Cisco SFS ファミリー Element Manager ユーザ ガイド Release 2.9.0
Edit メニューの使い方
Edit メニューの使い方
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Edit メニューの使い方

1 つのインターフェイス カードのプロパティの表示

同タイプのすべてのインターフェイス カードのプロパティの表示

1 つのポートのプロパティの表示

イーサネット ポートの IP アドレスの表示

イーサネット ポートのブリッジング プロパティの表示

同タイプのすべてのポートのプロパティの表示

インターフェイス カードのプロパティの設定

管理上のカード タイプの設定

単一インターフェイス カードの管理上のカード タイプの設定

複数のカードの管理上のカード タイプの設定

カードのイネーブル化またはディセーブル化

単一カード画面からのカードのイネーブル化またはディセーブル化

複数のカードのイネーブル化またはディセーブル化

ポート プロパティの設定

ポート名の設定

単一ポートの名前の設定

複数のポート名の設定

ポートのイネーブル化またはディセーブル化

単一ポートのイネーブル化またはディセーブル化

複数のポートのイネーブル化またはディセーブル化

自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化

単一ポートの自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化

複数ポートの自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化

ポート速度の設定

単一ポートのポート速度の設定

複数ポートのポート速度の設定

InfiniBand ポートのカウンタのクリア

単一の InfiniBand ポートのカウンタのクリア

複数の InfiniBand ポートのカウンタのクリア

Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化

単一ポートの Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化

複数ポートの Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化

ポートで実行する動作

単一ポートで実行する動作

複数ポートで実行する動作

Edit メニューの使い方

この章では、Element Manager の Edit メニューで実行できる作業について説明します。内容は次のとおりです。

「1 つのインターフェイス カードのプロパティの表示」

「同タイプのすべてのインターフェイス カードのプロパティの表示」

「1 つのポートのプロパティの表示」

「同タイプのすべてのポートのプロパティの表示」

「インターフェイス カードのプロパティの設定」

「ポート プロパティの設定」


) Edit メニューを使用すると、ポートおよびカードのプロパティを即座に表示できます。Edit メニューでは、同じタイプのカードまたはポートすべてを選択し、それらの要素のプロパティを表示できます。Element Manager のシャーシ画面を使用して Edit メニューの作業を実行することもできます。シャーシ画面からのサーバ スイッチの表示や設定については、「シャーシ画面の使い方」を参照してください。


1 つのインターフェイス カードのプロパティの表示

1 つのインターフェイス カードのプロパティを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 プロパティを表示したいカードをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューで Card Properties をクリックします。

ウィンドウが開き、カードのプロパティが表示されます。

ステップ 3 Card タブをクリックします。

表4-1 に、このタブのフィールドを示します。

 

表4-1 インターフェイス カードのフィールド

フィールド
説明

Admin Type(ゲートウェイ カードのみ)

管理を目的として設定されたカード タイプ

Card Type

ダイナミックに検出されたカード タイプ

Enable/Disable Card

up および down のオプション ボタンによってカードをイネーブルまたはディセーブルにします。

Current Card Status

カードが現在トラフィックを処理できる場合は up、そうでない場合は down が表示されます。

Operational State

インターフェイス カードの全般的な状態を示します。全般的な状態として、次のいずれかが表示されます。

unknown

normal

wrongBootImage

bootFailed

tooHot

booting

unknown 状態は、サポート対象外のインターフェイス カードであることを表します。この状態に対処するには、カードをサポート対象のものに交換します。

Current Status が up になっているカードの稼働状態は normal になります。

wrongBootImage 状態は、インターフェイス カード上のアクティブなシステム イメージがコントローラ上のアクティブなシステム イメージと一致していないことを表します。正常に機能させるためには、すべてのカードでコントローラ カードと同じアクティブ システム イメージが稼働する必要があります。

bootFailed 状態は、カードへのアクティブ システム イメージのロードが不完全、または正常でないことを表します。他のインターフェイス カードが正常に起動する場合は、そのカードをリセットします。そうでない場合は、デバイス全体をリブートします。

tooHot 状態は、カードが過熱状態であることを示します。Health メニューから、 Status を選択し、 Fans タブをクリックして、ファンが故障していないか確認します。

booting 状態は、内部設定に必要なイメージ データのそのカードへのロードが不完全であることを示します。

Card Boot Stage

Boot Stage の値は次のいずれかです。

recovery

ipl

ppcboot

fpga

pic

ib

rootfs

kernel

exe

done

none

Card Boot Status

Boot Status の値は次のいずれかです。

upgrading

success

failed

badVersion

badCrc

memoryError

outOfSpace

programmingError

hardwareError

fileNotFound

inProgress

none

Serial Number

出荷前に割り当てられたカードの製品シリアル番号

PCA Serial Number

カードの Printed Circuit Assembly(PCA)シリアル番号

PCA Assembly Number

カードの PCA アセンブリ番号

FRU Number

カードの Field-Replaceable Unit(FRU)番号

Product Version ID

カードのバージョン ID

Action

次の操作を表すオプション ボタンが表示されます。Apply をクリックすると実行されます。

何も実行しない

カードをリセット(リブート)する

カードから非アクティブなイメージを削除する

Result

Action フィールドで最後に実行された操作の結果が表示されます。


 

同タイプのすべてのインターフェイス カードのプロパティの表示

同タイプのすべてのインターフェイス カードのプロパティを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、カードのタイプを選択します。

そのタイプのすべてのカードの周囲に、選択されたことを示す黄色の囲みが表示されます。

ステップ 2 Edit メニューから Card Properties を選択します。

ウィンドウが開き、選択されたカードのすべてのプロパティを示すテーブルが表示されます。


 

1 つのポートのプロパティの表示

ここでは、単一ポートのプロパティの表示方法を説明します。イーサネット ポートの IP アドレスおよびブリッジング プロパティの表示については、次の項を参照してください。

「イーサネット ポートの IP アドレスの表示」

「イーサネット ポートのブリッジング プロパティの表示」

1 つのポートのプロパティを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 プロパティを表示したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、そのポートのプロパティが表示されます。

イーサネット ポートの Properties ウィンドウのフィールドは、 表4-2 を参照してください。

ファイバ チャネル ポートの Properties ウィンドウのフィールドは、 表4-3 を参照してください。

InfiniBand ポートの Properties ウィンドウのフィールドは、 表4-4 を参照してください。

 

表4-2 イーサネット ポートの Properties ウィンドウのフィールド

フィールド
説明

Port Type

スロット番号/ポート番号の表記法でポート番号が表示されます。

Port Name

ポート名。編集したり、そのポートに適用したりできます。

Enable/Disable Port

up および down のオプション ボタンを使用して、ポートの管理上の状態を設定できます。

Current Port Status

ポートが使用可能な状態になっているかどうかを示します。

Auto Negotiation Supported

ポートが自動ネゴシエーションをサポートしている場合は true と表示されます。

Enable Auto Negotiation check box

ポートでの自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルに設定できます。

Set Port Speed

オプション ボタンを使用して、ポートの速度を設定できます。

Current Port Speed

ポートの速度が表示されます。

Set Duplex

オプション ボタンを使用して、ポートのデュプレックスの値を設定できます。

Current Duplex

ポートが全二重と半二重のいずれのモードで稼働しているのかを示します。

Enable Link Up/Down Trap

enabled および disabled のオプション ボタンを使用して、リンクの起動時または停止時にそのポートがトラップを送信するかどうかを設定できます。

MTU

ポートの最大伝送ユニット(maximum transmission unit; MTU)がバイト単位で表示されます。

MAC Address

ポートの Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスが表示されます。

Last Changed On

ポートをユーザが最後に設定した日時

Action

Apply をクリックすると、ARP テーブルが消去されます。

Result

Action フィールドで実行された操作の結果が表示されます。

 

表4-3 ファイバ チャネル ポートの Properties ウィンドウのフィールド

フィールド
説明

Port Type

ポート番号(スロット番号/ポート番号の表記法)

Port Name

ポート名。編集したり、そのポートに適用したりできます。

Enable/Disable Port

up および down のオプション ボタンを使用して、ポートの管理上の状態を設定できます。

Current Port Status

ポートが使用可能な状態になっているかどうかを示します。

Auto Negotiation Supported

ポートが自動ネゴシエーションをサポートしている場合は true と表示されます。

Enable Auto Negotiation

チェック ボックスを使用して、ポートの自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルに設定できます。

Set Port Speed

オプション ボタンを使用して、ポートの速度を設定できます。

Current Connection Type

ポートと SAN の間のファイバ チャネル接続のタイプ

Current Port Speed

ポートの速度が表示されます。

Enable Link Up/Down Trap

enabled および disabled のオプション ボタンを使用して、リンクの起動時または停止時にそのポートがトラップを送信するかどうかを設定できます。

MTU

ポートの最大伝送ユニットがバイト単位で表示されます。

WWNN

ポートの HCA のワールドワイド ノード名

WWPN

ポートのワールドワイド ポート名

FC ID

ポートのネイティブ ファイバ チャネル ID

Last Changed On

ポートをユーザが最後に設定した日時

 

表4-4 InfiniBand ポートの Properties ウィンドウのフィールド

フィールド
説明

Port Type

ポート番号(スロット番号/ポート番号の表記法)

Port Name

ポート名。編集したり、そのポートに適用したりできます。

Enable/Disable Port

up および down のオプション ボタンを使用して、そのポートの管理上の状態を設定できます。

Current Port Status

ポートが使用可能な状態になっているかどうかを示します。

Physical State

ポートへの物理接続の状態

Auto Negotiation Supported

ポートが自動ネゴシエーションをサポートしている場合は true と表示されます。

Enable Auto Negotiation

チェック ボックスを使用して、ポートの自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルに設定できます。

Set Port Speed

ドロップダウン メニューを使用して、リンク幅(1x、4x、または12x)に関するポートのリンク容量およびレーン速度(SDR またはDDR)を設定できます。有効な値は、1x-SDR(2.5 Gbps)、4x-SDR(10 Gbps)、12x-SDR(30 Gbps)、1x-DDR(5 Gbps)、4x-DDR(20 Gbps)、12x-DDR(60 Gbps)です。

Current Port Speed

ポートのリンク容量が表示されます。

Power Connector Dongle Type

電源コネクタのドングル タイプが表示されます。このフィールドが表示されるのは、そのInfiniBand ポートが電源コネクタをサポートしている場合だけです。値は次のとおりです。

none (1)

ib4xFX (2)

Power Connector Dongle State

通電されているインターフェイス コネクタに接続されているドングルの電源制御状態を示します。値は次のとおりです。

noStateChange (0)

on (1)

off (2)

Clear Counters

チェック ボックスを使用して、InfiniBand ポートのカウンタをクリアできます。

Enable Link Up/Down Trap

enabled および disabled のオプション ボタンを使用して、リンクの起動時または停止時にそのポートがトラップを送信するかどうかを設定できます。

MTU field

ポートの最大伝送ユニット(バイト)

Last Changed On field

ポートをユーザが最後に設定した日時


 

イーサネット ポートの IP アドレスの表示

イーサネット ポートの IP アドレスを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 IP アドレスを表示したいイーサネット ポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties をクリックします。

ウィンドウが開き、そのポートのプロパティが表示されます。

ステップ 3 IP Addresses タブをクリックします。

IP Addresses タブが表示されます。 表4-5 に、このタブのフィールドを示します。

 

表4-5 IP Address 画面のフィールド

フィールド
説明

Port

ポート番号(カード番号/ポート番号の形式)。ポート番号 0 は、そのインターフェイス カードの内部ゲートウェイ ポートを表します。

Address

ポートに指定されている IP アドレス

Netmask

ポートに指定されているサブネット マスク

BcastAddrFormat

ポートが使用する IP ブロードキャスト アドレスの形式

ReasmMaxSize

ポートが受信し、着信フラグメント IP データグラムから再構成する IP データグラムの最大サイズ

Type

primary または backup が表示されます。インターフェイス カードが Address フィールドに表示される IP アドレスのプライマリ インターフェイスとバックアップ インターフェイスのどちらとして機能するのかを示します。

Status

active または inactive が表示されます。カードが Address フィールドの IP アドレスを宛先とした IP パケットをアクティブに処理するのか、あるいはそのアドレスへのパケットを処理しないのかを示します。


 

イーサネット ポートのブリッジング プロパティの表示

イーサネット ポートのブリッジング プロパティを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 ブリッジング プロパティを表示したいイーサネット ポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties をクリックします。

ウィンドウが開き、そのポートのプロパティが表示されます。

ステップ 3 Bridging タブをクリックします。

Bridging タブが表示されます。このタブのフィールドについては、 表4-6 を参照してください。

 

表4-6 Bridging 画面のフィールド

フィールド
説明

Port

ポート番号(スロット番号/ポート番号の形式)

IEEE VLAN Tag

ブリッジ グループの VLAN

Bridge Group ID

そのポートが属しているブリッジ グループ。Ethernet メニューからブリッジ グループを指定するには、Bridging を選択します。


 

同タイプのすべてのポートのプロパティの表示

同タイプのすべてのポートのプロパティを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、ポートのタイプを選択します。

そのタイプのすべてのポートの周囲に、選択されたことを示す黄色の枠が表示されます。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、選択されたポートのすべてのプロパティを示すテーブルが表示されます。


 

インターフェイス カードのプロパティの設定

インターフェイス カードのプロパティは、Edit メニューまたはシャーシ画面で設定できます。シャーシ画面での手順については、「シャーシ画面の使い方」を参照してください。ここでは、Edit メニューでのカード プロパティの設定方法を説明します。

「管理上のカード タイプの設定」

「カードのイネーブル化またはディセーブル化」

管理上のカード タイプの設定

特定のインターフェイス カード用にスロットを予約するためには管理上のカード タイプを設定する必要があります。管理上のカード タイプは次のいずれかの方法で設定できます。

「単一インターフェイス カードの管理上のカード タイプの設定」

「複数のカードの管理上のカード タイプの設定」

単一インターフェイス カードの管理上のカード タイプの設定

1 つのインターフェイス カードのカード タイプを設定するには、次の手順を行います。


ステップ 1 設定したいカードのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Card Properties を選択します。

ウィンドウが開き、カードのプロパティが表示されます。

ステップ 3 AdminType フィールドで該当するオプション ボタンをクリックし、Applyをクリックしてから Close をクリックします。


 

複数のカードの管理上のカード タイプの設定

複数のインターフェイス カードのカード タイプを設定するには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、カードのタイプを選択します。

そのタイプのすべてのカードの周囲に、選択されたことを示す黄色の囲みが表示されます。

ステップ 2 Edit メニューから Card Properties を選択します。

ウィンドウが開き、選択されたカードのすべてのプロパティを示すテーブルが表示されます。

ステップ 3 AdminType カラムで、設定したいカードのタイプをクリックします。

ドロップダウン メニューが表示されます。ドロップダウン メニューから値を選択します。設定したいその他カードに対しても、この手順を行います。


 

カードのイネーブル化またはディセーブル化

次のいずれかの手順を使用して、カードをイネーブルまたはディセーブルに設定できます。

「単一カード画面からのカードのイネーブル化またはディセーブル化」

「複数のカードのイネーブル化またはディセーブル化」

単一カード画面からのカードのイネーブル化またはディセーブル化

単一カード画面からカードをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 イネーブルまたはディセーブルに設定したいカードをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Card Properties を選択します。

ウィンドウが開き、カードのプロパティが表示されます。

ステップ 3 up または down のオプション ボタンをクリックし、 Apply をクリックしてから、 Close をクリックします。


 

複数のカードのイネーブル化またはディセーブル化

複数カード画面からカードをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、カードのタイプを選択します。

そのタイプのすべてのカードの周囲に、選択されたことを示す黄色の囲みが表示されます。

ステップ 2 Edit メニューから Card Properties を選択します。

ウィンドウが開き、選択されたカードのすべてのプロパティを示すテーブルが表示されます。

ステップ 3 Enable/Disable Card カラムで、イネーブルまたはディセーブルに設定したいカードの状態をクリックします。

ドロップダウン メニューが表示されます。

ステップ 4 up または down を選択します。イネーブルまたはディセーブルに設定するその他の各カードに対して、この手順を行います。


 

ポート プロパティの設定

Edit メニューを使用してポートのプロパティを設定することも、また直接シャーシ画面を使用することもできます。シャーシ画面からのポート プロパティの設定については、「シャーシ画面の使い方」を参照してください。ここでは、Edit メニューでのポート プロパティの設定方法を説明します。

「ポート名の設定」

「ポートのイネーブル化またはディセーブル化」

「自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化」

「ポート速度の設定」

「InfiniBand ポートのカウンタのクリア」

「Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化」

「ポートで実行する動作」

ポート名の設定

ここでは、単一ポート画面または複数ポート画面でのポート名の変更作業について説明します。

「単一ポートの名前の設定」

「複数のポート名の設定」

単一ポートの名前の設定

1 つのポートの名前を設定するには、次の手順を行います。


ステップ 1 名前を変更したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 Port Name フィールドで名前を編集し、Applyをクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数のポート名の設定

複数のポートの名前を設定するには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、名前を設定したいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Port Name カラムで、名前を変更したいポートのテキストをダブルクリックして、名前を編集します。名前を変更するすべてのポートに対して、この手順を行います。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

ポートのイネーブル化またはディセーブル化

ここでは、単一ポート画面または複数ポート画面からポートをイネーブルまたはディセーブルにする方法を説明します。

「単一ポートのイネーブル化またはディセーブル化」

「複数のポートのイネーブル化またはディセーブル化」

単一ポートのイネーブル化またはディセーブル化

単一ポートをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 イネーブルまたはディセーブルに設定したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 Enable/Disable Port フィールドで、up または down のオプション ボタンをクリックします。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数のポートのイネーブル化またはディセーブル化

複数のポートをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、イネーブルまたはディセーブルに設定したいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Enable/Disable Port カラムで、イネーブルまたはディセーブルに設定したいポートのセルをクリックし、表示されたドロップダウン メニューで up または down を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化

ここでは、単一ポート画面または複数ポート画面からポートの自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルにする方法を説明します。

「単一ポートの自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化」

「複数ポートの自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化」

単一ポートの自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化

単一ポート画面からポートの自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルに設定したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 Enable Auto-Negotiation チェック ボックスをオンにするか、またはオフにします。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数ポートの自動ネゴシエーションのイネーブル化またはディセーブル化

複数ポート画面からポートの自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、自動ネゴシエーションをイネーブルまたはディセーブルに設定したいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Enable Auto-Negotiation カラムで、設定したいポートのセルをクリックし、表示されたドロップダウン メニューで true または false を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

ポート速度の設定

ここでは、単一ポート画面または複数ポート画面からポート速度を設定する方法を説明します。

「単一ポートのポート速度の設定」

「複数ポートのポート速度の設定」


) ポートの速度を指定する前に、ポートで自動ネゴシエーションをディセーブルにする必要があります。

SDR ケーブルまたは 8 フィートより長いケーブルで接続された InfiniBand ポートでは、SDR のみをサポートするよう手動でポートを設定する必要があります。


単一ポートのポート速度の設定

1 つのポートのポート速度を設定するには、次の手順を行います。


ステップ 1 速度を設定したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 イーサネットまたはファイバ チャネル ポートの場合は、Set Port Speed エリアで、適用したい速度に対応したオプション ボタンをクリックします。InfiniBand ポートの場合は、Set Port Speed エリアのドロップダウン メニューから、適用したい速度を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数ポートのポート速度の設定

複数のポートの速度を一度に設定するには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューから Select All を選択し、速度を設定したいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Set Port Speed カラムで、設定したいポートのセルをクリックし、表示されたドロップダウン メニューから、適用したい速度を選択します。

設定したいポートすべてに対して、この手順を行います。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、 Close をクリックします。


 

InfiniBand ポートのカウンタのクリア

ここでは、単一ポート画面または複数ポート画面から InfiniBand ポートのカウンタをクリアする方法を説明します。

「単一の InfiniBand ポートのカウンタのクリア」

「複数の InfiniBand ポートのカウンタのクリア」

この手順でリセットされるカウンタについては、表7-1 を参照してください。

単一の InfiniBand ポートのカウンタのクリア

単一ポート画面から、InfiniBand ポートのカウンタをクリアするには、次の手順を行います。


ステップ 1 カウンタをクリアしたいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 Clear Counters チェック ボックスをオンにします。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数の InfiniBand ポートのカウンタのクリア

複数の InfiniBand ポートのカウンタを一度にクリアするには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、カウンタをクリアしたいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Clea Counters カラムで、設定したいポートのセルをクリックし、表示されたドロップダウン メニューで true を選択します。

設定したいポートすべてに対して、この手順を行います。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、 Close をクリックします。


 

Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化

ここでは、単一ポート画面または複数ポート画面から Link Up および Link Down のトラップをイネーブルまたはディセーブルにする方法を説明します。

「単一ポートの Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化」

「複数ポートの Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化」

単一ポートの Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化

単一ポートの Link Up/Down トラップをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 設定したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 Enable Link Up/Down Trap フィールドで、enabled または disabled のオプション ボタンをクリックします。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数ポートの Link Up/Down トラップのイネーブル化またはディセーブル化

複数ポートの Link Up/Down トラップをイネーブルまたはディセーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューで Select All を選択してから、設定したいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Enable Link Up/Down Trap カラムで、設定したいポートのセルをクリックし、表示されたドロップダウン メニューで enabled または disabled を選択します。

設定したいポートすべてに対して、この手順を行います。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

ポートで実行する動作

一部のポート タイプで、特別な動作を実行できます。ここでは、単一または複数のポート画面から動作を実行する方法を説明します。

「単一ポートで実行する動作」

「複数ポートで実行する動作」

単一ポートで実行する動作

1 つのポートで動作を実行するには、次の手順を行います。


ステップ 1 動作を実行したいポートをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートの詳細情報が表示されます。

ステップ 3 Action フィールドで、実行したい動作のオプション ボタンをクリックします。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。


 

複数ポートで実行する動作

複数のポートで動作を実行するには、次の手順を行います。


ステップ 1 Edit メニューから Select All を選択し、動作を実行したいポートのタイプをクリックします。

ステップ 2 Edit メニューから Port Properties を選択します。

ウィンドウが開き、ポートのプロパティが表形式で表示されます。

ステップ 3 Action カラムで、動作を実行したいポートのセルをクリックし、表示されたドロップダウン メニューから動作を選択します。

動作を実行するすべてのポートに対して、この手順を行います。

ステップ 4 Apply をクリックしてから、Close をクリックします。