Catalyst 4500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフト ウェア コンフィギュレーション ガイド, 12.2(53)SG
Call Home の設定
Call Home の設定
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/09/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

目次

Call Home の設定

Call Home の概要

Smart Call Home の取得方法

Call Home の設定

担当者情報の設定

宛先プロファイルの設定

宛先プロファイルのコピー

アラート グループへの登録

定期通知の設定

メッセージ重大度しきい値の設定

Syslog パターンマッチの設定

一般的な電子メール オプションの設定

Call Home のイネーブル化

Call Home 通信のテスト

Call Home テスト メッセージの手動送信

Call Home アラート グループ メッセージの手動送信

分析およびレポート要求の送信

コマンド出力の送信

Smart Call Home の設定およびイネーブル化

Call Home 設定情報の表示

デフォルト設定

アラート グループ トリガー イベントおよびコマンド

メッセージ コンテンツ

ロング テキスト形式による Syslog アラート通知の例

XML 形式による Syslog アラート通知の例

Call Home の設定

この章では、Catalyst 4500 シリーズ スイッチに Call Home 機能を設定する方法について説明します。


) この章のスイッチ コマンドの構文および使用方法の詳細については、『Catalyst 4500 Series Switch Cisco IOS Command Reference』および次の URL の関連マニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6350/index.html


この章の内容は、次のとおりです。

「Call Home の概要」

「Smart Call Home の取得方法」

「Call Home の設定」

「担当者情報の設定」

「宛先プロファイルの設定」

「アラート グループへの登録」

「一般的な電子メール オプションの設定」

「Call Home のイネーブル化」

「Call Home 通信のテスト」

「Smart Call Home の設定およびイネーブル化」

「Call Home 設定情報の表示」

「デフォルト設定」

「アラート グループ トリガー イベントおよびコマンド」

「メッセージ コンテンツ」

Call Home の概要

Call Home は、クリティカルなシステム イベントを 電子メール ベースおよび Web ベースで通知します。多種多様なメッセージ形式を使用でき、ポケットベル サービス、標準の電子メール、または XML ベースの自動解析アプリケーションに最大限に対応します。この機能の一般的な利用方法には、ネットワーク サポート エンジニアのダイレクト ページング、ネットワーク オペレーション センターへの電子メール通知、サポート Web サイトへの XML 配信、Cisco Smart Call Home サービスを利用したシスコシステムズ Technical Assistance Center(TAC)の直接ケース生成などがあります。

Call Home 機能は、設定、診断、環境状態、コンポーネント、syslog イベントの情報を含むアラート メッセージを配信できます。

Call Home 機能は、複数の受信側( Call Home 宛先プロファイル と呼ばれる)に配信できます。宛先プロファイルごとにメッセージ形式とコンテンツ カテゴリを設定可能です。TAC(callhome@cisco.com)にアラートを送信する、あらかじめ定義された宛先プロファイルが用意されています。また、独自の宛先プロファイルを定義することもできます。

柔軟なメッセージ配信オプションや形式オプションにより、各サポート要件を簡単に組み込むことができます。

Call Home 機能には次の利点があります。

複数のメッセージ形式オプション:

ショート テキスト:ポケットベルまたはレポートの印刷に最適です。

プレーン テキスト:読みやすさを重視した構成のメッセージ情報。

XML:Extensible Markup Language(XML)および Adaptive Markup Language(AML) Document Type Definition(DTD)を使用した共通表示形式。Cisco TAC とは XML 形式で通信できます。

同時メッセージの宛先を複数設定できます。

設定、診断、環境状態、コンポーネント、syslog イベントなど、複数のメッセージ カテゴリ

重大度やパターンマッチによるメッセージのフィルタリング

定期メッセージ送信のスケジューリング

Smart Call Home の取得方法

サービス契約を直接シスコシステムズと取り交わしている場合、装置を Smart Call Home サービスに登録できます。Smart Call Home では、ご使用の装置から送信された Call Home メッセージを分析し、背景説明や推奨事項を示すことによって、システムの問題を迅速に解決します。特に既知の GOLD 診断障害と見なされる問題については、Cisco TAC で自動サービス リクエストが生成されます。

Smart Call Home には次の機能があります。

シャーシ内のラインカードおよびスーパーバイザに関する診断アラートの起動。

装置から送られる Call Home メッセージの分析、場合に応じて、自動サービス リクエスト生成と適切な TAC チームへの回覧。このリクエストには問題を迅速に解決するための詳細な診断情報が含まれています。

セキュア メッセージの転送。装置からの直接転送、またはダウンロード可能な Transport Gateway(TG)集約ポイント経由の転送があります。TG 集約ポイントは、複数装置のサポートが必要な場合、またはインターネットに装置を直接接続できないセキュリティ要件が規定されている場合に使用できます。

Call Home メッセージと推奨事項、すべての Call Home 装置に関するコンポーネント情報と設定情報への Web ベース アクセス。関連する Field Notice(FN)、セキュリティ勧告、および End of Life(EOL; 廃止)情報にアクセスできます。

次の項目を登録する必要があります。

スイッチの SMARTnet 契約番号

電子メール アドレス

Cisco.com ID

Smart Call Home の詳細については、次の URL にある Smart Call Home のページを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7334/serv_home.html

Call Home の設定

Call Home 設定は、機能の使用目的に応じて異なります。Call Home を設定する前に次の事項に注意してください。

少なくとも 1 つの宛先プロファイル(既定またはユーザ定義)を設定する必要があります。使用する宛先プロファイルは、受信エンティティがポケットベルか、電子メールか、Cisco Smart Call Home などの自動サービスかによって変わります。

宛先プロファイルが電子メール メッセージ配信を使用する場合、Simple Mail Transfer Protocol(SMTP; シンプル メール転送プロトコル)サーバを指定する必要があります。

宛先プロファイルが Secure HyperText Transfer Protocol(HTTPS; セキュア ハイパーテキスト転送プロトコル)メッセージ転送を使用する場合、トラストポイント Certificate Authority(CA; 認証局)を設定する必要があります。

受信したメッセージの送信元を受信側で判断できるように、担当者の電子メール、電話番号、および番地の情報を設定する必要があります。

スイッチと電子メール サーバまたは宛先 HTTP サーバとの IP 接続が必要です。

Cisco Smart Call Home を使用する場合、有効なサービス契約が設定する装置に対応している必要があります。

Call Home を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 サイトの担当者情報を設定します。

ステップ 2 目的の各受信側に対応する宛先プロファイルを設定します。

ステップ 3 各宛先プロファイルを 1 つまたは複数のアラート グループに登録し、アラート オプションを設定します。

ステップ 4 転送方式に応じて、電子メール設定または HTTPS 設定(CA 証明書など)を行います。

ステップ 5 Call Home 機能をイネーブルにします。

ステップ 6 Call Home メッセージをテストします。


 


ヒント Call Home 機能を Smart Call Home および Cisco TAC とともに使用する場合、Smart Call Home Web アプリケーションからその設定に役立つ基本設定スクリプトをダウンロードできます。このスクリプトは、Smart Call Home サービスとセキュアな通信を行うために、トラストポイント CA を設定する際にも有用です。提供されるスクリプトに保証はありません。このスクリプトは次の URL からダウンロードできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7334/serv_home.html


担当者情報の設定

担当者の電子メール アドレスは各スイッチに必要です。場合に応じて、電話番号、番地、契約 ID、カスタマー ID、サイト ID を追加することもできます。

担当者情報を指定するには、次の作業を行います。

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# configure terminal

設定モードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# call-home

Call Home 設定サブモードを開始します。

ステップ 3

Switch(cfg-call-home)# contact-email-addr email-address

カスタマーの電子メール アドレスを指定します。電子メール アドレス形式で 200 文字まで(スペースなし)入力できます。

ステップ 4

Switch(cfg-call-home)# phone-number + phone-number

(任意)カスタマーの電話番号を指定します。

から始め、ハイフン(-)と数字だけで 16 文字まで入力できます。スペースが含まれる場合は、入力を引用符(" ")で囲む必要があります。

ステップ 5

Switch(cfg-call-home)# street-address street-address

(任意)Return Materials Authorization(RMA)機器を発送するカスタマーの番地を指定します。200 文字まで入力できます。スペースが含まれる場合は、入力を引用符(" ")で囲む必要があります。

ステップ 6

Switch(cfg-call-home)# customer-id text

(任意)カスタマー ID を指定します。64 文字まで入力できます。スペースが含まれる場合は、入力を引用符(" ")で囲む必要があります。

ステップ 7

Switch(cfg-call-home)# site-id text

(任意)カスタマー サイト ID を指定します。200 文字まで入力できます。スペースが含まれる場合は、入力を引用符(" ")で囲む必要があります。

ステップ 8

Switch(cfg-call-home)# contract-id text

(任意)カスタマーのスイッチ契約 ID を指定します。64 文字まで入力できます。スペースが含まれる場合は、入力を引用符(" ")で囲む必要があります。

次に、担当者情報を設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

Switch(config)# call-home

Switch(cfg-call-home)# contact-email-addr username@example.com

Switch(cfg-call-home)# phone-number +1-800-555-4567

Switch(cfg-call-home)# street-address "1234 Picaboo Street, Any city, Any state, 12345"

Switch(cfg-call-home)# customer-id Customer1234

Switch(cfg-call-home)# site-id Site1ManhattanNY

Switch(cfg-call-home)# contract-id Company1234

Switch(cfg-call-home)# exit

Switch(config)#

宛先プロファイルの設定

宛先プロファイルには、アラート通知に必要な配信情報が含まれています。少なくとも 1 つの宛先プロファイルが必要です。1 つ以上のタイプの宛先プロファイルを複数設定できます。

あらかじめ定義された宛先プロファイルを使用するか、任意のプロファイルを定義できます。新しい宛先プロファイルを定義する場合は、プロファイル名を割り当てる必要があります。


) Cisco Smart Call Home サービスを使用する場合、宛先プロファイルには XML メッセージ形式を使用する必要があります。


次の属性を宛先プロファイルに設定できます。

プロファイル名:ユーザ定義の各宛先プロファイルを一意に識別する文字列。設定できるプロファイル名は 31 文字までで、大文字と小文字は区別されません。 all はプロファイル名として使用できません。

転送方式:電子メールまたは HTTP(HTTPS を含む)のアラート配信用転送メカニズム。

ユーザ定義の宛先プロファイルの場合、デフォルトは電子メールです。いずれかまたは両方の転送メカニズムをイネーブルにできます。両方の方式をディセーブルにすると、電子メールがイネーブルになります。

あらかじめ定義された Cisco TAC プロファイルの場合、いずれかの転送メカニズムをイネーブルにできますが、同時にはイネーブルにできません。

宛先アドレス:転送方式に対応する実際のアドレス。このアドレスにアラートが送信されます。

メッセージ形式:アラートの送信に使用されるメッセージ形式。

ユーザ定義の宛先プロファイルの場合、形式オプションは、ロング テキスト、ショート テキスト、または XML です。デフォルトの設定は XML です。

あらかじめ定義された Cisco TAC プロファイルでは、XML しか使用できません。

メッセージ サイズ:最大宛先メッセージ サイズ。有効範囲は 50 ~ 3,145,728 バイトであり、デフォルトは 3,145,728 バイトです。

宛先プロファイルを作成して設定するには、次の作業を行います。

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# configure terminal

設定モードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# call-home

Call Home 設定サブモードを開始します。

ステップ 3

Switch(cfg-call-home)# profile name

指定された宛先プロファイルに対応する Call Home 宛先プロファイル設定サブモードを開始します。指定された宛先プロファイルが存在しない場合は、プロファイルが作成されます。

ステップ 4

Switch(cfg-call-home-profile)# [ no ] destination transport-method { email | http }

(任意)メッセージ転送方式をイネーブルにします。転送方式をディセーブルにするには、 no オプションを使用します。

ステップ 5

Switch(cfg-call-home-profile)# destination address { email email-address | http url }

Call Home メッセージが送信される宛先電子メール アドレスまたは URL を設定します。

を追加してください。宛先がセキュア サーバであれば、トラストポイント CA を設定することも必要です。

ステップ 6

Switch(cfg-call-home-profile)# destination preferred-msg-format { long-text | short-text | xml }

(任意)優先メッセージ形式を設定します。デフォルトの設定は XML です。

ステップ 7

Switch(cfg-call-home-profile)# destination message-size-limit bytes

(任意)宛先プロファイルの最大宛先メッセージ サイズを設定します。

ステップ 8

Switch(cfg-call-home-profile)# active

宛先プロファイルをイネーブルにします。デフォルトでは、プロファイルは作成時にイネーブルにされます。

ステップ 9

Switch(cfg-call-home-profile)# exit

Call Home 宛先プロファイル設定サブモードを終了し、Call Home 設定サブモードに戻ります。

ステップ 10

Switch(cfg-call-home)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 11

Switch# show call-home profile { name | all }

指定されたプロファイル、または設定されたすべてのプロファイルに応じた宛先プロファイル設定を表示します。

宛先プロファイルのコピー

既存の宛先プロファイルをコピーして、新しいプロファイルを作成するには、次の作業を行います。

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# configure terminal

設定モードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# call-home

Call Home 設定サブモードを開始します。

ステップ 3

Switch(cfg-call-home)# copy profile source-profile target-profile

既存の宛先プロファイルと同じ設定内容で、新しい宛先プロファイルを作成します。

アラート グループへの登録

アラート グループは、スイッチでサポートされる Call Home アラートのサブセットとしてあらかじめ定義されています。各種の Call Home アラートがタイプに応じてさまざまなアラート グループに分類されています。使用できるアラート グループは、次のとおりです。

設定

診断

環境

コンポーネント

Syslog

各アラート グループのトリガー イベントを「アラート グループ トリガー イベントおよびコマンド」に、アラート グループ メッセージのコンテンツを「メッセージ コンテンツ」に示します。

宛先プロファイルで受信するアラート グループは、1 つまたは複数を選択できます。


) Call Home アラートは、その Call Home アラートが属するアラート グループに登録している宛先プロファイルだけに送信されます。また、アラート グループはイネーブルにする必要があります。


宛先プロファイルをアラート グループに登録するには、次の作業を行います。

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# configure terminal

設定モードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# call-home

Call Home 設定サブモードを開始します。

ステップ 3

Switch(cfg-call-home)# alert-group { all | configuration | diagnostic |
environment | inventory | syslog }

指定されたアラート グループをイネーブルにします。すべてのアラート グループをイネーブルにするには、キーワード all を使用します。デフォルトでは、すべてのアラート グループがイネーブルになっています。

ステップ 4

Switch(cfg-call-home)# profile name

指定された宛先プロファイルに対応する Call Home 宛先プロファイル設定サブモードを開始します。

ステップ 5

Switch(cfg-call-home-profile)# subscribe-to-alert-group configuration
[ periodic { daily hh:mm | monthly date hh:mm | weekly day hh:mm }]

この宛先プロファイルを設定アラート グループに登録します。「定期通知の設定」に説明するように、設定アラート グループは、定期通知用に設定できます。

Switch(cfg-call-home-profile)# subscribe-to-alert-group all

利用可能なすべてのアラート グループに登録します。

ステップ 6

Switch(cfg-call-home-profile)# subscribe-to-alert-group diagnostic
[ severity catastrophic | disaster |
fatal | critical | major | minor | warning |
notification | normal | debugging ]

この宛先プロファイルを診断アラート グループに登録します。「メッセージ重大度しきい値の設定」に説明するように、診断アラート グループは、重大度に基づいたメッセージのフィルタリングを設定できます。

ステップ 7

Switch(cfg-call-home-profile)# subscribe-to-alert-group environment
[ severity catastrophic | disaster |
fatal | critical | major | minor | warning |
notification | normal | debugging ]

この宛先プロファイルを環境アラート グループに登録します。「メッセージ重大度しきい値の設定」に説明するように、環境アラート グループは、重大度に基づいたメッセージのフィルタリングを設定できます。

ステップ 8

Switch(cfg-call-home-profile)# subscribe-to-alert-group inventory
[ periodic { daily hh:mm | monthly date hh:mm | weekly day hh:mm }]

この宛先プロファイルをコンポーネント アラート グループに登録します。「定期通知の設定」に説明するように、コンポーネント アラート グループは、定期通知用に設定できます。

ステップ 9

Switch(cfg-call-home-profile)# subscribe-to-alert-group syslog
[ severity catastrophic | disaster |
fatal | critical | major | minor | warning |
notification | normal | debugging ]
[ pattern string ]

この宛先プロファイルを Syslog アラート グループに登録します。「メッセージ重大度しきい値の設定」に説明するように、Syslog アラート グループは、重大度に基づいたメッセージのフィルタリングを設定できます。syslog メッセージ内で照合するパターンを指定できます。パターンにスペースが含まれる場合は、引用符(" ")で囲む必要があります。

ステップ 10

Switch(cfg-call-home-profile)# exit

Call Home 宛先プロファイル設定サブモードを終了します。

定期通知の設定

宛先プロファイルを設定アラート グループまたはコンポーネント アラート グループに登録する場合、アラート グループ メッセージは、非同期で、または指定時刻に定期的に受信するように選択できます。送信間隔は次のいずれかになります。

毎日:24 時間表記の時:分形式 hh:mm で送信時刻を指定します(例:14:30)。

毎週:day hh:mm 形式で曜日および時刻を指定します。省略形の曜日は使用できません(例:monday)。

毎月:date hh:mm 形式で 1 ~ 31 日および時刻を指定します。

メッセージ重大度しきい値の設定

宛先プロファイルを診断、環境、または Syslog アラート グループに登録する場合は、アラート グループ メッセージをメッセージの重大度に基づいて送信する際のしきい値を設定できます。しきい値より低いメッセージは宛先に送信されません。

重大度しきい値は、 表 56-1 のキーワードを使用して設定します。重大度は catastrophic(レベル 9、最高レベルの緊急性)から debugging(レベル 0、最低レベルの緊急性)まであります。重大度しきい値が設定されない場合、デフォルトは normal(レベル 1)です。


) Call Home 重大度は、システム メッセージ ロギング重大度とは異なります。


 

表 56-1 重大度と Syslog レベルのマッピング

レベル
キーワード
Syslog レベル
説明

9

catastrophic

該当なし

ネットワーク全体に及ぶ深刻な障害

8

disaster

該当なし

ネットワークへの重大な影響

7

fatal

Emergency (0)

システム使用不可能

6

critical

Alert (1)

クリティカルな状態、ただちに注意が必要

5

major

Critical (2)

メジャーな状態

4

minor

Error (3)

マイナーな状態

3

warning

Warning (4)

警告状態

2

notification

Notice (5)

基本の通知および情報メッセージ、個々にはほとんど注意不要

1

normal

Information (6)

通常状態への復帰を示す通常イベント

0

debugging

Debug (7)

デバッグ メッセージ

Syslog パターンマッチの設定

宛先プロファイルを Syslog アラート グループに登録する場合は、各 syslog メッセージ内で照合するテキスト パターンを設定することもできます。パターンを設定すると、指定されたパターンを含み、重大度しきい値を満たす Syslog アラート グループ メッセージだけが送信されます。パターンにスペースが含まれる場合は、設定時に引用符(" ")で囲む必要があります。宛先プロファイルごとに 5 つのパターンまで指定できます。

一般的な電子メール オプションの設定

電子メール メッセージ転送を使用するには、シンプル メール転送プロトコル(SMTP)電子メール サーバ アドレスを少なくとも 1 つ設定する必要があります。差出人および返信の電子メール アドレスを設定できるとともに、バックアップ電子メール サーバを 4 台まで指定できます。また、電子メール メッセージおよび HTTP メッセージのレート制限を設定することもできます。

一般的な電子メール オプションを設定するには、次の作業を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# configure terminal

設定モードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# call-home

Call Home 設定サブモードを開始します。

ステップ 3

Switch(cfg-call-home)# mail-server { ipv4-address | name } priority number

電子メール サーバ アドレス、および設定された電子メール サーバ間の相対的なプライオリティを割り当てます。

次のいずれかの方法で指定します。

電子メール サーバの IP アドレス

電子メール サーバの Fully Qualified Domain Name (FQDN; 完全修飾ドメイン名)(64 文字まで)

1(最高のプライオリティ)~ 100(最低のプライオリティ)のプライオリティ 番号 を割り当てます。

ステップ 4

Switch(cfg-call-home)# sender from email-address

(任意)Call Home 電子メール メッセージの差出人フィールドに表示される電子メール アドレスを指定します。アドレスを指定しなければ、担当者の電子メール アドレスが使用されます。

ステップ 5

Switch(cfg-call-home)# sender reply-to email-address

(任意)Call Home 電子メール メッセージの返信フィールドに表示される電子メール アドレスを指定します。

ステップ 6

Switch(cfg-call-home)# rate-limit number

(任意)1 分間に送信されるメッセージ数の上限を、1 ~ 60 で指定します。デフォルト値は 20 です。

ステップ 7

Switch(cfg-call-home)# vrf vrf-name

(任意)Call Home 電子メール メッセージを送信する VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF を指定しなければ、グローバル ルーティング テーブル が使用されます。

一般的な電子メール オプションを設定する際には、次の事項に注意してください。

バックアップ電子メール サーバは、プライオリティ番号を変えて mail-server コマンドを実行することによって定義できます。

mail-server priority number パラメータは、1 ~ 100 を設定できます。最高のプライオリティ(最小のプライオリティ番号)を与えられたサーバから処理されます。

次に、一般的な電子メール パラメータ(プライマリおよびセカンダリ電子メール サーバなど)を設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

Switch(config)# call-home

Switch(cfg-call-home)# mail-server smtp.example.com priority 1

Switch(cfg-call-home)# mail-server 192.168.0.1 priority 2

Switch(cfg-call-home)# sender from username@example.com

Switch(cfg-call-home)# sender reply-to username@example.com

Switch(cfg-call-home)# exit

Switch(config)#

Call Home のイネーブル化

Call Home 機能をイネーブルまたはディセーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# configure terminal

設定モードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# service call-home

Call Home 機能をイネーブルにします。

Call Home 通信のテスト

Call Home 通信は、メッセージを 2 種類のコマンドを使用して手動で送信することによってテストできます。

ユーザ定義の Call Home テスト メッセージを送信する場合は、 call-home test コマンドを使用します。

各アラート グループ メッセージを送信する場合は、 call-home send コマンドを使用します。

Call Home テスト メッセージの手動送信

Call Home テスト メッセージを手動で送信するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# call-home test [ test-message ] profile name

指定された宛先プロファイルにテスト メッセージを送信します。テスト メッセージは任意にユーザが定義できますが、スペースが含まれる場合は、引用符(" ")で囲む必要があります。ユーザ定義のメッセージを設定しなければ、デフォルト メッセージが送信されます。

次に、Call Home テスト メッセージを手動で送信する例を示します。

Switch# call-home test “test of the day” profile Ciscotac1

Call Home アラート グループ メッセージの手動送信

Call Home アラート グループ メッセージを手動でトリガーするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# call-home send alert-group configuration [ profile name ]

設定アラート グループ メッセージを、1 つの宛先プロファイル(指定した場合)、または登録されたすべての宛先プロファイルに送信します。

Switch# call-home send alert-group diagnostic { module number | slot/subslot | slot/bay } [ profile name ]

診断アラート グループ メッセージを、設定された宛先プロファイル(指定した場合)、または登録されたすべての宛先プロファイルに送信します。診断情報を送信するモジュールまたはポートを指定する必要があります。

Switch# call-home send alert-group inventory [ profile name ]

コンポーネント アラート グループ メッセージを、1 つの宛先プロファイル(指定した場合)、または登録されたすべての宛先プロファイルに送信します。

Call Home アラート グループ メッセージを手動で送信する場合は、次の注意事項に留意してください。

手動で送信できるのは、設定、診断、およびコンポーネント アラート グループだけです。

設定、診断、またはコンポーネント アラート グループ メッセージを手動でトリガーするときに、宛先プロファイル名を指定する場合は、プロファイルのアクティブ ステータス、サブスクリプション ステータス、または重大度設定に関係なく、メッセージが宛先プロファイルに送信されます。

設定またはコンポーネント アラート グループ メッセージを手動でトリガーするときに、宛先プロファイル名を指定しない場合は、指定したアラート グループへの登録が通常か定期かに関係なく、すべてのアクティブ プロファイルにメッセージが送信されます。

診断アラート グループ メッセージを手動でトリガーするときに、宛先プロファイル名を指定しない場合は、コマンドにより次の動作が発生します。

minor より低い重大度の診断イベントに登録されたアクティブ プロファイルでは、モジュールまたはインターフェイスで診断イベントが認識されたかどうかに関係なくメッセージが送信されます。

minor 以上の重大度の診断イベントに登録されたアクティブ プロファイルでは、登録された重大度以上の診断イベントが、指定されたモジュールまたはインターフェイスで認識された場合に限り、メッセージが送信されます。それ以外の場合は、診断イベントは宛先プロファイルに送信されません。

次に、設定アラート グループ メッセージを宛先プロファイルに送信する例を示します。

Switch# call-home send alert-group configuration
 

次に、特定のモジュール、スロット/サブスロットまたはスロット/ベイ番号に関する診断アラート グループ メッセージを宛先プロファイルに送信する例を示します。

Switch# call-home send alert-group diagnostic module 3 5/2
 

次に、特定のモジュール、スロット/サブスロットまたはスロット/ベイ番号に関する診断アラート グループ メッセージをすべての宛先プロファイルに送信する例を示します。

Switch# call-home send alert-group diagnostic module 3 5/2 profile Ciscotac1
 

次に、コンポーネント Call Home メッセージを送信する例を示します。

Switch# call-home send alert-group inventory

分析およびレポート要求の送信

call-home request コマンドを使用すると、ご使用のシステムの情報をシスコに送信して、システム固有の役立つ情報を受け取ることができます。セキュリティの警告、既知のバグ、ベスト プラクティス、コマンド リファレンスなど、さまざまなレポートを要求できます。

レポートおよび分析情報の要求を Cisco アウトプットインタープリタ ツールから送信するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# call-home request output-analysis show-command

[ profile name ] [ ccoid user-id ]

分析用として指定した show コマンドの出力を送信します。show コマンドは、引用符(" ")で囲む必要があります。

Switch# call-home request { config-sanity | bugs-list | command-reference | product-advisory }

[ profile name ] [ ccoid user-id ]

show running-config all コマンド、show version コマンド、または show module コマンドなど、分析用としてあらかじめ決められたコマンド セットの出力を送信します。また、call-home request product-advisory コマンドには、すべてのコンポーネント アラート グループ コマンドが含まれます。

call home request コマンドのあとに指定するキーワードは、必要なレポートのタイプを示します。

Call Home レポートおよび分析要求を手動で送信する場合は、次の注意事項に留意してください。

profile name 値を指定すると、要求はそのプロファイルに送信されます。プロファイル名を指定しなければ、要求は Cisco TAC プロファイルに送信されます。Call Home 要求の場合、受信側プロファイルをイネーブルにする必要はありません。要求メッセージを Cisco TAC に転送し、Smart Call Home サービスから返信を受信できるように、Transport Gateway が設定された電子メール アドレスをプロファイルに指定します。

ccoid user-id 値は、Smart Call Home ユーザの登録識別情報です。 user-id を指定すると、登録ユーザの電子メール アドレスに応答が送信されます。 user-id を指定しなければ、応答は、装置担当者の電子メール アドレスに送信されます。

要求するレポート タイプを示すキーワードに基づいて、次の情報が返されます。

config-sanity :現在の実行コンフィギュレーションに関連するベスト プラクティス情報

bugs-list :実行バージョンおよび現在適用されている機能に関する既知のバグ

command-reference :実行コンフィギュレーションのすべてのコマンドに対する参照リンク

product-advisory :ネットワーク内の装置に影響を与える可能性がある Product Security Incident Response Team(PSIRT)警告、廃止(EOL)または End of Sales(EOS; 販売終了)警告、Field Notice(FN)のいずれか

次に、ユーザが指定した show コマンドの分析を要求する例を示します。

Switch# call-home request output-analysis "show diagnostic result module all" profile TG

コマンド出力の送信

call-home send コマンドを使用すると、Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)を実行し、コマンド出力をシスコまたは指定の電子メール アドレスに送信できます。

CLI コマンドを実行し、コマンド出力を電子メールで送信するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Switch# call-home send command

[ email email-addr ] [ service-number SR ]

指定された CLI コマンドを実行し、出力を電子メールで送信します。

コマンドの出力を送信する際、次の注意事項に留意してください。

CLI コマンドには、すべてのモジュールのコマンドなど、任意の実行コマンドを指定できます。コマンドは引用符(" ")で囲む必要があります。

電子メール アドレスを指定した場合、そのアドレスにコマンド出力が送信されます。電子メール アドレスを指定しない場合は、Cisco TAC(attach@cisco.com)に出力が送信されます。電子メール は件名の行にサービス番号(指定した場合)が付いたロング テキスト形式で送信されます。

電子メール アドレスを指定しない場合、または Cisco TAC 電子メール アドレスを指定した場合に限り、サービス番号が必要になります。

次に、CLI コマンドの出力をユーザ指定の電子メール アドレスに送信する例を示します。

Switch# call-home send "show diagnostic result module all" email support@example.com

Smart Call Home の設定およびイネーブル化

Cisco Smart Call Home サービスのアプリケーションおよび設定については、次の URL にある『 Smart Call Home User Guide 』の「FastStart」を参照してください。

http://www.cisco.com/go/smartcall/

ユーザ ガイドでは、Smart Call Home メッセージを、装置から直接、または Transport Gateway(TG)集約ポイント経由で送信する場合の設定例について説明しています。TG 集約ポイントは、複数装置のサポートが必要な場合、またはインターネットに装置を直接接続できないセキュリティ要件が規定されている場合に使用できます。

Smart Call Home User Guide 』で説明するように、Smart Call Home サービスは転送方式として HTTPS を使用するため、同時にトラストポイントの CA を設定する必要があります。

Call Home 設定情報の表示

設定された Call Home 情報を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Switch# show call-home

Call Home 設定の概要を表示します。

Switch# show call-home detail

Call Home 設定の詳細を表示します。

Switch# show call-home alert-group

利用可能なアラート グループとそのステータスを表示します。

Switch# show call-home mail-server status

設定された電子メール サーバのアベイラビリティをチェックして表示します。

Switch# show call-home profile { all | name }

指定された宛先プロファイルの設定を表示します。すべての宛先プロファイルの設定を表示するには、キーワード all を使用します。

Switch# show call-home statistics

Call Home イベントの統計情報を表示します。

56-1 56-7 は、 show call-home コマンドの各種オプションを使用した結果を示しています。

例 56-1 Call Home 設定情報

Switch# show call-home
Current call home settings:
call home feature : disable
call home message's from address: switch@example.com
call home message's reply-to address: support@example.com
 
vrf for call-home messages: Not yet set up
 
contact person's email address: technical@example.com
 
contact person's phone number: +1-408-555-1234
street address: 1234 Picaboo Street, Any city, Any state, 12345
customer ID: ExampleCorp
contract ID: X123456789
site ID: SantaClara
Mail-server[1]: Address: smtp.example.com Priority: 1
Mail-server[2]: Address: 192.168.0.1 Priority: 2
Rate-limit: 20 message(s) per minute
 
Available alert groups:
Keyword State Description
------------------------ ------- -------------------------------
configuration Disable configuration info
diagnostic Disable diagnostic info
environment Disable environmental info
inventory Enable inventory info
syslog Disable syslog info
Profiles:
Profile Name: campus-noc
Profile Name: CiscoTAC-1
 
Switch#

例 56-2 Call Home 設定情報の詳細

Switch# show call-home detail
Current call home settings:
call home feature : disable
call home message's from address: switch@example.com
call home message's reply-to address: support@example.com
 
vrf for call-home messages: Not yet set up
 
contact person's email address: technical@example.com
 
contact person's phone number: +1-408-555-1234
street address: 1234 Picaboo Street, Any city, Any state, 12345
customer ID: ExampleCorp
contract ID: X123456789
site ID: SantaClara
Mail-server[1]: Address: smtp.example.com Priority: 1
Mail-server[2]: Address: 192.168.0.1 Priority: 2
Rate-limit: 20 message(s) per minute
 
Available alert groups:
Keyword State Description
------------------------ ------- -------------------------------
configuration Disable configuration info
diagnostic Disable diagnostic info
environment Disable environmental info
inventory Enable inventory info
syslog Disable syslog info
 
Profiles:
 
Profile Name: campus-noc
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: long-text
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): noc@example.com
HTTP address(es): Not yet set up
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
N/A N/A
 
Profile Name: CiscoTAC-1
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: xml
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): callhome@cisco.com
HTTP address(es): https://tools.cisco.com/its/service/oddce/services/DDCEService
 
Periodic configuration info message is scheduled every 1 day of the month at 09:27
 
Periodic inventory info message is scheduled every 1 day of the month at 09: 12
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
diagnostic minor
environment warning
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
.* major
Switch#

例 56-3 利用可能な Call Home アラート グループ

Switch# show call-home alert-group
Available alert groups:
Keyword State Description
------------------------ ------- -------------------------------
configuration Disable configuration info
diagnostic Disable diagnostic info
environment Disable environmental info
inventory Enable inventory info
syslog Disable syslog info
 
Switch#

例 56-4 電子メール サーバのステータス情報

Switch# show call-home mail-server status
Please wait. Checking for mail server status ...
 
Translating "smtp.example.com"
Mail-server[1]: Address: smtp.example.com Priority: 1 [Not Available]
Mail-server[2]: Address: 192.168.0.1 Priority: 2 [Not Available]
 
Switch#

例 56-5 すべての宛先プロファイルの情報(既定およびユーザ定義)

Switch# show call-home profile all
 
Profile Name: campus-noc
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: long-text
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): noc@example.com
HTTP address(es): Not yet set up
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
N/A N/A
 
Profile Name: CiscoTAC-1
Profile status: ACTIVE
Preferred Message Format: xml
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): callhome@cisco.com
HTTP address(es): https://tools.cisco.com/its/service/oddce/services/DDCEService
 
Periodic configuration info message is scheduled every 1 day of the month at 09:27
 
Periodic inventory info message is scheduled every 1 day of the month at 09:12
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
diagnostic minor
environment warning
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
.* major
 
Switch#

例 56-6 ユーザ定義の宛先プロファイルの情報

Switch# show call-home profile CiscoTAC-1
Profile Name: CiscoTAC-1
Profile status: INACTIVE
Preferred Message Format: xml
Message Size Limit: 3145728 Bytes
Transport Method: email
Email address(es): callhome@cisco.com
HTTP address(es): https://tools.cisco.com/its/service/oddce/services/DDCEService
 
Periodic configuration info message is scheduled every 11 day of the month at 11:25
 
Periodic inventory info message is scheduled every 11 day of the month at 11:10
 
Alert-group Severity
------------------------ ------------
diagnostic minor
environment warning
inventory normal
 
Syslog-Pattern Severity
------------------------ ------------
.* major

例 56-7 Call Home 統計情報

Switch# show call-home statistics
Message Types Total Email HTTP
------------- -------------------- -------------------- ------------------
Total Success 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Total In-Queue 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Total Failed 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Total Ratelimit
-dropped 0 0 0
Config 0 0 0
Diagnostic 0 0 0
Environment 0 0 0
Inventory 0 0 0
SysLog 0 0 0
Test 0 0 0
Request 0 0 0
Send-CLI 0 0 0
 
Last call-home message sent time: n/a

デフォルト設定

表 56-2 は、デフォルトの Call Home 設定を示しています。

 

表 56-2 デフォルトの Call Home 設定

パラメータ
デフォルト

Call Home 機能ステータス

ディセーブル

ユーザ定義プロファイル ステータス

アクティブ

あらかじめ定義された Cisco TAC プロファイル ステータス

非アクティブ

転送方式

電子メール

メッセージ形式タイプ

XML

ロング テキスト、ショート テキスト、または XML 形式で送信されるメッセージの宛先メッセージ サイズ

3,145,728

アラート グループ ステータス

イネーブル

Call Home メッセージ重大度しきい値

1(normal)

1 分あたりのメッセージに対するメッセージ レート制限

20

アラート グループ トリガー イベントおよびコマンド

Call Home トリガー イベントはアラート グループに分類されており、イベント発生時に実行する CLI コマンドが各アラート グループに割り当てられます。CLI コマンド出力は、送信メッセージに挿入されます。 表 56-3 は、各アラート グループに分類されたトリガー イベントとともに、各イベントの重大度、アラート グループで実行される CLI コマンドなどを示しています。

 

表 56-3 Call Home アラート グループ、イベント、および動作

アラート グループ
Call Home トリガー イベント
Syslog イベント
重大度
説明および実行される CLI コマンド

Syslog

syslog に保存されるイベント (syslog レベル 0、1、または 2 の場合、TAC だけに送信)

実行される CLI コマンド:

show logging
show inventory

SYSLOG

LOG_EMERG

0

システムが使用不可能な状態

SYSLOG

LOG_ALERT

1

即座に対策をとる必要あり

SYSLOG

LOG_CRIT

2

クリティカルな状態

SYSLOG

LOG_ERR

3

エラー状態

SYSLOG

LOG_WARNING

4

警告状態

SYSLOG

LOG_NOTICE

5

正常だが注意を要する状態

SYSLOG

LOG_INFO

6

情報

SYSLOG

LOG_DEBUG

7

デバッグ レベル メッセージ

環境

電源、ファン、および環境感知素子(温度アラームなど)に関連するイベント (TAC に送信)

実行される CLI コマンド:

show module
show environment
show logging
show power
show inventory

TEMP_FAILURE

TempHigh

4

シャーシの温度が正常しきい値以上

TEMP_FAILURE

Critical Temp

4

シャーシの温度が重大しきい値を超過

TEMP_FAILURE

Shutdown Temp

4

シャーシの温度が高温、システム シャットダウン

TEMP_RECOVER

TempOk

4

シャーシの温度は正常

POWER_FAILURE

PowerSupplyBad

4

電源が故障またはオフ

POWER_RECOVERY

PowerSupplyGood

4

故障した電源が修復

POWER_FAILURE

PowerSupplyFanBad

4

電源ファンが故障

POWER_ RECOVERY

PowerSupplyFanGood

4

故障した電源ファンが修復

POWER_RECOVERY

PowerSupplyOutputIncreased

4

電源ファン出力上昇

POWER_FAILURE

PowerSupplyOutputDecreased

4

電源ファン出力低下

POWER_FAILURE

InlinePowerSupplyBad

4

電源からのインライン パワー ソースが故障またはオフ

POWER_ RECOVERY

InlinePowerSupplyGood

2

故障したインライン パワー ソースが修復

FANTRAY_FAILURE

FanTrayPartialFailure

2

システム ファン トレイのファンまたはサーミスタが故障

FANTRAY_FAILURE

FanTrayBad

4

ファン トレイが故障

FANTRAY_ RECOVERY

FanTrayGood

4

故障したファン トレイが修復

CLOCK_ALARM

ClockSwitchover

2

クロック モジュールを別のクロックに切り替え

コンポーネント

コンポーネント ステータスは、装置のコールド ブートが起動されるたびに表示されるか、Field Replaceable Unit(FRU; 現場交換可能ユニット)が着脱されたときに表示されます。クリティカル イベントとは見なされないので、ステータスやタイトルの情報として使用されます。

実行される CLI コマンド:

show module
show version
show inventory oid
show idprom all
show power

INSERTION

Module

2

ラインカードまたはスーパーバイザ エンジンをスロットに挿入

REMOVAL

Module

4

ラインカードまたはスーパーバイザ エンジンをスロットから取り外し

診断
障害

4

標準またはインテリジェント ラインカードに関連するイベント

実行される CLI コマンド:

show module
show version
show inventory
show buffers
show logging
show diagnostic result module x detail
show diagnostic result module all

Test

TEST

4

ユーザの作成によるテスト メッセージ

実行される CLI コマンド:

show module
show version
show inventory

設定

4

ユーザの作成による設定要求

実行される CLI コマンド:

show module
show inventory
show version
show running-config all
show startup-config

メッセージ コンテンツ

次の表は、アラート グループ メッセージのコンテンツ形式を示しています。

表 56-4 では、ショート テキスト メッセージのコンテンツ フィールドについて説明します。

表 56-5 では、すべてのロング テキストおよび XML メッセージに共通のコンテンツ フィールドについて説明します。特定のアラート グループ メッセージに固有のフィールドが共通フィールドの間に追加され、挿入場所が明示されています。

表 56-6 では、対処的メッセージ(TAC を必要とするシステム障害)および予防的メッセージ(システム パフォーマンス低下の原因となる問題)で挿入されるコンテンツ フィールドについて説明します。

表 56-7 では、コンポーネント メッセージに挿入されるコンテンツ フィールドについて説明します。

 

表 56-4 ショート テキスト メッセージの形式

データ項目
説明

装置識別名

設定された装置名

日時タイム スタンプ

トリガー イベントのタイム スタンプ

エラー分離メッセージ

トリガー イベントの簡易説明(英語)

アラーム緊急度

エラー レベル(システム メッセージに適用されるエラー レベルなど)

 

表 56-5 すべてのロング テキストおよび XML メッセージに共通のフィールド

データ項目
(プレーン テキストおよび XML)
説明(プレーン テキストおよび XML)
XML タグ(XML のみ)

タイム スタンプ

ISO 時間表記によるイベントの日時タイム スタンプ:

YYYY-MM-DDTHH:MM:SS

日付と時刻の間に T を記載します。Universal Time Coordinated(UTC; 世界標準時)との timezone/dst 差は計算済みです。

CallHome/EventTime

メッセージ名

メッセージの名前。

ショート テキスト メッセージの場合のみ

メッセージ タイプ

"Call Home" を指定。

CallHome/Event/Type

メッセージ グループ

"reactive" を指定。"reactive" はデフォルトのため、この場合は任意。

CallHome/Event/SubType

重大度

メッセージの重大度。

Body/Block/Severity

送信元 ID

このフィールドは、ワークフロー エンジンによるルーティングで製品タイプの識別に使用します。一般に製品ファミリ名です。

ロング テキスト メッセージの場合のみ

Device ID

メッセージを生成するエンド デバイスの Unique Device Identifier(UDI)。メッセージがファブリック スイッチに固有のものでない場合、このフィールドは空です。

形式:type@Sid@serial

ここで

@:セパレータ文字

type:WS-C4503-E の場合、バックプレーン Serial Electrically Erasable Programmable Read Only Memory(SEEPROM)から読み取られる製品モデル番号

Sid:シャーシ シリアル番号のシリアル ID 識別子 "C"

Serial:Sid フィールドの識別子に対するシリアル番号

例:"WS-C4503-E@C@SPE4465329F"

CallHome/Customer Data/ContractData/DeviceId

カスタマー ID

契約情報またはその他サポート サービスの ID に使用されるユーザ設定可能なオプション フィールド。

CallHome/Customer Data/ContractData/CustomerId

契約 ID

契約情報またはその他サポート サービスの ID に使用されるユーザ設定可能なオプション フィールド。

/CallHome/Customer Data/ContractData/ContractId

サイト ID

シスコが提供するサイト ID またはその他代替サポート サービスに重要なデータに使用されるユーザ設定可能なオプション フィールド。

CallHome/CustomerData/ContractData/SiteId

サーバ ID

メッセージがファブリック スイッチから生成される場合、スイッチの UDI。メッセージが MA で代行または発信される場合、MA はこのフィールドを MA UDI で上書きします。

形式は type@Sid@serial になります。

ここで

@:セパレータ文字

type:WS-C4510R の場合、バックプレーン SEEPROM から読み取られる製品モデル番号

Sid:シャーシ シリアル番号のシリアル ID 識別子 "C"

Serial:Sid フィールドの識別子に対するシリアル番号

例:"WS-C4510R@C@CAT234765XR"

ロング テキスト メッセージの場合のみ

メッセージの説明

ショート テキストによるエラーの説明。

CallHome/MessageDescription

Device name

イベントを検出したノード。装置のホスト名です。

CallHome/CustomerData/SystemInfo/Name

担当者名

イベント検出ノードに関連する問題を連絡する担当者の名前。

CallHome/CustomerData/SystemInfo/Contact

担当者の電子メール

この装置に指定された担当者の電子メール アドレス。

CallHome/CustomerData/SystemInfo/ContactEmail

担当者の電話番号

この装置に指定された担当者の電話番号。

CallHome/CustomerData/SystemInfo/ContactPhoneNumber

番地

この装置に関連付けられた RMA 部品発送先の番地を格納するオプション フィールド。

CallHome/CustomerData/SystemInfo/StreetAddress

モデル名

装置のモデル名(WS-C4503 など)。製品ファミリ名に含まれる固有モデルです。

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Model

シリアル番号

装置のシャーシ シリアル番号。

CallHome/Device/Cisco_Chassis/SerialNumber

シャーシ部品番号

SEEPROM から読み取られるシャーシの上位アセンブリ番号(WS-C4503 = 73-10558 など)。

CallHome/Device/Cisco_Chassis/AdditionalInformation/

AD@name="PartNumber"

次に、特定のアラート グループ メッセージに固有のフィールドを追加します。

次のフィールドは、このアラート グループで複数の CLI コマンドを実行する場合、繰り返し使用できます。

コマンド出力の名前

実行したコマンドの正確な記述(show running-config コマンドなど)

/aml/attachments/attachment/name

添付タイプ

コマンド出力を指定

/aml/Attachments/attachment@type

MIME タイプ

通常は text/plain または 符号化タイプ

/aml/Attachments/Attachment/Data@encoding

 

表 56-6 対処的または予防的イベント メッセージに挿入されるフィールド

データ項目
(プレーン テキストおよび XML)
説明
(プレーン テキストおよび XML)
XML タグ
(XML のみ)

シャーシ ハードウェア バージョン

シャーシのハードウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/HardwareVersion

スーパーバイザ モジュール ソフトウェア バージョン

最上位ソフトウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/AdditionalInformation/AD@name="SoftwareVersion"

問題を起こした FRU 名

イベント メッセージを生成している問題の FRU の名前

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/Model

問題を起こした FRU のシリアル番号

問題を起こした FRU のシリアル番号

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/SerialNumber

問題を起こした FRU の部品番号

問題を起こした FRU の部品番号

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/PartNumber

FRU スロット

イベント メッセージを生成している FRU のスロット番号

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/LocationWithinContainer

FRU ハードウェア バージョン

問題を起こした FRU のハードウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/HardwareVersion

FRU ソフトウェア バージョン

問題を起こした FRU で動作するソフトウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/SoftwareIdentity/VersionString

 

表 56-7 コンポーネント イベント メッセージに挿入されるフィールド

データ項目
(プレーン テキストおよび XML)
説明(プレーン テキストおよび XML)
XML タグ(XML のみ)

シャーシ ハードウェア バージョン

シャーシのハードウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/HardwareVersion

スーパーバイザ モジュール ソフトウェア バージョン

最上位ソフトウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/AdditionalInformation/AD@name="SoftwareVersion"

問題を起こした FRU 名

イベント メッセージを生成している問題の FRU の名前

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/Model

問題を起こした FRU のシリアル番号

問題を起こした FRU のシリアル番号

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/SerialNumber

問題を起こした FRU の部品番号

問題を起こした FRU の部品番号

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/PartNumber

FRU スロット

イベント メッセージを生成している FRU のスロット番号

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/LocationWithinContainer

FRU ハードウェア バージョン

問題を起こした FRU のハードウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/HardwareVersion

FRU ソフトウェア バージョン

問題を起こした FRU で動作するソフトウェア バージョン

CallHome/Device/Cisco_Chassis/Cisco_Card/SoftwareIdentity/VersionString

ロング テキスト形式による Syslog アラート通知の例

TimeStamp : 2009-02-06 12:57 GMT+00:00
Message Name : syslog
Message Type : Call Home
Message Group : reactive
Severity Level : 2
Source ID : Cat4500/4900
Device ID : WS-C4510R@C@1234567
Customer ID :
Contract ID :
Site ID :
Server ID : WS-C4510R@C@1234567
Event Description : *Feb 6 12:57:54.121: %CLEAR-5-COUNTERS: Clear counter on all interfaces by console
System Name : Router
Contact Email : abc@example.com
Contact Phone :
Street Address :
Affected Chassis : WS-C4510R
Affected Chassis Serial Number : 1234567
Affected Chassis Part No : 12-3456-78
Affected Chassis Hardware Version : 1.1
Supervisor Software Version : 12.2(20090204:112419)
Command Output Name : show logging
Attachment Type : command output
MIME Type : text/plain
Command Output Text :
Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 1 messages rate-limited, 0 flushes, 0 overruns, xml disabled, filtering disabled)
 
No Active Message Discriminator.
 
 
 
No Inactive Message Discriminator.
 
 
Console logging: level debugging, 95 messages logged, xml disabled,
filtering disabled
Monitor logging: level debugging, 0 messages logged, xml disabled,
filtering disabled
Buffer logging: level debugging, 95 messages logged, xml disabled,
filtering disabled
Exception Logging: size (8192 bytes)
Count and timestamp logging messages: disabled
Persistent logging: disabled
 
No active filter modules.
 
Trap logging: level informational, 118 message lines logged
 
Log Buffer (4096 bytes):
00:59:54.379: %CALL_HOME-3-HTTP_REQUEST_FAILED: failed to send HTTP request to :
https://172.17.46.17/its/service/oddce/services/DDCEService
(ERR 107 : Bad parameters)
*Feb 6 00:59:55.379: %CALL_HOME-3-HTTP_REQUEST_FAILED: failed to send HTTP request to :
https://172.17.46.17/its/service/oddce/services/DDCEService
(ERR 107 : Bad parameters)
*Feb 6 01:04:37.903: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 01:04:51.783: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:04:56.047: %CALL_HOME-3-SMTP_SEND_FAILED: Unable to send notification using all SMTP servers (ERR 6, error in reply from SMTP server)
*Feb 6 01:05:01.823: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:05:01.823: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:05:01.823: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:05:51.827: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:05:56.087: %CALL_HOME-3-SMTP_SEND_FAILED: Unable to send notification using all SMTP servers (ERR 6, error in reply from SMTP server)
*Feb 6 01:05:56.867: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:05:56.867: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:05:56.867: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:06:31.871: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 2 has been removed
*Feb 6 01:06:31.871: %C4K_CHASSIS-3-INSUFFICIENTPOWERSUPPLIESDETECTED: Insufficient power supplies present for specified configuration
*Feb 6 01:06:31.871: %C4K_CHASSIS-2-INSUFFICIENTPOWERDETECTED: Insufficient power available for the current chassis configuration
*Feb 6 01:06:36.907: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 2 (PWR-C45-1400AC S/N: AZS11260B3M Hw: 2.3) has been inserted
*Feb 6 01:08:06.911: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:08:11.171: %CALL_HOME-3-SMTP_SEND_FAILED: Unable to send notification using all SMTP servers (ERR 6, error in reply from SMTP server)
*Feb 6 01:08:11.951: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:08:11.951: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:08:11.951: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:10:35.371: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 01:12:06.955: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:12:11.995: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:12:11.995: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:12:11.995: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:13:06.999: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 2 has been removed
*Feb 6 01:13:06.999: %C4K_CHASSIS-3-INSUFFICIENTPOWERSUPPLIESDETECTED: Insufficient power supplies present for specified configuration
*Feb 6 01:13:06.999: %C4K_CHASSIS-2-INSUFFICIENTPOWERDETECTED: Insufficient power available for the current chassis configuration
*Feb 6 01:13:12.035: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 2 (PWR-C45-1400AC S/N: AZS11260B3M Hw: 2.3) has been inserted
*Feb 6 01:36:04.079: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 12:51:46.001: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 12:54:15.905: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Switch#
Command Output Name : show inventory
Attachment Type : command output
MIME Type : text/plain
Command Output Text : NAME: "Switch System", DESCR: "Cisco Systems, Inc. WS-C4510R 10 slot switch "
PID: WS-C4510R , VID: V06 , SN: 1234567
 
NAME: "Clock Module", DESCR: "Clock Module"
PID: WS-X4K-CLOCK , VID: V04 , SN: 12345671
 
NAME: "Mux Buffer 3 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345672
 
NAME: "Mux Buffer 4 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345673
 
NAME: "Mux Buffer 5 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345674
 
NAME: "Mux Buffer 6 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345675
 
NAME: "Mux Buffer 7 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345676
 
NAME: "Mux Buffer 8 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345677
 
NAME: "Mux Buffer 9 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345678
 
NAME: "Mux Buffer 10 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345679
 
NAME: "Linecard(slot 2)", DESCR: "Supervisor V-10GE with 2 10GE X2 ports, and 4 1000BaseX SFP ports"
PID: WS-X4516-10GE , VID: V07 , SN: 1234567A
 
NAME: "Linecard(slot 3)", DESCR: "10/100/1000BaseT (RJ45)V with 48 10/100/1000 baseT voice power ports (Cisco/IEEE)"
PID: WS-X4548-GB-RJ45V , VID: V08 , SN: 1234567B
 
NAME: "Linecard(slot 4)", DESCR: "10/100/1000BaseT (RJ45)V with 48 10/100/1000 baseT voice power ports (Cisco/IEEE)"
PID: WS-X4548-GB-RJ45V , VID: V08 , SN: 1234567C
 
NAME: "Linecard(slot 5)", DESCR: "10/100BaseTX (RJ45) with 32 10/100 baseT and 4 100FX daughtercard ports"
PID: WS-X4232-RJ-XX , VID: V05 , SN: 1234567D
 
NAME: "Fan", DESCR: "FanTray"
PID: WS-X4582 , VID: V03 , SN: 1234567E
 
NAME: "Power Supply 1", DESCR: "Power Supply ( AC 1300W )"
PID: PWR-C45-1300ACV , VID: V05 , SN: 1234567F
 
NAME: "Power Supply 2", DESCR: "Power Supply ( AC 1400W )"
PID: PWR-C45-1400AC , VID: V04 , SN: 1234567G

XML 形式による Syslog アラート通知の例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soap-env:Envelope xmlns:soap-env="http://www.w3.org/2003/05/soap-envelope">
<soap-env:Header>
<aml-session:Session xmlns:aml-session="http://www.cisco.com/2004/01/aml-session" soap-env:mustUnderstand="true" soap-env:role="http://www.w3.org/2003/05/soap-envelope/role/next">
<aml-session:To>http://tools.cisco.com/neddce/services/DDCEService</aml-session:To>
<aml-session:Path>
<aml-session:Via>http://www.cisco.com/appliance/uri</aml-session:Via>
</aml-session:Path>
<aml-session:From>http://www.cisco.com/appliance/uri</aml-session:From>
<aml-session:MessageId>M44:1234567:abcd</aml-session:MessageId>
</aml-session:Session>
</soap-env:Header>
<soap-env:Body>
<aml-block:Block xmlns:aml-block="http://www.cisco.com/2004/01/aml-block">
<aml-block:Header>
<aml-block:Type>http://www.cisco.com/2005/05/callhome/syslog</aml-block:Type>
<aml-block:CreationDate>2009-02-06 12:58:31 GMT+00:00</aml-block:CreationDate>
<aml-block:Builder>
<aml-block:Name>Cat4500/4900</aml-block:Name>
<aml-block:Version>2.0</aml-block:Version>
</aml-block:Builder>
<aml-block:BlockGroup>
<aml-block:GroupId>G45:1234567:abcd</aml-block:GroupId>
<aml-block:Number>0</aml-block:Number>
<aml-block:IsLast>true</aml-block:IsLast>
<aml-block:IsPrimary>true</aml-block:IsPrimary>
<aml-block:WaitForPrimary>false</aml-block:WaitForPrimary>
</aml-block:BlockGroup>
<aml-block:Severity>2</aml-block:Severity>
</aml-block:Header>
<aml-block:Content>
<ch:CallHome xmlns:ch="http://www.cisco.com/2005/05/callhome" version="1.0">
<ch:EventTime>2009-02-06 12:58:30 GMT+00:00</ch:EventTime>
<ch:MessageDescription>*Feb 6 12:58:30.293: %CLEAR-5-COUNTERS: Clear counter on all interfaces by console</ch:MessageDescription>
<ch:Event>
<ch:Type>syslog</ch:Type>
<ch:SubType></ch:SubType>
<ch:Brand>Cisco Systems</ch:Brand>
<ch:Series>Cat4k Series Switches</ch:Series>
</ch:Event>
<ch:CustomerData>
<ch:UserData>
<ch:Email>abc@example.com</ch:Email>
</ch:UserData>
<ch:ContractData>
<ch:CustomerId></ch:CustomerId>
<ch:SiteId></ch:SiteId>
<ch:ContractId></ch:ContractId>
<ch:DeviceId>WS-C4510R@C@1234567</ch:DeviceId>
</ch:ContractData>
<ch:SystemInfo>
<ch:Name>Switch</ch:Name>
<ch:Contact></ch:Contact>
<ch:ContactEmail>abc@example.com</ch:ContactEmail>
<ch:ContactPhoneNumber></ch:ContactPhoneNumber>
<ch:StreetAddress></ch:StreetAddress>
</ch:SystemInfo>
<ch:CCOID></ch:CCOID>
</ch:CustomerData>
<ch:Device>
<rme:Chassis xmlns:rme="http://www.cisco.com/rme/4.0">
<rme:Model>WS-C4510R</rme:Model>
<rme:HardwareVersion>1.1</rme:HardwareVersion>
<rme:SerialNumber>1234567</rme:SerialNumber>
<rme:AdditionalInformation>
<rme:AD name="PartNumber" value="12-3456-05" />
<rme:AD name="SoftwareVersion" value="12.2(20090204:112419)" />
<rme:AD name="SystemObjectId" value="1.2.3.4.5.6.7.537" />
<rme:AD name="SystemDescription" value="Cisco IOS Software, Catalyst 4500 L3 Switch Software (cat4500-ENTSERVICES-M), Experimental Version 12.2(20090204:112419) Copyright (c) 1986-2009 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 06-Feb-09 15:22 by abc" />
</rme:AdditionalInformation>
</rme:Chassis>
</ch:Device>
</ch:CallHome>
</aml-block:Content>
<aml-block:Attachments>
<aml-block:Attachment type="inline">
<aml-block:Name>show logging</aml-block:Name>
<aml-block:Data encoding="plain">
<![CDATA[
Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 1 messages rate-limited, 0 flushes, 0 overruns, xml disabled, filtering disabled)
 
No Active Message Discriminator.
 
 
 
No Inactive Message Discriminator.
 
 
Console logging: level debugging, 97 messages logged, xml disabled,
filtering disabled
Monitor logging: level debugging, 0 messages logged, xml disabled,
filtering disabled
Buffer logging: level debugging, 97 messages logged, xml disabled,
filtering disabled
Exception Logging: size (8192 bytes)
Count and timestamp logging messages: disabled
Persistent logging: disabled
 
No active filter modules.
 
Trap logging: level informational, 120 message lines logged
 
Log Buffer (4096 bytes):
107 : Bad parameters)
*Feb 6 00:59:55.379: %CALL_HOME-3-HTTP_REQUEST_FAILED: failed to send HTTP request to :
https://172.17.46.17/its/service/oddce/services/DDCEService
(ERR 107 : Bad parameters)
*Feb 6 01:04:37.903: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 01:04:51.783: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:04:56.047: %CALL_HOME-3-SMTP_SEND_FAILED: Unable to send notification using all SMTP servers (ERR 6, error in reply from SMTP server)
*Feb 6 01:05:01.823: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:05:01.823: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:05:01.823: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:05:51.827: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:05:56.087: %CALL_HOME-3-SMTP_SEND_FAILED: Unable to send notification using all SMTP servers (ERR 6, error in reply from SMTP server)
*Feb 6 01:05:56.867: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:05:56.867: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:05:56.867: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:06:31.871: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 2 has been removed
*Feb 6 01:06:31.871: %C4K_CHASSIS-3-INSUFFICIENTPOWERSUPPLIESDETECTED: Insufficient power supplies present for specified configuration
*Feb 6 01:06:31.871: %C4K_CHASSIS-2-INSUFFICIENTPOWERDETECTED: Insufficient power available for the current chassis configuration
*Feb 6 01:06:36.907: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 2 (PWR-C45-1400AC S/N: AZS11260B3M Hw: 2.3) has been inserted
*Feb 6 01:08:06.911: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:08:11.171: %CALL_HOME-3-SMTP_SEND_FAILED: Unable to send notification using all SMTP servers (ERR 6, error in reply from SMTP server)
*Feb 6 01:08:11.951: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:08:11.951: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:08:11.951: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:10:35.371: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 01:12:06.955: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 1 has been removed
*Feb 6 01:12:11.995: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 1 (PWR-C45-1300ACV S/N: DTM123900VH Hw: 5.2) has been inserted
*Feb 6 01:12:11.995: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYBAD: Power supply 1 has failed or been turned off
*Feb 6 01:12:11.995: %C4K_CHASSIS-3-MIXINPOWERDETECTED: Power supplies in the chassis are of different types (AC/DC) or wattage
*Feb 6 01:13:06.999: %C4K_IOSMODPORTMAN-4-POWERSUPPLYREMOVED: Power supply 2 has been removed
*Feb 6 01:13:06.999: %C4K_CHASSIS-3-INSUFFICIENTPOWERSUPPLIESDETECTED: Insufficient power supplies present for specified configuration
*Feb 6 01:13:06.999: %C4K_CHASSIS-2-INSUFFICIENTPOWERDETECTED: Insufficient power available for the current chassis configuration
*Feb 6 01:13:12.035: %C4K_IOSMODPORTMAN-6-POWERSUPPLYINSERTEDDETAILED: Power supply 2 (PWR-C45-1400AC S/N: AZS11260B3M Hw: 2.3) has been inserted
*Feb 6 01:36:04.079: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 12:51:46.001: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 12:54:15.905: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
*Feb 6 12:57:54.121: %CLEAR-5-COUNTERS: Clear counter on all interfaces by console
*Feb 6 12:58:24.093: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Switch#]]></aml-block:Data>
</aml-block:Attachment>
<aml-block:Attachment type="inline">
<aml-block:Name>show inventory</aml-block:Name>
<aml-block:Data encoding="plain">
<![CDATA[NAME: "Switch System", DESCR: "Cisco Systems, Inc. WS-C4510R 10 slot switch "
PID: WS-C4510R , VID: V06 , SN: 1234567
 
NAME: "Clock Module", DESCR: "Clock Module"
PID: WS-X4K-CLOCK , VID: V04 , SN: 12345671
 
NAME: "Mux Buffer 3 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345672
 
NAME: "Mux Buffer 4 ", DESCR: "Mux Buffers for Redundancy Logic"
PID: WS-X4590 , VID: V04 , SN: 12345673
 
NAME: "Linecard(slot 2)", DESCR: "Supervisor V-10GE with 2 10GE X2 ports, and 4 1000BaseX SFP ports"
PID: WS-X4516-10GE , VID: V07 , SN: 12345674
 
NAME: "Linecard(slot 3)", DESCR: "10/100/1000BaseT (RJ45)V with 48 10/100/1000 baseT voice power ports (Cisco/IEEE)"
PID: WS-X4548-GB-RJ45V , VID: V08 , SN: 12345675
 
NAME: "Linecard(slot 4)", DESCR: "10/100/1000BaseT (RJ45)V with 48 10/100/1000 baseT voice power ports (Cisco/IEEE)"
PID: WS-X4548-GB-RJ45V , VID: V08 , SN: 12345676
 
NAME: "Linecard(slot 5)", DESCR: "10/100BaseTX (RJ45) with 32 10/100 baseT and 4 100FX daughtercard ports"
PID: WS-X4232-RJ-XX , VID: V05 , SN: 12345677
 
NAME: "Fan", DESCR: "FanTray"
PID: WS-X4582 , VID: V03 , SN: 12345678
 
NAME: "Power Supply 1", DESCR: "Power Supply ( AC 1300W )"
PID: PWR-C45-1300ACV , VID: V05 , SN: 12345679
 
NAME: "Power Supply 2", DESCR: "Power Supply ( AC 1400W )"
PID: PWR-C45-1400AC , VID: V04 , SN: 1234567A
 
 
Switch#]]></aml-block:Data>
</aml-block:Attachment>
</aml-block:Attachments>
</aml-block:Block>
</soap-env:Body>
</soap-env:Envelope>