Catalyst 2950 LRE デスクトップ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
RSTPおよびMSTPの設定
RSTPおよびMSTPの設定
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

RSTPおよびMSTPの設定

RSTPの概要

ポートの役割とアクティブ トポロジー

高速コンバージェンス

ポートの役割の同期化

BPDUフォーマットと処理

優良BPDU情報の処理

不良BPDU情報の処理

トポロジー変更

MSTPの概要

MSTリージョン

IST、CIST、およびCST

MSTリージョン内の動作

MSTリージョン間の動作

ホップ カウント

境界ポート

802.1D STPとのインターオペラビリティ

RSTPおよびMSTP機能の設定

RSTPおよびMSTPのデフォルト設定

RSTPおよびMSTP設定時の注意事項

MSTリージョン構成の指定とMSTPのイネーブル化

ルート スイッチの設定

セカンダリ ルート スイッチの設定

ポート プライオリティの設定

パス コストの設定

スイッチ プライオリティの設定

Helloタイムの設定

転送遅延時間の設定

最大エージング タイムの設定

最大ホップ カウントの設定

リンク タイプの指定による高速コンバージェンスの実現

プロトコル移行プロセスの再開

MST設定およびステータスの表示

RSTPおよびMSTPの設定

この章では、シスコのIEEE 802.1w Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP)およびIEEE 802.1s Multiple STP(MSTP)をスイッチに設定する方法について説明します。この章で説明されている機能を使用するには、EI(拡張ソフトウェア イメージ)をスイッチにインストールしておく必要があります。

RSTPはスパニングツリーの高速コンバージェンスを行います。MSTPは、RSTPを使用して高速コンバージェンスを行い、複数のVLANを1つのスパニングツリー インスタンスにまとめ、データ トラフィック用の複数の転送パスを実現し、負荷分散をイネーブルにします。あるインスタンス(転送パス)での障害が他のインスタンス(転送パス)に影響を与えないので、ネットワークの耐障害性を向上させます。MSTPおよびRSTPの最も一般的な導入形態は、レイヤ2スイッチド ネットワークのバックボーンおよびディストリビューション レイヤへの導入です。これにより、サービス プロバイダー環境で必要とされる可用性の高いネットワークが実現されます。

RSTPおよびMSTPは、(元の)802.1Dスパニングツリーに基づく機器、既存のシスコPer-VLAN Spanning Tree(PVST)、既存のシスコ独自のMultiple Instance STP(MISTP)との下位互換性を維持しながら、スパニングツリーの動作を向上させます。STPについては、 第11章「STPの設定」 を参照してください。また、任意選択が可能なスパニングツリー機能については、 第13章「オプションのスパニングツリー機能の設定」 を参照してください。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「RSTPの概要」

「MSTPの概要」

「802.1D STPとのインターオペラビリティ」

「RSTPおよびMSTP機能の設定」

「MST設定およびステータスの表示」

RSTPの概要

RSTPはポイントツーポイント配線を利用してスパニングツリーの高速コンバージェンスを行います。スパニングツリーの再構成は1秒未満で実行され(これとは対照的に、802.1Dスパニングツリーのデフォルト設定では50秒かかります)、音声やビデオなどの遅延に影響されやすいトラフィックを搬送するネットワークにとって重要な機能です。

ここではRSTPの機能について説明します。

「ポートの役割とアクティブ トポロジー」

「高速コンバージェンス」

「ポートの役割の同期化」

「BPDUフォーマットと処理」

設定手順については、 「RSTPおよびMSTP機能の設定」 を参照してください。

ポートの役割とアクティブ トポロジー

RSTPはスパニングツリーの高速コンバージェンスを行うために、ポートに対して役割を割り当て、さらにアクティブ トポロジーを決定します。RSTPはIEEE 802.1D STPに基づいて、スイッチ プライオリティが最大(プライオリティ値の数値が最小)のスイッチをルート スイッチとして選択します( ルート スイッチの選定を参照)。RSTPは次に、以下の役割の1つを個々のポートに割り当てます。

ルート ポート ― スイッチによってパケットがルート スイッチに転送されるときに、最適なパス(最小コスト)を確保します。

指定ポート ― 指定スイッチに接続し、これによりLANからルート スイッチへのパケット転送の際、パス コストが最小となります。指定スイッチがLANに接続するポートのことを指定ポートと呼びます。

代替ポート ― 現在のルート ポートが提供するルート スイッチへの代替パスを実現します。

バックアップ ポート ― 指定ポートがスパニングツリーのリーフに対して提供するパスのバックアップとして機能します。バックアップ ポートが存在できるのは、2つのポートがポイントツーポイント リンクによってループバックで接続されているか、スイッチが共有LANセグメントに対して2つ以上の接続を持つ場合だけです。

ディセーブル ポート ― スパニングツリーの動作の範囲内では役割がありません。

ルートまたは指定ポートの役割を持つポートは、アクティブ トポロジーに組み込まれます。代替またはバックアップ ポートの役割を持つポートは、アクティブ トポロジーから除外されます。

ネットワーク全体でポートの役割に矛盾のない安定したトポロジーでは、RSTPは、すべての代替およびバックアップ ポートは常に廃棄ステートにする(802.1Dのブロッキングに相当)のに対し、すべてのルート ポートおよび指定ポートはただちにフォワーディング ステートに移行するようにします。ポート ステートは、フォワーディングおよびラーニング プロセスの動作を制御します。 表 12-1 に、802.1DとRSTPポート ステートの比較を示します。

 

表 12-1 ポート ステートの比較

動作ステータス
STPのポート ステート
RSTPの
ポート ステート
アクティブなトポロジーでのポートの有無

イネーブル

ブロッキング

廃棄

なし

イネーブル

リスニング

廃棄

なし

イネーブル

ラーニング

ラーニング

あり

イネーブル

フォワーディング

フォワーディング

あり

ディセーブル

ディセーブル

廃棄

なし

シスコのSTP製品内で統一を取るため、このマニュアルではポートの 廃棄 ステートを ブロッキング と呼びます。指定ポートは、リスニング ステートから起動します。

高速コンバージェンス

RSTPは、スイッチ、スイッチ ポート、またはLANの障害後、接続の回復を高速で実行します。エッジ ポート、新規のルート ポート、ポイントツーポイント リンクで接続されたポートに対して、次のように高速コンバージェンスを行います。

エッジ ポート ― spanning-tree portfast インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してRSTPスイッチ上でポートをエッジ ポートとして設定すると、エッジ ポートはただちにフォワーディング ステートに移行します。エッジ ポートはPortFast対応ポートと同じで、1つのエンド ステーションに接続したポートでのみイネーブルにする必要があります。

ルート ポート ― RSTPは新規のルート ポートを選択すると、古いルート ポートをブロックして、新規のルート ポートをただちにフォワーディング ステートに移行させます。

ポイントツーポイント リンク ― ポイントツーポイント リンクを介してあるポートを別のポートに接続すると、ローカル ポートが指定ポートになり、プロポーザル/アグリーメント ハンドシェークを使用して他のポートと高速移行をネゴシエートし、ループのないトポロジーを実現します。

図 12-1に示すように、スイッチAはポイントツーポイント リンクを介してスイッチBに接続し、全ポートがブロッキング ステートです。スイッチAのプライオリティが数値的にスイッチBのプライオリティより小さいと仮定します。スイッチAはスイッチBにプロポーザル メッセージを送信し、自身を指定スイッチとして提案します。このプロポーザル メッセージは、プロポーザル フラグが設定されたコンフィギュレーションBridge Protocol Data Unit(BPDU;ブリッジ プロトコル データ ユニット)です。

スイッチBは、プロポーザル メッセージを受信すると、プロポーザル メッセージを受信したポートを新規のルート ポートとして選択し、すべての非エッジ ポートをブロッキング ステートにし、新規のルート ポートからアグリーメント メッセージ(アグリーメント フラグが設定されたBPDU)を送信します。

スイッチAも、スイッチBのアグリーメント メッセージを受信後、ただちに自身の指定ポートをフォワーディング ステートに移行させます。スイッチBがすべての非エッジ ポートをブロックしているため、また、スイッチAとスイッチB間にポイントツーポイント リンクが存在するため、ネットワーク内にはループは形成されません。

スイッチCがスイッチBに接続すると、同様の一連のハンドシェーキング メッセージが交換されます。スイッチCは、スイッチBに接続したポートをルート ポートとして選択し、両端のポートはただちにフォワーディング ステートに移行します。このハンドシェーキング プロセスを繰り返すたびに、スイッチが1台ずつアクティブ トポロジーに追加されます。ネットワークが収束するにつれてこのプロポーザル/アグリーメント ハンドシェークがスパニングツリーのルートからリーフに向かって進みます。

スイッチは、ポート デュプレックス モードからリンク タイプを判断します。つまり、全二重ポートにはポイントツーポイント接続が設定されていると見なされ、半二重ポートは共有接続が設定されていると見なされます。デュプレックス設定から判断されたデフォルト設定は、 spanning-tree link-type インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して上書きできます。

図 12-1 高速コンバージェンスのためのプロポーザル/アグリーメント ハンドシェーキング

 

ポートの役割の同期化

スイッチのポートの1つでプロポーザル メッセージが受信され、そのポートが新規のルート ポートとして選択されると、RSTPは残りすべてのポートを新しいルート情報で同期させます。

残りすべてのポートが同期化した場合、スイッチはルート ポート上で受信した優良ルート情報で同期化します。スイッチ上の個々のポートは、次の場合に同期化します。

ポートがブロッキング ステートにある。

エッジ ポート(ネットワーク エッジにあるように設定されたポート)である。

指定ポートがフォワーディング ステートにあり、エッジ ポートとして設定されていない場合は、RSTPによって新しいルート情報で同期化されると、ブロッキング ステートに移行します。一般に、RSTPによって新しいルート情報でポートが同期化される場合に、ポートが上の条件のいずれも満たしていないときは、そのポートのステートはブロッキングに設定されます。

スイッチの全ポートの同期化が確定すると、スイッチは自身のルート ポートに対応する指定スイッチにアグリーメント メッセージを送信します。ポイントツーポイント リンクによって接続されたスイッチがポートの役割について合意すると、RSTPはただちにポート ステートをフォワーディングに移行させます。図 12-2に、このようなイベント シーケンスを示します。

図 12-2 高速コンバージェンス時のイベント シーケンス

 

BPDUフォーマットと処理

RSTP BPDUフォーマットは、プロトコルのバージョンが2に設定されている点を除いて、IEEE 802.1D BPDUフォーマットと同じです。新しい1バイトのバージョン1のLengthフィールドは0に設定されています。つまり、バージョン1のプロトコル情報が提示されていないということです。 表 12-2 に、RSTPフラグ フィールドを示します。

 

表 12-2 RSTP BPDUフラグ

ビット
機能

0

TC(トポロジー変更)

1

プロポーザル

2-3:

00

01

10

11

ポートの役割

不明

代替ポート

ルート ポート

指定ポート

4

ラーニング

5

フォワーディング

6

アグリーメント

7

TCA(トポロジー変更確認応答)

送信側スイッチは、RSTP BPDUにプロポーザル フラグを設定し、そのLAN上の指定スイッチとして自身をプロポーズします。プロポーザル メッセージ内のポートの役割は、常に指定ポートに設定されています。

また、送信側スイッチは、RSTP BPDUにアグリーメント フラグを設定し、受信したプロポーザルを受け入れます。アグリーメント メッセージ内のポートの役割は、常にルート ポートに設定されています。

RSTPは、独立したTopology Change Notification(TCN;トポロジー変更通知)BPDUを備えていません。TCフラグを使用してトポロジー変更を表示します。ただし、802.1Dスイッチとのインターオペラビリティのため、RSTPスイッチはTCN BPDUを処理して生成します。

ラーニングおよびフォワーディング ステートは、送信ポートのステートに応じて設定されます。

優良BPDU情報の処理

自身のために現在保存されているものより優良であるルート情報(より小さいブリッジID、より低いパス コストなどを持つ)がポートで受信されると、RSTPは再構成処理を起動します。ポートが新規のルート ポートとして提案、選択されている場合、RSTPは残りすべてのポートを同期させます。

受信されたBPDUがプロポーザル フラグの設定されたRSTP BPDUである場合は、スイッチは、残りすべてのポートを同期させた後、アグリーメント メッセージを送信します。BPDUが802.1D BPDUである場合は、スイッチはプロポーザル フラグを設定せず、ポートの転送遅延タイマーを起動します。新規のルート ポートが、フォワーディング ステートに移行するには、転送遅延時間の2倍の時間がかかります。

ポートで受信した優良情報によってポートがバックアップまたは代替ポートになる場合、RSTPはポートをブロッキング ステートに設定しますが、アグリーメント メッセージは送信しません。指定ポートは、転送遅延タイマーが期限切れになるまでプロポーザル フラグが設定されたBPDUを送信し続けます。期限切れになると、ポートはフォワーディング ステートに移行します。

不良BPDU情報の処理

指定ポートが、ポートの役割が指定ポートに設定された不良BPDU(ポートのために現在保存されているものより大きなブリッジID、高いパス コストなどを持つ)を受信した場合は、ただちに自身の情報で応答します。

トポロジー変更

ここでは、スパニングツリーのトポロジー変更処理に関するRSTPと802.1Dの相違について説明します。

方向 ― ブロッキングとフォワーディング ステート間の あらゆる 移行がトポロジー変更を引き起こす802.1Dとは異なり、RSTPでは、ブロッキングからフォワーディング ステートへの移行 のみ がトポロジー変更を引き起こします(接続性の増加のみがトポロジー変更と見なされます)。エッジ ポートでのステート変更はトポロジー変更を引き起こしません。RSTPスイッチは、トポロジー変更を検出すると、すべての非エッジ ポートで学習した情報をフラッシュします。

通知 ― TCN BPDUを使用する802.1Dとは異なり、RSTPではTCN BPDUは使用されません。ただし、802.1Dとのインターオペラビリティのため、RSTPスイッチはTCN BPDUを処理して生成します。

確認応答 ― RSTPスイッチは、指定ポートで802.1DスイッチからのTCNメッセージを受信すると、TCAビットが設定された802.1DコンフィギュレーションBPDUで応答します。ただし、TC時間タイマー(802.1Dのトポロジー変更タイマーと同じ)が802.1Dスイッチと接続したルート ポート上でアクティブな場合にTCAビットが設定された802.1DコンフィギュレーションBPDUを受信すると、TC時間タイマーはリセットされます。

この動作は、802.1Dスイッチのサポートのためにだけ必要です。RSTP BPDUでは、TCAビットは設定されません。

伝播 ― RSTPスイッチが指定ポートまたはルート ポートを通じて別のスイッチからTCメッセージを受信すると、トポロジー変更を自身のすべての非エッジ、エッジ、指定、およびルート ポートに伝播します(このTCメッセージを受信したポートは除く)。スイッチは、この全ポートに対してTC時間タイマーを起動し、このポートで学習した情報をフラッシュします。

プロトコル移行 ― 802.1Dスイッチとの下位互換性のため、RSTPは必要な場合のみポート単位で802.1DコンフィギュレーションBPDUおよびTCN BPDUを送信します。

ポートが初期化されると、移行遅延タイマーが起動し(RSTP BPDUを送信する最小時間を指定)、RSTP BPDUが送信されます。タイマーがアクティブな間、スイッチはそのポートで受信したすべてのBPDUを処理し、プロトコル タイプを無視します。

スイッチは、ポートの移行遅延タイマーが期限切れになった後で802.1D BPDUを受信した場合、802.1Dスイッチに接続しているものと仮定し、802.1D BPDUだけを使用し始めます。ただし、RSTPスイッチがポートで802.1D BPDUを使用している場合に、タイマーの期限切れ後にRSTP BPDUを受信すると、タイマーを再起動してそのポートでRSTP BPDUを使用し始めます。

MSTPの概要

MSTPは、RSTPを使用して高速コンバージェンスを行い、複数のVLANを1つのスパニングツリー インスタンスにまとめられるようにします。各インスタンスは、他のスパニングツリー インスタンスから独立したスパニングツリー トポロジーを備えています。このアーキテクチャによって、データ トラフィック用の複数の転送パスが実現され、負荷分散が可能となり、多数のVLANをサポートするために必要なスパニングツリー インスタンスの数が削減されます。

ここではMSTPの機能について説明します。

「MSTリージョン」

「IST、CIST、およびCST」

「ホップ カウント」

設定手順については、「RSTPおよびMSTP機能の設定」を参照してください。

MSTリージョン

Multiple Spanning-Tree(MST)インスタンスに関与しているスイッチの場合は、同じMST設定情報を基にスイッチを矛盾のないように設定する必要があります。同じMST設定を持つ相互接続スイッチの集合によって、MSTリージョンを構成します(MSTリージョン、ISTマスター、およびCSTルートを参照)。

MST設定によって各スイッチが属するMSTリージョンが決まります。設定は、リージョンの名前、リビジョン番号、MSTインスタンスとVLAN間の割り当てマップで構成されます。 spanning-tree mst configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してスイッチをリージョン用に設定します。このコマンドを使用することによって、スイッチがMSTコンフィギュレーション モードになります。このモードでは、 instance MSTコンフィギュレーション コマンドでVLANをMSTインスタンスにマッピングし、 name MSTコンフィギュレーション コマンドでリージョン名を指定し、 revision MSTコンフィギュレーション コマンドでリビジョン番号を設定できます。

リージョンは、1つのメンバー、あるいは同じMST設定を持つ複数のメンバーを含むことができます。各メンバーはRSTP BPDUが処理できなければなりません。ネットワーク内のMSTリージョンの数に制限はありませんが、各リージョンがサポートできるスパニングツリー インスタンスは16までです。1つのVLANを一度に割り当てることのできるスパニングツリー インスタンスは1つだけです。

IST、CIST、およびCST

スパニングツリー インスタンスがすべて独立しているPVST+とは異なり、MSTPは2種類のスパニングツリーを設定して維持できます。

Internal Spanning Tree(IST;内部スパニングツリー)は、1つのMSTリージョン内で実行するスパニングツリーです。

各MSTPリージョン内では、MSTPは複数のスパニングツリー インスタンスを維持します。インスタンス0はリージョンの特殊インスタンスで、ISTと呼ばれます。残りすべてのインスタンスについては1~15の番号が付けられます。

ISTはBPDUを送受信する唯一のインスタンスです。残りすべてのスパニングツリー インスタンス情報はMレコードに格納され、MSTP BPDU内にカプセル化されています。MSTP BPDUはすべてのインスタンスの情報を搬送するので、スイッチが複数のスパニングツリー インスタンスをサポートするために処理する必要のあるBPDUの数は、大幅に削減されます。

同一リージョン内の全MSTインスタンスは同じプロトコル タイマーを共有しますが、各MSTインスタンスには、ルート スイッチID、ルート パス コストなどの独自のトポロジー パラメータがあります。デフォルトでは、ISTにすべてのVLANが割り当てられています。

MSTインスタンスはリージョンに対してローカルです。たとえば、リージョンAとBが相互接続している場合でも、リージョンAのMSTインスタンス1は、リージョンBのMSTインスタンス1とは独立しています。

Common and Internal Spanning Tree(CIST)は、各MSTリージョン内のISTと、複数のMSTリージョンと1つのスパニングツリーを相互接続するCommon Spanning Tree(CST;共通スパニングツリー)の集合です。

リージョン内で計算されたスパニングツリーは、CSTのサブツリーとなり、スイッチド ドメイン全体を網羅します。CISTは、802.1w、802.1s、および802.1Dプロトコルをサポートするスイッチ間でスパニングツリー アルゴリズムを実行した結果として形成されます。MSTリージョン内部のCISTは、リージョン外部のCSTと同じです。

詳細については、「MSTリージョン内の動作」および「MSTリージョン間の動作」を参照してください。

MSTリージョン内の動作

ISTは、リージョン内のすべてのMSTPスイッチを接続します。ISTがコンバージすると、ISTのルートがISTマスターになります(MSTリージョン、ISTマスター、およびCSTルートを参照)。これは、リージョン内で最小のブリッジIDと、CSTルートに対するパス コストが設定されたスイッチです。ISTマスターは、ネットワーク内にリージョンが1つしかない場合はCSTルートになります。CSTルートがリージョンの外部にある場合は、リージョンの境界にあるMSTPスイッチの1つがISTマスターとして選択されます。

MSTPスイッチは、初期化されると、自身をCSTのルートおよびISTマスターとして主張するBPDUを送信します。その際、CSTルートとISTマスターへのパス コストをいずれも0に設定しています。さらに、スイッチは自身のすべてのMSTインスタンスを初期化し、そのすべてのルートにするように主張します。スイッチは、ポートのために現在保存されているものより優良なMSTルート情報(より小さいブリッジID、より低いパス コストなどを持つ)が受信されると、ISTマスターとしての主張を放棄します。

初期化時は、リージョンには、それぞれが独自のISTマスターを備えた多数のサブリージョンが含まれることがあります。スイッチは、優良IST情報を受信すると、古いサブリージョンから脱退して、真のISTマスターを含む可能性のある新しいサブリージョンに加入します。この結果、真のISTマスターを含んだリージョンを除いて全サブリージョンが縮小します。

正常な動作のためには、MSTリージョン内の全スイッチは同じISTマスターに同意する必要があります。したがって、リージョンの任意の2台のスイッチがMSTインスタンスに対するポートの役割を同期させるのは、共通のISTマスターにコンバージする場合だけです。

MSTリージョン間の動作

ネットワーク内に複数のリージョンまたはレガシー802.1Dスイッチがある場合、MSTPはCSTを設定して維持します。これには、ネットワークのすべてのMSTリージョンとすべてのレガシーSTPスイッチが含まれます。MSTインスタンスは、リージョンの境界でISTと結合されてCSTになります。

ISTはリージョン内のすべてのMSTPスイッチを接続してCSTのサブツリーとなります。CSTはスイッチド ドメイン全体を網羅し、サブツリーのルートがISTマスターとなります。MSTリージョンは、隣接STPスイッチと複数のMSTリージョンの仮想スイッチとして機能します。

図 12-3に、3つのMSTリージョンと1台のレガシー802.1Dスイッチ(D)のあるネットワークを示します。リージョン1(A)のISTマスターは、CSTルートも兼ねています。リージョン2(B)のISTマスターおよびリージョン3(C)のISTマスターは、CST内のそれぞれのサブツリーのルートです。RSTPはすべてのリージョンで実行しています。

図 12-3 MSTリージョン、ISTマスター、およびCSTルート

 

図 12-3では、各リージョンのその他のMSTインスタンスは省略しています。MSTインスタンスのトポロジーは、同じリージョンのISTのものとは異なることがあるので注意してください。

CSTインスタンスだけがBPDUを送受信し、MSTインスタンスは自身のスパニングツリー情報をBPDUに追加して近接スイッチと相互に通信して最終的なスパニングツリー トポロジーを計算します。このため、BPDU送信に関連するスパニングツリー パラメータ(たとえば、Helloタイム、転送時間、最大エージング時間、最大ホップ数など)は、CSTインスタンスに対してだけ設定されますが、影響はすべてのMSTインスタンスに及びます。スパニングツリー トポロジーに関連するパラメータ(たとえば、スイッチ プライオリティ、ポートVLANコスト、ポートVLANプライオリティなど)は、CSTインスタンスとMSTインスタンスの両方に設定できます。

MSTPスイッチは、バージョン3のRSTP BPDUまたは802.1D STP BPDUを使用してレガシー802.1Dスイッチと通信します。MSTPスイッチは、MSTP BPDUを使用してMSTPスイッチと通信します。

ホップ カウント

ISTおよびMSTインスタンスでは、コンフィギュレーションBPDUのメッセージ有効期間および最大エージング タイム情報を使用してスパニングツリー トポロジーを計算しません。代わりに、IP Time To Live(TTL)メカニズムに似たルートへのパス コストおよびホップ カウント メカニズムを使用します。

spanning-tree mst max-hops グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、リージョン内の最大ホップ数を設定し、そのリージョン内のISTと全MSTインスタンスに適用できます。ホップ カウントは、メッセージ有効期間情報と同じ結果をもたらします(再構成処理を起動する時期を決定する)。インスタンスのルート スイッチは、常にコストを0、ホップ カウントを最大値に設定してBPDU(またはMレコード)を送信します。スイッチは、BPDUを受信すると、受信した残りのホップ カウントを1つ減らして、生成するBPDUの残りのホップ カウントとしてこの値を伝播します。カウントが0に達すると、スイッチはBPDUを廃棄してポート用に保持していた情報を期限切れにします。

BPDUのRSTP部分のメッセージ有効期間および最大エージング タイム情報は、リージョン全体で同じままであり、境界にあるリージョンの指定ポートによって同じ値が伝播されます。

境界ポート

境界ポートとは、RSTP稼働の1つのスパニングツリー リージョン、802.1D稼働の1つのスパニングツリー リージョン、またはMST設定が異なる別のMSTリージョンに、1つのMSTリージョンを接続するポートのことです。また、指定スイッチが1つのスパニングツリー スイッチ、または異なるMST設定のスイッチであるLANにも接続します。

境界では、MSTポートの役割は重要ではなく、ポート ステートは強制的にISTポート ステートと同じになります(境界にあるMSTポートは、ISTポートがフォワーディングの場合にだけフォワーディング ステートになります)。境界にあるISTポートは、バックアップ以外のポートの役割を持つことができます。

共有境界リンク上では、MSTポートは、ブロッキング ステートで転送遅延時間が期限切れになるのを待機してからラーニング ステートに移行します。また、さらに転送遅延時間の間待機してから、フォワーディング ステートに移行します。

境界ポートがポイントツーポイント リンク上にあり、ISTルート ポートである場合は、ISTポートがフォワーディング ステートに移行するとすぐにMSTポートはフォワーディング ステートに移行します。

ISTポートがポイントツーポイント リンク上の指定ポートである場合、かつ、ISTポートがそのピア ポートから合意を受信したためにフォワーディング ステートに移行する場合は、MSTポートもただちにフォワーディング ステートに移行します。

境界ポートがISTインスタンス内でフォワーディング ステートに移行する場合は、すべてのMSTインスタンスでフォワーディングになり、トポロジー変更が引き起こされます。ISTルートまたは指定ポートの役割を持った境界ポートがMSTクラウド外部のトポロジー変更通知を受信した場合は、MSTPスイッチは、ISTインスタンス内およびそのポートでアクティブな全MSTインスタンス内でトポロジー変更を引き起こします。

802.1D STPとのインターオペラビリティ

MSTPとRSTPの両方が稼働するスイッチは、組み込み型のプロトコル移行メカニズムをサポートし、このメカニズムによってレガシー802.1Dスイッチとのインターオペラビリティが可能となります。このスイッチがレガシー802.1DコンフィギュレーションBPDU(プロトコルのバージョンが0に設定されているBPDU)を受信した場合は、そのポート上で802.1D BPDUだけを送信します。MSTスイッチは、あるポートがレガシーBPDU、別のリージョンに関連づけられたMST BPDU(バージョン3)、またはRST BPDU(バージョン2)を受信すると、そのポートがリージョンの境界にあることを検知します。

ただし、スイッチは、802.1D BPDUを受信しなくなった場合であっても、自動的にはMSTPモードには戻りません。これは、レガシー スイッチが指定スイッチでなければ、リンクから削除されたかどうかを判断できないためです。また、あるスイッチの接続先のスイッチがリージョンに加入した場合でも、このスイッチはポートに境界の役割を割り当て続けることもあります。プロトコル移行プロセスを再開する(強制的に近接スイッチと再度ネゴシエートさせる)には、 clear spanning-tree detected-protocols イネーブルEXECコマンドを使用します。

リンク上のすべてのレガシー スイッチがRSTPスイッチである場合は、RSTP BPDUを処理するようにMSTP BPDUを処理できます。したがって、MSTPスイッチは、バージョン0のコンフィギュレーションおよびTCN BPDUまたはバージョン3のMSTP BPDUを境界ポート上で送信します。境界ポートは、指定スイッチが1つのスパニングツリー スイッチ、または異なるMST設定のスイッチであるLANに接続します。

RSTPおよびMSTP機能の設定

ここでは、RSTPおよびMSTP機能の基本設定について説明します。

「RSTPおよびMSTPのデフォルト設定」

「RSTPおよびMSTP設定時の注意事項」

「MSTリージョン構成の指定とMSTPのイネーブル化」(必須)

「ルート スイッチの設定」(任意)

「セカンダリ ルート スイッチの設定」(任意)

「ポート プライオリティの設定」(任意)

「パス コストの設定」(任意)

「スイッチ プライオリティの設定」(任意)

「Helloタイムの設定」(任意)

「転送遅延時間の設定」(任意)

「最大エージング タイムの設定」(任意)

「最大ホップ カウントの設定」(任意)

「リンク タイプの指定による高速コンバージェンスの実現」(任意)

「プロトコル移行プロセスの再開」(任意)

RSTPおよびMSTPのデフォルト設定

表 12-3 に、RSTPおよびMSTPのデフォルト設定を示します。

 

表 12-3 RSTPおよびMSTPのデフォルト設定

機能
デフォルト値

スパニングツリー モード

PVST(MSTPおよびRSTPはディセーブル)

スイッチ プライオリティ(CISTインターフェイス単位で設定可能)

32768

スパニングツリー ポート プライオリティ(CISTインターフェイス単位で設定可能)

128

スパニングツリー ポート コスト(CISTインターフェイス単位で設定可能)

1000 Mbps: 4

100 Mbps: 19

10 Mbps: 100

Helloタイム

2秒

転送遅延時間

15秒

最大エージング タイム

20秒

最大ホップ カウント

20ホップ

RSTPおよびMSTP設定時の注意事項

RSTPおよびMSTP設定時の注意事項は次のとおりです。

UplinkFast、BackboneFast、およびcross-stack UplinkFast機能は、RSTPおよびMSTPではサポートされていません。

VLAN単位RSTPはサポートされていません。 spanning-tree mode mst グローバル コンフィギュレーション コマンドでMSTをイネーブルにすると、RSTPがイネーブルになります。

PVST、PVST+、およびMSTPはサポートされているが、一度にアクティブにできるバージョンは1つだけです。すべてのVLANでPVSTを実行するか、すべてのVLANでMSTPを実行します。

MST設定情報のVTP伝播はサポートされていません。ただし、CLI(コマンドライン インターフェイス)の使用またはSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)のサポートにより、各スイッチ上でMSTリージョン内にMST設定情報(リージョン名、リビジョン番号、MSTインスタンス/VLANマッピング)を手動で設定できます。

ネットワークの冗長パス全体でロード バランシングを機能させるには、すべてのVLAN/インスタンス マッピング割り当てが一致する必要があります。そうでない場合、すべてのトラフィックが1つのリンク上を流れます。

すべてのMST境界ポートは、PVST+とMSTクラウド間のロード バランシング用にフォワーディング状態にある必要があります。このためには、MSTクラウドのISTマスターがCSTのルートを兼ねる必要があります。MSTクラウドが複数のMSTリージョンで構成される場合は、MSTリージョンのいずれかにCSTルートが設定され、さらに残りすべてのMSTリージョンに、MSTクラウドに設定されているルートへの、PVST+クラウド経由のパスよりも優れたパスが設定されている必要があります。クラウドに手動でスイッチを設定しなければならない場合もあります。

ネットワークを多数のリージョンに分割することは推奨されません。ただし、そうせざるを得ない場合は、スイッチドLANを、ルータまたは非レイヤ2装置で相互接続された複数の小規模LANに分割することを推奨します。

MSTリージョン構成の指定とMSTPのイネーブル化

2台以上のスイッチが同一MSTリージョン内に存在するには、同じVLAN/インスタンス マッピング、同じ構成リビジョン番号、および同じ名前が設定されている必要があります。

リージョンは、1つのメンバー、あるいは同じMST設定を持つ複数のメンバーを含むことができます。各メンバーはRSTP BPDUが処理できなければなりません。ネットワーク内のMSTリージョンの数に制限はありませんが、各リージョンがサポートできるスパニングツリー インスタンスは16までです。1つのVLANを一度に割り当てることのできるスパニングツリー インスタンスは1つだけです。

MSTリージョン構成を指定してMSTPをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。この手順は必須です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

MSTコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

instance instance-id vlan vlan-range

VLANをMSTインスタンスにマッピングします。

instance-id を指定する場合、範囲は1~15です。

vlan vlan-range を指定する場合、範囲は1~4094です。

MSTインスタンスにVLANをマッピングする場合、マッピングはインクリメンタルに行われ、指定されたVLANの範囲が既存のものに対して追加または削除されます。

範囲を指定する場合は、ハイフンを使用します。たとえば、 instance 1 vlan 1-63 と指定すると、VLAN 1~63がMSTインスタンス1にマッピングされます。

列挙して指定する場合は、カンマを使用します。たとえば、 instance 1 vlan 10,20,30 と指定すると、VLAN 10、20、30がMSTインスタンス1にマッピングされます。

ステップ 4

name name

構成名を指定します。 name ストリングには最大32文字まで使用でき、大文字と小文字が区別されます。

ステップ 5

revision version

構成のリビジョン番号を指定します。指定できる範囲は0~65535です。

ステップ 6

show pending

変更を確定させる前の構成を表示して設定を確認します。

ステップ 7

exit

すべての変更を適用し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 8

spanning-tree mode mst

MSTPをイネーブルにします。RSTPもイネーブルにします。


注意 スパニングツリー モードを変更すると、すべてのスパニングツリー インスタンスが以前のモードのために停止し、新しいモードで再起動するので、トラフィックを中断させる可能性があります。

MSTPとPVSTは同時に稼働させることはできません。

ステップ 9

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 10

show running-config

設定を確認します。

ステップ 11

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトのMSTリージョン構成に戻すには、 no spanning-tree mst configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのVLAN/インスタンス マッピングに戻すには、 no instance instance-id [ vlan vlan-range ] MSTコンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトの名前に戻すには、 noname MSTコンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのリビジョン番号に戻すには、 no revision MSTコンフィギュレーション コマンドを使用します。 PVSTを再度イネーブルにするには、 no spanning-tree mode または spanning-tree mode pvst グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例は、MSTコンフィギュレーション モードを開始し、VLAN 10~20をMSTインスタンス1にマッピングし、リージョンに region1 と名前を付け、構成リビジョンを1に設定し、変更確認前の構成を表示し、変更を適用し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻る方法を示します。

Switch(config)# spanning-tree mst configuration
Switch(config-mst)# instance 1 vlan 10-20
Switch(config-mst)# name region1
Switch(config-mst)# revision 1
Switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [region1]
Revision 1
Instance Vlans Mapped
-------- ---------------------
0 1-9,21-4094
1 10-20
-------------------------------
 
Switch(config-mst)# exit
Switch(config)#
 

ルート スイッチの設定

スイッチは、スパニングツリー インスタンスをVLANのグループとマッピングし維持します。各インスタンスには、スイッチ プライオリティとスイッチのMACアドレスからなるブリッジIDが対応づけられます。ブリッジIDが最小のスイッチが、そのVLANグループのルート スイッチになります。

スイッチがルートになるように設定するには、 spanning-tree mst instance-id root グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、スイッチ プライオリティをデフォルト値(32768)からきわめて小さい値に変更します。これにより、そのスイッチが指定されたスパニングツリー インスタンスのルート スイッチになります。このコマンドを入力すると、スイッチはルート スイッチのスイッチ プライオリティをチェックします。拡張システムIDのサポートのため、スイッチは指定されたインスタンスについて、自身のプライオリティを24576に設定します。これは、この値によってこのスイッチが指定されたスパニングツリー インスタンスのルートになる場合です。

指定インスタンスのルート スイッチに、24576に満たないスイッチ プライオリティが設定されている場合、スイッチは自身のプライオリティを最小のスイッチ プライオリティより4096小さい値に設定します( スイッチ プライオリティ値と拡張システムIDに示すように、4096は4ビットのスイッチ プライオリティ値の最下位ビットの値です)。


) Release 12.1(9)EA1より前のリリースが稼働するCatalyst 2950スイッチは、拡張システムIDをサポートしません。また、Release 12.1(9)EA1より前のリリースが稼働するCatalyst 2950スイッチは、MSTPをサポートしません。



) ネットワーク上に拡張システムIDをサポートするスイッチとサポートしないスイッチが混在する場合は、拡張システムIDをサポートするスイッチがルート スイッチになることはほぼありません。拡張システムIDによって、旧ソフトウェアが稼働する接続スイッチのプライオリティよりVLAN番号が大きくなるたびに、スイッチ プライオリティ値が増大します。



) 各スパニングツリー インスタンスのルート スイッチは、バックボーン スイッチまたはディストリビューション スイッチにする必要があります。アクセス スイッチをスパニングツリーのプライマリ ルートとして設定してはなりません。


diameter キーワード(MSTインスタンス0に対してのみ使用可能)を使用して、レイヤ2ネットワークの直径(すなわち、レイヤ2ネットワーク上の任意の2つのエンド ステーション間の最大スイッチ ホップ数)を指定します。ネットワークの直径を指定すると、その直径のネットワークに最適なHelloタイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムをスイッチが自動的に設定するので、収束時間を大幅に短縮できます。自動的に算出されたHelloタイムを変更する場合は、 Hello キーワードを使用します。


) スイッチをルートとして設定したあとで、spanning-tree mst hello-timespanning-tree mst forward-time、およびspanning-tree mst max-ageグローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、Helloタイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムを手動で設定することは推奨できません。


スイッチをルート スイッチとして設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id root primary [ diameter net-diameter [ hello-time seconds ]]

スイッチをルート スイッチとして設定します。

instance-id を指定する場合、範囲は0~15です。

(任意) diameter net-diameter には、任意の2つのエンド ステーション間の最大スイッチ数を指定します。指定できる範囲は2~7です。このキーワードは、MSTインスタンス0に対してのみ使用できます。

(任意) hello-time seconds には、ルート スイッチによってコンフィギュレーション メッセージが生成される間隔を秒数で指定します。指定できる範囲は1~10秒です。デフォルトは2秒です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id root グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

セカンダリ ルート スイッチの設定

拡張システムIDをサポートするCatalyst 2950スイッチをセカンダリ ルート スイッチとして設定すると、スパニングツリー スイッチ プライオリティがデフォルト値(32768)から28672に変更されます。これにより、プライマリ ルート スイッチに障害が発生した場合に、このスイッチが指定インスタンスのルート スイッチになる可能性が高くなります。これは、他のネットワーク スイッチがデフォルトのスイッチ プライオリティ32768を使用し、ルート スイッチになる可能性が低いことが前提です。拡張システムIDサポートのないCatalyst 2950スイッチ(Release 12.1(9)EA1より前のソフトウェア)では、スイッチ プライオリティは16384に変更されます。

複数のスイッチでこのコマンドを実行すると、複数のバックアップ ルート スイッチを設定できます。 spanning-tree mst instance-id root primary グローバル コンフィギュレーション コマンドでプライマリ ルート スイッチを設定したときと同じネットワーク直径およびHelloタイム値を使用してください。

スイッチをセカンダリ ルート スイッチとして設定するには、イネーブルEXECモードで次の作業を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id root secondary [ diameter net-diameter [ hello-time seconds ]]

スイッチをセカンダリ ルート スイッチとして設定します。

instance-id を指定する場合、範囲は0~15です。

(任意) diameter net-diameter には、任意の2つのエンド ステーション間の最大スイッチ数を指定します。指定できる範囲は2~7です。このキーワードは、MSTインスタンス0に対してのみ使用できます。

(任意) hello-time seconds には、ルート スイッチによってコンフィギュレーション メッセージが生成される間隔を秒数で指定します。指定できる範囲は1~10秒です。デフォルトは2秒です。

プライマリ ルート スイッチを設定したときと同じネットワーク直径およびHelloタイム値を使用してください。「ルート スイッチの設定」を参照してください。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id root グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ポート プライオリティの設定

ループが発生すると、MSTPはポート プライオリティを使用して、フォワーディング ステートにすべきインターフェイスを選択します。最初に選択させたいインターフェイスには高いプライオリティ(小さい数値)を与え、最後に選択させたいインターフェイスには低いプライオリティ(大きい数値)を与えます。すべてのインターフェイスに同じプライオリティ値が与えられている場合、MSTPはインターフェイス番号が最小のインターフェイスをフォワーディング ステートにし、他のインターフェイスをブロックします。

インターフェイスのMSTPポート プライオリティを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定するインターフェイスを指定します。

有効なインターフェイスとしては、物理ポートおよびポート チャネルがあります。有効なポートチャネル番号は1~6です。

ステップ 3

spanning-tree mst instance-id port-priority priority

MSTインスタンス用にポート プライオリティを設定します。

instance-id を指定する場合、範囲は0~15です。

priority の指定できる範囲は0~255です。デフォルト値は128です。数字が小さいほど、プライオリティが高くなります。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show spanning-tree mst interface interface-id

または

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。


show spanning-tree mst interface interface-idイネーブルEXECコマンドによって情報が表示されるのは、ポートがリンク アップ動作可能状態にある場合だけです。そうでない場合は、show running-config interfaceイネーブルEXECコマンドを使用して設定を確認してください。


インターフェイスをデフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id port-priority インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

パス コストの設定

MSTPパス コストのデフォルト値は、インターフェイスのメディア速度に基づきます。ループが発生すると、MSTPはコストを使用して、フォワーディング ステートにすべきインターフェイスを選択します。最初に選択させたいインターフェイスには小さいコスト値を与え、最後に選択させたいインターフェイスには大きいコスト値を与えます。すべてのインターフェイスに同じコスト値が与えられている場合、MSTPはインターフェイス番号が最小のインターフェイスをフォワーディング ステートにし、他のインターフェイスをブロックします。

インターフェイスのMSTPコストを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定するインターフェイスを指定します。有効なインターフェイスとしては、物理ポートおよびポート チャネルがあります。有効なポートチャネル番号は1~6です。

ステップ 3

spanning-tree mst instance-id cost cost

MSTインスタンス用にコストを設定します。

ループが発生すると、MSTPはパス コストを使用して、フォワーディング ステートにすべきインターフェイスを選択します。パス コストが小さいほど、高速で伝送されます。

instance-id を指定する場合、範囲は0~15です。

cost の指定できる範囲は1~200000000です。デフォルト値はインターフェイスのメディア速度に基づきます。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show spanning-tree mst interface interface-id

または

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。


show spanning-tree mst interface interface-idイネーブルEXECコマンドによって表示されるのは、ポートがリンク アップ動作可能状態にある場合だけです。そうでない場合は、show running-configイネーブルEXECコマンドを使用して設定を確認ください。


インターフェイスをデフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id cost インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

スイッチ プライオリティの設定

スイッチ プライオリティを設定することによって、スイッチがルート スイッチとして選択される可能性を高めることができます。


) このコマンドは、十分に注意して使用してください。スイッチ プライオリティの変更には、通常、spanning-tree mst instance-id root primaryおよびspanning-tree mst instance -id root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してください。


スイッチ プライオリティを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id priority priority

MSTインスタンス用にスイッチ プライオリティを設定します。

instance-id を指定する場合、範囲は0~15です。

priority を指定する場合、指定できる範囲は0~61440で、4096ずつ増加します。デフォルトは32768です。数値が小さいほど、スイッチがルート スイッチとして選択される可能性が高くなります。

有効なプライオリティ値は、0、4096、8192、12288、16384、20480、24576、28672、32768、36864、40960、45056、49152、53248、57344、61440です。それ以外の値はすべて拒否されます。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id priority グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

Helloタイムの設定

Helloタイムを変更することによって、ルート スイッチによってコンフィギュレーション メッセージが生成される間隔を設定できます。


) このコマンドは、十分に注意して使用してください。Helloタイムの変更には、通常、spanning-tree mst instance-id root primaryおよびspanning-tree mst instance-id root secondaryグローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してください。


すべてのMSTインスタンスについてHelloタイムを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst hello-time seconds

すべてのMSTインスタンスについてHelloタイムを設定します。Helloタイムはルート スイッチがコンフィギュレーション メッセージを生成する間隔です。これらのメッセージは、スイッチがアクティブであることを意味します。

seconds に指定できる範囲は1~10です。デフォルト値は2です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst hello-time グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

転送遅延時間の設定

すべてのMSTインスタンスについて転送遅延時間を設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst forward-time seconds

すべてのMSTインスタンスについて転送遅延時間を設定します。転送遅延時間は、スパニング ツリー ラーニング ステートおよびリスニング ステートからフォワーディング ステートに移行するまでに、ポートが待機する秒数です。

seconds に指定できる範囲は4~30です。デフォルト値は15です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst forward-time グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

最大エージング タイムの設定

すべてのMSTインスタンスについて最大エージング タイムを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst max-age seconds

すべてのMSTインスタンスについて最大エージング タイムを設定します。最大エージング タイムは、再構成を試行するまでにスイッチがスパニングツリー コンフィギュレーション メッセージを受信せずに待機する秒数です。

seconds に指定できる範囲は6~40です。デフォルト値は20です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst max-age グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

最大ホップ カウントの設定

すべてのMSTインスタンスについて最大ホップ カウントを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

spanning-tree mst max-hops hop-count

BPDUを廃棄してポート用に保持していた情報を期限切れにするまでの、リージョンでのホップ数を指定します。

hop-count に指定できる範囲は1~40です。デフォルト値は20です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst max-hops グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

リンク タイプの指定による高速コンバージェンスの実現

ポイントツーポイント リンクを介してあるポートを別のポートに接続し、ローカル ポートが指定ポートになっている場合は、RSTPは、プロポーザル/アグリーメント ハンドシェークを使用して他のポートと高速移行をネゴシエートし、ループのないトポロジーを実現します(高速コンバージェンスを参照)。

デフォルトでは、リンク タイプは、インターフェイスのデュプレックス モードから判断されます。つまり、全二重ポートにはポイントツーポイント接続が設定されていると見なされ、半二重ポートは共有接続が設定されていると見なされます。RSTP稼働のリモート スイッチ上の1つのポートに、物理的にポイントツーポイントに接続した半二重リンクが設定されている場合は、リンク タイプのデフォルト設定を上書きしてフォワーディング ステートへの高速コンバージェンスをイネーブルにできます。

デフォルトのリンク タイプ設定を変更するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定するインターフェイスを指定します。有効なインターフェイスとしては、物理ポート、VLAN、およびポート チャネルがあります。有効なVLAN IDは1~4094です。また、有効なポート チャネル番号は1~6です。

ステップ 3

spanning-tree link-type point-to-point

ポートのリンク タイプがポイントツーポイントであることを指定します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show spanning-tree mst interface interface-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

デフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree link-type インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

プロトコル移行プロセスの再開

MSTPとRSTPの両方が稼働するスイッチは、組み込み型のプロトコル移行メカニズムをサポートし、このメカニズムによってレガシー802.1Dスイッチとのインターオペラビリティが可能となります。このスイッチがレガシー802.1DコンフィギュレーションBPDU(プロトコルのバージョンが0に設定されているBPDU)を受信した場合は、そのポート上で802.1D BPDUだけを送信します。MSTPスイッチは、レガシーBPDU、別のリージョンに関連づけられたMST BPDU(バージョン3)、またはRST BPDU(バージョン2)を受信したときは、そのポートがリージョンの境界にあることを検知します。

ただし、スイッチは、802.1D BPDUを受信しなくなった場合であっても、自動的にはMSTPモードには戻りません。これは、レガシー スイッチが指定スイッチでなければ、リンクから削除されたかどうかを判断できないためです。また、あるスイッチの接続先のスイッチがリージョンに加入した場合でも、このスイッチはポートに境界の役割を割り当て続けることもあります。

スイッチ全体でプロトコル移行プロセスを再開する(強制的に近接スイッチと再度ネゴシエートさせる)には、 clear spanning-tree detected-protocols イネーブルEXECコマンドを使用します。特定のインターフェイス上でプロトコル移行プロセスを再開するには、 clear spanning-tree detected- protocols interface interface-id イネーブルEXECコマンドを使用します。

MST設定およびステータスの表示

スパニングツリー ステータスを表示するには、 表 12-4 のイネーブルEXECコマンドを1つまたは複数使用します。

 

表 12-4 MSTステータスを表示するコマンド

コマンド
目的

show spanning-tree mst configuration

MSTリージョンの設定を表示します。

show spanning-tree mst instance-id

指定インスタンスのMST情報を表示します。

show spanning-tree mst interface interface-id

特定のインターフェイスのMST情報を表示します。有効なインターフェイスとしては、物理ポート、VLAN、およびポート チャネルがあります。VLANに指定できる範囲は1~4094です。ポート チャネルに指定できる範囲は1~6です。

show spanning-tree イネーブルEXECコマンドの他のキーワードについては、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。