Catalyst 2950 LRE デスクトップ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

目的

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法

Cisco.com

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイト

Japan TAC Webサイト

TAC Escalation Center

その他の資料および情報の入手方法

はじめに

対象読者

Catalyst 2950 LREスイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 』は、Catalyst 2950スイッチ(以下、 スイッチ )の設定を行うネットワーク管理者を対象としています。イーサネットおよびLANの概念や専門用語を十分理解していることが前提です。

目的

このマニュアルでは、Catalyst 2950またはCatalyst 2950 Long-Reach Ethernet(LRE;長距離イーサネット)の設定およびトラブルシューティングについて説明します。各種の管理インターフェイス オプション、およびスイッチ ソフトウェアでサポートされる機能についても説明します。非LREスイッチはSI(標準ソフトウェア イメージ)またはEI(拡張ソフトウェア イメージ)をサポートします。EIは、Access Control List(ACL;アクセス制御リスト)、拡張Quality of Service(QoS;サービス品質)機能、Secure Shell Protocol、拡張範囲VLAN、Remote Switch Port Analyzer(RSPAN)など豊富なフィーチャ セットを備えています。SIおよびEIをサポートするスイッチについては、表 1-1を参照してください。2950 LREスイッチは、Release 12.1(11)YJ以降でサポートされます。

次の事項については、このマニュアルの他に関連資料を参照してください。

要件 ― このマニュアルは、リリース ノートに記載されているハードウェアとソフトウェアの要件、およびクラスタの互換性に関する要件に適合していることを前提にしています。

起動のための情報 ― このマニュアルは、リリース ノートに記載されているセットアップ プログラムを使用して、スイッチのIP情報およびパスワードを割り当て済みであることを前提にしています。

Cluster Management Suite(CMS)に関する情報 ― このマニュアルでは、Webベースのスイッチ管理インターフェイスであるCMSについて概要を説明します。CMSの要件、ブラウザとプラグインの設定およびCMSへのアクセス手順については、スイッチ ハードウェアのマニュアルを参照してください。フィールド レベルでのCMSウィンドウの説明および操作手順については、CMSのオンライン ヘルプを参照してください。

クラスタの設定 ― このマニュアルでは、スイッチ クラスタをプランニング、作成、およびメンテナンスするために必要な情報を提供します。CMSを使用すると最も簡単にスイッチ クラスタを設定できるので、このマニュアルではCLI(コマンドライン インターフェイス)を使用する設定手順については説明しません。クラスタ コマンドについては、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。

CLIコマンドに関する情報 ― このマニュアルでは、CLIの使用方法について概要を説明します。このスイッチ用に新たに作成または変更されたコマンドの詳しい構文および使用方法は、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。

このマニュアルでは、表示されるシステム メッセージまたはスイッチの設置方法については説明しません。詳細については、該当するリリースの『 Catalyst 2950 Desktop Switch System Message Guide 』および『 Catalyst 2950 Desktop Switch Hardware Installation Guide 』を参照してください。


) このマニュアルでは、標準Cisco IOS Release 12.1マニュアルに記載されている概念およびCLI手順については説明を省いています。標準IOS Release 12.1コマンドについては、Cisco.comのホームページ(Service and Support>Technical Documents)にアクセスし、IOSのマニュアル セットを参照してください。Cisco Product Documentationのホームページでは、Cisco IOS Softwareドロップダウン リストからRelease 12.1を参照してください。



) IOS Release 12.1(11)YJ4は、非LRE Catalyst 2950スイッチをサポートしません。非LREスイッチの詳細については、Catalyst 2950スイッチのリリース ノートを参照してください。12.1(11)YJ4は、非LREスイッチにはインストールできません。


表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

コマンドおよびキーワードは、 太字 で示しています。

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

角カッコ([ ])の中の要素は、省略可能です。

必ずどれか1つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコ({ })で囲み、縦棒
( | )で区切って示しています。

任意で選択する要素の中で、必ずどれか1つを選択しなければならない要素は、角カッコと波カッコで囲み、縦棒で区切って([{ | }])示しています。

対話形式の例では、次の表記法を使用しています。

端末セッションおよびシステムの表示は、 screen フォントで示しています。

ユーザが入力する情報は、 太字のscreen フォントで示しています。

パスワードやタブのように、出力されない文字は、かぎカッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)、注意、およびヒントには、次の表記法および記号を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


ヒント問題の解決に役立つ情報」です。ヒントには、トラブルシューティングや操作方法ではなく、知っておくと役立つ情報が記述される場合もあります。


関連資料

次のマニュアルには、スイッチに関する情報が詳細に記載されており、Cisco.comサイトから入手可能です。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/lan/cat2950/index.htm

Cisco.comサイトから、Customer Order Number(DOC-xxxxxx=)を用いて印刷版のマニュアルを発注できます。「マニュアルの入手方法」を参照してください。

Release Notes for the Catalyst 2950 Switch 』(発注はできませんが、Cisco.comで入手可能)


) スイッチの要件と、初期設定およびソフトウェア アップグレードの手順は、変更される場合があるので、これらはリリース ノートにのみ記載されています。スイッチの設置、設定、またはアップグレードを行う前に、必ずCisco.comでリリース ノートを参照し、最新情報を確認してください。


Catalyst 2950 Desktop Switch Command Reference 』(Customer Order Number: DOC-7814984=)

Catalyst 2950 Desktop Switch System Message Guide 』(Customer Order Number: DOC-7814981=)

Catalyst 2950 Desktop Switch Hardware Installation Guide 』(Customer Order Number: DOC-7811157=)

Catalyst GigaStack Gigabit Interface Converter Hardware Installation Guide 』(Customer Order Number: DOC-786460=)

『CWDM Passive Optical System Installation Note』(発注はできませんが、Cisco.comで入手可能)

1000BASE-T GBIC Installation Notes 』(発注はできませんが、Cisco.comで入手可能)

Cisco Small Form-Factor Pluggable Modules Installation Notes 』(発注はできませんが、Cisco.comで入手可能)

Cisco LRE CPE Hardware Installation Guide 』(Customer Order Number: DOC-7811469=)

Installation Notes for the Cisco LRE 48 POTS Splitter 』(発注はできませんが、Cisco.comで入手可能)

Release Notes for the Catalyst 2950 LRE Switch 』(発注はできませんが、Cisco.comで入手可能)

マニュアルの入手方法

シスコの製品マニュアル、テクニカル サポート、およびその他のリソースは、さまざまな方法で入手することができます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコのWebサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

シスコのWebサイトの各国語版へは、次のURLからアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは定期的に更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独、年間契約、または四半期契約で入手することができます。

Cisco.com登録ユーザの場合、Cisco OrderingツールからDocumentation CD-ROM(Customer Order Number DOC-CONDOCCD=)を単独で発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/ordering_place_order_ordering_tool_launch.html

すべてのユーザは、Subscription Storeからオンラインで、毎月または3ヶ月ごとの購読契約でDocumentation CD-ROMを発注できます。

http://www.cisco.com/go/subscription

マニュアルの発注方法

マニュアルの発注方法については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/pdi.htm

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/index.shtml

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、あらゆる技術上の支援のための窓口として、TAC Webサイトを含むCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーはTAC Webサイトからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、TACツール、ユーティリティなど、TAC Webサイトで提供するすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラム、およびリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスを提供しています。

Cisco.comでは、次の目的に役立つ機能およびサービスを豊富に用意しています。

業務の円滑化と生産性の向上

オンライン サポートによる技術上の問題の解決

ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト

シスコのトレーニング資料および製品の発注

スキル査定、トレーニング、認定プログラムへのオンライン登録

また、Cisco.comに登録することにより、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。

Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

http://www.cisco.com/jp

TAC

シスコの製品、テクノロジー、またはソリューションについて技術的な支援が必要な場合には、TACをご利用いただくことができます。TACでは、2種類のサポートを提供しています。TAC WebサイトとTAC Escalation Centerです。どのタイプのサポートをご利用になるかは、問題の緊急性とサービス契約(該当する場合)に記載された条件によって決まります。

TACへのお問い合せは、問題の緊急性に応じて分類されます。

プライオリティ レベル4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。業務運営への支障はほとんど、または全くない場合。

プライオリティ レベル3(P3) ― ネットワークの動作パフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運営が機能している場合。十分に運用できるレベルまで、通常の業務時間内にサービスの復旧を行います。

プライオリティ レベル2(P2) ―ネットワークのパフォーマンスが著しく低下、または シスコ製品のパフォーマンス低下により業務に重大な影響がある場合。通常の業務時間内にフルタイムで問題の解決にあたります。

プライオリティ レベル1(P1) ― ネットワークがダウンし、業務に致命的な損害が発生する場合。24時間体制であらゆる手段を使用して問題の解決にあたります。

TAC Webサイト

TAC Webサイトでは、オンラインで資料やツールを利用して、トラブルシューティングやシスコの製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラーは、TAC Webサイトのすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco TAC Webサイトの一部のサービスには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

http://www.cisco.com/jp

Cisco.comの登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、次のURLからTAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

インターネットを利用する場合、P3およびP4の問題については、状況を十分に説明し、必要なファイルを添付できるよう、オンラインでCase Openツールを利用することをお勧めします。

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TAC Escalation Center

TAC Escalation Centerでは、P1およびP2レベルの問題に対応しています。このレベルに分類されるのは、ネットワークの機能が著しく低下し、業務の運用に重大な影響がある場合です。TAC Escalation Centerにお問い合わせいただいたP1またはP2の問題には、TACエンジニアが対応します。

TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

ご連絡に先立って、お客様が契約しているシスコ サポート サービスがどのレベルの契約となっているか(たとえば、SMARTnet、SMARTnet Onsite、またはNetwork Supported Accounts [NSA;ネットワーク サポート アカウント]など)、お客様のネットワーク管理部門にご確認ください。また、お客様のサービス契約番号およびご使用の製品のシリアル番号をお手元にご用意ください。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手することができます。

『Cisco Product Catalog 』には、シスコシステムズが提供するネットワーキング製品のほか、発注方法やカスタマー サポート サービスについての情報が記載されています。『 Cisco Product Catalog 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_catalog_links_launch.html

Cisco Pressでは、ネットワーク関連の出版物を幅広く発行しています。初心者から上級者まで、さまざまな読者向けの出版物があります。『 Internetworking Terms and Acronyms Dictionary』、『Internetworking Technology Handbook』、『Internetworking Troubleshooting Guide』、『Internetworking Design Guide』などです。 Cisco Pressの最新の出版情報などについては、次のURLからアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』は、シスコシステムズが発行する季刊誌で、業界の専門家がネットワーク投資を最大限に活用できるように、最新のネットワーク動向、テクノロジーの進展、およびシスコ製品とソリューション情報を提供します。ネットワーク配置とトラブルシューティングに関するティップ、コンフィギュレーション例、顧客ケーススタディ、チュートリアルおよびトレーニング、認定情報、詳細なオンライン リソースへのさまざまなリンクなどを扱っています。『 Packet 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/packet

『iQ Magazine』は、シスコシステムズが発行する隔月刊誌で、インターネット ビジネス戦略に関する最新情報を経営幹部向けに提供しています。『iQ Magazine』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

『Internet Protocol Journal』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコシステムズが発行する季刊誌です。『Internet Protocol Journal』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac147/about_cisco_the_internet_protocol_journal.html

トレーニング ― シスコシステムズは、ネットワーク関連のトレーニングを世界各地で実施しています。トレーニングの最新情報には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/le31/learning_recommended_training_list.html