Catalyst 2940 スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
コネクタおよびケーブル
コネクタおよびケーブル
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

コネクタおよびケーブル

コネクタの仕様

10/100ポート

10/100/1000ポート

10BASE-Tおよび100BASE-TX装置の接続

1000BASE-T装置の接続

100BASE-FXポート

SFPモジュール スロット

コンソール ポート

ケーブルおよびアダプタの仕様

2ツイストペア ケーブルのピン割り当て

10/100ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て

1000BASE-T ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て

ケーブルおよびアダプタのピン割り当て

PCへの接続

端末への接続

ロールオーバー ケーブルの識別方法

コネクタおよびケーブル

この章では、スイッチと他の装置との接続に使用するコネクタ、ケーブル、およびアダプタについて説明します。

コネクタの仕様

ここでは、Catalyst 2940スイッチで使用するコネクタについて説明します。内容は次のとおりです。

「10/100ポート」

「10/100/1000ポート」

「100BASE-FXポート」

「SFPモジュール スロット」

「コンソール ポート」

10/100ポート

10/100イーサネット ポートには、標準のRJ-45コネクタと、内部でクロスするイーサネットのピン割り当てが使用されています(スイッチのポート ラベルに X が付いています。図 B-1を参照)。

図 B-1 内部クロスを示すポート ラベル

 

これらのポートでは、送信(TD)と受信(RD)の信号が内部でクロスするので、ストレートのツイストペア ケーブルとアダプタをポートに接続できます。図 B-2にピン割り当てを示します。

図 B-2 10/100ポートRJ-45のピン割り当て

 

10/100ポートに、サーバ、ワークステーション、ルータなどの装置を接続する場合、10BASE-Tおよび100BASE-TX用に配線された2ツイストペア ストレート ケーブルまたは4ツイストペア ストレート ケーブルを使用します。図 B-6に、2ツイストペア ストレート ケーブルの配線を示します。また、図 B-8に、4ツイストペア ストレート ケーブルの配線を示します。

ポートに、スイッチやリピータなどの装置を接続する場合、2ツイストペア クロス ケーブルまたは4のツイストペア クロス ケーブルを使用します。図 B-7に、2ツイストペア クロス ケーブルの配線を示します。また、図 B-9に、4ツイストペア クロス ケーブルの配線を示します。

10BASE-T装置と接続する場合は、カテゴリ3、4、または5のケーブルを使用できます。100BASE-TX装置と接続する場合は、カテゴリ5のケーブルを使用する必要があります。


) 接続する2つのポートの一方にXが付いている場合は、ストレート ケーブルを使用してください。両方にXが付いている場合、またはどちらにもXが付いていない場合は、クロス ケーブルを使用してください。


10/100/1000ポート

Catalyst 2940-8TT-Sスイッチの10/100/1000ポートには、標準のRJ-45コネクタを使用します。図 B-3に、ピン割り当てを示します。

図 B-3 10/100/1000ポートのRJ-45ピン割り当て

 

10BASE-Tおよび100BASE-TX装置の接続

ポートに、サーバ、ワークステーション、ルータなどの10BASE-Tおよび100BASE-TX装置を接続する場合、10BASE-Tおよび100BASE-TX用に配線された2ツイストペア ストレート ケーブルまたは4ツイストペア ストレート ケーブルを使用します。図 B-6に、2ツイストペア ストレート ケーブルの配線を示します。また、図 B-8に、4ツイストペア ストレート ケーブルの配線を示します。

ポートに、スイッチやリピータなどの10BASE-Tおよび100BASE-TX装置を接続する場合、2ツイストペア クロス ケーブルまたは4のツイストペア クロス ケーブルを使用します。図 B-7に、2ツイストペア クロス ケーブルの配線を示します。また、図 B-9に、4ツイストペア クロス ケーブルの配線を示します。

10BASE-T装置と接続する場合は、カテゴリ3、4、または5のケーブルを使用できます。100BASE-TX装置と接続する場合は、カテゴリ5のケーブルを使用する必要があります。

1000BASE-T装置の接続

ポートを、サーバ、ワークステーション、ルータなどの1000BASE-T装置に接続する場合は、10BASE-T、100BASE-TX、および1000BASE-T用に配線されたカテゴリ5の4ツイストペア ストレート ケーブルを使用する必要があります。図 B-10に、ストレート ケーブルの配線を示します。

ポートに、スイッチやリピータなどの装置を接続する場合は、カテゴリ5の4ツイストペア クロス ケーブルを使用する必要があります。図 B-11に、クロス ケーブルの配線を示します。


) 1000BASE-T装置に接続する場合は、必ずカテゴリ5の4ツイストペア ケーブルを使用してください。



) 接続する2つのポートの一方にXが付いている場合は、ストレート ケーブルを使用してください。両方にXが付いている場合、またはどちらにもXが付いていない場合は、クロス ケーブルを使用してください。


100BASE-FXポート

Catalyst 2940 8TF-Sの100BASE-FXポートには、MT-RJコネクタを使用します(図 B-4を参照)。このポートには、50/125ミクロンまたは62.5/125ミクロンのマルチモード光ファイバ ケーブルを使用します。

表B-1 に記載されているMT-RJ光ファイバ パッチ ケーブルのいずれかを使用すると、100BASE-FXポートを接続先装置のSCポートに接続できます。 表B-1 のシスコ部品番号を指定して、必要なパッチ ケーブルをご注文ください。

図 B-4 MT-RJコネクタ

 

 

表B-1 100BASE-FX接続用のMT-RJパッチ ケーブル

タイプ
シスコ部品番号

MT-RJ/SCマルチモード ケーブル(1 m)

CAB-MTRJ-SC-MM-1M

MT-RJ/SCマルチモード ケーブル(3 m)

CAB-MTRJ-SC-MM-3M

MT-RJ/SCマルチモード ケーブル(5 m)

CAB-MTRJ-SC-MM-5M

MT-RJ/STマルチモード ケーブル(1 m)

CAB-MTRJ-ST-MM-1M

MT-RJ/STマルチモード ケーブル(3 m)

CAB-MTRJ-ST-MM-3M

MT-RJ/STマルチモード ケーブル(5 m)

CAB-MTRJ-ST-MM-5M

SFPモジュール スロット

Catalyst 2940-8TF-Sスイッチには、光ファイバ アップリンク ポートを提供するSFPモジュール用のスロットが1つあります。

図 B-5に、光ファイバ接続用のSFPモジュール コネクタを示します。

図 B-5 SFPモジュール コネクタ

 


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


コンソール ポート

コンソール ポートには、8ピンのRJ-45コネクタが使用されています。スイッチをPCに接続するには、スイッチのコンソール ポートに、付属品のRJ-45/DB-9アダプタ ケーブルを取り付けます。スイッチを端末に接続する場合は、RJ-45/DB-25メスDTEアダプタが必要です。このアダプタが入ったキット(部品番号ACS-DSBUASYN=)をご注文ください。コンソール ポートおよびアダプタのピン割り当てについては、 表B-2 および 表B-3 を参照してください。

ケーブルおよびアダプタの仕様

ここでは、Catalyst 2940スイッチで使用するケーブルとアダプタについて説明します。

「2ツイストペア ケーブルのピン割り当て」

「10/100ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て」

「1000BASE-T ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て」

「ケーブルおよびアダプタのピン割り当て」

2ツイストペア ケーブルのピン割り当て

図 B-6および図 B-7に、10/100ポート用の2ツイストペア ケーブルの配線を示します。

図 B-6 10/100ポート用の2ツイストペア ストレート ケーブルの配線

 

図 B-7 10/100ポート用の2ツイストペア クロス ケーブルの配線

 

10/100ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て

図 B-8および図 B-9に、10/100ポート用の4ツイストペア ケーブルの配線を示します。

図 B-8 10/100ポート用の4ツイストペア ストレート ケーブルの配線

 

図 B-9 10/100ポート用の4ツイストペア クロス ケーブルの配線

 

1000BASE-T ポート用の4ツイストペア ケーブルのピン割り当て

図 B-10および図 B-11に、10/100/1000ポート用の4ツイストペア ケーブルの配線を示します。

図 B-10 10/100/1000および1000BASE-T GBICモジュール ポート用の4ツイストペア ストレート ケーブルの配線

 

図 B-11 10/100/1000および1000BASE-T GBICモジュール ポート用の4ツイストペア クロス ケーブルの配線

 

ケーブルおよびアダプタのピン割り当て

ここでは、ケーブルおよびアダプタのピン割り当てを説明し、ロールオーバー ケーブルを識別する方法についても説明します。

PCへの接続

付属品のRJ-45/DB-9アダプタ ケーブルを使用して、端末エミュレーション ソフトウェアを実行するPCに、コンソール ポートを接続します。 表B-2 に、コンソール ポートとRJ-45/DB-9アダプタ ケーブルのピン割り当てを示します。

 

表B-2 コンソール ポートの信号およびRJ-45/DB-9アダプタ ケーブルのピン割り当て

コンソールポート(DTE)
RJ-45/DB-9アダプタ ケーブル
コンソール装置
信号
RJ-45ピン
DB-9ピン
信号

RTS

1

8

CTS

接続なし

2

6

DSR

TxD

3

2

RxD

GND

4

5

GND

GND

5

5

GND

RxD

6

3

TxD

接続なし

7

4

DTR

CTS

8

7

RTS

端末への接続

付属品のRJ-45/DB-9アダプタ ケーブルおよびRJ-45/DB-25メスDTEアダプタを使用して、コンソール ポートを端末に接続します。 表B-3 に、コンソール ポート、アダプタ ケーブル、およびRJ-45/DB-25アダプタのピン割り当てを示します。


) RJ-45/DB-25メスDTEアダプタが別途必要です。このアダプタが入ったキット
(部品番号ACS-DSBUASYN=)をご注文ください。


 

表B-3 コンソール ポートの信号およびピン割り当て(DB-25アダプタ)

コンソールポート(DTE)
RJ-45/DB-9アダプタ ケーブル
RJ-45/DB-25
端末アダプタ
コンソール装置
信号
RJ-45ピン
DB-9ピン
DB-25ピン
信号

RTS

1

8

5

CTS

接続なし

2

6

6

DSR

TxD

3

2

3

RxD

GND

4

5

7

GND

GND

5

5

7

GND

RxD

6

3

2

TxD

接続なし

7

4

20

DTR

CTS

8

7

4

RTS

ロールオーバー ケーブルの識別方法

ロールオーバー ケーブル(別名「クロス ケーブル」)は、モジュラ型のケーブル両端を比較することで識別できます。タブを裏側にして、ケーブルの両端を並べます(図 B-12を参照)。

図 B-12 ロールオーバー ケーブルの識別方法

 

 

1

ピン1

2

ピン9

ロールオーバー ケーブルでは、左プラグの最も外側のピンの接続線が、右プラグの最も外側のピンの接続線と同じ色になります。