Catalyst 3560 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(40)SE
IEEE 802.1x ポートベース認証の設定
IEEE 802.1x ポートベース認証の設定
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2011/07/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

IEEE 802.1x ポートベース認証の設定

IEEE 802.1x ポートベース認証の概要

デバイスの役割

認証プロセス

認証の開始およびメッセージ交換

許可ステートおよび無許可ステートのポート

IEEE 802.1x のホスト モード

IEEE 802.1x アカウンティング

IEEE 802.1x アカウンティング属性値ペア

VLAN 割り当てを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

ユーザ単位 ACL を使用した IEEE 802.1x 認証の利用

ゲスト VLAN を使用した IEEE 802.1x 認証の利用

制限付き VLAN による IEEE 802.1x 認証の利用

アクセス不能認証バイパスによる IEEE 802.1x 認証の使用

音声 VLAN ポートを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

ポート セキュリティを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

Wake-on-LAN を使用した IEEE 802.1x 認証の利用

MAC 認証バイパスを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の利用

マルチドメイン認証の使用

Web 認証の使用

自動 MAC チェックによる Web 認証

IEEE 802.1x 認証の設定

IEEE 802.1x 認証のデフォルト設定

IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項

IEEE 802.1x 認証

VLAN 割り当て、ゲスト VLAN、制限付き VLAN、アクセス不能認証バイパス

MAC 認証バイパス

旧版のソフトウェア リリースからのアップグレード

IEEE 802.1x 認証の設定

スイッチおよび RADIUS サーバ間の通信の設定

ホスト モードの設定

定期的な再認証の設定

ポートに接続するクライアントの手動での再認証

待機時間の変更

スイッチからクライアントへの再送信時間の変更

スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数の設定

再認証回数の設定

IEEE 802.1x アカウンティングの設定

ゲスト VLAN の設定

制限付き VLAN の設定

アクセス不能認証バイパス機能の設定

WoL を使用した IEEE 802.1x 認証の設定

MAC 認証バイパスの設定

NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の設定

Web 認証の設定

ポート上での IEEE 802.1x 認証のディセーブル化

IEEE 802.1x 認証設定のデフォルト値へのリセット

IEEE 802.1x の統計情報およびステータスの表示

IEEE 802.1x ポートベース認証の設定

この章では、Catalyst 3560 スイッチ上で IEEE 802.1x ポートベース認証を設定する方法について説明します。 IEEE 802.1x 認証は、不正なデバイス(クライアント)によるネットワーク アクセスを防止します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスおよび『Cisco IOS Security Command Reference, Release 12.2』の「RADIUS Commands」の項を参照してください。これには、Cisco.com のホームページ([Documentation] > [Cisco IOS Software] > [12.2 Mainline] > [Command References])からアクセス可能です。


この章の内容は、次のとおりです。

「IEEE 802.1x ポートベース認証の概要」

「IEEE 802.1x 認証の設定」

「IEEE 802.1x の統計情報およびステータスの表示」

IEEE 802.1x ポートベース認証の概要

IEEE 802.1x 規格では、一般の人がアクセス可能なポートからクライアントが LAN に接続しないように規制する(認証されている場合を除く)、クライアント/サーバ型のアクセス コントロールおよび認証プロトコルを定めています。認証サーバがスイッチ ポートに接続する各クライアントを認証したうえで、スイッチまたは LAN が提供するサービスを利用できるようにします。

IEEE 802.1x アクセス コントロールでは、クライアントを認証するまでの間、そのクライアントが接続しているポート経由では Extensible Authentication Protocol over LAN(EAPOL)、Cisco Discovery Protocol(CDP)、およびスパニングツリー プロトコル(STP)トラフィックしか許可されません。認証後、通常のトラフィックをポート経由で送受信できます。

ここでは、IEEE 802.1x ポートベース認証について説明します。

「デバイスの役割」

「認証プロセス」

「認証の開始およびメッセージ交換」

「許可ステートおよび無許可ステートのポート」

「IEEE 802.1x のホスト モード」

「IEEE 802.1x アカウンティング」

「IEEE 802.1x アカウンティング属性値ペア」

「VLAN 割り当てを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「ユーザ単位 ACL を使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「ゲスト VLAN を使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「制限付き VLAN による IEEE 802.1x 認証の利用」

「アクセス不能認証バイパスによる IEEE 802.1x 認証の使用」

「音声 VLAN ポートを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「ポート セキュリティを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「Wake-on-LAN を使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「MAC 認証バイパスを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」

「NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の利用」

「マルチドメイン認証の使用」

「Web 認証の使用」

デバイスの役割

IEEE 802.1x ポートベース認証では、ネットワーク上のデバイスにそれぞれ固有の役割があります(図 9-1を参照)。

図 9-1 IEEE 802.1x におけるデバイスの役割

 

クライアント :LAN およびスイッチ サービスへのアクセスを要求し、スイッチからの要求に応答するデバイス(ワークステーション)。ワークステーションでは、Microsoft Windows XP オペレーティング システムで提供されるクライアントなど、IEEE 802.1x 準拠のクライアント ソフトウェアが稼働している必要があります (クライアントは、IEEE 802.1x 標準の サプリカント になります)。


Windows XP のネットワーク接続および IEEE 802.1x 認証の問題を解決するには、次の URL にある Microsoft Knowledge Base を参照してください。http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q303/5/97.ASP


認証サーバ :クライアントの実際の認証を行います。認証サーバはクライアントの識別情報を確認し、そのクライアントに LAN およびスイッチ サービスへのアクセスを許可すべきかどうかをスイッチに通知します。スイッチはプロキシとして動作するので、認証サービスはクライアントに対して透過的に行われます。今回のリリースでサポートされる認証サーバは、Extensible Authentication Protocol(EAP)拡張機能を備えた Remote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)セキュリティ システムだけです。これは Cisco Secure Access Control Server バージョン 3.0 以降で利用できます。RADIUS はクライアント/サーバ モデルで動作し、RADIUS サーバと 1 つまたは複数の RADIUS クライアントとの間でセキュア認証情報を交換します。

スイッチ (エッジ スイッチまたはワイヤレス アクセス ポイント):クライアントの認証ステータスに基づいて、ネットワークへの物理アクセスを制御します。スイッチはクライアントと認証サーバとの仲介デバイス(プロキシ)として動作し、クライアントに識別情報を要求し、その情報を認証サーバで確認し、クライアントに応答をリレーします。スイッチには、EAP フレームのカプセル化とカプセル化解除、および認証サーバとの対話を処理する RADIUS クライアントが含まれています (スイッチは、IEEE 802.1x 標準の オーセンティケータ になります)。

スイッチが EAPOL フレームを受信して認証サーバにリレーする場合、イーサネット ヘッダーが取り除かれ、残りの EAP フレームが RADIUS フォーマットに再カプセル化されます。カプセル化では EAP フレームの変更は行われないため、認証サーバはネイティブ フレーム フォーマットの EAP をサポートする必要があります。スイッチが認証サーバからフレームを受信すると、サーバのフレーム ヘッダーが削除され、残りの EAP フレームがイーサネット用にカプセル化され、クライアントに送信されます。

仲介デバイスとして動作できるものには、Catalyst 3750-E、Catalyst 3560-E、Catalyst3750、Catalyst 3560、Catalyst 3550、Catalyst 2970、Catalyst 2960、Catalyst 2955、Catalyst 2950、Catalyst 2940、またはワイヤレス アクセス ポイントがあります。これらのデバイスは、RADIUS クライアントおよび IEEE 802.1x 認証をサポートするソフトウェアを実行している必要があります。

認証プロセス

IEEE 802.1x ポートベース認証がイネーブルで、クライアントが IEEE 802.1x 準拠のクライアント ソフトウェアをサポートしている場合、次のイベントが発生します。

クライアント識別情報が有効で、IEEE 802.1x 認証に成功した場合、スイッチはクライアントにネットワークへのアクセスを許可します。

EAPOL メッセージ交換の待機中に IEEE 802.1x 認証が期限切れになったときに、MAC 認証バイパスがイネーブルになっていた場合、スイッチはクライアントの MAC アドレスを許可に使用できます。このクライアント MAC アドレスが有効で認証に成功した場合、スイッチはクライアントにネットワークへのアクセスを許可します。クライアント MAC アドレスが無効で認証に失敗した場合、ゲスト VLAN が設定されていれば、スイッチはクライアントに限定的なサービスを提供するゲスト VLAN を割り当てます。

スイッチが IEEE 802.1x 対応クライアントから無効な識別情報を受け取ったときに、制限 VLAN が指定されていた場合、スイッチはこのクライアントを、限定されたサービスを提供する制限 VLAN に割り当てます。

RADIUS 認証サーバが使用できず(ダウンしていて)アクセスできない認証バイパスがイネーブルの場合、スイッチは、RADIUS 設定 VLAN またはユーザ指定アクセス VLAN で、ポートをクリティカル認証ステートにして、クライアントにネットワークのアクセスを許可します。


) アクセスできない認証バイパスは、クリティカル認証、または AAA 失敗ポリシーとも呼ばれます。


図 9-2 に、認証プロセスを示します。

ポートで Multi Domain Authentication(MDA)がイネーブルになっている場合、音声許可に該当する例外をいくつか伴ったフローを使用できます。MDA の詳細については、「マルチドメイン認証の使用」を参照してください。

図 9-2 認証フローチャート

 

次の状況のいずれかが発生すると、スイッチはクライアントを再認証します。

定期的な再認証がイネーブルで、再認証タイマーの期限が切れている場合。

スイッチ固有の値を使用するか、RADIUS サーバからの値に基づいて再認証タイマーを設定できます。

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x 認証の後で、スイッチは Session-Timeout RADIUS 属性(Attribute[27])、および Termination-Action RADIUS 属性(Attribute[29])に基づいてタイマーを使用します。

Session-Timeout RADIUS 属性(Attribute[27])には再認証が行われるまでの時間を指定します。

Termination-Action RADIUS 属性(Attribute[29])には、再認証中に行われるアクションを指定します。アクションは Initialize および ReAuthenticate に設定できます。アクションに Initialize (属性値は DEFAULT )を設定した場合、IEEE 802.1x セッションは終了し、認証中、接続は失われます。アクションに ReAuthenticate (属性値は RADIUS-Request)を設定した場合、セッションは再認証による影響を受けません。

クライアントを手動で再認証するには、 dot1x re-authenticate interface interface-id 特権 EXEC コマンドを入力します。

認証の開始およびメッセージ交換

IEEE 802.1x 認証中、スイッチまたはクライアントは認証を開始できます。 dot1x port-control auto インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポート上で認証をイネーブルにすると、スイッチは、リンク ステートがダウンからアップに移行したときに認証を開始し、ポートがアップしていて認証されていない場合は定期的に認証を開始します。スイッチはクライアントに EAP-Request/Identity フレームを送信し、その ID を要求します。クライアントはフレームを受信すると、EAP-Response/Identity フレームで応答します

ただし、クライアントが起動時にスイッチからの EAP-Request/Identity フレームを受信しなかった場合、クライアントは EAPOL-Start フレームを送信して認証を開始できます。このフレームはスイッチに対し、クライアントの識別情報を要求するように指示します。


) ネットワーク アクセス デバイスで IEEE 802.1x 認証がイネーブルになっていない、またはサポートされていない場合、クライアントからの EAPOL フレームはドロップされます。クライアントが認証の開始を 3 回試みても EAP-Request/Identity フレームを受信しなかった場合、クライアントはポートが許可ステートであるものとしてフレームを送信します。ポートが許可ステートであるということは、クライアントの認証が成功したことを実質的に意味します。詳細については、「許可ステートおよび無許可ステートのポート」を参照してください。


クライアントが自らの識別情報を提示すると、スイッチは仲介デバイスとしての役割を開始し、認証が成功または失敗するまで、クライアントと認証サーバの間で EAP フレームを送受信します。認証が成功すると、スイッチ ポートは許可ステートになります。認証に失敗した場合、認証が再試行されるか、ポートが限定的なサービスを提供する VLAN に割り当てられるか、あるいはネットワーク アクセスが許可されないかのいずれかになります。詳細については、「許可ステートおよび無許可ステートのポート」を参照してください。

実際に行われる EAP フレーム交換は、使用する認証方式によって異なります。図 9-3 に、クライアントが RADIUS サーバとの間で OTP(ワンタイム パスワード)認証方式を使用する際に行われるメッセージ交換を示します。

図 9-3 メッセージ交換

 

EAPOL メッセージ交換の待機中に IEEE 802.1x 認証が期限切れになった場合、MAC 認証バイパスがイネーブルになっていれば、スイッチは、クライアントからのイーサネット パケットを検出したときに、このクライアントを許可できます。スイッチは、クライアントの MAC アドレスを ID として使用し、RADIUS サーバに送信される RADIUS Access/Request フレームにこの情報を保存します。サーバがスイッチに RADIUS Access/Accept フレームを送信(認証が成功)すると、ポートが許可されます。認証に失敗してゲスト VLAN が指定されている場合、スイッチはポートをゲスト VLAN に割り当てます。スイッチが、イーサネット パケットの待機中に EAPOL パケットを検出した場合、スイッチは MAC 認証バイパス処理を中止し、IEEE 802.1x 認証を止めます。

図 9-4 に、MAC 認証バイパス中のメッセージ交換を示します。

図 9-4 MAC 認証バイパス中のメッセージ交換

 

許可ステートおよび無許可ステートのポート

IEEE 802.1x 認証中、スイッチ ポートのステートに応じて、スイッチはネットワークへのクライアント アクセスを許可できます。ポートは最初、 無許可 ステートです。このステートにある間、音声 VLAN ポートとして設定されていないポートは、IEEE 802.1x 認証、CDP、STP パケットを除くすべての入力トラフィックおよび出力トラフィックを許可しません。クライアントの認証が成功すると、ポートは 許可 ステートに変更し、クライアントのトラフィック送受信を通常どおりに許可します。ポートが音声 VLAN ポートとして設定されている場合、クライアントを正常に認証する前に、まず、このポートで VoIP トラフィックと IEEE 802.1x プロトコル パケットが許可されます。

IEEE 802.1x 認証をサポートしないクライアントが無許可の IEEE 802.1x ポートに接続する場合、スイッチはクライアントに識別情報を要求します。この状況では、クライアントは要求に応答せず、ポートは引き続き無許可ステートとなり、クライアントはネットワーク アクセスを許可されません。

対照的に、IEEE 802.1x 対応クライアントが IEEE 802.1x 標準を実行していないポートに接続している場合、クライアントは EAPOL-Start フレームを送信して認証プロセスを開始します。応答がなければ、クライアントは同じ要求を所定の回数だけ送信します。応答がないので、クライアントはポートが許可ステートであるものとしてフレーム送信を開始します。

dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドおよび次のキーワードを使用して、ポートの許可ステートを制御できます。

force-authorized :IEEE 802.1x 認証をディセーブルにして、認証情報の交換を要求せずにポートを許可ステートに変えます。ポートはクライアントとの IEEE 802.1x ベース認証を行わずに、通常のトラフィックを送受信します。これがデフォルト設定です。

force-unauthorized :クライアントからの認証の試みをすべて無視し、ポートを無許可ステートのままにします。スイッチはポートを介してクライアントに認証サービスを提供できません。

auto :IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。ポートは最初、無許可ステートであり、ポート経由で送受信できるのは EAPOL フレームだけです。ポートのリンク ステートがダウンからアップに変更したとき、または EAPOL-Start フレームを受信したときに、認証プロセスが開始されます。スイッチはクライアントの識別情報を要求し、クライアントと認証サーバとの間で認証メッセージのリレーを開始します。スイッチはクライアントの MAC アドレスを使用して、ネットワーク アクセスを試みる各クライアントを一意に識別します。

クライアントが認証に成功すると(認証サーバから Accept フレームを受信すると)、ポートが許可ステートに変わり、認証されたクライアントからの全フレームがポート経由での送受信を許可されます。認証が失敗すると、ポートは無許可ステートのままですが、認証を再試行することはできます。認証サーバに到達できない場合、スイッチは要求を再送信します。所定の回数だけ試行してもサーバから応答が得られない場合には、認証が失敗し、ネットワーク アクセスは許可されません。

クライアントはログオフするとき、EAPOL-Logoff メッセージを送信します。このメッセージによって、スイッチ ポートが無許可ステートになります。

ポートのリンク ステートがアップからダウンに変更した場合、または EAPOL-Logoff フレームを受信した場合に、ポートは無許可ステートに戻ります。

IEEE 802.1x のホスト モード

IEEE 802.1x ポートは、シングル ホスト モードまたはマルチホスト モードに設定できます。シングル ホスト モード(図 9-1 を参照)では、IEEE 802.1x 対応のスイッチ ポートに接続できるクライアントは 1 台だけです。スイッチは、ポートのリンク ステートがアップに変化したときに、EAPOL フレームを送信することでクライアントを検出します。クライアントがログオフしたとき、または別のクライアントに代わったときには、スイッチはポートのリンク ステートをダウンに変更し、ポートは無許可ステートに戻ります。

マルチホスト モードでは、1 つの IEEE 802.1x 対応ポートに複数のホストを接続できます。図 9-5 に、無線 LAN での IEEE 802.1x ポートベース認証を示します。このモードでは、接続されたクライアントのうち 1 つが許可されれば、クライアントすべてのネットワーク アクセスが許可されます。ポートが無許可ステートになると(再認証が失敗するか、または EAPOL-Logoff メッセージを受信した場合)、スイッチは接続しているクライアントのネットワーク アクセスをすべて禁止します。このトポロジでは、ワイヤレス アクセス ポイントが接続しているクライアントの認証を処理し、スイッチに対してクライアントとしての役割を果たします。

マルチホスト モードがイネーブルの場合、IEEE 802.1x 認証をポートの認証に使用し、クライアントを含むすべての MAC アドレスへのネットワーク アクセスをポート セキュリティが管理します。

図 9-5 マルチ ホスト モードの例

 

 

Cisco IOS Release 12.2(35)SE およびそれ以降は、データ デバイスと IP Phone(Cisco または Cisco 以外)などの音声デバイスの両方が同じスイッチ ポートに接続することを許可する MDA をサポートします。詳細については、「マルチドメイン認証の使用」を参照してください。

IEEE 802.1x アカウンティング

IEEE 802.1x 標準では、ユーザの認証およびユーザのネットワーク アクセスに対する許可方法を定義しています。ただし、ネットワークの使用法についてはトラッキングしません。IEEE 802.1x アカウンティングは、デフォルトでディセーブルです。IEEE 802.1x アカウンティングをイネーブルにすると、次のアクティビティを IEEE 802.1x 対応のポート上でモニタできます。

正常にユーザを認証します。

ユーザがログ オフします。

リンクダウンが発生します。

再認証が正常に行われます。

再認証が失敗します。

スイッチは IEEE 802.1x アカウンティング情報を記録しません。その代わり、スイッチはこの情報を RADIUS サーバに送信します。RADIUS サーバは、アカウンティング メッセージを記録するように設定する必要があります。

IEEE 802.1x アカウンティング属性値ペア

RADIUS サーバに送信された情報は、Attribute Value(AV; 属性値)ペアの形式で表示されます。これらの AV ペアのデータは、各種アプリケーションによって使用されます (たとえば課金アプリケーションの場合、RADIUS パケットの Acct-Input-Octets または Acct-Output-Octets 属性の情報が必要です)。

AV ペアは、IEEE 802.1x アカウンティングが設定されているスイッチによって自動的に送信されます。次の種類の RADIUS アカウンティング パケットがスイッチによって送信されます。

START:新規ユーザ セッションが始まると送信されます。

INTERIM:既存のセッションが更新されると送信されます。

STOP:セッションが終了すると送信されます。

次の 表 9-1 に、AV ペアおよびスイッチによって送信される AV ペアの条件を示します。

 

表 9-1 アカウンティング AV ペア

属性番号
AV ペア名
START
INTERIM
STOP

属性 [1]

User-Name

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [4]

NAS-IP-Address

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [5]

NAS-Port

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [8]

Framed-IP-Address

非送信

条件に応じて送信1

条件に応じて送信 1

属性 [25]

Class

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [30]

Called-Station-ID

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [31]

Calling-Station-ID

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [40]

Acct-Status-Type

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [41]

Acct-Delay-Time

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [42]

Acct-Input-Octets

非送信

非送信

常時送信

属性 [43]

Acct-Output-Octets

非送信

非送信

常時送信

属性 [44]

Acct-Session-ID

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [45]

Acct-Authentic

常時送信

常時送信

常時送信

属性 [46]

Acct-Session-Time

非送信

非送信

常時送信

属性 [49]

Acct-Terminate-Cause

非送信

非送信

常時送信

属性 [61]

NAS-Port-Type

常時送信

常時送信

常時送信

1.ホストに対して有効な Dynamic Host Control Protocol(DHCP)バインディングが DHCP スヌーピング バインディング テーブルに存在している場合にのみ、Framed-IP-Address の AV ペアは送信されます。

スイッチによって送信された AV ペアは、 debug radius accounting 特権 EXEC コマンドを入力することで表示できます。このコマンドの詳細については、次の URL にある『 Cisco IOS Debug Command Reference, Release 12.2 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/products_command_reference_book09186a00800872ce.html

AV ペアの詳細については、RFC 3580、『IEEE 802.1X Remote Authentication Dial In User Service (RADIUS) Usage Guidelines』を参照してください。

VLAN 割り当てを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

RADIUS サーバは、VLAN 割り当てを送信し、スイッチ ポートを設定します。RADIUS サーバ データベースは、ユーザ名と VLAN のマッピングを維持し、スイッチ ポートに接続するクライアントのユーザ名に基づいて VLAN を割り当てます。この機能を使用して、特定のユーザのネットワーク アクセスを制限できます。

音声デバイス認証は、Cisco IOS Release 12.2(37)SE のマルチドメイン ホスト モードでサポートされています。Cisco IOS Release 12.2(40)SE 以降、音声デバイスが許可されており、RADIUS サーバが許可された VLAN を返した場合、割り当てられた音声 VLAN 上でパケットを送受信するようにポート上の音声 VLAN が設定されます。音声 VLAN 割り当ては、マルチドメイン認証(MDA)対応のポートでのデータ VLAN 割り当てと同じように機能します。詳細については、「マルチドメイン認証の使用」を参照してください。

スイッチと RADIUS サーバ上で設定された場合、VLAN 割り当てを使用した IEEE 802.1x 認証には次の特性があります

RADIUS サーバから VLAN が提供されない場合、または IEEE 802.1x 認証がディセーブルの場合、認証が成功するとポートはアクセス VLAN に設定されます。アクセス VLAN とは、アクセス ポートに割り当てられた VLAN です。このポート上で送受信されるパケットはすべて、この VLAN に所属します。

IEEE 802.1x 認証がイネーブルで、RADIUS サーバからの VLAN 情報が有効でない場合、認証に失敗して、設定済の VLAN が引き続き使用されます。これにより、設定エラーによって不適切な VLAN に予期せぬポートが現れることを防ぎます。

設定エラーには、ルーテッド ポートの VLAN、間違った VLAN ID、存在しないまたは内部(ルーテッド ポート)の VLAN ID、RSPAN VLAN、シャットダウンしている VLAN、あるいは一時停止している VLAN ID の指定などがあります。マルチドメイン ホスト ポートの場合、設定エラーには、設定済みまたは割り当て済み VLAN ID と一致するデータ VLAN の割り当て試行(またはその逆)のために発生するものもあります。

IEEE 802.1x 認証がイネーブルで、RADIUS サーバからのすべての情報が有効の場合、許可されたデバイスは認証後、指定した VLAN に配置されます。

IEEE 802.1x ポートでマルチ ホスト モードがイネーブルの場合、すべてのホストは最初に認証されたホストと同じ VLAN(RADIUS サーバにより指定)に配置されます。

ポート セキュリティをイネーブル化しても、RADIUS サーバが割り当てられた VLAN の動作には影響しません。

IEEE 802.1x 認証がポートでディセーブルの場合、設定済みのアクセス VLAN と設定済の音声 VLAN に戻ります。

IEEE 802.1x ポートが認証され、RADIUS サーバによって割り当てられた VLAN に配置されると、そのポートのアクセス VLAN 設定への変更は有効になりません。マルチドメイン ホストの場合、ポートが完全にこれらの例外で許可されている場合、同じことが音声デバイスに適用されます。

あるデバイスで VLAN 設定を変更したことにより、他のデバイスに設定済みまたは割り当て済みの VLAN と一致した場合、ポート上の全デバイスの認証が中断して、データおよび音声デバイスに設定済みの VLAN が一致しなくなるような有効な設定が復元されるまで、マルチドメイン ホスト モードがディセーブルになります。

音声デバイスが許可されて、ダウンロードされた音声 VLAN を使用している場合、音声 VLAN 設定を削除したり設定値を dot1p または untagged に修正したりすると、音声デバイスが未許可になり、マルチドメイン ホスト モードがディセーブルになります。

ポートが、強制許可(force-authorized)ステート、強制無許可(force-unauthorized)ステート、無許可ステート、またはシャットダウン ステートの場合、ポートは設定済みのアクセス VLAN に配置されます。

トランク ポート、ダイナミック ポート、または VLAN メンバーシップ ポリシー サーバ(VMPS)によるダイナミック アクセス ポート割り当ての場合、VLAN 割り当て機能を使用した IEEE 802.1x 認証はサポートされません。

VLAN 割り当てを設定するには、次の作業を実行する必要があります

network キーワードを使用して AAA 認証をイネーブルにし、RADIUS サーバからのインターフェイス設定を可能にします。

IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします (アクセス ポートで IEEE 802.1x 認証を設定すると、VLAN 割り当て機能は自動的にイネーブルになります)。

RADIUS サーバにベンダー固有のトンネル属性を割り当てます。RADIUS サーバは次の属性をスイッチに返す必要があります。

[64] Tunnel-Type = VLAN

[65] Tunnel-Medium-Type = 802

[81] Tunnel-Private-Group-ID = VLAN 名または VLAN ID

属性 [64] は、値 VLAN (タイプ 13)でなければなりません。属性 [65] は、値 802 (タイプ 6)でなければなりません。属性 [81] は、IEEE 802.1x 認証ユーザに割り当てられた VLAN 名 または VLAN ID を指定します。

トンネル属性の例については、を参照してください。

ユーザ単位 ACL を使用した IEEE 802.1x 認証の利用

ユーザ単位のアクセス コントロール リスト(ACL)をイネーブルにして、IEEE 802.1x 認証ユーザに対して異なるレベルのネットワーク アクセスおよびサービスを提供します。RADIUS サーバが IEEE 802.1x ポートに接続されたユーザを認証すると、ユーザ ID に基づいて ACL 属性を取得してスイッチに送信します。スイッチは、ユーザ セッションの期間中、その属性を IEEE 802.1x ポートに適用します。セッションが終了すると、認証が失敗した場合、またはリンクダウン状態の発生時に、ユーザ単位 ACL 設定が削除されます。スイッチは、RADIUS 指定の ACL を実行コンフィギュレーションには保存しません。ポートが無許可の場合、スイッチはそのポートから ACL を削除します。

ユーザは同一のスイッチ上で、ルータ ACL および入力ポート ACL を使用できます。ただし、ポートの ACL はルータ ACL より優先されます。入力ポート ACL を VLAN に属するインターフェイスに適用する場合、ポート ACL は VLAN インターフェイスに適用する入力ルータ ACL よりも優先されます。ポート ACL が適用されたポート上で受信した着信パケットは、ポート ACL によってフィルタリングされます。その他のポートに着信したルーテッド パケットは、ルータ ACL によってフィルタリングされます。発信するルーテッド パケットには、ルータ ACL のフィルタが適用されます。コンフィギュレーションの矛盾を回避するには、RADIUS サーバに保存するユーザ プロファイルを慎重に計画しなければなりません。

RADIUS は、ベンダー固有属性などのユーザ単位属性をサポートします。ベンダー固有属性(VSA)は、オクテット ストリング形式で、認証プロセス中にスイッチに渡されます。ユーザ単位 ACL に使用される VSA は、入力方向では inacl#< n > で、出力方向では outacl#< n > です。MAC ACL は、入力方向に限りサポートされます。VSA は入力方向に限りサポートされます。レイヤ 2 ポートの出力方向ではポート ACL をサポートしません。詳細については、を参照してください。

拡張 ACL 構文形式だけを使用して、RADIUS サーバに保存するユーザ単位コンフィギュレーションを定義します。RADIUS サーバから定義が渡される場合、拡張命名規則を使用して作成されます。ただし、Filter-Id 属性を使用する場合、標準 ACL を示すことができます。

Filter-Id 属性を使用して、すでにスイッチに設定されているインバウンドまたはアウトバウンド ACL を指定できます。属性には、ACL 番号と、その後ろに入力フィルタリング、出力フィルタリングを示す .in または .out が含まれています。RADIUS サーバが .in または .out 構文を許可しない場合、アクセス リストはデフォルトで発信 ACL に適用されます。スイッチでの Cisco IOS のアクセス リストに関するサポートが制限されているため、Filter-ID 属性は 1 ~ 199 および 1300 ~ 2699 の IP ACL(IP 標準 ACL および IP 拡張 ACL)に対してだけサポートされます。

1 ポートがサポートする IEEE 802.1x 認証ユーザは 1 ユーザだけです。マルチ ホスト モードがポートでイネーブルの場合、ユーザ単位 ACL 属性は関連ポートでディセーブルです。

ユーザ単位 ACL の最大サイズは、4000 ASCII 文字ですが、RADIUS サーバのユーザ単位 ACL の最大サイズにより制限されます。

ベンダー固有属性の例については、を参照してください。ACL の設定の詳細については、 を参照してください。

ユーザ単位 ACL を設定するには、次の作業を実行する必要があります。

AAA 認証をイネーブルにします。

network キーワードを使用して AAA 認証をイネーブルにし、RADIUS サーバからのインターフェイス設定を可能にします。

IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします

RADIUS サーバにユーザ プロファイルと VSA を設定します。

シングルホスト モードの IEEE 802.1x ポートを設定します。

ゲスト VLAN を使用した IEEE 802.1x 認証の利用

スイッチ上の各 IEEE 802.1x ポートにゲスト VLAN を設定し、クライアントに対して限定的なサービスを提供できます(IEEE 802.1x クライアントのダウンロードなど)。これらのクライアントは IEEE 802.1x 認証用にシステムをアップグレードできる場合がありますが、一部のホスト(Windows 98 システムなど)は IEEE 802.1x 対応ではありません。

スイッチが EAP Request/Identity フレームに対する応答を受信していない場合、または EAPOL パケットがクライアントによって送信されない場合に、IEEE 802.1x ポート上でゲスト VLAN をイネーブルにすると、スイッチはクライアントにゲスト VLAN を割り当てます。

Cisco IOS Release 12.2(25)SE 以降では、スイッチは EAPOL パケット履歴を保持します。EAPOL パケットがリンクの存続時間中にインターフェイスで検出された場合、スイッチはそのインターフェイスに接続されているデバイスが IEEE 802.1x 対応のものであると判断します。インターフェイスはゲスト VLAN ステートにはなりません。インターフェイスのリンク ステータスがダウンした場合、EAPOL 履歴はクリアされます。EAPOL パケットがインターフェイスで検出されない場合、そのインターフェイスはゲスト VLAN のステートになります。

Cisco IOS Release 12.2(25)SE よりも前のスイッチでは、EAPOL パケット履歴を保持していなかったため、インターフェイスで EAPOL パケットが検出されたかどうかに関係なく、ゲスト VLAN への認証アクセスに失敗したクライアントを許可しました。 dot1x guest-vlan supplicant グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、この動作をイネーブルにできます。

Cisco IOS Release 12.2(25)SEE 以降では、リンクの存続時間中にデバイスが EAPOL パケットを送信した場合、スイッチはゲスト VLAN への認証アクセスに失敗したクライアントを許可しません。


) インターフェイスがゲスト VLAN に変わってから EAPOL パケットが検出された場合、無許可ステートに戻って 802.1x 認証を再起動します。


スイッチ ポートがゲスト VLAN に変わると、IEEE 802.1x 非対応クライアントはすべてアクセスを許可されます。IEEE 802.1x 対応クライアントが、ゲスト VLAN を設定しているポートと同じポートに加入すると、そのポートはユーザ設定アクセス VLAN では無許可ステートに移行し、認証が再開されます。

ゲスト VLAN は、シングルホスト モードおよびマルチホスト モードの IEEE 802.1x ポート上でサポートされます。

RSPAN VLAN、プライベート VLAN、音声 VLAN を除いて、アクティブ VLAN を IEEE 802.1x ゲスト VLAN として設定できます。ゲスト VLAN の機能は、内部 VLAN(ルーテッド ポート)またはトランク ポート上ではサポートされません。サポートされるのはアクセス ポートだけです。

Cisco IOS Release 12.2(25)SEE 以降では、スイッチは MAC 認証バイパス をサポートします。MAC 認証バイパスが IEEE 802.1x ポートでイネーブルの場合、スイッチは、IEEE 802.1x 認証のタイムアウト時に EAPOL メッセージ交換を待機している間、クライアント MAC アドレスに基づいてクライアントを許可できます。スイッチは、IEEE 802.1x ポート上のクライアントを検出した後で、クライアントからのイーサネット パケットを待機します。スイッチは、MAC アドレスに基づいたユーザ名およびパスワードを持つ RADIUS-access/request フレームを認証サーバに送信します。認証に成功すると、スイッチはクライアントにネットワークへのアクセスを許可します。認証に失敗すると、スイッチはポートにゲスト VLAN を割り当てます(指定されていない場合)。詳細については、「MAC 認証バイパスを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」を参照してください。

詳細については、「ゲスト VLAN の設定」を参照してください。

制限付き VLAN による IEEE 802.1x 認証の利用

ゲスト VLAN にアクセスできないクライアント向けに、限定されたサービスを提供するために、スイッチの各 IEEE 802.1x ポートに対して制限付き VLAN( 認証失敗 VLAN と呼ばれることもあります)を設定できます。これらのクライアントは、認証プロセスに失敗したため他の VLAN にアクセスできない IEEE 802.1x 対応クライアントです。制限付き VLAN を使用すると、認証サーバの有効なクレデンシャルを持っていないユーザ(通常、企業にアクセスするユーザ)に、サービスを制限したアクセスを提供できます。管理者は制限付き VLAN のサービスを制御できます。


) 両方のタイプのユーザに同じサービスを提供する場合、ゲスト VLAN と制限付き VLAN の両方を同じに設定できます。


この機能がないと、クライアントは認証失敗を永遠に繰り返すことになるため、スイッチ ポートがスパニングツリーのブロッキング ステートから変わることができなくなります。制限付き VLAN の機能を使用することで、クライアントの認証試行回数を指定し(デフォルト値は 3 回)、一定回数後にスイッチ ポートを制限付き VLAN の状態に移行させることができます。

認証サーバはクライアントの認証試行回数をカウントします。このカウントが設定した認証試行回数を超えると、ポートが制限付き VLAN の状態に変わります。失敗した試行回数は、RADIUS サーバが EAP failure で応答したときや、EAP パケットなしの空の応答を返したときからカウントされます。ポートが制限付き VLAN に変わったら、このカウント数はリセットされます。

認証に失敗したユーザの VLAN は、もう一度認証を実行するまで制限された状態が続きます。VLAN 内のポートは設定された間隔に従って再認証を試みます(デフォルトは 60 秒)。再認証に失敗している間は、ポートの VLAN は制限された状態が続きます。再認証に成功した場合、ポートは設定された VLAN もしくは RADIUS サーバによって送信された VLAN に移行します。再認証はディセーブルにすることもできますが、 ディセーブルにすると、 link down または EAP logoff イベントを受信しない限り、ポートの認証プロセスを再起動できません。クライアントがハブを介して接続している場合、再認証機能はイネーブルにしておくことを推奨します。クライアントの接続をハブから切り離すと、ポートに link down EAP logoff イベントが送信されない場合があります。

ポートが制限付き VLAN に移行すると、EAP 成功の疑似メッセージがクライアントに送信されます。このメッセージによって、繰り返し実行している再認証を停止させることができます。クライアントによっては(Windows XP が稼働しているデバイスなど)、EAP なしで DHCP を実装できません。

制限付き VLAN は、レイヤ 2 ポートにある IEEE 802.1x ポート上でシングル ホスト モードの場合のみサポートされます。

RSPAN VLAN、プライマリ プライベート VLAN、および音声 VLAN を除き、任意のアクティブ VLAN を IEEE 802.1x 制限 VLAN として設定できます。制限付き VLAN 機能は、内部 VLAN(ルーテッド ポート)またはトランク ポートではサポートされていません。アクセス ポート上でだけサポートされます。

この機能はポート セキュリティと連動します。ポートが認証されると、すぐに MAC アドレスがポート セキュリティに提供されます。ポート セキュリティがその MAC アドレスを許可しない場合、またはセキュア アドレス カウントが最大数に達している場合、ポートは無許可になり、errdisable ステートに移行します。

ダイナミック ARP インスペクション、DHCP スヌーピング、および IP ソース ガードなどの他のポート セキュリティ機能は、制限 VLAN 上で独立して設定できます。

詳細については、「制限付き VLAN の設定」を参照してください。

アクセス不能認証バイパスによる IEEE 802.1x 認証の使用

Cisco IOS Release 12.2(25)SED 以降では、スイッチが設定された RADIUS サーバに到達できず、ホストが認証されない場合、 クリティカル ポートに接続されたホストにネットワーク アクセスできるようスイッチを設定できます。クリティカル ポートは、アクセス不能認証バイパス機能( クリティカル認証 、または AAA 失敗ポリシー とも呼ばれます)に対してイネーブルになっています。

この機能がイネーブルの場合、スイッチはクリティカル ポートに接続されたホストの認証を行う際に、RADIUS サーバのステータスを確認します。利用可能なサーバが 1 つあれば、スイッチはホストを認証できます。ただし、すべての RADIUS サーバが利用不可能な場合は、スイッチはホストへのネットワーク アクセスを許可して、ポートを認証ステートの特別なケースであるクリティカル認証ステートにします。

アクセス不能認証バイパス機能の動作は、ポートの許可ステートにより異なります。

クリティカル ポートに接続されているホストが認証しようとする際にポートが無許可ですべてのサーバが利用できない場合、スイッチは RADIUS 設定済み VLAN またはユーザ指定のアクセス VLAN にあるポートをクリティカル認証ステートにします。

ポートが許可済みで、再認証が行われた場合、スイッチは現在の VLAN(事前に RADIUS サーバにより割り当てられた)でクリティカル ポートをクリティカル認証ステートにします。

認証交換時に RADIUS サーバが使用不能になった場合、現在の交換はタイム アウトになり、スイッチは次の認証試行時にクリティカル ポートをクリティカル認証ステートにします。

ホストを認証できる RADIUS サーバが利用可能な場合、クリティカル認証ステートのすべてのクリティカル ポートは自動的に再認証されます。

アクセス不能認証バイパスは、次の機能と相互に作用します。

ゲスト VLAN:アクセス不能認証バイパスは、ゲスト VLAN と互換性があります。ゲスト VLAN が IEEE 802.1x ポートでイネーブルの場合、この機能は次のように相互に作用します。

スイッチが EAP Request/Identity フレームへの応答を受信しないとき、または EAPOL パケットがクライアントによって送信されないときに、少なくとも 1 つの RADIUS サーバが使用できれば、スイッチはクライアントにゲスト VLAN を割り当てます。

すべての RADIUS サーバが使用できず、クライアントがクリティカル ポートに接続されている場合、スイッチはクライアントを認証して、クリティカル ポートを RADIUS 認証済み VLAN またはユーザ指定のアクセス VLAN でクリティカル認証ステートにします。

すべての RADIUS サーバが使用できず、クライアントがクリティカル ポートに接続されていない場合、ゲスト VLAN が設定されていても、スイッチはクライアントにゲスト VLAN を割り当てられません。

すべての RADIUS サーバが使用できず、クライアントがクリティカル ポートに接続されていて、すでにゲスト VLAN が割り当てられている場合、スイッチはそのポートをゲスト VLAN に保持します。

制限付き VLAN:ポートがすでに制限付き VLAN で許可されていて RADIUS サーバが使用できない場合、スイッチはクリティカル ポートを制限付き VLAN でクリティカル認証ステートにします。

IEEE 802.1x アカウンティング:RADIUS サーバが使用できない場合、アカウンティングは影響を受けません。

プライベート VLAN:プライベート VLAN ホスト ポートにアクセス不能認証バイパスを設定できます。アクセス VLAN は、セカンダリ VLAN でなければなりません。

音声 VLAN:アクセス不能認証バイパスは音声 VLAN と互換性がありますが、RADIUS 設定済み VLAN またはユーザ指定のアクセス VLAN は、音声 VLAN と異なっていなければなりません。

Remote Switched Port Analyzer(RSPAN):アクセス不能認証バイパスの RADIUS 設定またはユーザ指定のアクセス VLAN として RSPAN VLAN を指定しないでください。

音声 VLAN ポートを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

音声 VLAN ポートは特殊なアクセス ポートで、次の 2 つの VLAN ID が対応付けられています。

IP Phone との間で音声トラフィックを伝送する VVID。VVID は、ポートに接続された IP Phone を設定するために使用されます。

IP Phone を通じて、スイッチと接続しているワークステーションとの間でデータ トラフィックを伝送する PVID。PVID は、ポートのネイティブ VLAN です。

ポートの許可ステートにかかわらず、IP Phone は音声トラフィックに対して VVID を使用します。これにより、IP Phone は IEEE 802.1x 認証とは独立して動作できます。

シングル ホスト モードでは、IP Phone だけが音声 VLAN で許可されます。マルチ ホスト モードでは、サプリカントが PVID で認証された後、追加のクライアントがトラフィックを音声 VLAN 上で送信できます。マルチ ホスト モードがイネーブルの場合、サプリカント認証は PVID と VVID の両方に影響します。

リンクがあるとき、音声 VLAN ポートはアクティブになり、IP Phone からの最初の CDP メッセージを受け取るとデバイスの MAC アドレスが表示されます。Cisco IP Phone は、他のデバイスから受け取った CDP メッセージをリレーしません。その結果、複数の IP Phone が直列に接続されている場合、スイッチは直接接続されている 1 台の IP Phone のみを認識します。音声 VLAN ポートで IEEE 802.1x 認証がイネーブルの場合、スイッチは 2 ホップ以上離れた認識されない IP Phone からのパケットをドロップします。

IEEE 802.1x 認証をポート上でイネーブルにすると、音声 VLAN の機能を持つポート VLAN は設定できません。


) 音声 VLAN が設定され、Cisco IP Phone が接続されているアクセス ポートで IEEE 802.1x 認証をイネーブルにした場合、Cisco IP Phone のスイッチへの接続が最大 30 秒間失われます。


音声 VLAN の詳細については、を参照してください。

ポート セキュリティを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

シングル ホスト モードまたはマルチ ホスト モードのどちらでも、ポート セキュリティを備えた IEEE 802.1x ポートを設定できます ( switchport port-security インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートにポート セキュリティを設定する必要があります)。ポートでポート セキュリティおよび IEEE 802.1x 認証をイネーブルに設定すると、IEEE 802.1x 認証はそのポートを認証し、ポート セキュリティはそのクライアントを含むすべての MAC アドレスに対するネットワーク アクセスを管理します。この場合、IEEE 802.1x ポートを介してネットワークへアクセスできるクライアントの数またはグループを制限できます。

次に、スイッチ上での IEEE 802.1x 認証とポート セキュリティ間における相互関係の例を示します。

クライアントが認証され、ポート セキュリティ テーブルがいっぱいになっていない場合、クライアントの MAC アドレスがセキュア ホストのポート セキュリティ リストに追加されます。追加されると、ポートが通常どおりアクティブになります。

クライアントが認証されて、ポート セキュリティが手動で設定された場合、セキュア ホスト テーブル内のエントリは保証されます(ポート セキュリティのスタティック エージングがイネーブルになっていない場合)。

クライアントが認証されてもポート セキュリティ テーブルがいっぱいの場合、セキュリティ違反が発生します。これは、セキュア ホストの最大数がスタティックに設定されているか、またはセキュア ホスト テーブルでのクライアントがエージング アウトした場合に発生します。クライアントのアドレスがエージング アウトした場合、そのクライアントのセキュア ホスト テーブル内でのエントリは他のホストに取って代わられます。

最初に認証されたホストが原因でセキュリティ違反が発生すると、ポートは errdisable ステートになり、ただちにシャットダウンします。

セキュリティ違反発生時の動作は、ポート セキュリティ違反モードによって決まります。詳細については、を参照してください。

no switchport port-security mac-address mac-address インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポート セキュリティ テーブルから IEEE 802.1x クライアント アドレスを手動で削除する場合、dot1x re-authenticate interface interface-id 特権 EXEC コマンドを使用して、IEEE 802.1x クライアントを再認証する必要があります。

IEEE 802.1x クライアントがログオフすると、ポートが未認証ステートに変更され、そのクライアントのエントリを含むセキュア ホスト テーブル内のダイナミック エントリがすべてクリアされます。ここで通常の認証が実行されます。

ポートが管理上のシャットダウン状態になると、ポートは未認証ステートになり、ダイナミック エントリはすべてセキュア ホスト テーブルから削除されます。

シングル ホスト モードまたはマルチ ホスト モードのいずれの場合でも、IEEE 802.1x ポート上でポート セキュリティと音声 VLAN を同時に設定できます。ポート セキュリティは、Voice VLAN Identifier(VVID)および Port VLAN Identifier(PVID)の両方に適用されます。

スイッチ上でポート セキュリティをイネーブルにする手順については、を参照してください。

Wake-on-LAN を使用した IEEE 802.1x 認証の利用

IEEE 802.1x 認証の Wake-on-LAN(WoL)機能を使用すると、スイッチにマジック パケットと呼ばれる特定のイーサネット フレームを受信させて、休止状態の PC を起動させることができます。この機能は、管理者が休止状態のシステムへ接続しなければならない場合に役立ちます。

WoL を使用するホストが IEEE 802.1x ポートを通じて接続され、ホストの電源がオフになると、IEEE 802.1x ポートは無許可になります。無許可になったポートは EAPOL パケットしか送受信できないため、WoL マジック パケットはホストに届きません。さらに PC が休止状態になると、PC が認証されなくなるため、スイッチ ポートは閉じたままになります。

スイッチが WoL 機能を有効にした IEEE 802.1x 認証を使用している場合、スイッチはマジック パケットを含むトラフィックを無許可の IEEE 802.1x ポートに転送します。ポートが無許可の間、スイッチは EAPOL パケット以外の入力トラフィックをブロックし続けます。ホストはパケットを受信できますが、パケットをネットワーク内にある他のデバイスに送信できません。


) PortFast がポートでイネーブルになっていないと、そのポートは強制的に双方向ステートになります。


dot1x control-direction in インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートを単一方向として設定すると、ポートはスパニングツリー フォワーディング ステートに変更されます。ポートは、ホストにパケットを送信できますが、受信はできません。

dot1x control-direction both インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートを双方向として設定すると、ポートは、両方向でアクセス コントロールされます。ポートは、ホストとの間でパケットを送受信しません。

MAC 認証バイパスを使用した IEEE 802.1x 認証の利用

MAC 認証バイパス機能を使用し、クライアント MAC アドレス(図 9-2を参照)に基づいてクライアントを許可するようにスイッチを設定できます。たとえば、プリンタなどのデバイスに接続された IEEE 802.1x ポートでこの機能をイネーブルにできます。

クライアントからの EAPOL 応答の待機中に IEEE 802.1x 認証がタイムアウトした場合、スイッチは MAC 認証バイパスを使用してクライアントを許可しようとします。

MAC 認証バイパス機能が IEEE 802.1x ポートでイネーブルの場合、スイッチはクライアント ID として MAC アドレスを使用します。認証サーバには、ネットワーク アクセスを許可されたクライアント MAC アドレスのデータベースがあります。スイッチは、IEEE 802.1x ポート上のクライアントを検出した後で、クライアントからのイーサネット パケットを待機します。スイッチは、MAC アドレスに基づいたユーザ名およびパスワードを持つ RADIUS-access/request フレームを認証サーバに送信します。認証に成功すると、スイッチはクライアントにネットワークへのアクセスを許可します。許可が失敗した場合、ゲスト VLAN が設定されていれば、スイッチはポートをゲスト VLAN に割り当てます。

リンクのライフタイム中に EAPOL パケットがインターフェイス上で検出された場合、スイッチは、そのインターフェイスに接続されているデバイスが IEEE 802.1x 対応サプリカントであることを確認し、(MAC 認証バイパス機能ではなく)IEEE 802.1x 認証を使用してインターフェイスを認証します。インターフェイスのリンク ステータスがダウンした場合、EAPOL 履歴はクリアされます。

スイッチがすでに MAC 認証バイパスを使用してポートを許可し、IEEE 802.1x サプリカントを検出している場合、スイッチはポートに接続されているクライアントを許可します。再認証が発生するときに、Termination-Action RADIUS 属性値が DEFAULT であるために前のセッションが終了した場合、スイッチは優先再認証プロセスとして IEEE 802.1x 認証を使用します。

MAC 認証バイパスで認証されたクライアントは再認証できます。再認証プロセスは、IEEE 802.1x を使用して認証されたクライアントに対するプロセスと同じです。再認証中は、ポートは前に割り当てられた VLAN のままです。再認証に成功すると、スイッチはポートを同じ VLAN に保持します。再認証に失敗した場合、ゲスト VLAN が設定されていれば、スイッチはポートをゲスト VLAN に割り当てます。

再認証が Session-Timeout RADIUS 属性(Attribute[27])、および Termination-Action RADIUS 属性(Attribute[29])に基づいて行われるときに、Termination-Action RADIUS 属性(Attribute[29])のアクションが Initialize (属性値は DEFAULT )である場合、MAC 認証バイパス セッションは終了し、再認証の間の接続は失われます。MAC 認証バイパス機能が IEEE 802.1x 認証がタイムアウトした場合、スイッチは MAC 認証バイパス機能を使用して再認証を開始します。AV ペアの詳細については、RFC 3580『IEEE 802.1x Remote Authentication Dial In User Service (RADIUS) Usage Guidelines』を参照してください。

MAC 認証バイパスは、次の機能と相互に作用します。

IEEE 802.1x 認証:IEEE 802.1x 認証がポートでイネーブルの場合にだけ MAC 認証バイパスをイネーブルにできます。

ゲスト VLAN:クライアントの MAC アドレス ID が無効な場合、ゲスト VLAN が設定されていれば、スイッチは VLAN にクライアントを割り当てます。

制限付き VLAN:IEEE 802.1x ポートに接続されているクライアントが MAC 認証バイパスで認証されている場合には、この機能はサポートされません。

ポート セキュリティ:「ポート セキュリティを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」を参照してください。

音声 VLAN:「音声 VLAN ポートを使用した IEEE 802.1x 認証の利用」を参照してください。

VLAN メンバーシップ ポリシー サーバ(VMPS):IEEE 802.1x および VMPS は相互に排他的です。

プライベート VLAN:クライアントをプライベート VLAN に割り当てられます。

Network Admission Control(NAC)レイヤ 2 IP 検証:この機能は、IEEE 802.1x ポートが例外リスト内のホストを含む MAC 認証バイパスを使用して認証されると有効になります。

NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の利用

Cisco IOS Release 12.2(25)SED 以降では、スイッチは NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証をサポートします。これは、デバイス ネットワーク アクセスを許可する前に、エンドポイント システムやクライアントのウイルス対策の状態や ポスチャ をチェックします。NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証を使用すると、以下の作業を実行できます。

Session-Timeout RADIUS 属性(属性 [27])と Termination-Action RADIUS 属性(属性 [29])を認証サーバからダウンロードします。

Session-Timeout RADIUS 属性(属性 [27])の値として再認証試行間の秒数を指定し、RADIUS サーバからクライアントのアクセス ポリシーを取得します。

スイッチが Termination-Action RADIUS 属性(属性[29])を使用してクライアントを再認証する際のアクションを設定します。値が DEFAULT であるか、値が設定されていない場合、セッションは終了します。値が RADIUS 要求の場合、再認証プロセスが開始します。

NAC ポスチャ トークンを表示します。これは、 show dot1x 特権 EXEC コマンドを使用して、クライアントのポスチャを示します。

ゲスト VLAN としてセカンダリ プライベート VLAN を設定します。

NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の設定は、RADIUS サーバにポスチャ トークンを設定する必要があることを除いて、IEEE 802.1x ポートベース認証と似ています。NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の設定に関する詳細については、「NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の設定」およびを参照してください。 「定期的な再認証の設定」

NAC の詳細については、『 Network Admission Control Software Configuration Guide 』を参照してください。

マルチドメイン認証の使用

スイッチはマルチドメイン認証(MDA)をサポートしています。これにより、データ装置と IP Phone などの音声装置(シスコ製品またはシスコ以外の製品)の両方を同じスイッチ ポート上で認証できます。ポートはデータ ドメインと音声ドメインに分割されます。

MDA では、デバイス認証の順序が指定されません。ただし、最適な結果を得るには、MDA 対応のポート上のデータ デバイスよりも前に音声デバイスを認証することを推奨します。

MDA を設定するときには、次の注意事項に従ってください。

MDA のスイッチ ポートを設定するには、「ホスト モードの設定」を参照してください。

ホスト モードがマルチドメインに設定されている場合、IP Phone の音声 VLAN を設定する必要があります。詳細については、 を参照してください。

MDA 対応ポートでの音声 VLAN 割り当ては、Cisco IOS Release 12.2(40)SE 以降でサポートされています。


) ダイナミック VLAN を使用して Cisco IOS Release 122(37)SE を実行するスイッチの MDA 対応のスイッチ ポートで音声 VLAN を割り当てると、音声デバイス許可が失敗します。


音声デバイスを許可するには、値を device-traffic-class=voice に設定した Cisco 属性値(AV)ペア属性を送信するように AAA サーバを設定する必要があります。この値を使用しない場合、音声デバイスはデータ デバイスとして扱われます。

ゲスト VLAN および制限付き VLAN 機能は、MDA 対応ポートでのデータ デバイスにだけ適用されます。スイッチ は、 許可されなかった音声デバイスをデータ デバイスと 見なします。

複数のデバイスでポートの音声またはデータ ドメインの許可を行おうとすると、errordisable になります。

デバイスが許可されるまで、ポートはそのトラフィックをドロップします。他社製 IP Phone または音声デバイスはデータおよび音声 VLAN の両方に許可されます。データ VLAN では、音声デバイスを DHCP サーバに接続して IP アドレスおよび音声 VLAN 情報を取得することができます。音声デバイスが音声 VLAN で送信を開始すると、データ VLAN へのアクセスはブロックされます。

データ VLAN とバインドしている音声デバイス MAC アドレスは、ポート セキュリティ MAC アドレス制限にカウントされません。

データ デバイスにだけ RADIUS サーバからダイナミック VLAN 割り当てを使用できます。

MDA では、IEEE 802.1x 認証をサポートしていないデバイスへのスイッチ ポートの接続を許可するフォールバック メカニズムとして、MAC 認証バイパスを使用できます。詳細については、「MAC 認証バイパス」を参照してください。

データまたは音声デバイスがポートで検出されると、認証に成功するまでその MAC アドレスがブロックされます。許可に失敗した場合、MAC アドレスが 5 分間ブロックされたままになります。

ポートが未認証中に 6 つ以上のデバイスがデータ VLAN で検出された場合や、複数の音声デバイスが音声 VLAN で検出された場合、ポートは errdisable になります。

ポートのホスト モードをシングルホスト モードまたはマルチホスト モードからマルチドメイン モードに変更すると、ポートでは許可されたデータ デバイスは許可されたままになります。ただし、ポートの音声 VLAN で許可されている Cisco IP Phone は自動的に削除されるので、そのポートでは再認証を行う必要があります。

ゲスト VLAN や制限付き VLAN などのアクティブ フォールバック メカニズムは、ポートをシングル モードまたはマルチホスト モードからマルチドメイン モードに変更したあとでも設定されたままになります。

ポートのホスト モードをマルチドメイン モードからシングル モードまたはマルチホスト モードに変更すると、許可されているすべてのデバイスがポートから削除されます。

まずデータ ドメインを許可してゲスト VLAN に参加させる場合、IEEE 802.1x 非対応の音声デバイスは、音声 VLAN のパケットをタグ付けして、認証を開始する必要があります。

MDA 対応ポートでは、ユーザ単位 ACL を推奨しません。ユーザ単位 ACL ポリシーを備えた、許可されたデバイスは、ポートの音声 VLAN とデータ VLAN の両方のトラフィックに影響を与えることがあります。このようなデバイスを使用する場合は、ポートでユーザ単位 ACL を適用するデバイスは 1 台だけにしてください。

Web 認証の使用

Web ブラウザを使用して、IEEE 802.1x 機能をサポートしないクライアントを認証することができます。この機能は、同一共有ポート内で最大 8 ユーザを認証することが可能で、適切なポリシーを共有ポート上の各エンド ホストに適用することができます。

Web 認証のみを使用してポートを設定することが可能です。また、まず IEEE 802.1x 認証を試行してみて、クライアントが IEEE 802.1x 認証をサポートしていない場合は Web 認証を使用するようにポート設定することも可能です。

Web 認証には、Cisco Attribute-Value(AV)ペア属性が 2 つ必要です。

最初の属性 priv-lvl=15 は、常に 15 に設定しておく必要があります。これにより、スイッチにログインするユーザの権限レベルが設定されます。

次の属性が、Web 認証ホストに対して適用されるアクセス リストです。 構文は、IEEE 802.1x ユーザ単位 ACL と似ています。ただし、ip:inacl の代わりに、この属性は proxyacl で開始され、各エントリの source フィールドは any でなければなりません (認証後、ACL が適用された時にクライアント IP アドレスが any フィールドを置き換えます)。

次に例を示します。

proxyacl# 10=permit ip any 10.0.0.0 255.0.0.0
proxyacl# 20=permit ip any 11.1.0.0 255.255.0.0
proxyacl# 30=permit udp any any eq syslog
proxyacl# 40=permit udp any any eq tftp

) proxyacl エントリは、すべての許可済ネットワーク アクセスのタイプを決定します。


詳細については、「Web 認証の設定」を参照してください。

自動 MAC チェックによる Web 認証

自動 MAC チェックによる Web 認証を使用して、IEEE 802.1x 機能または Web ブラウザ機能をサポートしていないクライアントを認証することができます。これにより、プリンタなどのエンド ホストを MAC アドレスだけで自動的に認証することが可能になります。他に必要な設定はありません。

自動 MAC チェックによる Web 認証は、Web 認証のスタンドアロン モードでのみ動作します。Web 認証を IEEE 802.1x 認証のフォールバックとして設定している場合、この方法は使用できません。

自動 MAC チェックを正しく実行するには、デバイスの MAC アドレスを Access Control Server(ACS)に設定する必要があります。プリンタなどの管理対象デバイスは、自動 MAC チェックを使用することで Web 認証を省略できます。


) 同一スイッチの異なるポートに設定された(自動 MAC チェックによる)Web 認証と IEEE 802.1x MAC 認証の相互運用性はサポートされません。


IEEE 802.1x 認証の設定

ここでは、次の設定について説明します。

「IEEE 802.1x 認証のデフォルト設定」

「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」

「IEEE 802.1x 認証の設定」(必須)

「スイッチおよび RADIUS サーバ間の通信の設定」(必須)

「ホスト モードの設定」(任意)

「定期的な再認証の設定」(任意)

「ポートに接続するクライアントの手動での再認証」(任意)

「待機時間の変更」(任意)

「スイッチからクライアントへの再送信時間の変更」(任意)

「スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数の設定」(任意)

「再認証回数の設定」(任意)

「IEEE 802.1x アカウンティングの設定」(任意)

「ゲスト VLAN の設定」(任意)

「制限付き VLAN の設定」(任意)

「アクセス不能認証バイパス機能の設定」(任意)

「WoL を使用した IEEE 802.1x 認証の設定」(任意)

「MAC 認証バイパスの設定」(任意)

「NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の設定」(任意)

「Web 認証の設定」(任意)

「ポート上での IEEE 802.1x 認証のディセーブル化」(任意)

「IEEE 802.1x 認証設定のデフォルト値へのリセット」(任意)

IEEE 802.1x 認証のデフォルト設定

表 9-2 に、IEEE 802.1x 認証のデフォルト設定を示します。

 

表 9-2 IEEE 802.1x 認証のデフォルト設定

機能
デフォルト設定

スイッチの IEEE 802.1x イネーブル ステート

ディセーブル

ポート単位の IEEE 802.1x イネーブル ステート

ディセーブル(force-authorized)

ポートはクライアントの IEEE 802.1x ベース認証を行わずに、通常のトラフィックを送受信します。

AAA

ディセーブル

RADIUS サーバ

IP アドレス

UDP 認証ポート

キー

 

指定なし

1812

指定なし

ホスト モード

シングル ホスト モード

制御方向

双方向制御

定期的な再認証

ディセーブル

再認証の間隔(秒)

3600 秒

再認証回数

2 回(ポートが無許可ステートに変わる前に、スイッチが認証プロセスを再開する回数)

待機時間

60 秒(スイッチがクライアントとの認証情報の交換に失敗した後、待機状態を続ける秒数)

再送信時間

30 秒(スイッチが EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの秒数)

最大再送信回数

2 回(スイッチが認証プロセスを再開する前に、EAP-Request/Identity フレームを送信する回数)

クライアント タイムアウト時間

30 秒 (認証サーバからの要求をクライアントにリレーするとき、スイッチが返答を待ち、クライアントに要求を再送信するまでの時間)

認証サーバ タイムアウト時間

30 秒(クライアントからの応答を認証サーバにリレーするとき、スイッチが応答を待ち、応答をサーバに再送信するまでの時間 これは設定できません)。

無活動タイムアウト

ディセーブル

ゲスト VLAN

指定なし

アクセス不能認証バイパス

ディセーブル

制限付き VLAN

指定なし

オーセンティケータ(スイッチ)モード

指定なし

MAC 認証バイパス

ディセーブル

IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項

ここでは、次の機能における注意事項を説明します。

「IEEE 802.1x 認証」

「VLAN 割り当て、ゲスト VLAN、制限付き VLAN、アクセス不能認証バイパス」

「MAC 認証バイパス」

IEEE 802.1x 認証

IEEE 802.1x 認証を設定する場合の注意事項は、次のとおりです。

IEEE 802.1x 認証がイネーブルに設定されていると、他のレイヤ 2 またはレイヤ 3 機能がイネーブルになる前に、ポートが認証されます。

IEEE 802.1x 対応ポートを(たとえばアクセスからトランクに)変更しようとしても、エラー メッセージが表示され、ポート モードは変更されません。

IEEE 802.1x 対応ポートが割り当てられている VLAN が変更された場合、この変更は透過的でスイッチには影響しません。たとえば、ポートが RADIUS サーバに割り当ててられた VLAN に割り当てられ、再認証後に別の VLAN に割り当てられた場合に、この変更が発生します。

IEEE 802.1x ポートが割り当てられている VLAN がシャットダウン、ディセーブル、または削除される場合、ポートは無許可になります。たとえば、ポートが割り当てられたアクセス VLAN がシャットダウンまたは削除された後、ポートは無許可になります。

IEEE 802.1x プロトコルはレイヤ 2 スタティック アクセス ポート、音声 VLAN ポート、レイヤ 3 ルーテッド ポートでサポートされていますが、次のポート タイプではサポートされていません。

トランク ポート:トランク ポート上で IEEE 802.1x 認証をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x 認証はイネーブルになりません。IEEE 802.1x 対応ポートのモードをトランクに変更しようとしても、エラー メッセージが表示され、ポート モードは変更されません。

ダイナミック ポート:ダイナミック モードのポートは、ネイバーとトランク ポートへの変更をネゴシエートする場合があります。ダイナミック ポートで IEEE 802.1x 認証をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x 認証はイネーブルになりません。IEEE 802.1x 対応ポートのモードをダイナミックに変更しようとしても、エラー メッセージが表示され、ポート モードは変更されません。

ダイナミック アクセス ポート:ダイナミック アクセス(VLAN Query Protocol(VQP))ポートで IEEE 802.1x 認証をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x 認証はイネーブルになりません。IEEE 802.1x 対応ポートを変更してダイナミック VLAN を割り当てようとしても、エラー メッセージが表示され、VLAN 設定は変更されません。

EtherChannel ポート:アクティブまたはアクティブでない EtherChannel メンバであるポートを IEEE 802.1x ポートとして設定しないでください。EtherChannel ポートで IEEE 802.1x 認証をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x 認証はイネーブルになりません。


) Cisco IOS Release 12.2(18)SE よりも前のソフトウェア リリースでは、まだアクティブになっていない EtherChannel のポートで IEEE 802.1x 認証をイネーブルにしても、ポートは EtherChannel に加入しません。


スイッチド ポート アナライザ(SPAN)および Remote SPAN(RSPAN)宛先ポート:SPAN または RSPAN 宛先ポートであるポートの IEEE 802.1x 認証をイネーブルにすることができます。ただし、ポートを SPAN または RSPAN 宛先ポートとして削除するまでは、IEEE 802.1x 認証はディセーブルになります。SPAN または RSPAN 送信元ポートでは IEEE 802.1x 認証をイネーブルにすることができます。

スイッチ上で、 dot1x system-auth-control グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して IEEE 802.1x 認証をグローバルにイネーブルにする前に、IEEE 802.1x 認証と EtherChannel が設定されているインターフェイスから、EtherChannel の設定を削除してください。

VLAN 割り当て、ゲスト VLAN、制限付き VLAN、アクセス不能認証バイパス

VLAN 割り当て、ゲスト VLAN、制限付き VLAN、およびアクセス不能認証バイパス設定時の注意事項は、次のとおりです。

IEEE 802.1x 認証をポート上でイネーブルにすると、音声 VLAN の機能を持つポート VLAN は設定できません。

トランク ポート、ダイナミック ポート、または VMPS によるダイナミック アクセス ポート割り当ての場合、VLAN 割り当て機能を使用した IEEE 802.1x 認証はサポートされません。

IEEE 802.1x 認証をプライベート VLAN ポートに設定できますが、ポート セキュリティ、音声 VLAN、ゲスト VLAN、制限付き VLAN、またはユーザ単位 ACL が付いた IEEE 802.1x 認証をプライベート VLAN ポートに設定できません。

RSPAN VLAN、プライベート VLAN、音声 VLAN を除くあらゆる VLAN を IEEE 802.1x ゲスト VLAN として設定できます。ゲスト VLAN の機能は、内部 VLAN(ルーテッド ポート)またはトランク ポート上ではサポートされません。サポートされるのはアクセス ポートだけです。

DHCP クライアントが接続されている IEEE 802.1x ポートのゲスト VLAN を設定した後、DHCP サーバからホスト IP アドレスを取得する必要があります。クライアント上の DHCP プロセスが時間切れとなり、DHCP サーバからホスト IP アドレスを取得しようとする前に、スイッチ上の IEEE 802.1x 認証プロセスを再起動する設定を変更できます。IEEE 802.1x 認証プロセスの設定を減らします( dot1x timeout quiet-period および dot1x timeout tx-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンド)。設定の減少量は、接続された IEEE 802.1x クライアントのタイプによって異なります。

アクセス不能認証バイパス機能を設定する際には、次の注意事項に従ってください。

この機能はシングル ホスト モードおよびマルチホスト モードの IEEE 802.1x ポートでサポートされます。

Windows XP を稼働しているクライアントに接続されたポートがクリティカル認証ステートの場合、Windows XP はインターフェイスが認証されないと報告する場合があります。

Windows XP クライアントで DHCP が設定され、DHCP サーバからの IP アドレスがある場合、クリティカル ポートで EAP 認証成功メッセージを受信しても DHCP 設定プロセスを再初期化しません。

IEEE 802.1x ポート上では、アクセス不能認証バイパス機能および制限付き VLAN を設定できます。スイッチが制限付き VLAN 内でクリティカル ポートを再認証しようとし、すべての RADIUS サーバが利用不可能な場合、スイッチはポート ステートをクリティカル認証ステートに変更し、制限付き VLAN に残ります。

アクセス不能認証バイパス機能とポート セキュリティは、同じスイッチ ポートに設定できます。

RSPAN VLAN または音声 VLAN を除くあらゆる VLAN を、IEEE 802.1x 制限付き VLAN として設定できます。制限付き VLAN 機能は、内部 VLAN(ルーテッド ポート)またはトランク ポートではサポートされていません。アクセス ポート上でだけサポートされます。

MAC 認証バイパス

MAC 認証バイパス設定時の注意事項は次のとおりです。

特に明記していないかぎり、MAC 認証バイパスの注意事項は IEEE 802.1x 認証のものと同じです。詳細については、「IEEE 802.1x 認証」を参照してください。

ポートが MAC アドレスで許可された後に、ポートから MAC 認証バイパスをディセーブルにしても、ポート ステートに影響はありません。

ポートが未許可ステートであり、クライアント MAC アドレスが認証サーバ データベースにない場合、ポートは未許可ステートのままです。ただし、クライアント MAC アドレスがデータベースに追加されると、スイッチは MAC 認証バイパス機能を使用してポートを再認証できます。

ポートが認証ステートにない場合、再認証が行われるまでポートはこのステートを維持します。

Cisco IOS Release 12.2(35) SE 以降では、MAC 認証バイパスで接続されているが非アクティブになっているホストのタイムアウト期間を設定できます。指定できる範囲は 1 ~ 65535 秒です。タイムアウト値を設定する前に、ポート セキュリティをイネーブルにする必要があります。詳細については、を参照してください。

旧版のソフトウェア リリースからのアップグレード

Cisco IOS Release 12.2(25)SEE では、IEEE 802.1x 認証の実装が旧リリースから変更されています。IEEE 802.1x 認証がイネーブルの場合、PortFast に関する情報は設定には追加されず、この情報は実行コンフィギュレーションに表示されます。

dot1x pae authenticator

IEEE 802.1x 認証の設定

IEEE 802.1x ポートベース認証を設定するには、認証、許可、アカウンティング(AAA)をイネーブルにして認証方式リストを指定する必要があります。方式リストは、ユーザ認証のためにクエリー送信を行う手順と認証方式を記述したものです。

ユーザ単位 ACL または VLAN 割り当てを可能にするには、AAA 許可をイネーブルにしてネットワーク関連のすべてのサービス要求に対してスイッチを設定する必要があります。

次に、IEEE 802.1x の AAA プロセスを示します。


ステップ 1 ユーザがスイッチのポートに接続します。

ステップ 2 認証が実行されます。

ステップ 3 RADIUS サーバ設定に基づいて、VLAN 割り当てが適宜イネーブルになります。

ステップ 4 スイッチが開始メッセージをアカウンティング サーバに送信します。

ステップ 5 必要に応じて、再認証が実行されます。

ステップ 6 スイッチが仮のアカウンティング アップデートを、再認証結果に基づいたアカウンティング サーバに送信します。

ステップ 7 ユーザがポートから切断します。

ステップ 8 スイッチが停止メッセージをアカウンティング サーバに送信します。


 

IEEE 802.1x ポートベース認証を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

aaa new-model

AAA をイネーブルにします。

ステップ 3

aaa authentication dot1x { default } method1

IEEE 802.1x 認証方式リストを作成します。

authentication コマンドに名前付きリストが指定されて いない 場合に使用するデフォルトのリストを作成するには、 default キーワードの後ろにデフォルト状況で使用する方式を指定します。デフォルトの方式リストは、自動的にすべてのポートに適用されます。

method1 には、 group radius キーワードを入力して、認証用のすべての RADIUS サーバ リストを使用できるようにします。

キーワード以外にもコマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされていません。

ステップ 4

dot1x system-auth-control

スイッチで IEEE 802.1x 認証をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 5

aaa authorization network { default } group radius

(任意)ユーザ単位 ACL や VLAN 割り当てなど、ネットワーク関連のすべてのサービス要求に対するユーザ RADIUS 許可をスイッチに設定します。

ユーザ単位 ACL を設定するには、シングルホスト モードを設定する必要があります。この設定は、デフォルトです。

ステップ 6

radius-server host ip-address

(任意)RADIUS サーバの IP アドレスを指定します。

ステップ 7

radius-server key string

(任意) RADIUS サーバ上で動作する RADIUS デーモンとスイッチの間で使用する認証および暗号キーを指定します。

ステップ 8

interface interface-id

IEEE 802.1x 認証をイネーブルにするクライアントに接続しているポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 9

switchport mode access

(任意)ステップ 6 および 7 で RADIUS サーバを設定した場合のみ、ポートをアクセス モードに設定します。

ステップ 10

dot1x port-control auto

ポートの IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。

機能の相互作用については、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 11

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 12

show dot1x

入力内容を確認します。

ステップ 13

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

スイッチおよび RADIUS サーバ間の通信の設定

RADIUS セキュリティ サーバは、ホスト名または IP アドレス、ホスト名と特定の UDP ポート番号、または IP アドレスと特定の UDP ポート番号によって識別します。IP アドレスと UDP ポート番号の組み合わせによって、一意の ID が作成され、同一 IP アドレスのサーバ上にある複数の UDP ポートに RADIUS 要求を送信できるようになります。同じ RADIUS サーバ上の異なる 2 つのホスト エントリに同じサービス(たとえば認証)を設定した場合、2 番めに設定されたホスト エントリは、最初に設定されたホスト エントリのフェールオーバー バックアップとして動作します。RADIUS ホスト エントリは、設定した順序に従って試行されます。

スイッチ上に RADIUS サーバ パラメータを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は必須です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

radius-server host { hostname | ip-address } auth-port port-number key string

RADIUS サーバ パラメータを設定します。

hostname | ip-address には、 リモート RADIUS サーバのホスト名または IP アドレスを指定します。

auth-port port-number には、 認証要求の UDP 宛先ポートを指定します。デフォルトは 1812 です。指定できる範囲は 0 ~ 65536 です。

key string には、 スイッチと RADIUS サーバ上で動作する RADIUS デーモンとの間で使用する認証および暗号キーを指定します。キーは、RADIUS サーバで使用する暗号化キーに一致するテキスト ストリングでなければなりません。

コマンド構文の最後の項目として設定してください。キーにスペースを使用する場合は、引用符がキーの一部分である場合を除き、引用符でキーを囲まないでください。キーは RADIUS デーモンで使用する暗号に一致している必要があります。

複数の RADIUS サーバを使用する場合には、このコマンドを繰り返し入力します。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show running-config

入力内容を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

特定の RADIUS サーバを削除するには、 no radius-server host { hostname | ip-address } グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、IP アドレス 172.120.39.46 のサーバを RADIUS サーバとして指定し、ポート 1612 を許可ポートとして使用し、暗号キーを RADIUS サーバ上のキーと同じ rad123 に設定する例を示します。

Switch(config)# radius-server host 172.l20.39.46 auth-port 1612 key rad123
 

radius-server host グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、タイムアウト、再送信回数、暗号化キーの値を、すべての RADIUS サーバにグローバルに設定できます。これらのオプションをサーバ単位で設定するには、 radius-server timeout radius-server retransmit 、および radius-server key グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。詳細については、を参照してください。

RADIUS サーバ上でも、いくつかの値を設定する必要があります。これらの設定値としては、スイッチの IP アドレス、およびサーバとスイッチの双方で共有するキー ストリングがあります。詳細については、RADIUS サーバのマニュアルを参照してください。

ホスト モードの設定

IEEE 802.1x 認証済みポート上で単一のホスト(クライアント)または複数のホストを許可するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。 multi-domain キーワードを使用して、マルチドメイン認証(MDA)を設定し、同じスイッチ ポート上の IP Phone(シスコ製品または他社製品)など、ホストと音声デバイスの両方の認証をイネーブルにします。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

radius-server vsa send authentication

VSA(Vendor-Specific Attribute; ベンダー固有属性)を認識し使用するために、ネットワーク アクセス サーバを設定します。

ステップ 3

interface interface-id

複数ホストが間接的に接続されているポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

dot1x host-mode { single-host | multi-host | multi-domain }

キーワードの意味は次のとおりです。

single-host:IEEE 802.1x 許可ポートで単一のホスト(クライアント)を許可します。

multi-host:シングル ホストの認証後に IEEE 802.1x 許可ポートで複数のホスト(クライアント)の接続を許可します。

multi-domain:ホスト デバイスと IP Phone(シスコ製または他社製)など音声デバイスの両方が、IEEE 802.1x 許可ポートで認証されるようにします。

(注) ホスト モードが multi-domain に設定されている場合、IP Phone の音声 VLAN を設定する必要があります。詳細については、 を参照してください。

指定するインターフェイスでは、 dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドが auto に設定されていることを確認してください。

ステップ 5

switchport voice vlan vlan-id

(任意)音声 VLAN を設定します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ポート上の複数のホストをディセーブルにするには、no dot1x host-mode multi-host インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、IEEE 802.1x 認証をイネーブルにして、複数のホストを許可する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet/0/1
 
Switch(config-if)# dot1x port-control auto
Switch(config-if)# dot1x host-mode multi-host
Switch(config-if)# end
 

次に、MDA をイネーブルにして、ポートでホストおよび音声デバイスの両方を許可する例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# dot1x port-control auto
Switch(config-if)# dot1x host-mode multi-domain
Switch(config-if)# switchport voice vlan 101
Switch(config-if)# end

定期的な再認証の設定

IEEE 802.1x クライアントの定期的な再認証をイネーブルにし、再認証の間隔を指定できます。再認証を行う間隔を指定しない場合、3600 秒おきに再認証が試みられます。

クライアントの定期的な再認証をイネーブルにし、再認証を行う間隔(秒)を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

dot1x reauthentication

クライアントの定期的な再認証(デフォルトではディセーブル)をイネーブルにします。

ステップ 4

dot1x timeout reauth-period { seconds | server }

再認証の試行の間隔(秒)を設定します。

キーワードの意味は次のとおりです。

seconds :1 ~ 65535 の範囲で秒数を設定します 。デフォルトは 3600 秒です。

server :Session-Timeout RADIUS 属性(Attribute[27])および Termination-Action RADIUS 属性(Attribute[29])の値に基づいて秒数を設定します。

このコマンドがスイッチの動作に影響するのは、定期的な再認証をイネーブルに設定した場合だけです。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

定期的な再認証をディセーブルにするには、 no dot1x reauthentication インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトの再認証試行間隔に戻すには、 no dot1x timeout reauth-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、定期的な再認証をイネーブルにし、再認証の間隔を 4000 秒に設定する例を示します。

Switch(config-if)# dot1x reauthentication
Switch(config-if)# dot1x timeout reauth-period 4000

ポートに接続するクライアントの手動での再認証

dot1x re-authenticate interface interface-id 特権 EXEC コマンドを入力すると、いつでも特定のポートに接続するクライアントを手動で再認証できます。 この手順は任意です。定期的な再認証をイネーブルまたはディセーブルにする方法については、「定期的な再認証の設定」を参照してください。

次に、ポートに接続するクライアントを手動で再認証する例を示します。

Switch# dot1x re-authenticate interface gigabitethernet0/1

待機時間の変更

スイッチはクライアントを認証できなかった場合に、所定の時間だけアイドル状態を続け、その後再び認証を試みます。 dot1x timeout quiet-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンドがその待ち時間を制御します。認証が失敗する理由としては、クライアントが無効なパスワードを提示した場合などが考えられます。デフォルトよりも小さい値を入力することによって、ユーザへの応答時間を短縮できます。

待機時間を変更するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

dot1x timeout quiet-period seconds

スイッチがクライアントとの認証情報の交換に失敗したあと、待機状態を続ける秒数を設定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65535 秒です。デフォルトは 60 秒です。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

待機時間をデフォルトに戻すには、 no dot1x timeout quiet-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、スイッチの待機時間を 30 秒に設定する例を示します。

Switch(config-if)# dot1x timeout quiet-period 30

スイッチからクライアントへの再送信時間の変更

クライアントはスイッチからの EAP-Request/Identity フレームに対し、EAP-Response/Identity フレームで応答します。スイッチがこの応答を受信できなかった場合、所定の時間(再送信時間)だけ待機し、その後フレームを再送信します。


) このコマンドのデフォルト値は、リンクの信頼性が低下した場合や、特定のクライアントおよび認証サーバの動作に問題がある場合など、異常な状況に対する調整を行う必要があるときに限って変更してください。


スイッチがクライアントからの通知を待機する時間を変更するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

dot1x timeout tx-period seconds

スイッチが EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの秒数を設定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65535 秒です。デフォルトは 5 秒です。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

再送信時間をデフォルトに戻すには、 no dot1x timeout tx-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、スイッチが EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの時間を 60 秒に設定する例を示します。

Switch(config-if)# dot1x timeout tx-period 60

スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数の設定

スイッチからクライアントへの再送信時間を変更できるだけでなく、(クライアントから応答が得られなかった場合に)スイッチが認証プロセスを再起動する前に、クライアントに EAP-Request/Identity フレームを送信する回数を変更できます。


) このコマンドのデフォルト値は、リンクの信頼性が低下した場合や、特定のクライアントおよび認証サーバの動作に問題がある場合など、異常な状況に対する調整を行う必要があるときに限って変更してください。


スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

dot1x max-reauth-req count

スイッチが認証プロセスを再起動する前に、EAP-Request/Identity フレームを送信する回数を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。デフォルトは 2 です。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

再送信回数をデフォルトに戻すには、 no dot1x max-req インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、スイッチが認証プロセスを再起動する前に、EAP-Request/Identity 要求を送信する回数を 5 に設定する例を示します。

Switch(config-if)# dot1x max-req 5

再認証回数の設定

ポートが無許可ステートに変わる前に、スイッチが認証プロセスを再開する回数を変更することもできます。


) このコマンドのデフォルト値は、リンクの信頼性が低下した場合や、特定のクライアントおよび認証サーバの動作に問題がある場合など、異常な状況に対する調整を行う必要があるときに限って変更してください。


再認証回数を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

dot1x max-reauth-req count

ポートが無許可ステートに変わる前に、スイッチが認証プロセスを再開する回数を設定します。指定できる範囲は 0 ~ 10 です。デフォルトは 2 です。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

再認証回数をデフォルトに戻すには、 no dot1x max-reauth-req インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、ポートが無許可ステートに移行する前に、スイッチが認証プロセスを再起動する回数を 4 に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x max-reauth-req 4

IEEE 802.1x アカウンティングの設定

IEEE 802.1x アカウンティングを使用して、AAA システム アカウンティングをイネーブルにすると、ロギングのためにシステム リロード イベントをアカウンティング RADIUS サーバに送信できます。サーバは、アクティブな IEEE 802.1x セッションすべてが終了したものと判断します。

RADIUS は信頼性の低い UDP トランスポート プロトコルを使用するため、ネットワーク状態が良好でないと、アカウンティング メッセージが失われることがあります。設定した回数のアカウンティング要求の再送信後、スイッチが RADIUS サーバからアカウンティング応答メッセージを受信しない場合、次のメッセージが表示されます。

Accounting message %s for session %s failed to receive Accounting Response.
 

このストップ メッセージが正常に送信されない場合、次のメッセージが表示されます。

00:09:55: %RADIUS-4-RADIUS_DEAD: RADIUS server 172.20.246.201:1645,1646 is not responding.
 

) ロギングの開始、停止、仮のアップデート メッセージ、タイム スタンプなどのアカウンティング タスクを実行するように、RADIUS サーバを設定する必要があります。これらの機能をオンにするには、RADIUS サーバの [Network Configuration] タブで、[Update/Watchdog packets from this AAA client] のロギングをイネーブルにします。次に、RADIUS サーバの [System Configuration] タブの [CVS RADIUS Accounting] をイネーブルにします。


AAA がスイッチでイネーブルになったあと、IEEE 802.1x アカウンティングを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

aaa accounting dot1x default start-stop group radius

すべての RADIUS サーバのリストを使用して、IEEE 802.1x アカウンティングをイネーブルにします。

ステップ 4

aaa accounting system default start-stop group radius

(任意)システム アカウンティングをイネーブルにし(すべての RADIUS サーバのリストを使用)、スイッチがリロードするときにシステム アカウンティング リロード イベント メッセージを生成します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show running-config

入力内容を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

アカウンティング応答メッセージを受信しない RADIUS メッセージ数を表示するには、show radius statistics 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、IEEE 802.1x アカウンティングを設定する方法を示します。最初のコマンドは、アカウンティングの UDP ポートとして 1813 を指定して、RADIUS サーバを設定します。

Switch(config)# radius-server host 172.120.39.46 auth-port 1812 acct-port 1813 key rad123
Switch(config)# aaa accounting dot1x default start-stop group radius
Switch(config)# aaa accounting system default start-stop group radius

ゲスト VLAN の設定

サーバが EAP Request/Identity フレームに対する応答を受信しない場合、ゲスト VLAN を設定すると、IEEE 802.1x 対応でないクライアントはゲスト VLAN に配置されます。IEEE 802.1x 対応であっても、認証に失敗したクライアントは、ネットワークへのアクセスが許可されません。スイッチは、シングル ホスト モードまたはマルチ ホスト モードでゲスト VLAN をサポートします。

ゲスト VLAN を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされるポートのタイプについては、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 3

switchport mode access

または

switchport mode private-vlan host

ポートをアクセス モードにします。

または

レイヤ 2 ポートをプライベート VLAN ホスト ポートとして設定します。

ステップ 4

dot1x port-control auto

ポートの IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。

ステップ 5

dot1x guest-vlan vlan-id

アクティブ VLAN を IEEE 802.1x ゲスト VLAN として指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

内部 VLAN(ルーテッド ポート)、RSPAN VLAN、プライマリ プライベート VLAN、または音声 VLAN を除き、任意のアクティブ VLAN を IEEE 802.1x ゲスト VLAN として設定できます。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ゲスト VLAN をディセーブルにして削除するには、 no dot1x guest-vlan インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポートは無許可ステートに戻ります。

次に、VLAN 2 を IEEE 802.1x ゲスト VLAN としてイネーブルにする例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/2
Switch(config-if)# dot1x guest-vlan 2
 

次に、スイッチの待機時間として 3 を、要求の再送信前にクライアントからの EAP-Request/Identify フレーム応答を待機する時間(秒)を 15 に設定し、IEEE 802.1x ポートの DHCP クライアント接続時に、VLAN 2 を IEEE 802.1x ゲスト VLAN としてイネーブルにする例を示します。

Switch(config-if)# dot1x timeout quiet-period 3
Switch(config-if)# dot1x timeout tx-period 15
Switch(config-if)# dot1x guest-vlan 2

制限付き VLAN の設定

スイッチ上に、制限付き VLAN を設定していて、認証サーバが有効なユーザ名またはパスワードを受信できない場合は、IEEE 802.1x に準拠したクライアントは制限付き VLAN に移されます。スイッチは、シングル ホスト モードでのみ制限付き VLAN をサポートします。

制限付き VLAN を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされるポートのタイプについては、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 3

switchport mode access

または

switchport mode private-vlan host

ポートをアクセス モードにします。

または

レイヤ 2 ポートをプライベート VLAN ホスト ポートとして設定します。

ステップ 4

dot1x port-control auto

ポートの IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。

ステップ 5

dot1x auth-fail vlan vlan-id

アクティブな VLAN を、IEEE 802.1x 制限付き VLAN に指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

内部 VLAN(ルーテッド ポート)、RSPAN VLAN、プライマリ プライベート VLAN、または音声 VLAN を除き、任意のアクティブ VLAN を IEEE 802.1x 制限付き VLAN として設定できます。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show dot1x interface interface-id

(任意)入力内容を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

制限付き VLAN をディセーブルにして削除するには、 no dot1x auth-fail vlan インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポートは無許可ステートに戻ります。

次に、 VLAN 2 を IEEE 802.1x 制限付き VLAN としてイネーブルにする例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/2
Switch(config-if)# dot1x auth-fail vlan 2
 

ユーザに制限付き VLAN を割り当てる前に、 dot1x auth-fail max-attempts インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、認証試行回数を最大に設定できます。指定できる試行回数は 1 ~ 3 です。デフォルトは 3 回に設定されています。

認証試行回数を最大に設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされるポートのタイプについては、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 3

switchport mode access

または

switchport mode private-vlan host

ポートをアクセス モードにします。

または

レイヤ 2 ポートをプライベート VLAN ホスト ポートとして設定します。

ステップ 4

dot1x port-control auto

ポートの IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。

ステップ 5

dot1x auth-fail vlan vlan-id

アクティブな VLAN を、IEEE 802.1x 制限付き VLAN に指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

内部 VLAN(ルーテッド ポート)、RSPAN VLAN、プライマリ プライベート VLAN、または音声 VLAN を除き、任意のアクティブ VLAN を IEEE 802.1x 制限付き VLAN として設定できます。

ステップ 6

dot1x auth-fail max-attempts max attempts

ポートが制限付き VLAN に移行するための認証試行回数を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 3 秒です。デフォルトは 3 回に設定されています。

ステップ 7

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

show dot1x interface interface-id

(任意)入力内容を確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

設定数をデフォルトに戻すには、 no dot1x auth-fail max-attempts インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポートを制限付き VLAN にするために、認証試行回数を 2 に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x auth-fail max-attempts 2

アクセス不能認証バイパス機能の設定

アクセス不能認証バイパス機能(クリティカル認証または AAA 失敗ポリシーとも呼ばれます)を設定できます。

ポートをクリティカル ポートとして設定し、アクセス不能認証バイパス機能をイネーブルにするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

radius-server dead-criteria time time tries tries

(任意)RADIUS サーバが使用できない、または dead と見なされるときを判別するのに使われる条件を設定します。

指定できる time の範囲は 1 ~ 120 秒です。スイッチは、デフォルトの seconds 値を 10 ~ 60 秒の間で動的に決定します。

指定できる tries の範囲は 1 ~ 100 です。スイッチは、デフォルトの tries パラメータを 10 ~ 100 の間で動的に決定します。

ステップ 3

radius-server deadtime minutes

(任意)RADIUS サーバに要求が送信されない分数を設定します。指定できる範囲は 0 ~ 1440 分(24 時間)です。デフォルト値は 0 分です。

ステップ 4

radius-server host ip-address [acct-port udp-port ] [ auth-port udp-port ] [ test username name [ idle-time time ] [ ignore-acct-port ] [ ignore-auth-port ]] [ key string ]

(任意)次のキーワードを使用して RADIUS サーバ パラメータを設定します。

acct-port udp-port :RADIUS アカウンティング サーバの UDP ポートを指定します。UDP ポート番号の範囲は 0 ~ 65536 です。デフォルト値は 1646 です。

auth-port udp-port :RADIUS 認証サーバの UDP ポートを指定します。UDP ポート番号の範囲は 0 ~ 65536 です。デフォルト値は 1645 です。

(注) RADIUS アカウンティング サーバの UDP ポートと RADIUS 認証サーバの UDP ポートを非デフォルト値に設定します。

test username name RADIUS サーバ ステータスの自動テストをイネーブルにして、使用するユーザ名を指定します。

idle-time time :スイッチがテスト パケットをサーバに送信した後の間隔を分数で設定します。指定できる範囲は 1 ~ 35791 分です。デフォルトは 60 分(1 時間)です。

ignore-acct-port :RADIUS サーバ アカウンティング ポートのテストをディセーブルにします。

ignore-auth-port :RADIUS サーバ認証ポートのテストをディセーブルにします。

key string :スイッチと RADIUS デーモンとの間のすべての RADIUS 通信で使用する認証および暗号キーを指定します。

コマンド構文の最後の項目として設定してください。キーにスペースを使用する場合は、引用符がキーの一部分である場合を除き、引用符でキーを囲まないでください。キーは RADIUS デーモンで使用する暗号に一致している必要があります。

radius-server key { 0 string | 7 string | string } グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用しても認証および暗号キーを設定できます。

ステップ 5

dot1x critical { eapol | recovery delay milliseconds }

(任意)アクセス不能認証バイパスのパラメータを設定します。

eapol :スイッチがクリティカル ポートを正常に認証すると、スイッチが EAPOL 成功メッセージを送信するように指定します。

recovery delay milliseconds :使用できない RADIUS サーバが使用できるようになったときに、スイッチがクリティカル ポートを再初期化するために待機する回復遅延期間を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 10000 ミリ秒です。デフォルトは 1000 ミリ秒です(ポートは毎秒再初期化できます)。

ステップ 6

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされるポートのタイプについては、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 7

dot1x critical [ recovery action reinitialize | vlan vlan-id ]

アクセス不能認証バイパス機能をイネーブルにして、次のキーワードを使用して機能を設定します。

recovery action reinitialize :リカバリ機能をイネーブルにし、認証サーバが使用可能になった場合にリカバリ アクションによりポートを認証するよう指定します。

vlan vlan-id :スイッチがクリティカルなポートに割り当てることのできるアクセス VLAN を指定します。範囲は 1 ~ 4094 です。

ステップ 8

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 9

show dot1x [interface interface-id ]

(任意)入力内容を確認します。

ステップ 10

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

RADIUS サーバのデフォルト設定に戻すには、 no radius-server dead-criteria no radius-server deadtime 、および no radius-server host グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。アクセス不能認証バイパスのデフォルト設定に戻すには、 no dot1x critical { eapol | recovery delay } グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 アクセス不能認証バイパスをディセーブルにするには、 no dot1x critical インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、アクセス不能認証バイパス機能を設定する例を示します。

Switch(config)# radius-server dead-criteria time 30 tries 20
Switch(config)# radius-server deadtime 60
Switch(config)# radius-server host 1.1.1.2 acct-port 1550 auth-port 1560 test username user1 idle-time 30 key abc1234
Switch(config)# dot1x critical eapol
Switch(config)# dot1x critical recovery delay 2000
Switch(config)# interface gigabitethernet 0/1
Switch(config)# radius-server deadtime 60
Switch(config-if)# dot1x critical
Switch(config-if)# dot1x critical recovery action reinitialize
Switch(config-if)# dot1x critical vlan 20
Switch(config-if)# end

WoL を使用した IEEE 802.1x 認証の設定

WoL を使用した IEEE 802.1x 認証をイネーブルにするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされるポートのタイプについては、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 3

dot1x control-direction { both | in }

ポートで WoL を使用した IEEE 802.1x 認証をイネーブルにし、次のキーワードを使用してポートを双方向または単方向に設定します。

both :ポートを双方向に設定します。ポートは、ホストにパケットを送受信できません。デフォルトでは、ポートは双方向です。

in :ポートを単方向に設定します。ポートは、ホストにパケットを送信できますが、受信はできません。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

WoL を使用した IEEE 802.1x 認証をディセーブルにするには、 no dot1x control-direction インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、WoL を使用した IEEE 802.1x 認証をイネーブルにして、ポートを双方向に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x control-direction both

MAC 認証バイパスの設定

MAC 認証バイパスをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。サポートされるポートのタイプについては、「IEEE 802.1x 認証設定時の注意事項」を参照してください。

ステップ 3

dot1x port-control auto

ポートの IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。

ステップ 4

dot1x mac-auth-bypass [ eap | timeout activity { value } ]

MAC 認証バイパスをイネーブルにします。

(任意) eap キーワードを使用して、スイッチが許可に EAP を使用するように設定します。

(任意)接続されているホストを無許可ステートにする前に非アクティブにできる秒数を設定するには、timeout activity キーワードを使用します。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

タイムアウト値を設定する前に、ポート セキュリティをイネーブルにする必要があります。詳細については、を参照してください。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

MAC 認証バイパスをディセーブルにするには、 no dot1x mac-auth-bypass インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、MAC 認証バイパス機能をイネーブルにする例を示します。

Switch(config-if)# dot1x mac-auth-bypass

NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証の設定

Cisco IOS Release 12.2(25)SED 以降では、NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証を設定できます。これは、RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x 認証とも呼ばれます。

NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

dot1x guest-vlan vlan-id

アクティブ VLAN を IEEE 802.1x ゲスト VLAN として指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

内部 VLAN(ルーテッド ポート)、RSPAN VLAN、音声 VLAN を除くあらゆるアクティブ VLAN を IEEE 802.1x ゲスト VLAN として設定できます。

ステップ 4

dot1x reauthentication

クライアントの定期的な再認証(デフォルトではディセーブル)をイネーブルにします。

ステップ 5

dot1x timeout reauth-period { seconds | server }

再認証の試行の間隔(秒)を設定します。

キーワードの意味は次のとおりです。

seconds :1 ~ 65535 の範囲で秒数を設定します 。デフォルトは 3600 秒です。

server :Session-Timeout RADIUS 属性(Attribute[27])および Termination-Action RADIUS 属性(Attribute[29])の値に基づいて秒数を設定します。

このコマンドがスイッチの動作に影響するのは、定期的な再認証をイネーブルに設定した場合だけです。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show dot1x interface interface-id

IEEE 802.1x 認証の設定を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次の例では、NAC レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証を設定する方法を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# dot1x reauthentication
Switch(config-if)# dot1x timeout reauth-period server

Web 認証の設定

Web 認証の設定後に AAA および RADIUS をスイッチに設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。このステップにより、RADIUS 認証を使用して AAA がイネーブルになり、デバイス トラッキングがイネーブルになります。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

aaa new-model

AAA をイネーブルにします。

ステップ 3

aaa authentication login default group radius

RADIUS 認証を使用します。この認証方式を使用するには、あらかじめ RADIUS サーバを設定しておく必要があります。詳細については、を参照してください。

コンソールで、aaa authentication login コマンドを入力後にスイッチ コンソールにアクセスするために、ユーザ名とパスワードが要求されます。ユーザ名とパスワードを要求されたくない場合は、2 番めのログイン認証一覧を設定します。

Switch# config t
Switch(config)# aaa authentication login line-console none
Switch(config)# line console 0
Switch(config-line)# login authentication line-console
Switch(config-line)# end

ステップ 4

aaa authorization auth-proxy default group radius

認証プロキシ(auth-proxy)認証に RADIUS を使用します。

ステップ 5

radius-server host key radius-key

スイッチと RADIUS デーモンとの間のすべての RADIUS 通信で使用する認証および暗号キーを指定します。

ステップ 6

radius-server attribute 8 include-in-access-req

アクセス要求またはアカウント要求パケットで Framed-IP-Address RADIUS 属性(属性 [8])を送信するようにスイッチを設定します。

ステップ 7

radius-server vsa send authentication

VSA(Vendor-Specific Attribute; ベンダー固有属性)を認識し使用するために、ネットワーク アクセス サーバを設定します。

ステップ 8

ip device tracking

IP デバイス トラッキング テーブルをイネーブルにします。

IP 装置追跡テーブルをディセーブルにするには、no ip device tracking グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ステップ 9

end

特権 EXEC モードに戻ります。

次に、AAA をイネーブルにし、RADIUS 認証を使用し、デバイス トラッキングをイネーブルにする例を示します。

 
Switch(config) configure terminal
Switch(config)# aaa new-model
Switch(config)# aaa authentication login default group radius
Switch(config)# aaa authorization auth-proxy default group radius
Switch(config)# radius-server host1.1.1.2 key key1
Switch(config)# radius-server attribute 8 include-in-access-req
Switch(config)# radius-server vsa send authentication
Switch(config)# ip device tracking
Switch(config) end
 

ポートで Web 認証を使用するように設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip admission name rule proxy http

Web 認証ルールを定義します。

』を参照してください。

ステップ 3

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

switchport mode access

ポートをアクセス モードにします。

ステップ 5

ip access-group access-list in

Web 認証前にネットワーク トラフィックに適用するデフォルトのアクセス コントロール リストを指定します。

ステップ 6

ip admission rule

IP アドミッション ルールをインターフェイスに適用します。

ステップ 7

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

show running-config interface interface-id

設定を確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、スイッチ ポートで Web 認証のみを設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip admission name rule1 proxy http
Switch(config)# interface gigabit1/0/1
Switch(config-if)# switchport mode access
Switch(config-if)# ip access-group policy1 in
Switch(config-if)# ip admission rule1
Switch(config-if)# end
 

フォールバック メソッドとしての Web 認証のある IEEE 802.1x 認証をスイッチ ポートに設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip admission name rule proxy http

Web 認証ルールを定義します。

ステップ 3

fallback profile fallback-profile

Web 認証を使用して IEEE 802.1x ポートでクライアントを認証することができるように、フォールバック プロファイルを定義します。

ステップ 4

ip access-group policy in

Web 認証前にネットワーク トラフィックに適用するデフォルトのアクセス コントロール リストを指定します。

ステップ 5

ip admission rule

IP 管理ルールをプロファイルと関連付けして、Web 認証で接続するクライアントがこのルールを使用するように指定します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

switchport mode access

ポートをアクセス モードにします。

ステップ 9

dot1x port-control auto

インターフェイス上で IEEE 802.1x 認証をイネーブルにします。

ステップ 10

dot1x fallback fallback-profile

IEEE 802.1x サプリカントがポートで検出されてない場合に、Web 認証を使用してクライアントを認証するようにポートを設定します。次回 IEEE 802.1x フォールバックがインターフェイスで呼び出される際に、フォールバック プロファイルのグローバル コンフィギュレーションへの変更が有効になります。

(注) ポートがマルチドメイン認証に設定されている場合、Web 認証を IEEE 802.1x のフォールバック メソッドとして使用することができません。

ステップ 11

exit

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 12

show dot1x interface interface-id

設定を確認します。

ステップ 13

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、フォールバック メソッドとしての Web 認証のある IEEE 802.1x 認証を設定する例を示します。

Switch(config) configure terminal
Switch(config)# ip admission name rule1 proxy http
Switch(config)# fallback profile fallback1
Switch(config-fallback-profile)# ip access-group default-policy in Switch(config-fallback-profile)# ip admission rule1
Switch(config-fallback-profile)# exit
Switch(config)# interface gigabit1/0/1
Switch(config-if)# switchport mode access
Switch(config-if)# dot1x port-control auto
Switch(config-if)# dot1x fallback fallback1
Switch(config-if)# end
 

dot1x fallback コマンドの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。ip admission name および ip access-group コマンドの詳細については、Cisco.com の『 Network Admission Control Software Configuration Guide 』を参照してください。

ポート上での IEEE 802.1x 認証のディセーブル化

IEEE 802.1x 認証をポートでディセーブルにするには、 no dot1x pae インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ポートで IEEE 802.1x 認証をディセーブルにするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

no dot1x pae

ポートの IEEE 802.1x 認証をディセーブルにします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IEEE 802.1x Port Access Entity(PAE; ポート アクセス エンティティ)オーセンティケータとしてポートを設定するには、 dot1x pae authenticator インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。この設定では、ポートで IEEE 802.1x がイネーブルになりますが、ポートに接続されたクライアントは許可されません。

次の例では、ポートの IEEE 802.1x 認証をディセーブルにする方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# no dot1x pae authenticator

IEEE 802.1x 認証設定のデフォルト値へのリセット

IEEE 802.1x 認証設定をデフォルト値に戻すには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定するポートを指定します。

ステップ 3

dot1x default

IEEE 802.1x パラメータをデフォルト値に戻します。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show dot1x interface interface-id

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IEEE 802.1x の統計情報およびステータスの表示

すべてのポートに関する IEEE 802.1x 統計情報を表示するには、 show dot1x all statistics 特権 EXEC コマンドを使用します。特定のポートに関する IEEE 802.1x 統計情報を表示するには、 show dot1x statistics interface interface-id 特権 EXEC コマンドを使用します。

スイッチに関する IEEE 802.1x 管理および動作ステータスを表示するには、 show dot1x all [ details | statistics | summary ] 特権 EXEC コマンドを使用します。特定のポートに関する IEEE 802.1x 管理および動作ステータスを表示するには、 show dot1x interface interface-id 特権 EXEC コマンドを使用します。

出力フィールドの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。