Catalyst 2960 スイッチ ソフトウェア コンフィギュ レーション ガイド Rel. 12.2(40)SE
索引
Index
発行日;2012/01/09 | 英語版ドキュメント(2011/07/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

Index

A

access-class コマンド 29-16

ACE

IP 29-2

QoS 31-7

イーサネット 29-2

定義 29-2

ACL

ACE 29-2

any キーワード 29-10

host キーワード 29-10

IP

暗示のマスク 29-7

暗黙の拒否 29-7, 29-12, 29-13

一致条件 29-5

作成 29-5

フラグメントおよび QoS の注意事項 31-32

未定義 29-17

IPv4

一致条件 29-5

インターフェイスへの適用 29-17

作成 29-5

サポートされていない機能 29-5

端末回線、設定 29-16

名前付き 29-12

番号 29-6

MAC 拡張 29-20, 31-43

QoS 31-7, 31-41

QoS のためのトラフィックの分類 31-41

一致 29-5, 29-17

エントリの並べ替え 29-12

拡張 IP、QoS 分類のための設定 31-42

拡張 IPv4

一致条件 29-5

作成 29-8

クラス マップごとの数 31-32

コメント 29-15

コンパイル 29-18

サポート 1-8

サポートされていない機能、IPv4 29-5

時間範囲 29-14

定義 29-1, 29-5

適用

QoS へ 31-7

インターフェイスへの 29-17

時間範囲 29-14

名前付き、IPv4 29-12

ハードウェアおよびソフトウェアの処理 29-17

ハードウェアでのサポート 29-17

標準 IP、QoS 分類のための設定 31-41

標準 IPv4

一致条件 29-5

作成 29-7

モニタ 29-22

29-18, 31-41

ACL エントリの並べ替え 29-12

ACL での時間範囲 29-14

ACL の IP プロトコル 29-9

AC(コマンド スイッチ) 5-9

Address Resolution Protocol

「ARP」を参照

ARP

定義 1-5, 6-28

テーブ

アドレスの解決 6-28

管理 6-28

Auto-MDIX

設定 10-17

説明 10-17

B

BackboneFast

イネーブル化 17-14

サポート 1-6

説明 17-5

ディセーブル化 17-15

BPDU

errdisable ステート 17-2

RSTP フォーマット 16-13

フィルタリング 17-3

BPDU ガード

イネーブル化 17-11

サポート 1-6

説明 17-2

ディセーブル化 17-12

BPDU フィルタリング

イネーブル化 17-12

サポート 1-6

説明 17-3

ディセーブル化 17-13

Bridge Protocol Data Unit

「BPDU」を参照

broadcast storm-control コマンド 21-4

C

Catalyst 2950 スイッチのアップグレード

機能的な動作の非互換項目 C-5

互換性のないコマンド メッセージ C-1

コンフィギュレーション コマンドでの相違 C-1

推奨 C-1

設定の互換性の問題 C-1

CA の信頼点

設定 8-40

定義 8-38

CDP

イネーブル化およびディセーブル化

インターフェイス 22-4

スイッチ 22-3

概要 22-1

更新 22-2

サポート 1-5

信頼境界 31-37

スイッチ クラスタの自動検出 5-5

設定 22-2

説明 22-1

送信タイマーおよびホールドタイム、設定 22-2

定義、LLDP を使用 23-1

デフォルト設定 22-2

モニタ 22-4

ルーティング デバイスでディセーブル化 22-3 ~ 22-4

CGMP

IGMP スヌーピング学習方式として 20-9

マルチキャスト グループへの加入 20-3

CipherSuites 8-39

Cisco 7960 IP Phone 14-1

Cisco Discovery Protocol

「CDP」を参照

Cisco IOS IP Service Level Agreements(SLA)responder 1-4

Cisco IOS IP SLA 30-1

Cisco IOS ファイル システム

「IFS」を参照

Cisco Network Assistant

「Network Assistant」を参照

CiscoWorks 2000 1-4, 28-4

CIST リージョナル ルート

「MSTP」を参照

CIST ルート

「MSTP」を参照

Class of Service

「CoS」を参照

CLI

エラー メッセージ 2-5

クラスタの管理 5-14

コマンド出力のフィルタリング 2-10

コマンドの no 形式および default 形式 2-4

コマンドの省略 2-4

コマンド モード 2-1

コンフィギュレーション ロギング 2-5

説明 1-4

ヘルプについて 2-3

編集機能

イネーブル化およびディセーブル化 2-7

キーストローク編集 2-7

ラップアラウンド機能で折り返された行 2-9

履歴

コマンドの呼び出し 2-6

説明 2-6

ディセーブル化 2-7

バッファ サイズの変更 2-6

CNS 1-4

Configuration Engine

ConfigID、DeviceID、ホスト名 4-3

イベント サービス 4-3

コンフィギュレーション サービス 4-2

説明 4-1

管理機能 1-4

組み込み型エージェント

イベント エージェントのイネーブル化 4-8

コンフィギュレーション エージェントのイネーブル化 4-9

自動設定のイネーブル化 4-7

説明 4-5

Coarse Wave Division Multiplexer

「CWDM SFP」を参照

config.text 3-12

configure terminal コマンド 10-6

config-vlan モード 2-2, 12-6

CoS

プライオリティの上書き 14-6

プライオリティを信頼する 14-6

レイヤ 2 フレーム 31-2

crashinfo ファイル 35-21

CWDM SFP 1-17

D

default コマンド 2-4

description コマンド 10-18

DHCP 19-12

Cisco IOS サーバ データベース

設定 19-11

イネーブル化

リレー エージェント 19-9

DHCP Option 82

回線 ID サブオプション 19-5

概要 19-3

設定時の注意事項 19-7

デフォルト設定 19-7

パケット形式、サブオプション

回線 ID 19-5

リモート ID 19-5

表示 19-12

リモート ID サブオプション 19-5

DHCP スヌーピング

Option 82 データ挿入 19-3

エッジ スイッチから信頼できないパケットを受信 19-3, 19-10

信頼できないインターフェイス 19-2

信頼できないメッセージ 19-2

信頼できるインターフェイス 19-2

設定時の注意事項 19-7

デフォルト設定 19-7

バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブルの表示 19-12

メッセージ交換プロセス 19-4

DHCP スヌーピング バインディング データベース

イネーブル化 19-11

エージェントに関する統計情報をクリア 19-12

エントリ 19-5

削除

データベース エージェント 19-12

バインディング 19-12

バインディング ファイル 19-12

ステータスおよび統計情報の表示 19-12

設定 19-11

設定時の注意事項 19-8

説明 19-5

データベースの更新 19-12

デフォルト設定 19-7

バインディング 19-5

バインディング エントリ、表示 19-12

バインディングの追加 19-11

バインディング ファイル

形式 19-6

ロケーション 19-5

表示 19-12

リセット

タイムアウトの値 19-12

遅延時間の値 19-12

DHCP スヌーピング バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP ベースの自動設定

BOOTP との関係 3-3

概要 3-3

クライアントのメッセージ交換要求 3-4

サポート 1-4

設定

DNS 3-6

TFTP サーバ 3-5

クライアント側 3-3

サーバ側 3-5

リレー デバイス 3-6

リース オプション

IP アドレス情報 3-5

コンフィギュレーション ファイルの受信 3-5

リレー サポート 1-4

3-8

Differentiated Services Code Point 31-2

Differentiated Services アーキテクチャ、QoS 31-2

DNS

DHCP ベースの自動設定 3-6

IPv6 32-4

概要 6-16

サポート 1-4

設定 6-17

設定の表示 6-18

デフォルト設定 6-17

Domain Name System

「DNS」を参照

DoS 攻撃 21-1

DSCP 1-9, 31-2

DSCP 透過 31-38

DTP 1-7, 12-15

dynamic auto トランキング モード 12-15

dynamic desirable トランキング モード 12-15

Dynamic Host Configuration Protocol

「DHCP ベースの自動設定」を参照

Dynamic Trunking Protocol

「DTP」を参照

E

ELIN ロケーション 23-3

errdisable ステート、BPDU 17-2

EtherChannel

IEEE 802.3ad、説明 34-5

LACP

システム プライオリティ 34-16

ステータスの表示 34-17

説明 34-5

他の機能との相互作用 34-6

ポート プライオリティ 34-16

ホット スタンバイ ポート 34-15

モード 34-5

PAgP

Catalyst 1900 との互換性 34-14

学習方式およびプライオリティの設定 34-14

サポート 1-3

集約ポート ラーナー 34-14

ステータスの表示 34-17

説明 34-4

他の機能との相互作用 34-5

モード 34-4

サポート 1-3

自動作成 34-4, 34-5

ステータスの表示 34-17

設定時の注意事項 34-9

説明 34-2

相互作用

STP 34-9

VLAN 34-10

チャネル グループ

34-3

物理インターフェイスと論理インターフェイスのバインディング 34-3

デフォルト設定 34-9

転送方式 34-6, 34-13

ポート グループ 10-3

ポートチャネル インターフェイス

34-3

説明 34-3

レイヤ 2 インターフェイスの設定 34-10

ロードバランシング 34-6, 34-13

EtherChannel ガード

イネーブル化 17-15

説明 17-7

ディセーブル化 17-15

EUI 32-3

Express Setup 1-2

『Getting Started Guide』も参照

Extended Universal Identifier

「EUI」を参照

Extensible Authentication Protocol over LAN 9-1

F

fa0 インターフェイス 1-5

Flex Link

Link ロード バランシング 18-2

VLAN 18-2

VLAN ロード バランシングの設定 18-8

設定 18-6

設定時の注意事項 18-5

説明 18-1

デフォルト設定 18-4

モニタ 18-11

優先 VLAN の設定 18-9

Flex Link の VLAN ロード バランシング 18-2

設定時の注意事項 18-5

flowcontrol

設定 10-16

説明 10-16

FTP

MIB ファイルにアクセス A-3

イメージ ファイル

アップロード B-33

サーバの準備 B-29

ダウンロード B-30

古いイメージの削除 B-32

コンフィギュレーション ファイル

アップロード B-15

概要 B-12

サーバの準備 B-13

ダウンロード B-13

G

get-bulk-request 動作 28-3

get-next-request 動作 28-3, 28-5

get-request 動作 28-3, 28-5

get-response 動作 28-3

GUI

「デバイス マネージャ」および「Network Assistant」を参照

H

Hello タイム

MSTP 16-23

STP 15-21

HP OpenView 1-4

HSRP

クラスタ スタンバイ グループに関する考慮事項 5-10

クラスタの自動復旧 5-11

「クラスタ」、「クラスタ スタンバイ グループ」および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

HTTP over SSL

「HTTPS」を参照

HTTPS 8-38

自己署名証明書 8-38

設定 8-41

I

ICMP

IPv6 32-4

time-exceeded メッセージ 35-16

traceroute 35-16

ICMP ping

概要 35-13

実行 35-13

ICMPv6 32-4

IDS 装置

入力 RSPAN 25-21

入力 SPAN 25-13

IEEE 802.1D

「STP」を参照

IEEE 802.1p 14-1

IEEE 802.1Q

カプセル化 12-14

設定時の制限事項 12-16

タグなしトラフィック用ネイティブ VLAN 12-20

トンネル ポート 10-3

IEEE 802.1s

「MSTP」を参照

IEEE 802.1w

「RSTP」を参照

IEEE 802.1x

「ポートベース認証」を参照

IEEE 802.3ad

「EtherChannel」を参照

IEEE 802.3x フロー制御 10-16

ifIndex 値、SNMP 28-6

IFS 1-5

IGMP

join メッセージ 20-3

クエリー 20-4

サポート 1-3

サポートされているバージョン 20-3

脱退タイマーの設定

イネーブル化 20-11

説明 20-6

脱退プロセス、イネーブル化 20-11, 33-9

フラッディングしたマルチキャスト トラフィック

クエリー送信要求 20-13

グローバル Leave 20-13

時間の制御 20-12

ディセーブル化、インターフェイス上 20-13

フラッディング モードからの回復 20-13

マルチキャスト グループからの脱退 20-5

マルチキャスト グループへの加入 20-3

レポート抑制

説明 20-6

ディセーブル化 20-16, 33-11

IGMP グループ

最大数の設定 20-27

フィルタリングの設定 20-28

IGMP スヌーピング

VLAN コンフィギュレーション 20-8

アドレス エイリアス 20-2

イネーブル化およびディセーブル化 20-7, 33-6

クエリア

設定 20-14

設定時の注意事項 20-14

グローバル コンフィギュレーション 20-8

サポート 1-3

サポートされているバージョン 20-3

設定 20-7

即時脱退 20-6

定義 20-1

デフォルト設定 20-7, 33-5, 33-6

方法 20-8

モニタ 20-16, 33-11

IGMP スロットリング

アクションの表示 20-29

設定 20-28

説明 20-25

デフォルト設定 20-26

IGMP 即時脱退

イネーブル化 20-11

設定時の注意事項 20-11

説明 20-6

IGMP フィルタリング

サポート 1-3

設定 20-26

説明 20-25

デフォルト設定 20-25

モニタ 20-29

IGMP プロファイル

コンフィギュレーション モード 20-26

設定 20-26

適用 20-27

interfaces range macro コマンド 10-8

interface コマンド 10-5

Intrusion Detection System

「IDS 装置」を参照

IP ACL

QoS 分類のため 31-7

暗示のマスク 29-7

暗黙の拒否 29-7, 29-12

名前付き 29-12

未定義 29-17

ip igmp profile コマンド 20-26

IP Phone

QoS 14-1

QoS の信頼境界 31-36

QoS を使用してポート セキュリティを確保 31-36

自動分類およびキューイング 31-19

設定 14-4

IP precedence 31-2

IP Service Level Agreement

「IP SLA」を参照

IP SLA

responder

イネーブル化 30-6

説明 30-3

SNMP サポート 30-2

応答時間 30-4

コントロール プロトコル 30-3

サポートされているメトリック 30-2

設定時の注意事項 30-5

定義 30-1

デフォルト設定 30-5

動作 30-3

ネットワーク パフォーマンスの測定 30-2

モニタ 30-7

利点 30-2

IP traceroute

概要 35-15

実行 35-16

IPv4 ACL

インターフェイスへの適用 29-17

拡張、作成 29-8

名前付き 29-12

標準、作成 29-7

IPv4 および IPv6

相違 32-2

デュアル プロトコル スタック 32-6

IPv6

ICMP 32-4

ICMP レート制限 32-8

SDM テンプレート 32-6, 33-1

アドレス 32-2

アドレス フォーマット 32-2

アプリケーション 32-5

近接ディスカバリ 32-4

サポートされている機能 32-3

自動設定 32-5

スタティック ルートの設定 32-9

定義 32-1

デフォルト設定 32-8

モニタ 32-11

利点 32-2

理由 32-1

IP アドレス

128 ビット 32-2

IPv6 32-2

クラスタ アクセス 5-2

検出 6-28

候補またはメンバー 5-4, 5-12

コマンド スイッチ 5-3, 5-10, 5-12

冗長クラスタ 5-10

スタンバイ コマンド スイッチ 5-10, 5-12

「IP 情報」も参照

IP サービス レベル、分析 30-1

IP 情報

デフォルト設定 3-3

割り当て

DHCP ベースの自動設定を使用 3-3

手動で 3-10

J

join メッセージ、IGMP 20-3

L

LACP

「EtherChannel」を参照

LDAP 4-2

LED、スイッチ

『Hardware Installation Guide』を参照

Lightweight Directory Access Protocol

「LDAP」を参照

Link Aggregation Control Protocol

「EtherChannel」を参照

Link Layer Discovery Protocol

「CDP」を参照

LLDP

概要 23-1

サポートされている TLV 23-2

スイッチ スタックに関する考慮事項 23-2

設定 23-3

デフォルト設定 23-3

特性 23-4

送信タイマーおよびホールドタイム、設定 23-4

ディセーブル化およびイネーブル化

インターフェイス 23-5

グローバル 23-4

モニタおよびメンテナンス 23-7

LLDP-MED

概要 23-1, 23-2

サポートされている TLV 23-2

設定

TLV 23-6

手順 23-3

モニタおよびメンテナンス 23-7

LLDP Media Endpoint Discovery

「LLDP-MED」を参照

Long-Reach Ethernet(LRE)テクノロジー 1-14

LRE プロファイル、スイッチ クラスタに関する考慮事項 5-14

M

MAC/PHY コンフィギュレーション/ステータス TLV 23-2

MAC アドレス

ACL 29-20

VLAN アソシエーション 6-21

アドレス テーブルの作成 6-21

エージング タイム 6-22

検出 6-28

スタティック

許可 6-27

削除 6-26

追加 6-25

特性 6-25

破棄 6-27

ダイナミック

削除 6-23

ラーニング 6-21

デフォルト設定 6-22

表示 6-27

MAC アドレス通知、サポート 1-10

MAC アドレス テーブル移動更新

設定 18-9

設定時の注意事項 18-5

説明 18-3

デフォルト設定 18-5

モニタ 18-11

MAC アドレスと VLAN のマッピング 12-25

MAC 拡張アクセス リスト

QoS のための設定 31-43

QoS 分類のため 31-5

作成 29-20

定義 29-20

レイヤ 2 インターフェイスへの適用 29-21

MIB

SNMP と相互作用 28-4

概要 28-1

サポートされている A-1

ファイルにアクセス、FTP を使用 A-3

ファイルの場所 A-3

MSTP

BPDU ガード

イネーブル化 17-11

説明 17-2

BPDU フィルタリング

イネーブル化 17-12

説明 17-3

CIST、説明 16-3

CIST リージョナル ルート 16-3, 16-6

CIST ルート 16-5

CST

定義 16-3

リージョン間の動作 16-4

EtherChannel ガード

イネーブル化 17-15

説明 17-7

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再起動 16-26

説明 16-9

IEEE 802.1s

実装 16-7

ポートの役割名の変更 16-7

用語 16-5

IST

定義 16-3

マスター 16-3

リージョン内の動作 16-3

MST リージョン

CIST 16-3

IST 16-3

サポートされるスパニング ツリー インスタンス 16-2

設定 16-16

説明 16-2

ホップ カウント メカニズム 16-6

PortFast

イネーブル化 17-10

説明 17-2

PortFast 対応ポートのシャットダウン 17-2

VLAN を MST インスタンスにマッピング 16-17

インターフェイス ステート、ブロッキングからフォワーディングへ 17-2

概要 16-2

拡張システム ID

セカンダリ ルート スイッチでの影響 16-19

予期しない動作 16-18

ルート スイッチでの影響 16-18

境界ポート

設定時の注意事項 16-16

説明 16-6

サポートされているインスタンス 15-10

サポートされているオプション機能 1-6

ステータスの表示 16-27

ステータス、表示 16-27

設定

Hello タイム 16-23

MST リージョン 16-16

高速コンバージェンスのリンク タイプ 16-25

最大エージング タイム 16-24

最大ホップ カウント 16-25

スイッチ プライオリティ 16-22

セカンダリ ルート スイッチ 16-19

転送遅延時間 16-24

ネイバ タイプ 16-26

パス コスト 16-21

ポート プライオリティ 16-20

ルート スイッチ 16-18

設定時の注意事項 16-16, 17-10

デフォルト設定 16-15

デフォルトのオプション機能の設定 17-10

モード間の相互運用性と下位互換性 15-10

モードのイネーブル化 16-16

ルート ガード

イネーブル化 17-16

説明 17-8

ルート スイッチ

拡張システム ID の影響 16-18

設定 16-18

予期しない動作 16-18

ルート スイッチの選択の防止 17-8

ループ ガード

イネーブル化 17-16

説明 17-9

multicast storm-control コマンド 21-4

Multicast VLAN Registration

「MVR」を参照

MVR

IGMPv3 20-21

アドレス エイリアス 20-21

アプリケーションの例 20-19

インターフェイスの設定 20-23

グローバル パラメータの設定 20-21

サポート 1-3

設定時の注意事項 20-21

説明 20-18

デフォルト設定 20-20

マルチキャスト TV アプリケーション 20-19

モード 20-22

モニタ 20-24

N

NAC

RADIUS サーバを使用する IEEE 802.1x 検証 9-37

RADIUS サーバを使用する IEEE 802.1x 認証 9-37

アクセス不能認証バイパス 9-33

クリティカル認証 9-13, 9-33

レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証 1-8, 9-17, 9-37

NameSpace Mapper

「NSM」を参照

Network Admission Control

「NAC」を参照

Network Admission Control Software Configuration Guide 9-39, 9-40

Network Assistant

イメージ ファイルのダウンロード 1-2

ウィザード 1-2

ガイド モード 1-2

管理オプション 1-2

スイッチのアップグレード B-23

説明 1-4

要件 xxxii

利点 1-1

Network Time Protocol

「NTP」を参照

no コマンド 2-4

NSM 4-3

NTP

アクセスの制限

アクセス グループの作成 6-9

インターフェイス単位での NTP サービスのディセーブル化 6-10

アソシエーション

サーバ 6-5

定義 6-2

認証 6-4

ピア 6-5

ブロードキャスト メッセージのイネーブル化 6-7

概要 6-2

サポート 1-5

ストラタム 6-2

設定の表示 6-11

送信元 IP アドレス、設定 6-10

タイム

サービス 6-2

同期化 6-2

デバイスの同期化 6-5

デフォルト設定 6-4

P

PAgP

「EtherChannel」を参照

PC(パッシブ コマンド スイッチ) 5-9

Per-VLAN Spanning-Tree Plus

「PVST+」を参照

PIM-DVMRP、スヌーピング方法として 20-9

ping

概要 35-13

実行 35-13

文字出力の説明 35-13

PortFast

イネーブル化 17-10

サポート 1-6

説明 17-2

モード、スパニング ツリー 12-26

PVST+

IEEE 802.1Q トランキングの相互運用性 15-11

サポートされているインスタンス 15-10

説明 15-9

Q

QoS

DSCP 透過 31-38

IP Phone

検出および信頼設定 31-19, 31-36

自動分類およびキューイング 31-19

MQC コマンド 31-1

QoS ラベル、定義 31-4

暗黙の拒否 31-7

概要 31-1

書き換える 31-19

基本モデル 31-4

キュー

SRR、説明 31-12

WTD、説明 31-12

特性の設定、出力 31-62

特性の設定、入力 31-58

ハイ プライオリティ(緊急) 31-18, 31-68

場所 31-11

クラス マップ

設定 31-44

表示 31-70

グローバルなイネーブル化 31-33

サポート 1-9

自動 QoS

イネーブル化、VoIP 用 31-25

実行コンフィギュレーションでの影響 31-24

出力キューのデフォルト 31-20

初期設定の表示 31-29

生成コマンドの一覧 31-21

生成コマンドの表示 31-26

設定時の注意事項 31-24

設定とデフォルトの表示 31-29

設定例 31-27

説明 31-19

ディセーブル化 31-26

トラフィックの分類 31-20

入力キューのデフォルト 31-20

出力インターフェイスの帯域幅の制限 31-69

出力キュー

DSCP または CoS 値のマッピング 31-65

SRR 共有重みの設定 31-67

SRR シェーピング重みの設定 31-66

WTD しきい値の設定 31-63

WTD、説明 31-18

しきい値マップの表示 31-66

スケジューリング、説明 31-4

説明 31-4

バッファ スペースの割り当て 31-63

バッファ割り当て方式、説明 31-17

フローチャート 31-16

信頼状態

信頼性のあるデバイス 31-36

説明 31-5

ドメイン内 31-34

別のドメインとの境界 31-38

設定

DSCP 透過 31-38

DSCP マップ 31-53

IP 拡張 ACL 31-42

IP 標準 ACL 31-41

MAC ACL 31-43

自動 QoS 31-19

集約ポリサー 31-50

出力キューの特性 31-62

信頼境界 31-36

デフォルトのポート CoS 値 31-36

ドメイン内のポートの信頼状態 31-34

入力キューの特性 31-58

別のドメインとの境界での DSCP 信頼状態 31-38

設定時の注意事項

自動 QoS 31-24

標準 QoS 31-32

デフォルトの自動設定 31-20

デフォルトの標準設定 31-29

統計の表示 31-70

入力キュー

DSCP または CoS 値のマッピング 31-59

SRR 共有重みの設定 31-61

WTD しきい値の設定 31-59

WTD、説明 31-14

しきい値マップの表示 31-59

スケジューリング、説明 31-4

説明 31-4

帯域幅の割り当て 31-61

バッファおよび帯域幅の割り当て、説明 31-14

バッファ スペースの割り当て 31-60

プライオリティ キュー、説明 31-14

プライオリティ キューの設定 31-61

フローチャート 31-13

パケットの変更 31-19

フローチャート

出力キューイングおよびスケジューリング 31-16

入力キューイングおよびスケジューリング 31-13

分類 31-7

ポリシングおよびマーキング 31-10

分類

DSCP 透過、説明 31-38

DSCP を信頼、説明 31-5

IP ACL、説明 31-6, 31-7

IP precedence を信頼、説明 31-5

IP トラフィックのオプション 31-6

MAC ACL、説明 31-5, 31-7

クラス マップ、説明 31-8

信頼性のある CoS、説明 31-5

定義 31-4

転送処理 31-3

非 IP トラフィックのオプション 31-5

フレームおよびパケット 31-3

フローチャート 31-7

ポリシー マップ、説明 31-8

ポリサー

31-32

設定 31-49, 31-51

説明 31-9

タイプ 31-9

表示 31-70

ポリシー、インターフェイスに結合 31-9

ポリシー マップ

特性 31-46

表示 31-70

物理ポートの非階層型 31-46

ポリシング

説明 31-4, 31-9

トークン バケット アルゴリズム 31-9

マーキング、説明 31-4, 31-9

マークダウン アクション 31-49

マッピング テーブル

CoS/DSCP 31-53

DSCP/CoS 31-56

DSCP/DSCP 変換 31-57

IP precedence/DSCP 31-54

タイプ 31-10

表示 31-70

ポリシング済み DSCP 31-55

QoS の CoS/DSCP マップ 31-53

QoS の CoS 出力キューしきい値マップ 31-18

QoS の CoS 入力キューしきい値マップ 31-14

QoS の DSCP/CoS マップ 31-56

QoS の DSCP/DSCP 変換マップ 31-57

QoS の DSCP 出力キューしきい値マップ 31-18

QoS の DSCP 入力キューしきい値マップ 31-14

QoS の IP precedence/DSCP マップ 31-54

QoS の緊急キュー 31-68

QoS のクラス マップ

設定 31-44

説明 31-8

表示 31-70

QoS の信頼境界 31-36

QoS のポリシー マップ

説明 31-8

特性 31-46

表示 31-70

物理ポートの非階層型

説明 31-9

QoS のポリシング済み DSCP マップ 31-55

QoS のマッピング テーブル

設定

CoS/DSCP 31-53

DSCP 31-53

DSCP/CoS 31-56

DSCP/DSCP 変換 31-57

IP precedence/DSCP 31-54

ポリシング済み DSCP 31-55

説明 31-10

Quality of Service

「QoS」を参照

R

RADIUS

AAA サーバ グループの定義 8-25

アトリビュート

ベンダー固有 8-29

ベンダー独自 8-31

概要 8-18

クラスタ 5-14

サーバの識別 8-20

サポート 1-8

推奨されるネットワーク環境 8-18

設定

アカウンティング 8-28

許可 8-27

通信、グローバル 8-21, 8-29

通信、サーバ単位 8-20, 8-21

認証 8-23

複数の UDP ポート 8-20

設定の表示 8-32

デフォルト設定 8-20

動作 8-19

方式リスト、定義 8-20

ユーザがアクセスできるサービスのトラッキング 8-28

ユーザが使用できるサービスの制限 8-27

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree Plus

「Rapid PVST+」を参照

Rapid PVST+

IEEE 802.1Q トランキングの相互運用性 15-11

サポートされているインスタンス 15-10

説明 15-9

Rapid Spanning Tree Protocol

「RSTP」を参照

rcommand コマンド 5-14

RCP

イメージ ファイル

アップロード B-37

サーバの準備 B-34

ダウンロード B-35

古いイメージの削除 B-37

コンフィギュレーション ファイル

アップロード B-18

概要 B-16

サーバの準備 B-16

ダウンロード B-17

Remote Authentication Dial-In User Service

「RADIUS」を参照

Remote Copy Protocol

「RCP」を参照

Remote Network Monitoring

「RMON」を参照

responder、IP SLA

イネーブル化 30-6

説明 30-3

RFC

1112、IP マルチキャストおよび IGMP 20-2

1157、SNMPv1 28-2

1305、NTP 6-2

1757、RMON 26-2

1901、SNMPv2C 28-2

1902 ~ 1907、SNMPv2 28-2

2236、IP マルチキャストおよび IGMP 20-2

2273 ~ 2275、SNMPv3 28-2

RMON

アラームおよびイベントのイネーブル化 26-3

概要 26-1

サポート 1-10

サポートされているグループ 26-2

ステータスの表示 26-6

デフォルト設定 26-3

統計

収集、イーサネット グループ 26-5

収集、グループ履歴 26-5

RSPAN

VLAN ベース 25-6

宛先ポート 25-6

概要 1-10, 25-1

受信トラフィック 25-4

ステータスの表示 25-24

セッション

イネーブルに設定された入力トラフィック 25-21

作成 25-17

送信元トラフィックを特定の VLAN に制限 25-23

定義 25-3

モニタ対象ポートの指定 25-17

設定時の注意事項 25-17

送信元ポート 25-5

他の機能との相互作用 25-8

定義 25-2

デフォルト設定 25-9

伝送トラフィック 25-5

特性 25-7

モニタ側ポート 25-6

モニタ対象ポート 25-5

RSTP

BPDU

処理 16-13

フォーマット 16-13

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再起動 16-26

説明 16-9

トポロジの変更 16-14

アクティブ トポロジ 16-10

概要 16-9

高速コンバージェンス

エッジ ポートおよび PortFast 16-10

説明 16-10

ポイントツーポイント リンク 16-11, 16-25

ルート ポート 16-10

指定スイッチ、定義 16-9

指定ポート、定義 16-9

提案/合意ハンドシェイク プロセス 16-11

ポートの役割

説明 16-9

同期 16-12

ルート ポート、定義 16-9

「MSTP」も参照

S

SC(スタンバイ コマンド スイッチ) 5-9

SDM

説明 7-1

テンプレート

7-1

設定 7-2

SDM テンプレート

設定 7-2

設定時の注意事項 7-2

タイプ 7-1

Secure Shell

「SSH」を参照

Secure Socket Layer

「SSL」を参照

set-request 動作 28-5

SFP

ステータスのモニタ 10-20, 35-12

ステータス、表示 35-12

セキュリティと識別 35-12

Shaped Round Robin

「SRR」を参照

show access-lists hw-summary コマンド 29-18

show cdp traffic コマンド 22-5

show cluster members コマンド 5-14

show configuration コマンド 10-18

show forward コマンド 35-20

show interfaces コマンド 10-15, 10-18

show lldp traffic コマンド 23-8

show platform forward コマンド 35-20

show running-config コマンド

ACL の表示 29-16, 29-17

インターフェイスの記述 10-18

show および more コマンド出力、フィルタリング 2-10

Smartport マクロ

Web サイト 11-2

グローバル パラメータ値の適用 11-5, 11-6

作成 11-4

シスコのデフォルト マクロの適用 11-6

設定時の注意事項 11-3

追跡 11-3

定義 11-1

デフォルト設定 11-2

パラメータ値の適用 11-5, 11-7

表示 11-8

マクロの適用 11-5

SNAP 22-1

SNMP

ifIndex 値 28-6

informs

trap キーワード 28-12

イネーブル化 28-15

説明 28-5

ディセーブル化 28-15

トラップとの相違 28-5

IP SLA 30-2

MIB

サポートされている A-1

場所 A-3

MIB 変数にアクセス 28-4

NMS に対するシステム ログ メッセージの制限 27-10

TFTP サーバによるアクセスの制限 28-16

エージェント

説明 28-4

ディセーブル化 28-8

エンジン ID 28-7

帯域内管理 1-5

概要 28-1, 28-4

クラスタ 5-13

クラスタの管理 5-15

グループ 28-7, 28-10

コミュニティ ストリング

概要 28-4

クラスタ スイッチ 28-4

設定 28-8

サポートされているバージョン 28-2

システム コンタクトおよびロケーション 28-16

ステータス、表示 28-18

セキュリティ レベル 28-3

設定例 28-17

通知 28-5

デフォルト設定 28-7

トラップ

informs との相違 28-5

MAC アドレス通知のイネーブル化 6-23

イネーブル化 28-12

概要 28-1, 28-5

説明 28-3, 28-5

タイプ 28-12

ディセーブル化 28-15

トラップ マネージャ、設定 28-14

認証レベル 28-11

ホスト 28-7

マネージャ機能 1-4, 28-3

ユーザ 28-7, 28-10

SNMPv1 28-2

SNMPv2C 28-2

SNMPv3 28-2

SPAN

VLAN ベース 25-6

宛先ポート 25-6

概要 1-10, 25-1

受信トラフィック 25-4

ステータスの表示 25-24

セッション

宛先(モニタ側)ポートの削除 25-12

イネーブルに設定された入力トラフィック 25-13

作成 25-10

送信元トラフィックを特定の VLAN に制限 25-15

定義 25-3

入力転送の設定 25-15, 25-22

モニタ対象ポートの指定 25-10

設定時の注意事項 25-10

送信元ポート 25-5

他の機能との相互作用 25-8

デフォルト設定 25-9

伝送トラフィック 25-5

ポート、制限 21-11

モニタ側ポート 25-6

モニタ対象ポート 25-5

Spanning Tree Protocol

「STP」を参照

SPAN トラフィック 25-4

SRR

共有モード 31-13

サポート 1-9

シェーピング モード 31-12

設定

出力キューでの共有重み 31-67

出力キューでのシェーピング重み 31-66

入力キューでの共有重み 31-61

説明 31-12

SSH

暗号化ソフトウェア イメージ 8-33

暗号方式 8-34

設定 8-34

説明 1-5, 8-33

ユーザ認証方式、サポートされている 8-34

SSL

暗号化ソフトウェア イメージ 8-37

セキュア HTTP クライアントの設定 8-43

セキュア HTTP サーバの設定 8-41

設定時の注意事項 8-40

説明 8-37

モニタ 8-44

STP

BackboneFast

イネーブル化 17-14

説明 17-5

ディセーブル化 17-15

BPDU ガード

イネーブル化 17-11

説明 17-2

ディセーブル化 17-12

BPDU フィルタリング

イネーブル化 17-12

説明 17-3

ディセーブル化 17-13

BPDU メッセージ交換 15-3

EtherChannel ガード

イネーブル化 17-15

説明 17-7

ディセーブル化 17-15

IEEE 802.1D およびブリッジ ID 15-4

IEEE 802.1D およびマルチキャスト アドレス 15-8

IEEE 802.1Q トランクの制限 15-10

IEEE 802.1t および VLAN Identifier 15-4

PortFast

イネーブル化 17-10

説明 17-2

PortFast 対応ポートのシャットダウン 17-2

UplinkFast

イネーブル化 17-14

説明 17-3

インターフェイス ステート

概要 15-4

ディセーブル 15-7

フォワーディング 15-5, 15-7

ブロッキング 15-6

ラーニング 15-6

リスニング 15-6

インターフェイス ステート、ブロッキングからフォワーディングへ 17-2

下位 BPDU 15-3

概要 15-2

カウンタ、クリア 15-23

拡張システム ID

概要 15-4

セカンダリ ルート スイッチの影響 15-16

予期しない動作 15-15

ルート スイッチでの影響 15-15

間接リンク障害の検出 17-5

サポートされているインスタンス 15-10

サポートされているオプション機能 1-6

サポートされている機能 1-6

サポートされているプロトコル 15-9

サポートされているモード 15-9

指定スイッチ、定義 15-4

指定ポート、定義 15-4

冗長接続 15-8

ステータスの表示 15-23

ステータス、表示 15-23

設定

Hello タイム 15-21

最大エージング タイム 15-22

スイッチ プライオリティ 15-20

スパニング ツリー モード 15-13

セカンダリ ルート スイッチ 15-16

転送遅延時間 15-22

転送保留カウント 15-23

パス コスト 15-18

ポート プライオリティ 15-17

ルート スイッチ 15-15

設定時の注意事項 15-12, 17-10

タイマー、説明 15-20

ディセーブル化 15-14

デフォルト設定 15-11

デフォルトのオプション機能の設定 17-10

パス コスト 12-23, 12-24

負荷分散

概要 12-21

パス コストを使用 12-23

ポート プライオリティを使用 12-21

ポート プライオリティ 12-22

マルチキャスト アドレス、影響 15-8

モード間の相互運用性と下位互換性 15-10

優位 BPDU 15-3

ルート ガード

イネーブル化 17-16

説明 17-8

ルート スイッチ

拡張システム ID の影響 15-4, 15-15

設定 15-15

選択 15-3

予期しない動作 15-15

ルート スイッチの選択の防止 17-8

ルート ポート、定義 15-3

ルート ポートを短時間で選択する 17-4

ループ ガード

イネーブル化 17-16

説明 17-9

SunNet Manager 1-4

Switch Database Management

「SDM」を参照

Switched Port Analyzer

「SPAN」を参照

switchport block multicast コマンド 21-7

switchport block unicast コマンド 21-7

switchport protected コマンド 21-6

syslog

「システム メッセージ ロギング」を参照

T

TACACS+

アカウンティング、定義 8-11

概要 8-10

許可、定義 8-11

クラスタ 5-14

サーバの識別 8-13

サポート 1-8

設定

アカウンティング 8-17

許可 8-16

認証鍵 8-13

ログイン認証 8-14

設定の表示 8-17

デフォルト設定 8-13

動作 8-12

認証、定義 8-11

ユーザがアクセスできるサービスのトラッキング 8-17

ユーザが使用できるサービスの制限 8-16

tar ファイル

イメージ ファイル形式 B-25

作成 B-6

抽出 B-7

内容の表示 B-6

TDR 1-10

Telnet

管理インターフェイスへのアクセス 2-10

接続数 1-5

パスワードの設定 8-6

Terminal Access Controller Access Control System Plus

「TACACS+」を参照

TFTP

イメージ ファイル

アップロード B-28

サーバの準備 B-26

削除 B-28

ダウンロード B-27

コンフィギュレーション ファイル

アップロード B-12

サーバの準備 B-10

ダウンロード B-11

サーバによるアクセスの制限 28-16

自動設定の設定 3-5

ベース ディレクトリのコンフィギュレーション ファイル 3-6

TFTP サーバ 1-4

Time Domain Reflector

「TDR」を参照

time-range コマンド 29-14

TLV

LLDP 23-2

LLDP-MED 23-2

定義 23-2

ToS 1-9

traceroute コマンド 35-16

「IP traceroute」も参照

traceroute、レイヤ 2

ARP 35-15

CDP 35-14

IP アドレスおよびサブネット 35-15

MAC アドレスおよび VLAN 35-15

使用上のガイドライン 35-14

説明 35-14

ブロードキャスト トラフィック 35-14

ポート上の複数のデバイス 35-15

マルチキャスト トラフィック 35-15

ユニキャスト トラフィック 35-14

trusted(信頼性のある)ポート ステート

IP Phone のポート セキュリティを確保 31-36

QoS ドメイン間 31-38

QoS ドメイン内 31-34

サポート 1-9

分類オプション 31-5

Type of Service

「ToS」を参照

U

UDLD

イネーブル化

インターフェイス単位 24-5

グローバル 24-5

インターフェイスのリセット 24-6

概要 24-1

検出メカニズムとしてエコーを利用 24-3

サポート 1-6

ステータス、表示 24-7

設定時の注意事項 24-4

ディセーブル化

インターフェイス単位 24-5

グローバル 24-5

光ファイバ インターフェイス上 24-5

デフォルト設定 24-4

ネイバ データベース 24-2

リンク検出のメカニズム 24-1

UDLD shutdown インターフェイスのリセット 24-6

unicast storm control コマンド 21-4

UniDirectional Link Detection プロトコル

「UDLD」を参照

UNIX Syslog サーバ

サポートされているファシリティ 27-13

デーモンの設定 27-12

メッセージ ロギングの設定 27-12

UplinkFast

イネーブル化 17-14

サポート 1-6

説明 17-3

ディセーブル化 17-14

V

VLAN

config-vlan モードで作成 12-8

RSPAN 送信元トラフィックを制限 25-23

SPAN 送信元トラフィックを制限 25-15

STP および IEEE 802.1Q トランク 15-10

VLAN コンフィギュレーション モードで作成 12-9

VLAN データベースへの追加 12-8

VTP モード 13-3

間のトラフィック 12-2

エージング、ダイナミック アドレス 15-9

拡張範囲 12-1, 12-11

機能 1-6

削除 12-10

サポートされている 12-2

サポートされている数 1-7

12-2

スタティック アクセス ポート 12-11

スパニング ツリー インスタンス 12-2, 12-6, 12-12

設定 12-1

設定、ID 1006 ~ 4094 12-12

設定オプション 12-6

設定時の注意事項、拡張範囲 VLAN 12-12

設定時の注意事項、標準範囲 VLAN 12-5

説明 10-2, 12-1

追加 12-8

デフォルト設定 12-7

トークンリング 12-5

トランク上で許可される 12-18

ネイティブ、設定 12-20

パラメータ 12-4

表示 12-14

標準範囲 12-1, 12-4

変更 12-8

ポート メンバシップ モード 12-3

マルチキャスト 20-18

vlan.dat ファイル 12-4

VLAN 1 最小化 12-19

VLAN 1、トランク ポート上でディセーブル 12-19

vlan database コマンド 12-6

VLAN ID、検出 6-28

VLAN Management Policy Server

「VMPS」を参照

VLAN Query Protocol

「VQP」を参照

VLAN Trunking Protocol

「VTP」を参照

VLAN 管理ドメイン 13-2

vlan グローバル コンフィギュレーション コマンド 12-6

VLAN コンフィギュレーション

起動時 12-7

保存 12-7

VLAN コンフィギュレーション モード 2-2, 12-6

VLAN データベース

VLAN コンフィギュレーション、保存 12-7

VLAN、保存 12-4

VTP 13-1

スタートアップ コンフィギュレーション ファイル 12-7

VLAN トランク 12-14

VLAN の削除 12-10

VLAN フィルタリングおよび SPAN 25-6

VLAN メンバシップ

確認 12-28

モード 12-3

VLAN 割り当て応答、VMPS 12-25

VMPS

MAC アドレスの VLAN へのマッピング 12-25

管理 12-29

サーバ アドレスの入力 12-27

再確認インターバル、変更 12-28

再試行の回数、変更 12-29

設定時の注意事項 12-26

設定例 12-30

説明 12-24

ダイナミック ポート メンバシップ

再確認 12-28

説明 12-25

トラブルシューティング 12-30

デフォルト設定 12-26

メンバシップの再確認 12-28

モニタ 12-29

Voice over IP 14-1

VQP 1-7, 12-24

VTP

アドバタイズ 12-16, 13-3

拡張範囲 VLAN 13-1

クライアント モード、設定 13-11

クライアントをドメインに追加 13-15

コンフィギュレーション モードのオプション 13-7

コンフィギュレーション リビジョン番号

注意事項 13-15

リセット 13-16

サーバ モード、設定 13-10

サポート 1-7

使用 13-1

整合性検査 13-4

設定

VLAN コンフィギュレーション モード 13-8

クライアント モード 13-11

グローバル コンフィギュレーション モード 13-7

サーバ モード 13-10

注意事項 13-8

特権 EXEC モード 13-7

トランスペアレント モード 13-12

保存 13-8

要件 13-9

設定要件 13-9

説明 13-1

ディセーブル化 13-12

デフォルト設定 13-7

統計 13-16

トークンリングのサポート 13-4

ドメイン 13-2

ドメイン名 13-8

トランスペアレント モード、設定 13-12

バージョン 1 13-4

バージョン 2

イネーブル化 13-13

概要 13-4

設定時の注意事項 13-9

ディセーブル化 13-14

バージョン、注意事項 13-9

パスワード 13-9

標準範囲 VLAN 13-1

プルーニング

イネーブル化 13-14

概要 13-4

サポート 1-7

ディセーブル化 13-15

13-6

プルーニング適格リスト、変更 12-20

モード

移行 13-3

クライアント 13-3, 13-11

サーバ 13-3, 13-10

トランスペアレント 13-3, 13-12

モニタ 13-16

VTP バージョン 2 での整合性検査 13-4

W

Web 認証

IEEE 802.1x のフォールバック 9-39

設定 9-38 ~ 9-40

説明 1-7, 9-17

Weighted Tail Drop

「WTD」を参照

WTD

サポート 1-9

しきい値の設定

出力キューセット 31-63

入力キュー 31-59

説明 31-12

X

Xmodem プロトコル 35-2

アカウンティング

802.1x 9-29

IEEE 802.1x 9-8

RADIUS 8-28

TACACS+ 8-11, 8-17

アクセス

クラスタ、スイッチ 5-12

コマンド スイッチ 5-10

スイッチ クラスタ 5-12

メンバー スイッチ 5-12

アクセス拒否応答、VMPS 12-25

アクセス グループ、インターフェイスへの IPv4 ACL の適用 29-17

アクセス制御エントリ

「ACE」を参照

アクセスの制限

NTP サービス 6-8

RADIUS 8-17

TACACS+ 8-10

概要 8-1

パスワードと権限レベル 8-2

アクセス不能認証バイパス 9-13

アクセス ポート

スイッチ クラスタ 5-8

アクセス ポート、定義 10-2

アクセス リスト

「ACL」を参照

アクティブ トラフィック モニタリング、IP SLA 30-1

アクティブ リンク 18-2

アップグレード情報

リリース ノートを参照

アップロード

イメージ ファイル

FTP を使用 B-33

RCP を使用 B-37

TFTP を使用 B-28

準備 B-26, B-29, B-34

理由 B-24

コンフィギュレーション ファイル

FTP を使用 B-15

RCP を使用 B-18

TFTP を使用 B-12

準備 B-10, B-13, B-16

理由 B-8

宛先 IP アドレスベース転送、EtherChannel 34-7

宛先 MAC アドレス転送、EtherChannel 34-7

宛先アドレス

IPv4 ACL 29-9

アドバタイズ

CDP 22-1

LLDP 23-2

VTP 12-16, 13-3

アトリビュート、RADIUS

ベンダー固有 8-29

ベンダー独自 8-31

アドレス

MAC アドレス テーブルの表示 6-27

MAC、検出 6-28

スタティック

追加と削除 6-25

定義 6-20

ダイナミック

エージング タイムの変更 6-22

削除 6-23

短縮、エージング 15-9

定義 6-20

デフォルト、エージング 15-9

ラーニング 6-21

マルチキャスト、STP アドレスの管理 15-8

アドレス エイリアス 20-2

アドレスの解決 6-28

アベイラビリティ、機能 1-6

アラーム、RMON 26-3

暗号化、CipherSuite 8-39

暗号化ソフトウェア イメージ

SSH 8-33

SSL 8-37

安全なリモート接続 8-33

イーサネット VLAN

追加 12-8

デフォルト値および範囲 12-8

変更 12-8

一時的な自己署名証明書 8-38

一致、IPv4 ACL 29-5

イネーブル シークレット パスワード 8-3

イネーブル パスワード 8-3

イベント、RMON 26-3

インターネット プロトコル バージョン 6

「IPv6」を参照

インターフェイス

Auto-MDIX、設定 10-17

カウンタ、クリア 10-21

管理 1-4

記述、追加 10-18

再起動 10-21

サポートされている 10-5

シャットダウン 10-21

情報の表示 10-20

ステータス 10-20

設定

手順 10-6

設定時の注意事項

デュプレックスおよび速度 10-13

説明 10-18

タイプ 10-1

デフォルト設定 10-11

デュプレックスおよび速度、設定 10-14

名前付け 10-18

範囲 10-7

番号 10-5

物理、識別 10-5

フロー制御 10-16

モニタ 10-20

レンジ マクロ 10-8

インターフェイス コマンド 10-6

インターフェイス コンフィギュレーション モード 2-3

インターフェイス上の shutdown コマンド 10-21

インターフェイス タイプ 10-5

インターフェイスのクリア 10-21

ウィザード 1-2

永続的な自己署名証明書 8-38

エージング タイム

MAC アドレス テーブル 6-22

最大

MSTP 16-24, 16-25

STP 用 15-22, 15-23

短縮

MSTP 16-24

STP 用 15-9, 15-22

エージング、短縮 15-9

応答時間、測定、IP SLA を使用 30-4

オプション、管理 1-4

音声 VLAN

Cisco 7960 Phone、ポート接続 14-1

IP Phone の音声トラフィック、説明 14-2

IP Phone のデータ トラフィック、説明 14-2

IP Phone への接続 14-4

音声トラフィックのポートの設定

802.1p プライオリティ タグ フレーム 14-5

802.1Q フレーム 14-5

設定時の注意事項 14-3

説明 14-1

データ トラフィック用に IP Phone を設定

着信フレームの CoS の上書き 14-6

着信フレームの CoS プライオリティを信頼する 14-6

デフォルト設定 14-3

表示 14-7

解析のためのトラフィックのミラーリング 25-1

ガイド

対象読者 xxxi

目的 xxxi

ガイド モード 1-2

回復手順 35-1

カウンタ、インターフェイスのクリア 10-21

拡張 crashinfo ファイル 35-21

拡張システム ID

MSTP 16-18

STP 15-4, 15-15

拡張範囲 VLAN

作成 12-13

設定 12-11

設定時の注意事項 12-12

定義 12-1

仮想 IP アドレス

クラスタ スタンバイ グループ 5-10

コマンド スイッチ 5-10

簡易ネットワーク管理プロトコル

「SNMP」を参照

環境変数、機能 3-15

間接リンク障害の検出、STP 17-5

管理 VLAN

異なる管理 VLAN からの検出 5-7

スイッチ クラスタに関する考慮事項 5-7

管理アクセス

帯域外コンソール ポート接続 1-5

帯域内

CLI セッション 1-5

SNMP 1-5

デバイス マネージャ 1-5

ブラウザ セッション 1-5

管理アドレス TLV 23-2

管理オプション

CLI 2-1

CNS 4-1

Network Assistant 1-2

概要 1-4

クラスタ化 1-2

管理の簡易性に関する機能 1-4

起動

起動プロセス 3-1

手動で 3-13

特定のイメージ 3-14

ブート ローダ、機能 3-2

機能、互換性のない 21-11

競合、設定 35-11

許可

RADIUS 8-27

TACACS+ 8-11, 8-16

許可 VLAN リスト 12-18

許可ポート、IEEE 802.1x 9-7

近接ディスカバリ、IPv6 32-4

クエリー、IGMP 20-4

クエリー送信要求、IGMP 20-13

クライアント モード、VTP 13-3

クラスタ、スイッチ

LRE プロファイルに関する考慮事項 5-14

アクセス 5-12

管理

CLI を通じて 5-14

SNMP を通して 5-15

互換性 5-4

自動検出 5-5

自動復旧 5-9

説明 5-1

プラン 5-4

プランニングに関する考慮事項

CLI 5-14

IP アドレス 5-12

LRE プロファイル 5-14

RADIUS 5-14

SNMP 5-13, 5-15

TACACS+ 5-14

自動検出 5-5

自動復旧 5-9

パスワード 5-13

ホスト名 5-12

利点 1-1

クラスタ スタンバイ グループ

仮想 IP アドレス 5-10

考慮事項 5-10

自動復旧 5-11

定義 5-2

要件 5-3

「HSRP」も参照

クラスタの要件 xxxiii

クラスタ、スイッチ

「候補スイッチ」、「コマンド スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバー スイッチ」および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

クリティカル認証、IEEE 802.1x 9-33

グローバル Leave、IGMP 20-13

グローバル コンフィギュレーション モード 2-2

クロック

「システム クロック」を参照

ケーブル、単一方向リンクのモニタリング 24-1

ゲスト VLAN と 802.1x 9-11

権限レベル

回線に対するデフォルトの変更 8-9

概要 8-2, 8-7

コマンド スイッチ 5-15

コマンドの設定 8-8

終了 8-9

メンバー スイッチのマッピング 5-15

ログイン 8-9

検出、クラスタ

「自動検出」を参照

構成例、ネットワーク 1-13

高速コンバージェンス 16-10

候補スイッチ

自動検出 5-5

定義 5-4

要件 5-4

「コマンド スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」および「メンバー スイッチ」も参照

互換性、機能 21-11

コマンド

no および default 2-4

省略 2-4

コマンド エントリ中のエラー メッセージ 2-5

コマンド、権限レベルの設定 8-8

コマンド スイッチ

アクセス 5-10

アクティブ(AC) 5-9

交換

クラスタ メンバー 35-8

他のスイッチと 35-9

冗長 5-9

スタンバイ(SC) 5-9

設定の競合 35-11

定義 5-2

パスワード、権限レベル 5-15

パッシブ(PC) 5-9

復旧

コマンド スイッチで障害が発生した場合 5-9, 35-7

メンバー スイッチとの接続の回復 35-11

プライオリティ 5-9

要件 5-3

「候補スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」、「メンバー スイッチ」および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

コマンドの省略 2-4

コマンド モード 2-1

コマンドライン インターフェイス

「CLI」を参照

コミュニティ ストリング

SNMP 5-13

概要 28-4

クラスタ 5-13

クラスタ スイッチ 28-4

設定 5-13, 28-8

コンソール ポート、接続 2-10

コントロール プロトコル、IP SLA 30-3

コンフィギュレーション交換 B-19

コンフィギュレーション ファイル

TFTP サーバ アクセスの制限 28-16

アーカイブ B-20

アップロード

FTP を使用 B-15

RCP を使用 B-18

TFTP を使用 B-12

準備 B-10, B-13, B-16

理由 B-8

交換、実行コンフィギュレーション B-19, B-20

交換またはロール バックの注意事項 B-21

コピー時の無効な組み合わせ B-5

削除、格納されたコンフィギュレーション B-19

作成および使用上の注意事項 B-9

作成、テキスト エディタを使用 B-10

システム コンタクトおよびロケーション情報 28-16

消去、スタートアップ コンフィギュレーション B-19

説明 B-8

タイプおよび場所 B-9

ダウンロード

FTP を使用 B-13

RCP を使用 B-17

TFTP を使用 B-11

自動 3-12

準備 B-10, B-13, B-16

理由 B-8

デフォルトの名前 3-12

入手、DHCP を使用 3-7

パスワード回復のディセーブル化に関する考慮事項 8-5

ファイル名の指定 3-12

ロール バック、実行コンフィギュレーション B-19, B-21

コンフィギュレーション ロールバック B-19, B-20

コンフィギュレーション ロギング 2-5

コンポーネント管理 TLV 23-2, 23-6

サーバ モード、VTP 13-3

サービス プロバイダー ネットワーク、MSTP および RSTP 16-1

再確認インターバル、VMPS、変更 12-28

再試行の回数、VMPS、変更 12-29

最大エージング タイム

MSTP 16-24

STP 15-22

最大ホップ カウント、MSTP 16-25

サマー タイム(夏時間) 6-14

しきい値、トラフィック レベル 21-2

システム記述 TLV 23-2

システム機能 TLV 23-2

システム クロック

概要 6-1

設定

サマー タイム(夏時間) 6-14

手動で 6-12

タイム ゾーン 6-13

夏時間 6-14

日時の表示 6-12

「NTP」も参照

システム プロンプト、デフォルト設定 6-15, 6-16

システム名

手動設定 6-16

デフォルト設定 6-16

「DNS」も参照

システム名 TLV 23-2

システム メッセージ ロギング

facility キーワード、説明 27-13

level キーワード、説明 27-9

syslog ファシリティ 1-10

UNIX Syslog サーバ

サポートされているファシリティ 27-13

デーモンの設定 27-12

ロギング ファシリティの設定 27-12

イネーブル化 27-4

概要 27-1

シーケンス番号、イネーブル化およびディセーブル化 27-8

設定の表示 27-14

タイム スタンプ、イネーブル化およびディセーブル化 27-7

ディセーブル化 27-4

デフォルト設定 27-3

表示宛先デバイスの設定 27-5

メッセージ重大度の定義 27-8

メッセージの制限 27-10

メッセージ フォーマット 27-2

ログ メッセージの同期化 27-6

システム リソース、最適化 7-1

システム リソースの最適化 7-1

実行コンフィギュレーション

交換 B-19, B-20

ロール バック B-19, B-21

実行コンフィギュレーション、保存 3-10

自動 QoS

「QoS」を参照

自動検出

考慮事項

CDP 非対応デバイス 5-6

新しいスイッチ 5-8

管理 VLAN 5-7

クラスタ非対応デバイス 5-6

異なる VLAN 5-7

接続 5-5

非候補デバイスより先 5-8

スイッチ クラスタ 5-5

「CDP」も参照

自動検知、ポートの速度 1-3

自動設定 3-3

自動ネゴシエーション

インターフェイス コンフィギュレーションに関する考慮事項 10-14

デュプレックス モード 1-3

不一致 35-11

自動復旧、クラスタ 5-9

「HSRP」も参照

重大度、システム メッセージでの定義 27-8

集約可能なグローバル ユニキャスト アドレス 32-3

集約ポート

「EtherChannel」を参照

集約ポリサー 31-50

集約ポリシング 1-9

冗長性

EtherChannel 34-3

STP

パス コスト 12-23

バックボーン 15-8

ポート プライオリティ 12-21

冗長リンクと UplinkFast 17-14

初期設定

Express Setup 1-2

デフォルト 1-10

『Getting Started Guide』および『Hardware Installation Guide』も参照

資料、関連 xxxii

信頼できるタイム ソース、説明 6-2

信頼点、CA 8-38

スイッチ ソフトウェア機能 1-1

スイッチド ポート 10-2

スイッチのクラスタ化テクノロジー 5-1

「クラスタ、スイッチ」も参照

スイッチのコンソール ポート 1-5

スイッチ プライオリティ

MSTP 16-22

STP 15-20

スタートアップ コンフィギュレーション

起動

手動で 3-13

特定のイメージ 3-14

起動のデフォルト設定 3-12

コンフィギュレーション ファイル

自動ダウンロード 3-12

ファイル名の指定 3-12

消去 B-19

スタティック MAC アドレッシング 1-7

スタティック VLAN メンバシップ 12-2

スタティック アクセス ポート

VLAN への割り当て 12-11

定義 10-3, 12-3

スタティック アドレス

「アドレス」を参照

スタティック ルート

設定、IPv6 用 32-9

スタンバイ グループ、クラスタ

「クラスタ スタンバイ グループ」および「HSRP」を参照

スタンバイ コマンド スイッチ

仮想 IP アドレス 5-10

考慮事項 5-10

設定

定義 5-2

プライオリティ 5-9

要件 5-3

「クラスタ スタンバイ グループ」および「HSRP」も参照

スタンバイ リンク 18-2

スティッキー ラーニング 21-9

ステートレス自動設定 32-5

ストーム制御

サポート 1-3

しきい値 21-1

設定 21-3

説明 21-1

ディセーブル化 21-5

表示 21-18

ストラタム、NTP 6-2

スヌーピング、IGMP 20-1

スパニング ツリーおよびネイティブ VLAN 12-16

制限付き VLAN

IEEE 802.1x で使用 9-12

設定 9-31

説明 9-12

成功応答、VMPS 12-25

セキュア HTTP クライアント

設定 8-43

表示 8-44

セキュア HTTP サーバ 8-38

設定 8-41

表示 8-44

セキュア MAC アドレス

最大数 21-9

削除 21-15

タイプ 21-9

セキュア ポート、設定 21-8

セキュリティ機能 1-7

セキュリティ、ポート 21-8

接続、安全なリモート 8-33

接続の問題 35-12, 35-14, 35-15

設定、初期

Express Setup 1-2

デフォルト 1-10

『Getting Started Guide』および『Hardware Installation Guide』も参照

設定値、保存 3-10

設定の競合、メンバー スイッチとの接続の回復 35-11

設定の変更、ロギング 27-11

設定ロガー 27-11

セットアップ プログラム

交換、故障したコマンド スイッチ 35-8

故障したコマンド スイッチの交換 35-9

送信元 IP アドレスベース転送、EtherChannel 34-7

送信元 MAC アドレス転送、EtherChannel 34-6

送信元/宛先 IP アドレスベース転送、EtherChannel 34-7

送信元アドレス

IPv4 ACL 29-9

送信元および宛先 MAC アドレス転送、EtherChannel 34-7

即時脱退、IGMP 20-6

イネーブル化 33-9

ソフトウェア イメージ

tar ファイル形式、説明 B-25

回復手順 35-2

場所、フラッシュ B-24

リロードのスケジュール 3-16

「ダウンロード」および「アップロード」も参照

ソフトウェア イメージのアップグレード

「ダウンロード」を参照

ソフトウェアのリロード 3-16

対象読者 xxxi

ダイナミック VLAN メンバシップの再確認 12-28

ダイナミック アクセス ポート

設定 12-27

定義 10-3

特性 12-3

ダイナミック アドレス

「アドレス」を参照

ダイナミック ポート VLAN メンバシップ

再確認 12-28

接続のタイプ 12-27

説明 12-25

トラブルシューティング 12-30

タイム

「NTP」および「システム クロック」を参照

タイム ゾーン 6-13

ダウンロード

イメージ ファイル

CMS を使用 1-2

FTP を使用 B-30

HTTP を使用 1-2, B-23

RCP を使用 B-35

TFTP を使用 B-27

準備 B-26, B-29, B-34

デバイス マネージャまたは Network Assistant の使用 B-23

古いイメージの削除 B-28

理由 B-24

コンフィギュレーション ファイル

FTP を使用 B-13

RCP を使用 B-17

TFTP を使用 B-11

準備 B-10, B-13, B-16

理由 B-8

脱退タイマーの設定、IGMP 20-6

端末回線、パスワードの設定 8-6

注意、説明 xxxii

(注)、説明 xxxii

ツイストペア イーサネット、単一方向リンクの検出 24-1

ディレクトリ

作成と削除 B-4

表示、作業 B-3

変更 B-3

デバイス B-23

デバイス検出プロトコル 22-1, 23-1

デバイス マネージャ

帯域内管理 1-5

スイッチのアップグレード B-23

説明 1-2, 1-4

要件 xxxii

利点 1-1

デバッグ

イネーブル化、特定機能に関する 35-18

エラー メッセージ出力のリダイレクト 35-19

コマンドを使用 35-18

システム全体診断のイネーブル化 35-19

デフォルト ゲートウェイ 3-10

デフォルト設定

802.1x 9-19

CDP 22-2

DHCP 19-7

DHCP Option 82 19-7

DHCP スヌーピング 19-7

DHCP スヌーピング バインディング データベース 19-7

DNS 6-17

EtherChannel 34-9

Flex Link 18-4, 18-5

IGMP スヌーピング 20-7, 33-5, 33-6

IGMP スロットリング 20-26

IGMP フィルタリング 20-25

IP SLA 30-5

IPv6 32-8

LLDP 23-3

MAC アドレス テーブル 6-22

MAC アドレス テーブル移動更新 18-5

MSTP 16-15

MVR 20-20

NTP 6-4

RADIUS 8-20

RMON 26-3

RSPAN 25-9

SDM テンプレート 7-2

SNMP 28-7

SPAN 25-9

SSL 8-40

STP 15-11

TACACS+ 8-13

UDLD 24-4

VLAN 12-7

VLAN、レイヤ 2 イーサネット インターフェイス 12-16

VMPS 12-26

VTP 13-7

イーサネット インターフェイス 10-11

オプションのスパニング ツリー機能 17-10

音声 VLAN 14-3

起動 3-12

システム名とプロンプト 6-16

システム メッセージ ロギング 27-3

自動 QoS 31-20

スイッチの初期情報 3-3

パスワードと権限レベル 8-2

バナー 6-18

標準 QoS 31-29

レイヤ 2 インターフェイス 10-11

デュアル IPv4/IPv6 SDM テンプレート 32-7

デュアル IPv4/IPv6 テンプレート 32-1, 32-6

デュアルパーパス アップリンク

LED 10-4

タイプの設定 10-12

定義 10-4

リンクの選択 10-4

デュアル プロトコル スタック

IPv4 および IPv6 32-6

SDM テンプレート、サポート 32-7

電源管理 TLV 23-2, 23-6

転送遅延時間

MSTP 16-24

STP 15-22

転送保留カウント

「STP」を参照

テンプレート、SDM 7-1

統計

802.1x 9-41

CDP 22-4

LLDP 23-7

LLDP-MED 23-7

QoS 入力および出力 31-70

RMON イーサネット グループ 26-5

RMON グループ履歴 26-5

SNMP 入出力 28-18

VTP 13-16

インターフェイス 10-20

トークンリング VLAN

VTP サポート 13-4

サポート 12-5

都市ロケーション 23-3

特権 EXEC モード 2-2

ドメイン名

DNS 6-16

VTP 13-8

トラップ

MAC アドレス通知の設定 6-23

イネーブル化 6-23, 28-12

概要 28-1, 28-5

通知タイプ 28-12

定義 28-3

マネージャの設定 28-12

トラップドア メカニズム 3-2

トラフィック

フラグメント化された 29-3

フラグメント化されていない 29-3

ブロッキング、フラッディング 21-7

トラフィックの優先処理

「QoS」を参照

トラフィックの抑制 21-1

トラフィック ポリシング 1-9

トラブルシューティング

CiscoWorks 28-4

debug コマンド 35-18

ping を使用 35-13

SFP セキュリティと識別 35-12

show forward コマンド 35-20

traceroute 35-15

クラッシュ情報の表示 35-21

システム メッセージ ロギング 27-1

接続の問題 35-12, 35-14, 35-15

単一方向リンクの検出 24-1

パケット転送の設定 35-20

トランキング カプセル化 1-7

トランク

DTP をサポートしないデバイス 12-15

許可 VLAN リスト 12-18

タグなしトラフィック用ネイティブ VLAN 12-20

パラレル 12-23

負荷分散

STP パス コストの設定 12-23

STP ポート プライオリティを使用 12-21, 12-22

プルーニング適格リスト 12-20

トランク フェールオーバー

「リンクステート トラッキング」を参照

トランク ポート

設定 12-17

定義 10-3, 12-3

トランスペアレント モード、VTP 13-3, 13-12

夏時間 6-14

名前付き IPv4 ACL 29-12

認識不能な Type-Length-Value(TLV)のサポート 13-4

認証

NTP アソシエーション 6-4

RADIUS

8-21

ログイン 8-23

TACACS+

8-13

定義 8-11

ログイン 8-14

ローカル モード、AAA 8-32

「ポートベース認証」も参照

認証失敗 VLAN

「制限付き VLAN」を参照

ネイティブ VLAN

設定 12-20

デフォルト 12-20

ネットワーク管理

CDP 22-1

RMON 26-1

SNMP 28-1

ネットワーク設計

サービス 1-14

パフォーマンス 1-13

ネットワークの構成例

サーバ集約と Linux サーバ クラスタ 1-15

中小規模のネットワーク 1-16

長距離広帯域トランスポート 1-17

ネットワーク サービスの提供 1-14

ネットワーク パフォーマンスの向上 1-13

ネットワークの設計、例 1-13

ネットワーク パフォーマンス、測定、IP SLA を使用 30-2

ネットワーク ポリシー TLV 23-2, 23-6

バージョン依存型トランスペアレント モード 13-4

バインディング

DHCP スヌーピング データベース 19-5

バインディング データベース

DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブル、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

パケットの変更、QoS を使用 31-19

パス コスト

MSTP 16-21

STP 15-18

パスワード

VTP ドメイン 13-9

暗号化 8-3

回復 35-3

回復のディセーブル化 8-5

概要 8-1

クラスタ 5-13

セキュリティ 1-7

設定

Telnet 8-6

イネーブル 8-3

イネーブル シークレット 8-3

ユーザ名 8-7

デフォルト設定 8-2

パスワードの暗号化 8-3

破損したソフトウェア、Xmodem を使用した回復手順 35-2

バックアップ インターフェイス

「Flex Link」を参照

バックアップ リンク 18-2

バナー

設定

Message-of-The-Day(MoTD)ログイン 6-19

ログイン 6-20

デフォルト設定 6-18

表示されるとき 6-18

パフォーマンス向上機能 1-3

パフォーマンス、ネットワーク設計 1-13

範囲

インターフェイス 10-7

マクロ 10-8

非 IP トラフィックのフィルタリング 29-20

非階層型のポリシーマップ

説明 31-9

光ファイバ、単一方向リンクの検出 24-1

非トランキング モード 12-15

xxxii

表記法

コマンド xxxii

テキスト xxxii

マニュアル xxxii

xxxii

標準範囲 VLAN 12-4

コンフィギュレーション モード 12-6

設定 12-4

設定時の注意事項 12-5

定義 12-1

ファイル

crashinfo、説明 35-21

tar

イメージ ファイル形式 B-25

作成 B-6

抽出 B-7

内容の表示 B-6

拡張 crashinfo

説明 35-22

ロケーション 35-22

基本 crashinfo

説明 35-21

ロケーション 35-21

コピー B-4

削除 B-5

内容の表示 B-7

ファイル システム

使用可能なファイル システムの表示 B-2

デフォルトの設定 B-3

ネットワーク ファイル システム名 B-4

表示、ファイル情報 B-3

ローカル ファイル システム名 B-1

不一致、自動ネゴシエーション 35-11

フィルタリング

show および more コマンド出力 2-10

非 IP トラフィック 29-20

フィルタリング、show および more コマンド出力の 2-10

フィルタリングの 17-3

ブート ローダ

アクセス 3-14

環境変数 3-14

説明 3-2

トラップドア メカニズム 3-2

プロンプト 3-14

フィルタ、IP

「ACL」と「IP」を参照

不正アクセスの防止 8-1

物理ポート 10-2

不適合マークダウン 1-9

プライオリティ

CoS の上書き 14-6

CoS を信頼する 14-6

プライベート VLAN エッジ ポート

「保護ポート」を参照

プライマリ リンク 18-2

フラッシュ デバイス、数 B-1

フラッディング トラフィック、ブロッキング 21-7

プリエンプト遅延、デフォルト設定 18-5

プリエンプト、デフォルト設定 18-4

プルーニング、VTP

イネーブル化

VTP ドメイン内 13-14

ポート上 12-20

概要 13-4

ディセーブル化

VTP ドメイン内 13-15

ポート上 12-20

13-6

プルーニング適格リスト

VLAN 13-15

VTP プルーニング用 13-5

変更 12-20

フローチャート

QoS 出力キューイングおよびスケジューリング 31-16

QoS 入力キューイングおよびスケジューリング 31-13

QoS 分類 31-7

QoS ポリシングおよびマーキング 31-10

ブロードキャスト ストーム 21-1

フローベースのパケット分類 1-9

ブロッキング、パケット 21-7

ヘルプ、コマンドライン 2-3

編集機能

イネーブル化およびディセーブル化 2-7

使用するキーストローク 2-7

ラップアラウンド機能で折り返された行 2-9

ポート

VLAN 割り当て 12-11

アクセス 10-2

スイッチ 10-2

スタティック アクセス 12-3, 12-11

セキュア 21-8

ダイナミック アクセス 12-3

デュアルパーパス アップリンク 10-4

トランク 12-3, 12-14

ブロッキング 21-7

保護 21-5

ポート ACL、説明 29-2

ポート VLAN ID TLV 23-2

ポート記述 TLV 23-2

ポートシャットダウン応答、VMPS 12-25

ポート集約プロトコル

「EtherChannel」を参照

ポート セキュリティ

QoS 信頼境界 31-36

違反 21-9

エージング 21-16

スティッキー ラーニング 21-9

設定 21-12

説明 21-8

他の機能との 21-11

デフォルト設定 21-10

トランク ポート上 21-13

表示 21-18

ポートチャネル

「EtherChannel」を参照

ポート プライオリティ

MSTP 16-20

STP 15-17

ポート ブロッキング 1-3, 21-7

ポートベース認証

EAPOL-Start フレーム 9-5

EAP-Request/Identity フレーム 9-5

EAP-Response/Identity フレーム 9-5

VLAN 割り当て

AAA 許可 9-22

設定作業 9-10

説明 9-9

特性 9-10

Wake-on-LAN、説明 9-15

アカウンティング 9-8

アクセス不能認証バイパス

設定 9-33

説明 9-13

注意事項 9-21

音声 VLAN

PVID 9-14

VVID 9-14

説明 9-14

開始およびメッセージ交換 9-5

カプセル化 9-3

旧版のリリースからのアップグレード 9-22

クライアント、定義 9-2

ゲスト VLAN

設定時の注意事項 9-11, 9-12

説明 9-11

スイッチ

RADIUS クライアント 9-3

プロキシとして 9-3

設定

802.1x 認証 9-22

RADIUS サーバ 9-24

アクセス不能認証バイパス 9-33

クライアントの手動での再認証 9-26

ゲスト VLAN 9-30

スイッチからクライアントへの再送信時間 9-27

スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数 9-28

スイッチ上の RADIUS サーバ パラメータ 9-23

制限付き VLAN 9-31

待機時間 9-26

定期的な再認証 9-25

ホスト モード 9-25

設定時の注意事項 9-20

説明 9-1

デバイスの役割 9-2

デフォルト設定 9-19

デフォルト値へのリセット 9-41

統計の表示 9-41

統計、表示 9-41

認証サーバ

RADIUS サーバ 9-3

定義 9-2

方式リスト 9-22

ポート

音声 VLAN 9-14

許可および無許可 9-7

許可ステートおよび dot1x port-control コマンド 9-7

クリティカル 9-13

ポート セキュリティ

音声 VLAN 9-15

説明 9-14

相互作用 9-15

マルチ ホスト モード 9-8

ホスト モード 9-7

マジック パケット 9-15

マルチ ホスト モード、説明 9-8

ポート メンバシップ モード、VLAN 12-3

保護ポート 1-7, 21-5

補助 VLAN

「音声 VLAN」を参照

ホスト、ダイナミック ポート上の制限 12-30

ホスト名、クラスタ 5-12

ポリサー

31-32

設定

一致したトラフィック クラスごと 31-46

複数のトラフィック クラス 31-50

説明 31-4

タイプ 31-9

表示 31-70

ポリシング

説明 31-4

トークン バケット アルゴリズム 31-9

マーキング

集約ポリサーを使用するアクション 31-50

説明 31-4, 31-9

マクロ

「Smartport マクロ」を参照

マジック パケット 9-15

マニュアルの表記法 xxxii

マルチキャスト TV アプリケーション 20-19

マルチキャスト VLAN 20-18

マルチキャスト グループ

加入 20-3

静的な加入 20-10, 33-8

即時脱退 20-6

脱退 20-5

マルチキャスト ストーム 21-1

マルチキャスト ルータ インターフェイス、モニタ 20-17, 33-12

マルチキャスト ルータ ポート、追加 20-9, 33-8

無許可ポート、IEEE 802.1x 9-7

メッセージ、ユーザへの、バナー経由 6-18

メンバー スイッチ

管理 5-14

自動検出 5-5

接続の回復 35-11

定義 5-2

パスワード 5-12

要件 5-4

「候補スイッチ」、「クラスタ スタンバイ グループ」および「スタンバイ コマンド スイッチ」も参照

メンバシップ モード、VLAN ポート 12-3

モジュール番号 10-5

モニタ

CDP 22-4

Flex Link 18-11

IGMP

スヌーピング 20-16, 33-11

フィルタ 20-29

IP SLA 動作 30-7

IPv4 ACL の設定 29-22

IPv6 32-11

MAC アドレス テーブル移動更新 18-11

MVR 20-24

SFP ステータス 10-20, 35-12

VLAN 12-14

VMPS 12-29

VTP 13-16

アクセス グループ 29-22

インターフェイス 10-20

解析のためのネットワーク トラフィック(プローブあり) 25-2

機能 1-10

スイッチ間で流れるトラフィック 26-1

速度およびデュプレックス モード 10-15

単一方向リンク用のケーブル 24-1

トラフィックの抑制 21-18

ポート

ブロッキング 21-18

保護 21-18

マルチキャスト ルータ インターフェイス 20-17, 33-12

ユーザ EXEC モード 2-2

ユーザ名ベースの認証 8-7

ユニキャスト MAC アドレス フィルタリング 1-5

CPU パケット 6-26

スタティック アドレスの追加 6-26

設定時の注意事項 6-26

説明 6-26

マルチキャスト MAC アドレス 6-26

マルチキャスト アドレス 6-26

ルータ MAC アドレス 6-26

ユニキャスト ストーム 21-1

ユニキャスト トラフィック、ブロッキング 21-7

ユニキャスト要求の転送 1-4

要件

Network Assistant xxxii

クラスタ xxxiii

デバイス マネージャ xxxii

ライン コンフィギュレーション モード 2-3

リモート SPAN 25-2

「RSPAN」を参照

履歴

コマンドの呼び出し 2-6

説明 2-6

ディセーブル化 2-7

バッファ サイズの変更 2-6

履歴テーブル、syslog メッセージのレベルと数 27-10

リロードのスケジュール 3-16

リンク冗長性

「Flex Link」を参照

リンクステート トラッキング

設定 34-20

説明 34-18

リンク、単一方向 24-1

リンクに対してローカルなユニキャスト アドレス 32-3

リンクの失敗、検出、単一方向 16-8

ルート ガード

イネーブル化 17-16

サポート 1-6

説明 17-8

ルート スイッチ

MSTP 16-18

STP 15-15

ループ ガード

イネーブル化 17-16

サポート 1-6

説明 17-9

ネットワークの構成 1-13

表記法 xxxii

レイヤ 2 traceroute

ARP 35-15

CDP 35-14

IP アドレスおよびサブネット 35-15

MAC アドレスおよび VLAN 35-15

使用上のガイドライン 35-14

説明 35-14

ブロードキャスト トラフィック 35-14

ポート上の複数のデバイス 35-15

マルチキャスト トラフィック 35-15

ユニキャスト トラフィック 35-14

レイヤ 2 インターフェイス、デフォルト設定 10-11

レイヤ 2 フレーム、CoS で分類 31-2

レイヤ 3 パケット、分類方法 31-2

レポート抑制、IGMP

説明 20-6

ディセーブル化 20-16, 33-11

ローカル SPAN 25-2

ログイン認証

RADIUS 8-23

TACACS+ 8-14

ログイン バナー 6-18

ログ メッセージ

「システム メッセージ ロギング」を参照

ログ メッセージのシーケンス番号 27-8

ログ メッセージのタイム スタンプ 27-7

ロケーション TLV 23-3, 23-6