Catalyst 2950/2955 スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.1(22)EA11 以降
Catalyst 2950 および Catalyst 2955 スイッチ デバッグ コマンド
Catalyst 2950 および Catalyst 2955 スイッチ デバッグ コマンド
発行日;2012/08/09 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Catalyst 2950 および Catalyst 2955 スイッチ デバッグ コマンド

debug auto qos

debug dot1x

debug etherchannel

debug lre

debug pagp

debug pm

debug spanning-tree

debug spanning-tree backbonefast

debug spanning-tree bpdu

debug spanning-tree bpdu-opt

debug spanning-tree mstp

debug spanning-tree switch

debug spanning-tree uplinkfast

debug switch dhcp

debug sw-vlan

debug sw-vlan ifs

debug sw-vlan notification

debug sw-vlan vtp

debug udld

Catalyst 2950 および Catalyst 2955 スイッチ デバッグ コマンド

この付録では、Catalyst 2950 および Catalyst 2955 固有の debug 特権 EXEC コマンドについて説明します。これらのコマンドは、インターネットワーキングの問題の診断および解決に役立ちます。使用する場合には、必ずシスコのテクニカル サポート担当者の指示に従ってください。


注意 デバッグ出力は CPU プロセスで高プライオリティが割り当てられているため、デバッグ出力を行うとシステムが使用できなくなることがあります。したがって、debug コマンドを使用するのは、特定の問題のトラブルシューティング時、またはシスコのテクニカル サポート担当者とともにトラブルシューティングを行う場合に限定してください。debug コマンドは、ネットワーク トラフィックが少なく、ユーザも少ないときに使用するのが最良です。デバッギングをこのような時間帯に行うと、debug コマンド処理のオーバーヘッドの増加によりシステムの使用に影響が及ぶ可能性が少なくなります。

debug auto qos

Automatic Quality of Service(auto-QoS)機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug auto qos 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug auto qos

no debug auto qos

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

auto-QoS デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

12.1(20)EA2

コマンドが debug autoqos から debug auto qos に変更されました。

 
使用上のガイドライン

auto-QoS がイネーブルのときに自動的に生成される QoS の設定を表示するには、auto-QoS をイネーブルにする前にデバッグをイネーブルにします。デバッグをイネーブルするには、 debug auto qos 特権 EXEC コマンドを入力します。

undebug auto qos コマンドは、 no debug auto qos コマンドと同じです。

次の例では、auto-QoS がイネーブルの場合に自動的に生成される QoS 設定を表示する方法を示します。

Switch# debug auto qos
AutoQoS debugging is on
Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface fastethernet0/1
Switch(config-if)# auto qos voip cisco-phone
00:02:54:wrr-queue bandwidth 10 20 70 1
00:02:55:no wrr-queue cos-map
00:02:55:wrr-queue cos-map 1 0 1
00:02:56:wrr-queue cos-map 2 2 4
00:02:57:wrr-queue cos-map 3 3 6 7
00:02:58:wrr-queue cos-map 4 5
00:02:59:mls qos map cos-dscp 0 8 16 26 32 46 48 56
00:03:00:interface FastEthernet0/1
00:03:00: mls qos trust device cisco-phone
00:03:00: mls qos trust cos

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto qos voip

QoS ドメイン内で Voice over IP(VoIP)の auto-QoS を設定します。

show auto qos

auto-QoS のイネーブル時に適用された設定および有効になる新しいデフォルトを表示します。

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

debug dot1x

IEEE 802.1x 認証機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug dot1x 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug dot1x { all | errors | events | packets | registry | state-machine }

no debug dot1x { all | errors | events | packets | registry | state-machine }

 
構文の説明

all

すべての IEEE 802.1x 認証デバッグ メッセージを表示します。

errors

IEEE 802.1x エラー デバッグ メッセージをデバッグします。

events

IEEE 802.1x イベント デバッグ メッセージをデバッグします。

packets

IEEE 802.1x パケット デバッグ メッセージをデバッグします。

registry

レジストリ呼び出しデバッグ メッセージをデバッグします。

state-machine

ステートマシン関連イベントのデバッグ メッセージをデバッグします。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

12.1(14)EA1

authsm backend besm core 、および reauthsm キーワードは削除されました。 errors events packets registry 、および state-machine キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug dot1x コマンドは、 no debug dot1x コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show dot1x

スイッチまたは指定されたインターフェイスの IEEE 802.1x 統計情報、管理ステータス、および動作ステータスを表示します。

debug etherchannel

EtherChannel/PAgP シムのデバッグをイネーブルにするには、 debug etherchannel 特権 EXEC コマンドを使用します。このシムは、Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)ソフトウェア モジュールとポート マネージャ ソフトウェア モジュール間のインターフェイスとなるソフトウェア モジュールです。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug etherchannel [ all | detail | error | event | idb ]

no debug etherchannel [ all | detail | error | event | idb ]

 
構文の説明

all

(任意)EtherChannel デバッグ メッセージをすべて表示します。

detail

(任意)EtherChannel デバッグ メッセージの詳細を表示します。

error

(任意)EtherChannel エラー デバッグ メッセージを表示します。

event

(任意)主な EtherChannel イベント デバッグ メッセージをデバッグします。

idb

(任意)PAgP インターフェイス記述子ブロック デバッグ メッセージをデバッグします。


linecard キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

キーワードを指定しない場合は、すべてのデバッグ メッセージが表示されます。

undebug etherchannel コマンドは、 no debug etherchannel コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show etherchannel

チャネルの EtherChannel 情報を表示します。

debug lre

Catalyst 2950 Long-Reach Ethernet(LRE)スイッチおよびリンクのデバッグをイネーブルするには、 debug lre 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lre [ controller | discovery | errors | profile | state | timing | upgrade ] [ interface-id ]

no debug lre [ controller | discovery | errors | profile | state | timing | upgrade ] [ interface-id ]

このコマンドは、Catalyst 2950 LRE スイッチでのみ使用できます。

 
構文の説明

controller

(任意)スイッチ コントローラのデバッグ メッセージを表示します。

discovery

(任意)顧客宅内装置(CPE)検出のデバッグ メッセージを表示します。

errors

(任意)エラー デバッグ メッセージを表示します。

profile

(任意)プロファイル デバッグ メッセージを表示します。

state

(任意)有限状態マシン(FSM)デバッグ メッセージを表示します。

timing

(任意)タイミング デバッグ メッセージを表示します。

upgrade

(任意)アップグレード デバッグ メッセージを表示します。

interface-id

(任意)指定したポートのデバッグ メッセージを表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(11)YJ

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、スイッチ コンソールからのみ入力できます。

undebug lre コマンドは、 no debug lre コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show controllers lre status

スイッチ LRE ポートの LRE リンク統計情報およびプロファイル情報を表示します(リンク ステータス、リンク接続時間、データ レート、信号対雑音比、および Reed Solomon エラーを含む)。

debug pagp

ポート集約プロトコル(PAgP)アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug pagp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug pagp [ all | event | fsm | misc | packet ]

no debug pagp [ all | event | fsm | misc | packet ]

 
構文の説明

all

(任意)PAgP デバッグ メッセージをすべて表示します。

event

(任意)PAgP イベント デバッグ メッセージを表示します。

fsm

(任意)PAgP 有限ステート マシン デバッグ メッセージを表示します。

misc

(任意)各種 PAgP デバッグ メッセージを表示します。

packet

(任意)PAgP パケット デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug pagp コマンドは、 no debug pagp コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show pagp

PAgP チャネル グループ情報を表示します。

 

debug pm

ポート マネージャ(PM)アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug pm 特権 EXEC コマンドを使用します。PM は、すべての論理および物理インターフェイスを制御するステート マシンです。VLAN や Unidirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出)などを含むすべての機能は、ポート マネージャと連携して、スイッチに機能を提供します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug pm { all | assert | card | cookies | etherchnl | messages | port | registry | sm | span | split | vlan | vp }

no debug pm { all | assert | card | cookies | etherchnl | messages | port | registry | sm | span | split | vlan | vp }

 
構文の説明

all

すべての PM デバッグ メッセージを表示します。

assert

アサート デバッグ メッセージを表示します。

card

ラインカード関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

cookies

内部 PM クッキー検証デバッグ メッセージを表示します。

etherchnl

EtherChannel 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

messages

Host Access Table イベント デバッグ メッセージを表示します。

port

PM デバッグ メッセージを表示します。

registry

ポート関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

sm

PM レジストリ呼び出しデバッグ メッセージを表示します。

span

ステート マシン関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

split

スパニングツリー関連イベント デバッグ メッセージを表示します。

vlan

スプリットプロセッサ デバッグ メッセージを表示します。

vp

VLAN 関連イベント デバッグ メッセージを表示します。


scp および pvlan キーワードはコマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug pm コマンドは、 no debug pm コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

 

debug spanning-tree

スパニングツリー アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree { all | backbonefast | bpdu | bpdu-opt | config | csuf/csrt | etherchannel | events | exceptions | general | mstp | pvst+ | root | snmp | switch | synchronization | uplinkfast }

no debug spanning-tree { all | backbonefast | bpdu | bpdu-opt | config | csuf/csrt | etherchannel | events | exceptions | general | mstp | pvst+ | root | snmp | switch | synchronization | uplinkfast }


csuf オプションは、スイッチではサポートされていません。


 
構文の説明

all

スパニングツリーのデバッグ メッセージをすべて表示します。

backbonefast

BackboneFast イベント デバッグ メッセージを表示します。

bpdu

スパニングツリー Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)デバッグ メッセージを表示します。

bpdu-opt

最適化された BPDU 処理デバッグ メッセージを表示します。

config

スパニングツリー設定変更デバッグ メッセージを表示します。

csuf/csrt

クロススタック UplinkFast アクティビティのデバッグ メッセージを表示します。

etherchannel

EtherChannel サポート デバッグ メッセージを表示します。

events

スパニングツリー トポロジ イベント デバッグ メッセージを表示します。

exceptions

スパニングツリー例外デバッグ メッセージを表示します。

general

一般的なスパニングツリー アクティビティ デバッグ メッセージを表示します。

mstp

Multiple Spanning-Tree Protocol(MSTP)イベントをデバッグします。

pvst+

Per-VLAN Spanning-Tree Plus(PVST+)イベント デバッグ メッセージを表示します。

root

スパニングツリー ルート イベント デバッグ メッセージを表示します。

snmp

スパニングツリー Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)処理デバッグ メッセージを表示します。

switch

スイッチ シム コマンド デバッグ メッセージを表示します。このシムは、一般的な Spanning-Tree Protocol(STP; スパニングツリー プロトコル)コードと、各スイッチ プラットフォーム固有コードとの間のインターフェイスとなるソフトウェア モジュールです。

synchronization

スパニングツリー同期イベント デバッグ メッセージを表示します。

uplinkfast

UplinkFast イベント デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

12.1(9)EA1

mstp および csuf/csrt キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree コマンドは、 no debug spanning-tree コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree backbonefast

スパニングツリー BackboneFast イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree backbonefast 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree backbonefast [ detail | exceptions ]

no debug spanning-tree backbonefast [ detail | exceptions ]

 
構文の説明

detail

(任意)BackboneFast デバッグ メッセージの詳細を表示します。

exceptions

(任意)スパニングツリー BackboneFast 例外のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree backbonefast コマンドは、 no debug spanning-tree backbonefast コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

 

debug spanning-tree bpdu

送受信されたスパニングツリー Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)のデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree bpdu 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree bpdu [ receive | transmit ]

no debug spanning-tree bpdu [ receive | transmit ]

 
構文の説明

receive

(任意)受信 BPDU 用非最適化パスのデバッグ メッセージを表示します。

transmit

(任意)送信 BPDU デバッグ メッセージの非最適化パスを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree bpdu コマンドは、 no debug spanning-tree bpdu コマンドと同じです

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

 

debug spanning-tree bpdu-opt

最適化されたスパニングツリー Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)処理のデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree bpdu-opt 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree bpdu-opt [ detail | packet ]

no debug spanning-tree bpdu-opt [ detail | packet ]

 
構文の説明

detail

(任意)最適化された BPDU 処理デバッグ メッセージの詳細を表示します。

packet

(任意)パケット レベルの最適化された BPDU 処理デバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree bpdu-opt コマンドは、 no debug spanning-tree bpdu-opt コマンドと同じです

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

 

debug spanning-tree mstp

マルチ スパニングツリー プロトコル(MSTP)ソフトウェアのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree mstp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree mstp { all | boundary | bpdu-rx | bpdu-tx | errors | flush | init | migration | pm | proposals | region | roles | sanity_check | sync | tc | timers }

no debug spanning-tree mstp { all | boundary | bpdu-rx | bpdu-tx | errors | flush | init | migration | pm | proposals | region | roles | sanity_check | sync | tc | timers }

 
構文の説明

all

MSTP デバッグ メッセージをすべて表示します。

boundary

次に示す境界上でのフラグ変更デバッグ メッセージを表示します。

Multiple Spanning-Tree(MST)リージョンと、Rapid Spanning-Tree Protocol(RSTP; 高速スパニングツリー プロトコル)が稼働する単一のスパニングツリー リージョンとの境界

MST リージョンと、IEEE 802.1D が稼働する単一のスパニングツリー リージョンとの境界

MST リージョンと、設定が異なる別の MST リージョンとの境界

bpdu-rx

受信 MST Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)のデバッグ メッセージを表示します。

bpdu-tx

送信 MST BPDU のデバッグ メッセージを表示します。

errors

MSTP エラーのデバッグ メッセージを表示します。

flush

ポートフラッシング メカニズムのデバッグ メッセージを表示します。

init

MSTP データ構造初期化のデバッグ メッセージを表示します。

migration

プロトコル移行ステート マシンのデバッグ メッセージを表示します。

pm

MSTP ポートマネージャ イベントのデバッグ メッセージを表示します。

proposals

指定スイッチのデバッグ メッセージとルート スイッチのデバッグ メッセージ間のハンドシェイク メッセージを表示します。

region

スイッチ プロセッサ(SP)のデバッグ メッセージとルート プロセッサ(RP)のデバッグ メッセージ間のリージョン同期を表示します。

roles

MSTP ロールのデバッグ メッセージを表示します。

sanity_check

受信された BPDU の健全性チェックのデバッグ メッセージを表示します。

sync

ポート同期イベントのデバッグ メッセージを表示します。

tc

トポロジ変更通知イベントのデバッグ メッセージを表示します。

timers

開始、停止、および期限切れイベントの MSTP タイマーのデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(9)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree mstp コマンドは、 no debug spanning-tree mstp コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

 

debug spanning-tree switch

スパニングツリー プロトコル(STP)ソフトウェア モジュールとポート マネージャ ソフトウェア モジュール間のソフトウェア インターフェイスのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree switch 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree switch { all | errors | general | helper | pm | rx { decode | errors | interrupt | process } | state | tx [ decode ]}

no debug spanning-tree switch { all | errors | general | helper | pm | rx { decode | errors | interrupt | process } | state | tx [ decode ]}

 
構文の説明

all

スパニングツリー スイッチのデバッグ メッセージをすべて表示します。

errors

スパニングツリー ソフトウェア モジュールとポート マネージャ ソフトウェア モジュール間のインターフェイスに関するデバッグ メッセージを表示します。

general

一般イベント デバッグ メッセージを表示します。

helper

スパニングツリー ヘルパー タスク デバッグ メッセージを表示します。ヘルパー タスクは大容量スパニングツリー更新を処理します。

pm

ポート マネージャ イベント デバッグ メッセージを表示します。

rx

受信した Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)処理のデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

decode :デコード済み受信パケットを表示します。

errors :受信エラー デバッグ メッセージを表示します。

interrupt :Interrupt Service Request(ISR; 割り込みサービス要求)デバッグ メッセージを表示します。

process :処理受信 BPDU デバッグ メッセージを表示します。

state

スパニングツリー ポート ステート変更のデバッグ メッセージを表示します。

tx [ decode ]

送信された BPDU 処理のデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

decode :(任意)デコードされた送信パケットを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

12.1(9)EA1

helper キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree switch コマンドは、 no debug spanning-tree switch コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug spanning-tree uplinkfast

スパニングツリー UplinkFast イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug spanning-tree uplinkfast 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug spanning-tree uplinkfast [ exceptions ]

no debug spanning-tree uplinkfast [ exceptions ]

 
構文の説明

exceptions

(任意)スパニングツリー UplinkFast 例外のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug spanning-tree uplinkfast コマンドは、 no debug spanning-tree uplinkfast コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show spanning-tree

スパニングツリー ステート情報を表示します。

debug switch dhcp

DHCP イベントのデバッグをイネーブルにするには、 debug switch dhcp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug switch dhcp

no debug switch dhcp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(19)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug switch dhcp コマンドは、 no debug switch dhcp コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

debug sw-vlan

VLAN マネージャのアクティビティのデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan { badpmcookies | cfg-vlan { bootup | cli } | events | ifs | management | notification | packets | registries | vtp }

no debug sw-vlan { badpmcookies | cfg-vlan { bootup | cli } | events | ifs | management | notification | packets | registries | vtp }

 
構文の説明

badpmcookies

不良ポート マネージャ クッキーの VLAN マネージャ インシデントのデバッグ メッセージを表示します。

cfg-vlan { bootup | cli }

config-vlan デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

bootup :スイッチがブートアップするときに メッセージを表示します。

cli :コマンドライン インターフェイス(CLI)が config-vlan モードである場合のメッセージを表示します。

events

VLAN マネージャ イベントのデバッグ メッセージを表示します。

ifs

debug sw-vlan ifs コマンドを参照してください。

management

内部 VLAN の VLAN マネージャ管理のデバッグ メッセージを表示します。

notification

debug sw-vlan notification コマンドを参照してください。

packets

パケット処理およびカプセル化プロセスのデバッグメッセージを表示します。

registries

VLAN マネージャ レジストリのデバッグ メッセージを表示します。

vtp

debug sw-vlan vtp コマンドを参照してください。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

12.1(9)EA1

cfg-vlan キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug sw-vlan コマンドは、 no debug sw-vlan コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show vlan

管理ドメインに設定されたすべての VLAN または特定の VLAN(VLAN 名または ID を指定した場合)のパラメータを表示します。

show vtp

VTP 管理ドメイン、ステータス、およびカウンタに関する一般情報を表示します。

 

debug sw-vlan ifs

VLAN マネージャ Cisco IOS File System(IFS)エラー テストのデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan ifs 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan ifs { open { read | write } | read { 1 | 2 | 3 | 4 } | write }

no debug sw-vlan ifs { open { read | write } | read { 1 | 2 | 3 | 4 } | write }

 
構文の説明

open { read | write }

VLAN マネージャ IFS ファイルオープン操作デバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

read :VLAN マネージャ IFS ファイル読み取り動作のデバッグ メッセージを表示します。

write :VLAN マネージャ IFS ファイル書き込み操作デバッグ メッセージを表示します。

read { 1 | 2 | 3 | 4 }

指定されたエラー テスト(1、2、3、または 4)に関するファイル読み取り動作のデバッグ メッセージを表示します。

write

ファイル書き込み動作のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファイルの読み取り処理に処理 1 を選択すると、ヘッダー検証ワードおよびファイル バージョン番号が格納されたファイル ヘッダーが読み込まれます。処理 2 を指定すると、ドメインおよび VLAN 情報の大部分が格納されたファイル本体が読み取られます。処理 3 を指定すると、Type Length Version(TLV)記述子構造が読み取られます。処理 4 を指定すると、TLV データが読み取られます。

undebug sw-vlan ifs コマンドは、 no debug sw-vlan ifs コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show vlan

管理ドメインに設定されたすべての VLAN または特定の VLAN(VLAN 名または ID を指定した場合)のパラメータを表示します。

 

debug sw-vlan notification

スイッチ間リンク(ISL)VLAN ID のアクティブ化および非アクティブ化のデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan notification 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan notification { accfwdchange | allowedvlancfgchange | fwdchange | linkchange | modechange | pruningcfgchange | statechange }

no debug sw-vlan notification { accfwdchange | allowedvlancfgchange | fwdchange | linkchange | modechange | pruningcfgchange | statechange }

 
構文の説明

accfwdchange

集約アクセス インターフェイス スパニングツリー転送変更に関する VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

allowedvlancfgchange

許可 VLAN の設定変更に関する VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

fwdchange

スパニングツリー転送変更に関する VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

linkchange

インターフェイス リンクステート変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

modechange

インターフェイス モード変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

pruningcfgchange

プルーニング設定変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

statechange

インターフェイス ステート変更の VLAN マネージャ通知のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

undebug sw-vlan notification コマンドは、 no debug sw-vlan notification コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show vlan

管理ドメインに設定されたすべての VLAN または特定の VLAN(VLAN 名または ID を指定した場合)のパラメータを表示します。

 

debug sw-vlan vtp

VLAN トランキング プロトコル(VTP)コードのデバッグをイネーブルにするには、 debug sw-vlan vtp 特権 EXEC コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

debug sw-vlan vtp { events | packets | pruning [ packets | xmit ] | xmit }

no debug sw-vlan vtp { events | packets | pruning [ packets | xmit ] | xmit }

 
構文の説明

events

汎用の論理フローのデバッグ メッセージおよび VTP コード内の VTP_LOG_RUNTIME マクロによって生成された VTP メッセージの詳細を表示します。

packets

Cisco IOS VTP プラットフォームに依存するレイヤから VTP コードに渡されたすべての着信 VTP パケット(プルーニング パケットを除く)の内容のデバッグ メッセージを表示します。

pruning [ packets | xmit ]

VTP コードのプルーニング セグメントによって生成されるデバッグ メッセージを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。

packets :(任意)VTP プラットフォームに依存するレイヤから VTP コードに渡されたすべての着信 VTP プルーニング パケットの内容のデバッグ メッセージを表示します。

xmit :(任意)VTP コードが Cisco IOS VTP プラットフォーム依存層に送信するように要求したすべての発信 VTP パケットの内容のデバッグ メッセージを表示します。

xmit

VTP コードが VTP プラットフォームに依存するレイヤに送信するよう要求したすべての発信 VTP パケット(プルーニング パケットを除く)の内容のデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

pruning キーワード の後にパラメータを指定しない場合は、VTP プルーニング デバッグ メッセージが表示されます。これらのメッセージは、VTP プルーニング コード内の VTP_PRUNING_LOG_NOTICE、VTP_PRUNING_LOG_INFO、VTP_PRUNING_LOG_DEBUG、VTP_PRUNING_LOG_ALERT、および VTP_PRUNING_LOG_WARNING マクロによって生成されます。

undebug sw-vlan vtp コマンドは、 no debug sw-vlan vtp コマンドと同じです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show vtp

VTP 管理ドメイン、ステータス、およびカウンタに関する一般情報を表示します。

 

debug udld

Unidirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出)機能のデバッグをイネーブルにするには、 debug udld 特権 EXEC コマンドを使用します。UDLD デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug udld { events | packets | registries }

no debug udld { events | packets | registries }

 
構文の説明

events

UDLD プロセス イベントが発生したときのデバッグ メッセージを表示します。

packets

UDLD プロセスがパケット キューからパケットを受信し、UDLD プロトコル コードの要求に応答してそれらを送信するときに、このプロセスのデバッグ メッセージを表示します。

registries

UDLD プロセスが UDLD プロセスに依存するモジュールおよびその他のフィーチャ モジュールからのレジストリ コールを処理するときに、このプロセスのデバッグ メッセージを表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(6)EA2

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

debug udld events を入力すると、次に示すデバッグ メッセージが表示されます。

一般的な UDLD プログラム論理フロー

ステート マシンのステート変更

errdisable ステートの設定および消去のプログラム アクション

ネイバー キャッシュの追加および削除

コンフィギュレーション コマンドの処理

リンクアップおよびリンクダウン通知処理

debug udld packets を入力すると、次に示すデバッグ メッセージが表示されます。

着信パケット受信時の一般的なパケット処理プログラム フロー

受信したパケットをパケット受信コードで調べるときの、各パケットの内容の識別情報(Type Length Version(TLV)など)

パケット送信の試行内容およびその成果

debug udld registries を入力すると、次に示すカテゴリのデバッグ メッセージが表示されます。

サブブロックの作成

ファイバポート ステータスの変更

ポート マネージャ ソフトウェアからのステート変更通知情報

MAC アドレス レジストリ コール

 
関連コマンド

コマンド
説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference For IOS Release 12.1』>「Cisco IOS System Management Commands」>「Troubleshooting Commands」 を選択してください。

show udld

すべてのポートまたは指定されたポートの UDLD の管理ステータスおよび動作ステータスを表示します。