Catalyst 2950/2955 スイッチ システム メッセージ ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA5
メッセージおよび回復手順
メッセージおよび回復手順
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 772KB) | フィードバック

目次

メッセージおよび回復手順

AUTOQOSメッセージ

CMPメッセージ

DHCP_SNOOPINGメッセージ

DOT1Xメッセージ

DTPメッセージ

ECメッセージ

ENVIRONMENTメッセージ

ETHCNTRメッセージ

EXPRESS_SETUPメッセージ

GBICメッセージ

GBIC_SECURITYメッセージ

GBIC_SECURITY_CRYPTメッセージ

GBIC_SECURITY_UNIQUEメッセージ

GIGASTACKメッセージ

HWMATM_MODメッセージ

LINKメッセージ

LRE_CPEメッセージ

LRE_LINKメッセージ

LRE_UPGRADEメッセージ

PHYメッセージ

PLATFORM_CAT2950メッセージ

PLATFORM_CATALYST2950メッセージ

PLATFORM_CATALYST2955メッセージ

PMメッセージ

PORT_SECURITYメッセージ

SPANメッセージ

+SPANTREEメッセージ

SPANTREE_FASTメッセージ

SPANTREE_VLAN_SWITCHメッセージ

STORM_CONTROLメッセージ

SW_VLANメッセージ

UDLDメッセージ

UFAST_MCAST_SWメッセージ

メッセージおよび回復手順

この章では、スイッチのシステム メッセージについて、ファシリティごとにアルファベット順で説明します。ファシリティごとに、各メッセージが重大度0~7の順序で記載されています。重大度は0が最高で、7が最低です。各メッセージのあとに、メッセージの説明および対処方法を示します。


) この章で扱うメッセージには、ソフトウェアがシステム ログ メッセージに対応している場合にのみ表示される、日時スタンプに関するメッセージは含まれません。


この章の内容は次のとおりです。

「AUTOQOSメッセージ」

「CMPメッセージ」

「DHCP_SNOOPINGメッセージ」

「DOT1Xメッセージ」

「DTPメッセージ」

「ECメッセージ」

「ENVIRONMENTメッセージ」

「ETHCNTRメッセージ」

「EXPRESS_SETUPメッセージ」

「GBICメッセージ」

「GBIC_SECURITYメッセージ」

「GBIC_SECURITY_CRYPTメッセージ」

「GBIC_SECURITY_UNIQUEメッセージ」

「GIGASTACKメッセージ」

「HWMATM_MODメッセージ」

「LINKメッセージ」

「LRE_CPEメッセージ」

「LRE_LINKメッセージ」

「LRE_UPGRADEメッセージ」

「PHYメッセージ」

「PLATFORM_CAT2950メッセージ」

「PLATFORM_CATALYST2950メッセージ」

「PLATFORM_CATALYST2955メッセージ」

「PMメッセージ」

「PORT_SECURITYメッセージ」

「SPANメッセージ」

「+SPANTREEメッセージ」

「SPANTREE_FASTメッセージ」

「SPANTREE_VLAN_SWITCHメッセージ」

「STORM_CONTROLメッセージ」

「SW_VLANメッセージ」

「UDLDメッセージ」

「UFAST_MCAST_SWメッセージ」

AUTOQOSメッセージ

ここでは、Automatic Quality of Service(auto-QoS;自動QoS)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ AUTOQOS-3-FEATURE_UNINITIALIZED: Feature not initialized in the platform, [chars].

説明 auto-QoS機能が初期化されなかったため、この機能はどのインターフェイスでも使用できません。[chars]は機能名で、この場合はauto-QoSです。

対処方法 この機能が動作しない場合は、 reload イネーブルEXECコマンドを使用してシステムを再起動します。このマニュアルのソフトウェア リリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照し、この機能がご使用のスイッチでサポートされるかどうかを確認してください。

CMPメッセージ

ここでは、Cluster Membership Protocol(CMP)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ CMP-5-ADD: The Device is added to the cluster (Cluster Name:[chars], CMDR IP Address [inet]).

説明 クラスタに装置が追加されました。[chars]はクラスタ名、[inet]はコマンド スイッチのインターネット アドレスです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ CMP-5-MEMBER_CONFIG_UPDATE: Received member configuration from member [dec].

説明 アクティブまたはスタンバイ コマンド スイッチがメンバーのコンフィギュレーションを受信しました。[dec]は送信側のメンバー番号です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ CMP-5-MGMT_VLAN_CHNG: The management vlan has been changed to [dec].

説明 管理VLANが変更されました。[dec]は新しい管理VLAN番号です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ CMP-5-NBR_UPD_SIZE_TOO_BIG: Number of neighbors in neighbor update is [int], maximum number of neighbors allowed in neighbor update is [int].

説明 クラスタリング ネイバ アップデート パケット内のクラスタ ネイバ数が、クラスタリング モジュール設計でサポートされるネイバ数を超えています。[int]はクラスタ ネイバ数です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ CMP-5-REMOVE: The Device is removed from the cluster (Cluster Name:[chars]).

説明 クラスタからデバイスが取り外されました。[chars]はクラスタ名です。

対処方法 対処は不要です。

DHCP_SNOOPINGメッセージ

ここでは、DHCPスヌーピング メッセージについて説明します。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-3-DHCP_SNOOPING_INTERNAL_ERROR: DHCP Snooping internal error, [chars].

説明 DHCPスヌーピング プロセスで、ソフトウェアの健全性チェックに失敗しました。[chars]はエラー メッセージです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのメッセージをそのままコピーします。Output Interpreterを使用してエラーの内容を調べ、解決策を講じます。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。それでも問題を解決できない場合は、TACにサポートの申し込みを行うか、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、問題の症状を説明してください。ここで説明したオンライン ツールやシスコへの問い合わせについての詳細は、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-4-DHCP_SNOOPING_PVLAN_WARNING: DHCP Snooping configuration may not take effect on secondary vlan [dec]. [chars].

説明 プライベートVLAN(仮想LAN)が設定されている場合、プライマリVLANでのDHCPスヌーピングの設定が、すべてのセカンダリVLANに自動的に適用されます。[dec]はセカンダリVLANのVLAN ID、[chars]は警告です。

対処方法 対処は不要です。

DOT1Xメッセージ

ここでは、IEEE 802.1x認証メッセージについて説明します。

エラー メッセージ DOT1X_MOD-3-NULLPTR: Unexpected null pointer in [chars] at [dec].

説明 内部ソフトウェアでエラーが発生しました。[chars]はソフトウェアのファイル名、[dec]はファイルの行番号です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ DOT1X-3-VLANINVALID: Received invalid vlan ([dec]) from RADIUS for [chars].

説明 IEEE 802.1xの認証時に、RADIUSサーバがスイッチに設定されていないVLAN IDを返しました。

対処方法 RADIUSの設定でVLAN IDを変更するか、またはスイッチにVLAN(仮想LAN)を設定します。

エラー メッセージ DOT1X-3-VLANMALFORMED: Received malformed vlan from RADIUS for [chars].

説明 IEEE 802.1x認証時に、RADIUSサーバが無効なVLAN IDを返しました。

対処方法 RADIUSコンフィギュレーションでVLAN IDを訂正します。

エラー メッセージ DOT1X-3-VOICEVLAN: Received voice vlan ([dec]) from RADIUS for [chars].

説明 IEEE 802.1x認証時にRADIUSサーバが返したVLAN IDが、ポートの音声VLAN IDと競合しています。

対処方法 RADIUSの設定でVLAN IDを変更するか、またはそのスイッチ ポートの音声VLANを変更します。

エラー メッセージ DOT1X-4-MEM_UNAVAIL: Memory was not available to perform the 802.1X action.

説明 システム メモリの不足により、IEEE 802.1x認証を実行できませんでした。

対処方法 他のアプリケーションを終了させ、メモリを解放します。

エラー メッセージ DOT1X-4-MSG_ERR: Unknown message event received.

説明 IEEE 802.1xプロセスの途中で不明なメッセージ イベントを受信しました。

対処方法 dot1x system-auth-control グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して、IEEE 802.1xプロセスを再起動します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、デバイスをリロードしてください。

エラー メッセージ DOT1X-4-UNKN_ERR: An unknown operational error occurred.

説明 内部システム エラーにより、IEEE 802.1xプロセスを実行できませんでした。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_CHANNELLING: Dot1x can not be enabled on Channelling ports.

説明 チャネリング ポート上で、IEEE 802.1xをイネーブルにできませんでした。チャネリング ポート上でIEEE 802.1xポート制御を auto または force-unauthorized (force_unauth)モードに設定しようとすると、このエラーが発生します。チャネリング ポート上では、これらのモードは許可されません。

対処方法 インターフェイスのチャネリングをディセーブルにしたあと、IEEE 802.1xをイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_DYNAMIC: Dot1x can not be enabled on Dynamic ports.

説明 ダイナミック モード ポート上で、IEEE 802.1xをイネーブルにできませんでした。ダイナミック モード ポート上でIEEE 802.1xポート制御を auto または force-unauthorized (force_unauth)モードに設定しようとすると、このエラーが発生します。ダイナミック モード ポート上では、これらのモードは許可されません。

対処方法 インターフェイスのダイナミック モードをディセーブルにしたあと、IEEE 802.1xをイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_DYNAMIC_VLAN: Dot1x can not be enabled on Dynamic VLAN ports.

説明 ダイナミックVLANポート上で、IEEE 802.1xをイネーブルにできませんでした。ダイナミックVLANポート上でIEEE 802.1xポート制御を auto または force-unauthorized (force_unauth)モードに設定しようとすると、このエラーが発生します。ダイナミックVLANポート上では、これらのモードは許可されません。

対処方法 インターフェイスのダイナミックVLAN設定をディセーブルにしたあと、IEEE 802.1xをイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_INVALID_AAA_ATTR: Got invalid AAA attribute settings [chars]

説明 許可設定がサポートされていないか、または無効です。

対処方法 設定を有効値に変更します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_MULTI_ACCESS: Dot1x can not be enabled on voice vlan configured ports.

説明 音声VLAN設定ポート上で、IEEE 802.1xをイネーブルにできませんでした。音声VLAN設定ポート上でIEEE 802.1xポート制御を auto または force-unauthorized (force_unauth)モードに設定しようとすると、このエラーが発生します。音声VLANポート上では、これらのモードは許可されません。

対処方法 インターフェイスの音声VLANをディセーブルにしたあと、IEEE 802.1xをイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_RADIUSVLAN_EQ_VVLAN: RADIUS attempted to assign a VLAN to Dot1x port [chars] whose Voice VLAN is same as AccessVlan

説明 アクセスVLANと同一の音声VLANが割り当てられたポート上のクライアントに対して、RADIUSサーバがVLANを割り当てようとしました。

対処方法 音声VLANと同じVLANが割り当てられないようにRADIUSコンフィギュレーションを更新するか、このポートの音声VLANを変更します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_RSPAN_VLAN: Dot1x can not be enabled on ports configured in Remote SPAN vlan.

説明 リモートSPAN VLANポート上で、IEEE 802.1xをイネーブルにできませんでした。リモートSPAN VLANポート上でIEEE 802.1xポート制御を auto または force-unauthorized (force_unauth)モードに設定しようとすると、このエラーが発生します。リモートSPAN VLANポート上では、これらのモードは許可されません。

対処方法 VLAN上のリモートSPANをディセーブルにしたあと、IEEE 802.1xをイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_TRUNK: Dot1x can not be enabled on Trunk port.

説明 トランク ポート上で、IEEE 802.1xをイネーブルにできませんでした。チャネリング ポート上でIEEE 802.1xポート制御を auto または force-unauthorized (force_unauth)モードに設定しようとすると、このエラーが発生します。トランク ポート上では、これらのモードは許可されません。

対処方法 インターフェイスのトランキングをディセーブルにしたあと、IEEE 802.1xをイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_INVALID: The VLAN [dec] is invalid and cannot be assigned for use on the 802.1X port [chars] Vlan

説明 指定されたVLANが対象外であるため、ポートへの再割り当てに失敗しました。

対処方法 有効なVLANが使用されるようにコンフィギュレーションを更新します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_NOT_ASSIGNABLE: RADIUS tried to assign a VLAN to dot1x port [chars] whose VLAN cannot be assigned

説明 RADIUSサーバが、VLANを変更できないポート(ルーテッド ポートなど)上のクライアントに対してVLANを割り当てようとしました。

対処方法 推奨する対処方法はありません。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_NOT_FOUND: Attempt to assign non-existent [chars] VLAN [chars] to dot1x port [chars]

説明 指定されたVLANがVTPデータベースに存在しないために、ポート上のクライアントへのVLANの割り当てができません。

対処方法 該当するVLANが存在するかどうかを確認します。または、他のVLANを使用します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_RESERVED: The VLAN [dec] is a reserved vlan and cannot be assigned for use on the Dot1x port [chars] Vlan

説明 指定されたVLANが予約されているため、このポートには割り当てることができません。

対処方法 このVLANが使用されないようにコンフィギュレーションを更新します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_RSPAN_CONFIGURED: VLAN [dec] is configured as a Remote SPAN VLAN, which has Dot1x enabled interface(s) configured. Please disable Dot1x on all ports in this VLAN or do not enable RSPAN on this VLAN.

説明 ポート上でIEEE 802.1xがイネーブルに設定されているVLANでは、RSPANをイネーブルにできません。

対処方法 VLANのRSPANの設定をディセーブルにするか、このVLANの全ポートのIEEE 802.1xをディセーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-INVALID_INPUT: Dot1x Interface parameter is Invalid on interface [chars].

説明 IEEE 802.1xインターフェイスのパラメータが指定範囲外か、または無効です。

対処方法 コマンドのあとに ? を入力してCLI(コマンドライン インターフェイス)のヘルプを表示し、有効範囲を確認してください。

エラー メッセージ DOT1X-5-INVALID_MAC: Invalid MAC address (drop, zero, broadcast or multicast mac address) [enet] is trying to authenticate.

説明 ゼロ、ブロードキャスト、またはマルチキャスト アドレスであるMACアドレスが、IEEE 802.1x認証を試みました。IEEE 802.1x認証が許可されるのは、ゼロ、ブロードキャスト、またはマルチキャスト アドレス以外の有効な送信元MACアドレスに対してだけです。

対処方法 有効なIEEE 802.1xアドレスを持つホストを、IEEE 802.1x対応ポートに接続します。

エラー メッセージ DOT1X-5-NO_UNIDIR_EDGE: Unidirectional port-control is configured on interface [chars], but will not be activated. Port is not configured for portfast.

説明 指定されたインターフェイスがPortFastポートとして設定されていないため、単一方向ポート制御機能の設定を有効化できません。[chars]はインターフェイスです。

対処方法 単一方向ポート制御機能を有効にするには、 spanning-tree PortFast インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力します。

エラー メッセージ DOT1X-5-NOT_DOT1X_CAPABLE: Dot1x disabled on interface [chars] because it is not an Ethernet interface.

説明 IEEE 802.1x認証をイネーブルにできるのは、イーサネット インターフェイスだけです。

対処方法 IEEE 802.1x認証は、イーサネット インターフェイス上でのみイネーブルにしてください。

エラー メッセージ DOT1X-5-SECURITY_VIOLATION: Security violation on interface [chars], New MAC address [enet] is seen on the interface in [chars] mode.

説明 指定されたインターフェイス上のポートは、シングルホスト モードに設定されています。このインターフェイスで新しく検出されるホストはすべて、セキュリティ違反とみなされます。ポートはディセーブル化されました。

対処方法 ポートが、単一ホストだけを使用するように設定されているかどうかを確認します。 shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力し、さらに no shutdown コマンドを入力して、ポートを再起動します。

DTPメッセージ

ここでは、Dynamic Trunking Protocol(DTP;ダイナミック トランキング プロトコル)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ DTP-4-MEM_UNAVAIL: Memory was not available to perform the trunk negotiation action.

説明 メモリ不足のため、システムはトランクのネゴシエーションに失敗しました。

対処方法 他のアプリケーションを終了させ、メモリを解放します。

エラー メッセージ DTP-4-TMRERR: An internal timer error occurred when trunking on interface [chars].

説明 トランキング プロトコルで使用されるタイマーが、予期せず終了しました。[chars]はトランキングされたインターフェイスです。

対処方法 このエラーは内部的に修正され、長時間にわたって悪影響を及ぼすことはありません。ただし、トランキングに関してほかにも問題が発生した場合は、 reload イネーブルEXECコマンドを使用してスイッチをリロードしてください。

エラー メッセージ DTP-4-UNKN_ERR: An unknown operational error occurred.

説明 内部処理中に予想外のエラーが発生したため、システムはトランクのネゴシエーションを実行できません。

対処方法 reload イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチを再ロードします。

エラー メッセージ DTP-5-DOMAINMISMATCH: Unable to perform trunk negotiation on port [chars] because of VTP domain mismatch.

説明 トランク ネゴシエーションを行う2つのポートが、それぞれ異なるVTPドメインに属しています。トランキングが可能なのは、対象となるポートが同じVTPドメインに属する場合だけです。[chars]はインターフェイス名です。

対処方法 トランク ネゴシエーションを行う2つのポートが同じVTPに属していることを確認します。

エラー メッセージ DTP-5-ILGLCFG: Illegal config (on, isl--on, dot1q) on [chars].

説明 トランクの片側で ISL (スイッチ間リンク)が on に、もう一方の側で 802.1Q on に設定されています。[chars]はインターフェイスです。

対処方法 この設定は無効です。2台のスイッチ間にトランクは確立されません。トランクの両側で同じになるように、カプセル化タイプを変更する必要があります。

エラー メッセージ DTP-5-NONTRUNKPORTON: Port [chars] has become non-trunk.

説明 インターフェイスがトランクからアクセスに変更されました。[chars]は変更されたインターフェイスです。

対処方法 このメッセージは通知メッセージです。

エラー メッセージ DTP-5-TRUNKPORTCHG: Port [chars] has changed from [chars] trunk to [chars] trunk.

説明 トランクのカプセル化タイプが変更されました。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]は元のカプセル化タイプ、3番めの[chars]は新しいカプセル化タイプです。

対処方法 このメッセージは通知メッセージです。

エラー メッセージ DTP-5-TRUNKPORTON: Port [chars] has become [chars] trunk.

説明 インターフェイスがアクセスからトランクに変更されました。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]はカプセル化タイプです。

対処方法 このメッセージは通知メッセージです。

ECメッセージ

ここでは、EtherChannel、Link Aggregation Control Protocol(LACP)、およびPort Aggregation Protocol(PAgP)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ EC-4-NOMEM: Not enough memory available for [chars].

説明 LACPまたはPAgP EtherChannelが、必要なデータ構造を初期設定するためのメモリを取得できませんでした。[chars]はデータ構造名です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ EC-5-BUNDLE: Interface [chars] joined port-channel [chars].

説明 表示されたインターフェイスが指定したEtherChannelに追加されました。最初の[chars]は物理インターフェイス、次の[chars]はEtherChannelインターフェイスです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ EC-5-CANNOT_ALLOCATE_AGGREGATOR: Aggregator limit reached, cannot allocate aggregator for group [dec].

説明 グループにアグリゲータを割り当てることができません。

対処方法 グループに含まれるポートの属性を変更して一致させ、同じアグリゲータに追加されるようにします。

エラー メッセージ EC-5-CANNOT_BUNDLE_LACP: [chars] is not compatible with aggregators in channel [dec] and cannot attach to them ([chars]).

説明 対象となるポートのポート属性が、ポート チャネルまたはポート チャネル内のポートの属性と異なっています。

対処方法 EtherChannel内の他のポートに合わせて、ポート属性を変更します。

エラー メッセージ EC-5-CANNOT_BUNDLE1: Port-channel [chars] is admin-down, port [chars] will remain stand-alone.

説明 EtherChannelがシャットダウンに設定されています。最初の[chars]はEtherChannelインターフェイス、次の[chars]は物理インターフェイスです。

対処方法 no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、EtherChannelをイネーブルにします。

エラー メッセージ EC-5-CANNOT_BUNDLE2: [chars] is not compatible with [chars] and will be suspended ([chars]).

説明 対象となるインターフェイスに、ポート チャネルの他のポートと異なるインターフェイス属性が与えられています。インターフェイスをバンドル(EtherChannel)に追加するには、インターフェイス属性を変更して該当するEtherChannel属性と一致させます。最初の[chars]はバンドルするインターフェイス、2番めの[chars]はバンドルにすでに組み込まれている物理インターフェイス、3番めの[chars]は矛盾している理由です。

対処方法 インターフェイス属性を変更して、EtherChannel属性と一致させます。

エラー メッセージ EC-5-COMPATIBLE: [chars] is compatible with port-channel members.

説明 ポートの属性がポート チャネルまたはポート チャネル内のポートの属性と異なるために、ポートが動作しませんでした。現在は、ポートの属性がポート チャネルの属性と一致していることが検出されました。[chars]は該当するポートです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ EC-5-DONTBNDL: [chars] suspended: incompatible partner port with [chars]

説明 パートナー ポートのコンフィギュレーションが、バンドル内にある他のポートのコンフィギュレーションと異なっています。ポートをバンドルに追加できるのは、ポートのグローバル コンフィギュレーションおよびパートナー ポートのコンフィギュレーションが、バンドル内の他のポートと一致する場合だけです。

対処方法 パートナー ポートのコンフィギュレーションが、バンドル内の全ポートと一致しているかどうかを確認します。

エラー メッセージ EC-5-ERRPROT: Channel protocol mismatch for interface [chars] in group [dec]: the interface cannot be added to the channel group.

説明 指定されたモードを使用してインターフェイスをチャネル グループに追加できませんでした。

対処方法 チャネル グループまたはインターフェイスのモードを変更します。

エラー メッセージ EC-5-ERRPROT2: Command rejected: the interface [chars] is already part of a channel with a different type of protocol enabled.

説明 インターフェイスがすでに別のプロトコルに対応するEtherChannelグループに組み入れられているため、指定されたプロトコルではこのインターフェイスを選択できません。

対処方法 EtherChannelグループからインターフェイスを削除します。

エラー メッセージ EC-5-ERRPROT3: Command rejected: the interface [chars] is already part of a channel.

説明 インターフェイスがすでにEtherChannelグループに組み入れられているため、指定されたプロトコルではこのインターフェイスを選択解除できません。

対処方法 EtherChannelグループからインターフェイスを削除します。

エラー メッセージ EC-5-NOLACP: Invalid EC mode. LACP not enabled.

説明 使用中のスイッチのイメージにLACPが含まれていません。EtherChannelをLACPモードにすることはできません。

対処方法 LACPをサポートするイメージを適用して、スイッチをアップグレードします。

エラー メッセージ EC-5-NOPAGP: Invalid EC mode. PAgP not enabled.

説明 Cisco IOSイメージにPAgPが含まれていないので、EtherChannelモードを desirable または auto に設定することができません。

対処方法 PAgPを含むイメージを入手するか、またはchannel-group channel -group-number mode on インターフェイス コンフィギュレーション コマンド を使用して、モードを on に設定します。

エラー メッセージ EC-5-PORTDOWN: Shutting down [chars] as its port-channel is admin-down.

説明 ポート ステートを制御するEtherChannelインターフェイスがダウンしているために、ポートの管理ステートがダウンしています。

対処方法 アグリゲーション ポート上で no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力します。

エラー メッセージ EC-5-STAYDOWN: no-shut not allowed on [chars]. Module [dec] not online.

説明 EtherChannel設定を行ったインターフェイスは、no shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドでイネーブルにすることはできません。このインターフェイスはEtherChannelグループのメンバーであり、そのEtherChannelグループはシャットダウンに設定されています。インターフェイスにはEtherChannel設定が行われていますが、ポート チャネルに関する情報が不足しています。

対処方法 対処は不要です。インターフェイスがオンラインになり、EtherChannelのポート チャネル設定が特定されるまで待機します。

エラー メッセージ EC-5-STAYDOWN: [chars] will remain down as its port-channel [chars] is admin-down.

説明 アグリゲーション ポートの管理ステートは、対応するポートの管理ステートよりも優先されます。アグリゲーション ポートがダウンに設定されている場合、そのアグリゲーション ポート内のすべてのポートは強制的にダウンに設定されます。

対処方法 EtherChannelインターフェイス上で no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力し、アグリゲーション ポートを稼動させます。

エラー メッセージ EC-5-UNBUNDLE: Interface [chars] left the port-channel [chars].

説明 表示されたインターフェイスは、指定されたEtherChannelから削除されました。最初の[chars]は物理インターフェイス、次の[chars]はEtherChannelです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ EC-5-UNSUITABLE: [chars] will not join any port-channel, [chars].

説明 インターフェイスが、PortFastに対してはVLAN Membership Policy Server(VMPS;VLANメンバーシップ ポリシー サーバ)として、IEEE 802.1xに対しては音声VLANまたはSwitched Port Analyzer(SPAN;スイッチド ポート アナライザ)宛先ポートとして設定されているため、インターフェイスの1つをEtherChannelに追加できません。これらの設定はEtherChannelには使用できません。最初の[chars]はインターフェイス名、2番めの[chars]は設定の誤りの詳細説明です。

対処方法 設定の誤りを修正し、ポートを設定し直します。

ENVIRONMENTメッセージ

ここでは、環境メッセージについて説明します。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-2-FAN_FAULT: FAN FAULT is detected.

説明 内蔵ファン障害が検出されました。

対処方法 スイッチを点検し、ファンが作動しているかどうかを調べます。または show env イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチのファンが故障しているかどうかを調べます。ファンが1つ故障していても、スイッチは正常に動作します。適当な機会にスイッチを交換してください。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-3-OVERTEMP:ASSERT MAJOR Switch Temp above max primary threshold.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 スイッチ内部の温度が最大プライマリ スレッシュホールドを超えました。メジャー アラームがオンになりました。

対処方法 show env イネーブルEXECコマンドを使用して、過熱状態になっているかどうかを調べます。過熱状態になっている場合は、スイッチの設置環境をスイッチの動作温度範囲内にします。動作温度を改善する方法については、『 Catalyst 2955 Switch Hardware Installation Guide 』を参照してください。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-3-OVERTEMP: CLEAR MAJOR Switch Temp above max primary threshold.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 スイッチ内部の温度が最大プライマリ スレッシュホールドを下回りました。メジャー アラームはオフになりました。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-3-RPS_FAILED:ASSERT [chars] Switch Redundant Pwr missing or failed.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 デュアル電源モードのシステムに冗長電源装置が取り付けられていないか、または故障しています。対応する[chars]アラームがオンになりました。[chars]はこの障害に対してユーザが設定したアラームです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-3-RPS_FAILED:CLEAR [chars] Switch Redundant Pwr missing or failed.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 デュアル電源モードのシステムで、冗長電源装置が検出されたか、または障害後に動作が確認されました。対応する[chars]アラームはオフになりました。[chars]はこの障害に対してユーザが設定したアラームです。

対処方法 冗長電源装置を点検し、正常に動作していることを確認してください。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-3-UNDERTEMP:ASSERT MAJOR Switch Temp below min primary threshold.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 スイッチ内部の温度が最小プライマリ スレッシュホールドを下回りました。メジャー アラームがオンになりました。

対処方法 show env イネーブルEXECコマンドを使用して、低温状態になっているかどうかを調べます。低温状態になっている場合は、スイッチの設置環境をスイッチの動作温度範囲内にします。動作温度を改善する方法については、『 Catalyst 2955 Switch Hardware Installation Guide 』を参照してください。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-3-UNDERTEMP:CLEAR MAJOR Switch Temp above min primary threshold.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 スイッチ内部の温度が最小プライマリ スレッシュホールドを上回りました。メジャー アラームはオフになりました。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-4-CONFIG_OVERTEMP: ASSERT [chars] Switch Temp above secondary threshold.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 スイッチ内部の温度が設定されたスレッシュホールドを超えました。対応するアラームがオンになりました。[chars]はこの障害に対してユーザが設定したアラームです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ ENVIRONMENT-4-CONFIG_OVERTEMP: CLEAR [chars] Switch Temp above secondary threshold.

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 スイッチ内部の温度が設定されたスレッシュホールドを下回りました。対応するアラームはオフになりました。[chars]はこの障害に対してユーザが設定したアラームです。

対処方法 対処は不要です。

ETHCNTRメッセージ

ここでは、イーサネット コントローラ メッセージについて説明します。これらのメッセージが表示されるのは、スイッチのソフトウェアがハードウェアをプログラムする際、エラーが発生した場合です。これらのエラーはほとんどの場合、スイッチの誤動作の原因になります。

エラー メッセージ ETHCNTR-3-HALF_DUX_COLISION_EXCEED_THRESHOLD: Collision at [chars] exceed threshold. Consider as loop-back.

説明 半二重ポートのコリジョンがスレッシュホールドを超え、ポートはループバック ステートとみなされます。[chars]はスレッシュホールドを超えたポートです。

対処方法 非PoEスイッチでは対処不要です。問題が解決されるまで、ポートはerror-disabledモードになります。

エラー メッセージ ETHCNTR-3-INVALIDMAP: Invalid map [dec] for address [enet].

説明 ソフトウェアでパケットをブリッジングしようとしましたが、結果が無効でした。[dec]はマップ番号です。[enet]はイーサネット アドレスです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ ETHCNTR-3-LOOP_BACK_DETECTED:, Loop-back detected on [chars]. The port is forced to linkdown.

説明 ループバック状態は、ポートに誤ってバラン ケーブルが接続されたために発生している可能性があります。[chars]はポートです。

対処方法 非PoEスイッチのケーブルをチェックします。バラン ケーブルが接続されていて、ループバック状態が意図した結果である場合は、対処は不要です。それ以外の場合は、適切なケーブルを接続し、 no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力して、ポートをイネーブルにします。

エラー メッセージ ETHCNTR-3-RA_ALLOC_ERROR:RAM Access [chars] [chars] memory allocation failure.

説明 RAM(ランダム アクセス メモリ)に対する読み取りまたは書き込み要求の際、メモリの割り当てに失敗しました。最初の[chars]は失敗したRAMアクセス コマンドです。次の[chars]は割り当てに失敗したのがプロセッサ メモリであるか、それともI/Oメモリであるかを表します。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ ETHCNTR-3-RA_REPLY_ERROR: Invalid reply to RAM Access [chars] request ([hex]) from satellite [dec].

説明 サテライトRAMへの読み取りまたは書き込み要求に対して、予期せぬ応答を受信しました。[chars]は要求タイプ( read または write )、[hex]はアドレス、[dec]はサテライト番号です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ ETHCNTR-3-UNEXPECTED_EVENT: Request [hex] encountered event [dec] in state [dec].

説明 RAMアクセス要求時に予期せぬイベントが発生しました。[hex]は要求ID、最初の[dec]はイベント番号、次の[dec]はステート番号です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

EXPRESS_SETUPメッセージ

ここでは、Express Setup機能のメッセージについて説明します。

エラー メッセージ EXPRESS_SETUP-3-UNABLE_TO_RESET_CONFIG<EMB_ErrMsgBody>: [chars]

説明 コンフィギュレーションをリセットできません。[chars]はリセットできない理由を示す文字列です。 error renaming config file (コンフィギュレーション ファイル名変更エラー)、 error removing config file (コンフィギュレーション ファイルの削除エラー)、 error removing private config file (プライベート コンフィギュレーション ファイルの削除エラー)などがあります。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ EXPRESS_SETUP-6-CONFIG_IS_RESET: [chars]

説明 このメッセージは、コンフィギュレーションがリセットされたことを意味します。[chars]は The configuration is reset and the system will now reboot (コンフィギュレーションがリセットされ、システムが再起動します)といった、リセット イベントを説明する文字列です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ EXPRESS_SETUP-6-MODE_ENTERED:

説明 Express Setupモードがアクティブです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ EXPRESS_SETUP-6-MODE_EXITED

説明 Express Setupモードのアクティブ化が解除されました。

対処方法 対処は不要です。

GBICメッセージ

ここでは、GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュールの識別および検証メッセージについて説明します。スイッチにGBICモジュールを取り付けると、ソフトウェアがモジュールから情報を読み取り、モジュールのタイプを識別します。GBICモジュールのタイプによっては、モジュールの互換性を検証するために必要な追加情報が得られます。

エラー メッセージ GBIC_1000BASET-6-GBIC_1000BASET_DEFAULT_CONFIG: 1000BASE-T GBIC module is detected in [chars]. Speed and duplex will be autonegotiated.

説明 スロットに1000BASE-T GBICモジュールが搭載されていることが検出されました。速度とデュプレックスのネゴシエーションが自動的に実行されます。[chars]はモジュールが取り付けられているスロットです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ GBIC_1000BASET-6-GBIC_1000BASET_NO_CONFIG_DUPLEX: Configuration ignored. 1000-BaseT GBIC modules only support autonegotiation on duplex.

説明 自動ネゴシエーション機能は適用されませんでした。1000BASE-T GBICモジュールがサポートするのは、デュプレックスの自動ネゴシエーションだけです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ GBIC_1000BASET-6-GBIC_1000BASET_NO_CONFIG_NEGOTIATE: Configuration ignored. 1000BASE-T GBIC modules only support autonegotiation.

説明 自動ネゴシエーションのディセーブル設定は適用されませんでした。1000BASE-T GBICモジュールは自動ネゴシエーションをサポートします。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ GBIC_1000BASET-6-GBIC_1000BASET_NO_CONFIG_SPEED: Configuration ignored. 1000-BaseT GBIC modules only support autonegotiation on speed.

説明 自動ネゴシエーションは無視されました。1000BASE-T GBICモジュールがサポートするのは、速度の自動ネゴシエーションだけです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ GBIC-4-CHECK_SUM_FAILED: GBIC EEPROM data check sum failed for GBIC interface [chars].

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムはベンダー データ情報の読み取りと情報の検証に失敗しました。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 GBICモジュールを一度取り外し、改めて取り付けます。再度取り付けてもエラーが解消されない場合は、不良品の可能性があります。

エラー メッセージ GBIC-4-NOREAD_VNAME: Unable to read vendor name for GBIC interface [chars].

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムはGBICのベンダー名を読み取ることができませんでした。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 GBICモジュールを一度取り外し、改めて取り付けます。再度取り付けてもエラーが解消されない場合は、不良品の可能性があります。

エラー メッセージ GBIC-4-NOREAD_VSDATA: Unable to read vendor-specific data for GBIC interface [chars].

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムはベンダー固有の識別情報の読み取りと信頼性の検証に失敗しました。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 GBICモジュールを一度取り外し、改めて取り付けます。再度取り付けてもエラーが解消されない場合は、不良品の可能性があります。

エラー メッセージ GBIC-4-NOREAD_VSERNUM: Unable to read serial number for GBIC interface [chars].

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムはGBICモジュールのシリアル番号を読み取ることができませんでした。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 GBICモジュールを一度取り外し、改めて取り付けます。再度取り付けてもエラーが解消されない場合は、不良品の可能性があります。

エラー メッセージ GBIC-4-UNRECOGNIZED_EXTTYPE: GBIC interface [chars] has unrecognized extended type.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムは受信した拡張タイプ コードを認識できません。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 サポート対象のGBICモジュールのリストに、このバージョンのシステム ソフトウェアが含まれているかどうかを確認します。新しいGBICモジュールでは、アップグレードが必要な場合があります。モジュールは認識されなくても、正常に動作する場合がありますが、機能が制限される可能性があります。

エラー メッセージ GBIC-4-XCVR_INTERR: Internal error occurred in setup for GBIC interface [chars].

説明 指定されたGBICインターフェイスのセットアップ時に、リソースを割り当てることができなかったか、またはその他の問題が発生しました。[chars]はGBICモジュールが取り付けられているインターフェイスです。

対処方法 reload イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチをリロードします。問題が解消されない場合は、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ GBIC-6-SERDES_MODULE_UNKNOWN: Unrecognizable GBIC found in [chars] (module mask [hex]).

説明 GBICモジュールがシステムに返したデータから、正しいGBICモジュールのタイプを識別できません。スイッチは、このGBICを汎用GBICモジュールとして取り扱います。[chars]は未知のモジュールが取り付けられているインターフェイス名、[hex]はモジュールが返したモジュール タイプ値です。

対処方法 GBICモジュールが作動しない場合は、慎重に取り外し、もう一度スロットに取り付けてください。再度取り付けてもエラーが解消されない場合は、不良品であるか、またはスイッチと互換性がない可能性があります。

エラー メッセージ GBIC-6-SERDES_SERIAL_INV_DATA: Unrecognizable GBIC found in [chars] (serial data [hex]).

説明 GBICモジュールがシステムに返したデータから、正しいGBICモジュールのタイプを識別できません。スイッチは、このGBICを汎用GBICモジュールとして取り扱います。[chars]は認識できないモジュールが検出されたインターフェイス名、[hex]はモジュールが返したデータ値です。

対処方法 GBICモジュールが作動しない場合は、慎重に取り外し、もう一度スロットに取り付けてください。再度取り付けてもエラーが解消されない場合は、不良品であるか、またはスイッチと互換性がない可能性があります。

GBIC_SECURITYメッセージ

ここでは、シスコ製GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュールのセキュリティ メッセージについて説明します。GBICモジュールには、シリアル番号、セキュリティ コード、およびCyclic Redundancy Check(CRC;巡回冗長検査)が登録されたシリアルEEPROMがあります。スイッチにGBICモジュールを取り付けると、ソフトウェアがEEPROMを読み取り、セキュリティ コードおよびCRCを再計算します。CRCが無効な場合、または再計算したセキュリティ コードがEEPROMに登録されているものと一致しない場合は、エラー メッセージが生成されます。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY-4-DUPLICATE_SN: GBIC interface [dec] has the same serial number as another GBIC interface.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、シリアル番号がシステム内の別のインターフェイスと同じです。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 シスコ製GBICモジュールには一意のシリアル番号が割り当てられています。モジュールがシスコ製品であるか、サポート対象のベンダー製品であるかを確認します。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY-4-GBIC_INTERR: Internal error occurred in setup for GBIC interface [chars].

説明 指定されたGBICインターフェイスのセットアップ時に、リソースを割り当てることができなかったか、またはその他の問題が発生しました。[chars]はGBICモジュールが取り付けられているインターフェイスです。

対処方法 reload イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチをリロードします。問題が解消されない場合は、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY-4-ID_MISMATCH: Identification check failed for GBIC interface [chars].

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムは識別情報を確認できませんでした。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 サポート対象のGBICモジュールのリストに、このバージョンのシステム ソフトウェアが含まれているかどうかを確認します。新しいモジュールでは、アップグレードが必要な場合があります。または、モジュールがシスコ製品であるか、サポート対象のベンダー製品であるかを確認します。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY-4-UNRECOGNIZED_VENDOR: GBIC interface [chars] manufactured by an unrecognized vendor.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、製造元がシスコ製GBICの登録済みベンダー リストに含まれていません。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 サポート対象のGBICモジュールのリストに、このバージョンのシステム ソフトウェアが含まれているかどうかを確認します。新しいモジュールでは、アップグレードが必要な場合があります。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY-4-VN_DATA_CRC_ERROR: GBIC interface [chars] has bad crc.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、EEPROMデータに有効なCRCが含まれていません。[chars]はモジュールの搭載先インターフェイスです。

対処方法 サポート対象のGBICモジュールのリストに、このバージョンのシステム ソフトウェアが含まれているかどうかを確認します。新しいモジュールでは、アップグレードが必要な場合があります。モジュールは認識されなくても、正常に動作する場合がありますが、機能が制限される可能性があります。

GBIC_SECURITY_CRYPTメッセージ

ここでは、シスコ製GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュールのセキュリティ メッセージについて説明します。スイッチは、GBICモジュールをシスコ製GBICモジュールとして認識していますが、別の問題があります。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY_CRYPT-4-ID_MISMATCH: Identification check failed for GBIC in port [dec].

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、システムは識別情報を確認できませんでした。[dec]はモジュールが取り付けられているインターフェイスです。

対処方法 システムで稼働しているソフトウェア リリースがGBICモジュールをサポートするかどうかを確認してください。新しいGBICモジュールでは、システム ソフトウェアのアップグレードが必要な場合があります。または、GBICモジュールがシスコ製品であるか、サポート対象のベンダー製品であるかを確認します。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY_CRYPT-4-UNRECOGNIZED_VENDOR: GBIC in port [dec] manufactured by an unrecognized vendor.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、製造元がシスコ製GBICモジュールの登録済みベンダー リストに含まれていません。[dec]はモジュールが取り付けられているインターフェイスです。

対処方法 システムで稼働しているCisco IOSソフトウェアがGBICモジュールをサポートするかどうかを確認してください。新しいGBICモジュールでは、システム ソフトウェアのアップグレードが必要な場合があります。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY_CRYPT-4-VN_DATA_CRC_ERROR: GBIC in port [dec] has bad crc.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、EEPROMデータに有効なCRCが含まれていません。[dec]はモジュールが取り付けられているインターフェイスです。

対処方法 システムで稼働しているソフトウェア リリースがGBICモジュールをサポートするかどうかを確認してください。新しいGBICモジュールでは、システム ソフトウェアのアップグレードが必要な場合があります。システムが認識できないGBICモジュールでも、正常に動作する場合がありますが、機能が制限される可能性があります。

GBIC_SECURITY_UNIQUEメッセージ

ここでは、GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュールが一意のものかどうかを識別する、シスコ製GBICモジュールのセキュリティ メッセージについて説明します。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY_UNIQUE-3-DUPLICATE_GBIC: GBIC interface [dec]/[dec] is a duplicate of GBIC interface [dec]/[dec].

説明 GBICはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、ベンダーIDおよびシリアル番号がシステム内の別のインターフェイスと同じです。最初の[dec]/[dec]は、エラー メッセージの発生原因となったGBICモジュールの、モジュール番号およびインターフェイス番号です。次の[dec]/[dec]は、システムにすでに取り付けられている他のGBICモジュールの、モジュール番号およびインターフェイス番号です。

対処方法 シスコ製GBICモジュールには一意のシリアル番号が割り当てられています。GBICモジュールがシスコ製品であるか、サポート対象のベンダー製品であるかを確認します。

エラー メッセージ GBIC_SECURITY_UNIQUE-4-DUPLICATE_SN: GBIC interface [dec]/[dec] has the same serial number as another GBIC interface.

説明 GBICモジュールはシスコ製GBICモジュールとして認識されていますが、シリアル番号がシステム内の別のインターフェイスと同じです。最初の[dec]/[dec]はモジュール番号およびモジュールが取り付けられているインターフェイス番号で、次の[dec]/[dec]は重複するモジュール番号およびメッセージで言及されたインターフェイス番号です。

対処方法 シスコ製GBICモジュールには一意のシリアル番号が割り当てられています。GBICモジュールがシスコ製品であるか、サポート対象のベンダー製品であるかを確認します。

GIGASTACKメッセージ

ここでは、GigaStack GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュールのメッセージについて説明します。

エラー メッセージ GIGASTACK-1-NO_LOOP_DETECT: The link neighbor of link [dec] of GigaStack GBIC in [chars] did not respond to the loop detection request. If loop topology is deployed, make sure all switches in the stack are running the latest software.

説明 GigaStack GBICモジュールのリンクの1つから、ループ検出要求に対する確認応答がありませんでした。近接スイッチがGigaStack GBICループ切断アルゴリズムをサポートしていないか、または2つのGigaStack GBICモジュール間でリンクが切断されています。この状況では、GigaStackループ トポロジーは自動検出されません。スタック内のスイッチ間の接続は切断される可能性があります。[dec]はリンク番号、[chars]はスロット番号です。

対処方法 GigaStack GBICモジュールでループ トポロジーを使用する場合は、スタック内のすべてのスイッチで最新のソフトウェアが稼働している必要があります。関係するGigaStack GBICを調べて、それらのGBICが動作していることを確認してください。

エラー メッセージ GIGASTACK-3-INIT_FAILURE: GigaStack GBIC in [chars] initialization failed.

説明 GigaStack GBICモジュールはPower-on Self-Test(POST;電源投入時セルフテスト)に失敗しました。[chars]はインターフェイス名です。

対処方法 GigaStack GBICモジュールを取り外し、GBICモジュール スロットにもう一度取り付けてください。

エラー メッセージ GIGASTACK-6-LOOP_BROKEN: Link loss is detected in the GigaStack loop. Link 2 of the GigaStack GBIC in [chars] is re-enabled.

説明 リンク損失が発生したため、GigaStack GBICモジュールによって形成されたループが切断されました。切断されたリンクの代替リンクとして、マスター ループ ブレーカーのリンク2が再びイネーブルになりました。[chars]はインターフェイス名です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ GIGASTACK-6-LOOP_DETECTED: GigaStack GBIC in [chars] is selected as Master Loop Breaker. Link 2 of the GigaStack GBIC is disabled to break the loop.

説明 スタック内でループが検出され、マスター ループ ブレーカーとしてこのGigaStack GBICモジュールが選択されました。このGigaStack GBICモジュールのリンク2は、ループを切断するためにディセーブルになりました。[chars]はインターフェイス名です。

対処方法 対処は不要です。

HWMATM_MODメッセージ

ここでは、ハードウェアMACアドレス テーブル マネージャ(HW MATM)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ HWMATM_MOD-3-NULLPTR: Unexpected null pointer in [chars] at [dec].

説明 内部ソフトウェアでエラーが発生しました。[chars]はソフトウェアのファイル名、[dec]はファイルの行番号です。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーします。 show tech-support イネーブルEXECコマンドを入力して、エラーに関する情報を含む可能性があるデータを収集します。エラー メッセージまたは show tech-support コマンドの出力結果から、どのようなエラーなのか判断できない場合は、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

LINKメッセージ

ここでは、Catalyst 2955スイッチだけに適用されるファスト イーサネット リンク固有のメッセージについて説明します。

エラー メッセージ LINK-3_FCS_ERROR:ASSERT [chars] [chars] FCS Error.

説明 Frame Check Sequence(FCS)エラー レートが、設定されているFCSエラー レート スレッシュホールドを超過しました。対応するアラームがオンになりました。最初の[chars]はこのエラー状態に対してユーザが設定したアラームで、次の[chars]はインターフェイスです。

対処方法 ケーブルとスイッチの接続に緩みがないかどうかを確認してください。問題が解消されない場合は、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LINK-3_FCS_ERROR:CLEAR [chars] [chars] FCS Error.

説明 FCSエラー レートが、設定されているFCSエラー レート スレッシュホールドを下回りました。対応するアラームはオフになりました。最初の[chars]はこのエラー状態に対してユーザが設定したアラームで、次の[chars]はインターフェイスです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ LINK-3_LINK_FAULT:ASSERT [chars] [chars] Link Fault.

説明 物理リンクに問題があります。対応するアラームがオンになりました。最初の[chars]はこのエラー状態に対してユーザが設定したアラームで、次の[chars]はインターフェイスです。

対処方法 ケーブルとスイッチの接続に緩みがないかどうかを確認してください。問題が解消されない場合は、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LINK-3_LINK_FAULT:CLEAR [chars] [chars] Link Fault.

説明 先に発生した物理リンクの問題が解消されました。対応するアラームはオフになりました。最初の[chars]はこのエラー状態に対してユーザが設定したアラームで、次の[chars]はインターフェイスです。

対処方法 対処は不要です。

LRE_CPEメッセージ

ここでは、Long-Reach Ethernet(LRE;長距離イーサネット)Customer Premises Equipment(CPE;顧客宅内機器)の初期化メッセージについて説明します。これらのメッセージが適用されるのは、Catalyst 2950 LREスイッチだけです。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-INVALIDMODE: CPE on interface [chars] is in invalid mode [chars].

説明 CPEのモードが、モデル番号などの他の特性と矛盾しています。モデル番号がMACモードを示すのに対して、CPEがPHY(物理サブレイヤ)モードになっている可能性があります。最初の[chars]はCPEが接続されているインターフェイス、次の[chars]はCPEモードです。

対処方法 show controllers lre cpe mfgイネーブルEXECコマンドを使用して、Model Numberフィールドが正しいかどうかを確認します。hw-module slot module-slot # upgrade lre remoteイネーブルEXECコマンドを使用して、CPEに最新のサポート対象ファームウェアが搭載されているかどうかを確認します。CPEのモデル番号およびファームウェア バージョンに問題がない場合は、shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続いてno shutdownコマンドを入力し、スイッチでCPE情報の強制再読み込みを実行します。問題が解消されない場合は、テクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-INVALIDPATCH: CPE on interface [chars] has invalid LRE firmware.

説明 LREのファームウェア ヘッダーに有効なシグニチャがないか、またはこのファームウェア ヘッダー情報がファームウェアの内容と矛盾しています。[chars]はCPEが接続されているインターフェイスです。

対処方法 hw-module slot module-slot # upgrade lre remoteイネーブルEXECコマンドを使用して、CPEのファームウェアを最新のサポート対象バージョンにアップグレードします。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-INVALIDPHY: CPE on interface [chars] has an unsupported Ethernet PHY.

説明 CPEのイーサネットPHYデバイスはサポートされません。このエラーが発生するのは、スイッチがCEPのPHYデバイスのPHY IDを認識できない場合です。原因としては、スイッチのソフトウェア バージョンとそのCPEの間に互換性がない、CPEがシスコのサポートする装置ではない、またはスイッチがCPEからPHY IDを正しく読み取れなかったことが考えられます。[chars]はCPEが接続されているインターフェイスです。

対処方法 CPEがシスコのサポートしている装置であることを確認します。show controllers lre cpe mfgイネーブルEXECコマンドを使用して、Model Numberフィールドが正しく設定されているかどうかを確認します。ソフトウェア バージョンおよびCPEのモデル番号に問題がない場合は、shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続いてno shutdownコマンドを入力し、スイッチでPHY IDの強制再読み込みを実行します。最後の手段として、CPEの電源を一度オフにしてからオンにします。エラーが解消されない場合は、テクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-NOVERCKSUM: Could not fetch CPE firmware version and checksum on interface [chars].

説明 システムは、CPEのファームウェア バージョンおよびチェックサムを取得できませんでした。CPEに最新のファームウェアが搭載されていて、かつCPEモデル番号が正しい場合、スイッチとCPE間のLREリンクの品質不良が、このエラーの原因になっている可能性があります。[chars]はCPEが接続されているインターフェイスです。

対処方法 show controllers lre cpe mfgイネーブルEXECコマンドを使用して、Model NumberフィールドがこのCPEに合わせて正しく設定されているかどうかを確認します。hw-module slot module-slot # lre upgrade remoteイネーブルEXECコマンドを使用して、CPEに最新のファームウェアが搭載されているかどうかを確認します。shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続いてno shutdownコマンドを使用して、スイッチにCPEのファームウェア バージョンおよびチェックサム値を強制的に取得させます。最後の手段として、CPEの電源を一度オフにしてからオンにします。問題が解消されない場合は、テクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-UNKNOWNMODEL: CPE has unrecognizable model number [chars] on interface [chars]

説明 CPE EEPROM出力のModel Numberフィールドが既知のCPEモデル番号と一致していません。最初の[chars]はCPEのモデル番号で、次の[chars]はCPEが接続されているインターフェイスです。

対処方法 show controllers lre cpe mfgイネーブルEXECコマンドを使用して、CPEのモデル番号を調べます。シスコがサポートしているモデル番号であることを確認します。shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続いてno shutdownコマンドを使用して、スイッチにCPEのモデル番号を強制取得させます。エラー メッセージが消えない場合は、show controllers lre cpe mfgコマンドの出力をコピーして、テクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-WRONGAPPVER: CPE on interface [chars] reported unsupported version of application firmware [chars]. Minimum application firmware version needed [chars]

説明 正常に動作させるには、サポートされているアプリケーション ファームウェア バージョンが各CPEに必要です。このCPEには、サポート対象バージョンよりも古いアプリケーション ファームウェア バージョンが使用されています。最初の[chars]はCPEが接続されているインターフェイス、2番めの[chars]はアプリケーション ファームウェア バージョン、3番めの[chars]はCPEが必要とする最低限のファームウェア バージョンです。

対処方法 CPEでは現在、アプリケーション ファームウェアを使用していません。このエラー メッセージは、今後使用されます。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-WRONGBOOTVER: CPE on interface [chars] reported unsupported version of bootloader firmware [chars]. Minimum bootloader firmware version needed [chars]

説明 正常に動作させるには、サポートされているブートローダ ファームウェア バージョンが各CPEに必要です。このCPEには、サポート対象バージョンよりも古いバージョンが使用されています。最初の[chars]はCPEが接続されているインターフェイス、2番めの[chars]はサポートされないブートローダ ファームウェアのバージョン、3番めの[chars]は最低限のファームウェア バージョンです。

対処方法 hw-module slot module-slot # lre upgrade remoteイネーブルEXECコマンドを使用して、CPEのブートローダ ファームウェアを現在の要件をサポートするバージョンにアップグレードします。CPEのファームウェアをアップグレードしても問題が解消されない場合は、shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続いてno shutdown コマンドを入力し、スイッチにブートローダ ファームウェア バージョンを強制取得させます。最後の手段として、CPEの電源を一度オフにしてからオンにします。問題が解消されない場合は、テクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ LRE_CPE-3-WRONGPATCH: CPE on interface [chars] has wrong patch version [hex]. Patch version [hex] or higher is needed for this CPE.

説明 正常に動作させるには、サポートされているパッチ バージョンが各CPEに必要です。このCPEには、サポート対象バージョンよりも古いパッチ バージョンが使用されています。スイッチは最新のCisco IOSソフトウェア イメージを使ってアップグレードされましたが、CPEのファームウェアがアップグレードされなかったことが原因として考えられます。[chars]はCPEが接続されているインターフェイス、最初の[hex]は無効なパッチ バージョン、次の[hex]は最低限のパッチ バージョンです。

対処方法 hw-module slot module-slot # upgrade lre remoteイネーブルEXECコマンドを使用し、CPEのパッチを最新のサポート対象バージョンにアップグレードします。

エラー メッセージ LRE_CPE-5-SSNCHANGED: CPE unit on interface [chars] changed.

説明 CPEシステムのシリアル番号が変更されました。これは、インターフェイス上のCPE装置を交換した場合に発生します。[chars]はCPEが接続されているインターフェイスです。

対処方法 対処は不要です。

LRE_LINKメッセージ

ここでは、Long-Reach Ethernet(LRE;長距離イーサネット)リンク メッセージについて説明します。これらのメッセージが適用されるのは、Catalyst 2950 LREスイッチだけです。

エラー メッセージ LRE_LINK-3-PROFILE_FAILURE: Interface [chars], profile [chars] failure

説明 スイッチのリロード時またはLREリンク切断時、LREポートは最初に、一般的な低レート モードでCPEとのリンクの確立を短時間試みます。スイッチとCPEでは、ポートに設定されているプロファイルのリンク レートを確立させるために、コンフィギュレーション情報が交換されます。低レートのリンクが確立されると、そのリンクは短時間ドロップされ、LREポートとCPEポートがプロファイルのリンク レートを確立しようとします。30秒経過してもLREリンクが確立されない場合、このメッセージが表示され、ポートのLEDがオレンジになります。ポートでは、低レートからリンクの確立が再試行されます。スイッチまたはCPEが正常に動作していない場合にも、このメッセージが表示されます。最初の[chars]はCPEが接続されているインターフェイス、次の[chars]はプロファイル名です。

対処方法 ポートのプロファイルを変更し、レートを引き下げるか距離を延長します。スイッチとCPEの間に接続障害が多いために、ポートでプロファイル レートを維持できない可能性があります。スイッチまたはCPEが正常に動作していない場合は、製品を購入された代理店にお問い合わせください。

エラー メッセージ LRE_LINK-3-UPDOWN: Interface [chars], changed state to [chars]

説明 LREポートとCPEデバイスの間でリンクが切断されたため、イーサネット トラフィックは転送されません。この状況が発生するのは、ポートの設定が変更された場合、ポートが使用するプロファイルの設定が変更された場合、LREスイッチのコネクタを外すか再接続した場合、CPE LREケーブルが外された場合、またはスイッチの電源をオフにしてからオンにした場合です。LREポートとCPE間の、重大な信号またはケーブル接続の断絶によって発生する場合もあります。最初の[chars]はCPEが接続されているインターフェイス、次の[chars]はポート ステータスです。

対処方法 使用中のポートまたはプロファイルの設定を変更した場合は、このメッセージを無視してください。ただし、1分経過してもLREリンクがダウンしている場合は、スイッチとCPE間のケーブルが外れているか、CPEの電源が切れている可能性があります。

エラー メッセージ LRE_LINK-4-HEALTH_MON: Interface [chars], had crossed certain monitored thresholds

説明 インターフェイスのリンク ステータス モニタで、設定されているスレッシュホールドの超過が検出されました。[chars]はCPEが接続されているインターフェイスです。

対処方法 show controllers lre link monitorイネーブルEXECコマンドを入力し、このエラーの詳細情報を入手してください。動作状態の変化の原因がわからない場合は、インターフェイスのコンフィギュレーションの内容を確認してください。

LRE_UPGRADEメッセージ

ここでは、Long-Reach Ethernet(LRE;長距離イーサネット)アップグレード メッセージについて説明します。これらのメッセージが適用されるのは、Catalyst 2950 LREスイッチだけです。

エラー メッセージ LRE_UPGRADE-3-INIT_SYSTEM: Upgrade module failed to initialize

説明 LREアップグレード モジュールを初期化できませんでした。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ LRE_UPGRADE-3-LOCAL_FAILURE: Upgrade of local controller [chars] failed

説明 LREのアップグレードで、ファームウェアをローカル コントローラにダウンロードできませんでした。[chars]はローカル コントローラです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ LRE_UPGRADE-4-INIT_RESOURCE: [chars]

説明 LREアップグレード モジュールは、必要なリソースを見つけることができません。[chars]は不足しているリソースです。リソース メッセージが cannot locate lre firmware files となっている場合、LREアップグレード モジュールがフラッシュ メモリのflash:/lre-binというディレクトリを見つけられなかった可能性があります。このディレクトリには、LREスイッチおよびLRE CPEデバイス用の、LRE関連のファームウェア ファイルが保存されています。アップグレード モジュールが初期化できるのは、フラッシュ メモリにこのディレクトリがすでに存在している場合だけです。

対処方法 flash:/lre-binディレクトリが存在しているかどうかを確認します。ディレクトリが見つからない場合は、flash:/lre-binという名前で空のディレクトリを作成します。それ以外の場合は、このメッセージの内容をシスコのテクニカル サポート担当者に伝えてください。

エラー メッセージ LRE_UPGRADE-4-TERMINATE: Upgrade on [chars] terminated

説明 アップグレードの途中でCPEが切断されたか、または変更されました。[chars]はCPEです。

対処方法 対処は不要です。

PHYメッセージ

ここでは、PHY(物理サブレイヤ)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ PHY-4-MODULE_DUP: SFPs in [chars] and in [chars] have duplicate vendor-id and serial numbers.

説明 Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュールはシスコ製SFPとして認識されていますが、ベンダーIDおよびシリアル番号がシステム内の別のSFPと同じです。最初の[chars]はSFPが取り付けられているインターフェイス、次の[chars]は重複するSFPが取り付けられているインターフェイスです。

対処方法 シスコ製SFPモジュールには一意のシリアル番号が割り当てられています。モジュールがシスコ製品であるか、サポート対象のベンダー製品であるかを確認します。コンソールまたはシステム ログのメッセージをそのままコピーします。Output Interpreterを使用してエラーの内容を調べ、解決策を講じます。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。それでも問題を解決できない場合は、TACにサポートの申し込みを行うか、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、問題の症状を説明してください。ここで説明したオンライン ツールやシスコへの問い合わせについての詳細は、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

PLATFORM_CAT2950メッセージ

ここでは、ASIC(特定用途向けIC)ドライバ関連のメッセージについて説明します。


) エラー メッセージ テキストはPLATFORM_CAT2950メッセージとなっていますが、Catalyst 2940にも適用されます。


エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-ASIC_BIST_FAILURE: C2950 BIST failed for memory [chars] count [dec].

説明 Power-on Self-Test(POST;電源投入時セルフテスト)時に、ASICのビルトイン メモリ テストに失敗しました。ASICの不具合が原因の可能性があります。[chars]はASICメモリ テーブル名、[dec]はビルトイン メモリ テストのアドレス エラー数です。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-ASIC_INIT_FAILURE: ASIC driver initialization has failed.

説明 ASIC初期化シーケンスのステップの1つに失敗しました。原因としては、Peripheral Component Interconnect(PCI)コンフィギュレーションのセットアップ、Inter-IC(I2C)の初期化、ASICのビルトイン セルフテスト、または別の初期化シーケンスに失敗したことが考えられます。ASICの不具合が原因の場合もあります。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-GBP_FAILURE: Unable to initialize the external packet memory.

説明 スイッチ ドライバの初期化時に、外部パケット メモリの初期化エラーが発生しました。ASICまたは外部SDRAMの不具合が原因の可能性があります。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-GBP_INIT_FAILURE: GBP currently FULL or UNAVAILABLE.

説明 スイッチ ドライバの初期化時に、外部パケット メモリでエラーが検出されました。ASICまたは外部SDRAMの不具合が原因の可能性があります。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-MEM_COPY_FAILURE: Invalid copy [dec] for table [chars].

説明 スイッチ内蔵メモリに対し無効なコピーの読み取りまたは書き込みが試行されました。[dec]はテーブルの無効なコピー番号、[chars]はASICメモリ テーブル名です。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-MEM_INDEX_FAILURE: Invalid index [dec] for table [chars].

説明 スイッチ内蔵メモリの無効なインデックスに対し、アクセスが試行されました。[dec]はインデックス番号、[chars]はASICメモリ テーブル名です。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-MEM_INIT_FAILURE: The switch memory resources could not be allocated for [chars], initialization failed.

説明 スイッチ ドライバの初期化時に、ドライバ関連のメモリ リソースを割り当てることができませんでした。ASICの不具合が原因の可能性があります。[chars]は asic instance switch ports fast-ethernet queues 、または gigabit queues です。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-MEM_READ_FAILURE: Read memory failed for memory [chars] at index [dec].

説明 内蔵チップ メモリの有効な記憶位置の読み取りに失敗しました。ASICの不具合が原因の可能性があります。[chars]はASICメモリ テーブル名、[dec]はテーブル インデックスです。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-MEM_WRITE_FAILURE: Write memory failed for memory [chars] at index [dec].

説明 内蔵チップ メモリ内の記憶位置への書き込みに失敗しました。メモリの記憶位置が無効であるか、またはASICの不具合が原因の可能性があります。[chars]はASICメモリ テーブル名、[dec]はテーブル インデックスです。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-MIIM_OP_FAILURE: Unable to read PHY register at addr [hex] for phy id [hex].

説明 スイッチのPHY(物理サブレイヤ)レジスタで読み取りまたは書き込みエラーが発生しました。Media Independent Interface(MII;メディア独立型インターフェイス)/Gigabit Media Independent Interface(GMII;ギガビット メディア独立型インターフェイス)スイッチ インターフェイスの不具合が原因の可能性があります。最初の[hex]はレジスタ アドレス、次の[hex]はPHY IDです。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-PCI_FIND_FAILURE: The number of asics expected were [dec], PCI bus scan found [dec].

説明 スイッチ ドライバの初期化時に、PCIバス上のASIC数が無効であったか、または有効なPCI値のASICを見つけることができませんでした。システムPCIバスが不良であるか、またはスイッチで稼働しているソフトウェア バージョンの互換性に問題がある可能性があります。最初の[dec]はスイッチで検出されるべきASIC数、次の[dec]はスイッチで実際に検出されたASIC数です。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-PCI_INIT_FAILURE: The PCI address space initialization failed.

説明 スイッチ ドライバの初期化時に、ASICのPCIアドレス領域を初期化できませんでした。システムのPCIバスに問題があると考えられます。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-PCI_TEST_FAILURE: PCI address space test failed, Wrote [hex], read [hex], re-read [hex].

説明 POST時に、ASICのPCIアドレス領域が正しくマッピングされませんでした。システムのPCIバスに問題があると考えられます。最初の[hex]、2番めの[hex]、および3番めの[hex]はテスト データです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-REG_READ_FAILURE: Register read failed for [chars] in [chars]

説明 [chars]のレジスタ[chars]で、レジスタ読み取りエラーが発生しました。
内蔵チップ レジスタの有効な記憶位置の読み取りに失敗しました。ハードウェアの不具合が原因の可能性があります。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのメッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-REG_WRITE_FAILURE: Register write failed for register [chars] in [chars]

説明 内蔵チップ レジスタ内の記憶位置への書き込みに失敗しました。無効なレジスタ記憶位置に書き込もうとしたか、ハードウェアの不具合が原因の可能性があります。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのメッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-SCHAN_OP_FAILURE: S-channel operation timeout for opcode [chars].

説明 ASIC内部バス エラーのために、ASICレジスタまたはメモリ記憶位置の読み取りまたは書き込みエラーが発生しました。[chars]はオペレーション コードです。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-SCHAN_READ_REG_FAILURE: S-channel operation read register failure at addr [hex].

説明 ASICレジスタの読み取りエラーが発生しました。レジスタ アドレスが無効であるか、内部バス エラーが原因の可能性があります。[hex]はレジスタ アドレスです。

対処方法 メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CAT2950-3-SYSTEM_INFO_FAILURE: The board information could not be read correctly, initialization failed.

説明 スイッチ ドライバの初期化中に、システム ボード情報の読み取りエラーが発生しました。ASICに問題があると考えられます。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

PLATFORM_CATALYST2950メッセージ

ここでは、Catalyst 2950の下位レベル プラットフォーム メッセージについて説明します。スイッチによって、先に発生した障害に基づく障害メッセージが表示されます。


) エラー メッセージ テキストはPLATFORM_CATALYST2950メッセージとなっていますが、Catalyst 2940にも適用されます。


エラー メッセージ PLATFORM_CATALYST2950-1-CRASHED: [chars]

説明 システムによって、先に発生した障害に基づくエラー メッセージが表示されます。[chars]はエラー メッセージです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

PLATFORM_CATALYST2955メッセージ

ここでは、Catalyst 2955スイッチにおけるApplication Specific Integrated Circuit(ASIC;特定用途向けIC)ドライバ関連のメッセージについて説明します。

エラー メッセージ PLATFORM_CATALYST2955-3-PORT_NOT_OPERATING: ASSERT [chars] [chars]

説明 ポートが作動しておらず、Power-on Self-Test(POST;電源投入時セルフテスト)に失敗しました。対応するアラームがオンになりました。最初の[chars]はこの障害に対してユーザが設定したアラームで、次の[chars]はインターフェイスです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ PLATFORM_CATALST2955-3-PORT_NOT_OPERATING: CLEAR [chars] [chars]

説明 障害の発生したポートはシャットダウンされています。対応するアラームはオフになりました。最初の[chars]はこの障害に対してユーザが設定したアラームで、次の[chars]はインターフェイスです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

PMメッセージ

ここでは、ポート マネージャ メッセージについて説明します。ポート マネージャは、すべての論理インターフェイスおよび物理インターフェイスを制御するステート マシンです。VLAN(仮想LAN)、UDLD(単一方向リンク検出)などのあらゆる機能は、ポート マネージャと共同でスイッチ機能を提供します。

エラー メッセージ PM-2-NOMEM: Not enough memory available for [chars].

説明 ポート マネージャ サブシステムは、指定された動作を初期化するために必要なメモリを取得できませんでした。[chars]はポート マネージャの動作です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-2-VLAN_ADD: Failed to add VLAN [dec] - [chars].

説明 ソフトウェアはVLAN Trunking Protocol(VTP;VLANトランキング プロトコル)データベースにVLANを追加できませんでした。[dec]はVLAN ID、[chars]は失敗の理由を表します。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-3-INTERNALERROR: Port Manager Internal Software Error ([chars]: [chars]: [dec]: [chars])

説明 Cisco IOSポート マネージャで内部ソフトウェア エラーが発生しました。最初の[chars]は発生したエラー、次の[chars]はエラーが発生したソース ファイル、[dec]はファイルの行番号、最後の[chars]はエラーが発生した機能名です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_APP_ID: An invalid application id [dec] was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。[dec]はアプリケーションIDです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_APP_REQ: An invalid [chars] request by the '[chars]' application was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。最初の[chars]は無効な要求、2番めの[chars]は要求元のアプリケーションです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_CARD_COOKIE: An invalid card cookie was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_CARD_SLOT: An invalid card slot ([dec]) was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。[dec]はスロット番号です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_COOKIE: [chars] was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。[chars]は無効な要求です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_HA_ENTRY_EVENT: Invalid Host access entry event ([dec]) is received.

説明 無効なホスト アクセス エントリ イベントを受信しました。ホスト アクセス テーブル エントリ イベントは、追加、削除、または更新イベントである必要があります。[dec]は受信したイベントです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_PORT_COOKIE: An invalid port cookie was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_PORT_NUMBER: An invalid port number ([dec]) was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。[dec]はポート番号です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_VLAN_COOKIE: An invalid vlan cookie was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-BAD_VLAN_ID: An invalid vlan id ([dec]) was detected.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。[dec]はVLAN IDです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-ERR_DISABLE: [chars] error detected on [chars], putting [chars] in err-disable state.

説明 ポート マネージャが不正なコンフィギュレーションまたは不正な動作を検出し、インターフェイスをerror-disabledステートにしました。設定された再試行時間(デフォルトでは5分)が経過すると、回復が試みられます。[chars]はスレッシュホールドを超えたポートです。最初の[chars]はエラー、2番めおよび3番めの[chars]は該当するインターフェイスです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーしてください。Output Interpreterを使用してエラーの内容を調べ、解決策を講じます。 show tech-support ユーザEXECコマンドを入力して、エラーの原因特定に役立ちそうなデータを収集します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールやシスコへの問い合わせについての詳細は、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-ERR_RECOVER: Attempting to recover from [chars] err-disable state on [chars].

説明 ポート マネージャがインターフェイスをerror-disabledステートにしてダウンさせたあとで、インターフェイスの再イネーブル化を試みています。最初の[chars]はエラー、2番めの[chars]は該当するインターフェイスです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-EXT_VLAN_INUSE: VLAN [dec] currently in use by [chars].

説明 別の機能がVLANを使用しているので、ポート マネージャはこのVLANを外部使用のために割り当てることができませんでした。[dec]は使用されているVLAN、[chars]はそのVLANを使用している機能です。

対処方法 機能(ルーテッド ポートなど)の設定を変更して別の内部VLANを使用するか、または使用可能な別のVLANを要求します。

エラー メッセージ PM-4-EXT_VLAN_NOTAVAIL: VLAN [dec] not available in Port Manager.

説明 ポート マネージャは要求されたVLANの割り当てに失敗しました。このVLANは、他の機能によって内部VLANとして使用されている可能性があります。[dec]は要求されたVLANです。

対処方法 デバイスで、別のVLANの設定を行ってください。

エラー メッセージ PM-4-INACTIVE: putting [chars] in inactive state because [chars].

説明 ポート マネージャでは、スイッチ ポートとVLANに対して仮想ポートの作成をブロックされています。そのため、ポートは非アクティブ状態になっています。最初の[chars]はインターフェイス名、次の[chars]はエラー メッセージの理由です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-INT_FAILUP: [chars] failed to come up. No internal VLAN available.

説明 ポート マネージャは、内部VLANを割り当てることができませんでした。インターフェイスをアクティブにすることはできません。[chars]はインターフェイス名です。

対処方法 no vlan vlan-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して拡張範囲VLANを削除し、リソースを利用できるようにします。

エラー メッセージ PM-4-INT_VLAN_NOTAVAIL: Failed to allocate internal VLAN in Port Manager.

説明 ポート マネージャは使用可能な内部VLANを見つけられませんでした。

対処方法 ユーザが作成した拡張範囲VLANをいくつか削除するか、または内部VLANの割り当てが必要な一部の機能(ルーテッド ポートなど)を削除します。拡張範囲VLANを削除するには、 no vlan vlan-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。ルーテッド ポートを削除するには、 no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

エラー メッセージ PM-4-INVALID_HOST_ACCESS_ENTRY: Invalid Host access entry type ([dec]) is received.

説明 無効なホスト アクセス エントリ タイプを受信しました。ホスト アクセス エントリは、設定済みまたはダイナミック タイプである必要があります。[dec]は受信したエントリ タイプです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-LIMITS: The number of vlan-port instances on [chars] exceeded the recommended limit of [dec].

説明 指定されたモジュールまたはスイッチでカウントされた個別のVLANポートの合計数が、エラー メッセージで指定されたモジュールまたはスイッチの制限数を超えています。VLANは、複数回カウントされる可能性があります。たとえば、VLAN 1が10個のインターフェイスで伝送される場合、10個のVLANポートとしてカウントされます。Catalyst 6000などのプラットフォームでは、こうしたカウントのためにバンドリングが無視されます。同じモジュール上の8つのインターフェイスが1つのバンドル内にあり、ポート チャネルがVLAN 1を伝送している場合、8つのVLANポートとしてカウントされます。[chars]はモジュール名(スイッチまたはモジュール番号など)、[dec]は推奨される上限数です。

対処方法 指定されたモジュールまたはスイッチで、設定済みのトランクおよびVLANの数を減らします。VLANポートの数が、ソフトウェア コンフィギュレーション ガイドに指定されている推奨限度数を超えないようにします。 show interface trunk イネーブルEXECコマンドを使用して、トランクおよびVLANの合計数を確認します。

エラー メッセージ PM-4-NO_SUBBLOCK: No PM subblock found for [chars].

説明 ポート マネージャは、このインターフェイスのサブブロックを見つけることができませんでした。[chars]はインターフェイス名です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-TOO_MANY_APP: Application '[chars]' exceeded registration limit.

説明 ポート マネージャで無効な要求が検出されました。[chars]はアプリケーションです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-UNKNOWN_HOST_ACCESS: Invalid Host access value ([dec]) is received.

説明 ホスト アクセス テーブルに、無効なホスト アクセス値を使用したアクセスが行われています。[dec]は受信した値です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ PM-4-VMPS_CFG: Dynamic access VLAN [dec] same as voice vlan on [chars].

説明 VMPS(VLANマネジメント ポリシー サーバ)のアクセスVLAN IDが、インターフェイスの音声VLAN IDと同じです。[dec]はアクセスVLAN ID、[chars]は物理インターフェイスです。

対処方法 VMPSサーバのアクセスVLANに、該当する音声VLAN IDとは異なるVLAN IDを割り当てます。

PORT_SECURITYメッセージ

ここでは、ポート セキュリティ メッセージについて説明します。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-2-PSECURE_VIOLATION:Security violation occurred caused by MAC [enet] on port [chars].

説明 無許可のデバイスがセキュア ポートに接続を試みました。MAC [enet]は無許可のデバイスのMACアドレス、port [chars]はセキュア ポートです。

対処方法 セキュア ポートに接続しようとした装置を特定します。ネットワーク システム管理者に状況を報告します。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-6-ADDR_REMOVED: Address [dec]:[enet] exists on port [chars]. It has been removed from port [chars].

説明 ルーテッド ポートは、スイッチ ポートとして設定が変更されています。古いスイッチ コンフィギュレーション内のアドレスは、実行中のコンフィギュレーションの情報と競合するために削除されました。[dec]:[enet]はポートのMACアドレスです。[chars]は設定が変更されたポートです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-6-VLAN_FULL: Vlan [dec] on port [chars] has reached its limit. Address [enet] has been removed.

説明 音声VLANがアクセスVLANと同じで、MACアドレスの最大数がアクセスVLANで許可される最大制限数に達しました。アドレスは削除されます。[dec]はVLAN ID、[chars]は音声VLANおよびアクセスVLANに割り当てられたポート、[enet]は削除されるMACアドレスです。

対処方法 対処は不要です。

SPANメッセージ

ここではSwitched Port Analyzer(SPAN;スイッチド ポート アナライザ)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ SPAN-3-MEM_UNAVAIL: Memory was not available to perform the SPAN operation.

説明 メモリ不足のため、システムはSPAN操作を実行できませんでした。

対処方法 他のアプリケーションを終了させ、メモリを解放します。

エラー メッセージ SPAN-3-UNKN_ERR: An internal error occurred during a SPAN operation.

説明 SPANの内部動作にエラーが検出されました。

対処方法 エラーは一時的である可能性があります。SPAN操作を再実行してください。2度めも失敗した場合は、 reload イネーブル EXECコマンドを使用してスイッチをリロードし、操作を完了してください。

エラー メッセージ SPAN-3-UNKN_ERR_PORT: An internal error occurred when configuring SPAN on port [chars].

説明 SPANの内部動作にエラーが検出されました。[chars]はインターフェイスです。

対処方法 エラーは一時的である可能性があります。SPAN操作を再実行してください。2度めも失敗した場合は、 reload イネーブル EXECコマンドを使用してスイッチをリロードし、操作を完了してください。

+SPANTREEメッセージ

ここでは、スパニングツリー メッセージについて説明します。

エラー メッセージ SPANTREE-2-BLOCK_BPDUGUARD: Received BPDU on port [chars] with BPDU Guard enabled. Disabling port.

説明 スパニングツリーBridge Protocol Data Unit(BPDU;ブリッジ プロトコル データ ユニット)ガード機能がイネーブルになっている、エラー メッセージに表示されたインターフェイスで、BPDUを受信しました。その結果、インターフェイスは強制的にシャットダウンされました。[chars]はインターフェイスです。

対処方法 BPDUを送信している装置を取り外すか、またはBPDUガード機能をディセーブルにします。BPDUガード機能は、インターフェイスでローカルに設定することができます。また、PortFastがイネーブルにされたすべてのポートで、グローバルに設定することも可能です。設定の競合を解消してから、no shutdownインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力して、インターフェイスを再びイネーブルにします。

エラー メッセージ SPANTREE-2-BLOCK-PVID-LOCAL: Blocking [chars] on [chars] Inconsistent local vlan.

説明 per-VLAN-ID(PVID)の矛盾が解消されないかぎり、表示されたスパニングツリー インスタンスおよびインターフェイスに対応するスパニングツリー ポートが、スパニングツリー ブロッキング ステートになります。表示されたスパニングツリー インスタンスは、表示されたインターフェイスのネイティブVLAN IDのインスタンスです。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 ネイティブVLAN IDのコンフィギュレーションと、IEEE 802.1Qトランク接続の両側のインターフェイスとの整合性を確認します。矛盾を解消すると、状況に応じて、スパニングツリーによって自動的にインターフェイスがブロック解除されます。

エラー メッセージ SPANTREE-2-BLOCK-PVID-PEER: Blocking on [chars] [chars]. Inconsistent peer vlan.

説明 port VLAN ID(PVID)の矛盾が解消されないかぎり、表示されたスパニングツリー インスタンスおよびインターフェイスと対応付けられたスパニングツリー ポートは、スパニングツリー ブロッキング ステートになります。表示されたスパニングツリー インスタンスは、表示されたインターフェイスが接続されたピア スイッチのインターフェイスのネイティブVLAN IDのインスタンスです。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 ネイティブVLAN IDのコンフィギュレーションと、IEEE 802.1Qトランク接続の両側のインターフェイスとの整合性を確認します。矛盾を解消すると、状況に応じて、スパニングツリーによって自動的にインターフェイスがブロック解除されます。

エラー メッセージ SPANTREE-2-CHNL_MISCFG: Detected loop due to etherchannel misconfiguration of [chars] [chars]

説明 チャネル グループ設定の誤りの原因となったループが検出されました。誤った設定の例としては、EtherChannelの一方のポートがチャネルに含まれるものとして設定されていないか、または何らかの理由でバンドルできなかった場合などが考えられます。反対側では、EtherChannelにポートが正常にバンドルされています。

対処方法 show interfaces status err-disabledイネーブルEXECコマンドを使用して関係するローカル ポートを特定し、さらにリモート デバイスでshow etherchannel summaryユーザEXECコマンドを使用して、リモート デバイスのEtherChannel設定を確認します。設定を修正してから、対応付けられた2つのポート チャネル インターフェイスでインターフェイス コンフィギュレーション コマンドのshutdownを入力し、さらにno shutdownを入力します。

エラー メッセージ SPANTREE-2-LOOPGUARD_BLOCK: Loop guard blocking port [chars] on [chars].

説明 指定されたブリッジからBPDUを受信しなかったため、スパニングツリー メッセージ エージング タイマーが終了しました。この状態は単一方向リンク障害が原因で発生することがあるため、ループの生成を防止するために、インターフェイスはブロッキング ステートになり、loop-guard-inconsistent(ループ ガード不整合)とマークされます。最初の[chars]はこのポートの名前、次の[chars]は show spanning-tree イネーブルEXECコマンドで表示されるスパニングツリー モードです。

対処方法 show spanning-tree inconsistentportsイネーブルEXECコマンドを入力して、ループ ガード不整合に該当するインターフェイスのリストを確認します。表示されたポートに接続されたデバイスがBPDUを送信しない理由を調べます。理由の1つとして、デバイスがSpanning-Tree Protocol(STP;スパニングツリー プロトコル)に対応していないことが考えられます。その場合、 spanning-tree guard none インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用するか、またはリンクのリモート側でSTPを開始して、矛盾するインターフェイスでループ ガードをディセーブルにする必要があります。

エラー メッセージ SPANTREE-2-LOOPGUARD_CONFIG_CHANGE: Loop guard [chars] on port [chars] on [chars].

説明 表示されたインターフェイスに対するスパニングツリー ループ ガードの設定が変更されました。イネーブルの場合、インターフェイスはブロッキング ステートになります。指定されたブリッジからBPDUを受信しなかったために、メッセージ エージング タイマーが満了した場合は、loop-guard-inconsistent(ループ ガード不整合)とマークされます。この機能の主な使用目的は、単一方向リンクを検出することです。最初の[chars]はループ ガード ステート( enable または disable )、2番めの[chars]はインターフェイス名、3番めの[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 この設定が指定のインターフェイスに必要な設定かどうかを確認します。意図した設定ではない場合は設定を修正します。設定が意図したものの場合は、対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-2-LOOPGUARD_UNBLOCK: Loop guard unblocking port [chars] on [chars].

説明 表示されたインターフェイスがBPDUを受信しました。単一方向リンク障害が原因で不整合が生じた場合、問題はすでに解消されています。インターフェイスのループ ガード不整合は解消され、状況に応じてブロッキング ステートが解除されます。最初の[chars]はこのポートの名前、次の[chars]は show spanning-tree イネーブルEXECコマンドで表示されるスパニングツリー モードです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-2-PVSTSIM_FAIL: Superior PVST BPDU received on VLAN [dec] port [chars], claiming root [dec]:[enet]. Invoking root guard to block the port.

説明 per-VLAN Spanning-Tree Plus(PVST+)スイッチがMultiple Spanning-Tree Protocol(MSTP)スイッチに接続されているときに、Internal Spanning-Tree(IST)ルート(MST00)がすべてのPVST+スパニングツリーのルートになりました。PVST+スパニングツリーにISTより適したルートがあると、ループが生じる可能性があります。ループを防止するために、PVST+側からの上位メッセージを受信するMSTPスイッチのポートは、ルート ガードによってブロックされます。最初の[dec]はVLAN番号、[chars]はポート名、[dec]:[enet]はプライオリティおよびMACアドレスです。

対処方法 トポロジーに新しいスイッチまたはスイッチ ポートが追加されたあとでSTPコンバージェンスが行われると、一時的にこの状況が発生することがありますが、その場合、ポートのブロックは自動的に解除されます。ポートがブロックされたままの場合は、メッセージに示されたルート ブリッジを特定し、VLANスパニングツリーのプライオリティを設定して、ルートとして選択されないようにします。メッセージに示されている以外に上位PVST+ルート(ブリッジIDが小さい、パス コストが小さいなど)が存在する可能性があります。その場合は、このようなルートがなくなるまで、ポートは回復されません。はっきり特定できない場合は、ポートをディセーブルにしてから、再びイネーブルにしてください。

エラー メッセージ SPANTREE-2-RECV-1Q-NON-1QTRUNK: Received 802.1Q BPDU on non 802.1Q trunk [chars] [chars].

説明 Shared Spanning-Tree Protocol(SSTP)BPDUを受信した表示のインターフェイスは、トランク モードですが、IEEE 802.1Qカプセル化を使用していませんでした。最初の[chars]はポート、2番めの[chars]はVLAN(仮想LAN)です。

対処方法 表示されたインターフェイスの設定と動作ステート、さらに接続先のインターフェイスの設定と動作ステートを調べ、同じモード( access または trunk )かどうかを確認します。モードがtrunkの場合には、両方のインターフェイスで同じカプセル化タイプ( ISL または 802.1Q )を使用していることを確認します。カプセル化タイプが異なる場合は、 switchport trunk encapsulation インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してカプセル化タイプを一致させます。カプセル化タイプの矛盾が解消されると、スパニングツリーは自動的にインターフェイスをブロック解除します。

エラー メッセージ SPANTREE-2-RECV-BAD-TLV: Received SSTP BPDU with bad TLV on [chars] [chars].

説明 表示されたインターフェイスは、VLAN IDタグのないSSTP BPDUを受信しました。そのBPDUは廃棄されます。最初の[chars]はポート、2番めの[chars]はSSTP BPDUを受信したVLANです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SPANTREE-2-RECV-PVID-ERR: Received BPDU with inconsistent peer vlan id [dec] on [chars] [chars].

説明 表示されたインターフェイスは、BPDUを受信したVLAN IDと一致しないVLAN IDタグのあるSSTP BPDUを受信しました。この状況は、IEEE 802.1Qトランクの両側でネイティブVLANの設定に矛盾がある場合に発生します。[dec]はVLAN ID、最初の[chars]はポート、次の[chars]はVLANです。

対処方法 ネイティブVLAN IDの設定と、IEEE 802.1Qトランク接続の両側のインターフェイスとの整合性を確認します。コンフィギュレーションの矛盾が解消されると、スパニングツリーは自動的にインターフェイスをブロック解除します。

エラー メッセージ SPANTREE-2-ROOTGUARD_BLOCK: Root guard blocking port [chars] on [chars].

説明 表示されたインターフェイスで、使用中のものより上位のスパニングツリー ルート ブリッジ(ブリッジIDが小さい、パス コストが小さいなど)をアドバタイズするBPDUを受信しました。最適ではないスパニングツリー トポロジーが形成されないようにするために、インターフェイスはブロッキング ステートになり、 root-guard inconsistent loot-guard inconsistent (ルート ガード不整合)とマークされます。最初の[chars]はこのポートの名前、次の[chars]はこのポートがブロックされたスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 show spanning-tree inconsistentports イネーブルEXECコマンドを入力して、ルート ガード不整合に該当するインターフェイスのリストを確認します。表示されたポートに接続された装置が上位ルート ブリッジを示したBPDUを送信している理由を判別し、再発防止策を講じます。誤まったBPDUが停止すると、インターフェイスが自動的に回復し、通常の動作が再開されます。そのインターフェイスでルート ガードをイネーブルにすることが妥当かどうかを確認してください。

エラー メッセージ SPANTREE-2-ROOTGUARD_CONFIG_CHANGE: Root guard [chars] on port [chars] on [chars].

説明 表示されたインターフェイスのスパニングツリー ルート ガードの設定が変更されました。イネーブルの場合、使用中のものより上位のスパニングツリー ルート ブリッジ(ブリッジIDが小さい、パス コストが小さいなど)をアドバタイズするBPDUをこのインターフェイスで受信すると、インターフェイスはブロッキング ステートになり、 root-guard inconsistent (ルート ガード不整合)とマークされます。最初の[chars]はルート ガード ステート( enable または disable )、2番めの[chars]はインターフェイス、3番めの[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 この設定が指定のインターフェイスに必要な設定かどうかを確認します。意図した設定ではない場合は設定を修正します。設定が意図したものの場合は、対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-2-ROOTGUARD_UNBLOCK: Root guard unblocking port [chars] on [chars].

説明 表示されたインターフェイスは、上位ルート ブリッジ(ブリッジIDが小さい、パス コストが小さいなど)をアドバタイズするBPDUを受信しなくなりました。インターフェイスに関するルート ガード不整合が解消され、インターフェイスのブロッキング ステートは解除されます。最初の[chars]はこのポートの名前、次の[chars]はこのポートがブロックされたスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-2-UNBLOCK-CONSIST-PORT: Unblocking [chars] on [chars]. Port consistency restored.

説明 PVIDまたはポート タイプの矛盾が解消されたので、スパニングツリーは指定のスパニングツリー インスタンスに関して、表示されたインターフェイスのブロックを適切に解除します。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-3-BAD_PORTNUM_SIZE: Rejected an attempt to set the port number field size to [dec] bits (valid range is [dec] to [dec] bits).

説明 プラットフォーム固有のコードでエラーが生じたため、許可されるビット数よりも多すぎるか、または少なすぎるビットが要求されました。スパニングツリー ポートIDは16ビット フィールドです。これがポート プライオリティとポート番号に均等に分割され、それぞれ8ビットのサブフィールドになります。したがって、ポート番号フィールドには1~255のポート番号を割り当てることができます。ただし、ポート数が255を超えるシステムの場合は、ポートIDのポート番号部分のサイズを拡大し、必要なポート数をサポートできるようにする必要があります。個々のプラットフォームの最大ポート数は不変なので、システムの初期化時に、STPサブシステムがこれを実行します。最初の[dec]はポート番号のビット数、2番めおよび3番めの[dec]は有効な範囲です。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのメッセージをそのままコピーします。Output Interpreterを使用してエラーの内容を調べ、解決策を講じます。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。それでも問題を解決できない場合は、TACにサポートの申し込みを行うか、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡して、問題の症状を説明してください。ここで説明したオンライン ツールやシスコへの問い合わせについての詳細は、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SPANTREE-3-PORT_SELF_LOOPED: [chars] disabled.- received BPDU src mac [enet] same as that of interface.

説明 表示されたインターフェイスで、このインターフェイスに割り当てられたアドレスと同じ送信元MACアドレスが含まれたBPDUを受信しました。診断ケーブルを取り付けたことなどにより、ポートがそのポート自身にループバックしている可能性があります。インターフェイスは強制的にシャットダウンされます。[chars]はBPDUを受信したインターフェイス、[enet]は送信元MACアドレスです。

対処方法 インターフェイスの設定とともに、インターフェイスに接続されているケーブルを確認します。問題が解決してから、 no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力して、インターフェイスを再びイネーブルにします。

エラー メッセージ SPANTREE-4-PORT_NOT_FORWARDING: [chars] [chars] [chars] [chars]

説明 ポートはパケットを転送していません。すなわち、フォワーディング ステートではありません。最初の[chars]はエラーの重大度、次の[chars]はポート、3番めの[chars]はインターフェイスです。4番めの[chars]はインターフェイスのステータスです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SPANTREE-4-PORT_NOT_FORWARDING: [chars] [chars] [chars]

) このメッセージが当てはまるのは、Catalyst 2955スイッチだけです。


説明 ポートはパケットを転送していないか、またはフォワーディング ステートではありません。最初の[chars]はアラームのASSERTまたはCLEARアクション、2番めの[chars]はこのエラー状態に対してユーザが設定したアラーム、3番めの[chars]はインターフェイスです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ SPANTREE-4-PORT_NOT_FORWARDING: ASSERT MINOR [char] Port Not Forwarding.

説明 ポートはパケットを転送していません。すなわち、フォワーディング ステートではありません。[chars]はポートです。

対処方法 コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡し、問題の症状を説明してください。

エラー メッセージ SPANTREE-5-EXTENDED_SYSID: Extended SysId [chars] for type [chars].

説明 表示されたタイプのスパニングツリーに対して、拡張システムID機能がイネーブルまたはディセーブルになっています。イネーブルの場合、スパニングツリー インスタンスIDはブリッジIDプライオリティ フィールドの下位部分に格納されます。ブリッジ プライオリティとして指定できる値の範囲は0~61,440で、増分単位は4,096です。ディセーブルの場合、ブリッジIDプライオリティ フィールドは、設定されたプライオリティだけで形成されますが、プラットフォームによって、一部のスパニングツリー機能(4,096のVLANサポートなど)を利用できない場合があります。プラットフォームによっては、拡張システムID機能は必須です。最初の[chars]は拡張システムIDステート( enable または disable )、次の[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-6-PORT_STATE: Port [chars] instance [dec] moving from [chars] to [chars].

説明 ポートのステートが変更されました。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SPANTREE-7-BLOCK-PORT-TYPE: Blocking [chars] on [chars]. Inconsistent port type.

説明 ポート タイプの矛盾が解消されないかぎり、表示されたインターフェイスはスパニングツリー ブロッキング ステートになります。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]はスパニングツリー インスタンスです。

対処方法 指定のインターフェイスの設定と動作ステート、さらに接続先のインターフェイスの設定と動作ステートを調べ、同じモード( access または trunk )かどうかを確認します。モードがtrunkの場合には、両方のインターフェイスで同じカプセル化タイプ( ISL または 802.1Q )を使用していることを確認します。これらのパラメータの矛盾が解消されると、スパニングツリーは自動的にインターフェイスをブロック解除します。

エラー メッセージ SPANTREE-7-RECV-1Q-NON-TRUNK: Received 802.1Q BPDU on non trunk [chars] [chars].

説明 表示されたインターフェイスでSSTP BPDUを受信しましたが、そのインターフェイスは動作可能なトランキング インターフェイスではありません。最初の[chars]はポート名、2番めの[chars]はVLAN名です。

対処方法 表示されたインターフェイスの設定と動作ステート、さらに接続先のインターフェイスの設定と動作ステートを調べ、同じモード( access または trunk )かどうかを確認します。モードがtrunkの場合には、両方のインターフェイスで同じカプセル化( none ISL 、または 802.1Q )を使用していることを確認します。これらのパラメータの矛盾が解消されると、スパニングツリーは自動的にインターフェイスをブロック解除します。

SPANTREE_FASTメッセージ

ここでは、スパニングツリー高速コンバージェンス メッセージについて説明します。

エラー メッセージ SPANTREE_FAST-7-PORT_FWD_UPLINK: [chars] [chars] moved to Forwarding (UplinkFast).

説明 表示されたインターフェイスが、表示されたスパニングツリー インスタンスのルート スイッチへの新しいパスとして選択されました。最初の[chars]はスパニングツリー インスタンス、2番めの[chars]はインターフェイスです。

対処方法 対処は不要です。

SPANTREE_VLAN_SWITCHメッセージ

ここでは、VLAN(仮想LAN)単位のスパニングツリー固有のメッセージについて説明します。

エラー メッセージ SPANTREE_VLAN_SW-2-MAX_INSTANCE: Platform limit of [dec] STP instances exceeded. No instance created for [chars] (port [chars]).

説明 現在アクティブなVLANスパニングツリー インスタンスの数が、プラットフォーム固有の制限数に達しました。既存のインスタンス数がプラットフォームの制限数を下回るまで、VLANインスタンスの追加作成は行われません。[dec]はスパニングツリー インスタンスの制限数、最初の[chars]はSTPインスタンスを作成できなかったVLANの最小VLAN番号です。

対処方法 現在アクティブなスパニングツリー インスタンスをいくつかディセーブルにするか、またはそれらのインスタンスに対応するVLANを削除して、現在アクティブなスパニングツリー インスタンス数を減らします。このメッセージが生成されたスパニングツリーを手動でイネーブルにする必要があります。

STORM_CONTROLメッセージ

ここでは、ストーム制御メッセージについて説明します。

エラー メッセージ STORM_CONTROL-2-SHUTDOWN: Storm control shut down [chars].

説明 ストーム イベントの検出時にシャットダウンするよう設定されたポートで、過剰なトラフィックが検出されました。[chars]は物理インターフェイスです。

対処方法 パケット ストームの原因を解消してから、 no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用し、ポートを再びイネーブルにします。

SW_VLANメッセージ

ここでは、VLAN(仮想LAN)マネージャのメッセージについて説明します。VLANマネージャはVTPから情報を受け取り、ポート マネージャを介してすべてのインターフェイスで適切なVLANメンバーシップをイネーブルにします。

エラー メッセージ SW_VLAN-3-VLAN_PM_NOTIFICATION_FAILURE: VLAN Manager synchronization failure with Port Manager over [chars].

説明 プール スペースが不足したため、VLANマネージャがポート マネージャからの通知を廃棄しました。[chars]はポート マネージャ通知のタイプです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-3-VTP_PROTOCOL_ERROR: VTP protocol code internal error:[chars].

説明 VTPコードによるコンフィギュレーション要求、パケット、またはタイマー終了の処理中に、予期せぬエラーが発生しました。[chars]は内部エラーです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-BAD_PM_VLAN_COOKIE_RETURNED: VLAN manager unexpectedly received a bad PM VLAN cookie from the Port Manager, VLAN indicated:[dec].

説明 VLANマネージャは、ポート マネージャからアップコールおよびVLANクッキーを受信し、不良VLAN番号に変換しました。[dec]はVLAN IDです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-BAD_STARTUP_VLAN_CONFIG_FILE: Failed to configure VLAN from startup-config. Fallback to use VLAN configuration file from non-volatile memory.

説明 VLANソフトウェアは、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルのVLANコンフィギュレーションを使用しませんでした。NVRAM(不揮発性RAM)に保存されている、バイナリのVLANコンフィギュレーション ファイルを使用することになります。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-BAD_VLAN_CONFIGURATION_FILE: VLAN configuration file contained incorrect verification word:[hex].

説明 VLANマネージャが読み込んだVLANコンフィギュレーション ファイルが、正しい値で始まっていません。このVLANコンフィギュレーション ファイルは無効のため拒否されました。[hex]は不正が確認された値です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-BAD_VLAN_CONFIGURATION_FILE_VERSION: VLAN configuration file contained unknown file version:[dec].

説明 VLANマネージャが読み込んだVLANコンフィギュレーション ファイルに、認識されないファイル バージョン番号(VLANマネージャ ソフトウェアを旧バージョンにダウングレードさせる可能性がある)が含まれていました。[dec]はファイル バージョン番号です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-BAD_VLAN_TIMER_ACTIVE_VALUE: Encountered incorrect VLAN timer active value:[chars].

説明 ソフトウェア エラーのため、VLANタイマーが非アクティブであるべきときにアクティブであると検出されたか、またはアクティブであるべきときに非アクティブであると検出されました。[chars]はVLANタイマーのアクティブ値です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-EXT_VLAN_CREATE_FAIL: Failed to create VLANs [chars]: [chars].

説明 ソフトウェアがVLANを作成できませんでした。最初の[chars]はレイヤ2 VLANリスト、次の[chars]はエラーの原因です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-EXT_VLAN_INTERNAL_ERROR: Extended VLAN manager received an internal error [dec] from [chars]: [chars].

説明 VLANマネージャは、拡張範囲VLANコンフィギュレーション ソフトウェアから、予期しないエラー コードを受信しました。[dec]はエラー コードです。最初の[chars]は機能、次の[chars]はエラー コードの説明です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-EXT_VLAN_INVALID_DATABASE_DATA: Extended VLAN manager received bad data of type [chars]: value [dec] from function [chars].

説明 拡張範囲VLANマネージャが拡張範囲VLANコンフィギュレーション データベース ルーチンから無効なデータを受信しました。最初の[chars]はデータ タイプ、[dec]は受信した番号、次の[chars]は機能名です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-IFS_FAILURE: VLAN manager encountered file operation error: call = [chars] / file = [chars] / code = [dec] ([chars]) / bytes transferred = [dec].

説明 VLANデータベースの読み込み時に、Cisco IOS File System(IFS)コールからVLANマネージャに、予期せぬエラーが返されました。最初の[chars]はファンクション コール名、2番めの[chars]はファイル名です。[dec]はエラー コード、3番めの[chars]はエラー コードのテキスト表記、2番めの[dec]は送信されたバイト数です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-NO_PM_COOKIE_RETURNED: VLAN manager unexpectedly received a null [chars] type cookie from the Port Manager, data reference:[chars].

説明 VLANマネージャはポート マネージャにリファレンス クッキーを問い合わせましたが、代わりにNULLポインタが返されました。最初の[chars]はポート マネージャのクッキーのタイプ、次の[chars]は問題の原因になったインターフェイスまたはVLANです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-STARTUP_EXT_VLAN_CONFIG_FILE_FAILED: Failed to configure extended range VLAN from startup-config. Error [chars].

説明 VLANソフトウェアがスタートアップ コンフィギュレーション ファイルの拡張範囲VLANコンフィギュレーションを使用できませんでした。システムを起動すると、すべての拡張範囲VLANコンフィギュレーションが消失します。[chars]はエラー コードの説明です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-VTP_INTERNAL_ERROR: VLAN manager received an internal error [dec] from vtp function [chars]:[chars].

説明 VLANマネージャがVTPコンフィギュレーション ソフトウェアから、予期せぬエラー コードを受信しました。[dec]はエラー コード、最初の[chars]はVTP機能、次の[chars]はエラー コードの説明です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-VTP_INVALID_DATABASE_DATA: VLAN manager received bad data of type [chars]:value [dec] from vtp database function [chars].

説明 VLANマネージャがVTPコンフィギュレーション データベース ルーチンから無効なデータを受信しました。最初の[chars]はデータ タイプ、[dec]は受信した不適切な値、次の[chars]はVTPデータベース機能です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-VTP_INVALID_EVENT_DATA: VLAN manager received bad data of type [chars]:value [dec] while being called to handle a [chars] event.

説明 VLANマネージャがVTPコンフィギュレーション ソフトウェアから無効なデータを受信しました。最初の[chars]はデータ タイプ、[dec]はそのデータの値、次の[chars]はVTPイベントです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-VTP_SEM_BUSY: VTP semaphore is unavailable for function [chars]. Semaphore locked by [chars].

説明 VTPデータベースは、現在別のタスクによってロックされているために使用できません。時間をおいてから再試行します。[chars]はVTPデータベースをロックしている機能名です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-4-VTP_USER_NOTIFICATION: VTP protocol user notification: [chars].

説明 VTPコードが異常な診断状況を検出しました。[chars]は状況の説明です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ SW_VLAN-6-OLD_CONFIG_FILE_READ: Old version [dec] VLAN configuration file detected and read OK. Version [dec] files will be written in the future.

説明 VLANソフトウェアが旧バージョンのVLANコンフィギュレーション ファイル フォーマットを検出しました。ファイルは問題なく変換されましたが、今後は新しい形式を使用してファイルが作成されます。最初の[dec]は旧バージョン番号、2番めの[dec]は新しいバージョン番号です。

対処方法 対処は不要です。

エラー メッセージ SW_VLAN-6-VTP_MODE_CHANGE: VLAN manager changing device mode from [chars] to [chars].

説明 設定された数より多いVLANを含むVLANコンフィギュレーション データベース メッセージを受信した結果、デバイスのVTPモードが自動的に変更されました。最初の[chars]は前のモード、次の[chars]は現在のモードです。

対処方法 対処は不要です。

UDLDメッセージ

ここでは、UniDirectional Link Detection(UDLD;単一方向リンク検出)メッセージについて説明します。

エラー メッセージ UDLD-0-STOPPED: UDLD process stopped: [chars]

説明 UDLDで使用する一意のシステム識別子が読み込めなかったため、UDLD処理が中断しました。システム識別子によって、UDLDパケットを送信しているデバイスを識別します。[chars]はシステム識別子です。

対処方法 reload イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチをリロードします。問題を解決できない場合は、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを入力し、エラーに関する情報を得られる可能性があるデータを収集してから、シスコのテクニカル サポート担当者に連絡してください。

エラー メッセージ UDLD-3-UDLD_IDB_ERROR: UDLD error handling [chars] interface:[chars].

説明 表示されたインターフェイスに関するUDLD処理中にソフトウェア エラーが発生しました。最初の[chars]はイベント、2番めの[chars]はインターフェイスです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ UDLD-3-UDLD_INTERNAL_ERROR: UDLD internal error:[chars].

説明 UDLD処理中にソフトウェア チェックに失敗しました。[chars]は内部エラーの説明です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ UDLD-3-UDLD_INTERNAL_IF_ERROR: UDLD internal error, interface [chars]:[chars].

説明 UDLD処理中にソフトウェア チェックに失敗しました。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]はエラーの説明です。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ UDLD-4-UDLD_PORT_DISABLED: UDLD disabled interface [chars], [chars] detected.

説明 ネイバ間で一方向だけが機能する接続が検出されたので、UDLDプロトコルがインターフェイスをディセーブルにしました。スパニングツリー ループまたは接続障害を発生させる可能性があります。不良ポート、不良ケーブル、またはケーブル構成の誤りなど、ハードウェア関連の原因が考えられます。最初の[chars]はインターフェイス、2番めの[chars]は検出されたエラーです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ UDLD-6-UDLD_PORT_RESET: UDLD reset interface [chars].

説明 UDLDプロトコルがネイバ間に単一方向接続を検出しました。 udld reset イネーブルEXECコマンドを使用するか、またはリンク ステート変更などのハードウェア アクションにより、UDLDがディセーブルにしたポートをリセットします。[chars]はインターフェイスです。

対処方法 エラーに関する詳細情報を入手するには、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを実行し、さらに、コンソールまたはシステム ログのエラー メッセージをそのままコピーして、Output Interpreterツールに入力します。Bug Toolkitを使用し、同様の問題が報告されていないかどうか調べます。ここで説明したオンライン ツールの詳細およびテクニカル サポート情報については、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

UFAST_MCAST_SWメッセージ

ここでは、UplinkFastマルチキャスト ソフトウェア(UFAST_MCAST_SW)メッセージについて説明します。スイッチがこのメッセージを送信するのは、UplinkFastがイネーブルの場合で、新しいルート ポートへの移行が行われ、しかも高速の再学習マルチキャスト パケットが送信されなかった場合です。

エラー メッセージ UFAST_MCAST_SW-3-PROC_START_ERROR: No process available for transmitting UplinkFast packets.

説明 UplinkFastパケットの送信に利用できるプロセスがありません。

対処方法 reloadイネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチをリロードします。スイッチをリロードしたあとも問題が解決しない場合は、 show tech-support イネーブルEXECコマンドを入力して、エラーに関する情報を含む可能性があるデータを収集します。エラー メッセージまたは show tech-support コマンドの出力結果から、どのようなエラーなのか判断できない場合は、「エラー メッセージのトレースバック レポート」を参照してください。

エラー メッセージ UFAST_MCAST_SW-4-MEM_NOT_AVAILABLE: No memory is available for transmitting UplinkFast packets on Vlan [dec].

説明 VLAN [dec] 上にUplinkFastパケットの送信に利用できるメモリがありません。[dec]はVLAN(仮想LAN)番号です。

対処方法 他のアプリケーションを終了させ、メモリを解放します。