Cisco IOS IP ルーティング:OSPF コマンド リファ レンス
OSPF コマンド-3
show ip ospf
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/04/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

show ip ospf

show ip ospf border-routers

show ip ospf database

show ip ospf flood-list

show ip ospf interface

show ip ospf neighbor

show ip ospf request-list

show ip ospf retransmission-list

show ip ospf rib

show ip ospf sham-links

show ip ospf statistics

show ip ospf summary-address

show ip ospf timers rate-limit

show ip ospf traffic

show ip ospf virtual-links

show ipv6 ospf traffic

shutdown (router OSPF)

snmp-server enable traps ospf

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

snmp-server enable traps ospf errors

snmp-server enable traps ospf lsa

snmp-server enable traps ospf rate-limit

snmp-server enable traps ospf retransmit

snmp-server enable traps ospf state-change

summary-address (OSPF)

timers lsa arrival

timers pacing flood

timers pacing lsa-group

timers pacing retransmission

timers throttle lsa all

timers throttle spf

ttl-security all-interfaces

show ip ospf

Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング プロセスに関する一般情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip ospf コマンドを使用します。

show ip ospf [ process-id ]

 
シンタックスの説明

process-id

(任意)プロセス ID。この引数を指定すると、指定されたルーティング プロセスの情報だけが追加されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

メインライン リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

15.0(1)M

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.0(1)M に統合されました。

0S リリース
変更内容

12.0(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(25)S に統合されました。このコマンドの出力が、Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)スロットリング タイマーを表示するように拡張されました。

12.0(31)S

Bidirectional Forwarding Detection(BFD)機能のサポートが追加されました。

S リリース
変更内容

12.2(14)S

パケット ペーシング タイマー表示のサポートが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(18)SXE

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(18)SXE に統合されました。BFD 機能のサポートが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SRE

このコマンドが、キーワード new nssa-only で再配布が設定されている場合に追加情報を表示するように変更されました。

T リリース
変更内容

12.2(4)T

このコマンドが、表示出力でパケット ペーシング タイマーを示すように変更されました。

12.2(15)T

このコマンドが、Type-5 LSA 機能の OSPF Forwarding Address Suppression が設定されている場合に追加情報を表示するように変更されました。

12.3(2)T

このコマンドの出力が、LSA スロットリング タイマーおよび再配布ルートの制限を表示するように拡張されました。

12.4(4)T

BFD 機能のサポートが追加されました。

次に、特定の OSPF プロセス ID を指定しないで入力されたときの、 show ip ospf コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf
 
Routing Process "ospf 201" with ID 10.0.0.1 and Domain ID 10.20.0.1
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
SPF schedule delay 5 secs, Hold time between two SPFs 10 secs
Minimum LSA interval 5 secs. Minimum LSA arrival 1 secs
LSA group pacing timer 100 secs
Interface flood pacing timer 55 msecs
Retransmission pacing timer 100 msecs
Number of external LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 2. 2 normal 0 stub 0 nssa
External flood list length 0
Area BACKBONE(0)
Number of interfaces in this area is 2
Area has message digest authentication
SPF algorithm executed 4 times
Area ranges are
Number of LSA 4. Checksum Sum 0x29BEB
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless LSA 3
Number of indication LSA 0
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0
Area 172.16.26.0
Number of interfaces in this area is 0
Area has no authentication
SPF algorithm executed 1 times
Area ranges are
192.168.0.0/16 Passive Advertise
Number of LSA 1. Checksum Sum 0x44FD
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless LSA 1
Number of indication LSA 1
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0

Cisco IOS Release 12.2(18)SXE、12.0(31)S および 12.4(4)T

次に、BFD 機能が OSPF プロセス 123 でイネーブルされているかどうか確認する show ip ospf コマンドの出力例を示します。この出力で、関連するコマンド出力は太字で示されています。

Router# show ip ospf
 
Routing Process "ospf 123" with ID 172.16.10.1
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Minimum LSA interval 5 secs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa
External flood list length 0
BFD is enabled
Area BACKBONE(0)
Number of interfaces in this area is 2
Area has no authentication
SPF algorithm last executed 00:00:03.708 ago
SPF algorithm executed 27 times
Area ranges are
Number of LSA 3. Checksum Sum 0x00AEF1
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless LSA 0
Number of indication LSA 0
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0
 

表 9 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 9 show ip ospf フィールドの説明

フィールド
説明

Routing process "ospf 201" with ID 10.0.0.1

プロセス ID および OSPF ルータ ID。

Supports...

サポートされているサービスのタイプの数(タイプ 0 限定)。

SPF schedule delay

SPF 計算の遅延時間(秒単位)。

Minimum LSA interval

リンクステート アドバタイズメント間の最小間隔(秒単位)。

LSA group pacing timer

設定されている LSA グループ ペーシング タイマー(秒単位)。

Interface flood pacing timer

設定されている LSA フラッド ペーシング タイマー(ミリ秒単位)。

Retransmission pacing timer

設定されている LSA 再送信ペーシング タイマー(ミリ秒単位)。

Number of external LSA

外部リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of opaque AS LSA

不透明リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of DCbitless external and opaque AS LSA

デマンド回線外部および不透明リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of DoNotAge external and opaque AS LSA

do not age 外部および不透明リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of areas in this router is

ルータに設定されているエリアの数。

External flood list length

外部フラッド リストの長さ。

BFD is enabled

BFD が OSPF プロセスでイネーブルにされています。

次に、Type-5 LSA 機能の OSPF Forwarding Address Suppression が設定されている場合の show ip ospf コマンドの出力からの抜粋を示します。

Router# show ip ospf
.
.
.
Area 2
Number of interfaces in this area is 4
It is a NSSA area
Perform type-7/type-5 LSA translation, suppress forwarding address
.
.
.
Routing Process "ospf 1" with ID 192.168.0.1
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Minimum LSA interval 5 secs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 0. 0 normal 0 stub 0 nssa
External flood list length 0
 

表 10 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 10 show ip ospf フィールドの説明

フィールド
説明

Area

OSPF エリアおよびタグ。

Number of interfaces...

エリアで設定されているインターフェイスの数。

It is...

指定できるタイプは、内部、エリア境界、または自律システム境界です。

Routing process "ospf 1" with ID 192.168.0.1

プロセス ID および OSPF ルータ ID。

Supports...

サポートされているサービスのタイプの数(タイプ 0 限定)。

Initial SPF schedule delay

起動時の SPF 計算の遅延時間。

Minimum hold time

連続する SPF 計算間の最小ホールド時間(ミリ秒単位)。

Maximum wait time

連続する SPF 計算間の最大ホールド時間(ミリ秒単位)。

Incremental-SPF

増分 SPF 計算のステータス。

Minimum LSA...

リンクステート アドバタイズメント間の最小間隔(秒単位)、およびリンクステート アドバタイズメント間の最大到着時間(ミリ秒単位)。

LSA group pacing timer

設定されている LSA グループ ペーシング タイマー(秒単位)。

Interface flood pacing timer

設定されている LSA フラッド ペーシング タイマー(ミリ秒単位)。

Retransmission pacing timer

設定されている LSA 再送信ペーシング タイマー(ミリ秒単位)。

Number of...

受け取ったリンクステート アドバタイズメントの数およびタイプ。

Number of external LSA

外部リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of opaque AS LSA

不透明リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of DCbitless external and opaque AS LSA

デマンド回線外部および不透明リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of DoNotAge external and opaque AS LSA

do not age 外部および不透明リンクステート アドバタイズメントの数。

Number of areas in this router is

タイプ別にリストされたルータに設定されているエリアの数。

External flood list length

外部フラッド リストの長さ。

次に、 show ip ospf コマンドの出力例を示します。この例では、ユーザが、 redistribution maximum-prefix コマンドを使用して再配布ルートの制限を 2000 に設定しています。SPF スロットリングは、 timers throttle spf コマンドを使用して設定されています。

Router# show ip ospf 1
 
Routing Process "ospf 1" with ID 10.0.0.1
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
It is an autonomous system boundary router
Redistributing External Routes from,
static, includes subnets in redistribution
Maximum limit of redistributed prefixes 2000
Threshold for warning message 75%
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
 

表 11 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 11 show ip ospf フィールドの説明

フィールド
説明

Routing process "ospf 1" with ID 10.0.0.1

プロセス ID および OSPF ルータ ID。

Supports ...

サポートされているサービスのタイプの数。

It is ...

指定できるタイプは、内部、エリア境界、または自律システム境界ルータです。

Redistributing External Routes from

再配布されたルートのプロトコル別リスト。

Maximum limit of redistributed prefixes

再配布ルートの数の制限を指定するために redistribution maximum-prefix コマンドに設定されている値。

Threshold for warning message

redistribution maximum-prefix コマンドで設定された、警告メッセージを表示するために必要な再配布ルートのしきい値の割合。デフォルトは、最大値の 75% です。

Initial SPF schedule delay

SPF スロットリングの初期 SPF スケジュールまでの遅延(ミリ秒単位)。 timers throttle spf コマンドで設定されます。

Minimum hold time between two consecutive SPFs

SPF スロットリングの 2 つの連続する SPF 計算間の最小ホールド時間(ミリ秒単位)。 timers throttle spf コマンドで設定されます。

Maximum wait time between two consecutive SPFs

SPF スロットリングの 2 つの連続する SPF 計算間の最大ホールド時間(ミリ秒単位)。 timers throttle spf コマンドで設定されます。

Number of areas

ルータのエリアの数、エリア アドレスなど。

次に、 show ip ospf コマンドの出力例を示します。この例では、ユーザが、LSA スロットリングを設定しています。これらの出力行は太字で示されます。

Router# show ip ospf 1
 
Routing Process "ospf 4" with ID 10.10.24.4
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Initial LSA throttle delay 100 msecs
Minimum hold time for LSA throttle 10000 msecs
Maximum wait time for LSA throttle 45000 msecs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa
External flood list length 0
Area 24
Number of interfaces in this area is 2
Area has no authentication
SPF algorithm last executed 04:28:18.396 ago
SPF algorithm executed 8 times
Area ranges are
Number of LSA 4. Checksum Sum 0x23EB9
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless LSA 0
Number of indication LSA 0
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0
 

次に、 show ip ospf コマンドの出力例を示します。この例では、ユーザが、 redistribution maximum-prefix コマンドを使用して再配布ルートの制限を 2000 に設定しています。SPF スロットリングは、 timers throttle spf コマンドを使用して設定されています。

Router# show ip ospf 1
 
Routing Process "ospf 1" with ID 192.168.0.0
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
It is an autonomous system boundary router
Redistributing External Routes from,
static, includes subnets in redistribution
Maximum limit of redistributed prefixes 2000
Threshold for warning message 75%
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
 

表 12 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 12 show ip ospf フィールドの説明

フィールド
説明

Routing process "ospf 1" with ID 192.168.0.0.

プロセス ID および OSPF ルータ ID。

Supports ...

サポートされている TOS の数。

It is ...

指定できるタイプは、内部、エリア ボーダーまたは自律システム境界ルータです。

Redistributing External Routes from

再配布されたルートのプロトコル別リスト。

Maximum limit of redistributed prefixes

再配布ルートの数の制限を指定するために redistribution maximum-prefix コマンドに設定されている値。

Threshold for warning message

redistribution maximum-prefix コマンドで設定された、警告メッセージを表示するために必要な再配布ルートのしきい値の割合。デフォルトは、最大値の 75% です。

Initial SPF schedule delay

SPF スロットリングの初期 SPF スケジュールまでの遅延(ミリ秒単位)。 timers throttle spf コマンドで設定されます。

Minimum hold time between two consecutive SPFs

SPF スロットリングの 2 つの連続する SPF 計算間の最小ホールド時間(ミリ秒単位)。 timers throttle spf コマンドで設定されます。

Maximum wait time between two consecutive SPFs

SPF スロットリングの 2 つの連続する SPF 計算間の最大ホールド時間(ミリ秒単位)。 timers throttle spf コマンドで設定されます。

Number of areas

ルータのエリアの数、エリア アドレスなど。

次に、 show ip ospf コマンドの出力例を示します。この例では、ユーザが、LSA スロットリングを設定しています。これらの出力行は太字で示されます。

Router# show ip ospf 1
 
Routing Process "ospf 4" with ID 10.10.24.4
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Initial LSA throttle delay 100 msecs
Minimum hold time for LSA throttle 10000 msecs
Maximum wait time for LSA throttle 45000 msecs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa
External flood list length 0
Area 24
Number of interfaces in this area is 2
Area has no authentication
SPF algorithm last executed 04:28:18.396 ago
SPF algorithm executed 8 times
Area ranges are
Number of LSA 4. Checksum Sum 0x23EB9
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x0
Number of DCbitless LSA 0
Number of indication LSA 0
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0

show ip ospf border-routers

Area Border Router(ABR; エリア境界ルータ)および Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)への内部 Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング テーブルを表示するには、特権 EXEC モードで show ip ospf border-routers コマンドを使用します。

show ip ospf border-routers

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

次に、 show ip ospf border-routers コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf border-routers
 
OSPF Process 109 internal Routing Table
 
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route
 
i 192.168.97.53 [10] via 172.16.1.53, Serial0, ABR, Area 0.0.0.3, SPF 3
i 192.168.103.51 [10] via 192.168.96.51, Serial0, ABR, Area 0.0.0.3, SPF 3
I 192.168.103.52 [22] via 192.168.96.51, Serial0, ASBR, Area 0.0.0.3, SPF 3
I 192.168.103.52 [22] via 172.16.1.53, Serial0, ASBR, Area 0.0.0.3, SPF 3
 

表 13 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 13 show ip ospf border-routers フィールドの説明

フィールド
説明

192.168.97.53

宛先のルータ ID。

[10]

このルータ使用のコスト。

via 172.16.1.53

宛先へのネクストホップ。

Serial0

発信インターフェイスのインターフェイス タイプ。

ABR

宛先のルータ タイプ。ABR、ASBR またはこれら両方のいずれかです。

Area

このルートが学習されるエリアのエリア ID。

SPF 3

このルートをインストールする Shortest Path First(SPF)計算の内部番号。

show ip ospf database

特定のルータの Open Shortest Path First(OSPF)データベースに関連する情報のリストを表示するには、EXEC モードで show ip ospf database コマンドを使用します。

show ip ospf [ process-id area-id ] database

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ adv-router [ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ asbr-summary ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ asbr-summary ] [ link-state-id ] [ adv-router
[ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ asbr-summary ] [ link-state-id ] [ self-originate ]
[
link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ database-summary ]

show ip ospf [ process-id ] database [ external ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id ] database [ external ] [ link-state-id ] [ adv-router [ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ external ] [ link-state-id ] [ self-originate ]
[
link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ network ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ network ] [ link-state-id ] [ adv-router [ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ network ] [ link-state-id ] [ self-originate ]
[
link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ nssa-external ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ nssa-external ] [ link-state-id ] [ adv-router
[ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ nssa-external ] [ link-state-id ] [ self-originate ]
[
link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ router ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ router ] [ adv-router [ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ router ] [ self-originate ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ self-originate ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ summary ] [ link-state-id ]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ summary ] [ link-state-id ] [ adv-router [ ip-address ]]

show ip ospf [ process-id area-id ] database [ summary ] [ link-state-id ] [ self-originate ]
[
link-state-id ]

 
シンタックスの説明

process-id

(任意)内部 ID。ローカルで割り当てられ、任意の正の整数を使用できます。ここで使用される数は、OSPF ルーティング プロセスをイネーブルにするときに管理目的で割り当てられた数です。

area-id

(任意)特定のエリアを定義するために使用する network ルータ コンフィギュレーション コマンドで定義された OSPF アドレス範囲に関連付けられるエリア番号。

adv-router [ ip-address ]

(任意)指定ルータのすべての LSA を表示します。IP アドレスを指定しない場合、ローカル ルータ自体の情報が表示されます(これは self-originate の場合と同じです)。

link-state-id

(任意)アドバタイズメントで示されるインターネット環境の部分。入力値は、アドバタイズメントの LS タイプにより異なります。IP アドレス形式で入力する必要があります。

リンクステート アドバタイズメントがネットワークを示す場合、 link-state-id では、次のいずれかの形式を使用できます。

ネットワークの IP アドレス(タイプ 3 サマリー リンク アドバタイズメントおよび自律システム外部リンク アドバタイズメントなどの場合)。

リンクステート ID から取得される派生アドレス (ネットワークのサブネット マスクでネットワーク リンク アドバタイズメントのリンクステート ID をマスキングすると、ネットワークの IP アドレスが生成されます)。

リンクステート アドバタイズメントがルータを示している場合、リンクステート ID は、常にそのルータの OSPF ルータ ID です。

自律システム外部アドバタイズメント(LS タイプ = 5)がデフォルト ルートを示している場合、そのリンクステート ID がデフォルト宛先(0.0.0.0)に設定されます。

asbr-summary

(任意)自律システム境界ルータ サマリー LSA 限定の情報を表示します。

database-summary

(任意)データベースの各エリアの各 LSA タイプの数および合計を表示します。

external

(任意)外部 LSA の情報だけを表示します。

network

(任意)ネットワーク LSA の情報だけを表示します。

nssa-external

(任意)NSSA 外部 LSA の情報だけを表示します。

router

(任意)ルータ LSA の情報だけを表示します。

self-originate

(任意)自己生成 LSA(ローカル ルータから)だけ表示します。

summary

(任意)サマリー LSA の情報だけを表示します。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

11.0

キーワード database-summary が追加されました。

12.0

次のキーワードが追加されました。

self-originate

adv-router

12.0(25)S

show ip ospf database database-summary コマンドの出力が増え、自己生成タイプ 7 および自己生成タイプ 5 を出力できるようになりました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、さまざまな形式で、異なる OSPF リンクステート アドバタイズメントに関する情報を提供します。

次に、引数またはキーワードが使用されていない場合の show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Router Link States(Area 0.0.0.0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Checksum Link count
172.16.21.6 172.16.21.6 1731 0x80002CFB 0x69BC 8
172.16.21.5 172.16.21.5 1112 0x800009D2 0xA2B8 5
172.16.1.2 172.16.1.2 1662 0x80000A98 0x4CB6 9
172.16.1.1 172.16.1.1 1115 0x800009B6 0x5F2C 1
172.16.1.5 172.16.1.5 1691 0x80002BC 0x2A1A 5
172.16.65.6 172.16.65.6 1395 0x80001947 0xEEE1 4
172.16.241.5 172.16.241.5 1161 0x8000007C 0x7C70 1
172.16.27.6 172.16.27.6 1723 0x80000548 0x8641 4
172.16.70.6 172.16.70.6 1485 0x80000B97 0xEB84 6
 
Displaying Net Link States(Area 0.0.0.0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Checksum
172.16.1.3 192.168.239.66 1245 0x800000EC 0x82E
 
Displaying Summary Net Link States(Area 0.0.0.0)
 
Link ID ADV Router Age Seq# Checksum
172.16.240.0 172.16.241.5 1152 0x80000077 0x7A05
172.16.241.0 172.16.241.5 1152 0x80000070 0xAEB7
172.16.244.0 172.16.241.5 1152 0x80000071 0x95CB
 

表 14 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 14 show ip ospf Database フィールドの説明

フィールド
説明

Link ID

ルータ ID 番号。

ADV Router

アドバタイジング ルータの ID。

Age

リンクステート経過時間。

Seq#

リンクステート シーケンス番号(古いまたは重複するリンクステート アドバタイズメントを検出)。

Checksum

リンクステート アドバタイズメントの詳細な内容の Fletcher チェックサム。

Link count

ルータで検出されたインターフェイスの数。

次に、キーワード asbr-summary を指定した show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database asbr-summary
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Summary ASB Link States(Area 0.0.0.0)
 
LS age: 1463
Options: (No TOS-capability)
LS Type: Summary Links(AS Boundary Router)
Link State ID: 172.16.245.1 (AS Boundary Router address)
Advertising Router: 172.16.241.5
LS Seq Number: 80000072
Checksum: 0x3548
Length: 28
Network Mask: 0.0.0.0 TOS: 0 Metric: 1
 

表 15 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 15 show ip ospf database asbr-summary フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号。

Process ID

OSPF プロセス ID。

LS age

リンクステート経過時間。

Options

タイプ オブ サービス オプション(タイプ 0 限定)。

LS Type

リンクステート タイプ。

Link State ID

リンクステート ID(自律システム境界ルータ)。

Advertising Router

アドバタイジング ルータの ID。

LS Seq Number

リンクステート シーケンス(古いまたは重複するリンクステート アドバタイズメントを検出)。

Checksum

LS のチェックサム(リンクステート アドバタイズメントの詳細な内容の Fletcher チェックサム)。

Length

リンクステート アドバタイズメントのバイト単位の長さ。

Network Mask

実装されるネットワーク マスク。

TOS

タイプ オブ サービス。

Metric

リンクステート メトリック。

次に、キーワード external を指定した show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database external
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Autonomous system 300)
 
Displaying AS External Link States
 
LS age: 280
Options: (No TOS-capability)
LS Type: AS External Link
Link State ID: 10.105.0.0 (External Network Number)
Advertising Router: 172.16.70.6
LS Seq Number: 80000AFD
Checksum: 0xC3A
Length: 36
Network Mask: 255.255.0.0
Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
TOS: 0
Metric: 1
Forward Address: 0.0.0.0
External Route Tag: 0
 

表 16 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 16 show ip ospf database external フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号。

Autonomous system

OSPF 自律システム番号(OSPF プロセス ID)。

LS age

リンクステート経過時間。

Options

タイプ オブ サービス オプション(タイプ 0 限定)。

LS Type

リンクステート タイプ。

Link State ID

リンクステート ID(外部ネットワーク番号)。

Advertising Router

アドバタイジング ルータの ID。

LS Seq Number

リンクステート シーケンス番号(古いまたは重複するリンクステート アドバタイズメントを検出)。

Checksum

LS のチェックサム(LSA の詳細な内容の Fletcher チェックサム)。

Length

リンクステート アドバタイズメントのバイト単位の長さ。

Network Mask

実装されるネットワーク マスク。

Metric Type

外部タイプ。

TOS

タイプ オブ サービス。

Metric

リンクステート メトリック。

Forward Address

フォワーディング アドレス。アドバタイズメント宛先のデータ トラフィックは、このアドレスに転送されます。フォワーディング アドレスが 0.0.0.0 に設定されている場合、データ トラフィックは、アドバタイズメントの発信元に転送されます。

External Route Tag

外部ルート タグ、各外部ルートに関連付けられる 32 ビット フィールド。これは、OSPF プロトコル自体では使用されません。

次に、キーワード network を指定した show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database network
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Net Link States(Area 0.0.0.0)
 
LS age: 1367
Options: (No TOS-capability)
LS Type: Network Links
Link State ID: 172.16.1.3 (address of Designated Router)
Advertising Router: 192.168.239.66
LS Seq Number: 800000E7
Checksum: 0x1229
Length: 52
Network Mask: 255.255.255.0
Attached Router: 192.168.239.66
Attached Router: 172.16.241.5
Attached Router: 172.16.1.1
Attached Router: 172.16.54.5
Attached Router: 172.16.1.5
 

表 17 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 17 show ip ospf database network フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号。

Process ID 300

OSPF プロセス ID。

LS age

リンクステート経過時間。

Options

タイプ オブ サービス オプション(タイプ 0 限定)。

LS Type:

リンクステート タイプ。

Link State ID

代表ルータのリンクステート ID。

Advertising Router

アドバタイジング ルータの ID。

LS Seq Number

リンクステート シーケンス(古いまたは重複するリンクステート アドバタイズメントを検出)。

Checksum

LS のチェックサム(リンクステート アドバタイズメントの詳細な内容の Fletcher チェックサム)。

Length

リンクステート アドバタイズメントのバイト単位の長さ。

Network Mask

実装されるネットワーク マスク。

AS Boundary Router

ルータ タイプの定義。

Attached Router

ネットワークに関連付けられるルータの IP アドレス別リスト。

次に、キーワード router を指定した show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database router
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Router Link States(Area 0.0.0.0)
 
LS age: 1176
Options: (No TOS-capability)
LS Type: Router Links
Link State ID: 172.16.21.6
Advertising Router: 172.16.21.6
LS Seq Number: 80002CF6
Checksum: 0x73B7
Length: 120
AS Boundary Router
155 Number of Links: 8
 
Link connected to: another Router (point-to-point)
(link ID) Neighboring Router ID: 172.16.21.5
(Link Data) Router Interface address: 172.16.21.6
Number of TOS metrics: 0
TOS 0 Metrics: 2
 

表 18 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 18 show ip ospf database router フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号。

Process ID

OSPF プロセス ID。

LS age

リンクステート経過時間。

Options

タイプ オブ サービス オプション(タイプ 0 限定)。

LS Type

リンクステート タイプ。

Link State ID

リンクステート ID。

Advertising Router

アドバタイジング ルータの ID。

LS Seq Number

リンクステート シーケンス(古いまたは重複するリンクステート アドバタイズメントを検出)。

Checksum

LS のチェックサム(リンクステート アドバタイズメントの詳細な内容の Fletcher チェックサム)。

Length

リンクステート アドバタイズメントのバイト単位の長さ。

AS Boundary Router

ルータ タイプの定義。

Number of Links

アクティブ リンクの数。

link ID

リンク タイプ。

Link Data

ルータ インターフェイス アドレス。

TOS

タイプ オブ サービス メトリック(タイプ 0 限定)。

次に、キーワード summary を指定した show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database summary
 
OSPF Router with id(192.168.239.66) (Process ID 300)
 
Displaying Summary Net Link States(Area 0.0.0.0)
 
LS age: 1401
Options: (No TOS-capability)
LS Type: Summary Links(Network)
Link State ID: 172.16.240.0 (summary Network Number)
Advertising Router: 172.16.241.5
LS Seq Number: 80000072
Checksum: 0x84FF
Length: 28
Network Mask: 255.255.255.0 TOS: 0 Metric: 1
 

表 19 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 19 show ip ospf database summary フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Router with id

ルータ ID 番号。

Process ID

OSPF プロセス ID。

LS age

リンクステート経過時間。

Options

タイプ オブ サービス オプション(タイプ 0 限定)。

LS Type

リンクステート タイプ。

Link State ID

リンクステート ID(サマリー ネットワーク番号)。

Advertising Router

アドバタイジング ルータの ID。

LS Seq Number

リンクステート シーケンス(古いまたは重複するリンクステート アドバタイズメントを検出)。

Checksum

LS のチェックサム(リンクステート アドバタイズメントの詳細な内容の Fletcher チェックサム)。

Length

リンクステート アドバタイズメントのバイト単位の長さ。

Network Mask

実装されるネットワーク マスク。

TOS

タイプ オブ サービス。

Metric

リンクステート メトリック。

次に、キーワード database-summary を指定した show ip ospf database コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf database database-summary
 
OSPF Router with ID (10.0.0.1) (Process ID 1)
 
Area 0 database summary
LSA Type Count Delete Maxage
Router 3 0 0
Network 0 0 0
Summary Net 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0
Type-7 Ext 0 0 0
Self-originated Type-7 0
Opaque Link 0 0 0
Opaque Area 0 0 0
Subtotal 3 0 0
 
Process 1 database summary
LSA Type Count Delete Maxage
Router 3 0 0
Network 0 0 0
Summary Net 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0
Type-7 Ext 0 0 0
Opaque Link 0 0 0
Opaque Area 0 0 0
Type-5 Ext 0 0 0
Self-originated Type-5 200
Opaque AS 0 0 0
Total 203 0 0
 

表 20 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 20 show ip ospf database database-summary フィールドの説明

フィールド
説明

Area 0 database summary

エリア番号。

Count

最初のカラムで識別されるタイプの LSA の数。

Router

エリアのルータ リンクステート アドバタイズメントの数。

Network

エリアのネットワーク リンクステート アドバタイズメントの数。

Summary Net

エリアのサマリー リンクステート アドバタイズメントの数。

Summary ASBR

エリアのサマリー自律システム境界ルータ(ASBR)リンクステート アドバタイズメントの数。

Type-7 Ext

タイプ 7 LSA カウント。

Self-originated Type-7

自己生成タイプ 7 LSA。

Opaque Link

タイプ 9 LSA カウント。

Opaque Area

タイプ 10 LSA カウント。

Subtotal

エリアの LSA の合計。

Delete

エリアで「Deleted」とマークされているリンクステート アドバタイズメントの数。

Maxage

エリアで「Maxaged」とマークされているリンクステート アドバタイズメントの数。

Process 1 database summary

プロセスのデータベース サマリー。

Count

最初のカラムで識別されるタイプの LSA の数。

Router

プロセスのルータ リンクステート アドバタイズメントの数。

Network

プロセスのネットワーク リンクステート アドバタイズメントの数。

Summary Net

プロセスのサマリー リンクステート アドバタイズメントの数。

Summary ASBR

プロセスのサマリー自律システム境界ルータ(ASBR)リンクステート アドバタイズメントの数。

Type-7 Ext

タイプ 7 LSA カウント。

Opaque Link

タイプ 9 LSA カウント。

Opaque Area

タイプ 10 LSA カウント。

Type-5 Ext

タイプ 5 LSA カウント。

Self-Originated Type-5

自己生成タイプ 5 LSA カウント。

Opaque AS

タイプ 11 LSA カウント。

Total

プロセスの LSA の合計。

Delete

プロセスで「Deleted」とマークされているリンクステート アドバタイズメントの数。

Maxage

プロセスで「Maxaged」とマークされているリンクステート アドバタイズメントの数。

show ip ospf flood-list

インターフェイスでのフラッディングを待機している Open Shortest Path First(OSPF)リンクステート アドバタイズメント(LSA)のリストを表示するには、EXEC モードで show ip ospf flood-list コマンドを使用します。

show ip ospf flood-list interface-type interface-number

 
シンタックスの説明

interface-type

LSA がフラッディングされるインターフェイス タイプ。

interface-number

LSA がフラッディングされるインターフェイス番号。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(1)T

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

OSPF パケット ペーシングを監視するには、このコマンドを使用します。

次に、 show ip ospf flood-list コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf flood-list ethernet 1
 
Interface Ethernet1, Queue length 20
Link state flooding due in 12 msec
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
5 10.2.195.0 192.168.0.163 0x80000009 0 0xFB61
5 10.1.192.0 192.168.0.163 0x80000009 0 0x2938
5 10.2.194.0 192.168.0.163 0x80000009 0 0x757
5 10.1.193.0 192.168.0.163 0x80000009 0 0x1E42
5 10.2.193.0 192.168.0.163 0x80000009 0 0x124D
5 10.1.194.0 192.168.0.163 0x80000009 0 0x134C
 

表 21 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

表 21 show ip ospf flood-list フィールドの説明

フィールド
説明

Interface Ethernet1

情報が表示されるインターフェイス。

Queue length

フラッディングを待機している LSA の数。

Link state flooding due in

次のリンクステート送信までの時間。

Type

LSA のタイプ。

LS ID

LSA のリンクステート ID。

ADV RTR

アドバタイズ ルータの IP アドレス。

Seq NO

LSA のシーケンス番号。

Age

LSA の経過時間(秒単位)。

Checksum

LSA のチェックサム。

show ip ospf interface

Open Shortest Path First(OSPF)に関連するインターフェイス情報を表示するには、ユーザ EXEC または特権 EXEC モードで show ip ospf interface コマンドを使用します。

show ip ospf [ process-id ] interface [ type number ] [ brief ] [ multicast ] [ topology { topology-name | base }]

 
シンタックスの説明

process-id

(任意)プロセス ID 番号。この引数を指定すると、指定されたルーティング プロセスの情報だけが追加されます。値の範囲は 1 ~ 65535 です。

type

(任意)インターフェイス タイプ。引数 type を指定すると、指定されたインターフェイス タイプの情報だけが追加されます。

number

(任意)インターフェイス番号。引数 number を指定すると、指定されたインターフェイス番号の情報だけが追加されます。

brief

(任意)OSPF インターフェイス、状態、アドレスとマスク、およびルータのエリアに関する簡単な概要情報を表示します。

multicast

(任意)マルチキャスト情報を表示します。

topology topology-name

(任意)ネームド トポロジ インスタンスに関する OSPF 関連情報を表示します。

topology base

(任意)基本トポロジに関する OSPF 関連情報を表示します。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC (>)
特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.0(25)S

キーワード brief が追加されました。

12.2(15)S

キーワード brief が追加されました。

12.2(15)T

キーワード brief が追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SRB

multicast topology base topology-name の各キーワードおよび引数が追加されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

12.2(33)SRC

OSPF TTL Security Check 機能のサポートが追加されました。

15.0(1)M

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.0(1)M に統合されました。

次に、イーサネット インターフェイス 0 が指定されている場合の show ip ospf interface コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf interface ethernet 0
 
Ethernet 0 is up, line protocol is up
Internet Address 192.168.254.202, Mask 255.255.255.0, Area 0.0.0.0
AS 201, Router ID 192.168.99.1, Network Type BROADCAST, Cost: 10
Transmit Delay is 1 sec, State OTHER, Priority 1
Designated Router id 192.168.254.10, Interface address 192.168.254.10
Backup Designated router id 192.168.254.28, Interface addr 192.168.254.28
Timer intervals configured, Hello 10, Dead 60, Wait 40, Retransmit 5
Hello due in 0:00:05
Neighbor Count is 8, Adjacent neighbor count is 2
Adjacent with neighbor 192.168.254.28 (Backup Designated Router)
Adjacent with neighbor 192.168.254.10 (Designated Router)

Cisco IOS Release 12.2(33)SRB

次に、Multi-Topology Routing(MTR)VOICE トポロジがインターフェイス コンフィギュレーションで設定されているかの確認などのサマリー情報を示す、 show ip ospf interface brief topology VOICE コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf interface brief topology VOICE
 
VOICE Topology (MTID 10)
 
Interface PID Area IP Address/Mask Cost State Nbrs F/C
Lo0 1 0 10.0.0.2/32 1 LOOP 0/0
Se2/0 1 0 10.1.0.2/30 10 P2P 1/1

 

次に、インターフェイスの MTR VOICE トポロジの詳細を表示する show ip ospf interface topology VOICE コマンドの出力例を示します。キーワード brief を指定せずにこのコマンドを入力すると、詳細が表示されます。

Router# show ip ospf interface topology VOICE
 
VOICE Topology (MTID 10)
 
Loopback0 is up, line protocol is up
Internet Address 10.0.0.2/32, Area 0
Process ID 1, Router ID 10.0.0.2, Network Type LOOPBACK
Topology-MTID Cost Disabled Shutdown Topology Name
10 1 no no VOICE
Loopback interface is treated as a stub Host Serial2/0 is up, line protocol is up
Internet Address 10.1.0.2/30, Area 0
Process ID 1, Router ID 10.0.0.2, Network Type POINT_TO_POINT
Topology-MTID Cost Disabled Shutdown Topology Name
10 10 no no VOICE
Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT
Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
oob-resync timeout 40
Hello due in 00:00:03
Supports Link-local Signaling (LLS)
Cisco NSF helper support enabled
IETF NSF helper support enabled
Index 1/1, flood queue length 0
Next 0x0(0)/0x0(0)
Last flood scan length is 1, maximum is 1
Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
Adjacent with neighbor 10.0.0.1
Suppress hello for 0 neighbor(s)

Cisco IOS Release 12.2(33)SRC

次に、設定されている TTL 制限に関する詳細を表示する show ip ospf interface コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf interface ethernet 0
.
.
.
Strict TTL checking enabled
! or a message similar to the following is displayed
Strict TTL checking enabled, up to 4 hops allowed
.
.
.
 

表 22 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 22 show ip ospf interface フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet

物理リンクのステータス、およびプロトコルの動作ステータス。

Interface

物理リンクのタイプ。

PID

OSPF プロセス ID。

Area

OSPF エリア。

Cost

インターフェイスに割り当てられる管理コスト。

State

インターフェイスの動作状態。

Nbrs F/C

OSPF OSPF ネイバ カウント。

Internet Address

インターフェイス IP アドレス、サブネット マスクおよびエリア アドレス。

AS

自律システム番号(OSPF プロセス ID)、ルータ ID、ネットワーク タイプ、リンクステート コスト。

Topology-MTID

Multi-Topology Routing(MTR)トポロジの Multitopology Identifier(MTID)。ピアに送信する情報が関連付けられるトポロジをプロトコルが識別できるように割り当てられている番号。

Transmit Delay

送信遅延、インターフェイス状態およびルータ プライオリティ。

Designated Router

代表ルータ ID および各インターフェイス IP アドレス。

Backup Designated router

バックアップ代表ルータ ID および各インターフェイス IP アドレス。

Timer intervals configured

タイマー間隔の設定。

Hello

次の hello パケットがこのインターフェイスから送信されるまでの時間(秒単位)。

Strict TTL checking enabled

使用できるホップは 1 つだけです。

Strict TTL checking enabled, up to 4 hops allowed

一定のホップ数が明示的に設定されています。

Neighbor Count

ネットワーク ネイバの数、および隣接ネイバのリスト。

show ip ospf neighbor

Open Shortest Path First(OSPF)ネイバ情報をインターフェイス単位で表示するには、特権 EXEC モードで show ip ospf neighbor コマンドを使用します。

show ip ospf neighbor [ interface-type interface-number ] [ neighbor-id ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

interface-type interface-number

(任意)特定の OSPF インターフェイスに関連付けられるタイプおよび番号。

neighbor-id

(任意)ネイバ ホスト名または A.B.C.D 形式の IP アドレス。

detail

(任意)指定されたすべてのネイバの詳細を表示します(すべてのネイバをリストします)。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(28)SB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

12.2(33)SRC

OSPF TTL Security Check 機能のサポートが追加されました。

15.0(1)M

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.0(1)M に統合されました。

次に、各ネイバのサマリー情報を 1 行に表示する show ip ospf neighbor コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf neighbor
 
Neighbor ID Pri State Dead Time Address Interface
10.199.199.137 1 FULL/DR 0:00:31 192.168.80.37 Ethernet0
172.16.48.1 1 FULL/DROTHER 0:00:33 172.16.48.1 Fddi0
172.16.48.200 1 FULL/DROTHER 0:00:33 172.16.48.200 Fddi0
10.199.199.137 5 FULL/DR 0:00:33 172.16.48.189 Fddi0
 

次に、ネイバ ID と一致するネイバに関するサマリー情報を示す出力例を示します。

Router# show ip ospf neighbor 10.199.199.137
 
Neighbor 10.199.199.137, interface address 192.168.80.37
In the area 0.0.0.0 via interface Ethernet0
Neighbor priority is 1, State is FULL
Options 2
Dead timer due in 0:00:32
Link State retransmission due in 0:00:04
Neighbor 10.199.199.137, interface address 172.16.48.189
In the area 0.0.0.0 via interface Fddi0
Neighbor priority is 5, State is FULL
Options 2
Dead timer due in 0:00:32
Link State retransmission due in 0:00:03
 

インターフェイスとネイバ ID を指定すると、次に示す出力例のように、インターフェイスのネイバ ID と一致するネイバが表示されます。

Router# show ip ospf neighbor ethernet 0 10.199.199.137
 
Neighbor 10.199.199.137, interface address 192.168.80.37
In the area 0.0.0.0 via interface Ethernet0
Neighbor priority is 1, State is FULL
Options 2
Dead timer due in 0:00:37
Link State retransmission due in 0:00:04
 

また、次に示す出力例のように、ネイバ ID なしでインターフェイスを指定して、指定したインターフェイスのすべてのネイバを表示することもできます。

Router# show ip ospf neighbor fddi 0
 
ID Pri State Dead Time Address Interface
172.16.48.1 1 FULL/DROTHER 0:00:33 172.16.48.1 Fddi0
172.16.48.200 1 FULL/DROTHER 0:00:32 172.16.48.200 Fddi0
10.199.199.137 5 FULL/DR 0:00:32 172.16.48.189 Fddi0
 

次に、 show ip ospf neighbor detail コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf neighbor detail
 
Neighbor 192.168.5.2, interface address 10.225.200.28
In the area 0 via interface GigabitEthernet1/0/0
Neighbor priority is 1, State is FULL, 6 state changes
DR is 10.225.200.28 BDR is 10.225.200.30
Options is 0x42
LLS Options is 0x1 (LR), last OOB-Resync 00:03:08 ago
Dead timer due in 00:00:36
Neighbor is up for 00:09:46
Index 1/1, retransmission queue length 0, number of retransmission 1
First 0x0(0)/0x0(0) Next 0x0(0)/0x0(0)
Last retransmission scan length is 1, maximum is 1
Last retransmission scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
 

表 23 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 23 show ip ospf neighbor detail フィールドの説明

フィールド
説明

Neighbor

ネイバ ルータ ID。

interface address

インターフェイスの IP アドレス。

In the area

OSPF ネイバが認識されるエリアおよびインターフェイス。

Neighbor priority

ネイバのルータ プライオリティ、ネイバ状態。

State

OSPF 状態。一方の OSPF ネイバが TTL セキュリティをイネーブルにしている場合、接続のもう一方は、INIT 状態のネイバを示します。

state changes

ネイバが作成されてからの状態変化の数。この値は、 clear ip ospf counters neighbor コマンドを使用してリセットできます。

DR is

インターフェイスの代表ルータのルータ ID。

BDR is

インターフェイスのバックアップ代表ルータのルータ ID。

Options

hello パケット オプション フィールド コンテンツ(E ビット限定。可能な値は 0 および 2 です。2 はエリアがスタブでないことを示し、0 はエリアがスタブであることを示します)。

LLS Options..., last OOB-Resync

時:分:秒形式で指定される時刻前に実行されたリンクローカル シグナリングおよび Out-of-Band(OOB; アウトオブバンド)リンクステート データベース再同期。これは、NonStop Forwarding(NSF; ノンストップ フォワーディング)情報です。このフィールドは、最後に成功した NSF 対応ルータとのアウトオブバンド再同期を示します。

Dead timer due in

Cisco IOS ソフトウェアがネイバ デッドを宣言するまでの予想時間(時:分:秒形式)。

Neighbor is up for

ネイバが二方向状態になってからの時間(時:分:秒形式)。

索引

エリア規模および自律システム規模の再送信キューのネイバの位置。

retransmission queue length

再送信キューの要素の数。

number of retransmission

アップデート パケットがフラッディング中に再送信された回数。

First

フラッディング詳細のメモリ位置。

Next

フラッディング詳細のメモリ位置。

Last retransmission scan length

最後の再送信パケットのリンクステート アドバタイズメント(LSA)の数。

maximum

再送信パケットで送信された LSA の最大数。

Last retransmission scan time

最後の再送信パケットの構築にかかった時間。

maximum

再送信パケットの構築にかかった最長時間。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRC

次に、各ネイバのサマリー情報を 1 行に表示する show ip ospf neighbor コマンドの出力例を示します。一方の OSPF ネイバが TTL セキュリティをイネーブルにしている場合、接続のもう一方は、INIT 状態のネイバを示します。

Router# show ip ospf neighbor
 
Neighbor ID Pri State Dead Time Address Interface
10.199.199.137 1 FULL/DR 0:00:31 192.168.80.37 Ethernet0
172.16.48.1 1 FULL/DROTHER 0:00:33 172.16.48.1 Fddi0
172.16.48.200 1 FULL/DROTHER 0:00:33 172.16.48.200 Fddi0
10.199.199.137 5 FULL/DR 0:00:33 172.16.48.189 Fddi0
172.16.1.201 1 INIT/DROTHER 00.00.35 10.1.1.201 Ethernet0/0

show ip ospf request-list

ルータにより要求されるすべてのリンクステート アドバタイズメント(LSA)のリストを表示するには、EXEC モードで show ip ospf request-list コマンドを使用します。

show ip ospf request-list [ neighbor ] [ interface ] [ interface - neighbor ]

 
シンタックスの説明

neighbor

(任意)このネイバからルータにより要求されるすべての LSA のリストを表示します。

interface

(任意)このインターフェイスからルータにより要求されるすべての LSA のリストを表示します。

interface-neighbor

(任意)このネイバのインターフェイスのルータにより要求されるすべての LSA のリストを表示します。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.2

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

show ip ospf request-list コマンドにより表示される情報は、Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング操作のデバッグに役に立ちます。

次に、 show ip ospf request-list コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf request-list serial 0
 
OSPF Router with ID (192.168.1.11) (Process ID 1)
 
Neighbor 192.168.1.12, interface Serial0 address 172.16.1.12
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
1 192.168.1.12 192.168.1.12 0x8000020D 8 0x6572
 

表 24 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 24 show ip ospf request-list フィールドの説明

フィールド
説明

Type

LSA タイプ。

LS ID

ネイバ ルータの IP アドレス。

ADV RTR

アドバタイジング ルータの IP アドレス。

Seq NO

LSA のパケット シーケンス番号。

Age

LSA の経過時間(秒単位)。

Checksum

LSA のチェックサム番号。

show ip ospf retransmission-list

再送信を待機しているすべてのリンクステート アドバタイズメント(LSA)のリストを表示するには、EXEC モードで show ip ospf retransmission-list コマンドを使用します。

show ip ospf retransmission-list [ neighbor ] [ interface ] [ interface - neighbor ]

 
シンタックスの説明

neighbor

(任意)このネイバの再送信を待機しているすべての LSA のリストを表示します。

interface

(任意)このインターフェイスで再送信を待機しているすべての LSA のリストを表示します。

interface - neighbor

(任意)このネイバからこのインターフェイスで再送信を待機しているすべての LSA のリストを表示します。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.2

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

show ip ospf retransmission-list コマンドにより表示される情報は、Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング操作のデバッグに役に立ちます。

次に、 show ip ospf retransmission-list コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf retransmission-list serial 0
 
OSPF Router with ID (192.168.1.12) (Process ID 1)
 
Neighbor 192.168.1.11, interface Serial0 address 172.16.1.11
Link state retransmission due in 3764 msec, Queue length 2
 
Type LS ID ADV RTR Seq NO Age Checksum
1 192.168.1.12 192.168.1.12 0x80000210 0 0xB196
 

表 25 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 25 show ip ospf retransmission-list フィールドの説明

フィールド
説明

Type

LSA タイプ。

LS ID

ネイバ ルータの IP アドレス。

ADV RTR

アドバタイジング ルータの IP アドレス。

Seq NO

LSA のパケット シーケンス番号。

Age

LSA の経過時間(秒単位)。

Checksum

LSA のチェックサム番号。

show ip ospf rib

OSPF ローカル Routing Information Base(RIB; ルーティング情報ベース)またはローカルで再配布されるルートの情報を表示するには、特権 EXEC モードで show ip ospf rib コマンドを使用します。

show ip ospf process-id rib [ redistribution ] [ network-prefix ] [ network-mask ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

process-id

OSPF ルーティング プロセスの内部で使用される識別パラメータ。ローカルで割り当てられ、任意の正の整数を使用できます。OSPF ルーティング プロセスごとに固有の値が割り当てられます。

redistribution

(任意)IP OSPF 再配布 RIB 情報を表示します。

network-prefix

(任意)ネットワーク プレフィクス。特定のルートのパスを表示します。

network-mask

(任意)IP アドレス マスク。メジャー ネットワーク下のすべてのルートのパスを表示します。

detail

(任意)OSPF ローカル RIB に関する詳細を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(15)T

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

network-prefix および network-mask の両方の引数を指定した場合、ネットワーク プレフィクスおよび IP アドレス マスクと一致するルートだけが表示されます。引数 prefix だけを指定した場合、最長のプレフィクス ルックアップが実行され、一致するルートが表示されます。

次に、ローカルで再配布されるルートの情報を表示する例を示します。

Router# show ip ospf 1 rib redistribution 192.168.240.0
 
OSPF Redistribution for Process 1
192.168.240/20, metric 0, tag 0, from OSPF Router 130
Attributes 0x1000220, event 1
via Ethernet0/0
OSPF Redistribution Process 130
 

表 26 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 26 show ip ospf rib redistribution フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Redistribution for Process 1

OSPF プロセス 1 のルーティング再配布情報。

192.168.240/20

ネットワーク番号およびマスク。

metric 0

OSPF メトリック タイプ。

tag 0

OSPF プロセス タグ ID。

from OSPF Router

ルーティング情報が再配布されたときの OSPF ルータ。

Attributes 0x1000220

OSPF アトリビュート。

event

OSPF 再配布イベント 1。

Via Ethernet0/0

ルーティング情報が再配布されたときのインターフェイス。

OSPF Redistribution Process

OSPF プロセス 13 のルーティング再配布情報。

show ip ospf sham-links

Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)バックボーンの Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータに設定されているすべての模造リンクに関する情報を表示するには、EXEC モードで show ip ospf sham-links コマンドを使用します。

show ip ospf sham-links

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

デフォルト動作またはデフォルト値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(8)T

このコマンドが追加されました。

12.0(21)ST

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(21)ST に統合されました。Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ のサポートが追加されました。

12.0(22)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。Cisco 10000 シリーズ インターネット ルータのサポートが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

PE ルータに設定されている模造リンクに関する Open Shortest Path First(OSPF)情報を表示するには、このコマンドを使用します。

次に、VPN バックボーンの PE ルータの show ip ospf sham-links コマンドの出力例を示します。

Router1# show ip ospf sham-links
 
Sham Link OSPF_SL0 to address 10.44.0.1 is up
Area 120 source address 10.0.0.1
Run as demand circuit
DoNotAge LSA allowed., Cost of using 1
Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
Hello due in 00:00:09
Adjacency State FULL (Hello suppressed)
Index 2/2, retransmission queue length 0, number of retransmission 27
First 0x0(0)/0x0(0) Next 0x0(0)/0x0(0)
Last retransmission scan length is 0, maximum is 2
Last retransmission scan time is 0 msec, maximum is 0 msec

show ip ospf statistics

Open Shortest Path First(OSPF)の Shortest Path First(SPF)計算統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip ospf statistics コマンドを使用します。

show ip ospf statistics [ detail ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)各 OSPF エリアの統計情報を個別に表示し、追加の詳細統計情報を含めます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC
特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(24)S

このコマンドが追加されました。

12.2(18)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(18)S に統合されました。

12.3(2)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(2)T に統合されました。

 
使用上のガイドライン

show ip ospf statistics コマンドは、SPF 計算およびこれらをトリガーするイベントに関する重要な情報を提供します。この情報は、OSPF ネットワーク メンテナンスおよびトラブルシューティングの両方に役に立ちます。たとえば、 show ip ospf statistics コマンドは、リンクステート アドバタイズメント(LSA)フラッピングのトラブルシューティングの最初のステップとして入力することをお勧めします。

次に、各 SPF 計算の情報を 1 行に表示する show ip ospf statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf statistics
 
OSPF process ID 200
------------------------------------------
 
Area 0: SPF algorithm executed 10 times
 
Area 200: SPF algorithm executed 8 times
 
Summary OSPF SPF statistic
 
SPF calculation time
Delta T Intra D-Intra Summ D-Summ Ext D-Ext Total Reason
08:17:16 0 0 0 0 0 0 0 R,
08:16:47 0 0 0 0 0 0 0 R, N,
08:16:37 0 0 0 0 0 0 0 R, X
00:04:40 208 40 208 44 220 0 720 R, N, SN, X
00:03:15 0 112 4 108 8 96 328 R, N, SN, X
00:02:55 164 40 176 44 188 0 612 R, N, SN, X
00:01:49 0 4 4 0 4 4 16 R, N, SN, X
00:01:48 0 0 4 0 4 0 12 R, N, SN, SA, X
 
00:01:43 0 0 4 0 4 0 8 R,
00:00:53 164 40 176 44 188 0 612 R, N, SN, X
 

表 27 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 27 show ip ospf statistics フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF process ID

設定の OSPF プロセスに割り当てられる一意な値。

Area

OSPF エリア ID。

SPF algorithm executed

SPF アルゴリズムが特定のエリアで実行された回数。

Delta T

SPF が計算を実行してから現在の時間までの経過時間(ミリ秒単位)。

Intra

SPF アルゴリズムが内部エリア LSA を処理し、内部エリア ルートをルーティング テーブルにインストールするときの時間(ミリ秒単位)。

D-Intra

SPF アルゴリズムが無効な内部エリア ルートをルーティング テーブルから削除するときの時間(ミリ秒単位)。

Summ

SPF アルゴリズムがエリア間 LSA を処理し、エリア間ルートをルーティング テーブルにインストールするときの時間(ミリ秒単位)。

D-Summ

SPF アルゴリズムが無効なエリア間ルートをルーティング テーブルから削除するときの時間(ミリ秒単位)。

Ext

SPF アルゴリズムが外部および Not So Stubby Area(NSSA)LSA を処理し、外部および NSSA ルートをルーティング テーブルにインストールするときの時間(ミリ秒単位)。

D-Ext

SPF アルゴリズムが無効な外部および NSSA ルートをルーティング テーブルから削除するときの時間(ミリ秒単位)。

Total

SPF アルゴリズム プロセスの合計継続時間(ミリ秒単位)。

Reason

SPF が実行される理由の記録:

N:ネットワーク LSA(タイプ 2)で変更が発生しました。

R:ルータ LSA(タイプ 1)で変更が発生しました。

SA:サマリー自律システム境界ルータ(ASBR)(SA)LSA で変更が発生しました。

SN:Summary Network(SN)LSA で変更が発生しました。

X:External Type-7(X7; 外部タイプ 7)LSA で変更が発生しました。

次に、特定のエリアの統計情報を個別に表示するキーワード detail を指定した show ip ospf statistics コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf statistics detail
 
SPF 7 executed 2d17h ago, SPF type Full
 
SPF calculation time (in msec):
 
SPT Intra D-Intr Summ D-Summ Ext7 D-Ext7 Total
 
0 0 0 0 0 0 0 0
 
LSIDs processed R:4 N:1 Stub:5 SN:17 SA:1 X7:0
 
Change record R,
 
LSIDs changed 1
 
Last 10 LSIDs:
 
2.0.0.202(R)
 

表 28 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 28 show ip ospf statistics detail フィールドの説明

フィールド
説明

SPF

OSPF エリアで実行された SPF アルゴリズムの数。この数は、エリアで SPF アルゴリズムが実行されるたびに 1 つずつ増加します。

Executed ago

SPF アルゴリズムが実行されてから現在の時間までの経過時間(ミリ秒単位)。

SPF type

SPF タイプは Full または Incremental のいずれかです。

SPT

SPF アルゴリズムの最初のステージの計算(ショート パス ツリーの構築)に必要な時間(ミリ秒単位)。SPT 時間とスタブ ネットワークのリンクの処理に必要な時間の合計が、内部時間と等しくなります。

Ext

SPF アルゴリズムが外部および Not So Stubby Area(NSSA)リンクステート アドバタイズメント(LSA)を処理し、外部および NSSA ルートをルーティング テーブルにインストールするときの時間(ミリ秒単位)。

Total

SPF アルゴリズム プロセスの合計継続時間(ミリ秒単位)。


) 合計時間は、すでに内部時間に含まれている SPT 時間を除いたそれまでの合計時間です。


LSIDs processed

SPF 計算中に処理された LSA の数:

N:ネットワーク LSA。

R:ルータ LSA。

SA:サマリー自律システム境界ルータ(ASBR)(SA)LSA。

SN:Summary Network(SN)LSA。

Stub:スタブ リンク。

X7:外部タイプ 7(X7)LSA。

LSIDs changed

この SPF 計算から直前の計算までに変更された LSA の数。LSA が変更されると SPF がスケジューリングされます。

Last 10 LSIDs

この SPF 計算から直前の計算までに変更された、最新の 10 の内部エリア LSA のリスト。LSID タイプ:

R:ルータ LSA(タイプ 1)

N:ネットワーク LSA(タイプ 2)

show ip ospf summary-address

Open Shortest Path First(OSPF)プロセスで設定されたすべてのサマリー アドレス再配布情報のリストを表示するには、EXEC モードで show ip ospf summary-address コマンドを使用します。

show ip ospf [ process-id ] summary-address

 
シンタックスの説明

process-id

(任意)OSPF エリア ID。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

引数 process-id は、10 進数または IP アドレス フォーマットで入力します。

Cisco IOS Release 10.0 および 12.2SX

次に、 show ip ospf summary-address コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf summary-address
 
OSPF Process 2, Summary-address
 
10.2.0.0/255.255.0.0 Metric 4294967295, Type 0, Tag 0
10.2.0.0/255.255.0.0 Metric 4294967295, Type 0, Tag 10

Cisco IOS Release 12.2SR

次に、 show ip ospf summary-address コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf summary-address
 
OSPF Router with ID(10.1.1.1)(Process ID 1)
 
10.2.0.0/255.255.0.0 Metric 4294967295, Type 0, Tag 0
10.2.0.0/255.255.0.0 Metric 4294967295, Type 0, Tag 10
 

表 29 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 29 show ip ospf summary-address フィールドの説明

フィールド
説明

10.2.0.0/255.255.0.0

OSPF プロセスのルータの IP アドレスおよびマスク。

Metric 4294967295

OSPF メトリック タイプ。

Type 0

LSA のタイプ。

Tag 0

OSPF プロセス タグ ID。

show ip ospf timers rate-limit

レート リミット キューのすべてのリンクステート アドバタイズメント(LSA)を表示するには、特権 EXEC モードで show ip ospf timers rate-limit コマンドを使用します。

show ip ospf timers rate-limit

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(25)S

このコマンドが追加されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、キューの LSA がいつ送信されるかを確認する必要がある場合に使用します。

次に、 show ip ospf timers rate-limit コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf timers rate-limit

 

LSAID: 10.1.1.1 Type: 1 Adv Rtr: 172.16.2.2 Due in: 00:00:00.028

LSAID: 172.16.4.1 Type: 3 Adv Rtr: 172.16.2.2 Due in: 00:00:00.028

 

表 30 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 30 show ip ospf timers rate-limit フィールドの説明

フィールド
説明

LSAID

LSA の ID。

Type

LSA のタイプ。

Adv Rtr

アドバタイジング ルータの ID。

Due in

LSA の送信スケジュール(時:分:秒形式)。

show ip ospf traffic

Open Shortest Path First(OSPF)トラフィック統計情報を表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで show ip ospf traffic コマンドを使用します。

show ip ospf [ process-id ] traffic [ interface-type interface-number ]

 
シンタックスの説明

process-id

(任意)プロセス ID。引数 process-id を指定すると、指定されたルーティング プロセスの情報だけが表示されます。

interface-type interface-number

(任意)特定の OSPF インターフェイスに関連付けられるタイプおよび番号。

 
コマンドのデフォルト

引数を指定せずに show ip ospf traffic コマンドを入力すると、グローバル OSPF トラフィック統計情報が表示され、各 OSPF プロセスのキュー統計情報、各インターフェイスの統計情報、および
OSPF プロセスごとの統計情報が示されます。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC (>)
特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(11)T

このコマンドが追加されました。

12.0(28)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(28)S に統合されました。

12.4(6)T

OSPFv2 および OSPFv3 機能の OSPF Enhanced Traffic Statistics のサポートが追加されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。

12.2(33)SRC

OSPF TTL Security Check 機能のサポートが追加されました。

15.0(1)M

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.0(1)M に統合されました。

 
使用上のガイドライン

表示されるトラフィック統計情報を特定の OSPF プロセスに限定するには、引数 process-id に値を指定します。また、出力を OSPF プロセスに関連する特定のインターフェイスのトラフィック統計情報に限定するには、 interface-type および interface-number の各引数に値を指定します。カウンタをリセットし、統計情報をクリアするには、 clear ip ospf traffic コマンドを使用します。

Cisco IOS Release 12.0(28)S

次に、show ip ospf traffic コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf traffic
 
OSPF statistics:
Rcvd: 5300 total, 730 checksum errors
333 hello, 10 database desc, 3 link state req
24 link state updates, 13 link state acks
 
Sent: 264 total
222 hello, 12 database desc, 3 link state req
17 link state updates, 12 link state acks
 
OSPF Router with ID (10.0.1.2) (Process ID 100)
 
OSPF queues statistic for process ID 100:
 
OSPF Hello queue size 0, no limit, max size 3
OSPF Router queue size 0, limit 200, drops 0, max size 3
 
Interface statistics:
 
Interface Loopback0
 
OSPF packets received/sent
Invalid Hellos DB-des LS-req LS-upd LS-ack Total
Rx: 0 0 0 0 0 0 0
Tx: 0 0 0 0 0 0 0
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
Interface Serial3/0
 
OSPF packets received/sent
Invalid Hellos DB-des LS-req LS-upd LS-ack Total
Rx: 0 111 3 1 7 6 128
Tx: 0 111 4 1 12 5 133
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
Interface Serial2/0
 
OSPF packets received/sent
Invalid Hellos DB-des LS-req LS-upd LS-ack Total
Rx: 0 0 0 0 0 0 0
Tx: 0 0 0 0 0 0 0
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
Interface Ethernet0/0
 
OSPF packets received/sent
Invalid Hellos DB-des LS-req LS-upd LS-ack Total
Rx: 0 222 7 2 17 7 255
Tx: 0 111 8 2 5 7 133
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 730, Version 800, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 3387, Duplicate ID 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
Summary traffic statistics for process ID 100:
Rcvd: 5300 total, 4917 errors
333 hello, 10 database desc, 3 link state req
24 link state upds, 13 link state acks, 0 invalid
Sent: 266 total
222 hello, 12 database desc, 3 link state req
17 link state upds, 12 link state acks, 0 invalid
 
 
 

表 31 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 31 show ip ospf traffic フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF statistics

ルータで実行されるすべての OSPF プロセスで集められたトラフィック統計情報。 show ip traffic コマンドとの互換性を確保するため、チェックサム エラーだけが表示されます。ルート マップ名を識別します。

OSPF queues statistic for process ID

Cisco IOS ソフトウェア固有の統計情報。

OSPF Hello queue

パケット スイッチング コード(プロセス IP 入力)および受信したすべての OSPF パケットの OSPF hello プロセス間の内部 Cisco IOS キューの統計情報。

OSPF Router queue

OSPF hello プロセスおよび受信したすべての OSPF パケット(OSPF hello を除く)の OSPF ルータ間の内部 Cisco IOS キューの統計情報。

queue size

キューの実際のサイズ。

queue limit

キューの最大許容サイズ。

queue max size

キューの最大記録サイズ。

Interface statistics

指定 OSPF プロセス ID に属するすべてのインターフェイスのインターフェイスごとのトラフィック統計情報。

OSPF packets received/sent

パケット タイプ別にソートされた、インターフェイスで受信および送信された OSPF パケットの数。

OSPF header errors

パケットが OSPF パケットのヘッダー エラーのために廃棄された場合、そのパケットがこのセクションに表示されます。廃棄されたパケットは、適切な廃棄理由に従いカウントされます。TTL セキュリティ チェックによりドロップされたパケットの数は、その機能が設定されている場合に表示されます。

OSPF LSA errors

パケットが OSPF リンクステート アドバタイズメント(LSA)のヘッダー エラーのために廃棄された場合、そのパケットがこのセクションに表示されます。廃棄されたパケットは、適切な廃棄理由に従いカウントされます。

Summary traffic statistics for process ID

OSPF プロセスで収集されたサマリー トラフィック統計情報。


) OSPF プロセス ID は、設定で OSPF プロセスに割り当てられる一意な値です。


受け取ったエラーに関する値は、グローバル OSPF 統計情報にリストされるチェックサム エラーの合計とは異なり、OSPF プロセスにより検出される OSPF ヘッダー エラーの合計です。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRC

次に、show ip ospf traffic コマンドの出力例を示します。この出力は変更され、TTL セキュリティ チェックのためにドロップされたパケットの数が含まれるようになりました。

Router# show ip ospf traffic
.
.
.
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, LLS 0,
Authentication 0, TTL Check Fail 2,
.

Cisco IOS Release 12.4(6)T

次に、各 OSPF インターフェイスおよび OSPF プロセスで受信および送信される OSPF パケットに関する詳細なトラフィック情報を表示する show ip ospf traffic コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf traffic
 
OSPF statistics:
.
.
.
 
Interface Ethernet0/0.1
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 0 0
RX DB des 0 0
RX LS req 0 0
RX LS upd 0 0
RX LS ack 0 0
RX Total 0 0
 
TX Failed 0 0
TX Hello 16 1216
TX DB des 0 0
TX LS req 0 0
TX LS upd 0 0
TX LS ack 0 0
TX Total 16 1216
 
.
.
.
Interface Serial2/0
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 11 528
RX DB des 4 148
RX LS req 1 60
RX LS upd 3 216
RX LS ack 2 128
RX Total 21 1080
 
TX Failed 0 0
TX Hello 14 1104
TX DB des 3 252
TX LS req 1 56
TX LS upd 3 392
TX LS ack 2 128
TX Total 23 1932
.
.
.
Interface Ethernet0/0
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 13 620
RX DB des 3 116
RX LS req 1 36
RX LS upd 3 228
RX LS ack 4 216
RX Total 24 1216
 
TX Failed 0 0
TX Hello 17 1344
TX DB des 4 276
TX LS req 1 56
TX LS upd 7 656
TX LS ack 2 128
TX Total 31 2460
 
.
.
.
 
Summary traffic statistics for process ID 1:
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 24 1148
RX DB des 7 264
RX LS req 2 96
RX LS upd 6 444
RX LS ack 6 344
RX Total 45 2296
 
TX Failed 0 0
TX Hello 31 2448
TX DB des 7 528
TX LS req 2 112
TX LS upd 10 1048
TX LS ack 4 256
TX Total 54 4392
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 13,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, Hello 0,
MTU Mismatch 0, Nbr Ignored 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 

新しい統計情報の収集を開始するには、次に示すように、 clear ip ospf traffic コマンドを入力して、カウンタをリセットし、トラフィック統計情報をクリアします。

Router# clear ip ospf traffic

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip ospf traffic

OSPFv2 トラフィック統計情報をクリアします。

clear ipv6 ospf traffic

OSPFv3 トラフィック統計情報をクリアします。

show ipv6 ospf traffic

OSPFv3 トラフィック統計情報を表示します。

show ip ospf virtual-links

パラメータおよび Open Shortest Path First(OSPF)仮想リンクの現在の状態を表示するには、EXEC モードで show ip ospf virtual-links コマンドを使用します。

show ip ospf virtual-links

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

show ip ospf virtual-links コマンドにより表示される情報は、OSPF ルーティング操作のデバッグに役に立ちます。

次に、 show ip ospf virtual-links コマンドの出力例を示します。

Router# show ip ospf virtual-links
 
Virtual Link to router 192.168.101.2 is up
Transit area 0.0.0.1, via interface Ethernet0, Cost of using 10
Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT
Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
Hello due in 0:00:08
Adjacency State FULL
 

表 32 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 32 show ip ospf virtual-links フィールドの説明

フィールド
説明

Virtual Link to router 192.168.101.2 is up

OSPF ネイバ、およびそのネイバとのリンクがアップまたはダウン状態であるか指定します。

Transit area 0.0.0.1

仮想リンクが形成される移行エリア。

via interface Ethernet0

仮想リンクが形成されるインターフェイス。

Cost of using 10

仮想リンクを介して OSPF ネイバに到達するときのコスト。

Transmit Delay is 1 sec

仮想リンクの移行遅延(秒単位)。

State POINT_TO_POINT

OSPF ネイバの状態。

Timer intervals...

リンクに設定されるさまざまなタイマー間隔。

Hello due in 0:00:08

ネイバからの次の hello の予想時間。

Adjacency State FULL

ネイバ間の隣接状態。

show ipv6 ospf traffic

IPv6 Open Shortest Path First Version 3(OSPFv3; Open Shortest Path First バージョン 3)トラフィック統計情報を表示するには、特権 EXEC モードで show ipv6 ospf traffic コマンドを使用します。

show ipv6 ospf [ process-id ] traffic [ interface-type interface-number ]

 
シンタックスの説明

process-id

(任意)トラフィック統計情報を必要とする OSPF プロセス ID(たとえば、キュー統計情報、OSPF プロセス下の各インターフェイスの統計情報、OSPF ごとのプロセス統計情報などです)。

interface-type interface-number

(任意)特定の OSPF インターフェイスに関連付けられるタイプおよび番号。

 
コマンドのデフォルト

引数を指定せずに show ipv6 ospf traffic コマンドを入力すると、グローバル OSPF トラフィック統計情報が表示され、各 OSPF プロセスのキュー統計情報、各インターフェイスの統計情報、および OSPF プロセスごとの統計情報が示されます。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.4(6)T

このコマンドが追加されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

 
使用上のガイドライン

表示されるトラフィック統計情報を特定の OSPF プロセスに限定するには、引数 process-id に値を指定します。また、出力を OSPF プロセスに関連する特定のインターフェイスのトラフィック統計情報に限定するには、 interface-type および interface-number の各引数に値を指定します。カウンタをリセットし、統計情報をクリアするには、 clear ipv6 ospf traffic コマンドを使用します。

次に、OSPFv3 の show ipv6 ospf traffic コマンドの出力例を示します。

Router# show ipv6 ospf traffic
 
OSPFv3 statistics:
Rcvd: 32 total, 0 checksum errors
10 hello, 7 database desc, 2 link state req
9 link state updates, 4 link state acks
0 LSA ignored
 
Sent: 45 total, 0 failed
17 hello, 12 database desc, 2 link state req
8 link state updates, 6 link state acks
 
 
 
OSPFv3 Router with ID (10.1.1.4) (Process ID 6)
 
OSPFv3 queues statistic for process ID 6
Hello queue size 0, no limit, max size 2
Router queue size 0, limit 200, drops 0, max size 2
 
 
Interface statistics:
 
 
Interface Serial2/0
 
OSPFv3 packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 5 196
RX DB des 4 172
RX LS req 1 52
RX LS upd 4 320
RX LS ack 2 112
RX Total 16 852
 
TX Failed 0 0
TX Hello 8 304
TX DB des 3 144
TX LS req 1 52
TX LS upd 3 252
TX LS ack 3 148
TX Total 18 900
 
OSPFv3 header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, No Virtual Link 0,
Area Mismatch 0, Self Originated 0, Duplicate ID 0,
Instance ID 0, Hello 0, MTU Mismatch 0,
Nbr Ignored 0, Authentication 0,
 
OSPFv3 LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
Interface Ethernet0/0
 
OSPFv3 packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 6 240
RX DB des 3 144
RX LS req 1 52
RX LS upd 5 372
RX LS ack 2 152
RX Total 17 960
 
TX Failed 0 0
TX Hello 11 420
TX DB des 9 312
TX LS req 1 52
TX LS upd 5 376
TX LS ack 3 148
TX Total 29 1308
 
OSPFv3 header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, No Virtual Link 0,
Area Mismatch 0, Self Originated 0, Duplicate ID 0,
Instance ID 0, Hello 0, MTU Mismatch 0,
Nbr Ignored 0, Authentication 0,
 
OSPFv3 LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
Summary traffic statistics for process ID 6:
 
OSPFv3 packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 11 436
RX DB des 7 316
RX LS req 2 104
RX LS upd 9 692
RX LS ack 4 264
RX Total 33 1812
 
TX Failed 0 0
TX Hello 19 724
TX DB des 12 456
TX LS req 2 104
TX LS upd 8 628
TX LS ack 6 296
TX Total 47 2208
 
OSPFv3 header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, No Virtual Link 0,
Area Mismatch 0, Self Originated 0, Duplicate ID 0,
Instance ID 0, Hello 0, MTU Mismatch 0,
Nbr Ignored 0, Authentication 0,
 
OSPFv3 LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 

ネットワーク管理者は、次に示すように clear ipv6 ospf traffic コマンドを入力して、新しい統計情報の収集、カウンタのリセット、およびトラフィック統計情報のクリアを開始できます。

Router# clear ipv6 ospf traffic
 

表 33 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 33 show ipv6 ospf traffic フィールドの説明

フィールド
説明

OSPFv3 statistics

ルータで実行されるすべての OSPF プロセスで集められたトラフィック統計情報。 show ip traffic コマンドとの互換性を確保するため、チェックサム エラーだけが表示されます。ルート マップ名を識別します。

OSPFv3 queues statistic for process ID

Cisco IOS ソフトウェア固有のキュー統計情報。

Hello queue

パケット スイッチング コード(プロセス IP 入力)および受信したすべての OSPF パケットの OSPF hello プロセス間の内部 Cisco IOS キューの統計情報。

Router queue

OSPF hello プロセスおよび受信したすべての OSPF パケット(OSPF hello を除く)の OSPF ルータ間の内部 Cisco IOS キューの統計情報。

queue size

キューの実際のサイズ。

queue limit

キューの最大許容サイズ。

queue max size

キューの最大記録サイズ。

Interface statistics

指定 OSPFv3 プロセス ID に属するすべてのインターフェイスのインターフェイスごとのトラフィック統計情報。

OSPFv3 packets received/sent

パケット タイプ別にソートされた、インターフェイスで受信および送信された OSPFv3 パケットの数。

OSPFv3 header errors

パケットが OSPFv3 パケットのヘッダー エラーのために廃棄された場合、そのパケットがこのセクションに表示されます。廃棄されたパケットは、適切な廃棄理由に従いカウントされます。

OSPFv3 LSA errors

パケットが OSPF リンクステート アドバタイズメント(LSA)のヘッダー エラーのために廃棄された場合、そのパケットがこのセクションに表示されます。廃棄されたパケットは、適切な廃棄理由に従いカウントされます。

Summary traffic statistics for process ID

OSPFv3 プロセスで集められたサマリー トラフィック統計情報。


) OSPFv3 プロセス ID は、設定で OSPF プロセスに割り当てられる一意な値です。


受け取ったエラーに関する値は、グローバル OSPF 統計情報にリストされるチェックサム エラーの合計とは異なり、OSPFv3 プロセスにより検出される OSPFv3 ヘッダー エラーの合計です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip ospf traffic

OSPFv2 トラフィック統計情報をクリアします。

clear ipv6 ospf traffic

OSPFv3 トラフィック統計情報をクリアします。

show ip ospf traffic

OSPFv2 トラフィック統計情報を表示します。

shutdown (router OSPF)

現在の状況で Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルの正常なシャットダウンを開始するには、ルータ コンフィギュレーション モードで shutdown コマンドを使用します。OSPF プロトコルを再起動するには、このコマンドの no 形式を使用します。

shutdown

no shutdown

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

OSPF は現在の状況でアクティブのままになります。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション(config-router)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SRC

このコマンドが追加されました。

15.0(1)M

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.0(1)M に統合されました。

 
使用上のガイドライン

可能な限り安全な方法でプロトコルを一時的にシャットダウンして、これをネイバに通知するには、ルータ コンフィギュレーション モードで shutdown コマンドを使用します。ネットワークに別のパスがあるすべてのトラフィックは、その代替パスに送信されます。

次に、OSPF プロトコルの正常なシャットダウンをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# router ospf 1
Router(config-router)# shutdown

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip ospf shutdown

特定の OSPF インターフェイスで正常なシャットダウンを開始します。

snmp-server enable traps ospf

すべての Open Shortest Path First(OSPF)Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf コマンドを使用します。すべての OSPF SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf

no snmp-server enable traps ospf

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

OSPF SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(30)S

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(14)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

特定の OSPF SNMP 通知をイネーブルまたはディセーブルにするには、次のコマンドを 1 つ以上入力します。

[ no ] snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors

[ no ] snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

[ no ] snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

[ no ] snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

[ no ] snmp-server enable traps ospf errors

[ no ] snmp-server enable traps ospf lsa

[ no ] snmp-server enable traps ospf retransmit

[ no ] snmp-server enable traps ospf state-change

次に、OSPF SNMP 通知をグローバルにイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors

Open Shortest Path First(OSPF)設定不一致エラー簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors コマンドを使用します。OSPF 設定不一致エラー SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors [ config-error ] [ virt-config-error ]

no snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors [ config-error ] [ virt-config-error ]

 
シンタックスの説明

config-error

(任意)非仮想インターフェイスの設定不一致エラー SNMP 通知だけイネーブルにします。

virt-config-error

(任意)仮想インターフェイスの設定不一致エラー SNMP 通知だけイネーブルにします。

 
コマンドのデフォルト

OSPF 設定不一致エラー SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(30)S

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(14)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

仮想および非仮想の両方のインターフェイスで OSPF 設定エラー SNMP 通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで、オプションのキーワードを指定せずに snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors コマンドを入力します。

次に、非仮想インターフェイスだけで OSPF 設定不一致エラーを送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

Open Shortest Path First(OSPF)非仮想インターフェイス不一致エラー簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error コマンドを使用します。OSPF 非仮想インターフェイス不一致エラー SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

no snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルです。この場合、OSPF 非仮想インターフェイス不一致エラー SNMP 通知は作成されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(5)

このコマンドが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.0(26)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(26)S に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

 
使用上のガイドライン

cospfShamLinkConfigError トラップをイネーブルにするには、最初に、グローバル コンフィギュレーション モードで、 snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error コマンドを入力する必要があります。 snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error コマンドを使用すると、cospfConfigError トラップがイネーブルになり、両方のトラップが同じ場所に作成され、仮想リンクでの設定エラーに関する一貫性が保たれます。

cospfospfConfigError トラップを設定する前に cospfShamLinkConfigError トラップをイネーブルにしようとすると、cospfConfigError トラップを最初に設定しなければならないことを通知するエラー メッセージが表示されます。

次に、パブリックとして定義されるコミュニティ ストリングを使用してアドレス myhost.cisco.com のホストに非仮想インターフェイス不一致エラー通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error
Router(config)# snmp-server host myhost.cisco.com informs version 2c public

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink

OSPF 模造リンク エラー SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF 再送信エラー SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink

Open Shortest Path First(OSPF)模造リンク エラー簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink コマンドを使用します。OSPF 模造リンク エラー SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink [ authentication [ bad-packet] [[ config ] | config [ bad-packet ]]]

no snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink [ authentication [ bad-packet] [[ config ] | config [ bad-packet ]]]

 
シンタックスの説明

authentication

(任意)OSPF 模造リンク インターフェイスの認証障害 SNMP 通知だけイネーブルにします。

bad-packet

(任意)OSPF 模造リンク インターフェイスのパケット構文解析障害 SNMP 通知だけイネーブルにします。

config

(任意)OSPF 模造リンク インターフェイスの設定不一致エラー SNMP 通知だけイネーブルにします。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルです。この場合、OSPF 模造リンク エラー SNMP 通知は作成されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(30)S

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(14)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

 
使用上のガイドライン

cospfShamLinkConfigError トラップをイネーブルにするには、最初に、グローバル コンフィギュレーション モードで、 snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error コマンドを入力する必要があります。 snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error コマンドを使用すると、cospfConfigError トラップがイネーブルになり、両方のトラップが同じ場所に作成され、仮想リンクでの設定エラーに関する一貫性が保たれます。

cospfospfConfigError トラップを設定する前に cospfShamLinkConfigError トラップをイネーブルにしようとすると、cospfConfigError トラップを最初に設定しなければならないことを通知するエラー メッセージが表示されます。

次に、パブリックとして定義されたコミュニティ ストリングを使用してアドレス myhost.cisco.com のホストに OSPF 模造リンク エラー通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error
Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink
Router(config)# snmp-server host myhost.cisco.com informs version 2c public

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF 再送信エラー SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

Open Shortest Path First(OSPF)不透明リンクステート アドバタイズメント(LSA)簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa コマンドを使用します。OSPF 不透明 LSA SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa [ lsa-maxage ] [ lsa-originate ]

no snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa [ lsa-maxage ] [ lsa-originate ]

 
シンタックスの説明

lsa-maxage

(任意)最大経過時間に到達した不透明 OSPF LSA SNMP 通知だけイネーブルにします。

lsa-originate

(任意)新たに発信される不透明 OSPF LSA SNMP 通知だけイネーブルにします。

 
コマンドのデフォルト

OSPF 不透明 LSA SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(30)S

このコマンドが追加されました。

12.3(14)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(14)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa コマンドは、不透明 LSA で CISCO-OSPF-TRAP-MIB により定義されるトラップをイネーブルにします。不透明リンクステート アドバタイズメント(LSA)は、ネットワークのリンクの容量やトポロジなどのアトリビュートを配信するときに、MPLS トラフィック エンジニアリングで使用されます。この LSA のスコープは、ローカル ネットワーク(タイプ 9、リンクローカル)、OSPF エリア(タイプ 20、エリアローカル)、または自律システム(タイプ 11、AS スコープ)に限定できます。不透明 LSA の情報は、OSPF ネットワークで外部アプリケーションにより使用できます。cospfMaxAgeLsa トラップをイネーブルにするには、キーワード lsa-maxage を指定して snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa コマンドを入力します。cospfOriginateLsa トラップをイネーブルにするには、キーワード lsa-originate を指定して snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa コマンドを入力します。いずれのキーワードも指定せずに snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa コマンドを入力すると、両方のトラップがイネーブルになります。

次に、新しい不透明 LSA が作成されるときにパブリックとして定義されるコミュニティ ストリングを使用してアドレス myhost.cisco.com のホストに OSPF 不透明 LSA 通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa lsa-originate
Router(config)# snmp-server host myhost.cisco.com informs version 2c public

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server host

SNMP 通知操作の受信者(ターゲット ホスト)を指定します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

Open Shortest Path First(OSPF)再送信エラー簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit コマンドを使用します。OSPF 模造リンク エラー SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit [ packets [ shamlink | virt-packets ] | shamlink [ packets | virt-packets ] | virt-packets [ shamlink ]]

no snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit [ packets [ shamlink | virt-packets ] | shamlink [ packets | virt-packets ] | virt-packets [ shamlink ]]

 
シンタックスの説明

packets

(任意)非仮想インターフェイスのパケット再送信 SNMP 通知だけイネーブルにします。

shamlink

(任意)模造リンク再送信通知 SNMP 通知だけイネーブルにします。

virt-packets

(任意)仮想インターフェイスのパケット再送信 SNMP 通知だけイネーブルにします。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルです。この場合、OSPF 再送信エラー SNMP 通知は作成されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(5)

このコマンドが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.0(26)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(26)S に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.0(30)S

キーワード shamlink および関連オプションが追加されました。

12.3(14)T

キーワード shamlink および関連オプションのサポートが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

次に、OSPF 模造リンク再送信通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit shamlink
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink

OSPF 模造リンク エラー SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

Open Shortest Path First(OSPF)移行状態変更簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change コマンドを使用します。OSPF 移行状態変化 SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change [ nssa-trans-change | shamlink [ interface | interface-old | neighbor ]]

no snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change [ nssa-trans-change | shamlink [ interface | interface-old | neighbor ]]

 
シンタックスの説明

nssa-trans-change

(任意)OSPF エリアの Not-So-Stubby Area(NSSA)トランスレータ状態変化トラップだけイネーブルにします。

shamlink

(任意)OSPF エリアの模造リンク移行状態変化トラップだけイネーブルにします。

interface

(任意)OSPF エリアの模造リンク インターフェイス状態変化トラップだけイネーブルにします。

interface -old

(任意)OSPF エリアの置換インターフェイス移行状態変化トラップだけイネーブルにします。

neighbor

(任意)OSPF エリアの模造リンク ネイバ移行状態変化トラップだけイネーブルにします。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドはデフォルトでディセーブルです。この場合、OSPF 移行状態変化 SNMP 通知は作成されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(5)

このコマンドが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.0(26)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(26)S に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.0(30)S

shamlink interface-old および neighbor の各キーワードが追加されました。

12.3(14)T

shamlink interface-old および neighbor の各キーワードのサポートが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

12.2(33)SXH

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

 
使用上のガイドライン

新しいおよび置換された模造リンク インターフェイス移行状態変化トラップの両方をイネーブルにできないため、 interface および interface-old の両方のキーワードを入力できません。これらのトラップは、いずれか一方だけを設定するか、両方とも設定しないでください。

次に、パブリックとして定義されたコミュニティ ストリングを使用してアドレス myhost.cisco.com のホストに OSPF 模造リンク移行状態変化通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change shamlink
Router(config)# snmp-server host myhost.cisco.com informs version 2c public

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors shamlink

OSPF 模造リンク エラー SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF 再送信エラー SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

Open Shortest Path First(OSPF)エラー簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf errors コマンドを使用します。OSPF エラー SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf errors [ authentication-failure ] [ bad-packet ] [ config-error ] [ virt-authentication-failure ] [ virt-bad-packet ] [ virt-config-error ]

no snmp-server enable traps ospf errors [ authentication-failure ] [ bad-packet ] [ config-error ] [ virt-authentication-failure ] [ virt-bad-packet ] [ virt-config-error ]

 
シンタックスの説明

authentication-failure

(任意)ospfIfFailure トラップだけイネーブルにします。認証キーまたは認証タイプがこのルータの認証キーまたは認証タイプと競合するネイバ ルータからのパケットが非仮想インターフェイスで受信されたときに SNMP 通知が送信されます。

bad-packet

(任意)ospfIfRxBadPacket トラップだけイネーブルにします。構文解析されていない OSPF パケットが非仮想インターフェイスで受信されたときに SNMP 通知が送信されます。

config-error

(任意)ospfIfConfigError トラップだけイネーブルにします。設定パラメータがこのルータの設定パラメータと競合するネイバ ルータからのパケットが非仮想インターフェイスで受信されたときに SNMP 通知が送信されます。

virt-authentication-failure

(任意)ospfVirtIfFailure トラップだけイネーブルにします。認証キーまたは認証タイプがこのルータの認証キーまたは認証タイプと競合するネイバ ルータからのパケットが仮想インターフェイスで受信されたときに SNMP 通知が送信されます。

virt-bad-packet

(任意)ospfVirtIfRxBadPacket トラップだけイネーブルにします。構文解析されていない OSPF パケットが仮想インターフェイスで受信されたときに SNMP 通知が送信されます。

virt-config-error

(任意)ospfVirtIfConfigError トラップだけイネーブルにします。設定パラメータがこのルータの設定パラメータと競合するネイバ ルータからのパケットが仮想インターフェイスで受信されたときに SNMP 通知が送信されます。

 
コマンドのデフォルト

OSPF エラー SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(5)

このコマンドが追加されました。

12.0(26)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(26)S に統合されました。OSPF MIB のサポートが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

オプション キーワードを指定せずに snmp-server enable traps ospf errors コマンドを入力すると、すべての OSPF エラー トラップがイネーブルになります。1 つ以上の OSPF エラー トラップだけをイネーブルにするには、1 つ以上のオプション キーワードを入力します。

次に、すべての OSPF エラー通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf errors

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

Open Shortest Path First(OSPF)リンクステート アドバタイズメント(LSA)簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf lsa コマンドを使用します。OSPF LSA SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf lsa [ lsa-maxage ] [ lsa-originate ]

no snmp-server enable traps ospf lsa [ lsa-maxage ] [ lsa-originate ]

 
シンタックスの説明

lsa-maxage

(任意)ospfMaxAgeLsa トラップだけイネーブルにします。ルータの OSPF リンクステート データベースの LSA が最大経過時間に到達したときに SNMP 通知が送信されます。

lsa-originate

(任意)ospfOriginateLsa トラップだけイネーブルにします。トポロジ変更の結果として新しい LSA がルータにより発信されたときに SNMP 通知がイネーブルになります。

 
コマンドのデフォルト

OSPF LSA SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.3(5)

このコマンドが追加されました。

12.0(26)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(26)S に統合されました。OSPF MIB のサポートが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

snmp-server enable traps ospf lsa コマンドは、OSPF-MIB で定義される標準 LSA のトラップをイネーブルにします。ospfMaxAgeLsa トラップをイネーブルにするには、キーワード lsa-maxage を指定して snmp-server enable traps ospf lsa コマンドを入力します。ospfOriginateLsa トラップをイネーブルにするには、キーワード lsa-originate を指定して snmp-server enable traps ospf lsa コマンドを入力します。ospfOriginateLsa トラップがイネーブルにされると、30 分おき、または LSA がその最大経過時間に到達しフラッシュされるまで、単純な LSA リフレッシュは行われません。いずれのキーワードも指定せずに snmp-server enable traps ospf lsa コマンドを入力すると、両方のトラップがイネーブルになります。

不透明 LSA の CISCO-OSPF-TRAP-MIB で定義されるトラップをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで、 snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa コマンドを入力します。

次に、トポロジ変更の結果として新しい LSA がルータにより発信されたときに SNMP 通知を送信するようにルータをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf lsa lsa-originate

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定秒数中に送信される Open Shortest Path First(OSPF)トラップの数を制限するには、グローバル コンフィギュレーション モードで、 snmp-server enable traps ospf rate-limit コマンドを使用します。指定秒数中に送信される OSPF トラップの数に設定された制限をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf rate-limit seconds trap-number

no snmp-server enable traps ospf rate-limit seconds trap-number

 
シンタックスの説明

seconds

レート リミット時間を設定します(秒単位)。値の範囲は 2 ~ 60 です。デフォルト値は 10 です。

trap-number

期間中に送信されるトラップの最大数を設定します。値の範囲は 0 ~ 300 です。デフォルト値は 7 です。

 
コマンドのデフォルト

送信される OSPF トラップの数に制限はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(26)S

このコマンドが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ルータがトラップを大量に送信する可能性があります。この場合、短期間でネットワーク リソースが枯渇するおそれがあります。そのため、 snmp-server enable traps ospf rate-limit コマンドを入力して、指定秒数内で送信されるトラップの数を制限するスライド ウィンドウ メカニズムを設定することをお勧めします。

次に、トラップ レート リミット ウィンドウを設定して、40 秒間に送信されるトラップを 50 以下に制限する例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf rate-limit 40 50
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf retransmit

Open Shortest Path First(OSPF)ネットワークでパケットを再送信する場合に、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf retransmit コマンドを使用します。SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf retransmit [ packets ] [ virt-packets ]

no snmp-server enable traps ospf retransmit [ packets ] [ virt-packets ]

 
シンタックスの説明

packets

(任意)ospfTxRetransmit トラップだけをイネーブルにします。OSPF パケットが非仮想インターフェイスで再送信された場合に、SNMP 通知を送信できます。

virt-packets

(任意)ospfVirtTxRetransmit トラップだけをイネーブルにします。OSPF パケットが仮想インターフェイスで再送信された場合に、SNMP 通知を送信できます。

 
コマンドのデフォルト

SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(26)S

このコマンドが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(31)SB2

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(31)SB2 に統合されました。

 
使用上のガイドライン

ospfTxRetransmit トラップをイネーブルにして、非仮想インターフェイスからパケットが再送信された場合に限り SNMP 通知が送信されるようにするには、 snmp-server enable traps ospf retransmit コマンドでキーワード packets を指定します。ospfTxRetransmit トラップをイネーブルにして、仮想インターフェイスからパケットが再送信された場合に限り SNMP 通知が送信されるようにするには、 snmp-server enable traps ospf retransmit コマンドでキーワード virt-packets を指定します。 snmp-server enable traps ospf retransmit コマンドを入力するときにいずれのキーワードも指定しないと、両方のトラップがイネーブルになります。

次に、仮想インターフェイスからパケットが再送信された場合に、ルータで SNMP 通知を送信できるようにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf retransmit virt-packets
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf state-change

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf state-change

Open Shortest Path First(OSPF)の移行状態の変更に関する簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで snmp-server enable traps ospf state-change コマンドを使用します。OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps ospf state-change [ if-state-change ] [ neighbor-state-change ] [ virtif-state-change ] [ virtneighbor-state-change ]

no snmp-server enable traps ospf state-change [ if-state-change ] [ neighbor-state-change ] [ virtif-state-change ] [ virtneighbor-state-change ]

 
シンタックスの説明

if-state-change

(任意)ospfIfStateChange トラップだけをイネーブルにします。非仮想 OSPF インターフェイスの状態で変更があった場合に SNMP 通知を送信します。

neighbor-state-change

(任意)ospfNbrStateChange トラップだけをイネーブルにします。非仮想 OSPF ネイバの状態で変更があった場合に SNMP 通知を送信します。

virtif-state-change

(任意)ospfVirtIfStateChange トラップだけをイネーブルにします。仮想 OSPF インターフェイスの状態で変更があった場合に SNMP 通知を送信します。

virtneighbor-state-change

(任意)ospfVirtNbrStateChange トラップだけをイネーブルにします。仮想 OSPF ネイバの状態で変更があった場合に SNMP 通知を送信します。

 
コマンドのデフォルト

OSPF の移行状態の変更に関する SNMP 通知はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(26)S

このコマンドが追加されました。

12.3(4)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

12.2(25)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(25)S に統合されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

 
使用上のガイドライン

移行状態の変更に関するすべてのトラップをイネーブルにするには、 snmp-server enable traps ospf state-change コマンドを入力し、オプションのキーワードは入力しないようにします。

次に、仮想インターフェイスおよび仮想ネイバの移行状態の変更に関する SNMP 通知を、ルータで送信できるようにする例を示します。

Router(config)# snmp-server enable traps ospf state-change virtif-state-change virtneighbor-state-change

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps ospf

OSPF に関するすべての SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific errors config-error

OSPF 非仮想インターフェイスの不一致エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific lsa

OSPF 不透明 LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific retransmit

OSPF の Cisco 固有の再送信エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf cisco-specific state-change

OSPF の Cisco 固有の移行状態の変更に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf errors

OSPF エラーに関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf lsa

OSPF LSA に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

snmp-server enable traps ospf rate-limit

指定した秒数の間に送信される OSPF トラップの数を制限します。

snmp-server enable traps ospf retransmit

OSPF パケットの再送信に関する SNMP 通知をイネーブルにします。

summary-address (OSPF)

Open Shortest Path First(OSPF)に関する集約アドレスを作成するには、ルータ コンフィギュレーション モードで summary-address コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

summary-address { ip-address mask | prefix mask } [ not-advertise ] [ tag tag ] [ nssa-only ]

no summary-address { ip-address mask | prefix mask } [ not-advertise ] [ tag tag ] [ nssa-only ]

 
シンタックスの説明

ip-address

アドレスの範囲を表すために指定するサマリー アドレス。

mask

サマリー ルートに使用される IP サブネット マスク。

prefix

宛先の IP ルート プレフィクス。

not-advertise

(任意)指定したプレフィクス/マスクのペアに一致するルートを無効にします。このキーワードは OSPF だけに適用されます。

tag tag

(任意)ルート マップを介した再配布を制御する「一致」値として使用できるタグ値を指定します。このキーワードは OSPF だけに適用されます。

nssa-only

(任意)指定したプレフィクスに対して生成されるサマリー ルートがある場合、そのサマリー ルートの nssa-only アトリビュートを設定します。これにより、サマリーが Not-So-Stubby-Area(NSSA)エリアに制限されます。

 
デフォルト

このコマンドの動作は、デフォルトではディセーブルです。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

10.0

このコマンドが追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

15.0(1)M

このコマンドが変更されました。キーワード nssa-only が追加されました。

12.2(33)SRE

このコマンドが変更されました。キーワード nssa-only が追加されました。

 
使用上のガイドライン

他のルーティング プロトコルから学習したルートを集約できます。サマリーのアドバタイズに使用されるメトリックは、すべての特定ルートの中で最小のメトリックです。このコマンドを使用すると、ルーティング テーブルのサイズを小さくすることができます。

OSPF に対しこのコマンドを使用すると、OSPF 自律システム境界ルータ(ASBR)は、アドレスでカバーされるすべての再配布ルートの集約として 1 つの外部ルートをアドバタイズします。OSPF の場合、このコマンドでは、OSPF 内に再配布される他のルーティング プロトコルからのルートだけが集約されます。OSPF エリア間のルートの集約には、 area range コマンドを使用します。

OSPF は summary-address 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドをサポートしていません。

次の例では、サマリー アドレス 10.1.0.0 に、10.1.1.0、10.1.2.0、10.1.3.0 などのアドレスが含まれます。アドレス 10.1.0.0 だけが外部リンクステート アドバタイズメントでアドバタイズされます。

summary-address 10.1.0.0 255.255.0.0

 
関連コマンド

コマンド
説明

area range

エリア境界でルートを統合および集約します。

ip ospf authentication-key

OSPF の単純パスワード認証を使用しているネイバ ルータが使用するパスワードを割り当てます。

ip ospf message-digest-key

OSPF MD5 認証をイネーブルにします。

timers lsa arrival

ソフトウェアが OSPF ネイバから同じリンクステート アドバタイズメント(LSA)を受信する最小間隔を設定するには、ルータ コンフィギュレーション モードで timers lsa arrival コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers lsa arrival milliseconds

no timers lsa arrival

 
シンタックスの説明

milliseconds

ネイバから同じ LSA が到着する場合に、同じ LSA の受信間に経過する遅延を最小にします(ミリ秒単位)。値の範囲は 0 ~ 600,000 ミリ秒です。デフォルト値は 1000 ミリ秒です。

 
デフォルト

1000 ミリ秒

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(25)S

このコマンドが追加されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

timers lsa arrival コマンドは、同じ LSA を受信する最小間隔を制御します。「同じ LSA」とは、同じ LSA ID 番号、LSA タイプ、およびアドバタイズ ルータ ID を含む LSA インスタンスを意味します。同じ LSA のインスタンスが、設定されている間隔が経過する前に到着した場合、その LSA は廃棄されます。

timers lsa arrival コマンドの milliseconds 値は、 timers throttle lsa all コマンドのネイバの hold-interval 値以下にすることをお勧めします。

次に、同じ LSA を受信する最小間隔を 2000 ミリ秒に設定する例を示します。

router ospf 1
log-adjacency-changes
timers throttle lsa all 200 10000 45000
timers lsa arrival 2000
network 10.10.4.0 0.0.0.255 area 24
network 10.10.24.0 0.0.0.255 area 24

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf timers rate-limit

レート リミット キュー内のすべての LSA を表示します。

timers throttle lsa all

生成される LSA のレート リミット値を設定します。

timers pacing flood

リンク ステート アドバタイズメント(LSA)フラッド パケット ペーシングを設定するには、ルータ コンフィギュレーション モードで timers pacing flood コマンドを使用します。デフォルトのフラッド パケット ペーシング値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers pacing flood milliseconds

no timers pacing flood

 
シンタックスの説明

milliseconds

フラッディング キュー内の LSA がアップデート間にペーシング処理される時間(ミリ秒単位)。設定できる範囲は 5 ~ 100 ミリ秒です。デフォルト値は 33 ミリ秒です。

 
デフォルト

33 ミリ秒

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(4)T

このコマンドが追加されました。

12.2(14)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

Open Shortest Path First(OSPF)フラッド ペーシング タイマーを設定すると、OSPF 伝送キュー内の連続リンク状態更新パケット間のパケット間スペースを制御できます。このコマンドを使用すると、LSA 更新が発生するレートを制御できます。したがって、エリアが非常に多くの数の LSA で満たされた場合に発生する可能性のある、CPU またはバッファの高い使用率を低減させることができます。

OSPF パケット ペーシング タイマーのデフォルト設定は、大半の OSPF 配備に適しています。OSPF パケット フラッディングの要件を満たす他のオプションをすべて使用した場合に限り、パケット ペーシング タイマーを変更してください。特に、ネットワーク オペレータは、デフォルトのフラッド タイマーを変更する前に、集約、スタブ エリアの使用方法、キューの調整、およびバッファの調整を優先して行う必要があります。さらに、タイマー値を変更するガイドラインはなく、各 OSPF 配備は一意であり、ケースバイケースで考慮する必要があります。ネットワーク オペレータは、デフォルトのフラッド タイマー値を変更することで生じるリスクを念頭に置く必要があります。

次に、Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング プロセス 1 に対して、LSA フラッド パケット ペーシング更新が 55 ミリ秒間隔で発生するように設定する例を示します。

Router(config)# router ospf 1
Router(config-router)# timers pacing flood 55

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング プロセスに関する一般情報を表示します。

timers pacing lsa-group

OSPF LSA がグループ内に収集され、リフレッシュ、チェックサム算出、またはエージングされる間隔を変更します。

timers pacing retransmission

LSA 再送信パケット ペーシングを設定します。

timers pacing lsa-group

Open Shortest Path First(OSPF)リンクステート アドバタイズメント(LSA)がグループ内に収集され、リフレッシュ、チェックサム算出、またはエージングされる間隔を変更するには、ルータ コンフィギュレーション モードで timers pacing lsa-group コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers pacing lsa-group seconds

no timers pacing lsa-group

 
シンタックスの説明

seconds

LSA がグループ化されリフレッシュ、チェックサム算出、またはエージングされる秒数。値の範囲は 10 ~ 1800 秒です。デフォルト値は 240 秒です。

 
デフォルト

このコマンドのデフォルト間隔は 240 秒です。OSPF LSA グループ ペーシングは、デフォルトではイネーブルです。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

11.3AA

このコマンドが追加されました。

12.2(4)T

このコマンドのシンタックスが、t imers lsa-group-pacing から timers pacing lsa-group に変更されました。

12.2(14)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、LSA 更新が発生するレートを制御できます。したがって、エリアが非常に多くの数の LSA で満たされた場合に発生する可能性のある、CPU またはバッファの高い使用率を低減させることができます。OSPF パケット ペーシング タイマーのデフォルト設定は、大半の OSPF 配備に適しています。OSPF パケット フラッディングの要件を満たす他のオプションをすべて使用した場合に限り、パケット ペーシング タイマーを変更してください。特に、ネットワーク オペレータは、デフォルトのフラッディング タイマーを変更する前に、集約、スタブ エリアの使用方法、キューの調整、およびバッファの調整を優先して行う必要があります。さらに、タイマー値を変更するガイドラインはなく、各 OSPF 配備は一意であり、ケースバイケースで考慮する必要があります。ネットワーク オペレータは、デフォルトのタイマー値を変更することで生じるリスクを念頭に置く必要があります。

Cisco IOS ソフトウェアは、LSA の定期的なリフレッシュをグループ化して、大規模なトポロジでのリフレッシュに関する LSA パッキング密度を改善します。グループ タイマーは、LSA のグループ リフレッシュに使用される間隔を制御します。ただし、このタイマーは、個々の LSA がリフレッシュされる頻度を変更しません(デフォルトのリフレッシュ レートは 30 分ごとです)。

LSA グループ ペーシングの期間は、ルータが処理する LSA の数に反比例します。たとえば、約 10,000 の LSA がある場合、ペーシング間隔は短くなり、利益を得ることができます。データベースが非常に小規模(40 ~ 100 の LSA)の場合、ペーシング間隔は 10 ~ 20 分に引き伸ばされ、わずかですが利益を得ることができます。

次に、OSPF ルーティング プロセス 1 に対して、LSA グループ間の OSPF グループ パケット ペーシング更新が 60 秒間隔で発生するように設定する例を示します。

Router(config)# router ospf 1
Router(config-router)# timers pacing lsa-group 60

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング プロセスに関する一般情報を表示します。

timers pacing flood

LSA フラッド パケット ペーシングを設定します。

timers pacing retransmission

LSA 再送信パケット ペーシングを設定します。

timers pacing retransmission

リンクステート アドバタイズメント(LSA)の再送信パケット ペーシングを設定するには、ルータ コンフィギュレーション モードで timers pacing retransmission コマンドを使用します。デフォルトの再送信パケット ペーシング値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers pacing retransmission milliseconds

no timers pacing retransmission

 
シンタックスの説明

milliseconds

再送信キュー内の LSA がペーシング処理される時間(ミリ秒単位)。設定できる範囲は 5 ~ 200 ミリ秒です。デフォルト値は 66 ミリ秒です。

 
デフォルト

66 ミリ秒

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(4)T

このコマンドが追加されました。

12.2(14)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

Open Shortest Path First(OSPF)再送信ペーシング タイマーを設定すると、OSPF 伝送キュー内の連続リンク状態更新パケット間のパケット間スペースを制御できます。このコマンドを使用すると、LSA 更新が発生するレートを制御できます。したがって、エリアが非常に多くの数の LSA で満たされた場合に発生する可能性のある、CPU またはバッファの高い使用率を低減させることができます。OSPF パケット再送信ペーシング タイマーのデフォルト設定は、大半の OSPF 配備に適しています。OSPF パケット フラッディングの要件を満たす他のオプションをすべて使用した場合に限り、パケット再送信ペーシング タイマーを変更してください。特に、ネットワーク オペレータは、デフォルトのフラッディング タイマーを変更する前に、集約、スタブ エリアの使用方法、キューの調整、およびバッファの調整を優先して行う必要があります。さらに、タイマー値を変更するガイドラインはなく、各 OSPF 配備は一意であり、ケースバイケースで考慮する必要があります。ネットワーク オペレータは、デフォルトのパケット再送信ペーシング タイマー値を変更することで生じるリスクを念頭に置く必要があります。

次に、OSPF ルーティング プロセス 1 に対して、LSA フラッド ペーシング更新が 55 ミリ秒間隔で発生するように設定する例を示します。

Router(config)# router ospf 1
Router(config-router)# timers pacing retransmission 55

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング プロセスに関する一般情報を表示します。

timers pacing flood

LSA フラッド パケット ペーシングを設定します。

timers pacing lsa-group

OSPF LSA がグループ内に収集され、リフレッシュ、チェックサム算出、またはエージングされる間隔を変更します。

timers throttle lsa all

Open Shortest Path First(OSPF)のリンクステート アドバタイズメント(LSA)の生成に関するレート制限値を設定するには、ルータ コンフィギュレーション モードで timers throttle lsa all コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers throttle lsa all start-interval hold-interval max-interval

no timers throttle lsa all

 
シンタックスの説明

start-interval

LSA の生成の最小遅延(ミリ秒単位)。LSA の最初のインスタンスは、ローカル OSPF トポロジの変更の直後に必ず生成されます。次の LSA の生成は、開始間隔の前ではありません。値の範囲は 0 ~ 600,000 ミリ秒です。デフォルト値は 0 ミリ秒です。つまり、遅延はなく、LSA は即座に送信されます。

hold-interval

増分時間(ミリ秒単位)。この値は、LSA 生成の時間を制限する従属レートを計算するために使用されます。値の範囲は 1 ~ 600,000 ミリ秒です。デフォルト値は 5000 ミリ秒です。

max-interval

同じ LSA の生成間の最大待機時間(ミリ秒単位)。値の範囲は 1 ~ 600,000 ミリ秒です。デフォルト値は 5000 ミリ秒です。

 
デフォルト

start-interval :0 ミリ秒
hold-interval :5000 ミリ秒
max-interval :5000 ミリ秒

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.0(25)S

このコマンドが追加されました。

12.2(27)SBC

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(27)SBC に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

「同じ LSA」とは、同じ LSA ID 番号、LSA タイプ、およびアドバタイズ ルータ ID を含む LSA インスタンスを意味します。 timers lsa arrival コマンドの milliseconds 値は、 timers throttle lsa all コマンドの hold-interval 値以下にすることをお勧めします。

この例では、OSPF LSA スロットリングをカスタマイズして、開始間隔が 200 ミリ秒、ホールド間隔が 10,000 ミリ秒、最大間隔が 45,000 ミリ秒になるようにしています。同じ LSA を受信するインスタンス間の最小間隔は 2000 ミリ秒です。

router ospf 1
log-adjacency-changes
timers throttle lsa all 200 10000 45000
timers lsa arrival 2000
network 10.10.4.0 0.0.0.255 area 24
network 10.10.24.0 0.0.0.255 area 24

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング プロセスに関する情報を表示します。

timers lsa arrival

ソフトウェアが OSPF ネイバから同じ LSA を受信する最小間隔を設定します。

timers throttle spf

OSPF Shortest Path First(SPF)スロットリングをオンにするには、適切な設定モードで timers throttle spf コマンドを使用します。OSPF SPF スロットリングをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

timers throttle spf spf-start spf-hold spf-max-wait

no timers throttle spf spf-start spf-hold spf-max-wait

 
シンタックスの説明

spf-start

変更後の SFP 計算をスケジューリングするための初期遅延(ミリ秒単位)。値の範囲は 1 ~ 600000 です。

spf-hold

2 つの連続する SPF 計算の間の最小ホールド時間(ミリ秒単位)。値の範囲は 1 ~ 600000 です。

spf-max-wait

2 つの連続する SPF 計算の間の最大待機時間(ミリ秒単位)。値の範囲は 1 ~ 600000 です。

 
コマンドのデフォルト

SPF スロットリングは設定されていません。

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ設定(config-router-af)
ルータ アドレス ファミリ トポロジ設定(config-router-af-topology)
ルータ コンフィギュレーション(config-router)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(14)S

このコマンドが追加されました。 timers spf-interval コマンドが、このコマンドに置き換えられました。

12.0(23)S

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.0(23)S に統合されました。

12.2(15)T

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(15)T に統合されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SRB

このコマンドは、ルータ アドレス ファミリ設定モードで使用できるようになりました。

12.2SX

このコマンドは、Cisco IOS Release 12.2SX トレインでサポートされます。このトレインの特定の 12.2SX リリースにおけるサポートは、フィーチャ セット、プラットフォーム、およびプラットフォーム ハードウェアによって異なります。

 
使用上のガイドライン

SPF 計算間の最初の待機間隔は、引数 spf-start で指定される時間(ミリ秒単位)です。連続する各待機間隔は、待機時間が引数 spf-max-wait で指定した最大時間(ミリ秒単位)に達するまで、現在のホールド レベル(ミリ秒単位)の 2 倍となります。値がリセットされるまで、または SPF 計算間でリンクステート アドバタイズメント(LSA)が受信されるまで、従属待機時間は最大のまま残ります。

Release 12.2(33)SRB

Multi-Topology Routing(MTR)機能を設定する場合、 timers throttle spf コマンドでトポロジを認識できるようにするために、ルータ アドレス ファミリ トポロジ設定モードで、この OSPF ルータ コンフィギュレーション コマンドを入力する必要があります。

次に、 timers throttle spf コマンドの遅延、ホールド、および最大間隔の各値が、5、1000、および 90,000 ミリ秒にそれぞれ設定されるようにルータを設定する例を示します。

router ospf 1
router-id 10.10.10.2
log-adjacency-changes
timers throttle spf 5 1000 90000
redistribute static subnets
network 10.21.21.0 0.0.0.255 area 0
network 10.22.22.0 0.0.0.255 area 00
 

ttl-security all-interfaces

すべての OSPF インターフェイスに対して Time-to-Live(TTL; 存続可能時間)セキュリティ チェックをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ttl-security all-interfaces コマンドを使用します。TTL セキュリティ チェックをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ttl-security all-interfaces [ hops hop-count]

no ttl-security all-interfaces

 
シンタックスの説明

hops hop-count

(任意)許容する IP ホップの最大数を設定します。引数 hop-count の範囲は 1 ~ 254 です。

 
コマンドのデフォルト

OSPF インターフェイスに対して TTL セキュリティ チェックはディセーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SRC

このコマンドが追加されました。

15.0(1)M

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.0(1)M に統合されました。

 
使用上のガイドライン

すべての OSPF インターフェイスに対する TTL セキュリティ チェックをイネーブルにするには、 ttl-security all-interfaces コマンドを使用します。

このコマンドは、通常の OSPF インターフェイスだけに適用されます。TTL セキュリティ保護を必要とする仮想リンクまたはシャム リンクには適用されません。仮想リンクとシャム リンクは個別に設定する必要があります。

このコマンドを使用すると、すべての OSPF インターフェイスに対して TTL セキュリティ チェックをグローバルにイネーブルにでき便利です。その後、 ip ospf ttl-security disable コマンド インターフェイス コンフィギュレーション モードを使用して、インターフェイスごとに TTL セキュリティをディセーブルにできます。

次に、すべての OSPF インターフェイスに対し TTL セキュリティ チェックをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# router ospf 1
Router(config-router)# ttl-security all-interfaces

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip ospf ttl-security

特定のインターフェイスに対し TTL セキュリティ チェックを設定します。