Catalyst 2970 スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
コネクタおよびケーブルの仕様
コネクタおよびケーブルの仕様
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

コネクタおよびケーブルの仕様

コネクタの仕様

10/100/1000ポート

10BASE-Tおよび100BASE-TX対応装置の接続

1000BASE-T装置の接続

SFPモジュール ポート

コンソール ポート

ケーブルおよびアダプタの仕様

2ツイストペア ケーブルのピン割り当て

1000BASE-T ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て

クロス ケーブルおよびアダプタのピン割り当て

クロス ケーブルの識別方法

アダプタのピン割り当て

コネクタおよびケーブルの仕様

この付録では、Catalyst 2970スイッチ ポートと他の装置との接続に使用するコネクタ、ケーブル、およびアダプタについて説明します。

コネクタの仕様

ここでは、Catalyst 2970スイッチで使用するコネクタについて説明します。

10/100/1000ポート

Catalyst 2970スイッチの10/100/1000イーサネット ポートは、標準のRJ-45コネクタを使用します。図 B-1にピン割り当てを示します。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)でmdix autoインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、Automatic Media-Dependent Interface crossover(Auto-MDIX;自動メディア依存型インターフェイス クロスオーバー)機能をイネーブルにできます。Auto-MDIX機能をイネーブルにすると、スイッチは銅線イーサネット接続に必要なケーブル タイプを検知し、それに応じてインターフェイスを設定します。したがって、接続先の装置のタイプに関わらず、スイッチの銅線10/100/1000または1000BASE-T SFPモジュール ポートには、クロス ケーブルまたはストレート ケーブルのどちらでも使用することができます。

Auto-MDIX機能は、Cisco IOS Release 12.2(18)SE以降が稼働しているスイッチでは、デフォルトでイネーブルになっています。Cisco IOS Release 12.1(14)EA1から12.2(18)SEの場合、Auto-MDIX機能は、デフォルトではディセーブルになっています。この機能の設定については、スイッチのソフトウェア コンフィギュレーション ガイドまたはスイッチのコマンド リファレンスを参照してください。


10BASE-Tおよび100BASE-TX対応装置の接続

ポートに、サーバ、ワークステーション、ルータなどの10BASE-Tおよび
100BASE-TX対応装置を接続する場合、10BASE-Tおよび100BASE-TX用に配線された2ツイストペア ストレート ケーブルまたは4ツイストペア ストレート ケーブルを使用します。図 B-4に、2ツイストペア ストレート ケーブルの配線を示します。また、図 B-6に、4ツイストペア ストレート ケーブルの配線を示します。

ポートに、スイッチやリピータなどの10BASE-Tおよび100BASE-TX対応装置を接続する場合、2ツイストペア クロス ケーブルまたは4ツイストペア クロス ケーブルを使用します。図 B-5に、2ツイストペア クロス ケーブルの配線を示します。また、図 B-7に、4ツイストペア クロス ケーブルの配線を示します。

10BASE-T対応装置と接続する場合は、カテゴリ3、4、または5のケーブルを使用できます。100BASE-TX対応装置と接続する場合は、カテゴリ5のケーブルを使用する必要があります。

1000BASE-T装置の接続

ポートを、サーバ、ワークステーション、ルータなどの1000BASE-T装置に接続する場合は、10BASE-T、100BASE-TX、および1000BASE-T用に配線されたカテゴリ5の4ツイストペア ストレート ケーブルを使用しなければなりません。図 B-6に、ストレート ケーブルの配線を示します。

ポートに、スイッチやリピータなどの装置を接続する場合は、カテゴリ5の4ツイストペア クロス ケーブルを使用する必要があります。図 B-7に、クロス ケーブルの配線を示します。


) 1000BASE-T対応装置に接続する場合は、必ずカテゴリ5の4ツイストペア ケーブルを使用してください。



) 一方のポートにXが指定されている場合にだけ、ストレート ケーブルで2つのポートを接続できます。クロス ケーブルを使用するのは、両方のポートにXが指定されている場合、またはどちらのポートにもXが指定されていない場合です。


図 B-1 10/100/1000ポートのピン割り当て

 

SFPモジュール ポート

Catalyst 2970スイッチでは、光ファイバおよび銅線アップリンク ポート用にSFPモジュールを使用します。サポートするSFPモジュールの一覧は、Catalyst 2970のリリース ノートを参照してください。

図 B-2 光ファイバSFPモジュールのLCコネクタ

 


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


図 B-3 銅線SFPモジュールのRJ-45コネクタ

 

コンソール ポート

コンソール ポートでは8ピンRJ-45コネクタを使用します( 表 B-1 および 表 B-2 を参照)。付属のRJ-45/DB-9アダプタ ケーブルは、スイッチのコンソール ポートとコンソールPCの接続に使用します。スイッチのコンソール ポートを端末に接続する場合は、RJ-45/DB-25メスDTEアダプタが必要です。このアダプタが入ったキット(部品番号ACS-DSBUASYN=)をご注文ください。コンソール ポートおよびアダプタのピン割り当てについては、 表 B-1 および 表 B-2 を参照してください。

ケーブルおよびアダプタの仕様

ここでは、Catalyst 2970スイッチで使用するケーブルとアダプタについて説明します。

2ツイストペア ケーブルのピン割り当て

図 B-4および図 B-5に、10BASE-Tおよび100BASE-TX対応装置の接続用の2ツイストペア ケーブルの配線を示します。

図 B-4 2ツイストペア ストレート ケーブルの配線

 

図 B-5 2ツイストペア クロス ケーブルの配線

 

1000BASE-T ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て

図 B-6および図 B-7に、Catalyst 2970スイッチの10/100/1000ポート用の4ツイストペア ケーブルの配線を示します。

図 B-6 10/100/1000ポート用の4ツイストペア ストレート ケーブルの配線

 

図 B-7 10/100/1000ポート用の4ツイストペア クロス ケーブルの配線

 

クロス ケーブルおよびアダプタのピン割り当て

ここでは、クロス ケーブルの識別方法について説明し、アダプタのピン割り当てを示します。

クロス ケーブルの識別方法

クロス ケーブルは、モジュラ ケーブルの両端を比較することによって識別できます。タブを裏側にして、ケーブルの両端を並べます。左プラグの最も外側のピンの接続線が、右プラグの最も外側のピンの接続線と同じ色になります(図 B-8を参照)。

図 B-8 クロス ケーブルの識別方法

 

アダプタのピン割り当て

表 B-1 に、コンソール ポート、RJ-45/DB-9アダプタ ケーブル、およびコンソール装置のピン割り当てを示します。

 

表 B-1 DB-9アダプタを使用したコンソール ポート信号

スイッチ コンソール ポート
(DTE)
RJ-45/DB-9端末アダプタ
コンソール装置
信号
DB-9ピン
信号

RTS

8

CTS

DTR

6

DSR

TxD

2

RxD

GND

5

GND

GND

5

GND

RxD

3

TxD

DSR

4

DTR

CTS

7

RTS

表 B-2 に、コンソール ポート、RJ-45/DB-25メスDTEアダプタ、およびコンソール装置のピン割り当てを示します。


) RJ-45/DB-25メスDTEアダプタが別途必要です。このアダプタが入ったキット(部品番号ACS-DSBUASYN=)をご注文ください。


 

表 B-2 DB-25アダプタを使用したコンソール ポート信号

スイッチ コンソール ポート(DTE)
RJ-45/DB-25端末アダプタ
コンソール装置
信号
DB-25ピン
信号

RTS

5

CTS

DTR

6

DSR

TxD

3

RxD

GND

7

GND

GND

7

GND

RxD

2

TxD

DSR

20

DTR

CTS

4

RTS