Catalyst 2950/2955 スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.1(22)EA11 以降
Catalyst 2955 アラーム コマンド
Catalyst 2955 アラーム コマンド
発行日;2012/08/09 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Catalyst 2955 アラーム コマンド

alarm facility fcs-hysteresis

alarm facility power-supply

alarm facility temperature

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

alarm profile(インターフェイス コンフィギュレーション)

fcs-threshold

power-supply dual

show alarm description port

show alarm profile

show alarm settings

show env

show facility-alarm relay

show facility-alarm status

show fcs-threshold

test relay

Catalyst 2955 アラーム コマンド

この付録では、Catalyst 2955 スイッチにおけるスイッチの状態をモニタするためのコマンドについて説明します。これらのコマンドは Catalyst 2950 スイッチではサポートされません。


) コマンドの使用方法の詳細については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの「Configuring Catalyst 2955 Switch Alarms」の章を参照してください。


alarm facility fcs-hysteresis

フレーム チェック シーケンス(FCS)エラー ヒステリシスしきい値を FCS ビットエラー レートから変動率として設定するには、alarm facility fcs-hysteresis グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。FCS エラー ヒステリシスしきい値をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm facility fcs-hysteresis percentage

no alarm facility fcs-hysteresis percentage

 
構文の説明

percentage

ヒステリシスしきい値の変動率です。指定できる範囲は 1 ~ 10% です。

 
デフォルト

デフォルトのしきい値は 10% です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ヒステリシスしきい値を設定することで、FCS ビット エラー レートが指定されたビット エラー レート付近を不規則に変動している場合に、アラームの発生を防ぐことができます。

FCS ヒステリシスしきい値をスイッチ上のすべてのポートに設定する場合、 fcs-threshold インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、各ポートに FCS エラー レートを設定します。

しきい値がデフォルト値ではない場合、 show running-config 特権 EXEC コマンドの出力に表示されます。

次の例では、FCS エラー ヒステリシスを 5% に設定する方法を示します。ビット エラー レートが設定した FCS ビットエラー レートを 5% 超過するとアラームが発生します。

Switch(config)# alarm facility fcs-hysteresis 5

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcs-threshold

インターフェイスの FCS エラー レートを設定します。

show running-config

FCS ヒステリシスしきい値(デフォルト値以外の場合)を含むスイッチの実行コンフィギュレーションを表示します。構文情報については、 『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference for Release 12.1』>「Cisco IOS File Management Commands」>「Configuration File Commands」 を参照してください。

 

alarm facility power-supply

システムがデュアル電源モードで稼働している場合に、電源の欠落または障害を検出するアラーム オプションを設定するには、alarm facility power-supply グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。指定した設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm facility power-supply { notifies | relay { major | minor } | syslog }

no alarm facility power-supply { notifies | relay { major | minor } | syslog }

 
構文の説明

notifies

電源装置アラーム トラップを簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)サーバに送信します。

relay major

アラームがメジャー リレー回路に送信されます。

relay minor

アラームがマイナー リレー回路に送信されます。

syslog

電源装置アラーム トラップを Syslog サーバに送信します。

 
デフォルト

電源アラーム メッセージは保存されますが、SNMP サーバ、リレー、または syslog サーバに送信されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

電源アラームは、システムがデュアル電源モードの場合にのみ生成されます。2 つ目の電源が接続された場合、 power-supply dual グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してデュアル電源モードの動作を設定します。

notifies キーワードを使用してアラーム トラップを SNMP ホストに送信する前に、snmp-server enable traps グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して SNMP サーバを設定してください。

次の例では、電源モニタリング アラームをマイナー リレー回路に送信する設定方法を示します。

Switch(config)# alarm facility power-supply relay minor

 
関連コマンド

コマンド
説明

power-supply dual

スイッチの動作をデュアル電源モードに設定します。

show alarm settings

環境アラーム設定およびオプションが表示されます。

snmp-server enable traps

スイッチでさまざまなトラップ タイプ SNMP 通知を Network Management System(NMS;ネットワーク管理システム)に送信します。

alarm facility temperature

プライマリ温度モニタリング アラームの設定または上限値が低いセカンダリ温度アラームしきい値を設定するには、alarm facility temperature グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。温度モニタリング アラームの設定を削除またはセカンダリ温度アラームをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm facility temperature { primary { notifies | relay { major | minor } | syslog } | secondary { threshold | notifies | relay { major | minor }| syslog }}

no alarm facility temperature { primary { notifies | relay { major | minor } | syslog } | secondary { threshold | notifies | relay { major | minor }| syslog }}

 
構文の説明

threshold

セカンダリ温度アラームに対し、 °C で下限温度しきい値を設定します。使用可能な範囲は 40 ~ 95 °C です。

notifies

プライマリまたはセカンダリ温度アラーム トラップを簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)サーバに送信します。

relay major

プライマリ温度アラームまたはセカンダリ温度アラームがメジャー リレー回路に送信されます。

relay minor

プライマリ温度アラームまたはセカンダリ温度アラームがマイナー リレー回路に送信されます。

syslog

プライマリ温度アラーム トラップまたはセカンダリ温度アラーム トラップを Syslog サーバに送信します。

 
デフォルト

プライマリ温度アラームは -20 ~ 95 °C の範囲でイネーブルになり、これを削除することはできません。アラームはメジャー リレーに関連付けられています。セカンダリ温度アラームはデフォルトでディセーブルになっています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

プライマリ温度アラームは自動的にイネーブルになります。アラームはディセーブルにできませんが、アラーム オプションを設定できます。

セカンダリ温度アラームを使用し、最高プライマリ温度しきい値(95 °C)より低い温度で高温アラームを発生させることができます。温度しきい値とアラーム オプションを設定できます。

notifies キーワードを使用してアラーム トラップを SNMP ホストに送信する前に、snmp-server enable traps グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して SNMP サーバを設定してください。

次の例では、セカンダリ温度の高温しきい値に 45 °C とアラームを設定し、トラップをマイナー リレー回路、syslog、および SNMP サーバに送信する方法を示します。

Switch(config)# alarm facility temperature secondary 45
Switch(config)# alarm facility temperature secondary relay minor
Switch(config)# alarm facility temperature secondary syslog
Switch(config)# alarm facility temperature secondary notifies
 

次の例では、セカンダリ温度アラームをディセーブルにする方法を示します。

Switch(config)# no alarm facility temperature secondary 45
 

次の例では、プライマリ温度アラームを設定し、syslog とメジャー リレー回路にアラームとトラップを送信する方法を示します。

Switch(config)# alarm facility temperature primary syslog
Switch(config)# alarm facility temperature primary relay major

 
関連コマンド

コマンド
説明

show alarm settings

環境アラーム設定およびオプションが表示されます。

snmp-server enable traps

スイッチでさまざまなトラップ タイプ SNMP 通知を Network Management System(NMS;ネットワーク管理システム)に送信します。

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

アラーム プロファイルを作成し、アラーム プロファイル コンフィギュレーション モードを開始するには、alarm profile グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。アラーム プロファイルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm profile name

no alarm profile name

 
構文の説明

name

アラームのプロファイル名です。

 
デフォルト

アラーム プロファイルは作成されません。

プロファイルを作成しても、アラームは 1 つもイネーブルになりません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アラームプロファイル コンフィギュレーション モードでは、次のコマンドが使用できます。

alarm alarm-id :特定のアラームがイネーブルになります。

exit :アラームプロファイル コンフィギュレーション モードを終了します。

help :インタラクティブ ヘルプ システムの説明が表示されます。

no: コマンドを無効にするか、デフォルトに設定します。

notifies alarm-id: アラームの通知がイネーブルになり、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)トラップが SNMP サーバに送信されます。

relay-major alarm-id :アラームがメジャー リレー回路に送信されます。

relay-minor alarm-id: アラームがマイナー リレー回路に送信されます。

syslog alarm-id: アラームが syslog ファイルに送信されます。

alarm-id には、アラーム ID を 1 つまたはスペースで区切って複数入力します。

キーワード notifies を使用してアラーム トラップを SNMP ホストに送信する前に、snmp-server enable traps グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して SNMP サーバを設定してください。

表 A-1 に、アラーム ID と、対応するアラームの説明を示します。

 

表 A-1 AlarmList ID 番号とアラームの説明

AlarmList ID
アラームの説明

1

リンク障害

2

ポートが転送を行っていません

3

ポートが動作していません

4

FCS エラー レートがしきい値を超過しています

アラーム プロファイルを作成すると、 alarm-profile インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、プロファイルをインターフェイスに関連付けられます。

デフォルトでは、 defaultPort プロファイルはすべてのインターフェイスに適用されます。このプロファイルによって、ポートが動作していない(3)アラームのみがイネーブルになります。このプロファイルは、 alarm profile defaultPort グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用し、アラーム プロファイル コンフィギュレーション モードを開始して変更できます。

次の例では、ポートのリンク障害(アラーム 1)とポートでフォワーディングされない(アラーム 2)アラームがイネーブルのアラーム プロファイル fastE を作成する方法を示します。リンク障害アラームはマイナー リレー回路に関連付けられており、ポートでフォワーディングされないアラームはメジャーリレー回路に関連付けられています。このアラームは SNMP サーバに送信され、システム ログ ファイル(syslog)に書き込まれます。

Switch(config)# alarm profile fastE
Switch(config-alarm-prof)# alarm 1 2
Switch(config-alarm-prof)# relay major 2
Switch(config-alarm-prof)# relay minor 1
Switch(config-alarm-prof)# notifies 1 2
Switch(config-alarm-prof)# syslog 1 2
 

次の例では、my-profile という名前のアラーム リレー プロファイルを削除する方法を示します。

Switch(config)# no alarm profile my-profile

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm profile(インターフェイス コンフィギュレーション)

インターフェイスにアラーム プロファイルを関連付けます。

show alarm profile

アラーム プロファイルすべてまたは指定したアラーム プロファイルを表示し、それぞれのプロファイルが関連付けられているインターフェイスをリスト表示します。

snmp-server enable traps

スイッチでさまざまなトラップ タイプ SNMP 通知を Network Management System(NMS;ネットワーク管理システム)に送信します。

alarm profile(インターフェイス コンフィギュレーション)

アラーム プロファイルをポートに関連付けるには、alarm profile インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポートからプロファイルの関連付けを解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm profile name

no alarm profile

 
構文の説明

name

アラームのプロファイル名です。

 
デフォルト

アラーム プロファイル defaultPort がすべてのインターフェイスに適用されています。このプロファイルでは、ポートが動作していないアラームのみがイネーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アラーム プロファイルを作成して、アラームを 1 つ以上イネーブルにし、アラーム オプションを指定するには、 alarm profile グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

インターフェイスに関連付けられるアラーム プロファイルは 1 つのみです。

アラーム プロファイルをインターフェイスに関連付けると、すでに関連付けられていたアラーム プロファイルは上書きされます( defaultPort プロファイルを含む)。

次の例では、ポートにアラーム プロファイル fastE を関連付ける方法を示します。

Switch(config)# interface fastethernet0/2
Switch(config-if)# alarm profile fastE
 

次の例では、ポートからアラーム プロファイルの関連付けを解除して、 defaultPort プロファイルに戻す方法を示します。

Switch(config)# interface fastethernet0/2
Switch(config-if)# no alarm profile

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

アラーム プロファイルを作成および指定して、アラームプロファイル コンフィギュレーション モードが開始されます。

show alarm profile

アラーム プロファイルすべてまたは指定したアラーム プロファイルを表示し、それぞれのプロファイルが関連付けられているインターフェイスをリスト表示します。

fcs-threshold

フレーム チェック シーケンス(FCS)ビットエラー レートを設定するには、fcs-threshold インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

fcs-threshold value

no fcs-threshold value

 
構文の説明

value

値範囲は 6 ~ 11 で、10-6 ~ 10-11 ビット エラー レートを示します。

 
デフォルト

デフォルトは 8 です。これは、イーサネット標準の 10-8 ビット エラー レートを示します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

イーサネット標準の上限ビット エラー レートは 10-8 です。Catalyst 2955 スイッチで設定可能なビット エラー レートの範囲は 10-6 ~ 10-11 です。ビット エラー レートをスイッチに入力するには、正の指数を使用します。ビット エラー レートに 10-9 を設定する場合は、係数に 9 を入力します。

スイッチに FCS エラー ヒステリシスしきい値を設定して、実際のビット エラー レートの変動が設定したビット エラー レートに接近すると切り替わるアラームを防止するには、alarm facility fcs hysteresis グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、ポートの FCS ビット エラー レートを 10-10 に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface fastethernet0/1
Switch(config-if)# fcs-threshold 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm facility fcs-hysteresis

スイッチの FCS ヒステリシスしきい値をポートに設定された FCS ビット エラー レートの許容変動率で設定します。

show fcs-threshold

インターフェイスそれぞれの FCS エラー ビット レート設定を正数の係数として表示します。

power-supply dual

デュアル電源モードを設定するには、power-supply dual グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのシングル電源モードに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

power-supply dual

no power-supply dual

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、システムはシングル電源モードで稼働しています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Catalyst 2955 スイッチには DC 電源入力が 2 つあります。スイッチが 2 つ目の DC 入力に接続されデュアル電源モードに変更された状態で、プライマリ電源で障害が発生すると、2 つ目の電源からスイッチに電力が供給されます。

スイッチがデュアル電源モードの場合は、 alarm-facility power supply グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してアラーム オプションを設定し、検出できないプライマリ電源装置または障害が発生したプライマリ電源装置をモニタできます。

次の例では、スイッチをデュアル電源モードに設定する方法を示します。

Switch(config)# power-supply dual

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm facility power-supply

スイッチで電源の欠落または障害をモニタし、アラーム オプションを設定します。

show alarm settings

環境アラーム設定およびオプションが表示されます。

show alarm description port

テキストの説明とアラーム番号を表示するには、show alarm description port ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show alarm description port [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show alarm description port コマンドの出力を示します。出力では、アラーム ID とそれぞれに対応するアラームの説明を示します。

Switch> show alarm description port
1 Link Fault
2 Port Not Forwarding
3 Port Not Operating
4 FCS Error Rate exceeds threshold

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

アラーム ID およびアラーム オプションが 1 つ以上含まれるアラーム プロファイルを作成します。

show alarm profile

アラーム プロファイルすべてまたは指定したアラーム プロファイルを表示し、それぞれのプロファイルが関連付けられているインターフェイスをリスト表示します。

show alarm profile

システムに設定されたアラーム プロファイルすべて、または指定されたプロファイルとプロファイルが関連付けられたインターフェイスを表示するには、show alarm profile ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show alarm profile [ name ] [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

name

(任意)指定された名前のプロファイルのみを表示します。

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

プロファイルの name を入力しない場合、すべての既存のアラーム プロファイルの情報が表示されます。

デフォルトでは、 defaultPort プロファイルはすべてのインターフェイスに適用されています。このプロファイルによって、ポートが動作していない(3)アラームのみがイネーブルになります。このプロファイルを変更して他のアラームをイネーブルにするには、 alarm profile defaultPort グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show alarm profile コマンドの出力を示します。例では、設定されたプロファイルが適用されたすべてのポートを表示し、プロファイルのアラーム オプションを定義しています。

Switch> show alarm profile
 
alarm profile defaultPort:
 
Interfaces FastEthernet0/2 FastEthernet0/3 FastEthernet0/4 FastEthern
et0/5 FastEthernet0/6 FastEthernet0/7 FastEthernet0/8 FastEthernet0/9 FastEthern
et0/10 FastEthernet0/11 FastEthernet0/12 GigabitEthernet0/1 GigabitEthernet0/2
Alarms 3
Syslog 3, 4
Notifies 3
Relay Major 1, 2
Relay Minor 1, 4
 
alarm profile teresa:
 
Interfaces FastEthernet0/1
Alarms 1, 2, 3, 4
Syslog 2, 3, 4
Notifies
Relay Major 1
Relay Minor
 
alarm profile test-profile:
 
Interfaces
Alarms
Syslog
Notifies
Relay Major
Relay Minor

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

アラーム ID およびアラーム オプションが 1 つ以上含まれるアラーム プロファイルを作成します。

alarm profile(インターフェイス コンフィギュレーション)

インターフェイスにアラーム プロファイルを関連付けます。

show alarm settings

スイッチの環境アラーム設定すべてを表示するには、show alarm settings ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show alarm settings [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show alarm settings コマンドの出力を示します。出力では、スイッチ上のスイッチ アラーム設定すべてが表示されます。

Switch> show alarm settings
Power Supply
Mode Single
Alarm Disabled
Relay MIN
Notifies Disabled
Syslog Disabled
Temperature-Primary
Alarm Enabled
Thresholds MAX: 95C MIN: -20C
Relay MAJ
Notifies Enabled
Syslog Enabled
Temperature-Secondary
Alarm Disabled
Threshold
Relay
Notifies Disabled
Syslog Disabled
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm facility power-supply

電源アラーム オプションを設定します。

alarm facility temperature

温度アラーム オプションを設定します。

power-supply dual

デュアル電源モードを設定します。

show env

Catalyst 2955 スイッチ上の環境ファシリティのステータスを表示するには、show env 特権 EXEC コマンドを使用します。

show env { all | power | temperature }[ | { begin | exclude | include } expression ]


) このコマンドは、Catalyst 2950 のプラットフォームでは異なるキーワードでサポートされています。


 
構文の説明

all

電源装置および温度の環境ステータスを表示します。

power

電源装置の環境ステータスを表示します。

temperature

温度の環境ステータスを表示します。

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.0(5.2)WC(1)

このコマンドが追加されました。

12.1(12c)EA1

power キーワードおよび temperature キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show env power コマンドの出力を示します。スイッチ上のすべての電源装置のステータスが表示されます。

Switch# show env power
Power supply A is present
Power supply B is present
 

次の例では、 show env temperature コマンドの出力を示します。スイッチの温度ステータスが表示されます。

Switch# show env temperature
Current temperature is 49C
Highest temperature was 53C Mar 04 1993 04:06:36
 

次の例では、 show env all コマンドの出力を示します。スイッチ上のすべての環境ファシリティのステータス(電源装置および温度)が表示されます。

Switch# show env all
Power supply A is present
Power supply B is present
Current temperature is 49C
Highest temperature was 53C Mar 04 1993 04:06:36

 
関連コマンド

コマンド
説明

power-supply dual

スイッチ上でデュアル電源モードを設定します。

show facility-alarm relay

指定されたリレー回路に関連付けられたファシリティ アラームを表示するには、show facility-alarm relay ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show facility-alarm relay { major | minor } [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

major

メジャー リレーに関連付けられたアラームを表示します。

minor

マイナー リレーに関連付けられたアラームを表示します。

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show facility-alarm relay minor コマンドの出力を示します。マイナー リレーのアラーム情報が表示されます。

Switch> show facility-alarm relay minor
Source Description Relay Time
Switch 1 Temp above secondary thresh MIN Mar 01 1993 00:0 1:17

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm facility power-supply

電源アラーム オプションを設定します。

alarm facility temperature

温度アラーム オプションを設定します。

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

インターフェイスに関連付けるアラーム ID とアラーム オプションが割り当てられたアラーム プロファイルを作成します。

show facility-alarm status

スイッチで生成されたアラームを表示します。

show facility-alarm status

スイッチで生成されたアラームをすべて表示するには、show facility-alarm status ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show facility-alarm status [ critical | info | major | minor ] [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

critical

(任意)クリティカルなファシリティ アラームのみを表示します。

info

(任意)ファシリティ アラームをすべて表示します。

major

(任意)主要なファシリティ アラーム以上をすべて表示します。

minor

(任意)主要なファシリティ アラーム以上をすべて表示します。

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show facility-alarm status コマンドの出力を示します。スイッチのアラーム情報を表示します。

Switch> show facility-alarm status
Source Severity Description Relay Time
FastEthernet0/3 MINOR 2 Port Not Forwarding NONE Mar 01
1993 00:02:22
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

alarm facility power-supply

電源アラーム オプションを設定します。

alarm facility temperature

温度アラーム オプションを設定します。

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)

インターフェイスに関連付けるアラーム ID とアラーム オプションが割り当てられたアラーム プロファイルを作成します。

show facility-alarm relay

スイッチで生成されたアラーム リレーを表示します。

show fcs-threshold

スイッチ インターフェイスのフレーム チェック シーケンス(FCS)ビット エラー レート設定を表示するには、show fcs-threshold ユーザ EXEC コマンドを使用します。

show fcs-threshold [ | { begin | exclude | include } expression ]

 
構文の説明

| begin

(任意) expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意) expression と一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定された expression と一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

イーサネット標準の上限ビット エラー レートは 10-8 です。Catalyst 2955 スイッチで設定可能なビット エラー レートの範囲は 10-6 ~ 10-11 です。ビット エラー レートをスイッチに入力するには、正の指数を使用します。出力では正の指数が表示されます。9 と出力された場合、ビット エラー レートは 10-9 です。

文字列では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

次の例では、 show fcs-threshold コマンドの出力を示します。ここでは、ポートがすべてデフォルトの FCS しきい値に設定された出力を示します。

Switch# show fcs-threshold
Port FCS Threshold
Fa0/1 8
Fa0/2 8
Fa0/3 8
Fa0/4 8
Fa0/5 8
Fa0/6 8
Fa0/7 8
Fa0/8 8
Fa0/9 8
 
<output truncated>
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcs-threshold

インターフェイスで FCS しきい値を設定します。

test relay

リレー回路をオンまたはオフにするには、test relay 特権 EXEC コマンドを使用します。

test relay { major | minor } { on | off }


注意 test コマンドを使用するとリレーのステート(オンまたはオフ)が変更されます。変更前のステートは保存されません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.1(12c)EA1

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アラート デバイスへのリレー回路接続を確認するには、 test relay 特権 EXEC コマンドを使用します。このコマンドを使用することで、アラーム条件を作成せずにアラーム スキャナをテストできます。

次の例では、メジャー リレー回路をオンにする方法を示します。

Switch# test relay major on

 
関連コマンド

コマンド
説明

show alarm profile

アラーム プロファイルすべてまたは指定したアラーム プロファイルを表示し、それぞれのプロファイルが関連付けられているインターフェイスをリスト表示します。

show alarm settings

環境アラーム設定およびオプションが表示されます。

show facility-alarm relay

スイッチで生成されたアラーム リレーを表示します。