Catalyst 2960 および 2960-S スイッチ コマンドリファレンス Cisco IOS Release 12.2(58)SE
Catalyst 2960 および 2960-S スイッチ デバッグ コマンド
Catalyst 2960 および 2960-S スイッチ デバッグ コマンド
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/09/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Catalyst 2960 および 2960-S スイッチ デバッグ コマンド

debug authentication

debug auto qos

debug backup

debug cisp

debug cluster

debug dot1x

debug dtp

debug eap

debug etherchannel

debug ilpower

debug interface

debug ip dhcp snooping

debug ip verify source packet

debug ip igmp filter

debug ip igmp max-groups

debug ip igmp snooping

debug lacp

debug lldp packets

debug mac-notification

debug matm

debug matm move update

debug monitor

debug mvrdbg

debug nmsp

debug nvram

debug pagp

debug platform acl

debug platform backup interface

debug platform cisp

debug platform cli-redirection main

debug platform configuration

debug platform cpu-queues

debug platform dot1x

debug platform etherchannel

debug platform forw-tcam

debug platform frontend-controller

debug platform ip arp inspection

debug platform ip dhcp

debug platform ip igmp snooping

debug platform ip source-guard

debug platform led

debug platform matm

debug platform messaging application

debug platform phy

debug platform pm

debug platform port-asic

debug platform port-security

debug platform qos-acl-tcam

debug platform resource-manager

debug platform snmp

debug platform span

debug platform stack-manager

debug platform supervisor-asic

debug platform sw-bridge

debug platform tcam

debug platform udld

debug platform vlan

debug pm

debug port-security

debug qos-manager

debug spanning-tree

debug spanning-tree backbonefast

debug spanning-tree bpdu

debug spanning-tree bpdu-opt

debug spanning-tree mstp

debug spanning-tree switch

debug spanning-tree uplinkfast

debug sw-vlan

debug sw-vlan ifs

debug sw-vlan notification

debug sw-vlan vtp

debug udld

debug vqpc

Catalyst 2960 および 2960-S スイッチ デバッグ コマンド

この付録では、Catalyst 2960 および 2960-S スイッチで使用するために作成または変更された debug 特権 EXEC コマンドについて説明します。これらのコマンドは、インターネットワーキングの問題の診断および解決に役立ちます。使用する場合には、必ずシスコのテクニカル サポート担当者の指示に従ってください。


注意 デバッグ出力には、CPU プロセスで高いプライオリティが与えられるので、システムが使用不能になる可能性があります。したがって、debug コマンドを使用するのは、特定の問題のトラブルシューティング時、またはシスコのテクニカル サポート担当者とともにトラブルシューティングを行う場合に限定してください。debug コマンドは、ネットワーク トラフィックが少なく、ユーザも少ないときに使用するのが最良です。このような時間帯を選んでデバッグを実行すると、debug コマンドの処理の負担によってシステム利用が影響を受ける可能性が少なくなります。

debug authentication

インターフェイス上の認証設定のデバッグをイネーブルにするには、 debug authentication 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug authentication {all | errors | events | sync | feature [all] [acct] [auth_fail_vlan] [auth_policy] [autocfg] [critical] [dhcp] [guest_vlan] [mab_pm] [mda] [multi_auth] [switch_pm] [switch_sync] [vlan_assign] [voice] [webauth] [all | errors | events]}

no debug authentication {all | errors | events | sync | feature [all] [acct] [auth_fail_vlan] [auth_policy] [autocfg] [critical] [dhcp] [guest_vlan] [mab_pm] [mda] [multi_auth] [switch_pm] [switch_sync] [vlan_assign] [voice] [webauth] [all | errors | events]}

 
構文の説明

acct

(任意)認証マネージャ アカウンティング情報を表示します。

all

(任意)認証マネージャ デバッグ メッセージをすべて表示します。

auth_fail_vlan

(任意)制限 VLAN の認証マネージャ エラーを表示します。

auth_policy

(任意)認証ポリシー メッセージを表示します。

autocfg

(任意)自動設定認証マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

critical

(任意)アクセス不能認証バイパス メッセージを表示します。

(注) アクセス不能認証バイパス機能は、クリティカル認証または Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)失敗ポリシーと呼ばれることもあります。

dhcp

(任意)DHCP ダイナミック アドレス対応インターフェイスの認証マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

errors

(任意)認証マネージャ エラー デバッグ メッセージをすべて表示します。

events

(任意)レジストリおよび各種イベントを含む、認証マネージャ イベント デバッグ メッセージをすべて表示します。

feature

(任意)認証マネージャ機能のデバッグ メッセージを表示します。

guest_vlan

(任意)ゲスト VLAN 認証マネージャ メッセージを表示します。

mab_pm

(任意)MAC 認証マネージャ バイパス認証デバッグ メッセージを表示します。

mda

(任意)マルチドメイン認証マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

multi_auth

(任意)複数認証マネージャ デバッグ認証メッセージを表示します。

switch_pm

(任意)スイッチ ポート マネージャ メッセージを表示します。

switch_sync

(任意)スイッチ、認証サーバ、および接続デバイス間の同期メッセージを表示します。

sync

(任意)操作同期認証マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

vlan_assign

(任意)VLAN 割り当てデバッグ メッセージを表示します。

voice

(任意)音声 VLAN デバッグ メッセージを表示します。

webauth

(任意)Web 認証マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

認証デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug authentication コマンドは、no debug authentication コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。

スタック メンバーのデバッグをイネーブルにするには、session switch-number 特権 EXEC コマンドを使用してスタック マスターからセッションを開始し、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug authentication コマンドを入力します。また、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number line 特権 EXEC コマンドを使用すると、スタック メンバーのデバッグをイネーブルにすることができます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication control-direction

ポートを単一方向モードまたは双方向モードに設定します。

authentication event

特定の認証イベントに対するアクションを設定します。

authentication fallback

クライアントが IEEE 802.1x 認証をサポートしていない場合のフォールバック方式として Web 認証を使用するようにポートを設定します。

authentication host-mode

ポート上で認証マネージャ モードを設定します。

authentication open

ポート上でオープン アクセスをイネーブルまたはディセーブルにします。

authentication order

ポート上で使用される認証方式の順序を設定します。

authentication periodic

ポート上で再認証をイネーブルまたはディセーブルにします。

authentication port-control

ポートの許可ステートの手動制御をイネーブルにします。

authentication priority

ポート プライオリティ リストに認証方式を追加します。

authentication violation

新しいデバイスがポートに接続された場合、またはすでに最大数のデバイスがポートに接続されている状態で新しいデバイスがそのポートに接続された場合に適用される違反モードを設定します。

show authentication

スイッチ上の認証マネージャ イベントに関する情報を表示します。

debug auto qos

Automatic Quality of Service(auto-QoS)機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug auto qos 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug auto qos

no debug auto qos


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

auto-QoS デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

auto-QoS がイネーブルのときに自動的に生成される QoS の設定を表示するには、auto-QoS をイネーブルにする 前に デバッグをイネーブルにします。デバッグをイネーブルするには、 debug auto qos 特権 EXEC コマンドを入力します。

undebug auto qos コマンドは、 no debug auto qos コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、auto-QoS がイネーブルの場合に自動的に生成される QoS 設定を表示する方法を示します。

Switch# debug auto qos
AutoQoS debugging is on
Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# auto qos voip cisco-phone
 
21:29:41: mls qos map cos-dscp 0 8 16 26 32 46 48 56
21:29:41: mls qos
21:29:42: no mls qos srr-queue input cos-map
21:29:42: no mls qos srr-queue output cos-map
21:29:42: mls qos srr-queue input cos-map queue 1 threshold 3 0
21:29:42: mls qos srr-queue input cos-map queue 1 threshold 2 1
21:29:42: mls qos srr-queue input cos-map queue 2 threshold 1 2
21:29:42: mls qos srr-queue input cos-map queue 2 threshold 2 4 6 7
21:29:43: mls qos srr-queue input cos-map queue 2 threshold 3 3 5
21:29:43: mls qos srr-queue output cos-map queue 1 threshold 3 5
21:29:43: mls qos srr-queue output cos-map queue 2 threshold 3 3 6 7
21:29:44: mls qos srr-queue output cos-map queue 3 threshold 3 2 4
21:29:44: mls qos srr-queue output cos-map queue 4 threshold 2 1
21:29:44: mls qos srr-queue output cos-map queue 4 threshold 3 0
21:29:44: no mls qos srr-queue input dscp-map
21:29:44: no mls qos srr-queue output dscp-map
21:29:44: mls qos srr-queue input dscp-map queue 1 threshold 2 9 10 11 12 13 14 15
21:29:45: mls qos srr-queue input dscp-map queue 1 threshold 3 0 1 2 3 4 5 6 7
21:29:45: mls qos srr-queue input dscp-map queue 1 threshold 3 32
21:29:45: mls qos srr-queue input dscp-map queue 2 threshold 1 16 17 18 19 20 21 22 23
21:29:45: mls qos srr-queue input dscp-map queue 2 threshold 2 33 34 35 36 37 38 39 48
21:29:46: mls qos srr-queue input dscp-map queue 2 threshold 2 49 50 51 52 53 54 55 56
21:29:46: mls qos srr-queue input dscp-map queue 2 threshold 2 57 58 59 60 61 62 63
21:29:46: mls qos srr-queue input dscp-map queue 2 threshold 3 24 25 26 27 28 29 30 31
21:29:47: mls qos srr-queue input dscp-map queue 2 threshold 3 40 41 42 43 44 45 46 47
21:29:47: mls qos srr-queue output dscp-map queue 1 threshold 3 40 41 42 43 44 45 46 47
21:29:47: mls qos srr-queue output dscp-map queue 2 threshold 3 24 25 26 27 28 29 30 31
21:29:47: mls qos srr-queue output dscp-map queue 2 threshold 3 48 49 50 51 52 53 54 55
21:29:48: mls qos srr-queue output dscp-map queue 2 threshold 3 56 57 58 59 60 61 62 63
21:29:48: mls qos srr-queue output dscp-map queue 3 threshold 3 16 17 18 19 20 21 22 23
21:29:48: mls qos srr-queue output dscp-map queue 3 threshold 3 32 33 34 35 36 37 38 39
21:29:49: mls qos srr-queue output dscp-map queue 4 threshold 1 8
21:29:49: mls qos srr-queue output dscp-map queue 4 threshold 2 9 10 11 12 13 14 15
21:29:49: mls qos srr-queue output dscp-map queue 4 threshold 3 0 1 2 3 4 5 6 7
21:29:49: no mls qos srr-queue input priority-queue 1
21:29:49: no mls qos srr-queue input priority-queue 2
21:29:50: mls qos srr-queue input bandwidth 90 10
21:29:50: no mls qos srr-queue input buffers
21:29:50: mls qos queue-set output 1 buffers 10 10 26 54
21:29:50: interface GigabitEthernet0/1
21:29:50: mls qos trust device cisco-phone
21:29:50: mls qos trust cos
21:29:50: no queue-set 1
21:29:50: srr-queue bandwidth shape 10 0 0 0
21:29:50: srr-queue bandwidth share 10 10 60 20

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto qos voip

QoS ドメイン内で Voice over IP(VoIP)の auto-QoS を設定します。

show auto qos

auto-QoS 機能によって生成された初期設定を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug backup

Flex Link バックアップ インターフェイスのデバッグをイネーブルにするには、 debug backup 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug backup { all | errors | events | vlan-load-balancing }

no debug backup { all | errors | events | vlan-load-balancing }

 
構文の説明

all

バックアップ インターフェイスのデバッグ メッセージをすべて表示します。

errors

バックアップ インターフェイスのエラーまたは例外デバッグ メッセージを表示します。

events

バックアップ インターフェイスのイベント デバッグ メッセージを表示します。

vlan-load-
balancing

バックアップ インターフェイスの VLAN ロード バランシングを表示します。

 
デフォルト

バックアップ インターフェイス デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug backup コマンドは、 no debug backup コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug cisp

Client Information Signalling Protocol(CISP)に対応したインターフェイス上で発生したメッセージ交換とイベントのデバッグをイネーブルにするには、debug cisp グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cisp [all | errors | events | packets | sync]

no debug cisp [initialization | interface-configuration | rpc]

 
構文の説明

all

すべての CISP デバッグ メッセージを表示します。

errors

CISP デバッグ メッセージを表示します。

events

CISP イベント デバッグ メッセージを表示します。

packets

CISP パケット デバッグ メッセージを表示します。

sync

CISP 運用同期デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug cisp コマンドは、 no debug cisp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

cisp enable

Client Information Signalling Protocol(CISP)をイネーブルにします。

dot1x credentials(グローバル コンフィギュレーション) profile

サプリカント スイッチのプロファイルを設定します。

show cisp

特定のインターフェイスの CISP 情報を表示します。

debug cluster

クラスタ固有イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug cluster 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cluster { discovery | events | extended | hsrp | http | ip [ packet ] | members | nat | neighbors | platform | snmp | vqpxy }

no debug cluster { discovery | events | extended | hsrp | http | ip [ packet ] | members | nat | neighbors | platform | snmp | vqpxy }

 
構文の説明

discovery

クラスタ ディスカバリ デバッグ メッセージを表示します。

events

クラスタ イベント デバッグ メッセージを表示します。

extended

拡張ディスカバリ デバッグ メッセージを表示します。

hsrp

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)デバッグ メッセージを表示します。

http

HTTP デバッグ メッセージを表示します。

ip [ packet ]

IP またはトランスポート パケット デバッグ メッセージを表示します。

members

クラスタ メンバー デバッグ メッセージを表示します。

nat

Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)デバッグ メッセージを表示します。

neighbors

クラスタ ネイバー デバッグ メッセージを表示します。

platform

プラットフォーム特定クラスタ デバッグ メッセージを表示します。

snmp

Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)デバッグ メッセージを表示します。

vqpxy

VLAN(仮想 LAN)Query Protocol(VQP)プロキシ デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドが利用できるのは、クラスタ コマンド スイッチ スタックまたはクラスタ コマンド スイッチに限られます。

undebug cluster コマンドは、 no debug cluster コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。また、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用すると、最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにできます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show cluster

スイッチが属するクラスタのステータスおよびサマリーを表示します。

show cluster candidates

コマンド スイッチ上で入力された場合に候補スイッチのリストを表示します。

show cluster members

コマンド スイッチ上で実行された場合にクラスタ メンバーに関する情報を表示します。

debug dot1x

IEEE 802.1x 認証機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug dot1x 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug dot1x { all | errors | events | feature | packets | registry | state-machine }

no debug dot1x { all | errors | events | feature | packets | registry | state-machine }

 
構文の説明

all

すべての IEEE 802.1x 認証デバッグ メッセージを表示します。

errors

IEEE 802.1x エラー デバッグ メッセージを表示します。

events

IEEE 802.1x イベント デバッグ メッセージを表示します。

feature

IEEE 802.1x 機能のデバッグ メッセージを表示します。

packets

IEEE 802.1x パケット デバッグ メッセージを表示します。

registry

IEEE 802.1x レジストリ呼び出しのデバッグ メッセージを表示します。

state-machine

ステート マシン関連イベント デバッグ メッセージを表示します。


redundancy キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(25)SEE

feature キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug dot1x コマンドは、 no debug dot1x コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show dot1x

スイッチまたは指定されたポートの IEEE 802.1x 統計情報、管理ステータス、および動作ステータスを表示します。

debug dtp

この Dynamic Trunking Protocol(DTP; ダイナミック トランキング プロトコル)アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug dtp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug dtp { aggregation | all | decision | events | oserrs | packets | queue | states | timers }

no debug dtp { aggregation | all | decision | events | oserrs | packets | queue | states | timers }

 
構文の説明

aggregation

DTP ユーザ メッセージ アグリゲーション デバッグ メッセージを表示します。

all

すべての DTP デバッグ メッセージを表示します。

decision

DTP 決定テーブル デバッグ メッセージを表示します。

events

DTP イベント デバッグ メッセージを表示します。

oserrs

DTP オペレーティングシステム関連エラー デバッグ メッセージを表示します。

packets

DTP パケット処理デバッグ メッセージを表示します。

queue

DTP パケット キューイング デバッグ メッセージを表示します。

states

DTP ステート遷移デバッグ メッセージを表示します。

timers

DTP タイマー イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug dtp コマンドは、 no debug dtp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show dtp

スイッチまたは指定されたインターフェイスの DTP 情報を表示します。

debug eap

Extensible Authentication Protocol(EAP)のアクティビティをデバッグするには、 debug eap 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug dot1x { all | authenticator | errors | events | md5 | packets | peer | sm }

no debug dot1x { all | authenticator | errors | events | md5 | packets | peer | sm }

 
構文の説明

all

EAP デバッグ メッセージをすべて表示します。

authenticator

オーセンティケータ デバッグ メッセージを表示します。

errors

EAP エラー デバッグ メッセージを表示します。

events

EAP イベント デバッグ メッセージを表示します。

md5

EAP-MD5 デバッグ メッセージを表示します。

packets

EAP パケット デバッグ メッセージを表示します。

peer

EAP ピア デバッグ メッセージを表示します。

sm

EAP ステート マシン関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)SEE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug dot1x コマンドは、 no debug dot1x コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show eap

スイッチまたは特定のポートの EAP のレジストレーション情報およびセッション情報を表示します。

debug etherchannel

EtherChannel/Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)シムのデバッグをイネーブルにするには、 debug etherchannel 特権 EXEC コマンドを使用します。このシムは、PAgP ソフトウェア モジュールとポート マネージャ ソフトウェア モジュール間のインターフェイスとなるソフトウェア モジュールです。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug etherchannel [ all | detail | error | event | idb ]

no debug etherchannel [ all | detail | error | event | idb ]

 
構文の説明

all

(任意)EtherChannel デバッグ メッセージをすべて表示します。

detail

(任意)EtherChannel デバッグ メッセージの詳細を表示します。

error

(任意)EtherChannel エラー デバッグ メッセージを表示します。

event

(任意)主な EtherChannel イベント メッセージをデバッグします。

idb

(任意)PAgP インターフェイス記述子ブロック デバッグ メッセージを表示します。


linecard キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

キーワードを指定しない場合は、すべてのデバッグ メッセージが表示されます。

undebug etherchannel コマンドは、 no debug etherchannel コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show etherchannel

チャネルの EtherChannel 情報を表示します。

debug ilpower

電源コントローラおよび Power over Ethernet(PoE)システムのデバッグをイネーブルにするには、 debug ilpower 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ilpower { cdp | controller | event | ha | port | powerman | registries }

no debug ilpower { cdp | controller | event | ha | port | powerman | registries }

 
構文の説明

cdp

PoE Cisco Discovery Protocol(CDP)デバッグ メッセージを表示します。

controller

PoE コントローラ デバッグ メッセージを表示します。

event

PoE イベント デバッグ メッセージを表示します。

ha

PoE ハイ アベイラビリティ メッセージを表示します。

port

PoE ポート マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

powerman

PoE 電力管理デバッグ メッセージを表示します。

registries

PoE レジストリ デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(44)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PoE 対応スイッチのみでサポートされています。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show controllers power inline

指定した PoE コントローラのレジスタの値を表示します。

show power inline

指定した PoE ポートまたはすべての PoE ポートの電源ステータスを表示します。

debug interface

インターフェイス関連のアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug interface 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug interface { interface-id | null interface-number | port-channel port-channel-number | vlan vlan-id }

no debug interface { interface-id | null interface-number | port-channel port-channel-number | vlan vlan-id }

 
構文の説明

interface-id

タイプ スイッチ番号/モジュール番号/ポート(例: gigabitethernet 0/2 )によって識別される指定された物理ポートのデバッグ メッセージを表示します。

null interface-number

ヌル インターフェイスのデバッグ メッセージを表示します。 interface-number は常に 0 です。

port-channel port-channel-number

指定された EtherChannel ポートチャネル インターフェイスのデバッグ メッセージを表示します。 port-channel-number は 1 ~ 6 です。

vlan vlan-id

指定した VLAN のデバッグ メッセージを表示します。指定できる vlan id の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

キーワードを指定しない場合は、すべてのデバッグ メッセージが表示されます。

undebug interface コマンドは、 no debug interface コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show etherchannel

チャネルの EtherChannel 情報を表示します。

debug ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングのデバッグをイネーブルにするには、 debug ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ip dhcp snooping { mac-address | agent | event | packet }

no debug ip dhcp snooping { mac-address | agent | event | packet }

 
構文の説明

mac-address

指定された MAC アドレスを持つ DHCP パケットのデバッグ メッセージを表示します。

agent

DHCP スヌーピング エージェントのデバッグ メッセージを表示します。

event

DHCP スヌーピング イベントのデバッグ メッセージを表示します。

packet

DHCP スヌーピングのデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug ip dhcp snooping コマンドは、 no debug ip dhcp snooping コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug ip verify source packet

IP ソース ガードのデバッグをイネーブルにするには、 debug ip verify source packet 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ip verify source packet

no debug ip verify source packet

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug ip verify source packet コマンドは、 no debug ip verify source packet コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug ip igmp filter

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)フィルタ イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug ip igmp filter 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ip igmp filter

no debug ip igmp filter

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug ip igmp filter コマンドは、 no debug ip igmp filter コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug ip igmp max-groups

IGMP 最大グループ イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug ip igmp max-groups 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ip igmp max-groups

no debug ip igmp max-groups

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug ip igmp max-groups コマンドは、 no debug ip igmp max-groups コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug ip igmp snooping

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピング アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug igmp snooping 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ip igmp snooping [ group | management | querier | router | timer ]

no debug ip igmp snooping [ group | management | querier | router | timer ]

 
構文の説明

group

(任意)IGMP スヌーピング グループ アクティビティのデバッグ メッセージを表示します。

management

(任意)IGMP スヌーピング管理アクティビティのデバッグ メッセージを表示します。

querier

(任意)IGMP スヌーピング クエリア デバッグ メッセージを表示します。

router

(任意)IGMP スヌーピング ルータ アクティビティのデバッグ メッセージを表示します。

timer

(任意)IGMP スヌーピング タイマー イベントのデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug ip igmp snooping コマンドは、 no debug ip igmp snooping コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug platform ip igmp snooping

プラットフォームに依存する IGMP スヌーピング アクティビティに関する情報を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug lacp

Link Aggregation Control Protocol(LACP)のアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug lacp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lacp [ all | event | fsm | misc | packet ]

no debug lacp [ all | event | fsm | misc | packet ]

 
構文の説明

all

(任意)LACP デバッグ メッセージをすべて表示します。

event

(任意)LACP イベント デバッグ メッセージを表示します。

fsm

(任意)LACP 有限ステート マシン デバッグ メッセージを表示します。

misc

(任意)各種 LACP デバッグ メッセージを表示します。

packet

(任意)LACP パケット デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug lacp コマンドは、 no debug lacp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show lacp

LACP チャネル グループ情報を表示します。

debug lldp packets

Link Layer Discovery Protocol(LLDP)パケットのデバッグをイネーブルにするには、 debug lldp packets 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lldp packets

no debug lldp packets


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug lldp packets コマンドは、 no debug lldp packets コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug mac-notification

MAC(メディア アクセス制御)通知イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug mac-notification 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mac-notification

no debug mac-notification

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug mac-notification コマンドは、 no debug mac-notification コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show mac address-table notification

すべてのインターフェイスまたは指定されたインターフェイスに対する MAC アドレス通知情報を表示します。

debug matm

プラットフォーム独立 MAC アドレス管理のデバッグをイネーブルにするには、 debug matm 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug matm

no debug matm

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug matm コマンドは、 no debug matm コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug platform matm

プラットフォームに依存する MAC アドレス管理に関する情報を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug matm move update

MAC アドレス テーブル移行更新メッセージ処理のデバッグをイネーブルにするには、 debug matm move update 特権 EXEC コマンドを使用します。

debug matm move update

no debug matm move update


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)SED

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug matm move update コマンドは、 no debug matm move update コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table move update { receive | transmit }

スイッチに MAC アドレス テーブル移行更新機能を設定します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show mac address-table move update

スイッチに MAC アドレス テーブル移行更新情報を表示します。

debug monitor

Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug monitor 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug monitor { all | errors | idb-update | info | list | notifications | platform | requests | snmp }

no debug monitor { all | errors | idb-update | info | list | notifications | platform | requests | snmp }

 
構文の説明

all

すべての SPAN デバッグ メッセージを表示します。

errors

詳細 SPAN エラー デバッグ メッセージを表示します。

idb-update

SPAN Interface Description Block(IDB; インターフェイス デスクリプション ブロック)更新トレース デバッグ メッセージを表示します。

info

SPAN 情報追跡デバッグ メッセージを表示します。

list

SPAN ポートおよび VLAN リスト追跡デバッグ メッセージを表示します。

notifications

SPAN 通知デバッグ メッセージを表示します。

platform

SPAN プラットフォーム追跡デバッグ メッセージを表示します。

requests

SPAN 要求デバッグ メッセージを表示します。

snmp

SPAN および Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)追跡デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug monitor コマンドは、 no debug monitor コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show monitor

スイッチ上の SPAN および Remote SPAN(RSPAN; リモート SPAN)セッションにつてのすべての情報を表示します。

debug mvrdbg

Multicast VLAN Registration(MVR; マルチキャスト VLAN レジストレーション)のデバッグをイネーブルにするには、 debug mvrdbg 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mvrdbg { all | events | igmpsn | management | ports }

no debug mvrdbg { all | events | igmpsn | management | ports }


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

all

MVR アクティビティ デバッグ メッセージをすべて表示します。

events

MVR イベント処理デバッグ メッセージを表示します。

igmpsn

MVR Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピング アクティビティ デバッグ メッセージを表示します。

management

MVR 管理アクティビティ デバッグ メッセージを表示します。

ports

MVR ポート デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug mvrdbg コマンドは、 no debug mvrdbg コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show mvr

現在の MVR 設定を表示します。

debug nmsp

スイッチ上で Network Mobility Services Protocol(NMSP; ネットワーク モビリティ サービス プロトコル)のデバッグをイネーブルにするには、 debug nmsp 特権 EXEC コマンドを入力します。このコマンドを使用できるのは、スイッチで暗号化ソフトウェア イメージが実行されている場合だけです。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug nmsp {all | connection | error | event | packet | rx | tx}

no debug nmsp


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug nmsp コマンドは、 no debug nmsp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show nmsp

NMSP 情報を表示します。

debug nvram

NVRAM(不揮発性 RAM)のアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug nvram 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug nvram

no debug nvram

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug nvram コマンドは、 no debug nvram コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug pagp

Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)のアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug pagp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug pagp [ all | dual-active | event | fsm | misc | packet ]

no debug pagp [ all | dual-active | event | fsm | misc | packet ]


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

all

(任意)PAgP デバッグ メッセージをすべて表示します。

dual-active

(任意)デュアルアクティブ検出メッセージを表示します。

event

(任意)PAgP イベント デバッグ メッセージを表示します。

fsm

(任意)PAgP 有限ステート マシン デバッグ メッセージを表示します。

misc

(任意)各種 PAgP デバッグ メッセージを表示します。

packet

(任意)PAgP パケット デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(46)SE

dual-active キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug pagp コマンドは、 no debug pagp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show pagp

PAgP チャネル グループ情報を表示します。

debug platform acl

Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)マネージャのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform acl 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform acl { all | exit | label | main | stack | warn }

no debug platform acl { all | exit | label | main | warn }

 
構文の説明

all

ACL マネージャ デバッグ メッセージをすべて表示します。

exit

ACL 終了関連デバッグ メッセージを表示します。

label

ACL ラベル関連デバッグ メッセージを表示します。

main

主な、または重要な ACL デバッグ メッセージを表示します。

stack

ACL スタック関連デバッグ メッセージを表示します。

warn

ACL 警告関連デバッグ メッセージを表示します。


raclvacl、および vlmap キーワードはコマンドラインのヘルプ ストリングには表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(53)SE1

stack キーワードが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform acl コマンドは、 no debug platform acl コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform backup interface

Flex Link プラットフォーム バックアップ インターフェイスのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform backup interface 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform backup interface

no debug platform backup interface


) このコマンドを使用するには、スイッチが LAN Base イメージを実行している必要があります。


 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

プラットフォーム バックアップ インターフェイス デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform backup interface コマンドは、 no debug platform backup interface コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform cisp

Client Information Signalling Protocol(CISP)対応インターフェイスが 1 つ以上あるスイッチのプラットフォーム レベル デバッグをイネーブルにするには、debug platform cisp グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform cisp [initialization | interface-configuration | rpc]

no debug platform cisp [initialization | interface-configuration | rpc]

 
構文の説明

initialization

CISP 初期化シーケンスのデバッグをイネーブルにします。

interface-configuration

CISP 設定のデバッグをイネーブルにします。

rpc

CISP RPC 要求のデバッグをイネーブルにします。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform cisp コマンドは、 no debug platform cisp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにするには、session switch-number 特権 EXEC コマンドを使用してスタック マスターからセッションを開始し、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。また、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number <line> 特権 EXEC コマンドを使用すると、最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにすることができます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

cisp enable

Client Information Signalling Protocol(CISP)をイネーブルにします。

dot1x credentials(グローバル コンフィギュレーション)profile

サプリカント スイッチのプロファイルを設定します。

show cisp

特定のインターフェイスの CISP 情報を表示します。

debug platform cli-redirection main

主要(重要)な Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)リダイレクション イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform cli-redirection main 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform cli-redirection main

no debug platform cli-redirection main

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

 
使用上のガイドライン

undebug platform cli-redirection main コマンドは、 no debug platform cli-redirection main コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform configuration

スタック全体のコンフィギュレーション ファイル アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform configuration 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform configuration { all | reception | transmission }

no debug platform configuration { all | reception | transmission }

 
構文の説明

all

スタック全体のすべてのコンフィギュレーション ファイルの送受信イベントのデバッグ メッセージを表示します。

reception

他のスタック メンバーからのコンフィギュレーション ファイル受信のデバッグ メッセージを表示します。

transmission

他のスタック メンバーへのコンフィギュレーション ファイル送信のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(53)SE1

このコマンドが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform configuration コマンドは、 no debug platform configuration コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform cpu-queues

プラットフォーム CPU 受信キューのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform cpu-queues 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform cpu-queues { broadcast-q | cbt-to-spt-q | cpuhub-q | host-q | icmp-q | igmp-snooping-q | layer2-protocol-q | logging-q | remote-console-q | software-fwd-q | stp-q }

no debug platform cpu-queues { broadcast-q | cbt-to-spt-q | cpuhub-q | host-q | icmp-q | igmp-snooping-q | layer2-protocol-q | logging-q | remote-console-q | software-fwd-q | stp-q }

 
構文の説明

broadcast-q

ブロードキャスト キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

cbt-to-spt-q

core-based tree to shortest-path tree(cbt-to-spt)キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

cpuhub-q

CPU ハートビート キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

host-q

ホスト キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

icmp-q

Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

igmp-snooping-q

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピング キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

layer2-protocol-q

レイヤ 2 プロトコル キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

logging-q

ロギング キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

remote-console-q

リモート コンソール キューによって受信されたパケットに関するデバッグ メッセージを表示します。

software-fwd-q

ソフトウェア フォワーディング キューによって受信されたパケットをデバッグします。

stp-q

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)キューによって受信されたパケットをデバッグします。


routing-protocol-Q および rpffail-q キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されていますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform cpu-queues コマンドは、 no debug platform cpu-queues コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform dot1x

スタック関連 IEEE 802.1x イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform dot1x 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform dot1x { initialization | interface-configuration | rpc }

no debug platform dot1x { initialization | interface-configuration | rpc }

 
構文の説明

initialization

IEEE 802.1x 認証初期化シーケンス デバッグ メッセージを表示します。

interface-configuration

IEEE 802.1x インターフェイス コンフィギュレーション関連デバッグ メッセージを表示します。

rpc

IEEE 802.1x Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)要求デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform dot1x コマンドは、 no debug platform dot1x コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform etherchannel

プラットフォームに依存する EtherChannel イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform etherchannel 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform etherchannel { init | link-up | rpc | warnings }

no debug platform etherchannel { init | link-up | rpc | warnings }

 
構文の説明

init

EtherChannel モジュール初期化デバッグ メッセージを表示します。

link-up

EtherChannel リンクアップおよびリンクダウンに関連したデバッグ メッセージを表示します。

rpc

EtherChannel Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)デバッグ メッセージを表示します。

warnings

EtherChannel 警告デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform etherchannel コマンドは、 no debug platform etherchannel コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform forw-tcam

フォワーディング Ternary Content Addressable Memory(TCAM)マネージャのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform forw-tcam 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform forw-tcam [ adjustment | allocate | audit | error | move | read | write ]

no debug platform forw-tcam [ adjustment | allocate | audit | error | move | read | write ]

 
構文の説明

adjustment

(任意)TCAM マネージャ調整デバッグ メッセージを表示します。

allocate

(任意)TCAM マネージャ割り当てデバッグ メッセージを表示します。

audit

(任意)TCAM マネージャ監査メッセージを表示します。

error

(任意)TCAM マネージャ エラー メッセージを表示します。

move

(任意)TCAM マネージャ移行メッセージを表示します。

read

(任意)TCAM マネージャ読み込みメッセージを表示します。

write

(任意)TCAM マネージャ書き込みメッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

キーワードが指定されない場合、転送 TCAM マネージャ デバッグ メッセージがすべて表示されます。

undebug platform forw-tcam コマンドは、 no debug platform forw-tcam コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform frontend-controller

フロントエンド コントローラ アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform frontend-controller 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform frontend-controller { all | image | led | manager | poe | register | thermal }

no debug platform frontend-controller { all | image | led | manager | poe | register | thermal }

 
構文の説明

all

フロントエンド コントローラのデバッグ メッセージをすべて表示します。

image

Image Manager デバッグ メッセージを表示します

led

LED デバッグ メッセージを表示します。

manager

フロントエンド コントローラ マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

poe

Power over Ethernet(PoE)デバッグ メッセージを表示します。

register

Register Access デバッグ メッセージを表示します。

thermal

温度デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(40)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドがサポートされているのは、Power over Ethernet スイッチだけです。

undebug platform frontend-controller コマンドは、 no debug platform frontend-controller コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show platform frontend-controller

フロントエンド コントローラ マネージャとその従属アプリケーションのカウンタおよびステータス情報を表示します。また、フロントエンド コントローラのハードウェアおよびソフトウェア情報を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform ip arp inspection

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)インスペクション イベントをデバッグするには、 debug platform ip arp inspection 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform ip arp inspection { all | error | event | packet | rpc }

no debug platform ip arp inspection { all | error | event | packet | rpc }

 
構文の説明

all

すべてのダイナミック ARP インスペクション デバッグ メッセージを表示します。

error

ダイナミック ARP インスペクション エラー デバッグ メッセージを表示します。

event

ダイナミック ARP インスペクション イベント デバッグ メッセージを表示します。

packet

ダイナミック ARP インスペクションのパケットに関連したデバッグ メッセージを表示します。

rpc

ダイナミック ARP インスペクション Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)要求デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform ip arp inspection コマンドは、 no debug platform ip arp inspection コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show inventory

ダイナミック ARP インスペクションの設定と動作ステートを表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform ip dhcp

DHCP イベントをデバッグするには、 debug platform ip dhcp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform ip dhcp [ all | error | event | packet | rpc ]

no debug platform ip dhcp [ all | error | event | packet | rpc ]

 
構文の説明

all

(任意)DHCP デバッグ メッセージをすべて表示します。

error

(任意)DHCP エラー デバッグ メッセージを表示します。

event

(任意)DHCP イベント デバッグ メッセージを表示します。

packet

(任意)DHCP パケット関連デバッグ メッセージを表示します。

rpc

(任意)DHCP Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)要求デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform ip dhcp コマンドは、 no debug platform ip dhcp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform ip igmp snooping

プラットフォーム依存型 Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform ip igmp snooping 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform ip igmp snooping { all | di | error | event | group | mgmt | pak | retry | rpc | warn }

debug platform ip igmp snooping pak { ip-address | error | ipopt | leave | query | report | rx | svi | tx }

debug platform ip igmp snooping rpc [ cfg | misc | vlan ]

no debug platform ip igmp snooping { all | di | error | event | group | mgmt | pak | retry | rpc | warn }

 
構文の説明

all

すべての IGMP スヌーピング デバッグ メッセージを表示します。

di

IGMP スヌーピング宛先インデックス(di)調整 Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)デバッグ メッセージを表示します。

error

IGMP スヌーピング エラー メッセージを表示します。

event

IGMP スヌーピング イベント デバッグ メッセージを表示します。

group

IGMP スヌーピング グループ デバッグ メッセージを表示します。

mgmt

IGMP スヌーピング管理デバッグ メッセージを表示します。

pak { ip-address | error | ipopt | leave | query | report | rx | svi | tx }

IGMP スヌーピング パケット イベント デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

ip-address :IGMP グループの IP アドレス

error :IGMP スヌーピング パケット エラー デバッグ メッセージを表示します。

ipopt :IGMP スヌーピング IP ブリッジング オプション デバッグ メッセージを表示します。

leave :IGMP スヌーピング脱退デバッグ メッセージを表示します。

query :IGMP スヌーピング クエリー デバッグ メッセージを表示します。

report :IGMP スヌーピング レポート デバッグ メッセージを表示します。

rx :IGMP スヌーピング受信パケット デバッグ メッセージを表示します。

svi :IGMP スヌーピング Switched Virtual Interface(SVI; スイッチ仮想インターフェイス)パケット デバッグ メッセージを表示します。

tx :IGMP スヌーピング送信パケット デバッグ メッセージを表示します。

retry

IGMP スヌーピング リトライ デバッグ メッセージを表示します。

rpc [ cfg | misc | vlan ]

IGMP スヌーピング RPC イベント デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

cfg :(任意)IGMP スヌーピング RPC デバッグ メッセージを表示します。

misc :(任意)IGMP スヌーピングのその他の RPC デバッグ メッセージを表示します。

vlan :(任意)IGMP スヌーピング VLAN アサート RPC デバッグ メッセージ

warn

IGMP スヌーピング警告メッセージを表示します。


rpc l3mm キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されていますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform ip igmp snooping コマンドは、 no debug platform ip igmp snooping コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug ip igmp snooping

プラットフォーム独立 IGMP スヌーピング アクティビティに関する情報を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform ip source-guard

IP ソース ガード イベントをデバッグするには、 debug platform ip source-guard 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform ip source-guard { all | error | event }

no debug platform ip source-guard { all | error | event }

 
構文の説明

all

すべての IP ソース ガード プラットフォーム デバッグ メッセージを表示します。

error

IP ソース ガード プラットフォーム エラー デバッグ メッセージを表示します。

event

IP ソース ガード プラットフォーム イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform ip source-guard コマンドは、 no debug platform ip source-guard コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip verify source

IP ソース ガードの設定を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform led

Light-Emitting Diode(LED)動作のデバッグをイネーブルにするには、 debug platform led 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform led { generic | signal | stack }

no debug platform led { generic | signal | stack }

 
構文の説明

generic

LED 総称アクション デバッグ メッセージを表示します。

signal

LED 信号ビット マップ デバッグ メッセージを表示します。

stack

LED スタック アクション デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(53)SE1

stack キーワードが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform led コマンドは、 no debug platform led コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform matm

プラットフォームに依存する MAC アドレス管理のデバッグをイネーブルにするには、 debug platform matm 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform matm { aging | all | ec-aging | errors | learning | rpc | secure-address | warnings }

no debug platform matm { aging | all | ec-aging | errors | learning | rpc | secure-address | warnings }

 
構文の説明

aging

MAC アドレス エージング デバッグ メッセージを表示します。

all

すべてのプラットフォーム MAC アドレス管理イベント デバッグ メッセージを表示します。

ec-aging

EtherChannel アドレス エージング関連デバッグ メッセージを表示します。

errors

MAC アドレス管理エラー メッセージを表示します。

learning

MAC アドレス管理アドレス学習デバッグ メッセージを表示します。

rpc

MAC アドレス管理 Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)関連デバッグ メッセージを表示します。

secure-address

MAC アドレス管理セキュア アドレス学習デバッグ メッセージを表示します。

warning

MAC アドレス管理警告メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform matm コマンドは、 no debug platform matm コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug matm

プラットフォーム独立 MAC アドレス管理に関する情報を表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform messaging application

アプリケーション メッセージング アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform messaging application 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform messaging application { all | badpak | cleanup | events | memerr | messages | stackchg | usererr }

no debug platform messaging application { all | badpak | cleanup | events | memerr | messages | stackchg | usererr }

 
構文の説明

all

すべてのアプリケーション メッセージング デバッグ メッセージを表示します。

badpak

不良パケット デバッグ メッセージを表示します。

cleanup

クリーンアップ デバッグ メッセージを表示します。

events

イベント デバッグ メッセージを表示します。

memerr

メモリ エラー デバッグ メッセージを表示します。

messages

アプリケーション メッセージング デバッグ メッセージを表示します。

stackchg

スタック変更デバッグ メッセージを表示します。

usererr

ユーザ エラー デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(53)SE1

stackchg キーワードが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform messaging application コマンドは、 no debug platform messaging application コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform phy

PHY(物理サブレイヤ)ドライバ情報のデバッグをイネーブルにするには、 debug platform phy 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform phy { automdix | cablediag | dual-purpose | flcd { configure | ipc | iter | trace } | flowcontrol | forced | init-seq | link-status | read | sfp | show-controller | speed | write | xenpak }

no debug platform phy { automdix | cablediag | dual-purpose | flcd { configure | ipc | iter | trace } | flowcontrol | forced | init-seq | link-status | read | sfp | show-controller | speed | write | xenpak }

 
構文の説明

automdix

PHY Automatic Medium-Dependent Interface Crossover(Auto-MDIX)デバッグ メッセージを表示します。

cablediag

PHY ケーブル診断デバッグ メッセージを表示します。

dual-purpose

PHY 兼用イベント デバッグ メッセージを表示します。

flcd { configure | ipc | iter | trace }

PHY FLCD デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

configure :PHY 設定デバッグ メッセージを表示します。

ipc :Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)デバッグ メッセージを表示します。

iter :iter デバッグ メッセージを表示します。

trace :追跡デバッグ メッセージを表示します。

flowcontrol

PHY フロー制御デバッグ メッセージを表示します。

forced

PHY 強制モード デバッグ メッセージを表示します。

init-seq

PHY 初期化シーケンス デバッグ メッセージを表示します。

link-status

PHY リンク ステータス デバッグ メッセージを表示します。

read

PHY 読み取りデバッグ メッセージを表示します。

sfp

PHY Small Form-factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)モジュール デバッグ メッセージを表示します。

show-controller

PHY ショー コントローラ デバッグ メッセージを表示します。

speed

PHY 速度変更デバッグ メッセージを表示します。

write

PHY 書き込みデバッグ メッセージを表示します。

xenpak

PHY XENPAK デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform phy コマンドは、 no debug platform phy コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform pm

プラットフォームに依存するポート マネージャ ソフトウェア モジュールのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform pm 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform pm { all | counters | errdisable | etherchnl | exceptions | hpm-events | idb-events | if-numbers | ios-events | link-status | platform | pm-events | pm-span | pm-vectors [ detail ] | rpc [ general | oper-info | state | vectors | vp-events ] | soutput-vectors | stack-manager | sync | vlans }

no debug platform pm { all | counters | errdisable | etherchnl | exceptions | hpm-events | idb-events | if-numbers | ios-events | link-status | platform | pm-events | pm-span | pm-vectors [ detail ] | rpc [ general | oper-info | state | vectors | vp-events ] | soutput-vectors | stack-manager | sync | vlans }

 
構文の説明

all

すべてのポート マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

counters

Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)デバッグ メッセージのカウンタを表示します。

errdisable

errdisable 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

etherchnl

EtherChannel 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

exceptions

システム例外デバッグ メッセージを表示します。

hpm-events

プラットフォーム ポート マネージャ イベント デバッグ メッセージを表示します。

idb-events

Interface Descriptor Block(IDB; インターフェイス デスクリプション ブロック)関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

if-numbers

インターフェイス番号トランスレーション イベント デバッグ メッセージを表示します。

ios-events

Cisco IOS イベント デバッグ メッセージを表示します。

link-status

インターフェイス リンク検出イベント デバッグ メッセージを表示します。

platform

ポート マネージャ機能イベント デバッグ メッセージを表示します。

pm-events

ポート マネージャ イベント デバッグ メッセージを表示します。

pm-span

ポート マネージャ Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

pm-vectors [ detail ]

ポート マネージャ ベクタ関連イベント デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

detail :ベクタ機能詳細を表示します。

rpc [ general | oper-info | state | vectors | vp-events ]

RPC 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

general :(任意)RPC 一般イベントを表示します。

oper-info :(任意)操作および情報関連 RPC メッセージを表示します。

state :(任意)管理および操作関連 RPC メッセージを表示します。

vectors :(任意)ベクタ関連 RPC メッセージを表示します。

vp-events :(任意)仮想ポート関連イベント RPC メッセージを表示します。

soutput-vectors

IDB 出力ベクタ イベント デバッグ メッセージを表示します。

sync

操作同期および VLAN ラインステート イベント デバッグ メッセージを表示します。

vlans

VLAN 作成および削除イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(53)SE1

stack-manager キーワードが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform pm コマンドは、 no debug platform pm コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform port-asic

ポート Application-Specific Integrated Circuit(ASIC; 特定用途向け集積回路)ドライバのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform port-asic 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform port-asic { interrupt | periodic | read | stack | write }

no debug platform port-asic { interrupt | periodic | read | stack | write }

 
構文の説明

interrupt

ポート ASIC 割り込み関連機能デバッグ メッセージを表示します。

periodic

ポート ASIC 定期機能コール デバッグ メッセージを表示します。

read

ポート ASIC 読み取りデバッグ メッセージを表示します。

stack

スタック関連機能デバッグ メッセージを表示します。

write

ポート ASIC 書き込みデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(53)SE1

stack キーワードが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform port-asic コマンドは、 no debug platform port-asic コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform port-security

プラットフォームに依存するポート セキュリティ情報のデバッグをイネーブルにするには、 debug platform port-security 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform port-security { add | aging | all | delete | errors | rpc | warnings }

no debug platform port-security { add | aging | all | delete | errors | rpc | warnings }

 
構文の説明

add

セキュア アドレス追加デバッグ メッセージを表示します。

aging

セキュア アドレス エージング デバッグ メッセージを表示します。

all

すべてのポート セキュリティ デバッグ メッセージを表示します。

delete

セキュア アドレス削除デバッグ メッセージを表示します。

errors

ポート セキュリティ エラー デバッグ メッセージを表示します。

rpc

Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)デバッグ メッセージを表示します。

warnings

警告デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform port-security コマンドは、 no debug platform port-security コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform qos-acl-tcam

Quality of Service(QoS)および Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)Ternary Content Addressable Memory(TCAM)マネージャ ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform qos-acl-tcam 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform qos-acl-tcam { all | ctcam | errors | labels | mask | rpc | tcam }

no debug platform qos-acl-tcam { all | ctcam | errors | labels | mask | rpc | tcam }

 
構文の説明

all

すべての QoS および ACL TCAM(QATM)マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

ctcam

Cisco TCAM(CTCAM)関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

errors

QATM エラー関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

labels

QATM ラベル関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

mask

QATM マスク関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

rpc

QATM Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

tcam

QATM TCAM 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform qos-acl-tcam コマンドは、 no debug platform qos-acl-tcam コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform resource-manager

リソース マネージャ ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform resource-manager 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform resource-manager { all | dm | erd | errors | madmed | sd | stats | vld }

no debug platform resource-manager { all | dm | erd | errors | madmed | sd | stats | vld }

 
構文の説明

all

すべてのリソース マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

dm

宛先マップ デバッグ メッセージを表示します。

erd

等価コスト ルート記述子テーブル デバッグ メッセージを表示します。

errors

エラー デバッグ メッセージを表示します。

madmed

MAC アドレス記述子テーブルおよびマルチエクスパンション記述子テーブル デバッグ メッセージを表示します。

sd

ステーション記述子テーブル デバッグ メッセージを表示します。

stats

統計デバッグ メッセージを表示します。

vld

VLAN リスト記述子デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform resource-manager コマンドは、 no debug platform resource-manager コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform snmp

プラットフォームに依存する Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform snmp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform snmp

no debug platform snmp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform snmp コマンドは、 no debug platform snmp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform span

プラットフォームに依存する Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform span 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform span

no debug platform span

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform span コマンドは、 no debug platform span コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform stack-manager

スタック マネージャ ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform stack-manager 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform stack-manager { all | rpc | sdp | sim | ssm | trace }

no debug platform stack-manager { all | rpc | sdp | sim | ssm | trace }

 
構文の説明

all

すべてのスタック マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

rpc

スタック マネージャ Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)使用状況デバッグ メッセージを表示します。

sdp

Stack Discovery Protocol(SDP)デバッグ メッセージを表示します。

sim

スタック情報モジュール デバッグ メッセージを表示します。

ssm

スタック ステートマシン デバッグ メッセージを表示します。

trace

スタック マネージャの入口と出口のデバッグ メッセージを追跡します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(53)SE1

このコマンドが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform stack-manager コマンドは、 no debug platform stack-manager コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform supervisor-asic

スーパーバイザ Application-Specific Integrated Circuit(ASIC; 特定用途向け集積回路)のデバッグをイネーブルにするには、 debug platform supervisor-asic 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform supervisor-asic { all | errors | receive | send }

no debug platform supervisor-asic { all | errors | receive | send }

 
構文の説明

all

すべてのスーパーバイザ ASIC イベント デバッグ メッセージを表示します。

errors

スーパーバイザ ASIC エラー デバッグ メッセージを表示します。

receive

スーパーバイザ ASIC 受信デバッグ メッセージを表示します。

send

スーパーバイザ ASIC 送信デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform supervisor-asic コマンドは、 no debug platform supervisor-asic コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform sw-bridge

ソフトウェア ブリッジング機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug platform sw-bridge 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform sw-bridge { broadcast | control | multicast | packet | unicast }

no debug platform sw-bridge { broadcast | control | multicast | packet | unicast }

 
構文の説明

broadcast

ブロードキャスト データ デバッグ メッセージを表示します。

control

プロトコル パケット デバッグ メッセージを表示します。

multicast

マルチキャスト データ デバッグ メッセージを表示します。

packet

送受信データ デバッグ メッセージを表示します。

unicast

ユニキャスト データ デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform sw-bridge コマンドは、 no debug platform sw-bridge コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform tcam

Ternary Content Addressable Memory(TCAM)アクセスおよびルックアップのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform tcam 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform tcam { log | read | search | write }

debug platform tcam log l2 { acl { input | output } | local | qos }

debug platform tcam log l3 { acl { input | output } | qos }

debug platform tcam read { reg | ssram | tcam }

debug platform tcam search

debug platform tcam write { forw-ram | reg | tcam }

no debug platform tcam { log | read | search | write }

no debug platform tcam log l2 { acl { input | output } | local | qos }

no debug platform tcam log l3 { acl { input | output } | qos }

no debug platform tcam read { reg | ssram | tcam }

no debug platform tcam search

no debug platform tcam write { forw-ram | reg | tcam }

 
構文の説明

log l2 { acl { input | output } | local | qos }

レイヤ 2 フィールド ベース CAM ルックアップ タイプ デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

acl { input | output }:入力または出力 ACL ルックアップ デバッグ メッセージを表示します。

local :ローカル フォワーディング ルックアップ デバッグ メッセージを表示します。

qos :分類および QoS ルックアップ デバッグ メッセージを表示します。

l3 { acl { input | output } | qos }

レイヤ 3 フィールド ベース CAM ルックアップ タイプ デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

acl { input | output }:入力または出力 ACL ルックアップ デバッグ メッセージを表示します。

qos :分類および QoS ルックアップ デバッグ メッセージを表示します。

read { reg | ssram | tcam }

TCAM 読み取りデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

reg :TCAM レジスタ読み取りデバッグ メッセージを表示します。

ssram Synchronous Static RAM(SSRAM)読み取りデバッグ メッセージを表示します。

tcam :TCAM 読み取りデバッグ メッセージを表示します。

search

スーパーバイザ主導 TCAM サーチ結果デバッグ メッセージを表示します。

write { forw-ram | reg | tcam }

TCAM 書き込みデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

forw-ram :フォワーディング RAM 書き込みデバッグ メッセージを表示します。

reg :TCAM レジスタ書き込みデバッグ メッセージを表示します。

tcam :TCAM 書き込みデバッグ メッセージを表示します。


l3 ipv6 {acl {input | output} | local | qos | secondary}、l3 local、および l3 secondary キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされていません


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform tcam コマンドは、 no debug platform tcam コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform udld

プラットフォームに依存する Unidirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出)ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform udld 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform udld [ all | error | rpc { events | messages }]

no debug platform udld [ all | error | rpc { events | messages }]

 
構文の説明

all

(任意)UDLD デバッグ メッセージをすべて表示します。

error

(任意)エラー条件デバッグ メッセージを表示します。

rpc { events | messages }

(任意)UDLD Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

events :UDLD RPC イベントを表示します。

messages :UDLD RPC メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform udld コマンドは、 no debug platform udld コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug platform vlan

VLAN マネージャ ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug platform vlan 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug platform vlan { errors | mvid | rpc }

no debug platform vlan { errors | mvid | rpc }

 
構文の説明

errors

VLAN エラー デバッグ メッセージを表示します。

mvid

マッピングされた VLAN ID の割り当ておよびフリー デバッグ メッセージを表示します。

rpc

Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug platform vlan コマンドは、 no debug platform vlan コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug pm

Port Manager(PM; ポート マネージャ)アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug pm 特権 EXEC コマンドを使用します。ポート マネージャは、すべての論理および物理インターフェイスを制御するステート マシンです。VLAN や UniDirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出)などを含むすべての機能は、ポート マネージャと連携して、スイッチに機能を提供します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug pm { all | assert | card | etherchnl | hatable | messages | port | redundancy | registry | sm | span | split | vlan | vp }

no debug pm { all | assert | card | etherchnl | hatable | messages | port | redundancy | registry | sm | span | split | vlan | vp }

 
構文の説明

all

すべての PM デバッグ メッセージを表示します。

assert

アサート デバッグ メッセージを表示します。

card

ラインカード関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

etherchnl

EtherChannel 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

hatable

Host Access Table イベント デバッグ メッセージを表示します。

messages

PM デバッグ メッセージを表示します。

port

ポート関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

redundancy

冗長デバッグ メッセージを表示します。

registry

PM レジストリ呼び出しデバッグ メッセージを表示します。

sm

ステート マシン関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

span

スパニングツリー関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

split

スプリットプロセッサ デバッグ メッセージを表示します。

vlan

VLAN 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

vp

仮想ポート関連イベント デバッグ メッセージを表示します。


scp および pvlan キーワードはコマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug pm コマンドは、 no debug pm コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug port-security

ポート セキュリティ サブシステムの割り当ておよびステートのデバッグをイネーブルにするには、 debug port-security 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug port-security

no debug port-security

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug port-security コマンドは、 no debug port-security コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show port-security

インターフェイスまたはスイッチのポート セキュリティ設定を表示します。

debug qos-manager

Quality of Service(QoS)マネージャ ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug qos-manager 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug qos-manager { all | event | verbose }

no debug qos-manager { all | event | verbose }

 
構文の説明

all

すべての QoS マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

event

QoS マネージャ関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

verbose

QoS マネージャ詳細デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug qos-manager コマンドは、 no debug qos-manager コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug spanning-tree

スパニングツリーのアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree { all | backbonefast | bpdu | bpdu-opt | config | csuf/csrt | etherchannel | events | exceptions | general | mstp | pvst+ | root | snmp | switch | synchronization | uplinkfast }

no debug spanning-tree { all | backbonefast | bpdu | bpdu-opt | config | csuf/csrt | etherchannel | events | exceptions | general | mstp | pvst+ | root | snmp | switch | synchronization | uplinkfast }

 
構文の説明

all

スパニングツリー デバッグ メッセージをすべて表示します。

backbonefast

BackboneFast イベント デバッグ メッセージを表示します。

bpdu

スパニングツリー Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)デバッグ メッセージを表示します。

bpdu-opt

最適化された BPDU 処理デバッグ メッセージを表示します。

config

スパニングツリー設定変更デバッグ メッセージを表示します。

csuf/csrt

クロススタック UplinkFast およびクロススタック高速遷移アクティビティ デバッグ メッセージを表示します。

etherchannel

EtherChannel サポート デバッグ メッセージを表示します。

events

スパニングツリー トポロジ イベント デバッグ メッセージを表示します。

exceptions

スパニングツリー例外デバッグ メッセージを表示します。

general

一般的なスパニングツリー アクティビティ デバッグ メッセージを表示します。

mstp

Multiple Spanning-Tree Protocol(MSTP)イベントをデバッグします。

pvst+

Per-VLAN Spanning-Tree Plus(PVST+)イベント デバッグ メッセージを表示します。

root

スパニングツリー ルート イベント デバッグ メッセージを表示します。

snmp

スパニングツリー Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)処理デバッグ メッセージを表示します。

synchronization

スパニングツリー同期イベント デバッグ メッセージを表示します。

switch

スイッチ シム コマンド デバッグ メッセージを表示します。このシムは、一般的な Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)コードと、各スイッチ プラットフォーム固有コードとの間のインターフェイスとなるソフトウェア モジュールです。

uplinkfast

UplinkFast イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

12.2(53)SE1

csuf/csrt キーワードが、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチにだけ追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree コマンドは、 no debug spanning-tree コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree backbonefast

スパニングツリー BackboneFast イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree backbonefast 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree backbonefast [ detail | exceptions ]

no debug spanning-tree backbonefast [ detail | exceptions ]

 
構文の説明

detail

(任意)BackboneFast デバッグ メッセージの詳細を表示します。

exceptions

(任意)スパニングツリー BackboneFast 例外デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree backbonefast コマンドは、 no debug spanning-tree backbonefast コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree bpdu

送受信されたスパニングツリー Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)のデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree bpdu 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree bpdu [ receive | transmit ]

no debug spanning-tree bpdu [ receive | transmit ]

 
構文の説明

receive

(任意)受信 BPDU 用非最適化パスのデバッグ メッセージを表示します。

transmit

(任意)送信された BPDU デバッグ メッセージについて、最適化されないパスを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree bpdu コマンドは、 no debug spanning-tree bpdu コマンドと同じです

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree bpdu-opt

最適化されたスパニングツリー Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)処理のデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree bpdu-opt 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree bpdu-opt [ detail | packet ]

no debug spanning-tree bpdu-opt [ detail | packet ]

 
構文の説明

detail

(任意)最適化された BPDU 処理デバッグ メッセージの詳細を表示します。

packet

(任意)パケット レベルの最適化された BPDU 処理デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree bpdu-opt コマンドは、 no debug spanning-tree bpdu-opt コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

 

debug spanning-tree mstp

Multiple Spanning-Tree Protocol(MSTP)ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree mstp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree mstp { all | boundary | bpdu-rx | bpdu-tx | errors | flush | init | migration | pm | proposals | region | roles | sanity_check | sync | tc | timers }

no debug spanning-tree mstp { all | boundary | bpdu-rx | bpdu-tx | errors | flush | init | migration | pm | proposals | region | roles | sanity_check | sync | tc | timers }

 
構文の説明

all

デバッグ メッセージをすべてイネーブルにします。

boundary

次に示す境界上でのフラグ変更をデバッグします。

Multiple Spanning-Tree(MST)リージョンと、Rapid Spanning-Tree Protocol(RSTP)が稼動する単一のスパニングツリー リージョンとの境界

MST リージョンと、802.1D が稼動する単一のスパニングツリー リージョンとの境界

MST リージョンと、設定が異なる別の MST リージョンとの境界

bpdu-rx

受信した MST Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)をデバッグします。

bpdu-tx

送信された MST BPDU をデバッグします。

errors

MSTP エラーをデバッグします。

flush

ポート フラッシュ メカニズムをデバッグします。

init

MSTP データ構造の初期化をデバッグします。

migration

プロトコル移行ステート マシンをデバッグします。

pm

MSTP ポート マネージャ イベントをデバッグします。

proposals

指定スイッチとルート スイッチ間のハンドシェイク メッセージをデバッグします。

region

Switch Processor(SP; スイッチ プロセッサ)と Route Processor(RP; ルート プロセッサ)間のリージョン同期をデバッグします。

roles

MSTP のロールをデバッグします。

sanity_check

受信した BPDU の正常性確認メッセージをデバッグします。

sync

ポート同期イベントをデバッグします。

tc

トポロジ変更通知イベントをデバッグします。

timers

開始、停止、および期限切れイベントの MSTP タイマーをデバッグします。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree mstp コマンドは、 no debug spanning-tree mstp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree switch

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)ソフトウェア モジュールとポート マネージャ ソフトウェア モジュール間のソフトウェア インターフェイスのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree switch 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree switch { all | errors | flush | general | helper | pm | rx { decode | errors | interrupt | process } | state | tx [ decode ] | uplinkfast }

no debug spanning-tree switch { all | errors | flush | general | helper | pm | rx { decode | errors | interrupt | process } | state | tx [ decode ] | uplinkfast }

 
構文の説明

all

スパニングツリー スイッチのデバッグ メッセージをすべて表示します。

errors

スパニングツリー ソフトウェア モジュールとポート マネージャ ソフトウェア モジュール間のインターフェイスに関するデバッグ メッセージを表示します。

flush

シム フラッシュ動作に関するデバッグ メッセージを表示します。

general

一般イベント デバッグ メッセージを表示します。

helper

スパニングツリー ヘルパー タスク デバッグ メッセージを表示します。ヘルパー タスクは大容量スパニングツリー更新を処理します。

pm

ポート マネージャ イベント デバッグ メッセージを表示します。

rx

受信した Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)処理のデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

decode :デコード済み受信パケットを表示します。

errors :受信エラー デバッグ メッセージを表示します。

interrupt :Interrupt Service Request(ISR)デバッグ メッセージを表示します。

process :処理受信 BPDU デバッグ メッセージを表示します。

state

スパニングツリー ポート ステート変更デバッグ メッセージを表示します。

tx [ decode ]

送信された BPDU 処理デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

decode :(任意)デコードされた送信パケットを表示します。

uplinkfast

UplinkFast パケット送信デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree switch コマンドは、 no debug spanning-tree switch コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree uplinkfast

スパニングツリー UplinkFast イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree uplinkfast 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree uplinkfast [ exceptions ]

no debug spanning-tree uplinkfast [ exceptions ]

 
構文の説明

exceptions

(任意)スパニングツリー UplinkFast 例外デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree uplinkfast コマンドは、 no debug spanning-tree uplinkfast コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug sw-vlan

VLAN マネージャのアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan { badpmcookies | cfg-vlan { bootup | cli } | events | ifs | management | mapping | notification | packets | redundancy | registries | vtp }

no debug sw-vlan { badpmcookies | cfg-vlan { bootup | cli } | events | ifs | management | mapping | notification | packets | redundancy | registries | vtp }

 
構文の説明

badpmcookies

不良ポート マネージャ クッキーの VLAN マネージャ インシデントに関するデバッグ メッセージを表示します。

cfg-vlan { bootup | cli }

config-vlan デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

bootup :スイッチがブートアップするときに メッセージを表示します。

cli Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)が config-vlan モードである場合のメッセージを表示します。

events

VLAN マネージャ イベントのデバッグ メッセージを表示します。

ifs

debug sw-vlan ifs コマンドを参照してください。

management

内部 VLAN の VLAN マネージャ管理のデバッグ メッセージを表示します。

mapping

VLAN マッピングのデバッグ メッセージを表示します。

notification

debug sw-vlan notification コマンドを参照してください。

packets

パケット処理およびカプセル化プロセスのデバッグ メッセージを表示します。

redundancy

VTP VLAN 冗長性のデバッグ メッセージを表示します。

registries

VLAN マネージャ レジストリのデバッグ メッセージを表示します。

vtp

debug sw-vlan vtp コマンドを参照してください。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug sw-vlan コマンドは、 no debug sw-vlan コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show vlan

管理ドメインに設定されたすべての VLAN または特定の VLAN(VLAN 名または ID を指定した場合)のパラメータを表示します。

show vtp

VTP 管理ドメイン、ステータス、およびカウンタに関する一般情報を表示します。

debug sw-vlan ifs

VLAN マネージャ IOS File System(IFS)エラー テストのデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan ifs 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan ifs { open { read | write } | read { 1 | 2 | 3 | 4 } | write }

no debug sw-vlan ifs { open { read | write } | read { 1 | 2 | 3 | 4 } | write }

 
構文の説明

open { read | write }

VLAN マネージャ IFS ファイルオープン操作デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

read :VLAN マネージャ IFS ファイル読み取り動作のデバッグ メッセージを表示します。

write :VLAN マネージャ IFS ファイル書き込み操作デバッグ メッセージを表示します。

read { 1 | 2 | 3 | 4 }

指定されたエラー リスト(1、2、3、または 4)に関するファイル読み取り動作のデバッグ メッセージを表示します。

write

ファイル書き込み動作のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug sw-vlan ifs コマンドは、 no debug sw-vlan ifs コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

ファイルの読み取り処理に処理 1 を選択すると、ヘッダー検証ワードおよびファイル バージョン番号が格納されたファイル ヘッダーが読み込まれます。処理 2 を指定すると、ドメインおよび VLAN 情報の大部分が格納されたファイル本体が読み取られます。処理 3 を指定すると、Type Length Version(TLV)記述子構造が読み取られます。処理 4 を指定すると、TLV データが読み取られます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show vlan

管理ドメインに設定されたすべての VLAN または特定の VLAN(VLAN 名または ID を指定した場合)のパラメータを表示します。

debug sw-vlan notification

Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)VLAN ID のアクティブ化および非アクティブ化のデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan notification 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan notification { accfwdchange | allowedvlancfgchange | fwdchange | linkchange | modechange | pruningcfgchange | statechange }

no debug sw-vlan notification { accfwdchange | allowedvlancfgchange | fwdchange | linkchange | modechange | pruningcfgchange | statechange }

 
構文の説明

accfwdchange

集約アクセス インターフェイス スパニングツリー転送変更に関する VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

allowedvlancfgchange

許可 VLAN の設定変更に関する VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

fwdchange

スパニングツリー転送変更に関する VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

linkchange

インターフェイス リンクステート変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

modechange

インターフェイス モード変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

pruningcfgchange

プルーニング設定変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

statechange

インターフェイス ステート変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug sw-vlan notification コマンドは、 no debug sw-vlan notification コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show vlan

管理ドメインに設定されたすべての VLAN または特定の VLAN(VLAN 名または ID を指定した場合)のパラメータを表示します。

debug sw-vlan vtp

VLAN Trunking Protocol(VTP; VLAN トランキング プロトコル)コードのデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan vtp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan vtp { events | packets | pruning [ packets | xmit ] | redundancy | xmit }

no debug sw-vlan vtp { events | packets | pruning | redundancy | xmit }

 
構文の説明

events

汎用論理フローのデバッグ メッセージおよび VTP コード内の VTP_LOG_RUNTIME マクロによって生成された詳細な VTP メッセージを表示します。

packets

IOS VTP プラットフォーム依存層から VTP コードに渡されたすべての着信 VTP パケット(プルーニング パケットを除く)の内容のデバッグ メッセージを表示します。

pruning [ packets | xmit ]

VTP コードのプルーニング セグメントによって生成されるデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

packets :(任意)IOS VTP プラットフォーム依存層から VTP コードに渡されたすべての着信 VTP プルーニング パケットの内容のデバッグ メッセージを表示します。

xmit :(任意)VTP コードが IOS VTP プラットフォーム依存層に送信するように要求したすべての発信 VTP パケットの内容のデバッグ メッセージを表示します。

redundancy

VTP 冗長性のデバッグ メッセージを表示します。

xmit

VTP コードが IOS VTP プラットフォーム依存層に送信するように要求したすべての発信 VTP パケット(プルーニング パケットを除く)の内容のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug sw-vlan vtp コマンドは、 no debug sw-vlan vtp コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

pruning キーワードのあとにパラメータを指定しない場合は、VTP プルーニング デバッグ メッセージが表示されます。これらのメッセージは、VTP プルーニング コード内の VTP_PRUNING_LOG_NOTICE、VTP_PRUNING_LOG_INFO、VTP_PRUNING_LOG_DEBUG、VTP_PRUNING_LOG_ALERT、および VTP_PRUNING_LOG_WARNING マクロによって生成されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show vtp

VTP 管理ドメイン、ステータス、およびカウンタに関する一般情報を表示します。

debug udld

UniDirectional Link Direction(UDLD; 単方向リンク検出)機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug udld 特権 EXEC コマンドを使用します。UDLD デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug udld { events | packets | registries }

no debug udld { events | packets | registries }

 
構文の説明

events

UDLD プロセス イベントが発生したときのデバッグ メッセージを表示します。

packets

UDLD プロセスがパケット キューからパケットを受信し、UDLD プロトコル コードの要求に応答してそれらを送信するときに、このプロセスのデバッグ メッセージを表示します。

registries

UDLD プロセスが UDLD プロセスに依存するモジュールおよびその他のフィーチャ モジュールからのレジストリ コールを処理するときに、このプロセスのデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug udld コマンドは、 no debug udld コマンドと同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

debug udld events を入力すると、次に示すデバッグ メッセージが表示されます。

一般的な UDLD プログラム論理フロー

ステート マシンのステート変更

errdisable ステートの設定および消去のプログラム アクション

ネイバー キャッシュの追加および削除

コンフィギュレーション コマンドの処理

リンクアップおよびリンクダウン通知処理

debug udld packets を入力すると、次に示すデバッグ メッセージが表示されます。

着信パケット受信時の一般的なパケット処理プログラム フロー

受信したパケットをパケット受信コードで調べるときの、各パケットの内容の識別情報(Type Length Version(TLV)など)

パケット送信の試行内容およびその成果

debug udld registries を入力すると、次に示すカテゴリのデバッグ メッセージが表示されます。

サブブロックの作成

ファイバポート ステータスの変更

ポート マネージャ ソフトウェアからのステート変更通知情報

MAC アドレス レジストリ コール

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

show udld

すべてのポートまたは指定されたポートの UDLD 管理上および運用上のステータスを表示します。

debug vqpc

VLAN Query Protocol(VQP)クライアントのデバッグをイネーブルにするには、 debug vqpc 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug vqpc [ all | cli | events | learn | packet ]

no debug vqpc [ all | cli | events | learn | packet ]

 
構文の説明

all

(任意)VQP クライアント デバッグ メッセージをすべて表示します。

cli

(任意)VQP クライアント Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)デバッグ メッセージを表示します。

events

(任意)VQP クライアント イベント デバッグ メッセージを表示します。

learn

(任意)VQP クライアント アドレス学習デバッグ メッセージを表示します。

packet

(任意)VQP クライアント パケット情報デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(25)FX

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug vqpc コマンドは、 no debug vqpc コマンド と同じです。

デバッグをイネーブルにすると、スタック マスターでだけデバッグがイネーブルになります。スタック メンバーのデバッグをイネーブルにする場合は、 session switch-number 特権 EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。次に、スタック メンバーのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。最初にセッションを開始せずにメンバー スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE 特権 EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。