Catalyst 2960 スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.2(37)EY
索引
A
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

A

aaa accounting dot1x コマンド  2-1

aaa authentication dot1x コマンド  2-3

aaa authorization network コマンド  2-5

AAA 方式  2-3

abort コマンド  2-382

archive download-sw コマンド  2-6

archive tar コマンド  2-8

archive upload-sw コマンド  2-11

B

BackboneFast、STP 用  2-293

boot boothlpr コマンド  2-12

boot config-file コマンド  2-13

boot enable-break コマンド  2-14

boot helper コマンド  2-15

boot helper-config file コマンド  2-16

boot manual コマンド  2-17

boot private-config-file コマンド  2-18

boot system コマンド  2-19

boot(ブート ローダ)コマンド  A-2

BPDU ガード、スパニングツリー用  2-295, 2-319

BPDU フィルタリング、スパニングツリー用  2-294, 2-319

C

cat(ブート ローダ)コマンド  A-3

channel-group コマンド  2-20

channel-protocol コマンド  2-23

Cisco Network Assistant

Network Assistant を参照  xv

clear dot1x コマンド  2-24

clear eap sessions コマンド  2-25

clear errdisable interface  2-26

clear lacp コマンド  2-27

clear mac address-table コマンド  2-28

clear pagp コマンド  2-29

clear port-security コマンド  2-30

clear spanning-tree counters コマンド  2-32

clear spanning-tree detected-protocols コマンド  2-33

clear vmps statistics コマンド  2-34

clear vtp counters コマンド  2-35

cluster commander-address コマンド  2-36

cluster discovery hop-count コマンド  2-38

cluster enable コマンド  2-39

cluster holdtime コマンド  2-40

cluster member コマンド  2-41

cluster outside-interface コマンド  2-43

cluster run コマンド  2-44

cluster standby-group コマンド  2-45

cluster timer コマンド  2-47

config-vlan モード

開始  2-370

コマンド  2-371

説明  1-5

要約  1-3

copy(ブート ローダ)コマンド  A-4

CoS

着信パケットの値の無効化  2-126

デフォルト値の着信パケットへの割り当て  2-126

CPU ASIC 統計情報、表示  2-173

crashinfo ファイル  2-74

D

debug cluster コマンド  B-2

debug dot1x コマンド  B-3

debug dtp コマンド  B-4

debug eap コマンド  B-5

debug etherchannel コマンド  B-6

debug interface コマンド  B-7

debug ip igmp filter コマンド  B-8

debug ip igmp max-groups コマンド  B-9

debug ip igmp snooping コマンド  B-10

debug lacp コマンド  B-11

debug mac-notification コマンド  B-12

debug matm コマンド  B-13

debug monitor コマンド  B-14

debug nvram コマンド  B-15

debug pagp コマンド  B-16

debug platform cpu-queues コマンド  B-17

debug platform dot1x コマンド  B-18

debug platform etherchannel コマンド  B-19

debug platform forw-tcam コマンド  B-20

debug platform ip dhcp コマンド  B-21

debug platform ip igmp snooping コマンド  B-22

debug platform led コマンド  B-24

debug platform matm コマンド  B-25

debug platform messaging application コマンド  B-26

debug platform phy コマンド  B-27

debug platform pm コマンド  B-28

debug platform port-asic コマンド  B-30

debug platform port-security コマンド  B-31

debug platform qos-acl-tcam コマンド  B-32

debug platform resource-manager コマンド  B-33

debug platform snmp コマンド  B-34

debug platform span コマンド  B-35

debug platform supervisor-asic コマンド  B-36

debug platform sw-bridge コマンド  B-37

debug platform tcam コマンド  B-38

debug platform udld コマンド  B-40

debug platform vlan コマンド  B-41

debug pm コマンド  B-42

debug port-security コマンド  B-43

debug qos-manager コマンド  B-44

debug spanning-tree backbonefast コマンド  B-46

debug spanning-tree bpdu コマンド  B-47

debug spanning-tree bpdu-opt コマンド  B-48

debug spanning-tree mstp コマンド  B-49

debug spanning-tree switch コマンド  B-50

debug spanning-tree uplinkfast コマンド  B-51

debug spanning-tree コマンド  B-45

debug sw-vlan ifs コマンド  B-53

debug sw-vlan notification コマンド  B-54

debug sw-vlan vtp コマンド  B-55

debug sw-vlan コマンド  B-52

debug udld コマンド  B-56

debug vqpc コマンド  B-57

define interface-range コマンド  2-48

delete コマンド  2-50

delete(ブート ローダ)コマンド  A-5

DHCP スヌーピング

エラー回復タイマー  2-72

dir(ブート ローダ)コマンド  A-6

dot1x default コマンド  2-52

dot1x fallback コマンド  2-53

dot1x guest-vlan コマンド  2-54

dot1x host-mode コマンド  2-56

dot1x initialize コマンド  2-57

dot1x mac-auth-bypass コマンド  2-58

dot1x max-reauth-req コマンド  2-59

dot1x max-req コマンド  2-60

dot1x pae コマンド  2-61

dot1x port-control コマンド  2-62

dot1x re-authenticate コマンド  2-64

dot1x reauthentication コマンド  2-65

dot1x timeout コマンド  2-66

dot1x コマンド  2-51

DTP  2-340

DTP ネゴシエーション  2-341

DTP フラップ

エラー回復タイマー  2-72

エラー検出  2-70

dual-purpose アップリンク ポート

アクティブ メディアの表示  2-212

設定可能なオプションの表示  2-208

dual-purpose アップリンク ポート、タイプの選択  2-123

duplex コマンド  2-68

dynamic auto VLAN メンバーシップ モード  2-339

dynamic desirable VLAN メンバーシップ モード  2-339

Dynamic Trunking Protocol

DTP を参照

E

EAP-Request/Identity フレーム

再送信するまでの応答時間  2-66

送信最高回数  2-60

errdisable detect cause コマンド  2-70

errdisable recovery コマンド  2-72

errdisable インターフェイス、表示  2-205

errdisable 検出  2-70

EtherChannel

LACP

システム プライオリティ  2-105

チャネル グループ情報のクリア  2-27

デバッグ メッセージ、表示  B-11

表示  2-225

プロトコルの制限  2-23

ホットスタンバイ ポートのポート プライオリティ  2-103

モード  2-20

PAgP

アグリゲート ポート ラーナー  2-141

エラー回復タイマー  2-72

エラー検出  2-70

学習方式  2-141

送信トラフィックのインターフェイスのプライオリティ  2-142

チャネル グループ情報のクリア  2-29

デバッグ メッセージ、表示  B-16

表示  2-251

物理ポート ラーナー  2-141

モード  2-20

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て  2-20

インターフェイス情報、表示  2-205

デバッグ EtherChannel/PAgP、表示  B-6

表示  2-199

負荷分散方式  2-144

プラットフォーム固有のイベントをデバッグ、表示  B-19

ポート チャネル論理インターフェイスの作成  2-78

EtherChannel の負荷分散方式  2-144

exception crashinfo コマンド  2-74

exit コマンド  2-382

F

fallback profile コマンド  2-75

flash_init(ブート ローダ)コマンド  A-7

Flex Link

表示  2-205

flowcontrol コマンド  2-76

format(ブート ローダ)コマンド  A-8

fsck(ブート ローダ)コマンド  A-9

H

help(ブート ローダ)コマンド  A-10

Hot Standby Router Protocol

HSRP を参照

HSRP

HSRP グループのクラスタへのバインド  2-45

スタンバイ グループ  2-45

I

IEEE 802.1x

違反エラー回復  2-72

スイッチポート モード  2-340

ポートベース認証も参照

IEEE 802.1x 対応ポートの再認証  2-64

IEEE 802.1x ポートベース認証

ゲスト VLAN サプリカントのイネーブル化  2-53, 2-76

IGMP グループ、最大数の設定  2-86

IGMP 最大グループ、デバッグ  B-9

IGMP スヌーピング

イネーブル化  2-89

インターフェイスのトポロジー変更通知動作  2-96

クエリア  2-92

クエリー要求  2-95

グループのスタティック メンバーとしてポートを追加  2-100

スイッチのトポロジー変更通知動作  2-95

設定可能脱退タイマーのイネーブル化  2-90

即時脱退機能のイネーブル化  2-97

表示  2-218, 2-222, 2-223

フラッディング クエリー カウント  2-95

マルチキャスト テーブル  2-220

レポート抑制  2-94

IGMP フィルタ

適用  2-85

デバッグ メッセージ、表示  B-8

IGMP プロファイル

作成  2-88

表示  2-217

interface port-channel コマンド  2-78

interface range コマンド  2-80

interface vlan コマンド  2-82

Internet Group Management Protocol

IGMP スヌーピングを参照

ip address コマンド  2-83

ip igmp filter コマンド  2-85

ip igmp max-groups コマンド  2-86

ip igmp profile コマンド  2-88

ip igmp snooping last-member-query-interval コマンド  2-90

ip igmp snooping querier コマンド  2-92

ip igmp snooping report-suppression コマンド  2-94

ip igmp snooping tcn flood コマンド  2-96

ip igmp snooping tcn コマンド  2-95

ip igmp snooping vlan immediate-leave コマンド  2-97

ip igmp snooping vlan mrouter コマンド  2-98

ip igmp snooping vlan staticコマンド  2-100

ip igmp snooping コマンド  2-89

ip ssh コマンド  2-102

IP アドレス、設定  2-83

L

LACP

EtherChannel を参照

lacp port-priority コマンド  2-103

lacp system-priority コマンド  2-105

Link Aggregation Control Protocol

EtherChannel を参照

load_helper(ブート ローダ)コマンド  A-10

logging event コマンド  2-106

logging file コマンド  2-107

M

mac address-table aging-time コマンド  2-109

mac address-table notification コマンド  2-110

mac address-table static drop コマンド  2-112

mac address-table static コマンド  2-111

MAC アドレス

MAC アドレス通知のイネーブル化  2-110

スタティック

インターフェイス上で廃棄  2-112

追加と削除  2-111

表示  2-240

ダイナミック

エージング タイム  2-109

削除  2-28

表示  2-235

テーブル  2-230

表示

VLAN 単位  2-242

VLAN のアドレス数  2-234

インターフェイス単位  2-237

エージング タイム  2-232

スタティック  2-240

スタティックおよびダイナミック エントリ  2-228

すべて  2-230

ダイナミック  2-235

通知設定  2-238

MAC アドレス通知、デバッグ  B-12

macro apply コマンド  2-113

macro description コマンド  2-116

macro global description コマンド  2-119

macro global コマンド  2-117

macro name コマンド  2-120

Maximum Transmission Unit

MTU を参照

mdix auto コマンド  2-122

media-type コマンド  2-123

memory(ブート ローダ)コマンド  A-11

mkdir(ブート ローダ)コマンド  A-12

mls qos cos コマンド  2-126

mls qos rewrite ip dscp コマンド  2-128

mls qos srr-queue input cos-map コマンド  2-130

mls qos srr-queue input priority-queue コマンド  2-131

mls qos srr-queue output cos-map コマンド  2-133

mls qos trust コマンド  2-135

mls qos コマンド  2-125

Mode ボタン、パスワード回復  2-154

monitor session コマンド  2-136

more(ブート ローダ)コマンド  A-13

MSTP

MST リージョン

MST コンフィギュレーション モード  2-306

VLAN とインスタンス間のマッピング  2-306

現在または保留中の構成の表示  2-306

構成のリビジョン番号  2-306

構成名  2-306

表示  2-261

変更の終了  2-306

変更の適用  2-306

インターオペラビリティ  2-33

ステート情報の表示  2-260

ステート変更

BPDU ガードのイネーブル化  2-295, 2-319

BPDU フィルタリングのイネーブル化  2-294, 2-319

PortFast 対応ポートのシャットダウン  2-319

PortFast のイネーブル化  2-319, 2-322

転送遅延時間  2-309

フォワーディング ステートへの高速移行  2-303

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ  2-322

リスニングおよびラーニング ステートの期間  2-309

パス コスト  2-308

表示  2-261

プロトコル モード  2-305

プロトコル移行プロセスの再開  2-33

リンク タイプ  2-303

ルート スイッチ

BPDU 廃棄までの最大ホップ数  2-312

BPDU メッセージの間隔  2-311

hello BPDU メッセージの間隔  2-310, 2-316

hello-time  2-310, 2-316

拡張システム ID の影響  2-300

スイッチ プライオリティ  2-315

プライマリまたはセカンダリ  2-316

有効期限  2-311

ルート スイッチの選択に関するポート プライオリティ  2-313

ルート ポート

指定ポートとなることの制限  2-301

ルート ガード  2-301

ルートとなるポートの制限  2-301

ループ ガード  2-301

MTU

グローバル設定の表示  2-268

サイズの設定  2-355

Multiple Spanning-Tree Protocol

MSTP を参照

N

Network Assistant 要件  xv

no vlan コマンド  2-370, 2-379

nonegotiate、速度  2-330

P

PAgP

EtherChannel を参照

pagp learn-method コマンド  2-141

pagp port-priority コマンド  2-142

Per-VLAN Spanning-Tree Plus

STP を参照

PID、表示  2-216

PIM-DVMRP、マルチキャスト ルータ学習方式  2-98

Port Aggregation Protocol

EtherChannel を参照

port-channel load-balance コマンド  2-144

PortFast、スパニングツリー用  2-322

priority-queue コマンド  2-145

Product Identification 情報、表示  2-216

PVST+

STP を参照

Q

QoS

DSCP 透過性  2-128

イネーブル化  2-125

キュー、緊急キューのイネーブル化  2-145

出力キュー

CoS 出力キュー スレッシュホールド マップの定義  2-133

CoS 出力キュー スレッシュホールド マップの表示  2-248

CoS 値のキューおよびスレッシュホールドへのマッピング  2-133

キューイング方法の表示  2-245

バッファ割り当ての表示  2-245

設定情報の表示  2-243

着信パケットの CoS 値の定義  2-126

統計情報

キューに入れられた、または削除されたパケット  2-245

送受信された CoS 値  2-245

送受信された DSCP の統計情報  2-245

プロファイル内外のパケット  2-245

入力キュー

CoS 値のキューおよびスレッシュホールドへのマッピング  2-130

CoS 入力キュー スレッシュホールド マップの定義  2-130

CoS 入力キュー スレッシュホールド マップの表示  2-248

キューイング方法の表示  2-245

設定の表示  2-244

バッファ割り当ての表示  2-245

プライオリティ キューの設定  2-131

ポート信頼状態  2-135

ポリシー マップ

DSCP 値または IP precedence 値の設定  2-156

インターフェイスへの適用  2-157

信頼状態  2-363

マップ

定義  2-130, 2-133

表示  2-248

QoS に対して信頼されるポート状態  2-135

QoS のポート信頼状態  2-135

R

radius-server dead-criteria コマンド  2-146

radius-server host コマンド  2-148

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree Plus

STP を参照

Rapid PVST+

STP を参照

rcommand コマンド  2-150

Remote Switched Port Analyzer

RSPAN を参照

rename(ブート ローダ)コマンド  A-14

reset コマンド  2-382

reset(ブート ローダ)コマンド  A-15

rmdir(ブート ローダ)コマンド  A-16

rmon collection stats コマンド  2-152

RSPAN

RSPAN トラフィックのフィルタ  2-136

セッション

新しく開始  2-136

インターフェイスを追加  2-136

表示  2-249

設定  2-136

表示  2-249

S

sdm prefer コマンド  2-153

SDM テンプレート

表示  2-257

service password-recovery コマンド  2-154

set コマンド  2-156

setup express コマンド  2-160

setup コマンド  2-157

set(ブート ローダ)コマンド  A-17

show archive status コマンド  2-162

show boot コマンド  2-163

show changes コマンド  2-382

show cluster candidates コマンド  2-169

show cluster members コマンド  2-171

show cluster コマンド  2-167

show controllers cpu-interface コマンド  2-173

show controllers ethernet-controller コマンド  2-175

show controllers tcam コマンド  2-182

show controllers utilization コマンド  2-184

show current コマンド  2-382

show dot1x コマンド  2-186

show dtp コマンド  2-190

show eap コマンド  2-192

show env コマンド  2-194

show errdisable detect コマンド  2-195

show errdisable flap-values コマンド  2-197

show errdisable recovery コマンド  2-198

show etherchannel コマンド  2-199

show fallback profile コマンド  2-202

show flowcontrol コマンド  2-203

show interfaces counters コマンド  2-214

show interfaces コマンド  2-205

show inventory コマンド  2-216

show ip igmp profile コマンド  2-217

show ip igmp snooping groups コマンド  2-220

show ip igmp snooping mrouter コマンド  2-222

show ip igmp snooping querier コマンド  2-223

show ip igmp snooping コマンド  2-218

show lacp コマンド  2-225

show mac address-table address コマンド  2-230

show mac address-table aging time コマンド  2-232

show mac address-table count コマンド  2-234

show mac address-table dynamic コマンド  2-235

show mac address-table interface コマンド  2-237

show mac address-table notification コマンド  2-238

show mac address-table static コマンド  2-240

show mac address-table vlan コマンド  2-242

show mac address-table コマンド  2-228

show mls qos input-queue コマンド  2-244

show mls qos interface コマンド  2-245

show mls qos maps コマンド  2-248

show mls qos コマンド  2-243

show monitor コマンド  2-249

show pagp コマンド  2-251

show parser macro コマンド  2-252

show platform etherchannel コマンド  C-1

show platform forward コマンド  C-2

show platform ip igmp snooping コマンド  C-4

show platform layer4op コマンド  C-5

show platform mac-address-table コマンド  C-6

show platform messaging コマンド  C-7

show platform monitor コマンド  C-8

show platform pm コマンド  C-9

show platform port-asic コマンド  C-10

show platform port-security コマンド  C-13

show platform qos コマンド  C-14

show platform resource-manager コマンド  C-15

show platform snmp counters コマンド  C-16

show platform spanning-tree コマンド  C-17

show platform stp-instance コマンド  C-18

show platform tcam コマンド  C-19

show platform vlan コマンド  C-21

show port-security コマンド  2-255

show proposed コマンド  2-382

show sdm prefer コマンド  2-257

show setup express コマンド  2-259

show spanning-tree コマンド  2-260

show storm-control コマンド  2-266

show system mtu コマンド  2-268

show udld コマンド  2-269

show version コマンド  2-271

show vlan コマンド  2-273

show vlan コマンド、フィールド  2-274

show vmps コマンド  2-276

show vtp コマンド  2-278

shutdown vlan コマンド  2-284

shutdown コマンド  2-283

Smartport マクロ

マクロを参照

snmp trap mac-notification コマンド  2-292

SNMP 情報、送信をイネーブル化  2-285

SNMP トラップ

MAC アドレス通知機能のイネーブル化  2-110

MAC アドレス通知のイネーブル化  2-292

送信をイネーブル  2-285

SNMP ホスト、指定  2-288

snmp-server enable traps コマンド  2-285

snmp-server host コマンド  2-288

SPAN

SPAN トラフィックのフィルタ  2-136

セッション

新しく開始  2-136

インターフェイスを追加  2-136

表示  2-249

設定  2-136

デバッグ メッセージ、表示  B-14

表示  2-249

spanning-tree backbonefast コマンド  2-293

spanning-tree bpdufilter コマンド  2-294

spanning-tree bpduguard コマンド  2-295

spanning-tree cost コマンド  2-297

spanning-tree etherchannel コマンド  2-299

spanning-tree extend system-id コマンド  2-300

spanning-tree guard コマンド  2-301

spanning-tree link-type コマンド  2-303

spanning-tree loopguard default コマンド  2-304

spanning-tree mode コマンド  2-305

spanning-tree mst configuration コマンド  2-306

spanning-tree mst cost コマンド  2-308

spanning-tree mst forward-time コマンド  2-309

spanning-tree mst hello-time コマンド  2-310

spanning-tree mst max-age コマンド  2-311

spanning-tree mst max-hops コマンド  2-312

spanning-tree mst port-priority コマンド  2-313

spanning-tree mst pre-standard コマンド  2-314

spanning-tree mst priority コマンド  2-315

spanning-tree mst root コマンド  2-316

spanning-tree portfast(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-322

spanning-tree portfast(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-319

spanning-tree port-priority コマンド  2-318

Spanning-Tree Protocol

STP を参照

spanning-tree transmit hold-count コマンド  2-324

spanning-tree uplinkfast コマンド  2-325

spanning-tree vlan コマンド  2-327

speed コマンド  2-330

SSH、バージョンの設定  2-102

storm-control コマンド  2-332

STP

BackboneFast  2-293

EtherChannel の設定矛盾  2-299

VLAN オプション  2-315, 2-327

カウンタ、クリア  2-32

拡張システム ID  2-300

間接リンク障害の検出  2-293

ステート情報の表示  2-260

ステート変更

BPDU ガードのイネーブル化  2-295, 2-319

BPDU フィルタリングのイネーブル化  2-294, 2-319

PortFast 対応ポートのシャットダウン  2-319

PortFast のイネーブル化  2-319, 2-322

エラー ステートから回復するタイマーのイネーブル化  2-72

転送遅延時間  2-327

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ  2-322

リスニングおよびラーニング ステートの期間  2-327

デバッグ メッセージ、表示

BackboneFast イベント  B-46

MSTP  B-49

UplinkFast  B-51

最適化された BPDU 処理  B-48

スイッチ シム  B-50

スパニングツリーのアクティビティ  B-45

送受信された BPDU  B-47

パス コスト  2-297

プロトコル モード  2-305

ルート スイッチ

BPDU メッセージの間隔  2-327

hello BPDU メッセージの間隔  2-327

hello-time  2-327

拡張システム ID の影響  2-300, 2-328

スイッチ プライオリティ  2-327

プライマリまたはセカンダリ  2-327

有効期限  2-327

ルート スイッチの選択に関するポート プライオリティ  2-318

ルート ポート

UplinkFast  2-325

新しいルート ポート選択の高速化  2-325

指定ポートとなることの制限  2-301

ルート ガード  2-301

ルートとなるポートの制限  2-301

ループ ガード  2-301

STP の拡張システム ID  2-300

Switched Port Analyzer

SPAN を参照

switchport access コマンド  2-335

switchport block コマンド  2-337

switchport host コマンド  2-338

switchport mode コマンド  2-339

switchport nonegotiate コマンド  2-341

switchport port-security aging コマンド  2-347

switchport port-security コマンド  2-342

switchport protected コマンド  2-349

switchport trunk コマンド  2-350

switchport voice vlan コマンド  2-352, 2-353

system mtu コマンド  2-355

T

tar ファイル、作成、一覧表示、および抽出  2-8

TDR、実行  2-357

Telnet、クラスタ スイッチへの通信に使用  2-150

test cable-diagnostics tdr コマンド  2-165, 2-357

traceroute mac ip コマンド  2-361

traceroute mac コマンド  2-358

trust コマンド  2-363

type(ブート ローダ)コマンド  A-20

U

UDLD

アグレッシブ モード  2-365, 2-367

インターフェイス単位のイネーブル化  2-367

エラー回復タイマー  2-72

グローバルなイネーブル化  2-365

シャットダウン インターフェイスのリセット  2-369

ステータス  2-269

デバッグ メッセージ、表示  B-56

ノーマル モード  2-365, 2-367

メッセージ タイマー  2-365

udld port コマンド  2-367

udld reset コマンド  2-369

udld コマンド  2-365

unset(ブート ローダ)コマンド  A-21

UplinkFast、STP 用  2-325

V

version(ブート ローダ)コマンド  A-22

VLAN

MAC アドレス

数  2-234

表示  2-242

VTP の SNMP トラップ  2-287, 2-289

拡張範囲  2-370

ゲスト VLAN サプリカントのイネーブル化  2-53, 2-76

コンフィギュレーションの保存  2-370

再起動  2-284

シャットダウン  2-284

設定  2-370, 2-375

設定の表示  2-273

中断  2-284

追加  2-370

デバッグ メッセージ、表示

ISL  B-54

VLAN IOS File System エラー テスト  B-53

VLAN マネージャのアクティビティ  B-52

VTP  B-55

標準範囲  2-370, 2-375

変数  2-375

メディア タイプ  2-372, 2-377

vlan database コマンド  2-381

VLAN ID 範囲  2-370, 2-375

VLAN Query Protocol

VQP を参照

VLAN Trunking Protocol

VTP を参照

VLAN コンフィギュレーション モード

開始  2-381, 2-382

コマンド

VLAN  2-375

VTP  2-392

説明  1-5

要約  1-3

VLAN 設定

規則  2-373, 2-378

保存  2-370, 2-379

vlan(VLAN コンフィギュレーション)コマンド  2-375

vlan(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-370

VMPS

エラー回復タイマー  2-72

サーバの設定  2-387

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認  2-384

表示  2-276

vmps reconfirm(イネーブル EXEC)コマンド  2-384

vmps reconfirm(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-385

vmps retry コマンド  2-386

vmps server コマンド  2-387

VQP

クライアント統計情報のクリア  2-34

サーバごとの再試行回数  2-386

再確認間隔  2-385

情報の表示  2-276

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認  2-384

ダイナミック アクセス ポート  2-335

VTP

イネーブル化

バージョン 2  2-389, 2-392

プルーニング  2-389, 2-392

カウンタ表示フィールド  2-279

コンフィギュレーションの保存  2-370, 2-379

情報の表示  2-278

ステータス  2-278

ステータス表示フィールド  2-280

設定

ドメイン名  2-388, 2-392

パスワード  2-389, 2-392

ファイル名  2-388

モード  2-388, 2-392

統計情報  2-278

特性の変更  2-388

プルーニング  2-389, 2-392

プルーニング カウンタのクリア  2-35

モード  2-388, 2-392

vtp(VLAN コンフィギュレーション)コマンド  2-392

vtp(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-388

アクセス ポート  2-339

アクセス モード  2-339

アグリゲート ポート ラーナー  2-141

イーサネット コントローラ、内部レジスタ表示  2-175

イーサネット統計情報、収集  2-152

イネーブル EXEC モード  1-2, 1-3

イメージ

ソフトウェア イメージを参照

インターフェイス

MAC アドレス テーブルの表示  2-237

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て  2-20

再起動  2-283

設定  2-68

ディセーブル化  2-283

デバッグ メッセージ、表示  B-7

複数の設定  2-80

ポート チャネル論理の作成  2-78

インターフェイス コンフィギュレーション モード  1-2, 1-4

インターフェイス速度、設定  2-330

インターフェイス範囲マクロ  2-48

インターフェイス範囲、定義  2-48

エラー条件、表示  2-197

音声 VLAN

設定  2-352, 2-353

温度情報、表示  2-194

回復メカニズム

原因  2-72

タイマー間隔  2-73

表示  2-26, 2-165, 2-195, 2-198

拡張範囲 VLAN

許可 VLAN リスト  2-350

設定  2-370

プルーニング適格リスト  2-350

環境変数の表示  2-163

関連資料  xv

起動

Cisco IOS イメージ  2-19

環境変数の表示  2-163

手動  2-17

中断  2-14

許可 VLAN  2-350

クラスタ

HSRP グループへのバインド  2-45

HSRP スタンバイ グループ  2-45

SNMP トラップ  2-285

拡張検出のホップ カウント制限  2-38

候補の追加  2-41

手動で構成  2-41

冗長性  2-45

通信

Telnet の使用別メンバー  2-150

クラスタ外部の装置  2-43

デバッグ メッセージ、表示  B-2

表示

候補スイッチ  2-169

ステータス  2-167

デバッグ メッセージ  B-2

メンバー スイッチ  2-171

クラスタ スイッチの冗長  2-45

クラスタのホップ カウント制限  2-38

クラスタ要件  xv

グローバル コンフィギュレーション モード  1-2, 1-4

検出メカニズム、原因  2-70

候補スイッチ

クラスタを参照

候補スイッチの拡張検出  2-38

コマンド スイッチ

クラスタを参照

コマンドの適用  2-382

コンフィギュレーション ファイル

名前を指定  2-13, 2-18

パスワード回復のディセーブル化に関する考慮事項  A-1

サービス クラス

CoS を参照

再認証

試行間隔  2-66

定期的  2-65

システム メッセージのロギング、メッセージのフラッシュへの保存  2-107

システム リソースのテンプレート  2-153

ジャンボ フレーム

MTU を参照

情報のアップグレード

リリースノートを参照

初期設定

入門ガイドおよびハードウェア インストレーション ガイドを参照

スイッチポート、表示  2-205

スタティック アクセス ポート、設定  2-335

スティッキ ラーニング、イネーブル化  2-342

制御ポートの認証ステート  2-62

セキュア ポート、制限事項  2-344

設定、初期

入門ガイドおよびハードウェア インストレーション ガイドを参照

即時脱退処理  2-97

ソフトウェア イメージ

アップロード  2-11

削除  2-50

ソフトウェア バージョンの表示  2-271

対象読者  xiii

ダイナミック アクセス ポート

制限事項  2-335

設定  2-335

単一方向リンクの検出

UDLD を参照

注意、説明  xiv

注、説明  xiv

定義されたコマンド モード  1-2

ディレクトリ、削除  2-50

デバイス マネージャ要件  xv

デュプレックス モードの自動ネゴシエーション  2-69

電源情報、表示  2-194

転送方法、表示  C-2

テンプレート、SDM  2-153

テンプレート、システム リソース  2-153

統計情報、イーサネット グループ  2-152

ドメイン名、VTP  2-388, 2-392

トランキング、VLAN モード  2-339

トランク ポート  2-339

トランク モード  2-339

トランク、DTP をサポートしない装置  2-340

内部レジスタ、表示  2-175, 2-182

ネイティブ VLAN  2-350

パスワード回復メカニズム、イネーブル化およびディセーブル化  2-154

パスワード、VTP  2-389, 2-392

バックアップ インターフェイス

表示  2-205

非ネゴシエート DTP メッセージング  2-341

表記法  xiv

コマンド  xiv

書体  xiv

マニュアル  xiv

例  xiv

標準範囲 VLAN  2-370, 2-375

ファイル名、VTP  2-388

ファイル、削除  2-50

ファン情報、表示  2-194

ブート ローダ

アクセス方法  A-1

環境変数

設定  A-17

設定解除  A-21

設定の表示  A-17

説明  A-17

場所  A-18

起動

Cisco IOS イメージ  A-2

ヘルパー イメージ  2-15

システムのリセット  A-15

ディレクトリ

削除  A-16

作成  A-12

リストの表示  A-6

表示

使用可能なコマンド  A-10

バージョン  A-22

メモリ ヒープ使用率  A-11

ファイル

コピー  A-4

削除  A-5

内容表示  A-3, A-13, A-20

名前変更  A-14

リストの表示  A-6

ファイル システム

一貫性の確認  A-9

フォーマット  A-8

フラッシュの初期化  A-7

プロンプト  A-1

ヘルパー イメージのロード  A-10

フォールバック プロファイル, 表示  2-202

複数のインターフェイスの設定  2-80

物理ポート ラーナー  2-141

プルーニング

VLAN  2-350

VTP

イネーブル化  2-389, 2-392

インターフェイス情報の表示  2-205

プルーニング適格 VLAN リスト  2-351

フレーム転送情報、表示  C-2

フロー制御パケットの受信  2-76

フロー制御パケットの送信  2-76

ブロードキャスト ストーム制御  2-332

ポート セキュリティ

イネーブル化  2-342

違反エラー回復  2-72

エージング  2-347

デバッグ メッセージ、表示  B-43

ポートベース認証

AAA 方式リスト  2-3

IEEE 802.1x AAA アカウンティング方式  2-1

IEEE 802.1x 対応ポートの再認証  2-64

IEEE 802.1x のイネーブル化

インターフェイス単位  2-62

グローバル  2-51

MAC 認証バイパス  2-58

インターフェイスの初期化  2-57

オーセンティケータとしての PAE  2-61

ゲスト VLAN  2-54

スイッチとクライアント間の再送信時間  2-66

スイッチとクライアント間のフレーム再送信回数  2-59‐2-60

スイッチと認証サーバ間の再送信時間  2-66

設定可能な IEEE 802.1x パラメータのリセット  2-52

定期的再認証

イネーブル化  2-65

試行間隔  2-66

デバッグ メッセージ、表示  B-3

認証情報交換の失敗後の待機時間  2-66

認証ステートの手動制御  2-62

ホスト モード  2-56

ポート、デバッグ  B-42

保護ポート  2-349

保護ポート、表示  2-210

ホスト接続、ポート設定  2-338

ポリシー マップ

インターフェイスへの適用  2-157

トラフィックの分類

DSCP 値または IP precedence 値の設定  2-156

信頼状態の定義  2-363

マクロ

インターフェイス範囲  2-48, 2-80

グローバル説明の追加  2-119

作成  2-120

説明の追加  2-116

追跡  2-117

適用  2-117

パラメータ値の指定  2-117

表示  2-252

マップ

QoS

表示  2-248

マニュアル

対象読者  xiii

目的  xiii

マルチキャスト ストーム制御  2-332

マルチキャスト ルータ ポート、設定  2-98

マルチキャスト ルータの学習方式  2-98

未知のマルチキャスト トラフィック、転送防止  2-337

未知のユニキャスト トラフィック、転送防止  2-337

無効な GBIC

エラー回復タイマー  2-72

エラー検出  2-70

メンバー スイッチ

クラスタを参照

モード、コマンド  1-2

ユーザ EXEC モード  1-2, 1-3

ユニキャスト ストーム制御  2-332

要件

Network Assistant  xv

クラスタ  xv

デバイス マネージャ  xv

ライン コンフィギュレーション モード  1-3, 1-6

リソース テンプレート、表示  2-257

リンク フラップ

エラー回復タイマー  2-72

エラー検出  2-70

ルート ガード、スパニングツリー用  2-301

ループ ガード、スパニングツリー用  2-301, 2-304

ループバック エラー

回復タイマー  2-72

検出  2-70

レイヤ 2 traceroute

IP アドレス  2-361

MAC アドレス  2-358

例、表記法  xiv

論理インターフェイス  2-78