Cisco SFS ファミリー Element Manager ユーザ ガイド Release 2.9.0
InfiniBand トポロジ ビュー
InfiniBand トポロジ ビュー
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

InfiniBand トポロジ ビュー

トポロジ ビューの起動

サーバ スイッチの内部コンポーネントと TCA の表示

サブネット詳細情報の表示

ノードの表示

ポートの表示

スイッチの表示

隣接ポートの表示

Subnet Manager Agent の表示

Subnet Manager ノードの詳細情報の表示

Subnet Manager のスイッチ詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の Switch Cap 詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の Ports(1) 詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の Ports(2) 詳細情報の表示

Subnet Manager のマルチキャスト詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のリニア転送テーブル詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のパーティション詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の SLVL マップ詳細情報の表示

InfiniBand トポロジ ビュー

この章では、Element Manager のトポロジ ビューを使用して操作する InfiniBand メニューについて説明します。内容は次のとおりです。

「トポロジ ビューの起動」

「サブネット詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent の表示」


) ここでは、InfiniBand テクノロジーの概要を説明します。ハードウェアに固有の情報については、関連するハードウェア マニュアルを参照してください。


トポロジ ビューの起動

ここでは、トポロジ ビューの起動方法について説明します。サーバ スイッチの特定のコンポーネントまたは TCA を表示するには、「サーバ スイッチの内部コンポーネントと TCA の表示」を参照してください。

トポロジ ビューを起動するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。


) InfiniBand Topology ウィンドウの上部にナビゲーション用のアイコンが表示されます。表10-1 に、これらのアイコンを示します。


 

表10-1 InfiniBand Topology ナビゲーション アイコン

アイコン
説明

 

トポロジ画面をリフレッシュします。

 

スイッチと HCA のアイコンを等間隔に整列します。

 

画面を拡大表示します。

 

画面を縮小表示します。

 

トポロジをウィンドウの大きさに合わせて表示します。

 

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されて、サーバ スイッチを画面に追加できます。

 

色別のリンクの種類を表示します。

 

サブネットの詳細情報を表示します。詳細については、「サブネット詳細情報の表示」を参照してください。

 

オンライン ヘルプを起動します。


 

図10-1 に、トポロジ ビューの例を示します。

図10-1 トポロジ ビュー

 

サーバ スイッチの内部コンポーネントと TCA の表示

サーバ スイッチの内部コンポートネントおよびサーバ スイッチ内にある Target Channel Adapter(TCA)を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。


) InfiniBand Topology ウィンドウの上部にナビゲーション用のアイコンが表示されます。表10-2 に、これらのアイコンを示します。


 

表10-2 Internal InfiniBand Topology ナビゲーション アイコン

アイコン
説明

スイッチと HCA のアイコンを等間隔に整列します。

画面を拡大表示します。

画面を縮小表示します。

トポロジをウィンドウの大きさに合わせて表示します。

スイッチと HCA のアイコンを等間隔に整列します。

Subnet Manager Agent 詳細情報を表示します。詳細については、「Subnet Manager Agent の表示」を参照してください。

オンライン ヘルプを起動します。


 

サブネット詳細情報の表示

サブネット詳細情報の表示方法について、次の内容で説明します。

「ノードの表示」

「ポートの表示」

「スイッチの表示」

「隣接ポートの表示」

ノードの表示

トポロジ ビューにノードを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Details をクリックします。

InfiniBand Subnet Details ウィンドウが開きます。

ステップ 5 Nodes タブをクリックします。

表10-3 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-3 Nodes タブのフィールド

フィールド
説明

SubnetPrefix

ノードのサブネット プレフィクス

GUID

ノードの Global Unique ID(GUID)

Description

(任意)テキストによるこのノードの説明

Type

管理するノードの種類

NumPorts

このノード上の物理ポートの数

SystemImageGUID

このノードのシステム イメージ GUID。特定のシステム(シャーシ)内のすべてのノードには、同じシステム イメージ GUID が割り当てられます。


 

ポートの表示

トポロジ ビューにポートを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Details をクリックします。

InfiniBand Subnet Details ウィンドウが開きます。

ステップ 5 Ports タブをクリックします。

表10-4 に、このタブのフィールドを示します。

ステップ 6 ポートの詳細情報を表示するには、 Show Advanced をクリックします。 表10-4 に、詳細情報を示します。

 

表10-4 Ports タブのフィールド

フィールド
説明

SubnetPrefix

ノードのサブネット プレフィクス

NodeGUID

ポートが含まれているノードの GUID

Port

このポートのローカル ポート番号

LID

ポートの 16 ビットのベース LID

State

ポートのステートは、次のとおりです。

noStateChange

sleep

polling

disabled

portConfigurationTraining

linkup

linkErrorRecovery

reserved

active

down

LinkWidthActive

アクティブ リンク幅。LinkSpeedActive とともに使用されて、2 つのノード間のリンク レートが決定されます。表示される値は 1x、4x、または 12x です。

MKey

ポートの 64 ビットの管理キー詳細については、『InfiniBand
Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.4 の「Management Key」およびセクション 3.5.3 の「Keys」を参照してください。

GID Prefix

このポートの 64 ビットのグローバル ID プレフィクス。Subnet Manager は、ポートのルートおよびローカル識別子のルールに基づいてこのプレフィクスを割り当てます。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 4.1.3 の「Local Identifiers」を参照してください。

MasterSmLID

このポートを管理しているマスター Subnet Manager の 16 ビットのベース LID

CapMask

ホストがサポートする機能は、機能マスクを使用して識別されます。32 ビットのビットマスクで構成され、ポートでサポートされる機能が規定されます。ビット値が 1 の場合は、機能がサポートされていることを示します。ビット 0、11 ~ 15、18、および 21 ~ 31 は予約済みのビットで常に 0 です。ビット 1 は IsSM、2 は IsNoticeSupported、
3 は IsTrapSupported、4 は IsResetSupported、
5 は IsAutomaticMigrationSupported、6 は IsSLMappingSupported、
7 は IsMKeyNVRAM(NVRAM の M_Key をサポート)、
8 は IsPKeyNVRAM(NVRAM の P_Key をサポート)、9 は Is LED Info Supported、10 は IsSMdisabled、16 は IsConnectionManagementSupported、17 IsSNMPTunnelingSupported、19 は IsDeviceManagementSupported、20 は IsVendorClassSupported となります。値は 16 進数で表現されます。

DiagCode

16 ビットの診断コード。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.5.6.1 の「Interpretation of Diagcode」を参照してください。このフィールドは、現在サーバ スイッチには適用されません。

MKeyLeasePeriod

リース期間タイマーの初期値(秒)。リース期間は、SubnSet(PortInfo)が M_Key チェックに失敗したあと M_Key 保護ビットをゼロ以外の値のままにしておく時間です。リース期間が切れると、M_Key 保護ビットをクリアすることにより、Subnet Manager は M_Key を読み取る(および設定する)ことが可能になります。このフィールドに 0 を設定すると、リース期間は期限切れになりません。『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.4 の「Management Key」を参照してください。

LinkWidthEnabled

イネーブルになっているリンク幅(帯域幅)。この値は、このポートでイネーブルにされたリンク幅のセットを意味します。次のいずれかの値をとります。

noStateChange

1x

4x

1x、4x

8x

1x、8x

4x、8x

1x、4x、8x

12x

1x、12x

4x、12x

1x、4x、12x

8x、12x

1x、8x、12x

4x、8x、12x

1x、4x、8x、12x

reserved

linkwidthsupported の値

LinkWidthSupported

サポートするリンク幅次のいずれかの値が表示されます。

1x

1x、4x

1x、4x、8x

1x、4x、12x

1x、4x、8x、12x

reserved

LinkSpeedSupported

サポートするリンク速度。次のいずれかの値が表示されます。

sdr

sdr、ddr

PhyState

ノード間が電気的に接続されていてハンドシェイクを実行できるかどうかについて、ポートの物理ステートを表示します。表示される値は、noStateChange、sleeping、polling、disabled、portConfigurationTraining、linkup、または linkErrorRecovery です。電源投入時のデフォルトのステートは、polling です。

LinkDownDefState

復帰時のデフォルトの LinkDown ステート。表示される値は、noStateChange、sleeping、または polling です。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 5.5.2 の「Status Outputs (MAD GET)」を参照してください。

MKeyProtBits

ポートの管理キー保護ビット。ビットは、0、1、2、および 3 です。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.4.1 の「Levels of Protection」を参照にしてください。

LMC

マルチパスをサポートする Local-identifier Mask Control(LMC)。LMC は、サブネット上の各チャネル アダプタとルータ ポート上に存在します。LMC により 1 つの物理ポートに複数の仮想ポートが提供されます。LMC の値で LID のパス ビットの数が規定されます。0 の値は、このポートに LID を 1 つ適用できることを意味します。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 3.5.10 の「Addressing」およびセクション 4.1.3 の「Local Identifiers」を参照してください。

LinkSpeedActive

アクティブ リンクの速度。次のいずれかの値が表示されます。

sdr

ddr

LinkSpeedEnabled

リンクが処理できる最大速度。次のいずれかの値が表示されます。

sdr

ddr

sdr、ddr

NeighborMTU

このポートで送信用にイネーブルになっているアクティブ最大伝送ユニット(maximum transmission unit; MTU)。すべてのリンクの両端の MTPCap 値が確認され、最も遅い速度が使用されます。表示される値は、256、512、1024、2048、または 4096 です。

MasterSmSL

このポートが非 SMP メッセージを Subnet Manager に送信するために必要な管理サービス レベル

VLCap

このポートがサポートするデータ Virtual Lane(VL; 仮想レーン)の最大範囲。表示される値は、vl0、vl0-Vl1、vl0-Vl3、vl0-Vl7、または vl0-Vl14 です。oper-VL も参照してください。各ポートは、最大 15 VL(VL 0 ~ 15)をサポートできます。VL-cap フィールドには、ポートが現在サポートしているレーン範囲が表示されます(例: lanes 0 - 7)。

VLHighLimit

リンクの両端で複数のデータ VL が動作時に、高優先順位パケットの送信に許可されるバイト数に対する高優先順位の上限。VL 調停テーブルとともに使用されます。高優先順位の上限はリンクの相手側の VLArbHighSap に一致し、下方にネゴシエーションします。

VLArbHighCap

リンクを介して送信する一連のパケット内で次に送信するパケットを決定する際に、アービターにより許可される最大の調停値。VL 調停テーブルとともに使用され、VL/Weight ペアとして指定されます。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.5.9 の「VL Arbitration Table」を参照してください。

VLArbLowCap

リンクを介して送信される一連のパケット内で次に送信するパケットを決定する際に、アービターにより許可される最小の調停値。VL 調停テーブルとともに使用され、VL/Weight ペアとして指定されます。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.5.9 の「VL Arbitration Table」を参照してください。

MTUCap

NeighborMTU とともに使用され、このポートでサポートされる MTU サイズが決定されます。実際に使用される MTU は、MTUCap と NeighborMTU のうちいずれか小さい方に決定されます。表示される値は、256、512、1024、2048、または 4096 です。

VLStallCount

連続して廃棄されるパケットの数。この数に達するとポートは VLStalled ステートに入ります。VL は、VLStalled ステートに入ってから(8 * HLL)単位後に VLStalled ステートを終了します。HLL の説明については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 18.2.5.4 の「Transmitter Queuing」を参照してください。

HOQLife

パケットが VL キューの先頭に留まる最大存続時間。VLStallCount とともに使用され、発信パケットを廃棄するかどうかが決定されます。

OperVL

リンクに許可される VL 数の管理上の制限。VLCap 値を超えて設定しないでください。表示される値は、vl0、vl0-Vl1、vl0-Vl3、vl0-Vl7、または vl0-Vl14 です。

InPartEnforce

ポートで受信されたパケットに対し、オプションのパーティション適用をサポートするかどうかを示すブール値。デフォルト値はありません。

OutPartEnforce

ポートで送信されるパケットに対し、オプションのパーティション適用をサポートするかどうかを示すブール値。デフォルト値はありません。

InFilterRawPktEnforce

ポートで受信されたパケットに対し、オプションの raw パケット適用をサポートするかどうかを示すブール値。デフォルト値はありません。

OutFilterRawPktEnforce

ポートで送信されるパケットに対し、オプションの raw パケット適用をサポートするかどうかを示すブール値。デフォルト値はありません。

MKeyViolation

最初に電源が投入されてから、または最後にリセットされてからの、このポートで受信された無効な M_Key を持った Subnet Management Packet(SMP)の数。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.4 の「Management Key」を参照してください。

PKeyViolation

最初に電源が投入されてから、または最後にリセットされてからの、このポートで受信された無効な P_Key を持った SMP の数。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 9.2.7 の「Partition Key (P_KEY)」を参照してください。

QKeyViolation

最初に電源が投入されてから、または最後にリセットされてからの、このポートで受信された無効な Q_Key を持った SMP の数。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 10.2.4 の「Q Keys」を参照してください。

GUIDCap

ポート テーブル内の、ポートに許可された GUID エントリの数。エントリ数がこの値を超えると、書き込み時には無視され、読み取り時には 0 が返されます。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 14.2.5.5 の「GUIDCap」を参照してください。

SubnetTimeout

ポートがサブネット内のほかのポートに到達するために許容される最大伝搬遅延。この値は、このポートから送信できるトラップの最大レートにも影響します。スイッチの設定は遅延に影響します。要求を発行する側は、このパラメータを使用して要求に対する応答の待ち時間を決定できます。持続時間は(4.096 ms * 2^SubnetTimeout)に一致します。

RespTime

ポートがサブネットの管理パケットを受信してから、それに対する応答を送信するまでに許可された最大時間。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 13.4.6.2 の「Timers and Timeouts」を参照してください。

LocalPhyError

ローカルのパケット受信側が BAD PACKET ステートまたは BAD PACKET DISCARD ステートになる、ICRC、VCRC、FCCRC、およびすべての物理エラーのしきい値。詳細については、『InfiniBand Architecture®, Vol. 1』Release 1.1 のセクション 7.12.2 の「Error Recovery Procedures」を参照してください。

LocalOverunError

連続したフロー制御アップデート期間をまたがるバッファ オーバーランの数のしきい値。これによりオーバーラン エラーになります。このようなエラーの原因としては、先行するパケットに物理エラーが含まれていてバッファの再要求が即座に行われなかったことが考えられます。


 

スイッチの表示

トポロジ ビューにスイッチを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Details をクリックします。

InfiniBand Subnet Details ウィンドウが開きます。

ステップ 5 Switches タブをクリックします。

表10-5 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-5 Switches タブのフィールド

フィールド
説明

SubnetPrefix

ノードのサブネット プレフィクス

NodeGUID

スイッチが含まれているノードの GUID

LinearFdbCap

リニア ユニキャスト転送テーブルでサポートされるエントリの数。ゼロは、リニア転送データベースがないことを意味します。

RandomFdbCap

ランダム ユニキャスト転送テーブルでサポートされるエントリの数。ゼロは、ランダム転送データベースがないことを意味します。

McastFdbCap

マルチキャスト転送テーブルでサポートされるエントリの数

LinearFdbTop

リニア転送テーブルの最上部を示します。この値より大きなユニキャスト DLID を持ったパケットは、スイッチにより受信時に廃棄されます。このフィールドは、リニア転送テーブルを実装するスイッチにのみ適用され、ランダム転送テーブルを実装するスイッチでは無視されます。

DefaultPort

ランダム転送テーブル内に DLID が存在しないほかのポートから、すべてのユニキャスト パケットがこのポートに転送されます。

DefPriMcastPort

転送テーブル内に DLID が存在しないほかのポートから、すべてのマルチキャスト パケットがこのポートに転送されます。

DefNonPriMcastPort

転送テーブル内に DLID が存在しない smDefPriMcastProt ポートから、すべてのマルチキャスト パケットがこのポートに転送されます。

LifeTimeValue

パケットがスイッチ内に存続できる時間

PortStateChange

ポートが移行中かどうかを示します。

LIDPerPort

ランダム転送テーブルをサポートするスイッチの、所定の外部ポートに割り当てることが可能な LID/LMC の組み合わせの数

PartitionEnfCap

このパーティション適用テーブル内の、物理ポートあたりのエントリの数。0 は、スイッチがパーティション適用をサポートしていないことを示します。

InEnfCap

受信したパケットに対し、スイッチがパーティション適用を行えることを示します。

OutEnfCap

送信するパケットに対し、スイッチがパーティション適用を行えることを示します。

InFilterRawPktCap

受信したパケットに対し、スイッチが raw パーティション適用を行えることを示します。

OutFilterRawPktCap

送信するパケットに対し、スイッチが raw パーティション適用を行えることを示します。


 

隣接ポートの表示

トポロジ ビューに隣接ポートを表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Details をクリックします。

InfiniBand Subnet Details ウィンドウが開きます。

ステップ 5 Neighbors タブをクリックします。

表10-6 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-6 Neighbors タブのフィールド

フィールド
説明

SubnetPrefix

この InfiniBand ノードが位置する InfiniBand サブネットの特定に使用されます。

LocalNodeGuid

InfiniBand ノードの GUID

LocalProtId

InfiniBand ノードのポート ID

LocalNodeType

InfiniBand ノードのノード タイプを次のように識別します。

channelAdapter

switch

RemoteNodeGuid

リモート InfiniBand ノードの GUID

RemotePortId

リモート InfiniBand ノードのポート ID

RemoteNodeType

InfiniBand ノードのノード タイプを、次のように識別します。

channelAdapter

switch

LinkState

ネイバーを接続するリンクのステートを、次のように識別します。

noStateChange

down

initialize

active

LinkWidthActive

ネイバーを接続するリンクの幅


 

Subnet Manager Agent の表示

Subnet Manager Agent 詳細情報の表示方法について、次の内容で説明します。

「Subnet Manager ノードの詳細情報の表示」

「Subnet Manager のスイッチ詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent の Switch Cap 詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent の Ports(1) 詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent の Ports(2) 詳細情報の表示」

「Subnet Manager のマルチキャスト詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent のリニア転送テーブル詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent のパーティション詳細情報の表示」

「Subnet Manager Agent の SLVL マップ詳細情報の表示」

Subnet Manager ノードの詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のノード詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

ステップ 5 Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 7 Nodes タブをクリックします。

表10-7 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-7 Nodes タブのフィールド

フィールド
説明

Guid

この InfiniBand サブネットのサブネット プレフィクス

BaseVersion

サポートされる管理データグラムのベース バージョン

ClassVersion

サポートされるサブネット管理クラス

Type

管理するノードの種類(channelAdapter または switch)

PortGuid

このポートの GUID。ノード内のポートがノード内蔵型で現場交換可能でない場合、ポートはその PortGUID として nodeGUIDE を返すことがあります。

PartitionCap

CA、ルータ、およびスイッチ管理ポートのパーティション テーブルのエントリの数。スイッチを含むすべてのノードで少なくとも 1 に設定されます。

DeviceId

デバイスのメーカーが割り当てたデバイス ID 情報

Revision

メーカーが割り当てたデバイス リビジョン

LocalPortNum

この SNMP パケットが到着したリンクのポート番号

VendorId

IEEE 規定のデバイス ベンダー ID

TrapBuffer

InfiniBand トラップ データ専用の文字列バッファ

String

ノードの説明

NumPorts

このノード上の物理ポートの数


 

Subnet Manager のスイッチ詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のスイッチ詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

ステップ 6 Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 7 Switches タブをクリックします。

表10-8 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-8 Switches タブのフィールド

フィールド
説明

Guid

スイッチの GUID

LftTop

リニア転送テーブルの最上部。この値より大きなユニキャスト DLID を持ったパケットは、スイッチにより受信時に廃棄されます。このフィールドは、リニア転送テーブルを実装するスイッチにのみ適用され、ランダム転送テーブルを実装するスイッチでは無視されます。

DefaultPort

ランダム転送テーブル内に DLID が存在しないほかのポートから、すべてのユニキャスト パケットがこのポートに転送されます。

DefMcastPriPort

転送テーブル内に DLID が存在しないほかのポートから、すべてのマルチキャスト パケットがこのポートに転送されます。

DefMcastNPPort

転送テーブル内に DLID が存在しないデフォルト プライマリ ポートから、すべてのマルチキャスト パケットがこのポートに転送されます。

LifeTimeValue

パケットがスイッチ内に存続できる時間

PortStateChange

リンクのステート マシン ロジックの結果として、いずれかのポートの PortInfo の PortState コンポーネントが Down から Initialize、Initialize から Down、Armed から Down、または Active から Down に移行すると、1 に設定されます。Portstate の変化が SubnSet に起因する場合は、このビットは変更されません。このビットは 1 を書き込むことでクリアされます。0 の書き込みは無視されます。

LidsPerPort

ランダム転送テーブルをサポートするスイッチの、所定の外部ポートに割り当てることが可能な LID/LMC の組み合わせの数


 

Subnet Manager Agent の Switch Cap 詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の Switch Cap 詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 Switch Cap タブをクリックします。

表10-9 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-9 Switch Cap タブのフィールド

フィールド
説明

LftCap

リニア ユニキャスト転送テーブルでサポートされるエントリの数

RftCap

ランダム ユニキャスト転送テーブルでサポートされるエントリの数。RandomFDBCap = 0 は、ランダム転送データベースがないことを意味します。

MftCap

マルチキャスト転送テーブルでサポートされるエントリの数

PartitionEnfCap

パーティション適用テーブル内の、物理ポートあたりのエントリの数。0 は、スイッチがパーティション適用をサポートしていないことを示します。

InboundEnfCap

受信したパケットに対し、スイッチがパーティション適用を行えることを示します。

OutboundEnfCap

送信するパケットに対し、スイッチがパーティション適用を行えることを示します。

FilterRawPktInCap

受信したパケットに対し、スイッチが raw パーティション適用を行えることを示します。

FilterRawPktOutCap

送信するパケットに対し、スイッチが raw パーティション適用を行えることを示します。


 

Subnet Manager Agent の Ports(1) 詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のポート詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 Ports(1) タブをクリックします。

表10-10 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-10 Ports (1) タブのフィールド

フィールド
説明

NodeGuid

ポートが含まれているノードの 64 ビットの GUID

IbPort

(特定ノードを基準とした)ポートのローカル ポート番号

MKey

ポートの 64 ビットの管理キー

GidPrefix

ポートの 64 ビットのグローバル ID プレフィクス

Lid

ポートの 16 ビットのベース LID

MasterSMLid

ポートを管理しているマスター Subnet Manager の 16 ビットのベース LID

CapabilityMask

このノードでサポートされる機能は、次のとおりです。

0: 予約済み。0 です。

1: IsSM

2: IsNoticeSupported

3: IsTrapSupported

4: IsResetSupported

5: IsAutomaticMigrationSupported

6: IsSLMappingSupported

7: IsMKeyNVRAM

8: IsPKeyNVRAM

9: IsLEDInfoSupported

10: IsSMDisabled

11-15: 予約済み。0 です。

16: IsConnectionManagerSupported

17: IsSNMPTunnelingSupported

18: 予約済み。0 です。

19: IsDeviceManagementSupported

20: IsVendorClassSupported

21-31: 予約済み。0 です。

DiagCode

ポート診断コード

MKeyLeasePeriod

SubSet(PortInfo)が M Key チェックに失敗したあと、M_Key 保護ビットをゼロ以外の値のままにしておく時間を示すタイマー値。この値は、リース期間を秒数で表した値です。

LocalPortNum

ローカル ポート番号

LinkWidthEnabled

イネーブルになっているリンク幅(1x、4x、または 12x)

LinkWidthSupported

サポートするリンク幅

LinkWidthActive

現在のアクティブ リンク幅

LinkSpeedSupported

サポートするリンク速度(Gbps)

State

ポートのステートは、次のとおりです。

noStateChagne

down

initialize

armed

active

PortPhys

物理ポートのステートは、次のとおりです。

noStateChange(0)

sleep

polling

disabled

portConfigurationTraining

linkup

linkErrorRecovery

reserved

linkDownDef

LinkDownDef

ポートのリンク ダウン物理ステート

MKeyProtectBits

MADheader の動作を決定します。

LMC

マルチパス サポートの LID マスク

LSActive

現在のアクティブ リンク速度

LSActiveEnabled

イネーブルになっているリンク速度

NeighborMTU

ポートで送信用にイネーブルになっているアクティブな最大 MTU

MasterSMSL

ポートを管理しているマスター Subnet Manager の管理上の SL


 

Subnet Manager Agent の Ports(2) 詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の拡張ポート詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 Ports(2) タブをクリックします。

表10-11 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-11 Ports (2) タブのフィールド

フィールド
説明

NodeGuid

ポートが含まれているノードの 64 ビットの GUID

IbPort

(特定ノードを基準とした)ポートのローカル ポート番号

VLCap

ポートでサポートされる仮想レーン

VLHighLimit

VL 調停テーブルの高優先順位コンポーネントの制限

VLArbitrationHighCap

ポートでサポートされる、高優先順位の smVLArbTable の VL/Weight ペア

VLArbitrationLowCap

ポートでサポートされる、低優先順位の smVLArbTable の VL/Weight ペア

MTUCap

ポートでサポートされる最大 MTU

VLStallCount

連続して廃棄されるパケットの数。この数に達するとポートは VLStalled ステートに入ります。

HoQLife

パケットが VL キューの先頭に存続できる時間

OpVLs

ポートで動作可能な仮想レーン

PkeyEnfIn

ポートで受信したパケットに対し、オプションのパーティション適用をサポートしていることを示します。

PkeyEnfOut

ポートから送信するパケットに対し、オプションのパーティション適用をサポートしていることを示します。

FilterRawPktIn

ポートで受信した raw パケットに対し、オプションの raw パケット適用をサポートしていることを示します。

FilterRawPktOut

ポートから送信する raw パケットに対し、オプションの raw パケット適用をサポートしていることを示します。

MKeyViolations

電源が投入されてから、またはリセットされてから、このポートで受信された無効な M_Key を持った SMP パケットの数

PKeyViolations

電源が投入されてから、またはリセットされてから、このポートで受信された無効な P_Key を持ったパケットの数

QKeyViolations

電源が投入されてから、またはリセットされてから、このポートで受信された無効な Q_Key を持ったパケットの数

GuidCap

GUIDInfo 属性でサポートされる、このポートの GUID エントリの数

SubnetTimeout

サブネット伝搬遅延の予想最大値

RespTimeValue

ポートで SMP を受信してから対応する応答を送信するまでの最大予想時間

LocalPhysErr

しきい値。軽微なリンク エラーの数がこのしきい値を超えると、Local Link Integrity エラーになります。

OverrunErr

オーバーランしきい値。バッファ オーバーランの数がこのしきい値を越えると、Excessive Buffer Overrun エラーになります。


 

Subnet Manager のマルチキャスト詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のマルチキャスト詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 Mcast タブをクリックします。

表10-12 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-12 Mcast タブのフィールド

フィールド
説明

NodeGuid

ノードの GUID

TableBlockIndex

マルチキャスト ブロック テーブルのインデックス。このインデックスは、0 からではなく、1 から開始します。

TableBlock

32 の PortMask ブロック要素のリスト。ポート マスクの 16*p の位置から 16 ビットの範囲は、特定の LID に対応付けられています。この LID を持った着信パケットは、ポート マスク内の 1 に設定されているビットに対応するすべてのポートへ転送されます。PortMask がすべて 0 の場合は、LID が無効であることを示します。


 

Subnet Manager Agent のリニア転送テーブル詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のリニア転送テーブル詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 Linear Forwarding タブをクリックします。

表10-13 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-13 Linear Forwarding タブのフィールド

フィールド
説明

NodeGuid

ノードの GUID

BlockIndex

リニア転送テーブルのインデックス。このインデックスは、0 からではなく、1 から開始します。

Block

リニア転送テーブル ブロック


 

Subnet Manager Agent のパーティション詳細情報の表示

Subnet Manager Agent のパーティション詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 PKey タブをクリックします。

表10-14 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-14 PKey タブのフィールド

フィールド
説明

NodeGuid

ノードの GUID

IbPort

ポート番号

Index

PKEY テーブル インデックス

TableVector

サブネット上の Subnet Manager が割り当てた GUID


 

Subnet Manager Agent の SLVL マップ詳細情報の表示

Subnet Manager Agent の SLVL 詳細情報を表示するには、次の手順を行います。


ステップ 1 InfiniBand メニューから、Topology View を選択します。

Specify Cisco Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 (任意)Topology View 画面に InfiniBand デバイスを追加する場合は、そのデバイスの Enabled カラムのチェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 OK をクリックします。

InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 サーバ スイッチのアイコンをダブルクリックします。

Internal InfiniBand Topology ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 SMAs をクリックします。

Subnet Manager Agents ウィンドウが開きます。

ステップ 6 SLVL Map タブをクリックします。

表10-15 に、このタブのフィールドを示します。

 

表10-15 SLVL Map タブのフィールド

フィールド
説明

NodeGuid

ノードの GUID

InIbPort

入力ポート番号

OutIbPort

出力ポート番号

Sl#toVI

VL マッピングに対する SL 番号