スイッチ : Cisco Catalyst 3750-X シリーズ スイッチ

Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ FIPS キット取り付け時の注意事項

Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ FIPS キット取り付け時の注意事項
発行日;2012/03/15 | 英語版ドキュメント(2011/12/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ FIPS キット取り付け時の注意事項

モジュールの隠蔽化

不正変更の防止

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ FIPS キット取り付け時の注意事項

発行日:2011 年 10 月

 

FIPS キットを取り付ける前に、周辺温度に関する次の点に注意してください。


警告 過熱防止のため、室温が 104 °F(40 °C)を超える環境ではスイッチを使用しないでください。また、通気を妨げないように、通気口の周囲に 3 インチ(7.6 cm)以上のスペースを確保してください。ステートメント 17B


スイッチが FIPS 140-2 レベル 2 物理的セキュリティ要件を満たすように、不透明シールドを使ってスイッチの前面パネルと側面パネルをシールドすることで隠蔽化し、不正変更されていないことを改ざん防止用ラベルで保証します。以下の項では、スイッチの物理的セキュリティについて説明します。

表 1 に、改ざん防止用ラベルと不透明シールドの数を示します。これらは、FIPS 認定モードでスイッチを稼動するためにスイッチに取り付けてください。暗号化担当者(CO)は、未使用の改ざん防止用ラベルを安全な場所に保管し、常時管理する責任を負います。

 

表 1 改ざん防止用ラベルと不透明シールド:Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ

改ざん防止用ラベル
不透明シールド

前面

5

2

6

2

6

2

背面

5

n/a

合計

22

6

モジュールの隠蔽化

不透明シールドを Catalyst 3560-X スイッチおよび 3750-X スイッチに取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 FIPS キット(部品番号:C3KX-FIPS-KIT)を開けます。キットの内容は次のとおりです。

不透明シールド(前面および側面用)

改ざん防止用ラベル

ステップ 2 不透明シールドを取り付けます(図 1 を参照)。

図 1 不透明シールド

 


 

不正変更の防止

設定が終了してすべての FIPS 140-2 レベル 2 要件をモジュールが満たせば、不正変更の証拠を残さずにモジュールにアクセスできなくなります。不正変更がされていないか CO が定期的に検査してください。

システムをシールドするために、それぞれの改ざん防止用ラベルを次の図のように取り付けます。

図 2 前面

 

図 3 右側

 

図 4 左側

 

図 5 背面

 

関連資料

次の資料は Cisco.com の以下の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10745/tsd_products_support_general_information.html

『Catalyst 3750-X and 3560-X Switch Getting Started Guide』

『Catalyst 3750-X and 3560-X Switch Hardware Installation Guide』

『Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 3750-X and 3560-X Switch』

『Installation Notes for the Catalyst 3750-X, Catalyst 3560-X Switch Power Supply Modules』

『Installation Notes for the Catalyst 3750-X and 3560-X Switch Fan Module』

『Installation Notes for the Catalyst 3750-X and 3560-X Switch Network Modules』

『Release Notes for the Catalyst 3750-X and 3560-X Switch』

『Catalyst 3750-X and 3560-X Switch Software Configuration Guide』

『Catalyst 3750-X and 3560-X Switch Command Reference』

『Catalyst 3750-X, 3750-E, 3560-X, and 3560-E Switch System Message Guide

『Cisco Expandable Power System XPS-2200 Hardware Installation Guide』

『Cisco Expandable Power System XPS-2200 Compatibility Matrix』

『Cisco IOS Software Installation Document』

Cisco 小型フォーム ファクタ(SFP)および SFP+ モジュールに関する情報は、Cisco.com の次のページから入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/prod_installation_guides_list.html

SFP の互換性マトリクスに関するマニュアルは、次の Cisco.com サイトにあります。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/products_device_support_tables_list.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。