Catalyst 2975 スイッチ ソフトウェア コンフィギュ レーション ガイド, 12.2(46)EX
索引
Index
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2011/07/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

Index

A

access-class コマンド 30-17

ACE

IP 30-2

イーサネット 30-2

および QoS 32-8

定義済み 30-2

ACL

ACE 30-2

any キーワード 30-10

host キーワード 30-10

IP

暗黙の拒否 30-7, 30-12, 30-14

暗黙マスク 30-7

一致基準 30-6

作成 30-6

フラグメントおよび QoS ガイドライン 32-33

未定義 30-18

IPv4

一致基準 30-6

インターフェイスへの適用 30-17

作成 30-6

サポートしていない機能 30-5

端末回線、設定 30-16

名前付き 30-12

番号 30-6

MAC 拡張 30-21, 32-44

QoS 32-8, 32-42

QoS クラス マップ単位の数 32-33

QoS のトラフィック分類 32-42

一致 30-6, 30-18

エントリの再シーケンス 30-12

拡張 IP、QoS 分類での設定 32-43

拡張 IPv4

一致基準 30-6

作成 30-8

コメント 30-16

コンパイル 30-19

サポート 1-8

サポートしていない機能、IPv4 30-5

時間範囲 30-14

定義済み 30-1, 30-6

適用

QoS 32-8

インターフェイス 30-17

時間範囲 30-14

ハードウェアでのサポート 30-18

ハードウェアとソフトウェアの取り扱い 30-18

標準 IP、QoS 分類での設定 32-42

標準 IPv4

一致基準 30-6

作成 30-7

命名された、IPv4 30-12

モニタリング 30-24

30-19, 32-42

AC(コマンド スイッチ) 5-10

AP1250(Cisco ワイヤレス アクセス ポイント) 11-4

ARP

定義済み 1-5, 7-28

テーブル

アドレス解決 7-28

管理 7-28

Auto-MDIX

設定 11-21

説明 11-21

B

BackboneFast

イネーブル化 18-17

サポート 1-7

説明 18-7

ディセーブル化 18-17

Berkeley r-tool の代替品 9-44

BPDU

error-disabled 状態 18-2

RSTP 形式 17-12

フィルタリング 18-3

BPDU ガード

イネーブル化 18-13

サポート 1-7

説明 18-2

ディセーブル化 18-14

BPDU フィルタリング

イネーブル化 18-14

サポート 1-7

説明 18-3

ディセーブル化 18-15

broadcast storm-control コマンド 22-4

C

CA トラストポイント

設定 9-40

定義済み 9-38

CDP

LLDP による定義 24-1

アップデート 23-2

イネーブル化とディセーブル化

インターフェイス 23-4

スイッチ上 23-3

および信頼境界 32-38

概要 23-1

サポート 1-5

スイッチ クラスタでの自動検出 5-5

スイッチ スタックの考慮事項 23-2

設定 23-2

説明 23-1

送信タイマーおよびホールドタイム、設定 23-2

デフォルト設定 23-2

電力ネゴシエーション拡張 11-5

モニタリング 23-5

ルーティング デバイスのディセーブル化 23-3 ~ 23-4

CGMP

IGMP スヌーピング学習方式 21-9

マルチキャスト グループへの加入 21-3

CipherSuite 9-39

Cisco 31-1

Cisco 7960 IP Phone 14-1

Cisco AP1250 ワイヤレス アクセス ポイント 11-4

Cisco Discovery Protocol

「CDP」を参照

Cisco IOS IP SLA 31-1

Cisco IOS IP サービス レベル契約(SLA)レスポンダ 1-4

Cisco IOS ファイル システム

「IFS」を参照

Cisco StackWise テクノロジー 1-2

「スタック、スイッチ」も参照

CiscoWorks 2000 1-4, 29-4

Cisco インテリジェント電源管理 11-5

CIST リージョン ルート

「MSTP」を参照

CIST ルート

「MSTP」を参照

Civic ロケーション 24-3

CLI

エラー メッセージ 2-5

クラスタの管理 5-16

コマンド出力のフィルタリング 2-10

コマンドの no 形式とデフォルト形式 2-4

コマンドの短縮 2-4

コマンド モード 2-1

コンフィギュレーション ロギング 2-5

説明 1-4

ヘルプの入手 2-3

編集機能

イネーブル化とディセーブル化 2-7

キーストロークの編集 2-8

ラップされたライン 2-9

履歴

コマンドのリコール 2-6

説明 2-6

ディセーブル化 2-7

バッファ サイズの変更 2-6

CNS 1-5

Configuration Engine

configID、deviceID、ホスト名 4-3

イベント サービス 4-3

コンフィギュレーション サービス 4-2

説明 4-1

管理機能 1-5

組み込みエージェント

イベント エージェントのイネーブル化 4-7

自動設定のイネーブル化 4-6

設定エージェントのイネーブル化 4-9

説明 4-5

Coarse Wave Division Multiplexer

「CWDM SFP」を参照

config.text 3-17

configure terminal コマンド 11-10

config-vlan モード 2-2, 13-7

CoS

信頼プライオリティ 14-6

プライオリティの無効化 14-6

レイヤ 2 フレーム 32-2

CoS/DSCP マップ、QoS 用 32-54

crashinfo ファイル 36-23

CWDM SFP 1-20

D

description コマンド 11-26

DHCP 20-13

Cisco IOS サーバ データベース

設定 20-11

イネーブル化

リレー エージェント 20-9

DHCP オプション 82

概要 20-3

回路 ID サブオプション 20-5

設定ガイドライン 20-8

デフォルト設定 20-7

パケット形式、サブオプション

回路 ID 20-5

リモート ID 20-5

表示 20-13

リモート ID サブオプション 20-5

DHCP サーバ ポートベースのアドレス割り当て

イネーブル化 20-14

サポート 1-5

設定ガイドライン 20-14

説明 20-13

デフォルト設定 20-14

表示 20-16

DHCP スヌーピング

trusted インターフェイス 20-2

untrusted インターフェイス 20-2

untrusted メッセージ 20-2

エッジ スイッチからの信頼できないパケットの受け入れ 20-3, 20-10

オプション 82 データの挿入 20-3

設定ガイドライン 20-8

デフォルト設定 20-7

バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブルの表示 20-13

メッセージ交換プロセス 20-4

DHCP スヌーピング バインディング データベース

イネーブル化 20-12

エージェント統計情報のクリア 20-12

エントリ 20-5

削除

データベース エージェント 20-12

バインディング 20-13

バインディング ファイル 20-12

ステータスと統計情報の表示 20-13

設定 20-12

設定ガイドライン 20-8

説明 20-5

データベースの更新 20-12

デフォルト設定 20-7, 20-8

バインディング 20-5

バインディング エントリ、表示 20-13

バインディングの追加 20-12

バインディング ファイル

形式 20-6

場所 20-5

表示 20-13

リセット

タイムアウト値 20-12

遅延値 20-12

DHCP スヌーピング バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP ベースの自動設定

BOOTP との関係 3-4

クライアント要求メッセージの交換 3-4

設定

DNS 3-8

TFTP サーバ 3-7

クライアント側 3-3

サーバ側 3-6

リレー デバイス 3-8

リース オプション

IP アドレス情報 3-6

コンフィギュレーション ファイルの受信 3-7

3-10

DHCPベースの自動設定

概要 3-3

サポート 1-5

リレー サポート 1-5

DHCP ベースの自動設定とイメージ アップデート

設定 3-11 ~ 3-14

認識 3-5 ~ 3-6

Differentiated Service Code Point 32-2

DNS

IPv6 33-3

および DHCP ベースの自動設定 3-8

概要 7-16

サポート 1-5

設定の表示 7-17

セットアップ 7-16

デフォルト設定 7-16

DRP

IPv6 33-4

サポート 1-11

設定 33-9

説明 33-4

DSCP 1-10, 32-2

DSCP-to-CoS マップ、QoS 用 32-57

DSCP-to-DSCP-mutation マップ、QoS 用 32-58

DSCP の透過性 32-39

DTP 1-7, 13-16

Dynamic Host Configuration Protocol

「DHCP ベースの自動設定」を参照

E

ELIN ロケーション 24-3

error-disabled 状態、BPDU 18-2

EtherChannel

IEEE 802.3ad、説明 35-6

LACP

システム プライオリティ 35-18

ステータスの表示 35-20

説明 35-6

その他の機能との相互作用 35-7

ポート プライオリティ 35-19

ホットスタンバイ ポート 35-18

モード 35-7

PAgP

Catalyst 1900 との互換性 35-17

学習方式およびプライオリティの設定 35-16

仮想スイッチとのインタラクション 35-6

サポート 1-3

集約ポート学習 35-16

ステータスの表示 35-20

説明 35-5

その他の機能とのインタラクション 35-6

デュアル アクション検出あり 35-6

モード 35-5

インタラクション

STP の使用 35-11

VLAN の使用 35-12

サポート 1-3

自動作成 35-5, 35-6

スタック変更の影響 35-9

ステータスの表示 35-20

設定ガイドライン 35-11

説明 35-2

チャネル グループ

ナンバリング 35-4

バインディング物理および論理インターフェイス 35-4

デフォルト設定 35-10

転送方式 35-8, 35-15

ポート グループ 11-4

ポート チャネル インターフェイス

説明 35-4

ナンバリング 35-4

レイヤ 2 インターフェイスの設定 35-12

ロード バランシング 35-8, 35-15

EtherChannel ガード

イネーブル化 18-17

説明 18-10

ディセーブル化 18-18

EUI 33-3

Express Setup 1-2

「使用する前にガイド」も参照

Extended Universal Identifier

「EUI」を参照

Extensible Authentication Protocol over LAN 10-1

F

fa0 インターフェイス 1-6

Fast Uplink Transition Protocol 18-6

Flex Link

VLAN 19-2

VLAN ロード バランシングの設定 19-11

設定 19-8, 19-9

設定ガイドライン 19-8

説明 19-1

デフォルト設定 19-7

モニタリング 19-14

優先 VLAN の設定 19-12

リンクのロード バランシング 19-2

Flex Link マルチキャスト高速コンバージェンス 19-3

FTP

MIB ファイルへのアクセス A-3

イメージ ファイル

アップロード B-33

サーバの準備 B-30

ダウンロード B-31

古いイメージの削除 B-33

コンフィギュレーション ファイル

アップロード B-15

概要 B-13

サーバの準備 B-13

ダウンロード B-14

G

get-bulk-request オペレーション 29-3

get-next-request オペレーション 29-3, 29-5

get-request オペレーション 29-3, 29-5

get-response オペレーション 29-3

GUI

「デバイス マネージャ」および「Network Assistant」を参照

H

Hello タイム

MSTP 17-23

STP 16-22

HP OpenView 1-4

HSRP

クラスタ スタンバイ グループの考慮事項 5-11

自動クラスタ復旧 5-12

「クラスタ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

HTTP over SSL

「HTTPS」を参照

HTTPS 9-37

自己署名証明書 9-38

設定 9-41

HTTP セキュア サーバ 9-37

I

ICMP

IPv6 33-3

time-exceeded メッセージ 36-18

traceroute 36-18

ICMP PING

概要 36-15

実行 36-15

ICMPv6 33-3

IDS アプライアンス

および入力 RSPAN 26-22

および入力 SPAN 26-15

IEEE 802.1D

「STP」を参照

IEEE 802.1p 14-1

IEEE 802.1Q

およびトランク ポート 11-3

カプセル化 13-15

設定の制限事項 13-16

タグのないトラフィックの VLAN 13-21

IEEE 802.1s

「MSTP」を参照

IEEE 802.1w

「RSTP」を参照

IEEE 802.1x

「ポートベースの認証」を参照

IEEE 802.3ad

「EtherChannel」を参照

IEEE 802.3af

「PoE」を参照

IEEE 802.3x フロー制御 11-20

ifIndex 値、SNMP 29-6

IFS 1-5

IGMP

加入メッセージ 21-3

クエリー 21-4

サポート 1-3

サポートしているバージョン 21-3

設定可能脱退タイマー

イネーブル化 21-11

説明 21-6

脱退処理、イネーブル化 21-11, 34-9

氾濫したマルチキャスト トラフィック

インターフェイスでのディセーブル化 21-14

クエリーのソリシテーション 21-13

グローバル脱退 21-13

時間の長さの制御 21-12

フラッド モードからの回復 21-13

マルチキャスト グループからの脱退 21-5

マルチキャスト グループへの加入 21-3

レポート抑圧

説明 21-6

ディセーブル化 21-16, 34-11

IGMP グループ

最大数の設定 21-28

フィルタリングの設定 21-29

IGMP スヌーピング

VLAN の設定 21-8

イネーブル化とディセーブル化 21-8, 34-7

およびアドレス エイリアシング 21-2

およびスタックの変更 21-7

クエリー

設定 21-14

設定ガイドライン 21-14

グローバル設定 21-8

サポート 1-3

サポートしているバージョン 21-3

スイッチ スタック 21-6

設定 21-7

即時脱退 21-5

定義 21-1

デフォルト設定 21-7, 34-6

方式 21-9

モニタリング 21-16, 34-12

IGMP スロットリング

アクションの表示 21-30

設定 21-29

説明 21-25

デフォルト設定 21-26

IGMP 即時脱退

イネーブル化 21-11

設定ガイドライン 21-11

説明 21-5

IGMP フィルタイング

サポート 1-4

設定 21-26

説明 21-25

デフォルト設定 21-26

モニタリング 21-30

IGMP プロファイル

設定 21-26

設定モード 21-26

適用 21-27

interfaces range macro コマンド 11-13

Internet Protocol バージョン 6

「IPv6」を参照

IP 5-3, 5-11

IP ACL

QoS 分類 32-8

暗黙の拒否 30-7, 30-12

暗黙マスク 30-7

未定義 30-18

命名された 30-12

ip igmp profile コマンド 21-26

IP Phone

QoS によるポート セキュリティの保証 32-37

QoS の信頼境界 32-37

および QoS 14-1

自動分類およびキューイング 32-20

設定 14-5

IP precedence 32-2

IP-precedence-to-DSCP マップ、QoS 用 32-55

IP SLA

SNMP サポート 31-2

応答側

イネーブル化 31-6

説明 31-4

応答時間 31-4

コントロール プロトコル 31-4

サポートしているメトリクス 31-2

設定ガイドライン 31-5

操作 31-3

定義 31-1

デフォルト設定 31-5

ネットワーク パフォーマンスの測定 31-3

モニタリング 31-6

利点 31-2

IP traceroute

概要 36-17

実行 36-18

IPv4 ACL

インターフェイスへの適用 30-17

拡張、作成 30-8

標準、作成 30-7

命名された 30-12

IPv4 と IPv6

デュアル プロトコル スタック 33-5

IPv6

ICMP 33-3

SDM テンプレート 34-1

アドレス 33-2

アドレス形式 33-2

アドレス割り当て 33-7

アプリケーション 33-4

およびスイッチ スタック 33-7

近接ディスカバリ 33-4

サポートしている機能 33-2

自動設定 33-4

スタック マスター機能 33-7

スタティック ルートの設定 33-11

スタティック ルートの理解 33-5

ステートレス自動設定 33-4

定義済み 33-1

デフォルト設定 33-7

デフォルト ルータ プリファレンス(DRP) 33-4

転送 33-7

モニタリング 33-12

IP アドレス

128 ビット 33-2

IPv6 33-2

クラスタ アクセス 5-2

検出 7-28

候補またはメンバー 5-4, 5-13

コマンド スイッチ 5-3, 5-11, 5-13

冗長クラスタ 5-11

スタンバイ コマンド スイッチ 5-11, 5-13

「IP の情報」も参照

IP サービス レベル契約

「マルチ IP SLA」を参照

IP サービス レベル、分析 31-1

IP 情報

デフォルト設定 3-3

割り当て

DHCP ベースの自動設定 3-3

手動 3-15

IP プロトコル、ACLの 30-9

L

LACP

「EtherChannel」を参照

LDAP 4-2

LED、スイッチ

「ハードウェア インストレーション ガイド」を参照

Lightweight Directory Access Protocol

「LDAP」を参照

Link Aggregation Control Protocol

「EtherChannel」を参照

Link Layer Discovery Protocol

「CDP」を参照

LLDP

概要 24-1

サポートしている TLV 24-2

スイッチ スタックの考慮事項 24-2

設定 24-3

デフォルト設定 24-3

特性 24-4

送信タイマーおよびホールドタイム、設定 24-4

ディセーブル化とイネーブル化

インターフェイス 24-5

グローバル 24-5

モニタリングとメンテナンス 24-7

LLDP-MED

概要 24-1, 24-2

サポートしている TLV 24-2

設定

TLV 24-6

手順 24-3

モニタリングとメンテナンス 24-7

LLDP Media Endpoint Discovery

「LLDP-MED」を参照

Long-Reach Ethernet(LRE)テクノロジー 1-16

LRE プロファイル、スイッチ クラスタの考慮事項 5-16

M

MAB イナクティビティ タイマー

デフォルト設定 10-25

範囲 10-28

MAC/PHY 設定ステータス TLV 24-2

MAC アドレス

ACL 30-21

VLAN での学習のディセーブル化 7-27

アドレス テーブルの作成 7-20

エージング タイム 7-21

検出 7-28

スタティック

許可 7-26, 7-27

削除 7-25

追加 7-25

特性 7-24

廃棄 7-26

ダイナミック

学習 7-20

削除 7-22

デフォルト設定 7-21

と VLAN の関連付け 7-20

表示 7-28

MAC アドレス通知、サポート 1-11

MAC アドレス テーブル移動更新

設定 19-12

設定ガイドライン 19-8

説明 19-6

デフォルト設定 19-7

モニタリング 19-14

MAC アドレスと VLAN のマッピング 13-26

MAC アドレスの学習、VLAN でのディセーブル化 7-27

MAC アドレス ラーニング 1-5

MAC 拡張アクセス リスト

QoS での設定 32-44

QoS 分類 32-5

作成 30-21

定義済み 30-21

レイヤ 2 インターフェイスへの適用 30-22

MAC 認証バイパス 10-10

MDA

設定ガイドライン 10-19 ~ 10-20

説明 1-9, 10-19

認証プロセスのある例外 10-4

MIB

FTP によるファイルへのアクセス A-3

SNMP インタラクション 29-4

概要 29-1

サポート A-1

ファイルの場所 A-3

mrouter ポート 19-3, 19-5

MSTP

BPDU ガード

イネーブル化 18-13

説明 18-2

BPDU フィルタリング

イネーブル化 18-14

説明 18-3

CIST、説明 17-3

CIST リージョン ルート 17-3, 17-5

CIST ルート 17-5

CST

定義済み 17-3

リージョン間での操作 17-4

EtherChannel ガード

イネーブル化 18-17

説明 18-10

IEEE 802.1

実装 17-6

ポートの役割名の変更 17-6

用語 17-5

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再開 17-26

説明 17-8

IST

定義済み 17-2

マスター 17-3

リージョンでの操作 17-3

MST リージョン

CIST 17-3

IST 17-2

サポートしているスパニング ツリー インスタンス 17-2

設定 17-16

説明 17-2

ホップカウント メカニズム 17-5

Port Fast

イネーブル化 18-12

説明 18-2

Port Fast イネーブル ポートのシャットダウン 18-2

VLAN の MST インスタンスへのマッピング 17-17

インターフェイスの状態、ブロッキングとフォワーディング間 18-2

概要 17-2

拡張システム ID

セカンダリ ルート スイッチに対する影響 17-19

予期せぬ動作 17-18

ルート スイッチに対する影響 17-18

境界ポート

設定ガイドライン 17-16

説明 17-6

サポートしているインスタンス 16-11

サポートしているオプションの機能 1-7

スタック変更の影響 17-8

ステータスの表示 17-27

ステータス、表示 17-27

設定

Hello タイム 17-23

MST リージョン 17-16

高速コンバージェンス用リンク タイプ 17-25

最大エージング タイム 17-24

最大ホップ カウント 17-25

スイッチ プライオリティ 17-22

セカンダリ ルート スイッチ 17-19

転送遅延時間 17-24

ネイバ タイプ 17-26

パス コスト 17-21

ポート プライオリティ 17-20

ルート スイッチ 17-18

設定ガイドライン 17-15, 18-12

デフォルト オプション機能の設定 18-12

デフォルト設定 17-15

モード間での相互運用性と互換性 16-11

モードのイネーブル化 17-16

ルート ガード

イネーブル化 18-18

説明 18-10

ルート スイッチ

拡張システム ID の影響 17-18

設定 17-18

予期せぬ動作 17-18

ルート スイッチ選択の防止 18-10

ループ ガード

イネーブル化 18-19

説明 18-11

multicast storm-control コマンド 22-4

MVR

アプリケーションの例 21-19

インターフェイスの設定 21-23

および IGMPv3 21-21

およびアドレス エイリアシング 21-21

グローバル パラメータの設定 21-21

サポート 1-4

設定ガイドライン 21-21

説明 21-18

デフォルト設定 21-20

マルチキャスト ビデオ アプリケーション 21-19

モード 21-22

モニタリング 21-24

N

NAC

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x の検証 10-46

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x の認証 10-46

アクセス不能認証バイパス 10-42

クリティカル認証 10-14, 10-42

レイヤ 2 IEEE 802.1x の検証 1-9, 10-18, 10-46

NameSpace Mapper

「NSM」を参照

Network Admission Control

「NAC」を参照

Network Admission Control Software Configuration Guide 10-48, 10-49

Network Assistant

イメージ ファイルのダウンロード 1-2

ウィザード 1-2

ガイド モード 1-2

管理オプション 1-2

スイッチ スタックの管理 6-2, 6-14

スイッチのアップグレード B-24

説明 1-4

利点 1-2

no コマンド 2-4

NSM 4-3

NTP

アクセスの制限

アクセス グループの作成 7-9

インターフェイス単位での NTP サービスのディセーブル化 7-10

概要 7-2

関連付け

サーバ 7-5

定義済み 7-2

認証 7-4

ピア 7-5

ブロードキャスト メッセージのイネーブル化 7-7

サポート 1-5

時刻

サービス 7-2

同期 7-2

設定の表示 7-11

7-2

送信元 IP アドレス、設定 7-10

デバイスの同期化 7-5

デフォルト設定 7-4

P

PAgP

「EtherChannel」を参照

PC(パッシブ クラスタ コマンド スイッチ) 5-10

Per-VLAN Spanning-Tree plus

「PVST+」を参照

PIM/DVMRP、スヌーピング方法 21-9

PING

概要 36-15

実行 36-15

文字出力の説明 36-15

PoE

CDP に対する電力ネゴシエーション拡張 11-5

Cisco インテリジェント電源管理 11-5

IEEE 電力分類レベル 11-6

拡張 11-5

サポートしているポート単位のワット数 11-4

サポートしている規格 11-5

サポートしているデバイス 11-4

自動モード 11-6

受電装置検出および初期電力割り当て 11-5

使用できる総電力 11-9

スタティック モード 11-7

設定 11-22

電源管理モード 11-6

電源検出 11-7

電源遮断

決定 11-8

サポート 11-7

電源モニタリング 11-7

電力使用状況のポリシング 11-7

電力消費 11-8, 11-23

電力消費のある CDP、説明 11-5

電力消費のポリシング 11-25

電力ネゴシエーションのある CDP、説明 11-5

電力のモニタリング 11-25

電力バジェット 11-23

トラブルシューティング 36-13

モニタリング 11-7

ローパワー モードで動作する高出力デバイス 11-5

PortFast

イネーブル化 18-12

サポート 1-7

説明 18-2

モード、スパニング ツリー 13-27

Power over Ethernet

「PoE」を参照

PVST+

IEEE 802.1Q トランキングの相互運用性 16-11

サポートしているインスタンス 16-11

説明 16-10

Q

QoS

DSCP の透過性 32-39

IP Phone

検出および信頼できる設定 32-20, 32-37

自動分類およびキューイング 32-20

QoS ラベル、定義済み 32-4

暗黙の拒否 32-8

および MQC コマンド 32-1

概要 32-2

書き換え 32-19

基本モデル 32-4

キュー

SRR、説明 32-13

WTD、説明 32-13

出力特性の設定 32-64

入力特性の設定 32-59

ハイ プライオリティ(優先) 32-19, 32-70

場所 32-12

クラス マップ

設定 32-45

表示 32-72

グローバルでのイネーブル化 32-34

サポート 1-10

自動 QoS

VoIP のイネーブル化 32-26

実行コンフィギュレーションに対する影響 32-25

出力キューのデフォルト 32-21

初期設定の表示 32-29

生成されたコマンドの表示 32-27

生成されたコマンドのリスト 32-22

設定およびデフォルトの表示 32-29

設定ガイドライン 32-25

設定例 32-28

説明 32-20

ディセーブル化 32-27

トラフィックの分類 32-20

入力キューのデフォルト 32-21

出力インターフェイスの帯域幅の制限 32-71

出力キュー

DSCP または CoS 値のマッピング 32-67

SRR の共有重みの設定 32-69

SRR のシェーピング重みの設定 32-68

WTD しきい値の設定 32-65

WTD、説明 32-18

しきい値マップの表示 32-68

スケジューリング、説明 32-4

説明 32-4

バッファ スペースの割り当て 32-65

バッファ割り当てスキーム、説明 32-17

フローチャート 32-17

信頼状態

信頼デバイス 32-37

説明 32-5

ドメイン内 32-35

別のドメインに隣接 32-39

設定

DSCP の透過性 32-39

DSCP マップ 32-53

IP 拡張 ACL 32-43

IP 標準 ACL 32-42

MAC ACL 32-44

自動 QoS 32-20

集約ポリサー 32-51

出力キューの特性 32-64

信頼境界 32-37

デフォルト ポート CoS 値 32-37

ドメイン内でのポートの信頼状態 32-35

入力キューの特性 32-59

別のドメインに隣接する DSCP 信頼状態 32-39

設定ガイドライン

自動 QoS 32-25

標準 QoS 32-33

デフォルト自動設定 32-20

デフォルト標準設定 32-30

統計情報の表示 32-72

入力キュー

DSCP または CoS 値のマッピング 32-60

SRR の共有重みの設定 32-62

WTD しきい値の設定 32-60

WTD、説明 32-15

しきい値マップの表示 32-61

スケジューリング、説明 32-4

説明 32-4

帯域幅の割り当て 32-62

バッファおよび帯域割り当て、説明 32-15

バッファ スペースの割り当て 32-61

プライオリティ キュー 32-15

プライオリティ キューの設定 32-63

フローチャート 32-14

パケット修正 32-19

フローチャート

出力キューイングとスケジューリング 32-17

入力キューイングとスケジューリング 32-14

分類 32-7

ポリシングとマーキング 32-11

分類

DSCP の透過性、説明 32-39

IP ACL、説明 32-6, 32-8

IP トラフックのオプション 32-6

MAC ACL、説明 32-5, 32-8

クラス マップ、説明 32-8

信頼 DSCP、説明 32-5

信頼 IP precedence、説明 32-5

信頼できる CoS、説明 32-5

定義済み 32-4

転送処理 32-3

非 IP トラフィックのオプション 32-5

フレームとパケット 32-3

フローチャート 32-7

ポリシー マップ、説明 32-8

ポリサー

32-33

設定 32-50, 32-52

説明 32-9

タイプ 32-10

表示 32-72

ポリシー、インターフェイスに添付 32-9

ポリシー マップ

特性 32-47

表示 32-72

物理ポートでの非階層 32-47

ポリシング

説明 32-4, 32-9

トークン バケット アルゴリズム 32-10

マーキング、説明 32-4, 32-9

マークダウンされたアクション 32-50

マッピング テーブル

CoS-to-DSCP 32-54

DSCP-to-CoS 32-57

DSCP-to-DSCP-mutation 32-58

IP-precedence-to-DSCP 32-55

タイプ 32-11

表示 32-72

ポリシング済み DSCP 32-56

QoS の CoS 出力キュー スレッシュホールド マップ 32-18

QoS の CoS 入力キュー スレッシュホールド マップ 32-15

QoS の DSCP 出力キュー スレッシュホールド マップ 32-18

QoS の DSCP 入力キュー スレッシュホールド マップ 32-15

QoS のクラス マップ

設定 32-45

説明 32-8

表示 32-72

QoS の信頼境界 32-37

Quality Of Service

「QoS」を参照

Quality of Service

「QoS」を参照

R

RADIUS

AAA サーバ グループの定義 9-25

アトリビュート

ベンダー固有 9-29

ベンダー独自 9-31

概要 9-18

クラスタ 5-16

サーバの識別 9-21

サポート 1-9

設定

アカウンティング 9-28

許可 9-27

通信、グローバル 9-21, 9-29

通信、サーバ単位 9-21

認証 9-23

複数の UDP ポート 9-21

設定の表示 9-32

操作 9-19

提案されたネットワーク環境 9-18

デフォルト設定 9-20

方式リスト、定義済み 9-20

ユーザがアクセスするトラッキング サービス 9-28

ユーザへのサービスの制限 9-27

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree plus

「Rapid PVST+」を参照

Rapid PVST+

IEEE 802.1Q トランキングの相互運用性 16-11

サポートしているインスタンス 16-11

説明 16-10

rcommand コマンド 5-16

RCP

イメージ ファイル

アップロード B-38

サーバの準備 B-35

ダウンロード B-36

古いイメージの削除 B-38

コンフィギュレーション ファイル

アップロード B-18

概要 B-16

サーバの準備 B-17

ダウンロード B-17

Remote Authentication Dial-In User Service

「RADIUS」を参照

RFC

1112、IP マルチキャストおよび IGMP 21-2

1157、SNMPv1 29-2

1305、NTP 7-2

1757、RMON 27-2

1901、SNMPv2C 29-2

1902 ~ 1907、SNMPv2 29-2

2236、IP マルチキャストおよび IGMP 21-2

2273 ~ 2275、SNMPv3 29-2

RMON

アラームとイベントのイネーブル化 27-3

概要 27-1

サポート 1-11

サポートしているグループ 27-2

ステータスの表示 27-6

デフォルト設定 27-3

統計情報

グループイーサネットの収集 27-5

グループ履歴の収集 27-5

RSPAN

VLAN ベース 26-7

宛先ポート 26-8

およびスタックの変更 26-10

概要 1-11, 26-1

監視されるポート 26-6

受信トラフィック 26-5

スイッチ スタック 26-2

ステータスの表示 26-25

セッション

監視されるポートの指定 26-19

作成 26-19

定義済み 26-4

特定の VLAN への送信元トラフィックの制限 26-24

入力トラフィックがイネーブルの状態 26-22

設定ガイドライン 26-18

送信トラフィック 26-6

送信元ポート 26-6

その他の機能とのインタラクション 26-9

定義済み 26-3

デフォルト設定 26-11

特性 26-9

モニタリング ポート 26-8

RSTP

BPDU

形式 17-12

処理 17-13

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再開 17-26

説明 17-8

トポロジの変更 17-14

「MSTP」も参照

アクティブ トポロジ 17-10

概要 17-9

高速コンバージェンス

エッジ ポートと Port Fast 17-10

クロススタック高速コンバージェンス 17-11

説明 17-10

ポイントツーポイント リンク 17-10, 17-25

ルート ポート 17-10

指定スイッチ、定義済み 17-9

指定ポート、定義済み 17-9

プロポーザル アグリーメント ハンドシェイク プロセス 17-10

ポート ロール

説明 17-9

同期 17-11

ルート ポート、定義済み 17-9

S

SCP

および SSH 9-44

設定 9-44

「SCP」を参照

SC(スタンバイ クラスタ コマンド スイッチ) 5-10

SDM

説明 8-1

テンプレート

8-1

設定 8-4

SDM テンプレート

設定 8-3

設定ガイドライン 8-3

タイプ 8-1

Secure Copy Protocol

Secure Socket Layer

「SSL」を参照

set-request オペレーション 29-5

SFP

ステータス、表示 36-14

セキュリティおよび識別 36-13

ナンバリング 11-10

モニタリング ステータス 11-29, 36-14

Shaped Round Robin

「SRR」を参照

show access-lists hw-summary コマンド 30-18

show cdp traffic コマンド 23-5

show cluster members コマンド 5-16

show configuration コマンド 11-26

show forward コマンド 36-22

show interfaces switchport 19-4

show interfaces コマンド 11-19, 11-26

show lldp traffic コマンド 24-8

show platform forward コマンド 36-22

show running-config コマンド

ACL の表示 30-17

インターフェイスの説明 11-26

show および more コマンド出力のフィルタリング 2-10

shutdown コマンド、インターフェイスでの 11-30

Small Form-factor Pluggable(SFP)モジュール

「SFP」を参照

Smartport マクロ

グローバル パラメータ値の適用 12-5, 12-6

作成 12-4

シスコ デフォルトのマクロの適用 12-6

設定ガイドライン 12-2

追跡 12-3

定義済み 12-1

デフォルト設定 12-2

パラメータ値の適用 12-5, 12-7

表示 12-8

マクロの適用 12-5

SNAP 23-1

SNMP

ifIndex 値 29-6

MIB

サポート A-1

場所 A-3

MIB 変数へのアクセス 29-4

TFTP サーバによるアクセス制限 29-17

インバンド管理 1-6

エージェント

説明 29-4

ディセーブル化 29-8

エンジン ID 29-7

および IP SLA 31-2

概要 29-1, 29-4

クラスタ 5-14

クラスタの管理 5-17

グループ 29-7, 29-10

コミュニティ ストリング

概要 29-4

クラスタ スイッチ 29-4

設定 29-8

サポートしているバージョン 29-2

システム コンタクトおよびロケーション 29-16

システム ログ メッセージの NMS への制限 28-10

ステータス、表示 29-18

セキュリティ レベル 29-3

設定例 29-17

通知 29-5

イネーブル化 29-16

およびトラップ キーワード 29-12

説明 29-5

ディセーブル化 29-16

トラップとの相違点 29-5

デフォルト設定 29-7

トラップ

MAC アドレス通知のイネーブル化 7-22

イネーブル化 29-12

概要 29-1, 29-5

説明 29-3, 29-5

タイプ 29-12

通知との相違点 29-5

ディセーブル化 29-16

トラップ マネージャ、設定 29-14

認証レベル 29-11

ホスト 29-7

マネージャの機能 1-4, 29-3

ユーザ 29-7, 29-10

SNMPv1 29-2

SNMPv2C 29-2

SNMPv3 29-3

SNMP および Syslog、IPv6 33-6

SPAN

VLAN ベース 26-7

宛先ポート 26-8

およびスタックの変更 26-10

概要 1-11, 26-1

監視されるポート 26-6

受信トラフィック 26-5

ステータスの表示 26-25

セッション

宛先(モニタリング)ポートの削除 26-14

監視されるポートの指定 26-12

作成 26-12

定義済み 26-4

特定の VLAN への送信元トラフィックの制限 26-17

入力転送の設定 26-16, 26-23

入力トラフィックがイネーブルの状態 26-15

設定ガイドライン 26-11

送信トラフィック 26-6

送信元ポート 26-6

その他の機能とのインタラクション 26-9

デフォルト設定 26-11

ポート、制限事項 22-12

モニタリング ポート 26-8

SPAN トラフィック 26-5

SRR

共有モード 32-14

サポート 1-10

シェープド モード 32-14

設定

出力キューの共有重み 32-69

出力キューのシェーピング重み 32-68

入力キューの共有重み 32-62

説明 32-13

SSH

暗号化方式 9-34

暗号ソフトウェア イメージ 9-33

スイッチ スタックの考慮事項 6-15, 9-33

設定 9-34

説明 1-6, 9-33

ユーザ認証方式、サポート 9-34

SSL

暗号ソフトウェア イメージ 9-37

セキュア HTTP クライアントの設定 9-43

セキュア HTTP サーバの設定 9-41

設定ガイドライン 9-40

説明 9-37

モニタリング 9-43

StackWise テクノロジー、シスコ 1-2

「スタック、スイッチ」も参照

STP

BackboneFast

イネーブル化 18-17

説明 18-7

ディセーブル化 18-17

BPDU ガード

イネーブル化 18-13

説明 18-2

ディセーブル化 18-14

BPDU フィルタリング

イネーブル化 18-14

説明 18-3

ディセーブル化 18-15

BPDU メッセージ交換 16-3

EtherChannel ガード

イネーブル化 18-17

説明 18-10

ディセーブル化 18-18

IEEE 802.1D とブリッジ ID 16-5

IEEE 802.1D とマルチキャスト アドレス 16-9

IEEE 802.1Q トランクでの制限 16-11

IEEE 802.1t と VLAN 識別子 16-5

Port Fast

イネーブル化 18-12

説明 18-2

Port Fast イネーブル ポートのシャットダウン 18-2

UplinkFast

イネーブル化 18-16

説明 18-3

インターフェイスの状態

概要 16-5

学習 16-7

ディセーブル 16-8

転送 16-6, 16-8

ブロッキング 16-7

リスニング 16-7

インターフェイスの状態、ブロッキングとフォワーディング間 18-2

下位 BPDU 16-3

概要 16-2

カウンタ、クリア 16-25

拡張システム ID

概要 16-5

セカンダリ ルート スイッチに対する影響 16-18

予期せぬ動作 16-17

ルート スイッチに対する影響 16-16

間接リンク障害の検出 18-8

クロススタック UplinkFast

イネーブル化 18-17

説明 18-5

サポートしているインスタンス 16-11

サポートしているオプションの機能 1-7

サポートしている機能 1-7

サポートしているプロトコル 16-10

サポートしているモード 16-10

指定スイッチ、定義済み 16-4

指定ポート、定義済み 16-4

上位 BPDU 16-3

冗長接続 16-9

スイッチ スタックでのルート ポートの選択 16-4

スタック変更の影響 16-12

ステータスの表示 16-25

ステータス、表示 16-25

設定

Hello タイム 16-22

最大エージング タイム 16-24

スイッチ プライオリティ 16-21

スパニングツリー モード 16-15

セカンダリ ルート スイッチ 16-18

転送遅延時間 16-23

転送保留カウント 16-24

パス コスト 16-20

ポート プライオリティ 16-19

ルート スイッチ 16-16

設定ガイドライン 16-14, 18-12

タイマー、説明 16-22

ディセーブル化 16-16

デフォルト オプション機能の設定 18-12

デフォルト設定 16-13

パス コスト 13-24, 13-25

負荷共有

概要 13-22

パス コストの使用 13-24

ポート プライオリティの使用 13-22

ポート プライオリティ 13-23

マルチキャスト アドレス、影響 16-9

モード間での相互運用性と互換性 16-11

ルート ガード

イネーブル化 18-18

説明 18-10

ルート スイッチ

拡張システム ID の影響 16-5, 16-16

設定 16-16

選出 16-3

予期せぬ動作 16-17

ルート スイッチ選択の防止 18-10

ルート ポート、定義済み 16-4

ルート ポートの選択の加速化 18-4

ループ ガード

イネーブル化 18-19

説明 18-11

SunNet Manager 1-4

Switch Database Management

「SDM」を参照

switchport block multicast コマンド 22-8

switchport block unicast コマンド 22-8

switchport protected コマンド 22-7

syslog

「システム メッセージ ロギング」を参照

T

TACACS+

アカウンティング、定義済み 9-11

概要 9-10

クラスタ 5-16

サーバの識別 9-13

サポート 1-9

設定

アカウンティング 9-17

許可 9-16

認証鍵 9-13

ログイン認証 9-14

設定の表示 9-17

操作 9-12

デフォルト設定 9-13

認証、定義済み 9-11

ユーザがアクセスするトラッキング サービス 9-17

ユーザへのサービスの制限 9-16

tar ファイル

イメージ ファイル形式 B-25

作成 B-6

抽出 B-7

内容の表示 B-7

TDR 1-11

Telnet

管理インターフェイスへのアクセス 2-11

接続数 1-6

パスワードの設定 9-6

Terminal Access Controller Access Control System Plus

「TACACS+」を参照

TFTP

イメージ ファイル

アップロード B-29

サーバの準備 B-26

削除 B-28

ダウンロード B-27

コンフィギュレーション ファイル

アップロード B-12

サーバの準備 B-11

ダウンロード B-12

サーバによるアクセス制限 29-17

自動設定の設定 3-7

ベース ディレクトリ内のコンフィギュレーション ファイル 3-7

TFTP サーバ 1-5

Time Domain Reflector

「TDR」を参照

time-range コマンド 30-14

TLV

LLDP 24-2

LLDP-MED 24-2

定義済み 24-2

ToS 1-10

traceroute コマンド 36-18

「IP traceroute」も参照

traceroute、レイヤ 2

IP アドレスおよびサブネット 36-17

MAC アドレスおよび VLAN 36-17

および ARP 36-17

および CDP 36-16

使用ガイドライン 36-16

説明 36-16

ブロードキャスト トラフィック 36-16

ポート上の複数のデバイス 36-17

マルチキャスト トラフィック 36-17

ユニキャスト トラフィック 36-16

trusted port の状態

サポート 1-10

分類オプション 32-5

U

UDLD

イネーブル化

インターフェイス単位 25-6

グローバル 25-5

インターフェイスのリセット 25-6

エコー検出メカニズム 25-3

概要 25-1

サポート 1-6

ステータス、表示 25-7

設定ガイドライン 25-4

ディセーブル化

インターフェイス単位 25-6

グローバル 25-5

光ファイバ インターフェイス 25-5

デフォルト設定 25-4

ネイバ データベース 25-2

リンク検出メカニズム 25-1

UDLD によってディセーブルにされたインターフェイスのリセット 25-6

unicast storm control コマンド 22-4

UNIX Syslog サーバ

サポートしているファシリティ 28-14

デーモン設定 28-12

メッセージ ロギング設定 28-13

UplinkFast

イネーブル化 18-16

サポート 1-7

説明 18-3

ディセーブル化 18-16

V

Version-Mismatch(VM)モード

自動アップグレードによる自動的なアップグレード 6-10

自動アドバイスによる手動のアップグレード 6-10

自動抽出によるアップグレード 6-10

Version-Mismatch モード

説明 6-9

VLAN

1006 ~ 4094 の ID の設定 13-13

config-vlan モードでの作成 13-9

RSPAN を使用した送信元トラフィックの制限 26-24

SPAN を使用した送信元トラフィックの制限 26-17

STP および IEEE 802.1Q トランク 16-11

VLAN コンフィギュレーション モードでの作成 13-10

VLAN データベースへの追加 13-9

VTP モード 15-3

およびスパニングツリー インスタンス 13-3, 13-6, 13-13

拡張範囲 13-1, 13-12

機能 1-7

削除 13-10

サポート 13-2

サポートしている数 1-7

修正 13-9

13-2

スイッチ スタック 13-6

スタティック アクセス ポート 13-11

設定 13-1

設定オプション 13-7

設定ガイドライン、拡張範囲 VLAN 13-13

設定ガイドライン、通常範囲 VLAN 13-6

説明 11-2, 13-1

ダイナミック アドレスのエージング 16-10

追加 13-9

通常範囲 13-1, 13-4

デフォルト設定 13-8

トークン リング 13-5

トラフィック 13-2

トランクでの許可 13-19

ネイティブ、設定 13-21

パラメータ 13-5

表示 13-15

ポート メンバーシップ モード 13-3

マルチキャスト 21-18

vlan.dat ファイル 13-4

VLAN 1、トランク ポートでのディセーブル化 13-19

VLAN 1 の最小化 13-19

vlan database コマンド 13-7

vlan global configuration コマンド 13-7

VLAN ID、検出 7-28

VLAN Query Protocol

「VQP」を参照

VLAN 管理ドメイン 15-2

VLAN コンフィギュレーション

ブートアップ 13-8

保存 13-8

VLAN コンフィギュレーション モード 2-2, 13-7

VLAN データベース

および VTP 15-1

および スタートアップ コンフィギュレーション ファイル 13-8

保存された VLAN 13-4

保存された VLAN コンフィギュレーション 13-7

VLAN トランキング プロトコル

「VTP」を参照

VLAN トランク 13-15

VLAN フィルタリングおよび SPAN 26-7

VLAN マネジメント ポリシー サーバ

「VMPS」を参照

VLAN メンバーシップ

確認 13-29

モード 13-3

VLAN ロード バランシング、Flex Link での 19-2

設定ガイドライン 19-8

VLAN 割り当て応答、VMPS 13-26

VMPS

MAC アドレスの VLAN へのマッピング 13-26

管理 13-31

サーバ アドレスの入力 13-28

再確認間隔、変更 13-30

設定ガイドライン 13-27

設定例 13-32

説明 13-26

ダイナミック ポート メンバーシップ

再確認 13-30

説明 13-27

トラブルシューティング 13-31

デフォルト設定 13-27

メンバーシップの再確認 13-29

モニタリング 13-31

リトライ回数、変更 13-30

Voice over IP 14-1

VQP 1-7, 13-26

VTP

アドバタイズメント 13-17, 15-3, 15-4

および拡張範囲 VLAN 15-2

および通常範囲 VLAN 15-2

クライアント モード、設定 15-12

サーバ モード、設定 15-10

サポート 1-8

使用 15-1

整合性検査 15-4

設定

VLAN コンフィギュレーション モード 15-8

ガイドライン 15-9

クライアント モード 15-12

グローバル コンフィギュレーション モード 15-8

サーバ モード 15-10

透過モード 15-13

特権 EXEC モード 15-8

保存 15-8

要件 15-10

設定の改訂番号

ガイドライン 15-15

リセット 15-16

設定モード オプション 15-8

設定要件 15-10

説明 15-1

ディセーブル化 15-13

デフォルト設定 15-7

透過モード、設定 15-13

統計情報 15-17

トークン リングのサポート 15-4

ドメイン 15-2

ドメインへのクライアントの追加 15-15

ドメイン名 15-9

バージョン 1 15-4

バージョン 2

イネーブル化 15-14

概要 15-4

設定ガイドライン 15-9

ディセーブル化 15-14

バージョン、ガイドライン 15-9

パスワード 15-9

プルーニング

イネーブル化 15-15

概要 15-5

サポート 1-8

ディセーブル化 15-15

15-6

プルーニング適格リスト、変更 13-20

モード

移行 15-3

クライアント 15-3, 15-12

サーバ 15-3, 15-10

透過 15-3, 15-13

モニタリング 15-17

W

Web 認証 10-10

IEEE 802.1x のフォールバック 10-48

設定 10-47 ~ 10-49

説明 1-8, 10-20

WTD

サポート 1-10

しきい値の設定

出力キュー セット 32-65

入力キュー 32-60

説明 32-13

X

Xmodem プロトコル 36-2

アカウンティング

802.1x 10-38

IEEE 802.1x 10-9

RADIUS の使用 9-28

TACACS+ を使用 9-11, 9-17

アクセス

クラスタ、スイッチ 5-13

コマンド スイッチ 5-11

スイッチ クラスタ 5-13

メンバー スイッチ 5-13

アクセス拒否応答、VMPS 13-26

アクセス グループ、インターフェイスへの IPv4 ACL の適用 30-17

アクセス コントロール エントリ

「ACE」を参照

アクセス不能認証バイパス 10-14

アクセス ポート

スイッチ クラスタ 5-9

アクセス ポート、定義済み 11-3

アクセス リスト

「ACL」を参照

アクティブ トラフィック モニタリング、IP SLA 31-1

アクティブ リンク 19-2, 19-4, 19-5, 19-6

アップグレード、ソフトウェア イメージの

「ダウンロード」を参照

アップロード

イメージ ファイル

FTP の使用 B-33

RCP の使用 B-38

TFTP の使用 B-29

準備 B-26, B-30, B-35

理由 B-24

コンフィギュレーション ファイル

FTP の使用 B-15

RCP の使用 B-18

TFTP の使用 B-12

準備 B-11, B-13, B-17

理由 B-9

宛先 IP アドレスベース転送、EtherChannel 35-8

宛先 MAC アドレス転送、EtherChannel 35-8

宛先アドレス

IPv4 ACL 30-9

アドバタイズメント

CDP 23-1

LLDP 24-2

VTP 13-17, 15-3, 15-4

アトリビュート、RADIUS

ベンダー固有 9-29

ベンダー独自 9-31

アドレス

IPv6 33-2

MAC アドレス テーブルの表示 7-28

MAC、検出 7-28

スタティック

追加と削除 7-24

定義済み 7-19

ダイナミック

エージング タイムの変更 7-21

学習 7-20

加速されたエージング 16-10

削除 7-22

定義済み 7-19

デフォルト エージング 16-10

マルチキャスト、STP アドレス管理 16-9

アドレス エイリアシング 21-2

アドレス解決 7-28

アドレス解決プロトコル

「ARP」を参照

アベイラビリティ、機能 1-6

アラーム、RMON 27-3

暗号化、CipherSuite 9-39

暗号化、パスワードの 9-3

暗号ソフトウェア イメージ

SSH 9-33

SSL 9-37

スイッチ スタックの考慮事項 6-2, 6-15, 9-33

イーサネット VLAN

修正 13-9

追加 13-9

デフォルトおよび範囲 13-8

一時自己署名証明書 9-38

一致、IPv4 ACL 30-6

一般クエリー 19-5

イネーブル シークレット パスワード 9-3

イネーブル パスワード 9-3

イベント、RMON 27-3

インターフェイス

Auto-MDIX、設定 11-21

カウンタ、クリア 11-29

管理 1-4

記述名、追加 11-26

再開 11-30

サポート 11-9

シャットダウン 11-30

情報の表示 11-29

ステータス 11-28

設定

手順 11-10

設定ガイドライン

デュプレックスと速度 11-18

説明 11-26

速度とデュプレックス、設定 11-19

タイプ 11-1

デフォルト設定 11-15

範囲 11-11

範囲マクロ 11-13

番号 11-10

物理、識別 11-10

フロー制御 11-20

命名 11-26

モニタリング 11-28

インターフェイス コマンド 11-10

インターフェイス コンフィギュレーション モード 2-3

インターフェイスのクリア 11-29

インターフェイスのタイプ 11-10

ウィザード 1-2

エージング、加速 16-10

エージング タイム

MAC アドレス テーブル 7-21

加速

MSTP 17-24

STP 16-10, 16-23

最大

MSTP 17-24, 17-25

STP 16-24

エラー メッセージ、コマンド入力時 2-5

応答側、IP SLA

イネーブル化 31-6

説明 31-4

応答時間、IP SLA による測定 31-4

オプション、管理 1-4

オフライン設定、スイッチ スタックの 6-6

重み付け テール ドロップ

「WTD」を参照

音声 VLAN

Cisco 7960 Phone、ポートの接続 14-1

IP Phone との接続 14-5

IP Phone の音声トラフィック、説明 14-2

IP Phone のデータ トラフィック、説明 14-2

音声トラフィックの設定ポート

802.1p プライオリティ タグ フレーム 14-5

802.1Q フレーム 14-5

設定ガイドライン 14-3

説明 14-1

データ トラフィックへの IP Phone の設定

着信フレームの CoS の無効化 14-6

着信フレームの信頼 CoS プライオリティ 14-6

デフォルト設定 14-3

表示 14-7

音声認識 802.1x のセキュリティ

ポートベースの認証

設定 10-29

説明 10-20, 10-29

ガイド モード 1-2

回復手順 36-1

カウンタ、インターフェイスのクリア 11-29

拡張 crashinfo ファイル 36-23

拡張 PoE 11-4, 11-5

拡張システム ID

MSTP 17-18

STP 16-5, 16-16

拡張範囲 VLAN

作成 13-13

設定 13-12

設定ガイドライン 13-13

定義済み 13-1

仮想 IP アドレス

クラスタ スタンバイ グループ 5-11

コマンド スイッチ 5-11

仮想スイッチと PAgP 35-6

加入メッセージ、IGMP 21-3

簡易ネットワーク管理プロトコル

「SNMP」を参照

環境変数、機能 3-20

間接リンク障害の検出、STP 18-8

管理 VLAN

異なる管理 VLAN による検出 5-8

スイッチ クラスタの考慮事項 5-8

管理アクセス

アウトオブバンド コンソール ポート接続 1-6

インバンド

CLI セッション 1-6

SNMP 1-6

デバイス マネージャ 1-6

ブラウザ セッション 1-6

管理アドレス TLV 24-2

管理オプション

CLI 2-1

CNS 4-1

Network Assistant 1-2

概要 1-4

クラスタリング 1-3

スイッチ スタック 1-2

管理の簡易性に関する機能 1-5

ギガビット モジュール

「SFP」を参照 1-16

機能、互換性のない 22-12

強制排除、デフォルト設定 19-7

強制排除の遅延、デフォルト設定 19-7

許可

RADIUS の使用 9-27

TACACS+ を使用 9-11, 9-16

許可 VLAN リスト 13-19

許可ポート、IEEE 802.1x 10-7

近隣探索、IPv6 33-4

クエリー、IGMP 21-4

クエリーのソリシテーション、IGMP 21-13

クライアント モード、VTP 15-3

クラスタ 5-16

クラスタ、スイッチ

LRE プロファイルの考慮事項 5-16

アクセス 5-13

管理

CLI の使用 5-16

SNMP の使用 5-17

計画 5-5

計画の考慮事項

CLI 5-16

IP アドレス 5-13

LRE プロファイル 5-16

RADIUS 5-16

SNMP 5-14, 5-17

TACACS+ 5-16

自動検出 5-5

自動復旧 5-10

スイッチ スタック 5-14

パスワード 5-14

ホスト名 5-13

互換性 5-5

自動検出 5-5

自動復旧 5-10

説明 5-1

利点 1-2

「候補スイッチ」、「コマンド スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバー スイッチ」、および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

クラスタ スタンバイ グループ

仮想 IP アドレス 5-11

考慮事項 5-11

自動復旧 5-12

定義済み 5-2

要件 5-3

「HSRP」も参照

クリティカル認証、IEEE 802.1x 10-42

グローバル コンフィギュレーション モード 2-2

グローバル脱退、IGMP 21-13

クロススタック EtherChannel

サポート 1-6

35-3

設定ガイドライン 35-12

説明 35-2

クロススタック UplinkFast、STP

Fast Uplink Transition Protocol 18-6

イネーブル化 18-17

高速コンバージェンス イベント 18-7

サポート 1-7

説明 18-5

通常コンバージェンス イベント 18-7

ディセーブル化 18-17

クロック

「システム クロック」を参照

ケーブル、単一方向リンクのモニタリング 25-1

ゲスト VLAN と 802.1x 10-12

検出、クラスタ

「自動検出」を参照

高速コンバージェンス 17-10, 19-3

高速スパニング ツリー プロトコル

「RSTP」を参照

候補スイッチ

自動検出 5-5

定義済み 5-4

要件 5-4

「コマンド スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、および「メンバー スイッチ」も参照

互換性、機能 22-12

互換性、ソフトウェア

「スタック、スイッチ」を参照

コマンド

no とデフォルト 2-4

短縮 2-4

コマンド スイッチ

アクセス 5-11

アクティブ(AC) 5-10

回復

メンバーとの接続の喪失 36-12

冗長 5-10

スタンバイ(SC) 5-10

設定の矛盾 36-12

置換

クラスタ メンバー 36-9

別のスイッチ 36-11

定義済み 5-2

パスワードの特権レベル 5-17

パッシブ(PC) 5-10

復旧

コマンド スイッチの故障から 5-10, 36-9

プライオリティ 5-10

要件 5-3

「候補スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバー スイッチ」、および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

コマンド、特権レベルの設定 9-8

コマンド モード 2-1

コマンドライン インターフェイス

「CLI」を参照

コミュニティ ストリング

SNMP 5-14

概要 29-4

クラスタ 5-14

クラスタ スイッチ 29-4

設定 5-14, 29-8

コンソール ポート、接続 2-11

コントロール プロトコル、IP SLA 31-4

コンフィギュレーション設定、保存 3-15

コンフィギュレーション ファイル

DHCP による取得 3-9

TFTP サーバ アクセスの制限 29-17

アーカイブ B-20

アップロード

FTP の使用 B-15

RCP の使用 B-18

TFTP の使用 B-12

準備 B-11, B-13, B-17

理由 B-9

コピーの際の無効の組み合わせ B-5

作成と使用のガイドライン B-9

システム コンタクトおよびロケーション情報 29-16

実行コンフィギュレーションの置換 B-20, B-21

実行コンフィギュレーションのロールバック B-20, B-21

スタートアップ コンフィギュレーションのクリア B-19

説明 B-9

タイプと場所 B-10

ダウンロード

FTP の使用 B-14

RCP の使用 B-17

TFTP の使用 B-12

自動 3-17

準備 B-11, B-13, B-17

理由 B-9

置換およびロールバックのガイドライン B-21

テキスト エディタでの作成 B-10

デフォルト名 3-17

パスワード復元のディセーブル化の考慮事項 9-5

ファイル名の指定 3-17

保存された設定の削除 B-20

コンフィギュレーション ロギング 2-5

コンポーネント管理 TLV 24-2, 24-6

サーバ モード、VTP 15-3

サービス拒否攻撃 22-1

サービス クラス

「CoS」を参照

サービス プロバイダー ネットワーク、MSTP および RSTP 17-1

再確認間隔、VMPS、変更 13-30

再確認、ダイナミック VLAN メンバーシップの 13-29

再シーケンス、ACL エントリの 30-12

最大エージング タイム

MSTP 17-24

STP 16-24

最大数、許可デバイスの、ポートベースの認証 10-28

最大ホップ カウント、MSTP 17-25

削除、VLAN の 13-10

サポートしているポート単位のワット数 11-4

サマータイム 7-13

シーケンス番号、ログ メッセージの 28-8

時間

「NTP とシステム クロック」を参照

時間帯 7-12

時間範囲、ACL での 30-14

しきい値、トラフィック レベル 22-2

シスコ検出プロトコル

「CDP」を参照

システム記述 TLV 24-2

システム機能 TLV 24-2

システム クロック

概要 7-1

時刻と日付の表示 7-12

設定

サマータイム 7-13

時間帯 7-12

手動 7-12

夏時間 7-13

システム プロンプト、デフォルト設定 7-14, 7-15

システム名

手動設定 7-15

デフォルト設定 7-15

「DNS」も参照

システム名 TLV 24-2

システム メッセージ ロギング

syslog ファシリティ 1-11

UNIX Syslog サーバ

サポートしているファシリティ 28-14

デーモンの設定 28-12

ロギング ファシリティの設定 28-13

イネーブル化 28-5

エラー メッセージの重大度の定義 28-9

概要 28-1

シーケンス番号、イネーブル化とディセーブル化 28-8

スタック変更の影響 28-2

設定の表示 28-14

タイム スタンプ、イネーブル化とディセーブル化 28-8

ディセーブル化 28-4

デフォルト設定 28-4

表示宛先デバイスの設定 28-5

ファシリティ キーワード、説明 28-14

メッセージ形式 28-2

メッセージの制限 28-10

レベル キーワード、説明 28-10

ログ メッセージの同期化 28-6

システム リソース、最適化 8-1

システム リソースの最適化 8-1

システム クロック

「NTP」も参照

持続自己署名証明書 9-38

実行コンフィギュレーション

置換 B-20, B-21

ロールバック B-20, B-21

実行コンフィギュレーション、保存 3-15

自動 QoS

「QoS」を参照

自動感知、ポート速度 1-3

自動検出

考慮事項

新しいスイッチ 5-9

管理 VLAN 5-8

異なる VLAN 5-7

接続性 5-5

非 CDP 対応のデバイス 5-6

非クラスタ対応のデバイス 5-6

非候補デバイスより先 5-8

スイッチ クラスタ 5-5

「CDP」も参照

自動設定 3-3

自動的なアップグレード(自動アップグレード)、スイッチ スタックの 6-10

自動的なアドバイス(自動アドバイス)、スイッチ スタックの 6-10

自動的なコピー(自動コピー)、スイッチ スタックの 6-10

自動的な抽出(自動抽出)、スイッチ スタックの 6-10

自動ネゴシエーション

インターフェイス設定ガイドライン 11-18

デュプレックス モード 1-3

ミスマッチ 36-12

自動復旧、クラスタ 5-10

「HSRP」も参照

重大度、システム メッセージの定義 28-9

集約可能なグローバル ユニキャスト アドレス 33-3

集約ポート

「EtherChannel」を参照

集約ポリサー 32-51

集約ポリシング 1-10

準備完了チェック

ポートベースの認証

設定 10-28

説明 10-10, 10-28

冗長性

EtherChannel 35-3

STP

パス コスト 13-24

バックボーン 16-9

ポート プライオリティ 13-22

マルチドロップ バックボーン 18-5

冗長リンクと UplinkFast 18-16

初期設定

Express Setup 1-2

デフォルト 1-12

侵入検知システム

「IDS アプライアンス」を参照

信頼できる時刻源、説明 7-2

信頼ポートの状態

IP Phone のポート セキュリティの保証 32-37

QoS ドメイン間 32-39

QoS ドメイン内 32-35

スイッチが 33-2

スイッチ クラスタリング テクノロジー 5-1

「スタック、スイッチ」も参照

スイッチ コンソール ポート 1-6

スイッチ ソフトウェア機能 1-1

スイッチド ポート 11-2

スイッチド ポート アナライザ

「SPAN」を参照

スイッチの 5-1

スイッチ プライオリティ

MSTP 17-22

STP 16-21

スイッチポート バックアップ インターフェイス 19-4, 19-5

スタートアップ コンフィギュレーション

クリア B-19

コンフィギュレーション ファイル

自動ダウンロード 3-17

ファイル名の指定 3-17

デフォルト ブート設定 3-17

ブーティング

手動 3-18

特定のイメージ 3-19

スタック、スイッチ

CDP の考慮事項 23-2

IPv6 33-7

MAC アドレス 6-5, 6-17

MAC アドレスの考慮事項 7-21

STP

サポートしているインスタンス 16-11

スタック ルート スイッチの選出 16-3

ブリッジ ID 16-3

ルート ポートの選択 16-4

Version-Mismatch(VM)モード

自動アップグレードによる自動的なアップグレード 6-10

自動アドバイスによる手動のアップグレード 6-10

自動抽出によるアップグレード 6-10

6-11

Version-Mismatch モード

説明 6-9

アップグレード B-39

オフライン設定

新しいメンバーの割り当て 6-21

説明 6-6

割り当てられたスイッチ、定義済み 6-6

割り当てられたスイッチの交換の影響 6-9

割り当てられたスイッチの削除の影響 6-9

割り当てられたスイッチの追加の影響 6-7

割り当てられた設定、定義済み 6-6

管理 6-1

管理接続 6-14

クラスタ 5-14

互換性、ソフトウェア 6-9

互換性のないソフトウェアとイメージのアップグレード 6-13, B-39

固定 MAC アドレス タイマーのイネーブル化 6-17

コンフィギュレーション ファイル 6-13

サポートしている MSTP インスタンス 16-11

システム全体の設定の考慮事項 6-14

システム プロンプトの考慮事項 7-15

システム メッセージ

ディスプレイ上のホスト名 28-1

リモート モニタリング 28-2

自動アップグレード 6-10

自動アドバイス 6-10

自動コピー 6-10

自動抽出 6-10

障害が発生したメンバーの交換 6-13

情報の表示 6-23

情報の割り当て

新しいメンバーの割り当て 6-21

プライオリティ値 6-21

メンバー番号 6-20

スタック プロトコル バージョン 6-9

設定のシナリオ 6-15

説明 6-1

ソフトウェア イメージ バージョン 6-9

ソフトウェアの互換性 6-9

デフォルト設定 6-17

特定のメンバーの CLI へのアクセス 6-22

パーティション 6-3, 36-8

ブリッジ ID 6-5

マージ 6-3

メンバーから別のメンバーへのイメージ ファイルのコピー B-39

メンバーシップ 6-3

利点 1-2

割り当てられたスイッチ

削除 6-9

置換 6-9

追加 6-7

「スタック マスター」と「スタック メンバー」も参照

スタック プロトコル バージョン 6-9

スタック変更、影響

802.1x ポートベースの認証 10-7

ACL の設定 30-5

CDP 23-2

EtherChannel 35-9

IGMP スヌーピング 21-6

MAC アドレス テーブル 7-21

MSTP 17-8

MVR 21-18

SDM テンプレートの選択 8-2

SNMP 29-1

SPAN および RSPAN 26-10

STP 16-12

VLAN 13-6

VTP 15-7

クロススタック EtherChannel 35-12

システム メッセージ ログ 28-2

スイッチ クラスタ 5-14

ポート セキュリティ 22-18

スタック マスター

IPv6 33-7

「スタック、スイッチ」も参照

選出 6-4

定義済み 6-1

ブリッジ ID(MAC アドレス) 6-5

スタック メンバー

新しいメンバーの割り当て 6-21

情報の表示 6-23

「スタック、スイッチ」も参照

設定

プライオリティ値 6-21

メンバー番号 6-20

置換 6-13

定義済み 6-1

特定のメンバーの CLI へのアクセス 6-22

番号 6-5

プライオリティ値 6-6

スタック メンバー番号 11-10

スタック メンバーへのアクセス 6-22

スタティック MAC アドレス指定 1-8

スタティック VLAN メンバーシップ 13-2

スタティック アクセス ポート

VLAN への割り当て 13-11

定義済み 11-3, 13-3

スタティック アドレス

「アドレス」を参照

スタティック ルート

IPv6 の設定 33-11

理解 33-5

スタンバイ グループ、クラスタ

「クラスタ スタンバイ グループ」および「HSRP」も参照

スタンバイ コマンド スイッチ

仮想 IP アドレス 5-11

考慮事項 5-11

設定

定義済み 5-2

プライオリティ 5-10

要件 5-3

「クラスタ スタンバイ グループ」および「HSRP」も参照

スタンバイ リンク 19-2

スティッキー ラーニング 22-10

ストーム制御

サポート 1-3

しきい値 22-2

設定 22-3

説明 22-1

ディセーブル化 22-5

表示 22-19

スヌーピング、IGMP 21-1

スパニング ツリーおよびネイティブ VLAN 13-17

スパニング ツリー プロトコル

「STP」を参照

スモール フレーム到着率、設定 22-5

制限、アクセスの

NTP サービス 7-8

RADIUS 9-17

TACACS+ 9-10

概要 9-1

パスワードと特権レベル 9-2

制限付き VLAN

IEEE 802.1x との使用 10-13

設定 10-40

説明 10-13

成功応答、VMPS 13-26

整合性検査、VTP バージョン 2 における 15-4

生成、IGMP レポートの 19-3

セキュア HTTP クライアント

設定 9-43

表示 9-43

セキュア HTTP サーバ

設定 9-41

表示 9-43

セキュア MAC アドレス

およびスイッチ スタック 22-18

最大数 22-10

削除 22-16

タイプ 22-9

セキュア シェル

「SSH」を参照

セキュア ポート

およびスイッチ スタック 22-18

セキュア ポート、設定 22-9

セキュア リモート接続 9-33

セキュリティ機能 1-8

セキュリティ、ポート 22-9

設計、ネットワークの、例 1-14

接続、セキュア リモート 9-33

接続の問題 36-14, 36-16, 36-17

設定可能脱退タイマー、IGMP 21-6

設定、初期

Express Setup 1-2

デフォルト 1-12

設定、スモール フレーム到着率の 22-5

設定の置換 B-20

設定の矛盾、メンバーとの接続の回復 36-12

設定のロールバック B-20

設定変更、ロギング 28-11

設定、ポートベースの認証違反モードの 10-30 ~ 10-31

設定例、ネットワーク 1-14

設定ロガー 28-11

セットアップ プログラム

障害が発生したコマンド スイッチの交換 36-9, 36-11

選出

「スタック マスター」を参照

層、NTP 7-2

送信元 IP アドレスベース転送、EtherChannel 35-8

送信元 MAC アドレス転送、EtherChannel 35-8

送信元/宛先 IP アドレスベース転送、EtherChannel 35-8

送信元/宛先 MAC アドレス転送、EtherChannel 35-8

送信元アドレス

IPv4 ACL 30-9

即時脱退、IGMP 21-5

イネーブル化 34-9

ソフト 29-4

ソフトウェア イメージ

tar ファイル形式、説明 B-25

回復手順 36-2

フラッシュ内の場所 B-25

リロードのスケジューリング 3-21

「ダウンロード」および「アップロード」も参照

ソフトウェア障害、Xmodem による回復手順 36-2

ソフトウェアの互換性

「スタック、スイッチ」を参照

ダイナミック アクセス ポート

設定 13-29

定義済み 11-3

特性 13-4

ダイナミック アドレス

「アドレス」を参照

ダイナミック自動トランキング モード 13-16

ダイナミック推奨トランキング モード 13-16

ダイナミック トランキング プロトコル

「DTP」を参照

ダイナミック ポート VLAN メンバーシップ

再確認 13-29, 13-30

接続のタイプ 13-29

説明 13-27

トラブルシューティング 13-31

タイプ オブ サービス

「ToS」を参照

タイム スタンプ、ログ メッセージの 28-8

ダウンロード

イメージ ファイル

CMS の使用 1-2

FTP の使用 B-31

HTTP の使用 1-2, B-24

RCP の使用 B-36

TFTP の使用 B-27

準備 B-26, B-30, B-35

デバイス マネージャまたは Network Assistant の使用 B-24

古いイメージの削除 B-28

理由 B-24

コンフィギュレーション ファイル

FTP の使用 B-14

RCP の使用 B-17

TFTP の使用 B-12

準備 B-11, B-13, B-17

理由 B-9

単一方向リンク検出プロトコル

「UDLD」を参照

短縮、コマンドの 2-4

端末回線、パスワードの設定 9-6

ツイストペア イーサネット、単一方向リンクの検出 25-1

通常範囲 VLAN 13-4

設定 13-4

設定ガイドライン 13-6

設定モード 13-7

定義済み 13-1

ディファレンシエーテッド サービス アーキテクチャ、QoS 32-2

ディレクトリ

作成と削除 B-4

動作の表示 B-4

変更 B-4

です 7-21

デバイス B-24

デバイス検出プロトコル 23-1, 24-1

デバイス マネージャ

インバンド管理 1-6

スイッチのアップグレード B-24

説明 1-2, 1-4

利点 1-2

デバッグ

エラー メッセージ出力のリダイレクト 36-21

コマンドの使用 36-20

すべてのシステム診断をイネーブル化 36-21

特定の機能でのイネーブル化 36-20

デフォルト ゲートウェイ 3-15

デフォルト コマンド 2-4

デフォルト設定

802.1x 10-24

CDP 23-2

DHCP 20-7

DHCP オプション 82 20-7

DHCP スヌーピング 20-7

DHCP スヌーピング バインディング データベース 20-8

DNS 7-16

EtherChannel 35-10

Flex Link 19-7

IGMP スヌーピング 21-7, 34-6

IGMP スロットリング 21-26

IGMP フィルタリング 21-26

IP SLA 31-5

IPv6 33-7

LLDP 24-3

MAC アドレス テーブル 7-21

MAC アドレス テーブル移動更新 19-7

MSTP 17-15

MVR 21-20

NTP 7-4

RADIUS 9-20

RMON 27-3

RSPAN 26-11

SDM テンプレート 8-3

SNMP 29-7

SPAN 26-11

SSL 9-40

STP 16-13

TACACS+ 9-13

UDLD 25-4

VLAN 13-8

VLAN、レイヤ 2 イーサネット インターフェイス 13-17

VMPS 13-27

VTP 15-7

イーサネット インターフェイス 11-15

オプションのスパニングツリー設定 18-12

音声 VLAN 14-3

システム名とプロンプト 7-15

システム メッセージ ロギング 28-4

自動 QoS 32-20

初期スイッチ情報 3-3

スイッチ スタック 6-17

パスワードと特権レベル 9-2

バナー 7-18

標準 QoS 32-30

ブーティング 3-17

レイヤ 2 インターフェイス 11-15

デフォルト ルータ プリファレンス

「DRP」を参照

デュアル IPv4/IPv6 テンプレート 33-5

デュアル アクション検出 35-6

デュアルパーパス アップリンク

LED 11-4

タイプの設定 11-16

定義済み 11-4

リンクの選択 11-4, 11-16

デュアル プロトコル スタック

IPv4 と IPv6 33-5

SDM テンプレートのサポート 33-5

電源管理 TLV 24-2, 24-6

転送遅延時間

MSTP 17-24

STP 16-23

転送保留カウント

「STP」を参照

テンプレート、SDM 8-2

透過モード、VTP 15-3, 15-13

統計情報

802.1x 10-51

CDP 23-5

LLDP 24-7

LLDP-MED 24-7

QoS 入力および出力 32-72

RMON グループ イーサネット 27-5

RMON グループ履歴 27-5

SNMP 入力および出力 29-18

VTP 15-17

インターフェイス 11-29

トークン リング VLAN

VTP のサポート 15-4

サポート 13-5

特権 EXEC モード 2-2

特権レベル

回線のデフォルトの変更 9-9

概要 9-2, 9-7

コマンド スイッチ 5-17

コマンドの設定 9-8

終了 9-9

メンバー スイッチへのマッピング 5-17

ログイン 9-9

ドメイン ネーム システム

「DNS」を参照

ドメイン名

DNS 7-16

VTP 15-9

トラストポイント、CA 9-38

トラップ

MAC アドレス通知の設定 7-22

イネーブル化 7-22, 29-12

概要 29-1, 29-5

通知タイプ 29-12

定義済み 29-3

マネージャの設定 29-12

トラップドア メカニズム 3-2

トラフィック

断片化されていない 30-3

断片化されている 30-3

氾濫のブロッキング 22-8

トラフィックの 22-8

トラフィック ポリシング 1-10

トラフィック抑圧 22-2

トラブルシューティング

CiscoWorks の使用 29-4

debug コマンド 36-20

PING 36-15

SFP セキュリティおよび識別 36-13

show forward コマンド 36-22

traceroute 36-17

クラッシュ情報の表示 36-23

システム メッセージ ロギング 28-1

接続の問題 36-14, 36-16, 36-17

単一方向リンクの検出 25-1

パケット転送の設定 36-22

トランキングのカプセル化 1-7

トランク

許可 VLAN リスト 13-19

タグのないトラフィックの VLAN 13-21

パラレル 13-24

非 DTP デバイス 13-16

負荷共有

STP パス コストの設定 13-24

STP ポート プライオリティの使用 13-22, 13-23

プルーニング適格リスト 13-20

トランクのフェールオーバー

「リンクステート トラッキング」を参照

トランク ポート

設定 13-18

定義済み 11-3, 13-3

認識不能な Type-Length-Value(TLV)のサポート 15-4

認証

AAA でのローカル モード 9-32

NTP の関連付け 7-4

RADIUS

9-21

ログイン 9-23

TACACS+

9-13

定義済み 9-11

ログイン 9-14

「ポートベースの認証」も参照

認証が失敗した VLAN

「制限付き VLAN 」を参照

ネイティブ VLAN

設定 13-21

デフォルト 13-21

ネットワーク管理

CDP 23-1

RMON 27-1

SNMP 29-1

ネットワーク設計

サービス 1-15

パフォーマンス 1-15

ネットワーク タイム プロトコル

「NTP」を参照

ネットワークの構成例

サーバ集約と Linux サーバ クラスタ 1-18

小規模および中規模ネットワーク 1-19

長距離、高帯域幅の転送 1-20

低コストのワイヤリング クローゼット 1-16

ネットワーク サービスの提供 1-15

ネットワーク パフォーマンスの向上 1-15

ネットワーク パフォーマンス、IP SLA による測定 31-3

ネットワーク ポリシー TLV 24-2, 24-6

バージョン依存型トランスペアレント モード 15-4

バインディング

DHCP スヌーピング データベース 20-5

バインディング データベース

DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブル、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

パケット 20-5

パケット修正、QoS 32-19

パス コスト

MSTP 17-21

STP 16-20

パスワード

VTP ドメイン 15-9

暗号化 9-3

回復 36-3

概要 9-1

クラスタ 5-14

セキュリティ 1-8

設定

Telnet 9-6

イネーブル 9-3

イネーブル シークレット 9-3

ユーザ名 9-7

デフォルト設定 9-2

復元のディセーブル化 9-5

バックアップ インターフェイス

「Flex Link」を参照

バックアップ リンク 19-2

バナー

設定

Message-of-The-Day ログイン 7-18

ログイン 7-19

デフォルト設定 7-18

表示されたとき 7-17

バナーを使用してユーザにメッセージ 7-17

パフォーマンス向上機能 1-3

パフォーマンス、ネットワーク設計 1-15

範囲

インターフェイス 11-11

マクロ 11-13

氾濫したトラフィック、ブロッキング 22-8

非 IP トラフィックのフィルタリング 30-21

非階層ポリシー マップ

説明 32-10

光ファイバ、単一方向リンクの検出 25-1

ヒストリ テーブル、Syslog メッセージの重大度および数 28-10

非トランキング モード 13-16

ファイル

crashinfo、説明 36-23

tar

イメージ ファイル形式 B-25

作成 B-6

抽出 B-7

内容の表示 B-7

拡張 crashinfo

説明 36-24

場所 36-24

基本 crashinfo

説明 36-24

場所 36-24

コピー B-5

削除 B-5

内容の表示 B-8

ファイル システム

使用できるファイル システムの表示 B-2

デフォルトの設定 B-3

ネットワーク ファイル システム名 B-5

ファイル情報の表示 B-3

ローカル ファイル システム名 B-1

フィルタ、IP

「ACL」を参照、IP

フィルタリング

show および more コマンド出力 2-10

非 IP トラフィック 30-21

フィルタリング、show および more コマンド出力 2-10

フィルタリングの 18-3

ブーティング

手動 3-18

特定のイメージ 3-19

ブート プロセス 3-1

ブート ローダー、機能 3-2

ブート ローダー

アクセス 3-19

環境変数 3-20

説明 3-2

トラップドア メカニズム 3-2

プロンプト 3-19

フェールオーバー サポート 1-6

物理ポート 11-2

プライオリティ

CoS の無効化 14-6

信頼 CoS 14-6

プライベート VLAN エッジ ポート

「保護されたポート」を参照

プライマリ リンク 19-2

フラッシュ デバイス、数 B-1

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

プルーニング、VTP

イネーブル化

VTP ドメイン 15-15

ポート上 13-20

概要 15-5

ディセーブル化

VTP ドメイン 15-15

ポート上 13-21

15-6

プルーニング適格リスト

VLAN 15-15

VTP プルーニング 15-5

変更 13-20

フロー制御

設定 11-20

説明 11-20

フローチャート

QoS 出力キューイングとスケジューリング 32-17

QoS 入力キューイングとスケジューリング 32-14

QoS 分類 32-7

QoS ポリシングとマーキング 32-11

ブロードキャスト ストーム 22-1

フローベースのパケット分類 1-10

プロキシ レポート 19-4

ブロッキング、パケットの 22-7

プロファイル外のマークダウン 1-10

ヘルプ、コマンドライン 2-3

編集機能

イネーブル化とディセーブル化 2-7

使用したキーストローク 2-8

ラップされたライン 2-9

防止、無許可アクセスの 9-1

ポート

VLAN 割り当て 13-11

アクセス 11-3

スイッチ 11-2

スタティック アクセス 13-3, 13-11

セキュア 22-9

ダイナミック アクセス 13-4

デュアルパーパス アップリンク 11-4

トランク 13-3, 13-15

ブロッキング 22-7

保護 22-6

ポート ACL、説明 30-2

ポート VLAN ID TLV 24-2

ポート シャットダウン応答、VMPS 13-26

ポート集約プロトコル

「EtherChannel」を参照

ポート セキュリティ

違反 22-10

エージング 22-17

および QoS 信頼境界 32-37

およびスタッキング 22-18

スティッキー ラーニング 22-10

設定 22-13

説明 22-9

その他の機能 22-11

デフォルト設定 22-11

トランク ポート 22-14

表示 22-19

ポート説明 TLV 24-2

ポート チャネル

「EtherChannel」を参照

ポート プライオリティ

MSTP 17-20

STP 16-19

ポート ブロッキング 1-3, 22-7

ポートベースの認証

ACL および RADIUS フィルタ ID アトリビュートあり 10-23

EAPOL 開始フレーム 10-5

EAP 応答/アイデンティティ フレーム 10-5

EAP 要求/アイデンティティ フレーム 10-5

VLAN の割り当て

AAA 認可 10-31

設定タスク 10-11

説明 10-10

特性 10-11

wake-on-LAN、説明 10-17

アカウンティング 10-9

アクセス不能認証バイパス

ガイドライン 10-27

設定 10-42

説明 10-14

音声 VLAN

PVID 10-15

VVID 10-15

説明 10-15

音声認識 802.1x のセキュリティ

設定 10-29

説明 10-20, 10-29

開始とメッセージ交換 10-5

カプセル化 10-3

クライアント、定義済み 10-2

ゲスト VLAN

設定ガイドライン 10-13, 10-14

説明 10-12

準備完了チェック

設定 10-28

説明 10-10, 10-28

スイッチ

RADIUS クライアント 10-3

プロキシとしての 10-3

スタック変更の影響 10-7

設定

802.1x の認証 10-31

RADIUS サーバ 10-33

アクセス不能認証バイパス 10-42

違反モード 10-17, 10-30 ~ 10-31

クライアントの手動での再認証 10-35

ゲスト VLAN 10-39

静かな期間 10-36

スイッチでの RADIUS サーバのパラメータ 10-32

スイッチとクライアントとの再送信時間 10-36

スイッチとクライアントとのフレーム再送信番号 10-37, 10-38

制限付き VLAN 10-40

定期的な再認証 10-35

ホスト モード 10-34

設定ガイドライン 10-26

説明 10-1

デバイスのロール 10-2

デフォルト設定 10-24

デフォルト値にリセット 10-50

統計情報の表示 10-51

統計情報、表示 10-51

認証サーバ

RADIUS サーバ 10-3

定義済み 10-3

複数ホスト モード、説明 10-8

方式のリスト 10-31

ポート

音声 VLAN 10-15

許可と無許可 10-7

許可の状態と dot1x ポート コントロール コマンド 10-7

クリティカルl 10-14

ポート セキュリティ

インタラクション 10-16

説明 10-16

と音声 VLAN 10-16

複数ホスト モード 10-8

ポート単位の許可デバイスの最大数 10-28

ホスト モード 10-8

マジック パケット 10-17

ポート メンバーシップ モード、VLAN 13-3

保護されたポート 1-8, 22-6

補助 VLAN

「音声 VLAN」を参照

ホスト、ダイナミック ポート上の制限 13-31

ホスト名、クラスタ 5-13

ポリサー

32-33

設定

一致するトラフィック クラス 32-47

複数のトラフィック クラス 32-51

説明 32-4

タイプ 32-10

表示 32-72

ポリシー マップ、QoS の

説明 32-8

特性 32-47

表示 32-72

物理ポートでの非階層

説明 32-10

ポリシング

説明 32-4

トークン バケット アルゴリズム 32-10

ポリシング済み DSCP マップ、QoS の 32-56

マーキング

集約ポリサーによる操作 32-51

説明 32-4, 32-9

マクロ

「Smartport マクロ」を参照

マジック パケット 10-17

マッピング テーブル、QoS 用

設定

CoS-to-DSCP 32-54

DSCP 32-53

DSCP-to-CoS 32-57

DSCP-to-DSCP-mutation 32-58

IP-precedence-to-DSCP 32-55

ポリシング済み DSCP 32-56

説明 32-11

マルチキャスト VLAN 21-18

マルチキャスト VLAN レジストレーション

「MVR」を参照

マルチキャスト グループ

加入 21-3

スタティック加入 21-10, 34-8

即時脱退 21-6

脱退 21-5

マルチキャスト ストーム 22-1

マルチキャスト ビデオ アプリケーション 21-19

マルチキャスト ルータ インターフェイス、モニタリング 21-17, 34-12

マルチキャスト ルータ ポート、追加 21-10, 34-8

マルチドメインの認証

「MDA」を参照

ミスマッチ、自動ネゴシエーション 36-12

ミラーリング トラフィック、分析用 26-1

無許可ポート、IEEE 802.1x 10-7

矛盾、設定 36-12

命名された IPv4 ACL 30-12

メンバーシップ モード、VLAN ポート 13-3

メンバー スイッチ

管理 5-16

自動検出 5-5

喪失した接続からの回復 36-12

定義済み 5-2

パスワード 5-13

要件 5-4

「候補スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

モジュール番号 11-10

モニタリング

CDP 23-5

Flex Link 19-14

IGMP

スヌーピング 21-16, 34-12

フィルタ 21-30

IP SLA の操作 31-6

IPv4 ACL の設定 30-24

IPv6 33-12

MAC アドレス テーブル移動更新 19-14

MVR 21-24

SFP ステータス 11-29, 36-14

VLAN 13-15

VMPS 13-31

VTP 15-17

アクセス グループ 30-24

インターフェイス 11-28

機能 1-11

スイッチ間のトラフィック フロー 27-1

速度とデュプレックス モード 11-19

単一方向リンクのケーブル 25-1

トラフィック抑圧 22-18

プローブによる分析用ネットワーク トラフィック 26-2

ポート

ブロッキング 22-19

保護 22-19

マルチキャスト ルータ インターフェイス 21-17, 34-12

ユーザ EXEC モード 2-2

ユーザ名ベースの認証 9-7

優先キュー、QoS の 32-70

優先処理、トラフィックの

「QoS」を参照

有向ユニキャスト要求 1-5

ユニキャスト MAC アドレス フィルタリング 1-5

および CPU パケット 7-26

および MAC アドレス 7-26

およびスタティック アドレスの追加 7-26

およびブロードキャスト MAC アドレス 7-26

およびマルチキャスト アドレス 7-26

設定ガイドライン 7-26

説明 7-25

ユニキャスト ストーム 22-1

ユニキャスト トラフィック、ブロッキング 22-8

予定されたリロード 3-21

ライン コンフィギュレーション モード 2-3

リーク、IGMP レポートの 19-4

リトライ回数、VMPS、変更 13-30

リモート SPAN 26-3

「RSPAN」を参照

リモート コピー プロトコル

「RCP」を参照

リモート ネットワーク モニタリング

「RMON」を参照

履歴

コマンドのリコール 2-6

説明 2-6

ディセーブル化 2-7

バッファ サイズの変更 2-6

リロード、ソフトウェアの 3-21

リンク障害、単方向検出 17-7

リンクステート トラッキング

設定 35-23

説明 35-20

リンク、単一方向 25-1

リンクの冗長性

「Flex Link」を参照

リンク ローカル ユニキャスト アドレス 33-3

ルート ガード

イネーブル化 18-18

サポート 1-7

説明 18-10

ルート スイッチ

MSTP 17-18

STP 16-16

ループ ガード

イネーブル化 18-19

サポート 1-7

説明 18-11

ネットワーク設定 1-14

レイヤ 2 traceroute

IP アドレスおよびサブネット 36-17

MAC アドレスおよび VLAN 36-17

および ARP 36-17

および CDP 36-16

使用ガイドライン 36-16

説明 36-16

ブロードキャスト トラフィック 36-16

ポート上の複数のデバイス 36-17

マルチキャスト トラフィック 36-17

ユニキャスト トラフィック 36-16

レイヤ 2 インターフェイス、デフォルト設定 11-15

レイヤ 2 フレーム、CoS での分類 32-2

レイヤ 3 インターフェイス

IPv6 アドレスの割り当て 33-8

レイヤ 3 機能 1-11

レイヤ 3 パケット、分類方法 32-2

レポート抑圧、IGMP

説明 21-6

ディセーブル化 21-16, 34-11

ローカル SPAN 26-2

ログイン認証

RADIUS の使用 9-23

TACACS+ を使用 9-14

ログイン バナー 7-17

ログ メッセージ

「システム メッセージ ロギング」を参照

ロケーション TLV 24-3, 24-6

ワイヤレス アクセス ポイント、Cisco AP1250 11-4

割り当て、スイッチ スタックの新しいメンバー 6-6