Catalyst 3560 スイッチ ハードウェア インストレー ション ガイド
索引
Index
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2011/09/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

Index

数字

1000BASE-T SFP モジュール

ポート ケーブルの長さ 2-5, 3-6

10/100/1000 ポート

auto-MDIX 機能 1-9

PoE 1-9

ケーブルの長さ 2-5, 3-6

コネクタおよびケーブル B-1

1-7

説明 1-8

デュアルパーパス ポート 1-10

ピン割り当て B-2

10/100 ポート

auto-MDIX 機能 1-9

PoE 1-9

ケーブルの長さ 2-5, 3-6

コネクタおよびケーブル B-1

1-3

接続 2-19

説明 1-8

5 A 分岐回路保護の注意 C-5

A

AC 電源

コネクタ 1-19

仕様 A-2

接続 2-6, 3-7

Auto-MDIX 2-19, B-3

C

Cisco IOS コマンドライン インターフェイス 1-21

Cisco IP Phone、接続 1-9, 2-20

Cisco Network Assistant 1-20

Cisco RPS

「RPS」を参照

CiscoView 1-21

CLI

スイッチの管理 1-21

スイッチの設定 D-1

D

DC-I アース処理に関する注意 2-5, 3-5

DC 回路の警告 C-5

DC 電源

警告 C-6

仕様 A-7

接続 C-1 ~ C-2

DC 電源のアース処理手順 C-2 ~ C-4

DC 電源の注意 C-5

H

HP OpenView 1-21

L

LED

PoE 1-13

POST 結果 2-7, 4-2, D-3

RPS 1-12

色の意味 1-13

システム 1-12

ステータス 1-13

前面パネル 1-11

速度 1-13

デュアルパーパス ポート 1-15

デュプレックス 1-13

トラブルシューティング 4-1 ~ 4-2

表示の意味 1-13

ポート 1-13

ポート モード 1-13 ~ 1-15

M

Mode ボタン 1-11

N

Network Assistant

スイッチの設定のための使用 2-23, 3-20

Network Equipment Building Systems

「NEBS」を参照

P

PoE

LED 1-13

感電の警告 2-4, 3-4

POST

LED 2-7, 3-7, 4-2, D-3

起動時に実行 4-2

結果 2-7, 4-1, D-3

Power over Ethernet

「PoE」を参照

R

RJ-45 コネクタ、コンソール ポート B-4

RPS

LED 1-12

コネクタ 1-19

接続 2-6, 3-7

RPS 経由 DC 電源 1-1

S

SFP モジュール

1000BASE-T でサポートされる速度 1-15

ケーブル仕様 B-4

コネクタ B-2

接続 2-20, 2-22

説明 1-10

取り付け 2-15 ~ 2-16

ベールクラスプ ラッチの取り外し 2-17

SFP モジュールの取り付け 2-15 ~ 2-16

SFP モジュールの取り外し 2-17

SFP モジュール パッチ ケーブル

説明 1-10

取り付けおよび取り外し 2-17

SNMP ネットワーク管理プラットフォーム 1-21

SunNet Manager 1-21

T

Telnet、および CLI へのアクセス 1-21

アース手順の注意 C-2

アースの接続に関する警告 C-2

アダプタのピン割り当て、ターミナル

RJ-45/DB-25 B-7

RJ-45/DB-9 B-7

安全上の警告(24 ポートおよび 48 ポート スイッチ) 2-2, 3-2

イーサネットおよびファイバ ケーブルのトラブルシューティング 4-3

隠蔽配線接続の注意 C-2

雷サージの注意 C-1

簡易ネットワーク管理プロトコル

「SNMP」を参照

規制への準拠の警告 2-4, 3-4

機能 1-1

クロス ケーブル B-6

4 ツイストペアのピン割り当て、1000BASE-T ポート B-6

接続

1000BASE-T SFP モジュール ポート 2-22

警告

DC 回路からの電源の取り外し C-5

DC 電源 C-6

PoE の感電 2-4, 3-4

アースの接続 C-2

規制への準拠 2-4, 3-4

サービス機器 C-5

設置(24 ポートおよび 48 ポート スイッチ) 2-2

設置(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-2

立ち入り制限区域 C-1

定義 vii

ケーブル

1000BASE-T モジュールの接続用 2-22

SFP モジュール用 B-4

クロス

2 ツイストペアのピン割り当て、10/100 ポート B-5

4 ツイストペアのピン割り当て、1000BASE-T ポート B-6

識別方法 B-6

「コネクタおよびケーブル」も参照

ストレート

2 ツイストペアのピン割り当て B-5

4 ツイストペアのピン割り当て、1000BASE-T ポート B-6

ケーブル ガード 1-16

ケーブル ガイド、取り付け 2-11

ケーブル接続

10/100/1000 ポート 2-18

10/100 ポート 1-8, 2-18, B-2

Auto-MDIX B-3

「コネクタおよびケーブル」も参照

ピン割り当て B-5

ケーブル長 2-5, 3-5

コネクタおよびケーブル

10/100 ポート B-2

SFP モジュール ポート B-2

「ケーブル」も参照

デュアルパーパス ポート B-3

電源(AC および RPS) 1-19

電源(DC) 1-1

コネクタとケーブル

コンソール ポート B-4 ~ B-8

コマンドライン インターフェイス

「CLI」を参照

コンソール ポート

コネクタとケーブル B-4 ~ B-8

接続 D-2

説明 1-20

サービス機器の警告 C-5

湿度、相対 A-1

自動ネゴシエーション 1-8

トラブルシューティング 4-5

シリアル番号の位置 4-6

資料、関連 viii

診断、問題の 4-1

スイッチ電源の投入 2-6, 3-7

スイッチ モデルの図 1-3

ストレート ケーブルのピン割り当て

2 ツイストペア 10/100 ポート B-5

4 ツイストペア 1000BASE-T ポート B-6

セキュリティ スロット 1-20

接続

10/100/1000 ポートへの 2-18

10/100 ポート 2-18

DC 電源 C-1 ~ C-2

SFP モジュールへの 2-20, 2-22

コンソール ポート B-4

接続手順 2-18, 2-22

設置

IP アドレスの割り当て D-3

設置場所の要件 2-5, 3-5

棚への設置

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-14

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-8, 3-12

端末 エミュレーション ソフトウェアの起動 D-2

机への設置

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-14

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-8, 3-12

机または棚への設置

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-8

「手順」も参照

電源の接続 D-2

取り付け

机の下への取り付け(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-9 ~ 3-11

取り付けネジを使用した机の上への取り付け(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-9

壁面への取り付け(24 ポートおよび 48 ポート スイッチ) 2-12

壁面への取り付け(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-11 ~ 3-13

マグネットによる取り付け(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-14

壁面への取り付け

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-16

ラックへの取り付け

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-7 ~ 2-11

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-15 ~ 3-16

設定例、ネットワーク 1-1

前面パネル

10/100/1000 ポート 1-8

10/100 ポート 1-8

LED 1-11 ~ 1-15

SFP モジュール ポート 1-10

スペース 2-5, 3-5

説明 1-3 ~ 1-15

デュアルパーパス ポート 1-10

速度、トラブルシューティング 4-5

ソフトウェアによるスイッチ管理 1-20

棚への設置

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-14

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-8

端子ブロックの締め付けの注意 C-6

端子ブロックの配線の注意 C-7

端末 エミュレーション ソフトウェア D-2

地域および各国の電気規格への準拠 2-4, 3-4

注意 vii

5 A-branch-circuit 保護 C-5

DC 電源 C-5

アース処理手順 C-2

隠蔽配線接続 C-2

雷サージの要件 C-1

締め付けの推奨事項 C-6

端子ブロックの配線の確保 C-7

電磁波の安全性 2-5, 3-5

机への設置

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-14

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-8

机または棚への設置

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-14

出入りが制限された場所に関する警告 C-1

手順

DC のアース処理 C-2 ~ C-4

接続 2-18, 2-22

設置(24 ポートおよび 48 ポート スイッチ) 2-7 ~ 2-14

設置(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-7 ~ 3-17

デバイス マネージャ

スイッチの管理 1-20

スイッチの設定 2-23, 3-20

デュアルパーパス ポート

LED 1-15

コネクタおよびケーブル B-3

説明 1-10

デュプレックス LED 1-13

デュプレックス、トラブルシューティング 4-5

電気ノイズ、避ける 2-5, 3-5

電源

AC 電源コンセント 1-18

RPS コネクタ 1-19

コネクタ 1-19

接続 2-6, 3-7

内蔵 1-18

電源の投入 2-6, 3-7

電磁波の安全性 2-5, 3-5

電磁波の安全性に関する NEBS 標準 2-5, 3-5

ドキュメントの表記法 vii

トラブルシューティング 4-1 ~ 4-6

POST 4-1

イーサネットおよびファイバ ケーブル 4-3

エンド デバイスへの ping 4-4

ケーブルの不良または損傷 4-2

スイッチ パフォーマンス 4-4

スパニング ツリーのループ 4-4

接続の問題 4-2

速度、デュプレックス、および自動ネゴシエーション 4-5

ポートおよびインターフェイスの設定 4-4

問題の診断 4-1

リンク ステータス 4-3

トラブルシューティング、スパニング ツリーのループ 4-4

取り付け

壁面取り付け

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-12

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-16

取り付けブラケット

ラック取り付け(8 ポートおよび 12 ポート スイッチ) 3-16

内蔵電源 1-18

ネットワーク構成の例 1-1

ノイズ、電気 2-5, 3-5

背面パネル

スペース 2-5, 3-5

説明 1-16 ~ 1-20

表記法、ドキュメント vii

ピン割り当て

10/100/1000 ポート B-2

10/100 ポート B-2

RJ-45/DB-25 ターミナル アダプタ B-8

RJ-45/DB-9 ターミナル アダプタ B-7

SFP モジュール ポート B-2

アダプタ B-6

クロス ケーブル B-6

2 ツイストペア 10/100 ポート B-5

4 ツイストペア、1000BASE-T ポート B-6

コンソール ポート B-8, B-8

ストレート ケーブル

2 ツイストペア B-5

4 ツイストペア 1000BASE-T ポート B-6

壁面取り付け

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-12

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-16

ポート

10/100 1-3, 1-8

10/100/1000 1-8, 1-10, B-2

10/100/1000の番号 1-8

10/100/1000 ピン割り当て B-2

10/100 の番号 1-8

10/100 ピン割り当て B-2

SFP モジュール ポートの番号 1-3, 1-4

デュアル パーパス 1-10

ポート LED 1-13

ポートおよびインターフェイスのトラブルシューティング 4-4

ポート モード

LED 1-13

「Mode ボタン」も参照

変更 1-11

マウント ブラケット

取り付け(24 ポートおよび 48 ポート スイッチ) 2-8 ~ 2-10

ラックマウント(24 ポートおよび 48 ポート スイッチ) 2-10

ラックへの取り付け

24 ポートおよび 48 ポート スイッチ 2-7, 2-11

8 ポートおよび 12 ポート スイッチ 3-15, 3-16

リンク ステータスのトラブルシューティング 4-3

例、ネットワーク構成 1-1