Catalyst 4500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェアコンフィギュレーションガイド リリース IOS-XE 3.1.0 SG
CDP の設定
CDP の設定
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/09/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

CDP の設定

CDP について

CDP の設定

CDP のグローバルなイネーブル化

CDP のグローバル設定の表示

インターフェイス上での CDP のイネーブル化

CDP インターフェイスの設定の表示

CDP のモニタリングおよびメンテナンス

CDP の設定

この章では、Catalyst 4500 シリーズ スイッチ上で Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)を設定する方法について説明します。設定上の注意事項、設定手順、および設定例についても示します。

この章の主な内容は、次のとおりです。

「CDP について」

「CDP の設定」


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、次のマニュアル
Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide, Release 12.4』

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/fundamentals/configuration/guide/12_4/cf_12_4_book.html

および『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference, Release 12.2』

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_2/configfun/command/reference/ffun_r.html



) この章で使用するスイッチ コマンドの構文および使用方法の詳細については、次の URL で『Cisco Catalyst 4500 Series Switch Command Reference』と関連資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/index.html

Catalyst 4500 のコマンド リファレンスに掲載されていないコマンドについては、より詳細な Cisco IOS ライブラリを参照してください。次の URL で『Catalyst 4500 Series Switch Cisco IOS Command Referenceと関連資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6350/index.html


CDP について

CDP は、すべての Cisco ルータ、ブリッジ、アクセス サーバ、およびスイッチ上のレイヤ 2(データ リンク レイヤ)で動作するプロトコルです。CDP を使用すると、ネットワーク管理アプリケーションで、既知のデバイスに近接しているシスコ デバイス、特に下位レイヤのトランスペアレント プロトコルを実行している近接デバイスを検索できます。また、ネイバー デバイスのデバイス タイプと Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェント アドレスも学習できます。さらに、CDP によって、アプリケーションからネイバー デバイスに SNMP クエリーを送信することもできます。

CDP は、Subnetwork Access Protocol(SNAP)をサポートしているすべての LAN および WAN メディア上で動作します。

CDP を設定した各デバイスは、マルチキャスト アドレスに対して定期的にメッセージを送信します。各デバイスは、SNMP メッセージを受信できるアドレスを少なくとも 1 つアドバタイズします。このアドバタイズメントには、受信側デバイスで CDP 情報を廃棄せずに保持しておく時間を表す Time To Live(TTL; 存続可能時間)またはホールドタイム情報も含まれます。

CDP の設定

ここでは、CDP の設定手順について説明します。

「CDP のグローバルなイネーブル化」

「CDP のグローバル設定の表示」

「インターフェイス上での CDP のイネーブル化」

「CDP インターフェイスの設定の表示」

「CDP のモニタリングおよびメンテナンス」

CDP のグローバルなイネーブル化

CDP をグローバルにイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的
Switch(config)# [ no ] cdp run

CDP をグローバルにイネーブルにします。

CDP をグローバルにディセーブルにするには、 no キーワードを使用します。

次に、CDP をグローバルにイネーブルにする例を示します。

Switch(config)# cdp run

CDP のグローバル設定の表示

CDP の設定を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的
Switch# show cdp

グローバルな CDP 情報を表示します。

次に、CDP の設定を表示する例を示します。

Switch# show cdp
Global CDP information:
Sending CDP packets every 120 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is enabled
Switch#
 

その他の CDP show コマンドについては、「CDP のモニタリングおよびメンテナンス」を参照してください。

インターフェイス上での CDP のイネーブル化

特定のインターフェイス上で CDP をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的
Switch(config-if)# [no] cdp enable

特定のインターフェイス上で CDP をイネーブルにします。

特定のインターフェイス上で CDP をディセーブルにするには、no キーワードを使用します。

次に、ファスト イーサネット インターフェイス 5/1 上で CDP をイネーブルにする例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet 5/1
Switch(config-if)# cdp enable
 

次に、ファスト イーサネット インターフェイス 5/1 上で CDP をディセーブルにする例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet 5/1
Switch(config-if)# no cdp enable

CDP インターフェイスの設定の表示

インターフェイスの CDP 設定を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的
Switch# show cdp interface [ type / number ]

CDP がイネーブルに設定されているインターフェイスの情報を表示します。

次に、ファスト イーサネット インターフェイス 5/1 の CDP の設定を表示する例を示します。

Switch# show cdp interface fastethernet 5/1
FastEthernet5/1 is up, line protocol is up
Encapsulation ARPA
Sending CDP packets every 120 seconds
Holdtime is 180 seconds
Switch#

CDP のモニタリングおよびメンテナンス

装置上の CDP をモニタリングおよびメンテナンスするには、次の作業を 1 つまたは複数行います。

 

コマンド
目的
Switch# clear cdp counters

トラフィック カウンタを 0 にリセットします。

Switch# clear cdp table

ネイバー デバイスに関する情報を収めた CDP テーブルを削除します。

Switch# show cdp

送信の頻度、送信されたパケットを保持する時間など、グローバルな情報を表示します。

Switch# show cdp entry entry_name [ protocol | version ]

特定のネイバーに関する情報を表示します。表示をプロトコルまたはバージョン情報に限定することができます。

Switch# show cdp interface [ type / number ]

CDP がイネーブルに設定されているインターフェイスの情報を表示します。

Switch# show cdp neighbors [ type / number ] [ detail ]

ネイバー装置に関する情報を表示します。表示を特定のインターフェイス上のネイバーに限定したり、より詳細な情報を提供するように拡張したりすることができます。

Switch# show cdp traffic

CDP カウンタ(送受信されたパケット数およびチェックサム エラーを含む)を表示します。

Switch# show debugging

スイッチでイネーブルに設定されているデバッグのタイプに関する情報を表示します。

次に、スイッチの CDP カウンタ設定をクリアする例を示します。

Switch# clear cdp counters
 

次に、ネイバー装置に関する情報を表示する例を示します。

Switch# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
 
Device ID Local Intrfce Holdtme Capability Platform Port ID
JAB023807H1 Fas 5/3 127 T S WS-C2948 2/46
JAB023807H1 Fas 5/2 127 T S WS-C2948 2/45
JAB023807H1 Fas 5/1 127 T S WS-C2948 2/44
JAB023807H1 Gig 1/2 122 T S WS-C2948 2/50
JAB023807H1 Gig 1/1 122 T S WS-C2948 2/49
JAB03130104 Fas 5/8 167 T S WS-C4003 2/47
JAB03130104 Fas 5/9 152 T S WS-C4003 2/48