Catalyst 2960 スイッチ ソフトウェア コンフィギュ レーション ガイド Cisco IOS リリース12.2(50)SE
Cisco EnergyWise の設定
Cisco EnergyWise の設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

Cisco EnergyWise の設定

単一エンティティの管理

EnergyWise エンティティ

EnergyWise ドメイン

EnergyWise ネットワーク

単一 PoE スイッチ シナリオ

EnergyWise 電力レベル

EnergyWise の重要度

EnergyWise の名前、役割、およびキーワード

設定時の注意事項

PoE と EnergyWise の相互作用

手動での電力管理

エンティティの電力供給

エンティティ アトリビュートの設定

PoE ポートの電力供給

PoE ポート アトリビュートの設定

自動での電力管理(繰り返し)

ドメインの設定

手動での電力管理

自動での電力管理

複数エンティティの管理

複数 PoE スイッチ シナリオ

EnergyWise クエリー

ドメイン内の電力を管理するクエリーの使用方法

名前アトリビュートを指定したクエリー

キーワードを指定したクエリー

電力レベルを設定するクエリー

EnergyWise のトラブルシューティング

CLI コマンドの使用方法

電力使用状況の確認

追加情報

同じ LAN 内での電力管理

IP ルーティングによる電力管理

Cisco EnergyWise の設定

Catalyst 2960 スイッチ コマンド リファレンスに、コマンドの構文と使用方法が記載されています。

「単一エンティティの管理」

「複数エンティティの管理」

「EnergyWise のトラブルシューティング」

「追加情報」

EnergyWise の詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps10195/tsd_products_support_series_home.html を参照してください。

単一エンティティの管理

Cisco EnergyWise を使用して、EnergyWise ネットワーク内のエンティティのエネルギー使用状況を管理します。

「EnergyWise エンティティ」

「EnergyWise ドメイン」

「EnergyWise ネットワーク」

「単一 PoE スイッチ シナリオ」

「EnergyWise 電力レベル」

「EnergyWise の重要度」

「設定時の注意事項」

「PoE と EnergyWise の相互作用」

「手動での電力管理」

「自動での電力管理(繰り返し)」

「例」

EnergyWise エンティティ

EnergyWise エンティティとは、EnergyWise がイネーブルな物理デバイスまたは論理デバイスです。Catalyst スイッチ、Power over Ethernet(PoE; イーサネット経由の電源供給)ポート、PoE デバイスなどがあります。

EnergyWise では、分散モデルを使用して、エネルギーの使用状況が 管理されます

スイッチは、EnergyWise ドメインでグループ化され、ドメイン エンティティになります。ドメイン エンティティは、互いにメッセージの送受信を行います。

EnergyWise ドメイン内のエンティティは、クエリーに応答します。

EnergyWise に 参加している エンティティでは、接続された PoE デバイス(IP 電話、IP カメラ、PoE 対応デバイスなど)の電力使用状況が制御されます。たとえば、Catalyst スイッチでは、IP 電話に電源オフのメッセージが送信されます。

EnergyWise がイネーブルなエンティティの場合、次のようになります。

エンティティは常に EnergyWise に参加します。

PoE ポートは EnergyWise に参加します。

非 PoE ポートは EnergyWise に参加しません。

EnergyWise ドメイン

EnergyWise ドメインは、EnergyWise ネットワークになることができます。

ドメインは、電源管理の 1 つの単位として扱われます。

エンティティは、他のドメイン エンティティに対してネイバーツーネイバー関係を持ちます。

詳細については、「追加情報」を参照してください。

EnergyWise ネットワーク

EnergyWise ネットワークには、ドメイン内の EnergyWise エンティティが含まれます。

図 4-1 一般的なネットワーク

 

 

1

電力使用状況を管理するエンティティ

3

エンティティ

2

ドメイン

単一 PoE スイッチ シナリオ

次の場合に電力使用状況を管理します。

PoE エンティティにより、接続されたエンティティの電源がオン/オフにされる場合。

PoE エンティティにより、接続されたエンティティの電源をオン/オフにするネットワーク ポリシーが適用される場合。指定される時間は、PoE エンティティのタイム ゾーンに基づいた現地時間です。たとえば、IP 電話の電源を、現地時間の午前 7:00(0700)にオンにし、現地時間の午後 7:00(1900)にオフにしたりします。

これは、 繰り返しシナリオ とも呼ばれます。

図 4-2 単一 PoE スイッチの例

 

 

1

電力使用状況を管理するエンティティ

3

エンティティ

2

ドメイン

EnergyWise 電力レベル

EnergyWise 電力レベルは、PoE ポートとスイッチの両方を対象とします。

指定できる範囲は 0 ~ 10 です。

デフォルトの電力レベルは 10 です。

Catalyst スイッチでは、レベル 0 はサポートされていません。

PoE ポートでは、レベル 0 ~ 10 がサポートされています。

電力レベルが 0 の場合、ポートの電源はオフになります。

電力レベルが 1 ~ 10 の場合、ポートの電源はオンになります。電力レベルが 0 の場合、PoE ポートまたはスイッチの電源をオンにするには、この範囲内の任意の値を入力します。

電力レベルが変化すると、ポートにより、接続されたエンティティに対する処理が決定されます。

EnergyWise の重要度

PoE ポートまたはスイッチに対して EnergyWise の重要度の値を設定して、ドメイン エンティティをランク付けします。

指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

デフォルトの重要度の値は 1 です。

EnergyWise の名前、役割、およびキーワード

EnergyWise 固有のエンティティ名を設定して、ドメイン エンティティを識別します。

PoE ポートの場合、デフォルトはポート名の短縮形です。たとえば、ギガビット イーサネット 0/2 では、Gi0.2 になります。

スイッチの場合、デフォルトはホスト名です。

ドメイン エンティティの役割を設定して、そのエンティティを他のエンティティと区別します。

PoE ポートの場合、デフォルトは インターフェイス です。

スイッチの場合、デフォルトは型番です。

エンティティを説明するキーワードを少なくとも 1 つ設定して、そのエンティティを他のエンティティと区別します。

設定時の注意事項

デフォルトでは、EnergyWise はディセーブルに設定されています。

エンティティをドメインに追加すると、そのエンティティとそれに関連する PoE ポートに対して EnergyWise はイネーブルになります。

energywise level 0 インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、PoE ポートの電源をオフにします。

energywise level 0 グローバル コンフィギュレーション コマンドでは、エンティティの電源をオフにできません。

PoE ポートの電源が午前 7:00(0700)にオンになるようにエンティティのスケジュールを設定すると、そのポートの電源は、現地時間の午前 7:00(0700)から 1 分以内(午前 7:01(0701)まで)にオンになります。

PoE と EnergyWise の相互作用

 

表 4-1 EnergyWise へのエンティティの参加

EnergyWise エンティティ
PoE モード
auto
never
static

PoE ポート

あり

なし

あり

非 PoE ポート

なし

なし

なし

PoE ポート モードが never の場合、ポートの電源はオフになりますが、EnergyWise はディセーブルになりません。次の操作を実行できます。

ポート上の EnergyWise の設定。

ポート電力レベルの設定。このレベルは、ポート モードを auto または static に変更した後に有効になります。スイッチを再起動する必要はありません。

EnergyWise がディセーブルの場合、エンティティでは、PoE を使用してポートの電源を管理できます。

エンティティの電力供給

特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

show energywise

(任意)EnergyWise がディセーブルになっていることを確認します。

ステップ 2

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

energywise domain domain-name secret [ 0 | 7 ] password [ protocol udp port udp-port-number [ interface interface-id | ip ip-address ]]

エンティティに対して EnergyWise をイネーブルにし、指定した domain-name のドメインにそのエンティティを割り当て、そのドメイン内のエンティティ間のセキュア通信用に password を設定します。

(任意) 0 :暗号化されていないパスワードを使用します。これがデフォルトです。

(任意) 7 :非表示のパスワードを使用します。

0 7 も入力しなければ、デフォルト値の 0 がエンティティで使用されます。

(任意) port udp-port-number :クエリーを送受信する UDP ポートを指定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。デフォルト値は 43440 です。

(任意) interface interface-id :EnergyWise メッセージが送信されるポートを指定します。

(任意) ip ip-address :EnergyWise メッセージが送信される IP アドレスを指定します。

domain-name password の場合

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトでは、ドメインとパスワードは割り当てられていません。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show energywise

show energywise domain

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

エンティティ アトリビュートの設定

特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

show energywise

(任意)EnergyWise がイネーブルになっていることを確認します。

ステップ 2

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

energywise importance importance

(任意)エンティティの重要度を設定します。

指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

デフォルト値は 1 です。

ステップ 4

energywise keywords word,word, ...

(任意)エンティティに少なくとも 1 つのキーワードを割り当てます。

複数のキーワードを割り当てる場合は、キーワードをカンマで区切ります。キーワードの間にスペースは使用しないでください。

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトでは、キーワードは定義されていません。

ステップ 5

energywise management udp-port-number

(任意)クエリーを送受信する UDP ポートを指定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。

デフォルト値は 43440 です。

ステップ 6

energywise name name

(任意)EnergyWise 固有のエンティティ名を指定します。

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトはホスト名です。

ステップ 7

energywise neighbor [ hostname | ip-address ] udp-port-number

(任意)スタティック ネイバーを割り当てます。

(任意)ホスト名( hostname )または IP アドレス( ip-address )。

クエリーを送受信する UDP ポート( udp-port-number )。指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。

デフォルトでは、スタティック ネイバーは割り当てられていません。

ステップ 8

energywise role role

(任意)EnergyWise ドメイン内のエンティティの役割を指定します。たとえば、lobby.b20。

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトは型番です。

ステップ 9

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 10

show energywise

show energywise domain

設定を確認します。

ステップ 11

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

PoE ポートの電力供給

特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートまたはポートの範囲を指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

energywise level 0

または

energywise level 10

(任意)ポートの電源を手動でオフにします。

または

ポートの電源を手動でオンにします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show energywise domain

show energywise children

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

(注) ステップ 3 で設定した電力レベルは、スイッチが再起動するときのデフォルトの電力レベルになります。

PoE ポート アトリビュートの設定

特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定するポートまたはポートの範囲を指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

energywise importance importance

(任意)ポートの重要度を設定します。

指定できる範囲は 1 ~ 100 です。

デフォルト値は 1 です。

ステップ 4

energywise keywords word,word, ...

(任意)ポートに少なくとも 1 つのキーワードを割り当てます。

複数のキーワードを割り当てる場合は、キーワードをカンマで区切ります。キーワードの間にスペースは使用しないでください。

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトでは、キーワードは定義されていません。

ステップ 5

energywise name name

(任意)EnergyWise 固有のポート名を指定します。

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトはポート名の短縮形です。たとえば、ギガビット イーサネット 0/2 では、Gi0.2 になります。

ステップ 6

energywise role role

(任意)ドメイン内のポートの役割を指定します。たとえば、lobbyport です。

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトの役割は interface です。

ステップ 7

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

show energywise domain

show energywise children

設定を確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

自動での電力管理(繰り返し)

特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

show energywise

(任意)EnergyWise がイネーブルになっていることを確認します。

ステップ 2

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

energywise domain domain-name secret [ 0 | 7 ] password [ protocol udp port udp-port-number [ interface interface-id | ip ip-address ]]

エンティティに対して EnergyWise をイネーブルにし、指定した domain-name のドメインにそのエンティティを割り当て、そのドメイン内のエンティティ間のセキュア通信用に password を設定します。

(任意) 0 :暗号化されていないパスワードを使用します。これがデフォルトです。

(任意) 7 :非表示のパスワードを使用します。

0 7 も入力しなければ、デフォルト値の 0 がエンティティで使用されます。

(任意) port udp-port-number :クエリーを送受信する UDP ポートを指定します。

指定できる範囲は 1 ~ 65000 です。

デフォルト値は 43440 です。

(任意) interface interface-id :EnergyWise メッセージを送信するポートを指定します。

(任意) ip ip-address :EnergyWise メッセージを送信するポートの IP アドレスを指定します。

domain-name password の場合

英数字と記号(#、(、%、!、& など)を入力できます。

アスタリスク(*)、および文字や記号の間の空白は使用できません。

デフォルトでは、ドメインとパスワードは割り当てられていません。

ステップ 4

interface interface-id

設定するポートまたはポートの範囲を指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

energywise level 10 recurrence importance importance at minute hour day_of_month month day_of_week

(任意)電源投入の繰り返しのスケジュールを設定します。

importance importance :ドメイン内のポートの重要度を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 100 です。デフォルト値は 1 です。

minute :指定できる範囲は 0 ~ 59 です。ワイルドカードには * を使用します。

hour :指定できる範囲は 0 ~ 23 です。ワイルドカードには * を使用します。

day_of_month :指定できる範囲は 1 ~ 31 です。ワイルドカードには * を使用します。

month :指定できる範囲は 1(1 月)~ 12(12 月)です。ワイルドカードには * を使用します。

day_of_week :指定できる範囲は 0(日曜日)~ 6(土曜日)です。ワイルドカードには * を使用します。

(注) 指定する時刻は、PoE エンティティのタイム ゾーンに基づいた現地時間です。

ステップ 6

energywise level 0 recurrence importance importance at minute hour day_of_month month day_of_week

(任意)電源切断の繰り返しのスケジュールを設定します。

importance importance :ドメイン内のポートの重要度を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 100 です。デフォルト値は 1 です。

minute :指定できる範囲は 0 ~ 59 です。ワイルドカードには * を使用します。

hour :指定できる範囲は 0 ~ 23 です。ワイルドカードには * を使用します。

day_of_month :指定できる範囲は 1 ~ 31 です。ワイルドカードには * を使用します。

month :指定できる範囲は 1(1 月)~ 12(12 月)です。ワイルドカードには * を使用します。

day_of_week :指定できる範囲は 0(日曜日)~ 6(土曜日)です。ワイルドカードには * を使用します。

(注) 指定する時刻は、PoE エンティティのタイム ゾーンに基づいた現地時間です。

ステップ 7

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

show energywise recurrence

設定を確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ドメインの設定

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# energywise domain cisco secret cisco protocol udp port 43440 ip 2.2.4.30
Switch(config)# energywise importance 50
Switch(config)# energywise keywords lab1,devlab
Switch(config)# energywise name LabSwitch
Switch(config)# energywise neighbor TG3560G-21 43440
Switch(config)# energywise role role.labaccess
Switch(config)# end
Switch# show energywise domain
Name : TG3560G-41
Domain : cisco
Protocol : udp
IP : 2.2.2.21
 
Port : 43440
Switch# show energywise neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone
Id Neighbor Name Ip:Port Prot Capability
-- ------------- ------- ---- ----------
1 TG3560G-21 2.2.2.21:43440 udp S I
2 TG3560G-31 2.2.4.31:43440 static S I
3 TG3560G-22 2.2.2.22:43440 cdp S I

手動での電力管理

研究室(lab)の IP 電話の電源をオンにします。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# energywise domain cisco secret cisco protocol udp port 43440 ip 2.2.4.44
Switch(config)# interface gigabitethernet0/3
Switch(config-if)# energywise importance 65
Switch(config-if)# energywise name labphone.5
Switch(config-if)# energywise role role.labphone
Switch(config-if)# end

自動での電力管理

研究室(lab)の IP 電話の電源が、現地時間の午前 8:00(0800)に自動的にオンになり、現地時間の午後 8:00(2000)に自動的にオフになります。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# energywise domain cisco secret cisco protocol udp port 43440 ip 2.2.4.30
Switch(config)# interface gigabitethernet0/3
Switch(config-if)# energywise level 10 recurrence importance 90 at 0 8 * * *
Switch(config-if)# energywise level 0 recurrence importance 90 at 0 20 * * *
Switch(config-if)# energywise importance 50
Switch(config-if)# energywise name labInterface.3
Switch(config-if)# energywise role role.labphone
Switch(config-if)# end
 
Switch# show energywise recurrences
Id Addr Class Action Lvl Cron
-- ---- ----- ------ --- ----
1 Gi0/3 QUERY SET 10 minutes: 0 hour: 8 day: * month: * weekday: *
2 Gi0/3 QUERY SET 0 minutes: 0 hour: 20 day: * month: * weekday: *
 
Switch# show running-config
<output truncated>
interface GigabitEthernet0/3
energywise level 10 recurrence at 0 8 * * *
energywise level 0 recurrence at 0 20 * * *
energywise importance 50
energywise role role.lobbyaccess
energywise name lobbyInterface.3
end
<output truncated>

複数エンティティの管理

「複数 PoE スイッチ シナリオ」

「EnergyWise クエリー」

「ドメイン内の電力を管理するクエリーの使用方法」

「例」

複数 PoE スイッチ シナリオ

図 4-3 複数 PoE スイッチの例

 

 

1

電力使用状況を管理するエンティティ

3

エンティティ

2

ドメイン

EnergyWise クエリー

電力使用状況の情報を収集します。

エンティティからの電力情報をまとめます。

パラメータを設定します。

結果をフィルタリングするために、次のアトリビュートを使用します。

重要度

エンティティ名

ポートまたはポートのグループに対する 1 つ以上のキーワード

EnergyWise の重要度の値を使用して、クエリーのエンティティを選択します。たとえば、事務所の電話機は、スリープ モードになってはならない緊急電話機よりも重要度の値は小さいです。

クエリーの結果には、そのクエリーで指定された値以下の重要度の値を持つエンティティ(PoE ポートなど)が示されます。

エンティティは、すべてのドメイン エンティティにクエリーを送信して結果を受信します。

ドメイン内の電力を管理するクエリーの使用方法

特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

energywise query importance importance { keywords word,word, ... | name name } collect { delta | usage }

または

energywise query importance importance { keywords word,word, ... | name name } sum { delta | usage }

(任意)ドメインのエンティティと PoE ポートの電力情報を表示するクエリーを実行します。

importance importance :重要度の値に基づいて結果をフィルタリングします。指定した値以下の値を持つエンティティだけが表示されます。 importance の値の範囲は 1 ~ 100 です。

(任意) keywords word,word, ... :指定した 1 つ以上のキーワードに基づいて結果をフィルタリングします。

(任意) name name :名前に基づいて結果をフィルタリングします。ワイルドカードには、* か、 name *(名前の最後にアスタリスク)を使用します。

collect { delta | usage } :エンティティと PoE ポートのデルタ値または使用状況値を表示します。

delta :電力使用状況の現在値と使用可能値の差だけを表示します。

usage :現在の電力使用状況だけを表示します。

sum { delta | usage } :エンティティと PoE ポートのデルタ値または使用状況値の合計を表示します。

delta :電力使用状況の現在値と使用可能値の差の合計だけを表示します。

usage :現在の電力使用状況の合計を表示します。

の合計は正確ではありません。Queried の合計は正確であり、クエリーに応答するエンティティの合計数になります。

他のクエリーを実行するには、このステップを繰り返します。

ステップ 2

energywise query importance importance { keywords word,word, ... | name name } set level level

(任意)ドメインのエンティティまたは PoE ポートの電源をオン/オフにするクエリーを実行します。


注意 このクエリーは、コマンドを入力するエンティティおよびクエリーの基準に一致する他のドメイン エンティティに影響を与えるため、注意して使用してください。

importance importance :重要度の値に基づいて結果をフィルタリングします。指定した値以下の値を持つエンティティだけが表示されます。 importance の値の範囲は 1 ~ 100 です。

(任意) keywords word,word, ... :指定した 1 つ以上のキーワードに基づいて結果をフィルタリングします。

(任意) name name :名前に基づいて結果をフィルタリングします。ワイルドカードには、* か、 name *(名前の最後にアスタリスク)を使用します。

set level level :エンティティまたは PoE ポートの電力レベルを設定します。指定できる範囲は 0 ~ 10 です。

他のクエリーを実行するには、このステップを繰り返します。

「名前アトリビュートを指定したクエリー」

「キーワードを指定したクエリー」

「電力レベルを設定するクエリー」

これらの例では、Switch 1 と Switch 2 が同じドメイン内に存在します。エンティティ shipping.1 は、Switch 1 上の PoE ポートです。エンティティ shipping.2 は、Switch 2 上の PoE ポートです。

名前アトリビュートを指定したクエリー

shipping で始まる名前を持ち、重要度の値が 80 以下のドメイン エンティティの電力使用状況を表示するには、次のクエリーを Switch 1 上で実行します。

Switch# energywise query importance 80 name shipping.* collect usage
EnergyWise query, timeout is 3 seconds:
 
Host Name Usage
---- ---- -----
192.168.20.1 shipping.1 6.3 (W)
192.168.20.2 shipping.2 8.5 (W)
 
Queried: 2 Responded: 2 Time: 0.4 seconds
 

最初の行( shipping.1 )は Switch 1 の結果です。2 番めの行( shipping.2 )は Switch 2(Switch 1 のネイバー)の結果です。

キーワードを指定したクエリー

異なる名前と異なる役割を持ち、重要度の値が 80 以下の IP 電話のなかで、 Admin キーワードを持つものすべての電力使用状況を表示するには、次のクエリーを Switch 1 上で実行します。

Switch# energywise query importance 80 keyword Admin collect usage
EnergyWise query, timeout is 3 seconds:
 
Host Name Usage
---- ---- -----
192.168.40.2 shipping.1 6.3 (W)
192.168.50.2 orders.1 10.3 (W)
 
Queried: 2 Responded: 2 Time: 0.5 seconds
 

Switch 1 では、2 台の電話機が Switch 2(Switch 1 のネイバー)に接続されています。

電力レベルを設定するクエリー

次のクエリーを Switch 1 上で実行します。

shipping.2 エンティティの電力レベルを 0 に設定します。

Switch# energywise query importance 80 name shipping.2 set level 0
 

shipping.1 エンティティと shipping.2 エンティティの電力レベルを手動で 0 に設定します。

Switch# energywise query importance 90 name shipping.* set level 0
 

キーワード Admin を持つエンティティの電力レベルを 10 に設定します。

Switch# energywise query importance 60 keyword Admin set level 10
EnergyWise query, timeout is 3 seconds:
!!!!
Success rate is (2/2) setting entities
 
Queried: 2 Responded: 2 Time: 0.15 seconds
 

電力レベルを確認します。

Switch# energywise query importance 85 keyword Admin collect usage
EnergyWise query, timeout is 3 seconds:
 
Host Name Usage
---- ---- -----
192.168.40.2 shipping.1 0.0 (W)
192.168.50.2 orders.1 0.0 (W)
 
Queried: 2 Responded: 2 Time: 0.9 seconds
 

電力レベルを確認するために、Switch 1 上と Switch 2 上で show energywise usage 特権 EXEC コマンドを使用することもできます。

EnergyWise のトラブルシューティング

「CLI コマンドの使用方法」

「電力使用状況の確認」

CLI コマンドの使用方法

 

表 4-2 EnergyWise のコマンド

コマンド
目的

clear energywise neighbors 特権 EXEC

エンティティ上の EnergyWise ネイバー テーブルを削除します。そのあとすぐにネイバーを検出し、テーブルを再作成します。

no energywise インターフェイス コンフィギュレーション

PoE ポート上の EnergyWise をディセーブルにします。

no energywise domain グローバル コンフィギュレーション

エンティティ上で EnergyWise をディセーブルにします。

 

表 4-3 show 特権 EXEC コマンド

コマンド
目的

show energywise

エンティティの設定とステータスを表示します。

show energywise children

ドメイン内のエンティティと PoE ポートのステータスを表示します。

show energywise domain

エンティティが所属するドメインを表示します。

show energywise events

ドメイン内の他のエンティティに送信された最新の 10 個のイベント(メッセージ)を表示します。

show energywise neighbors

エンティティが所属するドメインのネイバー テーブルを表示します。

show energywise recurrences

EnergyWise の繰り返しの設定とステータスを表示します。

show energywise statistics

イベントとエラーのカウンタを表示します。

show energywise usage

エンティティの現在の電力使用状況を表示します。

show energywise version

現在の EnergyWise のバージョンを表示します。

show power inline

PoE ステータスを表示します。

show cdp neighbors

CDP で検出されたネイバーを表示します。

これらのコマンドの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。

電力使用状況の確認

この例では、Cisco 7960 IP Phone が 6.3 ワットを使用し、Cisco 7970G IP Phone が 10.3 ワットを使用しています。

Switch# show energywise usage children
Interface Name Usage Caliber
--------- ---- ----- -------
Switch 144.0 (W) max
Gi0/1 Gi1.0.1 6.3 (W) trusted
Gi0/2 Gi1.0.2 10.3 (W) trusted
 

追加情報

「同じ LAN 内での電力管理」

「IP ルーティングによる電力管理」

同じ LAN 内での電力管理

複数のスイッチが、同じ LAN 内かつ同じ EnergyWise ドメイン内で接続されています。

図 4-4 複数の LAN を含む EnergyWise

 

ドメイン コンフィギュレーションには、次のものが含まれます。

UDP のデフォルト ポート(43440)

Catalyst PoE スイッチが接続された Switch 2 上のギガビット イーサネット ポート 0/23

Switch 1 上で、ドメインを設定します。

Switch(config): energywise domain cisco secret 0 cisco protocol udp port 43440 interface gigabitethernet1/0/23
 

Switch 1 上で、EnergyWise プロトコルがネイバーを検出したことを確認します。

Switch# show energywise neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone
Id Neighbor Name Ip:Port Prot Capability
-- ------------- ------- ---- ----------
4 Switch-2 192.168.20.2:43440 udp S I

IP ルーティングによる電力管理

Switch 1 と Switch 2 が、 分離したドメイン 内にあります。自動では、ネイバーが検出されない可能性があります。

図 4-5 IP ルーティングを含む EnergyWise

 

Switch 1 上で、ドメインの分離を防ぐために、Switch 2 をスタティック ネイバーとして手動で割り当てます。あるいは、その逆の関係を割り当てます。

Switch(config)# energywise neighbor 192.168.2.2 43440
 

Switch 1 と Switch 3 は同じ LAN 内にあるため、Switch 3 は、Switch 1 からネイバーとして検出されます。

Switch 1 上で、近接ディスカバリを確認します。

Switch# show energywise neighbors
Capability Codes: R-Router, T-Trans Bridge, B-Source Route Bridge
S-Switch, H-Host, I-IGMP, r-Repeater, P-Phone
 
Id Neighbor Name Ip:Port Prot Capability
-- ------------- ------- ---- ----------
6 Switch-2 192.168.2.2:43440 static S I
9 Switch-3 192.168.1.3:43440 cdp S I
 

Switch 1 では、ネイバーを検出するために、スタティックとダイナミックの両方のプロトコルが使用されます。

スイッチが同じドメイン内にあることを確認します。

Switch# energywise query name * collect usage
EnergyWise query, timeout is 3 seconds:
Host Name Usage
---- ---- -----
192.168.1.2 Switch-1 96.0 (W)
192.168.40.2 shipping.1 6.3 (W)
192.168.40.2 guest.1 10.3 (W)
192.168.50.2 shipping.2 8.5 (W)
192.168.50.2 lobby.1 10.3 (W)
 
Queried: 72 Responded: 72 Time: 0.65 second
 

ルーティングされるネットワークでは、VLAN に割り当てられたスイッチ ポートをルータ インターフェイスに接続できます。VLAN SVI の IP アドレスは 192.168.1.2 です。ルータ インターフェイスの IP アドレスは 192.168.1.1 です。

ドメインを設定します。

Switch(config)# energywise domain cisco secret 0 cisco protocol udp port 43440 ip 192.168.1.2

) ドメインの分離を防ぐために、Router A 上でヘルパー アドレスを設定し、ルータが UDP を使用してブロードキャスト パケットを転送するように、次のコマンドで指定することもできます。

ip helper-address address インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

ip forward-protocol udp [port] グローバル コンフィギュレーション コマンド