設定例 51-24

定義済み 1-38

ネットワークでの使用 51-23

パケットの許可 51-20

パケットの拒否 51-20

表示 51-26

ルータ ACL 51-27

VLAN マップ、PACL およびルータ ACL 51-35

VLAN マネジメント ポリシー サーバ

「VMPS」を参照

VLAN ユーザ分散、802.1X の設定 44-67

VLAN ロード バランシング

REP 22-4

VLAN ロード バランシング、Flex Link の 21-3

設定時の注意事項 21-6

VLAN ロード バランシング、トリガー 22-6

VMPS

クライアントでのダイナミック アクセス ポートの設定 15-27

コンフィギュレーション ファイルの例 15-34

サーバの概要 15-22

再試行間隔の設定 15-29

ダイナミック ポート メンバーシップ

再確認する 15-28

15-31

データベース コンフィギュレーション ファイル 15-34

メンバーシップの再確認 15-28

割り当ての再確認 15-28

VMPS クライアント

管理およびモニタリング 15-29

スイッチの設定

IP VMPS アドレスの入力 15-26

VLAM メンバーシップの再確認 15-28

再確認間隔 15-29

再確認間隔の設定 15-28

ダイナミック ポート 15-27

ダイナミック VLAN メンバーシップの概要 15-25

ダイナミック ポート VLAN メンバーシップのトラブルシューティング 15-30

デフォルト設定 15-25

VMPS サーバ

概要 15-22

セキュリティ モード

multiple 15-24

open 15-23

secure 15-24

代替 VLAN 15-24

不正な VMPS クライアント要求 15-24

Voice over IP

設定 41-1

VPN

サービス プロバイダー ネットワーク内 39-1

フォワーディング 39-3

ルーティングおよび転送テーブル

「VRF」を参照

ルーティングの設定 39-12

ルート 39-2

VRF

定義 39-3

テーブル 39-1

VRF-Lite

説明 1-21

VRF 認識サービス

ARP 39-6, 39-9

ftp 39-8

ping 39-6

SNMP 39-7

syslog 39-8

tftp 39-8

traceroute 39-8

uRPF 39-7

設定 39-6

VTP

「VTP バージョン 2」も参照

概要 15-8

クライアント、設定 15-18

サーバ、設定 15-18

設定時の注意事項 15-13

ディセーブル化 15-18

デフォルト設定 15-14

統計情報 15-21

トランスペアレント モード、設定 15-18

バージョン 2

イネーブル化 15-17

プルーニング

設定 15-17

モニタリング 15-21

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-14

VTP アドバタイズメント

説明 15-10

VTP ドメイン

説明 15-9

VTP バージョン 2 および 3

「VTP」も参照

概要 15-10

VTP プルーニング

概要 15-12

VTP モード 15-9

VTY および Network Assistant 14-12

VVID(音声 VLAN ID)

802.1X 認証 44-23

設定 41-3

W

WCCP

機能 69-4

サービス グループ 69-6

制約事項 69-5

設定例 69-10

ルータでの設定 69-2, 69-12

Web キャッシュ

「キャッシュ エンジン」を参照

Web キャッシュ サービス

説明 69-4

Web キャッシュ通信プロトコル

「WCCP」を参照 69-1

Web キャッシング

「WCCP」も参照 69-4

「Web キャッシュ サービス」を参照

Web スケーリング 69-1

Web ベース認証

説明 1-40, 44-15, 46-1

認証プロキシ Web ページ 46-4

Web ベース認証、他の機能との相互作用 46-4

Wireshark

アクティブ化および非アクティブ化、キャプチャ ポイント、概念 56-6

機能の相互利用 56-6

キャプチャされたパケットの .pcap フィルタへの保存 56-4

キャプチャ フィルタ 56-3

キャプチャ ポイント 56-2

コア システム フィルタ 56-3

使用例 56-19

接続ポイント 56-2

パケットのデコードおよび表示 56-5

表示フィルタ 56-4

フィルタ 56-3

Wireshark、概要 56-1

Wireshark、キャプチャ ポイントのアクティブ化と非アクティブ化 56-11

Wireshark キャプチャ ポイントのアクティブ化と非アクティブ化、概念、Wireshark 56-6

Wireshark、キャプチャ ポイントの定義/変更/削除 56-8

Wireshark 情報の表示 56-15

Wireshark、情報の表示 56-15

Wireshark について 56-1

Y

Y.1731

ETH-AIS

イーサネット アラーム信号機能(ETH-AIS) 63-28

ETH-RDI 63-29

説明 63-27

デフォルト設定 63-30

マルチキャスト ETH-LB 63-29

マルチキャスト イーサネット ループバック 63-32

用語 63-27

アーカイブ保存、クラッシュファイル情報の 2-8

アカウンティング

RADIUS での 44-109

TACACS+ での 3-17, 3-22

アクション ドライバ、マーク付け 40-21

アクセス VLAN 17-6

アクセス グループ モード、PACL との併用 51-33

アクセス グループ モード、レイヤ 2 インターフェイス上での設定 51-33

アクセス コントロール エントリ

「ACE」を参照

アクセス コントロール エントリおよびリスト 48-1

アクセス ポート

設定 17-8

ポート セキュリティの設定 47-7, 47-22

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-15

アクセス リスト

WCCP での使用 69-9

アクセス リスト フィルタリング、SPAN 機能拡張 55-15

アクティブ キュー管理 40-9

アクティブ キュー管理、DBL 経由の、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-34

アクティブ トラフィック モニタリング、IP SLA 66-1

アドバタイズメント

LLDP 1-6, 29-2

アドバタイズメント、VTP

「VTP アドバタイズメント」を参照

アドレス

IPv6 52-2

「MAC アドレス」を参照

MAC、検出する 4-38

MAC テーブルの表示 4-38

スタティック

追加と削除 4-30

定義済み 4-21

ダイナミック

エージング タイムを変更する 4-23

削除する 4-24

定義済み 4-21

ラーニング 4-21

アドレス解決 4-38

暗号キー、MKA 43-2

暗号キー生成 43-2

イーサネット OAM 63-35

CFM 相互動作 63-53

CFM との設定 63-53

イネーブル化 63-36, 63-54

設定時の注意事項 63-36

ディスカバリ 63-35

デフォルト設定 63-36

テンプレート 63-46

プロトコル

定義 63-34

モニタリング 63-51

メッセージ 63-35

リモート障害表示 63-35

リモート ループバック 63-35, 63-38

リンク モニタ 63-35, 63-40

イーサネット OAM プロトコル CFM 通知 63-53

イーサネット管理ポート

サポート機能 7-10

指定する 7-10

設定する 7-10

説明 1-28, 7-6

デフォルト設定 7-7

ネットワーク管理に対する 1-28, 7-6

非サポート機能 7-10

ルーティングと 7-7

ルーティング プロトコル 7-7

イーサネット管理ポート、使用 7-6

イーサネット管理ポート、内部

ルーティング プロトコル 7-7

イーサネット リモート障害表示(ETH-RDI) 63-29

イネーブル化、SNMP の 70-4, 70-5

イネーブル モード 2-5

イベント トリガー、ユーザ定義

設定、802.1X ベース 19-9

設定、MAC アドレス ベース 19-9

インターネット グループ管理プロトコル

「IGMP」を参照

インターネット制御メッセージ プロトコル

「ICMP」を参照

インターネット プロトコル バージョン 6

「IPv6」を参照

インターフェイス

イーサネット管理ポートの使用 7-6

概要 7-2

カウンタのクリア 7-37

記述名の追加 7-23

再起動 7-37

情報を表示する 7-36

設定 7-2

動作ステータスの表示 13-7

範囲設定 7-4

番号 7-2

命名 7-23

メンテナンス 7-36

モニタリング 7-36

「レイヤ 2 インターフェイス」も参照

レイヤ 2 モード 17-3

インターフェイス コンフィギュレーション

REP 22-10

インターフェイスの範囲

設定 7-4

インターフェイス リンクおよびトランク ステータス イベント

設定 7-38

インテリジェントな電源管理 13-5

インライン パワー

Cisco IP Phone での設定 41-5

エージング タイム

MAC アドレス テーブル 4-23

エコー モード、BFD の設定 37-15

エッジ ポート

説明 20-28

応答側、IP SLA

イネーブルにする 66-7

説明 66-4

応答時間、IP SLA で測定する 66-4

オブジェクト トラッキング

モニタリング 57-14

オブジェクトのトラッキング 57-2

オプション 82

DHCP スヌーピングのイネーブル化 50-11

オペレーティング システム イメージ

「システム イメージ」を参照

音声 VLAN

IP 電話音声トラフィック、説明 41-2

IP 電話データ トラフィック、説明 41-2

音声 VLAN、802.1X の設定 44-72

音声 VLAN ポート

802.1X の利用 44-23

音声インターフェイス

設定 41-1

音声トラフィック 13-2, 41-5

音声ポート

VVID の設定 41-3

オンデマンド オンライン診断 68-2

オンライン診断 68-1

オンデマンドの設定 68-2

スケジューリング 68-2

データ パス、テスト結果の表示 68-7

テストの開始と停止 68-3

テストの表示およびテスト結果 68-4

トラブルシューティング 68-8

ラインカード 68-8

階層、NTP 4-2

概要

802.1X ID ベースのネットワーク セキュリティ、サポートされる機能のリスト 1-33

ACL(IP ACL、MAC ACL、ポート ACL、ルータ ACL、および VLAN ACL)のネットワーク セキュリティ 1-38

Cisco Call Home 1-22

Cisco IOS IP Service Level Agreement 1-23

Cisco IOS Mediatrace と Performance Monitor 1-25

Cisco Medianet AutoQoS 1-24

Cisco Medianet メタ データ 1-25

Cisco TrustSec MACsec の暗号化 1-35

Cisco TrustSec セキュリティ アーキテクチャ 1-34

Cisco メディア サービス プロキシ 1-24

Dynamic Host Control Protocol 1-26

Easy Virtual Network 1-27

Embedded Event Manager 1-28

FAT ファイル管理システム(Sup 60-E、6L-E、4948E、および 4900M) 1-28

Intelligent Power Management 1-29

IP ソース ガード 1-36

IP ソース ガードまたはスタティック ホスト 1-37

MAC アドレス通知 1-29

NAC

レイヤ 2 802.1X 認証 1-37

レイヤ 2 IP 検証 1-37

NetFlow-lite 1-30

NetFlow 統計情報 1-29

Power over Ethernet 1-30

PPPoE 中継エージェント 1-39

SPAN および RSPAN 1-31

uRPF ストリクト モード 1-39

Web コンテンツの調整プロトコル 1-31

Web ベース認証 1-40

Wireshark 1-32

XML-PI 1-32

イーサネット管理ポート 1-28

簡易ネットワーク管理プロトコル 1-30

ストーム制御 1-39

タイム ドメイン反射率計 1-40

適切な Cisco Energy 1-23

デバッグ機能(プラットフォームおよび debug platform) 1-40

ハード ベースのコントロール プレーン ポリシング 1-36

ファイル システム管理(Supervisor 7-E および 7L-E) 1-28

ポート セキュリティ 1-38

ユニバーサル Power over Ethernet 1-31

レイヤ 2 traceroute 1-40

カウンタ

MFIB の削除 35-29

インターフェイスのクリア 7-37

拡張オブジェクト トラッキング

IP ルーティング ステート 57-2

追跡リスト 57-3

定義 57-1

ラインプロトコル ステート 57-2

拡張オブジェクト トラッキングのスタティック ルーティング 57-11

拡張範囲 VLAN

「VLAN」を参照

仮想 LAN

「VLAN」を参照

仮想コンフィギュレーション レジスタ 71-3

仮想ポート、MKA 43-3

活性挿抜

「OIR」を参照

簡易ネットワーク管理プロトコル

「SNMP」を参照

環境モニタリング

CLI コマンドの使用 12-1

管理 VLAN

REP、設定 22-9

管理 VLAN、REP 22-9

管理アドレス TLV 29-2

管理オプション

SNMP 59-1

管理ポート、イーサネット 7-6

キーボード ショートカット 2-3

ギガビット イーサネット SFP ポート

10 ギガビット イーサネットの配置 7-12, 7-13

疑似ブリッジ

説明 20-26

機能の相互利用、Wireshark 56-6

キャッシュ エンジン 69-1

キャッシュ エンジン クラスタ 69-1

キャッシュ ファーム

「キャッシュ エンジン クラスタ」を参照

キャプチャ、制御パケット

モード選択 51-7

キャプチャ フィルタ、Wireshark 56-3

キャプチャ ポイント、Wireshark 56-2

キャプチャ ポイントのアクティブ化と非アクティブ化、Wireshark 56-11

キャプチャ ポイントの定義/変更/削除、Wireshark 56-8

キューイング 40-9

キュー制限、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-32

キューの送信 1-7

境界ポート

説明 20-28

共通およびインターナル スパニングツリー

「CIST」を参照

共通スパニングツリー

「CST」を参照

共有(帯域幅)、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-27

許可ステートおよび無許可ステートのポート 44-5

許可の変更、RADIUS 44-95

拒否、別の VLAN にあるサーバへのアクセスの 51-25

緊急アラーム、Supervisor Engine 6-E システムの 12-4

組み込み CiscoView

インストールおよび設定 4-39

概要 4-39

情報の表示 4-42

組み込みマクロおよびユーザ定義のトリガー

マッピングの設定 19-10

クライアント

802.1X 認証 44-3

クライアント プロセス、トラッキング 57-1

クラスタリング スイッチ

概要 14-2

管理

CLI を使用した 14-13

計画の考慮事項

CLI 14-13

パスワード 14-8

コマンド スイッチの特性

VTY 14-12

コミュニティへの変換 14-10

クラスレベル、サービス ポリシーでの設定 40-32

クラッシュファイル情報、アーカイブ保存 2-8

クリア

イーサネット CFM 63-32

クリティカル認証

802.1X の設定 44-61

グローバル コンフィギュレーション モード 2-5

クロスチェック、CFM 63-5, 63-12

クロック

「システム クロック」を参照

ゲートウェイ

「デフォルト ゲートウェイ」を参照

ゲスト VLAN

802.1X の設定 44-56

検出、クラスタ

「自動検出」を参照

コア システム フィルタ、Wireshark 56-3

高 CPU、ACL による、トラブルシューティング 51-7

高速ドロップ

概要 35-11

候補

自動検出 14-7

候補スイッチ、クラスタ

定義 14-12

コマンド

b 71-3

b flash 71-3

boot 71-3

confreg 71-3

dev 71-3

dir device 71-3

frame 71-5

i 71-3

meminfo 71-5

reset 71-3

ROM モニタ 71-2 ~ 71-3

ROM モニタのデバッグ 71-5

SNMP 70-4

sysret 71-5

リスト 2-5

コマンド スイッチ、クラスタ

要件 14-11

コマンドの省略 2-5

コマンド モード 2-5

コマンドライン処理 2-3

コミュニティ VLAN 42-2, 42-3

PVLAN としての設定 42-15

コミュニティ ストリング

概要 59-4

設定する 59-7

コミュニティ ポート 42-3

コンソール コンフィギュレーション モード 2-5

コンソール ダウンロード 71-4 ~ 71-5

コンソール ポート

ユーザ セッションの切断 8-7

ユーザ セッションのモニタリング 8-6

コントロール プレーン ポリシング

一般的な注意事項 48-3

概要 48-2

コントロール プレーン トラフィックの設定 48-4

設定時の注意事項および制約事項 48-8

データ プレーンおよび管理プレーン トラフィックの設定 48-5

デフォルト 48-4

モニタ 48-9

レイヤ 2 制御パケット QoS、設定例 48-15

コンバージェンス

REP 22-4

コンパイル、MIB の 70-4

コンフィギュレーション ファイル

保存 3-11

コンフィギュレーション レジスタ

ROM モニタからの変更 71-3

起動時の設定 3-29

設定 3-27

設定の変更 3-30

ブート フィールド

値の表示 3-30

変更 3-29

コンポーネント管理 TLV 29-3, 29-9

サーバ ID

説明 65-24

サービス クラス

「CoS」を参照

サービス プロバイダー ネットワーク

カスタマー VLAN 27-2

サービス ポリシー、クラスレベル キュー制限の設定 40-32

再送信回数

802.1X 認証の設定 44-85

再送信時間

802.1X 認証の変更 44-83

最大エージング タイム(STP)

設定 20-19

再認証、クライアントの

手動による設定 44-92

定期的なイネーブル化 44-79

削減された MAC アドレス 20-2

削除

IP マルチキャスト テーブル エントリ 35-28

サブドメイン、プライベート VLAN 42-2

シーケンス番号、ログ メッセージの 58-8

シェーピング、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-25

シェル機能

「Auto Smartports マクロ」を参照

シェル トリガー

「Auto Smartports マクロ」を参照

時間帯 4-12

しきい値のモニタリング、IP SLA 66-6

時刻

「NTP とシステム クロック」を参照

シスコ エクスプレス フォワーディング

「CEF」を参照

システム

起動時の設定 3-29

設定の確認 3-11

システム MTU

802.1Q トンネリング 27-5

最大 27-5

システム アラーム

概要 12-5

システム イメージ

指定 3-32

ブート フィールドの変更 3-29

フラッシュ メモリからの起動 3-32

システムおよびネットワーク統計情報、表示 35-24

システム記述 TLV 29-2

システム機能 TLV 29-2

システム クロック

「NTP」も参照

概要 4-2

設定する

時間帯 4-12

手動で 4-11

夏時間 4-13

日時を表示する 4-12

システム プロンプト、デフォルト設定 4-14

システム名

「DNS」も参照

手動での設定 4-15

システム名 TLV 29-2

システム メッセージ ロギング

UNIX Syslog サーバ

サポートされる機能 58-13

デーモンを設定する 58-11

ロギング機能を設定する 58-12

イネーブルにする 58-4

エラー メッセージの重大度を定義する 58-8

概要 58-1

機能キーワード、説明 58-13

シーケンス番号、イネーブルとディセーブル 58-8

設定を表示する 58-13

タイム スタンプ、イネーブルとディセーブル 58-7

ディセーブルにする 58-4

デフォルト設定 58-3

表示宛先デバイスを設定する 58-5

メッセージの形式 58-2

メッセージを制限する 58-10

レベル キーワード、説明 58-9

ログ メッセージの同期をとる 58-6

自動検出

考慮事項 14-7

自動設定 3-2

自動ネゴシエーション機能

強制 10/100 Mbps 7-20

シャットダウン

インターフェイス 7-37

ジャンボ フレーム

MTU サイズの設定 7-28

MTU の概要 7-26

VLAN インターフェイス 7-28

イーサネット ポート 7-27

サポートするポートおよびラインカード 7-26

サポートの概要 7-26

重大度、システム メッセージで定義する 58-8

集約スイッチ、DHCP スヌーピングのイネーブル化 50-10

受電装置、消費電力を設定する 13-5

手動によるプリエンプション、REP、設定 22-13

障害検出、BFD を使用 37-7

冗長構成(NSF)

設定

BGP 11-11

CEF 11-11

EIGRP 11-16

IS-IS 11-14

OSPF 11-13

冗長構成(SSO)

redundancy コマンド 11-10

冗長性

NSF 対応サポート 11-2

NSF 認識サポート 11-2

redundancy コマンド 9-8, 10-8

概要 9-2, 10-2

設定 9-8, 10-7

注意事項および制約事項 9-5, 10-6

SNMP による変更 9-12, 10-11

同期化の概要 9-4, 10-5

冗長性(NSF) 11-1

ルーティング プロトコル 11-5

冗長性(RPR)

Route Processor Redundancy 9-2, 10-3

同期化 9-5, 10-5

冗長性(SSO)

Route Processor Redundancy 9-3, 10-3

同期化 9-5, 10-5

消費される PoE の表示 13-8

使用例、Wireshark 56-19

シングル スパニングツリー

「SST」を参照

診断

Supervisor Engine V-10GE の電源投入時自己診断テスト 68-13

オンライン 68-1

電源投入時自己診断テスト

概要 68-10

機能 68-10

障害の原因 68-20

侵入検知システム

「IDS」を参照

スイッチ/RADIUS サーバ通信

設定 44-33

スイッチド パケット

ACL 51-27

スイッチド ポート アナライザ

「SPAN」を参照

スイッチのコミュニティ

Network Assistant のアクセス モード 14-9

クラスタからの変換 14-10

コミュニティ名 14-8

設定情報 14-9

通信プロトコル 14-8

デバイスの追加 14-9

パスワード 14-8

ホスト名 14-8

スイッチ ポート

「アクセス ポート」を参照

スイッチポート

show interfaces 7-28, 7-30, 7-38, 7-39

スイッチング、NetFlow

キャッシュ エントリのエクスポート 60-9

収集のイネーブル化 60-7

スイッチド IP フローの設定 60-8

設定(例) 60-13

必要なハードウェアの確認 60-6

スーパーバイザ エンジン

ROM モニタ 3-27

環境モニタリング 12-1

冗長構成 11-1

冗長へのアクセス 9-15, 10-14

スタートアップ コンフィギュレーション 3-26

スタティック ルート 3-12

スタンバイへのファイルのコピー 9-15, 10-14

設定 3-9 ~ 3-14

設定の同期 9-11, 10-11

デフォルト ゲートウェイ 3-12

デフォルト設定 3-1

スケジューリング 40-9

スケジューリング、IP SLA 動作 66-5

スタティック ACL、要件を削除 51-30

スタティック アドレス

「アドレス」を参照

スタティック ホストの IP ポート セキュリティ

概要 50-25

スタティック ルーティング サポート、拡張オブジェクト トラッキング 57-11

スタティック ルート

確認 3-13

設定 3-12

スタブ ルーティング(EIGRP)

概要 32-13, 32-14

確認 32-19

制約事項 32-18

設定 32-14

設定作業 32-19

利点 32-18

スティッキ MAC アドレス

設定 47-7

定義 47-4

スティッキ ラーニング

アドレスの保存 47-6

イネーブル化 47-5

コンフィギュレーション ファイル 47-6

定義済み 47-5

ディセーブル化 47-6

ストーム制御

概要 54-1

ソフトウェアベース、実装 54-2

ハードウェアベース、実装 54-2

表示 54-6

ブロードキャストのイネーブル化 54-3

マルチキャストのイネーブル化 54-4

すべての Auth Manager セッション、サマリーの表示 44-115

すべての Auth Manager セッション、特定の認証方式で認可されたスイッチ上での 44-116

スロット番号、説明 7-2

正規の時刻源、説明 4-2

制御プロトコル、IP SLA 66-4

制限事項、TwinGig コンバータ使用時の 7-14

制限する、アクセスを

NTP サービス 4-8

RADIUS 44-93

TACACS+ 3-16

セカンダリ VLAN 42-2

プライマリとの関連付け 42-16

ルーティングの許可 42-23

セカンダリ エッジ ポート、REP 22-4

セカンダリ ルート スイッチ 20-12

セキュリティ

設定する 48-1

セキュリティ交換プロトコル

「SXP」を参照

セッション キー、MKA 43-2

接続障害管理

「CFM」を参照

接続ポイント、Wireshark 56-2

設定、VLAN マップの 51-18

設定、インターフェイス リンクおよびトランク ステータス イベントの 7-38

設定可能な脱退タイマー、IGMP 25-4

設定、サービス ポリシーでのクラスレベル キュー制限の 40-32

設定時の注意事項

CFM 63-8, 64-4

REP 22-7

SNMP 59-6

VLAN マッピング 27-10

イーサネット OAM 63-36

設定、名前付き IPv6 ACL の 51-16

設定、名前付き MAC 拡張 ACL の 51-14, 51-15

設定ファイル

DHCP で取得する 3-6

TFTP サーバ アクセスを制限する 59-15

システム接点と場所の情報 59-15

設定、フロー制御の 7-23

設定、ユニキャスト MAC アドレス フィルタリングの 51-14

設定例

SNMP 59-16

設定、レイヤ 2 インターフェイス上でのアクセス グループ モードの 51-33

選択、X2/TwinGig コンバータ モードの 7-14

選択、電源管理モードの 12-9

送信元 ID

call home イベントの形式 65-23

即時脱退、IGMP

イネーブルにする 26-8

即時脱退処理

IGMP

「即時脱退処理」を参照

イネーブル化 25-9

属性、RADIUS

ベンダー固有 44-110

ベンダー専用 44-112

速度

インターフェイスの設定 7-20

ソフトウェア

アップグレード 9-13, 10-13

ソフトウェア QoS、Supervisor Engine 6-E で 40-41

ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタ 3-27

ソフトウェア スイッチング

インターフェイス 33-6

使用する主なデータ構造 35-8

説明 33-5

ダイナミック ARP インスペクション

ARP キャッシュ ポイズニング 49-2

ARP パケットのレート制限 49-4

設定 49-16

DoS 攻撃、回避 49-16

インターフェイスの信頼状態、セキュリティ適用範囲 49-3

概要 49-1

スタティック バインディングのプライオリティ 49-4

設定

着信 ARP パケットのレート制限 49-16

ログ バッファ 49-14

設定する

DHCP 環境での 49-5

非 DHCP 環境の ACL 49-11

妥当性チェック、実行 49-19

ドロップされたパケットのロギング 49-4

ポート チャネル、その動作 49-5

目的 49-2

ログ バッファ

設定 49-14

ダイナミック ポート VLAN メンバーシップ

再確認する 15-28

トラブルシューティング 15-30

ホスト上の制限 15-30

15-31

タイプ オブ サービス

「TOS」を参照

タイマー

「ログイン タイマー」を参照

対話、ベビー ジャイアント機能との 7-29

ダウンロード、MIB の 70-3, 70-4

タグ付きパケット

802.1Q 27-3

レイヤ 2 プロトコル 27-13

脱退タイマー、イネーブル化 25-9

単一スタティック RP、設定 35-21

単一方向イーサネット

イネーブル化 31-2

概要 31-1

設定例 31-2

単一方向制御ポート、802.1X の設定 44-65

単一方向リンク検出プロトコル

「UDLD」を参照

単一ホスト モード 44-8

注意

ユニキャスト RPF

オプションの BGP 属性 34-4

追加、コミュニティへのメンバの 14-9

追跡対象オブジェクト

しきい値重みによる 57-6

しきい値パーセントによる 57-7

ブール式の使用 57-5

追跡リスト

設定 57-3

タイプ 57-3

追跡リスト内の重みしきい値 57-6

追跡リスト内のパーセントしきい値 57-7

追跡リスト内のブール式 57-5

ディスカバリ、イーサネット OAM 63-35

ディセーブル化

ブロードキャスト ストーム制御 54-5

ディセーブル化、マルチキャスト ストーム制御 54-5

ディセーブル ステート

RSTP の比較(表) 20-25

データベース エージェント

DHCP スヌーピングのイネーブル化 50-14

設定例 50-16

適用、レイヤ 3 インターフェイスへの IPv6 ACL の 51-18

デバイス ID

Call Home の形式 65-22, 65-23

デバイス検出プロトコル 29-1

デバッグ コマンド、ROM モニタ 71-5

デフォルト ゲートウェイ

設定 3-12

設定の確認 3-12

デフォルト設定

802.1x 44-29

DNS 4-16

IGMP スヌーピング 26-5, 26-6

IGMP フィルタリング 25-21

IP SLA 66-6

IPv6 52-7

LLDP 29-5

MAC アドレス テーブル 4-23

Multi-VRF CE 39-3

NTP 4-4

RADIUS 44-101

REP 22-7

RMON 67-3

SNMP 59-6

SPAN および RSPAN 55-7

TACACS+ 3-19

VLAN マッピング 27-9

Y.1731 63-30

イーサネット OAM 63-36

インターフェイスのリセット 7-40

システム メッセージ ロギング 58-3

バナー 4-17

プライベート VLAN 42-12

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-16

デフォルト設定、erase コマンド 3-34

デフォルトの Web ベース認証の設定

802.1X 46-6

デュプレックス モード

インターフェイスの設定 7-20

電源管理

Catalyst 4500 シリーズ 12-7

Catalyst 4500 スイッチの電源装置 12-13

Catalyst 4948 シリーズ 12-20

概要 12-1

冗長構成 12-7

冗長モードの設定 12-11

複合モードの設定 12-12

電源管理、Catalyst 4500 スイッチの

冗長モード 12-8

複合モード 12-9

電源管理 TLV 29-2, 29-3, 29-9

電源管理の制限事項、Catalyst 4500 スイッチでの 12-9

電源管理モード

選択 12-9

電源装置

Catalyst 4500 スイッチで利用可能な電力 12-13

可変 12-7, 12-20

固定 12-7

電源投入時自己診断テスト、Supervisor Engine V-10GE の 68-13

電源投入時自己診断テスト診断 68-10, 68-20

電子メール アドレス

call home の割り当て 65-4

電子メール通知

Call Home 1-22, 65-2

転送情報ベース

「FIB」を参照

転送遅延時間(STP)

設定 20-19

テンプレート、イーサネット OAM 63-46

電力

インライン 41-5

電力処理、Supervisor Engine II-TS に対する 13-12

電力ネゴシエーション

LLDP 経由 29-11

電力ポリシング、インターフェイスに表示する 13-14

統計情報

802.1X 46-15

802.1X の表示 44-114

LLDP 29-14

LLDP-MED 29-14

MKA 43-5

NetFlow 課金 60-10

PIM の表示 35-28

SNMP 入力と出力 59-17

到達可能性、IP SLA IP ホストのトラッキング 57-10

トークン リング

サポートされていないメディア(注) 15-5, 15-10

独立 VLAN 42-2, 42-3, 42-4

独立ポート 42-4

都市ロケーション 29-3

特権

終了 3-25

デフォルトの変更 3-24

レベルの設定 3-24

ログイン 3-25

特権 EXEC モード 2-5

トポロジ変更通知処理

MLD スヌーピング

トポロジ変更通知処理 26-4

ドメイン ネーム システム

「DNS」を参照

ドメイン名

DNS 4-15

トラストポイント 65-3

トラッキング、IP ルーティング ステートの 57-2

トラッキング、インターフェイス ラインプロトコル ステートの 57-2

トラッキング プロセス 57-1

トラック ステート、IP SLA のトラッキング 57-10

トラップ

MAC アドレス通知を設定する 4-24

MAC 移動通知の設定 4-27

MAC しきい値通知の設定 4-28

イネーブルにする 4-24, 4-27, 4-28, 59-11

概要 59-1, 59-4

通知タイプ 59-11

定義済み 59-3

マネージャを設定する 59-11

トラフィック

フラッドのブロッキング 53-2

トラフィック シェーピング 40-10

トラフィックの制御

ACL の使用(図) 51-4

VLAN マップの使用(図) 51-6

トラフィック マーキング手順のフローチャート 40-21

トラブルシューティング

CiscoWorks での 59-4

traceroute での 8-9

システム メッセージ ロギングでの 58-1

トラブルシューティング、ACL による高 CPU の 51-7

トランク

802.1Q の制約事項 17-5

DTP をサポートしない装置のイネーブル化 17-4

アクセス VLAN の設定 17-6

インターフェイスのデフォルト設定 17-6

概要 17-3

許容 VLAN の設定 17-6

設定 17-6

ネイティブ VLAN の指定 17-6

トランク フェールオーバー

「リンクステート トラッキング」を参照

トランク ポート

PVLAN の設定 42-19 ~ 42-21

ポート セキュリティの設定 47-17

トランスレーショナル ブリッジ番号(デフォルト) 15-5

トンネリング

定義 27-1

トンネル ポート

802.1Q、設定 27-6

説明 27-2

他の機能との非互換性 27-5

夏時間 4-13

名前付き IPv6 ACL、設定

ACL

名前付き IPv6 ACL の設定 51-16

名前付き MAC 拡張 ACL

ACL

名前付き MAC 拡張の設定 51-14, 51-15

二重タグ付きパケット

802.1Q トンネリング 27-2

二重タグ パケット

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-15

入力パケット、SPAN 拡張機能 55-14

認可

RADIUS での 44-108

TACACS+ での 3-17, 3-22

認証

NTP アソシエーション 4-4

RADIUS

キー 44-102

ログイン 44-104

TACACS+

キー 3-19

定義済み 3-17

ログイン 3-20

「ポートベースの認証」も参照

認証、許可、アカウンティング(AAA) 48-1

認証局(CA) 65-3

認証サーバ

RADIUS サーバ 44-3

定義 44-3

認証失敗、80.1X の設定 44-70

認証プロキシ Web ページ 46-4

認証方式、Auth Manager に登録されている、確認 44-115

認証前オープン アクセス 44-9

認証前オープン アクセス。

ネイティブ VLAN

802.1Q トンネリング 27-4

指定 17-6

ネイバー オフセット番号、REP 22-5

ネットワーク エッジ アクセス トポロジ

「NEAT」を参照

ネットワーク管理

RMON 67-1

SNMP 59-1

設定 28-1

ネットワーク耐障害性 1-7, 20-23

ネットワーク タイム プロトコル

「NTP」を参照

ネットワーク デバイス アドミッション コントロール(NDAC) 43-9

ネットワーク トラフィック、マーク付け 40-18

ネットワーク パフォーマンス、IP SLA で測定する 66-3

ネットワーク ポリシー TLV 29-2, 29-9

ノンストップ フォワーディング

「NSF」を参照

バーチャル プライベート ネットワーク

「VPN」を参照

ハードウェアおよびソフトウェア ACL のサポート 51-6

ハードウェア スイッチング 33-5

配置、10 ギガビット イーサネット ポートおよびギガビット イーサネット SFP ポートの 7-12, 7-13

配置、10 ギガビット イーサネット ポートおよびギガビット イーサネット SFP ポートの WS-X4606-10GE-E および Supervisor Engine 6-E への 7-13

パケット

変更 40-10

パケット タイプ フィルタリング

SPAN 機能拡張 55-17

概要 55-17

パケットのデコードおよび表示、Wireshark 56-5

パスワード

暗号化 3-23

イネーブル シークレット パスワードの設定 3-15

イネーブル パスワードの設定 3-15

イネーブル パスワードを忘れた場合の回復方法 3-26

回線パスワードの設定 3-15

クラスタでの 14-8

パスワードに関する注意

暗号化 3-23

バナー

設定する

Message-of-the-Day ログイン 4-18

ログイン 4-20

デフォルト設定 4-17

表示時 4-17

範囲マクロ

定義 7-11

非 IP トラフィック フィルタリング 51-14, 51-15

非 RPF トラフィック

冗長構成(図) 35-11

説明 35-10

光デジタル モニタ トランシーバのサポート 7-19

光ファイバ以外のインターフェイス

UDLD のディセーブル化 30-7

光ファイバ インターフェイス

UDLD のディセーブル化 30-7

非対称リンクと 802.1Q トンネリング 27-4

表示

MAB の詳細 44-118

インターフェイスの Auth Manager サマリー 44-115

すべての Auth Manager セッションのサマリー 44-115

特定の認証方式で認可されたスイッチ上でのすべての Auth Manager セッションの概要 44-116

表示、EtherChannel の Virtual Switch System への 24-16

表示、ストーム制御 54-6

表示の検出および削除イベント 13-8

表示フィルタ、Wireshark 56-4

標準範囲 VLAN

「VLAN」を参照

フィルタ ID ACL とユーザ単位の ACL、ポートベースの認証の設定

ユーザ単位の ACL とフィルタ ID ACL の設定 44-45

フィルタ、Wireshark 56-3

フィルタリング

VLAN での 51-19

非 IP トラフィック 51-14, 51-15

ブートストラップ プログラム

「ROM モニタ」を参照

ブート フィールド

「コンフィギュレーション レジスタのブート フィールド」を参照

フォールバック認証

802.1X の設定 44-75

不揮発性ランダムアクセス メモリ

「NVRAM」を参照

複数ドメイン認証 44-35

複数認証

説明 44-24

複数認証および複数認可

設定 44-35

複数の転送パス 1-7, 20-23

複数ホスト モード 44-8

複製

説明 35-9

物理レイヤ 3 インターフェイス 32-2

物理レイヤ 3 インターフェイス、設定 32-12

プライオリティ

着信フレームの CoS の変更 41-5

プライオリティ キューイング、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-30

プライベート VLAN

DHCP スヌーピングのイネーブル化 50-13

SVI 42-10

エンド ステーション アクセス 42-3

コミュニティ VLAN 42-2, 42-3

コミュニティ ポート 42-3

サブドメイン 42-2

セカンダリ VLAN 42-2

デフォルト設定 42-12

独立 VLAN 42-2, 42-3, 42-4

独立ポート 42-4

トラフィック 42-9

複数のスイッチ間 42-5

プライマリ VLAN 42-2, 42-4

ポート

コミュニティ 42-3

独立 42-4

無差別 42-4

ポート セキュリティの設定 47-14, 47-15

無差別ポート 42-4

利点 42-2

プライマリ VLAN 42-2, 42-4

PVLAN としての設定 42-15

セカンダリ VLAN との関連付け 42-16

プライマリ エッジ ポート、REP 22-4

フラグ 35-12

フラッシュ メモリ

システム ソフトウェア イメージのロード 3-32

セキュリティ上の注意事項 3-32

ルータの起動元としての設定 3-33

フラッド トラフィック、ブロッキング 53-2

プリエンプション遅延時間、REP 22-5

ブリッジ ID

「STP ブリッジ ID」を参照

ブリッジ プライオリティ(STP) 20-17

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

プルーニング、VTP

「VTP プルーニング」を参照

フロー制御、設定 7-23

フローチャート、トラフィック マーキング手順 40-21

ブロードキャスト ストーム制御

イネーブル化 54-3

ディセーブル化 54-5

ブロッキング ステート(STP)

RSTP の比較(表) 20-25

ブロッキング パケット 53-2

プロトコル タイマー 20-5

プロバイダー エッジ デバイス 39-2

ベビー ジャイアント

対話 7-29

ポイントツーポイント

802.1X 認証(図) 44-3

ボーダー ゲートウェイ プロトコル

「BGP」を参照

ポート

REP 22-6

「インターフェイス」も参照

ステータスの確認 8-2

ダイナミック VLAN メンバーシップ

再確認 15-28

15-31

転送、再開 53-3

ブロッキング 53-2

ポート ACL

音声 VLAN 51-5

定義済み 51-3

ポート VLAN ID TLV 29-2

ポート記述 TLV 29-2

ポート コスト(STP)

設定 20-16

ポート集約プロトコル

「PAgP」を参照

ポート ステート

説明 20-6

ポート セキュリティ

802.1X 認証を使用 47-32

802.1X の利用 44-20

DHCP と IP ソース ガードを使用 47-31

アクセス ポート上 47-7, 47-22

違反 47-6

エージング 47-5

音声ポート上 47-22

スティッキ ラーニング 47-5

設定 47-7

他の機能との 47-33

注意事項および制約事項 47-33

トランク ポート上 47-17

注意事項および制約事項 47-15, 47-18, 47-33

ポート モードの変更 47-22

表示 47-28

プライベート VLAN 上 47-14

トポロジ 47-15, 47-18, 47-33

ホスト 47-14

無差別 47-16

レイヤ 2 EtherChannel 47-33

ポート単位 VLAN アクセス コントロール リスト 50-21

ポート チャネル インターフェイス

「EtherChannel」も参照

概要 24-2

作成 24-7

ポート番号設定、TwinGig コンバータによる 7-13

ポート プライオリティ

MST インスタンスの設定 20-33

STP の設定 20-13

ポート ベース認証

VLAN ユーザ分散と 44-17

単方向制御ポートを使用 44-16

ポートベース認証

イネーブル化

802.1x 認証 46-10

開始およびメッセージ交換 44-4

カプセル化 44-3

クライアント、定義済み 44-3, 46-2

スイッチ

プロキシとして 46-2

スイッチ サプリカント

概要 44-25

設定する 44-86

設定

RADIUS サーバ 46-11

スイッチ上の RADIUS サーバ パラメータ 46-10

設定時の注意事項 44-30, 46-7

説明 44-1

デバイスの役割 44-2, 46-2

デフォルト値へのリセット 44-93

デフォルト設定 44-29, 46-6

統計情報の表示 44-114, 46-15

認証サーバ

定義 46-2

方式リスト 44-30

ポート セキュリティ

マルチホスト モード 44-8

ホスト モード 44-7

マルチ ホスト モード、説明 44-8

モード 44-7

ポートベースの認証

ACL 割り当てとリダイレクト URL の使用 44-21

ACL 割り当てとリダイレクト URL の設定 44-39

MAC 認証バイパスを使用 44-13

MAC 認証バイパスを使用した設定 44-59

VLAN ユーザ分散を使用した設定 44-67

VLAN 割り当てを使用 44-11

イネーブル化 44-30

音声 VLAN を使用した 802.1X 44-23

音声 VLAN を使用した設定 44-72

許可ステートの制御 44-5

クリティカル認証による設定 44-61

クリティカル認証を使用 44-15

ゲスト VLAN の設定 44-33

ゲスト VLAN を使用 44-12

ゲスト VLAN を使用した設定 44-56

再送信回数の設定 44-85

再送信時間の設定 44-83

サポートされないポート 44-5

手動によるクライアントの再認証の設定 44-92

スイッチ/RADIUS サーバ通信の設定 44-33

設定

複数ドメイン認証および複数許可 44-35

待機時間の変更 44-82

単方向制御ポートを使用した設定 44-65

定期的な再認証のイネーブル化 44-79

トポロジ、サポート対象 44-27

認証失敗 VLAN 割り当て 44-18

認証に失敗した設定 44-70

認証前オープン アクセス 44-9

フォールバック認証の設定 44-75

複数ホストのイネーブル化 44-81

ポート上で 802.1X がどのように失敗するか 44-26

ポート セキュリティを使用した利用 44-20

マルチドメイン認証 44-24

「ポートベースの認証」を参照

ホスト

ダイナミック ポート上の制限 15-30

ホスト表示 CDP メッセージ 44-9

ホスト ポート

種類 42-4

ホスト モード、MACsec 43-4

ホットスタンバイ ルーティング プロトコル

「HSRP」を参照

ホップ カウント

MST ブリッジの設定 20-29

ポリシーの関連付け、Supervisor Engine 6-E での QoS 40-39

ポリシー マップ マーキング アクション、設定 40-23

ポリシング

「QoS ポリシング」を参照

実装方法 40-18

ポリシング、PoE 13-12

マーキング

ハードウェア機能 40-23

マーキングのサポート、マルチ属性 40-22

マーク付け、アクション ドライバの 40-21

マーク付け、ネットワーク トラフィックの 40-18

マクロ

「Auto Smartports マクロ」を参照

「SmartPort マクロ」を参照

マルチ VRF CE

表示 39-17

モニタリング 39-17

マルチオペレーションのスケジューリング、IP SLA 66-5

マルチキャスト

「IP マルチキャスト」を参照

マルチキャスト イーサネット ループバック(ETH-LB) 63-29

マルチキャスト イーサネット ループバック、使用法 63-32

マルチキャスト クライアント エージングの堅牢性 26-3

マルチキャスト グループ

スタティックな加入 26-7

マルチキャスト ストーム制御

イネーブル化 54-4

ディセーブル化 54-5

マルチキャスト パケット

ブロッキング 53-2

マルチキャスト ルータ

フラッディングの抑制 25-12

マルチキャスト ルータ インターフェイス、表示 25-18

マルチキャスト ルータ インターフェイス、モニタリング 26-11

マルチキャスト ルータ検出 26-3

マルチキャスト ルータ テーブル

表示 35-24

マルチキャスト ルータ ポート、追加する 26-8

マルチ スパニングツリー

「MST」を参照

マルチドメイン認証

「MDA」を参照

マルチドメイン認証モード 44-8

マルチ認証モード 44-9

無差別ポート

PVLAN の設定 42-17

設定モード 42-24

定義 42-4

明示的ホスト トラッキング

イネーブル化 25-11

メッセージ、イーサネット OAM 63-35

メッセージ、ユーザに対するバナーを使用した 4-17

メトロ タグ 27-2

メンバ

自動検出 14-7

メンバ スイッチ

管理する 14-13

メンバ スイッチ、クラスタ

定義 14-2

モード、制御パケットのキャプチャの、選択 51-7

モジュール

ステータスの確認 8-1

電源切断 12-20

モジュールで消費される PoE の表示 13-8

モニタリング

802.1Q トンネリング 27-19

ACL 情報 51-37

Flex Link 21-13

IGMP

スヌーピング 26-11

IGMP スヌーピング 25-15

IGMP フィルタリング 25-24

MAC アドレス テーブル移動更新 21-13

REP 22-14

VLAN フィルタ 51-26

VLAN マップ 51-26

イーサネット CFM 63-32, 63-33

イーサネット OAM 63-51

イーサネット OAM プロトコル 63-51

オブジェクト トラッキング 57-14

スイッチ間でのトラフィック フロー 67-1

トンネリング 27-19

マルチ VRF CE 39-17

マルチキャスト ルータ インターフェイス 26-11

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 27-19

モニタリングとトラブルシューティング

BFD 37-17

ユーザ EXEC モード 2-5

ユーザ セッション

切断 8-7

モニタリング 8-6

ユーザ単位の ACL とフィルタ ID ACL、設定 44-45

ユーザ定義イベント トリガー

設定、802.1X ベース 19-9

設定、MAC アドレス ベース 19-9

ユーザ定義のトリガーおよび組み込みマクロ

マッピングの設定 19-10

ユニキャスト

「IP ユニキャスト」を参照

ユニキャスト MAC アドレス フィルタリング

CPU パケットと 4-31

スタティック アドレスを追加する 4-31

設定時の注意事項 4-31

説明 4-31

ブロードキャスト MAC アドレスと 4-31

マルチキャスト アドレスと 4-31

ルータ MAC アドレスと 4-31

ユニキャスト MAC アドレス フィルタリング、設定

ACL

ユニキャスト MAC アドレス フィルタリングの設定 51-14

ユニキャスト RPF(ユニキャスト Reverse Path Forwarding)

BGP 属性

注意 34-4

CEF

テーブル 34-7

要件 34-2

FIB 34-2

エンタープライズ ネットワーク(図) 34-6

確認 34-10

失敗 34-3, 34-4

送信元アドレス 34-3

パケット、ドロップ 34-3

実装 34-4

制約事項

基本 34-8

ルーティングの非対称性 34-7

ルーティングの非対称性(図) 34-8

セキュリティ ポリシー

攻撃、軽減 34-5

適用 34-5

展開 34-5

トンネリング 34-5

設定 34-9

BOOTP 34-8

DHCP 34-8

エンタープライズ ネットワーク(図) 34-6

確認 34-10

作業 34-9

前提条件 34-9

ルーティング テーブルの要件 34-7

(例) 34-12

説明 1-21, 34-1

前提条件 34-9

送信元アドレス、確認 34-3

失敗 34-3

(図) 34-3, 34-4

ディセーブル化 34-11

適用 34-5

展開 34-5

トラフィック フィルタリング 34-5

トンネリング 34-5

パケット、ドロップ(図) 34-4

ルーティング テーブルの要件 34-7

ユニキャスト トラフィック

ブロック 53-2

ユニキャスト フラッディング ブロック

設定 53-1

ユニバーサル PoE、設定 13-17

予約範囲 VLAN

「VLAN」を参照

ラピッド スパニングツリー

「RSTP」を参照

ラベル、定義 40-3

ランデブー ポイント、設定 35-17

ランデブー ポイント、単一スタティックの設定 35-21

リスニング ステート(STP)

RSTP の比較(表) 20-25

リセット、インターフェイスのデフォルト設定への 7-40

リセット、スイッチのデフォルトへの 3-34

リダイレクト URL、ポートベースの認証 44-21

リモート障害表示 63-35

リモート ネットワーク モニタリング

「RMON」を参照

リモート ループバック、イーサネット OAM 63-35, 63-38

略語、リスト A-1

リリース 7.7 の新しいソフトウェア機能

TDR 8-3

履歴

CLI 2-3

履歴テーブル、Syslog メッセージのレベルと番号 58-10

リンクおよびトランク ステータス イベント

インターフェイスの設定 7-38

リンク完全性、REP を使用した確認 22-4

リンク ステータス、UDLD を表示する 30-8

リンク ステート トラッキング

一般的な設定の手順 24-22

ステータスの表示 24-23

デフォルト設定 24-22

リンクステート トラッキング

設定時の注意事項 24-22

説明 24-19

リンク モニタ、イーサネット OAM 63-35, 63-40

隣接関係テーブル

説明 33-2

統計情報の表示 33-9

ルータ ACL

VLAN マップとの併用 51-27

説明 1-38, 51-3

ルータ ACL、PACL の VLAN マップとの併用 51-35

ルーテッド パケット

ACL 51-28

ルート ガード

MST 20-24

イネーブルにする 23-2

概要 23-2

ルート ターゲット

VPN 39-3

ルート ブリッジ

MST での選択 20-23

設定 20-10

ルート マップ

PBR 38-2

定義 38-6

ループ ガード

MST 20-24

概要 23-3

設定 23-5

レイヤ 2 traceroute

1 ポートに複数のデバイス 8-11

ARP 8-10

CDP 8-10

IP アドレスおよびサブネット 8-10

MAC アドレスおよび VLAN 8-10

使用上の注意事項 8-10

ホスト間パス 8-10

マルチキャスト トラフィック 8-10

ユニキャスト トラフィック 1-40, 8-10

レイヤ 2 アクセス ポート 17-8

レイヤ 2 インターフェイス

ACL の設定の表示 51-34

ACL の適用 51-34

IPv4、IPv6、および MAC ACL の設定 51-32

PVLAN トランク ポートとしての設定 42-19

PVLAN ホスト ポートとしての設定 42-18

PVLAN 無差別ポートとしての設定 42-17

show interfaces コマンド 17-7

VLAN の割り当て 15-8

アクセス モードの設定 51-33

設定 17-5

設定のディセーブル化 17-9

デフォルト 17-5

モード 17-3

レイヤ 2 インターフェイスのタイプ

設定 42-24

リセット 42-24

レイヤ 2 スイッチング

概要 17-1

レイヤ 2 制御パケット QoS

イネーブル化 48-12

および CoPP の設定例 48-15

概要 48-11

注意事項および制約事項 48-16

ディセーブル化 48-13

デフォルトの設定 48-12

レイヤ 2 トランク

概要 17-3

設定 17-6

レイヤ 2 フレーム

CoS による分類 40-2

レイヤ 2 プロトコル トンネリング

注意事項 27-16

デフォルト設定 27-16

レイヤ 2 プロトコル パケットのシャットダウンしきい値 27-16

レイヤ 2 プロトコル パケットのドロップしきい値 27-16

レイヤ 3 インターフェイス

インターフェイスとしての VLAN 設定 32-7

概要 32-1

SVI 自動ステート除外 32-3

カウンタ 32-3

物理 32-2

論理 32-2

設定時の注意事項 32-5

レイヤ 2 モードからの変更 39-7

レイヤ 3 インターフェイス、IPv6 ACL の適用 51-18

レイヤ 3 インターフェイス カウンタ、概要 32-3

レイヤ 3 インターフェイス カウンタ、設定 32-10

レイヤ 3 パケット

分類方式 40-2

レイヤ 4 ポート演算

制約事項 51-10

設定時の注意事項 51-11

レポート抑制、IGMP

ディセーブルにする 26-11

連絡先情報

call home の割り当て 65-4

ロード バランシング

CEF の設定 33-7

EtherChannel の設定 24-14

宛先別 33-7

概要 24-5, 33-6

ロード分割、IP マルチキャスト トラフィックの 35-22

ロギング、EPM 44-118

ログイン タイマー

変更 8-6

ログイン認証

RADIUS での 44-104

TACACS+ での 3-20

ログイン バナー 4-17

ログ メッセージのタイムスタンプ 58-7

ロケーション TLV 29-3, 29-9

ロケーション サービス

概要 29-1, 29-3

設定 29-12

論理レイヤ 3 VLAN インターフェイス 32-2

論理レイヤ 3 インターフェイス

設定 32-6