Catalyst 2940 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA2
RMONの設定
RMONの設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

RMONの設定

RMONの概要

RMONの設定

RMONのデフォルト設定

RMONアラームおよびイベントの設定

インターフェイス上でのRMON収集の設定

RMONステータスの表示

RMONの設定

この章では、Catalyst 2940スイッチ上でRemote Network Monitoring(RMON)を設定する方法について説明します。RMONは、RMON準拠のコンソール システムとネットワーク プローブ間で交換可能な、一連の統計情報と機能を定義した標準モニタリング仕様です。RMONによって、総合的なネットワーク障害診断、プランニング、パフォーマンス チューニングに関する情報が得られます。


) この章で説明するコマンドの構文および使用方法の詳細については、『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference』Release 12.1を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「RMONの概要」

「RMONの設定」

「RMONステータスの表示」

RMONの概要

RMONは、各種のネットワーク エージェントおよびコンソール システムがネットワーク モニタリング データを交換できるようにするための、Internet Engineering Task Force(IETF)標準モニタリング仕様です。RMON機能をスイッチのSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェントと組み合わせて使用することによって、接続されているすべてのLANセグメント上のスイッチ間で流れるすべてのトラフィックをモニタできます。

図 21-1 RMONの例

 

スイッチは次のRMONグループ(RFC 1757で定義)をサポートします。

統計情報(RMONグループ1) ― インターフェイス上でイーサネット、ファスト イーサネット、およびギガビット イーサネットの統計情報を収集します。

ヒストリ(RMONグループ2) ― 指定されたポーリング間隔で、イーサネット、ファスト イーサネット、およびギガビット イーサネット インターフェイス統計情報グループのヒストリを収集します。

アラーム(RMONグループ3) ― 指定された期間、特定のMIB(管理情報ベース)オブジェクトをモニタし、指定された値(上限スレッシュホールド)でアラームを発生し、別の値(下限スレッシュホールド)でアラームをリセットします。アラームはイベントと組み合わせて使用できます。アラームがイベントを発生させ、イベントによってログ エントリまたはSNMPトラップが生成されるようにできます。

イベント(RMONグループ9) ― アラームによってイベントが発生したときのアクションを決定します。アクションは、ログ エントリまたはSNMPトラップを生成できます。

このソフトウェア リリースがサポートするスイッチは、RMONデータの処理にハードウェア カウンタを使用するので、モニタが効率的になり、処理能力はほとんど必要ありません。

RMONの設定

ここでは、スイッチ上でRMONを設定する手順について説明します。内容は次のとおりです。

「RMONのデフォルト設定」

「RMONアラームおよびイベントの設定」

「インターフェイス上でのRMON収集の設定」

RMONのデフォルト設定

RMONはデフォルトでディセーブルです。アラームまたはイベントは設定されていません。

スイッチでサポートされるのはRMON 1だけです。

RMONアラームおよびイベントの設定

スイッチをRMON対応として設定するには、CLI(コマンドライン インターフェイス)またはSNMP準拠のNetwork Management Station(NMS;ネットワーク管理ステーション)を使用します。NMS上で汎用RMONコンソール アプリケーションを使用し、RMONのネットワーク管理機能を利用することを推奨します。RMON MIBオブジェクトにアクセスするために、スイッチ上でSNMPを設定することも必要です。詳細は、「SNMPの設定」を参照してください。

RMONアラームおよびイベントをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

rmon alarm number variable interval { absolute | delta } rising-threshold value [ event-number ]
falling-threshold value [ event-number ]
[
owner string ]

MIBオブジェクトにアラームを設定します。

number には、アラーム番号を指定します。指定できる範囲は1~65535です。

variable には、モニタ対象のMIBオブジェクトを指定します。

interval には、アラームがMIB変数をモニタする時間を秒数で指定します。指定できる範囲は1~4294967295秒です。

各MIB変数を直接テストする場合は、 absolute キーワードを指定します。MIB変数のサンプル間の変動をテストする場合は、 delta キーワードを指定します。

value には、アラームを発生する値およびアラームがリセットされる値を指定します。上限および下限スレッシュホールドの value に指定できる範囲は-2147483648~2147483647です。

(任意) event-number には、上限および下限スレッシュホールドが限度を超えた場合に発生させるイベントの番号を指定します。

(任意) owner string には、アラームの所有者を指定します。

ステップ 3

rmon event number [ description string ] [ log ] [ owner string ] [ trap community ]

RMONイベント番号に対応付けられたRMONイベント テーブルにイベントを追加します。

number には、イベント番号を割り当てます。指定できる範囲は1~65535です。

(任意) description string には、イベントの説明を指定します。

(任意)イベント発生時にRMONログ エントリを生成する場合は、 log キーワードを使用します。

(任意) owner string には、イベントの所有者を指定します。

(任意) community には、このトラップ用のSNMPコミュニティ ストリングを入力します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

アラームをディセーブルにするには、設定した各アラームに対して、 no rmon alarm number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。設定したすべてのアラームを一度にディセーブルにすることはできません。イベントをディセーブルにするには、 no rmon event number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。アラームおよびイベントの詳細および相互作用については、RFC 1757を参照してください。

任意のMIBオブジェクトにアラームを設定できます。次の例では、 rmon alarm コマンドを使用して、RMONアラーム番号10を設定します。このアラームは、ディセーブルにされないかぎり、20秒ごとに1度の間隔でMIB変数 ifEntry.20.1 をモニタし、変数の上下の変動をチェックします。 ifEntry.20.1 値で、MIBカウンタが100000から100015になるなどのように15以上増加すると、アラームが発生します。そのアラームによってさらにイベント番号1が発生します。イベント番号1は、 rmon event コマンドで設定されています。使用できるイベントは、ログ エントリまたはSNMPトラップです。 ifEntry.20.1 値の変化が0の場合は、アラームはリセットされ、再度発生が可能です。

Switch(config)# rmon alarm 10 ifEntry.20.1 20 delta rising-threshold 15 1 falling-threshold 0 owner jjohnson
 

次の例では、 rmon event コマンドを使用して、RMONイベント番号1を作成します。このイベントは High ifOutErrors と定義され、アラームによってイベントが発生したときに、ログ エントリが生成されます。ユーザ jjones が、このコマンドによってイベント テーブルに作成された行を所有します。次の例の場合も、イベント発生時にSNMPトラップが生成されます。

Switch(config)# rmon event 1 log trap eventtrap description “High ifOutErrors” owner jjones

インターフェイス上でのRMON収集の設定

収集情報を表示するには、最初にRMONアラームおよびイベントを設定する必要があります。

インターフェイス上でグループ ヒストリ統計情報を収集するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

ヒストリを収集するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

rmon collection history index
[ buckets bucket-number ] [ interval seconds ] [ owner ownername ]

指定されたバケット数および時間で、ヒストリ収集をイネーブルにします。

index には、統計情報のRMONグループを指定します。指定できる範囲は1~65535です。

(任意) buckets bucket-number には、統計情報のRMON収集ヒストリ グループに必要な最大バケット数を指定します。指定できる範囲は1~65535です。デフォルトのバケット数は50です。

(任意) interval seconds には、各ポーリング サイクルを秒数で指定します。

(任意) owner ownername には、統計情報のRMONグループの所有者名を入力します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config

設定を確認します。

ステップ 6

show rmon history

スイッチ ヒストリ テーブルの内容を表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ヒストリ収集をディセーブルにするには、 no rmon collection history index インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

インターフェイス上でグループ イーサネット統計情報を収集するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

統計情報を収集するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

rmon collection stats index [ owner ownername ]

インターフェイス上でRMON統計情報収集をイネーブルにします。

index には、統計情報のRMONグループを指定します。指定できる範囲は1~65535です。

(任意) owner ownername には、統計情報のRMONグループの所有者名を入力します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config

設定を確認します。

ステップ 6

show rmon statistics

スイッチ統計情報テーブルの内容を表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

グループ イーサネット統計情報の収集をディセーブルにするには、 no rmon collection stats index インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

RMONステータスの表示

RMONステータスを表示するには、 表 21-1 のイネーブルEXECコマンドを1つまたは複数使用します。

 

表 21-1 RMONステータスを表示するコマンド

コマンド
目的

show rmon

一般RMON統計情報を表示します。

show rmon alarms

RMONアラーム テーブルを表示します。

show rmon events

RMONイベント テーブルを表示します。

show rmon history

RMONヒストリ テーブルを表示します。

show rmon statistics

RMON統計情報テーブルを表示します。

この出力に表示されるフィールドの詳細については、『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』Release 12.1を参照してください。