Catalyst 3550 マルチレイヤ スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

製品概要

機能

前面パネル

10/100ポートおよび10/100/1000ポート

100BASE-FXポート

GBICモジュール スロット

LED

SYSTEM LED

RPS LED

ポートLEDおよびモード

背面パネル

電源コネクタ

内蔵電源装置のコネクタ

Cisco RPSのコネクタ

コンソール ポート

管理オプション

ネットワーク コンフィギュレーション

製品概要

Catalyst 3550ファミリー マルチレイヤ スイッチ(以降スイッチと表記)は、ワークステーション、Cisco IP Phone、および他のネットワーク デバイス(サーバ、ルータ、その他のスイッチなど)を接続することができるスタッカブル イーサネット スイッチです。これらのスイッチをバックボーン スイッチとして使用することにより、他のネットワーク デバイスからのギガビット イーサネット トラフィックを集束できます。

この章では、Catalyst 3550スイッチ モデルの機能概要について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「機能」

「前面パネル」

「背面パネル」

「管理オプション」

機能

図 1-1にCatalyst 3550スイッチ モデルを示します。 表 1-1 にCatalyst 3550-12Tおよび3550-12Gスイッチの機能を示します。 表 1-2 にCatalyst 3550-24、3550-24-DC、および3550-48スイッチの機能を示します。 表 1-3 にCatalyst 3550-24-FXスイッチの機能を示します。

図 1-1 Catalyst 3550 スイッチ モデル

 

表 1-1 Catalyst 3550-12Tおよび3550-12Gの機能

機能
説明

ハードウェア

ギガビット イーサネット10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tポート×2または×10、GBICベース ギガビット イーサネット スロット×2または×10

サポートされるGBICモジュール

1000BASE-SX GBIC

1000BASE-LX/LH GBIC

1000BASE-ZX GBIC

1000BASE-T GBIC

GigaStack GBIC

CWDM GBIC

コンフィギュレーション

レイヤ3ルーティングをサポート

10/100/1000イーサネット ポート上での速度およびデュプレックスの自動ネゴシエーション

最大12,000のMACアドレスをサポート

受信パケットのエラーの有無を調べ、宛先ポートを判別し、パケットを共有メモリに保管し、宛先ポートにパケットを転送

電源の冗長性

オプションのCisco RPS 300冗長電源システムを接続可能(AC入力電源を使用し、スイッチにバックアップDC電源を供給)

表 1-2 Catalyst 3550-24、3550-24-DC、および3550-48の機能

機能
説明

ハードウェア

10BASE-T/100BASE-TXイーサネット ポート×24または×48、GBICベース ギガビット イーサネット スロット×2

サポートされるGBICモジュール

1000BASE-SX GBIC

1000BASE-LX/LH GBIC

1000BASE-ZX GBIC

1000BASE-T GBIC

GigaStack GBIC

CDWM GBIC

コンフィギュレーション

オプションでレイヤ3ルーティングをサポート

10/100イーサネット ポート上での速度およびデュプレックスの自動ネゴシエーション

最大8000のMACアドレスをサポート

受信パケットのエラーの有無を調べ、宛先ポートを判別し、パケットを共有メモリに保管し、宛先ポートにパケットを転送

電源の冗長性

 

表 1-3 Catalyst 3550-24-FXの機能

機能
説明

ハードウェア

100BASE-FXポート×24

サポートされるGBICモジュール

1000BASE-SX GBIC

1000BASE-LX/LH GBIC

1000BASE-ZX GBIC

1000BASE-T GBIC

GigaStack GBIC

CWDM GBIC

コンフィギュレーション

オプションでレイヤ3ルーティングをサポート

10/100イーサネット ポート上での速度およびデュプレックスの自動ネゴシエーション

最大8000のMACアドレスをサポート

受信パケットのエラーの有無を調べ、宛先ポートを判別し、パケットを共有メモリに保管し、宛先ポートにパケットを転送

電源の冗長性

オプションのCisco RPS 300冗長電源システムを接続可能(AC入力電源を使用し、スイッチにバックアップDC電源を供給)

前面パネル

Catalyst 3550-12Tおよび3550-12Gスイッチの前面パネルには、10/100/1000 RJ-45ポート、 GBICモジュール スロット、一連のLED、およびMODEボタンがあります(図 1-2および図 1-3を参照)。Catalyst 3550-24および3550-48スイッチの前面パネルには、10/100 RJ-45ポート、2つのGBICモジュール スロット、一連のLED、およびMODEボタンがあります(図 1-4および図 1-5を参照)。

Catalyst 3550-12Tの10/100/1000ポートの番号は、1~10(図 1-7の左端のポートがポート1)です。GBICポートの番号はポート11(上)および12(下)です。Catalyst 3550-12GのGBICポートは、2つずつペアになっています。図 1-8の左端にあるペアの上のポートがポート1、下のポートがポート2です。ポート3はポート4の上にあります。他のペアも同様です。10/100/1000ポートの番号は、11および12です。

Catalyst 3550-24、3550-48、および3550-24-DCの10/100ポートは、2つずつペアになっています。図 1-9および図 1-10の左端にあるペアの上のポートがポート1、下のポートがポート2です。ポート3はポート4の上にあります。他のペアも同様です。GBICポートの番号は、1(左)および2(右)です。

Catalyst 3550-24-FXの100BASE-FXポートの番号は、1~24(図 1-11の左端のポートがポート1)です。GBICポートの番号はポート1(上)および2(下)です。

図 1-2 Catalyst 3550-12Tの前面パネル

 

図 1-3 Catalyst 3550-12Gの前面パネル

 

図 1-4 Catalyst 3550-24およびCatalyst 3550-24-DCの前面パネル

 

図 1-5 Catalyst 3550-48の前面パネル

 

図 1-6 Catalyst 3550-24-FXの前面パネル

 

10/100ポートおよび10/100/1000ポート

スイッチの10/100ポートおよび10/100/1000ポートは、半二重または全二重、10 Mbps、100 Mbps、または1000 Mbps(サポートされる場合)の任意の組み合わせで動作するよう設定することができます。また、これらのポートに、IEEE 802.3abに準拠する速度とデュプレックスの自動ネゴシエーションを設定することもできます(自動ネゴシエーションはデフォルトの設定です)。自動ネゴシエーションを設定した場合、ポートは接続先装置の速度とデュプレックスを検知し、処理能力をアドバタイズします。接続先装置も自動ネゴシエーションをサポートしている場合、スイッチ ポートは最適な接続(すなわち、両方の装置がサポートする最大の回線速度、および接続先装置が対応している場合は全二重伝送)のネゴシエーションを行い、それに応じた動作をするよう自動的に設定します。いずれの場合も、接続先装置との距離が100 m未満でなければなりません。


) 100BASE-TXおよび1000BASE-Tトラフィックには、カテゴリ 5のケーブルが必要です。10BASE-Tトラフィックには、カテゴリ3または4のケーブルを使用できます。

スイッチをワークステーション、サーバ、ルータ、およびCisco IP Phoneに接続する場合は、必ずストレート ケーブルを使用してください。スイッチをスイッチまたはハブに接続する場合は、クロス ケーブルを使用します。1000BASE-T接続にストレート ケーブルまたはクロス ケーブルを使用する場合、正常に動作させるために、必ずカテゴリ 5 のツイスト4ペア ケーブルを使用してください。ケーブルのピン割り当てについては、付録B「コネクタおよびケーブルの仕様」を参照してください。


100BASE-FXポート

100BASE-FXポートには、50/125または62.5/125ミクロンのマルチモード光ファイバケーブルを使用します。全二重モードの場合、これらのポートは100 Mbpsでのみ動作します。

全二重モード(デフォルト)では、スイッチから接続先デバイスまでのケーブル長は最大6562フィート(2 km)です。

100BASE-FXポートを接続先装置のSCまたはSTポートに接続するには、 表 1-4 に示すMT-RJ光ファイバ パッチ ケーブルを使用します。 表 1-4 に記載されているシスコ部品番号を使用して、必要なパッチ ケーブルを発注してください。

 

表 1-4 100BASE-FX接続用MT-RJパッチ ケーブル

タイプ
シスコ部品番号

MT-RJ/SCマルチモード ケーブル(1 m)

CAB-MTRJ-SC-MM-1M

MT-RJ/SCマルチモード ケーブル(3 m)

CAB-MTRJ-SC-MM-3M

MT-RJ/SCマルチモード ケーブル(5 m)

CAB-MTRJ-SC-MM-5M

MT-RJ/STマルチモード ケーブル(1 m)

CAB-MTRJ-ST-MM-1M

MT-RJ/STマルチモード ケーブル(3 m)

CAB-MTRJ-ST-MM-3M

MT-RJ/STマルチモード ケーブル(5 m)

CAB-MTRJ-ST-MM-5M

GBICモジュール スロット

GBICモジュール スロットに次のモジュールを搭載することによって、メディアおよび接続距離をフレキシブルに設定することができます。

1000BASE-T GBICモジュールは、最大距離100 mの銅線ケーブル接続をサポートします。

1000BASE-SX GBICモジュールは、最大距離550 mの光ファイバ接続をサポートします(マルチモードのみ)。

1000BASE-LX/LH GBICモジュールは、最大距離10 km(シングルモード)または550 km(マルチモード)の光ファイバ接続をサポートします。

1000BASE-ZX GBICモジュールは、最大距離100 kmの光ファイバ接続をサポートします(シングルモードのみ)。

Coarse Wave Division Multiplexing(CWDM)GBICモジュールは、最大距離120 kmの光ファイバ接続をサポートします(シングルモードのみ)。CWDM GBICモジュールの詳細については、『 Installation Notes for the CWDM Passive Optical System 』を参照してください(発注はできませんが、Cisco.comから入手できます)。

GigaStack GBICモジュールは、最大9台のスイッチをサポートして、1 Gbpsのスタック コンフィギュレーションを構築できます。GigaStack GBICは、1つの全二重リンク(ポイントツーポイント コンフィギュレーション)または最大9の半二重リンク(スタック コンフィギュレーション)により、他のギガビット イーサネット装置に接続できます。シスコ独自仕様の信号方式およびケーブル配線の要件に従った場合、GigaStack GBICの相互接続の最大距離は1 mです。サポートされるスイッチの詳細については、GigaStack GBICのマニュアルを参照してください。


) シスコ承認済みGBICモジュールには、モジュール シリアル番号、ベンダー名とID、一意のセキュリティ コード、およびCyclic
Redundancy Check(CRC;巡回冗長検査)を含むシリアルEEPROMが搭載されています。GBICをスイッチに取り付けると、スイッチ ソフトウェアがこのEEPROMを読み取って、シリアル番号、ベンダー名、およびベンダーIDを確認し、セキュリティ コードおよびCRCを再計算します。シリアル番号、ベンダー名、ベンダーID、セキュリティ コード、またはCRCが無効であれば、スイッチはそのインターフェイスをerrdisableステートにします。



) シスコが承認していないGBICモジュールを使用している場合は、スイッチからそのGBICモジュールを取り外して、シスコ承認済みモジュールに交換してください。


GBICの詳細については、GBICに付属のマニュアルを参照してください。

LED

スイッチのLEDを使用して、スイッチの動作およびパフォーマンスをモニタすることができます。図 1-7および図 1-8に、Catalyst 3550-12Tおよび3550-12GのLEDと、ポートのモードを選択するためのMODEボタンを示します。図 1-9図 1-10、および図 1-11 に、Catalyst 3550-24、3550-24-DC、3550-48、および3550-24-FXのLEDと、ポートのモードを選択するためのMODEボタンを示します。

ここで説明するLEDは、利用率を示すUTIL LEDを除き、すべてCluster
Management Suite(CMS)のホームページで見ることができます。CMSを使用して各スイッチおよびスイッチ クラスタを設定しモニタする手順については、
『Catalyst 3550 Multilayer Switch Software Configuration Guide』を参照してください。

図 1-7 Catalyst 3550-12TのLED

 

図 1-8 Catalyst 3550-12GのLED

 

図 1-9 Catalyst 3550-24および3550-24-DCのLED

 

図 1-10 Catalyst 3550-48のLED

 

 

図 1-11 Catalyst 3550-24-FXのLED

 

SYSTEM LED

SYSTEM LEDは、システムが通電状態で正常に動作しているかどうかを示します。 表 1-5 に、このLEDの色と意味を示します。

 

表 1-5 SYSTEM LED

システムのステータス

消灯

システムの電源が入っていません。

グリーン

システムは正常に動作しています。

オレンジ

システムに電力が供給されていますが、正常に動作していません。

Power-on Self-Test(POST;電源投入時セルフテスト)実行中のSYSTEM LEDの色については、「スイッチの電源投入」を参照してください。

RPS LED

RPS LEDは、RPS(冗長電源システム)のステータスを示します。 表 1-6 に、このLEDの色と意味を示します。

 

表 1-6 RPS LED

RPSステータス

消灯

RPSの電源がオフになっているか、または正常に接続されていません。

グリーンに点灯

RPSが接続され、必要に応じてバックアップ電源を供給できる状態です。

グリーンに点滅

RPSが接続されていますが、他の装置に電力を供給しているので使用できません(冗長電源は隣接装置に割り当てられています)。

オレンジに点灯

RPSがスタンバイ モードであるか、または障害が発生しています。RPSのStandby/Activeボタンを押して、LEDがグリーンに点灯するかどうか確認してください。グリーンに点灯しない場合、RPSのファンに障害がある可能性があります。製品を購入した代理店に連絡してください。

オレンジに点滅

スイッチの内蔵電源に障害があり、RPSがスイッチに電力を供給しています(冗長電源はこのスイッチに割り当てられています)。

Cisco RPS 300の詳細については、『 Cisco RPS 300 Redundant Power System Hardware Installation Guide 』を参照してください。

ポートLEDおよびモード

各RJ-45ポートおよびGBICモジュール スロットには、ポートLEDが付いています。これらのポートLEDはグループとして、または個別に、スイッチ情報および個々のポート情報を示します。ポート モードにより、ポートLEDに表示される情報のタイプが異なります。 表 1-7 に、モードLEDおよび対応するポート モードと意味を示します。

モードを選択または変更するには、MODEボタン(またはCatalyst 3550-48スイッチではMODEラベル)を押し、希望のモードを点灯させます。ポート モードを切り替えると、ポートLEDの色の意味も変わります。 表 1-8 に、各ポート モードのポートLEDの色と意味を示します。

 

表 1-7 ポート モードのLED

モードLED
ポート モード
説明

STATUS

ポート ステータス

ポートのステータスを示します。デフォルトのモードです。

UTIL

スイッチの利用率

スイッチが現在使用している帯域幅を示します(図 1-12図 1-16を参照)。

DUPLX

ポートのデュプレックス モード

ポートのデュプレックス モードを示します(全二重または半二重)。

SPEED

ポート速度

ポートの動作速度を示します(10 Mbps、100 Mbps、または1000 Mbps)。

表 1-8 スイッチの各モードにおけるLEDの色と意味

ポート モード
LEDの色
意味

STATUS

(ポート ステータス)

消灯

リンクが設定されていないか、ポートが管理上のシャットダウン状態です。

グリーンに点灯

リンクが確立されています。

グリーンに点滅

動作中。ポートがデータを送信または受信しています。

グリーンとオレンジに交互に点灯

リンク障害が発生しています。エラー フレームが接続に影響を与える可能性があります。大量のコリジョン、CRCエラー、アライメント エラー、ジャバー エラーなどをリンク障害表示でモニタします。

オレンジに点灯

オレンジに点滅

ポートがSTPによりブロックされていますが、パケットを送信または受信しています。

UTIL

(利用率)

グリーン

バックプレーンの利用率が対数目盛でポートLEDに表示されます。Catalyst 3550-12Tおよび3550-12Gスイッチの詳細は、図 1-12および図 1-13を参照してください。Catalyst 3550-24および3550-48スイッチの詳細は、図 1-14および図 1-15を参照してください。

オレンジ

過去24時間のうちバックプレーン合計利用率が最大であることを示します。

DUPLX

(デュプレックス)

消灯

ポートは半二重で動作しています。

グリーン

ポートは全二重で動作しています。

SPEED

10/100ポートおよび10/100/1000ポート

消灯

ポートは10 Mbpsで動作しています。

グリーン

ポートは100 Mbpsで動作しています。

グリーンに点滅

ポートは1000 Mbpsで動作しています。

GBICポート

消灯

ポートが動作していません。

グリーンに点滅

ポートは1000 Mbpsで動作しています。

帯域利用率

スイッチのUTILモードは、スイッチが現在使用している帯域幅を表します。該当するポートLEDがすべてグリーンである場合、帯域利用率は50~100%の範囲です。消灯している(ブラックの)LEDの数が増えるごとに、この範囲が半分になります。個々のスイッチについては、図 1-12図 1-16を参照してください。

図 1-12に、Catalyst 3550-12TスイッチのLEDによって表わされる帯域利用率のパーセンテージを示します。スイッチのすべてのポートLEDがグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の50%以上を使用しています。ポートLEDの1~11がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の25~50%を使用しています。ポートLEDの1~10がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の12.5~25%を使用しています(以下同様です)。オレンジのLEDは、これまでの24時間のうちスイッチの利用率が最大であることを示します。

図 1-12 Catalyst 3550-12Tスイッチの帯域利用率

 

図 1-13に、Catalyst 3550-12GスイッチのLEDによって表わされる帯域利用率のパーセンテージを示します。スイッチのすべてのポートLEDがグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の50%以上を使用しています。ポートLEDの1~11がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の25~50%を使用しています。ポートLEDの1~10がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の12.5~25%を使用しています(以下同様です)。オレンジのLEDは、これまでの24時間のうちスイッチの利用率が最大であることを示します。

図 1-13 Catalyst 3550-12Gスイッチの帯域利用率

 

図 1-14に、Catalyst 3550-24スイッチのLEDによって表わされる帯域利用率のパーセンテージを示します。スイッチのすべてのポートLEDがグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の50%以上を使用しています。ポートLEDの1~24およびGBICポート1がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の25~50%を使用しています。ポートLEDの1~24がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の12.5~25%を使用しています(以下同様です)。オレンジのLEDは、これまでの24時間のうちスイッチの利用率が最大であることを示します。

図 1-14 Catalyst 3550-24および3550-24-DCスイッチの帯域利用率

 

図 1-15に、Catalyst 3550-48スイッチのLEDによって表わされる帯域利用率のパーセンテージを示します。スイッチのすべてのポートLEDがグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の50%以上を使用しています。ポートLEDの1~48およびGBICポート1がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の25~50%を使用しています。ポートLEDの1~48がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の12.5~25%を使用しています(以下同様です)。オレンジのLEDは、これまでの24時間のうちスイッチの利用率が最大であることを示します。

図 1-15 Catalyst 3550-48スイッチの帯域利用率

 

図 1-16に、Catalyst 3550-24-FXスイッチのLEDによって表わされる帯域利用率のパーセンテージを示します。スイッチのすべてのポートLEDおよびGBIC LEDがグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の50%以上を使用しています。ポートLEDの1~24およびGBICポート1がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の25~50%を使用しています。ポートLEDの1~24がグリーンの場合、スイッチは総帯域幅の12.5~25%を使用しています(以下同様です)。オレンジのLEDは、これまでの24時間のうちスイッチの利用率が最大であることを示します。

図 1-16 Catalyst 3550-24-FXスイッチの帯域利用率

 

背面パネル

Catalyst 3550-24-DCスイッチを除き、スイッチの背面パネルには、AC電源コネクタ、RPSコネクタ、およびRJ-45コンソール ポートがあります。ここでは、これらのコンポーネントについて説明します(図 1-17および図 1-18を参照)。

図 1-17 Catalyst 3550-12Tおよび3550-12Gの背面パネル

 

図 1-18 Catalyst 3550-24、3550-48、および3550-24-FXの背面パネル

 

3550-24-DCの背面パネルには、DC電源コネクタ(端子ブロック ヘッダーともいう)、RJ-45コンソール ポート、およびアース端子があります(図 1-19を参照)。スイッチは、DC電源コネクタに端子ブロック プラグが取り付けられた状態で出荷されます。

図 1-19 Catalyst 3550-24-DCの背面パネル

 

電源コネクタ

スイッチは、内部電源装置により給電されます。また、Cisco RPS 300を接続して、内部電源装置に障害があった場合にスイッチにバックアップ電源を提供することができます。


) Catalyst 3550スイッチおよびCisco RPS 300は、同じAC電源に接続する必要があります。


内蔵電源装置のコネクタ

内蔵電源装置は、100~240 VACの入力電圧をサポートするオートレンジ ユニットです。AC電源コネクタをAC電源コンセントに接続するには、付属のAC電源コードを使用します。

Cisco RPSのコネクタ

Cisco RPS 300(モデルPWR300-AC-RPS-N1)は、Catalyst 3550ファミリー スイッチをサポートします。Cisco RPS 300には、-48Vと12Vという2つの出力レベルがあり、最大出力電力は合計300Wです。RPSをスイッチに接続するには、付属のRPSコネクタ ケーブルを使用します。


) Cisco RPS 300は、Catalyst 3550-24-DCスイッチをサポートしません。



警告 RPSレセプタクルに接続できるのは、Cisco RPS 300(モデルPWR300-AC-RPS-N1)だけです。


RPSは、6台の外部ネットワーク装置をサポートし、一度に1台の障害装置に電力を供給する冗長電源システムです。接続先装置の内部電源装置の障害を自動的に検知して、ネットワーク トラフィック損失が生じないように、障害装置に必要な電力を供給します。Cisco RPS 300の詳細については、
Cisco RPS 300 Redundant Power System Hardware Installation Guide 』を参照してください。

コンソール ポート

スイッチをPCに接続するには、付属のRJ-45/DB-9 メス ケーブルおよびコンソール ポートを使用します。スイッチのコンソール ポートを端末に接続する場合は、ユーザ側でメスのRJ-45/DB-25 DTEアダプタを用意する必要があります。このアダプタが含まれているキット(部品番号:ACS-DSBUASYN=)をシスコに発注することもできます。コンソール ポートおよびアダプタのピン割り当てについては、「ケーブルおよびアダプタの仕様」を参照してください。

管理オプション

Catalyst 3550スイッチには、いくつかの管理オプションが提供されています。

Cluster Management Suite(CMS)

CMSは、Netscape CommunicatorまたはMicrosoft Internet ExplorerなどのWebブラウザを使用して、ネットワークのどこからでも起動できるグラフィカル ユーザ インターフェイスです。CMSは事前にスイッチにインストールされているので、改めてインストールする必要はありません。CMSから、スイッチまたはスイッチ クラスタのきめ細かな設定およびモニタを行い、ネットワーク トポロジーを表示してリンク情報を収集し、スイッチ イメージを使用してスイッチおよびポート レベルの設定を変更することができます。詳細については、Cisco.comに提供されている『 Catalyst 3550 Multilayer Switch Software Configuration Guide』、『Release Notes for the Catalyst 3550 Multilayer Switch』、およびアプリケーションのオンライン ヘルプを参照してください。

Cisco IOS CLI(コマンドライン インターフェイス)

スイッチのCLIはCisco IOSソフトウェアに基づいており、デスクトップ スイッチング機能をサポートするよう拡張されています。CLIを使用してスイッチおよびスイッチ クラスタ メンバーを詳細に設定し、モニタすることができます。CLIを利用するには、管理ステーションをスイッチのコンソール ポートに直接接続するか、またはリモート管理ステーションからTelnetを使用します。詳細は、Cisco.comに提供されている『 Catalyst 3550 Multilayer Switch Command Reference 』を参照してください。

CiscoViewアプリケーション

CiscoViewデバイス管理アプリケーションでは、スイッチのイメージが表示されます。これを使用して、コンフィギュレーション パラメータを設定し、スイッチのステータスおよびパフォーマンス情報を見ることができます。CiscoViewアプリケーションは別途購入となります。スタンドアロン アプリケーションとして利用することも、SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)に組み込むこともできます。詳細は、CiscoViewのマニュアルを参照してください。

SNMPネットワーク管理

HP OpenView、SunNet Managerなどのプラットフォームが稼働しているSNMP対応管理ステーションから、スイッチを管理することができます。スイッチは、総合的なManagement Information Base(MIB)拡張機能セットおよび4種類のRemote Monitoring(RMON)グループをサポートしています。詳細については、Cisco.comに提供されている『 Catalyst 3550 Multilayer Switch Software Configuration Guide 』およびSNMPアプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。

Cisco Intelligence Engine 2100(IE2100)

Cisco IE2100シリーズConfiguration Registrarは、スイッチ ソフトウェアに組み込まれたCNSエージェントと連携するネットワーク管理デバイスです。スイッチ固有の設定変更を生成してスイッチに送信し、設定変更を実行して結果を記録することにより、初期設定および設定の更新を自動的に行うことができます。

ネットワーク コンフィギュレーション

ネットワーク コンフィギュレーションの概念、スイッチを使用して専用ネットワーク セグメントを作成する例、およびギガビット イーサネット接続によりセグメントを相互接続する例については、Cisco.comに提供されている『 Catalyst 3550 Multilayer Switch Software Configuration Guide 』を参照してください。