Catalyst 2975 スイッチ コマンド リファレンス,12.2(46)EX
オープン ソース ソフトウェアに関する確認事項
オープン ソース ソフトウェアに関する確認事項
発行日;2012/02/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

オープン ソース ソフトウェアに関する確認事項

オープン ソース ソフトウェアに関する確認事項

Cisco IOS ソフトウェアの pipe コマンドは、Henry Spencer の正規表現ライブラリ(regex)を使用しています。ライブラリの最新バージョンは、前バージョンのライブラリとの互換性を維持するために、Catalyst オペレーティング システム ソフトウェア内でわずかながら変更が加えられています。

Henry Spencer の正規表現ライブラリ(regex)。Copyright 1992, 1993, 1994, 1997 Henry Spencer.All rights reserved.本ソフトウェアは、American Telephone and Telegraph Company(AT&T)または Regents of the University of California(カリフォルニア州立大学)による許諾なく使用することができます。

次の制約事項に従えば、誰でも、あらゆるコンピュータ システム上でその目的に関わらずこのソフトウェアを使用し、それを変更および再配布することができます。

1. 作成者は、このソフトウェアの使用によって生じた結果については、ソフトウェアの欠陥に起因した場合でも、その程度に関係なく、一切の責任を負いません。

2. 明らかな主張または怠慢のどちらによっても、このソフトウェアの出典を不正確に述べてはなりません。ソースを読むユーザはほとんどいないため、クレジットはマニュアル内に記述する必要があります。

3. 改変版はその旨を明確に示し、オリジナルのソフトウェアであるかのように誤って伝えてはなりません。ソースを読むユーザはほとんどいないため、クレジットはマニュアル内に記述する必要があります。

4. この通知は、削除または変更することはできません。