Catalyst 4000 ファミリー スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド,Cisco IOS Release 12.1(13)EW
UDLDの設定
UDLDの設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

UDLDの設定

UDLDの概要

UDLDのデフォルト設定

スイッチでのUDLDの設定

UDLDのグローバルなイネーブル化

インターフェイス上でUDLDをイネーブルにする方法

光ファイバ以外のインターフェイス上でのUDLDのディセーブル化

光ファイバ インターフェイス上でのUDLDのディセーブル化

ディセーブルになったインターフェイスのリセット

UDLDの設定

この章では、Catalyst 4000ファミリー スイッチにUniDirectional Link Detection(UDLD;単一方向リンク検出)および単一方向イーサネットを設定する方法について説明します。設定上の注意事項、設定手順、および設定例も示します。

この章の主な内容は、次のとおりです。

「UDLDの概要」

「UDLDのデフォルト設定」

「スイッチでのUDLDの設定」


) この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、『Cisco IOS Command Reference for the Catalyst 4000 Family Switch』および次のURLにあるマニュアルを参照してください。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/index.htm


UDLDの概要

UDLDにより、光ファイバまたは銅製イーサネット ケーブル(カテゴリ5ケーブルなど)を使用して接続されたデバイスで、ケーブルの物理構成をモニタし、単一方向リンクの存在を検出できます。リンク上でローカル デバイスが送信したトラフィックを近接デバイスが受信し、近接デバイスから送信されたトラフィックをローカル デバイスが受信しない場合には、単一方向リンクが発生します。単一方向リンクが検出されると、UDLDが関係のあるインターフェイスをシャットダウンし、ユーザに通知します。単一方向リンクは、スパニングツリー トポロジー ループをはじめ、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

UDLDは、レイヤ1メカニズムと連動し、リンクの物理的ステータスを判別するレイヤ2プロトコルです。レイヤ1では、物理的シグナリングおよび障害検出は、自動ネゴシエーションによって処理されます。UDLDは、近接デバイスのアイデンティティの検知、誤って接続されたインターフェイスのシャットダウンなど、自動ネゴシエーションでは実行不可能な処理を実行します。自動ネゴシエーションとUDLDの両方をイネーブルにすると、レイヤ1とレイヤ2の検知機能が連動し、物理的および論理的な単一方向接続、および他のプロトコルの誤動作を防止します。

対になっているファイバ ストランドのどちらかの接続が切断された場合、自動ネゴシエーションがアクティブであるかぎり、そのリンクは存続できません。この場合、論理リンクは不定で、UDLDは何の処理も行いません。レイヤ1から見て両方のファイバが正常に稼働していれば、レイヤ2のUDLDはそれらのファイバが正しく接続されているかどうか、トラフィックが正しい近接デバイス間で双方向に流れているかどうかを判別します。自動ネゴシエーションはレイヤ1の機能なので、このチェックは自動ネゴシエーションでは不可能です。

スイッチは、近接デバイスのUDLDがイネーブルのインターフェイスに、UDLDパケットを定期的に送信します。このパケットが一定時間内にエコー バックされるのに、特定の確認応答(エコー)が欠落している場合には、そのリンクは単一方向リンクとしてフラグ付けされ、インターフェイスがシャットダウンされます。プロトコルが単一方向リンクを正しく識別し、その使用を禁止するには、リンクの両側のデバイスでUDLDをサポートする必要があります。


) デフォルトでは、UDLDは銅製インターフェイス上ではローカルでディセーブルに設定されています。この種のメディアは、アクセス インターフェイスに使用されることが多いので、メディアに不要な制御トラフィックを送信しないようにするためです。


図 18-1に、単一方向リンク条件の例を示します。スイッチBは、インターフェイス上でスイッチAから正しくトラフィックを受信しますが、スイッチAは、同じインターフェイス上でスイッチBからのトラフィックを受信しません。UDLDによって問題が検出され、インターフェイスがディセーブルにされます。

図 18-1 単一方向リンク

 

UDLDのデフォルト設定

表 18-1 に、UDLDのデフォルト設定を示します。

 

表 18-1 UDLDのデフォルト設定

機能
デフォルト ステータス

UDLDグローバル イネーブル ステート

グローバルにディセーブル

インターフェイス別のUDLDイネーブル ステート(光ファイバ メディア用)

すべてのイーサネット光ファイバ インターフェイスでイネーブル

インターフェイス別のUDLDイネーブル ステート(ツイストペア[銅製]メディア用)

インターフェイスEthernet 10/100と1000 BASE-TXでディセーブル

スイッチでのUDLDの設定

ここでは、UDLDの設定手順について説明します。

「UDLDのグローバルなイネーブル化」

「インターフェイス上でUDLDをイネーブルにする方法」

「光ファイバ以外のインターフェイス上でのUDLDのディセーブル化」

「光ファイバ インターフェイス上でのUDLDのディセーブル化」

「ディセーブルになったインターフェイスのリセット」

UDLDのグローバルなイネーブル化

スイッチ上のすべての光ファイバ インターフェイスでUDLDをグローバルにイネーブル化するには、コンフィギュレーション モードで次の作業を行います。

 

コマンド
説明

Switch(config)# [ no ] udld enable

スイッチ上の光ファイバ インターフェイスでUDLDをグローバルにイネーブル化します。

光ファイバ インターフェイスでUDLDをグローバルにディセーブル化するには、 no キーワードを使用します。


) このコマンドは、光ファイバ インターフェイスだけを設定します。このコマンドによる設定は、個々のインターフェイスの設定によって上書きされます。


インターフェイス上でUDLDをイネーブルにする方法

特定のインターフェイス上でUDLDをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch(config-if)# udld enable

特定のインターフェイスでUDLDをイネーブルにします。光ファイバ インターフェイスの場合、このコマンドは udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドによる設定を上書きします。

ステップ 2

Switch# show udld interface

設定を確認します。

光ファイバ以外のインターフェイス上でのUDLDのディセーブル化

光ファイバ以外の特定のインターフェイス上でUDLDをディセーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch(config-if)# no udld enable

光ファイバ以外のインターフェイス上でUDLDをディセーブルにします。


) 光ファイバ インターフェイスの場合、no udld enableコマンドを使用すると、インターフェイスの設定はudld enableグローバル コンフィギュレーション コマンドによる設定に戻ります。


ステップ 2

Switch# show udld interface

設定を確認します。

光ファイバ インターフェイス上でのUDLDのディセーブル化

特定の光ファイバ インターフェイス上でUDLDをディセーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch(config-if)# udld disable

光ファイバ インターフェイス上でUDLDをディセーブルにします。


) このコマンドは、光ファイバ以外のインターフェイス上ではサポートされません。


udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定に戻すには、 no キーワードを使用します。

ステップ 2

Switch# show udld interface

設定を確認します。

ディセーブルになったインターフェイスのリセット

UDLDによってシャットダウンされたすべてのインターフェイスをリセットするには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明
Switch# udld reset

UDLDによってシャットダウンされたすべてのインターフェイスをリセットします。