Catalyst 2950/2955 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA5
Cisco IOSファイル システム、コン フィギュレーション ファイル、および ソフトウェア イメージに関する作業
Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージに関する作業
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージに関する作業

フラッシュ ファイル システムに関する作業

使用可能なファイル システムの表示

デフォルトのファイル システムの設定

ファイル システムのファイルに関する情報の表示

ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示

ディレクトリの作成と削除

ファイルのコピー

ファイルの削除

tarファイルの作成、表示、および抽出

tarファイルの作成

tarファイルの内容の表示

tarファイルの抽出

ファイルの内容の表示

コンフィギュレーション ファイルに関する作業

コンフィギュレーション ファイルの作成および使用上の注意事項

コンフィギュレーション ファイル タイプおよび場所

テキスト エディタを使用したコンフィギュレーション ファイルの作成

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード

設定情報の消去

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの消去

格納済みのコンフィギュレーション ファイルの削除

ソフトウェア イメージに関する作業

スイッチ上のイメージの場所

サーバまたはCisco.com上のイメージのtarファイル フォーマット

TFTPを使用したイメージ ファイルのコピー

TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロード

TFTPを使用したイメージ ファイルのアップロード

FTPを使用したイメージ ファイルのコピー

FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロード

FTPを使用したイメージ ファイルのアップロード

RCPを使用したイメージ ファイルのコピー

RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロード

RCPを使用したイメージ ファイルのアップロード

Cisco IOSファイル システム、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージに関する作業

この付録では、Catalyst 2950または2955のフラッシュ ファイル システムの操作方法、コンフィギュレーション ファイルのコピー方法、ソフトウェア イメージをアーカイブ(アップロードおよびダウンロード)する方法を説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスおよび『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference』Release 12.1を参照してください。


この付録で説明する内容は、次のとおりです。

「フラッシュ ファイル システムに関する作業」

「コンフィギュレーション ファイルに関する作業」

「ソフトウェア イメージに関する作業」

フラッシュ ファイル システムに関する作業

スイッチのフラッシュ ファイル システムは、ソフトウェア イメージおよびコンフィギュレーション ファイルの管理に役立ついくつかのコマンドを提供しています。

フラッシュ ファイル システムは、ファイルを格納できる1つのフラッシュ デバイスです。このフラッシュ デバイスは、 flash: と呼ばれています。

ここでは、次の内容について説明します。

「使用可能なファイル システムの表示」

「デフォルトのファイル システムの設定」

「ファイル システムのファイルに関する情報の表示」

「ディレクトリの作成と削除」

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「tarファイルの作成、表示、および抽出」

「ファイルの内容の表示」

使用可能なファイル システムの表示

スイッチ上の使用可能なファイル システムを表示するには、次の例に示すように、 show file systems イネーブルEXECコマンドを使用します。

Switch# show file systems
File Systems:
 
Size(b) Free(b) Type Flags Prefixes
* 16128000 11118592 flash rw flash:
16128000 11118592 unknown rw zflash:
32768 26363 nvram rw nvram:
- - network rw tftp:
- - opaque rw null:
- - opaque rw system:
- - opaque ro xmodem:
- - opaque ro ymodem:
- - network rw rcp:
- - network rw ftp:
 

 

表B-1 show file systemsの出力フィールドの説明

フィールド

Size(b)

ファイル システムのメモリ量(バイト単位)

Free(b)

ファイル システムの空きメモリ量(バイト単位)

Type

ファイル システムのタイプ

flash ― フラッシュ メモリ デバイス用

nvram ― NVRAM(不揮発性RAM)デバイス用

opaque ― ローカルに生成された 疑似 ファイル システム(たとえば、 system )またはダウンロード インターフェイス(brimuxなど)用

unknown ― タイプは不明

Flags

ファイル システムの権限

ro ― 読み取り専用

rw ― 読み書き

wo ― 書き込み専用

Prefixes

ファイル システムのエイリアス

bs: ― 読み取り専用ファイル システム。ブート ローダ イメージを格納します。

vb: ― ブート環境変数を格納します。

flash: ― フラッシュ ファイル システム

nvram: ― NVRAM

null: ― ヌルのコピー先。サイズを判別するためにリモート ファイルをヌルへコピーできます。

rcp: ― Remote Copy Protocol(RCP)ネットワーク サーバ

system: ― 実行コンフィギュレーションを含むシステム メモリが格納されます。

tftp: ― Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ

xmodem: ― Xmodemプロトコルを使用してネットワーク マシンからファイルを取得します。

ymodem: ― Ymodemプロトコルを使用してネットワーク マシンからファイルを取得します。

zflash: ― 読み取り専用ファイル圧縮解除ファイル システム。フラッシュ ファイル システムの内容をミラーリングします。

デフォルトのファイル システムの設定

cd filesystem: イネーブルEXECコマンドを使用して、システムがデフォルトのファイル システムとして使用するファイル システムまたはディレクトリを指定できます。デフォルトのファイル システムを設定すると、関連するコマンドの filesystem: 引数を省略できます。たとえば、任意の filesystem: 引数を持つすべてのイネーブルEXECコマンドに関して、システムは cd コマンドで指定されたファイル システムを使用します。

デフォルトでは、デフォルトのファイル システムは flash:です。

pwd イネーブルEXECコマンドを使用すると、 cd コマンドで指定された現在のデフォルト ファイル システムを表示できます。

ファイル システムのファイルに関する情報の表示

内容を操作する前に、ファイル システムの内容のリストを表示できます。たとえば、新しいコンフィギュレーション ファイルをフラッシュ メモリにコピーする前に、ファイル システムに同じ名前のコンフィギュレーション ファイルが含まれていないことを確認したい場合があります。同様に、フラッシュ コンフィギュレーション ファイルを別の場所へコピーする前に、ファイル名が別のコマンドで使用されていないか確認したい場合があります。

ファイル システムのファイルに関する情報を表示するには、 表B-2 のイネーブルEXECコマンドのいずれかを使用します。

 

表B-2 ファイル情報を表示するコマンド

コマンド
説明

dir [ /all ] [ filesystem : ][ filename ]

ファイル システムのファイルのリストを表示します。

show file systems

ファイル システムの各ファイルの詳細を表示します。

show file information file-url

指定されたファイルに関する情報を表示します。

show file descriptors

開いているファイルの記述子リストを表示します。ファイル記述子は、開いているファイルについての内部表記です。このコマンドを使用して、別のユーザがファイルを開いているかどうかを確認できます。

ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示

ディレクトリを変更し、作業ディレクトリを表示するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定されたファイル システムのディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボード フラッシュ デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

cd new_configs

対象のディレクトリに変更します。

コマンド例は、ディレクトリ new_configs へ変更する方法を示しています。

ステップ 3

pwd

作業ディレクトリを表示します。

ディレクトリの作成と削除

ディレクトリを作成および削除するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定されたファイル システムのディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボード フラッシュ デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

mkdir old_configs

新しいディレクトリを作成します。

コマンド例は、ディレクトリ old_configs を作成する方法を示しています。

ディレクトリ名は大文字と小文字が区別されます。

スラッシュ(/)間で使用できるディレクトリ名は、最大45文字です。名前に、制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、またはコロンを含めることはできません。

ステップ 3

dir filesystem :

設定を確認します。

ディレクトリをそのすべてのファイルおよびサブディレクトリとともに削除するには、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを使用します。

/recursive キーワードを使用すると、名前付きディレクトリとその中に含まれるすべてのサブディレクトリおよびファイルを削除できます。 /force キーワードを使用すると、ディレクトリ内のファイルごとに削除を確認するプロンプトが表示されるのを抑制できます。つまり、この削除プロセスの開始時に1度だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールされたが、もはや不要な古いソフトウェア イメージを削除するには、 /force および /recursive キーワードを使用します。

filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを指定する場合は flash: を使用します。 file-url には、削除するディレクトリの名前を指定します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ファイルとディレクトリが削除されると、それらの内容は回復できません。

ファイルのコピー

コピー元からコピー先へファイルをコピーするには、 copy [ /erase ] source-url destination-url イネーブルEXECコマンドを使用します。コピー元URLとコピー先URLには、 running-config および startup-config キーワード ショートカットを指定できます。たとえば、 copy running-config startup-config コマンドによって、現在の実行コンフィギュレーション ファイルがフラッシュ メモリのNVRAMセクションに保存され、システムの初期化時の設定として使われます。

また、XMODEMまたはYMODEMプロトコルを使用するネットワーク マシンのファイルに対するコピー元またはコピー先として、特殊なファイル システム( xmodem: ymodem: )を指定して、その間でコピーすることもできます。

ネットワーク ファイル システムURLには、 ftp: rcp: 、および tftp: があり、それぞれ次の構文を使用します。

FTP ― ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / filename

RCP ― rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / filename

TFTP ― tftp: [[ // location ] / directory ] / filename

書き込み可能なローカル ファイル システムには、flash:があります。

コピー元とコピー先の無効な組み合わせがいくつか存在します。特に、次の組み合わせではコピーは実行できません。

実行コンフィギュレーションから実行コンフィギュレーションへ

スタートアップ コンフィギュレーションからスタートアップ コンフィギュレーションへ

デバイスから同じデバイスへ(たとえば、 copy flash:flash: コマンドは無効です。)

コンフィギュレーション ファイルで copy コマンドを使用する特殊な例については、「コンフィギュレーション ファイルに関する作業」を参照してください。

新しいバージョンをダウンロードするか、既存のバージョンをアップロードして、ソフトウェア イメージをコピーするには、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドを使用します。詳細は、「ソフトウェア イメージに関する作業」を参照してください。

ファイルの削除

フラッシュ メモリ デバイス上のファイルが不要になった場合には、それを永久的に削除できます。ファイルまたはディレクトリを指定されたフラッシュ デバイスから削除するには、 delete [ /force ] [ /recursive ] [ filesystem : ] / file-url イネーブルEXECコマンドを使用します。

/recursive キーワードを使用すると、ディレクトリとその中に含まれるすべてのサブディレクトリおよびファイルを削除できます。 /force キーワードを使用すると、ディレクトリ内のファイルごとに削除を確認するプロンプトが表示されるのを抑制できます。つまり、この削除プロセスの開始時に1度だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールされたが、もはや不要な古いソフトウェア イメージを削除するには、 /force および /recursive キーワードを使用します。

filesystem : オプションを省略すると、システムは cd コマンドで指定されたデフォルト デバイスを使用します。 file-url には、削除するパス(ディレクトリ)とファイルの名前を指定します。

CONFIG_FILEまたはBOOT環境変数で指定されたファイルを削除しようとすると、システムは削除を確認するプロンプトを表示します。BOOT環境変数で指定された最後の有効なシステム イメージを削除しようとすると、システムは削除を確認するプロンプトを表示します。


注意 ファイルが削除されると、それらの内容は回復できません。

次に、デフォルトのフラッシュ メモリ デバイスからファイル myconfig を削除する例を示します。

Switch# delete myconfig

tarファイルの作成、表示、および抽出

次のセクションで説明するように、1つのtarファイルを作成して複数のファイルをそれに書き込むことができます。また、tarファイル内のファイルを一覧表示したり、tarファイルからファイルを抽出したりすることもできます。

tarファイルの作成

tarファイルを作成しファイルをそれに書き込むには、次のイネーブルEXECコマンドを使用します。

archive tar /create destination-url flash:/ file-url

destination-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムのコピー先URLのエイリアスと作成するtarファイルの名前を指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合の構文は
flash:

FTPの場合の構文は ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory] / tar-filename .tar

RCPの場合の構文は rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

TFTPの場合の構文は tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は、作成するtarファイルです。

flash:/ file-url には、新しいtarファイルの作成元となるローカル フラッシュ ファイル システム上の場所を指定します。または、新しいtarファイルに書き込む、コピー元ディレクトリ内のファイルまたはディレクトリのリストを指定することもできます。noneを指定すると、このレベルのすべてのファイルおよびディレクトリが新たに作成されたtarファイルに書き込まれます。

次に、tarファイルを作成する例を示します。このコマンドは、ローカル フラッシュ デバイス上の new-configs ディレクトリの内容を、172.20.10.30にあるTFTPサーバ上の saved.tar ファイルに書き込みます。

Switch# archive tar /create tftp:172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs

tarファイルの内容の表示

tarファイルの内容を画面上に表示するには、次のイネーブルEXECコマンドを使用します。

archive tar /table source-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムのコピー元URLエイリアスを指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合の構文は
flash:

FTPの場合の構文は ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

RCPの場合の構文は rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

TFTPの場合の構文は tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は、表示するtarファイルです。

また、tarファイルに続けて、ファイルまたはディレクトリのリストを指定すると、ファイルの表示を限定できます。つまり、指定されたファイルだけが表示されます。noneを指定すると、すべてのファイルおよびディレクトリが表示されます。

次に、フラッシュ メモリ内の c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1.tar ファイルの内容を表示する例を示します。

Switch# archive tar /table flash:c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1.tar
info (219 bytes)
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/ (directory)
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/html/ (directory)
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/html/foo.html (0 bytes)
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1.bin (610856 bytes)
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/info (219 bytes)
info.ver (219 bytes)
 

次に、 c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/html ディレクトリとその内容のみを表示する例を示します。

Switch# archive tar /table flash:c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/html
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/html/ (directory)
c2950lre-i6l2q4-mz.121-21.EA1/html/foo.html (0 bytes)
 

tarファイルの抽出

tarファイルをフラッシュ ファイル システム上のディレクトへ抽出するには、次のイネーブルEXECコマンドを使用します。

archive tar /xtract source-url flash:/ file-url [ dir/file ...]

source-url には、ローカル ファイル システムのコピー元URLエイリアスを指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合の構文は
flash:

FTPの場合の構文は ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

RCPの場合の構文は rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

TFTPの場合の構文は tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は、ファイルの抽出元のtarファイルです。

flash:/ file-url [ dir/file ...] には、tarファイルの抽出先となるローカル フラッシュ ファイル システム上の場所を指定します。抽出されるtarファイル内でファイルまたはディレクトリのリストを指定するには、 dir/file ...オプションを使用します。noneを指定すると、すべてのファイルおよびディレクトリが抽出されます。

次に、172.20.10.30にあるTFTPサーバ上のtarファイルの内容を抽出する例を示します。このコマンドは、 new-configs ディレクトリだけをローカル フラッシュ ファイル システムのルート ディレクトリへ抽出します。 saved.tar ファイル内のその他のファイルは無視されます。

Switch# archive tar /xtract tftp:/172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs

ファイルの内容の表示

リモート ファイル システム上のファイルを含め、読み取り可能なファイルの内容を表示するには、 more [ /ascii | /binary | /ebcdic ] file-url イネーブルEXECコマンドを使用します。

次に、TFTPサーバ上のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示する例を示します。

Switch# more tftp://serverA/hampton/savedconfig
!
! Saved configuration on server
!
version 11.3
service timestamps log datetime localtime
service linenumber
service udp-small-servers
service pt-vty-logging
!
 
(テキスト出力は省略)

コンフィギュレーション ファイルに関する作業

ここでは、コンフィギュレーション ファイルを作成、ロード、およびメンテナンスする方法を説明します。基本コンフィギュレーション ファイルを作成するには、 setup プログラムを使用するか、 setup イネーブルEXECコマンドを使用します。詳細は、「スイッチのIPアドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て」を参照してください。

コンフィギュレーション ファイルは、TFTP、FTP、またはRCPサーバからスイッチの実行コンフィギュレーションまたはスタートアップ コンフィギュレーションにコピー( ダウンロード )できます。次のいずれかの理由から、これを実行したい場合があります。

バックアップ コンフィギュレーション ファイルを復元するため。

別のスイッチのコンフィギュレーション ファイルを使用するため。たとえば、別のスイッチをネットワークに追加し、それに元のスイッチと同様のコンフィギュレーション ファイルを保持させたい場合があります。ファイルを新しいスイッチにコピーすることで、ファイル全体を作り直すのではなく、関連する部分を変更するだけで済みます。

すべてのスイッチが同じ設定を保持できるように、ネットワーク内のすべてのスイッチで同じコンフィギュレーション コマンドをロードするため。

コンフィギュレーション ファイルは、TFTP、FTP、またはRCPを使用して、スイッチからファイル サーバへコピー( アップロード )できます。現在のコンフィギュレーション ファイルをサーバへバックアップしてから内容を変更し、あとでサーバから元のコンフィギュレーション ファイルを復元できるようにしてください。

使用するプロトコルは、使用中のサーバのタイプによって決まります。FTPおよびRCP転送メカニズムは、TFTPより高速なパフォーマンスとより信頼性の高いデータ配信を提供します。これらの改良は、FTPとRCPがコネクション型のTCP/IPスタックに基づいて構築され、これらのスタックを使用しているため実現されました。

ここでは、次の内容について説明します。

「コンフィギュレーション ファイルの作成および使用上の注意事項」

「コンフィギュレーション ファイル タイプおよび場所」

「テキスト エディタを使用したコンフィギュレーション ファイルの作成」

「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「設定情報の消去」

コンフィギュレーション ファイルの作成および使用上の注意事項

コンフィギュレーション ファイルを作成すると、スイッチの設定に役立ちます。コンフィギュレーション ファイルには、1つまたは複数のスイッチを設定するために必要な一部またはすべてのコマンドを含めることができます。たとえば、同じハードウェア構成の複数のスイッチに同じコンフィギュレーション ファイルをダウンロードできます。

コンフィギュレーション ファイルを作成する場合には、次の注意事項に従ってください。

コンフィギュレーション ファイルを使用してスイッチを設定する場合は、コンソール ポートを介して接続することを推奨します。Telnetセッションからスイッチを設定する場合、IPアドレスは変更されず、ポートとモジュールもディセーブルになりません。

パスワードがスイッチに設定されていない場合は、 enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して、各スイッチにパスワードを設定する必要があります。このコマンド用の空白行を入力します。パスワードはクリア テキストとしてコンフィギュレーション ファイルに保存されます。

パスワードが既に存在する場合は、パスワードの検証が失敗するため、ファイルに enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力することはできません。パスワードをコンフィギュレーション ファイルに入力すると、スイッチは誤ってファイルを実行する場合にパスワードをコマンドとして実行しようとします。


copy {ftp:| rcp: | tftp:}system:running-configイネーブルEXECコマンドは、コマンドラインでコマンドを入力したかのように、スイッチ上でコンフィギュレーション ファイルをロードします。スイッチは、コマンドを追加するまで既存の実行コンフィギュレーションを消去しません。既存のコンフィギュレーション ファイル内のコマンドをコピーされたコンフィギュレーション ファイル内のコマンドで置き換えると、既存のコマンドが消去されます。たとえば、コピーされたコンフィギュレーション ファイル内の特定のコマンドに既存の設定とは異なるIPアドレスが指定されている場合、コピーされたコンフィギュレーション ファイルのIPアドレスが使用されます。ただし、既存のコンフィギュレーション ファイル内のコマンドの中には、置き換えたり無効にしたりできないものもあります。この場合、最終的なコンフィギュレーション ファイルには、既存のコンフィギュレーション ファイルとコピーされたコンフィギュレーション ファイルが混在し、コピーされたコンフィギュレーション ファイルが優先されます。

コンフィギュレーション ファイルをサーバに格納されるファイルの正確なコピーとして復元するには、コンフィギュレーション ファイルを直接スタートアップ コンフィギュレーションにコピーし(copy {ftp:| rcp:| tftp:}nvram:startup-configイネーブルEXECコマンドを使用)、スイッチをリロードします。


コンフィギュレーション ファイル タイプおよび場所

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルは、システムの起動時にソフトウェアを設定するために使用されます。実行コンフィギュレーション ファイルには、ソフトウェアの現在の設定が含まれます。2つのコンフィギュレーション ファイルは異なっていても構いません。たとえば、永久的にではなく短期間だけ設定を変更したい場合があります。この場合は、実行コンフィギュレーションを変更しても、 copy running-config startup-config イネーブルEXECコマンドを使用して設定を保存しないでおきます。

実行コンフィギュレーションはDRAMに保存され、スタートアップ コンフィギュレーションはフラッシュ メモリのNVRAMセクションに格納されます。

テキスト エディタを使用したコンフィギュレーション ファイルの作成

コンフィギュレーション ファイルの作成時には、システムが適切に応答できるようにコマンドを論理的に並べる必要があります。これは、コンフィギュレーション ファイルを作成する方式の1つです。


ステップ 1 既存のコンフィギュレーション ファイルをスイッチからサーバへコピーします。

詳細については、「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」、または「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」を参照してください。

ステップ 2 UNIX上のviまたはemacs、PC上のメモ帳などのテキスト エディタでコンフィギュレーション ファイルを開きます。

ステップ 3 コンフィギュレーション ファイル内の必要なコマンドの部分を抽出し、それを新たなファイルに保存します。

ステップ 4 コンフィギュレーション ファイルを適切なサーバの場所へコピーします。たとえば、ファイルをワークステーション上のTFTPディレクトリへコピーします(通常は、UNIXワークステーションの / tftpboot)。

ステップ 5 ファイルの権限がworld-readに設定されていることを確認します。


 

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

作成した、あるいは別のスイッチまたはTFTPサーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用してスイッチを設定できます。コンフィギュレーション ファイルは、保管のためにTFTPサーバへコピー(アップロード)できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTPを使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を行います。

TFTPサーバとして動作するワークステーションが適切に設定されていることを確認します。Sunワークステーションでは、/etc/inetd.confファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/servicesファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp 69/udp

) /etc/inetd.confファイルおよび/etc/servicesファイルの変更後は、inetdデーモンを再起動する必要があります。デーモンを再起動するには、inetdプロセスを一旦停止してそれを再起動するか、fastbootコマンド(SunOS 4.x上)またはrebootコマンド(Solaris 2.xまたはSunOS 5.x上)を入力します。TFTPデーモンの詳細については、ワークステーションのマニュアルを参照してください。


スイッチにTFTPサーバへのルートがあることを確認します。トラフィックをサブネット間でルーティングするルータがない場合は、スイッチとTFTPサーバが同じサブネットワーク内に存在していなければなりません。 ping コマンドを使用してTFTPサーバへの接続を調べます。

ダウンロードされたコンフィギュレーション ファイルがTFTPサーバ上の正しいディレクトリに存在することを確認します(通常は、UNIXワークステーションの / tftpboot)。

ダウンロード操作については、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は、world-readになっていなければなりません。

コンフィギュレーション ファイルをアップロードする前に、TFTPサーバに空のファイルを作成しなければならない場合があります。空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename は、サーバへファイルをアップロードするときに使用するファイル名です。

アップロード操作中に、サーバ上の既存のファイル(作成する必要があった場合は、空のファイルを含む)を上書きする場合は、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は、world-writeになっていなければなりません。

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTPサーバからダウンロードされたコンフィギュレーション ファイルを使用してスイッチを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 コンフィギュレーション ファイルをワークステーションの適切なTFTPディレクトリにコピーします。

ステップ 2 「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 3 コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 4 コンフィギュレーション ファイルをTFTPサーバからダウンロードして、スイッチを設定します。

TFTPサーバのIPアドレスまたはホスト名と、ダウンロードするファイルの名前を指定します。

次のイネーブルEXECコマンドのいずれかを使用します。

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] system:running-config

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config


 

コンフィギュレーション ファイルがダウンロードされ、ファイルが1行ずつ解析されて、コマンドが実行されます。

次に、IPアドレス172.16.2.155にあるファイル tokyo-confg を使用してソフトウェアを設定する例を示します。

Switch# copy tftp://172.16.2.155/tokyo-confg system:running-config
Configure using tokyo-confg from 172.16.2.155? [confirm] y
Booting tokyo-confg from 172.16.2.155:!!! [OK - 874/16000 bytes]

TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード

保管のため、コンフィギュレーション ファイルをスイッチからTFTPサーバへアップロードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「TFTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2 コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3 スイッチの設定をTFTPサーバへアップロードします。TFTPサーバのIPアドレスまたはホスト名と、コピー先のファイル名を指定します。

次のイネーブルEXECコマンドのいずれかを使用します。

copy system:running-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

copy nvram:startup-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]


 

ファイルがTFTPサーバへアップロードされます。

次に、コンフィギュレーション ファイルをスイッチからTFTPサーバへアップロードする例を示します。

Switch# copy system:running-config tftp://172.16.2.155/tokyo-confg
Write file tokyo-confg on host 172.16.2.155? [confirm] y
#
Writing tokyo-confg!!! [OK]

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTPサーバへ、またはFTPサーバからコンフィギュレーション ファイルをコピーできます。

FTPプロトコルでは、クライアントがFTP要求ごとにリモート ユーザ名とパスワードをサーバへ送信する必要があります。FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをスイッチからサーバへコピーする場合は、ソフトウェアによって次のリストの中で最初の有効なユーザが送信されます。

copy コマンドに指定されたユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名(コマンドが設定されている場合)

anonymous(匿名)

スイッチによって、次のリストの中で最初に有効なパスワードが送信されます。

copy コマンドに指定されたパスワード(パスワードが指定されている場合)

ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたパスワード(コマンドが設定されている場合)

スイッチによって、 username@switchname.domain 形式のパスワードが作成されます。変数
username
は、現在のセッションに関連付けられたユーザ名、 switchname は設定済みのホスト名、 domain はスイッチのドメインです。

ユーザ名とパスワードは、FTPサーバのアカウントに関連付ける必要があります。サーバへ書き込む場合は、FTPサーバがFTP書き込み要求を受け入れるように適切に設定されていなければなりません。

ip ftp username コマンドと ip ftp password コマンドを使用して、すべてのコピー操作に使用するユーザ名とパスワードを指定します。コピー操作の場合だけユーザ名を指定したい場合は、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

サーバがディレクトリ構造を持つ場合、コンフィギュレーション ファイルは書き込まれるか、そのディレクトリからサーバ上のユーザ名に関連付けられたディレクトリにコピーされます。たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合は、リモート ユーザ名としてユーザの名前を指定します。

詳細については、FTPサーバのマニュアルを参照してください。

ここでは、次の内容について説明します。

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を行います。

スイッチにFTPサーバへのルートがあることを確認します。トラフィックをサブネット間でルーティングするルータがない場合は、スイッチとFTPサーバが同じサブネットワーク内に存在していなければなりません。 ping コマンドを使用してFTPサーバへの接続を調べます。

コンソールまたはTelnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名を持っていない場合は、現在のFTPユーザ名がFTPダウンロードで使用するユーザ名であることを確認します。有効なユーザ名を表示するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用したくない場合は、すべてのコピー操作時に ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しいFTPユーザ名を作成します。新しいユーザ名は、NVRAMに格納されます。Telnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、FTPユーザ名を設定する必要はありません。コピー操作の場合だけユーザ名を指定したい場合は、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

コンフィギュレーション ファイルをFTPサーバへアップロードする場合は、FTPサーバがスイッチ上のユーザからの書き込み要求を受け入れるように適切に設定されていなければなりません。

詳細については、FTPサーバのマニュアルを参照してください。

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

スイッチで、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合に限り必要です(ステップ4、5、6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

copy ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ] system:running-config
または
copy ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

FTPを使用して、コンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行コンフィギュレーションまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルへコピーします。

次に、コンフィギュレーション ファイル host1-confg をIPアドレス172.16.101.101にあるリモート サーバの netadmin1 ディレクトリからコピーして、スイッチ上にロードしそれらのコマンドを実行する例を示します。

Switch# copy ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by ftp from 172.16.101.101
 

次に、リモート ユーザ名 netadmin1 を指定する例を示します。ソフトウェアは、コンフィギュレーション ファイル host2-confg を、IPアドレス172.16.101.101にあるリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリからスイッチのスタートアップ コンフィギュレーションへコピーします。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip ftp username netadmin1
Switch(config)# ip ftp password mypass
Switch(config)# end
Switch# copy ftp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by ftp from 172.16.101.101

FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTPを使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合に限り必要です(ステップ4、5、6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

copy system:running-config ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ]

FTPを使用して、スイッチの実行コンフィギュレーションまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを指定された場所へ格納します。

次に、実行コンフィギュレーション ファイル switch2-confg を、IPアドレス172.16.101.101にあるリモート ホストの netadmin1 ディレクトリへコピーする例を示します。

Switch# copy system:running-config ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/switch2-confg
Write file switch2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
Switch#
 

次に、ファイルをコピーするために、FTPを使用してスタートアップ コンフィギュレーション ファイルをサーバへ格納する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip ftp username netadmin2
Switch(config)# ip ftp password mypass
Switch(config)# end
Switch# copy nvram:startup-config ftp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [switch2-confg]?
Write file switch2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCPは、リモート ホストとスイッチ間でコンフィギュレーション ファイルをダウンロード、アップロード、およびコピーするもう1つの方式を提供します。UDPを使用するTFTPとは異なり、コネクションレス型プロトコルのRCPはコネクション型のTCPを使用します。

ファイルをコピーするためにRCPを使用するには、ファイルをコピーする対象のサーバがRCPをサポートしている必要があります。RCP copyコマンドは、リモート システムのrshサーバ(または、デーモン)に依存しています。RCPを使用してファイルをコピーするために、TFTPで実行したようなファイル配布用のサーバを作成する必要はありません。リモート シェル(rsh)をサポートするサーバへアクセスする必要があるだけです(大半のUNIXシステムはrshをサポートしています)。ファイルをある場所から別の場所へコピーするため、コピー元ファイルの読み取り権限とコピー先ファイルの書き込み権限を持っている必要があります。コピー先ファイルが存在していない場合は、RCPがそれを作成します。

RCPでは、クライアントが各RCP要求とともにリモート ユーザ名をサーバへ送信する必要があります。コンフィギュレーション ファイルをスイッチからサーバへコピーする場合は、ソフトウェアによって次のリストの中で最初の有効なユーザ名が送信されます。

copy コマンドに指定されたユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名(コマンドが設定されている場合)

現在のTTY(端末)プロセスに関連付けられたリモート ユーザ名。たとえば、ユーザがTelnetを介してルータに接続し、 username コマンドを使用して認証された場合、スイッチ ソフトウェアによってリモート ユーザ名としてTelnetユーザ名が送信されます。

スイッチのホスト名

正常なRCPコピー要求の場合は、リモート ユーザ名に対応するネットワーク サーバ上のアカウントを定義する必要があります。サーバがディレクトリ構造を持つ場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれるか、そのディレクトリからコピーされます。たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合は、リモート ユーザ名としてユーザの名前を指定します。

ここでは、次の内容について説明します。

「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCPを使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次のタスクを実行します。

RCPサーバとして動作するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートしていることを確認します。

スイッチにRCPサーバへのルートがあることを確認します。トラフィックをサブネット間でルーティングするルータがない場合は、スイッチとサーバが同じサブネットワーク内に存在していなければなりません。 ping コマンドを使用してRCPサーバへの接続を調べます。

コンソールまたはTelnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名を持っていない場合は、現在のRCPユーザ名がRCPダウンロードで使用するユーザ名であることを確認します。有効なユーザ名を表示するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用したくない場合は、すべてのコピー操作時に ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しいRCPユーザ名を作成します。新しいユーザ名は、NVRAMに格納されます。Telnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、RCPユーザ名を設定する必要はありません。コピー操作の場合だけユーザ名を指定したい場合は、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

コンフィギュレーション ファイルをRCPサーバへアップロードする場合は、RCPサーバがスイッチ上のユーザからのRCP書き込み要求を受け入れるように適切に設定されていなければなりません。UNIXシステムの場合は、RCPサーバ上のリモート ユーザの.rhostsファイルにエントリを追加する必要があります。たとえば、スイッチに次の設定行が含まれているものとします。

hostname Switch1
ip rcmd remote-username User0
 

スイッチのIPアドレスが Switch1.company.com に変換される場合は、RCPサーバ上のUser0の.rhostsファイルに次の行が含まれていなければなりません。

Switch1.company.com Switch1
 

詳細については、RCPサーバのマニュアルを参照してください。

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCPを使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合に限り必要です(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

copy rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ] system:running-config

または

copy rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

RCPを使用して、コンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行コンフィギュレーションまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルへコピーします。

次に、コンフィギュレーション ファイル host1-confg をIPアドレス172.16.101.101にあるリモート サーバの netadmin1 ディレクトリからコピーして、スイッチ上にロードしそれらのコマンドを実行する例を示します。

Switch# copy rcp://netadmin1@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by rcp from 172.16.101.101
 

次に、リモート ユーザ名 netadmin1 を指定する例を示します。そのあと、コンフィギュレーション ファイル host2-confg を、IPアドレス172.16.101.101にあるリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリからスタートアップ コンフィギュレーションへコピーします。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip rcmd remote-username netadmin1
Switch(config)# end
Switch# copy rcp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by rcp from 172.16.101.101
 

RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCPを使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合に限り必要です(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

copy system:running-config rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

RCPを使用して、コンフィギュレーション ファイルをスイッチの実行コンフィギュレーションまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルから、ネットワーク サーバへコピーします。

次に、実行コンフィギュレーション ファイル switch2-confg を、IPアドレス172.16.101.101にあるリモート ホストの netadmin1 ディレクトリへコピーする例を示します。

Switch# copy system:running-config rcp://netadmin1@172.16.101.101/switch2-confg
Write file switch-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
Switch#
 

次に、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルをサーバに格納する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip rcmd remote-username netadmin2
Switch(config)# end
Switch# copy nvram:startup-config rcp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [switch2-confg]?
Write file switch2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

設定情報の消去

スタートアップ コンフィギュレーションから設定情報を消去できます。スタートアップ コンフィギュレーションなしでスイッチを再起動すると、スイッチはセットアップ プログラムを開始するため、スイッチにまったく新しい設定値を設定し直すことができます。

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの消去

スタートアップ コンフィギュレーションの内容を消去するには、 erase nvram: または erase startup-config イネーブルEXECコマンドを使用します。


注意 スタートアップ コンフィギュレーション ファイルを一旦削除したあとは、それを復元することはできません。

格納済みのコンフィギュレーション ファイルの削除

保存済みのコンフィギュレーションをフラッシュ メモリから削除するには、 delete flash: filename イネーブルEXECコマンドを使用します。 file prompt グローバル コンフィギュレーションコマンドの設定によっては、ファイルを削除する前に確認を求めるプロンプトが表示されることがあります。デフォルトでは、スイッチはファイルを破壊する危険性のある操作について確認を求めるプロンプトを表示します。 file prompt コマンドの詳細については、『 Cisco IOS Command Reference 』Release 12.1を参照してください。


注意 ファイルを一旦削除したあとは、それを復元することはできません。

ソフトウェア イメージに関する作業

ここでは、ソフトウェア イメージ ファイルをアーカイブ(ダウンロードおよびアップロード)する方法について説明します。ソフトウェア イメージ ファイルには、システム ソフトウェア、Cisco IOSコード、および組み込み型デバイス マネージャ ソフトウェアが含まれています。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、TFTP、FTP、またはRCPサーバからスイッチ イメージ ファイルをダウンロードできます。

現在のイメージを新しいイメージで置き換えるか、ダウンロード後にフラッシュ メモリ内に現在のイメージを保持できます。

バックアップ目的で、スイッチ イメージ ファイルをTFTP、FTP、またはRCPサーバへアップロードします。このアップロードされたイメージは、今後同じスイッチまたは同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。

使用するプロトコルは、使用中のサーバのタイプによって決まります。FTPおよびRCP転送メカニズムは、TFTPより高速なパフォーマンスとより信頼性の高いデータ配信を提供します。これらの改良は、FTPとRCPがコネクション型のTCP/IPスタックに基づいて構築され、これらのスタックを使用しているため実現されました。

ここでは、次の内容について説明します。

「スイッチ上のイメージの場所」

「サーバまたはCisco.com上のイメージのtarファイル フォーマット」

「TFTPを使用したイメージ ファイルのコピー」

「FTPを使用したイメージ ファイルのコピー」

「RCPを使用したイメージ ファイルのコピー」


) ソフトウェア イメージのリストとサポートされるアップグレード パスについては、リリース ノートを参照してください。


スイッチ上のイメージの場所

ソフトウェア イメージは、 .bin ファイルとしてバージョン番号を示すディレクトリに格納されます。サブディレクトリには、Web管理に必要なHTMLファイルが含まれます。イメージは、システム ボード フラッシュ メモリ(flash:)に格納されます。

show version イネーブルEXECコマンドを使用すると、スイッチで現在実行中のソフトウェア バージョンを表示できます。表示の中の System image file is... で始まる行を調べます。 この行は、イメージが格納されているフラッシュ メモリ内のディレクトリ名を示しています。

また、 dir filesystem : イネーブルEXECコマンドを使用して、フラッシュ メモリに格納された他のソフトウェア イメージのディレクトリ名を表示することもできます。

サーバまたはCisco.com上のイメージのtarファイル フォーマット

サーバ上にある、またはCisco.comからダウンロードされたソフトウェア イメージは、次のファイルを含むtarファイル フォーマットで提供されます。

info ファイル

infoファイルは、常にtarファイルの先頭にあり、tarファイル内のファイルに関する情報が格納されています。

Cisco IOSイメージ

スイッチ上のHTTPサーバが必要なWeb管理ファイル

LREインターフェイスとLRE CPEデバイスを適切に機能させるために必要なLREバイナリ ファイル

info.ver ファイル

info.verファイルは、常にtarファイルの末尾にあり、infoファイルと同じ情報が格納されています。info.verファイルはtarファイルの最後のファイルであるため、それが存在していればイメージ内のすべてのファイルがダウンロードされたことになります。

次に、infoファイルおよびinfo.verファイルに格納される情報の例を示します。

version_suffix: i6k2l2q4-121-19.EA1
version_directory: c2950lre-i6k2l2q4-mz.121-19.16.EA1
image_name: c2950lre-i6k2l2q4-mz.121-19.16.EA1.bin
ios_image_file_size: 3214848
total_image_file_size: 4719616
image_feature: LAYER_2|MIN_DRAM_MEG=32
image_family: C2950lre
info_end:
 

 

表B-3 infoファイルおよびinfo.verファイルの説明

フィールド
説明

version_suffix

ソフトウェア イメージ バージョン ストリングのサフィックスを指定します。

version_directory

ソフトウェア イメージとHTMLサブディレクトリがインストールされているディレクトリを指定します。

image_name

tarファイル内のソフトウェア イメージの名前を指定します。

ios_image_file_size

tarファイル内のソフトウェア イメージのサイズを指定します。ソフトウェア イメージだけを保持するために必要なフラッシュ スペースのおおよその目安となります。

total_image_file_size

tarファイル内のすべてのイメージ(ソフトウェア イメージとHTMLファイル)のサイズを指定します。それらを保持するために必要なフラッシュ スペースのおおよその目安となります。

image_feature

イメージのコア機能を記述します。

image_family

ソフトウェアをインストールできる製品ファミリーを記述します。

image_min_dram

このイメージを実行するために必要なDRAMの最小サイズを指定します。

TFTPを使用したイメージ ファイルのコピー

スイッチ イメージをTFTPサーバからダウンロードしたり、イメージをスイッチからTFTPサーバへアップロードできます。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、スイッチ イメージ ファイルをサーバからダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きするか、ダウンロード後に現在のイメージを保持できます。

バックアップ目的でスイッチ イメージ ファイルをサーバへアップロードします。このアップロードされたイメージは、今後同じスイッチまたは同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロード」

「TFTPを使用したイメージ ファイルのアップロード」

TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTPを使用してイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を行います。

TFTPサーバとして動作するワークステーションが適切に設定されていることを確認します。Sunワークステーションでは、/etc/inetd.confファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/servicesファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.confファイルおよび/etc/servicesファイルの変更後は、inetdデーモンを再起動する必要があります。デーモンを再起動するには、inetdプロセスを一旦停止してそれを再起動するか、fastbootコマンド(SunOS 4.x上)またはrebootコマンド(Solaris 2.xまたはSunOS 5.x上)を入力します。TFTPデーモンの詳細については、ワークステーションのマニュアルを参照してください。


スイッチにTFTPサーバへのルートがあることを確認します。トラフィックをサブネット間でルーティングするルータがない場合は、スイッチとTFTPサーバが同じサブネットワーク内に存在していなければなりません。 ping コマンドを使用してTFTPサーバへの接続を調べます。

ダウンロードされたイメージがTFTPサーバ上の正しいディレクトリに存在することを確認します(通常は、UNIXワークステーションの / tftpboot)。

ダウンロード操作については、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は、world-readになっていなければなりません。

イメージ ファイルをアップロードする前に、TFTPサーバに空のファイルを作成しなければならない場合があります。空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename は、サーバへイメージをアップロードするときに使用するファイル名です。

アップロード操作中に、サーバ上の既存のファイル(作成する必要があった場合は、空のファイルを含む)を上書きする場合は、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は、world-writeになっていなければなりません。

TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして現在のイメージと交換するか、現在のイメージを保持できます。

TFTPサーバから新しいイメージをダウンロードして既存のイメージを上書きするには、イネーブルEXECモードでステップ1~3を実行します。現在のイメージを保持する場合は、ステップ3を省略します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

イメージをワークステーションの適切なTFTPディレクトリにコピーします。TFTPサーバが適切に設定されていることを確認します(TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備を参照)。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

archive download-sw /overwrite /reload tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name .tar

イメージ ファイルをTFTPサーバからスイッチへダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションは、ダウンロードされたイメージのバージョンがフラッシュ メモリ内の既存のコピーと同じ場合に限り、ダウンロードされたイメージでフラッシュ内のソフトウェア イメージを上書きします。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され保存されていない場合を除き、イメージのダウンロード後にシステムをリロードします。

// location には、TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

ステップ 4

archive download-sw /leave-old-sw /reload tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name .tar

イメージ ファイルをTFTPサーバからスイッチへダウンロードし、現在のイメージを保持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後も古いソフトウェア バージョンを保持します。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され保存されていない場合を除き、イメージのダウンロード後にシステムをリロードします。

// location には、TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがスイッチ モデルに適しており十分なDRAMが存在することが確認されます。そうでない場合は、プロセスは停止してエラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定すると、ダウンロード アルゴリズムによって新しいイメージと同じであるかどうかに関係なくフラッシュ デバイス内の既存のイメージが削除され、新しいイメージがダウンロードされて、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに2つのイメージを保持する十分なスペースがあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きしたい場合は、/overwriteオプションを指定する必要があります。Catalyst 2950 LREスイッチのフラッシュ デバイスでサポートされるのは、Cisco IOS、HTML、Long-Reach Ethernet(LRE)バイナリ ファイルの完全なセット1つと、Cisco IOSバイナリ ファイル1つだけです。フラッシュ デバイスで2つの完全なイメージ セットを保持することはできません。


/leave-old-sw を指定すると、既存のファイルは削除されません。新しいイメージをインストールして現在実行中のイメージを保持するスペースが不十分な場合は、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

アルゴリズムは、システム ボード フラッシュ デバイス(flash:)にダウンロードされたイメージをインストールします。イメージは、ソフトウェア バージョン ストリングが名前に付けられた新しいディレクトリに配置され、BOOT環境変数は新たにインストールされたイメージをポイントするように更新されます。

ダウンロード プロセス中に古いイメージを保持した( /leave-old-sw キーワードを指定した)場合は、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを入力してそれを削除できます。 filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを指定する場合は flash: を使用します。 file-url には、古いイメージのディレクトリ名を指定します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるため、イメージ名は変更しないでください

TFTPを使用したイメージ ファイルのアップロード

イメージをスイッチからTFTPサーバへアップロードできます。このイメージはあとから、そのスイッチまたは同じタイプの別のスイッチへダウンロードできます。

アップロード機能は、デバイス マネージャに関連付けられたHTMLページが既存のイメージといっしょにインストールされている場合に限り使用します。

イメージをTFTPサーバへアップロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

TFTPサーバが適切に設定されていることを確認します(「TFTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照)。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

archive upload-sw tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name .tar

現在実行中のスイッチ イメージをTFTPサーバへアップロードします。

// location には、TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。 image-name .tar は、サーバに格納されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブルEXECコマンドによって、info、Cisco IOSイメージ、HTMLファイル、LREバイナリ ファイル、info.verの順番にファイルがアップロードされ、サーバ上にイメージ ファイルが作成されます。ファイルのアップロード後に、アップロード アルゴリズムによってtarファイル フォーマットが作成されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるため、イメージ名は変更しないでください

FTPを使用したイメージ ファイルのコピー

スイッチ イメージをFTPサーバからダウンロードしたり、イメージをスイッチからFTPサーバへアップロードできます。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、スイッチ イメージ ファイルをサーバからダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きするか、ダウンロード後に現在のイメージを保持できます。

バックアップ目的でスイッチ イメージ ファイルをサーバへアップロードします。このアップロードされたイメージは、今後そのスイッチまたは同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロード」

「FTPを使用したイメージ ファイルのアップロード」

FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTPサーバへ、またはFTPサーバからイメージ ファイルをコピーできます。

FTPプロトコルでは、クライアントがFTP要求ごとにリモート ユーザ名とパスワードをサーバへ送信する必要があります。FTPを使用してイメージ ファイルをスイッチからサーバへコピーする場合は、ソフトウェアによって次のリストの中で最初の有効なユーザ名が送信されます。

archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドに指定されたユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名(コマンドが設定されている場合)

anonymous(匿名)

スイッチによって、次のリストの中で最初に有効なパスワードが送信されます。

archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドに指定されたパスワード(パスワードが指定されている場合)

ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたパスワード(コマンドが設定されている場合)

スイッチによって、 username@switchname.domain 形式のパスワードが作成されます。変数
username
は、現在のセッションに関連付けられたユーザ名、 switchname は設定済みのホスト名、 domain はスイッチのドメインです。

ユーザ名とパスワードは、FTPサーバのアカウントに関連付ける必要があります。サーバへ書き込む場合は、FTPサーバがユーザからのFTP書き込み要求を受け入れるように適切に設定されていなければなりません。

ip ftp username コマンドと ip ftp password コマンドを使用して、すべてのコピー操作に使用するユーザ名とパスワードを指定します。その操作の場合だけユーザ名を指定したい場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドにユーザ名を含めます。

サーバがディレクトリ構造を持つ場合、イメージ ファイルはサーバ上のユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれるか、そのディレクトリからコピーされます。たとえば、イメージ ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合は、リモート ユーザ名としてユーザの名前を指定します。

FTPを使用してイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を行います。

スイッチにFTPサーバへのルートがあることを確認します。トラフィックをサブネット間でルーティングするルータがない場合は、スイッチとFTPサーバが同じサブネットワーク内に存在していなければなりません。 ping コマンドを使用してFTPサーバへの接続を調べます。

コンソールまたはTelnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名を持っていない場合は、現在のFTPユーザ名がFTPダウンロードで使用するユーザ名であることを確認します。有効なユーザ名を表示するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用したくない場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しいFTPユーザ名を作成します。この新しい名前は、すべてのアーカイブ操作で使用されます。新しいユーザ名は、NVRAMに格納されます。Telnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、FTPユーザ名を設定する必要はありません。その操作の場合だけユーザ名を指定したい場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドにユーザ名を含めます。

イメージ ファイルをFTPサーバへアップロードする場合は、FTPサーバがスイッチ上のユーザからの書き込み要求を受け入れるように適切に設定されていなければなりません。

詳細については、FTPサーバのマニュアルを参照してください。

FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして現在のイメージを上書きするか、現在のイメージを保持できます。

FTPサーバから新しいイメージをダウンロードして既存のイメージを上書きするには、イネーブルEXECモードでステップ1~7を実行します。現在のイメージを保持する場合は、ステップ7を省略します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合に限り必要です(ステップ4、5、6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

archive download-sw /overwrite /reload ftp:
[[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / image-name .tar

イメージ ファイルをFTPサーバからスイッチへダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションは、フラッシュ内のソフトウェア イメージをダウンロードされたイメージで上書きします。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され保存されていない場合を除き、イメージのダウンロード後にシステムをリロードします。

// username [ : password ]には、ユーザ名とパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードは、FTPサーバ上のアカウントに関連付ける必要があります。詳細は、「FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

ステップ 8

archive download-sw /leave-old-sw /reload ftp:
[[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / image-name .tar

イメージ ファイルをFTPサーバからスイッチへダウンロードし、現在のイメージを保持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後も古いソフトウェア バージョンを保持します。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され保存されていない場合を除き、イメージのダウンロード後にシステムをリロードします。

// username [ : password ]には、ユーザ名とパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードは、FTPサーバのアカウントに関連付ける必要があります。詳細は、「FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTPサーバのIPアドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがスイッチ モデルに適しており十分なDRAMが存在することが確認されます。そうでない場合は、プロセスは停止してエラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定すると、ダウンロード アルゴリズムによって新しいイメージと同じであるかどうかに関係なくフラッシュ デバイス内の既存のイメージが削除され、新しいイメージがダウンロードされて、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに2つのイメージを保持する十分なスペースがあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きしたい場合は、/overwriteオプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存のファイルは削除されません。新しいイメージをインストールして実行中のイメージを保持するスペースが不十分な場合は、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

アルゴリズムは、システム ボード フラッシュ デバイス(flash:)にダウンロードされたイメージをインストールします。イメージは、ソフトウェア バージョン ストリングが名前に付けられた新しいディレクトリに配置され、BOOT環境変数は新たにインストールされたイメージをポイントするように更新されます。

ダウンロード プロセス中に古いイメージを保持した( /leave-old-sw キーワードを指定した)場合は、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを入力してそれを削除できます。 filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを指定する場合は flash: を使用します。 file-url には、古いソフトウェア イメージのディレクトリ名を指定します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるため、イメージ名は変更しないでください

FTPを使用したイメージ ファイルのアップロード

イメージをスイッチからFTPサーバへアップロードできます。このイメージはあとから、同じスイッチまたは同じタイプの別のスイッチへダウンロードできます。

アップロード機能は、デバイス マネージャに関連付けられたHTMLページが既存のイメージといっしょにインストールされている場合に限り使用します。

イメージをFTPサーバへアップロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTPを使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合に限り必要です(ステップ4、5、6を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

archive upload-sw ftp:
[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / image-name .tar

現在実行中のスイッチ イメージをFTPサーバへアップロードします。

// username : password には、ユーザ名とパスワードを指定します。ユーザ名とパスワードは、FTPサーバのアカウントに関連付ける必要があります。詳細は、「FTPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。 image-name .tar は、サーバに格納されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw コマンドによって、info、Cisco IOSイメージ、HTMLファイル、info.verの順番にファイルがアップロードされ、サーバ上にイメージ ファイルが作成されます。ファイルのアップロード後に、アップロード アルゴリズムによってtarファイル フォーマットが作成されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるため、イメージ名は変更しないでください

RCPを使用したイメージ ファイルのコピー

スイッチ イメージをRCPサーバからダウンロードしたり、イメージをスイッチからRCPサーバへアップロードできます。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、スイッチ イメージ ファイルをサーバからダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きするか、ダウンロード後に現在のイメージを保持できます。

バックアップ目的でスイッチ イメージ ファイルをサーバへアップロードします。このアップロードされたイメージは、今後同じスイッチまたは同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロード」

「RCPを使用したイメージ ファイルのアップロード」

RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCPは、リモート ホストとスイッチ間でイメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするもう1つの方式を提供します。UDPを使用するTFTPとは異なり、コネクションレス型プロトコルのRCPはコネクション型のTCPを使用します。

ファイルをコピーするためにRCPを使用するには、ファイルをコピーする対象のサーバがRCPをサポートしている必要があります。RCP copyコマンドは、リモート システムのrshサーバ(または、デーモン)に依存しています。RCPを使用してファイルをコピーするために、TFTPで実行したようなファイル配布用のサーバを作成する必要はありません。リモート シェル(rsh)をサポートするサーバへアクセスする必要があるだけです(大半のUNIXシステムはrshをサポートしています)。ファイルをある場所から別の場所へコピーするため、コピー元ファイルの読み取り権限とコピー先ファイルの書き込み権限を持っている必要があります。コピー先ファイルが存在していない場合は、RCPがそれを作成します。

RCPでは、クライアントがRCP要求ごとにリモート ユーザ名をサーバへ送信する必要があります。RCPを使用してイメージをスイッチからサーバへコピーする場合は、ソフトウェアによって次のリストの中で最初の有効なユーザが送信されます。

archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドに指定されたユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定されたユーザ名(コマンドが設定されている場合)

現在のTTY(端末)プロセスに関連付けられたリモート ユーザ名。たとえば、ユーザがTelnetを介してルータに接続し、 username コマンドを使用して認証された場合、スイッチ ソフトウェアによってリモート ユーザ名としてTelnetユーザ名が送信されます。

スイッチのホスト名

RCPコピー要求を正常に実行させるには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。サーバがディレクトリ構造を持つ場合、イメージ ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれるか、そのディレクトリからコピーされます。たとえば、イメージ ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合は、リモート ユーザ名としてユーザの名前を指定します。

RCPを使用してイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を行います。

RCPサーバとして動作するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートしていることを確認します。

スイッチにRCPサーバへのルートがあることを確認します。トラフィックをサブネット間でルーティングするルータがない場合は、スイッチとサーバが同じサブネットワーク内に存在していなければなりません。 ping コマンドを使用してRCPサーバへの接続を調べます。

コンソールまたはTelnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名を持っていない場合は、現在のRCPユーザ名がRCPダウンロードで使用するユーザ名であることを確認します。有効なユーザ名を表示するには、 show users イネーブルEXECコマンドを入力します。このユーザ名を使用したくない場合は、 ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、すべてのアーカイブ操作時に使用される新しいRCPユーザ名を作成します。新しいユーザ名は、NVRAMに格納されます。Telnetセッションを介してスイッチへアクセスしており、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、RCPユーザ名を設定する必要はありません。その操作の場合だけユーザ名を指定したい場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブルEXECコマンドにユーザ名を含めます。

イメージをRCPサーバへアップロードする場合は、RCPサーバがスイッチ上のユーザからのRCP書き込み要求を受け入れるように適切に設定されていなければなりません。UNIXシステムの場合は、RCPサーバ上のリモート ユーザの.rhostsファイルにエントリを追加する必要があります。たとえば、スイッチに次の設定行が含まれているものとします。

hostname Switch1
ip rcmd remote-username User0
 

スイッチのIPアドレスが Switch1.company.com に変換される場合は、RCPサーバ上のUser0の.rhostsファイルに次の行が含まれていなければなりません。

Switch1.company.com Switch1
 

詳細については、RCPサーバのマニュアルを参照してください。

RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして現在のイメージと交換するか、現在のイメージを保持できます。

RCPサーバから新しいイメージをダウンロードして既存のイメージを上書きするには、イネーブルEXECモードでステップ1~6を実行します。現在のイメージを保持する場合は、ステップ6を省略します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合に限り必要です(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

archive download-sw /overwrite /reload rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

イメージ ファイルをRCPサーバからスイッチへダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションは、フラッシュ内のソフトウェア イメージをダウンロードされたイメージで上書きします。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され保存されていない場合を除き、イメージのダウンロード後にシステムをリロードします。

// usernameには、ユーザ名を指定します。 RCPコピー要求を正常に実行させるには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。詳細は、「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

ステップ 7

archive download-sw /leave-old-sw /reload rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

イメージ ファイルをRCPサーバからスイッチへダウンロードし、現在のイメージを保持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後も古いソフトウェア バージョンを保持します。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され保存されていない場合を除き、イメージのダウンロード後にシステムをリロードします。

// usernameには、ユーザ名を指定します。 RCPコピー要求を実行させるには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。詳細は、「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがスイッチ モデルに適しており十分なDRAMが存在することが確認されます。そうでない場合は、プロセスは停止してエラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定すると、ダウンロード アルゴリズムによって新しいイメージと同じであるかどうかに関係なくフラッシュ デバイス内の既存のイメージが削除され、新しいイメージがダウンロードされて、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに2つのイメージを保持する十分なスペースがあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きしたい場合は、/overwriteオプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存のファイルは削除されません。新しいイメージをインストールして、実行中のイメージを保持するスペースが不十分な場合は、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

アルゴリズムは、システム ボード フラッシュ デバイス(flash:)にダウンロードされたイメージをインストールします。イメージは、ソフトウェア バージョン ストリングが名前に付けられた新しいディレクトリに配置され、BOOT環境変数は新たにインストールされたイメージをポイントするように更新されます。

ダウンロード プロセス中に古いソフトウェアを保持した( /leave-old-sw キーワードを指定した)場合は、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブルEXECコマンドを入力してそれを削除できます。 filesystem には、システム ボード フラッシュ デバイスを指定する場合は flash: を使用します。 file-url には、古いソフトウェア イメージのディレクトリ名を指定します。ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるため、イメージ名は変更しないでください

RCPを使用したイメージ ファイルのアップロード

イメージをスイッチからRCPサーバへアップロードできます。このイメージはあとから、同じスイッチまたは同じタイプの別のスイッチへダウンロードできます。

アップロード機能は、デバイス マネージャに関連付けられたHTMLページが既存のイメージといっしょにインストールされている場合に限り使用します。

イメージをRCPサーバへアップロードするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCPサーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたはTelnetセッションを介してスイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順は、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合に限り必要です(ステップ4および5を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

archive upload-sw rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

現在実行中のスイッチ イメージをRCPサーバへアップロードします。

// username には、ユーザ名を指定します。RCPコピー要求を実行させるには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。詳細は、「RCPを使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCPサーバのIPアドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字が区別されます。

image-name .tar は、サーバに格納されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブルEXECコマンドによって、info、Cisco IOSイメージ、HTMLファイル、info.verの順番にファイルがアップロードされ、サーバ上にイメージ ファイルが作成されます。ファイルのアップロード後に、アップロード アルゴリズムによってtarファイル フォーマットが作成されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを正常に動作させるため、イメージ名は変更しないでください