Auto Smartports コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.0(2)SE
Auto Smartports マクロと Static Smartports マクロの CLI コマンド
Auto Smartports マクロと Static Smartports マクロの CLI コマンド
発行日;2012/10/16 | 英語版ドキュメント(2012/08/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Auto Smartports マクロと Static Smartports マクロの CLI コマンド

macro

macro auto(CLI)

macro auto apply(Cisco IOS シェルのスクリプト機能)

macro auto config(Cisco IOS シェルのスクリプト機能)

macro auto control

macro auto device

macro auto execute

macro auto global control

macro auto global processing

macro auto mac-address-group

macro auto monitor

macro auto processing

macro auto sticky

macro auto trigger

macro description

macro global

macro global description

shell trigger

show macro auto

show macro auto monitor clients

show macro auto monitor device

show macro auto monitor type

show parser macro

show shell

macro

インターフェイスにマクロを適用したり、インターフェイスでマクロを適用してデバッグするには、 macro インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

macro { apply | trace } macro-name [ parameter { value }] [ parameter { value }]
[ parameter { value }]

 
構文の説明

apply

インターフェイスにマクロを適用します。

trace

インターフェイスにマクロを適用し、それをデバッグします。

macro-name

マクロ名を指定します。

parameter value

(任意)インターフェイスに固有の一意のパラメータ値を指定します。最高 3 つのキーワードと値の組み合わせを入力できます。パラメータ キーワードの照合では、大文字と小文字が区別されます。キーワードで一致が見られると、すべて対応する値に置き換えられます。

 
コマンド デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(19)EA1

このコマンドが Catalyst 3750 および 3560 スイッチに追加されました。

12.2(18)SE

Catalyst 3750 および 3560 スイッチに parameter value キーワードが追加されました。

12.2(25)FX

このコマンドが Catalyst 2960 スイッチに追加されました。

12.2(44)SE

このコマンドが Catalyst 2918 スイッチに追加されました。

12.2(46)EX

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(35)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

macro apply macro-name インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、インターフェイス上で実行されているマクロを適用および表示できます。

macro trace macro-name インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、マクロを適用し、そのマクロをデバッグして構文エラーまたは設定エラーを判別できます。

マクロを適用したとき、構文エラーまたは設定エラーのためにコマンドが失敗した場合、マクロは引き続き残りのコマンドをインターフェイスに適用します。

一意の値の割り当てを必要とするマクロを作成する場合、 parameter value キーワードを使用して、そのインターフェイスに固有の値を指定します。

キーワードの照合では、大文字と小文字が区別されます。キーワードで一致が見られると、すべて対応する値に置き換えられます。キーワードが完全に一致すると、それが長い文字列の一部であったとしても一致と見なされて、対応する値に置き換えられます。

一部のマクロには、パラメータ値が必要なキーワードが含まれます。 macro apply macro-name ? コマンドを使用すると、マクロで必要な値を一覧表示できます。キーワード値を入力せずにマクロを適用した場合、コマンドは無効となり、マクロは適用されません。

スイッチ ソフトウェアには、シスコ デフォルト Smartports マクロが埋め込まれています。 show parser macro ユーザ EXEC コマンドを使用すると、マクロおよびマクロに含まれているコマンドを表示できます。

インターフェイスにシスコ デフォルト Smartports マクロを適用する場合は、次の注意事項に従ってください。

show parser macro ユーザ EXEC コマンドを使用して、スイッチ上のすべてのマクロを表示します。特定のマクロの内容を表示するには、 show parser macro name macro-name ユーザ EXEC コマンドを使用します。

$ で始まるキーワードには、一意のパラメータ値が必要です。 parameter value キーワードを使用して、必要な値をシスコ デフォルト マクロに追加します。

シスコ デフォルト マクロは $ という文字を使用しているので、必須キーワードを識別できます。 $ という文字を使用して、マクロを作成するときにキーワードを定義できます。

マクロをインターフェイスに適用する場合、マクロ名が自動的にインターフェイスに追加されます。 show running-config interface interface-id ユーザ EXEC コマンドを使用すると、適用されたコマンドおよびマクロ名を表示できます。

インターフェイスの範囲に適用されたマクロは、単一インターフェイスに適用されたマクロと同じ動作をします。インターフェイスの範囲を使用する場合、マクロはその範囲内の各インターフェイスに順番に適用されます。1 つのインターフェイスでマクロ コマンドの実行に失敗しても、マクロは残りのインターフェイス上に適用されます。

default interface interface-id インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用すれば、インターフェイスで適用されたマクロの設定を削除できます。

macro name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用したあとで、インターフェイスに適用できます。次の例では、 duplex という名前のユーザ作成マクロをインターフェイスに適用する方法を示します。

Switch(config-if)# macro apply duplex
 

マクロをデバッグするには、 macro trace インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、マクロがインターフェイスに適用されたときのマクロの構文または設定エラーを判別できます。

Switch(config-if)# macro trace duplex
Applying command...‘duplex auto’
%Error Unknown error.
Applying command...‘speed nonegotiate’
 

次の例では、シスコ デフォルト cisco-desktop マクロを表示する方法、およびインターフェイス上でマクロを適用し、アクセス VLAN ID を 25 に設定する方法を示します。

Switch# show parser macro cisco-desktop
--------------------------------------------------------------
Macro name : cisco-desktop
Macro type : default
 
# Basic interface - Enable data VLAN only
# Recommended value for access vlan (AVID) should not be 1
switchport access vlan $AVID
switchport mode access
 
# Enable port security limiting port to a single
# MAC address -- that of desktop
switchport port-security
switchport port-security maximum 1
 
# Ensure port-security age is greater than one minute
# and use inactivity timer
switchport port-security violation restrict
switchport port-security aging time 2
switchport port-security aging type inactivity
 
# Configure port as an edge network port
spanning-tree portfast
spanning-tree bpduguard enable
--------------------------------------------------------------
Switch#
Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/4
Switch(config-if)# macro apply cisco-desktop $AVID 25

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro description

インターフェイスに適用されたマクロについての説明を追加します。これは Auto Smartports の稼働に必須のコマンドです。

macro global

スイッチ上にマクロを適用するか、スイッチ上にマクロを適用して追跡します。

macro global description

スイッチに適用されたマクロについての説明を追加します。

show parser macro

すべてのマクロまたは指定したマクロのマクロ定義を表示します。

macro auto(CLI)

CLI を使用してグローバル マクロを設定および適用するには、 macro auto 特権 EXEC コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto { apply | config } macro-name

 
構文の説明

apply

マクロを適用します。

config

マクロのパラメータを入力します。

macro-name

マクロ名を指定します。

 
コマンド デフォルト

スイッチにはマクロは適用されません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(55)SE

このコマンドが Catalyst 3750-X、3750-E、3750、3560-X、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチからマクロを削除するには、マクロ コマンドの no 形式を入力します。

macro auto config macro-name コマンドを入力すると、すべてのマクロ パラメータの値を入力するよう要求されます。

macro-name を入力するときは文字列を正確に使用します。エントリは大文字と小文字が区別されます。

ユーザ定義の値は、 show macro auto または show running-config コマンドの出力でのみ表示されます。

グローバル マクロを表示する方法

Switch# macro auto apply ?
CISCO_SWITCH_AAA_ACCOUNTING Configure aaa accounting parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHENTICATION Configure aaa authentication parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHORIZATION Configure aaa authorization parameters
CISCO_SWITCH_AUTO_IP_CONFIG Configure the ip parameters
CISCO_SWITCH_AUTO_PCI_CONFIG Configure PCI compliant parameters
CISCO_SWITCH_DOMAIN_NAME_CONFIG Configure domain name
CISCO_SWITCH_ETHERCHANNEL_CONFIG Configure the etherchannel parameters
CISCO_SWITCH_HOSTNAME_CONFIG Configure hostname
CISCO_SWITCH_HTTP_SERVER_CONFIG Configure http server
CISCO_SWITCH_LOGGING_SERVER_CONFIG Configure logging server
CISCO_SWITCH_MGMT_VLAN_CONFIG Configure management vlan parameters
CISCO_SWITCH_NAME_SERVER_CONFIG Configure name server parameters
CISCO_SWITCH_NTP_SERVER_CONFIG Configure NTP server
CISCO_SWITCH_RADIUS_SERVER_CONFIG Configure radius server
CISCO_SWITCH_SETUP_SNMP_TRAPS Configure SNMP trap parameters
CISCO_SWITCH_SETUP_USR_CONFIG Configure the user parameters
CISCO_SWITCH_SNMP_SOURCE_CONFIG Configure snmp source interface
CISCO_SWITCH_TACACS_SERVER_CONFIG Configure tacacs server
CISCO_SWITCH_USER_PASS_CONFIG Configure username and password
 
Switch# macro auto config ?
CISCO_SWITCH_AAA_ACCOUNTING Configure aaa accounting parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHENTICATION Configure aaa authentication parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHORIZATION Configure aaa authorization parameters
CISCO_SWITCH_AUTO_IP_CONFIG Configure the ip parameters
CISCO_SWITCH_AUTO_PCI_CONFIG Configure PCI compliant parameters
CISCO_SWITCH_DOMAIN_NAME_CONFIG Configure domain name
CISCO_SWITCH_ETHERCHANNEL_CONFIG Configure the etherchannel parameters
CISCO_SWITCH_HOSTNAME_CONFIG Configure hostname
CISCO_SWITCH_HTTP_SERVER_CONFIG Configure http server
CISCO_SWITCH_LOGGING_SERVER_CONFIG Configure logging server
CISCO_SWITCH_MGMT_VLAN_CONFIG Configure management vlan parameters
CISCO_SWITCH_NAME_SERVER_CONFIG Configure name server parameters
CISCO_SWITCH_NTP_SERVER_CONFIG Configure NTP server
CISCO_SWITCH_RADIUS_SERVER_CONFIG Configure radius server
CISCO_SWITCH_SETUP_SNMP_TRAPS Configure SNMP trap parameters
CISCO_SWITCH_SETUP_USR_CONFIG Configure the user parameters
CISCO_SWITCH_SNMP_SOURCE_CONFIG Configure snmp source interface
CISCO_SWITCH_TACACS_SERVER_CONFIG Configure tacacs server
CISCO_SWITCH_USER_PASS_CONFIG Configure username and password
 

特定のマクロのパラメータを表示する方法

Switch# macro auto config CISCO_SWITCH_AUTO_IP_CONFIG ?
CISCO_SWITCH_DOMAIN_NAME_CONFIG domain name parameters
CISCO_SWITCH_LOGGING_SERVER_CONFIG logging host parameters
CISCO_SWITCH_NAME_SERVER_CONFIG name server parameters
CISCO_SWITCH_NTP_SERVER_CONFIG ntp server parameters
LINE Provide parameters of form [Parameters
name=value]
<cr>
 
Switch# macro auto config CISCO_SWITCH_AUTO_PCI_CONFIG ?
CISCO_SWITCH_AAA_ACCOUNTING aaa accounting parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHENTICATION aaa authentication parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHORIZATION aaa authorization parameters
CISCO_SWITCH_HTTP_SERVER_CONFIG http server parameters
CISCO_SWITCH_RADIUS_SERVER_CONFIG radius server parameters
CISCO_SWITCH_TACACS_SERVER_CONFIG tacacs server parameters
LINE Provide parameters of form [Parameters
name=value]
<cr>
 
Switch# macro auto config CISCO_SWITCH_SETUP_SNMP_TRAPS ?
CISCO_SWITCH_SNMP_SOURCE_CONFIG snmp source parameters
LINE Provide parameters of form [Parameters
name=value]
<cr>
 
Switch# macro auto config CISCO_SWITCH_SETUP_USR_CONFIG ?
CISCO_AUTO_TIMEZONE_CONFIG timezone parameters
CISCO_SWITCH_HOSTNAME_CONFIG hostname parameter
LINE Provide parameters of form [Parameters
name=value]
<cr>
 

マクロ パラメータを設定し、CLI を使用してマクロを適用する方法

Switch# macro auto config CISCO_SWITCH_ETHERCHANNEL_CONFIG
Enter the port channel id[1-48] for 3K & 2350,[1-6] for 2K: 2
Enter the port channel type, Layer:[2-3(L3 not supported on 2K)]: 2
Enter etherchannel mode for the interface[auto/desirable/on/active/passive]: active
Enter the channel protocol[lacp/none]: lacp
Enter the number of interfaces to join the etherchannel[8-PAGP/MODE:ON,16-LACP]: 7
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/1
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/2
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/3
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/4
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/5
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/6
Enter interface name[GigabitEthernet3/0/3]: gigabitethernet1/0/7
Do you want to apply the parameters? [yes/no]: yes
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch# macro auto apply CISCO_SWITCH_ETHERCHANNEL_CONFIG
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto apply(Cisco IOS シェルのスクリプト機能)

Cisco IOS シェルのスクリプト機能を使用してグローバル マクロを設定および適用するには、 macro auto apply 特権 EXEC コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto apply macro-name

 
構文の説明

apply

マクロを適用します。

macro-name

マクロ名を指定します。

 
コマンド デフォルト

スイッチにはマクロは適用されません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(55)SE

このコマンドが Catalyst 3750-X、3750-E、3750、3560-X、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチからマクロを削除するには、マクロ コマンドの no 形式を入力します。

macro-name を入力するときは文字列を正確に使用します。エントリは大文字と小文字が区別されます。

ユーザ定義の値は、 show macro auto または show running-config コマンドの出力でのみ表示されます。

Cisco IOS シェルのスクリプト機能を使用してパラメータを設定することもできます。たとえば、「Auto Smartports マクロと Static Smartports マクロの設定」の章の「グローバル マクロの設定と適用」を参照してください。

グローバル マクロを表示する方法

Switch# macro auto apply ?
CISCO_SWITCH_AAA_ACCOUNTING Configure aaa accounting parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHENTICATION Configure aaa authentication parameters
CISCO_SWITCH_AAA_AUTHORIZATION Configure aaa authorization parameters
CISCO_SWITCH_AUTO_IP_CONFIG Configure the ip parameters
CISCO_SWITCH_AUTO_PCI_CONFIG Configure PCI compliant parameters
CISCO_SWITCH_DOMAIN_NAME_CONFIG Configure domain name
CISCO_SWITCH_ETHERCHANNEL_CONFIG Configure the etherchannel parameters
CISCO_SWITCH_HOSTNAME_CONFIG Configure hostname
CISCO_SWITCH_HTTP_SERVER_CONFIG Configure http server
CISCO_SWITCH_LOGGING_SERVER_CONFIG Configure logging server
CISCO_SWITCH_MGMT_VLAN_CONFIG Configure management vlan parameters
CISCO_SWITCH_NAME_SERVER_CONFIG Configure name server parameters
CISCO_SWITCH_NTP_SERVER_CONFIG Configure NTP server
CISCO_SWITCH_RADIUS_SERVER_CONFIG Configure radius server
CISCO_SWITCH_SETUP_SNMP_TRAPS Configure SNMP trap parameters
CISCO_SWITCH_SETUP_USR_CONFIG Configure the user parameters
CISCO_SWITCH_SNMP_SOURCE_CONFIG Configure snmp source interface
CISCO_SWITCH_TACACS_SERVER_CONFIG Configure tacacs server
CISCO_SWITCH_USER_PASS_CONFIG Configure username and password
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto config(Cisco IOS シェルのスクリプト機能)

グローバル マクロを設定および適用するには、 macro auto config 特権 EXEC コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto config macro-name [ parameter = value [ parameter = value ] ... ]

 
構文の説明

config

マクロのパラメータを入力します。

macro-name

マクロ名を指定します。

parameter = value [ parameter = value ] ...

parameter = value :グローバル マクロのパラメータ値の値を置き換えます。それぞれの名前と値のペアをスペースで区切る形式で新しい値を入力します(例:<name1>=<value1> [<name2>=<value2>...])。

 
コマンド デフォルト

スイッチにはマクロは適用されません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(55)SE

このコマンドが Catalyst 3750-X、3750-E、3750、3560-X、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチからマクロを削除するには、マクロ コマンドの no 形式を入力します。

macro auto config macro-name コマンドを入力すると、すべてのマクロ パラメータの値を入力するよう要求されます。

macro-name および parameters を入力する場合は、正確なテキスト文字列を使用します。エントリは大文字と小文字が区別されます。

ユーザ定義の値は、 show macro auto または show running-config コマンドの出力でのみ表示されます。

詳細については、「Auto Smartports マクロと Static Smartports マクロの設定」の章の「グローバル マクロの設定と適用」を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto control

検出方法、デバイス タイプ、またはトリガー(イベント トリガー コントロールとも呼ばれる)に基づいてスイッチに Auto Smartports マクロを適用するタイミングを指定するには、 macro auto control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。トリガーとマクロのマッピングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。これで、スイッチはイベント トリガーに基づいてマクロを適用しなくなります。

macro auto control { detection [ cdp ] [ lldp ] [ mac-address ] | device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ] | trigger [ last-resort ]}

no macro auto control { detection [ cdp ] [ lldp ] [ mac-address ] | device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ] | trigger [ last-resort ]}

 
構文の説明

detection [ cdp ] [ lldp ] [ mac-address ]

detection :次の中の 1 つ以上を、イベント トリガーとして設定します。

(任意) cdp :CDP メッセージ

(任意) lldp :LLDP メッセージ

(任意) mac-address :ユーザ定義の MAC アドレス グループ

device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ]

device :次の 1 つ以上のデバイスを、イベント トリガーとして設定します。

(任意) access-point :Autonomous アクセス ポイント

(任意) ip-camera :Cisco IP ビデオ サーベイランス カメラ

(任意) lightweight-ap :Lightweight アクセス ポイント

(任意) media-player :デジタル メディア プレーヤー

(任意) phone :Cisco IP Phone

(任意) router :Cisco ルータ

(任意) switch :Cisco スイッチ

trigger [ last-resort ]

trigger :特定のイベント トリガーを設定します。

(任意) last-resor t :ラストリゾート トリガー

 
コマンド デフォルト

スイッチは、イベント トリガーとしてデバイス タイプを使用します。スイッチがデバイス タイプを決定できない場合は、MAC アドレス グループ、MAB メッセージ、802.1x 認証メッセージ、および LLDP メッセージをランダムな順序で使用します。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(55)SE

このコマンドが Catalyst 3750-X、3750-E、3750、3560-X、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

イベント トリガーを設定しなかった場合、スイッチはイベント トリガーとしてデバイス タイプを使用します。スイッチがデバイス タイプを決定できない場合は、MAC アドレス グループ、MAB メッセージ、802.1x 認証メッセージ、および LLDP メッセージをランダムな順序で使用します。

マクロがインターフェイスに適用されていることを確認するには、 show macro auto interface ユーザ EXEC コマンドを使用します。

イベント トリガーとして LLDP メッセージおよび MAC アドレス グループを設定する方法

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet 5/0/2
Switch(config-if)# macro auto control detection lldp mac-address
Switch(config-if)# exit
Switch(config)# end
 

イベント トリガーとしてアクセス ポイント、ビデオ サーベイランス カメラ、デジタル メディア プレーヤーを設定する方法

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet 5/0/1
Switch(config-if)# macro auto control device access-point ip-camera media-player
Switch(config-if)# exit
Switch(config)# end
 

スイッチは、アクセス ポイント、ビデオ サーベイランス カメラ、またはデジタル メディア プレーヤーを検出した場合のみ組み込みマクロを適用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値をスイッチ固有の値に置換するには、 macro auto device グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。パラメータ値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto device { access-point | ip-camera | lightweight-ap | media-player | phone | router | switch } [ parameter = value ]

no macro auto device {access-point | ip-camera | lightweight-ap | media-player | phone | router | switch} [parameter=value]

 
構文の説明

access-point

アクセス ポイントのデフォルト パラメータ値 NATIVE_VLAN=1 を置換します。

ip-camera

IP ビデオ サーベイランス カメラのデフォルト パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 を置換します。

lightweight-ap

Lightweight アクセス ポイントのデフォルト パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 を置換します。

media-player

デジタル メディア プレーヤーのデフォルト パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 を置換します。

phone

IP 電話のデフォルト パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2 を置換します。

router

ルータのデフォルト パラメータ値 NATIVE_VLAN=1 を置換します。

switch

スイッチのデフォルト パラメータ値 NATIVE_VLAN=1 を置換します。

parameter = value

(任意)マクロの各デフォルト パラメータ値を置換します。それぞれの名前と値のペアをスペースで区切る形式で新しい値を入力します(例:[<name1>=<value1> <name2>=<value2>...])。

 
コマンド デフォルト

マクロのデフォルト パラメータ値はすでに定義されています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

マクロのデフォルト パラメータ値をスイッチ固有の値に置換するには、 macro auto device グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。パラメータ値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

マクロの内容を表示するには、 show macro device 特権 EXEC コマンドを使用します。指定したマクロ内のデフォルト パラメータ値を置き換えるには、 parameter = value キーワードを使用します。

デフォルト パラメータ値を指定するのに、 macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドも使用できます。このコマンドでは、イベント トリガーと組み込みマクロまたはユーザ定義マクロも指定する必要があります。 macro auto device コマンドと macro auto execute コマンドの両方をイネーブルにした場合は、最後に実行したコマンドで指定したパラメータがスイッチに適用されます。スイッチ上でアクティブにできるコマンドは片方だけです。

マクロがインターフェイスに適用されていることを確認するには、 show macro auto interface ユーザ EXEC コマンドを使用します。

次の例では、IP 電話のマクロ パラメータ値を表示し、IP 電話マクロをイネーブルにし、デフォルト音声を VLAN から 20 に変更する方法を示します。

Switch# show macro auto device phone
Device:phone
Default Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN VOICE_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2
 
Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# macro auto device phone VOICE_VLAN=20
Switch(config)# end
Switch# show macro auto device phone
Device:phone
Default Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN VOICE_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2
Current Parameters:VOICE_VLAN=20
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto execute

組み込みマクロのデフォルト値を置換し、イベント トリガーから組み込みマクロまたはユーザ定義マクロへのマッピングを設定するには、 macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

macro auto execute event trigger {[ builtin built-in macro name ] | [ remote url ]} [ parameter = value ] [ {function contents} ]

no macro auto execute event trigger {[ builtin built-in macro name ] | [ remote url ]} [ parameter = value ] [ {function contents} ]

 
構文の説明

event trigger

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを定義します。

event trigger に次の値を指定します。

CISCO_CUSTOM_EVENT

CISCO_DMP_EVENT

CISCO_IPVSC_EVENT

CISCO_LAST_RESORT_EVENT

CISCO_PHONE_EVENT

CISCO_ROUTER_EVENT

CISCO_SWITCH_EVENT

CISCO_WIRELESS_AP_EVENT

CISCO_WIRELESS_LIGHTWEIGHT_AP_EVENT

WORD :MAC アドレス グループなどのユーザ定義イベント トリガーを適用します。

builtin built-in macro name

(任意) builtin built-in macro name に次の値を指定します。

CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 NATIVE_VLAN=1 を指定します。

CISCO_DMP_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 を指定します。

CISCO_IPVSC_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 を指定します。

CISCO_LWAP_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 を指定します。

CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 ACCESS_VLAN=1 および VOICE_VLAN=2 を指定します。

CISCO_ROUTER_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 NATIVE_VLAN=1 を指定します。

CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT
パラメータ値 NATIVE_VLAN=1 を指定します。

parameter = value

(任意) parameter = value bultin-macro name に示されたパラメータ値のデフォルト(例:ACCESS_VLAN=1)を置き換えます。それぞれの名前と値のペアをスペースで区切る形式で新しい値を入力します(例:[<name1>=<value1> <name2>=<value2>...])。

{function contents}

(任意){ function contents } で、トリガーに関連付けるユーザ定義マクロを指定します。マクロの内容は、波カッコで囲んで入力します。左波カッコで Cisco IOS シェル コマンドを開始し、右波カッコでコマンドのグループ化を終了します。

remote url

(任意)リモート サーバの場所を次のように指定します。

スタンドアロン スイッチ上またはスタック マスター上のローカル フラッシュ ファイル システムの構文: flash:

スタック メンバ上のローカル フラッシュ ファイル システムの構文:
flash member number :

FTP の構文: ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]/ directory ] / filename

HTTP サーバの構文:
http:// [[ username : password ]@]{ hostname | host-ip }[/ directory ] / filename

セキュア HTTP サーバの構文:
https:// [[ username : password ]@]{ hostname | host-ip }[/ directory ] / filename

NVRAM の構文:
nvram:// [[ username : password ]@][/ directory ] / filename

リモート コピー プロトコル(RCP)の構文: rcp: [[ // username @ location ]/ directory ] / filename

セキュア コピー プロトコル(SCP)の構文:
scp: [[// username @ location ]/ directory ]/ filename

TFTP の構文:
tftp: [[ // location ]/ directory ] / filename

 
コマンド デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 スイッチに追加されました。 macro name グローバル コンフィギュレーション コマンドが置き換えられました。

12.2(52)SE

remote キーワードおよび url 引数が Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

組み込みマクロのデフォルト値を、スイッチに固有の値で置き換えるには、 macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングは、スイッチで自動的に実行されます。組み込みマクロはシステム定義のマクロであり、ソフトウェア イメージに含まれています。Cisco IOS シェルのスクリプト機能を使用してユーザ定義マクロを作成することもできます。

shell trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、新しいイベント トリガーを作成できます。ユーザ定義のトリガーおよびマクロの内容を表示するには、 show shell triggers 特権 EXEC コマンドを使用します。

Cisco Discovery Protocol(CDP)も Link Layer Discovery Protocol(LLDP)もサポートしていないデバイスのイベント トリガーを作成するには、 macro auto mac-address-group グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

リモート マクロ機能を使用して、指定ネットワーク スイッチにより使用される中央の場所にマクロを保存できます。これにより、複数のスイッチで使用するためにマクロ ファイルを保持し、更新することが可能になります。リモート サーバの場所およびマクロのパス情報を設定するには、 remote url を使用します。保存するマクロ ファイルのファイル名拡張子に特別な要件はありません。

Auto Smartports マクロおよびアンチマクロ(アンチマクロは、リンク ダウンが発生した場合に適用済のマクロによって削除される部分です)には、次の注意事項と制限事項があります。

組み込みマクロは削除または変更できます。ただし、ユーザ定義マクロを同じ名前で作成すると、組み込みマクロを無効にすることができます。元の組み込みマクロを復元するには、ユーザ定義マクロを削除します。

macro auto device および macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドの両方をイネーブルにした場合は、最後に実行したコマンドに指定されたパラメータがスイッチに適用されます。スイッチ上でアクティブにできるコマンドは片方だけです。

マクロを適用した場合のシステム競合を回避するには、802.1x 認証以外のポート認証をすべて削除します。

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにする場合は、ポート セキュリティは設定しないでください。

元の設定とマクロが競合した場合は、マクロが元のいくつかのコンフィギュレーション コマンドに適用されないか、またはアンチマクロでこれらのコマンドが削除されません (アンチマクロは適用済みのマクロの一部で、リンクダウン イベントのときにマクロを削除します)。

たとえば、802.1x 認証がイネーブルになっている場合は、switchport-mode access 設定を削除できません。この場合は、switchport-mode 設定を削除する前に 802.1x 認証を削除する必要があります。

Auto Smartports マクロを適用する場合は、ポートを EtherChannel のメンバにはできません。

組み込みマクロのデフォルトのデータ VLAN は VLAN 1 です。デフォルトの音声 VLAN は VLAN 2 です。スイッチが異なるアクセス、ネイティブ、または音声 VLAN を使用する場合は、 macro auto device または macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して値を設定します。

802.1x 認証または MAC 認証バイパス(MAB)では、他社製のデバイスを検出するために、RADIUS サーバがシスコの属性と値のペア auto-smart-port= event trigger をサポートするよう設定します。

スイッチが Auto Smartports マクロをサポートするのは、デバイスに直接接続されている場合だけです。ハブなどの複数のデバイス接続はサポートされていません。

ポート上で認証がイネーブルになっている場合は、スイッチは、認証が失敗した場合の MAC アドレス トリガーを無視します。

マクロ内と対応するアンチマクロ内では、CLI コマンドの順序が異なる場合があります。

次の例では、Cisco スイッチと Cisco IP Phone をスイッチへ接続するために、2 つの組み込みマクロを使用する方法を示します。次の例では、トランク インターフェイス用にデフォルトの音声 VLAN、アクセス VLAN、およびネイティブ VLAN を変更します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)#!!! the next command modifies the access and voice vlans
Switch(config)#!!! for the built in Cisco IP phone auto smartport macro
Switch(config)# macro auto execute CISCO_PHONE_EVENT builtin CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT ACCESS_VLAN=10 VOICE_VLAN=20
Switch(config)#
Switch(config)#!!! the next command modifies the Native vlan used for inter switch trunks
Switch(config)# macro auto execute CISCO_SWITCH_EVENT builtin CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT NATIVE_VLAN=10
Switch(config)#
Switch(config)#!!! the next command enables auto smart ports globally
Switch(config)# macro auto global processing
Switch(config)#
Switch(config)# exit
 
Switch# !!! here is the running configuration of the interface connected
Switch# !!! to another Cisco Switch after the Macro is applied
Switch#
Switch# show running-config interface gigabitethernet1/0/1
Building configuration...
 
Current configuration : 284 bytes
!
interface GigabitEthernet1/0/1
switchport trunk encapsulation dot1q
switchport trunk native vlan 10
switchport mode trunk
srr-queue bandwidth share 10 10 60 20
queue-set 2
priority-queue out
mls qos trust cos
auto qos voip trust
macro description CISCO_SWITCH_EVENT
end
 

次の例では、メディア プレーヤーと呼ばれるユーザ定義イベント トリガーを、ユーザ定義マクロにマッピングする方法を示します。

1. 802.1x または MAB に対応したスイッチ ポートにメディア プレーヤーを接続します。

2. RADIUS サーバ上で、属性と値のペアを auto-smart-port =DMP_EVENT に設定します。

3. スイッチ上で、イベント トリガー DMP_EVENT を作成し、ユーザ定義マクロ コマンドを入力します。

4. スイッチは、RADIUS サーバからの attribute-value pair=DMP_EVENT 応答を受け入れ、このイベント トリガーに関連付けられたマクロを適用します。

Switch(config)# shell trigger DMP_EVENT mediaplayer
Switch(config)# macro auto execute DMP_EVENT {
if [[ $LINKUP -eq YES ]]; then
conf t
interface $INTERFACE
macro description $TRIGGER
switchport access vlan 1
switchport mode access
switchport port-security
switchport port-security maximum 1
switchport port-security violation restrict
switchport port-security aging time 2
switchport port-security aging type inactivity
spanning-tree portfast
spanning-tree bpduguard enable
exit
fi
if [[ $LINKUP -eq NO ]]; then
conf t
interface $INTERFACE
no macro description $TRIGGER
no switchport access vlan 1
if [[ $AUTH_ENABLED -eq NO ]]; then
no switchport mode access
fi
no switchport port-security
no switchport port-security maximum 1
no switchport port-security violation restrict
no switchport port-security aging time 2
no switchport port-security aging type inactivity
no spanning-tree portfast
no spanning-tree bpduguard enable
exit
fi
 

 

表 3-1 サポートされている Cisco IOS シェルのキーワード

コマンド
説明

{

コマンドのグループ化を開始します。

}

コマンドのグループ化を終了します。

[[

条件構成体として使用します。

]]

条件構成体として使用します。

else

条件構成体として使用します。

-eq

条件構成体として使用します。

fi

条件構成体として使用します。

if

条件構成体として使用します。

then

条件構成体として使用します。

-z

条件構成体として使用します。

$

$ 文字で始まる変数は、パラメータ値で置換されます。

#

# 文字を使用して、コメント テキストを入力します。

 

表 3-2 サポートされていない Cisco IOS シェルの予約済キーワード

コマンド
説明

|

パイプライン

case

条件構成体

esac

条件構成体

for

ループ構成体

function

シェル関数

in

条件構成体

select

条件構成体

time

パイプライン

until

ループ構成体

while

ループ構成体

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto global control

デバイス タイプに基づいて Auto Smartports マクロをスイッチが適用するタイミングを指定、またはトリガーするには(イベント トリガー コントロール)、 macro auto global control グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。トリガーとマクロのマッピングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto global control { device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ mac-address ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ] | trigger [ last-resort ]}

no macro auto global control { device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ mac-address ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ] | trigger [ last-resort ]}

 
構文の説明

device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ mac-address ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ]

device :次の 1 つ以上のデバイスを、イベント トリガーとして設定します。

(任意) access-point :Autonomous アクセス ポイント

(任意) ip-camera :Cisco IP ビデオ サーベイランス カメラ

(任意) lightweight-ap :Lightweight アクセス ポイント

(任意) mac-address :ユーザ定義の MAC アドレス グループ

(任意) media-player :デジタル メディア プレーヤー

(任意) phone :Cisco IP Phone

(任意) router :Cisco ルータ

(任意) switch :Cisco スイッチ

trigger [ last-resort ]

trigger :特定のイベント トリガーを設定します。

(任意) last-resort :ラストリゾート トリガー

 
コマンド デフォルト

スイッチは、イベント トリガーとしてデバイス タイプを使用します。スイッチがデバイス タイプを決定できない場合は、MAC アドレス グループ、MAB メッセージ、802.1x 認証メッセージ、および LLDP メッセージをランダムな順序で使用します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(55)SE

このコマンドが Catalyst 3750-X、3750-E、3750、3560-X、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

イベント トリガーを設定しなかった場合、スイッチはイベント トリガーとしてデバイス タイプを使用します。スイッチがデバイス タイプを決定できない場合は、MAC アドレス グループ、MAB メッセージ、802.1x 認証メッセージ、および LLDP メッセージをランダムな順序で使用します。

マクロがインターフェイスに適用されていることを確認するには、 show macro auto global ユーザ EXEC コマンドを使用します。

CDP メッセージ、LLDP メッセージ、および MAC アドレス グループをイベント トリガーとして設定する方法

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# macro auto global control detection cdp lldp mac-address
Switch(config)# end
 

Autonomous アクセス ポイント、Lightweight アクセス ポイント、および IP Phone を設定する方法

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# macro auto global control device access-point lightweight-ap phone
Switch(config)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto global processing

スイッチで Auto Smartports マクロをイネーブルにするには、 macro auto global processing グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。マクロをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto global processing

no macro auto global processing

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

Auto Smartports がディセーブルになっています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドは、Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 の各スイッチで導入されました。

12.2(52)SE

このコマンドは、Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 の各スイッチで macro auto global processing [ cdp-fallback ] から macro auto global processing [ fallback cdp ] に変更されました。

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチに追加されました。

12.2(58)SE

fallback cdp キーワードがサポートされなくなりました。

 
使用上のガイドライン

スイッチ 上でマクロをグローバルにイネーブルにするには、 macro auto global processing グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。特定の ポート 上でマクロをディセーブルにするには、 no macro auto processing コマンドをインターフェイス モードで使用します。

802.1x または MAB 認証を使用している場合は、シスコの属性と値のペア auto-smart-port= event trigger をサポートするように RADIUS サーバを設定する必要があります。認証が失敗した場合は、マクロは適用されません。802.1x または MAB 認証がインターフェイスで失敗すると、スイッチはフォールバック CDP イベント トリガーを使用しません。

CDP で識別されるデバイスが複数の機能をアドバタイズする場合、スイッチは、最初にスイッチ、次にルータという順序で機能を選択します。

マクロがインターフェイスに適用されていることを確認するには、 show macro auto interface 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、Auto Smartports をスイッチ上でイネーブルにし、特定のインターフェイス上でディセーブルにする方法を示します。

Switch(config)# macro auto global processing
Switch(config)# interface interface_id
Switch(config-if)# no macro auto processing
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto mac-address-group

Cisco Discovery Protocol(CDP)または Link Layer Discover Protocol(LLDP)をサポートしていないデバイスのイベント トリガーを作成するには、 macro auto mac-address-group グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。グループを削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto mac-address-group name [ mac-address list list ] | [ oui [ list list | range start-value size number ]]

no macro auto mac-address-group name [ mac-address list list ] | [ oui [ list list | range start-value size number ]]

 
構文の説明

name

グループ名を指定します。

oui

(任意)Operationally Unique Identifier(OUI)のリストまたは範囲を指定します。

list:OUI リストを、スペースで区切った 16 進形式で入力します。

range:OUI の開始値を 16 進数で入力します( start-value )。

size :連続したアドレス リストを作成するための range の長さ( number )を 1 ~ 5 で入力します。

mac-address list list

(任意)スペースで区切った MAC アドレスのリストを設定します。

 
コマンド デフォルト

グループは定義されていません。

 
コマンド モード

グループ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

CDP または LLDP をサポートしていないデバイスのイベント トリガーを作成するには、 macro auto mac-address-group グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、組み込みマクロまたはユーザ定義マクロをマッピングするには、MAC アドレス グループをトリガーとして使用します。リンク アップ時に、スイッチがデバイス タイプを検出し、指定されたマクロを適用します。

このスイッチは、最大 10 の MAC アドレス グループをサポートします。各グループは、最大 32 個の OUI と 32 個の MAC 設定済みアドレスを持つことができます。

次の例では、address_trigger という MAC アドレス グループ イベント トリガーを作成する方法、およびエントリを確認する方法を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# macro auto address-group mac address_trigger
Switch(config-addr-grp-mac)# mac-address list 2222.3333.3334 22.33.44 a.b.c
Switch(config-addr-grp-mac)# oui list 455555 233244
Switch(config-addr-grp-mac)# oui range 333333 size 2
Switch(config-addr-grp-mac)# exit
Switch(config)# end
Switch# show running configuration
!
!macro auto mac-address-group address_trigger
oui list 333334
oui list 333333
oui list 233244
oui list 455555
mac-address list 000A.000B.000C
mac-address list 0022.0033.0044
mac-address list 2222.3333.3334
!
 
<output truncated>
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto monitor

デバイス分類子をイネーブルにするには、 macro auto monitor グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デバイス分類子をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto monitor

no macro auto monitor

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

デバイス分類子はイネーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

15.0(1)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750-X、3750、3560-E、3560-X、3560、2960、2960-S、2360 の各スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバイス分類子をディセーブルにするには、 no macro auto monitor グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。ASP などの機能が使用中のデバイス分類子はディセーブルにできません。

次に、スイッチの ASP デバイス分類子をイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# macro auto monitor
Switch(config)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show macro auto monitor clients

スイッチのデバイス分類子機能を使用しているクライアントを表示します。

show macro auto monitor device

スイッチに接続されているデバイスとそのプロパティおよび分類を表示します。

show macro auto monitor type

デバイス分類エージェントが認識しているすべてのデバイス タイプを表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto processing

インターフェイスで Auto Smartports マクロをイネーブルにするには、 macro auto processing インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。マクロをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto processing

no macro auto processing

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

Auto Smartports がディセーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドは、Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 の各スイッチで導入されました。

12.2(52)SE

このコマンドは、Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 の各スイッチで macro auto global processing [ cdp-fallback ] から macro auto processing [ fallback cdp ] に変更されました。

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチに追加されました。

12.2(58)SE

fallback cdp キーワードがサポートされなくなりました。

 
使用上のガイドライン

特定のインターフェイスでマクロをイネーブルにするには、 macro auto processing インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。特定のインターフェイスのマクロをディセーブルにするには、 no macro auto processing インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

Auto Smartports マクロを適用する場合は、ポートを EtherChannel のメンバにはできません。EtherChannel を使用する際、 no macro auto processing インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、EtherChannel インターフェイスの Auto Smartports をディセーブルにします。EtherChannel インターフェイスが設定をメンバ インターフェイスに適用します。

マクロがインターフェイスに適用されていることを確認するには、 show macro auto interface 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、スイッチで Auto Smartports をイネーブルにする方法、および特定のインターフェイスでこの機能をディセーブルにする方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet 0/1
Switch(config-if)# no macro auto processing
Switch(config-if)# exit
Switch(config)# macro auto global processing
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto sticky

リンクダウン イベント後でもマクロがアクティブのまま( マクロの永続性 )になるように設定するには、 macro auto sticky グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。マクロの永続性をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto sticky

no macro auto sticky

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

マクロの永続性はディセーブルになっています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

リンクダウン イベント後 もマクロがアクティブになるよう、 macro auto sticky グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、インターフェイス上でマクロの永続性をイネーブルにする方法を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet 2/0/1
Switch(config-if)# macro auto port sticky
Switch(config-if)# exit
Switch(config)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro auto trigger

マクロ トリガー コンフィギュレーション モードを開始し、組み込みトリガーのないデバイスのトリガーを定義し、そのトリガーとデバイスまたはプロファイルを関連付けるには、 macro auto trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。ユーザ定義トリガーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro auto trigger trigger_name [ device | exit | no | profile ]

no macro auto trigger trigger_name [ device | exit | no | profile ]

 
構文の説明

trigger_name

デバイス タイプまたはプロファイル名に関連付けるトリガーを指定します。

device

名前付きトリガーにマッピングするデバイス名を指定します。

exit

デバイス グループ コンフィギュレーション モードを終了します。

no

設定されているデバイスをすべて削除します。

profile

名前付きトリガーにマッピングするプロファイル名を指定します。

 
コマンド デフォルト

ユーザ定義トリガーは設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

15.0(1)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750-X、3750、3560-E、3560-X、3560、2960、2960-S、2360、2918 の各スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

デバイスが Device Classifier によって分類されているにもかかわらず、組み込みトリガーが定義されていない場合は、 macro auto trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用し、デバイス名またはプロファイル名に基づいてトリガーを定義します。このコマンドを入力すると、スイッチはマクロ トリガー コンフィギュレーション モードになり、 device exit no profile の各キーワードが表示されます。このモードで、トリガーにマッピングするデバイス名またはプロファイル名を指定できます。デバイス名とプロファイル名の両方にトリガーをマッピングする必要はありません。両方の名前にトリガーをマッピングすると、マクロ アプリケーションで、トリガーとプロファイル名のマッピングが優先されます。

ユーザ定義マクロを設定するときは、このコマンドを使用してトリガーを設定してください。カスタム マクロの設定ではトリガー名は必須です。

Cisco IOS Release 15.0(1) SE では、 profile_name device_name の完全な文字列一致だけがサポートされます。デバイスのプロファイルを作成したら、デバイスグループ データベースに、この文字列をそのまま追加する必要があります。

次に、組み込みトリガーのないメディア プレーヤーとともに使用するために、mediaplayer-DMP というプロファイルに対するユーザ定義トリガーを設定する方法を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# macro auto trigger DMP
Switch(config-macro-trigger)# profile mediaplayer-DMP
Switch(config-macro-trigger)# exit
Switch(config)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show macro auto monitor device

スイッチに接続されているデバイスとそのプロパティおよび分類を表示します。

show macro auto monitor type

デバイス分類エージェントが認識しているすべてのデバイス タイプを表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

macro description

どのマクロがインターフェイスに適用されているかの説明を入力するには、 macro description インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。説明を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。このコマンドは Auto Smartports の稼働に必須です。

macro description text

no macro description text

 
構文の説明

description text

指定したインターフェイスに適用されたマクロについての説明を入力します。

 
コマンド デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(19)EA1

このコマンドが Catalyst 3750 および 3560 スイッチに追加されました。

12.2(25)FX

このコマンドが Catalyst 2960 スイッチに追加されました。

12.2(44)SE

このコマンドが Catalyst 2918 スイッチに追加されました。

12.2(46)EX

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(35)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスにコメント テキストまたはマクロ名を関連付けるには、 description キーワードを使用します。単一インターフェイスに複数のマクロを適用する場合、説明テキストは最後に適用したマクロのものになります。

設定を確認するには、 show parser macro description 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、インターフェイスに説明を追加する方法を示します。

Switch(config-if)# macro description duplex settings

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro apply

インターフェイスにマクロを適用します。

macro global

スイッチ上にマクロを適用するか、スイッチ上にマクロを適用して追跡します。

macro global description

スイッチに適用されたマクロについての説明を追加します。

macro trace

インターフェイスにマクロを適用し、トレースします。

show parser macro

すべてのマクロまたは指定したマクロのマクロ定義を表示します。

macro global

スイッチへのマクロの適用、またはスイッチでのマクロの適用とデバッグを実行するには、 macro global グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

macro global { apply | trace } macro-name [ parameter { value }] [ parameter { value }]
[ parameter { value }]

 
構文の説明

apply

スイッチにマクロを適用します。

trace

スイッチにマクロを適用してマクロをデバッグします。

macro - name

マクロ名を指定します。

parameter value

(任意)そのスイッチに限定された一意のパラメータ値を指定します。最高 3 つのキーワードと値の組み合わせを入力できます。パラメータ キーワードの照合では、大文字と小文字が区別されます。キーワードで一致が見られると、すべて対応する値に置き換えられます。

 
コマンド デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(20)SE

このコマンドが Catalyst 3750 および 3560 スイッチに追加されました。

12.2(25)FX

このコマンドが Catalyst 2960 スイッチに追加されました。

12.2(44)SE

このコマンドが Catalyst 2918 スイッチに追加されました。

12.2(46)EX

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(35)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスにマクロを適用するには、 macro global apply macro-name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

マクロを適用し、マクロをデバッグして構文エラーまたは設定エラーを判別するには、 macro global trace macro-name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

マクロを適用したとき、構文エラーまたは設定エラーのためにコマンドが失敗した場合、マクロは引き続き残りのコマンドをスイッチに適用します。

一意の値の割り当てを必要とするマクロを作成する場合、 parameter value キーワードを使用して、そのスイッチに固有の値を指定します。

キーワードの照合では、大文字と小文字が区別されます。キーワードで一致が見られると、すべて対応する値に置き換えられます。キーワードが完全に一致すると、それが長い文字列の一部であったとしても一致と見なされて、対応する値に置き換えられます。

一部のマクロには、パラメータ値が必要なキーワードが含まれます。 macro global apply macro-name ? コマンドを使用すると、マクロで必要な値を一覧表示できます。キーワード値を入力せずにマクロを適用した場合、コマンドは無効となり、マクロは適用されません。

スイッチ ソフトウェアには、シスコ デフォルト Smartports マクロが埋め込まれています。これらのマクロやコマンドは、 show parser macro ユーザ EXEC コマンドを使用して表示できます。

スイッチにシスコ デフォルト Smartports マクロを適用するときは、次の注意事項に従ってください。

show parser macro ユーザ EXEC コマンドを使用して、スイッチ上のすべてのマクロを表示します。特定のマクロの内容を表示するには、 show parser macro name macro-name ユーザ EXEC コマンドを使用します。

$ で始まるキーワードには、一意のパラメータ値が必要です。 parameter value キーワードを使用して、必要な値をシスコ デフォルト マクロに追加します。

シスコ デフォルト マクロは $ という文字を使用しているので、必須キーワードを識別するのに役立ちます。マクロを作成する場合、 $ という文字を使用したキーワードの定義には制限がありません。

マクロをスイッチに適用する場合、マクロ名が自動的にスイッチに追加されます。 show running-config ユーザ EXEC コマンドを使用すると、適用されたコマンドおよびマクロ名を表示できます。

マクロ内の各コマンドの no バージョンを入力したときにだけ、スイッチで適用されたグローバル マクロ設定を削除できます。

macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しいマクロを作成した後で、そのマクロをスイッチに適用できます。次の例では、 snmp マクロを表示する方法、およびそのマクロを適用してホスト名をテスト サーバに設定し、IP precedence 値を 7 に設定する方法を示します。

Switch# show parser macro name snmp
Macro name : snmp
Macro type : customizable
 
#enable port security, linkup, and linkdown traps
snmp-server enable traps port-security
snmp-server enable traps linkup
snmp-server enable traps linkdown
#set snmp-server host
snmp-server host ADDRESS
#set SNMP trap notifications precedence
snmp-server ip precedence VALUE
 
--------------------------------------------------
Switch(config)# macro global apply snmp ADDRESS test-server VALUE 7
 

マクロをデバッグするには、 macro global trace グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、マクロをスイッチに適用したときのマクロの構文または設定エラーを判別できます。この例では、 ADDRESS パラメータ値が入力されていません。 snmp-server host コマンドが失敗しており、マクロの残りの部分がスイッチに適用されています。

Switch(config)# macro global trace snmp VALUE 7
Applying command...‘snmp-server enable traps port-security’
Applying command...‘snmp-server enable traps linkup’
Applying command...‘snmp-server enable traps linkdown’
Applying command...‘snmp-server host’
%Error Unknown error.
Applying command...‘snmp-server ip precedence 7’

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro apply

インターフェイスにマクロを適用します。

macro description

インターフェイスに適用されたマクロについての説明を追加します。

macro global description

スイッチに適用されたマクロについての説明を追加します。

macro trace

インターフェイスにマクロを適用し、トレースします。

show parser macro

すべてのマクロまたは指定したマクロのマクロ定義を表示します。

macro global description

スイッチに適用されているマクロについての説明を入力するには、 macro global description グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。説明を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

macro global description text

no macro global description text

 
構文の説明

description text

スイッチに適用されたマクロについての説明を入力します。

 
コマンド デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(20)SE

このコマンドが Catalyst 3750 および 3560 スイッチに追加されました。

12.2(25)FX

このコマンドが Catalyst 2960 スイッチに追加されました。

12.2(44)SE

このコマンドが Catalyst 2918 スイッチに追加されました。

12.2(46)EX

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(35)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチにコメント テキストまたはマクロ名を関連付けるには、 description キーワードを使用します。複数のマクロがスイッチに適用されている場合、説明テキストは最後に適用されたマクロの説明になります。

設定を確認するには、 show parser macro description 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、スイッチに説明を追加する方法を示します。

Switch(config)# macro global description udld aggressive mode enabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro apply

インターフェイスにマクロを適用します。

macro description

インターフェイスに適用されたマクロについての説明を追加します。

macro global

スイッチ上にマクロを適用するか、スイッチ上にマクロを適用して追跡します。

macro trace

インターフェイスにマクロを適用し、デバッグします。

show parser macro

すべてのマクロまたは指定したマクロのマクロ定義を表示します。

shell trigger

イベント トリガーを作成するには、 shell trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。イベント トリガーを削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

shell trigger identifier description

no shell trigger identifier description

 
構文の説明

identifier

イベント トリガー ID を指定します。 この ID を指定する場合は、文字間にスペースやハイフンを入れないでください。

description

イベント トリガーの説明文を指定します。

 
コマンド デフォルト

システム定義のイベント トリガー

CISCO_DMP_EVENT

CISCO_IPVSC_AUTO_EVENT

CISCO_PHONE_EVENT

CISCO_SWITCH_EVENT

CISCO_ROUTER_EVENT

CISCO_WIRELESS_AP_EVENT

CISCO_WIRELESS_LIGHTWEIGHT_AP_EVENT

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドは、Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、および 2960 スイッチで導入されました。

12.2(52)SE

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

macro auto device および macro auto execute グローバル コンフィギュレーション コマンドで使用するためのユーザ定義イベント トリガーを作成するには、このコマンドを使用します。

IEEE 802.1x 認証を使用している場合にダイナミック デバイス検出に対応できるようにするには、シスコの属性と値ペア auto-smart-port= event trigger をサポートするように RADIUS 認証サーバを設定します。

次の例では、RADIUS_MAB_EVENT というユーザ定義のイベント トリガーを作成する方法を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# shell trigger RADIUS_MAB_EVENT MAC_AuthBypass Event
Switch(config)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

show macro auto

Auto Smartports マクロの情報を表示するには、 show macro auto ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show macro auto { address-group [ address-group-name ] | device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ] | global [ event_trigger ] | interface [ interface_id ]}

 
構文の説明

address-group [ address-group-name ]

アドレスグループ情報を表示します。

(任意) address-group-name :指定されたアドレス グループの情報を表示します。

device [ access-point ] [ ip-camera ] [ lightweight-ap ] [ media-player ] [ phone ] [ router ] [ switch ]

1 つ以上のデバイスの情報を表示します。

(任意) access-point :Autonomous アクセス ポイント

(任意) ip-camera :Cisco IP ビデオ サーベイランス カメラ

(任意) lightweight-ap :Lightweight アクセス ポイント

(任意) media-player :デジタル メディア プレーヤー

(任意) phone :Cisco IP Phone

(任意) router :Cisco ルータ

(任意) switch :Cisco スイッチ

global [ event_trigger ]

スイッチの Auto Smartports 情報を表示します。

(任意) event_trigger :指定したイベント トリガーの情報を表示します。

interface [ interface_id ]

インターフェイスのステータスを表示します。

(任意) interface_id :指定したインターフェイスの情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

12.2(55)SE

global キーワードが Catalyst 3750-X、3750-E、3750、3560-X、3560-E、3560、2975、2960、および 2918 スイッチに追加されました。 address-group device event manager 、および interface キーワードは任意ではありません。

 
使用上のガイドライン

スイッチの Auto Smartports 情報を表示するには、このコマンドを使用します。デバイスの設定可能パラメータを表示するには、 show macro auto device 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、 show macro auto device 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチの設定を表示する方法を示します。

Switch# show macro auto device
Device:lightweight-ap
Default Macro:CISCO_LWAP_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_LWAP_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1
 
Device:access-point
Default Macro:CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:NATIVE_VLAN
Defaults Parameters:NATIVE_VLAN=1
Current Parameters:NATIVE_VLAN=1
 
Device:phone
Default Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN VOICE_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2
 
Device:router
Default Macro:CISCO_ROUTER_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_ROUTER_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:NATIVE_VLAN
Defaults Parameters:NATIVE_VLAN=1
Current Parameters:NATIVE_VLAN=1
 
Device:switch
Default Macro:CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:NATIVE_VLAN
Defaults Parameters:NATIVE_VLAN=1
Current Parameters:NATIVE_VLAN=1
 
Device:ip-camera
Default Macro:CISCO_IP_CAMERA_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_IP_CAMERA_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1
 
Device:media-player
Default Macro:CISCO_DMP_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_DMP_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1
 

次の例では、 show macro auto address-group name 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチの TEST3 アドレス グループ設定を表示する方法を示します。

Switch# show macro auto address-group TEST3
MAC Address Group Configuration:
 
Group Name OUI MAC ADDRESS
--------------------------------------------------------------
TEST3 2233.33 0022.0022.0022
2233.34
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

show macro auto monitor clients

スイッチのデバイス分類子機能を使用しているクライアントを表示するには、 show macro auto monitor clients ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show macro auto monitor clients

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

15.0(1)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750-X、3750、3560-E、3560-X、3560、2960、2960-S、2360 の各スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバイス分類子(DC)は、この機能を使用するクライアント アプリケーション(Auto Smartports など)をイネーブルにすると、デフォルトでイネーブルになります。スイッチの DC 機能を使用しているクライアントを表示するには、 show macro auto monitor clients コマンドを使用します。

いずれかのクライアントが DC を使用中の間は、 no macro auto monitor コマンドを使用して DC をディセーブルにすることはできません。クライアントが使用中の DC をディセーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

次に、 show macro auto monitor clients 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチの DC を使用中のクライアントを表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor clients
Client Name
====================
Auto Smart Ports
 

次に、クライアントが使用中の DC をディセーブルにしようとしたときに表示されるエラー メッセージを示します。

Switch(config)# no macro auto monitor
These subsystems should be disabled before disabling Device classifier
Auto Smart Ports
 
% Error - device classifier is not disabled
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto monitor type

デバイス分類子で認識されているすべてのデバイス タイプを表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

show macro auto monitor device

スイッチに接続されているデバイスとそのプロパティを表示するには、 show macro auto monitor device ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show macro auto monitor device [ detail | filter string | interface interface_id | mac-address mac_address ]

 
構文の説明

detail

詳細なデバイス分類子情報を表示します。

filter string

フィルタに一致するデバイスの情報を表示します。

interface interface_id

特定のインターフェイスに接続されたデバイスに関する情報を表示します。

mac mac_address

指定したエンド ポイントのデバイス情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

15.0(1)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750-X、3750、3560-E、3560-X、3560、2960、2960-S、2360 の各スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、スイッチに接続されているデバイスを表示します。デバイスの設定可能パラメータを表示するには、 show macro auto device 特権 EXEC コマンドを使用します。

次に、オプションのキーワードを指定せずに show macro auto monitor device 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチに接続されたデバイスを表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor device
MAC_Address Port_Id Profile Name
============== ======= ============================
000a.b8c6.1e07 Gi1/0/2 Cisco-Device
001f.9e90.1250 Gi1/0/4 Cisco-AP-Aironet-1130
======================================================
 

次に、オプションの mac-address キーワードを指定して show macro auto monitor device 特権 EXEC コマンドを使用して、指定した MAC アドレスの接続デバイスに関するサマリー情報を表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor device mac-address 001f.9e90.1250
MAC_Address Port_Id Profile Name
============== ======= ============================
001f.9e90.1250 Gi1/0/4 Cisco-AP-Aironet-1130
==========================================================
 

次に、オプションの mac-address detail キーワードを指定して show macro auto monitor device 特権 EXEC コマンドを使用し、指定した MAC アドレスの接続デバイスに関する詳細情報を表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor device mac-address 001f.9e90.1250 detail
MAC_Address Port_Id Certainty Parent ProfileType Profile Name Device_Name
============== ======= ========= ====== =========== ============================ ===========
001f.9e90.1250 Gi1/0/4 40 2 Built-in Cisco-AP-Aironet-1130 cisco AIR-LAP1131AG-E-K9
=================================================================================================
 

次に、オプションの interface キーワードを指定して show macro auto monitor device 特権 EXEC コマンドを使用し、指定したインターフェイスに接続されたデバイスに関するサマリー情報を表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor device interface gi 1/0/2
MAC_Address Port_Id Profile Name
============== ======= ============================
000a.b8c6.1e07 Gi1/0/2 Cisco-Device
=====================================================
 

次に、オプションの interface detail キーワードを指定して show macro auto monitor device 特権 EXEC コマンドを使用して、指定したインターフェイスに接続されたデバイスに関する詳細情報を表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor device interface gi 1/0/2 detail
MAC_Address Port_Id Certainty Parent ProfileType Profile Name Device_Name
============== ======= ========= ====== =========== ============================ ===========
000a.b8c6.1e07 Gi1/0/2 10 0 Default Cisco-Device cisco WS-C2960-48TT-L
=================================================================================================
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto monitor type

デバイス分類子で認識されているすべてのデバイス タイプを表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

show macro auto monitor type

デバイス分類子によって認識されているデバイス タイプをすべて表示するには、 show macro auto monitor type ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show macro auto monitor type [ table [ built-in | default ] | string filter_string ]

 
構文の説明

table

デバイス分類子を表形式で表示します。

built-in

組み込みデバイス テーブルのデバイス分類子情報を表示します。

default

デフォルトのデバイス テーブルのデバイス分類子情報を表示します。

filter string

フィルタに一致するデバイスの情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

15.0(1)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750-X、3750、3560-E、3560-X、3560、2960、2960-S、2360 の各スイッチに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、デバイス分類子エンジンで認識されているすべてのデバイス タイプを表示します。表示されるデバイス タイプの数は、スイッチに保存されているプロファイルの数です。プロファイル数が非常に多いことがあるため、 filter キーワードを使用してコマンド出力を制限します。

次に、オプションのキーワードを何も指定せずに show macro auto monitor type 特権 EXEC コマンドを使用して、デバイス分類子によって認識されているデバイスを表示する例を示します。

Switch# show macro auto monitor type table
Valid Type Profile Name min Conf ID
=========== ========= ================== ======== ====
Valid Default Apple-Device 10 0
Valid Default Aruba-Device 10 1
Valid Default Avaya-Device 10 2
Valid Default Avaya-IP-Phone 20 3
Valid Default BlackBerry 20 4
Valid Default Cisco-Device 10 5
Valid Default Cisco-IP-Phone 20 6
Valid Default Cisco-IP-Phone-7902 70 7
Valid Default Cisco-IP-Phone-7905 70 8
Valid Default Cisco-IP-Phone-7906 70 9
Valid Default Cisco-IP-Phone-7910 70 10
Valid Default Cisco-IP-Phone-7911 70 11
Valid Default Cisco-IP-Phone-7912 70 12
Valid Default Cisco-IP-Phone-7940 70 13
Valid Default Cisco-IP-Phone-7941 70 14
Valid Default Cisco-IP-Phone-7942 70 15
Valid Default Cisco-IP-Phone-7945 70 16
Valid Default Cisco-IP-Phone-7945G 70 17
Valid Default Cisco-IP-Phone-7960 70 18
Valid Default Cisco-IP-Phone-7961 70 19
Valid Default Cisco-IP-Phone-7962 70 20
Valid Default Cisco-IP-Phone-7965 70 21
Valid Default Cisco-IP-Phone-7970 70 22
Valid Default Cisco-IP-Phone-7971 70 23
Valid Default Cisco-IP-Phone-7975 70 24
Valid Default Cisco-IP-Phone-7985 70 25
Valid Default Cisco-IP-Phone-9971 70 26
Valid Default Cisco-WLC-2100-Series 40 27
Valid Default DLink-Device 10 28
Valid Default Enterasys-Device 10 29
Valid Default HP-Device 10 30
Valid Default HP-JetDirect-Printer 30 31
Valid Default Lexmark-Device 10 32
Valid Default Lexmark-Printer-E260dn 30 33
Valid Default Microsoft-Device 10 34
Valid Default Netgear-Device 10 35
Valid Default NintendoWII 10 36
Valid Default Nortel-Device 10 37
Valid Default Nortel-IP-Phone-2000-Series 20 38
Valid Default SonyPS3 10 39
Valid Default XBOX360 20 40
Valid Default Xerox-Device 10 41
Valid Default Xerox-Printer-Phaser3250 30 42
Valid Default Aruba-AP 20 43
Valid Default Cisco-Access-Point 10 44
Valid Default Cisco-IP-Conference-Station-7935 70 45
Valid Default Cisco-IP-Conference-Station-7936 70 46
Valid Default Cisco-IP-Conference-Station-7937 70 47
Valid Default DLink-DAP-1522 20 48
Valid Default Cisco-AP-Aironet-1130 30 49
Valid Default Cisco-AP-Aironet-1240 30 50
Valid Default Cisco-AP-Aironet-1250 30 51
Valid Default Cisco-AIR-LAP 25 52
Valid Default Cisco-AIR-LAP-1130 30 53
Valid Default Cisco-AIR-LAP-1240 50 54
Valid Default Cisco-AIR-LAP-1250 50 55
Valid Default Cisco-AIR-AP 25 56
Valid Default Cisco-AIR-AP-1130 30 57
Valid Default Cisco-AIR-AP-1240 50 58
Valid Default Cisco-AIR-AP-1250 50 59
Invalid Default Sun-Workstation 10 60
Valid Default Linksys-Device 20 61
Valid Default LinksysWAP54G-Device 30 62
Valid Default HTC-Device 10 63
Valid Default MotorolaMobile-Device 10 64
Valid Default VMWare-Device 10 65
Valid Default ISE-Appliance 10 66
Valid Built-in Cisco-Device 10 0
Valid Built-in Cisco-Router 10 1
Valid Built-in Router 10 2
Valid Built-in Cisco-IP-Camera 10 3
Valid Built-in Cisco-IP-Camera-2xxx 30 4
Valid Built-in Cisco-IP-Camera-2421 50 5
Valid Built-in Cisco-IP-Camera-2500 50 6
Valid Built-in Cisco-IP-Camera-2520 50 7
Valid Built-in Cisco-IP-Camera-2530 50 8
Valid Built-in Cisco-IP-Camera-4xxx 50 9
Valid Built-in Cisco-Transparent-Bridge 8 10
Valid Built-in Transparent-Bridge 8 11
Valid Built-in Cisco-Source-Bridge 10 12
Valid Built-in Cisco-Switch 10 13
Valid Built-in Cisco-IP-Phone 20 14
Valid Built-in IP-Phone 20 15
Valid Built-in Cisco-DMP 10 16
Valid Built-in Cisco-DMP-4305G 70 17
Valid Built-in Cisco-DMP-4310G 70 18
Valid Built-in Cisco-DMP-4400G 70 19
Valid Built-in Cisco-WLC-2100-Series 40 20
Valid Built-in Cisco-Access-Point 10 21
Valid Built-in Cisco-AIR-LAP 30 22
Valid Built-in Cisco-AIR-AP 30 23
Valid Built-in Linksys-Device 20 24

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

macro auto trigger

デバイス タイプまたはプロファイル名に関連付けるトリガーを指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto monitor device

スイッチに接続されているデバイスに関する情報を表示します。

show shell

イベント トリガーおよびマクロに関する情報を表示します。

show parser macro

スイッチに設定されているすべてのマクロまたは特定の 1 つのマクロのパラメータを表示するには、 show parser macro ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show parser macro [{ brief | description [ interface interface-id ] | name macro-name }]

 
構文の説明

brief

(任意)各マクロの名前を表示します。

description [ interface interface-id ]

(任意)すべてのマクロの説明または特定のインターフェイスの説明を表示します。

name macro-name

(任意)マクロ名で特定された 1 つのマクロに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(19)EA1

このコマンドが Catalyst 3750 および 3560 スイッチに追加されました。

12.2(25)FX

このコマンドが Catalyst 2960 スイッチに追加されました。

12.2(44)SE

このコマンドが Catalyst 2918 スイッチに追加されました。

12.2(46)EX

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(35)SE2

このコマンドが Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

次の例では、 show parser macro コマンドの出力を示します。シスコ デフォルト マクロの出力は、スイッチのプラットフォームとスイッチ上で実行しているソフトウェア イメージによって異なります。

Switch# show parser macro
Total number of macros = 6
--------------------------------------------------------------
Macro name : cisco-global
Macro type : default global
# Enable dynamic port error recovery for link state
# failures
errdisable recovery cause link-flap
errdisable recovery interval 60
 
<output truncated>
 
--------------------------------------------------------------
Macro name : cisco-desktop
Macro type : default interface
# macro keywords $AVID
# Basic interface - Enable data VLAN only
# Recommended value for access vlan (AVID) should not be 1
switchport access vlan $AVID
switchport mode access
 
<output truncated>
 
--------------------------------------------------------------
Macro name : cisco-phone
Macro type : default interface
# Cisco IP phone + desktop template
# macro keywords $AVID $VVID
# VoIP enabled interface - Enable data VLAN
# and voice VLAN (VVID)
# Recommended value for access vlan (AVID) should not be 1
switchport access vlan $AVID
switchport mode access
 
<output truncated>
 
--------------------------------------------------------------
Macro name : cisco-switch
Macro type : default interface
# macro keywords $NVID
# Access Uplink to Distribution
# Do not apply to EtherChannel/Port Group
# Define unique Native VLAN on trunk ports
# Recommended value for native vlan (NVID) should not be 1
switchport trunk native vlan $NVID
 
<output truncated>
 
--------------------------------------------------------------
Macro name : cisco-router
Macro type : default interface
# macro keywords $NVID
# Access Uplink to Distribution
# Define unique Native VLAN on trunk ports
# Recommended value for native vlan (NVID) should not be 1
switchport trunk native vlan $NVID
 
<output truncated>
 
--------------------------------------------------------------
Macro name : snmp
Macro type : customizable
 
#enable port security, linkup, and linkdown traps
snmp-server enable traps port-security
snmp-server enable traps linkup
snmp-server enable traps linkdown
#set snmp-server host
snmp-server host ADDRESS
#set SNMP trap notifications precedence
snmp-server ip precedence VALUE
 
--------------------------------------------------------------
 

次の例では、 show parser macro name コマンドの出力を示します。

Switch# show parser macro name standard-switch10
Macro name : standard-switch10
Macro type : customizable
macro description standard-switch10
# Trust QoS settings on VOIP packets
auto qos voip trust
# Allow port channels to be automatically formed
channel-protocol pagp
 

次の例では、 show parser macro brief コマンドの出力を示します。

Switch# show parser macro brief
default global : cisco-global
default interface: cisco-desktop
default interface: cisco-phone
default interface: cisco-switch
default interface: cisco-router
customizable : snmp
 

次の例では、 show parser macro description コマンドの出力を示します。

Switch# show parser macro description
Global Macro(s): cisco-global
Interface Macro Description(s)
--------------------------------------------------------------
Gi1/0/1 standard-switch10
Gi1/0/2 this is test macro
--------------------------------------------------------------
 

次の例では、 show parser macro description interface コマンドの出力を示します。

Switch# show parser macro description interface gigabitethernet1/0/2
Interface Macro Description
--------------------------------------------------------------
Gi1/0/2 this is test macro
--------------------------------------------------------------

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro apply

インターフェイス上にマクロを適用するか、インターフェイス上にマクロを適用して追跡します。

macro description

インターフェイスに適用されたマクロについての説明を追加します。

macro global

スイッチ上にマクロを適用するか、スイッチ上にマクロを適用して追跡します。

macro global description

スイッチに適用されたマクロについての説明を追加します。

show running-config

動作設定を表示します。

show shell

シェル情報を表示するには、 show shell ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show shell [ environment | functions [ brief | shell_function ] | triggers ]

 
構文の説明

environment

(任意)シェル環境情報を表示します。

functions [ brief | shell_function ]

(任意)マクロ情報を表示します。

brief :シェル関数の名前。

shell_function :1 つのシェル関数の名前。

triggers

(任意)イベント トリガー情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドが Catalyst 3750-E、3750、3560-E、3560、2960、および 2918 スイッチに追加されました。

12.2(52)SE

このコマンドが Catalyst 2975 スイッチに追加されました。

12.2(53)SE2

このコマンドは、Catalyst 3750-X および 3560-X スイッチで導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、スイッチのシェル情報を表示します。

show shell コマンドは、Cisco IOS レベルの機能です。 show shell コマンドを入力する前に、 terminal shell コマンドを入力して Cisco IOS シェルをイネーブルにする必要があります。詳細については、次の Cisco.com で Cisco IOS シェルのコンフィギュレーション ガイドを参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/netmgmt/configuration/guide/nm_ios_shell.pdf

次の例では、 show shell triggers 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチ ソフトウェアに含まれているイベント トリガーを表示する方法を示します。

Switch# show shell triggers
User defined triggers
---------------------
Built-in triggers
-----------------
Trigger Id: CISCO_CUSTOM_EVENT
Trigger description: Custom macroevent to apply user defined configuration
Trigger environment: User can define the macro
Trigger mapping function: CISCO_CUSTOM_AUTOSMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_DMP_EVENT
Trigger description: Digital media-player device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $ACCESS_VLAN=(1)
The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_DMP_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_IPVSC_EVENT
Trigger description: IP-camera device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $ACCESS_VLAN=(1)
The value in parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_IP_CAMERA_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_LAST_RESORT_EVENT
Trigger description: Last resortevent to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $ACCESS_VLAN=(1)
The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_LAST_RESORT_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_PHONE_EVENT
Trigger description: IP-phone device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $ACCESS_VLAN=(1)
and $VOICE_VLAN=(2), The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_ROUTER_EVENT
Trigger description: Router device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $NATIVE_VLAN=(1)
The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_ROUTER_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_SWITCH_ETHERCHANNEL_CONFIG
Trigger description: etherchannel parameter
Trigger environment: $INTERFACE_LIST=(),$PORT-CHANNEL_ID=(),
$EC_MODE=(),$EC_PROTOCOLTYPE=(),
PORT-CHANNEL_TYPE=()
Trigger mapping function: CISCO_ETHERCHANNEL_AUTOSMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_SWITCH_EVENT
Trigger description: Switch device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $NATIVE_VLAN=(1)
The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_WIRELESS_AP_EVENT
Trigger description: Autonomous ap device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $NATIVE_VLAN=(1)
The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: CISCO_WIRELESS_LIGHTWEIGHT_AP_EVENT
Trigger description: Lightweight-ap device event to apply port configuration
Trigger environment: Parameters that can be set in the shell - $ACCESS_VLAN=(1)
The value in the parenthesis is a default value
Trigger mapping function: CISCO_LWAP_AUTO_SMARTPORT
 
Trigger Id: word
Trigger description: word
Trigger environment:
Trigger mapping function:
 

次の例では、 show shell functions 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチ ソフトウェアに含まれている組み込みマクロを表示する方法を示します。

Switch# show shell functions
#User defined functions:
 
#Built-in functions:
function CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT () {
if [[ $LINKUP -eq YES ]]; then
conf t
interface $INTERFACE
macro description $TRIGGER
switchport trunk encapsulation dot1q
switchport trunk native vlan $NATIVE_VLAN
switchport trunk allowed vlan ALL
switchport mode trunk
switchport nonegotiate
auto qos voip trust
mls qos trust cos
if [[ $LIMIT -eq 0 ]]; then
default srr-queue bandwidth limit
else
srr-queue bandwidth limit $LIMIT
fi
if [[ $SW_POE -eq YES ]]; then
if [[ $AP125X -eq AP125X ]]; then
macro description AP125X
macro auto port sticky
power inline port maximum 20000
fi
fi
exit
end
fi
if [[ $LINKUP -eq NO ]]; then
conf t
interface $INTERFACE
no macro description
no switchport nonegotiate
no switchport trunk native vlan $NATIVE_VLAN
no switchport trunk allowed vlan ALL
no auto qos voip trust
no mls qos trust cos
default srr-queue bandwidth limit
if [[ $AUTH_ENABLED -eq NO ]]; then
no switchport mode
no switchport trunk encapsulation
fi
if [[ $STICKY -eq YES ]]; then
if [[ $SW_POE -eq YES ]]; then
if [[ $AP125X -eq AP125X ]]; then
no macro auto port sticky
no power inline port maximum
fi
fi
fi
exit
end
fi
}
<output truncated>
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

macro auto device

マクロのデフォルト パラメータ値を設定します。

macro auto execute

イベント トリガーから組み込みマクロへのマッピングを設定します。

macro auto global processing

スイッチ上で Auto Smartports をイネーブルにします。

macro auto mac-address-group

MAC アドレス グループを設定します。

macro auto sticky

マクロの永続性を指定します。

shell trigger

イベント トリガーを作成します。

show macro auto

マクロに関する情報を表示します。