Catalyst 4000 ファミリー スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド,Cisco IOS Release 12.1(13)EW
複数のスパニングツリーの概要と設定
複数のスパニングツリーの概要と設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

複数のスパニングツリーの概要と設定

の概要

IEEE 802.1s MST

IEEE 802.1w RSTP

RSTPのポートの役割

RSTPポート ステート

MST/SST間のインターオペラビリティ

CST

MSTインスタンス

MSTのコンフィギュレーション パラメータ

MSTリージョン

MSTリージョンの概要

境界ポート

ISTマスター

エッジ ポート

リンク タイプ

メッセージ エージおよびホップ カウント

MST/PVST+間のインターオペラビリティ

MST設定時の注意事項および制約事項

MSTの設定

MSTのイネーブル化

MSTインスタンス パラメータの設定

MSTインスタンス ポート パラメータの設定

プロトコル マイグレーションの再開

MSTコンフィギュレーションの表示

複数のスパニングツリーの概要と設定

この章では、Catalyst 4000ファミリー スイッチ上のIEEE 802.1s Multiple Spanning Tree(MST)プロトコルの設定手順について説明します。MSTはシスコ独自のMulti-Instance Spanning-Tree Protocol(MISTP)実装から派生した新しいIEEE(米国電気電子学会)標準です。MSTにより、単一のスパニングツリー インスタンスを複数のVLAN(仮想LAN)にマッピングできます。

この章の主な内容は、次のとおりです。

「MSTの概要」

「MST設定時の注意事項および制約事項」

「MSTの設定」


) この章で使用しているスイッチ コマンドの構文および使用方法の詳細については、『Cisco IOS Command Reference for the Catalyst 4000 Family Switch』および次のURLにある関連マニュアルを参照してください。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/index.htm


MSTの概要

ここでは、Catalyst 4000ファミリー スイッチにおけるMSTの機能について説明します。

「IEEE 802.1s MST」

「IEEE 802.1w RSTP」

「MST/SST間のインターオペラビリティ」

「CST」

「MSTインスタンス」

「MSTのコンフィギュレーション パラメータ」

「MSTリージョン」

「メッセージ エージおよびホップ カウント」

「MST/PVST+間のインターオペラビリティ」

IEEE 802.1s MST

MSTは、IEEE 802.1w Rapid Spanning Tree(RST)アルゴリズムを複数のスパニングツリーに拡張します。この拡張によって、VLAN環境で高速コンバージェンスとロードバランシングの両方を実現することができます。MSTはPer VLAN Spanning Tree Plus(PVST+)よりもコンバージェンスが速く、802.1d Spanning-Tree Protocol(STP;スパニングツリー プロトコル)、802.1w(Rapid Spanning Tree Protocol [RSTP])、およびシスコPVST+アーキテクチャに対して下位互換性があります。

MSTを使用すると、トランクを介して複数のスパニングツリーを構築できます。VLANをグループとしてまとめ、スパニングツリー インスタンスに対応づけることができます。各インスタンスに、他のスパニングツリー インスタンスに依存しないトポロジーを与えることができます。このアーキテクチャによって、データ トラフィックに複数の転送経路が与えられ、ロードバランシングが可能になります。あるインスタンス(転送パス)で障害が発生しても、他のインスタンスに影響を与えないので、ネットワークの耐障害性が向上します。

大規模なネットワークでネットワーク管理が容易になり、ネットワークのさまざまな部分にさまざまなVLANを配置し、スパニングツリー インスタンスを割り当てることによって、冗長経路を使用できます。スパニングツリー インスタンスが存在できるのは、矛盾しないVLANインスタンスが割り当てられているブリッジに限られます。1組のブリッジを同じMSTコンフィギュレーション情報を使用して設定する必要があります。この結果、特定のスパニングツリー インスタンス セットに参加させることができます。同じMSTコンフィギュレーションが与えられて相互接続されたブリッジは、 MSTリージョン といいます。

MSTは修正済みのRSTP、MSTPを使用します。MSTには次のような特長があります。

MSTは、Internal Spanning Tree(IST; 内部スパニングツリー)という形式のスパニングツリーを実行します。ISTは、MSTリージョンに関する内部情報によって、Common Spanning Tree(CST)情報を補います。MSTリージョンは、隣接するSingle Spanning Tree(SST)およびMSTリージョンで、単一ブリッジとして認識されます。

MSTが稼働しているブリッジは、次のように、SSTブリッジとのインターオペラビリティを確保します。

MSTブリッジはISTを実行し、MSTリージョンに関する内部情報によって、CST情報を補います。

ISTはリージョン内のすべてのMSTブリッジを結合するので、そのブリッジ ドメイン全体が含まれるCSTでは、1つのサブツリーとして認識されます。MSTリージョンは、隣接するSSTブリッジおよびMSTリージョンにとって、仮想ブリッジとして認識されます。

Common and Internal Spanning Tree(CIST)は、各MSTリージョンのIST、MSTリージョンと相互接続するCST、およびSSTブリッジの要素の集まりです。CISTはMSTリージョン内部のIST、およびMSTリージョン外部のCSTと同一です。STP、RSTP、およびMSTPは合同で、1つのブリッジをCISTのルートとして選定します。

MSTは各MSTリージョン内で、追加のスパニングツリーを確立して維持します。これらのスパニングツリーをMST Instance(MSTI)といいます。ISTの番号は0、MSTIの番号は1、2、3(以下同様)になります。MSTIはMSTリージョンに対してローカルで、MSTリージョンが相互接続されている場合でも、他のリージョンのMSTIとは無関係です。

MSTIは次のように、MSTリージョン境界でISTと結合し、CSTになります。

MSTIのスパニングツリー情報がMSTPレコード(Mレコード)に格納されます。

Mレコードは常に、MST Bridge Protocol Data Unit(BPDU;ブリッジ プロトコル データ ユニット)内でカプセル化されます。MSTPで計算されたオリジナルのスパニングツリーは、MSTリージョン内でのみアクティブとなり、Mツリーと呼ばれます。MツリーはMSTリージョン境界でISTと組み合わされ、CSTを形成します。

MSTは、非CST VLAN用のPVST+ BPDUを生成し、PVST+とのインターオペラビリティを維持します。

MSTは次のように、MSTPのPVST+拡張機能の一部をサポートします。

UplinkFastおよびBackboneFastは、MSTモードで使用できません。これらはRSTPに組み込まれています。

PortFastはサポートされます。

BPDUフィルタおよびBPDUガードは、MSTモードでサポートされます。

ループ ガードおよびルート ガードはMSTでサポートされます。MSTは、BPDUが引き続きVLAN 1で送信される点を除き、VLAN 1でディセーブルの機能をそのままの状態で維持します。

MSTスイッチは、MAC(メディア アクセス制御)縮小がイネーブルの場合と同様に動作します。

プライベートVLAN(PVLAN)の場合、セカンダリVLANをプライマリと同じインスタンスにマップする必要があります。

IEEE 802.1w RSTP

802.1wで規定されているRSTPは、802.1Dで規定されたSTPに代わるものですが、STPとの互換性は維持されています。RSTPは、MST機能とともに設定します。詳細については、「MSTの設定」を参照してください。

MSTはRSTPが提供する構造上で動作し、物理トポロジーまたは設定パラメータが変更されたときにネットワークのアクティブなトポロジーを再設定する時間を短縮します。RSTPは、スパニングツリーに接続されたアクティブ トポロジーのルートとしてスイッチを1つ選択し、スイッチの個々のポートに、そのポートがアクティブ トポロジーに含まれるかどうかに応じて、ポート ロールを割り当てます。

RSTPはスイッチ、スイッチ ポート、またはLAN障害の発生後に、短時間で接続できるようにします。新しいルート ポートとブリッジの反対側の指定ポートが、両者間の明示的ハンドシェークによってフォワーディング ステートに移行します。RSTPを使用すると、スイッチの再初期化時にポートが直接フォワーディング ステートに移行できるように、スイッチ ポートを設定できます。

RSTPは、802.1Dブリッジに対して次のような下位互換性があります。

RSTPはポートごとに、802.1Dで設定されたBPDUおよびTopology Change Notification(TCN;トポロジー変更通知)BPDUを選択して送信します。

ポートの初期化時に、移行遅延タイマーが開始され、RSTP BPDUが送信されます。移行遅延タイマーがアクティブな間、ブリッジはそのポートで受信したすべてのBPDUを処理します。

ポートの移行遅延タイマーが満了した後でブリッジが802.1d BPDUを受信した場合、ブリッジは802.1Dブリッジに接続されているとみなして、802.1d BPDUだけを使用するようになります。

RSTPがポート上で802.1d BPDUを使用していて、移行遅延タイマーの満了後にRSTP BPDUを受信した場合、RSTPによって移行遅延タイマーが再起動され、そのポート上でRSTP BPDUの使用が開始されます。

RSTPのポートの役割

RSTPでは、ポートの役割は次のように定義されます。

ルート ― スパニングツリー トポロジー用に選択された転送ポート

指定 ― あらゆるスイッチドLANセグメント用に選択された転送ポート

代替 ― 現在のルート ポートによって提供されるルート ブリッジへの代替経路

バックアップ ― スパニングツリーのリーフ近くで、指定ポートによって提供される経路のバックアップ。バックアップ ポートが存在できるのは、2つのポートがループバック モードで、または共有LANセグメントに対して複数の接続を持つブリッジで結合されている場合だけです。

ディセーブル ― スパニングツリーの運用の中で役割を持たないポート

ポートの役割は次のように割り当てられます。

ルート ポートまたは指定ポートの役割の場合、ポートはアクティブ トポロジーに含まれます。

代替ポートまたはバックアップ ポートの役割の場合、ポートはアクティブ トポロジーから除外されます。

RSTPポート ステート

ポート ステートは、フォワーディングおよびラーニング プロセスを制御し、廃棄、ラーニング、およびフォワーディングの値を提供します。 表 14-1 で、STPポート ステートとRSTPポート ステートを示します。

 

表 14-1 STPポート ステートおよびRSTPポート ステートの比較

動作ステータス
STPポート ステート
RSTPポート ステート
アクティブ トポロジーにポートが含まれるかどうか

イネーブル

ブロッキング1

廃棄2

なし

イネーブル

リスニング

廃棄

なし

イネーブル

ラーニング

ラーニング

あり

イネーブル

フォワーディング

フォワーディング

あり

ディセーブル

ディセーブル

廃棄

なし

1.IEEE 802.1Dのポート ステート指定

2.IEEE 802.1wのポート ステート指定。廃棄は、MSTではブロッキングと同じです。

RSTPは安定したトポロジーで、あらゆるルート ポートおよび指定ポートがフォワーディング ステートに移行し、すべての代替ポートおよびバックアップ ポートが必ず廃棄ステートになるようにします。

MST/SST間のインターオペラビリティ

仮想ブリッジで結ばれたLANには、SSTブリッジおよびMSTブリッジからなる相互接続されたリージョンが含まれる場合があります。図 14-1に、この関係を示します。

図 14-1 SSTおよびMSTリージョンが相互接続されているネットワーク

 

SSTリージョンで稼働しているSTPにとって、MSTリージョンは次のように動作する単一SSTまたは擬似ブリッジとして認識されます。

すべての擬似ブリッジにおいて、BPDUのルートIDとルート パス コストの値は一致しますが、擬似ブリッジは単一のSSTブリッジと次の点が異なります。

擬似ブリッジのBPDUには、異なるブリッジIDが与えられます。ルートIDとルート コストが同じなので、この相違が近接するSSTリージョンのSTP動作に影響を与えることはありません。

擬似ブリッジ ポートから送信されたBPDUでは、メッセージ エージが多少異なることがあります。メッセージ エージはホップごとに1秒ずつ増えるので、メッセージ エージの相違は秒単位で測定されます。

擬似ブリッジのあるポート(リージョン エッジにあるポート)から別のポートへのデータ トラフィックは、擬似ブリッジまたはMSTリージョンに完全に含まれる経路をたどります。異なるVLANに属するデータ トラフィックは、MSTによって確立されたMSTリージョン内で異なる経路をたどる場合があります。

システムは次のいずれかの方法でループの発生を防ぎます。

境界上のフォワーディング ポートを1つ許可し、他のすべてのポートをブロックして、該当する擬似ブリッジ ポートをブロックします。

CSTパーティションを設定して、SSTリージョンのポートをブロックします。

CST

CST(802.1q)は、あらゆるVLANに対応する単一のスパニングツリーです。PVST+が稼働しているCatalyst 4000ファミリー スイッチでは、VLAN 1スパニングツリーがCSTに対応します。MSTが稼働しているCatalyst 4000ファミリー スイッチでは、IST(インスタンス0)がCSTに対応します。

MSTインスタンス

このリリースは、最大16のインスタンスをサポートします。各スパニングツリー インスタンスは、0~15の範囲のインスタンスIDによって識別されます。インスタンス0は必須で、必ず存在します。インスタンス1~15は任意で使用します。

MSTのコンフィギュレーション パラメータ

MSTのコンフィギュレーションは次の3つの部分からなります。

名前 ― MSTリージョンを特定する32文字のストリング(ヌルの埋め込みあり)。

リビジョン番号 ― 現在のMSTコンフィギュレーションのリビジョンを表す、無符号16ビット数。


) MSTコンフィギュレーションの一部として必要な場合は、リビジョン番号を設定する必要があります。リビジョン番号は、MSTコンフィギュレーションを実行するたびに、自動的に増えるわけではありません。


MSTコンフィギュレーション テーブル ― 4096バイトの配列。各バイトは、無符号整数として解釈され、VLANに対応します。値は、VLANを対応づけるインスタンス番号です。VLAN 0に対応する先頭バイト、およびVLAN 4095に対応する4096番目のバイトは使用しません。常にゼロに設定します。

各バイトを手動で設定する必要があります。SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)またはCLI(コマンドライン インターフェイス)を使用して設定できます。

MST BPDUには、MSTコンフィギュレーションIDおよびチェックサムが入ります。MSTブリッジは、MST BPDUのコンフィギュレーションIDおよびチェックサムが自分のMSTリージョンのコンフィギュレーションIDおよびチェックサムと一致した場合に限り、MST BPDUを受け付けます。値が1つ異なる場合、そのMST BPDUはSST BPDUとみなされます。

MSTリージョン

ここでは、MSTリージョンについて説明します。

「MSTリージョンの概要」

「境界ポート」

「ISTマスター」

「エッジ ポート」

「リンク タイプ」

MSTリージョンの概要

同じMSTコンフィギュレーションが与えられ、相互接続されたブリッジをMSTリージョンといいます。ネットワークで使用できるMSTリージョンの数に制限はありません。

MSTリージョンを形成する場合、使用できるブリッジは次のどちらかです。

MSTリージョンの唯一のメンバーであるMSTブリッジ

LANによって相互接続されたMSTブリッジ。LANの指定ブリッジには、MSTブリッジと同じMSTコンフィギュレーションを与えます。LAN上の全ブリッジがMST BPDUを処理します。

MSTコンフィギュレーションが異なる2つのMSTリージョンを接続した場合、MSTリージョンは次のように動作します。

ネットワークの冗長パス間でロードバランシングを図ります。2つのMSTリージョンが冗長接続されている場合、あらゆるトラフィックはMSTリージョンとの単一接続を使用して、ネットワーク上を流れます。

RSTPハンドシェークによって、リージョン間の高速接続を可能にします。ただし、このハンドシェークは2つのブリッジ間の場合ほど高速ではありません。ループを防止するためには、リージョン内の全ブリッジが他のリージョンとの接続時に合意している必要があります。この状況によって遅延が生じるため、ネットワークを多数のリージョンに分割することは推奨できません。

境界ポート

境界ポートはLANに接続するポートで、その指定ブリッジはSSTブリッジまたは異なるMSTコンフィギュレーションのブリッジのどちらかです。指定ポートは、STPブリッジを検出した場合、またはコンフィギュレーションの異なるRST/MSTブリッジから同意メッセージを受信した場合、境界上にあることを認識します。

境界では、MSTポートの役割に関係なく、ポート ステートが強制的にISTポート ステートと同じになります。ポートに境界フラグが設定されている場合、MSTポート ロール選択メカニズムによって、境界にポートの役割が割り当てられ、ISTポートと同じステートが設定されます。境界のISTポートは、バックアップ ポートの役割以外のあらゆるポートの役割を担うことができます。

ISTマスター

MSTリージョンのISTマスターは最小ブリッジIDを持ち、CSTルートに対するパス コストが最小のブリッジです。MSTブリッジがCSTのルート ブリッジになっている場合は、それがそのMSTリージョンのISTマスターです。CSTルートがMSTリージョン外にある場合は、境界上のMSTブリッジの1つがISTマスターとして選択されます。同じリージョンに属する境界上の他のブリッジは、ルートに接続する境界ポートを最終的にブロックします。

リージョン境界の複数のブリッジで、ルートへの経路が全く同じ場合、わずかに小さいブリッジ プライオリティを設定することで、特定のブリッジをISTマスターにすることができます。

リージョン内でのルート パス コストおよびメッセージ エージは一定のままですが、ホップごとにISTパス コストは増加し、IST残りホップ数は減少します。 show spanning-tree mst コマンドを入力すると、ISTマスター、パス コスト、ブリッジの残りホップ数に関する情報が表示されます。

エッジ ポート

非ブリッジング デバイス(ホスト、スイッチなど)に接続するポートが、エッジ ポートです。ハブに接続するポートも、ハブまたはハブによって接続されたLANにブリッジがない場合、エッジ ポートです。エッジ ポートは、リンクがアップになると同時に転送を開始します。

MSTでは各ポートをホストに接続する設定が必要です。障害発生後に高速で接続を確立するには、中間ブリッジの非エッジ指定ポートをブロックする必要があります。ポートが同意メッセージを送り返すことができる別のブリッジに接続した場合、そのポートはただちに転送を開始します。それ以外の場合、ポートが再び転送を開始するまでに、転送遅延時間の2倍の時間がかかります。ホストおよびスイッチに接続されたポートをMST使用時のエッジ ポートとして、明示的に設定する必要があります。

誤って設定されることがないように、ポートがBPDUを受信すると、PortFast動作がオフになります。 show spanning-tree mst interface コマンドを使用すると、PortFastの設定および動作ステータスを表示できます。

リンク タイプ

高速接続が確立されるのは、ポイントツーポイント リンク上に限られます。ホストまたはスイッチに対して、ポートを明示的に設定する必要があります。ただし、大部分のネットワークでは、ケーブル接続がこの条件を満たしているので、 spanning-tree linktype コマンドを入力し、すべての全二重リンクをポイントツーポイント リンクとして扱うことで、明示的設定を回避できます。

メッセージ エージおよびホップ カウント

ISTおよびMSTインスタンスは、BPDUのメッセージ エージおよび最大エージング タイマーの設定値を使用しません。ISTおよびMSTは、IP Time-to Live(TTL)メカニズムにきわめて類似した別個のホップ カウント メカニズムを使用します。最大ホップ カウントを指定して、各MSTブリッジを設定できます。インスタンスのルート ブリッジは、最大ホップ カウントと同じ残りホップ カウントを指定して、BPDU(またはMレコード)を送信します。BPDU(またはMレコード)を受信したブリッジは、受信した残りのホップ カウントを1だけ減らします。この結果、カウントがゼロになった場合、ブリッジはこのBPDU(またはMレコード)を廃棄し、ポートのために保持していた情報を期限切れにします。非ルート ブリッジは、生成したBPDU(またはMレコード)で、減らされたカウントを残りのホップ カウントとして伝播します。

BPDUのRST部分に指定されている、メッセージ エージおよび最大エージング タイマーの設定値は、リージョン内のどこでも同じです。境界上にあるリージョンの指定ポートによって、同じ値が伝達されます。

MST/PVST+間のインターオペラビリティ

(同一リージョン内の)MSTスイッチがPVST+スイッチと対話するように設定する場合、次の注意事項を考慮してください。

MSTリージョン内のすべてのVLANに対するルートを設定します。次の例を参照してください。

Switch# show spanning-tree mst interface gigabitethernet 1/1
 
GigabitEthernet1/1 of MST00 is root forwarding
Edge port: no (trunk) port guard : none (default)
Link type: point-to-point (auto) bpdu filter: disable (default)
Boundary : boundary (PVST) bpdu guard : disable (default)
Bpdus sent 10, received 310
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
0 Root FWD 20000 128.1 1-2,4-2999,4000-4094
3 Boun FWD 20000 128.1 3,3000-3999
 

MSTスイッチに属する境界ポートは、PVST+をシミュレートし、すべてのVLANにPVST+ BPDUを送信します。

PVST+スイッチ上でループ ガードをイネーブルにすると、MSTスイッチの設定が変更されたときに、ポートがループ不整合ステートに変化する可能性があります。ループ不整合ステートを修正するには、そのPVST+スイッチでループ ガードをディセーブルにし、再びイネーブルにする必要があります。

MSTスイッチのPVST+サイド内にあるVLANの一部またはすべてに対して、ルートを配置しないでください。境界のMSTスイッチが指定ポート上のVLANのすべてまたは一部に対するPVST+ BPDUを受信すると、ルート ガードによってそのポートがブロッキング ステートになります。

PVST+スイッチを2つの異なるMSTリージョンに接続すると、PVST+スイッチからのトポロジー変更が最初のMSTリージョンから先へ伝達されません。この場合、トポロジー変更はVLANがマッピングされているインスタンスで伝播されるだけです。トポロジー変更は最初のMSTリージョンに対してローカルなままで、その他のリージョンのCisco Access Manager(CAM;シスコアクセス マネージャ)エントリはフラッシュされません。他のMSTリージョンにもトポロジー変更が認識されるようにするには、ISTにVLANをマップするか、またはアクセス リンクを介して2つのリージョンにPVST+スイッチを接続します。

MST設定時の注意事項および制約事項

設定時に問題が起こらないようにするため、次の制約事項と注意事項に従ってください。

あらゆるPVSTブリッジのあらゆるVLANでスパニングツリーをディセーブルにしないでください。

CSTのルートとしてPVSTブリッジを使用しないでください。

アクセス リンクはVLANを分割することがあるので、アクセス リンクでスイッチを接続しないでください。

すべてのPVSTルート ブリッジに、CSTルート ブリッジより低い(数値の大きい)プライオリティを設定してください。

トランクがインスタンスにマップされたすべてのVLANを伝送するようにしてください。そのインスタンスに対応するVLANは絶対に伝送しないでください。

既存または新規の論理VLANポートが多数関係するMSTコンフィギュレーションは、メンテナンス ウィンドウで完了する必要があります。変更が追加(インスタンスへの新規VLANの追加、インスタンス間でのVLANの移動など)されるたびに、MSTデータベース全体が再初期化されるためです。

MSTの設定

ここでは、MSTの設定手順について説明します。

「MSTのイネーブル化」

「MSTインスタンス パラメータの設定」

「MSTインスタンス ポート パラメータの設定」

「MSTコンフィギュレーションの表示」

「プロトコル マイグレーションの再開」

MSTのイネーブル化

Catalyst 4000ファミリー スイッチでMSTをイネーブルにして設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードから次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch(config)# spanning-tree mode mst

MSTモードを開始します。

ステップ 2

Switch(config)# spanning-tree mst configuration

MSTコンフィギュレーション サブモードを開始します。

 

MSTコンフィギュレーションをクリアする場合は、noキーワードを使用します。

ステップ 3

Switch(config-mst)# show current

現在のMSTコンフィギュレーションを表示します。

ステップ 4

Switch(config-mst)# name name

MSTリージョン名を設定します。

ステップ 5

Switch(config-mst)# revision revision_number

MSTコンフィギュレーション リビジョン番号を設定します。

ステップ 6

Switch(config-mst)# instance instance_number vlan vlan_range

VLANをMSTインスタンスにマッピングします。

vlanキーワードを指定しない場合、MSTインスタンスにマッピングされたすべてのVLANのマップを無効にするには、noキーワードを使用します。

vlanキーワードを指定する場合、MSTインスタンスから指定されたVLANのマップを無効にするには、noキーワードを使用します。

ステップ 7

Switch(config-mst)# show pending

適用する新しいMSTコンフィギュレーションを表示します。

ステップ 8

Switch(config-mst)# end

設定を適用し、MSTコンフィギュレーション サブモードを終了します。

ステップ 9

Switch# show spanning-tree mst configuration

現在のMSTコンフィギュレーションを表示します。

次に、MSTをイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# spanning-tree mode mst
 
Switch(config)# spanning-tree mst configuration
 
Switch(config-mst)# show current
Current MST configuration
Name []
Revision 0
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------
Switch(config-mst)# name cisco
Switch(config-mst)# revision 2
Switch(config-mst)# instance 1 vlan 1
Switch(config-mst)# instance 2 vlan 1-1000
Switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [cisco]
Revision 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1001-4094
2 1-1000
-------------------------------------------------------------------------------
Switch(config-mst)# no instance 2
Switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [cisco]
Revision 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------
Switch(config-mst)# instance 1 vlan 2000-3000
Switch(config-mst)# no instance 1 vlan 1500
Switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [cisco]
Revision 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-1999,2500,3001-4094
1 2000-2499,2501-3000
-------------------------------------------------------------------------------
Switch(config-mst)# end
Switch(config)# no spanning-tree mst configuration
Switch(config)# end
Switch# show spanning-tree mst configuration
Name []
Revision 0
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------
 

MSTインスタンス パラメータの設定

MSTインスタンス パラメータを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch(config)# spanning-tree mst X priority Y

MSTインスタンスのプライオリティを設定します。

ステップ 2

Switch(config)# spanning-tree mst X root [ primary | secondary ]

MSTインスタンスのルートとしてブリッジを設定します。

ステップ 3

Switch(config)# Ctrl-Z

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

Switch# show spanning-tree mst

設定を確認します。

次に、MSTインスタンス パラメータの設定例を示します。

Switch(config)# spanning-tree mst 1 priority ?
<0-61440> bridge priority in increments of 4096
 
Switch(config)# spanning-tree mst 1 priority 1
% Bridge Priority must be in increments of 4096.
% Allowed values are:
0 4096 8192 12288 16384 20480 24576 28672
32768 36864 40960 45056 49152 53248 57344 61440
 
Switch(config)# spanning-tree mst 1 priority 49152
Switch(config)#
 
Switch(config)# spanning-tree mst 0 root primary
mst 0 bridge priority set to 24576
mst bridge max aging time unchanged at 20
mst bridge hello time unchanged at 2
mst bridge forward delay unchanged at 15
Switch(config)# ^Z
Switch#
 
Switch# show spanning-tree mst
 
###### MST00 vlans mapped: 11-4094
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 24576 (24576 sysid 0)
Root this switch for CST and IST
Configured hello time 2, forward delay 15, max age 20, max hops 20
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 240.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Desg FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 49153 (49152 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Boun FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
Switch#
 

MSTインスタンス ポート パラメータの設定

MSTインスタンス ポート パラメータを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードから次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch(config-if)# spanning-tree mst x cost y

MSTインスタンス ポート コストを設定します。

ステップ 2

Switch(config-if)# spanning-tree mst x port-priority y

MSTインスタンス ポート プライオリティを設定します。

ステップ 3

Switch(config-if)# Ctrl-Z

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

Switch# show spanning-tree mst x interface y

設定を確認します。

次に、MSTインスタンス ポート パラメータの設定例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet 4/4
Switch(config-if)# spanning-tree mst 1 ?
cost Change the interface spanning tree path cost for an instance
port-priority Change the spanning tree port priority for an instance
 
Switch(config-if)# spanning-tree mst 1 cost 1234567
 
Switch(config-if)# spanning-tree mst 1 port-priority 240
Switch(config-if)# ^Z
 
Switch# show spanning-tree mst 1 interface fastethernet 4/4
 
FastEthernet4/4 of MST01 is backup blocking
Edge port:no (default) port guard :none (default)
Link type:point-to-point (auto) bpdu filter:disable (default)
Boundary :internal bpdu guard :disable (default)
Bpdus (MRecords) sent 125, received 1782
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
1 Back BLK 1234567 240.196 1-10
 
Switch#
 

プロトコル マイグレーションの再開

RSTPとMSTには、他のリージョンまたは別のバージョンのIEEE(米国電気電子学会)スパニングツリーと正しく対話するための互換メカニズムが組み込まれています。たとえば、レガシー ブリッジに接続されたRSTPブリッジは、ポートのいずれかで802.1d BPDUを送信します。同様に、MSTブリッジがレガシーBPDUまたは別のリージョンのMST BPDUを受信する場合は、ポートがリージョンの境界にあるかどうかを検出します。

しかし、このようなメカニズムは効率的なモードへの復帰を妨げます。たとえば、レガシー802.1Dに指定されたRSTPブリッジは、レガシー ブリッジがリンクから取り外された後も802.1Dモードの状態にとどまります。同様に、MSTポートは接続しているブリッジが同じリージョンに加入した後も、自身を境界ポートとみなします。Catalyst 4000ファミリー スイッチを強制的に近接スイッチと再ネゴシエーションさせる場合(プロトコル マイグレーションを再起動する場合)、次のようにclear spanning-tree detected-protocolsコマンドを使用します。

Switch# clear spanning-tree detected-protocols fastethernet 4/4
Switch#

MSTコンフィギュレーションの表示

MSTコンフィギュレーションを表示するには、イネーブルEXECモードから次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Switch# show spanning-tree mst configuration

アクティブなリージョン設定情報を表示します。

ステップ 2

Switch# show spanning-tree mst [ detail ]

MSTプロトコルの詳細情報を表示します。

ステップ 3

Switch# show spanning-tree mst instance-id [ detail ]

特定のMSTインスタンスに関する情報を表示します。

ステップ 4

Switch# show spanning-tree mst interface interface [ detail ]

特定のポートに関する情報を表示します。

ステップ 5

Switch# show spanning-tree mst instance-id interface interface [ detail ]

特定のポートおよび特定のインスタンスに関するMST情報を表示します。

ステップ 6

Switch# show spanning-tree vlan vlan_ID

MSTモードのVLAN情報を表示します。

次に、MSTモードのスパニングツリーVLANコンフィギュレーションを表示する例を示します。

Switch(config)# spanning-tree mst configuration
Switch(config-mst)# instance 1 vlan 1-10
Switch(config-mst)# name cisco
Switch(config-mst)# revision 1
Switch(config-mst)# Ctrl-D
 
Switch# show spanning-tree mst configuration
Name [cisco]
Revision 1
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 11-4094
1 1-10
-------------------------------------------------------------------------------
 
Switch# show spanning-tree mst
 
###### MST00 vlans mapped: 11-4094
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32768 (32768 sysid 0)
Root address 00d0.004a.3c1c priority 32768 (32768 sysid 0)
port Fa4/48 path cost 203100
IST master this switch
Operational hello time 2, forward delay 15, max age 20, max hops 20
Configured hello time 2, forward delay 15, max age 20, max hops 20
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 240.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Root FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 (32768 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 240.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Boun FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
 
Switch# show spanning-tree mst 1
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 (32768 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 240.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Boun FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
Switch# show spanning-tree mst interface fastethernet 4/4
 
FastEthernet4/4 of MST00 is backup blocking
Edge port:no (default) port guard :none (default)
Link type:point-to-point (auto) bpdu filter:disable (default)
Boundary :internal bpdu guard :disable (default)
Bpdus sent 2, received 368
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
0 Back BLK 1000 240.196 11-4094
1 Back BLK 1000 240.196 1-10
 
 
Switch# show spanning-tree mst 1 interface fastethernet 4/4
 
FastEthernet4/4 of MST01 is backup blocking
Edge port:no (default) port guard :none (default)
Link type:point-to-point (auto) bpdu filter:disable (default)
Boundary :internal bpdu guard :disable (default)
Bpdus (MRecords) sent 2, received 364
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
1 Back BLK 1000 240.196 1-10
 
Switch# show spanning-tree mst 1 detail
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 (32768 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
FastEthernet4/4 of MST01 is backup blocking
Port info port id 240.196 priority 240 cost 1000
Designated root address 00d0.00b8.1400 priority 32769 cost 0
Designated bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 port id 128.197
Timers:message expires in 5 sec, forward delay 0, forward transitions 0
Bpdus (MRecords) sent 123, received 1188
 
FastEthernet4/5 of MST01 is designated forwarding
Port info port id 128.197 priority 128 cost 200000
Designated root address 00d0.00b8.1400 priority 32769 cost 0
Designated bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 port id 128.197
Timers:message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 1188, received 123
 
FastEthernet4/48 of MST01 is boundary forwarding
Port info port id 128.240 priority 128 cost 200000
Designated root address 00d0.00b8.1400 priority 32769 cost 0
Designated bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 port id 128.240
Timers:message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 78, received 0
 
Switch# show spanning-tree vlan 10
 
MST01
Spanning tree enabled protocol mstp
Root ID Priority 32769
Address 00d0.00b8.1400
This bridge is the root
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 32769 (priority 32768 sys-id-ext 1)
Address 00d0.00b8.1400
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 240.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
 
Switch# show spanning-tree summary
Root bridge for:MST01
EtherChannel misconfiguration guard is enabled
Extended system ID is enabled
Portfast is disabled by default
PortFast BPDU Guard is disabled by default
Portfast BPDU Filter is disabled by default
Loopguard is disabled by default
UplinkFast is disabled
BackboneFast is disabled
Pathcost method used is long
 
Name Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
MST00 1 0 0 2 3
MST01 1 0 0 2 3
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
2 msts 2 0 0 4 6
Switch#