Catalyst 2950/2955 スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.1(22)EA2
索引
Numerics
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

Numerics

802.1x違反エラー回復  2-98

802.1x対応ポートの再認証  2-89

A

aaa accounting dot1xコマンド  2-1

aaa authenticationコマンド  2-3

abortコマンド  2-472

Access Control Parameter

ACPを参照

access-list(IP標準)コマンド  2-7

access-list(IP拡張)コマンド  2-4

ACE  2-79, 2-204

ACL

IP

deny  2-75

permit  2-200

インターフェイスへの適用  2-112

表示  2-228, 2-301

MAC

deny  2-78

permit  2-203

インターフェイスへの適用  2-157

表示  2-228

ACP、表示  2-322

alarm facility fcs-hysteresisコマンド  A-2

alarm facility power-supplyコマンド  A-3

alarm facility temperatureコマンド  A-4

alarm profile

作成  A-6

表示  A-12

ポートに適用  A-8

alarm profileコンフィギュレーション モード  A-6

alarm profile(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  A-8

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  A-6

alarmコマンド  A-6

applyコマンド  2-472

archive download-swコマンド  2-9

archive tarコマンド  2-11

archive upload-swコマンド  2-14

auto qos voipコマンド  2-15

B

BackboneFast、STP用  2-382

boot boothlprコマンド  2-19

boot buffersizeコマンド  2-20

boot config-fileコマンド  2-21

boot enable-breakコマンド  2-22

boot helper-config fileコマンド  2-24

boot helperコマンド  2-23

boot manualコマンド  2-25

boot private-config-fileコマンド  2-26

boot systemコマンド  2-27

bootコマンド  B-2

BPDUガード、スパニングツリー用  2-385, 2-407

BPDUフィルタリング、スパニングツリー用  2-383, 2-407

C

catコマンド  B-3

channel-groupコマンド  2-28

channel-protocolコマンド  2-31

Cisco SoftPhone

auto-QoS設定  2-15

送信される信頼パケット  2-184

class-mapコマンド  2-34

classコマンド  2-32

clear controllers ethernet-controllerコマンド  2-36

clear controllers lre link monitorコマンド  2-39

clear controllers lre logコマンド  2-40

clear controllers lreコマンド  2-38

clear interfaceコマンド  2-41

clear lacpコマンド  2-42

clear mac address-tableコマンド  2-44

clear pagpコマンド  2-45

clear port-securityコマンド  2-46

clear spanning-tree countersコマンド  2-48

clear spanning-tree detected-protocolsコマンド  2-49

clear vmps statisticsコマンド  2-50

clear vtp countersコマンド  2-51

cluster commander-addressコマンド  2-52

cluster discovery hop-countコマンド  2-54

cluster enableコマンド  2-55

cluster holdtimeコマンド  2-56

cluster management-vlanコマンド  2-57

cluster memberコマンド  2-58

cluster runコマンド  2-60

cluster standby-groupコマンド  2-61

cluster timerコマンド  2-62

config-vlanモード

開始  2-458

概要  1-3

説明  1-5

controller longreachethernetコマンド  2-63

copyコマンド  B-4

CoS

WRRウェイト、CoSプライオリティ キューへの割り当て  2-490

WRR帯域幅割り当ての表示  2-370

着信値、無効化  2-181

デフォルト値、着信パケットへの割り当て  2-181

プライオリティ キュー マッピングの表示  2-371

プライオリティ キュー、値の割り当て  2-491

CoS/DSCPマップ

定義  2-182

デフォルト  2-182

cpe duplexコマンド  2-64

cpe protectedコマンド  2-66

cpe shutdownコマンド  2-67

cpe speedコマンド  2-68

cpe toggle  2-70

cpe typeコマンド  2-71

CPEイーサネット ポート、クリア  2-36

Cross-Stack UplinkFast、STP用  2-412

D

debug auto qosコマンド  C-2

debug dot1xコマンド  C-3

debug etherchannelコマンド  C-4

debug lreコマンド  C-5

debug pagpコマンド  C-6

debug pmコマンド  C-7

debug spanning-tree backbonefastコマンド  C-9

debug spanning-tree bpdu-optコマンド  C-11

debug spanning-tree bpduコマンド  C-10

debug spanning-tree mstpコマンド  C-12

debug spanning-tree switchコマンド  C-13

debug spanning-tree uplinkfastコマンド  C-15

debug spanning-treeコマンド  C-8

debug switch dhcpコマンド  C-16

debug sw-vlan ifsコマンド  C-19

debug sw-vlan notificationコマンド  C-20

debug sw-vlan vtpコマンド  C-21

debug sw-vlanコマンド  C-17

debug udldコマンド  C-22

defaultPortプロファイル  A-7, A-8

define interface-rangeコマンド  2-72

deleteコマンド  2-74, B-5

deny(MACアクセスリスト コンフィギュレーション)コマンド  2-78

deny(アクセスリスト コンフィギュレーション)コマンド  2-75

DHCPスヌーピング

イネーブル化

VLAN上でイネーブル化  2-121

インターフェイスでの信頼  2-120

オプション82  2-118

表示

設定  2-302

バインディング  2-303

レート制限  2-119

DHCP、エラー回復タイマー  2-98

dirコマンド  B-6

dot1x defaultコマンド  2-81

dot1x guest-vlanコマンド  2-82

dot1x host-modeコマンド  2-84

dot1x initializeコマンド  2-85

dot1x max-reqコマンド  2-86

dot1x multiple-hostsコマンド  2-87

dot1x port-controlコマンド  2-87

dot1x re-authenticateコマンド  2-89

dot1x re-authenticationコマンド  2-90

dot1x reauthenticationコマンド  2-91

dot1xコマンド  2-80

DSCP/CoSマップ

定義  2-182

デフォルト  2-183

DTP  2-429

DTPフラップ、エラー回復タイマー  2-98

duplexコマンド  2-94

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)

DHCPスヌーピングを参照

Dynamic Trunking Protocol

DTPを参照

E

EAP-Request/Identityフレーム

再送信する前の応答時間  2-92

送信する最高回数  2-86

errdisable detect causeコマンド  2-96

errdisable recoveryコマンド  2-98

EtherChannel

LACP、モード  2-28

PAgP

アグリゲート ポート ラーナー  2-197

エラー回復タイマー  2-98

学習方式  2-197

送信トラフィックのインターフェイスのプライオリティ  2-199

チャネル グループ情報のクリア  2-45

デバッグ メッセージ、表示  C-6

表示  2-335

モード  2-28

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て  2-28

デバッグ メッセージ、表示  C-4‐C-6

表示  2-281

負荷分散方式  2-211

ポート チャネル論理インターフェイスの作成  2-108

EtherChannelの負荷分散方式  2-211

exitコマンド  2-472

Express Setup関連コマンド  2-226, 2-347

F

fcs-thresholdコマンド  A-9

FCSヒステリシス スレッシュホールド  A-2

FCSビット エラー レート

設定  A-9

表示  A-19

変動スレッシュホールド  A-2

flash_initコマンド  B-7

flowcontrolコマンド  2-100

formatコマンド  B-8

Frame Check Sequence

FCSを参照

fsckコマンド  B-9

H

helpコマンド  B-10

Hot Standby Router Protocol

HSRPを参照

HSRP

クラスタへのHSRPグループのバインド  2-61

スタンバイ グループ  2-61

hw-module slotコマンド  2-103

I

IDS、SPANおよびRSPANで使用  2-189

IEEE 802.1xコマンド、認証方式  2-3

IGMPグループ

最大設定  2-123

スロットル アクションの設定  2-123

IGMPスヌーピング

IGMPバージョン、表示  2-306

MACアドレス テーブル  2-319

VLAN単位  2-132

イネーブル化  2-126

互換モード、表示  2-306

静的にポートを追加  2-136

設定、表示  2-306

送信元に限定した学習  2-130

送信元に限定した学習エージング タイム  2-130

即時脱退処理  2-133

マルチキャスト グループ、表示  2-306

マルチキャスト ルータ  2-134

マルチキャスト ルータ ポート、表示  2-306

マルチキャスト ルータ検出  2-127

レポート抑制  2-128

IGMPフィルタ、適用  2-122

IGMPプロファイル

作成  2-125

表示  2-305

interface port-channelコマンド  2-108

interface rangeコマンド  2-109

interfaceコマンド  2-106

interleaveコマンド  2-111

ip access-groupコマンド  2-112

ip access-listコマンド  2-114

ip addressコマンド  2-116

ip address、設定  2-116

ip dhcp snooping information optionコマンド  2-118

ip dhcp snooping limit rateコマンド  2-119

ip dhcp snooping trustコマンド  2-120

ip dhcp snooping vlanコマンド  2-121

ip dhcp snoopingコマンド  2-117

IP DHCPスヌーピング

DHCPスヌーピングを参照

ip igmp filterコマンド  2-122

ip igmp max-groupsコマンド  2-123

ip igmp profileコマンド  2-125

ip igmp snooping mrouter learn pim v2コマンド  2-127

ip igmp snooping report-suppressionコマンド  2-128

ip igmp snooping source-only-learning age-timer  2-130

ip igmp snooping source-only-learningコマンド  2-130

ip igmp snooping vlan immediate-leaveコマンド  2-133

ip igmp snooping vlan mrouterコマンド  2-134

ip igmp snooping vlan staticコマンド  2-136

ip igmp snooping vlanコマンド  2-132

ip igmp snoopingコマンド  2-126

ip sshコマンド  2-137

IPv4  1-1

IPv6  1-1

IP電話

auto-QoS設定  2-15

送信される信頼パケット  2-184

IPバージョン4  1-1

IPバージョン6  1-1

IPマルチキャスト アドレス  2-190

L

LACP

EtherChannelを参照

lacp port-priorityコマンド  2-138

lacp system-priorityコマンド  2-139

Link Aggregation Control Protocol

EtherChannelを参照

load_helperコマンド  B-10

local duplexコマンド  2-145

local speedコマンド  2-146

logging lreコマンド  2-147

lre profileコマンド  2-148

lre rate selection sequenceコマンド  2-150

lre rate selectionコマンド  2-43

lre sequenceコマンド  2-151

lre syslogコマンド  2-153

lre upboコマンド  2-154

LREコントローラ、定義  2-63

LRE設定のクリア  2-40

LREタイマー イベントのクリア  2-40

LREリンク モニタ データのクリア  2-39

LREリンク履歴の削除  2-40

LREレート選択設定のリセット  2-43

M

mac access-groupコマンド  2-157

mac access-list extendedコマンド  2-158

MAC ACL

deny  2-78

permit  2-203

mac address-table aging-timeコマンド  2-160

mac address-table notificationコマンド  2-161

mac address-table static dropコマンド  2-165

mac address-table staticコマンド  2-163

macro descriptionコマンド  2-170

macro global descriptionコマンド  2-173

macro globalコマンド  2-171

macro nameコマンド  2-174

MACアクセスリスト コンフィギュレーション モード

deny  2-78

permit  2-203

開始  2-158

MACアドレス

MACアドレス通知のイネーブル化  2-161

スタティック

インターフェイスでの廃棄  2-165

追加  2-163

表示  2-316

スティッキー

手動設定  2-432

スティッキー ラーニングのイネーブル化  2-432

ダイナミック ラーニング  2-432

セキュア

追加  2-432

表示  2-342

ダイナミック

エージング タイム  2-160

削除  2-44

表示  2-316

通知グローバル カウンタのクリア  2-44

表示

VLAN単位  2-316

アドレスの個数  2-316

インターフェイス単位  2-316

エージング タイム  2-316

スタティック  2-316

セキュア  2-342

ダイナミック  2-316

通知設定  2-321

マルチキャスト エントリ  2-319

ポート セキュリティ  2-432

MAC通知機能

イネーブル化  2-161

グローバル カウンタのクリア  2-44

設定  2-161

MAC名前付き拡張ACL  2-158

marginコマンド  2-176

match(クラスマップ コンフィギュレーション)コマンド  2-178

media-typeコマンド  2-180

memoryコマンド  B-11

mkdirコマンド  B-12

mls qos cosコマンド  2-181

mls qos mapコマンド  2-182

mls qos trustコマンド  2-184

Modeボタン、パスワード回復  2-222

monitor sessionコマンド  2-187

moreコマンド  B-13

MSTP

MSTリージョン

MSTコンフィギュレーション モード  2-395

VLANとインスタンス間のマッピング  2-395

現在または保留中の構成の表示  2-396

設定のリビジョン番号  2-396

設定名  2-395

表示  2-349

変更の中止  2-395

変更の適用  2-395

インターオペラビリティ  2-49

ステート情報の表示  2-348

ステート変更

BPDUガードのイネーブル化  2-385, 2-407

BPDUフィルタリングのイネーブル化  2-383, 2-407

PortFast対応ポートのシャットダウン  2-407

PortFastのイネーブル化  2-407, 2-410

転送遅延時間  2-398

フォワーディング ステートへの高速移行  2-392

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ  2-410

リスニング ステートおよびラーニング ステートの期間  2-398

パス コスト  2-397

表示  2-349

プロトコル モード  2-394

プロトコル移行プロセスの再開  2-49

リンク タイプ  2-392

ルート ポート

指定ポートとなることの制限  2-390

ルート ガード  2-390

ルートとなることの制限  2-390

ループ ガード  2-390

ルート スイッチ

BPDU廃棄までの最大ホップ数  2-401

BPDUメッセージの間隔  2-400

hello BPDUメッセージの間隔  2-399, 2-404

helloタイム  2-399, 2-404

拡張システムIDの影響  2-389

スイッチ プライオリティ  2-403

選択に関するポート プライオリティ  2-402

プライマリまたはセカンダリ  2-404

有効期限  2-400

MTU

グローバル設定の表示  2-355

サイズの設定  2-444

Multiple Spanning-Tree Protocol

MSTPを参照

MVR

インターフェイスの設定  2-194

設定  2-190

送信元ポート  2-194

即時脱退機能  2-193

表示  2-330

レシーバー ポート  2-194

mvr groupコマンド  2-191

mvr immediateコマンド  2-193

mvr typeコマンド  2-194

mvr vlan groupコマンド  2-196

mvrコマンド  2-190

N

no vlanコマンド  2-458, 2-469

nonegotiate、速度  2-418

notifiesコマンド  A-6

P

PAgP

EtherChannelを参照

pagp learn-methodコマンド  2-197

pagp port-priorityコマンド  2-199

permit(MACアクセスリスト コンフィギュレーション)コマンド  2-203

permit(アクセスリスト コンフィギュレーション)コマンド  2-200

persistenceコマンド  2-205

Per-VLAN Spanning-Tree Plus

STPを参照

PIM/DVMRP、マルチキャスト ルータ学習方式  2-134

policeコマンド  2-206

policy-mapコマンド  2-208

Port Aggregation Protocol

EtherChannelを参照

port-channel load-balanceコマンド  2-211

PortFast、スパニングツリー用  2-410

power-supply dualコマンド  A-10

profile(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-212

profile(シーケンス コンフィギュレーション)コマンド  2-213

PVST+

STPを参照

Q

QoS

ACP、表示  2-322

Cisco SoftPhoneの信頼性のある境界  2-184

IP電話の信頼性のある境界  2-184

キュー

CoSから出力キューへのマッピング  2-491

WRRウェイト  2-490

緊急  2-490

クラス マップ

一致基準の定義  2-178

作成  2-34

表示  2-234

自動設定  2-15

設定情報の表示  2-229, 2-324

着信パケットのCoS値の定義  2-181

ポート信頼状態  2-184

ポリサーの表示  2-324

ポリシー マップ

DSCP値の設定  2-225

インターフェイスへの適用  2-224

作成  2-208

トラフィック分類  2-32

ポリサーの定義  2-206

ポリシー マップの表示  2-340

マップ

定義  2-182

表示  2-326

QoSの信頼性のある境界  2-184

QoSのポート信頼状態  2-184

R

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree Plus

STPを参照

Rapid PVST+

STPを参照

rate selection profile lockコマンド  2-216

rate selection sequenceコマンド  2-217

rate selectionコマンド  2-215

rcommandコマンド  2-218

relay-majorコマンド  A-6

relay-minorコマンド  A-6

Remote Switch Port Analyzer

RSPANを参照

remote-spanコマンド  2-220

renameコマンド  B-14

resetコマンド  2-472, B-15

rmdirコマンド  B-16

rmon collection statsコマンド  2-221

RPSステータスの表示  2-344

RSPAN

IDS  2-189

remote-spanコマンド  2-220

セッション

新しく開始  2-187

インターフェイスを追加  2-187

表示  2-328

設定  2-187

表示  2-328

S

service password-recoveryコマンド  2-222

service-policyコマンド  2-224

setup expressコマンド  2-226

setコマンド  2-225

setコマンド、ブート ローダ  B-17

SFP  2-180

SFPモジュール優先  2-180

show access-listsコマンド  2-228

show alarm description portコマンド  A-11

show alarm profileコマンド  A-12

show alarm settingsコマンド  A-14

show auto qosコマンド  2-229

show bootコマンド  2-232

show changesコマンド  2-472

show class-mapコマンド  2-234

show cluster candidatesコマンド  2-237

show cluster membersコマンド  2-239

show clusterコマンド  2-235

show controllers ethernet-controllerコマンド  2-241

show controllers lre actualコマンド  2-253

show controllers lre adminコマンド  2-255

show controllers lre cpeコマンド  2-250

show controllers lre link monitorコマンド  2-257

show controllers lre log  2-40

show controllers lre logコマンド  2-260

show controllers lre profileコマンド  2-262

show controllers lre sequenceコマンド  2-265

show controllers lre statusコマンド  2-268

show controllers lre versionコマンド  2-273

show controllers utilizationコマンド  2-274

show currentコマンド  2-472

show dot1xコマンド  2-276

show env powerコマンド  A-15

show env temperatureコマンド  A-15

show envコマンド  2-279

show errdisable recoveryコマンド  2-280

show etherchannelコマンド  2-281

show facility-alarm relayコマンド  A-17

show facility-alarm statusコマンド  A-18

show fcs-thresholdコマンド  A-19

show fileコマンド  2-284

show flowcontrolコマンド  2-287

show interfaces countersコマンド  2-298

show interfacesコマンド  2-289

show ip access-listコマンド  2-301

show ip dhcp snooping bindingコマンド  2-303

show ip dhcp snoopingコマンド  2-302

show ip igmp profileコマンド  2-305

show ip igmp snoopingコマンド  2-306

show lacpコマンド  2-309

show lre upgradeコマンド  2-311

show mac access-groupコマンド  2-315

show mac-address-table multicastコマンド  2-319

show mac-address-table notificationコマンド  2-321

show mac-address-tableコマンド  2-316

show mls masks  2-322

show mls qos interfaceコマンド  2-324

show mls qos mapsコマンド  2-326

show monitorコマンド  2-328

show mvr interfaceコマンド  2-331

show mvr membersコマンド  2-333

show mvrコマンド  2-330

show pagpコマンド  2-335

show parser macroコマンド  2-337

show policy-mapコマンド  2-340

show port-securityコマンド  2-342

show proposedコマンド  2-472

show rpsコマンド  2-344

show running-config vlanコマンド  2-345

show setup expressコマンド  2-347

show spanning-treeコマンド  2-348

show storm-controlコマンド  2-353

show system mtuコマンド  2-355

show udldコマンド  2-356

show versionコマンド  2-359

show vlanコマンド  2-360

show vlanコマンドのフィールド  2-361

show vmpsコマンド  2-363

show vtpコマンド  2-365

show wrr-queue bandwidthコマンド  2-370

show wrr-queue cos-mapコマンド  2-371

shutdown vlanコマンド  2-373

shutdownコマンド  2-372

Smartportsマクロ

マクロを参照

snmp trap mac-notificationコマンド  2-381

snmp-server enable trapsコマンド  2-374

snmp-server hostコマンド  2-377

SNMPトラップ

MACアドレス通知トラップのイネーブル化  2-374, 2-381

MACアドレス通知のイネーブル化  2-161

トラップ送信のイネーブル化  2-374

SNMPホスト、指定  2-377

SNR

定義  2-176

マージン  2-176

SPAN

IDS  2-189

セッション

新しく開始  2-187

インターフェイスを追加  2-187

表示  2-328

設定  2-187

表示  2-328

spanning-tree backbonefastコマンド  2-382

spanning-tree bpdufilterコマンド  2-383

spanning-tree bpduguardコマンド  2-385

spanning-tree costコマンド  2-386

spanning-tree etherchannel guard misconfigコマンド  2-388

spanning-tree extend system-idコマンド  2-389

spanning-tree guardコマンド  2-390

spanning-tree link-typeコマンド  2-392

spanning-tree loopguard defaultコマンド  2-393

spanning-tree modeコマンド  2-394

spanning-tree mst configurationコマンド  2-395

spanning-tree mst costコマンド  2-397

spanning-tree mst forward-timeコマンド  2-398

spanning-tree mst hello-timeコマンド  2-399

spanning-tree mst max-ageコマンド  2-400

spanning-tree mst max-hopsコマンド  2-401

spanning-tree mst port-priorityコマンド  2-402

spanning-tree mst priorityコマンド  2-403

spanning-tree mst rootコマンド  2-404

spanning-tree portfast(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-410

spanning-tree portfast(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-407

spanning-tree port-priorityコマンド  2-406

spanning-tree stack-portコマンド  2-412

spanning-tree uplinkfastコマンド  2-413

spanning-tree vlanコマンド  2-415

speedコマンド  2-418

SSH、バージョンの設定  2-137

storm-controlコマンド  2-421

STP

BackboneFast  2-382

EtherChannelの設定矛盾  2-388

VLANオプション  2-415

拡張システムID  2-389

間接リンク障害の検出  2-382

ステート情報の表示  2-348

ステート変更

BPDUガードのイネーブル化  2-385, 2-407

BPDUフィルタリングのイネーブル化  2-383, 2-407

PortFast対応ポートのシャットダウン  2-407

PortFastのイネーブル化  2-407, 2-410

エラー ステートから回復するタイマーをイネーブルにする  2-98

転送遅延時間  2-415

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ  2-410

リスニング ステートおよびラーニング ステートの期間  2-415

デバッグ メッセージの表示

BackboneFastイベント  C-9

MSTP  C-12

UplinkFast  C-15

最適化されたBPDU処理  C-11

スパニングツリーのアクティビティ  C-8

送受信されたBPDU  C-10

パス コスト  2-386

プロトコル モード  2-394

ルート ポート

Cross-Stack UplinkFast  2-412

UplinkFast  2-413

新しいルート ポート選択の高速化  2-413

指定ポートとなることの制限  2-390

スタックでの新しいルート選択の高速化  2-412

ルート ガード  2-390

ルートとなることの制限  2-390

ループ ガード  2-390

ルート スイッチ

BPDUメッセージの間隔  2-415

hello BPDUメッセージの間隔  2-415

helloタイム  2-415

拡張システムIDの影響  2-389, 2-416

スイッチ プライオリティ  2-415

選択に関するポート プライオリティ  2-406

プライマリまたはセカンダリ  2-415

有効期限  2-415

STPの拡張システムID  2-389

Switch Port Analyzer

SPANを参照

switchport accessコマンド  2-424

switchport blockコマンド  2-426

switchport hostコマンド  2-427

switchport modeコマンド  2-428

switchport nonegotiateコマンド  2-430

switchport port-security agingコマンド  2-436

switchport port-securityコマンド  2-432

switchport priority extendコマンド  2-438

switchport protectedコマンド  2-439

switchport trunkコマンド  2-440

switchport voice vlanコマンド  2-443

syslogコマンド  A-6

system mtuコマンド  2-444

T

tarファイルの作成、一覧表示、抽出  2-11

Telnet、クラスタ スイッチで使用  2-218

test relayコマンド  A-20

traceroute mac ipコマンド  2-449

traceroute macコマンド  2-446

traceroute、レイヤ2

レイヤ2 tracerouteを参照

typeコマンド  B-20

U

UDLD

アグレッシブ モード  2-451, 2-453

インターフェイスごとにイネーブルにする  2-453

エラー回復タイマー  2-98

グローバルにイネーブルにする  2-451

シャットダウン インターフェイスのリセット  2-455

ステータス  2-356

デバッグ メッセージ、表示  C-22

ノーマル モード  2-451, 2-453

メッセージ タイマー  2-451

udld portコマンド  2-453

udld resetコマンド  2-455

udldコマンド  2-451

unset(ブート ローダ)コマンド  B-21

upgrade binaryコマンド  2-456

upgrade preserveコマンド  2-457

UplinkFast、STP用  2-413

URL、シスコ  xviii

V

versionコマンド  B-23

VLAN

MACアドレス

アドレスの個数  2-316

表示  2-316

VTPのSNMPトラップ  2-375, 2-378

拡張範囲  2-458

シャットダウン  2-373

設定  2-458, 2-464

設定の表示  2-360

設定の保存  2-458

追加  2-458

デバッグ メッセージの表示

ISL  C-20

VLAN IOS File Systemエラー テスト  C-19

VLANマネージャのアクティビティ  C-17

VTP  C-21

トランク、VLAN 1の最小化  2-441

標準範囲  2-458, 2-464

変数  2-464

メディア タイプ  2-461, 2-466

vlan databaseコマンド  2-471

VLAN ID範囲  2-458, 2-464

VLAN Query Protocol

VQPを参照

VLANコンフィギュレーション モード

開始  2-471

概要  1-3

コマンド

VLAN  2-464

VTP  2-486

VLAN設定

規則  2-462, 2-467

保存  2-458, 2-468

vlan(VLANコンフィギュレーション)コマンド  2-464

vlan(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-458

VMPS

サーバの設定  2-478

ダイナミックVLAN割り当ての再確認  2-476

vmps reconfirm(イネーブルEXEC)コマンド  2-476

vmps reconfirm(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-475

vmps retryコマンド  2-477

vmps serverコマンド  2-478

VQP

クライアント統計情報のクリア  2-50

サーバごとの再試行回数  2-477

再確認間隔  2-475

情報の表示  2-363

ダイナミック アクセス ポート  2-425

ダイナミックVLAN割り当ての再確認  2-476

VTP

VTPカウンタのクリア  2-51

イネーブル化

バージョン2  2-480, 2-484, 2-486

プルーニング  2-480, 2-484, 2-486

カウンタ表示フィールド  2-366

情報の表示  2-365

ステータス表示フィールド  2-368

設定

ドメイン名  2-480, 2-486

パスワード  2-480, 2-484, 2-486

ファイル名  2-480

モード  2-480, 2-486

設定の保存  2-458, 2-468

特性の変更  2-480

プルーニング  2-480, 2-484, 2-486

プルーニング カウンタのクリア  2-51

モード  2-480, 2-486

vtp(VLANコンフィギュレーション)コマンド  2-486

vtp(イネーブルEXEC)コマンド  2-484

vtp(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-480

W

wrr-queue bandwidthコマンド  2-490

wrr-queue cos-mapコマンド  2-491

WRR、ウェイトの出力キューへの割り当て  2-490

アクセス グループ

IP  2-112

MAC

インターフェイスへのACLの適用  2-157

表示  2-315

アクセス ポート  2-428

アクセス制御エントリ

ACEを参照

アクセス制御リスト

ACLを参照

アクセスリスト コンフィギュレーション モード

deny  2-75

permit  2-200

開始  2-114

アグリゲート ポート ラーナー  2-197

アップストリーム パワー バックオフ

サポートされる値  2-155

設定  2-154

アラームID  A-6, A-11

イーサネット コントローラ、内部レジスタの表示  2-241

イーサネット リンク統計情報  2-36

イーサネット統計情報、収集  2-221

イネーブルEXECモード  1-2, 1-4

イメージ

ソフトウェア イメージを参照

インターフェイス

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て  2-28

再起動  2-372

設定  2-94

ディセーブル  2-372

複数の設定  2-109‐2-110

ポート チャネル論理の作成  2-108

インターフェイス コンフィギュレーション モード  1-3, 1-5

インターフェイスのリセット  2-38

インターフェイス範囲マクロ  2-72

オプション82、DHCPスヌーピング  2-118

音声VLAN

設定  2-443

ポート プライオリティの設定  2-438

温度アラーム、設定  A-4

回復メカニズム

原因  2-98

タイマー間隔  2-98

表示  2-280

拡張範囲VLAN

許可VLANリスト  2-440

設定  2-458

プルーニング適格リスト  2-440

環境アラーム、表示  A-14

環境変数、表示  2-232

起動

手動  2-25

中断  2-22

緊急キュー、QoS  2-490

クエリ時間、MVR  2-190

クラス マップ

一致基準の定義  2-178

作成  2-34

表示  2-234

クラスタ

HSRPスタンバイ グループ  2-61

HSRPへのバインド  2-61

SNMPトラップ  2-374

Telnetを使用してメンバーと通信  2-218

拡張検出のホップカウント制限  2-54

候補の追加  2-58

手動で構成  2-58

冗長性  2-61

ハートビート メッセージ

間隔  2-62

スイッチがダウンを宣言するまでの期間  2-56

表示

候補スイッチ  2-237

ステータス  2-235

メンバー スイッチ  2-239

クラスタ スイッチの冗長  2-61

クラスタのホールド時間  2-56

クラスタのホップカウント制限  2-54

グローバル コンフィギュレーション モード  1-2, 1-4

候補スイッチの拡張検出  2-54

コマンド スイッチ

クラスタを参照

コンフィギュレーション ファイル

NVRAMサイズの設定  2-20

名前の指定  2-21

パスワード回復ディセーブルに関する考慮事項  B-1

コンフィギュレーション ファイル、プライベート  2-26

サービス クラス

CoSを参照

サービス品質

QoSを参照

最大伝送ユニット

MTUを参照

再認証

間隔  2-92

定期的  2-91

ジャンボ フレーム

スイッチの設定  2-444

設定の表示  2-355

信号対雑音比  2-176

侵入検知システム

IDSを参照

スイッチポート、表示  2-289

スイッチングの特性

インターフェイスへの戻り  2-430

変更  2-430

スタティック アクセス ポートの設定  2-424

スティッキー ラーニング、イネーブル化  2-432

ストーム制御

表示  2-353

ブロードキャスト、イネーブル化  2-421

マルチキャスト、イネーブル化  2-421

ユニキャスト、イネーブル化  2-421

制御ポートの許可ステート  2-87

セカンダリ温度アラーム  A-4

送信元ポート、MVR  2-194

即時脱退機能、MVR  2-193

即時脱退処理  2-133

ソフトウェア イメージ

アップグレード  2-9

アップロード  2-14

削除  2-74

ダウンロード  2-9

ソフトウェア イメージのアップグレード  2-9

ソフトウェア バージョンの表示  2-359

対象読者  xv

ダイナミック アクセス ポート、設定  2-424

単一方向リンクの検出

UDLDを参照

注意、説明  xvi

注、説明  xvi

定義されたコマンド モード  1-2

デュプレックス モードの自動ネゴシエーション  2-94

電源装置アラーム、設定  A-3

電源モード  A-10

統計情報、イーサネット グループ  2-221

ドメイン名、VTP  2-480, 2-486

トランク

VLAN 1の最小化  2-441

許可VLAN  2-440

ネイティブVLAN  2-440

プルーニングVLAN  2-440

プルーニング適格VLANリスト  2-442

トランク ポートの設定  2-428

トランク、DTPをサポートしない装置  2-429

内部レジスタ、表示  2-241

認証ポートの複数のホスト  2-84

ハートビート メッセージ

間隔  2-62

スイッチがダウンを宣言するまでの期間  2-56

パスワード回復メカニズム、イネーブル化およびディセーブル化  2-222

パスワード、VTP  2-480, 2-484, 2-486

表記法  xvi

コマンド  xvi

書体  xvi

マニュアル  xvi

例  xvi

標準範囲VLAN  2-458, 2-464

ファイル名、VTP  2-480

ファイル、削除  2-74

ファシリティ アラームのステータス、表示  A-18

ファシリティ アラームのリレー、表示  A-17

ファン情報、表示  2-279

ブート

Cisco IOSイメージ  2-27

ブート ローダ

アクセス  B-1

環境変数

設定  B-17

設定の表示  B-17

説明  B-17

場所  B-19

リセット  B-21

システムのリセット  B-15

ディレクトリ

削除  B-16

作成  B-12

リストの表示  B-6

表示

使用可能なコマンド  B-10

バージョン  B-23

メモリ ヒープの利用  B-11

ファイル

コピー  B-4

削除  B-5

内容の表示  B-3, B-13, B-20

名前の変更  B-14

リストの表示  B-6

ファイル システム

一貫性検査の実施  B-9

フォーマット  B-8

フラッシュの初期化  B-7

ブート

Cisco IOSイメージ  B-2

ヘルパー イメージ  2-23

プロンプト  B-1

ヘルパー イメージのロード  B-10

ブート、環境変数の表示  2-232

複数のインターフェイスの設定  2-109‐2-110

不明なマルチキャスト トラフィック、回避  2-426

不明なユニキャスト トラフィック、回避  2-426

プライベート コンフィギュレーション ファイル  2-26

プライマリ温度アラーム  A-4

プルーニング、VTP

イネーブル化  2-480, 2-484, 2-486

インターフェイス情報の表示  2-289

フロー制御パケット

受信  2-100

送信  2-100

フロー制御パケットの受信  2-100

フロー制御パケットの送信  2-100

ブロードキャスト抑制レベル

設定  2-421

表示  2-353

ポート セキュリティ

イネーブル化  2-432

違反エラー回復タイマー  2-98

エージング  2-436

表示  2-342

ポート ベースの認証

802.1x AAAアカウンティング方式  2-1

802.1x対応ポートの再認証  2-89

802.1xのイネーブル化  2-87

許可ステートの手動制御  2-87

ゲストVLAN  2-82

スイッチ/クライアント間、再送信時間  2-92

スイッチ/クライアント間、フレーム再送信数  2-86

設定可能な802.1xパラメータのリセット  2-81

定期的再認証

イネーブル化  2-91

間隔  2-92

デバッグ メッセージ、表示  C-3

統計およびステータスの表示  2-276

認証情報の交換に失敗したあとの待機時間  2-92

認証ポートの複数のホスト  2-84

ポート範囲、定義  2-72

ポート、デバッグ メッセージ、表示  C-7

保護ポート

イネーブル化  2-439

表示  2-295

ホスト接続、ポート設定  2-427

ポリシー マップ

インターフェイスへの適用  2-224

作成  2-208

トラフィックの分類

DSCP値の設定  2-225

クラスの定義  2-32

信頼状態の定義  2-184

表示  2-340

ポリサー

単一クラス用  2-206

表示  2-324

マクロ

インターフェイス範囲  2-72

グローバルな説明の入力  2-173

作成  2-174

説明の入力  2-170

適用  2-171

トレース  2-171

パラメータ値の設定  2-171

表示  2-337

マスク

ACPを参照

マップ、QoS

定義  2-182

表示  2-326

マニュアル

関連  xvii

対象読者  xv

入手  xviii

発注  xviii

目的  xv

マルチキャスト グループ

IGMPスヌーピングを参照

マルチキャスト グループ、MVR  2-191

マルチキャスト ルータ ポート、設定  2-134

マルチキャスト ルータ検出  2-127

マルチキャストVLANレジストレーション

MVRを参照

マルチキャストVLAN、MVR  2-191

マルチキャスト抑制レベル

イネーブル化  2-421

設定  2-421

表示  2-353

マルチキャスト ルータの学習方式  2-134

無効GBIC

エラー回復タイマー  2-98

エラー検出  2-96

メンバー スイッチ

クラスタを参照

モード、MVR  2-190

ユーザEXECモード  1-2, 1-3

ユニキャスト抑制レベル

イネーブル化  2-421

設定  2-421

表示  2-353

ライン コンフィギュレーション モード  1-3, 1-6

リンク フラップ

エラー検出をイネーブル  2-96

エラー ステートから回復するタイマーをイネーブルにする  2-98

リンク統計情報、クリア  2-36

ルート ガード、スパニングツリー用  2-390

ループ ガード、スパニングツリー用  2-390, 2-393

ループバック、エラー回復タイマー  2-98

レイヤ2 traceroute

IPアドレス  2-449

MACアドレス  2-446

例、表記法  xvi

レート選択、リセット  2-43

レシーバー ポート、MVR  2-194

論理インターフェイス  2-108