Catalyst 2950 LRE デスクトップ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
UDLDの設定
UDLDの設定
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

UDLDの設定

UDLDの概要

UDLDの設定

UDLDのデフォルト設定

UDLDのグローバルなイネーブル化

インターフェイスでのUDLDのイネーブル化

UDLDによってシャットダウンされたインターフェイスのリセット

UDLDステータスの表示

UDLDの設定

この章では、スイッチ上でUniDirectional Link Detection(UDLD;単一方向リンク検出)プロトコルを設定する方法について説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「UDLDの概要」

「UDLDの設定」

「UDLDステータスの表示」

UDLDの概要

UDLDは、光ファイバまたはツイストペア イーサネット ケーブルを通して接続された装置からケーブルの物理設定をモニタしたり、単一方向リンクの存在を検出できるようにするためのレイヤ2プロトコルです。このプロトコルが単一方向リンクを正常に識別しディセーブルにするには、接続されたすべての装置でUDLDプロトコルがサポートされていなければなりません。UDLDが単一方向リンクを検出すると、影響を受けるポートは管理上のシャットダウン ステートになり、警報が発信されます。単一方向リンクは、スパニングツリー トポロジー ループをはじめ、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

UDLDはレイヤ1のメカニズムと共に動作して、リンクの物理ステータスを判別します。レイヤ1では、物理的シグナリングおよび障害検出は、自動ネゴシエーションによって処理されます。UDLDは、ネイバIDの検出、誤って接続されたインターフェイスのシャットダウンなど、自動ネゴシエーションでは実行不可能な処理を実行します。自動ネゴシエーションとUDLDの両方をイネーブルにすると、レイヤ1と2の検知機能が連動し、物理的および論理的な単一方向接続、および他のプロトコルの誤動作を防止します。

ローカル装置が送信したトラフィックをネイバが受信するにもかかわらず、ネイバから送信されたトラフィックをローカル装置が受信しない場合に、単一方向リンクが発生します。対になっている光ファイバ ストランドのどちらかの接続が切断された場合、自動ネゴシエーションがアクティブであるかぎり、そのリンクは存続できません。この場合、論理リンクは不定であり、UDLDは何の措置も行いません。レイヤ1の観点から両方の光ファイバ ストランドが正常な状態であれば、レイヤ2のUDLDはそれらの光ファイバ ストランドが正しく接続しているかどうか、トラフィックが正しいネイバ間で双方向に流れているかどうかを判別します。自動ネゴシエーションはレイヤ1の機能であるため、このチェックは自動ネゴシエーションでは不可能です。

UDLDは2つのメカニズムを使用して動作します。

ネイバ データベース メンテナンス

UDLDは、アクティブな各インターフェイス上でHelloパケット(別名アドバタイズまたはプローブ)を定期的に送信して、他のUDLD対応ネイバに関して学習し、各装置がネイバに関する情報を常に維持できるようにします。

スイッチがHelloメッセージを受信すると、エージング タイム(ホールド タイムまたはTime-To-Live[TTL])が経過するまで、情報をキャッシュします。古いキャッシュ エントリの期限が切れる前に、スイッチが新しいHelloメッセージを受信すると、古いエントリが新しいエントリで置き換えられます。

UDLDの稼働中にインターフェイスがディセーブルになったり、インターフェイス上でUDLDがディセーブルになったり、またはスイッチをリセットした場合、UDLDは設定変更の影響を受けるインターフェイスの既存のキャッシュ エントリをすべて消去します。UDLDは、ステータス変更の影響を受けるキャッシュの一部をフラッシュするようにネイバに通知するメッセージを1つまたは複数送信します。このメッセージは、キャッシュを継続的に同期するためのものです。

イベントドリブン検出およびエコー

UDLDは検出メカニズムとしてエコーを利用します。UDLD装置が新しいネイバを学習するか、または同期していないネイバから再同期要求を受信すると、接続のUDLD装置側の検出ウィンドウを再起動して、エコー メッセージを返送します。この動作はすべてのUDLDネイバに対して同様に行われるため、エコー送信側では返信エコーを受信するものと予測します。検出ウィンドウが終了し、有効な返信メッセージが受信されなかった場合、リンクは単一方向であるとみなされ、インターフェイスはシャットダウンします。

図 19-1に、単一方向リンク状態の例を示します。

図 19-1 UDLDによる単一方向リンクの検出

 

UDLDの設定

ここでは、スイッチ上でUDLDを設定する手順について説明します。内容は次のとおりです。

「UDLDのデフォルト設定」

「UDLDのグローバルなイネーブル化」

「インターフェイスでのUDLDのイネーブル化」

「UDLDによってシャットダウンされたインターフェイスのリセット」

UDLDのデフォルト設定

表 19-1 に、UDLDのデフォルト設定を示します。

 

表 19-1 UDLDのデフォルト設定

機能
デフォルト値

UDLDグローバル イネーブル ステート

グローバルにディセーブル

インターフェイス別のUDLDイネーブル ステート(光ファイバ メディア用)

すべてのイーサネット光ファイバ インターフェイスでディセーブル

インターフェイス別のUDLDイネーブル ステート(ツイストペア[銅]メディア用)

すべてのイーサネット10/100および1000BASE-TXインターフェイスでディセーブル

UDLDアグレッシブ モード

ディセーブル

UDLD対応インターフェイスが別のスイッチのUDLD非対応ポートに接続されている場合は、このインターフェイスも単一方向リンクを検出できません。

UDLDのグローバルなイネーブル化

スイッチのすべての光ファイバ インターフェイスにおいて、アグレッシブ モードまたは標準モードでUDLDをイネーブルにして、設定可能なメッセージ タイマーを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

udld { aggressive | enable | message time message-timer-interval }

UDLDの動作モードを指定します。

aggressive ― すべての光ファイバ インターフェイスにおいて、アグレッシブ モードでUDLDをイネーブルにします。アグレッシブ モードを使用する場合の注意事項については、コマンド リファレンス ガイドを参照してください。

enable ― スイッチのすべての光ファイバ インターフェイスにおいて、標準モードでUDLDをイネーブルにします。UDLDはデフォルトでディセーブルです。

個々のインターフェイスの設定は、 udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定より優先されます。

message time message-timer-interval ― アドバタイズ フェーズにあり、双方向と判別されたポートにおけるUDLDプローブ メッセージ間の時間間隔を設定します。指定できる範囲は7~90秒です。


) このコマンドが作用するのは、光ファイバ インターフェイスだけです。他のインターフェイス タイプでUDLDをイネーブルにする場合は、udldインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。詳細は、「インターフェイスでのUDLDのイネーブル化」を参照してください。


ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show udld

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

UDLDをグローバルにディセーブルにするには、 no udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、すべての光ファイバ ポート上で標準モードのUDLDをディセーブルにします。すべての光ファイバ ポートでアグレッシブ モードのUDLDをディセーブルにする場合は、 no udld aggressive グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

インターフェイスでのUDLDのイネーブル化

インターフェイス上で、UDLDをアグレッシブ モードまたは標準モードでイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、UDLDをイネーブルにするインターフェイスを指定します。

ステップ 3

udld { aggressive | enable }

UDLDの動作モードを指定します。

aggressive ― 指定されたインターフェイスにおいて、アグレッシブ モードでUDLDをイネーブルにします。アグレッシブ モードを使用する場合の注意事項については、コマンド リファレンス ガイドを参照してください。

enable ― 指定されたインターフェイスにおいて、標準モードでUDLDをイネーブルにします。UDLDはデフォルトでディセーブルです。

光ファイバ インターフェイスの場合、このコマンドは udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドより優先されます。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show udld interface-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

光ファイバ以外のインターフェイスでUDLDをディセーブルにするには、 no udld enable インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。


) 光ファイバ インターフェイスの場合、no udld enableコマンドを使用すると、インターフェイスの設定はudld enableグローバル コンフィギュレーション コマンドによる設定に戻ります。


光ファイバ インターフェイス上でUDLDをディセーブルにするには、 udld disable コマンドを使用して、 udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンドによる設定に戻します。このコマンドは、光ファイバ以外のインターフェイスではサポートされません。

UDLDによってシャットダウンされたインターフェイスのリセット

UDLDによってシャットダウンされたすべてのインターフェイスをリセットするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

udld reset

UDLDによってシャットダウンされたすべてのインターフェイスをリセットします。

ステップ 2

show udld

設定を確認します。

ステップ 3

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次のコマンドを使用して、インターフェイスを起動することもできます。

shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドに続けて no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンド ― ディセーブルに設定されていたインターフェイスを再起動します。

no udld enable グローバル コンフィギュレーション コマンド ― UDLDをグローバルに再びイネーブルにします。

udld disable インターフェイス コンフィギュレーション コマンド ― 指定されたインターフェイス上でUDLDを再びイネーブルにします。

UDLDステータスの表示

特定のインターフェイスまたはすべてのインターフェイスのUDLDステータスを表示するには、 show udld [ interface-id ] イネーブルEXECコマンドを使用します。

出力フィールドの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。