Catalyst 2960 および 2960-S スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(58)SE
索引
Index
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 19MB) | フィードバック

Index

数字

3 値連想メモリ

「TCAM」を参照

A

access-class コマンド 31-18

ACE

IP 31-2

QoS と 33-8

イーサネット 31-2

定義済み 31-2

ACL

ACE 31-2

IP

暗黙の拒否 31-9, 31-14, 31-15

暗黙のマスク 31-9

一致基準 31-7

作成する 31-7

フラグメントと QoS の注意事項 33-39

未定義 31-20

IPv4

一致基準 31-7

インターフェイスに対して適用する 31-19

31-8

作成する 31-7

端末回線、設定する 31-18

名前付き 31-14

非サポート機能 31-6

MAC 拡張 31-23, 33-51

QoS 33-8, 33-49

QoS クラス マップごとの数 33-40

QoS のトラフィックを分類する 33-49

一致する 31-7, 31-20

エントリの並べ替え 31-14

拡張 IP、QoS 分類を設定する 33-50

拡張 IPv4

一致基準 31-7

作成する 31-10

コメント 31-17

コンパイルする 31-21

サポート 1-11

サポートされるタイプ 31-2

時間範囲 31-16

すべてのキーワード 31-12

定義済み 31-1, 31-7

適用する

QoS に対する 33-8

インターフェイスに対する 31-19

時間範囲 31-16

名前付き、IPv4 31-14

ハードウェアでのサポート 31-20

ハードウェアとソフトウェアの処理 31-20

非サポート機能、IPv4 31-6

標準 IP、QoS 分類を設定する 33-49

標準 IPv4

一致基準 31-7

作成する 31-9

ホスト キーワード 31-12

ポート 31-2

モニタリング 31-26

優先順位 31-2

ルータ 31-2

31-21, 33-49

AC(コマンド スイッチ) 6-9

ARP

定義済み 1-6, 5-24

テーブル

アドレス解決 5-24

管理する 5-24

Auto-MDIX

設定する 12-31

説明 12-31

B

BackboneFast

イネーブルにする 18-17

サポート 1-9

説明 18-7

ディセーブルにする 18-17

Berkeley r-tool の置換 9-53

BPDU

errdisable ステート 18-2

RSTP 形式 17-13

フィルタリング 18-3

BPDU ガード

イネーブルにする 18-14

サポート 1-9

説明 18-2

ディセーブルにする 18-14

BPDU フィルタリング

イネーブルにする 18-15

サポート 1-9

説明 18-3

ディセーブルにする 18-15

broadcast storm-control コマンド 23-4

C

Catalyst 6000 スイッチ

認証の互換性 10-8

CA トラストポイント

設定する 9-49

定義済み 9-47

CDP

LLDP での定義 26-2

アップデート 25-3

イネーブルとディセーブル

インターフェイス上で 25-4

スイッチ上で 25-4

概要 25-1

サポート 1-7

信頼境界と 33-45

スイッチ クラスタでの自動検出 6-5

スイッチ スタックの考慮事項 25-2

設定する 25-2

説明 25-1

送信タイマーとホールドタイム、設定する 25-3

デフォルト設定 25-2

電力ネゴシエーションの拡張機能 12-6

モニタリング 25-5

ルーティング デバイスをディセーブルにする 25-4

CGMP

IGMP スヌーピング ラーニング方式としての 21-9

マルチキャスト グループに加入する 21-3

CipherSuites 9-48

Cisco 32-1

Cisco 7960 IP 電話 15-1

Cisco IOS File System

「IFS」を参照

Cisco IOS IP SLA 32-1

Cisco Secure ACS

ダウンロード可能 ACL の属性値ペア 10-21

リダイレクト URL の属性値ペア 10-21

Cisco Secure ACS 設定ガイド 10-60

CiscoWorks 2000 1-6, 30-5

Cisco インテリジェント電力管理 12-6

CISP 10-31

CIST リージョナル ルート

「MSTP」を参照

CIST ルート

「MSTP」を参照

CLI

エラー メッセージ 2-4

クラスタを管理する 6-15

コマンド出力のフィルタリング 2-9

コマンドの no 形式と default 形式 2-4

コマンドの短縮形 2-3

コマンド モード 2-1

コンフィギュレーション ロギング 2-4

説明 1-6

ヘルプを使用する 2-3

編集機能

イネーブルとディセーブル 2-6

キーストローク編集 2-7

ラップされた行 2-8

履歴

コマンドを呼び出す 2-5

説明 2-5

ディセーブルにする 2-6

バッファ サイズを変更する 2-5

Client Information Signalling Protocol

「CISP」を参照

CNS 1-6

Configuration Engine

イベント サービス 4-3

コンフィギュレーション サービス 4-2

設定 ID、デバイス ID、ホスト名 4-3

説明 4-1

管理機能 1-6

組み込みエージェント

イベント エージェントをイネーブルにする 4-8

自動設定をイネーブルにする 4-6

設定エージェントをイネーブルにする 4-9

説明 4-5

CoA 要求コマンド 9-23

config.text 3-18

configure terminal コマンド 12-17

CoS

オーバーライド プライオリティ 15-6

信頼のプライオリティ 15-6

レイヤ 2 フレームでの 33-2

CoS/DSCP マップ、QoS での 33-62

CoS 出力キューしきい値マップ、QoS の 33-19

CPU 使用率、トラブルシューティング 38-28

crashinfo ファイル 38-24

CWDM SFP 1-24

D

DACL

「ダウンロード可能 ACL」を参照

default コマンド 2-4

description コマンド 12-36

DHCP 20-13

イネーブルにする

リレー エージェント 20-10

DHCP オプション 82

概要 20-3

サーキット ID サブオプション 20-5

設定時の注意事項 20-8

デフォルト設定 20-8

パケット形式、サブオプション

サーキット ID 20-5

リモート ID 20-5

表示する 20-13

リモート ID サブオプション 20-5

DHCP サーバ ポートベースのアドレス割り当て

イネーブルにする 20-23

サポート 1-6

設定時の注意事項 20-22

説明 20-22

デフォルト設定 20-22

表示する 20-25

予約アドレス 20-23

DHCP スヌーピング

Option 82 データ挿入 20-3

信頼済みインターフェイス 20-2

設定時の注意事項 20-8

デフォルト設定 20-8

バインディング テーブルを表示する 20-13

バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

非信頼インターフェイス 20-2

非信頼パケット形式エッジ スイッチを受信する 20-3, 20-10

非信頼メッセージ 20-2

メッセージ交換プロセス 20-4

DHCP スヌーピング バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP スヌーピング バインディング データベース

イネーブルにする 20-12

エージェント統計情報をクリアする 20-13

エントリ 20-6

削除する

データベース エージェント 20-12

バインディング 20-13

バインディング ファイル 20-12

ステータスと統計情報を表示する 20-13

設定時の注意事項 20-9

設定する 20-12

説明 20-6

データベースを更新する 20-13

デフォルト設定 20-8

バインディング 20-6

バインディング エントリ、表示する 20-13

バインディング ファイル

形式 20-7

場所 20-6

バインディングを追加する 20-12

表示する 20-13

リセットする

タイムアウト値 20-12

遅延値 20-12

DHCP バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP ベースの自動設定

BOOTP との関係 3-3

概要 3-3

クライアント要求メッセージの交換 3-4

サポート 1-6

設定する

DNS 3-8

TFTP サーバ 3-7

クライアント側 3-3

サーバ側 3-6

リレー デバイス 3-8

リース オプション

IP アドレス情報 3-6

設定ファイルを受信する 3-6

リレー サポート 1-6

3-10

DHCP ベースの自動設定とイメージ アップデート

概要 3-5, 3-6

設定する 3-11, 3-15

DNS

DHCP ベースの自動設定と 3-8

IPv6 での 35-3

概要 5-9

サポート 1-6

設定する 5-10

設定を表示する 5-11

デフォルト設定 5-10

DRP

サポート 1-16

DSCP 1-14, 33-2

DSCP/CoS マップ、QoS での 33-65

DSCP/DSCP 変換マップ、QoS での 33-66

DSCP 出力キューしきい値マップ、QoS の 33-19

DSCP の透過性 33-46

DTP 1-10, 13-14

dynamic auto trunking モード 13-15

dynamic desirable trunking モード 13-15

Dynamic Host Configuration Protocol

「DHCP ベースの自動設定」を参照

E

ELIN ロケーション 26-3

errdisable ステート、BPDU 18-2

EtherChannel

IEEE 802.3ad、説明 37-7

LACP

システム プライオリティ 37-19

ステータスを表示する 37-21

説明 37-7

他の機能との相互動作 37-8

ホット スタンバイ ポート 37-19

ポート プライオリティ 37-20

モード 37-8

PAgP

Catalyst 1900 との互換性 37-18

仮想スイッチとの相互動作 37-6

学習方式とプライオリティの設定 37-17

サポート 1-4

集約ポート ラーナー 37-17

ステータスを表示する 37-21

説明 37-5

デュアルアクションの検出での 37-6

他の機能との相互動作 37-7

モード 37-6

サポート 1-4

自動作成 37-5, 37-7

スタックの変更、影響 37-10

ステータスを表示する 37-21

設定時の注意事項 37-12

説明 37-2

相互動作

STP での 37-12

VLAN での 37-13

チャネル グループ

番号付け 37-4

物理インターフェイスと論理インターフェイスのバインディング 37-4

転送方式 37-9, 37-17

デフォルト設定 37-11

ポート グループ 12-4

ポートチャネル インターフェイス

説明 37-4

番号付け 37-4

レイヤ 2 インターフェイスを設定する 37-13

ロード バランシング 37-9, 37-17

EtherChannel ガード

イネーブルにする 18-17

説明 18-10

ディセーブルにする 18-18

EUI 35-3

Express Setup 1-2

「スタートアップ ガイド」も参照

Extensible Authentication Protocol over LAN 10-1

F

fa0 インターフェイス 1-7

Fa0 ポート

「イーサネット管理ポート」を参照

fastethernet0 ポート

「イーサネット管理ポート」を参照

Fast Uplink Transition Protocol 18-6

Flex Link

VLAN 19-2

VLAN ロード バランシングを設定する 19-11

設定時の注意事項 19-8

設定する 19-9, 19-10

説明 19-1

デフォルト設定 19-8

モニタリング 19-14

優先 VLAN を設定する 19-12

リンク ロード バランシング 19-2

Flex Link マルチキャスト高速コンバージェンス 19-3

FTP

イメージ ファイル

アップロードする A-34

サーバを準備する A-31

ダウンロードする A-32

古いイメージを削除する A-34

設定ファイル

アップロードする A-16

概要 A-13

サーバを準備する A-14

ダウンロードする A-14

G

get-bulk-request オペレーション 30-4

get-next-request オペレーション 30-3, 30-5

get-request オペレーション 30-3, 30-4, 30-5

get-response オペレーション 30-4

GUI

「デバイス マネージャと Network Assistant」を参照

H

hello タイム

MSTP 17-23

STP 16-23

HFTM スペース 38-27

HP OpenView 1-6

HQATM スペース 38-27

HSRP

クラスタ スタンバイ グループの考慮事項 6-10

自動クラスタ回復 6-11

「クラスタ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

HTTP over SSL

「HTTPS」を参照

HTTPS 9-47

自己署名証明書 9-47

設定する 9-50

HTTP セキュア サーバ 9-47

Hulc Forwarding TCAM Manager

「HFTM スペース」を参照

Hulc QoS/ACL TCAM Manager

「HQATM」スペースを参照

I

ICMP

IPv6 35-3

traceroute と 38-18

時間超過メッセージ 38-18

ICMP ping

概要 38-15

実行する 38-15

ICMPv6 35-3

IDS 装置

入力 RSPAN と 27-21

入力 SPAN と 27-14

IEEE 802.1D

「STP」を参照

IEEE 802.1p 15-1

IEEE 802.1Q

カプセル化 13-14

設定の制限 13-15

タグなしトラフィック用ネイティブ VLAN 13-20

トランク ポートと 12-3

IEEE 802.1s

「MSTP」を参照

IEEE 802.1w

「RSTP」を参照

IEEE 802.1x

「ポートベース認証」を参照

IEEE 802.3ad

「EtherChannel」を参照

IEEE 802.3ad、PoE+ 1-16, 12-6

IEEE 802.3af

「PoE」を参照

IEEE 802.3x フロー制御 12-30

ifIndex 値、SNMP 30-6

IFS 1-7

IGMP

加入メッセージ 21-3

クエリー 21-4

サポート 1-5

サポートされるバージョン 21-3

設定可能な脱退タイマー

イネーブルにする 21-11

説明 21-6

脱退処理、イネーブルにする 21-11, 36-10

フラッディングしたマルチキャスト トラフィック

インターフェイス上でディセーブルにする 21-14

クエリー送信要求 21-13

グローバルな脱退 21-13

時間の長さを制御する 21-12

フラッディング モードから回復する 21-13

マルチキャスト グループから脱退する 21-5

マルチキャスト グループに加入する 21-3

レポート抑制

説明 21-6

ディセーブルにする 21-16, 36-12

IGMP グループ

最大番号を設定する 21-28

フィルタリングを設定する 21-29

IGMP スヌーピング

VLAN の設定 21-8

アドレス エイリアス設定 21-2

イネーブルとディセーブル 21-8, 36-8

クエリア

設定時の注意事項 21-14

設定する 21-14

グローバル設定 21-8

サポート 1-5

サポートされるバージョン 21-3

スイッチ スタックでの 21-7

スタックの変更と 21-7

設定する 21-7

即時脱退 21-5

定義 21-2

デフォルト設定 21-7, 36-7

方式 21-9

モニタリング 21-17, 36-13

IGMP スロットリング

アクションを表示する 21-30

設定する 21-29

説明 21-26

デフォルト設定 21-26

IGMP 即時脱退

イネーブルにする 21-11

設定時の注意事項 21-11

説明 21-5

IGMP フィルタリング

サポート 1-5

設定する 21-27

説明 21-25

デフォルト設定 21-26

モニタリング 21-30

IGMP プロファイル

コンフィギュレーション モード 21-27

設定する 21-27

適用する 21-28

interfaces range macro コマンド 12-20

Internet Protocol version 6

「IPv6」を参照

IP 6-3, 6-10

IP ACL

QoS 分類の 33-8

暗黙の拒否 31-9, 31-14

暗黙のマスク 31-9

名前付き 31-14

未定義 31-20

ip igmp profile コマンド 21-27

IP precedence 33-2

IP precedence/DSCP マップ、QoS での 33-63

IP SLA

SNMP サポート 32-2

応答側

イネーブルにする 32-6

説明 32-4

応答時間 32-4

サポートされるメトリック 32-2

制御プロトコル 32-4

設定時の注意事項 32-5

定義 32-1

デフォルト設定 32-5

動作 32-3

ネットワーク パフォーマンスを測定する 32-3

モニタリング 32-6

利点 32-2

IP traceroute

概要 38-17

実行する 38-18

IPv4 ACL

インターフェイスに対して適用する 31-19

拡張、作成する 31-10

名前付き 31-14

標準、作成する 31-9

IPv4 と IPv6

デュアル プロトコル スタック 35-4

IPv6

ICMP 35-3

SDM テンプレート 36-1

アドレス 35-2

アドレスの形式 35-2

アドレスを割り当てる 35-7

アプリケーション 35-4

サポート機能 35-2

自動設定 35-4

スイッチ スタックと 35-6

スタック マスター機能 35-6

スタティック ルートを設定する 35-10

ステートレス自動設定 35-4

定義済み 35-1

転送する 35-7

デフォルト設定 35-7

ネイバー探索 35-4

モニタリング 35-11

IP アドレス

128 ビット 35-2

IPv6 35-2

IP ルーティング 34-4

クラス 34-4

クラスタ アクセス 6-2

検出する 5-24

候補またはメンバ 6-4, 6-12

コマンド スイッチ 6-3, 6-10, 6-12

冗長クラスタ 6-10

スタンバイ コマンド スイッチ 6-10, 6-12

「IP 情報」も参照

IP サービス レベル契約

「IP SLA」を参照

IP サービス レベル、分析する 32-1

IP 情報

デフォルト設定 3-3

割り当て

DHCP ベースの自動設定を介して 3-3

手動で 3-15

IP ソース ガード

802.1x と 20-16

DHCP スヌーピングと 20-13

EtherChannels と 20-16

TCAM エントリと 20-16

VRF と 20-16

イネーブルにする 20-17, 20-18

スタティック バインディング

削除する 20-18

追加する 20-17, 20-18

スタティック ホスト 20-18

設定時の注意事項 20-16

説明 20-13

送信元 IP アドレスと MAC アドレスのフィルタリング 20-14

送信元 IP アドレスのフィルタリング 20-14

ディセーブルにする 20-17

デフォルト設定 20-16

トランク インターフェイスと 20-16

バインディング設定

手動での 20-14

自動的な 20-14

バインディング テーブル 20-14

表示する

アクティブ IP バインディングまたは MAC バインディング 20-21

設定 20-21

バインディング 20-21

フィルタリング

送信元 IP アドレス 20-14

送信元 IP アドレスと MAC アドレス 20-14

プライベート VLAN の 20-16

プロビジョニングされるスイッチ上での 20-16

ポート セキュリティと 20-16

ルーテッド ポートと 20-16

IP 電話

QoS でポート セキュリティを確立する 33-44

QoS と 15-1

QoS の信頼境界 33-44

自動分類とキューイング 33-21

設定する 15-5

IP プロトコル、ACL での 31-11

IP ポート セキュリティ、スタティック ホスト用

レイヤ 2 アクセス ポート 20-18

IP ユニキャスト ルーティング

IP アドレス指定

クラス 34-4

設定 34-4

SVI を使用 34-3

VLAN 間 34-2

イネーブル化 34-4

サブネット マスク 34-4

スタティック ルートの設定 34-5

設定する手順 34-3

ディセーブル化 34-4

レイヤ 3 インターフェイスへの IP アドレスの割り当て 34-5

IP ルーティング

イネーブル化 34-4

ディセーブル化 34-4

L

LACP

「EtherChannel」を参照

LDAP 4-2

LED、スイッチ

「ハードウェア インストレーション ガイド」を参照

Lightweight Directory Access Protocol

「LDAP」を参照

Link Aggregation Control Protocol

「EtherChannel」を参照

Link Layer Discovery Protocol

「CDP」を参照

LLDP

イネーブルにする 26-6

概要 26-2

サポートされる TLV 26-2

スイッチ スタックの考慮事項 26-2

設定する 26-5

デフォルト設定 26-5

特性 26-7

送信タイマーとホールドタイム、設定する 26-7

モニタリングとメンテナンス 26-12

LLDP-MED

概要 26-2

サポートされる TLV 26-3

設定する

TLV 26-7

手順 26-5

モニタリングとメンテナンス 26-12

LLDP Media Endpoint Discovery

「LLDP-MED」を参照

Long-Reach Ethernet(LRE)テクノロジー 1-21

LRE プロファイル、スイッチ クラスタでの考慮事項 6-15

M

MAB

「MAC 認証バイパス」を参照

MAB 非アクティビティ タイマー

デフォルト設定 10-35

範囲 10-37

MAC/PHY コンフィギュレーション ステータス TLV 26-2

MAC アドレス

ACL での 31-23

IP ソース バインディング テーブルで表示する 20-21

VLAN でのラーニングをディセーブルにする 5-23

VLAN との対応付け 5-14

アドレス テーブルを構築する 5-14

エージング タイム 5-15

検出する 5-24

スタティック

許可する 5-22, 5-23

削除する 5-21

追加する 5-20

特性 5-20

ドロップする 5-22

ダイナミック

削除する 5-16

ラーニング 5-14

デフォルト設定 5-15

表示する 5-24

MAC アドレス/VLAN マッピング 13-24

MAC アドレス通知、サポート 1-16

MAC アドレス テーブル移動更新

設定時の注意事項 19-9

設定する 19-12

説明 19-6

デフォルト設定 19-8

モニタリング 19-14

MAC アドレス ラーニング 1-7

MAC アドレス ラーニング、VLAN でディセーブルにする 5-23

MAC 拡張アクセス リスト

QoS 分類の 33-5

QoS を設定する 33-51

作成する 31-23

定義済み 31-23

レイヤ 2 インターフェイスに対して適用する 31-25

MAC 認証バイパス 10-37

概要 10-17

設定する 10-56

MDA

設定時の注意事項 10-12, 10-13

説明 1-11, 10-12

認証プロセスでの例外 10-5

MIB

SNMP の相互作用 30-5

概要 30-1

mrouter ポート 19-3, 19-5

MSTP

BPDU ガード

イネーブルにする 18-14

説明 18-2

BPDU フィルタリング

イネーブルにする 18-15

説明 18-3

CIST、説明 17-3

CIST リージョナル ルート 17-3, 17-5

CIST ルート 17-5

CST

定義済み 17-3

リージョン間の動作 17-4

EtherChannel ガード

イネーブルにする 18-17

説明 18-10

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスを再開する 17-26

説明 17-9

IEEE 802.1s

実装 17-6

ポートの役割名の変更 17-7

用語 17-5

IST

定義済み 17-3

マスター 17-3

リージョン内の動作 17-3

MST リージョン

CIST 17-3

IST 17-3

サポートされるスパニング ツリー インスタンス 17-2

設定する 17-17

説明 17-2

ホップ カウント メカニズム 17-5

Port Fast

イネーブルにする 18-13

説明 18-2

Port Fast 対応ポートのシャットダウン 18-2

VLAN の MST インスタンスに対するマッピング 17-17

インターフェイスの状態、転送のブロッキング 18-2

拡張システム ID

セカンダリ ルート スイッチの影響 17-19

予期しない動作 17-18

ルート スイッチの影響 17-18

概要 17-2

境界ポート

設定時の注意事項 17-16

説明 17-6

サポートされるインスタンス 16-11

サポートされるオプション機能 1-9

スタックの変更、影響 17-8

ステータス、表示する 17-27

ステータスを表示する 17-27

設定時の注意事項 17-15, 18-12

設定する

hello タイム 17-23

MST リージョン 17-17

高速コンバージェンスのリンク タイプ 17-25

最大エージング タイム 17-24

最大ホップ カウント 17-25

スイッチ プライオリティ 17-22

セカンダリ ルート スイッチ 17-19

転送遅延時間 17-24

ネイバー タイプ 17-26

パス コスト 17-21

ポート プライオリティ 17-20

ルート スイッチ 17-18

デフォルト設定 17-15

デフォルトのオプション機能設定 18-12

モード間での相互運用性と互換性 16-12

モードをイネーブルにする 17-17

ルート ガード

イネーブルにする 18-18

説明 18-10

ルート スイッチ

拡張システム ID の影響 17-18

設定する 17-18

予期しない動作 17-18

ルート スイッチ選択を防止する 18-10

ループ ガード

イネーブルにする 18-19

説明 18-11

multiauth

アクセス不能認証バイパスのサポート 10-24

multiauth モード

「複数認証モード」を参照

multicast storm-control コマンド 23-4

MVR

IGMPv3 と 21-22

アドレス エイリアス設定 21-22

アプリケーション例 21-19

インターフェイスを設定する 21-23

グローバル パラメータを設定する 21-22

サポート 1-5

設定時の注意事項 21-22

説明 21-18

デフォルト設定 21-21

マルチキャスト TV アプリケーション 21-19

モード 21-23

モニタリング 21-25

N

NAC

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x 検証 10-58

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x 認証 10-58

アクセス不能認証バイパス 10-54

クリティカル認証 10-24, 10-54

レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証 1-12, 10-29, 10-58

NameSpace Mapper

「NSM」を参照

NEAT

概要 10-31

設定する 10-58

Network Admission Control

「NAC」を参照

Network Assistant

guide モード 1-2

イメージ ファイルをダウンロードする 1-2

ウィザード 1-2

管理オプション 1-2

スイッチ スタックを管理する 7-2, 7-14

スイッチをアップグレードする A-25

説明 1-6

利点 1-2

no コマンド 2-4

NSM 4-3

NTP

アソシエーション

定義済み 5-3

概要 5-3

サポート 1-7

時刻

サービス 5-3

同期をとる 5-3

5-3

O

OBFL

設定する 38-26

説明 38-25

表示する 38-26

Open1x

設定する 10-64

Open1x 認証

概要 10-30

P

PAgP

「EtherChannel」を参照

PC(パッシブ コマンド スイッチ) 6-9

Per-VLAN Spanning-Tree plus

「PVST+」を参照

PIM-DVMRP、スヌーピング方式としての 21-9

ping

概要 38-15

実行する 38-15

文字出力の説明 38-15

PoE

auto モード 12-7

CDP に対する電力ネゴシエーションの拡張機能 12-6

Cisco インテリジェント電力管理 12-6

IEEE 電力分類レベル 12-7

static モード 12-8

カットオフ電力

決定する 12-9

サポート 12-8

サポートされるデバイス 12-5

サポートされる標準 12-6

使用可能な合計電力 12-10

受電装置の検出と初期電力割り当て 12-6

設定する 12-32

低電力モードで動作する高電力装置 12-6

電力管理モード 12-7

電力検知 12-8

電力消費 12-10, 12-33

電力消費を伴う CDP、説明 12-6

電力ネゴシエーションを伴う CDP、説明 12-6

電力のモニタリング 12-35

電力モニタリング 12-8

トラブルシューティング 38-13

パワー バジェット 12-33

ポリシング電力の消費 12-35

ポリシング電力の使用方法 12-8

モニタリング 12-8

PoE+ 1-16, 12-5, 12-6, 12-32

Port Fast

イネーブルにする 18-13

サポート 1-9

説明 18-2

モード、スパニング ツリー 13-26

PVST+

IEEE 802.1Q トランキングの相互運用性 16-12

サポートされるインスタンス 16-11

説明 16-11

Q

QoS

DSCP の透過性 33-46

IP 電話

検出と信頼済みの設定 33-21, 33-44

自動分類とキューイング 33-21

MQC コマンドと 33-1

QoS ラベル、定義済み 33-4

暗黙の拒否 33-8

概要 33-2

基本モデル 33-4

キュー

SRR、説明 33-14

WTD、説明 33-13

高優先順位(緊急) 33-20, 33-78

出力特性を設定する 33-72

入力特性を設定する 33-67

場所 33-12

クラス マップ

設定する 33-52

表示する 33-79

グローバルにイネーブルにする 33-41

再書き込み 33-20

サポート 1-14

出力インターフェイスで帯域幅を制限する 33-78

出力キュー

DSCP 値または CoS 値のマッピング 33-75

SRR の共有重みを設定する 33-77

SRR のシェーピング重みを設定する 33-76

WTD しきい値を設定する 33-73

WTD、説明 33-19

しきい値マップを表示する 33-75

スケジューリング、説明 33-4

説明 33-4

バッファ領域を割り当てる 33-73

バッファ割り当てスキーム、説明 33-18

フローチャート 33-18

信頼状態

信頼済みデバイス 33-44

説明 33-5

ドメイン内 33-41

別のドメインとの境界 33-46

自動 QoS

初期設定を表示する 33-36

実行コンフィギュレーションでの影響 33-33

生成コマンドのリスト 33-24, 33-28

生成コマンドを表示する 33-35

設定時の注意事項 33-33

設定とデフォルト表示 33-36

説明 33-21

ディセーブルにする 33-35

トラフィックを分類する 33-22

設定時の注意事項

自動 QoS 33-33

標準 QoS 33-39

設定する

DSCP の透過性 33-46

DSCP マップ 33-61

IP 拡張 ACL 33-50

IP 標準 ACL 33-49

MAC ACL 33-51

集約ポリシング機能 33-59

出力キューの特性 33-72

信頼境界 33-44

自動 QoS 33-21

デフォルト ポート CoS 値 33-43

ドメイン内のポートの信頼状態 33-41

入力キューの特性 33-67

別のドメインとの境界での DSCP 信頼状態 33-46

デフォルト自動設定 33-22

デフォルトの標準設定 33-37

統計情報を表示する 33-80

入力キュー

DSCP 値または CoS 値のマッピング 33-68

SRR の共有重みを設定する 33-70

WTD しきい値を設定する 33-68

WTD、説明 33-16

しきい値マップを表示する 33-68

スケジューリング、説明 33-4

説明 33-4

帯域幅を割り当てる 33-70

バッファと帯域幅の割り当て、説明 33-16

バッファ領域を割り当てる 33-69

フローチャート 33-15

プライオリティ キュー、説明 33-17

プライオリティ キューを設定する 33-71

パケットの変更 33-20

フローチャート

出力キューイングとスケジューリング 33-18

入力キューイングとスケジューリング 33-15

分類 33-7

ポリシングとマーキング 33-11

分類

DSCP の透過性、説明 33-46

IP ACL、説明 33-6, 33-8

IP トラフィックのオプション 33-6

MAC ACL、説明 33-5, 33-8

クラス マップ、説明 33-8

信頼 DSCP、説明 33-5

信頼 IP precedence、説明 33-5

信頼済み CoS、説明 33-5

定義済み 33-4

転送処理 33-3

非 IP トラフィックのオプション 33-5

フレームとパケットでの 33-3

フローチャート 33-7

ポリシー マップ、説明 33-8

ポリサー

設定 33-57, 33-60

ポリシー、インターフェイスに接続する 33-10

ポリシー マップ

特性 33-54

表示する 33-80

物理ポートでの非階層 33-54

ポリシング

説明 33-4, 33-9

トークン バケット アルゴリズム 33-10

ポリシング機能

33-40

説明 33-9

タイプ 33-10

表示する 33-79

マーキング、説明 33-4, 33-9

マークダウン アクション 33-57

マッピング テーブル

CoS/DSCP 33-62

DSCP/CoS 33-65

DSCP/DSCP 変換 33-66

IP precedence/DSCP 33-63

タイプ 33-11

表示する 33-80

ポリシング済み DSCP 33-64

QoS の CoS 入力キューしきい値マップ 33-16

QoS の DSCP 入力キューしきい値マップ 33-16

Quality of Service

「QoS」を参照

R

RADIUS

AAA サーバ グループを定義する 9-32

概要 9-18

クラスタでの 6-15

サーバ ロード バランシング 9-40

サーバを指定する 9-27

サポート 1-13

設定する

アカウンティング 9-35

通信、グローバル 9-28, 9-36

通信、サーバ単位 9-27, 9-28

認可 9-34

認証 9-30

複数 UDP ポート 9-27

設定を表示する 9-41

操作 9-19

属性

ベンダー固有 9-37

ベンダー専用 9-38

デフォルト設定 9-27

ネットワーク環境の提案 9-18

方式リスト、定義済み 9-26

ユーザに対するサービスを制限する 9-34

ユーザによってアクセスされるサービスをトラッキングする 9-35

RADIUS 許可の変更 9-20

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree plus

「Rapid PVST+」を参照

Rapid PVST+

IEEE 802.1Q トランキングの相互運用性 16-12

サポートされるインスタンス 16-11

説明 16-11

rcommand コマンド 6-15

RCP

イメージ ファイル

アップロードする A-39

サーバを準備する A-35

ダウンロードする A-37

古いイメージを削除する A-38

設定ファイル

アップロードする A-19

概要 A-17

サーバを準備する A-17

ダウンロードする A-18

Remote Authentication Dial-In User Service

「RADIUS」を参照

RFC

1112、IP マルチキャストと IGMP 21-2

1157、SNMPv1 30-2

1166、IP アドレス 34-4

1305、NTP 5-3

1757、RMON 28-2

1901、SNMPv2C 30-2

1902 ~ 1907、SNMPv2 30-2

2236、IP マルチキャストと IGMP 21-2

2273-2275、SNMPv3 30-2

RFC 5176 規定 9-21

RMON

アラームとイベントをイネーブルにする 28-3

概要 28-1

サポート 1-17

サポートされるグループ 28-2

ステータスを表示する 28-6

デフォルト設定 28-3

統計情報

グループ イーサネットを収集する 28-5

グループ履歴を収集する 28-5

RSPAN

VLAN ベース 27-7

宛先ポート 27-8

概要 1-16, 27-1

受信トラフィック 27-5

スイッチ スタックでの 27-2

スタックの変更と 27-10

ステータスを表示する 27-24

セッション

作成する 27-18

定義済み 27-4

特定の VLAN に対する送信元トラフィックを制限する 27-23

入力トラフィックをイネーブルにする 27-21

モニタリングされるポートを指定する 27-18

設定時の注意事項 27-17

送信トラフィック 27-6

送信元ポート 27-6

定義済み 27-3

デフォルト設定 27-10

特性 27-9

他の機能との相互動作 27-9

モニタリングされるポート 27-6

モニタリング ポート 27-8

RSTP

BPDU

形式 17-13

処理する 17-13

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスを再開する 17-26

説明 17-9

トポロジの変更 17-14

「MSTP」も参照

アクティブ トポロジ 17-10

概要 17-9

高速コンバージェンス

エッジ ポートと Port Fast 17-10

クロススタック高速コンバージェンス 17-11

説明 17-10

ポート間リンク 17-11, 17-25

ルート ポート 17-10

指定スイッチ、定義済み 17-10

指定ポート、定義済み 17-10

提案と合意のハンドシェイク処理 17-11

ポートの役割

説明 17-9

同期 17-12

ルート ポート、定義済み 17-10

S

SCP

SSH と 9-53

設定する 9-53

「SCP」を参照

SC(スタンバイ コマンド スイッチ) 6-9

SDM

テンプレート

8-1

設定する 8-4

SDM テンプレート

設定時の注意事項 8-3

設定する 8-3

タイプ 8-1

Secure Copy Protocol

Secure Socket Layer

「SSL」を参照

set-request オペレーション 30-5

SFP

ステータス、表示する 38-14

セキュリティと識別情報 38-14

モニタリング ステータス 12-39, 38-14

show access-lists hw-summary コマンド 31-20

show cdp traffic コマンド 25-5

show cluster members コマンド 6-15

show configuration コマンド 12-36

show forward コマンド 38-22

show interfaces switchport 19-4

show interfaces コマンド 12-29, 12-36

show lldp traffic コマンド 26-12

show platform forward コマンド 38-22

show platform tcam コマンド 38-27

show running-config コマンド

ACL を表示する 31-18, 31-19

インターフェイスの説明 12-36

show コマンドと more コマンドの出力、フィルタリング 2-9

shutdown コマンド、インターフェイスでの 12-41

SNAP 25-1

SNMP

CPU しきい値通知を設定する 30-16

ifIndex 値 30-6

IP SLA と 32-2

MIB 変数にアクセスする 30-5

TFTP サーバによるアクセスを制限する 30-17

エージェント

説明 30-4

ディセーブルにする 30-8

エンジン ID 30-7

概要 30-1, 30-5

クラスタでの 6-13

クラスタを管理する 6-16

グループ 30-7, 30-10

コミュニティ ストリング

概要 30-4

クラスタ スイッチの 30-4

設定する 30-8

サポートされるバージョン 30-2

システム接点と場所 30-16

システム ログ メッセージを NMS に対して制限する 29-10

情報

イネーブルにする 30-15

説明 30-5

ディセーブルにする 30-15

トラップ キーワードと 30-12

トラップとの違い 30-5

ステータス、表示する 30-18

セキュリティ レベル 30-3

設定例 30-17

帯域内管理 1-7

通知 30-5

デフォルト設定 30-7

トラップ

MAC アドレス通知をイネーブルにする 5-16, 5-18, 5-19

イネーブルにする 30-12

概要 30-1, 30-5

情報との違い 30-5

説明 30-4, 30-5

タイプ 30-12

ディセーブルにする 30-15

トラップ マネージャ、設定する 30-13

認証レベル 30-10

ホスト 30-7

マネージャ機能 1-6, 30-3

ユーザ 30-7, 30-10

SNMPv1 30-2

SNMPv2C 30-3

SNMPv3 30-3

SNMP と Syslog、IPv6 による 35-5

SPAN

VLAN ベース 27-7

宛先ポート 27-8

概要 1-16, 27-1

受信トラフィック 27-5

スタックの変更と 27-10

ステータスを表示する 27-24

セッション

宛先(モニタリング)ポートを削除する 27-13

作成する 27-12

定義済み 27-4

特定の VLAN に対する送信元トラフィックを制限する 27-16

入力転送を設定する 27-15, 27-22

入力トラフィックをイネーブルにする 27-14

モニタリングされるポートを指定する 27-12

設定時の注意事項 27-11

送信トラフィック 27-6

送信元ポート 27-6

デフォルト設定 27-10

他の機能との相互動作 27-9

ポート、制約事項 23-12

モニタリングされるポート 27-6

モニタリング ポート 27-8

SPAN トラフィック 27-5

SRR

共有モード 33-14

サポート 1-15

シェーピング モード 33-14

設定する

出力キューでの共有重み 33-77

出力キューでのシェーピング重み 33-76

入力キューでの共有重み 33-70

説明 33-14

SSH

暗号化ソフトウェア イメージ 9-42

暗号化方式 9-43

スイッチ スタックの考慮事項 7-15

設定する 9-43

説明 1-7, 9-42

ユーザ認証方式、サポートされる 9-43

SSL

暗号化ソフトウェア イメージ 9-46

セキュア HTTP クライアントを設定する 9-52

セキュア HTTP サーバを設定する 9-50

設定時の注意事項 9-49

説明 9-46

モニタリング 9-53

STP

BackboneFast

イネーブルにする 18-17

説明 18-7

ディセーブルにする 18-17

BPDU ガード

イネーブルにする 18-14

説明 18-2

ディセーブルにする 18-14

BPDU フィルタリング

イネーブルにする 18-15

説明 18-3

ディセーブルにする 18-15

BPDU メッセージ交換 16-3

EtherChannel ガード

イネーブルにする 18-17

説明 18-10

ディセーブルにする 18-18

IEEE 802.1D とブリッジ ID 16-5

IEEE 802.1D とマルチキャスト アドレス 16-10

IEEE 802.1Q トランクでの制限 16-12

IEEE 802.1t と VLAN 識別情報 16-5

Port Fast

イネーブルにする 18-13

説明 18-2

Port Fast 対応ポートのシャットダウン 18-2

UplinkFast

イネーブルにする 18-16

説明 18-3

インターフェイスの状態

概要 16-6

転送する 16-7, 16-8

ディセーブル 16-8

ブロッキング 16-7

ラーニング 16-8

リスニング 16-8

インターフェイスの状態、転送のブロッキング 18-2

下位 BPDU 16-3

カウンタ、クリアする 16-25

拡張システム ID

概要 16-5

セカンダリ ルート スイッチの影響 16-19

予期しない動作 16-18

ルート スイッチの影響 16-17

間接リンク障害を検出する 18-8

概要 16-2

クロススタック UplinkFast

イネーブルにする 18-17

説明 18-5

サポートされるインスタンス 16-11

サポートされるオプション機能 1-9

サポートされる機能 1-9

サポートされるプロトコル 16-11

サポートされるモード 16-11

指定スイッチ、定義済み 16-4

指定ポート、定義済み 16-4

冗長接続性 16-9

スイッチ スタックでのルート ポートの選択 16-4

スタックの変更、影響 16-13

ステータス、表示する 16-25

ステータスを表示する 16-25

設定時の注意事項 16-14, 18-12

設定する

hello タイム 16-23

最大エージング タイム 16-24

スイッチ プライオリティ 16-22

スパニング ツリー モード 16-16

セカンダリ ルート スイッチ 16-19

転送遅延時間 16-24

転送保留カウント 16-25

パス コスト 16-21

ポート プライオリティ 16-19

ルート スイッチ 16-17

タイマー、説明 16-23

ディセーブルにする 16-17

デフォルト設定 16-14

デフォルトのオプション機能設定 18-12

パス コスト 13-23

ポート プライオリティ 13-22

マルチキャスト アドレス、影響 16-10

モード間での相互運用性と互換性 16-12

優位 BPDU 16-3

ルート ガード

イネーブルにする 18-18

説明 18-10

ルート スイッチ

拡張システム ID の影響 16-5, 16-17

設定する 16-17

選択 16-4

予期しない動作 16-18

ルート スイッチ選択を防止する 18-10

ルート ポート選択のアクセラレーション 18-4

ルート ポート、定義済み 16-4

ループ ガード

イネーブルにする 18-19

説明 18-11

ロード シェアリング

概要 13-21

パス コストを使用する 13-23

ポート プライオリティを使用する 13-21

SunNet Manager 1-6

SVI

IP ユニキャスト ルーティング 34-3

VLAN の接続 12-11

定義 12-4

ルータ ACL 31-4

Switch Database Management

「SDM」を参照

switchport backup interface 19-4, 19-5

switchport block multicast コマンド 23-8

switchport block unicast コマンド 23-8

switchport protected コマンド 23-7

Syslog

「システム メッセージ ロギング」を参照

T

TACACS+

アカウンティング、定義済み 9-11

概要 9-10

クラスタでの 6-15

サーバを指定する 9-13

サポート 1-13

設定する

アカウンティング 9-17

認可 9-16

認証キー 9-13

ログイン認証 9-14

設定を表示する 9-17

操作 9-12

デフォルト設定 9-13

認可、定義済み 9-11

認証、定義済み 9-11

ユーザに対するサービスを制限する 9-16

ユーザによってアクセスされるサービスをトラッキングする 9-17

tar ファイル

イメージ ファイルの形式 A-26

作成する A-6

抽出する A-7

内容を表示する A-7

TCAM

スペース

HFTM 38-27

HQATM 38-27

未割り当て 38-27

メモリの整合性 1-5, 38-27

メモリの整合性検査エラー

38-27

メモリの整合性検査ルーチン 1-5, 38-27

TDR 1-17

Telnet

管理インターフェイスにアクセスする 2-10

接続数 1-7

パスワードを設定する 9-6

Terminal Access Controller Access Control System Plus

「TACACS+」を参照

TFTP

イメージ ファイル

アップロードする A-30

サーバを準備する A-27

削除する A-29

ダウンロードする A-28

サーバによるアクセスを制限する 30-17

自動設定を設定する 3-7

設定ファイル

アップロードする A-13

サーバを準備する A-11

ダウンロードする A-12

ベース ディレクトリの設定ファイル 3-8

TFTP サーバ 1-6

time-range コマンド 31-16

TLV

LLDP 26-2

LLDP-MED 26-3

定義済み 26-2

ToS 1-14

traceroute コマンド 38-18

「IP traceroute」も参照

traceroute、レイヤ 2

ARP と 38-17

CDP と 38-16

IP アドレスとサブネット 38-17

MAC アドレスと VLAN 38-17

使用上の注意事項 38-16

説明 38-16

ブロードキャスト トラフィック 38-16

ポート上の複数デバイス 38-17

マルチキャスト トラフィック 38-17

ユニキャスト トラフィック 38-16

U

UDLD

イネーブルにする

インターフェイスごとの 24-6

グローバルに 24-5

インターフェイスをリセットする 24-6

概要 24-1

検出メカニズムをエコーする 24-3

サポート 1-8

ステータス、表示する 24-7

設定時の注意事項 24-4

ディセーブルにする

インターフェイスごとの 24-6

グローバルに 24-5

光ファイバ インターフェイスでの 24-5

デフォルト設定 24-4

ネイバー データベース 24-2

リンク検出メカニズム 24-1

UDLD シャットダウン インターフェイスをリセットする 24-6

unicast storm control コマンド 23-4

UNIX Syslog サーバ

サポートされる機能 29-14

デーモンの設定 29-13

メッセージ ロギング設定 29-13

UplinkFast

イネーブルにする 18-16

サポート 1-9

説明 18-3

ディセーブルにする 18-16

USB タイプ A ポート 1-8

USB ミニタイプ B コンソール ポート 12-12

V

Version-Mismatch(VM)モード

auto-advise での手動でのアップグレード 7-11

auto-extract でのアップグレード 7-11

auto-upgrade での自動アップグレード 7-10

VLAN

1006 ~ 4094 の ID を設定する 13-11

RSPAN での送信元トラフィックを制限する 27-23

SPAN での送信元トラフィックを制限する 27-16

STP と IEEE 802.1Q トランク 16-12

SVI による接続 12-11

VLAN データベースに追加する 13-8

VTP モード 14-3

拡張範囲 13-1, 13-11

機能 1-10

削除する 13-9

作成する 13-9

サポートされる 13-2

サポートされる番号 1-10

スイッチ スタックでの 13-7

スタティック アクセス ポート 13-10

スパニング ツリー インスタンスと 13-3, 13-7, 13-12

図示 13-2

設定時の注意事項、拡張範囲 VLAN 13-11

設定時の注意事項、標準範囲 VLAN 13-6

設定する 13-1

説明 12-2, 13-1

ダイナミック アドレスのエージング 16-10

追加する 13-8

デフォルト設定 13-8

トークンリング 13-6

トラフィック 13-2

トランク上での許可 13-18

ネイティブ、設定する 13-20

パラメータ 13-5

表示する 13-14

標準範囲 13-1, 13-4

変更する 13-8

ポート メンバシップ モード 13-3

マルチキャスト 21-18

VLAN 1、トランク ポート上でディセーブルにする 13-18

VLAN 1 の最小化 13-18

vlan.dat ファイル 13-5

VLAN ID、検出する 5-24

VLAN Query Protocol

「VQP」を参照

VLAN 管理ドメイン 14-2

vlan グローバル コンフィギュレーション コマンド 13-7

VLAN コンフィギュレーション モード 2-2

VLAN 設定

起動時 13-7

保存する 13-7

VLAN データベース

VLAN の保存 13-4

VTP と 14-1

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルと 13-7

保存されている VLAN 設定 13-7

VLAN トランキング プロトコル

「VTP」を参照

VLAN トランク 13-14

VLAN フィルタリングと SPAN 27-7

VLAN マネジメント ポリシー サーバ

「VMPS」を参照

VLAN 間ルーティング 34-2

VLAN メンバシップ

確認する 13-28

モード 13-3

VLAN ロード バランシング、Flex Link の 19-2

設定時の注意事項 19-8

VLAN 割り当て応答、VMPS 13-24

VMPS

MAC アドレスの VLAN へのマッピング 13-24

管理する 13-29

サーバ アドレスを入力する 13-27

再確認間隔、変更する 13-28

設定時の注意事項 13-26

設定例 13-30

説明 13-24

ダイナミック ポート メンバシップ

再確認する 13-28

説明 13-25

トラブルシューティング 13-30

デフォルト設定 13-26

メンバシップを再確認する 13-28

モニタリング 13-29

リトライ回数、変更する 13-29

Voice over IP 15-2

VQP 1-10, 13-24

VTP

アドバタイズメント 13-16, 14-4

拡張範囲 VLAN と 13-2, 14-2

クライアント モード、設定する 14-13

クライアントをドメインに追加する 14-18

サーバ モード、設定する 14-12, 14-15

サポート 1-10

使用する 14-1

整合性検査 14-5

設定

注意事項 14-9

保存する 14-10

要件 14-12

設定の要件 14-12

設定リビジョン番号

注意事項 14-18

リセットする 14-18

説明 14-1

デフォルト設定 14-9

統計情報 14-19

トークンリングのサポート 14-5

トランスペアレント モード、設定する 14-12

ドメイン 14-2

ドメイン名 14-10

バージョン

イネーブルにする 14-15

バージョン 1 14-5

バージョン 2

概要 14-5

設定時の注意事項 14-11

バージョン 3

概要 14-5

バージョン、注意事項 14-11

パスワード 14-10

標準範囲 VLAN と 13-2, 14-2

プルーニング

イネーブルにする 14-16

概要 14-6

サポート 1-10

ディセーブルにする 14-16

14-7

プルーニング適格リスト、変更する 13-19

モード

オフ 14-4

クライアント 14-3

サーバ 14-3

トランスペアレント 14-4

変遷 14-3

モニタリング 14-19

W

Web 認証 10-17

設定する 11-16

説明 1-10

Web ベース認証

カスタマイズ可能な Web ページ 11-6

説明 11-1

Web ベース認証、他の機能との相互作用 11-7

Weighted Tail Drop

「WTD」を参照

WTD

サポート 1-15

しきい値を設定する

出力キュー セット 33-73

入力キュー 33-68

説明 33-13

X

Xmodem プロトコル 38-2

アカウンティング

802.1x での 10-50

IEEE 802.1x での 10-15

RADIUS での 9-35

TACACS+ での 9-11, 9-17

アクセス拒否応答、VMPS 13-25

アクセス グループ

レイヤ 3 31-20

アクセス グループ、IPv4 ACL をインターフェイスに対して適用する 31-19

アクセス コントロール エントリ

「ACE」を参照

アクセスする

クラスタ、スイッチ 6-12

コマンド スイッチ 6-10

スイッチ クラスタ 6-12

メンバ スイッチ 6-12

アクセスする、スタック メンバに 7-22

アクセス不能認証バイパス 10-24

multiauth ポートのサポート 10-24

アクセス ポート

スイッチ クラスタでの 6-8

アクセス ポート、定義済み 12-3

アクセス リスト

「ACL」を参照

アクティブ トラフィック モニタリング、IP SLA 32-1

アクティブ リンク 19-2, 19-4, 19-5, 19-6

アップグレードする、Catalyst 2950 スイッチを

機能動作の非互換性 C-5

コンフィギュレーション コマンドの違い C-1

推奨事項 C-1

設定の互換性の問題 C-1

非互換コマンド メッセージ C-1

アップグレードする、ソフトウェア イメージを

「ダウンロードする」を参照

アップロードする

イメージ ファイル

FTP を使用する A-34

RCP を使用する A-39

TFTP を使用する A-30

準備する A-27, A-31, A-35

理由 A-25

設定ファイル

FTP を使用する A-16

RCP を使用する A-19

TFTP を使用する A-13

準備する A-11, A-14, A-17

理由 A-9

宛先 IP アドレス ベース転送、EtherChannel 37-9

宛先 MAC アドレス転送、EtherChannel 37-9

宛先アドレス

IPv4 ACL での 31-11

アドバタイズメント

CDP 25-1

LLDP 26-2

VTP 13-16, 14-3, 14-4

アドレス

IPv6 35-2

MAC アドレス テーブルを表示する 5-24

MAC、検出する 5-24

スタティック

追加と削除 5-20

定義済み 5-13

ダイナミック

エージング タイムを変更する 5-15

エージングのアクセラレーション 16-10

削除する 5-16

定義済み 5-13

デフォルト エージング 16-10

ラーニング 5-14

マルチキャスト、STP アドレス管理 16-10

アドレス エイリアス設定 21-2

アドレス解決 5-24

アドレス解決プロトコル

「ARP」を参照

アベイラビリティ、機能 1-8

アラーム、RMON 28-3

暗号化、CipherSuite 9-48

暗号化ソフトウェア イメージ

SSH 9-42

SSL 9-46

スイッチ スタックの考慮事項 7-15

暗号化、パスワードの 9-3

イーサネット VLAN

追加する 13-8

デフォルトと範囲 13-8

変更する 13-8

イーサネット管理ポート

TFTP と 12-24

アクティブ リンク 12-22

サポート機能 12-23

指定する 12-23

設定する 12-23

説明 12-22

デフォルト設定 12-22

ネットワーク管理に対する 12-22

非サポート機能 12-23

ルーティングと 12-22

イーサネット管理ポート、内部

非サポート機能 12-23

ルーティングと 12-22

イーサネット経由の電源供給

「PoE」を参照

一時的な自己署名証明書 9-47

一致する、IPv4 ACL 31-7

一般クエリー 19-5

イネーブル シークレット パスワード 9-3

イネーブル パスワード 9-3

イベント、RMON 28-3

インターフェイス

Auto-MDIX、設定する 12-31

カウンタ、クリアする 12-40

管理 1-6

再起動する 12-41

サポートされる 12-16

シャットダウンする 12-41

情報を表示する 12-39

ステータス 12-39

設定時の注意事項

デュプレックスと速度 12-28

設定する

手順 12-17

説明 12-36

説明の名前、追加する 12-36

タイプ 12-1

デフォルト設定 12-25

デュプレックスと速度、設定する 12-29

範囲 12-18

範囲マクロ 12-20

番号 12-16

フロー制御 12-30

物理、指定する 12-16

命名する 12-36

モニタリング 12-39

インターフェイス コマンド 12-16, 12-17

インターフェイス コンフィギュレーション モード 2-2

インターフェイス タイプ 12-16

ウィザード 1-2

永続的な自己署名証明書 9-47

エージング タイム

MAC アドレス テーブル 5-15

アクセラレーション

MSTP の 17-24

STP での 16-10, 16-24

最大

MSTP の 17-24, 17-25

STP での 16-24, 16-25

エージング、短縮 16-10

エラー メッセージ、コマンド入力中の 2-4

応答側、IP SLA

イネーブルにする 32-6

説明 32-4

応答時間、IP SLA で測定する 32-4

オフ モード、VTP 14-4

オフライン設定、スイッチ スタックの 7-7

オプション、管理 1-6

音声 VLAN

Cisco 7960 電話、ポート接続 15-2

IP 電話音声トラフィック、説明 15-2

IP 電話データ トラフィック、説明 15-3

IP 電話に接続する 15-5

音声トラフィックに対してポートを設定する

802.1p プライオリティ タグ付きフレーム 15-6

802.1Q フレーム 15-5

設定時の注意事項 15-3

説明 15-1

データ トラフィックに対して IP 電話を設定する

着信フレームの CoS のオーバーライド 15-6

着信フレームの CoS プライオリティの信頼 15-6

デフォルト設定 15-3

表示する 15-7

音声認識 802.1x セキュリティ

ポートベース認証

設定する 10-39

説明 10-30, 10-39

オンボード障害ロギング

「OBFL」を参照

オンライン診断

概要 39-1

実行テスト 39-3

階層、NTP 5-3

回復手順 38-1

カウンタ、インターフェイスをクリアする 12-40

拡張 crashinfo ファイル 38-24

拡張システム ID

MSTP 17-18

STP 16-5, 16-17

拡張範囲 VLAN

作成する 13-12

設定時の注意事項 13-11

設定する 13-11

定義済み 13-1

拡張ユニバーサル識別情報

「EUI」を参照

カスタマイズ可能な Web ページ、Web ベース認証 11-6

仮想 IP アドレス

クラスタ スタンバイ グループ 6-10

コマンド スイッチ 6-10

仮想スイッチと PAgP 37-6

加入メッセージ、IGMP 21-3

簡易ネットワーク管理プロトコル

「SNMP」を参照

環境変数、機能 3-22

管理 VLAN

異なる管理 VLAN での検出 6-7

スイッチ クラスタでの考慮事項 6-7

管理アクセス

帯域外コンソール ポート接続 1-7

帯域内

CLI セッション 1-7

SNMP 1-7

デバイス マネージャ 1-7

ブラウザ セッション 1-7

管理アドレス TLV 26-2

管理オプション

CLI 2-1

CNS 4-1

Network Assistant 1-2

概要 1-6

クラスタリング 1-3

管理の簡易性に関する機能 1-6

ガイド モード 1-2

機能、非互換 23-12

許可 VLAN リスト 13-18

許可ポート、IEEE 802.1x での 10-10

緊急キュー、QoS の 33-78

ギガビット モジュール

「SFP」を参照 1-22

クエリー、IGMP 21-4

クエリー送信要求、IGMP 21-13

クライアント モード、VTP 14-3

クラスタ、スイッチ

LRE プロファイルの考慮事項 6-15

アクセスする 6-12

管理する

CLI を使用して 6-15

SNMP を介して 6-16

互換性 6-5

自動回復 6-9

自動検出 6-5

説明 6-1

プランニング 6-5

プランニングの考慮事項

CLI 6-15

IP アドレス 6-12

LRE プロファイル 6-15

RADIUS 6-15

SNMP 6-13, 6-16

TACACS+ 6-15

自動回復 6-9

自動検出 6-5

スイッチ スタック 6-13

パスワード 6-13

ホスト名 6-12

利点 1-2

「候補スイッチ」、「コマンド スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバ スイッチ」、「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

クラスタ スタンバイ グループ

仮想 IP アドレス 6-10

考慮事項 6-10

自動回復 6-11

定義済み 6-2

要件 6-3

「HSRP」も参照

クラス マップ、QoS の

設定する 33-52

説明 33-8

表示する 33-79

クリアする、インターフェイスを 12-40

クリティカル VLAN 10-24

クリティカル認証、IEEE 802.1x 10-54

クロススタック EtherChannel

サポート 1-8

37-4

設定時の注意事項 37-13

説明 37-3

クロススタック UplinkFast、STP

Fast Uplink Transition Protocol 18-6

イネーブルにする 18-17

高速コンバージェンス イベント 18-7

サポート 1-9

説明 18-5

通常コンバージェンス イベント 18-7

ディセーブルにする 18-17

クロック

「システム クロック」を参照

グローバル コンフィギュレーション モード 2-2

グローバルな脱退、IGMP 21-13

ケーブル、単方向リンクのモニタリング 24-1

権限レベル

回線に対するデフォルトを変更する 9-9

概要 9-2, 9-7

既存の 9-9

コマンド スイッチ 6-16

コマンドを設定する 9-8

メンバ スイッチでのマッピング 6-16

ロギング 9-9

検出、クラスタ

「自動検出」を参照

検出する、間接リンク障害を、STP 18-8

ゲスト VLAN と 802.1x 10-22

構成設定、保存する 3-16

高速コンバージェンス 17-10, 19-3

高速スパニング ツリー プロトコル

「RSTP」を参照

候補スイッチ

自動検出 6-5

定義済み 6-4

要件 6-4

「コマンド スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバ スイッチ」も参照

小型フォーム ファクタ モジュール、着脱可能

「SFP」を参照

コマンド

no 形式と default 形式 2-4

短縮形 2-3

コマンド、権限レベルを設定する 9-8

コマンド スイッチ

アクセスする 6-10

アクティブ(AC) 6-9

置き換える

クラスタ メンバでの 38-9

別のスイッチとの 38-11

回復

失われたメンバ接続性からの 38-12

コマンド スイッチの障害からの 6-9, 38-8

冗長 6-9

スタンバイ(SC) 6-9

設定の矛盾 38-12

定義済み 6-2

パスワード権限レベル 6-16

パッシブ(PC) 6-9

プライオリティ 6-9

要件 6-3

「候補スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバ スイッチ」、「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

コマンド モード 2-1

コマンドライン インターフェイス

「CLI」を参照

コミュニティ ストリング

SNMP 6-13

概要 30-4

クラスタ スイッチの 30-4

クラスタでの 6-13

設定する 6-13, 30-8

壊れたソフトウェア、Xmodem での回復手順 38-2

コンソール ポート、接続する 2-10

コンフィギュレーション ロギング 2-4

コンポーネント管理 TLV 26-3, 26-8

互換性、機能 23-12

互換性、ソフトウェア

「スタック、スイッチ」を参照

サーバ モード、VTP 14-3

サービス拒絶攻撃 23-1

サービス クラス

「CoS」を参照

サービス プロバイダー ネットワーク、MSTP と RSTP 17-1

再確認間隔、VMPS、変更する 13-28

再確認する、ダイナミック VLAN メンバシップを 13-28

最大エージング タイム

MSTP 17-24

STP 16-24

最大数、ポートあたりのデバイスの、ポートベース認証 10-37

最大ホップ カウント、MSTP 17-25

最適化する、システム リソースを 8-1

削除する、VLAN を 13-9

サブネット マスク 34-4

サポートされるポートベース認証方式 10-7

シーケンス番号、ログ メッセージの 29-8

シェイプド ラウンド ロビン

「SRR」を参照

しきい値、トラフィック レベル 23-2

シスコ検出プロトコル

「CDP」を参照

システム記述 TLV 26-2

システム機能 TLV 26-2

システム クロック

概要 5-2

設定する

手動で 5-5

時間帯 5-6

夏時間 5-7

日時を表示する 5-5

「NTP」も参照

システム プロンプト、デフォルト設定 5-8, 5-9

システム名

手動での設定 5-9

デフォルト設定 5-9

「DNS」も参照

システム名 TLV 26-2

システム メッセージ ロギング

Syslog 機能 1-17

UNIX Syslog サーバ

サポートされる機能 29-14

デーモンを設定する 29-13

ロギング機能を設定する 29-13

イネーブルにする 29-5

エラー メッセージの重大度を定義する 29-9

概要 29-1

機能キーワード、説明 29-14

シーケンス番号、イネーブルとディセーブル 29-8

スタックの変更、影響 29-2

設定を表示する 29-14

タイム スタンプ、イネーブルとディセーブル 29-8

ディセーブルにする 29-4

デフォルト設定 29-4

表示宛先デバイスを設定する 29-5

メッセージの形式 29-2

メッセージを制限する 29-10

レベル キーワード、説明 29-10

ログ メッセージの同期をとる 29-6

システム リソース、最適化する 8-1

集約グローバル ユニキャスト アドレス 35-3

集約ポート

「EtherChannel」を参照

集約ポリシング 1-15

集約ポリシング機能 33-59

初期設定

Express Setup 1-2

デフォルト 1-17

侵入検知システム

「IDS 装置」を参照

信頼境界、QoS の 33-44

信頼状態、ポートの

IP 電話のポート セキュリティを確立する 33-44

QoS ドメイン間 33-46

QoS ドメイン内 33-41

分類オプション 33-5

時間帯 5-6

時間範囲、ACL での 31-16

時刻

「NTP とシステム クロック」を参照

実行コンフィギュレーション

置き換える A-20, A-21

ロール バックする A-20, A-22

実行コンフィギュレーション、保存する 3-16

自動 QoS

「QoS」を参照

自動 QoS ビデオ デバイス 1-16

自動アップグレード(auto-upgrade)、スイッチ スタックでの 7-10

自動アドバイス(auto-advise)、スイッチ スタックでの 7-11

自動イネーブル化 10-31

自動回復、クラスタ 6-9

自動検出

考慮事項

CDP 非対応デバイス 6-6

管理 VLAN 6-7

クラスタ非対応デバイス 6-6

異なる VLAN 6-7

最新のスイッチ 6-8

接続性 6-5

非候補デバイスの先 6-8

スイッチ クラスタでの 6-5

「CDP」も参照

自動検知、ポート速度 1-4

自動コピー(auto-copy)、スイッチ スタックでの 7-10

自動設定 3-3

自動抽出(auto-extract)、スイッチ スタックでの 7-11

自動ネゴシエーション

インターフェイス設定時の注意事項 12-28

デュプレックス モード 1-4

不一致 38-12

自動復旧、クラスタ

「HSRP」も参照

重大度、システム メッセージで定義する 29-9

柔軟な認証の順序設定

概要 10-29

設定する 10-64

準備状態チェック

ポートベース認証

設定する 10-37

説明 10-17, 10-37

冗長性

EtherChannel 37-3

STP

バックボーン 16-9

パス コスト 13-23

ポート プライオリティ 13-21

マルチドロップ バックボーン 18-5

冗長リンクと UplinkFast 18-16

スイッチ仮想インターフェイス

「SVI」を参照

スイッチ コンソール ポート 1-7

スイッチ ソフトウェア機能 1-1

スイッチド ポート 12-2

スイッチド ポート アナライザ

「SPAN」を参照

スイッチのクラスタ化テクノロジー 6-1

「クラスタ、スイッチ」も参照

スイッチ プライオリティ

MSTP 17-22

STP 16-22

スケジュール、リロードの 3-23

スタートアップ コンフィギュレーション

クリアする A-20

設定ファイル

自動的にダウンロードする 3-18

ファイル名を指定する 3-19

ブーティング

手動で 3-19

特定のイメージ 3-20

スタック、スイッチ

auto-advise 7-11

auto-copy 7-10

auto-extract 7-11

CDP の考慮事項 25-2

IPv6 35-6

MAC アドレス 7-6, 7-18

MAC アドレスの考慮事項 5-15

STP

サポートされるインスタンス 16-11

スタック ルート スイッチの選択 16-4

ブリッジ ID 16-3

ルート ポートの選択 16-4

Version-Mismatch(VM)モード

auto-advise での手動でのアップグレード 7-11

auto-extract でのアップグレード 7-11

auto-upgrade での自動アップグレード 7-10

7-11

アップグレードする A-40

あるメンバから別のメンバへイメージ ファイルをコピーする A-40

永続的 MAC アドレス タイマーをイネーブルにする 7-18

オフライン設定

新メンバのプロビジョニング 7-21

説明 7-7

プロビジョニングされるスイッチ、定義済み 7-7

プロビジョニングされるスイッチの置き換えの影響 7-9

プロビジョニングされるスイッチの削除の影響 7-9

プロビジョニングされるスイッチの追加の影響 7-7

プロビジョニングされる設定、定義済み 7-7

管理する 7-1

管理接続 7-14

クラスタでの 6-13

互換性、ソフトウェア 7-9

互換性のないソフトウェアとイメージのアップグレード 7-13, A-40

サポートされる MSTP インスタンス 16-11

システム全体の設定での考慮事項 7-14

システム プロンプトの考慮事項 5-8

システム メッセージ

表示のホスト名 29-1

リモートでのモニタリング 29-2

障害が発生したメンバを置き換える 7-14

自動アップグレード 7-10

情報を表示する 7-22

情報を割り当てる

新メンバのプロビジョニング 7-21

プライオリティ値 7-20

メンバ番号 7-20

スタック プロトコル バージョン 7-9

設定シナリオ 7-16

設定ファイル 7-13

説明 7-1

ソフトウェア イメージ バージョン 7-9

ソフトウェアの互換性 7-9

デフォルト設定 7-17

特定のスタック メンバの CLI にアクセスする 7-22

バージョンミスマッチ モード

説明 7-10

パーティション化される 7-3, 38-8

ブリッジ ID 7-6

プロビジョニングされるスイッチ

置き換える 7-9

削除する 7-9

追加する 7-7

マージされる 7-3

メンバシップ 7-3

「スタック マスターとスタック メンバ」も参照

スタックの変更、影響

802.1x ポートベース認証 10-11

ACL 設定 31-6

CDP 25-2

EtherChannel 37-10

IGMP スヌーピング 21-7

IP ルーティング 34-3

MAC アドレス テーブル 5-15

MSTP 17-8

MVR 21-19

SDM テンプレートの選択 8-3

SNMP 30-2

SPAN と RSPAN 27-10

STP 16-13

VLAN 13-7

VTP 14-8

クロススタック EtherChannel 37-13

システム メッセージ ログ 29-2

スイッチ クラスタ 6-13

ポート セキュリティ 23-19

スタック プロトコル バージョン 7-9

スタック マスター

IPv6 35-6

「スタック、スイッチ」も参照

選択 7-5

定義済み 7-1

ブリッジ ID(MAC アドレス) 7-6

スタック メンバ

置き換える 7-14

新メンバのプロビジョニング 7-21

情報を表示する 7-22

「スタック、スイッチ」も参照

設定する

プライオリティ値 7-20

メンバ番号 7-20

定義済み 7-1

特定のスタック メンバの CLI にアクセスする 7-22

番号 7-6

プライオリティ値 7-7

スタック メンバ番号 12-16

スタティック MAC アドレッシング 1-11

スタティック VLAN メンバシップ 13-2

スタティック アクセス ポート

VLAN に割り当てる 13-10

定義済み 12-3, 13-3

スタティック アドレス

「アドレス」を参照

スタティック ルート

IPv6 で設定する 35-10

設定 34-5

スタンバイ グループ、クラスタ

「クラスタ スタンバイ グループ」と「HSRP」も参照

スタンバイ コマンド スイッチ

仮想 IP アドレス 6-10

考慮事項 6-10

設定する

定義済み 6-2

プライオリティ 6-9

要件 6-3

「クラスタ スタンバイ グループ」と「HSRP」も参照

スタンバイ リンク 19-2

スティッキー ラーニング 23-10

ストーム制御

サポート 1-4

しきい値 23-2

設定する 23-3

説明 23-1

ディセーブルにする 23-5

表示する 23-21

スヌーピング、IGMP 21-2

スパニング ツリーとネイティブ VLAN 13-16

スパニング ツリー プロトコル

「STP」を参照

スモールフレーム着信レート、設定する 23-5

正規の時刻源、説明 5-3

制御プロトコル、IP SLA 32-4

制限する、アクセスを

RADIUS 9-18

TACACS+ 9-10

概要 9-1

パスワードと権限レベル 9-2

制限付き VLAN

IEEE 802.1x で使用する 10-23

設定する 10-52

説明 10-23

整合性検査、VTP バージョン 2 での 14-5

正常終了応答、VMPS 13-25

生成する、IGMP レポートを 19-4

セキュア HTTP クライアント

設定する 9-52

表示する 9-53

セキュア HTTP サーバ

設定する 9-51

表示する 9-53

セキュア MAC アドレス

最大数 23-10

削除する 23-17

スイッチ スタックと 23-19

タイプ 23-10

セキュア シェル

「SSH」を参照

セキュア ポート

スイッチ スタックと 23-19

セキュア ポート、設定する 23-9

セキュア リモート接続 9-42

セキュリティ機能 1-10

セキュリティ、ポート 23-9

設計する、ネットワークを、例 1-20

接続性の問題 38-14, 38-16, 38-17

接続、セキュア リモート 9-42

設定可能な脱退タイマー、IGMP 21-6

設定、初期

Express Setup 1-2

デフォルト 1-17

設定する、802.1x ユーザ ディストリビューションを 10-56

設定する、スモールフレーム着信レートを 23-5

設定する、ポートベース認証の違反モードを 10-40, 10-41

設定の置換 A-20

設定の変更、ロギング 29-11

設定の矛盾、失われたメンバ接続性から回復する 38-12

設定のロール バック A-20, A-21

設定ファイル

DHCP で取得する 3-9

TFTP サーバ アクセスを制限する 30-17

アーカイブする A-21

アップロードする

FTP を使用する A-16

RCP を使用する A-19

TFTP を使用する A-13

準備する A-11, A-14, A-17

理由 A-9

コピー時の無効な組み合わせ A-5

作成時と使用上の注意事項 A-9

システム接点と場所の情報 30-16

実行コンフィギュレーションを置き換える A-20, A-21

実行コンフィギュレーションをロール バックする A-20, A-22

スタートアップ コンフィギュレーションを消去する A-20

説明 A-8

タイプと場所 A-10

ダウンロードする

FTP を使用する A-14

RCP を使用する A-18

TFTP を使用する A-12

自動的に 3-18

準備する A-11, A-14, A-17

理由 A-9

置換とロール バックの注意事項 A-22

テキスト エディタを使用して作成する A-10

デフォルト名 3-18

パスワード回復ディセーブル時の考慮事項 9-5

ファイル名を指定する 3-19

保存された設定を削除する A-20

設定例、ネットワーク 1-20

設定ロガー 29-11

セットアップ プログラム

障害が発生したコマンド スイッチの置換 38-11

障害が発生したコマンド スイッチを置き換える 38-9

選択

「スタック マスター」を参照

送信元 IP アドレス ベース転送、EtherChannel 37-9

送信元 IP アドレス ベース転送と宛先 IP アドレス ベース転送、EtherChannel 37-9

送信元 MAC アドレス転送、EtherChannel 37-9

送信元 MAC アドレス転送と宛先 MAC アドレス転送、EtherChannel 37-9

送信元アドレス

IPv4 ACL での 31-11

即時脱退、IGMP 21-5

イネーブルにする 36-10

ソフトウェア イメージ

tar ファイル形式、説明 A-26

回復手順 38-2

フラッシュ内での場所 A-26

リロードのスケジューリング 3-23

「ダウンロードとアップロード」も参照

ソフトウェアの互換性

「スタック、スイッチ」を参照

属性、RADIUS

ベンダー固有 9-37

ベンダー専用 9-38

属性値ペア 10-12, 10-16, 10-21

タイプ オブ サービス

「ToS」を参照

タイム スタンプ、ログ メッセージの 29-8

タイム ドメイン反射率計

「TDR」を参照

単一方向リンク検出プロトコル

「UDLD」を参照

短縮形、コマンドの 2-3

端末回線、パスワードを設定する 9-6

ダイナミック ARP インスペクション

ARP ACL と DHCP スヌーピング エントリの優先順位 22-5

ARP キャッシュ ポイズニング 22-1

ARP スプーフィング攻撃 22-1

ARP パケットのレート制限

errdisable ステート 22-4

設定する 22-10

説明 22-4

ARP 要求、説明 22-1

DHCP スヌーピング バインディング データベース 22-2

インターフェイスの信頼状態 22-3

確認検査、実行する 22-12

機能 22-2

クリアする

統計情報 22-15

ログ バッファ 22-15

サービス拒絶攻撃、防止する 22-10

設定時の注意事項 22-6

設定する

DHCP 環境での 22-7

着信 ARP パケットのレート制限 22-4, 22-10

非 DHCP 環境の ACL 22-9

ログ バッファ 22-13

説明 22-1

中間者攻撃、説明 22-2

デフォルト設定 22-5

統計情報

クリアする 22-15

表示する 22-15

ドロップ パケットのログ記録、説明 22-5

ネットワーク セキュリティの問題とインターフェイスの信頼状態 22-3

表示する

ARP ACL 22-15

信頼状態とレート制限 22-15

設定と動作状態 22-15

統計情報 22-15

ログ バッファ 22-15

レート制限超過に対する errdisable ステート 22-4

ログ バッファ

クリアする 22-15

設定する 22-13

表示する 22-15

ダイナミック アクセス ポート

設定する 13-27

定義済み 12-3

特性 13-4

ダイナミック アドレス

「アドレス」を参照

ダイナミック トランキング プロトコル

「DTP」を参照

ダイナミック ポート VLAN メンバシップ

再確認する 13-28

接続のタイプ 13-27

説明 13-25

トラブルシューティング 13-30

ダウンロード可能 ACL 10-19, 10-21, 10-60

ダウンロードする

イメージ ファイル

CMS を使用する 1-2

FTP を使用する A-32

HTTP を使用する 1-2, A-25

RCP を使用する A-37

TFTP を使用する A-28

準備する A-27, A-31, A-35

デバイス マネージャまたは Network Assistant を使用する A-25

古いイメージを削除する A-29

理由 A-25

設定ファイル

FTP を使用する A-14

RCP を使用する A-18

TFTP を使用する A-12

準備する A-11, A-14, A-17

理由 A-9

ツイストペア イーサネット、単方向リンクを検出する 24-1

低密度波長分割多重方式

「CWDM SFP」を参照

転送遅延時間

MSTP 17-24

STP 16-24

転送保留カウント

「STP」を参照

ディファレンシエーテッド サービス アーキテクチャ、QoS 33-2

ディファレンシエーテッド サービス コード ポイント 33-2

ディレクトリ

作業ディレクトリを表示する A-4

作成と削除 A-4

変更する A-4

デバイス検出プロトコル 25-1, 26-2

デバイス マネージャ

スイッチをアップグレードする A-25

説明 1-2, 1-6

帯域内管理 1-7

利点 1-2

デバッグする

エラー メッセージ出力をリダイレクトする 38-21

コマンドを使用する 38-20

すべてのシステム診断をイネーブルにする 38-21

特定機能に対してイネーブルにする 38-20

デフォルト ゲートウェイ 3-15

デフォルト設定

802.1x 10-34

CDP 25-2

DHCP 20-8

DHCP オプション 82 20-8

DHCP スヌーピング 20-8

DHCP スヌーピング バインディング データベース 20-8

DNS 5-10

EtherChannel 37-11

Flex Link 19-8

IGMP スヌーピング 21-7, 36-7

IGMP フィルタリング 21-26

IP SLA 32-5

IPv6 35-7

IP ソース ガード 20-16

LLDP 26-5

MAC アドレス テーブル 5-15

MAC アドレス テーブル移動更新 19-8

MSTP 17-15

MVR 21-21

RADIUS 9-27

RMON 28-3

RSPAN 27-10

SDM テンプレート 8-3

SNMP 30-7

SPAN 27-10

SSL 9-49

STP 16-14

TACACS+ 9-13

UDLD 24-4

VLAN 13-8

VLAN、レイヤ 2 イーサネット インターフェイス 13-16

VMPS 13-26

VTP 14-9

イーサネット インターフェイス 12-25

オプションのスパニング ツリー設定 18-12

音声 VLAN 15-3

システム名とプロンプト 5-9

システム メッセージ ロギング 29-4

初期スイッチ情報 3-3

自動 QoS 33-22

スイッチ スタック 7-17

ダイナミック ARP インスペクション 22-5

バナー 5-12

パスワードと権限レベル 9-2

標準 QoS 33-37

レイヤ 2 インターフェイス 12-25

デフォルトの Web ベース認証の設定

802.1X 11-9

デュアル IPv4/IPv6 テンプレート 35-5

デュアルアクションの検出 37-6

デュアルパーパス アップリンク

LED 12-5

タイプを設定する 12-26

定義済み 12-5

リンクの選択 12-5, 12-26

デュアル プロトコル スタック

IPv4 と IPv6 35-5

SDM テンプレートのサポート 35-5

電源管理 TLV 26-3, 26-8

統計情報

802.1X 11-17

802.1x 10-66

CDP 25-5

LLDP 26-12

LLDP-MED 26-12

NMSP 26-12

QoS の入力と出力 33-80

RMON グループ イーサネット 28-5

RMON グループ履歴 28-5

SNMP 入力と出力 30-18

VTP 14-19

インターフェイス 12-39

トークンリング VLAN

VTP サポート 14-5

サポート 13-6

都市ロケーション 26-3

特権 EXEC モード 2-2

トラストポイント、CA 9-47

トラップ

MAC アドレス通知を設定する 5-16, 5-18, 5-19

イネーブルにする 5-16, 5-18, 5-19, 30-12

概要 30-1, 30-5

通知タイプ 30-12

定義済み 30-4

マネージャを設定する 30-12

トラップ ドア メカニズム 3-2

トラフィック

非フラグメント化 31-5

フラグメント化 31-5

フラッドのブロッキング 23-8

トラフィックの抑制 23-2

トラフィック ポリシング 1-15

トラブルシューティング

CiscoWorks での 30-5

CPU 使用率 38-28

debug コマンド 38-20

ping による 38-15

SFP セキュリティと識別情報 38-14

show forward コマンド 38-22

traceroute での 38-17

クラッシュ情報を表示する 38-24

システム メッセージ ロギングでの 29-1

接続性の問題 38-14, 38-16, 38-17

単方向リンクを検出する 24-1

パケット転送を設定する 38-22

トランキングのカプセル化 1-10

トランク

許可 VLAN リスト 13-18

タグなしトラフィック用ネイティブ VLAN 13-20

パラレル 13-23

非 DTP デバイスに対する 13-14

プルーニング適格リスト 13-19

ロード シェアリング

STP パス コストを設定する 13-23

STP ポート プライオリティを使用する 13-21, 13-22

トランク フェールオーバー

「リンクステート トラッキング」を参照

トランク ポート

設定する 13-17

定義済み 12-3, 13-3

トランスペアレント モード、VTP 14-4

ドメイン ネーム システム

「DNS」を参照

ドメイン名

DNS 5-9

VTP 14-10

夏時間 5-7

名前付き IPv4 ACL 31-14

並べ替え、ACL エントリ 31-14

認可

RADIUS での 9-34

TACACS+ での 9-11, 9-16

認証

AAA でのローカル モード 9-41

Open1x 10-30

RADIUS

キー 9-28

ログイン 9-30

TACACS+

キー 9-13

定義済み 9-11

ログイン 9-14

「ポートベース認証」を参照

認証失敗 VLAN

「制限付き VLAN」を参照

認証の互換性、Catalyst 6000 スイッチとの 10-8

認証マネージャ

CLI コマンド 10-9

以前の 802.1x CLI コマンドとの互換性 10-9

概要 10-7

ネイティブ VLAN

設定する 13-20

デフォルト 13-20

ネイバー探索、IPv6 35-4

ネットワーク エッジ アクセス トポロジ

「NEAT」を参照

ネットワーク管理

CDP 25-1

RMON 28-1

SNMP 30-1

ネットワーク タイム プロトコル

「NTP」を参照

ネットワークの設計

サービス 1-20

パフォーマンス 1-20

ネットワークの設定例

サーバ集約と Linux サーバ クラスタ 1-22

長距離、広帯域トランスポート 1-24

中小規模ネットワーク 1-23

ネットワーク サービスを提供する 1-20

ネットワーク パフォーマンスを改善する 1-20

ネットワーク パフォーマンス、IP SLA で測定する 32-3

ネットワーク ポリシー TLV 26-3, 26-8

範囲

インターフェイスの 12-18

マクロ 12-20

バージョン依存のトランスペアレント モード 14-5

バージョンミスマッチ モード

説明 7-10

バインディング

DHCP スヌーピング データベース 20-6

IP ソース ガード 20-14

バインディング テーブル、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング データベース

DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バックアップ インターフェイス

「Flex Link」を参照

バックアップ リンク 19-2

バナー

設定する

Message-of-the-Day ログイン 5-12

ログイン 5-13

デフォルト設定 5-12

表示時 5-11

パケットの変更、QoS での 33-20

パス コスト

MSTP 17-21

STP 16-21

パスワード

VTP ドメイン 14-10

暗号化する 9-3

回復 38-3

回復をディセーブルにする 9-5

概要 9-1

クラスタでの 6-13

セキュリティ 1-11

設定する

Telnet 9-6

イネーブル 9-3

シークレットをイネーブルにする 9-3

ユーザ名での 9-7

デフォルト設定 9-2

パフォーマンス機能 1-4

パフォーマンス、ネットワークの設計 1-20

非 IP トラフィック フィルタリング 31-23

非階層型ポリシー マップ

説明 33-10

光ファイバ、単方向リンクを検出する 24-1

非トランキング モード 13-15

非認識 Type-Length-Value(TLV)サポート 14-5

標準範囲 VLAN 13-4

設定時の注意事項 13-6

設定する 13-4

定義済み 13-1

ファイル

crashinfo、説明 38-24

tar

イメージ ファイルの形式 A-26

作成する A-6

抽出する A-7

内容を表示する A-7

拡張 crashinfo

説明 38-24

場所 38-24

基本 crashinfo

説明 38-24

場所 38-24

コピーする A-5

削除する A-5

内容を表示する A-8

ファイル システム

使用可能なファイル システムを表示する A-2

デフォルトを設定する A-3

ネットワーク ファイル システム名 A-5

ファイル情報を表示する A-3

ローカル ファイル システム名 A-1

フィルタ、IP

「ACL、IP」を参照

フィルタリング

show コマンドと more コマンドの出力 2-9

非 IP トラフィック 31-23

フィルタリング、show コマンドと more コマンドの出力の 2-9

不一致、自動ネゴシエーション 38-12

フェールオーバー サポート 1-8

複数認証 10-13

複数認証モード

設定する 10-44

フラッシュ デバイス、番号 A-1

フラッド トラフィック、ブロッキング 23-8

フロー制御

設定する 12-30

説明 12-30

フローチャート

QoS 出力キューイングとスケジューリング 33-18

QoS 入力キューイングとスケジューリング 33-15

QoS 分類 33-7

QoS ポリシングとマーキング 33-11

フローベース パケット分類 1-14

ブーティング

手動で 3-19

特定のイメージ 3-20

ブート プロセス 3-1

ブート ローダ、機能 3-2

ブート ローダ

アクセスする 3-21

環境変数 3-21

説明 3-2

トラップ ドア メカニズム 3-2

プロンプト 3-21

物理ポート 12-2

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

ブロードキャスト ストーム 23-1

ブロッキング パケット 23-8

プライオリティ

CoS をオーバーライドする 15-6

CoS を信頼する 15-6

プライベート VLAN エッジ ポート

「保護ポート」を参照

プライマリ リンク 19-2

プルーニング、VTP

イネーブルにする

VTP ドメインで 14-16

ポート上での 13-19

概要 14-6

ディセーブルにする

VTP ドメインで 14-16

ポート上での 13-20

14-7

プルーニング適格リスト

VLAN 14-17

VTP プルーニングの 14-6

変更する 13-19

プロキシ レポート 19-4

プロトコル ストーム保護 23-19

プロビジョニングされるスイッチと IP ソース ガード 20-16

プロビジョニング、スイッチ スタックの新メンバの 7-7

プロファイル外マークダウン 1-15

ヘルプ、コマンドライン 2-3

編集機能

イネーブルとディセーブル 2-6

使用されたキーストローク 2-7

ラップされた行 2-8

保護ポート 1-11, 23-6

補助 VLAN

「音声 VLAN」を参照

ホスト、ダイナミック ポートでの制限 13-30

ホスト名、クラスタでの 6-12

防止する、不正アクセスを 9-1

ポート

VLAN の割り当て 13-10

アクセス 12-3

スイッチ 12-2

スタティック アクセス 13-3, 13-10

セキュア 23-9

ダイナミック アクセス 13-4

デュアルパーパス アップリンク 12-5

トランク 13-3, 13-14

ブロッキング 23-8

保護される 23-6

ポート ACL

タイプ 31-3

定義 31-2

ポート VLAN ID TLV 26-2

ポート記述 TLV 26-2

ポート シャットダウン応答、VMPS 13-25

ポート集約プロトコル

「EtherChannel」を参照

ポート セキュリティ

QoS 信頼境界と 33-44

違反 23-10

エージング 23-17

スタック構成と 23-19

スティッキー ラーニング 23-10

設定する 23-13

説明 23-9

デフォルト設定 23-11

トランク ポートでの 23-14

表示する 23-21

他の機能との 23-12

ポートチャネル

「EtherChannel」を参照

ポートの信頼状態

サポート 1-14

ポート ブロッキング 1-5, 23-8

ポート プライオリティ

MSTP 17-20

STP 16-19

ポートベース認証

ACL と RADIUS Filter-Id 属性での 10-32

EAPOL 開始フレーム 10-5

EAP-Request/Identity フレーム 10-5

EAP 応答/識別 フレーム 10-5

VLAN 割り当て

AAA 認証 10-41

設定タスク 10-18

説明 10-17

特性 10-17

Wake-on-LAN、説明 10-26

アカウンティング 10-15

アクセス不能認証バイパス

設定する 10-54

説明 10-24

注意事項 10-36

イネーブルにする

802.1X 認証 11-11

音声 VLAN

PVID 10-26

VVID 10-26

説明 10-26

音声認識 802.1x セキュリティ

設定する 10-39

説明 10-30, 10-39

開始とメッセージ交換 10-5

カプセル化 10-3

クライアント、定義済み 10-3, 11-2

ゲスト VLAN

設定時の注意事項 10-23, 10-24

説明 10-22

柔軟な認証の順序設定

概要 10-29

設定する 10-64

準備状態チェック

設定する 10-37

説明 10-17, 10-37

スイッチ

RADIUS クライアント 10-3

プロキシとして 10-3, 11-2

スイッチ サプリカント

概要 10-31

設定する 10-58

スタックの変更、影響 10-11

設定

違反モード 10-40, 10-41

設定時の注意事項 10-35, 11-9

設定する

802.1x 認証 10-41

RADIUS サーバ 10-43, 11-13

アクセス不能認証バイパス 10-54

クライアントの手動での再認証 10-46

ゲスト VLAN 10-51

スイッチ上の RADIUS サーバ パラメータ 10-42, 11-11

スイッチからクライアントへの再送信時間 10-47

スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数 10-47, 10-48

制限付き VLAN 10-52

待機期間 10-46

定期的な再認証 10-45

ホスト モード 10-44

説明 10-1

ダウンロード可能 ACL とリダイレクト URL

概要 10-19, 10-21

設定 10-63

設定する 10-60

デバイスの役割 10-3, 11-2

デフォルト値にリセットする 10-66

デフォルト設定 10-34, 11-9

統計情報、表示する 10-66

統計情報を表示する 10-66, 11-17

認証サーバ

RADIUS サーバ 10-3

定義済み 10-3, 11-2

複数認証 10-13

方式リスト 10-41

ホスト モード 10-11

ポート

音声 VLAN 10-26

許可ステートと dot1x port-control コマンド 10-10

許可と無許可 10-10

ポートあたりのデバイスの最大数 10-37

ポート セキュリティ

説明 10-26

マジック パケット 10-26

ユーザ単位 ACL

RADIUS サーバ属性 10-19

設定タスク 10-19

説明 10-18

ユーザ ディストリビューション

概要 10-28

注意事項 10-28

ポートベース認証方式、サポートされる 10-7

ポート メンバシップ モード、VLAN 13-3

ポリシー マップ、QoS の

説明 33-8

特性 33-54

表示する 33-80

物理ポートでの非階層

説明 33-10

ポリシング

説明 33-4

トークン バケット アルゴリズム 33-10

ポリシング機能

33-40

設定する

各一致トラフィック クラスでの 33-54

複数トラフィック クラスでの 33-59

説明 33-4

タイプ 33-10

表示する 33-79

ポリシング済み DSCP マップ、QoS での 33-64

マーキング

集約ポリシング機能でのアクション 33-59

説明 33-4, 33-9

マジック パケット 10-26

マッピング テーブル、QoS の

設定する

CoS/DSCP 33-62

DSCP 33-61

DSCP/CoS 33-65

DSCP/DSCP 変換 33-66

IP precedence/DSCP 33-63

ポリシング済み DSCP 33-64

説明 33-11

マルチキャスト TV アプリケーション 21-19

マルチキャスト VLAN 21-18

マルチキャスト VLAN レジストレーション

「MVR」を参照

マルチキャスト グループ

加入する 21-3

スタティックな加入 21-10, 36-9

即時脱退 21-6

脱退する 21-5

マルチキャスト ストーム 23-1

マルチキャスト ルータ インターフェイス、モニタリング 21-17, 36-13

マルチキャスト ルータ ポート、追加する 21-10, 36-9

マルチドメイン認証

「MDA」を参照

ミラーリング トラフィック、分析用の 27-1

無許可ポート、IEEE 802.1x での 10-10

矛盾、設定 38-12

メッセージ、ユーザに対するバナーを使用した 5-11

メモリの整合性 1-5, 38-27

メモリの整合性検査エラー

38-27

メモリの整合性検査ルーチン 1-5, 38-27

メンバシップ モード、VLAN ポート 13-3

メンバ スイッチ

失われた接続性から回復する 38-12

管理する 6-15

「候補スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

自動検出 6-5

定義済み 6-2

パスワード 6-12

要件 6-4

モジュール番号 12-16

モニタリング

CDP 25-5

Flex Link 19-14

IGMP

スヌーピング 21-17, 36-13

フィルタ 21-30

IP SLA 動作 32-6

IPv4 ACL 設定 31-26

IPv6 35-11

MAC アドレス テーブル移動更新 19-14

MVR 21-25

SFP ステータス 12-39, 38-14

VLAN 13-14

VMPS 13-29

VTP 14-19

アクセス グループ 31-26

インターフェイス 12-39

機能 1-16

スイッチ間でのトラフィック フロー 28-1

速度モードとデュプレックス モード 12-29

単方向リンク用のケーブル 24-1

トラフィックの抑制 23-21

プローブでの分析用のネットワーク トラフィック 27-2

ポート

ブロッキング 23-21

保護 23-21

マルチキャスト ルータ インターフェイス 21-17, 36-13

ユーザ EXEC モード 2-2

ユーザ単位 ACL と Filter-Id 10-8

ユーザ名ベース認証 9-7

優先処理、トラフィックの

「QoS」を参照

優先遅延、デフォルト設定 19-8

優先、デフォルト設定 19-8

誘導ユニキャスト要求 1-6

ユニキャスト MAC アドレス フィルタリング 1-7

CPU パケットと 5-21

スタティック アドレスを追加する 5-21

設定時の注意事項 5-21

説明 5-21

ブロードキャスト MAC アドレスと 5-21

マルチキャスト アドレスと 5-21

ルータ MAC アドレスと 5-21

ユニキャスト ストーム 23-1

ユニキャスト トラフィック、ブロッキング 23-8

予約アドレス、DHCP プールでの 20-23

ライン コンフィギュレーション モード 2-2

リークする、IGMP レポートを 19-4

リダイレクト URL 10-19, 10-21, 10-60

リトライ回数、VMPS、変更する 13-29

リモート SPAN 27-3

「RSPAN」を参照

リモート コピー プロトコル

「RCP」を参照

リモート ネットワーク モニタリング

「RMON」を参照

履歴

コマンドを呼び出す 2-5

説明 2-5

ディセーブルにする 2-6

バッファ サイズを変更する 2-5

履歴テーブル、Syslog メッセージのレベルと番号 29-10

リロードする、ソフトウェアを 3-23

リンク障害、単方向での検出 17-8

リンク冗長性

「Flex Link」を参照

リンクステート トラッキング

設定する 37-24

説明 37-21

リンク、単方向 24-1

リンク ローカル ユニキャスト アドレス 35-3

ルータ ACL

タイプ 31-4

定義 31-2

ルート ガード

イネーブルにする 18-18

サポート 1-9

説明 18-10

ルート スイッチ

MSTP 17-18

STP 16-17

ループ ガード

イネーブルにする 18-19

サポート 1-9

説明 18-11

ネットワーク設定 1-20

レイヤ 2 traceroute

ARP と 38-17

CDP と 38-16

IP アドレスとサブネット 38-17

MAC アドレスと VLAN 38-17

使用上の注意事項 38-16

説明 38-16

ブロードキャスト トラフィック 38-16

ポート上の複数デバイス 38-17

マルチキャスト トラフィック 38-17

ユニキャスト トラフィック 38-16

レイヤ 2 インターフェイス、デフォルト設定 12-25

レイヤ 2 フレーム、CoS での分類 33-2

レイヤ 3 インターフェイス

IPv6 アドレスを割り当てる 35-8

IP アドレスの割り当て 34-5

レイヤ 2 モードからの変更 34-5

レイヤ 3 機能 1-16

レイヤ 3 パケット、分類方式 33-2

レポート抑制、IGMP

説明 21-6

ディセーブルにする 21-16, 36-12

ローカル SPAN 27-2

ログイン認証

RADIUS での 9-30

TACACS+ での 9-14

ログイン バナー 5-11

ログ メッセージ

「システム メッセージ ロギング」を参照

ロケーション TLV 26-3, 26-8

ワイヤード ロケーション サービス

概要 26-4

設定する 26-10

表示する 26-12

ロケーション TLV 26-3