Cisco EnergyWise コンフィギュレーション ガイド Phase 1
単一エンティティの管理
単一エンティティの管理
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2010/01/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

単一エンティティの管理

EnergyWise エンティティ

EnergyWise ドメイン

EnergyWise ネットワーク

単一の PoE スイッチのシナリオ

EnergyWise の電力レベル

EnergyWise の重要度

EnergyWise の名前、ロール、およびキーワード

サポートされている MIB

設定に関するガイドライン

PoE および EnergyWise の相互作用

手動による電力の管理

エンティティの電源投入

エンティティの属性の設定

PoE ポートの電源投入

PoE ポートの属性の設定

自動による電力の管理(繰り返しイベント)

ドメインの設定

手動による電力の管理

自動による電力の管理

単一エンティティの管理

Cisco EnergyWise を使用して、EnergyWise ネットワーク内のエンティティのエネルギー消費量を管理します。

「EnergyWise エンティティ」

「EnergyWise ドメイン」

「EnergyWise ネットワーク」

「単一の PoE スイッチのシナリオ」

「EnergyWise の電力レベル」

「EnergyWise の重要度」

「EnergyWise の名前、ロール、およびキーワード」

「サポートされている MIB」

「設定に関するガイドライン」

「PoE および EnergyWise の相互作用」

「手動による電力の管理」

「自動による電力の管理(繰り返しイベント)」

「例」

スイッチがスタック可能である場合、特に記述がない限り、 スイッチ という用語はスタンドアロン スイッチとスイッチ スタックを意味しています。


) このマニュアルの例は、Catalyst 3750-E または 3750 スイッチ(gigabitethernet 1/0/5 など)が対象となります。ネットワーク デバイスでインターフェイスを指定するには、お使いのデバイスのソフトウェア マニュアルを参照してください。


EnergyWise の詳細については、次の URL を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps10195/tsd_products_support_series_home.html

EnergyWise エンティティ

EnergyWise エンティティは、Catalyst スイッチ、Power over Ethernet(PoE)ポート、または PoE デバイスなど、EnergyWise 対応の物理デバイスまたは論理デバイスです。

EnergyWise は分散モデルを使用して、エネルギー消費量を 管理 します。

スイッチは EnergyWise ドメインにグループ化され、ドメイン エンティティになります。これらのエンティティは、他のドメイン エンティティとの間でメッセージを送受信します。

EnergyWise ドメイン内のエンティティがクエリーに応答します。

EnergyWise に 参加 するエンティティが、IP Phone、IP カメラ、または PoE 対応のデバイスなど、接続している PoE デバイスの電力消費量を制御します。たとえば、Catalyst スイッチは IP Phone の電源を切断できます。

EnergyWise 対応のエンティティでは、次のようになります。

エンティティは常に、EnergyWise に参加します。

PoE ポートは EnergyWise に参加します。

PoE 以外のポートは EnergyWise に参加しません。

EnergyWise ドメイン

EnergyWise ドメインを EnergyWise ネットワークとすることができます。

ドメインは、電力管理の 1 つの単位として処理されます。

エンティティは、他のドメイン エンティティとネイバーの関係を持ちます。

詳細については、「設定例」を参照してください。

EnergyWise ネットワーク

EnergyWise ネットワークのドメイン内には、EnergyWise エンティティが存在します。

図 1-1 一般的なネットワーク

 

 

1

電力消費量を管理するエンティティ

3

エンティティ

2

ドメイン

単一の PoE スイッチのシナリオ

次のときに、電力消費量を管理します。

PoE エンティティが接続しているエンティティの電源を投入または切断するとき。

PoE エンティティが、接続しているエンティティの電源を投入および切断するネットワーク ポリシーを適用するとき。指定された時間は、PoE エンティティの時間帯に基づく現地時間になります。たとえば、IP Phone は現地時間の午前 7:00(0700)に電源投入され、現地時間の午後 7:00(1900)に電源切断されます。

この動作は、 繰り返しイベント とも呼ばれます。

図 1-2 単一の PoE スイッチの例

 

 

1

電力消費量を管理するエンティティ

3

エンティティ

2

ドメイン

EnergyWise の電力レベル

EnergyWise の電力レベルは、PoE スイッチ ポートが対象です。

指定できる範囲は 0 ~ 10 です。

デフォルトの電力レベルは 10 です。

Catalyst スイッチでは、レベル 0 をサポートしていません。

PoE ポートでサポートされているレベルは 0 ~ 10 です。

電力レベルが 0 であると、ポートの電源が切断されます。

電力レベルが 1 ~ 10 であると、ポートに電源が投入されます。電力レベルが 0 である場合に、PoE ポートまたはスイッチに電源投入するには、この範囲内の値を入力します。

電力レベルが変更されると、ポートは接続しているエンティティに対する処置を決定します。

EnergyWise の重要度

PoE ポートまたはスイッチで EnergyWise の重要度の値を設定して、ドメイン エンティティに順位を付けます。

指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

デフォルトの重要度の値は 1 です。

EnergyWise の名前、ロール、およびキーワード

EnergyWise 固有のエンティティ名を設定して、ドメイン エンティティを識別します。

PoE ポートの場合、デフォルトはポート名の短縮バージョンです。たとえば、Gigabit Ethernet 1/0/2 の場合は Gi1.0.2 となります。

スイッチの場合、デフォルトはホスト名です。

ドメイン エンティティのロールを設定して、別のエンティティと区別します。

PoE ポートの場合、デフォルトは interface です。

スイッチの場合、デフォルトはモデル番号です。

エンティティを説明する 1 つ以上のキーワードを設定して、他のエンティティと区別します。

サポートされている MIB

EnergyWise では、CISCO-ENERGYWISE-MIB をサポートしています。

この Management Information Base(MIB; 管理情報ベース)の詳細については、 http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml にアクセスして、[ SNMP v2 MIBs ] をクリックしてください。

File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)を使用して、MIB ファイルにアクセスすることもできます。MIB ファイルを入手するには、次の操作を行います。


ステップ 1 FTP クライアントがパッシブ モードであることを確認します。


) 一部の FTP クライアントでは、パッシブ モードをサポートしていません。


ステップ 2 FTP を使用してサーバ ftp.cisco.com にアクセスします。

ステップ 3 ユーザ名 anonymous を使用してログインします。

ステップ 4 パスワードが要求されたら、E メールのユーザ名を入力します。

ステップ 5 ftp> プロンプトで、ディレクトリを /pub/mibs/v2 に変更します。

ステップ 6 get MIB_filename コマンドを使用して、MIB ファイルのコピーを入手します。


 

設定に関するガイドライン

デフォルトでは、EnergyWise はディセーブルです。

ドメインにエンティティを追加すると、そのエンティティと PoE ポート上で EnergyWise がイネーブルになります。

PoE ポートの電源を切断するには、 energywise level 0 インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

energywise level 0 グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、エンティティの電源を切断することはできません。

no energywise level コマンドを入力すると、スイッチは電力レベルをただちにデフォルトに変更しません。電力レベルは、スイッチの再起動時か、 energywise level level コマンドを入力したときに変更されます。

PoE ポートが午前 7:00(0700)に電源投入されるようにスケジューリングすると、ポートは現地時間の午前 7:00(0700)から午前 7:01(0701)までの 1 分以内に電源投入されます。

PoE および EnergyWise の相互作用

 

表 1-1 EnergyWise へのエンティティの参加

EnergyWise エンティティ
PoE モード
auto
never
static

PoE ポート

不可

PoE 以外のポート

不可

不可

不可

PoE ポート モードが never である場合、ポートの電源は切断されますが、EnergyWise はディセーブルになりません。次のことを行えます。

ポートに EnergyWise を設定する。

ポートの電力レベルを設定する。レベルは、ポート モードを auto または static に変更した後に反映されます。スイッチを再起動する必要はありません。

EnergyWise がディセーブルである場合、エンティティでは PoE を使用してポートの電力を管理します。

手動による電力の管理

「エンティティの電源投入」

「エンティティの属性の設定」

「PoE ポートの電源投入」

「PoE ポートの属性の設定」

エンティティの電源投入

 

コマンド
目的

ステップ 1

特権 EXEC モードに入ります。

ステップ 2

show energywise

(任意)EnergyWise がディセーブルであることを確認します。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 4

energywise domain domain-name secret [ 0 | 7 ] password [ protocol udp port udp-port-number [ interface interface-id | ip ip-address ]]

エンティティで EnergyWise をイネーブルにし、指定の domain-name を持つドメインにエンティティを割り当て、ドメイン内のエンティティ間でセキュアな通信を確保するための password を設定します。

(任意) 0 :暗号化されていないパスワードを使用します。これがデフォルトです。

(任意) 7 :非表示のパスワードを使用します。

0 7 のいずれも入力しない場合は、エンティティでデフォルト値 0 が使用されます。

(任意) port udp-port-number :クエリーを送受信する User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ポートを指定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。デフォルトは 43440 です。

(任意) interface interface-id :EnergyWise メッセージの送信元となるポートを指定します。

(任意) ip ip-address: EnergyWise メッセージの送信元となる IP アドレスを指定します。

domain-name および password について

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトでは、ドメインとパスワードは割り当てられません。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show energywise

show energywise domain

エントリを確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルにエントリを保存します。

エンティティの属性の設定

 

コマンド
目的

ステップ 1

特権 EXEC モードに入ります。

ステップ 2

show energywise

(任意)EnergyWise がイネーブルであることを確認します。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 4

energywise importance importance

(任意)エンティティの重要度を設定します。

指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

デフォルトは 1 です。

ステップ 5

energywise keywords word,word, ...

(任意)エンティティに少なくとも 1 つのキーワードを割り当てます。

複数のキーワードを割り当てる場合は、各キーワードをカンマで区切ります。キーワードの区切り文字としてスペースを使用しないでください。

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトでは、キーワードは定義されません。

ステップ 6

energywise management tcp-port-number

(任意)クエリーを送受信する Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)ポートを指定します。

指定できる範囲は 1025 ~ 65535 です。

デフォルトは 43440 です。

ステップ 7

energywise name name

(任意)EnergyWise 固有のエンティティ名を指定します。

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトはホスト名です。

ステップ 8

energywise neighbor [ hostname | ip-address ] udp-port-number

(任意)次のスタティック ネイバーを割り当てます。

(任意)ホスト名( hostname )または IP アドレス( ip-address )。

クエリーを送受信する UDP ポート( udp-port-number )。指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。

デフォルトでは、スタティック ネイバーは割り当てられません。

ステップ 9

energywise role role

(任意)EnergyWise ドメインでのエンティティのロールを指定します。たとえば、lobby.b20 とします。

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトはモデル番号です。

ステップ 10

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 11

show energywise

show energywise domain

エントリを確認します。

ステップ 12

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルにエントリを保存します。

PoE ポートの電源投入

 

コマンド
目的

ステップ 1

特権 EXEC モードに入ります。

ステップ 2

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 3

interface interface-id

設定するポートまたはポートの範囲を指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 4

energywise level 0

または

energywise level 10

(任意)手動でポートの電源を切断します。または、

手動でポートの電源を投入します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show energywise domain

show energywise children

エントリを確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルにエントリを保存します。

(注) ステップ 4 で設定した電源レベルは、スイッチが再起動するときのデフォルトの電源レベルになります。

PoE ポートの属性の設定

 

コマンド
目的

ステップ 1

特権 EXEC モードに入ります。

ステップ 2

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 3

interface interface-id

設定するポートまたはポートの範囲を指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 4

energywise importance importance

(任意)ポートの重要度を設定します。

指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

デフォルトは 1 です。

ステップ 5

energywise keywords word,word, ...

(任意)ポートに少なくとも 1 つのキーワードを割り当てます。

複数のキーワードを割り当てる場合は、各キーワードをカンマで区切ります。キーワードの区切り文字としてスペースを使用しないでください。

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトでは、キーワードは定義されません。

ステップ 6

energywise name name

(任意)EnergyWise 固有のポート名を指定します。

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトはポート名の短縮バージョンです。たとえば、Gigabit Ethernet 1/0/2 の場合は Gi1.0.2 となります。

ステップ 7

energywise role role

(任意)ドメインでのポートのロールを指定します。たとえば、lobbyport とします。

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトでは、ロールは interface です。

ステップ 8

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 9

show energywise domain

show energywise children

エントリを確認します。

ステップ 10

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルにエントリを保存します。

自動による電力の管理(繰り返しイベント)

 

コマンド
目的

ステップ 1

特権 EXEC モードに入ります。

ステップ 2

show energywise

(任意)EnergyWise がイネーブルであることを確認します。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 4

energywise domain domain-name secret [ 0 | 7 ] password [ protocol udp port udp-port-number [ interface interface-id | ip ip-address ]]

エンティティで EnergyWise をイネーブルにし、指定の domain-name を持つドメインにエンティティを割り当て、ドメイン内のエンティティ間でセキュアな通信を確保するための password を設定します。

(任意) 0 :暗号化されていないパスワードを使用します。これがデフォルトです。

(任意) 7 :非表示のパスワードを使用します。

0 7 のいずれも入力しない場合は、エンティティでデフォルト値 0 が使用されます。

(任意) port udp-port-number :クエリーを送受信する UDP ポートを指定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。

デフォルトは 43440 です。

(任意) interface interface-id :EnergyWise メッセージを送信するポートを指定します。

(任意) ip ip-address: EnergyWise メッセージを送信するポートの IP アドレスを指定します。

domain-name および password について

英数字と、#、(、%、!、& などの記号を入力できます。

文字と記号の間にアスタリスク(*)や空白を使用しないでください。

デフォルトでは、ドメインとパスワードは割り当てられません。

ステップ 5

interface interface-id

設定するポートまたはポートの範囲を指定して、インターフェイス コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 6

energywise level 10 recurrence importance importance at minute hour day_of_month month day_of_week

(任意)電源投入繰り返しイベントをスケジューリングします。

importance importance :スイッチに接続しているエンティティの重要度の値が、指定した重要度の値以下である場合に、繰り返しイベントが発生します。指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

minute :指定できる範囲は 0 ~ 59 です。 * をワイルドカードとして使用します。

hour :指定できる範囲は 0 ~ 23 です。 * をワイルドカードとして使用します。

day_of_month :指定できる範囲は 1 ~ 31 です。 * をワイルドカードとして使用します。

month :指定できる範囲は 1(1 月)~ 12(12 月)です。 * をワイルドカードとして使用します。

day_of_week :指定できる範囲は 0(日曜日)~ 6(土曜日)です。* をワイルドカードとして使用します。

(注) 指定する時間は、PoE エンティティの時間帯に基づく現地時間です。

ステップ 7

energywise level 0 recurrence importance importance at minute hour day_of_month month day_of_week

(任意)電源切断繰り返しイベントをスケジューリングします。

importance importance :スイッチに接続しているエンティティの重要度の値が、指定した重要度の値以下である場合に、繰り返しイベントが発生します。指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

minute :指定できる範囲は 0 ~ 59 です。 * をワイルドカードとして使用します。

hour :指定できる範囲は 0 ~ 23 です。 * をワイルドカードとして使用します。

day_of_month :指定できる範囲は 1 ~ 31 です。 * をワイルドカードとして使用します。

month :指定できる範囲は 1(1 月)~ 12(12 月)です。 * をワイルドカードとして使用します。

day_of_week :指定できる範囲は 0(日曜日)~ 6(土曜日)です。* をワイルドカードとして使用します。

(注) 指定する時間は、PoE エンティティの時間帯に基づく現地時間です。

ステップ 8

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 9

show energywise recurrence

エントリを確認します。

ステップ 10

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルにエントリを保存します。

「ドメインの設定」

「手動による電力の管理」

「自動による電力の管理」

ドメインの設定

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# energywise domain cisco secret cisco protocol udp port 43440 ip 2.2.4.30
Switch(config)# energywise importance 50
Switch(config)# energywise keywords lab1,devlab
Switch(config)# energywise name LabSwitch
Switch(config)# energywise neighbor TG3560G-21 43440
Switch(config)# energywise role role.labaccess
Switch(config)# end
Switch# show energywise domain
Name : TG3560G-41
Domain : cisco
Protocol : udp
IP : 2.2.2.21
 
Port : 43440
Switch# show energywise neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone
Id Neighbor Name Ip:Port Prot Capability
-- ------------- ------- ---- ----------
1 TG3560G-21 2.2.2.21:43440 udp S I
2 TG3560G-31 2.2.4.31:43440 static S I
3 TG3560G-22 2.2.2.22:43440 cdp S I

手動による電力の管理

ラボの IP Phone を今すぐ電源投入するには、次のように入力します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# energywise domain cisco secret cisco protocol udp port 43440 ip 2.2.4.44
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/3
Switch(config-if)# energywise importance 65
Switch(config-if)# energywise name labphone.5
Switch(config-if)# energywise role role.labphone
Switch(config-if)# end

自動による電力の管理

ラボの IP Phone は現地時間の午前 8:00(0800)に自動的に電源投入され、現地時間の午後 8:00(2000)に自動的に電源切断されます。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# energywise domain cisco secret cisco protocol udp port 43440 ip 2.2.4.30
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/3
Switch(config-if)# energywise level 10 recurrence importance 90 at 0 8 * * *
Switch(config-if)# energywise level 0 recurrence importance 90 at 0 20 * * *
Switch(config-if)# energywise importance 50
Switch(config-if)# energywise name labInterface.3
Switch(config-if)# energywise role role.labphone
Switch(config-if)# end
 
Switch# show energywise recurrences
Id Addr Class Action Lvl Cron
-- ---- ----- ------ --- ----
1 Gi1/0/3 QUERY SET 10 minutes: 0 hour: 8 day: * month: * weekday: *
2 Gi1/0/3 QUERY SET 0 minutes: 0 hour: 20 day: * month: * weekday: *
 
Switch# show running-config
<output truncated>
interface GigabitEthernet1/0/3
energywise level 10 recurrence at 0 8 * * *
energywise level 0 recurrence at 0 20 * * *
energywise importance 50
energywise role role.lobbyaccess
energywise name lobbyInterface.3
end
<output truncated>