Catalyst 3750 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド,12.2(52)SE
EtherChannel およびリンクステート トラッ キングの設定
EtherChannel およびリンクステート トラッキングの設定
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2010/07/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

EtherChannel およびリンクステート トラッキングの設定

EtherChannel の概要

EtherChannel の概要

ポートチャネル インターフェイス

PAgP

PAgP モード

仮想スイッチおよびデュアル アクティブ検出との PAgP 相互作用

PAgP と他の機能との相互作用

LACP

LACP モード

LACP と他の機能との相互作用

EtherChannel の On モード

ロード バランシングおよび転送方式

EtherChannel およびスイッチ スタック

EtherChannel の設定

EtherChannel のデフォルト設定

EtherChannel 設定時の注意事項

レイヤ 2 EtherChannel の設定

レイヤ 3 EtherChannel の設定

ポートチャネル論理インターフェイスの作成

物理インターフェイスの設定

EtherChannel ロード バランシングの設定

PAgP 学習方式およびプライオリティの設定

LACP ホットスタンバイ ポートの設定

LACP システム プライオリティの設定

LACP ポート プライオリティの設定

EtherChannel、PAgP、および LACP ステータスの表示

リンクステート トラッキングの概要

リンクステート トラッキングの設定

デフォルトのリンクステート トラッキングの設定

リンクステート トラッキングの設定時の注意事項

リンクステート トラッキングの設定

リンクステート トラッキング ステータスの表示

EtherChannel およびリンクステート トラッキングの設定

この章では、Catalyst 3750 スイッチに EtherChannel を設定する方法について説明します。EtherChannel は、スイッチ、ルータ、およびサーバ間にフォールト トレラントな高速リンクを提供します。EtherChannel を使用すると、ワイヤリング クローゼットおよびデータ センタ間の帯域幅を拡張できます。EtherChannel はネットワーク上でボトルネックの発生が見込まれるところに、どこでも配置できます。EtherChannel は、他のリンクに負荷を再分散させることによって、リンク切断から自動的に回復します。リンク障害が発生した場合、EtherChannel は自動的に障害リンクからチャネル内の他のリンクにトラフィックをリダイレクトします。この章では、リンクステート トラッキングを設定する方法についても説明します。特に明記しないかぎり、 スイッチ という用語はスタンドアロン スイッチおよびスイッチ スタックを意味します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


「EtherChannel の概要」

「EtherChannel の設定」

「EtherChannel、PAgP、および LACP ステータスの表示」

「リンクステート トラッキングの概要」

「リンクステート トラッキングの設定」

EtherChannel の概要

「EtherChannel の概要」

「ポートチャネル インターフェイス」

「PAgP」

「LACP」

「EtherChannel の On モード」

「ロード バランシングおよび転送方式」

「EtherChannel およびスイッチ スタック」

EtherChannel の概要

EtherChannel は単一の論理リンクにバンドルされた個々のファスト イーサネットまたはギガビット イーサネット リンクで構成されます(図 37-1 を参照)。

図 37-1 一般的な EtherChannel 構成

 

EtherChannel は、スイッチ間またはスイッチとホスト間に、最大 800 Mbps(ファスト EtherChannel)または 8 Gbps(ギガビット EtherChannel)の全二重帯域幅を提供します。各 EtherChannel は、互換性のある設定のイーサネット ポートを 8 つまで使用して構成できます。

各 EtherChannel 内のすべてのポートは、レイヤ 2 またはレイヤ 3 ポートのいずれかとして設定する必要があります。EtherChannel の数は 48 に制限されています。EtherChannel レイヤ 3 ポートは、ルーテッド ポートで構成されます。ルーテッド ポートは、 no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してレイヤ 3 モードに設定された物理ポートです。詳細については、「インターフェイス特性の設定」を参照してください。

詳細については、「EtherChannel 設定時の注意事項」を参照してください。

EtherChannel は、Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)、Link Aggregation Control Protocol(LACP)、または On のいずれかのモードに設定できます。EtherChannel の両端は同じモードで設定します。

EtherChannel の一方の端を PAgP または LACP モードに設定すると、システムはもう一方の端とネゴシエーションし、アクティブにするポートを決定します。互換性のないポートは独立ステートになり、他の単一リンクのようにデータ トラフィックに伝送し続けます。ポート設定は変更されませんが、ポートは EtherChannel に参加しません。

EtherChannel を on モードに設定すると、ネゴシエーションは実行されません。スイッチは EtherChannel 内で互換性のあるすべてのポートを強制的にアクティブにします。EtherChannel のもう一方の端(他のスイッチ上)も、同じように on モードに設定する必要があります。それ以外を設定した場合、パケットの損失が発生します。

EtherChannel はスタンドアロン スイッチ、スタック内の単一スイッチ、またはスタック内の複数のスイッチ(クロススタック EtherChannel とも呼ばれています)上に作成できます。図 37-2 および図 37-3 を参照してください。

EtherChannel 内のリンクで障害が発生すると、それまでその障害リンクで伝送されていたトラフィックが EtherChannel 内の残りのリンクに切り替えられます。スイッチでトラップがイネーブルになっている場合、スイッチ、EtherChannel、および失敗したリンクを区別したトラップが送信されます。EtherChannel の 1 つのリンク上の着信ブロードキャストおよびマルチキャスト パケットは、EtherChannel の他のリンクに戻らないようにブロックされます。

図 37-2 単一スイッチ EtherChannel

 

図 37-3 クロススタック EtherChannel

 

ポートチャネル インターフェイス

EtherChannel を作成すると、ポート チャネル論理インターフェイスも作成されます

レイヤ 2 ポートの場合は、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポートチャネル論理インターフェイスを動的に作成します。

また、 interface port-channel port-channel-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポートチャネル論理インターフェイスを手動で作成することもできます。ただし、その場合、論理インターフェイスを物理ポートにバインドするには、 channel-group channel-group-number コマンドを使用する必要があります。 channel-group-number port - channel-number と同じ値に設定することも、違う値を使用することもできます。新しい値を使用すると、 channel-group コマンドによって新しいポートチャネルが動的に作成されます。

レイヤ 3 ポートの場合は、 interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンド、およびそのあとに no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、論理インターフェイスを手動で作成する必要があります。そのあと、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、手動で EtherChannel にインターフェイスを割り当てます。

レイヤ 2 およびレイヤ 3 ポートのいずれの場合も、 channel-group コマンドを実行すると、物理ポートと論理インターフェイスがバインドされます(図 37-4 を参照)。

各 EtherChannel には 1 ~ 48 番のポートチャネル論理インターフェイスがあります。ポートチャネル インターフェイス番号は、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドで指定された番号に対応しています。

図 37-4 物理ポート、論理ポートチャネル、およびチャネル グループの関係

 

EtherChannel の設定後Aポートチャネル インターフェイスに適用した設定変更は、そのポートチャネル インターフェイスに割り当てられたすべての物理ポートに適用されます。物理ポートに適用した設定変更は、設定を適用したポートだけに作用します。EtherChannel のすべてのポートのパラメータを変更するには、コンフィギュレーション コマンド(スパニング ツリー コマンド、またはレイヤ 2 EtherChannel をトランクとして設定するコマンドなど)をポートチャネル インターフェイスに適用します。

PAgP

Port Aggregation Protocol(PAgP)はシスコ独自のプロトコルで、シスコ製スイッチおよび PAgP をサポートするベンダーによってライセンス供与されたスイッチでのみ稼動します。PAgP を使用すると、イーサネット ポート間で PAgP パケットを交換することにより、EtherChannel を自動的に作成できます。

スイッチは PAgP を使用することによって、PAgP をサポートできるパートナーの識別情報、および各ポートの機能を学習します。次に、設定が類似しているポートを単一の論理リンク(チャネルまたは集約ポート)に動的にグループ化します。設定が類似しているポートをグループ化する場合の基準は、ハードウェア、管理、およびポート パラメータ制約です。たとえば、PAgP は速度、デュプレックス モード、ネイティブ VLAN 、VLAN 範囲、トランキング ステータス、およびトランキング タイプが同じポートをグループとしてまとめます。リンクをまとめて EtherChannel を形成したあとで、PAgP は単一スイッチ ポートとして、スパニング ツリーにそのグループを追加します。

PAgP を使用できるのは、単一スイッチ EtherChannel 構成の場合だけです。クロススタック EtherChannel の場合は、PAgP をイネーブルにできません。次に、スタック内の単一のスイッチ上の設定が類似しているポートを、単一の論理リンクに動的にグループ化します。詳細については、「EtherChannel 設定時の注意事項」を参照してください。

PAgP モード

表 37-1 に、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドでユーザが設定できる EtherChannel PAgP モードを示します。

 

表 37-1 EtherChannel PAgP モード

モード
説明

auto

ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信する PAgP パケットに応答しますが、PAgP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。これにより、PAgP パケットの送信を最小限に抑えます。

EtherChannel メンバーがスイッチ スタック内で異なるスイッチに属している場合(クロススタック EtherChannel)、このモードはサポートされません。

desirable

ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは PAgP パケットを送信することによって、相手ポートとのネゴシエーションを開始します。

EtherChannel メンバーがスイッチ スタック内で異なるスイッチに属している場合(クロススタック EtherChannel)、このモードはサポートされません。

スイッチ ポートは、 auto モードまたは desirable モードに設定された相手ポートとだけ PAgP パケットを交換します。 on モードに設定されたポートは、PAgP パケットを交換しません。

auto モードおよび desirable モードでは、どちらの場合も、ポートは相手ポートとのネゴシエーションにより、ポート速度、レイヤ 2 EtherChannel の場合はトランキング ステートおよび VLAN 番号などの条件に基づいて、EtherChannel を形成できるかどうかを判別できます。

PAgP モードが異なっていても、モード間で互換性があるかぎり、ポートは EtherChannel を形成できます。次に例を示します。

desirable モードのポートは、 desirable モードまたは auto モードの別のポートとともに EtherChannel を形成できます。

auto モードのポートは、 desirable モードの別のポートとともに EtherChannel を形成できます。

どのポートも PAgP ネゴシエーションを開始しないため、 auto モードのポートは、 auto モードの別のポートとは EtherChannel を形成できません。

PAgP 対応のデバイスにスイッチを接続する場合、 non-silent キーワードを使用すると、非サイレント動作としてスイッチ ポートを設定できます。 auto モードまたは desirable モードとともに non-silent を指定しなかった場合は、サイレント モードが指定されていると見なされます。

サイレント モードを使用するのは、PAgP 非対応で、かつほとんどパケットを送信しないデバイスにスイッチを接続する場合です。サイレント パートナーの例は、トラフィックを生成しないファイル サーバ、またはパケット アナライザなどです。この場合、サイレント パートナーに接続された物理ポート上で PAgP を稼動させると、このスイッチ ポートが動作しなくなります。ただし、サイレントを設定すると、PAgP が動作してチャネル グループにポートを結合し、このポートが伝送に使用されます。

仮想スイッチおよびデュアル アクティブ検出との PAgP 相互作用

仮想スイッチは 2 つ以上の Catalyst 6500 コア スイッチから成り、それらを仮想スイッチ リンク(VSL)で接続して制御トラフィックおよびデータ トラフィックを伝送します。スイッチの 1 つがアクティブ モードであり、それ以外のスイッチはスタンバイ モードです。冗長性のため、Catalyst 3750 スイッチなどのリモート スイッチを Remote Satellite Link(RSL)を使用して仮想スイッチに接続します。

2 つのスイッチ間の VSL で障害が発生した場合、一方のスイッチは他方のステータスを知りません。両方のスイッチがアクティブ モードに変わると、重複する構成(重複する IP アドレスとブリッジ識別子を含む)のネットワークで デュアルアクティブな状態 になります。この場合、ネットワークがダウンする可能性があります。

デュアルアクティブな状態にならないようにするために、コア スイッチは RSL を介してリモート スイッチに PAgP Protocol Data Unit(PDU; プロトコル データ ユニット)を送信します。PAgP PDU はアクティブ スイッチを特定し、リモート スイッチはコア スイッチが同期状態となるように PDU をコア スイッチに転送します。アクティブ スイッチが故障したかリセットされた場合、スタンバイ スイッチがアクティブ スイッチとして処理を引き継ぎます。VSL がダウンした場合、一方のコア スイッチは他方のスイッチのステータスを知り、状態は変わりません。

PAgP と他の機能との相互作用

Dynamic Trunking Protocol(DTP)および Cisco Discovery Protocol(CDP)は、EtherChannel の物理ポートを使用してパケットを送受信します。トランク ポートは、番号が最も小さい VLAN 上で PAgP Protocol Data Unit(PDU; プロトコル データ ユニット)を送受信します。

レイヤ 2 EtherChannel では、チャネル内で最初に起動するポートが EtherChannel に MAC アドレスを提供します。このポートがバンドルから削除されると、バンドル内の他のポートの 1 つが EtherChannel に MAC アドレスを提供します。

レイヤ 3 EtherChannel の場合は、( interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して)ポートが作成された直後に、スタック マスターから MAC アドレスが割り当てられます。

PAgP が PAgP PDU を送受信するのは、PAgP が auto モードまたは desirable モードでイネーブルになっている、稼動状態のポート上だけです。

LACP

LACP は IEEE 802.3ad で定義されており、シスコ製スイッチが IEEE 802.3ad プロトコルに適合したスイッチ間のイーサネット チャネルを管理できるようにします。LACP を使用すると、イーサネット ポート間で LACP パケットを交換することにより、EtherChannel を自動的に作成できます。

スイッチは LACP を使用することによって、LACP をサポートできるパートナーの識別情報、および各ポートの機能を学習します。次に、設定が類似しているポー を単一の論理リンク(チャネルまたは集約ポート)に動的にグループ化します。設定が類似しているポートをグループ化する場合の基準は、ハードウェア、管理、およびポート パラメータ制約です。たとえば、LACP は速度、デュプレックス モード、ネイティブ VLAN、VLAN 範囲、トランキング ステータス、およびトランキング タイプが同じポートをグループとしてまとめます。リンクをまとめて EtherChannel を形成したあとで、LACP は単一スイッチ ポートとして、スパニング ツリーにそのグループを追加します。

LACP モード

表 37-2 に、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドでユーザが設定できる EtherChannel LACP モードを示します。

 

表 37-2 EtherChannel LACP モード

モード
説明

アクティブ

ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは LACP パケットを送信することによって、相手ポートとのネゴシエーションを開始します。

passive

ポートはパッシブ ネゴシエーション ステートになります。この場合、ポートは受信する LACP パケットに応答しますが、LACP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。これにより、LACP パケットの送信を最小限に抑えます。

active モードおよび passive LACP モードでは、どちらの場合も、ポートは相手ポートとのネゴシエーションにより、ポート速度、レイヤ 2 EtherChannel の場合はトランキング ステートおよび VLAN 番号などの条件に基づいて、EtherChannel を形成できるかどうかを判別できます。

LACP モードが異なっていても、モード間で互換性があるかぎり、ポートは EtherChannel を形成できます。次に例を示します。

active モードのポートは、 active モードまたは passive モードの別のポートとともに EtherChannel を形成できます。

どのポートも LACP ネゴシエーションを開始しないため、 passive モードのポートは、 passive モードの別のポートとは EtherChannel を形成できません。

LACP と他の機能との相互作用

DTP および CDP は、EtherChannel の物理ポートを介してパケットを送受信します。トランク ポートは、番号が最も小さい VLAN 上で LACP PDU を送受信します。

レイヤ 2 EtherChannel では、チャネル内で最初に起動するポートが EtherChannel に MAC アドレスを提供します。このポートがバンドルから削除されると、バンドル内の他のポートの 1 つが EtherChannel に MAC アドレスを提供します。

レイヤ 3 EtherChannel の場合は、 interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してインターフェイスが作成された直後に、スタック マスターから MAC アドレスが割り当てられます

LACP が LACP PDU を送受信するのは、LACP が active モードまたは passive モードでイネーブルになっている稼動状態のポートとの間だけです。

EtherChannel の On モード

EtherChannel の on モードは、EtherChannel の手動設定に使用します。on モードを使用すると、ポートはネゴシエーションせずに強制的に EtherChannel に参加します。リモート デバイスが PAgP や LACP をサポートしていない場合にこの on モードが役立ちます。on モードでは、リンクの両端のスイッチが on モードに設定されている場合に限り EtherChannel を使用できます。

同じチャネル グループの on モードで設定されたポートは、速度やデュプレックスのようなポート特性に互換性を持たせる必要があります。on モードで設定されていたとしても、互換性のないポートは suspended ステートになります。


注意 on モードでの作業は慎重に行ってください。このモードは手動による設定が必要です。EtherChannel の両端のポートには同じ内容を設定する必要があります。グループの設定を誤ると、パケット損失またはスパニング ツリー ループが発生する可能性があります。

ロード バランシングおよび転送方式

EtherChannel は、フレーム内のアドレスに基づいて形成されたバイナリ パターンの一部を、チャネル内の 1 つのリンクを選択する数値に縮小することによって、チャネル内のリンク間でトラフィックのロード バランシングを行います。EtherChannel のロード バランシングには、MAC アドレスまたは IP アドレス、送信元アドレスや宛先アドレスのどちらか一方、またはその両方のアドレスを使用できます。選択したモードは、スイッチ上で設定されているすべての EtherChannel に適用されます。ロード バランシングおよび転送方式を設定するには、 port-channel load-balance グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

送信元 MAC アドレス転送の場合、EtherChannel に転送されたパケットは、着信パケットの送信元 MAC アドレスに基づいてチャネル ポート間で分配されます。したがって、ロード バランシングを行うために、送信元ホストが異なるパケットはそれぞれ異なるチャネル ポートを使用しますが、送信元ホストが同じパケットは同じチャネル ポートを使用します。

宛先 MAC アドレス転送の場合、EtherChannel に転送されたパケットは、着信パケットに指定されている宛先ホストの MAC アドレスに基づいてチャネル ポート間で分配されます。したがって、宛先が同じパケットは同じポートに転送され、宛先の異なるパケットはそれぞれ異なるチャネル ポートに転送されます。

送信元および宛先 MAC アドレス転送の場合、EtherChannel に転送されたパケットは、送信元および宛先の両方の MAC アドレスに基づいてチャネル ポート間で分配されます。この転送方式は、負荷分散の送信元 MAC アドレス転送方式と宛先 MAC アドレス転送方式を組み合わせたものです。特定のスイッチに対して送信元 MAC アドレス転送と宛先 MAC アドレス転送のどちらが適切であるかが不明な場合に使用できます。送信元および宛先 MAC アドレス転送の場合、ホスト A からホスト B、ホスト A からホスト C、およびホスト C からホスト B に送信されるパケットは、それぞれ異なるチャネル ポートを使用できます。

送信元 IP アドレスベース転送の場合、EtherChannel に転送されたパケットは、着信パケットの送信元 IP アドレスに基づいて EtherChannel ポート間で分配されます。したがって、ロード バランシングを行うために、IP アドレスが異なるパケットはそれぞれ異なるチャネル ポートを使用しますが、IP アドレスが同じパケットは同じチャネル ポートを使用します。

宛先 IP アドレスベース転送の場合、EtherChannel に転送されたパケットは、着信パケットの宛先 IP アドレスに基づいて EtherChannel ポート間で分配されます。したがって、ロード バランシングを行うために、同じ送信元 IP アドレスから異なる宛先 IP アドレスに送信されるパケットは、異なるチャネル ポートに送信できます。ただし、異なる送信元 IP アドレスから同じ宛先 IP アドレスに送信されるパケットは、常に同じチャネル ポートで送信されます。

送信元/宛先 IP アドレスベース転送の場合、パケットは EtherChannel に送信されて、着信パケットの送信元および宛先の両方の IP アドレスに基づいて EtherChannel ポート間で分配されます。この転送方式は、送信元 IP アドレスベース転送方式と宛先 IP アドレスベース転送方式を組み合わせたものです。特定のスイッチに対して送信元 IP アドレスベース転送と宛先 IP アドレスベース転送のどちらが適切であるかが不明な場合に使用できます。この方式では、IP アドレス A から IP アドレス B に、IP アドレス A から IP アドレス C に、および IP アドレス C から IP アドレス B に送信されるパケットは、それぞれ異なるチャネル ポートを使用できます。

ロード バランシング方式ごとに利点が異なります。ロード バランシング方式は、ネットワーク内のスイッチの位置、および負荷分散が必要なトラフィックの種類に基づいて選択する必要があります。図 37-5 では、4 つのワークステーションからデータを集約しているスイッチからの EtherChannel がルータと通信しています。ルータは単一 MAC アドレス デバイスなので、スイッチ EtherChannel で送信元ベース転送を行うことにより、スイッチがルータの使用可能なすべての帯域幅を使用することが保証されます。ルータは、宛先アドレスベース転送を行うように設定されます。これは、多数のワークステーションで、トラフィックがルータ EtherChannel から均等に分配されることになっているためです。

設定で一番種類が多くなるオプションを使用してください。たとえば、チャネル上のトラフィックが単一 MAC アドレスのみを宛先とする場合、宛先 MAC アドレスを使用すると、チャネル内の同じリンクが常に選択されます。ただし、送信元アドレスまたは IP アドレスを使用した方が、ロード バランシングの効率がよくなる場合があります。

図 37-5 負荷の分散および転送方式

 

EtherChannel およびスイッチ スタック

EtherChannel に参加しているポートを持つスタック メンバーに障害が発生するか、またはこのスタック メンバーがスタックから脱退すると、スタック マスターはこのスタック メンバーのスイッチ ポートを EtherChannel から削除します。EtherChannel 内にポートが残っている場合、これらのポートは引き続き接続されています。

既存のスタックにスイッチが追加されると、新しいスイッチはスタック マスターから実行コンフィギュレーションを受信し、EtherChannel 関連のスタック設定を使用して自身の設定を更新します。スタック メンバーは動作情報(動作中のポート リスト、およびチャネル メンバーであるポートのリスト)も受信します。

EtherChannel が設定された 2 つのスタックを結合すると、セルフループ ポートになります。スパニング ツリーはこの状況を検出して、適宜に対応します。権利を獲得したスイッチ スタックでは PAgP または LACP 設定が変更されませんが、権利を獲得しなかったスイッチ スタックでは、スタックの再起動後に PAgP または LACP 設定が失われます。

PAgP を使用すると、スタック マスターが障害を起こすかスタックから脱退した場合、新しいスタック マスターが選択されます。EtherChannel の帯域幅が変更されないかぎり、スパニング ツリーの再コンバージェンスは発生しません。新しいスタック マスターにより、スタック メンバーの設定とスタック マスターの設定が同期されます。古いスタック マスター上にあるポートが EtherChannel に含まれる場合を除き、PAgP 設定はスタック マスターの変更による影響を受けません。

LACP を使用すると、システム ID ではスタック マスターからのスタック MAC アドレスが使用され、スタック マスターが変わると、LACP システム ID が変わることがあります。LACP システム ID が変わると、EtherChannel 全体がフラップし、STP 再コンバージェンスが発生します。マスターのフェールオーバー中にスタック MAC アドレスを変えるかどうかを制御するには、 stack-mac persistent timer コマンドを使用します。

スイッチ スタックの詳細については、「スイッチ スタックの管理」を参照してください。

EtherChannel の設定

ここでは、次の設定情報について説明します。

「EtherChannel のデフォルト設定」

「EtherChannel 設定時の注意事項」

「レイヤ 2 EtherChannel の設定」(必須)

「レイヤ 3 EtherChannel の設定」(必須)

「EtherChannel ロード バランシングの設定」(任意)

「PAgP 学習方式およびプライオリティの設定」(任意)

「LACP ホットスタンバイ ポートの設定」(任意)


) 必ず、ポートを正しく設定してください。詳細については、「EtherChannel 設定時の注意事項」を参照してください。



) EtherChannel の設定後、ポートチャネル インターフェイスに適用した設定変更は、そのポートチャネル インターフェイスに割り当てられたすべての物理ポートに適用されます。また、物理ポートに適用した設定変更は、設定を適用したポートだけに作用します。


EtherChannel のデフォルト設定

表 37-3 に、EtherChannel のデフォルト設定を示します。

 

表 37-3 EtherChannel のデフォルト設定

機能
デフォルト設定

チャネル グループ

割り当てなし

ポートチャネル論理インターフェイス

未定義

PAgP モード

デフォルトなし

PAgP 学習方式

すべてのポートで集約ポート ラーニング

PAgP プライオリティ

すべてのポートで 128

LACP モード

デフォルトなし

LACP 学習方式

すべてのポートで集約ポート ラーニング

LACP ポート プライオリティ

すべてのポートで 32768

LACP システム プライオリティ

32768.

LACP システム ID

LACP システム プライオリティおよびスタック MAC アドレス

ロード バランシング

着信パケットの送信元 MAC アドレスに基づいてスイッチ上で負荷を分散

EtherChannel 設定時の注意事項

EtherChannel ポートを正しく設定していない場合は、ネットワーク ループおよびその他の問題を回避するために、一部の EtherChannel インターフェイスが自動的にディセーブルになります。設定上の問題を防ぐため、次の注意事項に従ってください。

スイッチ スタック上では、48 を超える数の EtherChannel を設定しないでください。

PAgP EtherChannel は、同じタイプのイーサネット ポートを 8 つまで使用して設定します。

LACP EtherChannel は、同じタイプのイーサネット ポートを最大 16 まで使用して設定します。最大 8 つのポートを active モードに、最大 8 つのポートを standby モードにできます。

クロススタック EtherChannel で最大 2 つの 10 ギガビット イーサネット モジュール ポートを設定します。

EtherChannel 内のすべてのポートを同じ速度および同じデュプレックス モードで動作するように設定します。

EtherChannel 内のすべてのポートをイネーブルにします。 shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドによってディセーブルにされた EtherChannel 内のポートは、リンク障害として扱われます。そのポートのトラフィックは、EtherChannel 内の他のポートの 1 つに転送されます。

グループを初めて作成したときには、そのグループに最初に追加されたポートのパラメータ設定値をすべてのポートが引き継ぎます。次のパラメータのいずれかで設定を変更した場合は、グループ内のすべてのポートでも変更する必要があります。

許可 VLAN リスト

各 VLAN のスパニング ツリー パス コスト

各 VLAN のスパニング ツリー ポート プライオリティ

スパニング ツリー PortFast の設定

1 つのポートが複数の EtherChannel グループのメンバーになるように設定しないでください。

1 つの EtherChannel に PAgP モードと LACP モードの両方を設定しないでください。PAgP および LACP が稼動している複数の EtherChannel グループは、同じスイッチまたはスタック内の別のスイッチ上で共存できます。個々の EtherChannel グループは PAgP または LACP のいずれかを実行できますが、相互運用はできません。

EtherChannel の一部として Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)宛先ポートを設定しないでください。

EtherChannel の一部としてセキュア ポートを設定したり、セキュア ポートの一部として EtherChannel を設定したりしないでください。

プライベート VLAN ポートを EtherChannel の一部として設定しないでください。

EtherChannel のアクティブ メンバーであるポート、またはこれからアクティブ メンバーにするポートを IEEE 802.1X ポートとして設定しないでください。EtherChannel ポートで IEEE 802.1X をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1X はイネーブルになりません。

EtherChannel がスイッチ インターフェイス上に設定されている場合、 dot1x system-auth-control グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、IEEE 802.1X をスイッチ上でグローバルにイネーブルにする前に、EtherChannel の設定をインターフェイスから削除してください。

レイヤ 2 EtherChannel の場合

EtherChannel 内のすべてのポートを同じ VLAN に割り当てるか、またはトランクとして設定してください。複数のネイティブ VLAN に接続されるポートは、EtherChannel を形成できません。

トランク ポートから EtherChannel を設定する場合は、すべてのトランクでトランキング モード(ISL または IEEE 802.1Q)が同じであることを確認してください。EtherChannel ポートのトランクのモードが一致していないと、予想外の結果になる可能性があります。

EtherChannel は、トランキング レイヤ 2 EtherChannel 内のすべてのポート上で同じ VLAN 許容範囲をサポートしています。VLAN 許容範囲が一致していないと、PAgP が auto モードまたは desirable モードに設定されていても、ポートは EtherChannel を形成しません。

スパニング ツリー パス コストが異なるポートは、設定上の矛盾がないかぎり、EtherChannel を形成できます。異なるスパニング ツリー パス コストを設定すること自体は、EtherChannel を形成するポートの矛盾にはなりません。

レイヤ 3 EtherChannel の場合は、レイヤ 3 アドレスをチャネル内の物理ポートでなく、ポートチャネル論理インターフェイスに割り当ててください。

クロススタック EtherChannel 設定の場合は、EtherChannel 用のすべてのポートが LACP 用に設定されているか、 channel-group channel-group-number mode on インターフェイス コンフィギュレーション コマンドでチャネル グループに含まれるように手動設定されているかを確認します。PAgP プロトコルは、クロススタック EtherChannel ではサポートされません。

クロススタック EtherChannel が設定されていて、スイッチ スタックが分割されている場合、ループおよび転送が正しく動作しないことがあります。

レイヤ 2 EtherChannel の設定

レイヤ 2 EtherChannel を設定するには、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、チャネル グループにポートを割り当てます。このコマンドにより、ポートチャネル論理インターフェイスが自動的に作成されます。

auto モードか desirable モードのポートで PAgP をイネーブルにした場合は、 on モードか LACP モードに再設定してから、このポートをクロススタック EtherChannel に追加する必要があります。PAgP では、クロススタック EtherChannel がサポートされません。

レイヤ 2 EtherChannel にレイヤ 2 イーサネット ポートを割り当てるには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は必須です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

物理ポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

指定できるインターフェイスとして、物理ポートも含まれます。

PAgP EtherChannel の場合、同じタイプおよび速度のポートを 8 つまで同じグループに設定できます。

LACP EtherChannel の場合、同じタイプのイーサネット ポートを 16 まで設定できます。最大 8 つのポートを active モードに、最大 8 つのポートを standby モードにできます。

ステップ 3

switchport mode { access | trunk }

switchport access vlan vlan-id

すべてのポートをスタティックアクセス ポートとして同じ VLAN に割り当てるか、またはトランクとして設定します。

ポートをスタティックアクセス ポートとして設定する場合は、ポートを 1 つの VLAN だけに割り当ててください。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

ステップ 4

channel-group channel -group-number mode { auto [ non-silent ] | desirable [ non-silent ] | on } | { active | passive }

チャネル グループにポートを割り当て、PAgP モードまたは LACP モードを指定します。

channel-group-number の範囲は 1 ~ 48 です。

mode には、次のキーワードのいずれか 1 つを選択します。

auto PAgP デバイスが検出された場合に限り、PAgP をイネーブルにします。ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信する PAgP パケットに応答しますが、PAgP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。

EtherChannel メンバーがスイッチ スタック内で異なるスイッチに属している場合、このキーワードはサポートされません。

desirable PAgP を無条件でイネーブルにします。ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは PAgP パケットを送信することによって、相手ポートとのネゴシエーションを開始します。

EtherChannel メンバーがスイッチ スタック内で異なるスイッチに属している場合、このキーワードはサポートされません。

on PAgP や LACP を使用せずにポートを強制的にチャネル化します。 on モードの場合、EtherChannel が存在するのは、 on モードのポート グループが同じく on モードの別のポート グループに接続される場合だけです。

non-silent :(任意) PAgP 対応のデバイスに接続されたスイッチのポートが auto または desirable モードの場合に、非サイレント動作を行うようにこのポートを設定します。 non-silent を指定しなかった場合は、サイレントが指定されたものと見なされます。サイレント設定は、ファイル サーバまたはパケット アナライザとの接続に適しています。サイレントを設定すると、PAgP が動作してチャネル グループにポートを結合し、このポートが伝送に使用されます。

active :LACP デバイスが検出された場合に限り、LACP をイネーブルにします。ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは LACP パケットを送信することによって、相手ポートとのネゴシエーションを開始します。

passive ポート上で LACP をイネーブルにして、ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信する LACP パケットに応答しますが、LACP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。

スイッチおよびデバイスのモードの互換性に関する情報については、「PAgP モード」および「LACP モード」を参照してください。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show running-config

設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

EtherChannel グループからポートを削除するには、 no channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、スイッチに EtherChannel を設定する例を示します。2 つのポートを VLAN 10 のスタティック アクセス ポートとして、PAgP モードが desirable であるチャネル 5 に割り当てます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet2/0/1 -2
Switch(config-if-range)# switchport mode access
Switch(config-if-range)# switchport access vlan 10
Switch(config-if-range)# channel-group 5 mode desirable non-silent
Switch(config-if-range)# end
 

次に、スイッチに EtherChannel を設定する例を示します。2 つのポートは VLAN 10 のスタティックアクセス ポートとして、LACP モードが active であるチャネル 5 に割り当てられます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet2/0/1 -2
Switch(config-if-range)# switchport mode access
Switch(config-if-range)# switchport access vlan 10
Switch(config-if-range)# channel-group 5 mode active
Switch(config-if-range)# end
 

次に、クロススタック EtherChannel を設定する例を示します。この例では LACP パッシブ モードを使用し、スタック メンバー 2 の 2 つのポートとスタック メンバー 3 の 1 つのポートを、VLAN 10 のスタティック アクセス ポートとしてチャネル 5 に割り当てます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet2/0/4 -5
Switch(config-if-range)# switchport mode access
Switch(config-if-range)# switchport access vlan 10
Switch(config-if-range)# channel-group 5 mode active
Switch(config-if-range)# exit
Switch(config)# interface gigabitethernet3/0/3
Switch(config-if)# switchport mode access
Switch(config-if)# switchport access vlan 10
Switch(config-if)# channel-group 5 mode active
Switch(config-if)# exit

レイヤ 3 EtherChannel の設定

レイヤ 3 EtherChannel を設定するには、ポートチャネル論理インターフェイスを作成し、そのポートチャネルにイーサネット ポートを組み込みます。次に設定方法を説明します。

ポートチャネル論理インターフェイスの作成

レイヤ 3 EtherChannel を設定する場合、まず interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用し、ポートチャネル論理インターフェイスを手動で作成しなければなりません。次に、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して論理インターフェイスをチャネル グループに配置します。


) 物理ポートから EtherChannel に IP アドレスを移動するには、物理ポートから IP アドレスを削除してから、その IP アドレスをポートチャネル インターフェイス上で設定する必要があります。


レイヤ 3 EtherChannel 用のポートチャネル インターフェイスを作成するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は必須です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface port-channel port- channel-number

ポートチャネル論理インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

port - channel-number の範囲は 1 ~ 48 です。

ステップ 3

no switchport

インターフェイスをレイヤ 3 モードにします。

ステップ 4

ip address ip-address mask

EtherChannel に IP アドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show etherchannel channel-group-number detail

設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ステップ 8

レイヤ 3 EtherChannel にイーサネット ポートを割り当てます。詳細については、「物理インターフェイスの設定」を参照してください。

ポートチャネルを削除するには、 no interface port-channel port-channel-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、論理ポート チャネル 5 を作成し、IP アドレスとして 172.10.20.10 を割り当てる例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface port-channel 5
Switch(config-if)# no switchport
Switch(config-if)# ip address 172.10.20.10 255.255.255.0
Switch(config-if)# end

物理インターフェイスの設定

レイヤ 3 EtherChannel にイーサネット ポートを割り当てるには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は必須です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

物理ポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

指定できるインターフェイスとして、物理ポートも含まれます。

PAgP EtherChannel の場合、同じタイプおよび速度のポートを 8 つまで同じグループに設定できます。

LACP EtherChannel の場合、同じタイプのイーサネット ポートを 16 まで設定できます。最大 8 つのポートを active モードに、最大 8 つのポートを standby モードにできます。

ステップ 3

no ip address

この物理ポートに割り当てられている IP アドレスをすべて削除します。

ステップ 4

no switchport

ポートをレイヤ 3 モードにします。

ステップ 5

channel-group channel -group-number mode { auto [ non-silent ] | desirable [ non-silent ] | on } | { active | passive }

チャネル グループにポートを割り当て、PAgP モードまたは LACP モードを指定します。

channel-group-number , の範囲は 1 ~48です。この番号は、「ポートチャネル論理インターフェイスの作成」で設定した port-channel-number (論理ポート)と同一である必要があります。

mode には、次のキーワードのいずれか 1 つを選択します。

auto :PAgP デバイスが検出された場合に限り、PAgP をイネーブルにします。ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信する PAgP パケットに応答しますが、PAgP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。EtherChannel メンバーがスイッチ スタック内で異なるスイッチに属している場合、このキーワードはサポートされません。

desirable :PAgP を無条件でイネーブルにします。ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは PAgP パケットを送信することによって、相手ポートとのネゴシエーションを開始します。EtherChannel メンバーがスイッチ スタック内で異なるスイッチに属している場合、このキーワードはサポートされません。

on :PAgP や LACP を使用せずにポートを強制的にチャネル化します。 on モードの場合、EtherChannel が存在するのは、 on モードのポート グループが同じく on モードの別のポート グループに接続される場合だけです。

non-silent: (任意)PAgP 対応のパートナーに接続されたスイッチのポートが auto または desirable モードの場合に、非サイレント動作を行うようにこのポートを設定します。 non-silent を指定しなかった場合は、サイレントが指定されたものと見なされます。サイレント設定は、ファイル サーバまたはパケット アナライザとの接続に適しています。サイレントを設定すると、PAgP が動作してチャネル グループにポートを結合し、このポートが伝送に使用されます。

active :LACP デバイスが検出された場合に限り、LACP をイネーブルにします。ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは LACP パケットを送信することによって、相手ポートとのネゴシエーションを開始します。

passive ポート上で LACP をイネーブルにして、ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信する LACP パケットに応答しますが、LACP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。

スイッチおよびデバイスのモードの互換性に関する情報については、「PAgP モード」および「LACP モード」を参照してください。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show running-config

設定を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、EtherChannel を設定する例を示します。2 つのポートは、LACP モードが active であるチャネル 5 に割り当てられます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet2/0/1 -2
Switch(config-if-range)# no ip address
Switch(config-if-range)# no switchport
Switch(config-if-range)# channel-group 5 mode active
Switch(config-if-range)# end
 

次に、クロススタック EtherChannel を設定する例を示します。スタック メンバー 2 の 2 つのポートとスタック メンバー 3 の 1 つのポートは、LACP アクティブ モードでチャネル 7 に割り当てられます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet2/0/4 -5
Switch(config-if-range)# no ip address
Switch(config-if-range)# no switchport
Switch(config-if-range)# channel-group 7 mode active
Switch(config-if-range)# exit
Switch(config)# interface gigabitethernet3/0/3
Switch(config-if)# no ip address
Switch(config-if)# no switchport
Switch(config-if)# channel-group 7 mode active
Switch(config-if)# exit

EtherChannel ロード バランシングの設定

ここでは、送信元ベースまたは宛先ベースの転送方式を使用することによって、EtherChannel のロード バランシングを設定する手順について説明します。詳細については、「ロード バランシングおよび転送方式」を参照してください。

EtherChannel のロード バランシングを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

port-channel load-balance { dst-ip | dst-mac | src-dst-ip | src-dst-mac | src-ip | src-mac }

EtherChannel のロード バランシング方式を設定します。

デフォルトは src-mac です。

次のいずれかの負荷分散方式を選択します。

dst-ip :宛先ホスト IP アドレスに基づいて負荷を分散します。

dst-mac :着信パケットの宛先ホスト MAC アドレスに基づいて負荷を分散します。

src-dst-ip :送信元および宛先ホスト IP アドレスに基づいて負荷を分散します。

src-dst-mac :送信元および宛先ホスト MAC アドレスに基づいて負荷を分散します。

src-ip :送信元ホスト IP アドレスに基づいて負荷を分散します。

src-mac :着信パケットの送信元 MAC アドレスに基づいて負荷を分散します。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show etherchannel load-balance

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

EtherChannel のロード バランシングをデフォルトの設定に戻す場合は、 no port-channel load-balance グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

PAgP 学習方式およびプライオリティの設定

ネットワーク デバイスは、PAgP 物理ラーナーまたは集約ポート ラーナーに分類されます。物理ポートによってアドレスを学習し、その知識に基づいて送信を指示するデバイスは物理ラーナーです。集約(論理)ポートによってアドレスを学習するデバイスは、集約ポート ラーナーです。学習方式はリンクの両端で同じ方式に設定する必要があります。

デバイスとそのパートナーが両方とも集約ポート ラーナーの場合、論理ポートチャネル上のアドレスを学習します。デバイスは EtherChannel のいずれかのポートを使用することによって、送信元にパケットを送信します。集約ポート ラーニングを使用している場合、どの物理ポートにパケットが届くかは重要ではありません。

PAgP は、パートナー デバイスが物理ラーナーの場合およびローカル デバイスが集約ポート ラーナーの場合には自動検出できません。したがって、物理ポートでアドレスを学習するには、ローカル デバイスに手動で学習方式を設定する必要があります。また、負荷の分散方式を送信元ベース分散に設定して、指定された送信元 MAC アドレスが常に同じ物理ポートに送信されるようにする必要もあります。

グループ内の 1 つのポートですべての伝送を行うように設定して、他のポートをホットスタンバイに使用することもできます。選択された 1 つのポートでハードウェア信号が検出されなくなった場合は、数秒以内に、グループ内の未使用のポートに切り替えて動作させることができます。パケット伝送用に常に選択されるように、ポートを設定するには、 pagp port-priority インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してプライオリティを変更します。プライオリティが高いほど、そのポートが選択される可能性が高まります。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で physical-port キーワードを指定した場合でも、スイッチがサポートするのは、集約ポート上でのアドレス ラーニングだけです。pagp learn-method コマンドおよび pagp port-priority コマンドはスイッチ ハードウェアに影響を与えませんが、物理ポートによるアドレス学習だけをサポートしているデバイスとの PAgP の相互運用性のために必要です。

スイッチのリンクの相手側が物理ラーナー(Catalyst 1900 シリーズ スイッチなど)の場合、pagp learn-method physical-port インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、Catalyst 3750 スイッチを物理ポート ラーナーとして設定することを推奨します。送信元 MAC アドレスに基づいて負荷の分散方式を設定するには、port-channel load-balance src-mac グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。このように設定すると、送信元アドレスの学習元である EtherChannel 内の同じポートを使用して、パケットが Catalyst 1900 スイッチに送信されます。pagp learn-method コマンドは、このような場合に限って使用してください。


スイッチを PAgP 物理ポート ラーナーとして設定し、バンドル内の同じポートがパケット送信用として選択されるようにプライオリティを調整するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

伝送ポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

pagp learn-method physical-port

PAgP 学習方式を選択します。

デフォルトでは、 aggregation-port learning が選択されています。つまり、EtherChannel 内のポートのいずれかを使用して、パケットが送信元に送信されます。集約ポート ラーニングを使用している場合、どの物理ポートにパケットが届くかは重要ではありません。

物理ラーナー である 別のスイッチに接続するには、 physical-port を選択します。 port-channel load-balance グローバル コンフィギュレーション コマンドは、必ず src-mac に設定してください(「EtherChannel ロード バランシングの設定」を参照)。

学習方式はリンクの両端で同じ方式に設定する必要があります。

ステップ 4

pagp port-priority priority

選択したポートがパケット伝送用として選択されるように、プライオリティを割り当てます。

priority の範囲は、0 ~ 255 です。デフォルト値は 128 です。プライオリティが高いほど、そのポートが PAgP 送信用に選択される可能性が高まります。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show running-config

または

show pagp channel-group-number internal

設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

プライオリティをデフォルト設定に戻すには、 no pagp port-priority インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。学習方式をデフォルト設定に戻すには、 no pagp learn-method インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

LACP ホットスタンバイ ポートの設定

イネーブルの場合、LACP はチャネル内の LACP 互換ポート数を最大に設定しようとします(最大 16 ポート)。同時にアクティブになれる LACP リンクは 8 つだけです。リンクが追加されるとソフトウェアによってホットスタンバイ モードになります。アクティブ リンクの 1 つが非アクティブになると、ホットスタンバイ モードのリンクが代わりにアクティブになります。

9 つ以上のリンクが EtherChannel グループとして設定された場合、ソフトウェアは LACP プライオリティに基づいてアクティブにするホットスタンバイ ポートを決定します。ソフトウェアは、LACP を操作するシステム間のすべてのリンクに、以下の要素(プライオリティ順)で構成された一意のプライオリティを割り当てます。

LACP システム プライオリティ

システム ID(スイッチの MAC アドレス)

LACP ポート プライオリティ

ポート番号

プライオリティを比較する場合、数値的により低い方が高いプライオリティを持っています。プライオリティは、ハードウェア上の制約がある場合に、すべての互換ポートが集約されないように、スタンバイ モードにするポートを決定します。

アクティブ ポートかホットスタンバイ ポートかを判別するには、次の(2 つの)手順を使用します。はじめに、数値的に低いシステム プライオリティとシステム ID を持つシステムの方を選びます。次に、ポート プライオリティおよびポート番号の値に基づいて、そのシステムのアクティブ ポートとホットスタンバイ ポートを決定します。他のシステムのポート プライオリティとポート番号の値は使用されません。

ソフトウェアのアクティブおよびスタンバイ リンクの選択方法に影響を与えるように、LACP システム プライオリティおよび LACP ポート プライオリティのデフォルト値を変更できます。詳細については、「LACP システム プライオリティの設定」および「LACP ポート プライオリティの設定」を参照してください。

LACP システム プライオリティの設定

lacp system-priority グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して LACP をイネーブルにしているすべての EtherChannel に対してシステム プライオリティを設定できます。LACP を設定済みの各チャネルに対しては、システム プライオリティを設定できません。デフォルト値を変更すると、ソフトウェアのアクティブおよびスタンバイ リンクの選択方法に影響します。

show etherchannel summary 特権 EXEC コマンドを使用して、ホットスタンバイ モードのポートを確認できます(ポートステート フラグが H になっています)。

LACP システム プライオリティを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

lacp system-priority priority

LACP システム プライオリティを設定します。

priority の範囲は、1 ~ 65535 です。デフォルト値は 32768 です。

値が小さいほど、システム プライオリティは高くなります。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show running-config

または

show lacp sys-id

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

LACP システム プライオリティをデフォルトの値に戻すには、 no lacp system-priority グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

LACP ポート プライオリティの設定

デフォルトでは、すべてのポートは同じポート プライオリティです。ローカル システムのシステム プライオリティおよびシステム ID の値がリモート システムよりも小さい場合は、LACP EtherChannel ポートのポート プライオリティをデフォルトよりも小さな値に変更して、最初にアクティブになるホットスタンバイ リンクを変更できます。ホットスタンバイ ポートは、番号が小さい方が先にチャネルでアクティブになります。ホットスタンバイ モードのポートを確認するには、 show etherchannel summary 特権 EXEC コマンドを使用します(ホットスタンバイ モードのポートには H ポートステート フラグが付加されます)。


) LACP がすべての互換ポートを集約できない場合(たとえば、ハードウェアの制約が大きいリモート システム)、EtherChannel 中でアクティブにならないポートはすべてホットスタンバイ ステートになり、チャネル化されたポートのいずれかが機能しない場合に限り使用されます。


LACP ポート プライオリティを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

lacp port-priority priority

LACP ポート プライオリティを設定します。

priority の範囲は、1 ~ 65535 です。デフォルト値は 32768 です。プライオリティが低いほど、そのポートが LACP 送信用に選択される可能性が高まります。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show running-config

または

show lacp [ channel-group-number ] internal

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

LACP ポート プライオリティをデフォルト値に戻すには、 no lacp port-priority インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

EtherChannel、PAgP、および LACP ステータスの表示

 

表 37-4 EtherChannel、PAgP、および LACP ステータスを表示するためのコマンド

コマンド
説明

show etherchannel [ channel-group-number { detail | port | port-channel | protocol | summary }] { detail | load-balance | port | port-channel | protocol | summary }

EtherChannel 情報が簡潔、詳細に、1 行のサマリー形式で表示されます。ロード バランシング方式またはフレーム配布方式、ポート、ポートチャネル、プロトコルの情報も表示されます。

show pagp [ channel-group-number ] { counters | internal | neighbor }

トラフィック情報、内部 PAgP 設定、近接情報などの PAgP 情報が表示されます。

show pagp [ channel-group-number ] dual-active

デュアルアクティブ検出ステータスを表示します。

show lacp [channel-group-number] {counters | internal | neighbor}

トラフィック情報、内部 LACP 設定、近接情報などの LACP 情報が表示されます。

PAgP チャネルグループ情報およびトラフィック カウンタをクリアするには、 clear pagp { channel-group-number counters | counters } 特権 EXEC コマンドを使用します。

LACP チャネルグループ情報およびトラフィック カウンタをクリアするには、 clear lacp { channel-group-number counters | counters } 特権 EXEC コマンドを使用します。

出力内の各フィールドについては、このリリース のコマンド リファレンスを参照してください。

リンクステート トラッキングの概要

リンクステート トラッキングは、トランク フェールオーバーとも呼ばれ、複数のインターフェイスのリンクステートをバインドする機能です。たとえば、リンクステート トラッキングをサーバ NIC アダプタ チーミング機能とともに使用すると、ネットワークで冗長性が実現されます。サーバ ネットワーク アダプタが、チーミングと呼ばれるプライマリまたはセカンダリ関係で設定され、プライマリ インターフェイスでリンクが消失した場合、接続はセカンダリ インターフェイスに透過的に変更されます。


) ポートの集合(EtherChannel)、アクセス モードまたはトランク モードの単一の物理ポート、またはルーテッド ポートをインターフェイスに指定できます。


図 37-6は、リンクステート トラッキングを使用して設定されたネットワークを示しています。リンクステート トラッキングをイネーブルにするには、 リンクステート グループ を作成して、リンクステート グループに割り当てられるインターフェイスを指定します。リンクステート グループでは、これらのインターフェイスは互いにバンドルされています。 ダウンストリーム インターフェイス は、 アップストリーム インターフェイス にバインドされています。サーバに接続されているインターフェイスは、ダウンストリーム インターフェイスと呼ばれ、ディストリビューション スイッチやネットワーク デバイスに接続されているインターフェイスはアップストリーム インターフェイスと呼ばれます。

図 37-6の設定により、ネットワーク トラフィック フローが次のようにバランスが保たれます。

スイッチと他のネットワーク デバイスへのリンクの場合

サーバ 1 とサーバ 2 は、プライマリ リンクにスイッチ A を使用し、セカンダリ リンクにスイッチ B を使用しています。

サーバ 3 とサーバ 4 は、プライマリ リンクにスイッチ B を使用し、セカンダリ リンクにスイッチ A を使用しています。

スイッチ A のリンクステート グループ 1

スイッチ A は、リンクステート グループ 1 を介してサーバ 1 とサーバ 2 にプライマリ リンクを提供します。ポート 1 はサーバ 1 に接続され、ポート 2 はサーバ 2 に接続されます。ポート 1 およびポート 2 は、リンクステート グループ 1 のダウンストリーム インターフェイスです。

ポート 5 およびポート 6 は、リンクステート グループ 1 を介してディストリビューション スイッチ 1 に接続されます。ポート 5 およびポート 6 は、リンクステート グループ 1 のアップストリーム インターフェイスです。

スイッチ A のリンクステート グループ 2

スイッチ A は、リンクステート グループ 2 を介してサーバ 3 とサーバ 4 にセカンダリ リンクを提供します。ポート 3 はサーバ 3 に接続され、ポート 4 はサーバ 4 に接続されます。ポート 3 およびポート 4 は、リンクステート グループ 2 のダウンストリーム インターフェイスです。

ポート 7 とポート 8 は、リンクステート グループ 2 を介してディストリビューション スイッチ 2 に接続されます。ポート 7 およびポート 8 は、リンクステート グループ 2 のアップストリーム インターフェイスです。

スイッチ B のリンクステート グループ 2

スイッチ B は、リンクステート グループ 2 を介してサーバ 3 とサーバ 4 にプライマリ リンクを提供します。ポート 3 はサーバ 3 に接続され、ポート 4 はサーバ 4 に接続されます。ポート 3 およびポート 4 は、リンクステート グループ 2 のダウンストリーム インターフェイスです。

ポート 5 とポート 6 は、リンクステート グループ 2 を介してディストリビューション スイッチ 2 に接続されます。ポート 5 およびポート 6 は、リンクステート グループ 2 のアップストリーム インターフェイスです。

スイッチ B のリンクステート グループ 1

スイッチ B は、リンクステート グループ 1 を介してサーバ 1 とサーバ 2 にセカンダリ リンクを提供します。ポート 1 はサーバ 1 に接続され、ポート 2 はサーバ 2 に接続されます。ポート 1 およびポート 2 は、リンクステート グループ 1 のダウンストリーム インターフェイスです。

ポート 7 およびポート 8 は、リンクステート グループ 1 を介してディストリビューション スイッチ 1 に接続されます。ポート 7 およびポート 8 は、リンクステート グループ 1 のアップストリーム インターフェイスです。

ディストリビューション スイッチやルータに障害が発生したり、ケーブルが切断されたり、リンクが失われたために、リンクステート グループ内でアップストリーム ポートが利用不能や接続不能になる場合があります。これらは、リンクステート トラッキングがイネーブルの際の、ダウンストリーム インターフェイスとアップストリーム インターフェイス間の相互作用です。

アップストリーム インターフェイスがリンクアップ ステートの場合、ダウンストリーム インターフェイスをリンクアップ ステートに変更したり、リンクアップ ステートのままにしたりすることができます。

すべてのアップストリーム インターフェイスが利用不能になった場合、リンクステート トラッキングが自動的にダウンストリーム インターフェイスを errdisable ステートにします。サーバ間の接続は、自動的にプライマリ サーバ インターフェイスからセカンダリ サーバ インターフェイスに変更されます。

スイッチ A のリンクステート グループ 1 からリンクステート グループ 2 への接続の変更例については、図 37-6 を参照してください。ポート 6 のアップストリーム リンクが切断されても、ダウンストリーム ポート 1 および 2 のリンク ステートは変わりません。ただし、アップストリーム ポート 5 のリンクも切断された場合、ダウンストリーム ポートのリンク ステートがリンクダウン ステートに変更されます。また、サーバ 1 およびサーバ 2 の接続はリンクステート グループ 1 からリンクステート グループ 2 に変更されます。ダウンストリーム ポート 3 および 4 は、リンクグループ 2 にあるため変更されません。

リンクステート グループが設定されている場合、リンクステート トラッキングはディセーブルで、アップストリーム インターフェイスが切断され、ダウンストリーム インターフェイスのリンク ステートは変更されないままになります。サーバはこのアップストリーム接続が切断されたことを認識せず、セカンダリ インターフェイスにフェールオーバーしません。

障害のあるダウンストリーム ポートをリンクステート グループから削除することで、ダウンストリーム インターフェイスのリンクダウン状態から復旧できます。複数のダウンストリーム インターフェイスを復旧させるには、リンクステート グループをディセーブルにします。

図 37-6 一般的なリンクステート トラッキングの設定

 

リンクステート トラッキングの設定

「デフォルトのリンクステート トラッキングの設定」

「リンクステート トラッキングの設定時の注意事項」

「リンクステート トラッキングの設定」

「リンクステート トラッキング ステータスの表示」

デフォルトのリンクステート トラッキングの設定

リンクステート グループは定義されておらず、リンクステート トラッキングはどのグループでもイネーブルではありません。

リンクステート トラッキングの設定時の注意事項

設定上の問題を防ぐため、次の注意事項に従ってください。

アップストリーム インターフェイスとして定義されているインターフェイスは、同じまたは異なるリンクステート グループ内でダウンストリーム インターフェイスとして定義できません。その逆も同様です。

1 つのインターフェイスが、複数のリンクステート グループのメンバーになることはできません。

スイッチ 1 つにつき設定できるリンクステート グループは 10 だけです。

リンクステート トラッキングの設定

リンクステート グループを設定し、そのグループにインターフェイスを割り当てるには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

link state track number

リンクステート グループを作成して、リンクステート トラッキングをイネーブルにします。グループ番号は 1 ~ 10 に設定できます。デフォルトは 1 です。

ステップ 3

interface interface-id

物理インターフェイスまたはインターフェイスの範囲を設定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

有効なインターフェイスには、アクセス モードまたはトランク モード(IEEE 802.1q)のスイッチ ポート、ルーテッド ポート、EtherChannel インターフェイス(スタティックまたは LACP)にバンドルされた、トランク モードの複数ポートが含まれます。

ステップ 4

link state group [ number ] { upstream | downstream }

リンクステート グループを指定し、グループ内のインターフェイスを upstream または downstream インターフェイスに設定します。グループ番号は 1 ~ 10 に設定できます。デフォルトは 1 です。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show running-config

設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、リンクステート グループを作成してインターフェイスを設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# link state track 1
Switch(config)# interface range gigabitethernet1/0/21 -22
Switch(config-if)# link state group 1 upstream
Switch(config-if)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# link state group 1 downstream
Switch(config-if)# interface gigabitethernet1/0/3
Switch(config-if)# link state group 1 downstream
Switch(config-if)# interface gigabitethernet1/0/5
Switch(config-if)# link state group 1 downstream
Switch(config-if)# end
 

リンクステート グループをディセーブルにするには、 no link state track number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

リンクステート トラッキング ステータスの表示

show link state group コマンドを使用してリンクステート グループの情報を表示します。すべてのリンクステート グループの情報を表示するには、このコマンドをキーワードなしで入力します。特定のグループの情報を表示するには、グループ番号を入力します。グループの詳細情報を表示するには、detail キーワードを入力します。

次に、 show link stage group 1 コマンドの出力例を示します。

Switch> show link state group 1
 
Link State Group: 1 Status: Enabled, Down
 

次に、 show link stage group detail コマンドの出力例を示します。

Switch> show link state group detail
 
(Up):Interface up (Dwn):Interface Down (Dis):Interface disabled
 
Link State Group: 1 Status: Enabled, Down
Upstream Interfaces : Gi1/0/15(Dwn) Gi1/0/16(Dwn)
Downstream Interfaces : Gi1/0/11(Dis) Gi1/0/12(Dis) Gi1/0/13(Dis) Gi1/0/14(Dis)
 
Link State Group: 2 Status: Enabled, Down
Upstream Interfaces : Gi1/0/15(Dwn) Gi1/0/16(Dwn) Gi1/0/17(Dwn)
Downstream Interfaces : Gi1/0/11(Dis) Gi1/0/12(Dis) Gi1/0/13(Dis) Gi1/0/14(Dis)
 
(Up):Interface up (Dwn):Interface Down (Dis):Interface disabled
 

出力フィールドの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。