Catalyst 2940 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.1(22)EA2
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
IGMPスヌーピングおよびMVRの設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

IGMPスヌーピングおよびMVRの設定

IGMPスヌーピングの概要

IGMPバージョン

マルチキャスト グループへの加入

マルチキャスト グループからの脱退

即時脱退処理

IGMPレポート抑制

送信元に限定したネットワーク

IGMPスヌーピングの設定

IGMPスヌーピングのデフォルト設定

IGMPスヌーピングのイネーブル化およびディセーブル化

スヌーピング方法の設定

マルチキャスト ルータ ポートの設定

グループに加入するホストのスタティックな設定

IGMP即時脱退処理のイネーブル化

IGMPレポート抑制のディセーブル

IPマルチキャストの送信元に限定した学習のディセーブル化

エージング タイムの設定

IGMPスヌーピング情報の表示

MVRの概要

マルチキャストTVアプリケーションでMVRを使用する場合

MVRの設定

MVRのデフォルト設定

MVR設定時の注意事項および制限事項

MVRグローバル パラメータの設定

MVRインターフェイスの設定

MVR情報の表示

IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定

IGMPフィルタリングおよびスロットリングのデフォルト設定

IGMPプロファイルの設定

IGMPプロファイルの適用

IGMPグループの最大数の設定

IGMPスロットリング アクションの設定

IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定表示

IGMPスヌーピングおよびMVRの設定

この章では、Internet Group Management Protocol(IGMP)スヌーピングをCatalyst 2940スイッチ上で設定する方法について、ローカルIGMPスヌーピング、Multicast VLAN Registration(MVR)の適用を含めて説明します。また、IGMPフィルタリングを使用したマルチキャスト グループ メンバーシップの制御方法の手順、およびIGMPスロットリング動作の設定手順も説明します。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するスイッチコマンド リファレンスおよび『Cisco IOS Release Network Protocols Command Reference, Part 1』Release 12.1を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「IGMPスヌーピングの概要」

「IGMPスヌーピングの設定」

「IGMPスヌーピング情報の表示」

「MVRの概要」

「MVRの設定」

「MVR情報の表示」

「IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定」

「IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定表示」


) IPマルチキャスト グループにマッピングするMAC(メディア アクセス制御)アドレスは、IGMPスヌーピング、MVRなどの機能を利用して管理することも、スタティックMACアドレスを使用することもできます。ただし、両方の方式を同時に使用することはできません。したがって、IGMPスヌーピングまたはMVRを使用する場合は、IPマルチキャスト グループにマッピングする、スタティックな設定のMACアドレスを事前にすべて削除する必要があります。


IGMPスヌーピングの概要

レイヤ2スイッチはIGMPスヌーピングを使用し、マルチキャスト トラフィックがIPマルチキャスト装置と対応付けられたインターフェイスだけに転送されるように、レイヤ2インターフェイスを動的に設定することによって、マルチキャスト トラフィックのフラッディングを制限できます。名称が示すとおり、IGMPスヌーピングの場合、LANスイッチでホストとルータ間のIGMP伝送をスヌーピングし、マルチキャスト グループとメンバー ポートを追跡する必要があります。特定のマルチキャスト グループについて、ホストからIGMPレポートを受信したスイッチは、ホストのポート番号を転送テーブル エントリに追加します。ホストからIGMP Leave Groupメッセージを受信した場合は、テーブル エントリからホスト ポートを削除します。マルチキャスト クライアントからIGMPメンバーシップ レポートを受信しなかった場合にも、スイッチはエントリを定期的に削除します。


) IPマルチキャストおよびIGMPの詳細については、RFC 1112およびRFC 2236を参照してください。


マルチキャスト ルータは、すべてのVLANに定期的にIGMP一般クエリを送信します。IGMPスヌーピングがイネーブルの場合、スイッチはMACマルチキャスト グループごとに1つのJoin要求だけでルータ クエリに応答し、IGMP Join要求を受信する各MACグループに対して、レイヤ2転送テーブルにVLANごとに1つずつエントリを作成します。このマルチキャスト トラフィックに関連のあるホストはすべて、Join要求を送信し、転送テーブルのエントリに追加されます。

IGMPスヌーピングによって、レイヤ2 マルチキャスト グループは動的に学習されます。ただし、 ip igmp snooping vlan static グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、MACマルチキャスト グループをスタティックに設定できます。グループ メンバーシップをマルチキャスト グループ アドレスにスタティックに指定すると、その設定値はIGMPスヌーピングによる自動操作より優先されます。マルチキャスト グループ メンバーシップのリストは、ユーザが定義した設定値およびIGMPスヌーピングによって学習された設定値の両方で構成できます。

ポート スパニングツリー、ポート グループ、またはVLAN IDが変更された場合、VLAN上のこのポートからIGMP スヌーピングで学習されたマルチキャスト グループは削除されます。

スイッチは最大255のIPマルチキャスト グループをサポートします。

ここでは、スイッチのIGMPスヌーピング機能の特性を説明します。

「IGMPバージョン」

「マルチキャスト グループへの加入」

「マルチキャスト グループからの脱退」

「即時脱退処理」

「IGMPレポート抑制」

「送信元に限定したネットワーク」

IGMPバージョン

スイッチはIGMPバージョン1、IGMPバージョン2、およびIGMPバージョン3をサポートします。これらのバージョンはスイッチ上で相互運用できます。たとえば、IGMPスヌーピングがIGMPv2スイッチでイネーブルになっており、ホストからIGMPv3のレポートをスイッチが受信した場合、そのスイッチはIGMPv3レポートをマルチキャスト ルータに転送できます。


) スイッチは、宛先マルチキャストのMACアドレスのみに基づいているIGMPv3をサポートします。送信元MACアドレスまたはプロキシ レポートに基づいたスヌーピングはサポートされません。


IGMPv3スイッチはBasic IGMPv3 Snooping Support(BISS)をサポートします。BISSは、IGMPv1およびIGMPv2スイッチのスヌーピング機能をサポートし、さらにIGMPv3メンバーシップ レポート メッセージもサポートします。BISSは、ネットワークにIGMPv3ホストが含まれている場合、マルチキャスト トラフィックのフラッディングを抑制します。IGMPv2またはIGMPv1ホスト上で、IGMPスヌーピング機能としてほとんど同様のポートに対しても、トラフィックが抑制されます。


) IGMPv3 JoinメッセージおよびLeaveメッセージは、IGMPフィルタリングまたはMVR上ではサポートされません。


IGMPv3スイッチは、Source Specific Multicast(SSM)機能を実行しているデバイスにメッセージを送受信できます。詳細については、次のURLの『 Catalyst 4500 Series Switch Cisco IOS Software Configuration Guide 』Release 12.1(12c)EWの「Configuring IP Multicast Layer 3 Switching」の章を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/lan/cat4000/12_1_12/config/mcastmls.htm

マルチキャスト グループへの加入

スイッチに接続したホストがIPマルチキャスト グループに加入する場合、加入するIPマルチキャスト グループを指定した非送信請求IGMP Joinメッセージを送信します。または、ルータから一般クエリを受信したスイッチは、そのクエリをVLAN内のすべてのポートに転送します。マルチキャスト グループへ加入するホストは、スイッチにJoinメッセージを送信することによって応答します。スイッチのCPUは、そのグループのマルチキャスト転送テーブル エントリがまだ存在していない場合、エントリを作成します。CPUはさらに、Joinメッセージを受信したインターフェイスを転送テーブル エントリに追加します。そのインターフェイスと対応付けられたホストが、そのマルチキャスト グループ用のマルチキャスト トラフィックを受信します。図 16-1を参照してください。

図 16-1 IGMP Joinの初期メッセージ

 

ルータAがスイッチに一般クエリを送り、スイッチはそのクエリを同じVLANのすべてのメンバーであるポート2~5に転送します。ホスト1はマルチキャスト グループ224.1.2.3に加入するために、MAC宛先アドレスが0x0100.5e01.0203のグループに、IGMPメンバーシップ レポート(IGMP Joinメッセージ)をマルチキャストします。CPUは、ホスト1からマルチキャストされたIGMPレポートを受信すると、IGMPレポート内の情報を使用して、転送テーブル エントリを作成( 表 16-1 を参照)し、ホスト1、ルータ、およびスイッチ内蔵CPUのポート番号を組み込みます。

 

表 16-1 IGMPスヌーピング転送テーブル

宛先アドレス
パケットのタイプ
ポート

0100.5exx.xxxx

IGMP

0

0100.5e01.0203

!IGMP

1、2

スイッチのハードウェアは、マルチキャスト グループの他のパケットとIGMP情報パケットを区別できます。

テーブルの最初のエントリでは、スイッチCPUだけにIGMPパケットを送信するよう、スイッチング エンジンに指示します。したがって、マルチキャスト フレームによってCPUが過負荷になることはありません。

2番めのエントリでは、0x0100.5e01.0203 マルチキャストMACアドレス宛ての、IGMPパケットではない(!IGMP)フレームを、ルータおよびグループに加入したホストに対して送信するように、スイッチング エンジンに指示します。

別のホスト(ホスト4など)が非送信請求IGMP Joinメッセージを同じグループに送信した場合(図 16-2)、CPUはメッセージを受信して、 表 16-2 に示すように転送テーブルにホスト4のポート番号を追加します。転送テーブルによって、CPUだけにIGMPメッセージが転送されるので、スイッチ上の他のポートにメッセージがフラッディングされることはありません。既知のマルチキャスト トラフィックはすべて、CPUではなくグループに転送されます。未知のマルチキャスト トラフィックは、既知になるまで、VLANにフラッディングされ、CPUに送信されます。

図 16-2 2番めのホストのマルチキャスト グループへの加入

 

 

表 16-2 アップデートされたIGMPスヌーピング転送テーブル

宛先アドレス
パケットのタイプ
ポート

0100.5exx.xxxx

IGMP

0

0100.5e01.0203

!IGMP

1、2、5

マルチキャスト グループからの脱退

ルータはマルチキャスト一般クエリを定期的に送信し、スイッチはそれらのクエリをVLANのすべてのポートを通じて転送します。関係するホストがクエリに応答します。VLAN内の少なくとも1つのホストがマルチキャスト トラフィックを受信しなければならない場合、ルータはVLANに引き続き、マルチキャスト トラフィックを転送します。スイッチは、そのレイヤ2マルチキャスト グループの転送テーブルで指定されたホストに対してだけ、マルチキャスト グループ トラフィックを転送します。

ホストがマルチキャスト グループから脱退する場合、黙って脱退することも、Leaveメッセージを送信することもできます。ホストからLeaveメッセージを受信したスイッチは、MACベースの一般クエリを送信して、そのインターフェイスに接続された他の装置が所定のマルチキャスト グループのトラフィックに関係しているかどうかを判別します。スイッチはさらに、転送テーブルでそのMACグループの情報をアップデートし、そのグループのマルチキャスト トラフィックの受信に関係するホストだけが、転送テーブルに指定されるようにします。ルータがVLANからレポートを受信しなかった場合、そのVLAN用のグループはIGMPキャッシュから削除されます。

即時脱退処理

即時脱退機能をサポートするのは、IGMPバージョン2が稼働しているホストだけです。

スイッチはIGMPスヌーピングの即時脱退処理を使用して、先にスイッチからインターフェイスにMACベースの一般クエリを送信しなくても、Leaveメッセージを送信するインターフェイスを転送テーブルから削除できるようにします。VLANインターフェイスは、最初のLeaveメッセージで指定されたマルチキャスト グループのマルチキャスト ツリーからプルーニングされます。即時脱退処理によって、複数のマルチキャスト グループが同時に使用されている場合でも、スイッチド ネットワークのすべてのホストに最適な帯域幅管理が保証されます。


) 即時脱退処理機能を使用するのは、各ポートに接続されているホストが1つだけのVLANに限定してください。1つのポートに複数のホストが接続されているVLANで即時脱退機能をイネーブルにすると、一部のホストが誤って切断される可能性があります。


IGMPレポート抑制


) IGMPレポート抑制は、マルチキャスト クエリがIGMPv1およびIGMPv2レポートの場合にのみサポートされます。この機能は、クエリにIGMPv3レポートが含まれている場合、サポートされません。


スイッチはIGMPレポート抑制を使用して、マルチキャスト デバイスのマルチキャスト ルータ クエリごとに1つのIGMPレポートのみを転送します。IGMPルータの抑制がイネーブル(デフォルト)の場合、スイッチはグループのすべてのホストから最初のIGMPレポートをすべてのマルチキャスト ルータに送信します。スイッチは、残りのIGMPレポートについてはグループのマルチキャスト ルータに送信しません。この機能は、マルチキャスト ルータに2重にレポートが送信されることを防ぎます。

マルチキャスト ルータのクエリに、IGMPv1およびIGMPv2レポートのみが含まれている場合、スイッチはすべてのマルチキャスト ルータに、グループすべてのホストから最初のIGMPv1、またはIGMPv2レポートを転送します。

また、マルチキャスト ルータのクエリに、IGMPv3レポートが含まれている場合、スイッチはマルチキャスト デバイスに、すべてのグループのIGMPv1、IGMPv2、およびIGMPv3のレポートを転送します。

IGMPレポート抑制をディセーブルにした場合、すべてのIGMPレポートがマルチキャスト ルータに転送されます。

送信元に限定したネットワーク

送信元に限定したネットワークでは、スイッチ ポートが、マルチキャストの送信元ポートおよびマルチキャストのルータ ポートに接続されます。スイッチ ポートはIGMP JoinまたはLeaveメッセージを送信するホストには接続されません。

送信元に限定した学習方式で、スイッチはIPマルチキャスト データ ストリームからIPマルチキャスト グループを学習します。このスイッチはマルチキャスト ルータ ポートのみにトラフィックを転送します。

デフォルトでは、IPマルチキャストの送信元に限定した学習が行われます。IPマルチキャストの送信元に限定した学習をディセーブルにするには、 no ip igmp snooping source-only-learning グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

スイッチではマルチキャスト ルータを検出するのに、IGMP クエリ パケットのほかにProtocol-Independent Multicast protocol version 2(PIMv2)パケットを使用します。パケットは、スイッチのCPUに送信されます。その結果CPUのトラフィック量が多くなる場合があります。 no ip igmp snooping mrouter learn pim v2 グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、PIMv2パケットによるマルチキャスト ルータの検出をディセーブルにできます。このコマンドは、 no ip igmp snooping source-only-learning グローバル コンフィギュレーション コマンドにより、送信元に限定した学習もスイッチ上でディセーブルになっている場合にのみ機能します。

デフォルトの設定で、スイッチは、送信元に限定した学習方式で学習された、使用していない転送テーブルのエントリを期限切れにします。エージング タイムが長すぎたりディセーブルになっていると、転送テーブルは、送信元に限定した学習方式またはIGMP Joinメッセージで学習した使用されないエントリで満杯になります。その場合、スイッチが新しいIPマルチキャスト グループのトラフィックを受信すると、受信ポートと同じVLAN内のすべてのポートに、そのパケットをフラッディングさせます。この不必要なフラッディングによって、スイッチのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。

エージングがディセーブルで、送信元に限定した学習方式でスイッチが学習したマルチキャスト アドレスを削除する場合、転送テーブルのエントリのエージングを再度イネーブルにします。この状態で、スイッチは、送信元に限定した学習方式で学習された、使用していないマルチキャスト アドレスを期限切れにします。

IGMPスヌーピングの設定

IGMPスヌーピングにより、スイッチでIGMPパケットを調べたり、パケットの内容に基づいて転送先を決定できます。

ここでは、IGMPスヌーピングを設定する手順について説明します。

「IGMPスヌーピングのデフォルト設定」

「IGMPスヌーピングのイネーブル化およびディセーブル化」

「スヌーピング方法の設定」

「マルチキャスト ルータ ポートの設定」

「グループに加入するホストのスタティックな設定」

「IGMP即時脱退処理のイネーブル化」

「IGMPレポート抑制のディセーブル」

「IPマルチキャストの送信元に限定した学習のディセーブル化」

「エージング タイムの設定」

IGMPスヌーピングのデフォルト設定

表 16-3 に、IGMPスヌーピングのデフォルト設定を示します。

 

表 16-3 IGMPスヌーピングのデフォルト設定

機能
デフォルト設定

IGMPスヌーピング

グローバルおよびVLAN単位でイネーブル

マルチキャスト ルータ

設定なし

マルチキャスト ルータの学習(スヌーピング)方式

PIM-DVMRP

IGMPスヌーピング即時脱退

ディセーブル

スタティック グループ

設定なし

IPマルチキャストの送信元に限定した学習

イネーブル

PIMv2マルチキャスト ルータの検出

イネーブル

転送テーブルのエントリを期限切れにする(送信元に限定した学習方式がイネーブルの場合)

イネーブル。デフォルト値は600秒(10分)です。

IGMPレポート抑制

イネーブル

IGMPスヌーピングのイネーブル化およびディセーブル化

デフォルトでは、IGMPスヌーピングはスイッチ上でグローバルにイネーブルです。グローバルにイネーブルまたはディセーブルに設定されている場合、既存のすべてのVLANインターフェイスでもイネーブルまたはディセーブルです。デフォルトではIGMPスヌーピングはすべてのVLANでイネーブルですが、VLAN単位でIGMPスヌーピングをイネーブルおよびディセーブルに設定できます。

グローバルIGMPスヌーピングは、VLAN IGMPスヌーピングよりも優先されます。グローバル スヌーピングがディセーブルの場合、VLANスヌーピングをイネーブルに設定することはできません。グローバル スヌーピングがイネーブルの場合、VLANスヌーピングをイネーブルまたはディセーブルに設定できます。

スイッチ上でIGMPスヌーピングをグローバルにイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping

既存のすべてのVLANインターフェイスで、IGMPスヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

すべてのVLANインターフェイス上でIGMPスヌーピングをグローバルにディセーブルにするには、 no ip igmp snooping グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

VLANインターフェイス上でIGMPスヌーピングをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping vlan vlan-id

VLANインターフェイス上で、IGMPスヌーピングをイネーブルにします。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

VLANインターフェイス上でIGMPスヌーピングをディセーブルにするには、 no ip igmp snooping vlan vlan-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを、指定したVLAN番号に対して使用します。

スヌーピング方法の設定

マルチキャスト対応のルータ ポートは、レイヤ2マルチキャスト エントリごとに転送テーブルに追加されます。スイッチは、次のいずれかの方法でポートを学習します。

IGMPクエリ、PIMパケット、およびDistance Vector Multicast Routing Protocol(DVMRP)パケットのスヌーピング

他のルータからのCisco Group Management Protocol(CGMP)パケットの待ち受け

ip igmp snooping mrouter グローバル コンフィギュレーション コマンドによるマルチキャスト ルータ ポートへのスタティックな接続

IGMPクエリおよびPIM/DVMRPパケットのスヌーピング、またはCGMP self-joinパケットまたはproxy-joinパケットのいずれかの待ち受けを行うように、スイッチを設定できます。デフォルトでは、スイッチはすべてのVLAN上のPIM/DVMRPパケットでスヌーピングします。CGMPパケットだけでマルチキャスト ルータ ポートを学習するには、 ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter learn cgmp グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドを入力すると、ルータはCGMP self-joinパケットおよびCGMP proxy-joinパケットだけを待ち受け、その他のCGMPパケットは待ち受けません。PIM/DVMRPパケットだけでマルチキャスト ルータ ポートを学習するには、 ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter learn pim-dvmrp グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

VLANインターフェイスがマルチキャスト ルータに動的にアクセスする方法を変更するには、イネーブルEXECモードで、次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter learn { cgmp | pim-dvmrp }

VLAN上でIGMPスヌーピングをイネーブルにします。指定できるVLAN IDの範囲は1~4094です。

マルチキャスト ルータの学習方式を指定します。

cgmp ― CGMPパケットを待ち受けます。この方法は、制御トラフィックを減らす場合に有用です。

pim-dvmrp ― IGMPクエリおよびPIM-DVMRPパケットをスヌーピングします。これがデフォルトです。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show ip igmp snooping

設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、CGMPパケットを学習方式として使用するようにIGMPスヌーピングを設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip igmp snooping vlan 1 mrouter learn cgmp
Switch(config)# end
 

デフォルトの学習方式に戻すには、 no ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter learn cgmp グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

マルチキャスト ルータ ポートの設定

マルチキャスト ルータ ポートを追加(マルチキャスト ルータにスタティックな接続を追加)するには、スイッチ上で ip igmp snooping vlan mrouter グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

マルチキャスト ルータへのスタティックな接続をイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter interface interface-id

マルチキャスト ルータのVLAN IDを指定し、そのマルチキャスト ルータに対するインターフェイスを指定します。VLAN IDの範囲は1~4094です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show ip igmp snooping mrouter [ vlan vlan-id ]

VLANインターフェイス上でIGMPスヌーピングがイネーブルになっていることを確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

VLANからマルチキャスト ルータ ポートを削除するには、 no ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter interface interface-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、マルチキャスト ルータへのスタティックな接続をイネーブルにして、設定を確認する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip igmp snooping vlan 200 mrouter interface gigabitethernet0/1
Switch(config)# end

グループに加入するホストのスタティックな設定

ホストまたはレイヤ2ポートは通常、マルチキャスト グループに動的に加入しますが、インターフェイスにホストをスタティックに設定することもできます。

マルチキャスト グループのメンバーとしてレイヤ2ポートを追加するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping vlan vlan-id static mac-address interface interface-id

マルチキャスト グループのメンバーとしてレイヤ2ポートをスタティックに設定します。

vlan-id は、マルチキャスト グループのVLAN IDです。

mac-address は、グループMACアドレスです。

interface-id は、メンバー ポートです。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show ip igmp snooping mrouter vlan vlan-id

or
show mac address-table multicast vlan vlan-id

メンバー ポートがVLANマルチキャスト グループのメンバーであることを確認します。

メンバー ポートおよびMACアドレスを確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

マルチキャスト グループからレイヤ2ポートを削除するには、 no ip igmp snooping vlan vlan-id static mac-address interface interface-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、インターフェイス上でホストをスタティックに設定し、設定を確認する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip igmp snooping vlan 1 static 0100.5e00.0203 interface gigabitethernet0/1
Switch(config)# end

IGMP即時脱退処理のイネーブル化

IGMP即時脱退処理をイネーブルに設定した場合、スイッチはポート上でIGMPバージョン2のLeaveメッセージを検出すると、ただちにそのポートを削除します。即時脱退機能を使用するのはVLANの各ポート上に1つのレシーバーが存在する場合に限ります。

即時脱退機能をサポートするのは、IGMPバージョン2が稼働しているホストだけです。

IGMP即時脱退処理をイネーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping vlan vlan-id immediate-leave

VLANインターフェイス上で、IGMP即時脱退処理をイネーブルにします。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show ip igmp snooping vlan vlan-id

VLAN上で即時脱退処理がイネーブルになっていることを確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

VLAN上でIGMP即時脱退処理をディセーブルにするには、 no ip igmp snooping vlan vlan-id immediate-leave グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、VLAN 130でIGMP即時脱退処理をイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip igmp snooping vlan 130 immediate-leave
Switch(config)# end

IGMPレポート抑制のディセーブル

IGMPレポート抑制はデフォルトでイネーブルです。イネーブルの場合、スイッチは、マルチキャスト デバイスのマルチキャスト ルータ クエリごとに1つのIGMPレポートのみを転送します。レポート抑制をディセーブルにした場合、すべてのIGMPレポートがマルチキャスト ルータに転送されます。


) IGMPレポート抑制は、マルチキャスト クエリがIGMPv1およびIGMPv2レポートの場合にのみサポートされます。この機能は、クエリにIGMPv3レポートが含まれている場合、サポートされません。


IGMPレポート抑制をディセーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no ip igmp snooping report-suppression

IGMPレポート抑制をディセーブルにします。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show ip igmp snooping

IGMPレポート抑制がディセーブルになっているかを確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IGMPレポート抑制を再びイネーブルにする場合は、 ip igmp snooping report-suppression グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

IPマルチキャストの送信元に限定した学習のディセーブル化

デフォルトでは、IPマルチキャストの送信元に限定した学習方式がイネーブルになっています。スイッチはIPマルチキャスト データ ストリームからIPマルチキャスト グループを学習し、マルチキャスト ルータ ポートへトラフィックを転送するだけです。

IPマルチキャストの送信元に限定した学習が、 no ip igmp snooping source-only-learning グローバル コンフィギュレーション コマンドを使ってディセーブルになっている場合、スイッチは未知のマルチキャスト トラフィックをVLANにフラッディングし、トラフィックが既知になるまでCPUに送信します。特定のマルチキャスト グループのホストからIGMPレポートを受信すると、スイッチはこのマルチキャスト グループからのトラフィックをマルチキャスト ルータ ポートにのみ転送します。

PIMv2パケットによるマルチキャスト ルータの検出をディセーブルにするには、 no ip igmp snooping mrouter learn pim v2 グローバル コンフィギュレーション コマンドも入力する必要があります。


) IPマルチキャストの送信元に限定した学習をディセーブルにしないことを強く推奨します。ネットワークがIPマルチキャストの送信元のみのネットワークで構成されていない場合、およびこの学習方式をディセーブルにすることでネットワーク パフォーマンスが向上する場合に限り、IPマルチキャストの送信元に限定した学習をディセーブルにしてください。


IPマルチキャストの送信元に限定した学習をディセーブルにするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no ip igmp snooping source-only-learning

IPマルチキャストの送信元に限定した学習をディセーブルにします。

ステップ 3

no ip igmp snooping mrouter learn pim v2

(任意)PIM v2パケットにより、マルチキャスト ルータの検出をディセーブルにします。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config | include source-only-learning

IPマルチキャストの送信元に限定した学習がディセーブルになっていることを確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IPマルチキャストの送信元に限定した学習をイネーブルにするには、 ip igmp snooping source-only- learning グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。PIM v2マルチキャスト ルータの検出をイネーブルにするには、 ip igmp snooping mrouter learn pim v2 グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、IPマルチキャストの送信元に限定した学習およびPIM v2マルチキャスト ルータの検出をディセーブルに設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# no ip igmp snooping source-only-learning
Switch(config)# no ip igmp snooping mrouter learn pim v2
Switch(config)# end

エージング タイムの設定

IPマルチキャスト送信元限定の学習方式でスイッチが学習した転送テーブルに、エージング タイムを設定できます。

エージング タイムを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp snooping source-only learning age-timer time

エージング タイムを設定します。指定できる範囲は0~2880秒です。デフォルト値は600秒(10分)です。

ステップ 3

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 4

show running-config | include source-only-learning

エージング タイムを確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

転送テーブル エントリのエージングをディセーブルにするには、 ip igmp snooping source-only-learning age-timer 0 グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

no ip igmp snooping source-only learning グローバル コンフィギュレーション コマンドで送信元に限定した学習をディセーブルにし、エージング タイムがイネーブルの場合でも、スイッチには影響ありません。

IGMPスヌーピング情報の表示

動的に学習された、あるいはスタティックに設定されたルータ ポートおよびVLANインターフェイスに関するIGMPスヌーピング情報を表示できます。また、IGMPスヌーピング用に設定されたVLANのMACアドレス マルチキャスト エントリを表示することもできます。

IGMPスヌーピング情報を表示するには、 表 16-4 のイネーブルEXECコマンドを1つまたは複数使用します。

 

表 16-4 IGMPスヌーピング情報を表示するためのコマンド

コマンド
目的

show ip igmp snooping [ vlan vlan-id ]

スイッチ上のすべてのVLANまたは指定されたVLANのスヌーピング設定情報を表示します。

(任意)単一のVLANに関する情報を表示するには、 vlan vlan-idを入力します。

show ip igmp snooping group [ vlan vlan-id ]

IGMPマルチキャスト グループ、互換性モード、および各グループに関連したポートの情報を表示します。

(任意)単一のVLANに関する情報を表示するには、 vlan vlan-idを入力します。

show ip igmp snooping mrouter [ vlan vlan-id ]

動的に学習された、また手動で設定されたマルチキャスト ルータ インターフェイスの情報を表示します。


) IGMPスヌーピングをイネーブルにすると、スイッチはマルチキャスト ルータの接続先インターフェイスを自動的に学習します。これらのインターフェイスは動的に学習されます。


(任意)単一のVLANに関する情報を表示するには、 vlan vlan-idを入力します。

show ip igmp snooping querier [ vlan vlad-id ]

インターフェイスがサポートするIGMPバージョンの情報を表示します。

(任意)単一のVLANに関する情報を表示するには、 vlan vlan-idを入力します。

show mac address-table multicast [ vlan vlan-id ] [ user | igmp-snooping ] [ count ]

VLANに対応するレイヤ2 MACアドレス テーブル エントリを表示します。キーワードはすべて任意です。キーワードを指定すると、表示内容が次のように制限されます。

vlan vlan-id ― 指定されたマルチキャスト グループVLANだけを表示します。

user ― ユーザによって設定されたマルチキャスト エントリだけを表示します。

igmp-snooping ― IGMPスヌーピングによって学習したエントリだけを表示します。

count ― 実際のエントリではなく、選択条件に当てはまるエントリの総数だけを表示します。

これらのコマンドのキーワードおよびオプションの詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。

たとえば、 表 16-4 のコマンド出力は、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。

MVRの概要

Multicast VLAN Registration(MVR)は、イーサネット リング ベースのサービス プロバイダー ネットワークにおいて、マルチキャスト トラフィックを大規模に展開するアプリケーション(サービス プロバイダー ネットワークによる複数のテレビ チャネルのブロードキャストなど)を想定して開発されました。MVRによってポート上の加入者は、ネットワークワイドなマルチキャストVLAN上のマルチキャスト ストリームに加入し、脱退できます。加入者は別個のVLAN上にありながら、ネットワークで単一マルチキャストVLANを共有できます。MVRによって、マルチキャストVLANでマルチキャスト ストリームを連続送信する能力が得られますが、ストリームと加入者のVLANは、帯域幅およびセキュリティ上の理由で分離されます。

MVRでは、加入者ポートがIGMP JoinおよびLeaveメッセージを送信することによって、マルチキャスト ストリームへの加入および脱退(JoinおよびLeave)を行うことが前提です。これらのメッセージは、イーサネットで接続され、IGMPバージョン2に準拠しているホストから発信できます。MVRはIGMPスヌーピングの基本メカニズムで動作しますが、この2つの機能はそれぞれ単独で動作します。それぞれ他方の機能の動作に影響を与えずに、イネーブルまたはディセーブルにできます。ただし、IGMPスヌーピングとMVRが両方ともイネーブルの場合、MVRはMVR環境で設定されたマルチキャスト グループが送信したJoinおよびLeaveメッセージだけに反応します。他のマルチキャスト グループから送信されたJoinおよびLeaveメッセージはすべて、IGMPスヌーピングが管理します。

スイッチのCPUはMVR IPマルチキャストストリームとそれに対応するスイッチ転送テーブル内の関連MACアドレスを識別し、IGMPメッセージを代行受信し、転送テーブルを変更して、マルチキャスト ストリームの受け手としての加入者を追加または削除します。受け手が送信元と異なるVLAN上に存在している場合でも同じです。この転送動作により、異なるVLANの間でトラフィックを選択して伝送できます。

スイッチのMVR動作モードは、ダイナミック モードおよび互換モードです。

MVRダイナミック モードの場合、スイッチは標準のIGMPスヌーピングを実行します。IGMP情報パケットはスイッチのCPUに送信されますが、マルチキャスト データ パケットはCPUに送信されません。ダイナミック モードでは、マルチキャスト ルータは標準動作になります。スイッチがIGMP Joinメッセージをルータに送り、ルータはグループに対応するインターフェイスからJoinメッセージを受信した場合に限り、そのグループ用のマルチキャスト ストリームをインターフェイスに転送するからです。MVRマルチキャスト制御トラフィックおよびデータ トラフィックに関して、レシーバー ポートはマルチキャストVLANのメンバーとして扱われます。MVRグループに関するIGMPレポートは、マルチキャストVLAN内の送信元ポートに送信されます。

MVR互換モードの場合、Catalyst 2940スイッチのMVRはCatalyst 3500 XLおよびCatalyst 2900 XLスイッチのMVRと連動します。すべてのマルチキャスト データ パケット、IGMPクエリ パケット、およびIGMP Leaveパケットに関して、MVRの動作はダイナミック モードの場合と同じです。ただし、MVRグループに関する受信したIGMPレポート パケットは、マルチキャストVLAN送信元ポートに送信されません。また、ダイナミック モードと異なり、スイッチはルータにJoinメッセージを送信しません。マルチキャスト ストリームを受信するには、インターフェイスに対してルータをスタティックに設定する必要があります。したがって、このモードのMVRは、送信元ポートでのダイナミック メンバーシップ加入をサポートしません。


) IGMPv3 JoinメッセージおよびLeaveメッセージは、MVR上ではサポートされません。


マルチキャストTVアプリケーションでMVRを使用する場合

マルチキャストTVアプリケーションでは、PCまたはセットトップ ボックスを装備したテレビでマルチキャスト ストリームを受信できます。1つの加入者ポートに複数のセットトップ ボックスまたはPCを接続できます。加入者ポートは、MVRレシーバー ポートとして設定されたスイッチ ポートです。図 16-3に、設定例を示します。DHCPはセットトップ ボックスまたはPCにIPアドレスを割り当てます。加入者がチャネルを選択すると、セットトップ ボックスまたはPCからスイッチAに、所定のマルチキャストに加入するためのIGMPレポートが送信されます。IGMPレポートが設定されているマルチキャストMACアドレスの1つと一致すると、スイッチのCPUがハードウェア アドレス テーブルを変更して、指定のマルチキャスト ストリームをマルチキャストVLANから受信したときの転送先として、レシーバー ポートとVLANを追加します。マルチキャストVLANとの間でマルチキャスト データを送受信するアップリンク ポートをMVR送信元ポートといいます。

加入者がチャネルを切り替えた場合、またはテレビの電源を切断した場合には、セットトップ ボックスからマルチキャスト ストリームに対するIGMP Leaveメッセージが送信されます。スイッチのCPUは、レシーバー ポートのVLAN経由でIGMPグループ特定クエリを送信します。VLANに、同じグループに加入している別のセットトップ ボックスがある場合、そのセットトップ ボックスは最大応答時間内に応答しなければなりません。応答を受信しなかった場合、CPUはそのグループの転送先としてのレシーバー ポートを除外します。

レシーバー ポートで即時脱退機能がイネーブルの場合、ポートは短時間でマルチキャスト グループから脱退します。即時脱退機能を使用しない場合、レシーバー ポートの加入者からIGMP Leaveメッセージを受信したスイッチは、そのポートにIGMPクエリを送信し、IGMPグループ メンバーシップ レポートを待ちます。設定された時間内にレポートが届かないと、レシーバー ポートがマルチキャスト グループ メンバーシップから削除されます。即時脱退機能がイネーブルの場合、IGMP Leaveメッセージを受信したレシーバー ポートからIGMPクエリが送信されません。Leaveメッセージの受信後ただちに、マルチキャスト グループ メンバーシップからレシーバー ポートが削除されるので、脱退のための待ち時間が短縮されます。即時脱退機能をイネーブルにするのは、レシーバー装置が1つだけ接続されているレシーバー ポートに限定してください。

図 16-3 MVRの例

 

MVRを使用すると、VLANごとに加入者用のテレビ チャネル マルチキャスト トラフィックを複製する必要がありません。すべてのチャネル用のマルチキャスト トラフィックは、マルチキャストVLAN上でのみ、VLANトランク全体で1回、送信されます。IGMP LeaveおよびJoinメッセージは、加入者ポートが割り当てられているVLAN内で送信されます。レイヤ3装置上のマルチキャストVLANのマルチキャスト トラフィック ストリームに対し、動的に登録します。アクセス レイヤ スイッチ(スイッチA)が転送動作を変更し、マルチキャストVLANから別のVLAN上の加入者ポートへ、トラフィックを転送できるようにするので、2つのVLAN間を選択されたトラフィックが伝送されます。

IGMPレポートは、マルチキャスト データと同じMACアドレスに送信されます。スイッチAのCPUは、レシーバー ポートから送られたすべてのIGMP JoinおよびLeaveメッセージを取り込み、送信元(アップリンク)ポートのマルチキャストVLANに転送しなければなりません。

MVRの設定

ここでは、MVRの基本設定について説明します。

「MVRのデフォルト設定」

「MVR設定時の注意事項および制限事項」

「MVRグローバル パラメータの設定」

「MVRインターフェイスの設定」

MVRのデフォルト設定

表 16-5 に、MVRのデフォルト設定を示します。

 

表 16-5 MVRのデフォルト設定

機能
デフォルト設定

MVR

グローバルおよびインターフェイス単位でディセーブル

マルチキャスト アドレス

設定なし

クエリの応答時間

0.5秒

マルチキャストVLAN

VLAN 1

モード

互換

インターフェイスのデフォルト
(ポート単位)

レシーバー ポートでも送信元ポートでもない

即時脱退

すべてのポートでディセーブル

MVR設定時の注意事項および制限事項

MVRを設定するときには、次の注意事項に従ってください。

レシーバー ポートをトランク ポートにすることはできません。スイッチ上のレシーバー ポートは、異なるVLANに属していてもかまいませんが、マルチキャストVLANに属さないようにしてください。

スイッチ上で設定できるマルチキャスト エントリの最大数(受信できるテレビ チャネルの最大数)は256です。

各チャネルは、一意のIPマルチキャスト アドレスを宛先とする1つのマルチキャスト ストリームです。これらのIPアドレス相互間で、または専用のIPマルチキャスト アドレス(224.0.0.xxxの範囲)を使用してエイリアスにすることはできません。

MVRはIGMPv3メッセージをサポートしません。


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するコマンド リファレンスを参照してください。


MVRグローバル パラメータの設定

デフォルト設定を使用する場合は、オプションのMVRパラメータを設定する必要はありません。デフォルトのパラメータを変更する場合には(MVR VLAN以外)、最初にMVRをイネーブルにする必要があります。

MVRパラメータを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mvr

スイッチ上でMVRをイネーブルに設定します。

ステップ 3

mvr group ip-address [ count ]

スイッチ上でIPマルチキャスト アドレスを設定するか、または count パラメータを使用して、連続するMVRグループ アドレスを設定します( count の範囲は1~256、デフォルトは1)。このアドレスに送信されたマルチキャスト データは、スイッチ上のすべての送信元ポートおよびそのマルチキャスト アドレスのデータを受信するために選ばれたすべてのレシーバー ポートに送信されます。マルチキャスト アドレスとテレビ チャネルは1対1の対応です。


) 各IPアドレスはマルチキャスト48ビットMACアドレスに変換されます。設定したIPアドレスが、以前に設定済みのMACアドレスまたは専用マルチキャストMACアドレスに変換(エイリアス)された場合、このコマンドは無効になります。


ステップ 4

mvr querytime value

(任意)マルチキャスト グループ メンバーシップからポートを削除する前に、レシーバー ポートでIGMPレポートのメンバーシップを待機する最大時間を設定します。この値は10分の1秒単位で設定します。範囲は1~100秒、デフォルトは10分の5秒、すなわち0.5秒です。

ステップ 5

mvr vlan vlan-id

(任意)マルチキャスト データを受信するVLANを指定します。すべての送信元ポートはこのVLANに属している必要があります。VLAN IDの範囲は1~4094です。デフォルトはVLAN 1です。

ステップ 6

mvr mode { dynamic | compatible }

(任意)MVRの動作モードを指定します。

dynamic ― 送信元ポートでダイナミックMVRメンバーシップを使用できます。

compatible ― Catalyst 3500 XLスイッチおよびCatalyst 2900 XLスイッチとの互換性が得られます。送信元ポートでのダイナミックIGMP Joinはサポートされません。

デフォルトは compatible モードです。

ステップ 7

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 8

show mvr

または

show mvr members

設定を確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

スイッチをデフォルトの設定に戻すには、 no mvr [ mode | group ip-address | querytime | vlan ]グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、MVRをイネーブルにして、MVRグループ アドレスを設定し、クエリ タイムを1秒(10分の10秒)に設定し、MVRマルチキャストVLANをVLAN 22として指定し、MVRモードをダイナミックに設定し、結果を確認する例を示します。

Switch(config)# mvr
Switch(config)# mvr group 228.1.23.4
Switch(config)# mvr querytime 10
Switch(config)# mvr vlan 22
Switch(config)# mvr mode dynamic
Switch(config)# end
Switch# show mvr
MVR Running: TRUE
MVR multicast vlan: 22
MVR Max Multicast Groups: 256
MVR Current multicast groups: 1
MVR Global query response time: 10 (tenths of sec)
MVR Mode: dynamic
 

show mvr members イネーブルEXECコマンドを使用すると、スイッチ上のMVRマルチキャスト グループ アドレスを確認できます。

MVRインターフェイスの設定

MVRインターフェイスを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

mvr

スイッチ上でMVRをイネーブルに設定します。

ステップ 3

interface interface-id

設定するポートを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

mvr typ e { source | receiver }

MVRポートを次のいずれかに設定します。

source ― マルチキャストデータを送受信するアップリンク ポートを送信元ポートとして設定します。加入者が送信元ポートに直接接続することはできません。スイッチ上のすべての送信元ポートは、単一マルチキャストVLANに属します。

receiver ― 加入者ポートであり、マルチキャスト データを受信するだけの場合、レシーバー ポートとしてポートを設定します。スタティックに、またはIGMP LeaveおよびJoinメッセージによってマルチキャスト グループのメンバーになるまでは、データを受信しません。レシーバー ポートをマルチキャストVLANに属するようにすることはできません。

デフォルトでは、非MVRポートとして設定されます。MVR特性を指定して非MVRポートを設定しようとしても、エラーになります。

ステップ 5

mvr vlan vlan-id group ip-address

(任意)マルチキャストVLANおよびIPマルチキャスト アドレスに送信されたマルチキャスト トラフィックを受信するポートをスタティックに設定します。グループ メンバーとしてスタティックに設定されたポートは、スタティックに削除されないかぎり、グループ メンバーのままです。


) 互換モードでは、このコマンドが適用されるのはレシーバー ポートだけです。ダイナミック モードでは、レシーバー ポートおよび送信元ポートに適用されます。


レシーバー ポートは、IGMP JoinおよびLeaveメッセージを使用することによって、マルチキャスト グループに動的に加入することもできます。

ステップ 6

mvr immediate

(任意)ポート上でMVRの即時脱退機能をイネーブルにします。


) このコマンドが適用されるのは、レシーバー ポートだけです。また、イネーブルにするのは、単一レシーバー装置が接続されているレシーバー ポートに限定してください。


ステップ 7

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 8

show mvr

show mvr interface

または

show mvr members

設定を確認します。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

インターフェイスをデフォルトの設定に戻すには、 no mvr [ type | immediate | vlan vlan-id | group ]インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポートをレシーバー ポートとして設定し、マルチキャスト グループ アドレスに送信されたマルチキャスト トラフィックを受信するようにポートをスタティックに設定し、インターフェイスに即時脱退機能を設定し、結果を確認する例を示します。

Switch(config)# mvr
Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# mvr type receiver
Switch(config-if)# mvr vlan 22 group 228.1.23.4
Switch(config-if)# mvr immediate
Switch(config)# end
Switch# show mvr interface gigabitethernet0/1
Type: RECEIVER Status: ACTIVE Immediate Leave: ENABLED

MVR情報の表示

スイッチまたは指定されたインターフェイスのMVR情報を表示できます。

MVRの設定を表示するには、イネーブルEXECモードで 表 16-6 のコマンドを使用します。

 

表 16-6 MVR情報を表示するためのコマンド

show mvr

スイッチのMVRステータスおよび値を表示します。これは、MVRのイネーブルまたはディセーブルの判別、マルチキャストVLAN、マルチキャスト グループの最大数(256)と現在の数(0~256)、クエリの応答時間、およびMVRモードです。

show mvr interface [ interface-id ] [ members [ vlan vlan -id ]]

すべてのMVRインターフェイスおよびそれぞれのMVR設定を表示します。

特定のインターフェイスを指定すると、次の情報が表示されます。

タイプ ― レシーバーまたは送信元

ステータス ― 次のいずれかの1つ

ACTIVEは、ポートがVLANに含まれていることを意味します。

UP/DOWNは、ポートが転送中、または非転送中のどちらかであるという意味です。

INACTIVEは、ポートがVLANに含まれていないことを意味します。

Immediate Leave(即時脱退機能) ― イネーブルまたはディセーブル

members キーワードを入力すると、そのポート上のすべてのマルチキャスト グループ メンバーが表示されます。VLAN IDを入力した場合は、VLAN上のすべてのマルチキャスト グループ メンバーが表示されます。VLAN IDの範囲は1~4094です。

show mvr members [ ip-address ]

あらゆるIPマルチキャスト グループまたは指定したIPマルチキャスト グループ IPアドレスに含まれているレシーバー ポートおよび送信元ポートがすべて表示されます。

IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定

都市部や集合住宅などの環境では、スイッチ ポート上のユーザが属する一連のマルチキャスト グループを制御する必要があります。特定タイプの契約またはサービス計画に基づいて制御することで、IP/TVなどのマルチキャスト サービスの配信を制御できます。また、スイッチ ポートが属することができるスイッチのユーザに対し、マルチキャスト グループ数も制限できます。

IGMPフィルタリング機能を使用すると、IPマルチキャスト プロファイルを設定し、それらを各スイッチ ポートに関連付けて、ポート単位でマルチキャスト加入をフィルタリングできます。IGMPプロファイルにはマルチキャスト グループを1つまたは複数格納して、グループへのアクセスを許可するか拒否するかを指定できます。マルチキャスト グループへのアクセスを拒否するIGMPプロファイルがスイッチ ポートに適用されると、IPマルチキャスト トラフィックのストリームを要求するIGMP Joinレポートが廃棄され、ポートはそのグループからのIPマルチキャスト トラフィックを受信できなくなります。マルチキャスト グループへのアクセスがフィルタリング アクションで許可されている場合は、ポートからのIGMPレポートが転送されて、通常の処理が行われます。

IGMPフィルタリングで制御されるのは、グループ特定クエリおよびメンバーシップ レポート(JoinおよびLeaveレポートを含む)だけです。一般IGMPクエリは制御されません。IGMPフィルタリングは、IPマルチキャスト トラフィックの転送を指示する機能とは無関係です。フィルタリング機能は、マルチキャスト トラフィックの転送にCGMPが使用されているか、またはMVRが使用されているかに関係なく、同じように動作します。


) IGMPv3 JoinメッセージおよびLeaveメッセージは、IGMPフィルタリングが実行されているスイッチ上ではサポートされません。


レイヤ2インターフェイスが加入できるIGMPグループの最大数も設定できます。

また、IGMPスロットリング機能で、レイヤ2インターフェイスが加入できるIGMPグループの最大数も設定できます。IGMPグループの最大数が設定され、IGMPスヌーピング転送テーブルに最大エントリ数が反映され、インターフェイスがIGMP Joinレポートを受信した場合、IGMPレポートを廃棄するか、または転送テーブル内でランダムに選択されたマルチキャスト エントリを削除するようにインターフェイスを設定して、さらにIGMPグループをテーブルのレポートに追加できます。

ここでは、IGMPフィルタリングおよびスロットリングを設定する手順について説明します。

「IGMPフィルタリングおよびスロットリングのデフォルト設定」

「IGMPプロファイルの設定」(任意)

「IGMPプロファイルの適用」(任意)

「IGMPグループの最大数の設定」(任意)

「IGMPスロットリング アクションの設定」(任意)

IGMPフィルタリングおよびスロットリングのデフォルト設定

表 16-7 に、IGMPフィルタリングのデフォルト設定を示します。

 

表 16-7 IGMPフィルタリングのデフォルト設定

機能
デフォルト設定

IGMPフィルタ

適用なし

IGMPグループのICMP最大数

最大数は設定なし

IGMPプロファイル

定義なし

IGMPプロファイル アクション

範囲で示されたアドレスを拒否

グループの最大数が転送テーブルに存在する場合、デフォルトのIGMPスロットリング アクションはIGMPレポートを拒否します。設定時の注意事項については、 「IGMPスロットリング アクションの設定」 を参照してください。

IGMPプロファイルの設定

IGMPプロファイルを設定するには、 ip igmp profile グローバル コンフィギュレーション コマンドおよびプロファイル番号を使用して、IGMPプロファイルを作成し、IGMPプロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。ポートから送信されるIGMP Join要求をフィルタリングするために使用されるIGMPプロファイルのパラメータは、このモードから指定できます。IGMPプロファイル コンフィギュレーション モードでは、次のコマンドを使用して、プロファイルを作成できます。

deny :一致するアドレスを拒否します。デフォルトの条件です。

exit :IGMPプロファイル コンフィギュレーション モードを終了します。

no :コマンドを否定するか、またはデフォルトを設定します。

permit :一致するアドレスを許可します。

range :プロファイルのIPアドレス範囲を指定します。単一のIPアドレス、または開始アドレスと終了アドレスで指定されたIPアドレス範囲を入力できます。

デフォルトでは、スイッチにはIGMPプロファイルが設定されていません。プロファイルが設定されており、 permit キーワードおよび deny キーワードがいずれも指定されていない場合、デフォルトでは、IPアドレス範囲へのアクセスが拒否されます。

IGMPプロファイルを作成するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip igmp profile profile number

IGMPプロファイル コンフィギュレーション モードを開始して、設定するプロファイルに番号を割り当てます。指定できる範囲は1~4294967295です。

ステップ 3

permit | deny

(任意)IPマルチキャスト アドレスへのアクセスを許可または拒否するアクションを設定します。アクションを設定しないと、プロファイルのデフォルト設定はアクセス拒否になります。

ステップ 4

range ip multicast address

アクセスが制御されるIPマルチキャスト アドレスまたはIPマルチキャスト アドレス範囲を入力します。範囲を入力する場合は、IPマルチキャスト アドレスの下限値、スペースを1つ、IPマルチキャスト アドレスの上限値を入力します。

range コマンドを複数回入力すると、複数のアドレスまたはアドレス範囲を入力できます。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

show ip igmp profile profile number

プロファイルの設定を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

プロファイルを削除するには、 no ip igmp profile profile number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

IPマルチキャスト アドレスまたはIPマルチキャスト アドレス範囲を削除するには、 no range ip multicast address IGMPプロファイル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、単一のIPマルチキャスト アドレスへのアクセスを許可するIGMPプロファイル4を作成して、設定を確認する例を示します。アクションが拒否(デフォルト)である場合は、 show ip igmp profile の出力表示には表示されません。

Switch(config)# ip igmp profile 4
Switch(config-igmp-profile)# permit
Switch(config-igmp-profile)# range 229.9.9.0
Switch(config-igmp-profile)# end
Switch# show ip igmp profile 4
IGMP Profile 4
permit
range 229.9.9.0 229.9.9.0

IGMPプロファイルの適用

IGMPプロファイルの定義に従ってアクセスを制御するには、 ip igmp filter インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、プロファイルを該当するインターフェイスに適用します。IGMPプロファイルを適用できるのは、レイヤ2ポートだけです。EtherChannelポート グループに属するポートにプロファイルは適用できません。1つのプロファイルを複数のインターフェイスに適用できますが、1つのインターフェイスに適用できるプロファイルは1つだけです。

IGMPグループの最大数を設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定する物理インターフェイスを入力して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。インターフェイスは、EtherChannelポート グループに属していないレイヤ2ポートである必要があります。

ステップ 3

ip igmp filter profile number

指定されたIGMPプロファイルをインターフェイスに適用します。プロファイル番号は1~4294967295です。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running configuration interface interface-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

インターフェイスからプロファイルを削除するには、 no ip igmp filter profile number インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポートにIGMPプロファイル4を適用して、設定を確認する例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet0/2
Switch(config-if)# ip igmp filter 4
Switch(config-if)# end
Switch# show running-config interface fastethernet0/2
Building configuration...
 
Current configuration : 123 bytes
!
interface FastEthernet0/2
no ip address
shutdown
snmp trap link-status
ip igmp max-groups 25
ip igmp filter 4
end

IGMPグループの最大数の設定

ip igmp max-groups インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用すると、レイヤ2インターフェイスが加入できるIGMPグループの最大数を設定できます。最大数をデフォルト設定(制限なし)に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

論理EtherChannelインターフェイスでこのコマンドを使用することはできますが、EtherChannelポート グループに属するポート上で使用することはできません。

転送テーブルにIGMPグループの最大数を設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

設定する物理インターフェイスを入力して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。インターフェイスは、EtherChannelポート グループに属していないレイヤ2ポート、またはEtherChannelインターフェイスに属していないレイヤ2ポートになることができます。

ステップ 3

ip igmp max-groups number

インターフェイスが加入できるIGMPグループの最大数を設定します。範囲は0~4294967294です。デフォルトでは最大数は設定されません。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-configuration interface interface-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

グループの最大数に関する制限を削除し、デフォルト設定(制限なし)に戻すには、 no ip igmp max-groups インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、インターフェイスが加入できるIGMPグループ数を25に制限する例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet0/2
Switch(config-if)# ip igmp max-groups 25
Switch(config-if)# end

IGMPスロットリング アクションの設定

レイヤ2インターフェイスが加入できるIGMPグループの最大数を設定したあと、インターフェイスを設定して、転送テーブルでランダムに選択されたマルチキャスト エントリを削除し、 ip igmp max-groups action replace インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用することで次のIGMPグループを加えることができます。IGMP Joinレポートを破棄するデフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

IGMPスロットリング動作を設定するときには、次の注意事項に従ってください。

論理EtherChannelインターフェイスでこのコマンドを使用することはできますが、EtherChannelポート グループに属するポート上で使用することはできません。

グループの最大数に関する制限をデフォルトに設定した場合(最大数なし)、 ip igmp max-groups action { deny | replace }コマンドを入力しても、効果はありません。

インターフェイスが転送テーブルにマルチキャスト エントリを追加したあと、スロットリング動作を設定し、最大グループ数の制限を設定した場合、スロットリング動作に応じて転送テーブルのエントリは期限切れになるかまたは削除されます。

スロットリング動作として deny を設定した場合、前回転送テーブルに存在したエントリは削除されませんが、期限切れになります。これらのエントリが期限切れになり、エントリの最大数が転送テーブルに存在すると、スイッチは次にインターフェイスに受信されたIGMPレポートを破棄します。

スロットリング動作として replace を設定した場合、前回転送テーブルに存在したエントリは削除されます。転送テーブルにエントリが最大数存在すると、スイッチはランダムに選択したエントリを削除し、次にインターフェイスで受信されたIGMPレポートを追加します。

スイッチが転送テーブルからエントリを削除するのを回避するため、インターフェイスが転送テーブルにエントリを追加する前に、IGMPスロットリング動作を設定できます。

転送テーブルにエントリが最大数存在する時、スロットリング動作を設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定する物理インターフェイスを入力します。インターフェイスは、EtherChannelポート グループに属していないレイヤ2ポート、またはEtherChannelインターフェイスに属していないレイヤ2ポートになることができます。インターフェイスをトランク ポートにすることはできません。

ステップ 3

ip igmp max-groups action { deny | replace }

インターフェイスがIGMPレポートを受信し、転送テーブルのエントリが最大数に達している場合に、インターフェイスが実行する動作を指定します。

deny ― レポートを破棄します。

replace ― 転送テーブルのマルチキャスト エントリをランダムに選択し、削除します。そのあとでIGMPグループをレポートに追加します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config interface interface-id

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

レポートを破棄するデフォルト設定に戻すには、 no ip igmp max-groups action インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、転送テーブルのエントリが最大数に達していた場合、ランダムに選択した転送テーブルのエントリを削除するようインターフェイスを設定し、IGMPグループを転送テーブルに追加する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# ip igmp max-groups action replace
Switch(config-if)# end

IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定表示

IGMPプロファイルの特性を表示したり、スイッチ上のすべてのインターフェイスまたは指定されたインターフェイスのIGMPプロファイルや最大グループ設定を表示できます。また、スイッチ上のすべてのインターフェイス、または指定されたインターフェイスのIGMPスロットリング設定も表示できます。

表 16-8 のイネーブルEXECコマンドを使用して、IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定を表示します。

 

表 16-8 IGMPフィルタリングおよびスロットリングの設定を表示するためのコマンド

コマンド
目的

how ip igmp profile [ profile number ]

指定されたIGMPプロファイル、またはスイッチ上で定義されているすべてのIGMPプロファイルを表示します。

show running-configuration [ interface interface-id ]

インターフェイスが属することができるIGMPグループの最大数(設定されている場合)や、インターフェイスに適用されるIGMPプロファイルなど、指定されたインターフェイス、またはスイッチ上のすべてのインターフェイスの設定を表示します。