Catalyst 2950/2955 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA7
UDLD の設定
UDLD の設定
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

UDLD の設定

UDLD の概要

動作モード

単一方向リンクの検出方法

UDLD の設定

UDLD のデフォルト設定

設定時の注意事項

UDLD のグローバルなイネーブル化

インターフェイスでの UDLD のイネーブル化

UDLD によってシャットダウンされたインターフェイスのリセット

UDLD ステータスの表示

UDLD の設定

この章では、Catalyst 2950 または Catalyst 2955 スイッチで UniDirectional Link Detection(UDLD; 単一方向リンク検出)プロトコルを設定する方法について説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


この章の内容は、次のとおりです。

「UDLD の概要」

「UDLD の設定」

「UDLD ステータスの表示」

UDLD の概要

UDLD は、光ファイバまたはツイストペア イーサネット ケーブルを通じて接続された装置からケーブルの物理設定をモニタしたり、単一方向リンクの存在を検出できるようにするためのレイヤ 2 プロトコルです。このプロトコルが単一方向リンクを正常に識別しディセーブルにするには、接続されたすべての装置で UDLD プロトコルがサポートされていなければなりません。UDLD が単一方向リンクを検出すると、影響を受けるポートは管理上のシャットダウン ステートになり、警報が発信されます。単一方向リンクは、スパニングツリー トポロジー ループをはじめ、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

動作モード

UDLD は標準モード(デフォルト)およびアグレッシブ モードの 2 つの動作モードをサポートします。標準モードでは、UDLD は光ファイバ接続上の誤って接続されたインターフェイスによる単一方向リンクを検出できます。アグレッシブ モードでは、UDLD は光ファイバおよびツイストペア リンク上の単一方向トラフィック、および光ファイバ上で誤って接続されたインターフェイスによる単一方向リンクも検出できます。

標準モードおよびアグレッシブ モードでは、UDLD はレイヤ 1 のメカニズムとともに動作して、リンクの物理ステータスを判別します。レイヤ 1 では、物理的シグナリングおよび障害検出は、自動ネゴシエーションによって処理されます。UDLD は、ネイバ ID の検出、誤って接続されたインターフェイスのシャットダウンなど、自動ネゴシエーションでは実行不可能な処理を実行します。自動ネゴシエーションと UDLD の両方をイネーブルにすると、レイヤ 1 とレイヤ 2 の検知機能が連動し、物理的および論理的な単一方向接続、および他のプロトコルの誤動作を防止します。

ローカル装置が送信したトラフィックをネイバが受信するにもかかわらず、ネイバから送信されたトラフィックをローカル装置が受信しない場合に、単一方向リンクが発生します。

標準モードでは、光ファイバ インターフェイスのファイバ ストランドが誤って接続され、レイヤ 1 によりこの誤接続が検出されない場合に、UDLD は単一方向リンクを検出します。インターフェイスが正しく接続されているにもかかわらずトラフィックが単一方向の場合、この状況を検出することになっているレイヤ 1 が単一方向リンクを検出しないので、UDLD は単一方向リンクを検出しません。この場合、論理リンクは不定とみなされ、UDLD はインターフェイスをディセーブルにしません。

UDLD が標準モードで、対になっているファイバ ストランドの一方の接続が外れ、自動ネゴシエーションがアクティブの場合、レイヤ 1 はリンクの物理的な問題を検出しないため、そのリンクは存続できません。この場合、UDLD は何の措置も行わず論理リンクは不定とみなされます。

アグレッシブ モードでは、UDLD は前記の検出方法を使用して単一方向リンクを検出します。アグレッシブ モードの UDLD は、2 つの装置間の障害が許容されないポイントツーポイント リンク上でも単一方向リンクを検出できます。また、次のいずれかの問題がある場合にも単一方向リンクを検出できます。

光ファイバまたはツイストペア リンク上で、一方のインターフェイスがトラフィックを送受信できない。

光ファイバまたはツイストペア リンク上で、一方のインターフェイスがダウンしており、もう一方はアップしている。

ケーブルの一方のファイバ ストランドの接続が外れている。

これらの場合、UDLD は問題の生じたインターフェイスをシャットダウンします。

ポイントツーポイント リンクでは、UDLD の Hello パケットは、存在することによってリンクの健全性を保証するハート ビートとみなすことができます。逆に、ハート ビートが失われると、双方向リンクを再度確立できない場合、リンクはシャットダウンします。

レイヤ 1 の観点からケーブルの両方のファイバ ストランドが正常な状態であれば、アグレッシブ モードの UDLD はそれらのファイバ ストランドが正しく接続されているかどうか、トラフィックが正しいネイバ間で双方向に流れているかどうかを判断します。自動ネゴシエーションはレイヤ 1 の機能であるため、このチェックは自動ネゴシエーションでは行えません。

単一方向リンクの検出方法

UDLD は 2 つのメカニズムを使用して動作します。

ネイバ データベース メンテナンス

UDLD は、アクティブな各インターフェイス上で Hello パケット(別名アドバタイズまたはプローブ)を定期的に送信して、他の UDLD 対応ネイバに関して学習し、各装置がネイバに関する情報を常に維持できるようにします。

スイッチが Hello メッセージを受信すると、エージング タイム(ホールド タイムまたは Time To Live [TTL])が経過するまで、情報をキャッシュします。古いキャッシュ エントリの期限が切れる前に、スイッチが新しい Hello メッセージを受信すると、古いエントリが新しいエントリで置き換えられます。

UDLD の稼働中にインターフェイスがディセーブルになったり、インターフェイス上でUDLD がディセーブルになったり、またはスイッチをリセットした場合、UDLD は設定変更の影響を受けるインターフェイスの既存のキャッシュ エントリをすべて消去します。UDLD は、ステータス変更の影響を受けるキャッシュの一部をフラッシュするようにネイバに通知するメッセージを 1 つまたは複数送信します。このメッセージは、キャッシュを継続的に同期するためのものです。

イベントドリブン検出およびエコー

UDLD は検出メカニズムとしてエコーを利用します。UDLD 装置が新しいネイバを学習するか、または同期していないネイバから再同期要求を受信すると、接続の UDLD 装置側の検出ウィンドウを再起動して、エコー メッセージを返送します。この動作はすべての UDLD ネイバに対して同様に行われるため、エコー送信側では返信エコーを受信するものと予測します。

検出ウィンドウが終了し、有効な応答メッセージが受信されないと、リンクがシャットダウンする場合があります。これは UDLD モードによって異なります。UDLD が標準モードの場合、リンクが不定とみなされ、シャットダウンされない場合があります。UDLD がアグレッシブ モードの場合、リンクは単一方向とみなされ、インターフェイスはシャットダウンされます。

標準モードの UDLD がアドバタイズ フェーズまたは検出フェーズにあり、すべての近接キャッシュ エントリが期限切れしている場合には、UDLD はリンクアップ シーケンスを再開して、同期が外れている可能性のあるネイバと再び同期をとります。

ポートのネイバがすべてアドバタイズ フェーズまたは検出フェーズで期限切れした場合に、アグレッシブ モードをイネーブルにすると、UDLD はリンクアップ シーケンスを再開して、同期が外れている可能性のあるネイバと再び同期をとります。高速のメッセージ列にしてもリンク ステートが不定の場合、UDLD はポートをシャットダウンします。

図22-1 に、単一方向リンク状態の例を示します。

図22-1 UDLD による単一方向リンクの検出

 

 

UDLD の設定

ここでは、スイッチで UDLD を設定する手順について説明します。内容は次のとおりです。

「UDLD のデフォルト設定」

「設定時の注意事項」

「UDLD のグローバルなイネーブル化」

「インターフェイスでの UDLD のイネーブル化」

「UDLD によってシャットダウンされたインターフェイスのリセット」

UDLD のデフォルト設定

表22-1 に、UDLD のデフォルト設定を示します。

 

表22-1 UDLD のデフォルト設定

機能
デフォルト値

UDLD グローバル イネーブル ステート

グローバルにディセーブル

インターフェイス別の UDLD イネーブル ステート(光ファイバ メディア用)

すべてのイーサネット光ファイバ インターフェイスでディセーブル

インターフェイス別の UDLD イネーブル ステート(ツイストペア[銅]メディア用)

すべてのイーサネット 10/100 および 1000BASE-TX インターフェイスでディセーブル

UDLD アグレッシブ モード

ディセーブル

設定時の注意事項

UDLD の設定時の注意事項を次に示します。

UDLD 対応インターフェイスが別のスイッチの UDLD 非対応ポートに接続されている場合は、このインターフェイスも単一方向リンクを検出できません。

モード(標準またはアグレッシブ)を設定する場合は、必ずリンクの両側を同じモードに設定してください。

UDLD のグローバルなイネーブル化

スイッチのすべての光ファイバ インターフェイスにおいて、アグレッシブ モードまたは標準モードで UDLD をイネーブルにして、設定可能なメッセージ タイマーを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

udld { aggressive | enable | message time message-timer-interval }

UDLD の動作モードを指定します。

aggressive ― すべての光ファイバ インターフェイスにおいて、アグレッシブ モードで UDLD をイネーブルにします。

enable ― スイッチのすべての光ファイバ インターフェイスにおいて、標準モードで UDLD をイネーブルにします。UDLD はデフォルトでディセーブルです。

個々のインターフェイスの設定は、 udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定より優先されます。

アグレッシブ モードおよび標準モードの詳細については、「動作モード」を参照してください。

message time message-timer-interval ― アドバタイズ フェーズにあり、双方向と判別されたポートにおける UDLD プローブ メッセージ間の時間間隔を設定します。指定できる範囲は 7 ~ 90 秒です。


) このコマンドが作用するのは、光ファイバ インターフェイスだけです。他のインターフェイス タイプで UDLD をイネーブルにする場合は、udld インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。詳細は、「インターフェイスでの UDLD のイネーブル化」を参照してください。


ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show udld

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

UDLD をグローバルにディセーブルにするには、 no udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、すべての光ファイバ ポート上で標準モードの UDLD をディセーブルにします。すべての光ファイバ ポートでアグレッシブ モードの UDLD をディセーブルにする場合は、 no udld aggressive グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

インターフェイスでの UDLD のイネーブル化

インターフェイス上で、UDLD をアグレッシブ モードまたは標準モードでイネーブルにするには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

UDLD に対してイネーブルにするインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

udld port [ aggressive ]

UDLD の動作モードを指定します。

(任意) aggressive ― 指定されたインターフェイスにおいて、アグレッシブ モードで UDLD をイネーブルにします。UDLD はデフォルトでディセーブルです。

aggressive キーワードを指定しないと、スイッチは標準モードで UDLD をイネーブルにします。

光ファイバ インターフェイスの場合、このコマンドは udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドより優先されます。

アグレッシブ モードおよび標準モードの詳細については、「動作モード」を参照してください。

ステップ 4

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show udld interface-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

光ファイバ以外のインターフェイスで UDLD をディセーブルにするには、 no udld port インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。


) 光ファイバ インターフェイスの場合、no udld port コマンドを使用すると、インターフェイスの設定は udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドによる設定に戻ります。


光ファイバで UDLD をディセーブルにするには、 no udld port インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

UDLD によってシャットダウンされたインターフェイスのリセット

UDLD によってシャットダウンされたすべてのインターフェイスをリセットするには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

udld reset

UDLD によりシャットダウンされたすべてのインターフェイスをリセットします。

ステップ 2

show udld

設定を確認します。

ステップ 3

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次のコマンドを使用して、インターフェイスを起動することもできます。

shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続けて no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンド ― ディセーブルに設定されていたインターフェイスを再起動します。

no udld { aggressive | enable } グローバル コンフィギュレーション コマンドに続けて、 udld { aggressive | enable } グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力すると、UDLD は再度グローバルにイネーブルになります。

no udld port インターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続けて、 udld port [ aggressive ] インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力すると、指定のインターフェイス上で UDLD を再度イネーブルにできます。

errdisable recovery cause udld グローバル コンフィギュレーション コマンドは、タイマーが UDLD errdisable ステートから自動的に回復できるようにします。 errdisable recovery interval interval グローバル コンフィギュレーション コマンドは、UDLD errdisable ステートからの回復時間を指定します。

UDLD ステータスの表示

特定のインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの UDLD ステータスを表示するには、 show udld [ interface-id ] イネーブル EXEC コマンドを使用します。

出力フィールドの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。