Catalyst 2950 および Catalyst 2955 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA11 以降
スイッチの IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
スイッチの IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

スイッチの IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て

起動プロセスの概要

スイッチ情報の割り当て

デフォルトのスイッチ情報

DHCP ベースの自動設定の概要

DHCP クライアントの要求プロセス

DHCP ベースの自動設定の設定

DHCP サーバ設定時の注意事項

TFTP サーバの設定

DNS の設定

リレー デバイスの設定

コンフィギュレーション ファイルの入手方法

構成例

保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定について

制限事項および制約事項

保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定の設定

手動でのスイッチ情報の割り当て

実行コンフィギュレーションの確認および保存

スタートアップ コンフィギュレーションの変更

起動のデフォルト設定

コンフィギュレーション ファイルの自動ダウンロード

システム コンフィギュレーションを読み書きするためのファイル名の指定

手動で起動する場合

特定のソフトウェア イメージを起動する場合

環境変数の制御

ソフトウェア イメージ リロードのスケジュール設定

リロードのスケジュール設定

リロード スケジュール情報の表示

スイッチの IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て

この章では、自動および手動による各種方法で、Catalyst 2950 または Catalyst 2955 スイッチの初期設定(スイッチ IP アドレスの割り当てやデフォルト ゲートウェイ情報など)を作成する方法について説明します。また、Catalyst 2950 Long-Reach Ethernet(LRE)スイッチでのみスイッチのスタートアップ コンフィギュレーションを修正する方法も説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースのコマンド リファレンスおよび『Cisco IOS IP and IP Routing Command Reference, Release 12.1』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「起動プロセスの概要」

「スイッチ情報の割り当て」

「実行コンフィギュレーションの確認および保存」

「スタートアップ コンフィギュレーションの変更」(Catalyst 2950 LRE スイッチでのみ使用可能)

「ソフトウェア イメージ リロードのスケジュール設定」(Catalyst 2950 LRE スイッチでのみ使用可能)

起動プロセスの概要

スイッチを起動するには、まず、ハードウェア インストレーション ガイドに記載された手順に従い、スイッチを設置し、電源を投入して、スイッチの初期設定(IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイ、シークレットおよび Telnet パスワードなど)を行う必要があります。

通常の起動プロセスにはブートローダ ソフトウェアの動作が含まれます。ブート ローダは次の処理を実行します。

下位レベルの CPU 初期化を行います。CPU レジスタを初期化することにより、物理メモリがマッピングされる場所、容量、速度などを制御します。

CPU サブシステムの Power-on Self-Test(POST; 電源投入時セルフテスト)を行います。CPU DRAM と、フラッシュ ファイル システムを構成するフラッシュ デバイスの部分をテストします。

システム ボード上のフラッシュ ファイル システムを初期化します。

デフォルトのオペレーティング システム ソフトウェア イメージをメモリにロードし、スイッチを起動します。

ブート ローダによってフラッシュ ファイル システムにアクセスしてから、OS をロードします。ブート ローダの使用目的は通常、OS のロード、圧縮解除、および起動に限定されます。OS が CPU を制御できるようになると、ブート ローダは、次にシステムがリセットされるか電源が投入されるまでは非アクティブになります。

また、OS が使用不可能になるほどの重大な障害が発生した場合は、ブート ローダはシステムにトラップドアからアクセスします。トラップドア メカニズムによるシステムへのアクセス機能により、必要に応じて、フラッシュ ファイル システムのフォーマット、XMODEM プロトコルによるオペレーティング システム ソフトウェアイメージの再インストール、失ったパスワードの回復を行ってから最終的にオペレーティング システムを再起動できます。詳細については、「ソフトウェアで障害が発生した場合の回復」「非 LRE Catalyst 2950 スイッチでパスワードを紛失または忘れた場合の回復」「Catalyst 2950 LRE スイッチでパスワードを紛失または忘れた場合の回復」、および 「Catalyst 2955 スイッチでパスワードを紛失または忘れた場合の回復」を参照してください。

スイッチ情報を割り当てるには、PC または端末をコンソール ポートに接続し、PC または端末エミュレーション ソフトウェアのボーレートおよびキャラクタ フォーマットをスイッチのコンソール ポートの設定と一致させておく必要があります。

デフォルトのボーレートは 9600 です。

デフォルトのデータ ビットは 8 です。

デフォルトのストップ ビットは 1 です。

デフォルトのパリティ設定は「なし」です。


) Express Setup を使用している場合は、Express Setup を開始する前にデバイスをスイッチに接続しないでください。


詳細については、ご使用のハードウェアのインストレーション ガイドを参照してください。


) Catalyst 2955 スイッチは Express Setup をサポートしていません。


スイッチ情報の割り当て

IP 情報は、スイッチの Express Setup プログラム、Command-Line-Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)ベースのセットアップ プログラム、DHCP サーバ、または CLI を使用して手動で割り当てることができます。スイッチの設定手順を熟知している経験豊富なユーザの場合は、スイッチを手動で設定してください。それ以外の場合は、いずれかのセットアップ プログラムを使用してください。


) Catalyst 2955 スイッチは Express Setup をサポートしていません。
Cisco IOS Release 12.1(14)EA1 以前のリリースを実行している非 LRE Catalyst 2950 スイッチ、および Cisco IOS Release 12.1(19)EA1 以前のリリースを実行している Catalyst 2950 LRE スイッチは、Express Setup をサポートしていません。


特定の IP 情報の入力を要求された場合は、スイッチの Express Setup または CLI ベースのセットアップ プログラムを使用してください。これらのプログラムを使用して、デフォルト ゲートウェイ、ホスト名、およびスイッチ(enable secret)パスワードも設定できます。また、(リモート管理でセキュリティを実現するための)Telnet パスワードを割り当てるオプションと、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を有効にするオプションもあります。CLI ベースのセットアップ プログラムでは、スイッチをコマンド、またはクラスタのメンバ スイッチとして設定することも、スタンドアロンのスイッチとして設定することも可能です。Express Setup および CLI ベースのセットアップ プログラムの詳細については、ご使用のスイッチのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。

サーバの設定後は DHCP サーバを使用して、IP 情報の集中管理と自動割り当てを行います。


) DHCP を使用している場合は、スイッチが動的に割り当てられた IP アドレスを受信してコンフィギュレーション ファイルを読み込むまでは、セットアップ プログラムからの質問に応答しないでください。


内容は次のとおりです。

「デフォルトのスイッチ情報」

「DHCP ベースの自動設定の概要」

「DHCP ベースの自動設定の設定」

「DHCP ベースの自動設定の概要」

「DHCP ベースの自動設定の設定」

「保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定について」

「保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定の設定」

「手動でのスイッチ情報の割り当て」

デフォルトのスイッチ情報

表 4-1 に、デフォルトのスイッチ情報を示します。

 

表 4-1 デフォルトのスイッチ情報

機能
デフォルト設定

IP アドレスおよびサブネット マスク

IP アドレスまたはサブネット マスクは定義されていません。

デフォルト ゲートウェイ

デフォルト ゲートウェイは定義されていません。

イネーブル シークレット パスワード

パスワードは定義されていません。

ホスト名

出荷時に割り当てられているデフォルトのホスト名は Switch です。

Telnet パスワード

パスワードは定義されていません。

クラスタ コマンド スイッチ機能

ディセーブル。

クラスタ名

クラスタ名は定義されていません。

DHCP ベースの自動設定の概要

DHCP は、インターネットホストおよびインターネットワーキング デバイスに設定情報を提供します。このプロトコルには、2 つのコンポーネントがあります。1 つは DHCP サーバからデバイスにコンフィギュレーション パラメータを提供するコンポーネント、もう 1 つはデバイスにネットワーク アドレスを割り当てるコンポーネントです。DHCP はクライアント/サーバ モデルに基づいています。指定された DHCP サーバが、動的に設定されるデバイスに対して、ネットワーク アドレスを割り当て、コンフィギュレーション パラメータを提供します。スイッチは、DHCP クライアントおよび DHCP サーバとして機能できます。


) DHCP サーバの機能は Catalyst 2955 スイッチでのみ有効です。


DHCP ベースの自動設定では、スイッチ(DHCP クライアント)は起動時に、IP アドレス情報およびコンフィギュレーション ファイルを使用して自動的に設定されます。


) DHCP ベースの自動設定が発生するのは、設定を持たないスイッチまたは新しいスイッチがネットワーク上に配置された場合のみです。


DHCP ベースの自動設定を使用すると、スイッチ上で DHCP クライアント側の設定を行う必要はありません。ただし、DHCP サーバで、IP アドレスに関連した各種リース オプションを設定する必要があります。DHCP を使用してネットワーク上でコンフィギュレーション ファイルをリレーする場合は、TFTP サーバおよび Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)サーバの設定が必要なこともあります。

スイッチの DHCP サーバは、スイッチと同じ LAN 上に配置することも、そのスイッチとは別の LAN 上に配置することもできます。DHCP サーバが異なる LAN 上で動作している場合、スイッチと DHCP サーバ間に、DHCP のリレー デバイスを設定する必要があります。リレー デバイスは、直接接続されている 2 つの LAN 間でブロードキャスト トラフィックを転送します。ルータはブロードキャスト パケットを転送しませんが、受信したパケットの宛先 IP アドレスに基づいてパケットを転送します。

DHCP ベースの自動設定は、スイッチの BOOTP クライアント機能に代わるものです。

DHCP クライアントの要求プロセス

スイッチの起動時、そのスイッチにコンフィギュレーション ファイルがない場合は、DHCP クライアントが起動し、DHCP サーバに対して設定情報を要求します。

DHCP 自動設定は、次の状況では発生しません。

コンフィギュレーション ファイルが存在し、スイッチで service config グローバル コンフィギュレーション コマンドがディセーブルになっている場合。

コンフィギュレーション ファイルが存在し、スイッチで service config グローバル コンフィギュレーション コマンドがイネーブルになっている場合。この場合は、スイッチはコンフィギュレーション ファイルに向けて TFTP 要求をブロードキャストします。

図 4-1 に、DHCP クライアントと DHCP サーバ間で交換される一連のメッセージを示します。

図 4-1 DHCP クライアント/サーバ間のメッセージ交換

 

クライアントであるスイッチ A は、DHCP サーバの場所を特定するために、DHCPDISCOVER メッセージをブロードキャストします。DHCP サーバは、DHCPOFFER ユニキャスト メッセージによって、使用可能なコンフィギュレーション パラメータ(IP アドレス、サブネット マスク、ゲートウェイ IP アドレス、DNS IP アドレス、IP アドレス用のリースなど)をクライアントに提示します。

DHCPREQUEST ブロードキャスト メッセージでは、クライアントは、提示された設定情報に対して、DHCP サーバに正式な要求を戻します。この正式な要求はブロードキャストされるため、クライアントから DHCPDISCOVER ブロードキャスト メッセージを受信した他のすべての DHCP サーバは、クライアントに提示した IP アドレスを再利用できます。

DHCP サーバは、DHCPACK ユニキャスト メッセージをクライアントに戻すことで、IP アドレスがクライアントに割り当てられたことを確認します。このメッセージによって、クライアントとサーバはバウンドされ、クライアントはサーバから受信した設定情報を使用します。スイッチの受信する情報量は、DHCP サーバの設定方法によって異なります。詳細については、「DHCP サーバ設定時の注意事項」を参照してください。

DHCPOFFER ユニキャスト メッセージによって送信されたコンフィギュレーション パラメータが無効である(コンフィギュレーション エラーがある)場合、クライアントは DHCP サーバに、DHCPDECLINE ブロードキャスト メッセージを戻します。

DHCP サーバはクライアントに、提示されたコンフィギュレーション パラメータが割り当てられていない、パラメータのネゴシエーション中にエラーが発生した、または DHCPOFFER メッセージに対するクライアントの応答が遅れている(DHCP サーバがパラメータを別のクライアントに割り当てた)という意味の DHCPNAK 拒否ブロードキャスト メッセージを送信します。

DHCP クライアントは、複数の DHCP サーバまたは BOOTP サーバから提示を受け取り、そのうちの任意の 1 つを受け入れることができますが、通常は最初に受け取った提示を受け入れます。DHCP サーバから提示された IP アドレスが必ずしもクライアントに割り当てられるわけではありません。ただし、サーバは通常、クライアントが正式にアドレスを要求するまではアドレスを確保しておきます。スイッチが BOOTP サーバからの応答を受け入れて、自身を設定する場合、スイッチはスイッチ コンフィギュレーション ファイルを入手するために、TFTP 要求をユニキャストするのではなくブロードキャストします。

DHCP ベースの自動設定の設定

ここでは、DHCP ベースの自動設定を設定する手順について説明します。

「DHCP サーバ設定時の注意事項」

「TFTP サーバの設定」

「DNS の設定」

「リレー デバイスの設定」

「コンフィギュレーション ファイルの入手方法」

「構成例」

DHCP サーバがシスコ デバイスの場合、またはスイッチを DHCP サーバとして設定している場合、DHCP の設定の詳細については、『 Cisco IOS IP and IP Routing Configuration Guide for Cisco IOS Release 12.1 』の IP Addressing and Services を参照してください。

DHCP サーバ設定時の注意事項

デバイスを DHCP サーバとして設定する場合、次の注意事項に従ってください。

スイッチは、DHCP クライアントとしても DHCP サーバとしても機能できます。デフォルトでは、スイッチの Cisco IOS DHCP サーバおよびリレー エージェント機能はイネーブルになっています。


) DHCP サーバの機能は Catalyst 2955 スイッチでのみ有効です。


DHCP サーバには、スイッチのハードウェア アドレスによって各スイッチと結び付けられている予約済みのリースを設定する必要があります。

スイッチに IP アドレス情報を受信させるには、DHCP サーバに次のリース オプションを設定する必要があります

クライアントの IP アドレス(必須)

クライアントのサブネット マスク(必須)

DNS サーバの IP アドレス(任意)

ルータの IP アドレス(スイッチで使用するデフォルト ゲートウェイ アドレス)(必須)

スイッチに TFTP サーバからコンフィギュレーション ファイルを受信させる場合は、DHCP サーバに次のリース オプションを設定する必要があります。

TFTP サーバ名(必須)

ブート ファイル名(クライアントが必要とするコンフィギュレーション ファイル名)(推奨)

ホスト名(任意)

DHCP サーバの設定によっては、スイッチは IP アドレス情報またはコンフィギュレーション ファイル、あるいはその両方を受信できます。

前述のリース オプションを設定しなかった場合、DHCP サーバは、設定されたパラメータのみを使用してクライアントの要求に応答します。IP アドレスおよびサブネット マスクが応答に含まれていないと、スイッチは設定されません。ルータの IP アドレスまたは TFTP サーバ名が見つからなかった場合、スイッチは TFTP 要求をユニキャストしないでブロードキャストする場合があります。その他のリース オプションは、使用できなくても自動設定には影響しません。

TFTP サーバの設定

DHCP サーバの設定に基づいて、スイッチは TFTP サーバから 1 つまたは複数のコンフィギュレーション ファイルをダウンロードしようとします。TFTP サーバへの IP 接続に必要なすべてのオプションについてスイッチに応答するよう DHCP を設定している場合で、なおかつ、TFTP サーバ名、アドレス、およびコンフィギュレーション ファイル名を指定して DHCP サーバを設定している場合、スイッチは指定された TFTP サーバから指定されたコンフィギュレーション ファイルをダウンロードしようとします。

コンフィギュレーション ファイル名、および TFTP サーバを指定しなかった場合、またはコンフィギュレーション ファイルをダウンロードできなかった場合は、スイッチはファイル名と TFTP サーバアドレスをさまざまに組み合わせてコンフィギュレーション ファイルをダウンロードしようとします。ファイルには、(存在する場合)特定のコンフィギュレーション ファイル名と次のファイルが指定されています。network-config、cisconet.cfg、 hostname .config、または hostname .cfg です。この場合、 hostname はスイッチの現在のホスト名です。使用される TFTP サーバアドレスには、(存在する場合)指定された TFTP サーバのアドレス、およびブロードキャスト アドレス(255.255.255.255)が含まれています。

スイッチが正常にコンフィギュレーション ファイルをダウンロードするには、TFTP サーバのベース ディレクトリに 1 つまたは複数のコンフィギュレーション ファイルが含まれていなければなりません。含めることのできるファイルは、次のとおりです。

DHCP 応答で指定されているコンフィギュレーション ファイル(実際のスイッチ コンフィギュレーション ファイル)

network-confg または cisconet.cfg ファイル(デフォルトのコンフィギュレーション ファイル)

router-confg または ciscortr.cfg ファイル(これらのファイルには、すべてのスイッチに共通のコマンドが含まれています。通常、DHCP および TFTP サーバが適切に設定されていれば、これらのファイルはアクセスされません)

DHCP サーバ リース データベースに TFTP サーバ名を指定する場合は、DNS サーバのデータベースに TFTP サーバ名と IP アドレスのマッピングを設定することも必要です。

使用する TFTP サーバが、スイッチとは異なる LAN 上にある場合、またはスイッチがブロードキャスト アドレスを使用してアクセスした場合(前述のすべての必須情報が DHCP サーバの応答に含まれていない場合に発生)は、リレーを設定して TFTP サーバに TFTP パケットを転送する必要があります。詳細については、「リレー デバイスの設定」を参照してください。適切な解決方法は、必要なすべての情報を使用して DHCP サーバを設定することです。

DNS の設定

DHCP サーバは、DNS サーバを使用して TFTP サーバ名を IP アドレスに変換します。DNS サーバ上で、TFTP サーバ名から IP アドレスへのマッピングを設定する必要があります。TFTP サーバには、スイッチのコンフィギュレーション ファイルが存在します。

DHCP の応答時に IP アドレスを取得する DHCP サーバのリース データベースに、DNS サーバの IP アドレスを設定できます。リース データベースには、DNS サーバの IP アドレスを 2 つまで入力できます。

DNS サーバは、スイッチと同じ LAN 上に配置することも、そのスイッチとは別の LAN 上に配置することもできます。DHCP サーバが別の LAN 上に存在する場合、スイッチはルータを介して DHCP サーバにアクセスできなければなりません。

リレー デバイスの設定

異なる LAN 上にあるホストからの応答が必要なブロードキャスト パケットをスイッチが送信する場合は、リレー デバイス(リレー エージェント)を設定する必要があります。スイッチが送信する可能性のあるブロードキャスト パケットの例として DHCP パケット、DNS パケット、場合によっては TFTP パケットが挙げられます。リレー デバイスは、インターフェイス上の受信ブロードキャスト パケットを宛先ホストに転送するように設定する必要があります。

リレー デバイスが Cisco ルータである場合、IP ルーティングをイネーブルにし( ip routing グローバル コンフィギュレーション コマンド)、 ip helper-address インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ヘルパー アドレスを設定します。

図 4-2 では、ルータ インターフェイスを次のように設定しています。

インターフェイス 10.0.0.2 の場合

router(config-if)# ip helper-address 20.0.0.2
router(config-if)# ip helper-address 20.0.0.3
router(config-if)# ip helper-address 20.0.0.4
 

インターフェイス 20.0.0.1 の場合

router(config-if)# ip helper-address 10.0.0.1
 

図 4-2 自動設定でのリレー デバイスの使用

 

コンフィギュレーション ファイルの入手方法

IP アドレスおよびコンフィギュレーション ファイル名が DHCP で専用のリースとして取得できるかどうかに応じて、スイッチは次の方法で設定情報を入手します。

IP アドレスおよびコンフィギュレーション ファイル名が、スイッチ用に予約され、DHCP 応答(1 ファイル読み込み方式)で提供されている場合

スイッチは DHCP サーバから、IP アドレス、サブネット マスク、TFTP サーバ アドレス、およびコンフィギュレーション ファイル名を受信します。スイッチは、TFTP サーバにユニキャスト メッセージを送信し、指定されたコンフィギュレーション ファイルをサーバのベース ディレクトリから取得して、ブートアップ プロセスを完了します。

スイッチの IP アドレスおよびコンフィギュレーション ファイル名が予約されているが、DHCP 応答に TFTP サーバ アドレスが含まれていない場合(1 ファイル読み込み方式)

スイッチは DHCP サーバから、IP アドレス、サブネット マスク、およびコンフィギュレーション ファイル名を受信します。スイッチは、TFTP サーバにブロードキャスト メッセージを送信し、指定されたコンフィギュレーション ファイルをサーバのベース ディレクトリから取得して、ブートアップ プロセスを完了します。

IP アドレスだけがスイッチ用に予約され、DHCP 応答で提供されており、コンフィギュレーション ファイル名は提供されない場合(2 ファイル読み込み方式)

スイッチは DHCP サーバから、IP アドレス、サブネット マスク、および TFTP サーバ アドレスを受信します。スイッチは、TFTP サーバにユニキャストメッセージを送信し、network-confg または cisconet.cfg のデフォルト コンフィギュレーション ファイルを取得します(network-confg ファイルが読み込めない場合、スイッチは cisconet.cfg ファイルを読み込みます)。

デフォルトのコンフィギュレーション ファイルには、スイッチのホスト名から IP アドレスへのマッピングが含まれています。スイッチは、ファイルの情報をホスト テーブルに書き込み、ホスト名を入手します。ファイルでホスト名が見つからない場合、スイッチは DHCP 応答のホスト名を使用します。DHCP 応答でホスト名が指定されていない場合、スイッチはデフォルトの Switch をホスト名として使用します。

デフォルトのコンフィギュレーション ファイルまたは DHCP 応答からホスト名を入手した後、スイッチはホスト名と同じ名前のコンフィギュレーション ファイル(network-confg または cisconet.cfg のどちらが先に読み込まれたかに応じて、 hostname -confg または hostname .cfg)を TFTP サーバから読み込みます。cisconet.cfg ファイルが読み込まれている場合は、ホストのファイル名は 8 文字に切り捨てられます。

network-confg、cisconet.cfg、またはホスト名と同じ名前のファイルを読み込むことができない場合、スイッチは router-confg ファイルを読み込みます。router-confg ファイルを読み込むことができない場合、スイッチは ciscortr.cfg ファイルを読み込みます。


) DHCP 応答から TFTP サーバを入手できなかった場合、ユニキャスト伝送によるコンフィギュレーション ファイルの読み込みに失敗した場合、または TFTP サーバ名を IP アドレスに変換できない場合には、スイッチは TFTP サーバ要求をブロードキャストします。


構成例

図 4-3 に、DHCP ベースの自動設定を使用して IP 情報を検索するネットワークの構成例を示します。

図 4-3 DHCP ベースの自動設定を使用するネットワークの構成例

 

表 4-2 は、DHCP サーバ上の予約リースの設定例です。

 

表 4-2 DHCP サーバ コンフィギュレーション

スイッチ 1
スイッチ 2
スイッチ 3
スイッチ 4

バインディング キー(ハードウェア アドレス)

00e0.9f1e.2001

00e0.9f1e.2002

00e0.9f1e.2003

00e0.9f1e.2004

IP アドレス

10.0.0.21

10.0.0.22

10.0.0.23

10.0.0.24

サブネット マスク

255.255.255.0

255.255.255.0

255.255.255.0

255.255.255.0

ルータ アドレス

10.0.0.10

10.0.0.10

10.0.0.10

10.0.0.10

DNS サーバ アドレス

10.0.0.2

10.0.0.2

10.0.0.2

10.0.0.2

TFTP サーバ名

tftpserver または 10.0.0.3

tftpserver または 10.0.0.3

tftpserver または 10.0.0.3

tftpserver または 10.0.0.3

ブート ファイル名(コンフィギュレーション ファイル)(任意)

switcha-confg

switchb-confg

switchc-confg

switchd-confg

ホスト名(任意)

switcha

switchb

switchc

switchd

DNS サーバ コンフィギュレーション

DNS サーバは、TFTP サーバ名 tftpserver を IP アドレス 10.0.0.3 にマッピングします。

TFTP サーバ コンフィギュレーション(UNIX)

TFTP サーバのベース ディレクトリは、/tftpserver/work/ に設定されています。このディレクトリには、2 ファイル読み込み方式で使用される network-confg ファイルがあります。このファイルには、IP アドレスに基づいてスイッチに割り当てられるホスト名が含まれています。ベース ディレクトリには、次に示すように、各スイッチのコンフィギュレーション ファイル( switcha-confg switchb-confg など)も含まれています。

prompt> cd /tftpserver/work/
prompt> ls
network-confg
switcha-confg
switchb-confg
switchc-confg
switchd-confg
prompt> cat network-confg
ip host switch1 10.0.0.21
ip host switch2 10.0.0.22
ip host switch3 10.0.0.23
ip host switch4 10.0.0.24
 

DHCP クライアント コンフィギュレーション

スイッチ A ~ D には、コンフィギュレーション ファイルは存在しません。

コンフィギュレーションの説明

図 4-3 の場合、スイッチ A はコンフィギュレーション ファイルを次のようにして読み込みます。

DHCP サーバから IP アドレス 10.0.0.21 を入手します。

DHCP サーバの応答でコンフィギュレーション ファイル名が提供されない場合、スイッチ A は TFTP サーバのベース ディレクトリから network-confg ファイルを読み込みます。

ホスト テーブルに network-confg ファイルの内容を追加します。

IP アドレス 10.0.0.21 をもとにホスト テーブルを検索し、ホスト名(switcha)を取得します。

ホスト名に対応するコンフィギュレーション ファイルを読み取ります。たとえば、TFTP サーバから switch1-confg ファイルを読み取ります。

スイッチ B ~ D も、同様にコンフィギュレーション ファイルおよび IP アドレスを取得します。

保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定について

保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定は、DHCP ベースの自動設定と同様に機能しますが、保存コンフィギュレーションを使用した場合は、メモリ内に基本のコンフィギュレーション ファイルがすでに含まれているスイッチにおいても、自動設定を有効にできるという点が異なります。

保存コンフィギュレーションを使用した DHCP ベースの自動設定を利用するには、基本の起動設定によりスイッチを設定し、そのスイッチをネットワークに事前に展開しておく必要があります。この事前設定には、IP アドレスおよびコンフィギュレーション ファイルを取得するために必要なレイヤ 3 インターフェイスが含まれていなければなりません。レイヤ 3 インターフェイスには、DHCP サーバ上で設定される特別な DHCP スコープが必要です。このスコープには、オプション 150 TFTP サーバ IP アドレスおよびオプション 67 コンフィギュレーション ファイル名が含まれています。ネットワークにスイッチをインストールすると、自動インストール機能が開始されます(イネーブルになっている場合)。ダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルは、スイッチで実行中のコンフィギュレーションに保存されます。コンフィギュレーション ファイルは NVRAM には保存されません。スイッチが再開されると、ダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルが無効になり、新しいコンフィギュレーションが TFTP サーバからダウンロードされます。

制限事項および制約事項

ネットワーク内に IP アドレスが割り当てられていないアップ ステートのレイヤ 3 インターフェイスが最低 1 つは存在している場合は、保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定はアボートします。

タイムアウトが設定されない限り、保存コンフィギュレーション付き DHCP ベースの自動設定機能では無限に IP アドレスをダウンロードしようとします。

コンフィギュレーション ファイルをダウンロードできない場合、またはコンフィギュレーション ファイルが破損している場合、自動インストール プロセスは中断されます。


) TFTP からダウンロードされるコンフィギュレーション ファイルは、実行コンフィギュレーション中のスイッチの既存のコンフィギュレーションと統合されます。また、NVRAM に保存するには、write memory または copy running-configuration startup-configuration 特権 EXEC コマンドを入力する必要があります。ダウンロードされたコンフィギュレーションがスタートアップ コンフィギュレーションに保存された場合、その後のシステム再起動時にこの機能はトリガされないことに注意してください。


保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定の設定

特権 EXEC モードを開始して、次の手順に従って、保存コンフィギュレーション付きの DHCP ベースの自動設定を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

boot host dhcp

保存されているコンフィギュレーションで自動設定をイネーブルにします。

ステップ 3

boot host retry timeout timeout-value

(任意)システムがコンフィギュレーション ファイルのダウンロードを試行する時間を設定します。

(注) タイムアウトを設定しないと、システムは無期限に DHCP サーバから IP アドレスを取得しようとします。

ステップ 4

banner config-save ^C warning-message ^C

(任意)コンフィギュレーション ファイルを NVRAM の保存しようとするときに表示される警告メッセージを作成します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show boot

設定を確認します。

次に、VLAN 99 上のレイヤ 3 SVI インターフェイスを使用し、保存されているコンフィギュレーションで DHCP ベースの自動設定をイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(conf)# boot host dhcp
Switch(conf)# boot host retry timeout 300
Switch(conf)# banner config-save ^C Caution - Saving Configuration File to NVRAM May Cause You to Nolonger Automatically Download Configuration Files at Reboot^C
Switch(config)# vlan 99
Switch(config-vlan)# interface vlan 99
Switch(config-if)# no shutdown
Switch(config-if)# end
Switch# show boot
BOOT path-list:
Config file: flash:/config.text
Private Config file: flash:/private-config.text
Enable Break: no
Manual Boot: no
HELPER path-list:
NVRAM/Config file
buffer size: 32768
Timeout for Config
Download: 300 seconds
Config Download
via DHCP: enabled (next boot: enabled)
Switch#

) レイヤ 3 インターフェイスだけを設定してイネーブルにする必要があります。IP アドレスを割り当てないでください。割り当てると、保存コンフィギュレーション付き DHCP ベースの自動設定が機能しません。


手動でのスイッチ情報の割り当て

VLAN に手動で IP 情報を割り当てるには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface vlan vlan-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、IP 情報を割り当てる VLAN を入力します。拡張ソフトウェア イメージがインストールされている場合の範囲は 1 ~ 4094 で、標準のソフトウェア イメージがインストールされている場合の範囲は 1 ~ 1001 です。

ステップ 3

ip address ip-address subnet-mask

IP アドレスおよびサブネット マスクを入力します。

ステップ 4

exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 5

ip default-gateway ip-address

スイッチに直接接続しているネクスト ホップのルータ インターフェイスの IP アドレスを入力します。このスイッチにはデフォルト ゲートウェイが設定されています。デフォルト ゲートウェイは、スイッチから宛先 IP アドレスを取得していない IP パケットを受信します。

デフォルト ゲートウェイが設定されると、スイッチは、ホストが接続する必要のあるリモート ネットワークに接続できます。

(注) IP でルーティングするようにスイッチを設定した場合、デフォルト ゲートウェイの設定は不要です。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show interfaces vlan vlan-id

設定された IP アドレスを確認します。

ステップ 8

show ip redirects

設定されたデフォルト ゲートウェイを確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

スイッチの IP アドレスを削除するには、 no ip address インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。Telnet セッションからアドレスを削除すると、スイッチの接続は切断されます。デフォルト ゲートウェイのアドレスを削除するには、 no ip default-gateway グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

スイッチのシステム名の設定、特権 EXEC コマンドへのアクセスの保護、時刻および日付の設定については、「スイッチの管理」を参照してください。

実行コンフィギュレーションの確認および保存

入力または変更した設定内容を確認するには、show running-config 特権 EXEC コマンドを使用します。このコマンドの出力についての詳細は、『Cisco IOS Configuration Fundamental Command Reference for Release 12.1』を参照してください。

スタートアップ コンフィギュレーションに対して行った設定や変更をフラッシュ メモリに保存するには、copy running-config startup-config 特権 EXEC コマンドを使用します。このコマンドにより、入力した設定値が保存されます。保存できなかった場合、設定は次のシステム リロード時に失われます。フラッシュ メモリの NVRAM セクションに保存されている情報を表示するには、 show startup-config または more startup-config 特権 EXEC コマンドを使用します。

Catalyst 2950 LRE スイッチでコンフィギュレーション ファイルをコピーする別の場所については、 付録 B「Cisco IOS ファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作」 を参照してください。

スタートアップ コンフィギュレーションの変更

このセクションでは、Catalyst 2950 LRE スイッチでのみスイッチのスタートアップ コンフィギュレーションを修正する方法について説明します。内容は次のとおりです。

「起動のデフォルト設定」

「コンフィギュレーション ファイルの自動ダウンロード」

「システム コンフィギュレーションを読み書きするためのファイル名の指定」

「手動で起動する場合」

「特定のソフトウェア イメージを起動する場合」

「環境変数の制御」

起動のデフォルト設定

表 4-3 に、起動のデフォルト設定を示します。

 

表 4-3 起動のデフォルト設定

機能
デフォルト設定

OS ソフトウェア イメージ

スイッチは、BOOT 環境変数内の情報を使用して自動的にシステムを起動しようとします。この変数が設定されていない場合、スイッチはフラッシュ ファイル システム全体に再帰的な縦型検索を行って、最初に検出した実行可能イメージをロードして実行しようとします。

ソフトウェア イメージは、イメージ ファイル(拡張子 .bin を除く)と同じ名前のディレクトリに保存されています。

ディレクトリの縦型検索では、検出された各サブディレクトリを完全に検索してから、元のディレクトリの検索が続行されます。

コンフィギュレーション ファイル

設定されているスイッチは、システムボードのフラッシュ メモリに保存されている config.text ファイルを使用します。

新しいスイッチの場合、コンフィギュレーション ファイルはありません。

コンフィギュレーション ファイルの自動ダウンロード

DHCP ベースの自動設定機能を使用することによって、スイッチにコンフィギュレーション ファイルを自動的にダウンロードできます。詳細については、「DHCP ベースの自動設定の概要」を参照してください。

システム コンフィギュレーションを読み書きするためのファイル名の指定

Cisco IOS ソフトウェアは、デフォルトで config.text ファイルを使用して、システム コンフィギュレーションの不揮発性コピーを読み書きします。ただし、別のファイル名を指定することもでき、これは次のブート時にロードされます。

別のコンフィギュレーション ファイル名を指定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

boot config-file flash:/ file-url

次回の起動時に読み込むコンフィギュレーション ファイルを指定します。

file-url に、パス(ディレクトリ)およびコンフィギュレーション ファイル名を指定します。

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字が区別されます。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show boot

設定を確認します。

boot config-file グローバル コンフィギュレーション コマンドによって、CONFIG_FILE 環境変数の設定が変更されます。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定に戻すには、 no boot config-file グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

手動で起動する場合

デフォルトでは、スイッチは自動的に起動しますが、手動で起動するように設定することもできます。

次回の起動時に手動で起動するようにスイッチを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

boot manual

次回の起動時にスイッチを手動で起動できるようにします。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show boot

設定を確認します。

boot manual グローバル コンフィギュレーション コマンドによって、MANUAL_BOOT 環境変数の設定が変更されます。

次回、システムを再起動したときには、スイッチはブート ローダ モードになり、ブート ローダ モードであることが switch: プロンプトによって示されます。システムを起動するには、 boot filesystem :/ file-url ブートローダ コマンドを使用します。

filesystem : には、システム ボードのフラッシュ デバイスを指定する場合は flash: を使用します。

file-url には、パス(ディレクトリ)および起動可能なイメージの名前を指定します。

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字が区別されます。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

手動での起動をディセーブルにするには、 no boot manual グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

特定のソフトウェア イメージを起動する場合

デフォルトでは、スイッチは、BOOT 環境変数内の情報を使用して自動的にシステムを起動しようとします。この変数が設定されていない場合、スイッチはフラッシュ ファイル システム全体に再帰的な縦型検索を行って、最初に検出した実行可能イメージをロードして実行しようとします。ディレクトリの縦型検索では、検出された各サブディレクトリを完全に検索してから、元のディレクトリの検索が続行されます。ただし、特定のイメージを指定して起動することもできます。

次回の起動時に特定のイメージを起動するようにスイッチを設定するには、特権 EXEC モードで、次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

boot system filesystem :/ file-url

次回の起動時に、フラッシュ メモリ内の特定のイメージを起動するようにスイッチを設定します。

filesystem : には、システム ボードのフラッシュ デバイスを指定する場合は flash: を使用します。

file-url には、パス(ディレクトリ)および起動可能なイメージの名前を指定します。

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字が区別されます。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show boot

設定を確認します。

boot system グローバル コンフィギュレーション コマンドによって、BOOT 環境変数の設定が変更されます。

次回の起動時にスイッチは、BOOT 環境変数内の情報を使用して自動的にシステムを起動しようとします。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定に戻すには、 no boot system グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

環境変数の制御

9600 bps に設定されたスイッチ コンソール接続を介してのみ、ブート ローダ モードになります。スイッチの電源コードを外し、もう一度電源コードを接続したときに、スイッチの Mode ボタンを押します。ポート 1X の上の LED が消灯してから 1 ~ 2 秒後に、Mode ボタンを放します。これにより、ブート ローダの switch: プロンプトが表示されます。

スイッチのブート ローダ ソフトウェアは不揮発性の環境変数をサポートするので、これらの環境変数を使用して、ブート ローダまたはシステムで稼動する他のソフトウェアの動作を制御できます。ブート ローダの環境変数は、UNIX または DOS システムで設定できる環境変数と類似しています。

値が設定された環境変数は、 表 4-4 に示すように、各ファイルのフラッシュ ファイル システムに保存されます。

 

表 4-4 環境変数の保存場所

環境変数
場所(file system:filename)

BAUD、ENABLE_BREAK、CONFIG_BUFSIZE、CONFIG_FILE、MANUAL_BOOT、PS1

flash:env_vars

BOOT、BOOTHLPR、HELPER、HELPER_CONFIG_FILE

flash:system_env_vars

ファイルの各行には、環境変数名と等号に続いて、その変数の値が指定されます。このファイルに含まれていない変数には値がありません。ファイルに含まれている変数は、ヌル文字列も含めて値があります。ヌル文字列(" ")に設定された変数は、値を持つ変数です。多数の環境変数があらかじめ定義されていて、デフォルト値が与えられています。

環境変数には 2 種類のデータが保存されます。

Cisco IOS コンフィギュレーション ファイルを読み取らないコードを制御するデータ。たとえば、ブート ローダの機能を拡張したり、パッチを適用したりするブート ローダ ヘルパー ファイルの名前は、環境変数として保存できます。

Cisco IOS コンフィギュレーション ファイルを読み取るコードを制御するデータ。たとえば、Cisco IOS コンフィギュレーション ファイル名は環境変数として保存できます。

環境変数の設定を変更するには、ブート ローダにアクセスするか、Cisco IOS コマンドを使用します。通常の環境では、環境変数の設定を変更する必要はありません。


) ブート ローダ コマンドおよび環境変数の構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


表 4-5 で、代表的な環境変数の機能について説明します。

 

表 4-5 環境変数

変数
ブート ローダ コマンド
Cisco IOS グローバル コンフィギュレーション コマンド

MANUAL_BOOT

set MANUAL_BOOT yes

スイッチの起動を自動で行うか手動で行うかを決定します。

有効値は 1、yes、0、および no です。no または 0 に設定されている場合、ブート ローダはシステムを自動的に起動しようとします。他の値に設定されている場合は、ブート ローダ モードから手動でスイッチを起動する必要があります。

boot manual

次回の起動時にスイッチを手動で起動できるようにします。MANUAL_BOOT 環境変数の設定が変更されます。

次回のシステム再起動時には、スイッチはブート ローダ モードになります。システムを起動するには、 boot flash: filesystem :/ file-url ブート ローダ コマンドを使用し、コマンドにはブート イメージの名前を指定します。

BOOT

set BOOT filesystem :/ file-url ...

自動起動時にロードして実行を試みる、セミコロンで区切られた実行可能ファイルのリスト。BOOT 環境変数が設定されていない場合、スイッチはフラッシュ ファイル システム全体に再帰的な縦型検索を行って、最初に検出した実行可能イメージをロードして実行しようとします。BOOT 変数が設定されていても、指定されたイメージをロードできなかった場合、システムはフラッシュ ファイル システムで最初に検出した起動可能なファイルを起動しようとします。

boot system filesystem :/ file-url

次のブート時にロードするソフトウェア イメージを指定します。このコマンドによって、BOOT 環境変数の設定が変更されます。

CONFIG_FILE

set CONFIG_FILE flash:/ file-url

ソフトウェアがシステム設定の不揮発性コピーの読み書きに使用するファイル名をリセットします。

boot config-file flash: / file-url

ソフトウェアがシステム設定の不揮発性コピーの読み書きに使用するファイル名を指定します。このコマンドによって、CONFIG_FILE 環境変数が変更されます。

CONFIG_BUFSIZE

set CONFIG_BUFSIZE size

ソフトウェアがコンフィギュレーション ファイルのコピーをメモリ内に保持するために使用する、ソフトウェアのバッファ サイズを変更します。コンフィギュレーション ファイルは、バッファ サイズ割り当てを超えることはできません。指定できる範囲は 4096 ~ 524288 バイトです。

boot buffersize size

フラッシュ メモリにおいて、ファイル システムでシミュレートした NVRAM のサイズを指定します。バッファは、メモリ内のコンフィギュレーション ファイルのコピーを保持しています。このコマンドは、CONFIG_BUFSIZE 環境変数の設定を変更します。

このコマンドを有効にするには、 reload 特権 EXEC コマンドを使用してスイッチをリロードする必要があります。

ソフトウェア イメージ リロードのスケジュール設定

ソフトウェア イメージのリロードは、LRE スイッチ上でのみ後で(深夜、週末などスイッチをあまり使用しないときに)行うようスケジュールすることも、ネットワーク全体でリロードを同期させる(ネットワーク内のすべてのスイッチでソフトウェアをアップグレードするなど)こともできます。


) リロードのスケジュールは、約 24 日以内に設定する必要があります。


リロードのスケジュール設定

ソフトウェア イメージを後でリロードするようにスイッチを設定するには、特権 EXEC モードで次のいずれかのコマンドを使用します。

reload in [ hh : ] mm [ text ]

指定した分数、または時間および分数が経過したときに、ソフトウェアがリロードされるようにスケジュールを設定します。リロードは、約 24 日以内に実行する必要があります。最大 255 文字で、リロードの理由を指定できます。

reload at hh : mm [ month day | day month ] [ text ]

指定した時刻(24 時間形式を使用)にソフトウェアがリロードされるように、スケジュールを設定します。月日を指定すると、指定された日時にリロードが行われるようにスケジュールが設定されます。月日を指定しなかった場合、リロードは当日の指定時刻に行われます(指定時刻が現時刻より後の場合)。または翌日の指定時刻に行われます(指定時刻が現在時刻よりも前の場合)。00:00 を指定すると、深夜 0 時のリロードが設定されます。


at キーワードを使用するのは、スイッチのシステム クロックが(Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)、ハードウェア カレンダー、または手動で)設定されている場合だけです。時刻は、スイッチに設定されたタイム ゾーンに基づきます。複数のスイッチで同時にリロードが行われるように設定する場合は、各スイッチの時刻を NTP によって同期させる必要があります。


reload コマンドはシステムを停止させます。手動で起動するように設定されていない場合、システムは自動的に再起動します。 reload コマンドは、スタートアップ コンフィギュレーションにスイッチの設定情報を保存( copy running-config startup-config )した後で使用します。

手動で起動するようにスイッチが設定されている場合、仮想端末からリロードを実行しないでください。これは、スイッチがブート ローダ モードになり、その結果、リモート ユーザが制御を失うことを防止するためです。

コンフィギュレーション ファイルを変更すると、リロードの前にコンフィギュレーションを保存するように指示するプロンプトが表示されます。保存操作時に、CONFIG_FILE 環境変数がすでに存在しないスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを示していた場合、保存を続行するかどうかという問い合わせがシステムから出されます。その状況のまま続けると、リロード時にセットアップ モードが開始されます。

次に、当日の午後 7 時 30 分にソフトウェアをスイッチにリロードする例を示します。

Switch# reload at 19:30
Reload scheduled for 19:30:00 UTC Wed Jun 5 1996 (in 2 hours and 25 minutes)
Proceed with reload? [confirm]
 

次に、先の日時を指定して、ソフトウェアをスイッチにリロードする例を示します。

Switch# reload at 02:00 jun 20
Reload scheduled for 02:00:00 UTC Thu Jun 20 1996 (in 344 hours and 53 minutes)
Proceed with reload? [confirm]
 

スケジュールがすでに設定されたリロードを取り消すには、 reload cancel 特権 EXEC コマンドを使用します。

リロード スケジュール情報の表示

リロードのスケジューリングに関する情報を表示してスイッチにリロードがスケジューリングされているかどうかを調べるには、 show reload 特権 EXEC コマンドを使用します。

リロードが予定されている時刻、リロードの理由を含め(リロードのスケジュール設定時に指定されている場合)、リロード情報が表示されます。