Catalyst 2960 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(37)EY
SPAN の設定
SPAN の設定
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

SPAN の設定

SPAN の概要

ローカル SPAN

SPAN の概念および用語

SPAN セッション

監視対象トラフィック

送信元ポート

送信元 VLAN

VLAN フィルタリング

宛先ポート

SPAN の他の機能との相互作用

SPAN の設定

SPAN のデフォルト設定

ローカル SPAN の設定

SPAN 設定時の注意事項

ローカル SPAN セッションの作成

ローカル SPAN セッションの作成および着信トラフィックの設定

フィルタリングする VLAN の指定

SPAN のステータス表示

SPAN の設定

この章では、Catalyst 2960 スイッチに Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)を設定する方法について説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「SPAN の概要」

「SPAN の設定」

「SPAN のステータス表示」

SPAN の概要

ポートまたは VLAN を通過するネットワーク トラフィックを解析するには、SPAN を使用して、そのスイッチ上、またはネットワーク アナライザやその他のモニタ デバイス、あるいはセキュリティ デバイスに接続されている別のスイッチ上のポートにトラフィックのコピーを送信します。SPAN は送信元ポート上または送信元 VLAN 上で受信、送信、または送受信されたトラフィックを宛先ポートにコピー(ミラーリング)して、解析します。SPAN は送信元ポートまたは VLAN 上のネットワーク トラフィックのスイッチングには影響しません。宛先ポートは SPAN 専用にする必要があります。SPAN セッションに必要なトラフィック以外、宛先ポートがトラフィックを受信したり転送したりすることはありません。

SPAN を使用して監視できるのは、送信元ポートを出入りするトラフィックまたは送信元 VLAN に出入りするトラフィックだけです。送信元 VLAN にルーティングされたトラフィックは監視できません。たとえば、着信トラフィックを監視している場合、別の VLAN から送信元 VLAN にルーティングされているトラフィックは監視できません。ただし、送信元 VLAN で受信し、別の VLAN にルーティングされるトラフィックは、監視できます。

ネットワーク セキュリティ デバイスからトラフィックを注入する場合、SPAN 宛先ポートを使用できます。たとえば、Cisco Intrusion Detection System(IDS; 侵入検知システム)センサ装置を宛先ポートに接続すれば、IDS デバイスは TCP リセット パケットを送信して疑わしい攻撃者の TCP セッションを閉じることができます。

ここでは、次の概要について説明します。

「ローカル SPAN」

「SPAN の概念および用語」

「SPAN の他の機能との相互作用」

ローカル SPAN

ローカル SPAN は 1 つのスイッチ内の SPAN セッション全体をサポートします。すべての送信元ポートまたは送信元 VLAN、および宛先ポートは、同じスイッチ内にあります。ローカル SPAN は、任意の VLAN 上の 1 つまたは複数の送信元ポートからのトラフィック、あるいは 1 つまたは複数の VLAN からのトラフィックを解析するために宛先ポートへコピーします。たとえば、図23-1の場合、ポート 5(送信元ポート)上のすべてのトラフィックがポート 10 (宛先ポート)にミラーリングされます。ポート 10 のネットワーク アナライザは、ポート 5 に物理的には接続されていませんが、ポート 5 からのすべてのネットワーク トラフィックを受信します。

図23-1 単一スイッチでのローカル SPAN の設定例

 

SPAN の概念および用語

ここでは、SPAN の設定に関連する概念および用語について説明します。

SPAN セッション

SPAN セッションを使用すると、1 つまたは複数のポート上、あるいは 1 つまたは複数の VLAN 上でトラフィックを監視し、その監視したトラフィックを 1 つまたは複数の宛先ポートに送信できます。

ローカル SPAN セッションは、宛先ポートと送信元ポートまたは送信元 VLAN(すべて単一のネットワーク デバイス上にある)を結び付けたものです。ローカル SPAN には、送信元セッションおよび宛先セッションが個別に設定されません。ローカル SPAN セッションはユーザが指定した入力および出力のパケット セットを収集し、SPAN データ ストリームを形成して、宛先ポートに転送します。

SPAN セッションでのトラフィックの監視には、次のような制約があります。

ポートまたは VLAN を送信元にできますが、同じセッション内に送信元ポートと送信元 VLAN を混在させることはできません。

スイッチは最大 2 つの送信元セッションをサポートします(ローカル SPAN 送信元セッション)。同じスイッチ内でローカル SPAN ソース セッションの両方を実行できます。スイッチは合計 66 個の送信元宛先セッションをサポートします。

1 つの SPAN セッションに複数の宛先ポートを設定できますが、設定できる宛先ポートは最大で 64 個です。

別個のまたは重複する SPAN 送信元ポートと VLAN のセットによって、SPAN 送信元セッションを 2 つ個別に設定できます。

SPAN セッションがスイッチの通常の動作を妨げることはありません。ただし、10 Mbps のポートで 100 Mbps のポートを監視するなど、オーバーサブスクライブの SPAN 宛先は、パケットの廃棄または消失を招くことがあります。

ディセーブルのポート上に SPAN セッションを設定することはできますが、そのセッション用に宛先ポートと少なくとも 1 つの送信元ポートまたは VLAN をイネーブルにしないかぎり、SPAN セッションはアクティブになりません。

監視対象トラフィック

SPAN セッションは、次のトラフィック タイプを監視できます。

RX(受信)SPAN -- 受信(または入力)SPAN の役割は、送信元インターフェイスまたは VLAN が受信したすべてのパケットを、スイッチが変更または処理を行う前にできるだけ多く監視することです。送信元が受信した各パケットのコピーがその SPAN セッションに対応する宛先ポートに送られます。

Differentiated Services Code Point(DSCP)の変更など、ルーティングや Quality of Service(QoS; サービス品質)が原因で変更されたパケットは、変更される前にコピーされます。

受信処理中にパケットを廃棄する可能性のある機能は、入力 SPAN には影響を与えません。宛先ポートは、実際の着信パケットが廃棄された場合でも、パケットのコピーを受信します。パケットを廃棄する可能性のある機能は、標準および拡張 IP 入力 Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)、入力 QoS ポリシング、および出力 QoS ポリシングです。

TX(送信)SPAN -- 送信(または出力)SPAN の役割は、スイッチによる変更および処理がすべて完了したあとで、送信元インターフェイスが送信したすべてのパケットをできるだけ多く監視することです。送信元が送信した各パケットのコピーがその SPAN セッションに対応する宛先ポートに送られます。コピーはパケットの変更後に用意されます。

送信処理中にパケットを廃棄する可能性のある機能は、SPAN 用の複製コピーにも影響します。これらの機能には、標準および拡張 IP 出力 ACL、出力 QoS ポリシングがあります。

両方 -- SPAN セッションで、受信パケットと送信パケットの両方について、ポートまたは VLAN を監視することもできます。これがデフォルトです。

ローカル SPAN セッション ポートのデフォルト設定では、すべてのタグなしパケットが送信されます。通常、SPAN は Cisco Discovery Protocol(CDP)、VLAN Trunk Protocol(VTP; VLAN トランク プロトコル)、Dynamic Trunking Protocol(DTP)、Spanning-Tree Protocol(STP; スパニングツリー プロトコル)、Port Aggregation Protocol(PAgP)などの Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)パケットおよびレイヤ 2 プロトコルを監視しません。ただし、宛先ポートを設定するときに encapsulation replicate キーワードを入力すると、次の変更が発生します。

送信元ポートの場合と同じカプセル化設定(タグなし、または IEEE 802.1Q)を使用して、パケットが宛先ポートに送信されます。

BPDU やレイヤ 2 プロトコル パケットを含むすべてのタイプのパケットが監視されます。

したがって、カプセル化レプリケーションがイネーブルにされたローカル SPAN セッションでは、タグなし、および IEEE 802.1Q タグ付きパケットが宛先ポートに混在することがあります。

スイッチの輻輳により、入力送信元ポート、出力送信元ポート、または SPAN 宛先ポートでパケットが廃棄されることがあります。一般に、これらの特性は互いに無関係です。次に例を示します。

パケットは通常どおり転送されますが、SPAN 宛先ポートのオーバーサブスクライブが原因で監視されないことがあります。

入力パケットが標準転送されないにもかかわらず、SPAN 宛先ポートに着信することがあります。

スイッチの輻輳が原因で廃棄された出力パケットは、出力 SPAN からも廃棄されます。

SPAN の設定によっては、同一送信元のパケットのコピーが複数、SPAN 宛先ポートに送信されます。たとえば、ポート A での RX モニタ、ポート B での TX モニタ用に、双方向(RX と TX)SPAN セッションが設定されているとします。パケットがポート A を介してスイッチに着信し、ポート B にスイッチングされると、着信パケットと発信パケットの両方が宛先ポートに送信されます。このため、両方のパケットは同じものになります。

送信元ポート

送信元ポート(別名監視対象ポート)は、ネットワーク トラフィック分析のために監視するスイッチド ポートです。1 つのローカル SPAN セッションでは、送信元ポートまたは VLAN のトラフィックを単一方向または双方向で監視できます。スイッチは、任意の数の送信元ポート(スイッチで利用可能なポートの最大数まで)と任意の数の送信元 VLAN(サポートされている VLAN の最大数まで)をサポートしています。ただし、スイッチが送信元ポートまたは VLAN でサポートするセッション数は最大 2 つであるため、単一のセッションにポートおよび VLAN を混在させることはできません。

送信元ポートの特性は、次のとおりです。

複数の SPAN セッションで監視できます。

監視する方向(入力、出力、または両方)を指定して、各送信元ポートを設定できます。

すべてのポート タイプ(EtherChannel、ファスト イーサネット、ギガビット イーサネットなど)が可能です。

EtherChannel 送信元の場合は、EtherChannel 全体で、または物理ポートがポート チャネルに含まれている場合は物理ポート上で個別に、トラフィックを監視できます。

アクセス ポート、トランク ポート、または音声 VLAN ポートに指定できます。

宛先ポートにすることはできません。

送信元ポートは同じ VLAN にあっても異なる VLAN にあってもかまいません。

単一セッション内で複数の送信元ポートを監視することが可能です。

送信元 VLAN

VLAN ベースの SPAN(VSPAN)では、1 つまたは複数の VLAN のネットワーク トラフィックを監視できます。VSPAN 内の SPAN 送信元インターフェイスが VLAN ID となり、トラフィックはその VLAN のすべてのポートで監視されます。

VSPAN には次の特性があります。

送信元 VLAN 内のすべてのアクティブ ポートは送信元ポートとして含まれ、単一方向または双方向で監視できます。

指定されたポートでは、監視対象の VLAN 上のトラフィックのみが宛先ポートに送信されます。

宛先ポートが送信元 VLAN に所属する場合は、送信元リストから除外され、監視されません。

ポートが送信元 VLAN に追加または削除されると、これらのポートで受信された送信元 VLAN のトラフィックは、監視中の送信元に追加または削除されます。

VLAN 送信元と同じセッション内のフィルタ VLAN を使用することはできません。

監視できるのは、イーサネット VLAN だけです。

VLAN フィルタリング

トランク ポートを送信元ポートとして監視する場合、デフォルトでは、トランク上でアクティブなすべての VLAN が監視されます。VLAN フィルタリングを使用して、トランク送信元ポートでの SPAN トラフィックの監視対象を特定の VLAN に制限できます。

VLAN フィルタリングが適用されるのは、トランク ポートまたは音声 VLAN ポートのみです。

VLAN フィルタリングはポートベース セッションにのみ適用され、VLAN 送信元によるセッションでは使用できません。

VLAN フィルタ リストが指定されている場合、トランク ポートまたは音声 VLAN アクセス ポートではリスト内の該当 VLAN のみが監視されます。

他のポート タイプから着信する SPAN トラフィックは、VLAN フィルタリングの影響を受けません。つまり、すべての VLAN を他のポートで使用できます。

VLAN フィルタリング機能は、宛先 SPAN ポートに転送されたトラフィックにのみ作用し、通常のトラフィックのスイッチングには影響を与えません。

宛先ポート

各ローカル SPAN セッションには、送信元ポートおよび VLAN からのトラフィックのコピーを受信し、SPAN パケットをユーザ(通常はネットワーク アナライザ)に送信する宛先ポート(別名監視側ポート)が必要です。

宛先ポートの特性は、次のとおりです。

ローカル SPAN セッションの場合、宛先ポートは送信元ポートと同じスイッチに存在している必要があります。

ポートを SPAN 宛先ポートとして設定すると、元のポート設定が上書きされます。SPAN 宛先設定を削除すると、ポートは以前の設定に戻ります。ポートが SPAN 宛先ポートとして機能している間にポートの設定が変更されると、SPAN 宛先設定が削除されるまで、変更は有効になりません。

ポートが EtherChannel グループに含まれていた場合、そのポートが宛先ポートとして設定されている間、グループから削除されます。

任意のイーサネット物理ポートにできます。

セキュア ポートにすることはできません。

送信元ポートにすることはできません。

EtherChannel グループまたは VLAN にすることはできません。

一度に 1 つの SPAN セッションにしか参加できません(ある SPAN セッションの宛先ポートは、別の SPAN セッションの宛先ポートになることはできません)。

アクティブな場合、着信トラフィックはディセーブルになります。ポートは SPAN セッションに必要なトラフィック以外は送信しません。宛先ポートでは着信トラフィックを学習したり、転送したりしません。

入力トラフィックの転送がネットワーク セキュリティ デバイスでイネーブルの場合、宛先ポートはレイヤ 2 でトラフィックを転送します。

レイヤ 2 プロトコル(STP、VTP、CDP、DTP、PAgP)のいずれにも参加しません。

任意の SPAN セッションの送信元 VLAN に所属する宛先ポートは、送信元リストから除外され、監視されません。

スイッチの宛先ポートの最大数は 64 です。

ローカル SPAN 宛先ポートは、VLAN タギングおよびカプセル化について次のとおり動作が異なります。

ローカル SPAN では、宛先ポートに encapsulation replicate キーワードが指定されている場合、各パケットに元のカプセル化が使用されます(タグなし、または IEEE 802.1Q)。これらのキーワードが指定されていない場合、パケットはタグなしフォーマットになります。したがって、 encapsulation replicate がイネーブルになっているローカル SPAN セッションの出力に、タグなし、または IEEE 802.1Q タグ付きパケットが混在することがあります。

SPAN の他の機能との相互作用

SPAN は次の機能と相互に作用します。

STP -- SPAN セッションがアクティブな間、宛先ポートは STP に参加しません。SPAN セッションがディセーブルになると、宛先ポートは STP に参加できます。送信元ポートでは、SPAN は STP ステータスに影響を与えません。

CDP -- SPAN セッションがアクティブな間、SPAN 宛先ポートは CDP に参加しません。SPAN セッションがディセーブルになると、ポートは再び CDP に参加します。

VLAN およびトランキング -- 送信元ポート、または宛先ポートの VLAN メンバーシップまたはトランクの設定値を、いつでも変更できます。ただし、宛先ポートの VLAN メンバーシップまたはトランクの設定値に対する変更が有効になるのは、SPAN 宛先設定を削除してからです。送信元ポートの VLAN メンバーシップまたはトランクの設定値に対する変更は、ただちに有効になり、対応する SPAN セッションが変更に応じて自動的に調整されます。

EtherChannel -- EtherChannel グループを送信元ポートとして設定することはできますが、SPAN 宛先ポートとして設定することはできません。グループが SPAN 送信元として設定されている場合、グループ全体が監視されます。

監視対象の EtherChannel グループに物理ポートを追加すると、SPAN 送信元ポート リストに新しいポートが追加されます。監視対象の EtherChannel グループからポートを削除すると、送信元ポート リストからそのポートが自動的に削除されます。

EtherChannel グループに所属する物理ポートを SPAN 送信元ポートとして設定し、引き続き EtherChannel の一部とすることができます。この場合、この物理ポートは EtherChannel に参加しているため、そのポートからのデータが監視されます。ただし、EtherChannel グループに含まれる物理ポートを SPAN 宛先として設定した場合、その物理ポートはグループから削除されます。SPAN セッションからそのポートが削除されると、EtherChannel グループに再加入します。EtherChannel グループから削除されたポートは、グループ メンバーのままですが、 inactive または suspended ステートになります。

EtherChannel グループに含まれる物理ポートが宛先ポートであり、その EtherChannel グループが送信元の場合、ポートは EtherChannel グループおよび監視対象ポート リストから削除されます。

マルチキャスト トラフィックを監視できます。出力ポートおよび入力ポートの監視では、未編集のパケットが 1 つだけ SPAN 宛先ポートに送信されます。マルチキャスト パケットの送信回数は反映されません。

セキュア ポートを SPAN 宛先ポートにすることはできません。

SPAN セッションでは、入力転送が宛先ポートでイネーブルの場合、出力を監視しているポートでポート セキュリティをイネーブルにしないでください。

IEEE 802.1x ポートは SPAN 送信元ポートにできます。SPAN 宛先ポート上で IEEE 802.1x をイネーブルにできますが、SPAN 宛先としてこのポートを削除するまで、IEEE 802.1x はディセーブルに設定されます。

SPAN セッションでは、入力転送が宛先ポートでイネーブルの場合、出力を監視しているポートで IEEE 802.1x をイネーブルにしないでください。

SPAN の設定

ここでは、次の設定情報について説明します。

「SPAN のデフォルト設定」

「ローカル SPAN の設定」

SPAN のデフォルト設定

表23-1 に、SPAN のデフォルト設定を示します。

 

表23-1 SPAN のデフォルト設定

機能
デフォルト設定

SPAN のステート

ディセーブル

監視する送信元ポート トラフィック

受信トラフィックと送信トラフィックの両方( both

カプセル化タイプ(宛先ポート)

ネイティブ形式(タグなしパケット)

入力転送(宛先ポート)

ディセーブル

VLAN フィルタリング

送信元ポートとして使用されるトランク インターフェイス上で、すべての VLAN が監視対象

SPAN 設定時の注意事項

SPAN を設定するときには、次の注意事項に従ってください。

SPAN 送信元の場合は、セッションごとに、単一のポートまたは VLAN、一連のポートまたは VLAN、一定範囲のポートまたは VLAN のトラフィックを監視できます。1 つの SPAN セッションに、送信元ポートおよび送信元 VLAN を混在させることはできません。

宛先ポートを送信元ポートにすることはできません。同様に、送信元ポートを宛先ポートにすることもできません。

同じ宛先ポートで 2 つの SPAN セッションを設定することはできません。

スイッチ ポートを SPAN 宛先ポートとして設定すると、通常のスイッチ ポートではなくなります。SPAN 宛先ポートを通過するトラフィックが監視されるだけです。

SPAN コンフィギュレーション コマンドを入力しても、前に設定した SPAN パラメータは削除されません。設定されている SPAN パラメータを削除するには、 no monitor session
{ session_number | all | local } グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力する必要があります。

ローカル SPAN では、 encapsulation replicate キーワードが指定されている場合、SPAN 宛先ポートを経由する発信パケットは元のカプセル化ヘッダー(タグなし、または IEEE 802.1Q)を伝送します。このキーワードが指定されていない場合、パケットはネイティブ形式で送信されます。

ディセーブルのポートを送信元ポートまたは宛先ポートとして設定することはできますが、SPAN 機能が開始されるのは、宛先ポートと少なくとも 1 つの送信元ポートまたは送信元 VLAN がイネーブルになってからです。

SPAN トラフィックを特定の VLAN に制限するには、 filter vlan キーワードを使用します。トランク ポートを監視している場合、このキーワードで指定された VLAN 上のトラフィックのみが監視されます。デフォルトでは、トランク ポート上のすべての VLAN が監視されます。

単一の SPAN セッションに、送信元 VLAN とフィルタ VLAN を混在させることはできません。

ローカル SPAN セッションの作成

SPAN セッションを作成し、送信元(監視対象)ポートまたは VLAN、および宛先(監視側)ポートを指定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no monitor session { session_number | all | local }

セッションに対する既存の SPAN 設定を削除します。

session_number の範囲は、1 ~ 66 です。

すべての SPAN セッションを削除する場合は all 、すべてのローカル セッションを削除する場合は local をそれぞれ指定します。

ステップ 3

monitor session session_number source { interface interface-id | vlan vlan-id } [ , | - ] [ both | rx | tx ]

SPAN セッションおよび送信元ポート(監視対象ポート)を指定します。

session_number の範囲は、1 ~ 66 です。

interface-id には、監視する送信元ポートまたは送信元 VLAN を指定します。

送信元 interface-id には、監視する送信元ポートを指定します。有効なインターフェイスには、物理インターフェイスおよびポート チャネル論理インターフェイス( port-channel port-channel-number )があります。有効なポートチャネル番号は 1 ~ 6 です。

vlan-id には、監視する送信元 VLAN を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。


) 1 つのセッションに、一連のコマンドで定義された複数の送信元(ポートまたは VLAN)を含めることができます。ただし、1 つのセッション内で送信元ポートと送信元 VLAN を併用することはできません。


(任意) [ , | - ] -- 一連のインターフェイスまたはインターフェイス範囲を指定します。カンマの前後およびハイフンの前後にスペースを 1 つずつ入力します。

(任意)監視するトラフィックの方向を指定します。トラフィックの方向を指定しなかった場合、SPAN は送信トラフィックと受信トラフィックの両方を監視します。

both -- 送信トラフィックと受信トラフィックの両方を監視します。これがデフォルトです。

rx -- 受信トラフィックを監視します。

tx -- 送信トラフィックを監視します。


monitor session session_number source コマンドを複数回使用すると、複数の送信元ポートを設定できます。


ステップ 4

monitor session session_number destination { interface interface-id [, | -] [ encapsulation {dot1q | replicate}]}

SPAN セッションおよび宛先ポート(監視側ポート)を指定します。

session_number には、ステップ 3 で入力したセッション番号を指定します。


) ローカル SPAN の場合は、送信元および宛先インターフェイスに同じセッション番号を使用する必要があります。


interface-id には、宛先ポートを指定します。宛先インターフェイスには物理ポートを指定する必要があります。EtherChannel や VLAN は指定できません。

(任意) [ , | - ] -- 一連のインターフェイスまたはインターフェイス範囲を指定します。カンマの前後およびハイフンの前後にスペースを 1 つずつ入力します。

(任意)宛先インターフェイスで IEEE 802.1Q カプセル化方式の使用を指定するには、 encapsulation dot1q を入力します。

(任意)送信元インターフェイスのカプセル化方式が宛先インターフェイスで複製されるように指定するには、 encapsulation replicate を入力します。これを選択しない場合、デフォルトでは、パケットがネイティブ形式(タグなし)で送信されます。


monitor session session_number destination コマンドを複数回使用すると、複数の宛先ポートを設定できます。


ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show monitor [ session session_number ]

show running-config

設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

SPAN セッションを削除するには、 no monitor session session_number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。SPAN セッションから送信元ポート、宛先ポート、または VLAN を削除する場合は、 no monitor session session_number source { interface interface-id | vlan vlan-id } グローバル コンフィギュレーション コマンドまたは no monitor session session_number destination interface interface-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。宛先インターフェイスの場合、このコマンドの no 形式では、encapsulation オプションは無視されます。

次に、SPAN セッション 1 を設定し、宛先ポートへ向けた送信元ポートのトラフィックを監視する例を示します。最初に、セッション 1 の既存の SPAN 設定を削除し、カプセル化方式を維持しながら、双方向トラフィックを送信元ポート GigabitEthernet 1 から宛先ポート GigabitEthernet 2 へミラーリングします。

Switch(config)# no monitor session 1
Switch(config)# monitor session 1 source interface gigabitethernet0/1
Switch(config)# monitor session 1 destination interface gigabitethernet0/2 encapsulation replicate
Switch(config)# end
 

次に、SPAN セッション 1 の SPAN 送信元としてのポート 1 を削除する例を示します。

Switch(config)# no monitor session 1 source interface gigabitethernet0/1
Switch(config)# end
 

次に、双方向モニタが設定されていたポート 1 で、受信トラフィックの監視をディセーブルにする例を示します。

Switch(config)# no monitor session 1 source interface gigabitethernet0/1 rx
 

ポート 1 で受信するトラフィックの監視はディセーブルになりますが、このポートから送信されるトラフィックは引き続き監視されます。

次に、SPAN セッション 2 内の既存の設定を削除し、VLAN 1 ~ 3 に属するすべてのポートで受信トラフィックを監視するように SPAN セッション 2 を設定し、監視されたトラフィックを宛先ポート GigabitEthernet 2 に送信する例を示します。さらに、この設定は VLAN 10 に属するすべてのポートですべてのトラフィックを監視するよう変更されます。

Switch(config)# no monitor session 2
Switch(config)# monitor session 2 source vlan 1 - 3 rx
Switch(config)# monitor session 2 destination interface gigabitethernet0/2
Switch(config)# monitor session 2 source vlan 10
Switch(config)# end

ローカル SPAN セッションの作成および着信トラフィックの設定

SPAN セッションを作成し、さらに送信元ポートまたは VLAN および宛先ポートを指定したあと、宛先ポートでネットワーク セキュリティ デバイス(Cisco IDS センサ装置等)用に着信トラフィックをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

着信トラフィックに関係しないキーワードの詳細については、「ローカル SPAN セッションの作成」を参照してください。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no monitor session { session_number | all | local }

セッションに対する既存の SPAN 設定を削除します。

ステップ 3

monitor session session_number source { interface interface-id | vlan vlan-id } [ , | - ] [ both | rx | tx ]

SPAN セッションおよび送信元ポート(監視対象ポート)を指定します。

ステップ 4

monitor session session_number destination { interface interface-id [, | -] [ encapsulation {dot1q | replicate}] [ ingress { dot1q vlan vlan-id | untagged vlan vlan-id | vlan vlan-id }]}

SPAN セッション、宛先ポート、パケットカプセル化、および入力 VLAN とカプセル化を指定します。

session_number には、ステップ 3 で入力したセッション番号を指定します。

interface-id には、宛先ポートを指定します。宛先インターフェイスには物理ポートを指定する必要があります。EtherChannel や VLAN は指定できません。

(任意) [ , | - ] -- 一連のインターフェイスまたはインターフェイス範囲を指定します。カンマまたはハイフンの前後にスペースを 1 つずつ入力します。

(任意)宛先インターフェイスで IEEE 802.1Q カプセル化方式の使用を指定するには、 encapsulation dot1q を入力します。

(任意)送信元インターフェイスのカプセル化方式が宛先インターフェイスで複製されるように指定するには、 encapsulation replicate を入力します。これを選択しない場合、デフォルトでは、パケットがネイティブ形式(タグなし)で送信されます。

宛先ポートでの着信トラフィックの転送をイネーブルにして、カプセル化タイプを指定するには、 ingress をキーワードと一緒に入力します。

dot1q vlan vlan-id -- デフォルトの VLAN として指定した VLAN で、IEEE 802.1Q でカプセル化された着信パケットを受信します。

untagged vlan vlan-id または vlan vlan-id -- デフォルトの VLAN として指定した VLAN で、タグなしでカプセル化された着信パケットを受信します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show monitor [ session session_number ]

show running-config

設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

SPAN セッションを削除するには、 no monitor session session_number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。SPAN セッションから送信元ポート、宛先ポート、または VLAN を削除する場合は、 no monitor session session_number source { interface interface-id | vlan vlan-id } グローバル コンフィギュレーション コマンドまたは no monitor session session_number destination interface interface-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。宛先インターフェイスの場合、このコマンドの no 形式を使用すると、カプセル化および入力オプションは無視されます。

次に、SPAN セッション 2 の既存の設定を削除し、送信元ポート GigabitEthernet 1 上で受信されるトラフィックを監視するように SPAN セッション 2 を設定し、送信元ポートと同じ出力カプセル化方式を使用してそれを宛先ポート GigabitEthernet 2 に送信し、VLAN 6 をデフォルトの入力 VLAN として IEEE 802.1Q カプセル化を使用する入力転送をイネーブルにする例を示します。

Switch(config)# no monitor session 2
Switch(config)# monitor session 2 source gigabitethernet0/1 rx
Switch(config)# monitor session 2 destination interface gigabitethernet0/2 encapsulation replicate ingress dot1q vlan 6
Switch(config)# end

フィルタリングする VLAN の指定

SPAN 送信元トラフィックを特定の VLAN に制限するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no monitor session { session_number | all | local }

セッションに対する既存の SPAN 設定を削除します。

session_number の範囲は、1 ~ 66 です。

すべての SPAN セッションを削除する場合は all 、すべてのローカル セッションを削除する場合は local をそれぞれ指定します。

ステップ 3

monitor session session_number source interface interface-id

送信元ポート(監視対象ポート)と SPAN セッションの特性を指定します。

session_number の範囲は、1 ~ 66 です。

interface-id には、監視する送信元ポートを指定します。指定されたインターフェイスは、あらかじめトランク ポートとして設定されていなければなりません。

ステップ 4

monitor session session_number filter vlan vlan-id [ , | - ]

SPAN 送信元トラフィックを特定の VLAN に制限します。

session_number には、ステップ 3 で指定したセッション番号を入力します。

vlan-id に指定できる範囲は、1 ~ 4094 です。

(任意)[, | - ] -- カンマ( , )を使用して一連の VLAN を指定するか、ハイフン( - )を使用して VLAN 範囲を指定します。カンマの前後およびハイフンの前後にスペースを 1 つずつ入力します。

ステップ 5

monitor session session_number destination { interface interface-id [, | -] [ encapsulation {dot1q | replicate}] }

SPAN セッションおよび宛先ポート(監視側ポート)を指定します。

session_number には、ステップ 3 で入力したセッション番号を指定します。

interface-id には、宛先ポートを指定します。宛先インターフェイスには物理ポートを指定する必要があります。EtherChannel や VLAN は指定できません。

(任意) [ , | - ] -- 一連のインターフェイスまたはインターフェイス範囲を指定します。カンマの前後およびハイフンの前後にスペースを 1 つずつ入力します。

(任意)宛先インターフェイスで IEEE 802.1Q カプセル化方式の使用を指定するには、 encapsulation dot1q を入力します。

(任意)送信元インターフェイスのカプセル化方式が宛先インターフェイスで複製されるように指定するには、 encapsulation replicate を入力します。これを選択しない場合、デフォルトでは、パケットがネイティブ形式(タグなし)で送信されます。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show monitor [ session session_number ]

show running-config

設定を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

トランク ポート上のすべての VLAN を監視するには、 no monitor session session_number filter グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、SPAN セッション 2 の既存の設定を削除し、トランク ポート GigabitEthernet 2 で受信されたトラフィックを監視するように SPAN セッション 2 を設定し、VLAN 1 ~ 5 および 9 に対してのみトラフィックを宛先ポート GigabitEthernet 1 に送信する例を示します。

Switch(config)# no monitor session 2
Switch(config)# monitor session 2 source interface gigabitethernet0/2 rx
Switch(config)# monitor session 2 filter vlan 1 - 5, 9
Switch(config)# monitor session 2 destination interface gigabitethernet0/1
Switch(config)# end
 

SPAN のステータス表示

現在の SPAN 設定を表示するには、 show monitor ユーザ EXEC コマンドを使用します。また、設定された SPAN セッションを表示するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを使用できます。