Catalyst 3750-E/3560-E スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 15.0(1)SE
Command-Line Interface の使用
Command-Line Interface の使用

Table Of Contents

Command-Line Interface の使用

スイッチへのアクセス

CLI コマンド モード

ユーザ EXEC モード

特権 EXEC モード

グローバル コンフィギュレーション モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

VLAN コンフィギュレーション モード

ライン コンフィギュレーション モード


Command-Line Interface の使用


Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチは Cisco IOS ソフトウェアによってサポートされています。ここでは、ソフトウェア機能を設定するためのスイッチ Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)の使用方法について説明します。

これらの機能をサポートするコマンドの詳細については、Chapter 2 "Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチ Cisco IOS コマンド."を参照してください。ブートローダ コマンドの詳細については、"Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチのブートローダ コマンド."を参照してください。debug コマンドの詳細については、付録 B 「Catalyst 3750-E および 3560-E スイッチのデバッグ コマンド」を参照してください。show platform コマンドの詳細については、"Catalyst 3750-E および 3560-E Show Platform コマンド."を参照してください。Cisco IOS Release 12.2 のさらに詳しい情報については、『Cisco IOS Release 12.2 Command Summary』を参照してください。

タスク指向の設定手順については、このリリースのソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。

このマニュアルでは、明示的に IP バージョン 6(IPv6)を指す場合を除き、IP とは IP バージョン 4(IPv4)のことを指します。

スイッチへのアクセス

スイッチ スタックおよびスタック メンバ インターフェイスは、スタック マスター(Catalyst 3750-E スイッチなど)を経由して管理します。スイッチごとにスタック メンバを管理することはできません。スタック マスターには、1 台または複数のスタック メンバのコンソール ポートまたはイーサネット管理ポートを経由して接続できます。スタック マスターには、1 台または複数のスタック メンバのコンソール ポートまたはイーサネット管理ポートを経由して接続できます。複数の CLI セッションをスタック マスターに使用する場合は注意が必要です。1 つのセッションで入力したコマンドは、別のセッションには表示されません。したがって、コマンドを入力したセッションを追跡できない場合があります。


(注)
スイッチ スタックを管理する場合は、1 つの CLI セッションを使用することを推奨します。


特定のスタック メンバ ポートを設定する場合は、CLI コマンド インターフェイス表記にスタック メンバ番号を含めてください。インターフェイス表記の詳細情報については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの「Configuring Interfaces」の章を参照してください。

特定のスタック メンバをデバッグする場合は、session stack-member-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからアクセスできます。スタック メンバ番号は、システム プロンプトに追加されます。たとえば、Switch-2# はスタック メンバ 2 の特権 EXEC モードのプロンプトであり、スタック マスターのシステム プロンプトは Switch です。特定のスタック メンバへの CLI セッションで使用できるのは、show コマンドと debug コマンドに限ります。

CLI コマンド モード

ここでは、CLI コマンド モード構造について説明します。コマンド モードは、特定の Cisco IOS コマンドをサポートします。たとえば、interface interface-id コマンドは、グローバル コンフィギュレーション モードで入力されたときだけ機能します。

以降は、スイッチの主なコマンド モードです。

ユーザ EXEC

特権 EXEC

グローバル コンフィギュレーション

インターフェイス コンフィギュレーション

VLAN コンフィギュレーション

ライン コンフィギュレーション

表 1-1 に、主なコマンド モード、各モードへのアクセス方法、各モードで表示されるプロンプト、およびモードの終了方法を示します。表示されているプロンプトは、デフォルト名 Switch を使用しています。

表 1-1
コマンド モードの概要 

コマンド モード
アクセス方法
プロンプト
終了または次のモードのアクセス

ユーザ EXEC

これが最初のアクセス レベルです。

(スイッチについては)ターミナル設定を変更し、基本タスクを実行し、システム情報を一覧表示します。

Switch>

logout コマンドを入力します。

特権 EXEC モードを開始するには、enable コマンドを入力します。

特権 EXEC

ユーザ EXEC モードから、enable コマンドを入力します。

Switch#

ユーザ EXEC モードに戻る場合は、disable コマンドを入力します。

グローバル コンフィギュレーション モードを開始するには、configure コマンドを入力します。

グローバル コンフィギュレーション

特権 EXEC モードから、configure コマンドを入力します。

Switch(config)#

特権 EXEC モードに戻る場合は、exit または end コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、interface コンフィギュレーション コマンドを入力します。

インターフェイス コンフィギュレーション

グローバル コンフィギュレーション モードから、interface コマンドを入力し、次にインターフェイス ID を入力することにより、インターフェイスを指定します。

Switch(config-if)#

特権 EXEC モードに戻る場合は、end コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。

グローバル コンフィギュレーション モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。

VLAN コンフィギュレーション

グローバル コンフィギュレーション モードで vlan vlan-id コマンドを入力します。

Switch(config-vlan)#

グローバル コンフィギュレーション モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。

特権 EXEC モードに戻る場合は、end コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。

ライン コンフィギュレーション

グローバル コンフィギュレーション モードから、line コマンドを入力することにより、ラインを指定します。

Switch(config-line)#

グローバル コンフィギュレーション モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。

特権 EXEC モードに戻る場合は、end コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。


ユーザ EXEC モード

装置にアクセスすると、自動的にユーザ EXEC コマンド モードに入ります。ユーザ レベルで使用可能な EXEC コマンドは、特権レベルで使用可能な EXEC コマンドのサブセットです。一般に、ユーザ EXEC コマンドは、端末設定の一時的変更、基本テストの実行、システム情報の一覧表示などに使用します。

サポートされているコマンドは、ご使用のソフトウェアのバージョンによって異なります。コマンドの包括的なリストを表示するには、プロンプトで疑問符(?)を入力します。

Switch> ? 

特権 EXEC モード

特権コマンドの多くは動作パラメータの設定に関係しています。無許可の使用を防止するには、特権コマンドへのアクセスをパスワードで保護する必要があります。特権コマンド セットには、ユーザ EXEC モードのコマンドと、それ以外のコマンド モードにアクセスするための configure 特権 EXEC コマンドが含まれます。

システム管理者がパスワードを設定した場合、特権 EXEC モードへのアクセスが許可される前に、パスワードの入力を要求するプロンプトが表示されます。パスワードは画面には表示されません。また、大文字と小文字が区別されます。

特権 EXEC モードのプロンプトは、装置名の後にポンド記号(#)が付きます。

Switch#  

特権 EXEC モードにアクセスするには、enable コマンドを入力します。

Switch> enable 
Switch# 

サポートされているコマンドは、ご使用のソフトウェアのバージョンによって異なります。コマンドの包括的なリストを表示するには、プロンプトで疑問符(?)を入力します。

Switch# ? 

ユーザ EXEC モードに戻る場合は、disable 特権 EXEC コマンドを入力します。

グローバル コンフィギュレーション モード

グローバル コンフィギュレーション コマンドは、装置全体に影響を与える機能に適用されます。グローバル コンフィギュレーション モードを開始するには、configure 特権 EXEC コマンドを使用します。デフォルトでは、管理コンソールからコマンドを入力します。

configure コマンドを入力すると、コンフィギュレーション コマンドの送信元の入力を要求するメッセージが表示されます。

Switch# configure 
Configuring from terminal, memory, or network [terminal]?

コンフィギュレーション コマンドの送信元として、端末または NVRAM のいずれかを指定することができます。

次の例では、グローバル コンフィギュレーション モードにアクセスする方法を示します。

Switch# configure terminal 
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 

サポートされているコマンドは、ご使用のソフトウェアのバージョンによって異なります。コマンドの包括的なリストを表示するには、プロンプトで疑問符(?)を入力します。

Switch(config)# ? 

グローバル コンフィギュレーション コマンド モードを終了して特権 EXEC モードに戻る場合は、end コマンドまたは exit コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。

インターフェイス コンフィギュレーション モード

インターフェイス コンフィギュレーション コマンドは、インターフェイスの動作を変更します。インターフェイス コンフィギュレーション コマンドは常に、インターフェイス タイプを定義するグローバル コンフィギュレーション コマンドの後に続きます。

インターフェイス コンフィギュレーション モードにアクセスするには、interface interface-id コマンドを使用します。次の新しいプロンプトはインターフェイス コンフィギュレーション モードを示しています。

Switch(config-if)#

サポートされているコマンドは、ご使用のソフトウェアのバージョンによって異なります。コマンドの包括的なリストを表示するには、プロンプトで疑問符(?)を入力します。

Switch(config-if)# ?

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了してグローバル コンフィギュレーション モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了して特権 EXEC モードに戻る場合は、end コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。

VLAN コンフィギュレーション モード

標準範囲 VLAN(VLAN ID 1 ~ 1005)を設定したり、VTP モードがトランスペアレントであるときに拡張範囲 VLAN(VLAN ID 1006 ~ 4094)を設定したりする場合は、このモードを使用します。VTP モードがトランスペアレントである場合は、VLAN および VTP 設定は実行コンフィギュレーション ファイルに保存されるため、copy running-config startup-config 特権 EXEC コマンドを実行して、この設定をスイッチのスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存できます。VTP がトランスペアレント モードまたはサーバ モードの場合、VLAN ID が 1 ~ 1005 の VLAN 設定は、VLAN データベースに保存されます。拡張範囲 VLAN 設定は、VLAN データベースには保存されません。

VLAN コンフィギュレーション モードを開始するには、vlan vlan-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。

Switch(config)# vlan 2000
Switch(config-vlan)# 

サポートされるキーワードはさまざまですが、VLAN コンフィギュレーション モードで利用できるコマンドと似ています。コマンドの包括的なリストを表示するには、プロンプトで疑問符(?)を入力します。

Switch(config-vlan)# ? 

拡張範囲 VLAN については、MTU サイズ以外のすべての特性はデフォルト設定のままにしておいてください。

グローバル コンフィギュレーション モードに戻る場合は、exit を入力します。特権 EXEC モードに戻る場合は、end を入力します。 shutdown 以外のすべてのコマンドは、config-vlan モードを終了したときに有効になります。

ライン コンフィギュレーション モード

ライン コンフィギュレーション コマンドは、端末ラインの動作を変更します。ライン コンフィギュレーション コマンドは、常にライン番号を定義するライン コマンドの後に来ます。端末パラメータ設定をラインごと、あるいはある範囲のライン全体で変更するには、このコマンドを使用します。

ライン コンフィギュレーション モードを開始するには、line vty line_number [ending_line_number] コマンドを使用します。次の新しいプロンプトはライン コンフィギュレーション モードを示しています。次の例では、仮想端末ライン 7 でライン コンフィギュレーション モードを開始する方法を示します。

Switch(config)# line vty 0 7 

サポートされているコマンドは、ご使用のソフトウェアのバージョンによって異なります。コマンドの包括的なリストを表示するには、プロンプトで疑問符(?)を入力します。

Switch(config-line)# ? 

ライン コンフィギュレーション モードを終了してグローバル コンフィギュレーション モードに戻る場合は、exit コマンドを使用します。ライン コンフィギュレーション モードを終了して特権 EXEC モードに戻る場合は、end コマンドを入力するか、Ctrl+Z を押します。