Catalyst 2940 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA7
MSTP の設定
MSTP の設定
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

MSTP の設定

MSTP の概要

MST リージョン

IST、CIST、CST

MST リージョン内の動作

MST リージョン間の動作

ホップ カウント

境界ポート

IEEE 802.1D STP とのインターオペラビリティ

RSTP の概要

ポートの役割およびアクティブ トポロジー

高速コンバージェンス

ポートの役割の同期化

BPDU フォーマットおよび処理

優位 BPDU 情報の処理

下位 BPDU 情報の処理

トポロジー変更

MSTP 機能の設定

MSTP のデフォルト設定

MSTP 設定時の注意事項

MST リージョン コンフィギュレーションの指定および MSTP のイネーブル化

ルート スイッチの設定

セカンダリ ルート スイッチの設定

ポート プライオリティの設定

パス コストの設定

スイッチ プライオリティの設定

hello タイムの設定

転送遅延時間の設定

最大エージング タイムの設定

最大ホップ カウントの設定

リンク タイプの指定による高速移行の実現

プロトコル移行プロセスの再開

MST コンフィギュレーションおよびステータスの表示

MSTP の設定

この章では、Catalyst 2940 スイッチにシスコが実装する IEEE 802.1s 準拠の Multiple STP(MSTP)を設定する手順について説明します。


) Multiple Spanning-Tree(MST)の実装は準標準の実装です。これは、IEEE 標準のドラフト バージョンに準拠します。


MSTP を設定すると、複数の VLAN が同じスパニングツリー インスタンスにマッピングできるようになり、多数の VLAN をサポートするために必要だったスパニングツリー インスタンスの数を減らすことができます。MSTP はデータ トラフィックに複数の転送パスを提供して、負荷分散を実現します。1 つのインスタンス(転送パス)で障害が発生しても、他のインスタンス(転送パス)に影響を与えないので、ネットワークの耐障害性が向上します。最も一般的な MSTP の初期配備は、レイヤ 2 スイッチド ネットワークのバックボーンおよびディストリビューション レイヤ内です。この配備方法によって、サービス プロバイダー環境で必要とされるハイ アベイラビリティのネットワークを実現できます。

スイッチが MST モードの場合、IEEE 802.1w 準拠の Rapid Spanning-Tree Protocol(RSTP)が自動的にイネーブルになります。RSTP は明示的なハンドシェイクを介してスパニングツリーの高速コンバージェンスを提供することにより、IEEE 802.1D 転送遅延を軽減し、ルート ポートおよび指定ポートをただちにフォワーディング ステートに移行させます。

MSTP および RSTP はどちらもスパニングツリーの動作を向上させ、(元の)IEEE 802.1D スパニングツリーに準拠した機器や、既存のシスコ独自仕様の Multiple Instance STP(MISTP)、既存の Cisco Per-VLAN Spanning-Tree plus(PVST+)および Rapid Per-VLAN Spanning-Tree plus(Rapid PVST+)との下位互換性を維持します。PVST+ および Rapid PVST+ の詳細については、 第 10 章「STP の設定」 を参照してください。他のスパニングツリー機能(PortFast、UplinkFast、ルート ガードなど)の詳細については、 第 12 章「オプションのスパニングツリー機能の設定」 を参照してください。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「MSTP の概要」

「RSTP の概要」

「MSTP 機能の設定」

「MST コンフィギュレーションおよびステータスの表示」

MSTP の概要

MSTP は、高速コンバージェンスを実現するために RSTP を使用し、複数の VLAN を 1 つのスパニングツリー インスタンスにまとめます。また、スパニングツリー トポロジーを持つ各インスタンスは、他のスパニングツリー インスタンスとは独立しています。このアーキテクチャにより、データ トラフィック用の複数の転送パスを提供し、負荷分散を実現し、多数の VLAN をサポートするのに必要なスパニングツリー インスタンス数を軽減できます。

ここでは、MSTP の機能について説明します。

「MST リージョン」

「IST、CIST、CST」

「ホップ カウント」

「境界ポート」

「IEEE 802.1D STP とのインターオペラビリティ」

設定手順については、「MSTP 機能の設定」 を参照してください。

MST リージョン

スイッチが Multiple Spanning-Tree(MST)インスタンスに参加するには、同じ MST コンフィギュレーション情報を一貫して使用して、スイッチを設定する必要があります。同じ MST コンフィギュレーションを持つ相互接続されたスイッチの集合は、MST リージョンで構成されています(MST リージョン、IST マスター、CST ルート を参照)。

MST コンフィギュレーションにより、各スイッチが所属する MST リージョンが決定されます。このコンフィギュレーションには、リージョン名、リビジョン番号、および MST の VLAN とインスタンスの割り当てマップが含まれます。スイッチが MST コンフィギュレーション モードを開始してから、 spanning-tree mst configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、スイッチにリージョンを設定します。このモードから、 instance MST コンフィギュレーション コマンドを使用して、MST インスタンスに VLAN をマッピングし、 name MST コンフィギュレーション コマンドを使用して、リージョン名を指定し、 revision MST コンフィギュレーション コマンドを使用して、リビジョン名を設定します。

リージョンには、同じ MST コンフィギュレーションを使用する 1 つまたは複数のメンバーが含まれています。各メンバーには、RSTP Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)の処理能力が必要です。ネットワーク内の MST リージョン数は無制限ですが、各リージョンがサポートできるスパニングツリー インスタンスは最大 16 です。インスタンスは、0 ~ 15 の範囲の任意の番号によって特定できます。VLAN は、一度に 1 つのスパニングツリー インスタンスにしか割り当てられません。

IST、CIST、CST

すべてのスパニングツリー インスタンスが独立している PVST+ および Rapid PVST+ とは異なり、MSTP は 2 種類のスパニングツリーを確立して維持します。

Internal Spanning Tree(IST) ― MST リージョン内で稼働するスパニングツリー。

各 MST リージョン内では、MSTP は複数のスパニングツリー インスタンスを維持します。インスタンス 0 は、リージョンの特別なインスタンスで、IST として知られています。その他のすべての MST インスタンスは、1 ~ 15 まで番号付けされています。

IST は、BPDU の送受信を行う唯一のスパニングツリー インスタンスです。その他のスパニングツリー インスタンス情報はすべて、MSTP BPDU 内でカプセル化される M レコードに含まれます。MSTP BPDU は、すべてのインスタンスの情報を伝送するため、複数のスパニングツリー インスタンスをサポートするために処理する必要のある BPDU 数は大幅に減少します。

同じリージョン内のすべての MST インスタンスは、同じプロトコル タイマーを共有しますが、各 MST インスタンスには、独自のトポロジー パラメータ(ルート スイッチ ID、ルート パス コストなど)があります。デフォルトでは、すべての VLAN は IST に割り当てられます。

MST インスタンスはリージョンに対してローカルで、たとえば、リージョン A とリージョン B が相互接続されていても、リージョン A の MST インスタンス 1 は、リージョン B の MST インスタンス 1 から独立しています。

Common and Internal Spanning Tree(CIST) ― 各 MST リージョン内の IST および MST リージョンと単一のスパニングツリーを相互接続する Common Spanning Tree(CST)の集合体です。

リージョン内で算出されたスパニングツリーは、スイッチド ドメイン全体を網羅する CST 内のサブツリーとして表示されます。CIST は、IEEE 802.1w、IEEE 802.1s、および IEEE 802.1D 標準をサポートするスイッチ間で実行されるスパニングツリー アルゴリズムの結果として形成されます。MST リージョン内部の CIST は、リージョン外の CST と同じです。

詳細については、「MST リージョン内の動作」 および 「MST リージョン間の動作」 を参照してください。

MST リージョン内の動作

IST は、リージョン内のすべての MSTP スイッチを接続します。IST が収束すると、その IST のルートが IST マスターとなります。これは、リージョン内のスイッチのうち、CST ルートに対するスイッチ ID およびパス コストが最も小さいスイッチです。また、ネットワーク内にリージョンが 1 つしかない場合は、IST マスターが CST ルートになります。CST ルートが、リージョン外にある場合、リージョンの境界にある MSTP スイッチの 1 つが IST マスターとして選択されます。

MSTP スイッチが初期化する際、自身が CST のルートおよび IST マスターであることを主張するため、0 に設定された CST ルートと IST マスターへのパス コストで、BPDU を送信します。また、スイッチはすべての MST インスタンスを初期化し、自身がこれらすべてのインスタンスのルートであると主張します。スイッチは、保存されている MST のルート情報よりも優位の情報(より小さいスイッチ ID、より小さいパス コストなど)を受信すると、IST マスターとしての主張を撤回します。

初期化中、リージョンが独自の ISTマスターのある多くのサブリージョンを持つ場合もあります。スイッチは優位の IST 情報を受信すると、古いサブリージョンを離脱して、真の IST マスターを含む新しいサブリージョンに加入します。すなわち、真の IST マスターが含まれるサブリージョン以外のサブリージョンはすべて縮小します。

正常な動作をさせるためには、MST リージョン内のすべてのスイッチが同じ IST マスターを承認する必要があります。このため、リージョン内の任意の2つのスイッチが、1 つの MST インスタンスに対するポートの役割を同期させるのは、共通のIST マスターに収束する場合だけです。

MST リージョン間の動作

ネットワーク内に、複数のリージョンまたは IEEE 802.1D レガシー スイッチがある場合、MSTP は、ネットワーク内のすべての MST リージョンとすべてのレガシー STP スイッチを含むCSTを確立して維持します。MST インタスタンスは、リージョンの境界にある IST と結合して、CST になります。

IST はリージョン内のすべての MSTP スイッチを接続して、スイッチド ドメイン全体を網羅する CST のサブツリーとして表示されます。このサブツリーのルートが IST マスターとなります。MST リージョンは、隣接する STP スイッチおよび MST リージョンに対して仮想スイッチとして表示されます。

図11-1 に、3 つの MST リージョンおよび 1 つの IEEE 802.1D レガシー スイッチ(D)から構成されるネットワークを示します。リージョン 1(A)の IST マスターは、CST ルートでもあります。リージョン 2(B)の IST マスターおよびリージョン 3(C)の IST マスターは、CST 内のそれぞれのサブツリーのルートです。RSTP は、すべてのリージョン内で稼働します。

図11-1 MST リージョン、IST マスター、CST ルート

 

図11-1 には、各リージョンのその他の MST インスタンスを表示していません。MST インスタンスのトポロジーは、同じリージョンの IST のトポロジーとは異なる可能性があります。

CST インスタンスだけが BPDU の送受信を行います。MST インスタンスは自身のスパニングツリー情報を BPDU に追加し、近接スイッチと相互作用して、最終的なスパニングツリー トポロジーを算出します。このため、BPDU 伝送に関連するスパニングツリー パラメータ(たとえば、hello タイム、転送時間、最大エージング タイム、最大ホップ)は、CST 上でのみ設定されますが、すべての MST インスタンスに影響します。スパニングツリー トポロジーに関連するパラメータ(たとえば、スイッチ プライオリティ、ポート VLAN コスト、ポート VLAN プライオリティ)は、CST インスタンスおよび MST インスタンスの両方で設定できます。

MSTP スイッチは、バージョン 3 RSTP BPDU または IEEE 802.1D STP BPDU を使用して、IEEE 802.1D レガシー スイッチと通信します。MSTP スイッチは、MSTP BPDU を使用して、MSTP スイッチと通信します。

ホップ カウント

IST および MST インスタンスは、スパニングツリー トポロジーの算出に、コンフィギュレーション BPDU のメッセージの有効期間および最大エージング タイムの情報を使用しません。その代わり、ルートに対するパス コストおよび IP Time to Live(TTL)メカニズムと同様のホップ カウント メカニズムを使用します。

spanning-tree mst max-hops グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用することにより、リージョン内の最大ホップ数を設定し、そのリージョンの IST およびすべての MST インスタンスに適用できます。ホップ カウントによって、メッセージの有効期間の情報と同様の結果が得られます(再構成の開始時期を決定します)。インスタンスのルート スイッチは常に、コストが 0 で、ホップ カウントが最大値に設定された BPDU(または M レコード)を送信します。スイッチがこの BPDU を受信すると、受信された残りのホップ カウントから 1 を差し引いた値をスイッチが生成する BPDU の残りのホップ カウントとして、伝播します。このカウントが 0 になると、スイッチはその BPDU を廃棄し、ポート用に維持されていた情報を期限切れにします。

BPDU の RSTP 部分にあるメッセージの有効期限および最大エージング タイム情報は、リージョン全体で同じであり、境界に位置するリージョンの Designated Port(DP; 指定ポート)により同じ値が伝播されます。

境界ポート

境界ポートは MST リージョンを、RSTP を稼働する単一のスパニングツリー リージョン、PVST+ または Rapid PVST+ を稼働する単一のスパニングツリー リージョン、または異なる MST コンフィギュレーションを持つ他の MST リージョンに接続します。また、境界ポートは、指定スイッチが単一のスパニングツリー スイッチ、または異なる MST コンフィギュレーションを持つスイッチである LAN に接続されます。

境界では、MST ポートの役割は重要ではなく、そのステートは IST ポートのステートと同じステートにされます(境界の MST ポートがフォワーディング ステートになるのは、IST ポートが転送されている場合だけです)。境界の IST ポートは、バックアップ ポート以外のすべてのポート役割を担うことができます。

共有の境界リンク上では、MST ポートは転送遅延時間の満了をブロッキング ステートで待機してから、ラーニング ステートに移行します。MST ポートは、また別の転送遅延時間を待機してから、フォワーディング ステートに移行します。

境界ポートがポイントツーポイントのリンク上にあり、IST ルート ポートである場合、MST ポートは、IST ポートがフォワーディング ステートに移行するとただちに、フォワーディング ステートに移行します。

IST ポートがポイントツーポイントのリンク上の指定ポートで、IST ポートがピア ポートから受信した合意によってフォワーディング ステートに移行した場合、MST ポートもただちにフォワーディング ステートに移行します。

境界ポートが、IST インスタンス内でフォワーディング ステートに移行すると、すべての MST インスタンスでフォワーディングへ移行され、トポロジーの変更が引き起こされます。IST ルートまたは指定ポートの役割を持つ境界ポートが、MST クラウドの外部からトポロジー変更通知を受信した場合、MSTP スイッチは、IST インスタンスおよびそのポートでアクティブなすべての MST インスタンスでトポロジーの変更を引き起こします。

IEEE 802.1D STP とのインターオペラビリティ

MSTP が稼働しているスイッチは、IEEE 802.1D レガシー スイッチとの連動を可能にする組み込み型のプロトコル移行メカニズムをサポートします。このスイッチは、レガシー IEEE 802.1D コンフィギュレーション BPDU(プロトコル バージョンが 0 に設定されている BPDU)を受信すると、そのポート上で IEEE 802.1D BPDU のみを送信します。また、MSTP スイッチは、レガシー BPDU、異なるリージョンに対応する MSTP BPDU(バージョン 3)、または RSTP BPDU(バージョン 2)を受信すると、ポートがリージョンの境界に位置していることを検出できます。

ただし、レガシー スイッチが指定スイッチでないかぎり、リンクからレガシー スイッチが削除されたかどうかをスイッチは判別できないため、IEEE 802.1D BPDU を受信しなくなった場合でも自動的に MSTP モードに戻りません。また、スイッチは、接続先スイッチがリージョンに加入するときにも、引き続きポートに境界の役割を割り当てる可能性があります。プロトコル移行プロセスを再開する(近接スイッチとの再ネゴシエーションを強制する)には、
clear spanning-tree detected-protocols イネーブル EXEC コマンドを使用します。

リンク上のすべてのレガシー スイッチが RSTP スイッチである場合、MSTP BPDU を RSTP BPDU と同様に処理できます。すなわち、MSTP スイッチは、バージョン 0 コンフィギュレーションと TCN BPDU、またはバージョン 3 MSTP BPDU のいずれかを境界ポート上で送信します。境界ポートは、指定スイッチが単一のスパニングツリー スイッチ、または異なる MST コンフィギュレーションを持つスイッチである LAN に接続されます。

RSTP の概要

RSTP は、ポイントツーポイント配線を利用して、スパニングツリーの高速コンバージェンスを提供します。スパニングツリーを 1 秒未満に設定しなおすことも可能です(IEEE 802.1Dスパニングツリーのデフォルト設定では 50 秒かかります)。

ここでは、RSTP の機能について説明します。

「ポートの役割およびアクティブ トポロジー」

「高速コンバージェンス」

「ポートの役割の同期化」

「BPDU フォーマットおよび処理」

設定手順については、 「MSTP 機能の設定」 を参照してください。

ポートの役割およびアクティブ トポロジー

RSTP は、ポートの役割を割り当て、アクティブ トポロジーを決定することにより、スパニングツリーの高速コンバージェンスを提供します。RSTP は、IEEE 802.1D STP に準拠して、スイッチ プライオリティが最も高い(プライオリティの値が最も小さい)スイッチをルート スイッチに選択します( スパニングツリー トポロジーおよび BPDU を参照)。RSTP はさらに、各ポートに次のいずれか 1 つの役割を割り当てます。

ルート ポート(RP) ― このポートは、スイッチによってパケットがルート スイッチに転送されるときに、最適なパス(最小コスト)を提供します。

指定ポート(DP) ― 指定スイッチに接続し、これにより LAN からルート スイッチへのパケット転送の際、パス コストが最小になります。指定スイッチが LAN に接続するポートのことを指定ポートと呼びます。

代替ポート ― 現在のルート ポートが提供したパスに代わるルート スイッチへの代替パスを提供します。

バックアップ ポート ― 指定ポートが提供した、スパニングツリーのリーフに向かうパスのバックアップとして機能します。バックアップ ポートが存在できるのは、2 つのポートがポイントツーポイント リンクよってループバックで接続されている場合、またはスイッチに共有 LAN セグメントへの接続が 2 つ以上ある場合です。

ディセーブル ポート ― スパニングツリーの動作では、役割がありません。

RP または DP の役割を持つポートは、アクティブ トポロジーに含まれます。代替またはバックアップ ポートの役割を持つポートは、アクティブ トポロジーから除外されます。

ネットワーク全体でポートの役割が一貫した安定したトポロジーでは、RSTP は、すべての代替ポートおよびバックアップ ポートは常に廃棄ステートにする(IEEE 802.1D のブロッキングに相当)のに対し、すべての RP および DP はただちにフォワーディング ステートに移行させます。ポート ステートは、フォワーディングおよびラーニング プロセスの動作を制御します。 表11-1 に、IEEE 802.1D と RSTP ポート ステートの比較を示します。

 

表11-1 ポート ステートの比較

動作ステータス
STP ポート ステート(IEEE 802.1D)
RSTP ポート ステート
アクティブ トポロジーにポートが含まれるか?

イネーブル

ブロッキング

廃棄

含まれない

イネーブル

リスニング

廃棄

含まれない

イネーブル

ラーニング

ラーニング

含まれる

イネーブル

フォワーディング

フォワーディング

含まれる

ディセーブル

ディセーブル

廃棄

含まれない

シスコが実装する STP と統一するため、このマニュアルでは、ポート ステートを discarding の代わりに、 blocking と定義しています。指定ポートは、リスニング ステートから起動します。

高速コンバージェンス

RSTP は、スイッチ、スイッチ ポート、または LAN の障害のあと、接続の回復を高速で実行します。エッジ ポート、新しい RP、ポイントツーポイント リンクで接続されたポートに対して、次のような高速コンバージェンスを実行します。

エッジ ポート ― spanning-tree portfast インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポートを RSTP スイッチ上でエッジ ポートとして設定すると、エッジ ポートはただちにフォワーディング ステートに移行します。エッジ ポートは、PortFast 対応のポートと同じで、単一のエンド ステーションに接続するポート上でのみ、イネーブルにする必要があります。

ルート ポート(RP) ― RSTP が新しいルート ポートを選択すると、古い RP をブロックして、新しいルート ポートをただちにフォワーディング ステートに移行させます。

ポイントツーポイント リンク ― ポイントツーポイント リンクを介して、ポートを別のポートに接続し、ローカル ポートが指定ポートになると、プロポーザル/アグリーメント ハンドシェイクを使用して、他のポートと高速移行をネゴシエートし、ループのないトポロジーを実現します。

図11-2 に示されるように、スイッチ A はポイントツーポイント リンクを介してスイッチ B と接続し、すべてのポートはブロッキング ステートにあります。スイッチ A のプライオリティが、スイッチ B のプライオリティよりも数値的に小さいとします。スイッチ A は、スイッチ B にプロポーザル メッセージ(プロポーザル フラグが設定されたコンフィギュレーション BPDU)を送信し、自身を指定スイッチとして提案します。

スイッチ B は、プロポーザル メッセージを受信すると、プロポーザル メッセージを受信したポートを新しい RP として選択し、すべての非エッジ ポートを強制的にブロッキング ステートにして、新しい RP からアグリーメント メッセージ(アグリーメント フラグが設定された BPDU)を送信します。

スイッチ A も、スイッチ B のアグリーメント メッセージを受信後 、ただちに自身の指定ポートをフォワーディング ステートに移行させます。スイッチ B がすべての非エッジ ポートをブロックしているため、また、スイッチ A とスイッチ B 間にポイントツーポイント リンクが存在するため、ネットワーク内にはループは形成されません。

スイッチ C がスイッチ B に接続されると、同様の一連のハンドシェイキング メッセージが交換されます。スイッチ C は、スイッチ B に接続しているポートを RP として選択し、両側のポートはただちにフォワーディング ステートに移行します。このハンドシェイク プロセスを繰り返すたびに、スイッチが 1 台ずつアクティブ トポロジーに加入します。ネットワークが収束すると、このプロポーザル/アグリーメント ハンドシェイクがスパニングツリーのルートからリーフに向かって進みます。

スイッチは、ポートのデュプレックス モードからリンク タイプを判別します。全二重ポートは、ポイントツーポイント接続であるとみなされ、半二重ポートは、共有接続であるとみなされます。 spanning-tree link-type インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、デュプレックスの設定により判別されたデフォルトの設定を上書きできます。

図11-2 高速コンバージェンス用のプロポーザル/アグリーメント ハンドシェイク

 

ポートの役割の同期化

スイッチが自身のポートの 1 つでプロポーザル メッセージを受信し、そのポートが新しいルート ポートとして選択されると、RSTP は、他のすべてのポートを新しいルート情報で同期化します。

他のすべてのポートが同期化した場合、スイッチは RP で受信した優位なルート情報で同期化します。スイッチ上の各ポートは、次の場合に同期化します。

ポートがブロッキング ステートにある。

ポートがエッジ ポートである(ネットワークのエッジとして設定されたポート)

指定ポートがフォワーディング ステートにあり、エッジ ポートとして設定されていない場合、RSTP が新しいルート情報で同期化すると、ブロッキング ステートに移行します。一般に、RSTP が新しいルート情報でポートを同期化する場合に、ポートが上の条件のいずれも満たしていないときは、そのポートのステートはブロッキングに設定されます。

スイッチのすべてのポートの同期化が確定すると 、スイッチは自身の RP に対応する指定スイッチにアグリーメント メッセージを送信します。ポイントツーポイント リンクによって接続されたスイッチがポートの役割について合意すると、RSTP はポート ステートをただちにフォワーディングに移行させます。図11-3 に、このようなイベントのシーケンスを示します。

図11-3 高速コンバージェンス時のイベント シーケンス

 

BPDU フォーマットおよび処理

RSTP BPDU フォーマットは、そのプロトコル バージョンが 2 に設定されている点を除き、IEEE 802.1D BPDU フォーマットと同じです。新しい 1 バイトのバージョン 1 の Length フィールドは、0 に設定されていて、これはバージョン 1 のプロトコル情報がないことを意味します。 表11-2 に、RSTP フラグ フィールドを示します。

 

表11-2 RSTP BPDU フラグ

ビット
機能

0

Topology Change(TC)

1

プロポーザル

2 ~ 3:

00

01

10

11

ポートの役割

不明

代替ポート

ルート ポート

指定ポート

4

ラーニング

5

フォワーディング

6

アグリーメント

7

Topology Change Acknowledgement(TCA)

送信側スイッチは、RSTP BPDU にプロポーザル フラグを設定し、その LAN 上の指定スイッチとして自身を提案します。プロポーザル メッセージ内のポートの役割は、常に指定ポートに設定されています。

送信側スイッチは、RSTP BPDU にアグリーメント フラグを設定し、前に受信したプロポーザルを受け入れます。アグリーメント メッセージ内のポートの役割は、常にルート ポートに設定されています。

RSTP には、独立した Topology Change Notification(TCN)BPDU がありません。トポロジーの変更を表示するには、TC フラグを使用します。ただし、IEEE 802.1D スイッチとのインターオペラビリティのために、RSTP スイッチは TCN BPDU を処理して生成します。

ラーニングおよびフォワーディング フラグは、送信ポートのステートに応じて設定されます。

優位 BPDU 情報の処理

ポートが、現在保存されているものより優位なルート情報(より小さいスイッチ ID、より低いパス コストなど)を受信すると、RSTP は再構成処理を起動します。ポートが新しいルート ポートとして提案、選択される場合、RSTP は他のすべてのポートを同期化させます。

受信された BPDU が、プロポーザル フラグが設定された RSTP BPDU である場合、他のすべてのポートを同期化したあとで、スイッチはアグリーメント メッセージを送信します。BPDU がIEEE 802.1D BPDU である場合、スイッチはプロポーザル フラグを設定しないで、ポートの転送遅延タイマーを起動します。新しいルート ポートがフォワーディング ステートに移行するには、転送遅延時間の 2 倍の時間がかかります。

ポートで受信された優位な情報により、ポートがバックアップまたは代替ポートになると、RSTP は、ポートをブロッキング ステートに設定しますが、アグリーメント メッセージは送信しません。指定ポートは、転送遅延タイマーが期限切れになるまでプロポーザル フラグが設定された BPDU を送信し続けます。

下位 BPDU 情報の処理

指定ポートが、指定ポートの役割を持つ下位 BPDU(ポートに現在保存されているものより大きなスイッチ ID、高いパス コストなど)を受信した場合は、ただちに自身の情報で応答します。

トポロジー変更

ここでは、スパニングツリーのトポロジー変更における、RSTP と IEEE 802.1D の相違について説明します。

検出 ― ブロッキングとフォワーディング ステート間の すべての 移行がトポロジー変更を引き起こす IEEE 802.1D とは異なり、RSTP では、ブロッキングからフォワーディング ステートへの移行 のみ がトポロジー変更を引き起こします(接続性の増加のみがトポロジー変更とみなされます)。エッジ ポート上のステート変更は、トポロジー変更を引き起こしません。RSTP スイッチがトポロジー変更を検出すると、すべての非エッジ ポート(TC 通知を受信したポートを除く)で学習した情報を削除します。

通知 ― TCN BPDU を使用する IEEE 802.1D とは異なり、RSTP では TCN BPDU を使用しません。ただし、IEEE 802.1D とのインターオペラビリティのために、RSTP スイッチは TCN BPDU を処理して生成します。

確認 ― RSTP スイッチが RP で IEEE 802.1D スイッチからの TCN メッセージを受信すると、TCA ビットが設定された IEEE 802.1D コンフィギュレーション BPDU で応答します。ただし、TC 時間タイマー(IEEE 802.1D のトポロジー変更タイマーと同じ)が IEEE 802.1D スイッチと接続したルート ポート上でアクティブであり、TCA ビットが設定されたコンフィギュレーション BPDU を受信すると、TC 時間タイマーはリセットされます。

この動作は、IEEE 802.1D スイッチのサポートのためにのみ必要です。RSTP BPDU では、TCA ビットは設定されません。

伝播 ― RSTP スイッチが、DP または RP を介して別のスイッチからの TC メッセージを受信すると、変更を自身のすべての非エッジ ポート、DP、および RP に伝播します(この TC メッセージを受信したポートは除く)。スイッチは、このようなすべてのポートに対して TC 時間タイマーを起動し、このポートで学習した情報を流します。

プロトコル移行 ― IEEE 802.1D スイッチとの下位互換性のため、RSTP は、ポート単位で IEEE 802.1D コンフィギュレーション BPDU および TCN BPDU を選択して送信します。

ポートが初期化されると、移行遅延タイマーが起動し(RSTP BPDU を送信する最小時間を指定)、RSTP BPDU が送信されます。タイマーがアクティブな間、スイッチはそのポートで受信したすべての BPDU を処理し、プロトコル タイプを無視します。

スイッチは、ポートの移行遅延タイマーが期限切れになったあとで IEEE 802.1D BPDU を受信した場合、IEEE 802.1D スイッチに接続しているものと推測し、IEEE 802.1D BPDU だけを使用し始めます。ただし、RSTP スイッチがポートで IEEE 802.1D BPDU を使用している場合に、タイマーの期限が切れたあとに RSTP BPDU を受信すると、タイマーを再起動してそのポートで RSTP BPDU を使用し始めます。

MSTP 機能の設定

ここでは、MSTP 機能を設定する手順について説明します。

「MSTP のデフォルト設定」

「MSTP 設定時の注意事項」

「MST リージョン コンフィギュレーションの指定および MSTP のイネーブル化」(必須)

「ルート スイッチの設定」(任意)

「セカンダリ ルート スイッチの設定」(任意)

「ポート プライオリティの設定」(任意)

「パス コストの設定」(任意)

「スイッチ プライオリティの設定」(任意)

「hello タイムの設定」(任意)

「転送遅延時間の設定」(任意)

「最大エージング タイムの設定」(任意)

「最大ホップ カウントの設定」(任意)

「リンク タイプの指定による高速移行の実現」(任意)

「プロトコル移行プロセスの再開」(任意)

MSTP のデフォルト設定

表11-3 に、MSTP のデフォルト設定を示します。

 

表11-3 MSTP のデフォルト設定

機能
デフォルト設定

スパニングツリー モード

PVST+(Rapid PVST+ および MSTP はディセーブル)

スイッチ プライオリティ(CIST インターフェイス単位で設定可能)

32768

スパニングツリー ポート プライオリティ(CIST インターフェイス単位で設定可能)

128

スパニングツリー ポート コスト(CIST インターフェイス単位で設定可能)

1,000 Mbps: 4

100 Mbps: 19

10 Mbps: 100

hello タイム

2 秒

転送遅延時間

15 秒

最大エージング タイム

20 秒

最大ホップ カウント

20 ホップ

サポート対象のスパニングツリー インスタンス数については、「サポート対象のスパニングツリー インスタンス」 を参照してください。

MSTP 設定時の注意事項

MSTP の設定時の注意事項は、次のとおりです。

spanning-tree mode mst グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して MST をイネーブルにすると、RSTP が自動的にイネーブルになります。VLAN 単位の RSTP は、Cisco IOS Release 12.1(20)EA2 以前のソフトウェア リリースでは、サポートされません。

2 つ以上のスイッチが同じ MST リージョン内に存在するには、同じ VLAN とインスタンスのマップ、同じコンフィギュレーション リビジョン番号、および同じ名前が設定されている必要があります。

スイッチは最大 16 の MST インスタンスをサポートします。特定の MST インスタンスにマッピングできる VLAN 数は無制限です。

スイッチは PVST+、Rapid PVST+、MSTP をサポートしますが、常に 1 つのバージョンしかアクティブにできません(たとえば、すべての VLAN が PVST+ を使用、すべての VLAN が Rapid PVST+ を使用、またはすべての VLAN が MSTP を使用することになります)。詳細については、「スパニングツリーの相互運用および旧バージョンへの互換性」 を参照してください。

MST コンフィギュレーションの VTP 伝播はサポートされていません。ただし、CLI(コマンドライン インターフェイス)の使用または SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)のサポートにより、MST リージョン内の各スイッチ上で MST コンフィギュレーション(リージョン名、リビジョン番号、および VLAN とインスタンスのマッピング)を手動で設定できます。

ネットワークの冗長パスで負荷分散を機能させるには、すべての VLAN とインスタンスのマッピング割り当てが一致する必要があります。そうでない場合、すべてのトラフィックが 1 つのリンク上を流れます。

すべての MST 境界ポートは、PVST+ と MST クラウド間、または Rapid PVST+ と MST クラウド間の負荷分散用にフォワーディングである必要があります。このためには、MST クラウドの IST マスターが CST のルートを兼ねる必要があります。MST クラウドが複数の MST リージョンで構成される場合は、MST リージョンのいずれかに CST ルートが設定され、さらに他のすべての MST リージョンに、MST クラウドに設定されているルートへの、PVST+ または Rapid PVST+ クラウド経由のパスよりも優れたパスが設定されている必要があります。クラウドのスイッチを手動で設定しなければならない場合もあります。

ネットワークを多数のリージョンに分割することは推奨しません。ただし、それが必要な場合は、スイッチド LAN を、ルータまたは非レイヤ 2 装置で相互接続された複数の小規模 LAN に分割することを推奨します。

UplinkFast および BackboneFast の設定の注意事項については、「オプションのスパニングツリー設定時の注意事項」 を参照してください。

MST リージョン コンフィギュレーションの指定および MSTP のイネーブル化

2 つ以上のスイッチが同じ MST リージョン内に存在するには、同じ VLAN とインスタンスのマッピング、同じコンフィギュレーション リビジョン番号、および同じ名前が設定されている必要があります。

リージョンには、同じ MST コンフィギュレーションを使用する 1 つのメンバーまたは複数のメンバーが含まれています。各メンバーには、RSTP BPDU の処理能力が必要です。ネットワーク内の MST リージョン数は無制限ですが、各リージョンがサポートできるスパニングツリー インスタンスは最大 16 です。VLAN は、一度に 1 つのスパニングツリー インスタンスにしか割り当てられません。

MST リージョン コンフィギュレーションを指定して、MSTP をイネーブルにするには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は必須です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 3

instance instance-id vlan vlan-range

VLAN を MST インスタンスにマッピングします。

instance-id には、 単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンスの範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。 指定できる範囲 は 1 ~ 15 です。

vlan vlan-range では、範囲は 1 ~ 4094 です。

VLAN を MST インスタンスにマッピングする場合、マッピングは差分で行われ、コマンドで指定された VLAN は以前にマッピングされた VLAN に対して、追加または削除されます。

VLAN 範囲を指定するには、ハイフンを使用します。たとえば、 instance 1 vlan 1-63 では、VLAN 1 ~ 63 を MST インスタンス 1 にマッピングします。

一連の VLAN を指定するには、カンマを使用します。たとえば、 instance 1 vlan 10, 20, 30 では、VLAN 10、20、30 を MST インスタンス 1 にマッピングします。

ステップ 4

name name

コンフィギュレーション名を指定します。 name ストリングには、最大 32 文字まで使用でき、大文字と小文字を区別します。

ステップ 5

revision version

コンフィギュレーション リビジョン番号を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 65535 です。

ステップ 6

show pending

未確定のコンフィギュレーションを表示して、設定を確認します

ステップ 7

exit

すべての変更を適用し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります

ステップ 8

spanning-tree mode mst

MSTP をイネーブルにします。RSTP もイネーブルにします。


注意 スパニングツリー モードを変更すると、すべてのスパニングツリー インスタンスが以前のモードのために停止し、新しいモードで再起動するので、トラフィックを中断させる可能性があります。

MSTP と PVST+、または MSTP と Rapid PVST+ を同時に稼働させることはできません。

ステップ 9

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 10

show running-config

設定を確認します

ステップ 11

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

デフォルトの MST リージョン コンフィギュレーション戻すには、 no spanning-tree mst configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトの VLAN とインスタンスのマップに戻すには、 no instance instance-id [ vlan vlan-range ] MST コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト名に戻すには、 no name MST コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのリビジョン番号に戻すには、 no revision MST コンフィギュレーション コマンドを使用します。 PVST+ をイネーブルにするには、 no spanning-tree mode または spanning-tree mode pvst グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、MST コンフィギュレーション モードを開始して、VLAN 10 ~ 20 を MST インスタンス 1 にマッピングし、リージョンに region1 と名付け、コンフィギュレーション リビジョンを 1 に設定し、未確定のコンフィギュレーションを表示し、変更を適用し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻る方法を示します。

Switch(config)# spanning-tree mst configuration
Switch(config-mst)# instance 1 vlan 10-20
Switch(config-mst)# name region1
Switch(config-mst)# revision 1
Switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [region1]
Revision 1
Instance Vlans Mapped
-------- ---------------------
0 1-9,21-4094
1 10-20
-------------------------------
 
Switch(config-mst)# exit
Switch(config)#
 

ルート スイッチの設定

スイッチは、スパニングツリー インスタンスを VLAN のグループとマッピングし維持します。各インスタンスには、スイッチ プライオリティとスイッチの MAC アドレスからなるスイッチ ID が対応付けられます。スイッチ ID が最小のスイッチが、その VLAN グループのルート スイッチになります。

スイッチがルートになるように設定するには、 spanning-tree mst instance-id root グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、スイッチ プライオリティをデフォルト値(32768)からかなり小さい値に変更します。これにより、そのスイッチが指定されたスパニングツリー インスタンスのルート スイッチになります。このコマンドを入力すると、スイッチによりルート スイッチのスイッチ プライオリティがチェックされます。拡張システム ID のサポートのため、スイッチは指定されたインスタンスについて、自身のプライオリティを 24576 に設定します。これは、この値によってこのスイッチが指定されたスパニングツリー インスタンスのルートになる場合です。

指定されたインスタンスのルート スイッチに 24576 に満たないスイッチ プライオリティが設定されている場合、スイッチは、自身のプライオリティを最小のスイッチ プライオリティより 4096 だけ小さい値に設定します( スイッチ プライオリティ値と拡張システム ID に示すように、4096 は 4 ビットのスイッチ プライオリティ値の最下位ビットの値です)。


) Cisco IOS Release 12.1(20)EA2 以前のソフトウェアが稼働する Catalyst 2940 スイッチは、MSTP をサポートしません。


ネットワーク上に拡張システム ID をサポートするスイッチとサポートしないスイッチが混在する場合は、拡張システム ID をサポートするスイッチがルート スイッチになることはほとんどありません。拡張システム ID によって、旧ソフトウェアが稼働する接続スイッチのプライオリティより VLAN 番号が大きくなるたびに、スイッチ プライオリティ値が増大します。

各スパニングツリー インスタンスのルート スイッチは、バックボーン スイッチまたはディストリビューション スイッチにする必要があります。アクセス スイッチをスパニングツリーのプライマリ ルートとして設定しないでください。

diameter キーワード(MST インスタンス 0 に対してのみ使用可能)を使用して、レイヤ 2 ネットワークの直径(すなわち、レイヤ 2 ネットワーク上の任意の 2 つのエンド ステーション間の最大スイッチ ホップ数)を指定します。ネットワークの直径を指定すると、その直径のネットワークに最適な hello タイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムをスイッチが自動的に設定するので、コンバージェンスの所要時間を大幅に短縮できます。自動的に算出された hello タイムを上書きする場合は、 hello キーワードを使用します。


) スイッチをルート スイッチとして設定したあとで、spanning-tree mst hello-timespanning-tree mst forward-time、および spanning-tree mst max-age グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、hello タイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムを手動で設定することは推奨できません。


スイッチをルート スイッチとして設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id root primary [ diameter net-diameter [ hello-time seconds ]]

スイッチをルート スイッチとして設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンスの範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 0 ~ 15 です。

(任意) diameter net-diameter には、任意の 2 つのエンド ステーション間の最大スイッチ数を指定します。指定できる範囲は 2 ~ 7 です。キーワードは、MST インスタンス 0 に対してのみ使用できます。

(任意) hello-time seconds には、ルート スイッチによってコンフィギュレーション メッセージが生成される間隔を秒数で指定します。指定できる範囲は 1 ~ 10 秒です。デフォルトは 2 秒です。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id root グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

セカンダリ ルート スイッチの設定

拡張システム ID をサポートする Catalyst 2940 スイッチをセカンダリ ルート スイッチとして設定すると、スパニングツリー スイッチ プライオリティがデフォルト値(32768)から 28672 に変更されます。これにより、プライマリ ルート スイッチに障害が発生した場合に、このスイッチが指定されたインスタンスのルート スイッチになる可能性が高くなります。これは、その他のネットワーク スイッチがデフォルトのスイッチ プライオリティ 32768 を使用し、ルート スイッチになる可能性が低いことが前提です。Catalyst 2940 スイッチは、すべてのソフトウェア リリースで拡張システム ID をサポートします。

複数のスイッチでこのコマンドを実行すると、複数のバックアップ ルート スイッチを設定できます。 spanning-tree mst instance-id root primary グローバル コンフィギュレーション コマンドでプライマリ ルート スイッチを設定したときと同じネットワーク直径および hello タイム値を使用してください。

スイッチをセカンダリ ルート スイッチとして設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id root secondary [ diameter net-diameter [ hello-time seconds ]]

スイッチをセカンダリ ルート スイッチとして設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンスの範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 0 ~ 15 です。

(任意) diameter net-diameter には、任意の 2 つのエンド ステーション間の最大スイッチ数を指定します。指定できる範囲は 2 ~ 7 です。キーワードは、MST インスタンス 0 に対してのみ使用できます。

(任意) hello-time seconds には、ルート スイッチによってコンフィギュレーション メッセージが生成される間隔を秒数で指定します。指定できる範囲は 1 ~ 10 秒です。デフォルトは 2 秒です。

プライマリ ルート スイッチを設定したときと同じネットワーク直径および hello タイム値を使用してください。「ルート スイッチの設定」 を参照してください。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻す場合は、 no spanning-tree mst instance-id root グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ポート プライオリティの設定

ループが発生した場合、MSTP はポート プライオリティを使用して、フォワーディング ステートにするインターフェイスを選択します。最初に選択させたいインターフェイスには高いプライオリティ(小さい数値)を与え、最後に選択させたいインターフェイスには低いプライオリティ(大きい数値)を与えます。すべてのインターフェイスに同じプライオリティ値が与えられている場合、MSTP はインターフェイス番号が最小のインターフェイスをフォワーディング ステートにし、他のインターフェイスをブロックします。

MSTP のポート プライオリティを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

interface interface-id

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

有効なインターフェイスには、物理的なポートおよびポート チャネルが含まれます。有効なポートチャネル番号は、1 ~ 6 です。

ステップ 3

spanning-tree mst instance-id port-priority priority

MST インスタンスにポート プライオリティを設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンスの範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 0 ~ 15 です。

priority の指定できる範囲は 0 ~ 240 で、16 ずつ増加します。デフォルト値は 128 です。数字が小さいほど、プライオリティが高くなります。

有効なプライオリティ値は、0、16、32、48、64、80、96、112、128、144、160、176、192、208、224、240 です。それ以外の値はすべて拒否されます。

ステップ 4

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 5

show spanning-tree mst interface interface-id

または

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します


show spanning-tree mst interface interface-id イネーブル EXEC コマンドによって表示されるのは、リンクアップ動作可能状態のポートの情報だけです。そうでない場合は、show running-config interface イネーブル EXEC コマンドを使用して設定を確認してください。


インターフェイスをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst instance-id port-priority インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

パス コストの設定

MSTP のパス コストのデフォルト値は、インターフェイスのメディア速度に基づきます。ループが発生した場合、MSTP はコストを使用して、フォワーディング ステートにするインターフェイスを選択します。最初に選択させたいインターフェイスには小さいコスト値を与え、最後に選択させたいインターフェイスには大きいコスト値を与えます。すべてのインターフェイスに同じコスト値が与えられている場合、MSTP はインターフェイス番号が最小のインターフェイスをフォワーディング ステートにし、他のインターフェイスをブロックします。

インターフェイスの MSTP コストを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

interface interface-id

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。有効なインターフェイスには、物理的なポートおよびポート チャネルが含まれます。有効なポートチャネル番号は、1 ~ 6 です。

ステップ 3

spanning-tree mst instance-id cost cost

MST インスタンスにコストを設定します。

ループが発生した場合、MSTP はパス コストを使用して、フォワーディング ステートにするインターフェイスを選択します。パス コストが小さいほど、高速で伝送されます。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンスの範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 0 ~ 15 です。

cost の指定できる範囲は 1 ~ 200000000 です。デフォルト値はインターフェイスのメディア速度に基づきます。

ステップ 4

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 5

show spanning-tree mst interface interface-id

または

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します


show spanning-tree mst interface interface-id イネーブル EXEC コマンドによって表示されるのは、リンクアップ動作可能状態のポートの情報だけです。そうでない場合は、show running-config イネーブル EXEC コマンドを使用して設定を確認ください。


インターフェイスをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst instance-id cost インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

スイッチ プライオリティの設定

スイッチ プライオリティを設定することによって、スイッチがルート スイッチとして選択される可能性を高めることができます。


) このコマンドは、十分に注意して使用してください。スイッチ プライオリティの変更には、通常、spanning-tree mst instance-id root primary および spanning-tree mst instance-id root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してください。


スイッチ プライオリティを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst instance-id priority priority

MST インスタンスにスイッチ プライオリティを設定します。

instance-id には、単一のインスタンス、ハイフンで区切られたインスタンスの範囲、またはカンマで区切られた一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 0 ~ 15 です。

priority の、指定できる範囲は 0 ~ 61440 で、4096 ずつ増加します。デフォルト値は 32768 です。数値が小さいほど、スイッチがルート スイッチとして選択される可能性が高くなります。

有効なプライオリティ値は、0、4096、8192、12288、16384、20480、24576、28672、32768、36864、40960、45056、49152、53248、57344、61440 です。それ以外の値はすべて拒否されます。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst instance-id

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst instance-id priority グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

hello タイムの設定

hello タイムを変更することによって、ルート スイッチによってコンフィギュレーション メッセージが生成される間隔を設定できます。


) このコマンドは、十分に注意して使用してください。hello タイムの変更には、通常、spanning-tree mst instance-id root primary および spanning-tree mst instance-id root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してください。


すべての MST インスタンスの hello タイムを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst hello-time seconds

MST インスタンスの hello タイムを設定します。hello タイムはルート スイッチがコンフィギュレーション メッセージを生成する間隔です。これらのメッセージは、スイッチがアクティブであることを意味します。

seconds に指定できる範囲は 1 ~ 10 秒です。デフォルト値は 2 秒です。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst hello-time グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

転送遅延時間の設定

すべての MST インスタンスの転送遅延時間を設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst forward-time seconds

MST インスタンスの転送時間を設定します。転送遅延は、スパニングツリーのラーニング ステートおよびリスニング ステートからフォワーディング ステートに移行するまでに、ポートが待機する秒数です。

seconds に指定できる範囲は 4 ~ 30 秒です。デフォルト値は 15 秒です。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst forward-time グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

最大エージング タイムの設定

すべての MST インスタンスの最大エージング タイムを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst max-age seconds

すべての MST インスタンスの最大エージング タイムを設定します。最大エージング タイムは、再構成を試行するまでにスイッチがスパニングツリー コンフィギュレーション メッセージを受信せずに待機する秒数です。

seconds に指定できる範囲は 6 ~ 40 秒です。デフォルト値は 20 秒です。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst max-age グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

最大ホップ カウントの設定

すべての MST インスタンスの最大ホップ カウントを設定するには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

spanning-tree mst max-hops hop-count

BPDU を廃棄してポート用に保持していた情報を期限切れにするまでの、リージョンでのホップ数を指定します。

hop-count に指定できる範囲は 1 ~ 40 です。デフォルト値は 20 です。

ステップ 3

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 4

show spanning-tree mst

設定を確認します

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定値に戻すには、 no spanning-tree mst max-hops グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

リンク タイプの指定による高速移行の実現

ポイントツーポイント リンクを介して、ポートを他のポートに接続し、ローカル ポートが指定ポートになると、RSTP はプロポーザル/アグリーメント ハンドシェイクを使用して、他のポートと高速移行をネゴシエートし、ループのないトポロジーを実現します(高速コンバージェンス を参照)。

デフォルトでは、リンク タイプはインターフェイスのデュプレックス モードから判断されます。全二重ポートはポイントツーポイント接続であるとみなされ、半二重ポートは共有接続であるとみなされます。MSTP が稼働するリモート スイッチ上の単一のポートに、物理的にポイントツーポイントに接続した半二重リンクが設定されている場合は、リンク タイプのデフォルト設定を上書きしてフォワーディング ステートへの高速移行をイネーブルにできます。

デフォルトのリンク タイプ設定を上書きするには、イネーブル EXEC モードで次の手順を実行します。この手順は任意です。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します

ステップ 2

interface interface-id

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。有効なインターフェイスには、物理的なポート、VLAN、およびポート チャネルが含まれます。有効な VLAN ID は 1 ~ 4094、ポートチャネル番号は 1 ~ 6 です。

ステップ 3

spanning-tree link-type point-to-point

ポートのリンク タイプが、ポイントツーポイントであることを指定します

ステップ 4

end

イネーブル EXEC モードに戻ります

ステップ 5

show spanning-tree mst interface interface-id

設定を確認します

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します

スイッチをデフォルトの設定に戻すには、 no spanning-tree link-type インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

プロトコル移行プロセスの再開

MSTP が稼働しているスイッチは、IEEE 802.1D レガシー スイッチとの連動を可能にする組み込み型のプロトコル移行メカニズムをサポートします。このスイッチは、レガシー IEEE 802.1D コンフィギュレーション BPDU(プロトコル バージョンが 0 に設定されている BPDU)を受信すると、そのポート上で IEEE 802.1D BPDU のみを送信します。また、MSTP スイッチは、レガシー BPDU、異なるリージョンに対応する MSTP BPDU(バージョン 3)、または RST BPDU(バージョン 2)を受信すると、ポートがリージョンの境界に位置していることを検出できます。

ただし、スイッチでは、レガシー スイッチが指定スイッチでないかぎり、リンクからレガシー スイッチが削除されたかどうかを判別できないため、IEEE 802.1D BPDU を受信しなくなった場合でも自動的に MSTP モードに戻りません。また、スイッチは、接続先スイッチがリージョンに加入するときにも、引き続きポートに境界の役割を割り当てる可能性があります。

スイッチでプロトコル移行プロセスを再開する(近接スイッチとの再ネゴシエーションを強制する)には、 clear spanning-tree detected-protocols イネーブル EXEC コマンドを使用します。

特定のインターフェイスでプロトコル移行プロセスを再開するには、
clear spanning-tree detected-protocols interface interface-id イネーブル EXEC コマンドを使用します。

MST コンフィギュレーションおよびステータスの表示

スパニングツリー ステータスを表示するには、 表11-4 のイネーブル EXEC コマンドを 1 つまたは複数使用します。

 

表11-4 MST ステータスを表示するコマンド

コマンド
目的

show spanning-tree mst configuration

MST リージョン コンフィギュレーションを表示します

show spanning-tree mst instance-id

指定されたインスタンスの MST 情報を表示します

show spanning-tree mst interface interface-id

指定されたインターフェイスの MST 情報を表示します。有効なインターフェイスには、物理的なポート、VLAN、ポート チャネルが含まれます。有効な VLAN ID は 1 ~ 4094 です。ポートチャネルの範囲は 1 ~ 6 です。

show spanning-tree イネーブル EXEC コマンドの他のキーワードについては、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。